レジデント(Resident) 発売日・バックナンバー

全140件中 106 〜 120 件を表示
2,200円
〈特集〉救急外来で疑うべき電解質異常
企画編集/岩田充永

特集にあたって……………………岩田充永
【総論】
1. 電解質異常を疑うべき症状,身体所見 ……………………徳田安春
2. 電解質異常を疑うべき心電図所見……………………奥村貴裕
3. 血液ガスを読む ……………………越後谷良介
4. 救急外来における細胞外液量の評価
~この患者の体液量は過剰なのか? 不足しているのか?…………………… 長谷川耕平
【救急外来における輸液療法】
5. 救急外来における輸液の基本 ……………………大野博司
6. 輸液が大切な疾患①
糖尿病性ケトアシドーシス,非ケトン高浸透圧症候群 ……………………岩田充永 他
7. 輸液が大切な疾患②
敗血症 ……………………大野博司
【救急外来における電解質異常の診断と治療】
8. 高ナトリウム血症の鑑別と治療 …………………田中 拓 他
9. 低ナトリウム血症の鑑別と治療……………………田中 拓 他
10. 高カリウム血症の鑑別と治療 ……………………藤田芳郎 他
11. 低カリウム血症の鑑別と治療 ……………………藤田芳郎 他
12. カルシウム,リン,マグネシウム異常への対応……………………脇坂達郎
【医療従事者が知っておくべきこと】
13. 日常診療で遭遇することが多い医原性電解質異常 ……………………山中克郎 他

〈連載〉
◆主要徴候別ER診療の実際 ………………………………企画・司会/三宅康史
・第23回 手術適応となる腹痛 ………………………………………………上山裕二
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~ ………………………………監修/岡田 定
・連載第11回 「てんかんの患者さんが来たんすよ」~けいれんへのアプローチ
「けいれん=てんかん」にあらず~
・ヤバレジ脱出チェックシート ………山口典宏
◆患者さんとの接し方
・第30話 がん病名の伝達④
告知を受けたがん患者からの質問―患者の話をよく聞こう……………………………星野達夫
◆基本臨床手技
・第21回 腹腔穿刺 ……………………………………………寺島裕夫
2,200円
〔特集〕
これで大丈夫,苦手意識のある領域別
救急対応のゴールドスタンダードとピットフォール
企画編集/太田祥一

特集にあたって………………………………………………太田祥一
1. 泌尿器科領域 ………………………………………………吉岡邦彦 他
2. 産婦人科領域 ………………………………………………寺内文敏
3. 皮膚科領域 ………………………………………………大久保ゆかり
4. 眼科領域 ………………………………………………後藤 浩 他
5. 耳鼻咽喉科領域 ………………………………………………河野 淳 他
6. 口腔領域 ………………………………………………近津大地 他
7. 手足指に起こりやすい問題 …………………………………………新藤正輝 他
8. 異物 ………………………………………………新井隆男
9. 感染症………………………………………………中川 隆 他
10. 感染症:発熱への対応 ………………………………………………小池 薫 他
11. 小児救急 ………………………………………………六車 崇
12. 高齢者救急 ………………………………………………黒田泰弘 他

〔連載〕
◆主要徴候別ER診療の実際
・第22回 小児の脱水 ……………………………………………………………三川武志 ・三宅康史
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~ ………………………………監修/岡田 定
・連載第10回 不整脈 ~診ているこっちもドキドキなんですけど!~ ………浅野 拓
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆患者さんとの接し方
・第29話 がん病名の伝達③
がん告知にはコミュニケーションセンスが必要 ……………………………………………星野達夫
◆基本臨床手技
・第20回 胸腔穿刺 ……………………………………………寺島裕夫
2,200円
〔特集〕
ERやICUで必要な薬の「生きた」使い方
企画編集/堀 進悟

特集にあたって………………………………………………堀 進悟
1. 昇圧薬 ………………………………………………本多英喜
2. 降圧薬 ………………………………………………森下由香
3. 不整脈 ………………………………………………笹尾健一郎
4. 抗菌薬 ………………………………………………田熊清継
5. ステロイド ………………………………………………太田 凡
6. 電解質異常 ………………………………………………輿水健治 他
7. 脳圧亢進 ………………………………………………永山正雄 他
8. 消化管出血 ………………………………………………林 峰栄
9. 吐気・嘔吐 ………………………………………………中森知毅
10. 鎮痛薬・麻薬 ………………………………………………木村昭夫 他
11. 中毒 ………………………………………………芳賀佳之
12. 鎮静方法 ………………………………………………宮武 諭

