環境浄化技術 発売日・バックナンバー

全135件中 16 〜 30 件を表示
■特集:最新の土壌・地下水汚染技術
○平成28年度土壌汚染状況調査・対策に関する実態調査結果/(一社)土壌環境センター/奥津道夫
当センターでは活動の一環として、土壌汚染対策法が施行された平成15年度以降、会員企業を対象として土壌汚染調査・対策事業の受注実態を把握することを目的として、毎年、アンケート調査を実施してきた。本稿では、平成28年度の実態調査結果を紹介する。

○自然由来セレン排水の新しい水処理技術/清水建設㈱/毛利光男・隅倉光博/九州大学/森 裕樹
近年、トンネル工事において掘削土壌やトンネル排水に環境基準を超過する自然由来の重金属(砒素、セレン等)が含まれる事例が多数報告されている。筆者らはセレン含有排水の低コスト処理を実現するため、還元過程を必要としないでセレン酸と亜セレン酸の両方を吸着することができる新しいセレン吸着剤(SQ剤と命名)を開発した。本稿では、自然由来の水溶性セレンを含む実排水を対象に新規セレン吸着剤であるSQ剤を用いた水処理実験を行い、環境基準を満足するまでセレン濃度を十分に低減できることを確認した結果について紹介する。さらに、新規SQ剤を核とした新しいセレン水処理システムの実証実験の概要についても紹介する。

○特殊添加材を用いた土壌洗浄工法の検討/大成建設㈱/島田曜輔・根岸昌範・守屋雅之
土壌洗浄工法は重金属等の土壌浄化技術として実績が多い。対象となる重金属は鉛や砒素の実績は多いが、水銀の報告例は少ない。そこで高濃度の水銀の実汚染土壌における土壌洗浄工法の適用性を室内試験により確認した。水銀の吸着特性を持つ特殊添加材を使用することで、良好な結果が得られた。

○遮水層併用型吸着層工法の開発/㈱大林組/森下智貴・三浦俊彦・西田憲司・山田祐樹・鈴木和明・日笠山徹巳
底部に土質遮水層を設置することで盛土内に発生した浸出水の流れを制御し、地山への汚染拡散が低減可能な吸着層工法を開発した。本稿では、その妥当性検証のための数値解析、現場実証試験の結果について紹介する。

○土壌浄化の現場モニタリング手法の開発/㈱熊谷組/河村大樹・中村孝道
油汚染土壌の微生物分解で発生するCO2を閉鎖式チャンバー法によって測定し、低減する油分濃度と比較することで、浄化の進行状況を予測するモニタリング手法として適用可能かどうかを検討した。得られた知見について紹介する。

○揮発性有機塩素化合物を対象とする大豆ホエーを用いたバイオレメディエーション技術/㈱鴻池組/田中宏幸/不二製油グループ本社㈱/芦田 茂
VOC 汚染サイトにおける現場実証試験によって、土壌汚染対策の分野における資源循環型のバイオレメディエーションの浄化促進剤としての活用可能性が示された、食品産業のプロセス上に副生される大豆ホエーを紹介する。

○電気発熱法と物理的回収方法を用いたハイブリッド浄化の実績/国際航業㈱/佐藤徹朗/㈱島津製作所/長曽哲夫
電気発熱法により土壌自体を昇温することにより、土壌の細孔部に浸透・吸着したVOCを地下水中や土壌ガス中に移行させ、土壌溶出量及び含有量を低下させることが可能である。近年、特にロームを対象とした浄化実績が増えていることから、その背景と効果について紹介するとともに、1,4-ジオキサンなど化学的、生物的に安定な物質に対する本工法による浄化可能性について紹介する。

○温度が油のバイオレメディエーションの浄化効果に与える影響/㈱バイオレンジャーズ 岩橋さおり
バイオレメディエーションの浄化効果を左右するのではないかと、懸念される項目の一つが温度だ。一般的に微生物活性は温度に依存し、温度が10℃上がれば活性は2倍、温度が10℃下がれば活性は1/2になると言われているが、果たして温度がバイオレメディエーションの効果に与える影響はどのくらいなのだろうか。その影響を探るために室内試験を行ったので、本稿で結果を紹介する。あわせて、寒冷地における浄化事例を紹介する。

○1,4-ジオキサンの原位置バイオレメディエーション/エコサイクル㈱/冨士田浩二
当社では、1,4-ジオキサンにより汚染された土壌地下水を浄化する技術として原位置におけるバイオレメディエーション技術を開発した。国内の地下水を用いた評価試験を実施して良好な結果が得られたので概要について紹介する。

■特集:中小ごみ処理施設の汚BTG高効率エネルギー回収
○小型高効率廃棄物発電のさらなる推進に向けた課題/トーカロ㈱・公共投資ジャーナル社/吉葉正行/JFEエンジニアリング㈱/鈴木康夫
ボイラを設置した蒸気タービン発電方式を中心とした、小型焼却施設への最近の取り組みを紹介し、課題を指摘する。

○高効率廃棄物発電への総合的取り組みと提案/JFEエンジニアリング㈱/鈴木康夫
ごみ焼却施設での400℃を超える高温ボイラの適用にあたり、当社では、材料面・構造面だけでなく、新規の灰除去システムや小型復水タービンの実用化に取り組んでいる。本稿では、その概要を紹介し、さらに高効率な「1炉システム」の提言も示す。

○まほろばクリーンセンターの稼働状況について/JFEエンジニアリング㈱/狩野真也・中川知紀・鈴木康裕・米田進吾・中西貴之・中山 剛・傳田知広・薄木太一
当社では、画期的な高温空気燃焼技術を適用したJFEハイパー21ストーカシステムを開発し、廃棄物焼却処理施設に多数の導入実績を重ねてきた。最近ではその技術をさらに発展させ炉幅方向により均一な燃焼を可能とする対向流燃焼方式を考案し、性能評価を経て実機へと展開している。本稿では、当方式を採用した高知県南国市「まほろばクリーンセンター」における運転状況を紹介する。

○諏訪湖周クリーンセンター運転紹介/湖周行政事務組合/伊藤祐臣/㈱タクマ/西澤秀幸
本稿では、「安定運転」と「高効率運転」を高いレベルで両立させて、良好な運転を実現した事例として、諏訪湖周クリーンセンターの施設概要、運転状況を紹介する。

○流動床式ガス化BTGシステム/㈱神鋼環境ソリューション 佐藤義一・青木 勇
本稿では、進化した「次世代型流動床炉」を用いたBTGシステムの特長を述べると共に、中小型の廃棄物発電施設に対する最近の取り組みを紹介する。

■解説
○廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験について/川崎市環境局/阿部秀一

○「半導体の熱活性」法:FRP端材から強化繊維の回収とそのシート化/信州大学/水口 仁・金子正彦・高橋宏雄

○クローズドシステム処分場の安定化に向けた散水と浸出水質の関係性/北海道大学/石井一英

○九州北部豪雨における災害廃棄物対応に関する考察/福岡大学/鈴木慎也・平田 修/九州大学/小宮哲平

■水処理技術
○直胴型遠心脱水機における消費電力の低減/㈱広島メタル&マシナリー/北風俊哉

■製品技術
○飲み水レベルの濁りを簡易連続モニタリング/オプテックス㈱/藤後達也

■シリーズ
○フィールド・レポート
大学の挑戦、教育イベントへの取り組み/T.Tech.Office/田村真紀夫

■連載
○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦13
第7次下水道整備5ヶ年計画時代(平成3~7年)その2/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○ついに老眼、メガネが必要?/HST

■製品ガイド
○土壌・環境境分析、測定装置
■特集:下水道展’18北九州の見どころ
○下水道展’18北九州の見どころ/(公社)日本下水道協会/武田裕一
7月に北九州市・西日本総合展示場において「下水道展’18北九州」が開催される。下水道展では、下水道事業の管理者である全国の地方公共団体等を対象に、全国の下水道関連企業・団体の日頃の技術開発の成果等に基づき、下水道に関する設計・測量、建設、管路資器材、下水処理(機械・電気)、維持管理及び測定機器等の最新技術・機器等を紹介する。

○オール九州・下水道コーナーの見どころ/北九州市上下水道局/菊地康昭
20年ぶりに九州で開催される下水道展の目玉としてパブリックゾーン内で展開する「オール九州・下水道コーナー」の見どころについて紹介する。

○下水道展’18北九州での出展内容の紹介/(地共)日本下水道事業団/久保善哉
下水道展は地方公共団体や民間企業の方々をはじめ、さまざまな下水道インフラ関係者との幅広い情報交換ができる貴重な場になっている。当事業団も「下水道展’18北九州」に出展し「パブリックゾーン」で展示ブースを設置するほか、併催企画として新たに「JS下水道トップセミナー2018 in 北九州」を開催するとともに技術報告会を開催する。

○膜分離活性汚泥法における曝気風量制御技術/㈱クボタ/都築佑子・永江信也
膜分離活性汚泥法(MBR)は省スペースで高度処理が可能な処理方式であるが、消費電力量が最大の課題であった。当社では、省エネ化を目的とし、風量制御技術の開発を行った。実証結果に基づいた試算の結果、MBRの消費電力量は0.22kWh/m3となり、従来高度処理法と同等以下となる見込みを得た。

○高速空気軸浮上式ブロワによる省エネ提案/荏原実業㈱/大家直樹
公共下水道の処理場における電気使用量の30~40%がブロワの運転動力と言われており、これまでにも数々の省エネ案が考えられ実施されてきた。下水処理における省エネルギーはブロワ本体だけでなく、曝気プロセス全体においても実施されている。本稿では、省エネルギー対策に関連して効率の良い省エネルギーの高速空気軸浮上式ブロワの構造、風量制御方法と省エネ率について解説する。

○バイオガス・高濃度臭気用生物脱硫装置/荏原実業㈱/小田切正司
工場などの有機性廃棄物や下水汚泥の嫌気性発酵で発生するバイオガスには数千ppmの硫化水素が含まれているが、ガスエンジンなどの発電設備やボイラの燃料としてバイオガスを利用するためには硫化水素を取り除く必要がある。硫化水素の制限濃度はおおむね10~20ppm以下に設定されている。一般的な脱硫方式である乾式や湿式では、吸着剤の交換や大量の薬品、水が必要となるが、生物脱硫法は硫黄酸化細菌の酸化作用を用いて硫化水素を除去する方法であり、前述の処理方式と比べると処理コストの大幅削減が可能である。本稿では、従来の脱硫法および生物脱硫法の原理、特徴、および生物脱硫装置の実績について紹介する。

○自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥機/㈱大川原製作所/君塚央修
当社は2016年度(平成28年度)に秦野市・関西電力㈱と共同研究体を結成し、同年のB-DASHプロジェクト(国土交通省/下水道革新的技術実証事業)に採択され、秦野市浄水管理センターを実証フィールドとして「自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥技術実証研究」を行った。本稿では、その自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥機について紹介する。

○管路水密性調査技術/管清工業㈱/田中宏治
排水管からの漏水は、地下水汚染及び土壌汚染につながる。そのため、排水管の調査を行い、水密性不良箇所を特定し、修繕していくことは環境保全において重要な意義をもつものと考えられる。今回紹介するエレクトロスキャンは、電気の力により漏水の原因となる排水管の水密性不良箇所を検知することが可能な調査手法である。本稿では、エレクトロスキャンの技術の概要や性能について実証試験を行った結果と活用方法について紹介する。

○省エネ技術の実現と快適環境の創造に向けて/三機工業㈱/田中信宏
下水道展’18北九州では、従来型の特長を有しながらもさらなる省エネを実現した「エアロウイングⅡ」、世界トップクラスの省エネを実現し、今まさに納入事例が増えつつある脱水機「SANDEC G3」と「過給式流動焼却炉」、そして人口減少にも柔軟に対応可能な水処理システム「DHSシステム」(平成28年度B-DASHプロジェクトに採択)の四つの技術を中心に紹介する。

○破砕・脱水機構付垂直スクリュー式除塵機/住友重機械エンバイロメント㈱/牧 和久
現在、下水処理場の沈砂池では除塵機によりし渣を掻き揚げる除塵方式が一般的に採用されている。しかし、除塵方式ではし渣と一緒に汚物等も掻き揚げるために洗浄や脱臭の設備が必要となる。また、し渣量が当初の計画より大幅に少ないため、維持管理費の削減のためによりスリムな処理方式への変更が望まれている。当社ではこれらの問題解決を目的にスクリーン付破砕機に除塵・脱水機構付き垂直搬出機を組み合わせた「スパイラルカッター」を開発した。

○耐硫酸性樹脂チェーンフライト式汚泥かき寄せ機/住友重機械エンバイロメント㈱/柄澤俊康
下水処理場の沈殿池では底に沈降した汚泥と浮上スカムのかき寄せを同時に行うチェーンフライト式かき寄せ機が多く採用されている。特に近年では低動力化、長寿命化に適合する樹脂チェーンの開発が進んでいる。しかし、硫酸劣化による樹脂チェーンの破断や大地震によるチェーンフライト式かき寄せ機のチェーン脱輪といった問題もあり、当社ではこれらに対応するため「耐硫酸性樹脂ノッチチェーン式汚泥かき寄せ機」を開発した。

○月島機械グループのコア技術/月島機械㈱/森田真由美・澤原大道・後藤秀徳/月島テクノメンテサービス㈱/篠木一真
当社グループは1960年代に下水道分野に参入し、半世紀以上が経過した。現在では、水処理、汚泥処理のパイオニアとして、計画から設計、建設、運転管理さらに保守保全まで、下水処理施設の水トータルマネジメントとして取り組んでいる。今年度の下水道展では、国土交通省の平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)に採択された、脱水乾燥システムによる肥料化、燃料化技術や、バイオガス(消化ガス)の利活用技術、更には、ろ液浸漬型濃縮装置、しさ破砕機「ロタカット」など新製品を紹介する。

