I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

東京人 発売日・バックナンバー

全264件中 61 〜 75 件を表示
947円

東京人5月号 
May 2019 no.410
contents


特集 反骨の多摩、武蔵野


[表紙]
民俗学者赤坂憲雄(右)と詩人吉増剛造(左)
撮影・田附勝


周縁から自由の芯が現れる
文・松井美緒 写真・田附勝 18
吉増剛造 詩人
×
赤坂憲雄 民俗学者


『孤独のグルメ』と
「空想地図」
原風景としての郊外
文・倉田モトキ 写真・泉大悟 26
久住昌之 漫画家
今和泉隆行 地理人
矢野利裕 批評家

軍都の素顔
調布、武蔵野、東村山・小平、立川・国立、福生・昭島
米軍の空中写真と
戦時下の極秘地図群が捉えた
文・保坂一房 36

多摩の発展を願い、
地域の文化をはぐくむ 46
八木敏郎 多摩信用金庫理事長

エッセイ(小)
多摩の縦と横
文・黒井千次 作家 47

中心のない風景
文・滝口悠生 作家 55

滝山団地で育まれた「反骨」の精神。
文・原武史  政治学者 61

昭和記念公園を歩く(小)
地中に眠る
昭和の履歴を
発掘!(大)
文、写真・張 大石 48


自由民権運動と
五日市憲法
文・新井勝紘 56



玉川上水、米軍基地、五日市街道……
ネガフィルムから
よみがえる風景
文、写真・港 千尋 62

南多摩とヒップホップ)
サウス東京からの悲痛な声
文・矢野利裕 67

『平成狸合戦ぽんぽこ』からの言伝
タヌキたちが
還ってくる日
文・赤坂憲雄 70

南多摩とヒップポップ
サウス東京からの
悲痛な声
文・矢野利裕 73

国木田独歩から山田美妙へ
失われた海の
武蔵野
文・伊東弘樹 76

大岡昇平『野火』
にみる戦場風景と
武蔵野
文・野田研一 78

新しくなった「東京・武蔵野ブルワリー」
ビールの豊かな味わいに
天然水までこだわる
文・漆原次郎 83

米軍ハウスに住む
都心から少し離れて、自分の「歌」を探す
小坂 忠 シンガー、牧師
写真・藤原江理奈 84

アメリカンポップアートの洗礼
天野喜孝 イラストレーター
文・倉田モトキ 90

引き継がれる、米軍ハウスの音楽
笹倉慎介 シンガーソングライター、文筆家 94
写真・尾田信介

ハウスを活用したまちづくり
NPO法人FRAG
文・金丸裕子 96

松下圭一、市川房枝に
市民自治の思想を学んで
菅直人 立憲民主党最高顧問、衆議院議員
文・宮崎智之 写真・清永洋 p98

--------- --------- --------- --------- ---------

先付 春夏秋冬 卯花月 37 セキハナレ 
白魚とうるいのぬた
文・瀬川慧 写真・大山裕平 3

東京点画
まちにはみ出す 文・中川寛子 7
築地、そして日本橋 文・齋藤雅文 9
予期せぬ扉 文・トムラアキ 11

老舗の暖簾に誘われて 10 キリンラガービール 愛されて一三〇年
変わらない心地よさ鮮魚の旨さ 103

曇天記 127
哀しいくれないの色が浮かんでいない
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 104

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 103
池袋「茶舘」の巻
小さん師匠も愛した味
文・林家正蔵 写真・川上尚見 106


赤坂人物散歩25 今宵ホッピーをこの店で!
力道山
戦後復興を象徴する赤坂に生きた国民的英雄
文・渡辺憲司 110


「風紋」の人びと 14 林聖子に聞く
「風紋」の課外部--スキーにゴルフに温泉に
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち 45 江戸川区
手作りの音楽祭で、まちと人が繋がってゆく
平井まちかど音楽祭実行委員会
文・金丸裕子 122

「希交会」発足より六十五年
「女中」サークル誌
「あさつゆ」に見る戦後民主主義
文・阪本博志 124

東京つれづれ日誌107
林芙美子ゆかりの町、直方に行く
文・川本三郎 142

Close up TOKYO Interview
三井記念美術館 運営部長
前田正樹 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 
映画・美術・舞台・古典芸能 138

City 街
New Open New Sight
東京ネットワーク 140
SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146

947円
東京人4月号
April 2019 no.409
contents


特集 江戸東京 犬猫(ワンニャン)狂騒曲
写真・竹之内裕幸


「なんで?」を問わない 16
文、写真・町田 康(作家)×スピンク(犬)×パフィ(猫)ほか

幸福感をもたらす、やわらかくあたたかいもの 20
ロバート キャンベル(日本文学研究者)×夕吉(猫)

シンプルで、まっすぐで 24
曽我部恵一(ミュージシャン)×こはる(犬)

エサやりおじさんの悩み 
文・川本三郎 作家 28

岩合光昭・初監督、立川志の輔・主演
『ねことじいちゃん』絶賛公開中!
岩合光昭監督だからこそ引き出せた、ベーコンの演技力
菊田秀逸 アニマルコーディネーター
文・佐藤ピート 30

はじめてのわんこ奮闘記 36
文、写真・シュンタ(飼い主)×源(犬)

浅草演芸ホールのジロリ師匠 写真・清水洋 40
文・江戸家小猫(芸人)×ジロリ(猫)


花と犬 写真・若木信吾 44
文・吉田耕治(「小路苑」店主)×コユキ(犬)

猫と本 48
文・安村正也「キャッツ ミャウ ブックス」店主)×読太、さつき、チョボ六(すべて猫)

棄てられた犬や野良猫のためにできること
友森玲子 ランコントレ・ミグノン代表
文・富田園子 52

「セラヴィリゾート泉郷」で上質なリゾートを体験
愛犬と気兼ねなく過ごす 58

江戸の猫は恋だらけ
文・田中貴子 60

犬、江戸を生きぬく
文・仁科邦男 66

『犬を飼う』『ノラや』『グーグーだって猫である』を読む
別離の”かなしみ”
文・清水さやか 72

ペットの”家族化”で新ビジネスが続々登場
文・武井泉 76

ネコにも人にも快適な住まいを 78

ペットフードは、犬猫の健康を守る 
文・大谷みさ子 80

進化するサプリメント 81

大切な家族に、安心を遺す
文・奥田順之 82

最期まで面倒を見るための保険 83

都心の一等地に構える納骨堂「目黒御廟(めぐろごびょう)」
ペットとともに終活を 84

世界中で愛される、秋田犬をめぐる秘話 
文・ふなこし ゆり 86

専門誌編集者対談
皆さまの犬愛・猫愛を、誌面いっぱいにお届けします
原口美智代 月刊「ねこ新聞」副編集長
×
打木歩 「Shi-Ba【シーバ】」編集長
文・金丸裕子 90

「犬猫人」今日も明日も、犬と歩く
「犬バカ」の独り言 95
文・高橋栄一(本誌編集長)×ガク(犬)

--------- --------- --------- --------- ---------

先付 春夏秋冬 桜月 36 鮨てる 
子持ちやりいか煮
文・瀬川慧 写真・大山裕平  3

東京点画
ふしぎな猫縁で 文・倉阪鬼一郎 7
ブータンは幸せな国? 文・平澤さえ子 9
下町でも、山の手でもない 文・小国貴司 11

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて 9
こだわりの肉で焼く絶品の串 97

曇天記 126
群衆のなかの孤独
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 98 

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 102
池之端「HOTEL GRAPHY NEZU CAFE & LOUNGE」の巻
愛犬コロネとテラス飲み
文・林家正蔵 写真・川上尚見 100

座談会
祝!ホッピー70周年
江戸の粋、その真髄ホッピーにあり 104
 渡辺憲司 立教大学名誉教授、自由学園最高学部長
 石渡美奈 ホッピービバレッジ株式会社代表取締役社長
 堀口茉純 お江戸ル、歴史作家、歴史タレント

