I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

日経コンストラクション 発売日・バックナンバー

全263件中 76 〜 90 件を表示
▲2020年2月10日号 no.729 2月10日発行


■特集 好機到来、資格を取ろう

●好機到来、資格を取ろう(026p)
●若築建設 ▲ 受験者18人を1週間“缶詰め”(028p)
●和合館工学舎 ▲ 地方の建設会社も技術士に挑戦(030p)
●建設コンサルタント ▲ 組織を挙げて技術士の取得支援(032p)
●技術士第二次試験 ▲ 合格の鍵は 「コンピテンシー」 (034p)
●1級土木施工管理技士 ▲ 実地の記述問題を侮るな(039p)
●コンクリート診断士 ▲ 記述式は報告書作成の要領で(040p)
●資格を武器に転職 ・ 独立も(041p)
●土木関連資格ガイド(044p)


■ズームアップ 地盤

●宅地下も公費で液状化対策 札幌市清田区里塚地区市街地復旧工事(北海道) (010p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

● 「優良」 設計の水路で杭基礎の強度が足らず(018p)
● 「水害は人災」 、住民が国に賠償請求へ(019p)
●前田建設が前田道路にTOB、敵対的の様相(020p)
●浮体式洋上風力の基準改定で建設費削減(021p)
●下水道工事で出水、市道が10m四方陥没/被災地に派遣する自治体の正規職員増やす(022p)


■NEWS 技術

●ベントナイト重量の2%で同等の掘削液(023p)
●硬過ぎ生コンを動画判定で即“出禁”に(024p)


■若手が定着! 建設版働き方改革

●残業を減らして待遇を改善(054p)


■特別リポート 東京空撮

●沸騰前夜の五輪会場(064p)


■KANSAI 2025

●歩ける駅前に大改造 10車線を3車線に 三宮クロススクエア(070p)


■新製品 ・ 新サービス

●はしごの安全対策製品 3M DBI-サラ Lad-Saf 垂直親綱シリーズ ほか(078p)


■読者から

●技術士の知見を地域の防災に生かしたい ほか(081p)


■記者の眼

●変わる10年後の業界勢力図(082p)
▲2020年1月27日号 no.728 1月27日発行


■特集 鉄とコンクリートを超えろ

●鉄とコンクリートを超えろ(044p)
●爆発的普及の繊維強化樹脂(046p)
● 「廃プラ問題」 は建設にお任せ(053p)
●建設材料の開発にITや生物の力を(058p)
●汎用材だって負けていない(062p)


■ズームアップ 橋

●UFCの間詰めで30人分を省力化 中央道床版取り換え工事(岐阜県) (010p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●シルト層把握も危険と捉えず、大雨で崩壊(021p)
●西九州道の事業費が軟弱地盤で110億円増(022p)
●水門開放怠った浸水被害で国が損害賠償へ(023p)
●トンネルの補修間に合わず壁面剥落(024p)
●橋脚沈下した法雲寺橋で応急復旧が完了(025p)
●札幌市が7億円で五輪マラソンコース補修(026p)
● 「五輪前」 断念のロープウエー本格着工へ(027p)


■NEWS 技術

●市販カメラで高精度計測、ドローン搭載狙う(028p)
● 「後付けIoT」 で建機を手軽に監視(029p)
● 「移動工場」 が6倍速で床版を更新(030p)


■特別リポート 東京空撮

●世界をもてなすインフラ(032p)


■KANSAI 2025

●原っぱに古都再建 観光客をいざなう 平城宮跡歴史公園南門復原整備工事(038p)


■新製品 ・ 新サービス

●油圧ショベル用マシンコントロールシステム X-53x Auto各社の建機に後付け可能 設計に合わせて自動制御(077p)


■読者から

●非正規雇用人材の育成や待遇改善が急務 ほか(081p)