〔連載〕
◆主要徴候別ER診療の実際
・第21回 骨折と脱臼 ……………………………………………………………土居通忠 ・三宅康史
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~ ………………………………監修/岡田 定
・第9回 便通異常入門~今日から君も排便スペシャリスト ………小林大輝
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆患者さんとの接し方
・第28回がん病名の伝達②
-前準備と共感が大切 ……………………………………………星野達夫
◆基本臨床手技
・第19回 腰椎穿刺 ……………………………………………寺島裕夫
2,200円
[特集]糖尿病の患者が入院したら
企画編集/戸邉一之

特集にあたって…………………………………戸邉一之
1. 2型糖尿病患者が入院したら……………………山崎勝也 他
2. 生活習慣改善の指導と動機づけ……………………坂根直樹
3. 糖尿病治療薬(経口血糖降下薬)の使い方 ……………………門脇 孝 他
4. インスリン投与患者が入院したときの注意とインスリン導入の方法……………………今川彰久 他
5. 血管合併症の精査-細小血管合併症……………………羽田勝計 他
6. 血管合併症の精査-大血管症……………………綿田裕孝 他
7. フットケアの実際……………………渥美義仁
8. 入院中の患者の低血糖への対応……………………内潟安子
9. 他疾患と関連した糖尿病(他科から血糖コントロールを依頼された場合)……………………五十川陽洋
10. 高血糖の緊急入院……………………山下滋雄
11. 1型糖尿病患者が入院したら……………………池上博司 他
12. 妊娠糖尿病患者が入院したら……………………佐中真由美
13. CGMSを用いた入院中の血糖管理……………………西村理明

[連載]
◆主要徴候別ER診療の実際
・第20回 喀血……………………………………………………………石田順朗 ・三宅康史
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~………………………………監修/岡田 定
・第8回 失神~先生,倒れた人がいます!!~ ………水野 篤
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆患者さんとの接し方
・第27回 がん病名の伝達① ……………………………………………星野達夫
◆基本臨床手技
・第18回 中心静脈路確保……………………………………………寺島裕夫
2,200円
〈特集〉
救急場面での状態像からみた精神疾患の診断と初期対応
企画編集/伊豫雅臣

特集にあたって…………………………………………………伊豫雅臣
総論………………………………………………………………伊豫雅臣
I.精神科救急システムについて………………………………浅野 誠
II.興奮・錯乱・不安焦燥
1. 精神運動興奮…………………………………………………八田耕太郎
2. 不安焦燥(激越うつ病)……………………………………早川達郎 他
3. アルコール離脱せん妄………………………………………橋本恵理 他
III.精神運動昏迷・意識障害
1. 昏迷(統合失調症,うつ病,解離,脳炎)………………白石哲也
2. 大量服薬………………………………………………………大上俊彦
3. 自傷行為(リストカットなど)……………………………深見悟郎
4. 一酸化炭素中毒………………………………………………酒井明夫 他
5. てんかん重積…………………………………………………渡邉博幸
IV.身体症状を主訴とした精神疾患:パニック障害など……宮武良輔
V.高齢者の精神疾患:認知症周辺症状,せん妄……………細井尚人

〈連載〉
◆主要徴候別ER診療の実際
・第19回 吐下血……………………………………………………………冨田高重・三宅康史
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~………………………………監修/岡田 定
・第7回 リンパ節腫脹の鑑別~先生,ぐりぐりができました~ ………山口典宏
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆患者さんとの接し方
・第26回 ドクターのつぶやき ……………………………………………星野達夫
2,200円
〈特集〉
意識障害 -緊急を要する病状・病態の初期診療と意識障害への初期対応-
企画編集/三宅康史
[口絵]
中枢神経の生理学(桑名亮輔)
[総論]
1. 意識障害の定量的評価法(田中幸太郎)
2. 意識障害患者の初期診療(中村俊介)
3. 鑑別診断の進め方(三宅康史)
[各論]
4. 脳血管障害(脳梗塞)(中島重良)
5. 脳血管障害(出血性疾患)(長島梧郎 他)
6. 頭部外傷(橘田要一)
7. 蘇生後脳症(櫻井 淳)
8. 中枢神経感染症(加藤大貴)
9. 代謝異常・薬物中毒・体温異常など(清水敬樹 他)
10. 神経内科で見る意識障害(齊藤正樹 他)
11. 精神科で見る意識障害(衛藤暢明)