赤坂人物散歩 24 今宵ホッピーをこの店で!
徳川夢声
一世を風靡した活弁士は赤坂から羽ばたいた
文・後藤隆基 110

「風紋」の人びと 13 林聖子に聞く 
林倭衛(しずえ)の親友、硲(はざま)伊之助のこと
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち 44 品川区
美しい桜並木を通じて、人と街を繋ぐ
かむろ坂さくらまつり実行委員会
文・三村美衣  122 

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟
不可思議な世界に抱かれたような、夢にも似た体験
文・与那原 恵 124

東京つれづれ日誌 106
清張の甲州好きの謎を解く
文・川本三郎 142

Close up TOKYO Interview
株式会社マツモト 代表取締役
松本太一 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
おすすめの犬猫本 137

Culture 
映画・美術・舞台・古典芸能 138

City 街
New Open New Sight
東京ネットワーク 140
SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146

947円
東京人3月号 
march 2019 no.408
contents

特集 テレビアニメと中央線
写真・藤原江理奈、尾田信介

座談会 手塚治虫に続け!
トキワ荘の漫画家たちが見た夢
パーマン、 オバケのQ太郎、おそ松くん ほか
鈴木伸一 東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム館長
× 辻真先 脚本家、ミステリ作家
× 辻村深月 作家
文・土屋典子 14

スタジオジブリが生まれた日
鈴木敏夫 スタジオジブリ代表、映画プロデューサー 22

『えいがのおそ松さん』公開直前!
藤田陽一 アニメーション監督 
藤津亮太・文 24

アニメスタジオ沿線マップ
なかだえり・イラスト
原口正宏・監修 28

中央線沿線 アニメスタジオ25選
監修、文・原口正宏、文・加藤千高
協力・リスト制作委員会(富田翔一、磯部正義) 30
 
鼎談
タツノコプロの“落とし子”たち
ガッチャマン、マッハGoGoGo、タイムボカンシリーズ
笹川ひろし タツノコプロ顧問
× 布川ゆうじ アニメーション演出家
× 大河原邦男 メカニックデザイナー
文・倉田モトキ 35

大ヒット作のつくり手たち
役とともに、無限の世界へ
野沢雅子 声優 44

ルパン、アンパンマン、名探偵コナン……
多くの名作がここから生まれた
吉田力雄 トムス・エンタテインメント特別顧問 46

フィクションに、リアリティを
白土晴一 設定考証家・リサーテャー 50

同級生放談
まちと沿線文化が僕らを育てた
大地丙太郎 アニメーション監督
× 江口寿史 漫画家 52

中野はディープで ミステリアスな場所
石ダテコー太郎 アニメーション監督 60

荻窪から見えてくる “アニメの今”
文・藤津亮太 62

アニメソングと上高田少年合唱団
文・井手口彰典 68

日本アニメの礎を築いた
テレビ草創期のCM
文・高野光平 70

“聖地”を巡る、物語を生きる
文・千田洋幸
写真・稗田陽介72 

鼎談 ようこそ、「とある」の
聖地立川へ
岩崎太郎 立川観光協会副会長
× 松倉友二 JCSTAFF プロデューサー
× 太田勝也 NBCユニバーサル・エンタテインメントジャパン
文・三村美衣 78

元スタジオジブリのスタッフが
始めたお店 
文、写真・大島佳子
中野 うどんや大門
西荻窪 ササユリカフェ 84

東京工芸大学芸術学部アニメーション学科
児童文学から受け継がれる物語性
陶山恵 東京工芸大学アニメーション学部芸術学科准教授 86

明治大学国際日本学部 「MANGA ⇆TOKYO」展
パリで盛況!破壊と復興の都市TOKYO
森川嘉一郎 明治大学国際日本学部准教授 88

座談会
留学生が語る、 日本のポップカルチャーの魅力
氷川竜介 明治大学大学院国際日本学研究科特任教授
× チャン・ティ・ズイ・ゴック 明治大学大学院国際日本学研究科博士課程一年
× ラウ・ツンユン 明治大学国際日本学部四年 90
先付 春夏秋冬 花春 35 
鮨てる 鮨 煮蛤
文・瀬川慧 写真・大山裕平 3

東京点画
新ばし芸者と東をどり 文・岡副真吾 7
普通ではない本屋 文・落合博 8
おててつないで夜道を行けば 文・宮原芽映 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて8
ビールをひきたてる新鮮な食材を 93

1990〜2003 吉祥寺にKuuKuuがあった頃
南 椌椌 「まめ蔵」オーナー、画家
×高山なおみ 料理家、文筆家
×原 マスミ ミュージシャン、イラストレーター 94

曇天記 125 ピリオドは打たない
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 102 

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 101
根岸「信濃路 鶯谷店」の巻
灯台下暗しの贔屓店
文・林家正蔵
写真・川上尚見 104

赤坂人物散歩23 今宵ホッピーをこの店で!
北條氏綱 
赤坂に受け継がれる北條氏の善政
文・渡辺憲司 108

帝国ホテル初代総料理長村上信夫の功績
フランス料理の裾野を広げ、研究し続けた
田中健一郎 第十三代料理長
文・浅原須美 110

「風紋」の人々 12 林聖子に聞く 116
カウンターの中の女性たち
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち 43 板橋区
飲食イベントが、商店街全体のお試しイベントへ
板橋バル
文・三村美衣 122 

二十一年ぶりに限定公開中!
京成本線 旧博物館動物園駅、眠りから覚める
文、写真・内田宗治 124

東京つれづれ日誌105
荷風に倣って掃苔
文・川本三郎 142

Close up TOKYO Interview
東京文化資源会議事務局長
柳 与志夫 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 
映画・美術・舞台・古典芸能 138

City 街
New Open New Sight
東京ネットワーク 140
SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
february 2019 no.407
contents

特集 平成 1989-2019
情報革命の時代
写真・泉 大悟、尾田信介

12
対談
テレビドラマ放談
SNS時代のフィクションとリアル
野木亜紀子 脚本家
×
岡室美奈子 早稲田大学演劇博物館館長
構成、文・大島佳子

20
まだ戦後なのかもしれない
作家
文・田口ランディ

21
疾風怒濤の時代から、常識とバランスの時代へ
アニメーション監督
文、イラスト・高(ハシゴ高)橋良輔

22
座談会
まちは巨大なデータベースになっていく
青山佾 元東京都副知事
×
吉見俊哉 東京大学大学院情報学環教授
×
泉麻人 コラムニスト
文・石原たきび

30
モバイル・メディアと都市 
明治大学情報コミュニケーション学部准教授
文・南後由和

32
対談
ICT革命で変貌し続ける世界
相澤彰子 国立情報学研究所コンテンツ科学系教授
×
長谷敏司 作家
構成、文・牧 眞司

40
科学技術館
デジタル・ネイティブ世代の君たちへ
文・松浦 匡

43
「食」は、味よりインスタ映え?
文・阿古真理

48
コンビニの進化
コンビニジャーナリスト
文・吉岡秀子

50
ネットワークゲーム
手のひらに、世界がやってきた!
文・髙橋ピョン太 

56
フィルムからデジタルへ
「テクノ画像」と社会のコード化
文・港 千尋

60
天皇の行幸 地球十五周半の旅
文・竹内正浩

66
富岡畦草が記録した
平成元年、東京点景
写真・富岡畦草

72
IT革命の衝撃
変容する経済と労働
談・吉崎達彦

78
年表 平成の出来事と流行語 

81
IT機器の三十年史
パソコン/音響機器/テレビ/電話/カメラ/自動車 など

88
鼎談
(大)女の子のお手本! 女性誌の30年
(小)オリーブ少女、ギャル、森ガール……
小林司 編集者、ミスiD主宰
×
山崎まどか 作家
×
菅野結以 モデル、デザイナー

*----------------------------------------------
3
先付 春夏秋冬 年初 34 鮨てる
祝肴
文・瀬川慧 写真・大山裕平