○環境水質自動計測器/東亜ディーケーケー㈱/小川 清
環境保全の観点から、様々な水質分析計が活躍している。公式な環境水質分析は、原則として手分析によるものであるが、手分析では測定そのものに高いスキルが必要であるなどの事情もあり、せいぜい8時間程度の周期でしか測定できない。多少精度に問題を残しても、連続的に測定し、異常があれば直ちに排水を遮断するなどの処置を行うため、自動分析計が導入されている例は多い。そのように活用されている自動分析計の例を紹介する。これらの分析計は、昼夜を問わず、排水を監視し続けており、環境水質保全のために役立っているものと思う。

○下水放流水質の予測に基づいた送風量の最適制御/横河ソリューションサービス㈱/吉田俊雄・田中克知・高木仁志/横河電機㈱/川田美香・青木 純・福沢充孝
近年下水処理場における反応タンク送風量の削減効果については、ICTを活用した制御技術による省エネ効果が報告されているが、放流水質への影響については、結果として省エネ制御技術導入前後で処理水質変化がないことが報告されている。しかしながら実際の運用においては、省エネに優先して最終品質である放流水質を担保する必要がある。筆者らは反応タンク送風量を最適化するデータ駆動型モデリング技術を用いて、水質維持と省エネ効果の両立を目的とした実証試験を行い、一定の成果を得たのでこの結果について報告する。

■特集:食品工場における最新の排水処理技術
○油脂含有排水を対象とした新規処理技術の紹介/水ing㈱/新庄尚史・森田智之・塚本敏男・吉田伸二・塚本祐司
従来産業廃棄物として処分されていた油脂フロスの全量に生物処理を施し、下水道放流が可能な処理水質を達成できるオイルイータプロセスを開発した。本稿では、ラボ試験及び実プラントの立上運転を行った事例について紹介する。

○粉砕撹拌流と微細気泡の効果/㈱アイエンス/吉田憲史
当社では有機物粉砕、槽内撹拌、微細気泡発生を低圧損で実現した散気装置「アクアブラスター」のメーカーとして開発を行ってきた。このアクアブラスターを正しく使用することで、これまでにない排水処理が具現化しているので、事例を交えて開示する。

○下水放流に適した食品排水処理技術/㈱エイブル/神田 隆・小林信彦
食品工場のなかでも弁当・惣菜や日配品などは、消費地近郊に立地する場合が多く、排水処理設備の放流先が下水であることも多い。下水放流では、河川放流時とは異なる技術を用い、低コストで運転管理の容易な排水処理システムを構築することが望ましい。当社は、固定床式の排水処理装置である回転児雷也を中心にした、下水放流用の排水処理システムを確立し、食品工場を中心に50件を超える設備を納入してきた。本稿では、そのメリットについて紹介する。

○食品分野におけるファインバブルの用途・実績例/エンバイロ・ビジョン㈱/豊岡正志
食品、化学、自動車、製紙、エレクトロニクスなど大手企業の工場で採用されているファインバブル発生装置「YJノズル」を本稿では紹介する。排水処理で使用する場合は原水槽、調整槽、曝気槽などに投げ込みで設置するだけで臭気や余剰汚泥が大幅に減少する。しかも廉価なので短期でコスト回収が可能。また洗浄効果が大きく向上するため、食品分野ではCIPユニットの送り出しタンクに取り付けるだけで熱凝固系蛋白の残渣物が完全除去できて薬剤使用量も大幅に節減できる。

■シリーズ
○フィールド・レポート
先進性の意味が問われる「永続地帯」の研究/T.Tech.Office/田村真紀夫

■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話18
ビルのごみ処理システム(1)/循環物流システム研究所/井上 護

○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦12
第7次下水道整備5ヶ年計画時代(平成3~7年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○夏は虫の季節/HST

■製品ガイド
○水処理用散気装置及び撹拌機
■特集:水処理におけるIoT/AI技術
○AI技術の最新技術と今後の展開/北海道大学/山本雅人
AIは私たちに有用な手段を提供する一方、その理解できない不気味さからか恐怖を感じている人も少なくない。しかし、AIはそんなに怖いものではない。正しく理解し、うまく付き合っていくことで人間とAIは十分に共存していくことができる。本稿では、水処理技術を想定したAI 技術の応用可能性について、AI技術の基礎と最新技術の説明を含めて紹介する。

○IoTによる圧入式スクリュープレス脱水機の健全度評価方法の検討/㈱石垣/三野広幸・西原康昭・松村洋史・國廣隆太郎
近年、飛躍的に普及しているIoT技術は、下水分野においても水処理中心に導入が検討されている。今回、A浄化センターに実機導入されている濃縮機能付き圧入式スクリュープレス脱水機にIoT技術を導入し、実証実験を行った。本稿では、実証実験によって得た情報から脱水機健全度の評価方法について検討した結果を紹介する。

○機械学習を用いたセンサ予知保全への取り組み/横河ソリューションサービス㈱/秋山宗一郎・川出慎士・黒木成多/横河電機㈱/鹿子木宏明・高見 豪
近年、IoTやビックデータ解析というキーワードがメディア等で取り上げられ、集められた膨大なデータの解析技術として、人工知能・機械学習に関心が高まっている。また、センサ等の保全業務では、一定期間使用したら交換する予防保全が行われてきたが、使用可能な部品を交換してしまうことによる無駄の発生の懸念がある。そこで本稿では、機械学習の技術を用いて、センサのもつ情報からパターンを習得させ、人間の力では判別しづらい事象の判定や機械学習による劣化判定実験、および従来の解析手法と機械学習の比較実験を紹介し、機械学習を応用した新たな予知保全の可能性を示す。

■特集:水再利用技術の最新動向
○水再利用技術の最新動向/(一財)造水促進センター/大熊那夫紀
2017年3月22日の「世界水の日」に国連は、廃水の処理と再利用を促進すべきとの報告書を発行した。我が国でも水循環基本法が2014年に施行され、2015年の国土審議会では「今後の水資源政策のあり方について」の中の持続的な水利用項で再生水について水資源としての役割を期待しているとしている。本稿では、水再利用に必須な膜技術にターゲットを絞り、その技術動向を紹介し、2013年6月に発足したISO/TC282「水の再利用」の国際規格の開発概要を紹介する。

○堺市における下水再生水複合利用事業/堺市上下水道局/原田佑一
本稿では、堺市鉄砲町地区における下水再生水複合利用事業について、事業実施の経緯から現状の取組内容までを技術概要含め報告する。あわせて、これまでの事業実施で生じた課題や今後の展望についても紹介する。

○大学研究棟における雑排水の再生再利用に関する実証実験/立命館大学/清水聡行/日越大学/中島 淳
大量の水消費を行う大学キャンパスではエコキャンパスの創造に向けて使用水量削減に取り組んでいる。その対応策として再生水利用を導入している所もあるが、多様な建築物から構成される大学キャンパスでは、利用用途によって使用水量や排水水質が異なるため、導入の設備規模を適正に想定することが難しい。著者らは、実験設備やシャワー等の設備を持たない大学研究棟の雑排水を対象にその排水量や水質、接触ろ床方式の浄化槽の処理性能について二年間にわたりモニタリングを実施してきたので、その結果の一部を紹介する。

○再生水造水設備の効率化技術の開発/東京都下水道サービス㈱/小高 勇・曽根啓一/東京都下水道局/小池宏昌/日之出水道機器㈱/加治木博明/㈱アクア環境ソリューションズ/中野 聡/メタウォーター㈱/角川功明・加藤康弘
東京都下水道局は芝浦水再生センターにおいてオゾン+凝集+セラミック膜ろ過を用いた再生水造水設備を稼働している。今回造水設備の更なる効率化を目指して、オゾン処理を溶解反応タンク方式、凝集処理をインライン凝集に変更した改良型再生水システムを開発した。従来よりも省エネルギーでコンパクトなシステムであり、後段のセラミック膜ろ過装置の安定運転を確認した。また、既存と同等の処理水質を満たした。

○日用品の製造工程排水のリサイクル使用の取り組み/ライオン㈱/西川直樹
当社は「環境対応先進企業」を目指し、実現に向けた取り組みを進めている。なかでも、当社の製品が「洗うこと」を通じて水と深く関わっていることから水資源保護活動に力を入れている。工場における節水に関しては様々な方法があるが、リサイクルは最も大きな効果が得られると考え、当社の全事業所のうち最大規模の千葉工場を対象に、製造工程排水のリサイクル技術の開発を行った。本稿では、同工場でのリサイクルシステムを中心に紹介する。

■解説
○地域バイオマス利活用の課題と展望/(公財)日本下水道新技術機構/田村 崇
平成28年度、国土交通省からの委託研究において、「下水処理場における総合バイオマス利活用検討委員会」を設置し、下水処理場を対象とした地域バイオマス利活用事業の実現可能性調査及び事業実施に係わるマニュアルの検討を行った。本稿では、実施した調査の概要、結果を示すとともに、処理規模や受け入れバイオマス等が事業性へ及ぼす影響を分析し、利活用推進の課題と今後の展望を考察する。

○水草と下水汚泥の混合嫌気性消化に関する基礎的研究/(国研)土木研究所/岡安祐司
当研究所では公共事業等から発生するバイオマスを資源として位置づけ、恒久的に利用していくための要素技術やシステムを提示することを研究している。近年、河川・湖沼等の水域で水草が異常発生していることを踏まえて、水草の下水処理場での有効利用方法を想定し、水草と下水汚泥の混合嫌気性消化の実験を行ったので紹介する。

○プラスチックリサイクルの現状と展望/東北大学/齋藤優子・熊谷将吾・亀田知人・吉岡敏明
○一般廃棄物焼却炉ボイラーの圧力波クリーニング試験/JFEエンジニアリング㈱/野田達将・坪井敏男・菅野彰人・森 吉正・山本 浩
○木質バイオマスの電気などへの変換技術/惠谷資源循環研究所/惠谷 浩

■水処理分野
○微生物燃料電池の下水処理への適用/日本工営㈱/飯田和輝/名古屋工業大学/吉田奈央子
微生物燃料電池は、嫌気的な有機物除去を行いながら、電力回収が可能となる創エネルギー型の水処理技術である。本稿では、この微生物燃料電池を下水処理に適用する場合の効果を示すとともに、今後の普及展開の可能性について紹介する。

○地下水膜ろ過システムによる社会貢献について/㈱ウェルシィ/中原禎仁
当社は東日本大震災や熊本地震の経験を反映させISO 22301やレジリエンス認証を取得した。本稿では、震災状況や災害に強い地下水膜ろ過システムの導入事例、遠隔監視ステム、及び新技術を紹介すると共に、公益確保も可能な飲料水供給モデルも提案する。

■製品技術
○破砕選別機/㈱大原鉄工所/高橋倫広
○直挿式レーザー塩化水素計TX-100/㈱堀場製作所/井戸琢也
○最新モデルの燃焼排ガス分析計/ホダカ㈱/新村賢吾

■シリーズ
○フィールド・レポート
寒さ大好き、ニッチな菌を追う/T.Tech.Office/田村真紀夫

■連載
○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦11
第6次下水道整備5ヶ年計画時代(昭和61年~平成2年)汚泥焼却溶融への挑戦/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○新しい日本の働き方/HST

■製品ガイド
○蛍光X線分析装置
■特集:汚泥処理設備・技術の最新動向
○汚泥処理設備・技術の最新動向/(公財)日本下水道新技術機構/石田 貴
本稿では、汚泥処理施設における個々のプロセスである濃縮設備、消化設備、脱水設備、焼却設備、プロセスの組み合わせ技術について、省エネの観点で優れた設備・技術を紹介する。

○下水汚泥由来繊維利活用システム/㈱/石垣 杤岡英司・山下 学
当社と日本下水道事業団は、脱水性能に大きく寄与する供給汚泥性状の中から繊維状物に着目し、その成分を下水汚泥由来繊維として効率的に回収し、脱水助材として脱水機に供給することで脱水性を抜本的に改善する「下水汚泥由来繊維利活用システム(プラチナシステム)」を開発した。本稿では、当システムの概要や導入効果等について紹介する。

○次世代型「省エネ型遠心脱水機」の導入効果/三機工業㈱/賀籠六淳一
当社では「エンジニアリングをつうじて快適環境を創造し、広く社会の発展に貢献する」を経営理念に掲げ、下水道事業において省エネルギー技術を普及することで社会に貢献したいと考えている。本稿では、世界トップクラスの省エネを実現し、今まさに納入事例が増えつつある遠心脱水機の導入事例を紹介する。

○低動力型高効率遠心脱水機HED型/巴工業㈱/植村英之
汚泥処理において脱水機は経済性、環境性の他に、耐用年数延長等の長寿命化についても求められている。本稿では、稼働中の高効率型から低動力型高効率遠心脱水機HED 型への改良方法、事例、およびその効果について紹介する。

○難脱水性汚泥対応型ベルトプレス脱水機/住友重機械エンバイロメント㈱/柄澤俊康
当社は汚泥処理に関わる技術としてベルトプレス脱水機を50台以上納入した実績がある。汚泥処分費削減に貢献するため、その技術を生かし新しいベルトプレス脱水機を提案している。本稿では、現在取り組んでいる難脱水性汚泥対応型ベルトプレス脱水機「ウィンケルベルトプレス」を紹介する。

○超高速撹拌を利用した新型凝集装置/水ing㈱/森田智之
1,000 min-1以上の超高速撹拌を利用した新型凝集装置SHEF®(以下、本装置)を開発した。本稿では、本装置の紹介とともに、下水処理場の嫌気性消化汚泥に適用した事例を紹介する。