〈連載〉
◆主要徴候別ER診療の実際
・第18回 ERで診る皮膚科疾患(松井恒太郎・三宅康史)

◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~(監修/岡田 定)
・第6回 浮腫 ~ムクムクなんですけど!~(浅野 拓)
・ヤバレジ脱出チェックシート

◆患者さんとの接し方
・第25話 スペシャリストこそ心温まることばかけを(星野達夫)

◆基本臨床手技
・第17回 包帯法(寺島裕夫)
2,200円
〈特集〉循環器治療薬の使い分け
企画編集/磯部光章

1. 循環器薬の体内動態と血中濃度測定(渡邉裕司 他)
2. RAS系抑制薬の使い方(吉村道博 他)
3. ベータ遮断薬の使い方(福田恵一 他)
4. 利尿薬の使い方(佐藤幸人)
5. 強心薬の使い方(伊藤 宏 他)
6. 抗血小板薬の使い方(代田浩之 他)
7. 冠拡張薬の使い方(宮崎俊一 他)
8. 血栓溶解薬と抗凝固薬の使い方(池田宇一 他)
9. 抗不整脈薬の使い方(相澤義房 他)
10. 降圧薬の使い方(大屋祐輔 他)
11. 脂質代謝改善薬の使い方(吉田雅幸)
12. 肺高血圧治療薬の使い方(八尾厚史 他)

〈連載〉
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~(監修/岡田 定)
・第5回 不眠時対策入門 ~お目めがランランです!~(小林大輝)
・ヤバレジ脱出チェックシート

◆主要徴候別ER診療の実際
・第17回 頭痛(諌山和男・三宅康史)

◆患者さんとの接し方
・第24回 共感は信頼を築く第一歩(星野達夫)

◆基本臨床手技
・第16回 創傷管理とドレッシング(寺島裕夫)
2,200円
〈特集〉
感染症に強くなる -レジデント必須項目と落とし穴-
企画編集/舘田一博

総論:レジデントに必須な感染症知識
1. 感染症診療の基本的考え方(古川恵一 他)
2. グラム染色:その有用性と学び方(細川直登)
3. 話題の耐性菌(柳原克紀 他)
4. PK-PD理論の基本(森田邦彦 他)

各論:病態・診断および抗菌薬療法の基本と注意点
1. 感染性心内膜炎(山本舜悟)
2. 骨髄炎(大路 剛)
3. 髄膜炎(石和田稔彦)
4. VAP,HAP,HCAP(伊藤功朗)
5. 皮膚軟部組織感染症(吉澤定子)
6. 難治性尿路感染症(高橋 聡)
7. 周術期感染症と感染予防(三鴨廣繁 他)
8. カンジダ敗血症(高倉 俊二)

〈連載〉
◆主要徴候別ER診療の実際
・第16回 胸痛(田中 圭・三宅康史)

◆患者さんとの接し方
・第23回 強い不安を持つ患者への説明法
-無症候性ラクナ梗塞の患者説明(星野達夫)

◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~(監修/岡田 定)
・第4回 「これって喘息? ~先生,ぴゅーぴゅーいってます~ 」(水野 篤)
・ヤバレジ脱出チェックシート

◆基本臨床手技
・第15回 軽度の熱傷処置(寺島裕夫)

2,200円
〈特集〉
めまいと頭痛 その原因と治療法……………………企画編集/佐古田三郎

特集にあたって………………………………………………………………………佐古田三郎
I. めまい
1. めまいと脳血管障害………………………………………………………………北川一夫 他
2. めまいと神経疾患…………………………………………………………………大江洋史
3. めまいと耳鼻咽喉科疾患…………………………………………………………北原 糺
4. めまいと精神疾患…………………………………………………………………堀井 新
5. めまいと頭痛………………………………………………………………………五島史行
6. めまいと漢方薬……………………………………………………………………渡辺行雄
II. 頭痛
1. 決して見逃してはいけない頭痛(危険な頭痛)………………………………北川泰久 他
2. 案外多い片頭痛(見逃されている片頭痛)……………………………………平田幸一 他
3. 慢性片頭痛,薬物乱用頭痛,慢性連日性頭痛…………………………………竹島多賀夫
4. 群発頭痛,三叉神経・自律神経性頭痛,持続性片側頭痛 ……………………荒木信夫
5. 新しい頭痛性疾患…………………………………………………………………鈴木則宏 他
6. ライフステージと頭痛(小児の頭痛,女性の頭痛,高齢者の頭痛) ………五十嵐久佳