東京点画
ぼけますから、よろしくお願いします 文・信友直子  7
「対話」を大切にする、日比谷高校の授業  文・武内彰 8
東京と名古屋の距離 文・辻真先 9

99
キリンラガービール 愛されて一三〇年
帰りにサクッと一杯いかが
今晩寄りたいとっておきの店

100
曇天記124
なんの仕事だったろう
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策

102
ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽100
新橋「LAND BAR artisan」の巻
謎かけのジン・トニック
文・林家正蔵 写真・川上尚見

106
赤坂人物散歩22  今宵ホッピーをこの店で!
森永太一郎
日本の西洋菓子は赤坂の地ではじまった

108
(小)丸の内二重橋ビル、オープン!
(大)東京會舘 おかえりなさい。
文・辻村深月

116
「風紋」の人びと11 林聖子に聞く
竹内好墜落事件、そして懐かしの人たち
文・森まゆみ

122
まちの仕掛け人たち 42 台東区
江戸から伝わる芸能・文化で、まちをさらに元気にする
「江戸まち たいとう芸楽祭」
文・金丸裕子

124
(小)作品も自身も型破り
(大)「筒井康隆」ってなんだ!?
文・牧 眞司

142
東京つれづれ日誌104
台湾を愛した天野健太郎さん逝く
文・川本三郎

133
Close up TOKYO
Interview
東京都 総務局 多摩島しょ振興担当部長
高崎秀之

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク
SHOPS&GOODS 113
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
january 2019 no.406
contents

特集
江戸東京の水辺再発見!
外濠を歩く

写真・鈴木知之、泉 大悟 10

座談会
「水の都 東京」の重要なへそ
陣内秀信 法政大学江戸東京研究センター特任教授×
福井清一郎 毘沙門せんべい「福屋」二代目×
細見寛 日本大学理工学部非常勤講師
文・石原たきび 16

全踏破!
「の」の字で歴史をたどる
九段下→東京駅八重洲口→赤坂見附→飯田橋→両国橋
文、写真・黒田涼 絵・なかだえり24
 
江戸城の最強要塞はこうしてつくられた
文、図版・岡本哲志 37

羽生裕子 カナルカフェ・東京水上倶楽部オーナー 
歴史あるボート乗り場を守り、自然と文化の発信地に 42

加藤 怜 志満金 会長 
牛込濠の近くで、神楽坂の賑わいを見てきた老舗 44

和気洋子 ヤフー株式会社 ブランドマネジメント室 リーダー
弁慶濠と高速道路、江戸と現代が同居する風景 46
江戸城門警備に奔走した大名・旗本
文・滝口正哉 48

東京の近代化は外濠からはじまった
文・高道昌志 54


コラム
明治から新聞記事にみる外濠
文・福井恒明 62

河岸地と花街
文・高道昌志 64

三崎町三座物語 三崎座、川上座、東京座 66

土手の植生 67

お濠を彩った建築たち 68

外濠でつながる人たち
外濠市民塾、外濠再生懇談会
文・吉田千春 70

潜入! お濠の水質浄化作戦
文、写真・髙瀬文人 78

 

小特集 新規オープン! 豊洲市場 
豊洲の魅力を探訪

目利きの食材を食べ尽くす
文・安原眞琴 写真・木村琢也 94

産業遺構を歩く
写真、文・内田宗治 98

豊洲暮らしの楽しみ方
ロバート・ホワイティング 作家、ジャーナリスト 
佐伯 仁 豊洲睦会長、消防士 
田中京子 豊洲☆アイドルスター学園 代表 102

芝浦工業大学 豊洲キャンパス
多彩なイベントでまちをつなぐ 106

清水建設「豊洲」次世代オフィス&アーバンリゾートホテル計画
新しいまちづくりが始動 108

ゆりかもめで体感
ODAIBAリゾートスタイル
光義・L モデル・タレント 110




先付 春夏秋冬 氷月 33 鮨てる
鮨 中とろ
文・瀬川慧 写真・大山裕平 3

東京点画
昔の地名がイイんです 文・能町みね子 7
「キウリ」と「ズッキーニ」 文・小山鉄郎 8
シェアで実現、豊かな暮らし 文・野口功一 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて6
今晩寄りたいとっておきの店 85

曇天記 123
蒼い投網の残像のなかで
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 86


ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 99
池袋「八丈島」の巻
カルコンは我を救いたもう
文・林家正蔵 写真・川上尚見 88

赤坂人物散歩21  今宵ホッピーをこの店で!
黒田清輝 日本の美術界をリードした近代洋画の父
文・後藤隆基 92


「風紋」の人々 10 林聖子に聞く 116

ダン街道--檀一雄と第二「風紋」の頃
文・森まゆみ

まちの仕掛け人たち 41 国分寺市 
「こくベジ」プロジェクト
農家と農畜産物こそ市の貴重な財産
文・金丸裕子 122

江戸町人がみた明治維新
文・横山百合子 124

東京つれづれ日誌103
「芸術の秋」を楽しむ
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
日本電波塔株式会社 代表取締役
前田 伸 133


Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク
SHOPS&GOODS 113
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
December 2018  no.404
contents

特集
特集 本屋は挑戦する
小さな本屋から老舗まで
写真・BOCO、清永 洋
対談 荻窪に夢の空間が生まれた
辻山良雄 Title店主  × 山崎ナオコーラ 小説家 文・北條一浩 14

対談
裏切ってくれる
本棚が好き!
花田菜々子 HMV&BOOKS日比谷コテージ 店長×山崎まどか 作家
文・織田 桂 20

個性派ブックショップ
双子のライオン堂/森岡書店銀座店/Pebbles Books Readin’ Writin’ BOOK STORE/Frying Books/UTRECHT 書肆 逆光/七月堂古書部/本屋を旅する BOOKSHOP TRAVELLER MAIN TENT/無人古本屋 BOOK ROAD 文・和氣正幸 26

出版事情2018
多様性をめざして
文・武田 徹 34
図解! 本屋さんのしくみ 監修・内沼晋太郎 絵・佐藤ジュンコ 36

老舗の書店員がつくる「小書店」
八重洲ブックセンター本店/三省堂書店神保町本店/東京堂書店神田神保町店/ジュンク堂書店池袋本店
文・南陀楼綾繁 38

今日も寄りたい、
駅前書店
今野書店/かもめブックス/BOOKSルーエ/恭文堂書店 文・北條一浩 44
座談会
一九六〇年代から現在まで
東京書店クロニクル 田口久美子 ジュンク堂書店池袋本店副店長×永江 朗 著述家×石橋毅史 ライター 文・柳瀬 徹 50

誰でも本屋に
「出版流通」の
新しいかたち
ホワイエ/子どもの文化普及協会/トランスビュー/H.A.Bookstore
文・南陀楼綾繁 57


アンケート
好きな店、好きだった店 62
遠くのまち、わたしの本屋 
京都 誠光社
静かな路地裏に店がある理由 文・堀部篤史 66

浜松 BOOKS AND PRINTS
アート好きが集う、海外の写真集専門店
文、写真・若木信吾 68

沖縄 市場の古本屋ウララ 海を越えて、本が行き交う 文・宇田智子 70

最新、アジアの書店事情
台湾
都会派書店から、地域の人々が集まる場へ
文、写真・三浦裕子 72

香港
独立書店がアイデンティティーの「最後の牙城」に
文、写真・三浦裕子 74

韓国
本屋の바람(パラム/風)は止まらない
文・綾女欣伸 75

インド
路上にも駅にも本があふれる、出版大国
文、写真・ナカムラクニオ 76

*----------------------------------------------
先付 春夏秋冬 仲冬 32 鮨てる
たいらぎの磯辺巻き 文・瀬川 慧・文 写真・大山裕平 3

東京点画
片隅の町 文・西村賢太  7
和洋、中国様式の再現 文・村上勝彦 8
宮沢賢治と「赤い鳥」 文・宮川健郎 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて 5
もつとビールと素敵な出会い 77