■記者の眼

● 「また壊れちゃった」 を繰り返すな(082p)
▲2020年1月13日号 no.727 1月13日発行


■特集 2020年の土木界

●2020年の土木界(020p)
●許されざる短工期 民間含め違反した発注者に勧告も(022p)
●監理技術者の兼任 2現場まで担当可能に(024p)
●働き方改革 中小に迫る労基法対応(025p)
●新資格 「技士補」 技士の試験制度は20年度が最後(026p)
●建設キャリアアップシステム 登録数伸び悩みてこ入れ策(027p)
●外国人技能者 待遇改善が急務(028p)
●国土強靭化 自治体で地域計画の作成が進む(029p)
●気候変動対応 降雨量増加で水害対策見直し(030p)
●逆線引き 土砂災害の恐れある開発に歯止め(031p)
●i-Construction 重点はICT施工からデータ活用へ(032p)
●インフラメンテナンス 長寿命化計画づくりの総仕上げ(034p)
●コンセッション 空港や水道をまとめて民間運営に(035p)
●M&A 好景気と人不足が再編を後押し(036p)
●建設業許可の要件緩和 役員確保を容易にして廃業防ぐ(038p)
●インフラシステム輸出 官民一体で30兆円の受注達成へ(039p)
●独禁法改正 協力度に応じて課徴金減額幅を拡大(040p)
●民法改正 120年ぶりに請負ルール見直し(041p)
●BIM/CIM 国の直轄事業で適用対象を拡大(042p)
●ドローン 点検分野で拡大と浸透(044p)
●重機の自動運転 多台数運転の実用化で世界をリード(046p)
●建設3Dプリンター 開発競争は海外が先行(047p)
●AI 自治体の橋で診断AIの実験続々(048p)
●プレキャスト 新工法で工期短縮を一段と加速(050p)
●グリーンインフラ プラットフォーム設立元年に(051p)
●消音テック 騒音 ・ 振動対策が技術力の差に(052p)
●公共交通の自動運転 無人の電動カートが定期運行(053p)
●ゼネコン研究開発投資 20年代前半に勝負を賭ける(054p)
●東京都心の主要駅整備 虎ノ門ヒルズ駅と高輪新駅が開業(055p)
●関西圏鉄道網 新線建設で関空と都心を近づける(056p)
●首都圏道路網 五輪後見据え3環状の整備が山場(058p)
●関西圏道路網 大阪中心部で2路線の供用を開始(060p)
●地方の主要道路 中部横断道や復興道路が延伸(061p)
●新幹線 2大事業の難局打開に向け調整継続(062p)
●滑走路の増設 那覇 ・ 福岡に成田も続く(063p)
●クルーズターミナル 国際クルーズ拠点の整備相次ぐ(064p)
●バスタプロジェクト 全国展開に向け法整備進む(065p)
●新型物流インフラ 物流の進化が道路を革新(066p)
●ナショナルサイクルルート 自転車道で訪日外国人を呼び込む(067p)
●五輪時の渋滞対策 開催期間中は都心の工事を抑制(068p)
●洋上風力発電 SEP船に未来を託す(069p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●20年度予算も公共事業費は高水準(010p)
●全長2.7kmの連続斜張橋を神戸港に(012p)
●浸水区域への居住誘導、対策に着手(014p)


■NEWS 技術

●ねじが応力を測って知らせる(015p)
●遠隔操作室が重機の動きとシンクロ(016p)
●強アルカリ性の建設汚泥をCO2で中性化(018p)


■新製品 ・ 新サービス

●マンホールポンプ遠隔監視 マンホールポンプAIサポートシステム運転データを自動分析 異常を早期に通知(078p)


■読者から

●人材の掘り起こし、国内にも目を向けて ほか(081p)


■記者の眼

●インフラから日本の輝きを取り戻す10年に(082p)
▲2019年12月23日号 no.726 12月23日発行


■特集 インフラ事故2019 防げなかった崩壊

●インフラ事故2019 防げなかった崩壊(034p)
●南方澳跨港大橋の崩落(台湾宜蘭県) 腐食と重交通で疲労破壊か(036p)
●JR神戸線高架橋のコンクリート剥落(神戸市) 表面被覆材の裏でひび割れ進展(042p)
●新山清路橋の仮設鉄塔倒壊(長野県生坂村) 水平力による転倒照査を怠る(045p)
●今池水みらいセンターの陥没(大阪府松原市) 「見知らぬ」 接続管で腐食が進む(048p)
●下関ボートレース場の護岸沈下(山口県下関市) 水位差2.6mで砂地盤が浸透破壊か(050p)


■土木のチカラ

● 「100年確率洪水」 もデザインにハンターズ ・ ポイント ・ サウス ・ ウオーターフロント公園(米国ニューヨーク市) (010p)


