BRUTUS(ブルータス)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

マガジンハウス
「BRUTUS(ブルータス)」編集長 西田善太さん

にしだぜんた 1963年生まれ。早稲田大学卒業。博報堂のコピーライター職を経て、1991年マガジンハウス入社。Casa BRUTUS副編集長を経て、2007年3月よりBRUTUS副編集長、2007年12月よりBRUTUS編集長。

編集長写真

第68回 BRUTUS(ブルータス) 編集長 西田善太さん

オモシロイ特集をつくるには、少人数で勘で決めるのが効きます。

―第2回雑誌大賞受賞おめでとうございます(2011年4月15日号「今日の糸井重里」http://zasshitaisho.com/award/magazineaward-grandprix.html)。コピーライターの糸井重里さんに密着取材されて、とても中味の濃い1冊です。

マガジンハウスの入口にも雑誌大賞受賞のニュースが
マガジンハウスの入口にも雑誌大賞受賞のニュースが

ありがとうございます。今の糸井重里さんは広告界を離れて、ウェブの「ほぼ日」(「ほぼ日刊イトイ新聞」http://www.1101.com/)で言葉や企画を読み手に届けていますが、コピーライター出身の僕にとっては十代の頃からの憧れの人です。編集者になってようやく会えて、一緒に仕事をできるのがうれしくてたまらない。「ブルータス」の編集長になってすぐの頃、「三谷幸喜特集」で三谷さんとの対談をしてもらったり、「読売巨人軍特集」や「吉本隆明特集」で、糸井さんや「ほぼ日の乗組員」たちと、定期的に交流し、本を一緒に作ってきました。

―実際、編集者を「ほぼ日」編集部に常駐させて、糸井さんの言葉を全部拾うようにしたとか。

人に「密着する」特集は「ブルータス」の得意とするところですが、本当に文字通り密着したのは糸井重里号が初めてかもしれません。青山の「ほぼ日」オフィスに机を用意してもらい、編集部員2人が2ヶ月以上常駐して、糸井さんのコトバを拾いました。
驚いたことに、糸井さんは、“絶大の信頼”を用意して僕らを迎えてくれました。我々が興味を持つコトには全て同席させてくれたんです。それこそ秘書のように、経営に関する会議にまで出席させてくれた。結果、我々の手元には膨大なコトバが残ります。
日々耳を傾けてきた編集者たちの実感を誌面に出すために、この特集では、糸井さんが日々生み出すコトバをセレクトして、時系列に並べています。あたかも読者が、そばにいて、糸井さんのコトバを聞いているような作りです。

―「ブルータス」って、特集を見てても、毎回振れ幅が大きいような気がしますが、一言でいうとどういう雑誌と言えばいいのですか。

一言でいうのは難しいのですが、ある人が「ブルータス」は「ポップカルチャーの総合誌」といってくれました。僕らのまわりに広がる興味を惹くヒト、モノ、コトの入り口を探す雑誌といいますか。少し先の興味の行き先を知っている、といえたらいいですね。マーケティングではない、おもしろがる勘を磨いている、というか。

―編集部の構成はどうなっているんですか。

編集長のデスクから見た編集部
編集長のデスクから見た編集部
編集部を囲む形で副編集長4人が座る
編集部を囲む形で副編集長4人が座る

通常の雑誌は、たとえば月2回刊の場合は、5~6人のチーム2つが交互に特集を作りますが、「ブルータス」にはチームがありません。特集ごとに人の組合せを変えるのが特徴です。担当の人数も2名が基本、多くても3人。人数が少ない代わりに、1冊あたり3ヶ月くらい時間をかけます。
「ブルータス」のような特集主義では、特集全体に1本通す考え方を作り手に行き渡らせないと、バラバラな本になってしまいがちです。2人ならいつでも集まれる。いつでも意思疎通ができます。どんな特集をつくっても「ブルータスらしさ」が出るのは、このシステムのおかげです。