曇天記 122
首筋に溜まった眠りから
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 78

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 98
田端「動坂食堂」」の巻
ホスピタリティの心軽やかに
文・林家正蔵、写真・川上尚見 80

赤坂人物散歩 20 今宵ホッピーをこの店で!
久保田万太郎
赤坂で安息を得た生粋の江戸っ子
文・渡辺憲司 84

祝十五周年! 東京を牽引する都市再開発のモデル事業
六本木ヒルズ
森ビル株式会社 執行役員 藤巻真一/取締役常務執行役員 小笠原正彦/森美術館館長 南條史生
文・浦島茂世 86

ボジョレー ヌーヴォーは
一期一会
春風亭昇太 落語家
文・漆原次郎 90
フランス・ボジョレーから
ジョルジュ デュブッフ社輸出部長 アドリアン デュブッフ・ラコンブ  93

【小特集】 神宮外苑物語 学生スポーツの聖地

学生が牽引してきた日本スポーツの創世期
文・後藤健生 94

いかにしてスポーツの聖地となったか 98

周辺散策おすすめマップ
地図・さとうみゆき 102

生まれ変わる神宮外苑 緑豊かなスポーツ拠点をめざす
文・須藤小遊 103

創部一〇〇年!
早稲田ラグビーのスピリット
文・藤島 大 106

上井草グラウンド 早稲田大学ラグビー蹴球部
杉並・上井草のまちと共存する
文・後藤禎和 110



「風紋」の人々 9  林聖子に聞く
一九六一年、新宿にバーを開く
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち 40 日野市 豊田
貴重な資料と人々の熱意がビールを復刻
TOYODA BEER プロジェクト実行委員会
文・金丸裕子 122

創始一三〇年!
「新派」って、どんな演劇ですか?
水谷八重子×波乃久里子 124
新派のバトンを未来につなぐ
喜多村緑郎×河合雪之丞 128


東京つれづれ日誌 102
台湾文化の伝統と新しい風
文・川本三郎 142


Close up TOKYO
Interview
練馬区長 前川燿男 133


Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク
SHOPS&GOODS 113
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
November 2018  no.403

contents

特集
特集 開基四〇〇年! 江戸吉原入門 10
写真・藤原江理奈、尾田信介

対談
「嘘」を楽しむ、
性のテーマパークの美学
自由学園最高学部長、立教大学名誉教授 渡辺憲司×タレント タモリ 11

傾城の心、揚巻という聖域
歌舞伎俳優 中村七之助 19

浮世絵に描かれた豪華絢爛の理想郷
美を競う/浮世の季節/廓の恋
選、文・赤木美智 23

江戸の成立と元吉原
文・渡辺憲司 34

遊廓でもてたい衝動が、
江戸の男を磨く
文・松井今朝子 40
 
新史料発掘!
浅草十二階から写した明治の吉原
文・牧野俊樹 42

遊女の面影をもとめて、
吉原の「今」を歩く
「カストリ書房」店主 渡辺豪×歴史タレント、歴史作家 堀口茉純
構成、文・倉田モトキ

樋口一葉が見た廓の暮らし
文・近藤直子 50

絵はがきに見る
文明開化がやって来た!
明治期の新吉原遊廓
文・三橋順子 52

これだけは知っておきたい基本のいろは
登楼の道中(吉原への行き方)/遊びの作法や手順
遊女の一生/遊女の一日/年中行事・イベント/吉原と食
文・折笠由美子 54

文芸が描いた遊里
憧れと、好奇心と 
文・佐藤至子 60

歌舞伎と色里
文・武井協三 65 

廓ばなしの名人たち
三遊亭圓歌、古今亭志ん生、一龍斎貞𠀋、桂文樂……
文・矢野誠一 70

メゾン・クローク
フランスの娼館と娼婦
文・鹿島 茂 75


座談会
吉原に生まれ育って
「ホテルみかさ」オーナー 不破利郎×「桜なべ 中江」4代目店主 中江白志×土産物ブランド「新吉原」店主 岡野弥生

女ひとり、
全国遊廓探訪記
文、写真・花房ゆい  84


ふたりの高尾
文、絵・はらだ有彩 90

「洒脱」な幇間芸を受け継ぐ
幇間(たいこもち) 櫻川米七
文・浅原須美 93


先付 春夏秋冬 小春 31 鮨てる 
〆鯖
文・瀬川 慧 写真・大山裕平 3


東京点画
消費される書店 
文・石橋毅史  7
紙の情報誌で、気ままな街歩き 
文・山崎まどか 8
五十歳からのポートランド・ライフ 
文・束松陽子 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて4
昭和が香るカウンター 99 


曇天記 121 
平留仁賀医師の意見について  
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 100

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽  97
大塚「山水園」の巻
ヘビー級のミノにノックアウト 
文・林家正蔵 写真・川上尚見 102

赤坂人物散歩 19 今宵ホッピーをこの店で!
片山東熊
山縣有朋が支えた宮廷建築設計の第一人者
文・渡辺憲司 106

鉄道の過去・現在・未来を
「新しく」知り、「楽しく」考える
鉄道博物館本館リニューアル・新館オープン
文・高瀬文人 108

「風紋」の人々 8 林聖子に聞く
舞台芸術学院と青俳、
そして「宏くん」のこと
文・森まゆみ  116

まちの仕掛け人たち 39 北区 赤羽、王子、十条、田端
北区おでん部
庶民文化のシンボル「北区おでん」を全国区に
文・金丸裕子 122

武蔵野は移民の大地である
国木田独歩「武蔵野」百二十年
文・赤坂憲雄 124

東京つれづれ日誌 101
台湾と北海道、島を想う
文・川本三郎  142



Close up TOKYO
Interview 133
日の丸交通株式会社代表取締役 富田和孝 

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能

City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS 112
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
October 2018  no.402
contents

特集

特集 石に恋して 
写真・鈴木知之 10

石に魅せられた建築家たち 
紅雲石、オニキス 渋谷区立松濤美術館/万成石 日本生命日比谷ビル/赤砂石 東京藝術大学大学美術館/ジンバブエブロック スーパードライホール/トラバーチン 東京デザインセンター/青石 国立西洋美術館/ロイヤルマホガニー、ホワイトパール 東京都庁舎/稲田石 最高裁判所/庵治石 バルビゾン74/アズール・マカウバ ジャスマック青山 
文・磯 達雄 12

座談会 石が教えてくれること
藤森照信 江戸東京博物館館長 ×西本昌司 名古屋市科学館主任学芸員×矢橋晋太郎 矢橋大理石株式会社調達部長 24

石探偵が行く! 東京は世界の岩石博物館  
フレッシュな輝きを保つノルウェーの火成岩/赤く輝く、ガーネット入り変成岩/
ぐにゃぐにゃ模様の変成岩/もともとは同じ大陸のゴールド系花崗岩/
地球の歴史が感じられる黒御影/火山活動で生まれた火山岩 
文・西本昌司 32

世界の石が集う夢のビル
座STONE ザ・ストーン 
文・浦島茂世 44

日本の石産地地質図
地図・小林政能 46

国産石材と東京の近代化
国会議事堂/日本銀行本店本館/旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮本館)/聖徳記念絵画館/三井本館/最高裁判所/日本橋三越本店 ほか
文・乾 睦子 48


小松石
江戸を支えた石垣
文・坂元秀平 56

石灰岩・大理石
化石ハンター、都内に出動!
化石とは?/アンモノイド類/べレムナイト/サンゴ類/厚歯二枚貝/
ウミユリ/貨幣石(ヌムリテス)/ゾルンホーフェンの石灰岩
写真、文・芝原暁彦 62 