■写真で振り返る2019年

●1 相次ぐ台風で従来対策の限界露呈 ほか(018p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●ひび割れ多発の斜張橋に振動対策(023p)
●ダムの利水容量をもっと治水に使いやすく(024p)
●東名高速の塗装工事火災で1人死亡(025p)
●広島高速の怪契約は87億円増で決着(026p)
●岡山空港の拡張が調整不足で3カ月遅れ(027p)
●国土強靱化など柱に26兆円の経済対策(028p)


■NEWS 技術

●シールド全自動化へ前進、掘進計画の短縮に(029p)
●点群データを誰でも無料で扱える(030p)
●スマホ上の塗り絵で補修用の合材量を算出(032p)


■成績80点の取り方 国道54号三次保守工事(広島県)

●人繰りが困難でも24時間体制を維持(054p)


■クイズ維持 ・ 補修に強くなる

●重交通路線でひび割れ 寿命2倍の補修は可能? (057p)


■新製品 ・ 新サービス

●レーザースキャナー搭載型トータルステーション GTL-1000 ほか1台2役で3次元計測 作業時間と人員を半減(070p)


■年間目次

●2019年の発行号別主要記事一覧(072p)


■土木を深める本 新刊 ・ 近刊

●技術者に必要な 河川災害 ・ 地形の知識 末次 忠司 著 「見る技術」 を磨いて次に備える(078p)


■読者から

●災害復興も人材育成も時間がかかる ほか(081p)


■記者の眼

● 「日本は面白い」 と思わせる社会資本整備を(082p)
▲2019年12月9日号 no.725 12月9日発行


■特集 令和を担う若手技術者

●令和を担う若手技術者(026p)
●土木のとりこにするゲームを生む光安 皓氏(33歳) パシフィックコンサルタンツ社会イノベーション事業本部交通政策部(028p)
●NEXCO東の“顔”担った渋滞予報士外山 敬祐氏(34歳) 東日本高速道路会社関東支社5代目渋滞予報士(030p)
● 「若手の会」 で地域の未来像を探究山本 佳和氏(33歳) 建設コンサルタンツ協会東北支部若手の会委員長(032p)
●自身の手でごみに触れデータ集める米田 将基氏(34歳) 八千代エンジニヤリング環境施設部主任(034p)
●途上国の想定外を乗り切り楽しむ山田 修栄氏(29歳) 日本工営コンサルタント海外事業本部交通 ・ 都市事業部(036p)
●念願かない自動化施工で新たな挑戦菅井 貴洋氏(36歳) 鹿島機械部自動化施工推進室課長代理(038p)
●社外へ飛び出し公園の魅力を再発見島 瑞穂氏(29歳) 大日本コンサルタント大阪支社技術部地域交通計画室(040p)
●仕様書を深掘りしプロポで快進撃金野 拓朗氏(32歳) オリエンタルコンサルタンツ関東支社都市政策 ・ デザイン部副主幹(042p)
●“渋い”土工事で満点を目指す望月 勝紀氏(33歳) 大林組生産技術本部技術第二部技術第五課主任(044p)
●設計で磨いた“千里眼”で工程見通す熊谷 翼氏(35歳) 大成建設土木設計部都市土木設計室課長代理(046p)
●相次ぐ災害対応で鍛えられた指導力松岡 史也氏(30歳) 西松建設北幹南福井出張所工事主任(048p)


■ズームアップ 法面

●無人重機で急斜面の復旧を急ぐ 北海道胆振東部地震斜面復旧工事(北海道) (008p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●千葉県で警戒区域外の土砂崩れ多発(014p)
●国が5河川の氾濫情報出さず、台風19号(015p)
●想定外の基礎で西鉄高架化が最大4年遅れ(016p)
●成田空港に新滑走路、基本計画を初改定(017p)
●リニア残土を防災拠点の造成に使用(018p)
●全国初の上水道民営化へ、宮城県が条例案(019p)
● 「獺祭」 の旭酒造と隈研吾氏が橋でタッグ(020p)


■NEWS 技術

●カメラ会社の強み生かし、ひびを99%検知(021p)
●天気予報から 「墜落 ・ 転落」 を予知(022p)
● 「手押し」 で50%省力化、桁の1種ケレン(024p)


■トピックス 土砂災害対策

●技術と体制で初動の失敗防ぐ 低価格センサーで地滑りを広域検知(050p)


■若手が定着! 建設版働き方改革

● 「働きやすさ」 と 「やりがい」 を両立(068p)


■カウントダウン2020

●五輪待つ巨大団地 BRTアクセス整備へ 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業(074p)