〈連載〉
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第24回 これまでの復習と評価 …………………………………………名郷直樹
◆主要徴候別ER診療の実際
・第15回 創処置(後編)……………………………………………………横手 龍・三宅康史
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~………………………………監修/岡田 定
・第3回 「嘔気・嘔吐と制吐剤 ~オエオエ気持ち悪いんです!~ 」…浅野 拓
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆基本臨床手技
・第14回 軽度の創傷処置……………………………………………………寺島裕夫
◆はじめての症候診断~臨床決断のセンスを磨こう~
・第11回 ステップを踏んで腹痛を診断する!……………………………河村由吏可・前野哲博
2,200円
〔特集〕
高エネルギー事故による外傷救急
-Preventable death回避に必要な知識と技能!-……企画編集/横田順一朗
特集にあたって…………………………………………………………横田順一朗
1.初期診療の基本(外傷初期診療ガイドラインJATEC(TM)を中心に)……木村昭夫
2.気道緊急と救急処置………………………………………………………………林 靖之
3.呼吸困難と呼吸管理………………………………………………………………市原利彦
4. ショックの認知と原因検索………………………………………………………山口 均
5. 輸液路確保と初期輸液療法………………………………………………………宮内雅人
6. 心タンポナーデの診断と救急処置………………………………………………川嶋隆久
7. 緊張性気胸の診断と救急処置:胸腔穿刺・胸腔ドレナージ…………………小延俊文 他
8. 骨盤外傷……………………………………………………………………………池田弘人
9. 外傷初期診療における頭部外傷への対応………………………………………安心院康彦
10. 頸椎・頸髄損傷?症状がないときとあるときの務め?……………………有嶋拓郎
11. 四肢外傷…………………………………………………………………………新藤正輝
12. 創傷処置の基本…………………………………………………………………中川宏治

〔連載〕
◆主要徴候別ER診療の実際
・第14回 創処置(前編)…………………………………………………横手 龍・三宅康史
◆患者さんとの接し方
・第22回 患者への呼びかけは礼節を忘れずに…………………………星野達夫
◆ヤバレジ~だれもが最初はヤバレジだった~……………………………監修/岡田 定
・第2回 「栄養療法入門 ~ご飯が食べられません~」………………山口典宏
・ヤバレジ脱出チェックシート
◆基本臨床手技
・第13回 止血法……………………………………………………………寺島裕夫
◆はじめての症候診断~臨床決断のセンスを磨こう~
・第10回 LQQTSFAで迫る! 動悸の診断………………………………井添洋輔・前野哲博
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第22回 EBMの実践と生涯学習に役に立つサイト「The SPELL」…南郷栄秀・名郷直樹
2,200円
〈特集〉フィジカル診断学を極めよう!
監修/日野原重明
企画編集/徳田安春

特集にあたって(日野原重明)
1. バイタルサインの解釈とその意義(徳田安春)
2. 心不全のフィジカル診断(澤村匡史)
3. 胸水のフィジカル診断(松村理司 他)
4. 急性腹症のフィジカル診断(町 淳二)
5. 腹水のフィジカル診断(松下達彦)
6. 肝脾腫のフィジカル診断(北川 泉 他)
7. 貧血と黄疸のフィジカル診断(須藤 博)
8. 意識障害のフィジカル診断(仲里信彦 他)
9. 神経疾患のフィジカル診断(大生定義 他)
10. 梅毒合併症のフィジカル診断(岩田健太郎)
11. リウマチ疾患のフィジカル診断(岸本暢将)

〈連載〉
◆診察を極める!Dr.古谷のあすなろ塾
・第16回 問診診断を極める!(古谷伸之)
◆主要徴候別ER診療の実際
・第13回 失神(斎藤 司・三宅康史)
◆患者さんとの接し方
・第21回 患者を理解することがよい患者説明の第一歩(星野達夫)