○楕円板型固液分離装置/㈱/研電社/江草清行
経済活動や人口の集中化に伴い増加する汚濁水を処理できる小型、高効率、操作の簡便性に優れた装置の開発が要望されている。当社ではこれに応えるために汚濁水を清澄水と固形物に分離できる省スペース、省エネルギー、安定操業ができる固液分離装置の開発に取り組んだ。

○電気浸透脱水による生物汚泥の燃料化について/㈱エイブル/内村圭介・岡田 猛・吉村敏機
当社では、水分を含む固体に直流電圧をかけたときに水分が移動する現象を利用し、生物余剰汚泥を物理圧搾式脱水機では達成困難な低含水率化を実現した。脱水ケーキの低含水率が実現することにより、各排水処理施設での汚泥処理費の削減、輸送燃料消費により発生する温室効果ガス等の削減に大きく貢献できる。なお、当技術は2017年3月に日本下水道新技術機構の技術審査証明を取得している。

■特集:放射性物質汚染対策技術
○除去土壌等減容化・再生利用技術研究組合の概要と活動内容/除去土壌等減容化・再生利用技術研究組合/山下正芳
除染等によって生じた除去土壌等は膨大な量であることから、減容化・再利用が求められている。そのための効率的かつ効果的な技術を開発するために「除去土壌等減容化・再生利用技術研究組合」が設立された。本稿では、当組合の概要と活動内容を紹介する。

○除去土壌等の中間貯蔵に伴う受入・分別処理技術/清水建設㈱/土田 充・横山勝彦・浅田素之
中間貯蔵施設に搬入される膨大な除去土壌等を安全に効率良く処理する一連の技術開発を行った。本稿では、代表的な技術として、破袋技術、改質剤、可燃物・土壌等の分別技術、土壌の放射性物質濃度分別技術を紹介する。

○速効型中性系土質改良材の開発と現場適用事例/㈱大林組/高田尚哉・三浦俊彦・井出一貴・光本 純
除染作業で回収され、保管されている大量の除去土壌には農地などの粘性土壌が含まれている。この粘性土壌を改質材添加攪拌後に養生時間なしで連続的に二次選別可能なサラサラの性状に改質できる反応時間が短い土質改良材が求められていた。筆者らは攪拌時間30~60秒直後に養生時間なしで二次選別処理が可能な速効型中性系土質改良材サラサクリーンを開発した。本稿では、概要と現場適用事例を紹介する。

○未除染森林から放射性セシウムの流出による生活圏の再汚染を防止する技術/㈱熊谷組/長洲亮佑・田邉大次郎・横塚 享/茨城大学/熊沢紀之・安食貴也・相澤雄介/(国研)日本原子力研究開発機構/長縄弘親・永野哲志・柳瀬信之・三田村久吉/テクノス㈱/田部智保
福島第一原発事故により放出された放射性物質、特に放射性セシウムは現在も周辺の森林に残されている。本稿では、放射性セシウムを吸着するベントナイトと、ベントナイトを凝集し捕捉可能なポリイオンコンプレックスを使って、森林の放射性セシウムの移行を抑制する技術を紹介する。

○磁選による放射性セシウム汚染土壌の乾式分級試験/㈱奥村組/白石祐彰・樫木正成/県立広島大学/三苫好治
汚染土を湿式分級すると濁水が発生するが、それがシルト以下の細粒分だけだと無機系粉体凝集剤などの高価な薬品を使用しないと安定した凝集沈殿処理はできない。当社では磁力選別により全く廃水を出さずにセシウム汚染土からセシウムが高濃度のシルト・粘土成分を優先的に磁着分離する乾式分級試験を行ったので、本稿で紹介する。

○福島第一原発事故由来汚染土壌の高精度かつ高効率な放射能濃度測定装置技術/㈱北川鉄工所/下江忠明・岡城康治・菅田武志
当社は福島第一原子力発電所事故の発生以来、広島に本社を置く企業として「業を通して復旧、復興に貢献する」ことを合言葉に既存技術での対応、新たな技術開発を行ってきた。本稿では、当社が科学技術振興機構(JST)の委託事業にて広島大学、日立アロカメディカル㈱と共に開発した「高精度かつ高効率な放射能濃度測定技術」を紹介する。

■フィールド・レポート
○MSSが挑戦する嗅覚センサの世界/T.Tech.Office/田村真紀夫

■連載
○放射能汚染土壌に対する研究と対策11(最終回)
放射能汚染土壌の解砕洗浄技術/弘前大学/石山新太郎
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話17
収集・運搬の効率化:中継輸送システム(4)/循環物流システム研究所/井上 護
○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦10
第6次下水道整備5ヶ年計画時代(昭和60年~平成2年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○AIがいる憂鬱な時代/HST
○将来を担う子どもたちに「水環境」をPR/下水道広報プラットホーム/荒井 健

■製品ガイド
○濁度計・SS計

◆2017年「環境浄化技術」年間総目次
■特集:排水の省エネ型生物処理技術
○汚水処理における省エネ技術の開発動向/日本下水道事業団/橋本敏一
本稿では、活性汚泥法施設の省エネ化の方策を整理するとともに、具体的な省エネ化の方策例として、水質センサーを用いた曝気風量制御技術と散水ろ床法の原理を活用した新たな水処理技術について紹介する。

○微生物燃料電池を用いた廃水処理/東京薬科大学/茂木久恵・高妻篤史・渡邉一哉
多大な電力消費と汚泥発生は、現在の廃水処理における二つの大きな課題である。この電力消費と汚泥発生を低減するため様々な技術開発がなされてきたなかで、21世紀になって注目され始めたのが微生物燃料電池である。本稿では、微生物燃料電池の原理を解説し、次に廃水処理への応用について紹介する。

○一槽式微生物燃料電池における有機物・窒素同時処理への展開/群馬大学/渡邉智秀・窪田恵一
有機性廃水にはタンパク質等に由来して主にアンモニウムイオンの形態で窒素成分が含有されていることを踏まえ、その適正な濃度レベルへの低減を微生物燃料電池内に組み込むことができれば、有機性廃水処理への展開において非常に有用である。本稿では、エアカソードを利用した一槽式微生物燃料電池への窒素処理の導入と処理や出力の特性について概要を紹介する。

○微生物燃料電池による排水処理の数理モデル化/茨城大学/藤田昌史・王 峰宇
本稿では、発電微生物により直接アノードに電子が渡されるとしたMarcus et al.(2007)のモデルに競合微生物を組み込み、有機物競合を考慮したモデルを作成し、エアカソード型MFC 装置の水質や発電データを用いて、モデルの有効性を検討した結果について紹介する。

○無曝気循環式水処理技術による省エネルギー化/日本下水道事業団/星川珠莉
下水道施設における消費電力量の多くが、曝気を行うための送風機によるものと考えられる。そこで、消費電力の大きな割合を占める曝気が不要な水処理技術として、散水ろ床法に着目し、新たな水処理技術である「無曝気循環式水処理技術」の実用化にむけて、高知市、高知大学、メタウォーター㈱と共に共同研究を行ってきた。本稿では、その概要を紹介する。

○DHSシステムを用いた水量変動追従型水処理/三機工業㈱/長野晃弘
DHSシステムとは、スポンジ状担体を充填したDHSろ床と移動床式生物膜ろ過槽を組み合わせた処理システムである。同技術は、標準活性汚泥法の下水処理場を改築する際、流入下水の水量減少に追随して消費電力量を減少させ、維持管理のコストを削減する水処理技術として、2016年度国土交通省の下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)に採用された。高知県須崎市終末処理場に日最大500m3/日規模の実証試験設備を設置し、2017年1月から運転を開始している。

○酸素供給DHS法による産業排水処理/㈱トーエネック/近田有希子/岐阜工業高等専門学校/角野晴彦/阿南工業高等専門学校/川上周司/(国研)国立環境研究所/珠坪一晃
高負荷処理とこれによる小型化、維持管理の容易化を実現する排水処理技術として「酸素供給DHS法」を考案した。本稿では、本技術の試験事例より確認された処理性能や特徴を紹介する。

○生物処理と水耕栽培を組み合わせたシステムによる魚類飼育水処理の試み/呉工業高等専門学校/谷川大輔
下降流懸垂型スポンジ(DHS)リアクターと水耕栽培を組み合わせたシステムを用いて、魚類飼育水の連続処理実験を行い、DHS 単槽での硝化- 脱窒処理と植物による窒素吸収により、魚類飼育水中の窒素除去率89.1%を達成した。また、本システムは窒素除去コスト面でも優位性を有していることが確認され、魚類飼育水処理システムとしての高い適用性を有していることが示唆された。

■特集:進化を続ける膜処理技術
○新規膜洗浄機構を用いた省エネ型MBR/JFEエンジニアリング㈱/冨田洋平
浸漬型MBRの課題である送風機動力の低減を目指して、当社では、物理的膜面洗浄方式(新規膜洗浄機構)を適用したMBRにより、処理水量あたりの消費電力量0.4kWh/m 3以下を目標に共同研究を行っている。本稿では、パイロット実験結果を中心に取り組み状況を紹介する。

○エアスクラビングを活用した凝集膜ろ過による高濁度原水の処理技術開発/オルガノ㈱/瀧口佳介/新潟市水道局
本研究では高濁度原水を対象とし、エアスクラビングを活用することで、前段の固液分離なしで膜ろ過処理する方法について検討した。また、阿賀野川浄水場における台風発生時の高濁度原水を用いた実証試験の結果を紹介する。

○セラミック膜ろ過技術の水処理への適用/メタウォーター㈱/青木伸浩
近年、膜処理技術は社会基盤分野、産業分野に広く普及が進んでおり、適用されている膜のほとんどは有機材料による高分子膜となっている。材料として、無機系材料を用いたセラミック膜も、材質の特長をいかした分野では十分な展開がされている。本稿では、適用が拡大されつつあるセラミック膜について紹介する。

○セラミック平膜を用いた最新の水処理技術/㈱明電舎/高瀬長武/Siemens Energy,Inc./William J.Cunningham
セラミック平膜は、物理的・化学的な耐久性が高い水処理膜である。本稿では、このセラミック平膜を製油所や石油化学プラントから排出される油含有排水を処理するPACT RMBR処理システムへ適用した事例について紹介する。

○濃度差発電によるエネルギー回収について/協和機電工業㈱/松山 慧・坂井秀之/東京工業大学/谷岡明彦
本稿では、当社で開発中の海水淡水化施設における省エネルギー化と環境負荷の低減に有効な濃度差エネルギー回収システムについて紹介する。

○長寿命・省エネルギーを特長とする浸漬型膜ろ過装置/水ing㈱/山本崇史
膜ろ過技術は、採用が進む一方で、建設費用、膜交換や薬品洗浄などの維持管理費用の高さが導入に向けた課題として挙げられることがある。当社では、この課題を解決すべく長寿命・省エネルギーな浸漬型膜ろ過装置の開発を行った。本稿では、この浸漬型膜ろ過装置を用いた浄水処理システムの表流水への適用性を長期実証実験で評価した事例を紹介するとともに、実際の浄水場で採用頂いた事例を紹介する。

■解説
○廃棄物抽出液中の放射性セシウムの除去のための高分子凝集剤の選定/京都大学/藤川陽子/MTアクアポリマー㈱/竹田 健/大阪産業大学/森下かなた・尾崎博明

○有明海再生に向けたフルボ酸鉄シリカ資材による干潟浄化研究/福岡大学/渡辺亮一・浜田晃規・古賀義明/コヨウ㈱/古賀雅之

○吸着能と有機物酸化分解能を有するリン酸銀担持多孔性炭素材料/福島大学/浅田隆志・川村由宇/渡辺郁哉
可視光に応答する光触媒として近年注目されているリン酸銀を担持したスギ由来の多孔性炭素材料を開発した。リン酸銀担持多孔性炭素材料は青色色素であるメチレンブルーに対して吸着能と可視光照射下における酸化分解能を有することが示された。

■水処理分野
○ヒートポンプレス下水熱融雪の性能向上に関する研究/㈱興和/小酒欽弥


■製品技術
○浮遊固形物回収装置/㈱ワールドケミカル/藤本文造

■連載
○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦9第6次下水道整備5ヶ年計画時代中頃(昭和60年~平成2年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

○沿岸環境の保全・再生技術(最終回)あたらしいアマモ場再生技術(3)/鹿島建設㈱/山木克則

■コラム
○言葉とイメージ/HST

■製品ガイド
○脱水機
■特集:基幹的設備改良工事にひと工夫
○ごみ焼却施設の高度化改良工事/(一財)日本環境衛生センター/佐藤幸世
ごみ焼却施設の高度化改良工事は、交付金を活用して多くの自治体で進んでいる。高度化改良工事の改良の目標・工事内容・留意点、代表的な改良例を紹介するとともに今後の課題をまとめた。

○福井市クリーンセンター基幹的設備改良工事の概要/㈱IHI環境エンジニアリング/梶原吉郎
福井市クリーンセンターで実施した基幹的設備改良工事で、ボイラの改造や既存発電機の容量増を行わず、各機器のインバータ化等による省電力化、蒸気復水システムの改良、小型発電機の導入等により、CO2削減率40%以上を達成した。

○小型蒸気発電機の導入により発電施設へ改良/JFEエンジニアリング㈱/鈴木雄介
ごみ焼却施設を発電施設とする基幹的設備改良工事を実施した。既存のボイラ蒸発量の範囲で、操業に必要な蒸気量を確保しつつ、運転炉数等による蒸気量の変動に対応でき、かつ、発電量を最大化できるシステムとした。