■新製品 ・ 新サービス

●現場写真整理サービス カエレル 経験豊富なベテランが管理 撮り忘れを速やかに通報(078p)


■読者から

●技能実習生の熱意に圧倒される ほか(081p)


■記者の眼

●1%の 「当たり」 より99%の 「はずれ」 を直視せよ(082p)
▲2019年11月25日号 no.724 11月25日発行


■特集 これではまずい 橋の診断 ・ 補修

●これではまずい橋の診断 ・ 補修(026p)
●その 「健全度III」 は妥当か(028p)
●マニュアルにない橋が続出(032p)
●無視できない 「赤線に架かる橋」 (038p)
●5年以内の補修に赤信号(042p)
●補修本番で目立つ力不足(045p)
●点検だけでなく簡易補修も直営化(048p)


■ズームアップ タンク

●プレキャスト防液堤で7カ月短縮 日立LNGタンク建設工事(茨城県) (008p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●橋台背面の崩落で路面陥没、台風の9日後(016p)
●台風で資材調達できず新東名の開通延期(017p)
●橋脚の洗掘把握するも対策後手に(018p)
●大型車回れず環状交差点の工事中断(019p)
●混迷続くリニア静岡工区、国主導に県反発(020p)
●銀座上空に遊歩道案、KK線の廃止見越す(021p)


■NEWS 技術

●高速道路の補修ヤードを“囲う”移動式車両(022p)
●値段もサイズも 「500円玉」 の浸水センサー(024p)


■KANSAI 2025

●大阪の大動脈を北伸 地下と高架で2.5km 北大阪急行線延伸事業(068p)


■新製品 ・ 新サービス

●あと施工アンカー用ドリルビット ホーク ・ ストッパードリルストッパーで削孔深さ管理 初心者でも品質ばらつかず ほか(076p)


■読者から

●(081p)


■記者の眼

●聞こえのよい施策だけで本末転倒の働き方改革(082p
▲2019年11月11日号 no.723 11月11日発行


■特集 台風19号、水難の教訓

●台風19号、水難の教訓(008p)
●被災マップ 71河川で決壊、記録的大雨の爪痕(010p)
●堤防被害 完成区間でも決壊相次ぐ(012p)
●落橋 橋台背面土の流失が示す“空白地帯”(017p)
●土砂災害 20度の緩い斜面でも崩落リスクあり(022p)
●海岸施設の被害 津波堤防が内水被害リスクに(028p)
●市街地の内水氾濫 水害に備えた超高層住宅街の死角(030p)
●ソフト対策 「想定外」 に現場が対応しきれず(032p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●加速する無電柱化、台風被害で関心高まる(038p)
●貨物船衝突の 「はま道路」 はPC桁を交換(040p)
●ため池決壊でまた被害、調査で不備も(041p)
●重要物流道路制度で初の 「啓開」 代行(042p)
●大鳴門橋の桁内に自転車道を新設(043p)


■NEWS 技術

●道路の下から桁と床版を一刀両断(044p)
●膨大な道路付属物の管理手間を9割減(046p)
●30分で舗装を直す補修材、機械転圧不要(048p)


■土木のチカラ

●昭和モダン橋が送る“第2の人生” やまだばし思い出テラス(鹿児島県姶良市) (050p)


■最新技術トレンド みら★どぼ

●現場に静寂をもたらす消音テック(056p)


■今すぐできる! 工期短縮

●【最終回】 時間の使い方を見直す(063p)


■技術士一直線 2019

●表情や態度、説明能力も評価基準に(070p)


■新製品 ・ 新サービス

●ダンプトラック計量装置 スケールダンプ積み込み重量を瞬時に表示 低速走行時も計測可能 ほか(078p)


■読者から

●国土強靱化と人手不足のジレンマ ほか(081p)


■記者の眼

●SNSに見た土木と社会のコミュニケーション不足(082p)
▲2019年10月28日号 no.722 10月28日発行


■特集 常識を変えるドローン活用

●常識を変えるドローン活用(030p)
●管理者自ら利用領域を拡大 河川や砂防の日常点検に(032p)
●標定点をなくせ 見えた! 出来形管理への道(036p)
●用途広げる新技術が続々 水中や地下だって見通す(042p)
●工程や安全も見守る 「空飛ぶ現場監督」 にお任せ(048p)