◆【新連載】ヤバレジ ~だれもが最初はヤバレジだった~(監修/岡田 定)
・第1回 「末梢輸液入門 ~輸液組んどいて!~」(小林大輝)
・ヤバレジ脱出チェックシート

◆基本臨床手技
・第12回 皮膚切開,排膿(寺島裕夫)
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第22回 CONSORT, QUOROM(桐ケ谷大淳・名郷直樹)



2,200円
〈特集〉
高血圧治療薬降圧薬の上手な使い方……企画編集/伊藤貞嘉
特集にあたって…………………………………………………………伊藤貞嘉
1. カルシウム拮抗薬……………………………………………………木村健二郎
2. アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)………………………木村玄次郎 他
3. アンジオテンシン変換酵素阻害薬…………………………………小室一成 他
4. 利尿薬…………………………………………………………………森 建文 他
5. β遮断薬(αβ遮断薬を含む)……………………………………檜垣實男 他
6. α1遮断薬……………………………………………………………久代登志男
7. アルドステロン拮抗薬,カリウム保持性利尿薬 …………………佐藤敦久 他
8. 中枢性交感神経抑制薬………………………………………………苅尾七臣 他
9. 血管拡張薬……………………………………………………………鈴木洋通
10. 合剤…………………………………………………………………齊藤郁夫
11. 静脈内投与降圧薬…………………………………………………松村 潔

〈連載〉
◆診察を極める!Dr.古谷のあすなろ塾
・第15回 スクリーニング診察を極める!(後編)……………………………………古谷伸之
◆主要徴候別ER診療の実際
・第12回 呼吸困難……………………………………………………………………清水孝一・三宅康史
◆患者さんとの接し方
・第20回 “To know all is to forgive all”…………………………………………星野達夫
◆デキレジ~聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします………森 信好
・第24回 「先生! デコってます!」………………………………………………監修/岡田 定
・レジ力判定チェックシート
◆基本臨床手技
・第11回 手術準備操作2 術野の消毒,ドレープテクニック,滅菌……………寺島裕夫
◆はじめての症候診断~臨床決断のセンスを磨こう~
・第9回 病歴で迫る! 失神の診断…………………………………………………栗原 宏・前野哲博
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第21回 観察研究のメタ分析………………………………………………………北川貢嗣・名郷直樹
2,200円
〈特集〉
循環器内科の分野で使われる画像診断……企画編集/小室一成
特集にあたって…………………………………………………………小室一成
1. X線でどこまで診断できるか………………………………………川名正敏
2. 心エコー
1)心臓の収縮機能,拡張機能はどのように評価するか………中谷 敏
2)虚血性心疾患の評価はどうするか ……………………………山本一博
3)経食道エコーはどのようなときに行うか……………………渡邊弘之
3. 頸動脈エコーの取り方と有用性…………………………………松尾 汎
4. 血管内エコーによりなにがわかるか……………………………小宮山伸之
5. 冠動脈造影-レジデントはどこまで知っておくべきか…………南都伸介
6. 冠動脈内視鏡でプラークはどうみえるか………………………水野杏一
7. CT
1)どこまで冠動脈の評価ができるか……………………………栗林幸夫
2)新世代CTでなにが変わるか……………………………………船橋伸偵
8. 心臓MRIはどのようなときに撮るのか……………………………大西勝也
9. 核医学
1)心筋血流SPECTはどのように役立つか………………………山崎純一
2)心筋代謝からなにがわかるか…………………………………廣江道昭

〈連載〉
◆主要徴候別ER診療の実際
・第11回 痙攣…………………………………………………………………………豊田 泉・三宅康史
◆患者さんとの接し方
・第19回 患者への話し方を工夫しよう14
-先入観に注意………………………………………………………………星野達夫
◆デキレジ~聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします……西崎祐史
・第23回 「Microsoft Office ExcelでeGFRグラフを作成し透析導入日を予測する!」
………監修/岡田 定
・レジ力判定チェックシート
◆基本臨床手技
・第10回 手術準備操作1 手洗い,ガウンテクニック,手袋装着………………寺島裕夫
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第20回 コホート研究……………………………………………………弘田義人・南郷栄秀・名郷直樹
◆はじめての症候診断~臨床決断のセンスを磨こう~
・第8回 めまい診断のセンスをブラッシュアップ…………………………………………前野哲博