○水噴射式ごみ焼却施設から発電施設へ/川崎重工業㈱/間瀬貴司・鈴木祥平
パリ協定発効により更なるCO2削減の機運が高まるなか、環境省の循環型社会形成交付金を活用して既設ごみ焼却施設の基幹改良・延命化工事の需要が増加している。本稿では、水噴射方式からボイラ方式に変更することにより、大幅なCO2削減を達成できた鹿沼市環境クリーンセンター基幹的設備改良工事の計画事例を紹介する。

○中小規模処理場向け下水汚泥脱水乾燥システム/月島機械㈱/西谷麻菜美・高尾 大・中村友二・森田真由美
中小規模の下水処理場を対象に機内二液調質型遠心脱水機と円環式気流乾燥機を組み合わせた脱水乾燥システムの技術開発を行った。本プロセスより得られた乾燥汚泥の有効利用を目指した肥料化・燃料化の実証研究を紹介する。

○小規模ゴミ焼却施設用パネルボイラ式排熱回収発電システム/日立造船㈱/坂尾浩嗣・堀井裕太
当社では小規模ゴミ焼却施設用に改造コストの低減、運転管理の容易性を目標として「パネルボイラ」を開発した。改造コストを抑えるためには従来のような複雑な伝熱管を排除し、四面の垂直な水管壁による放射伝熱部で構成することを基本構造とした。シンプルな構造とすることで点検整備および維持管理が容易となり運転管理の容易性も可能となった。

○基幹的設備改良工事における発電出力向上事例/三菱重工環境・化学エンジニアリング㈱/西村 宏
当社の基幹改良工事において、低空気比燃焼技術などにより改善を実施しているが、消費電力量は10~30%改善されて、発電効率1.1%改善された事例がある。引き続きご要望に添った提案・工事を実施していく。

■特集:最新の紫外線技術
○紫外線を利用した水処理技術の動向/(一社)日本紫外線水処理技術協会/伊藤博文
水処理における紫外線処理の概要と約10年前から水道施設にも使用できるようになった紫外線処理についても述べる。また筆者が会長を務める(一社)日本紫外線水処理技術協会の活動についても紹介する。

○UV-LEDを用いた大水量処理装置、設計上のポイント/水ing㈱/石川智朗
水処理用紫外線照射装置の光源には水銀ランプ(低圧または中圧水銀ランプ)が用いられているが、近年殺菌に有効な深紫外線を発するLED(UV-LED)の開発が進み、水銀ランプに代わりうる新技術として注目を集めている。本稿では、UV-LEDの特徴と現時点でのメリット・デメリットを整理し、これまでの知見に基づいてUV-LEDを用いた大水量処理装置の設計上の注意点を述べる。

○螺旋流外照式紫外線照射装置による超低透過率水の消毒/千代田工販㈱/出口憲一郎
畜産排水中の病原ウイルスに対する紫外線消毒を一つの適用分野と位置付け、紫外線透過率が1%以下の超低透過率水に対しても高い紫外線照射効率が得られる螺旋流外照式紫外線照射装置を新規開発し、基礎データを取得したので紹介する。

○UF膜ろ過と紫外線消毒を用いた高度再生水システム/㈱/西原環境/永松真一
本研究は平成27年度に下水道革新技術実証事業として採択され、国土交通省国土技術政策総合研究所からの委託研究として、当社と東京設計事務所、京都大学、糸満市の4者によって実施したものである。研究においては再生水の農業利用を念頭に、JSTCRESTプロジェクトの検討結果に基づき、従来技術と比較してより低コストかつ、安全な再生水の製造が可能となる技術の実証を行った。本稿では、その研究成果について紹介する。

○深紫外LEDの流水殺菌応用/日機装技研㈱/渡邊真也
当社グループは2014年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学の赤﨑勇先生、天野浩先生の指導の下、DUV-LEDに関する研究成果の実用化開発に2006年から着手している。2014年には量産体制を整え、現在は水処理への応用に向けた装置製品の開発にも注力している。本稿では、深紫外光が有する殺菌効果の視点から、自社生産するDUV-LEDに求められる実効的な性能、およびDUV-LEDを搭載した水処理用途向けのモジュールの一部を紹介する。

○UV-LED光源を用いた反応器内UV照度の算出/㈱日本フォトサイエンス/山越裕司
UV-LEDを光源とし、その全光束と配光特性の情報から光反応器内の任意の位置のUV照度を求める方法を示し、ペットボトル型回分式反応器内の平均UV照度に及ぼす配光特性の影響について調べた。

○UV-LEDを用いた流水式紫外線照射装置の開発/メタウォーター㈱/志賀淳一・杉本隆仁・伊藤昌宏・草野 吏
無水銀光源として応用が期待される紫外線発光ダイオード(UV-LED)を搭載した実施設規模(2,000m3/日)の流水式紫外線照射装置を製作し、生物線量計により装置の性能評価を実施したので、この結果と考察を中心に紹介する。

■解説
○気候変動適応策としての水浄化技術の貢献/東京都市大学/小関康雄・伊坪徳宏

■シリーズ
○フィールド・レポート
炭素循環とメタン生成菌/T.Tech.Office/田村真紀夫

■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話16
収集・運搬の効率化:中継輸送システム/循環物流システム研究所/井上 護

○放射能汚染土壌に対する研究と対策10
放射能汚染土壌の解砕洗浄技術/弘前大学/石山新太郎

○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦8
第6次下水道整備5ヶ年計画時代前半(昭和60年~平成2年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

○沿岸環境の保全・再生技術4
あたらしいアマモ場再生技術(2)/鹿島建設㈱/山木克則

■コラム
○外来種が話題です/HST

■特集:最新の土壌・地下水汚染浄化対策
○平成27年度土壌汚染状況調査・対策に関する実態調査結果/(一社)土壌環境センター/奥津道夫
当センターでは活動の一環として、土壌汚染対策法が施行された平成15年度以降、会員企業を対象に土壌汚染調査・対策事業の受注実態を把握することを目的とし、毎年続けて、アンケート調査を実施してきた。本稿では平成27年度の実態調査結果を報告する。

○除去土壌等の中間貯蔵に伴う受入・分別処理技術について/清水建設㈱/土田 充・横山勝彦・浅田素之
当社では除去土壌等の中間貯蔵に伴う受入・分別処理について、新たに破袋技術、改質技術、可燃物・土壌等分別処理技術、放射性セシウム濃度測定・分別技術を開発した。本稿ではこれら一連の技術について紹介をする。

○ドレーン工法による地盤中の油回収技術/鹿島建設㈱/大塚誠治・関 弘・河合達司/錦城護謨㈱/三成昌也・小栁勇也
貯油施設等で漏えいした油が、公共用水域に拡散することが問題となる場合があるが、揚水による油の回収は極めて効率が悪い。本稿では、幅約100mmのボード状のドレーン材を地盤中に設置し、負圧吸引することで油層を効果的に回収する工法を紹介する。

○クロロエチレンのバイオ浄化技術/大成建設㈱/大石雅也
当社では、10年以上にわたり、クロロエチレンに適した浄化技術に関する研究開発を行っている。本稿では、クロロエチレンのバイオ浄化技術として、Dehalococcoides属細菌であるUCH007株、原位置浄化の実績もある微生物活性材であるTM-B材、ホップ成分を含む微生物活性材を用いた技術についてそれぞれ述べる。

○重金属汚染地盤の原位置対策技術/㈱大林組/佐藤祐輔・西田憲司・三浦俊彦・日笠山徹巳
井戸から重金属等の吸着効果のある微細な酸化鉄粒子を注入することで、汚染地下水の拡散防止壁を構築し、境界箇所でも対策可能な技術を開発した。本稿では、当技術の概要および対策事例を紹介する。

○サステナブルレメディエーションの取り組みと展開/㈱竹中工務店/古川靖英・舟川将史/(国研)産業技術総合研究所/保高徹生
本稿では国内のCVOC汚染サイトにおいて用いられることの多い4つの浄化技術について、サステナブルレメディエーションの視点で技術比較を行った例を示すと共に、各国のサステナブルレメディエーションの取り組みを示す。

○油汚染土壌バイオパイル処理の最適設計技術の開発/㈱熊谷組/佐々木静郎・河村大樹・門倉伸行/立命館大学/石森洋行
油汚染土壌のバイオパイル処理において、油汚染土壌全体に均質に通気するためのシステムと運転条件を検討するために、地盤工学と流体工学に基づくバイオパイル管内の物質移動を連成した数値シミュレーションを行った。その結果、いくつかの有用な知見が得られたので概要について報告する。

○シールド工事における自然由来重金属含有土の浄化技術/㈱奥村組/今井亮介・小河篤史・白石祐彰・吉田英典
当社では発生土や汚泥から有害な重金属を取り除く浄化技術の検討を行った。検討の中で、重金属等による汚染土壌の洗浄プラントと機能が類似する泥水シールド工法のプラントが比較的安価に浄化設備を付加することができることに着目し、室内試験及び実証試験を行い、浄化技術の効果と適用性を検証したので報告する。

○電気発熱法ハイブリッド土壌浄化技術/国際航業㈱/佐藤徹朗/㈱島津製作所/長曽哲夫
電気発熱法により土壌自体を昇温することにより、土壌の細孔部に浸透・吸着したテトラクロロエチレンやベンゼンといったVOCを地下水中や土壌ガス中に移行させ、土壌溶出量及び含有量を低下させることが可能である。電気発熱法を適用した土壌浄化実績とハイブリッド技術について紹介するとともに、操業中の工場に適用する場合の利点や安全性について報告する。

○DME工法による自然由来重金属含有土壌の現地処理/DOWAエコシステム㈱/永瀬弘喜
2010年の改正土壌汚染対策法の施行により、自然由来の重金属等含有土壌も規制対象となった。結果、トンネル工事などで発生した残土に法基準を超える溶出量が確認された場合は土壌処理や処分が必要となる。当社では乾いた掘削土壌には乾式磁力選別法(DME工法)が適していると考え、その開発と事業展開を進めてきた。

○複合微生物によるバイオオーグメンテーション/㈱バイオレンジャーズ/岩橋さおり
油汚染の浄化技術のひとつであるバイオレメディエーションには、バイオステュミレーションとバイオオーグメンテーションがある。今回、「複合性」を特徴とする油汚染に対し、多種多様な微生物群により構成される「複合微生物」を用いたバイオオーグメンテーションの小規模室内試験を2 件行ったので本稿で紹介する。使用した複合微生物は、世界各地の地層や水源から採取され、原油によって培養されたもので、好気性菌および通性嫌気性菌から成る複合微生物製剤オッペンハイマー・フォーミュラ「テラザイム」である。

○ダイレクトセンシングによる浄化設計の最適化/地盤環境エンジニアリング㈱/高木一成・遠藤康仁
原位置浄化の設計や掘削除去の範囲を最適化するためには、汚染状況を詳細に把握することが重要である。VOCsや油分による汚染サイトにおいて、汚染の範囲や深度分布の把握に有効なダイレクトセンシング技術を紹介する。

○水素利活用の推進に向けた周南市での取り組み/周南市経済産業部/宮崎正臣
当市では地域の強みである周南コンビナートの競争力強化の取り組みの一環として、コンビナートから発生する水素に着目し、山口県とも連携して水素をまちづくりへ活用する取り組みを進めている。

○バイオマス発電:新規なタール・フリーのガス化システム/信州大学・㈱ジンテク/水口 仁・金子正彦・高橋宏雄

○グリセリン廃液の全量資源化と用途開発/福岡大学/武下俊宏・村田真理/㈱フチガミ/大塚芳夫・井上芳樹/クボタ環境サービス㈱/橘 峰生・安部 剛

○熊本地震で発生したガラス繊維強化プラスチック製の廃バスタブのリサイクル/崇城大学/池永和敏・森平 嵐・河邊侑誠
熊本地震で発生したガラス繊維強化プラスチック(GFRP)製の廃バスタブを加圧マイクロ波条件で、完全分解リサイクルの検討行った。充填剤のないGFRP-Aは樹脂部分を完全に分解することができた。一方、充填剤の入ったGFRP-Bは分解反応を連続で2回行い、ほぼ完全に分解できた。

■シリーズ
○フィールド・レポート
実りの秋に果物の話を聞く/T.Tech.Office 田村真紀夫

■連載
○放射能汚染土壌に対する研究と対策9
放射能汚染土壌の解砕洗浄技術/弘前大学/石山新太郎

○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦7
第5次から第6次への下水道整備5ヶ年計画(昭和58~61年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

○沿岸環境の保全・再生技術3
あたらしいアマモ場再生技術(1)/鹿島建設㈱/山木克則

■コラム
○説明できない現象/HST
■特集:水処理技術におけるIoT活用の展開
○水道のスマート化/(公財)水道技術研究センター/佐々木史朗・斉藤晴茂
日本の水道は、人口減少や施設の老朽化、職員の高齢化という課題を抱えており、スマート化への期待が高まっている。本稿では最近進められている、水道におけるIoT関連の取り組み事例を紹介するとともに、普及への課題を検討する。

○下水道事業におけるIoT活用に向けた取り組み/日本下水道事業団/橋本敏一
本稿では、下水道におけるIoTの導入効果について述べるとともに、当事業団における、下水道IoT導入に向けた調査研究の実施状況、ならびに、今後の取り組みについて紹介する。

○水道事業の基盤強化に向けたCPS/IoTの機能と役割/東洋大学/石井晴夫
経済産業省は厚生労働省との連携で「平成27年度わが国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(水道事業におけるCPS(サイバーフィジカルシステム)実装のための調査研究)」を実施。その調査に基づき「平成28年度IoT推進のための社会システム推進事業(社会インフラ分野でのIoT活用のための基盤整備実証プロジェクト)」をスタートさせた。それらの調査・実証においては、水道事業体・学識経験者・企業・関係団体を委員とし、国・関係機関をオブザーバとする委員会を設置しており、本稿では、委員会等で検討された内容を中心に水道事業におけるCPS及びIoTの機能と役割について述べる。