■緊急報告 2019年台風19号

●記録的大雨で落橋 ・ 破堤相次ぐ(010p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●台湾で140mのアーチ橋が突如崩落(016p)
●開通半年でトンネル覆工に144カ所の浮き(017p)
● 「過労死白書」 が示した建設業の自殺原因(018p)
●中国横断道で脆弱地盤、完成を1年延期(019p)
● 「忖度」 発言の下関北九州道路で調査再開(020p)
●水道工事不正で6億円超える賠償請求(021p)
●外環4工区で施工者決定、過去に談合疑惑(022p)
●地滑りの長崎道、20年秋に完全復旧(023p)
● 「保線」 と 「下水道調査」 でメンテ大賞(024p)


■NEWS 技術

●橋脚の出来形管理で作業工数8割減(025p)
●局所の水位予測で費用を7割減に(026p)
●コンクリートの温度ひび割れ対策費を4割減(027p)
●先行投資で全国の道路埋設物をマップ化(028p)


■トピックス リニア中央新幹線

●湧水問題で 「膠着」 の静岡工区(052p)


■技術士一直線 2019

●試問事項の改正に合わせて解答用意(066p)


■成績80点の取り方 柏改良工事(愛媛県)

●最悪想定の対策で浸水から住民守る(068p)


■新製品 ・ 新サービス

●コンクリート湿潤養生シート アクアパック水に浸せば貼り付け可能 繰り返し使える ほか(074p)


■読者から

●中小建設会社もSDGsを工事で実践 ほか(081p)


■記者の眼

●災害時に誰がドローンを飛ばすのか(082p)
▲2019年10月14日号 no.721 10月14日発行


■特集 突破するベテラン

●突破するベテラン(030p)
●働き方改革を先導する(032p)
●異分野の知見を生かす(037p)
●人材育成にまい進する(040p)
●次代への布石を打つ(044p)


■ズームアップ 橋

●耐用125年橋を短工期で架設サミュエル ・ ド ・ シャンプラン橋(カナダ ・ モントリオール市) (008p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●突然の護岸崩壊の原因は浸透破壊か(016p)
●神戸 ・ 三宮駅前に 「バスタ」 (018p)
● 「遮熱性舗装の方が暑い」 と識者が指摘(019p)
●土木用シートでの細菌対策で割れる見解(020p)
●雨もないのに岩山が突然崩壊(021p)
●伸び悩む技能者DB、民間システムと連携(022p)
●諫早湾訴訟、最高裁でも 「ねじれ」 解消せず(023p)
●強風で漂流した船が橋桁に衝突(024p)


■NEWS 技術

●ドローンによる空中写真測量の精度向上(025p)
●地下工事の遠隔監視にLPWA(026p)
●杭の施工情報をリアルタイムで“見る”(027p)
●JRの路線で広がる 「無人検査」 (028p)


■トピックス AI

●闇雲なAI導入が招く失敗(050p)


■今すぐできる! 工期短縮

●実績をまとめて工事を反省(063p)


■KANSAI 2025

●最後の一等地に新駅 甲子園2つ分の緑も うめきた2期プロジェクト(068p)


■新製品 ・ 新サービス

●タイヤローラー用安全装置 衝突被害軽減アシスト赤外線とカメラで障害検知 自動で減速して停車(078p)


■読者から

●補修技術者の育成には実践の場が必要 ほか(081p)


■記者の眼

●建設3Dプリンター、 「死の谷」 越えの条件(082p)
▲2019年9月23日号 no.720 9月23日発行


■特集1 未来の道路

●未来の道路(032p)
●“ITの巨人”が道の変革に乗り出す(034p)
●知っておくべきモビリティー入門(038p)
●次世代道路の原型が続々と(042p)
●交通や都市の変わり目に商機(048p)


■特集2 重機の自動化は目前に

●重機の自動化は目前に 業界地図2019(052p)
●現実に近づく工事現場の工場化(053p)
●高難度の作業は段階的に自動化(058p)
●日本は重機の自動化で先駆けるキャタピラー建設デジタル&テクノロジー部門の責任者に聞く(061p)
●吊り作業の効率化を目指す動きも(062p)
●複合作業は大手で25年ごろと予測(064p)