2,200円
〈特集〉
女性特有の救急医療-プライマリケア……企画編集/吉村泰典

特集にあたって……………………………………………吉村泰典
I. 産科領域
1. 多量出血があったら……………………………………岩下光利
2. 意識障害となったら……………………………………池ノ上 克
3. 痙攣があったら…………………………………………北川道弘
4. 呼吸困難を訴えたら……………………………………岡井 崇
5. 下腹部痛を訴えたら………………………………………藤森敬也
6. 肝機能障害が疑われたら………………………………齊藤 滋
II.婦人科領域
1. 不正性器出血があったら………………………………和氣徳夫
2. 過多月経を訴えたら……………………………………平松祐司
3. 月経困難症が疑われたら………………………………星合 昊
4. 胸水・腹水貯留があったら……………………………岡田智志
5. 骨盤内感染症が疑われたら……………………………片渕秀隆
6. 婦人科手術後の合併症があったら……………………小西郁生
7. 術後感染症が疑われたら………………………………櫻木範明

〈連載〉
◆デキレジ~聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします……津川友介
・第22回 「透析入門 」
~血液透析患者への苦手意識を払拭しよう!~……監修/岡田 定
・レジ力判定チェックシート
◆主要徴候別ER診療の実際
・第10回 小児救急…………………………………………………森田孝次・三宅康史
◆患者さんとの接し方
・第18回 患者への話し方を工夫しよう13
-患者の不安を取り除くことを最優先に………………星野達夫
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第19回 症例対照研究……………………………………………横田修一・南郷栄秀・名郷直樹
◆基本臨床手技
・第9回 皮膚縫合……………………………………………………寺島裕夫
2,200円
〈特集〉
高齢者薬物療法のエビデンスと注意点……企画編集/秋下雅弘,大内尉義

特集にあたって………………………………………秋下雅弘,大内尉義
I. 薬物有害作用を避ける工夫
1. 薬物動態の加齢変化と処方量の調節…………………灘井雅行
2. 多剤併用の回避と慎重投与薬のリスト………………秋下雅弘
3. アドヒアランスと服薬支援 葛谷雅文
II. 老年症候群の治療薬と薬剤起因性老年症候群
1. ふらつき・転倒…………………………………………神崎恒一
2. せん妄……………………………………………………水上勝義
3. 排尿障害(頻尿・尿失禁)……………………………上山 裕・堀江重郎
4. 誤嚥性肺炎………………………………………………大類 孝
III. 高齢者における予防薬のエビデンスと展望
1. 降圧薬……………………………………………………勝谷友宏
2. 脂質低下薬………………………………………………荒井秀典
3. 抗血栓薬…………………………………………………江頭正人
4. 骨粗鬆症…………………………………………………細井孝之
5. 認知症……………………………………………………冨田尚希・荒井啓行

〈連載〉
◆診察を極める!Dr.古谷のあすなろ塾
・第14回 スクリーニング診察を極める!(前編)…………古谷伸之
◆主要徴候別ER診療の実際
・第9回 在宅医療…………………………………………………岡田晋吾・三宅康史
◆患者さんとの接し方
・第17回 患者への話し方を工夫しよう12
-患者に,自分が重要な存在だと感じさせる……星野達夫
◆デキレジ~聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします……野村征太郎
・第21回 「生活習慣病に対応できるようにしよう!」
~生活習慣病のある患者へのアプローチ~……監修/岡田 定
・レジ力判定チェックシート
◆子供なんてコワくない!子供の診察のコツ
・第20回 乳幼児健診の診どころ………………………………早川 浩
◆研修現場でEBMを実践しよう
・第18回 ボンフェローニ補正…………………………………福井 謙・南郷栄秀・名郷直樹
◆はじめての症候診断-臨床決断のセンスを磨こう-
・第7回 操作特性を診断に生かす………………………………前野哲博

レジデント(Resident)の内容

忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を
レジデントやレジデントを目指す医学生が、重要な基本的知識や技術を学ぶとともに、研修施設選択など将来設計に役立つ情報が得られる「レジデント総合情報誌」です。全頁カラー印刷によるAB判の大型サイズの採用と、多数のイラストによるビジュアル化により視覚的に分かり易い誌面構成となっています。特集においては、レジデント教育に力を注いでいる第一線の著名な医師や大学教授陣による執筆で、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載。医師・臨床研修医の他、看護師やコメディカルにも役立つ幅広い内容を目指しています。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

レジデント(Resident)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.