○水環境設備におけるIoTの活用/㈱クボタ 末吉康則・宮川幸治・藤本好宏・吉田康之
水環境施設の維持管理を行っている中小自治体では職員数の減少、また海外プラントでは現地の熟練技術者の不足といった課題を抱えている。そこで当社ではIoTソリューションシステムKSISを提供し、IoTによる見える化や診断を通して国内外のユーザーの様々な問題解決とサービスの向上を図っている。

○IoTの活用による持続可能な水環境の実現/メタウォーター㈱/上野隆史
国内の人口減による使用料収入の減少、熟練技術者の減少、更には施設の老朽化など、上下水道事業が抱える課題を克服するために「情報技術」を利用した対策が今後多くの現場で採用されていくことが予想される。本稿では上下水道におけるIoTの現状、課題、また注目のWater Business Cloudについても紹介する。

■特集:ごみ焼却施設のIoT活用と遠隔監視システム
○IoT等先端技術を活用した「ごみ焼却施設遠隔監視システム」への期待/(一社)資源循環ネットワーク/林 孝昌
本稿では、焼却施設をとりまく国内外の潮流を踏まえつつ、これからの焼却炉に求められる付加価値は何なのか、なぜ遠隔監視システムに注目が集まっているのか、更に、焼却施設にはどのようなイノベーションが求められているのか、などについての検証を行う。

○遠隔監視・支援システムの運用/川崎重工業㈱/國政瑛大
当社はごみ処理施設向けに遠隔監視・支援システム「KEEPER」を運用している。本システムでは収集した運転データと最新の情報処理技術を活用し、施設運営の安定化および効率化を支援している。本稿では本システムにおける当社の取り組みと今後の展望について紹介する。

○流動床式ガス化溶融プラントの操業自動化/㈱神鋼環境ソリューション/上古閑久欣・伊藤 正・青木 勇・下梨 孝
本稿では、流動床式ガス化溶融プロセスの操業自動化に向けた制御システムとして、モデル予測制御を用いた廃棄物発電の安定制御技術、非定常時の排ガス規制値超過防止のための自動制御技術について紹介する。

○運転・維持管理総合支援システムを活用したプラント運営支援/㈱タクマ/橋本隆史
当社では、「運転・維持管理総合支援システム:POCSYS®」を新たに開発・導入し、DBO事業などの運営業務の効率化を進めている。また、本システムで収集された大量のデータを活用し、多変量解析や機械学習手法を用いた高度なデータ解析にも取り組んでいる。本稿では、本システムの概要ならびにデータ解析の取り組みなどについて紹介する。

○プラント遠隔監視・運転支援システム/㈱IHI環境エンジニアリング/富浜宗三・奥野輝幸/㈱IHI/小林 淳・中森慎太郎
当社では、廃棄物焼却プラントに遠隔監視・運転支援システムを導入し、既に幾つかの施設での運用を開始しており、異常診断や故障予知機能を活用し更なる安定稼働とLCCの低減を目指している。

○リモートサービスセンターとその発展/JFEエンジニアリング㈱/小嶋浩史
当社は2003年より、ごみ焼却施設の監視制御装置(DCS:Distributed Control System)のリモートメンテナンスサービスを開始し、現在20を超える施設のDCSソフト改良等のリモートメンテナンスを行っている。この内、BDO案件を主にプラントの操業や電力管理等を遠隔から支援するリモートサービスシステムとして、JFEハイパーリモートを開発し、運営事業に活用している。本稿では、当システムの概要と運営事業で活用している事例を紹介する。

■解説
○脱炭素に寄与するバイオマスマテリアルの状況/惠谷資源循環研究所/惠谷 浩

■水処理分野
○長沢浄水場における高塩基度ポリ塩化アルミニウムの浄水処理効果/川崎市上下水道局 眞鍋 晋・小島慶太
当市の長沢浄水場では春から夏にかけて藻類やピコプランクトンの増殖に伴うpH値上昇、それに伴う凝集処理の悪化やろ過閉塞・漏出などの浄水処理障害が生じている。近年開発され、凝集効果を上げると報告されている高塩基度ポリ塩化アルミニウムでの浄水処理について、実証実験を長沢浄水場で行ったので本稿で報告する。

■製品技術
○粉末活性炭スラリー濃度センサの開発/㈱堀場アドバンスドテクノ/川口佳彦・鈴木理一郎
当社では電気伝導率センサを用いて、簡便に粉末活性炭スラリー濃度を測定する装置を開発し、浄水場での連続試験を通して、実用性の検証を行った。浄水場のスラリー貯蔵槽に設置したセンサでは、手分析値と目標活性炭調整濃度に合った結果が得られた。

○粉砕撹拌流と微細気泡による排水処理の新定義/㈱アイエンス/吉田憲史

■連載
○放射能汚染土壌に対する研究と対策8
放射能汚染の解砕洗浄技術/弘前大学/石山新太郎

○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦6
第5次下水道整備5ヶ年計画時代後半(昭和55~60年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽/(元)㈱クボタ/内村輝美

○沿岸環境の保全・再生技術2
環境にやさしく、シンプルなサンゴ群集の再生技術/鹿島建設㈱/山木克則・新保裕美・田中昌宏

■コラム
○水の恵みあれこれ/HST
■特集:上水道における水処理技術の最新動向
○上水道における水処理技術の最新動向/(公財)水道技術研究センター/富井正雄
社会環境、自然環境の変化が水源水質に影響を及ぼし、その結果として浄水処理に問題や課題が生じている。本稿では、日本の上水道における水処理技術の現状、今日的課題や動向について紹介する。

○超高塩基度PAC導入検討と運用実績/岡山市水道局/平岡 茂・室井康宏・疋田章博
旭川では藻類の増加や高pH原水となるなど季節的な水質変化が発生し、これを水源とする旭東浄水場ではろ過水濁度の上昇がみられたため、超高塩基度PACを導入することとした。その導入検討の内容と、浄水場で運用した際の効果について報告する。

○霞ヶ浦を水源とする新たな浄水処理手法の実証実験/茨城県企業局/中嶋 淳・古橋嘉一・助川英志
当局では、霞ヶ浦を水源とする浄水場の水処理におけるかび臭等の異臭味障害や夏季のTHM生成等に対応するため、オゾンと過酸化水素を組み合わせた促進酸化処理(AOP)と帯磁性イオン交換樹脂の導入を目指し、一連の処理システムを評価するための実証実験を平成26年12月から実施している。

○水位差利用による省エネ型膜ろ過水道システム/(一社)膜分離技術振興協会 鮫島正一
当協会では水位差ろ過の事例を調査し「水位差利用による省エネ型膜ろ過水道システム導入手引き」をまとめた。本稿ではその内容について報告する。

○顕微鏡電気泳動法を応用した凝集剤注入制御システム/㈱東芝/有村良一・黒川 太・毛受 卓・横山 雄
本稿では、顕微鏡電気泳動法によるゼータ電位の測定方法を応用した画像処理を使った凝集状態判別指標と、その指標を用いた制御システムの構築に関して記述する。特に、浄水場での薬品注入管理が困難となる原水水質変動時における本制御システムの検証結果について報告する。

○フロック粒径測定による凝集不良の早期検知/メタウォーター㈱/田中由香・久本祐資・山口太秀
当社では、実験プラント及び実施設にフロック粒径を連続測定することができるフロックセンサを設置して、凝集不良を早期検知する方法について検討した。本稿ではフロックセンサの概要と実験結果について報告する。

○脈動形高速凝集沈澱装置の高性能化/オルガノ㈱/國東俊朗
高速凝集沈澱装置は、既成フロック存在下でのフロック形成と沈降分離操作を一体化した装置である。今回、筆者らは汎用熱流体解析ソフトを用いた沈澱槽内流動シミュレーション、実機沈澱槽内水温分布を測定し、高速凝集沈澱装置における熱対流発生要因の調査を行った。また、実施設と同形式のパイロット実験措置を浄水場内に設置し、熱対流発生時の処理水悪化制御方法についても検討を行ったので本稿で報告する。

○攪拌強度制御システム適用による浄水水質の改善/㈱ヤマト/川端洋之進・長谷川孝雄・新井忠男/沼田市上下水道課/諸田保明
攪拌強度制御システムは年間を通して攪拌強度を一定値に維持する。当システムを浄水場の混和池攪拌機に適用し、低水温・低濁度原水に対する浄水水質の改善効果を検討した。

○高Flux型親水化PVDF膜を利用した低エネルギー膜ろ過技術/㈱クラレ/薮野洋平
膜ろ過方式のランニングコスト低減を目的に水頭差膜ろ過システムが実用化されている。同システムは動力費の削減を図る一方、地形的制約を受けることや原水水質変動時に対応が困難であるといった問題があった。本稿ではこれらの問題解決のために新たな水頭差膜ろ過システムを検討した結果について紹介する。

○淀川原水への浄水セラミック膜ろ過技術の適用/メタウォーター㈱/村田直樹・山口太秀・青木伸浩
本稿では、高度に利活用された淀川を対象に、オゾン・凝集といった膜前処理が水道原水中のバイオポリマー(高分子量有機物)に与える影響と、1年間にわたって実施した連続セラミック膜ろ過実験について紹介する。

○オゾン/電気分解による促進酸化処理/㈱東芝/村山清一・毛受 卓・牧瀬竜太郎/清華大学/王 玉珏
酸化力の強いOHラジカルを生成し、それを利用して処理を行う促進酸化処理の新しい方法として、炭素系電極を用いた電気分解とオゾン処理を併用する方法について検討し、新たな知見を得たので報告する。

○二酸化マンガンを用いた高性能ヒ素吸着剤/日本濾研㈱/矢内拓郎・大橋伸夫・市場克也
高性能ヒ素吸着剤を開発した。従来品と異なりAs(V)のみならずAs(Ⅲ)に対しても高い除去能力を示した。また幅広いpH領域やフッ素やホウ素といった共存物質存在下でも高い除去能力を示し上水のみならず排水処理にも適用できる。

■特集:二酸化炭素の有効利用
○バイオマス産業都市さが/佐賀市環境部/井口浩樹
当市では佐賀市清掃工場で発生する二酸化炭素や、下水浄化センターで発生する二酸化炭素及び脱水分離液を用い、微細藻類の低コストかつ効率的な生産方法を確立し、関連産業の集積に向けて活動。そのため、技術面をサポートする研究施設も必要と考え、現在施設整備と研究体制に関しての協議を進めている。本稿では当市が目指す「バイオマス産業都市」について紹介する。

○CO2からの化成品製造/東京理科大学/杉本 裕
本稿ではすでに工業化されていたり今後の工業化が期待されるCO2の化学的利用の代表例を紹介する他、脂肪族ポリカーボネートの合成とその利用方法等について述べる。

○Jファーム苫小牧におけるCO2利用システムの紹介/JFEエンジニアリング㈱/髙須展夫
本稿では㈱Jファーム苫小牧工場における木質バイオマスボイラによる熱エネルギー・CO2供給およびガスエンジントリジェネレーションの取り組みについて紹介する。

■シリーズ
○フィールド・レポート
宇宙線が地球の気候に影響する可能性/T.Tech.Office 田村真紀夫

■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話15
収集・運搬の効率化:中継輸送システム(2)/循環物流システム研究所/井上 護

○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦5
第5次下水道整備5ヶ年計画時代前半(昭和55~60年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽/(元)㈱クボタ/松尾英介

○沿岸環境の保全・再生技術1
環境にやさしく、シンプルなサンゴ群集の再生技術(1)/鹿島建設㈱/山木克則

■コラム
○“日本には四季がある”に学ぶ/HST

■製品ガイド
○蛍光X線分析装置/編集部
■特集:下水道資源有効活用の最新動向
○下水道資源の有効利用に向けた国土交通省の取組/国土交通省/安田将広
○下水熱利用拡大に向けた取り組み事例/新潟市下水道部/木村弘樹
○ささしまライブ24地区で進める露橋水処理センターの高度処理水活用事業/名古屋市上下水道局/山﨑一弘
○滋賀県における汚泥燃料化への取り組みについて/滋賀県南部流域下水道事務所/余川雄一
○汚泥燃料化施設の導入・建設・試運転について/横浜市環境創造局/高野未来夫
○消化汚泥から回収したリンの肥料活用成果/神戸市建設局/平田卓也・田中章史
○下水処理水を利用して培養した微細藻類による漁業飼料生産技術の開発/中央大学/山村 寛
○下水処理水の再生水処理システムに関する研究/㈱西原環境/小関進介
○消化汚泥からの熱回収による高効率消化槽加温システムの開発/三菱化工機㈱/浦下勝秀・保坂一晃
○中小口径管路内設置型による下水熱利用の事例/東亜グラウト工業㈱/田熊 章
○自己熱再生型ヒートポンプ式高効率乾燥技術による下水汚泥の有効活用化/㈱大川原製作所/君塚央修
○下水汚泥コンポストの施用による土壌改良効果の検証/㈱建設技術研究所/松尾沙央里・渡邉暁人/㈱CTIフロンティア/野村奏史
■特集:震災時における浄水技術の最新動向
○新たなコンセプトを持つ応急給水用浄水装置/(公財)水道技術研究センター/安積良晃・富井正雄/京都大学/伊藤禎彦/㈱神鋼環境ソリューション/藤本瑞生
○現地長期乾燥保管可能な小型浸漬膜ろ過装置/水ing㈱/須田康司
○被災地における持続可能な浄水システム/日本原料㈱/青島幸紀・山本隆司・田中貴之
○災害対策用小型浄水器/㈱フソウ/矢野正人・田中 聡
○身近にある水から飲料水をつくる非常用浄水装置/㈱ティーネットジャパン/中谷吉邦
○災害用浄水装置/東西化学産業㈱/平兼正之
■水処理分野
○産業界におけるファインバブルの用途・実績例/エンバイロ・ビジョン㈱/豊岡正志
■シリーズ:フィールド・レポート
○上位0.1%の極端降雨を宇宙から観測する/T.Tech.Office/田村真紀夫
■連載
○下水汚泥処理設備のプラント化への挑戦4
第4次下水道整備5ヶ年計画時代後半(昭和51~55年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽
■コラム
○スタンプラリーという仕組み/HST
○GKP将来を担う子どもたちに「水環境」をPR/下水道広報プラットホーム/荒井 健
■製品ガイド
○脱水機/編集部