■ズームアップ トンネル

●逆巻きで営業線囲む2層の躯体構築 地下鉄日比谷線虎ノ門ヒルズ駅新設工事(東京都) (010p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●長崎道で大雨による地滑り、路面が隆起(018p)
●羽田連絡道の五輪前開通を断念(019p)
●新東名の全線開通3年延期、橋の構造変更(020p)
●膠着続くリニア静岡工区、国交省が調整へ(021p)
●高さ25mの鉄塔が倒壊、橋の架設準備中(022p)
●橋から1.3tのコンクリート塊が車に落ちる(023p)
●10年ぶり7兆円超えの国交省概算要求(024p)
●警戒レベル4の 「全員避難」 で住民混乱(025p)


■NEWS 技術

●2週間の地形判読をAIで5分に(026p)
●さらば減圧症、ケーソンの外で掘削確認(027p)
●切り羽に近づかずに“吹き付け”を操作(028p)
●3分の化学反応で改良土の強度を特定(030p)


■クイズ維持 ・ 補修に強くなる

●ひび割れや大量の漏水 点検も考慮した対策は? (073p)


■カウントダウン2020

●渋谷で渦巻く再開発 大波は南へ進む 渋谷駅桜丘口地区再開発(080p)


■新製品 ・ 新サービス

●防災システム 自治体向け災害対策情報提供システムスマホ、車、センサーを活用 災害情報を地図上に統合 ほか(090p)


■読者から

●外国人トラブルは文化の違いだけが原因なのか(097p)


■記者の眼

●令和の 「黒部の太陽」 、試されるリニア(098p)
▲2019年9月9日号 no.719 9月9日発行


■特集 五輪後の勝者はここに賭ける!

●五輪後の勝者はここに賭ける! 建設会社決算ランキング2019(032p)
●利益率に陰り、今こそ成長投資を(034p)
●進む自動化、投資回収効果は未知数(038p)
●大規模更新を足掛かりに本格参入(040p)
●アジアに続く収益基盤はアフリカ(043p)
●土木も機械も分かる人材に教育(046p)
● 「トンネル」 好調、 「地盤」 期待大(047p)
●2018年4月期~19年3月期 建設会社ランキング(053p)


■土木のチカラ

●分断された街をつなぐ 「橋脚の道」 ザ ・ ベントウエイ(カナダ ・ トロント市) (008p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●中部横断道でまた開通延期、工事難航(016p)
●橋やトンネルなど8万カ所で早期修繕が必要(017p)
●インフラ ・ 防災分野の技術革新に35億円(018p)
●高速道路を技術の実証フィールドに(019p)
●建設現場に広がるフレックスタイムの導入(020p)
●温暖化見越して想定降雨量を1.1倍に(022p)
●首都高小松川JCTが年内開通へ(023p)
●震災から10年で復興道路全通へ(024p)


■NEWS 技術

●山岳トンネルの覆工に革命、PCa化へ(026p)
●常識破りの無線通信、長大橋で実証中(028p)
●コンクリートの打音時にAIが変状見抜く(030p)


■トピックス 労働者不足

●迫られる外国人技能者の待遇改善(064p)


■今すぐできる! 工期短縮

●中間チェックで遅れを防ぐ(069p)


■新製品 ・ 新サービス

●3次元点群処理システム TREND-POINT Ver.7点群からエッジを抽出 トレース作業を効率化 ほか(084p)


■読者から

●公共工事は無資格者の検査でいいのか ほか(089p)


■記者の眼

●映画 「天気の子」 が突き付けた気候変動の悪夢(090p)
▲2019年8月26日号 no.718 8月26日発行


■特集 維持 ・ 補修2019 点検2巡目の正念場

●維持 ・ 補修2019 点検2巡目の正念場(030p)
●各地で進む実証試験 新技術はここまで使える(032p)
●自治体の挑戦 職員自らドローンで点検(038p)
●点検要領改定の要点 「性能規定化」 で工夫促す(040p)
●補修もECIで 施工者の協力で不確定要素潰す(044p)
●包括委託に新展開 橋の定期点検と補修も一括で(049p)
●悩める発注者を支援 大手建コンの武器は業務ツール(052p)


■ズームアップ 橋

●丸2年通行止めでアーチ以外全交換 堂島大橋長寿命化対策工事(大阪府) (008p)


■トピックス 海外

●巨大シールド事故が泥沼訴訟に(016p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●埋め立て地陥没で2.7億円の賠償請求(020p)
●暑さで傾いた防護柵、床版に直接定着へ(022p)
●大雨で舗装隆起、空気噴出が原因か(023p)
●水中ロボの試験用水槽が沈下(024p)
●一時休工や車両ルート変更、五輪渋滞対策(025p)