大谷石
流行は帝国ホテルからはじまった
文、写真、地図・小林政能 68

図解で説明! 石のワードたち 
石を3種類に分ける 
火成岩/堆積岩/変成岩
文・小林政能 芝原暁彦 72 

信仰の対象として祀られた、立石のシンボル
文・谷口 榮 78

日本橋の石橋の土台には、なんとレンガが隠れている 80
シリカライムをはじめ、石素材の建材が使われる理由 81
文・鈴木伸子 

石材かけらの再利用 82
聖徳記念絵画館
石に刻まれている歴史 84
抗(コー)火(ガ)石
私選・東京の石 86

先付 春夏秋冬 季秋 30 鮨てる 
かんぴょう巻
文・瀬川 慧・文 写真・大山裕平 3
 

東京点画
昭和の記憶はどこへ向かう?
文・高野光平 7
日本舞踊で世界とつながる  
文・花柳寿楽 8
山で変わる働き方
文・津田賀央 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて3
通いたくなる、地元の名店 87

曇天記 120
しかりありつべくあらし
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 88

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽96
新宿「鳥焼処 車屋」の巻
二宝で幸福に包まれる
文・林家正蔵 写真・川上尚見 90

赤坂人物散歩 18 今宵ホッピーをこの店で!
岡見京子
女子医学留学生第一号で、日本人女性初の医学博士
文・渡辺憲司 94

光を巧む 国会議事堂のステンドグラス 
文・田辺千代
写真・山田新治郎 96

青空を取り戻した向こうに何がある?
首都高日本橋区間地下化案固まる
文・高瀬文人 104

「風紋」の人びと 7 林聖子に聞く
出(いで)英(ひで)利(とし)さんとの悲しい別れ
文・森まゆみ  116

まちの仕掛け人たち 38
横浜市日ノ出町、初音町、黄金町 
黄金町バザール
空洞化したまちを、アーティストらの活動拠点へ
文 金丸裕子 122

あなたのまちの地域危険度は?
文・内田宗治 124

東京つれづれ日誌100
鉄道で、土地の記憶をたどる旅
文・川本三郎 142




Close up TOKYO
Interview 
「東京国際合唱コンクール」総合プロデューサー、音楽監督
松下 耕 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
September 2018  no.400

contents

特集
江戸東京 妖怪探訪 10

妖怪と書いて何と読む?
文・横山泰子 14

妖怪は江戸で磨かれる
小説家 京極夏彦×作家 加門七海×アンソロジスト 東雅夫
構成、文・門賀美央子
写真・尾田信介 16

水木しげると調布
どこか懐かしい「妖気」を探して 
布多天神社/鬼太郎茶屋/深大寺 ほか
文・今井秀和 26

都内に残る 妖怪伝説を訪ねる
天狗 高尾山/鬼 鬼の水鉢/河童 曹源寺/狐 王子稲荷/狸 多聞寺/怪談 四谷於岩稲荷宮神社/幽霊 八兵衛の夜泣き石
文、写真・村上健司 32

江戸の七不思議
土地の記憶と結びつく怪異譚 
本所/深川/麻布
文・東 雅夫 38

江戸の出版文化
メディアミックスにより庶民に広がった妖怪ブーム 
文・纐纈くり 42

井上円了と哲学堂公園
「妖怪博士」がめざした、迷信打破
文・三浦節夫 46

本当に怖い三遊亭圓朝
岡本綺堂を怯えさせた話芸の秘密
文・宮 信明 52

恐れ、慄く 感覚が大事
落語家 立川志の輔
文・金丸裕子 56

エッセイ
境港にて怪を見張る  
文・前川知大 58
古い文献に記された謎の異獣の正体
文・荻野慎諧 59

ITと怪異現象
二十一世紀の妖怪を探して 
文・畑中章宏 
写真・竹之内祐幸 60

テレビアニメ ゲゲゲの鬼太郎
闇の向うに 何かを感じたい
文・朝宮運河 64

小泉八雲と新宿
竹藪ざわめく薄暗い部屋で、
夫婦が紡いだ怪談話
文・小泉 凡 66

柳田國男と成城
日本の妖怪研究の礎を築いた民俗学の先導者
文・及川祥平 68

おばけで地域おこし
「ふしぎ」でつながる人びと 
南千住 妖怪教室/清澄白河 深川怪談/日野 勝五郎生まれ変わり物語
文・吉田千春 72

知って、学んで、旅する 
ブックガイド
文・門賀美央子 76

伊東忠太の妖怪好き
化物が棲む建築 
文・倉方俊輔 82

台湾の妖怪ブーム 
台湾人作家 何敬堯インタビュー
アイデンティティーと歴史を再認識  
文・三浦裕子 86

参加し、体験するお化け屋敷
お化け屋敷プロデューサー 五味弘文
リアルに細部まで表現
特殊メイク、特殊造形 百武朋 88







先付 春夏秋冬 南風月 29 鮨てる 
穴子と胡瓜の酢のもの
文・瀬川 慧・文 写真・大山裕平 3

東京点画
「ジョーク」で世を笑おう
文・早坂 隆 7
月空に死者を想う  
文・谷川ゆに 8
アジアの「人類模様」
文・川端裕人 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて2
最高峰の串焼き、ここにあり 93

田園都市株式会社100年
「通勤1時間圏」に広がった東京。
鉄道網の拡大と、「田園都市」の誕生 94
渋沢栄一、渋沢秀雄、小林一三、五島慶太
最強のカルテット、大事業を率いた四人の実業家
文・宮徹  98
“目蒲線”の開発史を訪ねて
洗足・大岡山・田園調布
案内人・真田純子
文・浅原須美
写真・泉大悟 100

祝!日本橋の空が抜ける
喜びの声と首都高地下化への「道」
文・高瀬文人 104

曇天記 119
ひらがなのいきをころす
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 112

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽95
虎ノ門「大坂屋 虎ノ門砂場」の巻
体が覚えている江戸の味 
文・林家正蔵 写真・矢幡英文 114

赤坂人物散歩 17 今宵ホッピーをこの店で!
岩村 透
日本の美術批評をリードした、絵を描かない画家
文・後藤隆基 118

こんな私でも、
「放送大学」で学べますか?!
文、イラスト・カツヤマケイコ 124

「風紋」の人びと 6 林聖子に聞く
太宰治との出会い、そして別れ 
文・森まゆみ  126

まちの仕掛け人たち 37
立川市 立川名画通り映画祭
「立川名画座」を偲び、自主映画の祭典を開催!
文 金丸裕子 132

進む、「トキワ荘」復元プロジェクト
マンガの聖地がよみがえる!
豊島区長 高野之夫
(仮称)マンガの聖地としまミュージアム整備検討会座長/漫画家 里中満智子
文・土屋典子 134

東京つれづれ日誌99
ガスタンクと鉄道のある風景 
文・川本三郎 150

Close up TOKYO
Interview
中野区長 酒井直人 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 142
今月の東京本 145