◆2016年「環境浄化技術」年間総目次
◆環境装置受注統計/(一社)日本産業機械工業会
■特集:汚泥濃縮・脱水技術の最新動向
○〔総論〕汚泥濃縮・脱水技術について/日本下水道事業団/金澤純太郎
○ベルト型ろ過濃縮機(ステンレスベルト)/㈱クボタ/山本章裕
○上水汚泥用機械式濃縮装置/水ing㈱/猪狩 智
○回転ドラム型濃縮機による汚泥濃縮技術/㈱タクマ/岡田真治
○高濃度濃縮かつ任意の濃度設定が可能な機械濃縮装置の開発/月島機械㈱/後藤秀徳
○回転羽根付汚泥掻寄機/㈱西原環境/荒生靖大
○高効率型二軸スクリュープレス脱水機/㈱クボタ/松井寛幸
○非油圧式コンパクト脱水機/月島機械㈱/山根陽一・若生貴裕
○低動力型高効率遠心脱水機の自動制御/巴工業㈱/松本光司
○後注入2液型ベルトプレス脱水機/メタウォーター㈱/丹 雅史・國谷 正・菅原良行・田中智樹・太田敦久・橋本好貴
■特集:水処理を支える先端分析機器
○〔総論〕最新の水質評価技術/(国研)産業技術総合研究所/鳥村政基
○指標細菌および重金属類の新規簡易分析法/北海道大学/佐藤久・平野麗子・奥山優
○界面活性剤を簡単に測る/工学院大学/釜谷美則
○水処理、環境分析に活用するタンデム質量分析と精密質量分析/中部大学/鈴木 茂
○水処理を支える分析機器、ラボ用分析機器/アジレント・テクノロジー㈱/遠藤政彦
○化学形態合量値が得られる排水分析器具/㈱共立理化学研究所/永井 孝
○排水処理プロセスの最適化/セントラル科学㈱/寺沢 啓
○プロセス用水質計器/㈱堀場アドバンスドテクノ/村上裕昭
○最新デジタル式pH電極による排水測定/メトラー・トレド㈱/八木橋義仁
○ノンターゲット分析による下水中の生態毒性物質の探索の試み/いであ㈱/森 大樹・澤井 淳
○水処理装置における有機物評価技術/オルガノ㈱/津田晃彦
■シリーズ:フィールド・レポート
○水文環境図「富士山」を使う/TTechOffice/田村真紀夫
■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話14
収集・運搬の効率化:中継輸送システム/循環物流システム研究所/井上 護
■コラム
○東京と箱根を往復する大学駅伝/HST
■製品ガイド
○濁度計・SS計
■NEWS & PRODUCTS
○環境装置受注統計/(一社)日本産業機械工業会
■特集:放射性物質による環境汚染と対策の現状
○除染・中間貯蔵施設の現状について/環境省 水・大気環境局
○除去土壌等の減容化・再生利用に向けて/(国研)国立環境研究所/大迫政浩
○中間貯蔵事業の取り組み等について/中間貯蔵・環境安全事業㈱/鈴木克彦
○放射性物質の除染を伴う災害廃棄物仮設焼却炉解体の国内初事例/鹿島建設㈱/小川浩司
○中間貯蔵事業における技術開発の現状/大成建設㈱/大谷 崇・岡田太一・島田曜輔・松尾寿峰・守屋雅之
○放射能濃度測定技術TRUCKSCAN/㈱大林組/山崎啓三・黒岩正夫・高田尚哉・山下秀文・納多 勝・日笠山徹巳/キャンベラジャパン㈱/畠中一郎・鈴木敦雄/Canberra Industries Inc. Frazier L. Bronson
○除去土壌等からの有機物の分別/安藤ハザマ/木川田一弥・武石 学/東京電力ホールディングス㈱/川崎一弘
○森林から生活圏への放射性セシウムの移行を抑制する技術/㈱熊谷組 田邉大次郎・横塚 享/茨城大学/熊沢紀之/(国研)日本原子力研究開発機構 長縄弘親/テクノス㈱/田部智保
○(独)家畜改良センター本所除染工事/㈱鴻池組/小笠原貴道
○輸送統合管理システムの開発/㈱奥村組/倉品 悠・今井亮介・森本克秀・酒井一紀/伊藤忠テクノソリューションズ㈱/西村龍彦
■特集:最新の産業排水処理技術
○産業排水処理の最新動向/北九州市立大学/寺嶋光春
○磁化活性汚泥法の食品排水への適用試験/宇都宮大学/酒井保藏・小室ゆい・荷方稔之/富士電機㈱/花井洋輔・平岡睦久/ヤマサ醤油㈱/廣田 怜・岡野 暁
○多段型生物膜処理による汚泥削減効果の検討/荏原実業㈱/石川智仁・大木智子・宮田知行・荒川清美・田中俊博
○MBRによる産業排水処理および再利用の事例紹介/三菱レイヨン㈱/川岸朋樹・杉本直也/三菱レイヨンアクア・ソリューションズ㈱/三木和也
○バイオ活性物質を用いたCOD分解/日鉄住金環境㈱/古庄健太
○海水淡水化前処理の機能向上/水ing㈱/島村和彰
○紫外光面発光光源の開発と有機物分解処理/パナソニック㈱/佐々木良樹・頭川武央・黒澤貴子/立命館大学/神子直之
○スラッジブランケット式凝集沈殿装置/住友重機械エンバイロメント㈱/三井昌文
○下水放流時の食品排水処理技術/㈱エイブル 神田 隆・橋本 覚・小林信彦
■シリーズ
○フィールド・レポート
コーヒーを育むエチオピアの森/T.Tech.Office/田村真紀夫
■コラム
○オリジナリティーの話/HST
■製品ガイド
○溶存酸素計/編集部
■Topics
○「アラルの森プロジェクト」2016年/NPO法人市民環境研究所
■特集:最新の土壌・地下水汚染浄化技術
○平成26年度土壌汚染状況調査・対策に関する実態調査結果/(一社)土壌環境センター/ 奥津道夫
○泥水式シールド一体型の自然由来砒素汚染土壌の新しい浄化技術/清水建設㈱/毛利光男
○鉄粉洗浄磁気分離法による鉛・砒素汚染土壌の浄化実績/鹿島建設㈱/伊藤圭二郎・川端淳一・伊藤康則・辻本 宏/ケミカルグラウト㈱/高栁克也
○RHA1株を用いる塩素化エチレン類汚染地下水のバイオオーグメンテーション技術/大成建設㈱/高畑 陽・渡邉亮哉・伊藤雅子
○油含有土壌のバイオ処理促進剤の開発/㈱大林組/大島義徳・大西健司・西川直仁・石川洋二
○汚染土壌を掘削しない原位置対策技術/㈱竹中工務店/奥田信康・清水孝昭・古川靖英・山崎祐二・舟川将史/㈱竹中土木/小西一生・大村啓介
○砒素含有シールド泥水の鉄粉法による浄化/安藤ハザマ/秦 浩司・武石 学・木川田一弥
○油汚染土壌の高効率バイオレメディエーション技術/㈱熊谷組/佐々木静郎・門倉伸行/立命館大学/久保 幹
○微生物が生成する鉄汚泥を利用した重金属不溶化材の開発/㈱奥村組/小河篤史/㈱日本海水/加納裕士・鵜沼光岳
○四塩化炭素を対象とした土壌地下水の新しい酸化剤工法による浄化事例/ADEKA総合設備㈱/小瀧光生・高橋 優
○GISによる自然由来重金属含有土壌の評価/DOWAエコシステム㈱/永瀬弘喜
○原位置加熱浄化技術(In-Situ Thermal Remediation)の紹介/㈱アイ・エス・ソリューション/和知 剛・北原 亘/㈱ランドコンシェルジュ/角田真之
○複合微生物製剤による1,4-ジオキサン分解の可能性/㈱バイオレンジャーズ/鴻野雅一
■解説
○狭所作業を可能にする小型水中ロボット/香川大学/郭 書祥
■シリーズ:フィールド・レポート
○マイクロプラスチック問題を正確に知ろう/T.Tech.Office/田村真紀夫
■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話13
ベトナム・ハノイ廃棄物処理事情/循環物流システム研究所/井上 護
○環境浄化微生物、遺伝子の多様な機能8(最終回)
環境浄化微生物/慶応大学/板谷光泰/埼玉大学/大西純一・松岡 聡・松本幸次/環境微生物工房/定家義人・定家多美子/神戸大学/田中耕生・吉田健一
○下水汚泥処理施設のプラント化への挑戦3
第4次下水道整備5ヶ年計画時代前半(昭和51~55年)/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽
■コラム
○動物と過ごす幸せな方法/HST
○四国八十八ヶ所霊場歩き遍路1,200km道中記/惠谷資源研究所/惠谷 浩
■製品ガイド
○土壌・地下水環境分析、測定装置

■特集:拡大する木質パイ才マス発電事業
○循環流動層ボイラのバイオマス発電への適性について/JFEエンジニアリング㈱/内海高博
○木質バイオマス発電施設/荏原環境プラント㈱/森津伸哉
○自溶合金IHフュージングの最先端技術/第一高周波工業㈱/守田勝
■特集:最新の膜技術
○水処理膜技術の最新動向/(一財)造水促進センター/大熊那夫紀
○浄水膜における薬品添加逆洗(CEB)技術/オルガノ㈱/大江太郎
○大規模膜分離活性汚泥法の実績紹介/㈱クボタ/永江信也
○担体を用いたMBRの高機能化/㈱神鋼環境ソリューション/丸野紘史・三浦雅彦
○PTFE中空糸膜によるMBRシステムの省エネ化/住友電気工業㈱/森田徹
○最新の海水淡水化システム/東洋紡㈱/熊野淳夫
○FIRSTプログラム「メガトンウォーターシステム」/東レ㈱/竹内弘・栗原優
○高集積型MBRモジュールを用いた実証試験/三菱レイヨン㈱/古野真介・下野達観/水 ing㈱/吉田秀潔・秦良介/三菱化工機㈱/花岡平・伊東正敬/三菱レイヨンアクア・ソリューションズ㈱/菊池隆・狩野久直/(地共)日本下水道事業団/山下喬子・橋本敏一
■特集:水環境分野で期待されるロボット
○ミミズの蠕動運動を用いた圧送管検査用ロボッ卜の開発/中央大学/富田健・石川龍太郎・中村太郎/管清工業㈱/高田淳
○水中点検ロボットのダム現場実証試験/㈱大林組/浜地克也・椎名肖一・三輪徹・沼崎孝義・江原雅洋/広和㈱/勝田尚義・竹垣雅登・阪幸宏/メルシェア㈱/永井達夫/ビットバード㈱/瀧本義昭
○遠隔操作無人探査機による水中構造物点検診断システム/五洋建設㈱/杉本英樹・小笠原哲也/水野剣一・森屋陽一
○浄水用水中清掃点検ロボット/荏原工業洗浄㈱/日高保
■解説
○下水は流しながら処理しよう/東京大学/佐藤弘泰
○使用済み紙おむつのリサイクルによるパルプ再利用の環境影響評価/ユ二チャーム㈱/今井茂夫・和田充弘
■シリーズ
○フィールドレポート
水面下に潜む底泥を探る挑戦/T.TechOffice/田村真紀夫
■連載
○下水汚泥処理施設のプラント化への挑戦1
第3次下水道整備5ヶ年計画時代(昭和46~50年)/NP021世紀水倶楽部/清水治
■製品ガイド
○水処理用散気装置及び撹祥機