■NEWS 技術

● 「寿命は理論上2000年」 、超高耐久のPC桁(026p)
●施工記録からAIがノウハウを抽出(027p)
●タイヤを擦り付けて止まれるバス停縁石(028p)


■技術士一直線 2019

●設問テーマも難易度もほぼ想定通り(070p)


■成績80点の取り方 湯ノ浦IC橋下部外工事(愛媛県)

● 「中空橋台」 の品質確保に知恵絞る(074p)


■KANSAI 2025

●うねるコンクリート 上下2層で分岐 ・ 合流 阪急京都線 ・ 千里線連続立体交差事業(080p)


■新製品 ・ 新サービス

●熱中症対策テント COOL MQ遮熱シートで屋根覆う 専用エアコンも装備可能 ほか(084p)


■読者から

●仕事の効率よりも質で評価を ほか(089p)


■記者の眼

●危ない民地、行政は対策に踏み込めるか(090p)
▲2019年8月12日号 no.717 8月12日発行


■特集 受注者が採点 発注者ランキング2019

●受注者が採点 発注者ランキング2019(032p)
●発注者のミスを受注者が尻拭い 契約解除や減額要求に我慢の限界(034p)
●ランキング上位の発注者を解剖 高評価の秘訣は 「受注者を見る目」 (038p)
●積算ミスやトラブルを撲滅せよ AIやロボットが変える発注者の仕事(044p)
●発注機関別の調査結果一覧(050p)


■ズームアップ 空港

●4kmの護岸を1.7m上げて越波防ぐ 関空1期島東側護岸かさ上げ工事(大阪府) (012p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●ライト工業の30歳社員が過労自殺(018p)
●ボーリング調査で鉄道トンネルを貫通(019p)
●橋脚のアンカーボルト穴に基準超える傾き(020p)
●地盤沈下で水槽破損、設計者に賠償命令(021p)
●不安定なのに補助工法を採用せず(022p)
●想定超える地中の産廃で区画整理中断(024p)
●北海道新幹線でトンネル着工半年遅れ(026p)


■NEWS 技術

●測量を3割時短するドローン(027p)
●配筋ロボでPCaの鉄筋作業員を75%減(028p)
●防音扉がなくても発破音を低減(029p)
●打音作業が楽になる 「肘を保持する器具」 (030p)
●崩落した熊本城石垣の位置を9割特定(031p)


■トピックス 技術開発

● 「技術タマゴ」 のかえし方苦渋作業に向き合う 低価格を実現した地方発、鉄筋結束ロボ(054p)


■今すぐできる! 工期短縮

● 「3ム」 の排除と 「5S」 の推進(067p)


■カウントダウン2020

●競り声消えた魚河岸 残り骨にうなる重機 旧築地市場解体工事(072p)


■新製品 ・ 新サービス

●植物登はん防止ネット バリオスネット 葛がフェンスに絡まない 除草の手間を省く(076p)


■読者から

●事故原因の共有を、経験に基づく対策だけでは限界 ほか(081p)


■記者の眼

●料金格差20倍、水道がさらすインフラ危機(082p)
▲2019年7月22日号 no.716 7月22日発行


■特集 旅だ、インフラだ、もてなしだ

●旅だ、インフラだ、もてなしだ(028p)
●1年で観光客10倍、八ツ場ダムの挑戦(030p)
●物語×地域資源で人を呼ぶ現場へ(034p)
●九州電力インフラツアー(宮崎県) 社員主導で水力ダムを“開門”(036p)
●秘境八十里越体感バス(新潟県三条市~福島県只見町) 「変わりゆく現場」 を見せて7年(040p)
●黒部ルートの一般開放(富山県黒部市~立山町) 周遊可能な一大観光拠点へ(044p)
●横瀬川ダム(高知県宿毛市) 国内初の堤体クライムに挑む(046p)
● 「楽しい」 に 「悲しい」 を織り込む(048p)
●業界外との関わりがツアーを磨く(050p)
●土木のチカラ ツーリズム(054p)