Culture 146
映画・美術・舞台・古典芸能
City 148 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 120
バックナンバー122
編集後記、次号予告 154
947円
東京人
August 2018  no.399

contents

特集
Tokyo 縄文散歩 10

写真・田附 勝

座談会
縄文の思考で、未来を切り拓く
小林達雄 新潟県立歴史博物館名誉館長
×
品川欣也 東京国立博物館
×
譽田亜紀子 「土偶女子」代表
文・石原たきび 16

多摩・町田 
丘陵人(おかびと)をたずねて
本町田遺跡公園/東京都埋蔵文化センター/遺跡庭園「縄文の森」/田端環状積石(ルビ・つみいし)遺構
俳優、彫刻家 片桐 仁  
文・井口啓子 24

tokyo縄文遺跡地図 地図・杉浦貴美子 32

渋谷・代官山
岡本太郎芸術の核心にある、「いのちの交歓」のルーツ
岡本太郎記念館/代々木八幡遺跡 ほか
文・石井 匠 34

上中里・王子
尾久車両センターは、巨大な水産加工場だった?
中里貝塚/北区飛鳥山博物館 ほか
文・中島広顕 46

西荻窪・井荻
井草川暗渠に縄文人現る!
文、写真・吉村生 
絵・スソアキコ 56

都内で見るべき土器
縄文時代も現在も、文化が混在する東京
十三菩薩式土器/関山式土器/勝山式土器 ほか
文・望月昭秀 42

都内で見るべき土偶、装飾品
見る者の想像力を刺激する出土品たち
山形土偶/立像土偶/ハート形土偶 ほか
文・譽田亜紀子、安孫子昭二 52

都内で見るべき地層
お菓子で地層を表現
大森貝塚/有吉北貝塚/伊皿子貝塚
文、写真、お菓子作り・ヤミラ 62

考古造形研究所主宰、造形家
森山哲和 
造形保存の世界
地層を剥ぎ取る、持ち運ぶ
文・松井美緒 65

核ゲノム解析で見えてきた遺伝的特異性  
文・漆原次郎 70

「縄文ZINE」特別号 74

発掘調査の現場で活躍する最新機器 78

東京の遺跡調査に携わって半世紀
発掘の現場を東奔西走!  
文・安孫子昭二 80 

エッセイ「心揺さぶる、縄文 」 
螺旋の時間は、縄の文様のように
写真家 田附 勝 84
一万年前から、デザインを俯瞰する
グラフィックデザイナー 佐藤 卓 86
映画を撮るほど「ハマった」理由
映画監督 山岡信貴 88
美術がすくいあげる列島に眠る時間
写真家 津田 直 90

染色家芹沢銈介の縄文コレクション
文・白鳥誠一郎 92

埋もれた台地に縄文の始まりの秘密が眠る? 
文・矢作健二 96







先付 春夏秋冬 七夜月 28 鮨てる
鮨 きす
文・瀬川 慧
写真・大山裕平 3

東京点画
ダメ初老、東京を走る
文・松久 淳 7
地域で育てる子どもたち
文・木村泰子 8
愛のメルセデス
結月美妃 9

キリンラガービール 愛されて一三〇年
老舗の暖簾に誘われて① 新連載
ガード下の酒飲み天国 99

曇天記 118
過去を運ぶ鳩 
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 100

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 94
上野「亀屋 一睡亭」の巻
もうひと仕事する、胡麻豆腐のタレ
文・林家正蔵 写真・川上尚見 102

サントリー美術館「琉球 美の宝庫」展
他国文化を取り入れ、独自のきらめきを放つ
琉球王国コレクション
文・与那原恵 106

赤坂人物散歩 16 今宵ホッピーをこの店で!
独自の自伝的小説を切り拓いた女流作家
網野菊
文・後藤隆基 110

「風紋」の人びと5林聖子に聞く 
終戦を待たずに亡くなった父、林倭(しず)衛(え)
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち 36
品川区五反田
”五反田バレー”も追い風に、
季節のグルメイベントが誕生!
五反田夏祭り
ゴタフェスin五反田バレー2018
文 金丸裕子

多分野施設で、さまざまな「悪」に魅かれる 
文・千葉 望  126

東京つれづれ日誌 98
鉄道三昧の台湾旅
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
寺田倉庫執行役員
TERRADA ART ASSIST株式会社代表取締役
是川泰之 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部 直 小池昌代 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
July 2018  no.398

contents

特集
没後70年 今こそ読みたい 太宰治 10

「トカトントン」
落語を聴き終えた直後のあの快感
文・作家、脚本家 木皿 泉 16

「きりぎりす」「皮膚と心」
太宰の女と、女の私
文・女優 南沢奈央 20

対談 
バー「風紋」女主人 林聖子×作家 堀江敏幸 
太宰さんは、ひょうきんな人でした  22

誌上公開!旧制青森中学・弘前高校時代の教科書・ノート
青春の落書き
文、写真・渡部芳紀 30

前略 太宰治様
知られざる傑作短編八選
「皮膚と心」「懶惰の歌留多」「待つ」「恥」「親友交歓」「清貧譚」「駆込み訴え」「一つの約束」
文・木村綾子 40

二十一世紀の太宰治
拡散される言葉
文・矢野利裕 49

川端康成、志賀直哉、三島由紀夫……
同時代の文学者たちはどう読んだか
文・松本和也 56

師と、友と、文学仲間と、女性たちと
人物相関図 62

没後に起った三つのブームとその時代
文・滝口明祥 73

映画はどのように太宰文学を映像化したのか
文・木全公彦 78

再録 
2008年12月「東京人」増刊
「保存版 三鷹に生きた 太宰治」思い出インタビュー
男の本質は“マザー・シップ”だよ
吉本隆明 84

「東京八景」を訪ねて
文・岡崎武志 88

もっと知りたい、もっと楽しみたい
三鷹市太宰文学サロン/三鷹市市民ギャラリー/珈琲 松井商店/フォスフォレッセンス /太宰治記念館「斜陽館」/新宿区立林芙美子記念館/九重橋、夾竹桃 ほか 98


先付 春夏秋冬 風待月 27 鮨てる
稚鮎の塩焼き
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
住みたい街から“住んでよかった”街へ
文・郭洋春 7
たった五十年前なのに
文・三橋順子 8
「練馬人」の家飲み。
文・パリッコ 9

曇天記 117
炭よりも軽い闇
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 104

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 93
浅草「餃子の王さま」の巻
これぞ、スタンダード餃子
文・林家正蔵 写真・川上尚見 106

赤坂人物散歩 15 今宵ホッピーをこの店で!
身近な生活を描いた戦後女性詩人の第一人者
石垣りん
文・渡辺憲司 110

「風紋」の人びと4林聖子に聞く 
転々とした幼少期、そして忘れられない宮嶋資夫と辻潤
文・森まゆみ 116

街の仕掛け人たち35
渋谷区 神宮前隠田
原宿表参道×飯田市座光寺 シードルプロジェクト
キャットストリートの新名物は、「りんごの木」!
文・金丸裕子 124

駅弁掛紙に歴史あり
赤羽駅「都家」「津々井」/新宿駅「満寿家」/八王子駅「玉川亭」/品川駅「常盤軒」 ほか
文・泉和夫 126

東京つれづれ日誌 97
東北のヨコ線、陸羽東線で岩出山へ
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
上野文化の杜構想実行委員会会長
北郷 悟 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 小池昌代 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146
947円
東京人
June 2018  no.397
contents

特集
アジアンタウンTokyo
写真・尾田信介、五十嵐真 10

外国人座談会 ボクらのオオクボ奮闘記
ネパール ソナ・K・C
×韓国 朴相範
×ベトナム ズォン・アン・ドゥック
構成、文・室橋裕和 14

座談会 外国人在住者の急増で、
多様化するアジアンタウン
作家 楊逸
×法政大学大学院工学研究科兼任講師 稲葉佳子
×東京都生活文化局都市生活部部長 山本明
構成、文・広山直美 20

インド 西葛西
“2000年問題”が生んだ、サリーとカレーが似合う街
文、写真・河畑悠 28

ミャンマー 高田馬場
学生街の中に息づく、“リトル・ヤンゴン” 34

ネパール 大久保・阿佐ヶ谷
ここは“リトル・カトマンズ”?!
それは、一軒のハラール食材店から始まった
文・金丸裕子 40

タイ 錦糸町
隆盛を極めたタイ人外は、多国籍なまちへと進化中
文・吉田千春 46

インドシナ三国 ベトナム・カンボジア・ラオス 大和市・横浜市
日本と交じり合い、確かな根を広げるコミュニティ 52

中国 西川口
故郷と変わらない暮し、生活者のためのチャイナタウン
文・与那原恵 58

日常のイスラーム
集い、学ぶ、東京の「祈り」の場
文、写真・田川基成 64

「働く留学生」がまちを支える
文・望月優大 70

「私」はエトランジェ?
楊逸、金鶴泳、知里幸恵が見た東京
文・清水さやか 74

台所から見える、お国事情
ネパール
コンパクトな厨房で、70種類ものメニューをさばく
タイ
タイ人独特の明るさと伸びやかさが食卓にも
インドネシア
ハラルフードも買えるモスクは生活の中心 78