◆環境装置受注統計/(一社)日本産業機械工業会
■特集:次世代水処理技術の最新動向
○下水処理における省エネ・創工ネ技術の開発動向/日本下水道事業団/橋本敏一
○消化汚泥からの高効率リン除去回収技術/水ing㈱/古賀大輔・萩野隆生・石上尚人
○固定床型アナモックスプロセス/㈱タクマ/高木啓太/熊本市上下水道局/渡邉陽一/日本下水道事業団/糸川浩紀
○セラミック平膜を用いたMBRの合流式下水の雨天時流量変動対応と省エネ化の検討/㈱明電舎/打林真梨絵・新井喜明・豊岡和宏/飯能市/宮崎好弘・佐野勇/日本下水道事業団/山下喬子・橋本敏
○使用電力の大幅低減が可能な新しい水処理プロセス/高知市上下水道局/明神晃・細木水敬/高知大学//藤原拓・陳小強/日本下水道事業団/橋本敏一・古澤和樹/メタウォーター㈱/野口基治・大和信大
■特集:メタン発酵関連技術の最新動向
○メタン発酵への期待/京都大学/日高平
○小規模メタン発酵技術の最新動向/金沢大学/池本良子・戸苅丈仁
○メタン発酵消化液の農地利用について/(国研)農研機構/山岡賢・中村真人・折立文子
○京都市の下水汚泥有効利用拡大に向けた取り組み事例/京都市上下水道局/八嶋学・高田裕士・有松昌洋・市橋岳
○膜分離方式による下水バイオガス精製技術と新たな活用方法に向けた研究/横浜市環境創造局/折居良一郎・細川能之
○マイクロ波照射による下水汚泥のメタン発酵前処理装置の開発/㈱アクトリー/宮後愛美/金沢大学/戸苅丈仁
○高効率ガス回収型汚泥消化装置の開発/水ing㈱/西井啓典
○あべのハルカスにおける都心型バイオガスシステムの運転実績/㈱竹中工務店/加藤利崇
■解説
○太陽電池パネル及び合わせガラスの解体とリサイクル/信州大学/水口仁・金子正彦・高橋宏雄
廃棄物の再利用におげる遮水性コーテイング材料・技術の開発/明石工業高等専門学校/稲積真哉
■シリーズ
○フィールド・レポート
電顕観察で「詳しく視て、正しく読む」/T.Tech.Office/田村真紀夫
■連載
○静脈物流ごみ収集・運搬よもやま話12
混ぜればごみ・分ければ資源/循環物流システム研究所/井上護
○環境浄化微生物、遺伝子の多様芯機能7
異種同種微生物の集団、バイオフィルム/環境微生物工房/定家義人/埼玉大学/大西純一
○下水汚泥処理施設のプラン卜化への挑戦1
第1・2次下水道整備5ヶ年計画時代/NP021世紀水倶楽部/清水治
○放射能汚染土壌に対する研究と対策7
放射能汚染土壌の解砕洗浄技術/弘前大学/石山新太郎
■コラム
○街場のアートから/HST
■製品ガイド
○蛍光×線分析装置
◆環境装置受注統計/(一社)日本産業機械工業会
おすすめの購読プラン

環境浄化技術 雑誌の内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • サイズ:B5判
無害化技術を推進する専門誌
月刊「環境浄化技術」は、大気、水質、土壌・地下水、廃棄物・リサイクル等の無害化技術を推進いたします。 掲載内容は、環境管理実務にすぐ役立つ最新技術・利用技術と環境修復の基礎技術を、わかりやすく紹介、規格・法規の最新情報を掲載、地球環境の汚染を防止、資源・エネルギーの有効利用、廃棄物の削減リサイクルに役立つ内容といたします。

+   環境浄化技術の目次配信サービス

環境浄化技術を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年02月20日発売

目次: ◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48!
いま買いの10万円株132
●高配当の5万円株ベスト100「買い」×「売り」診断
複数持って利回り安定! ほとんど利回り3%以上!
●桐谷さんオススメ! 高利回りな株主優待株22
「カタログ」「金券」「食事券・買い物券」
●高成長のテーマ株24
「DX」「環境」「半導体」「脱コロナ」
●過去10年で最高益の好業績株16
●業績が急回復中の株10
●10倍期待のIPO株11

◎別冊付録
定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金
裏はチェックリストに!

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●一回の申し込みであとはラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉(牛・豚・鶏)
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎ZAI NEWS CHANNEL
トピック1「政権のハナシ!」
アノマリーで見ると菅政権の終わりは近い!?
トピック2「退職金のハナシ!」
退職金専用定期預金が好利回りな22行を公開!

◎人気連載も注目!
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「智代梨がついに首位!次の一手は?」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「“風の時代”に突入!」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.54 「恋も株も新フェイズへ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「費用と人情の板挟み墓は作るのもしまうのも一苦労!」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年02月26日発売

目次: なぜ、三菱は「人生は常にこれから」と考えるか

常勝財閥 三菱 歴史的名訓
他の追随を許さぬ岩崎家4代の人間力

魂を紐解く ◎武田晴人
激動の時代こそ日本人の原点に学ぶ
◎三菱重工業会長 宮永俊一/三菱商事会長 小林 健/三菱みらい育成財団理事長(MUFG会長) 平野信行
人間を磨く、信じれば花開く

最強「三菱」語録50
「三菱財界人」不屈の金言
●若し、人、不正を以て争わば、我は正義を以て闘う可きである。
●景気の悪い会社の社長は胸を張って、いつも朗らかな顔をして歩け。
●豊かさの中にあってこそ却って「ハンブル・ライフ」の精神を尊重していかなければならない。
●男性が会社人間をいいことに家庭を大事にしないのは間違っている。
●モスト・リバブル・カントリーを目指すべき。
●経営者は教育者でなければならない。
●企業もまた『人』を育て続ける責務があるのです。
トップたちが心を鍛錬した言葉
●向こう傷は武士の勲章だ。
●大きな目標に挑む際には、三菱の仲間として連携する。
●仕事が人を育て、人が仕事を拓く。
●先輩を乗り越えていく。
●三菱グループは結集せよ。
●易きになじまず難きにつく。
●目先の利益に飛びつくな。
●刹那な利益を得るために信頼を失うな。
●王道を歩め。
●仕事や社会に対して常に誠実であれ。
●フェアプレーで事業を運営せよ。
●時代の要請に応えよ。
●企業は人や社会に求められてこそ存続できる。
●時代の変化を捉えて、常に時代の先を走れ。
●新・三綱領は「パブリック」「フェア」「グローバル」。
●どんな仕事にも愛着を持て。
●チャレンジこそがDNA。
●「三綱領」と遺訓を令和に生かす。
●私たちの守る伝統とは、古いものを壊すことだ。
●国難と共に歩み、国民と共に栄える。
叩き込まれた三菱イズム
●三菱は“奇跡のベンチャー”なのです。
●こんなにお金をかけて社員に本物を見せてくれる企業があるんだ。
●人材にエネルギーとコストをかけて良質な組織をつくり上げる。
●良い組織をつくるには経営者が百万回訓示するより、多くの一流に触れてもらうほうが近道です。
●ベンチャーづくりは人づくりだ。
●真実は現場にある。
●可能性の大きな市場を勢いのある若手に任せてみよう。
●決意が固いならやってみたらいい。
●正しいと判断したなら必ずやり切る、やり切れば花開くと信じ突き進む。
●(震災時に)こんなときは自分で見ないと判断できない。
●相手も同じ人間だ。
●毎朝下っ腹に力を入れろ。健闘を祈る。
岩崎家の教え
●人は天の道にそむかないこと。
●子に苦労をかけないこと。
●他人の中傷で心を動かさないこと。
●一家を大切に守ること。
●無病のときに油断しないこと。
●貧しいときのことを忘れないこと。
●常に忍耐の心を失わないこと。
●桃李不言。下自成蹊。
●機会は雲中に現れる蚊龍のごときのもの。これを捕捉するのには、透徹明敏なる注意と、豪邁なる胆力が必要である。
私が見た「三菱の品格」
●三菱グループのトップは、皆さん、一言で言えば紳士。
●「組織の三菱」は結束力の高さを象徴しているが、縦割り組織が強いことでもある。“三菱の品格”を維持する意味でも、長期的視点は大事にしていただきたい。
●三菱総研は未来志向の強いシンクタンクであり、その点は大学とも共通点がある。
●「課題先進国」の日本、シンクタンクが担う役割は以前にも増して重要になる。
●今後の課題は強過ぎる縦割り組織を打破し、いかに横断的な組織に変えていけるか。
●三菱重工を含めた三菱グループ各社は日本社会の縮図です。
●退職してからも、無意識のうちに「あれはウチで造ったのよ」と。
●三菱重工さんの教育はみごとだなァ。
「三菱」は結婚相手としての価値があるか ◎鈴木涼美
岩崎弥太郎と渋沢栄一の大喧嘩 ◎鹿島 茂
給料、結婚、他財閥……有価証券報告書と調査データで読みとく

現代の日本で、三菱で働くということ。
「日々感謝、日々感動。」三菱とともにに生きる

覆面座談会 半沢頭取「出世」の秘密
「三菱」が出てくる10冊の読書案内

名著に心を洗う
竜馬がゆく/雄気堂々/暁の群像/オレたちバブル入行組ほか
他財閥が「三菱さん」に言いたいことがある

ライバルの言葉に耳を傾ける
特別付録

巨人たちが遺した東京「財閥庭園」巡りマップ
一念が道をひらく ◎三菱ケミカルホールディングス会長 小林喜光
NEWS & INTERVIEWS
PEOPLE 大河ドラマ『青天を衝け』主演・吉沢 亮
日本のエスタブリッシュメントを支える“三菱の結婚相談所”
独占・“前澤金配り”企画が強盗・詐欺のカモリストに
官邸が怯える「『NO』と言える小池百合子」
好評連載
人間邂逅[784]

●五十嵐光喜×大井川和彦

「ビリ県」脱出
茂木健一郎の「成功への物語」[232]

岩崎弥太郎の教えが現代の日本を救う
大前研一の「日本のカラクリ」[262]

バイデン新政権は日本軽視、台頭する中国とどう向き合うか
飯島 勲の「リーダーの掟」[285]

大騒動の舞台ウラ これが本当の木を見て「森」を見ず
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[56]

不遇の連続でも、人生は一からやり直せる
「橋下 徹」通信[118]

権限がなくても人を動かせる「政治力」とは何か
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[24]

人類を救うワクチンがコロナを暴力に変える
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[21]

「日本手話のポエム」を観たら、あなたは圧倒される
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[26]

独房で学んだリモートワーク術
三浦瑠麗の「山王日記」[25]

『イデオロギーと日本政治』に見る「保守」「革新」の逆転現象
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[26]

早熟な人が、一発屋で終わってしまう理由とは
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[57]

知られざる情報収集力 バチカン市国
渡瀬裕哉のワシントン便り[8]

極左バイデンで世界は地獄に落ちる…
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[24]

牛乳
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[16]

ホステスと交際中のお客様が来店したときの対処法
職場の心理学[722]

社員の給料を「言い値」で払ったら、会社に何が起こるか
マネーの新流儀 [320]●山野祐介

携帯料金の新プラン、最強チョイスはこれだ!
探せ! みんなの新定番体当たりレビュー部

外部グッズを使ってスマホのスマートさを引き出せ!
新刊書評

森 功 著『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

布施川天馬 著『東大式節約勉強法』
著者インタビュー

森岡 毅 著『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』
経営者たちの四十代[272]●街風隆雄

●トリドール社長・粟田貴也

誰もが当然とする道は、選ばない
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

3 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年03月01日発売

目次:
【特集】軍事忌避の異常
            
匿名対談 現役学者が告発 軍事研究禁止の実態        
大学はこうやって軍事研究を禁じる(リスト付き)        本誌編集部  
陸自の「極秘合意」で暴走する沖縄メディア                本誌編集部 
「私的戦闘訓練」何が悪いのか    陸上自衛隊特殊作戦群初代群長  荒谷 卓 



森喜朗氏騒動と〝魔女狩り〟の恐怖   産経新聞政治部編集委員兼論説委員   阿比留瑠比   
徹底検証 森氏の発言は「女性蔑視」にあらず 情報検証研究所メンバー 田村和広  
東京五輪へ国家の覚悟見せろ    スポーツジャーナリスト 二宮清純 × 登山家 野口健 
                      


【特集】中国という禍   
ジェノサイド黙認は許されない      東京大学教授 平野聡 
ウイグル人弾圧で対応鈍い日本 日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ  
北京冬季五輪開催に反対する 自由インド太平洋連盟副会長 石井英俊  
「植民地支配」に世界は抗議せよ    評論家 三浦小太郎 
中国「政治戦」の最終目標   元米海軍省戦略広報部長 ケリー・ガーシャネック 
聞き手 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
尖閣防衛けん制のフリするな   軍事社会学者 北村 淳 
バイデン政権はすでに中国忖度  麗澤大学特別教授 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久 
南米とアジアで外交二連勝     チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫 


米中を左右する東南アジア情勢    政策研究大学院大学客員教授 飯村 豊 
人権問題に声あげない日本  軍事ジャーナリスト 黒井文太郎 
アジアの核抑止に核シェアリングを  前内閣官房副長官補 同志社大学特別客員教授 兼原信克 

「CO2ゼロ」政策は国民経済破壊する    キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 杉山大志 
フェミニズムに狙われる歴史教科書 麗澤大学特任教授 高橋史朗 


【特集】 東日本大震災から10年  
原発ゼロは国を亡ぼす  東京工業大学原子炉工学研究所助教 澤田哲生 
急げ、処理水の海洋放出  衆院議員 細野豪志  
                  産経新聞論説委員 長辻象平
甲状腺がん検査の中止を 福島県議会議員 渡辺康平  




【特集】武漢ウイルスとの闘い 
第3波後に向けて備えるべきこと  日本医科大学教授 松本 尚 
医療機関狙う もう一つのウイルス  NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト 松原実穂子 
厚労官僚は今こそ「公」に尽くせ  元国税庁長官 寺村信行 


第36回正論大賞受賞記念論文
北の暗号資産詐欺と石炭密輸事件の接点 安全保障問題専門家・元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員
  古川勝久 
第21回正論新風賞受賞記念論文
日本はいつ建国したか  作家 竹田恒泰 


【好評連載!】
小説 寒い国から来た工作員(スパイ) 第6回 最期 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

昭和の大戦とあの東京裁判―同時代を生きた比較史家が振り返る―
第13回 戦後民主主義世代への失望       東京大学名誉教授 平川祐弘 


【グラビア】
皇室歳時記  被災地に寄り添われ   
神話よよみがえれ 写真・文 廣田勇介       
文字のふるさと   瀧野喜星    
不肖・宮嶋の現場  砂かぶり席でのデモ 
業田良家 それ行け!天安悶 
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天 三島由紀夫 「新宿三丁目 どん底」 取材・構成 将口泰浩 

巻頭コラム 激流世界を読む        田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音    タレント  フィフィ
経済快快  産経新聞特別記者 田村秀男 
SEIRON時評   評論家 江崎道朗 
アメリカの深層  福井県立大学教授 島田洋一 
朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! よく墓参りして報告します 
                芸人 友近/ ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ  
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿  
折節の記  
操舵室から  

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

5 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2020年12月16日発売

目次: 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
完全2期予想の会社四季報で自分だけの“成長企業"を探そう!