■土木のチカラ

●民間力が生んだ 「水辺のにぎわい」 勝山公園の鴎外橋西側橋詰め広場と水辺の遊歩道(北九州市) (008p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●護岸と滑走路かさ上げ、関空で越波対策(015p)
●補強土壁にはらみ、施工中に土質変化/海外工事受注が2兆円に迫る(016p)
●アスファルト合材カルテルで課徴金減額か(018p)
●舗装材カルテルで2社に課徴金(019p)
●都市部でもドローンの目視外飛行を可能に(020p)
●防災重点ため池が新基準で5倍に(021p)
● 「脱請負」 目指しIoTベンチャーに投資(022p)


■NEWS 技術

●見えない施工部が見える次世代溶接マスク(023p)
●デジカメ持って1人で舗装の出来形確認(024p)
●工事現場のゲリラ豪雨を 「超局地」 で予測(025p)
●新型ドローンで水面下の計測費が4割減(026p)


■トピックス 火山

●動き出した富士山噴火対策(058p)
●まずは 「降灰後の土石流」 に備える(060p)
●被害予想の随時更新で想定外に対応(064p)


■クイズ維持 ・ 補修に強くなる

●たて壁と床版下面にひび 予防で表面含浸は必要? (069p)


■新製品 ・ 新サービス

●断面修復材 ライトファースト/ハードファースト1回で厚さ5cmの塗り付け 軽量と高強度の2タイプ ほか(072p)


■土木を深める本

●豪雨や地震で相次ぐ被害 盛り土の 「老朽化」 に警鐘京都大学防災研究所教授、斜面災害研究センター長 釜井 俊孝 氏(076p)


■読者から

●生活に密着した工事の情報を期待 ほか(081p)


■記者の眼

●災害情報発信で 「混乱招く」 を都合よく使うな(082p)
▲2019年7月8日号 no.715 7月8日発行


■特集 設計 ・ 施工を刷新する建設3Dプリンター

●世界最長に挑め 橋の“印刷”が始まった(028p)
●アイントホーフェン工科大学建築環境学部教授 テオ ・ サレット 氏100年前の施工方法から脱却を(033p)
●4300億円市場に世界は動き出した(034p)
●スタートアップが導くプリント革命(036p)
●自動化や新構造を見据えて始動(042p)
●設計思想を抜本的に変え現状打開(046p)


■緊急現地報告 山形県沖地震

●震度6強も極短周期で死者なし(007p)


■ズームアップ 橋

●中空床版橋で支間40mを実現 福岡高速6号線橋梁上部工事(福岡県) (010p)


■NEWS 時事 ・ プロジェクト

●桁の架け替え中に橋脚がひび割れ 荷重の偏りが原因か、宮城県の豊里大橋(018p)
●博多陥没現場、トンネル掘削がついに再開 24時間態制で監視しながら水抜き(019p)
●大阪市で不正工事まん延、今度は舗装 上下水道工事の不正と同じ会社が施工(020p)
●近接目視の代わりにドローン 君津市が橋の定期点検で全国に先駆け(021p)
● 「不当工期」 に包囲網、担い手3法改正(022p)


■NEWS 技術

●RC構造なのに薄型 ・ 軽量の高耐久床版打ち継ぎ目も超高強度合成繊維補強コンクリート(023p)
●2分でチェック、掘削出来形 トンネル現場で画像を10枚撮影するだけ(024p)
●“すべすべ”コンクリートの課題を解決 型枠のシート貼りを自動化(025p)
●都市交通インフラ事業で多数の土木学会賞 技術に目を向けた 「田中賞」 を新設(026p)


■トピックス 業界トレンド

●知らなきゃマズい最新用語40(048p)


■最新技術トレンド みら★どぼ

●グリーンインフラの実力を探れ(055p)


■技術士一直線 2019

●当日の 「注意事項」 を要チェック(064p)


■今すぐできる! 工期短縮

●現場のムダを省く(067p)


■新製品 ・ 新サービス

●デジタル野帳 eYACHO for Business 5工事写真の電子納品に対応 JACICの認定を受ける ほか(076p)


■ねっとわーく

●読者から(082p)
おすすめの購読プラン

日経コンストラクションの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
土木の総合情報誌
「日経コンストラクション」は、土木の最新ニュースから技術情報、入札・契約制度や建設会社の経営戦略まで、土木・建設にかかわる情報を幅広くタイムリーにお伝えしています。主な読者は建設会社、公共発注体、建設コンサルタントなどの実務者。建設産業界をリードしていくためのノウハウを満載した土木の総合情報誌です。

日経コンストラクションの目次配信サービス

日経コンストラクション最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経コンストラクションの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.