日本にいながら異国の祭りが楽しめる!
代々木公園 アジアフェスティバル/日比谷公園 TOKYOダジャン祭り/さいたま市秋ヶ瀬公園 「ネロウズ」 82

本場の味を買いに行く
フィリピン カバヤン/ベトナム 福山商店/韓国 チョンガーネ、丸萬商店/中国 華僑服務社、陽光城
文・織田桂 84

外国人観光客が行く意外なスポット
蔵前 Nui.HOSTEL&BAR LOUNGE/御徒町 多慶屋/日暮里 ミハマクロス/千葉市 ドラゴンファーム ほか 88

多国籍料理との相性もいい、かつお節だしを広く味わおう
日本橋だし場/にんべん日本橋本店/日本橋だし場 はなれ 94


  
先付 春夏秋冬 梅夏 26 鮨てる
初鰹と根三葉の和もの
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
感覚のダンス
文・伊藤亜紗 7
蔭祭から見える現代の「天下祭」
文・秋野淳一 8
東京の泡の底
文・平井玄 9

Tokyo Visitors 1 新連載 
Fromタイ・バンコク
高円寺は気持ちを奮い立たせてくれる街
シンガーソングライター STAMP
文・田中寛
写真・竹内佑幸 96

曇天記 116
オリンピックの年
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 98

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 92
番町「相模屋平助商店」の巻
凛とした老舗酒屋の一角で
文・林家正蔵 写真・川上尚見 100

赤坂人物散歩 14 今宵ホッピーをこの店で!
大倉集古館、大成建設などを興した実業家
大倉喜八郎
文・後藤隆基 104

フィーバー前夜3 最終回 ビリヤード場へ行こう! 
さあ、ビリヤードを始めよう!
大人の夢と、子どもの成長
文・北村誠人116

サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」
こだわりの一杯“神泡”を体験する
文・藤原ヒロユキ
写真・泉大悟 108

「風紋」の人びと3林聖子に聞く 
林倭衛が住んだ、セザンヌのアトリエ
文・森まゆみ 116

街の仕掛け人たち34
目黒区 都立大学
とりつじん実行委員会
個性的な店主たちの、イラストがずらり
冊子「とりつじん」が人気!
文・金丸裕子 124

対談 『曇天記』刊行記念
言葉と写真で、「曇り空」の時代を動かしていく
堀江敏幸×鈴木理策 126

東京つれづれ日誌 96
レンタサイクルで高畠めぐり
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
早稲田大学 文化推進部 事務部長
本田博
早稲田大学 文化推進部 文化企画課
尾崎健夫 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146
947円
may 2018 no.396
contents

特集
レトロから超高層まで
1960~70年代
ビル散歩 10
写真・山田新治郎、泉 大悟

座談会
東京は、いかなるビルを求めてきたか 14
丸の内ビルヂング/三菱一号館/霞が関ビルディング ほか
青山やすし 都市調査会代表×藤森照信 江戸東京博物館館長×三栖邦博 日本建築士事務所協会連合会名誉会長


都市をつくるビル 10選
東京「ビル」考
新東京ビル/紀伊國屋ビルディング/大手町ビルヂング/
国際ビル・帝劇ビル/パレスサイドビル/新橋駅前ビル1号館・2号館/
新宿西口駅本屋ビル・地下鉄会館/
八重洲ダイビル/ニュー新橋ビル/青山タワービルディング
文・倉方俊輔 24

レトロビルで“昭和”を味わう
ストーン有楽町ビル店 有楽町ビルヂング/カフェ彩 新国際ビル/
はまの屋パーラー 新有楽町ビル/喫茶ローヤル 東京交通会館/
蘭 国際ビル/喫茶フジ ニュー新橋ビル/
パーラーキムラヤ 新橋駅前ビル1号館/レストランケルン TOTOビル
文・金丸裕子 41

やばいビル
命名を持つ、愛すべき無名の物件
名作コピー 世界の名建築を発見する/ガラス 輝く都市への誘惑/
ファサード 増殖するイタリア風/船形 モダニズム建築の憧れ/
フォント 書体の変遷を愛でる/バルコニー 連続する意志の強さ
文、写真・三浦 展 50

霞が関ビルディング
超高層の道を開いたパイオニア
文・磯 達雄 62

もっと知りたい超高層Q&A
高さの限界は?/代表的な構造は?/
木造で七十階建ての超高層ビルが建つ? ほか
文・三上美絵 68

複合開発で都市を生む
――それは、サンシャインシティから始まった
文・茂木俊輔 76

リノベーションが街の個性に
ブルーボトルコーヒー 三軒茶屋カフェ 82/
日本橋浜町「HAMA1961」 84/
大手町ビルヂング/FINOLAB 86
文・鈴木伸子

装飾の細部を愛でる
“いいビル”を彩る無駄が、個性と愛嬌につながる
外壁と壁画/バルコニー/ドアハンドル/窓/金物/床
文・西村依莉 88

高層ビルの楽しみ方
巨大な空洞のある高層ビル 96/
迫力のある、美しい吹き抜け 98/
今のうちに見ておくべき、解体予定のビル 100
文、写真・中谷幸司

先付 春夏秋冬 花残月 25 鮨てる
鮨春子(かすご)
文・瀬川慧 
写真・大山裕平 3

東京点画
団地の景色
文・宮内悠介 7
ネパール人の日常食は「ダルバート」
文・野津治仁 8
東京を偏在する
文・栁下恭平 9

曇天記 115
さがして います
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 102

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 91
八重洲地下街「エリックサウス八重洲店」の巻
スパイスはエリックさんの謎
文・林家正蔵 写真・川上尚見 104

赤坂人物散歩 13 今宵ホッピーをこの店で!
日本のオペラの先駆者
藤原義江
文・後藤隆基 108

フィーバー前夜2 ビリヤード場へ行こう! ビリヤード・ロサ
ビリヤード場は、いつの時代も人々の交流の場だった
文・北村誠人 110

「風紋」の人びと 2 林聖子に聞く
大正十二年、パリの大杉栄と林倭衛  ←ルビ・しずえ
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち33
江東区 豊洲
めざすは都会の「地産地消」、おじさんたちの奮闘が支える
豊洲はちみつプロジェクト。
豊洲商友会協同組合
文・吉田千春 124

「地域学」が花開く!
「新宿学」戸沼幸市/「渋谷学」石井研士/「池袋学」渡辺憲司
文・松井美緒 126

東京つれづれ日誌 95
鉄道“二本立て”で、福島再訪
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
国立映画アーカイブ館長
岡島尚志 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134
今月の東京本 137

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146
947円
Aplil 2018  no.395
contents

特集
発見し、再生し、記憶をつなげる
写真の力 10

外国人が撮った、占領期のカラー写真
オリバー・オースティン/ロバート・モージャー/ジェターノ・フェーレイス/ゴダード・デリーナ
文・佐藤洋一 14

座談会
モノクロ写真のカラ―化で「記憶」を解答する
写真家 ハービー・山口×小説家 柴崎友香×首都大学東京システムデザイン学部准教授 渡邉英徳
文・石原たきび 24

古書店「日月堂」のコレクションを誌上公開
記録写真の愉しみ 36
対談 歴史からこぼれた写真が面白い
写真評論家 鳥原学×古書店「日月堂」店主 佐藤真砂
文・足立亨 40

幕末の肖像写真からSNSまで
写真再発見の時代
文・鳥原学 48

家族の歴史を紡ぐ
「写真館」物語
東條會舘/星美陽写真館/岡崎写真館
文・松井美緒 56

日本カメラ産業史、
世界市場を席巻する、日本のモノづくり
武器は、ブランド力
文・矢部洋三 64

新技術・新製品年表
日本、海外メーカーの動向 70

見て、触って実感!
ミュージアムガイド
日本カメラ博物館/ニコンミュージアム/オリンパス技術歴史館「端古洞(ずいこどう)」/FUJIFILM SQUARE写真歴史博物館
文・三村美衣 72