2021年1集新春号では、3月期決算企業の中間決算を踏まえ、業界担当記者が今期および来期の業績回復シナリオを先読み。
日本国内全上場3,800社をフルカバーした四季報で、2021年に輝く有望企業を見つけましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●コロナで株主還元も二極化
●配当総額の伸びを全社調査
●注目ランキング:V字回復、上振れ…サプライズ満載

【デジタル特典】
スマホで丸ごと読み!

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/09/19
    発売号

  • 2019/06/18
    発売号

6 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年02月20日発売

目次: 特集
自動車業界が復活・新成長へ‼
出遅れ自動車株と電子部品株が狙い目

スコープ
菅義偉首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」で一躍脚光
世界的な再生可能エネルギー導入の動きが追い風
「定置用蓄電池システム」関連銘柄の成長力に注目

クローズアップ
ワクチン接種で世界景気は正常化へ
IMFが世界景気見通しを上方修正、「割安株」を総点検

特別銘柄企画
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」
ワクチン接種が進み、経済活動の正常化とともに、株価は一段高へ

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

7 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年03月01日発売

目次: 【第1特集】
働き方と仕事の法律

Part1 働き方のルールが変わる
[21年施行]大企業に続いて中小企業でも開始 同一労働同一賃金の焦点
改正パート・有期法のポイントと対応策
[22年施行]すべての企業で対策が必要に ハラスメント対策を急げ!
従業員と取り決めを リモート勤務はここに注意!
仕事の成功率が上がる! ビジネス法 独学・情報収集術
[21年施行]Q&A 企業やベテラン社員はどうする? 70歳定年制度の基礎知識
[22年施行]家計や年金に大きな影響 人生設計変える改正続く

Part2 企業経営のルールが変わる
[21年施行]改正会社法で何が変わる? 企業統治の透明化進める
改正会社法Q&A 株主総会も変わる! ビジネスパーソンや投資家が知るべきポイントはどこか?
[22年施行]企業のトラブルは増えるか 「成年年齢18歳」の影響度
[22年施行]情報の「利用」を重視する 個人情報保護の規制強化
職場の法律問題 思わぬトラブルはこうして解決せよ!

Part3 改正民法を再確認せよ
売買Q&A 契約不適合責任へ改正 責任追及手段が多彩に
[法定利率]当面は3%に 交通事故の損害賠償に影響
[定型約款]定型取引に適用される新ルール 「みなし合意」が可能に
[短期消滅時効の廃止]飲食店にメリット 債権回収を5年に統一
[売買・請負]IT業界の対応は? 改正版契約書の導入急げ

【第2特集】
CSR企業ランキング 2021年版

総合上位企業 KDDIが2年連続トップ 積極的な社会貢献が光る
総合ランキング300
部門別上位企業 人材活用はANAが1位 CSR合計値ではSOMPO
人材活用/環境/企業統治+社会性/CSR合計/財務
金融機関 東京海上が僅差で首位 SOMPO、第一生命が続く
金融機関上位30社
総合ポイント上昇率&未上場企業 総合190位のナブテスコ 上昇率ではトップに
総合ポイント上昇率 上位5社
未上場企業 上位10社
広がるESG投資 情報の共通化をどう進める
ポストコロナの働き方 テレワーク普及に課題 評価制度の変更も必要に
[アンケート]ポストコロナ時代の働き方改革について聞いた

スペシャルリポート
脱ガソリンに揺れる軽自動車 電動化に立ちはだかる難題
 電動化時代に問われる存在意義 軽にも鳴り響く「EV化」の号砲

ニュース最前線
ホンダ、6年ぶりトップ交代 新社長に託されたEV戦略
熱狂なき日経平均3万円 「高値銘柄」の波乱に警戒
顧客のポイントを使い込み 日生で発覚した不正の衝撃

連載
|経済を見る眼|英国ワクチン大作戦に見る戦争の記憶|苅谷剛彦
|ニュースの核心|着実な回復へ今こそ賃上げが必要|大崎明子
|発見!成長企業|エスプール
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|イトーヨーカ堂 社長 三枝富博
|フォーカス政治|政府がこだわる「元号表記」への疑問|軽部謙介
|グローバル・アイ|ワクチンとゼロ金利の終わり 経済正常化で世界は大揺れに|ケネス・ロゴフ
|INSIDE USA|左右ポピュリストが共闘 大衆の怒りが生む新構図|会田弘継
|中国動態|海警法は尖閣奪取の布石か|小原凡司
|財新|第3世代原子炉「華龍1号」が運転開始/不正会計の新興カフェが米国で破産申請
|マネー潮流|ワクチンをめぐる新興国のリスク|中空麻奈
|少数異見|公正な金融市場を壊すMSワラントにNOを
|企業事件簿 【新連載】第1回|暴かれた架空循環取引 IT急成長の陰で蔓延した悪事|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|「憲法に反することはしない」 プーチン大統領発言の含意|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|オークションの売上額は 「売り方の工夫」で変わる|十河丈晴
|リーダーのためのDX超入門|イーロン・マスクもほれた「宇宙」の可能性|山本康正
|話題の本|『子育て支援の経済学』著者 山口慎太郎氏に聞く ほか
|経済クロスワード|法改正
|人が集まる街 逃げる街|宮城県仙台市太白区 長町|牧野知弘
|ゴルフざんまい|ゴルフの魅力を知る 3つの視点|小林浩美
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

定期購読(1年(デジタルサービス付き)プラン)なら1冊:560円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/02/08
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年02月20日発売

目次:
■特集1 ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ

●ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ! (020p)
●10倍高も見込める大化け株で大きく儲ける 狙いは大きくテンバガー(022p)
●10倍株候補発掘の5つのポイントをつかむ チャートの特徴も要チェック! (024p)
●3大潮流で探す未来の10倍株 今からでも間に合う! 中長期保有で大化けも(026p)
●これが次世代の大化け3大テーマだ 長期でテンバガーも夢じゃない! (027p)
●3大テーマ1 ヘルスケアコロナ禍で医療は 「非接触」 にシフト ヘルステックは準トップに妙味(028p)
●3大テーマ2 DX企業、官公庁ともデジタル化は加速 20年急騰銘柄の押し目を狙え(032p)
●3大テーマ3 脱炭素脱炭素化は日本企業にとって好機 水素社会到来で中型株に大化け余地(036p)
●直近IPOで探せ! 最強の成長株 上場間もない新興株から10倍株の卵を発掘(040p)
●IPO株は“隠れ優良銘柄”で儲ける 10倍株の卵はここだ(041p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE1人気薄の 「非DX銘柄」 を割安な水準で仕込む(042p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE2利確を重ねて着実に勝つトレンドをいいとこ取り(044p)
●注目株を見逃すな! 直近IPO18銘柄を徹底査定直近IPOは割高感強いものも長期の事業成長が鍵に(046p)
●10倍株の利確テク チャートでは売り時を判定しない 決め手は株価より企業の成長度(052p)
●ここから上がる逆襲大化け株 コロナ逆風銘柄が狙い目! (054p)
●逆襲株を探し出す3つの戦略 出遅れと侮るなかれ(055p)
●コロナでダメージ大の銘柄ほど大化け期待 狙うのは大きな業績の変化率(056p)
●売上高大幅減の株、出遅れBtoB株を狙う 景気回復の伝播を期待(059p)
●注目は工作機械とパワー半導体関連銘柄 日本企業が強みを持つ分野(062p)
●スゴ腕が仕込んだ 逆襲株パナソニックで会心の投資再現狙う 三井金属はインフレで大化けを期待(064p)
●データで斬る! 出遅れ銘柄から選ぶ安定成長期待株(066p)
●トップファンマネに学ぶ大化け株発掘法 高パフォーマンスの鍵は銘柄選びにあり(067p)
●知る人ぞ知るトップマネジャー 塩住秀夫さんの成長株投資術3つの成長分野に狙いを絞る ウイズコロナ銘柄を新たな主力に(068p)
●中小型株投資の専門家集団 エンジェルジャパンの銘柄発掘利益成長の次のステップを見据えた企業へ投資(070p)
●伝説のファンドマネジャー ピーター ・ リンチ氏が説いたテンバガー投資アマチュアこそ10倍株が見つかる 現役の直弟子はニッチ銘柄を狙う(072p)


■特集2 ESGで上がる株&投信

●ESGで上がる株&投信 世界的潮流に乗って資産を増やす! (077p)
●世界でも日本でも拡大中 ESG投資で稼ぐ! (078p)
●ESGの大波を個別株で捉える プロが選んだ有望22銘柄(080p)
●ESG投信で波に乗る 今から買いたいESG投信3本(086p)


■特集3 介護にかかるお金&必要な備え

●介護にかかるお金&必要な備え 知っておきたい 親のために、自分のために(102p)
●公的介護保険の仕組みと自己負担の中身を知る 基本を押さえて賢く活用(104p)
●在宅介護と施設介護 かかるお金をチェック どんなサービスにいくらかかる? (106p)
●親の介護に備えやっておくべきこと できることから実行しよう(108p)


■表紙の人

●夏菜 女優 初の悪女役に挑戦 意識したのは丁寧な 「動き」 (012p)


■先読みTIMES

●脱炭素が迫る事業転換 第2のソニー登場の鍵か ソニーの時価総額が過去最高に(015p)
●業績改善が火をつけた割安日本株買い(016p)


■先読みカレンダー 2021 3月

●グリーン成長戦略に注目(018p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

● 「素晴らしい企業」 の探し方を学ぶ(074p)


■もっと得する株主優待生活

●人気のカタログギフト お薦め優待ベスト10(090p)
●3月に取れるお得優待(092p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●上昇期待が高い 「10万円株」 (094p)


■クローズアップ企業

●プレミアアンチエイジング 定期購入と店頭販売を両立 新ブランドで海外展開も(100p)


■Money Interview

●パトリック ・ ハーラン タレント、東京工業大学非常勤講師相対的貧困に苦しむ子供たちの未来のため 日本社会に支援の輪を広げたい(110p)


■クイズで学ぶ会計知識

●教育業界の貸借対照表(114p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●中小企業の活性化が日本復興の近道(116p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●バイデン政権、じわり広がる市場との距離(118p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●実は危うい 「株高はバブルではない」 説(120p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●米株式市場SNSの乱とバイデン政権(122p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●サイズのローテーション 米国株は小型株優位の時代に(124p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●バイデン新政権発足 随所に潜む急落リスク、楽観は禁物だ(126p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●イー ・ カンパニー 代表 ファイナンシャルプランナー 八木陽子さんマネー教育は実体験が何より重要。 頭に詰め込むより、学びがある(128p)


■マルトクセレクション

●非対面契約 ・ 手続きが拡大 ほか(131p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●新型コロナ対策やEVも守備範囲 「繊維 ・ フィルム」 関連の技術割安株(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●半導体、環境、親子上場 株価材料満載の爆騰期待3銘柄(134p)


■関大介のREITウオッチ

●逆風ホテル型の価格堅調 分配金回復期待は本物か(136p)


■最新! 投信ランキング

●騰落率ランキング 首位は年125%上昇(137p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●急ピッチで進む 「脱炭素」 への取り組み。 理想と現実のはざまで企業は(138p)


■生保損保 業界ウオッチ

●安全運転で保険料が安くなる テレマティクス保険が続々(139p)


■ネット証券DATA

●2月3日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●2月8日現在(142p)


■Readers’ FORUM

●2021年にチャレンジしたいこと(144p)


■Money Books

●格差のない未来は創れるか? 今よりもイノベーティブで今よりも公平な未来 ほか(145p)


■別冊付録

●スマホ料金見直し&ネット証券活用術

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年03月02日発売

目次: Special Report
人民元研究
一足先にデジタル化する「RMB」の実力
中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか
通貨 ドル支配の終わりと人民元時代の始まり
分析 基軸通貨への準備は万端
歴史 「弱小」人民元はこうして飛躍した
■タイムライン 人民元、国際通貨への足跡
視点 ドルと世界が迎える予測不可能な未来

◆ミャンマー軍はなぜ賭けに出た?
クーデター 暴挙に出た真の理由は組織の歴史から読み取れる

Periscope
SAUDI ARABIA 皇太子の「罪」認定でも制裁できない訳
UNITED STATES 「空爆」バイデンとイランの神経戦
HONG KONG 香港のコロナ対策を阻む政府不信
GO FIGURE コロナワクチンの副反応は心配無用?

Commentary
英国 偉人像攻撃の耐えられない単純さ──コリン・ジョイス
科学 火星開発は人類生存のため──クリストファー・メーソン
アメリカ 党内対立が民主党を強くする──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
保守派大スターの負の遺産──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
ファミマが開く金融新時代の扉── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
不倫で生まれた娘に真実を話すべき?
Wrong Words その言葉への違和感
かくも悪質な「差別発言は冗談」論── 望月優大
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
衝撃の初ジブリ体験は『風の谷のナウシカ』── 森達也

World Affairs
紛争 さらば、祖国アフガニスタンよ
国境問題 インドはどうやって中国を撃退したのか

Features
米政治 ポスト・トランプの隠しきれない野心

Life/Style
Movies ジョディ・フォスターの新作が最高に政治的な訳
Movies 何が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか
Movies ディズニー伝説的悪役の知られざる過去
Books 「フランス式」が許した少女への虐待
Art 草間彌生のアートを追って世界中を旅したい
My Turn 警官として助けた女の子が家族になるまで

Picture Power
移民の祖国が払う高い代償

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
「女子東大生」が少ない本当の理由

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:389円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/02/02
    発売号

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

環境浄化技術の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