記憶の宝庫、まちのアーカイブ施設にアクセスしよう
中央区京橋図書館地域資料室/板橋区公文書館/文京区ふるさと歴史館/台東区郷土・資料調査室/おおたweb写真館
文・浦島茂世 76

世論を動かしたこの一枚
報道の徹底的瞬間
文・小原真史 84

被災者の心の復興3.11から7年
水没写真がよみがえる
あなたの思い出まもり隊/思い出サルベージ
文・金丸裕子 92

東京工芸大学
日本の写真教育の歴史 100
  
先付 春夏秋冬 24 たく庵
ポテトサラダ
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
都市の「仕切り」考
文・南後由和 7
私は「東京縄文人」
文・戸沼幸市 8
内なる複雑さを探す旅
文・望月優大 9

曇天記 114
お疲れさまです 
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 102

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 90
渋谷のんべい横丁「鳥福」の巻
たっぷりな串と向き合う幸せ
文・林家正蔵 写真・川上尚見 104

赤坂人物散歩 12 今宵ホッピーをこの店で!
「IKEBANA」を世界的な文化に高めた数寄者
勅使河原蒼風  ←ルビ・てしがはらそうふう
文・渡辺憲司 108

フィーバー前夜1 新連載ビリヤード場へ行こう! ロサ・ビリヤード
みんなで玉撞き、プレーヤーが急増中
文・北村誠人110

「風紋」の人びと1新連載 林聖子に聞く 
父・林倭衛が愛したアナキストたち  ←ルビ・しずえ
文・森まゆみ 116

まちの仕掛け人たち32
世田谷区 奥沢
シェア奥沢
昭和初期の古民家をコミュニティースペースに
地域のぬくもりをシェアする
文・金丸裕子 124

ダンスホール 新世紀
時代を超えて愛される、下町のダンスホール
文・吉田千春
写真・泉大悟 126

東京つれづれ日誌 94
転地療法で鵜原の海岸へ
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
「縄文ZINE」編集長
望月昭秀 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146

947円
東京人
March 2018  no.394
contents

特集
東京「夜」散歩 10

美術家 横尾忠則
浮かび上がるY字路 22

コラムニスト マツコ・デラックス
東京の夜よ、外れた者たちの救いであれ
写真・竹之内祐幸 24

詩人 文月悠光
意識が大胆に浮遊する、夜のインスピレーション 
文・井口啓子 26

ヒップホップ・アクティビスト Zeebra
クラブカルチャーから夜の未来を変える 28

雑誌「秋刀魚」編集長 陳エ華   
夜更かし台湾人のための東京散歩
文・田中佑典
写真・鄭弘敬 30

街角に隠れた異世界
カメラを手にめぐる、もうひとつの東京
横丁/路地/ランドスケープ/階段
文、写真・上野タケシ14

五感を研ぎ澄ませて歩く闇
東京“夜散歩”の醍醐味
/高尾山/東京タワーを“ちゃんと見ない”/日深(日曜深夜)のガード下/富士塚/草木のシルエットを怪物に見立てる/羽田空港周辺の人工島
闇歩きガイド、写真・中野純 32

「東京人」読者特別 闇歩きツアー
高尾山トワイライトハイク 41

渋谷の記憶
『リバーズ・エッジ』の頃
エッセイスト しまおまほ 42

不思議な引力を持つ暗渠
蟹川/六間堀・五間堀/藍染川/戸越銀座
文、写真・吉村生 48

歌舞伎町
健全夜遊びスポットも、もはやファンタジー!
ロボットレストラン/歌舞伎町ブックセンター/新宿バッティングセンター/SUZU BAR ほか
文、絵・なかだえり 54

ライトアップに彩られた橋
ゆらぐ水面に煌めく、幻想的な東京を楽しむ
白髭橋/吾妻橋/永代橋/清州橋/勝鬨橋/日本橋/レインボーブリッジ/東京ゲートブリッジ ほか
文・八馬智
写真・大村拓也 60

闇が誘う、“夜の細道”
銀座 三原橋横丁/京成立石 呑んべ横丁/東武練馬 北町楽天地
文、写真・フリート横田 66

行灯から街灯まで
江戸から昭和へ、絵の中の散歩者たち
文・浦島茂世 72

オススメの東京夜景ツアー
“勝負の日”に利用したい 
文・石原たきび 78

真夜中の鑑賞会
逢魔時を超え芸術と生き物を愛でる
国立新美術館/森美術館/すみだ水族館
文・金丸裕子 80

観光資源化する夜の東京
ナイトタイムエコノミーって何だろう?
文・内田まさみ 82

外国人ツーリストに聞く
How feel the night of Tikyo?
文・小田部仁 88

夜更かしコラム 94
とっておきの”深夜麺“/深夜徘徊合コン/はしご酒イベント/深夜営業の意外なお店/アクティブに過ごしたいあなたに


先付 春夏秋冬 23 たく庵
仲春 ホタルイカの磯辺揚げ
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
タクシーの窓から
文・最果タヒ 7
東京っ子のたしなみは床張り
文・伊藤洋志 8
みんなの頭に、ちょんまげがあったころ
文・杉江松恋 9

曇天記 113
車は返さない 
文・堀江敏幸 写真・鈴木理策 100

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽 89
銀座「ショットバー銀座ANBRE」の巻
ハイボールは潮の香り
文・林家正蔵 写真・川上尚見 102

赤坂人物散歩 11 今宵ホッピーをこの店で!
赤坂に住んだ、日本モダニズム建築の巨匠
アントニン・レーモンド 
文・渡辺憲司 106

コミュニケーションが生まれ、チャレンジできるまち
虎ノ門がいま熱い!
対談 伝説が生まれるアライバルシティ
アンカスター株式会社代表取締役 児玉太郎×アンカスター株式会社ディレクター 井上沙彩
鼎談 コミュニティがまちと人を繋ぐ
NPO法人「green bird」代表 横尾俊成×BnA株式会社アートディレクター 大黒健嗣×森ビル株式会社タウンマネジメント事業部運営部 中裕樹 
東京でもっとも熱いグローバルビジネスセンターに
森ビル株式会社タウンマネジメント事業部部長 松本英二 108

放送大学附属図書館
明治150年
外国人がみた、「明治日本」に学ぶ
文・黒田涼 116

物語のような人生を紡いだ文壇名物男、
坂本紅蓮洞 
文・佐々木光 118

街の仕掛け人たち31
江東区 新木場
「木がある風景を取り戻そう!」。
立ち上がる、新木場の若き木材店主たち
新木場海床プロジェクト
文・金丸裕子 124

東京版TOKYO LITTLE HOUSE
「ちいさいおうち」が赤坂に
文、絵・浦島茂世 126

東京つれづれ日誌 93
川本、川本町へ行く
文・川本三郎 142

Close up TOKYO
Interview
髙木屋老舗 代表取締役社長
柴又神明会会長
石川宏太 133

Books 本
五十嵐太郎 苅部直 平松洋子 134

Culture 138
映画・美術・舞台・古典芸能
City 140 街
New Open New Sight
東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 112
バックナンバー114
編集後記、次号予告 146

おすすめの購読プラン

東京人の内容

  • 出版社:都市出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月3日
  • サイズ:B5判
都市を味わい、都市を批評し、都市を創る
「東京人 Tokyo-jin」とはあるものではなく、なるものである。東京で生まれ暮らす人はもちろんのこと、日本各地から、世界各国からやってきて、学んだり仕事をしたりしている人はみな「東京人」。月刊「東京人」では、東京を舞台に生きるヒト”東京人”のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など東京という舞台が生み出す様々な事象を、毎号の特集で探っていきます。あなたも月刊「東京人」で、東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?

東京人の目次配信サービス

東京人最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

東京人の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.