―西田さんはどうして編集者になったんですか。

10代の頃、雑誌に夢中になった原体験があるからだと思います。編集者は、自分の興味ある事柄を、誰よりも早くおもしろがる仕事だな、という憧れがずっとありました。大学を卒業してから広告会社でコピーライターをしていましたが、その憧れは募るばかり。周囲のススメもあって、出版社の中途採用試験を受けたら、いくつか合格できた
「ブルータス」編集部に配属された当初は、本当に毎日、鼻血が出るぐらい刺激的でした。同世代では物知りなつもりでいたけれど、そんなへたれなプライドは叩きつぶされました。「世界は広いなぁ、オレ、何にも知らなかったなぁ」というカルチャーショック。20代の後半、必死で先輩たちに追いつこうと映画を観まくったり、本を読み込んだり、人に会いまくれたのが、今に繋がっているんだな、と思います。必死でした(笑)。

―西田さんが十代の頃と違って、いまの読者は、雑誌に新しい情報を求めてはいるわけではないと思います。

その通りだと思います。雑誌に新しい情報はいらない。かわりに、思ってもみなかった情報や見方があればいいんです。たとえばコーヒー特集を組むときに「ブルーマウンテンが最高のコーヒーだとまだ思っていますか?」と特集を組めるのが、雑誌のおもしろさです。情報はだれでも集められるけれど、それをどう読み解くか、の一例、とびっきりの一例を示せれば、その特集は成功だと思います。
 それと僕はやはりマーケティングでモノをつくらない、ということが大事だと考えています。そんな予定調和的なものが面白いわけない、と決めつけちゃってるんです(笑)。面白いものは少人数で決める。これが自分たちの基本です。編集者はその面白いと思えるエッジを磨いていればいいのかなと。

―そのエッジの磨き方ってなかなか難しいですね。センスの問題もあるし。

「ブルータス」編集部には、夜遊びをしたり、顔が広かったり…という編集者よりは、それぞれに“専門分野”がある編集部員が多い。音楽でも映画でも本でもゲームでも食でもネットでも…あ、このトピックならあいつに聞いてみよう、と思える。好きなモノを追いかけてるんです。それは各自が好きでやっていること。でもその編集者のオモシロサを組み合わせたり、いかしたりするのが僕の仕事です。
職業:エディター、週末:活字を忘れる…みたいなお洒落なノリはいらない。興味のおもむくまま、好奇心を持ち続けていればいい。編集部員には、できあがった特集を読んだ人に「遊んでるね」といわれよう、と言っています。企画で遊んでる、というのが一番の誉めコトバだと。

―雑誌の読者像を教えてください。

最近評判になった特集
最近評判になった特集

読者には3種類いると思います。まず「ブルータス」という雑誌そのものが好き、というコアな人、2つめが、特集によって買う人、3つめは「スターウォーズ」とか「旅」とか、その特集自体が好きで買う人。だから、それぞれの読者にどう響くか、計算…というか勘を働かせてつくっていくことが肝です。売れ線を狙って、すごく一般受けする広く浅いテーマばかりをやっているとコアな層が離れてしまう。コアなことばかりやると一般性がなくなる。そこを往き来しながら、企画を考えています。
「ブルータス」は基本的には、ヒットしても続編を作りません。そして3号に1つくらいのペースで、やったことのないテーマを新しい束ねかたで作っているつもりです。それが見方によっては「振れ幅が大きい」となるし、人によっては「毎回飽きさせない」になるんだと思います。

―今でも編集者になりたい人は多いと思います。そんな人たちに西田さんからメッセージを。

いくつかのパターンを経て表紙が出来上がる
いくつかのパターンを経て表紙が出来上がる

何かを好きになる、好きなものがあるっていうのは「才能」だと、僕は思っています。だから、好きなものをたくさん作ってほしい。どうして自分はこれが好きなのか、少しの分析はしながらも、夢中になってほしい。編集とは「集めて、選ぶ」作業。選ぶことの最後の最後の瞬間には「絶対これが好きだから」という思い込みが力を発揮する。「人は、その人が好きだと思うモノでできている」と、僕は思うんです。
もうひとつは、説明上手であるかどうか。編集者は、ライター、カメラマン、デザイナー、広告主、取材先…さまざまな職能の人たちと仕事をします。そのときに、特集の向かう方向を短く説明できる人が、いい特集をつくります。説明が上手な編集者はそれだけで80点は取れます(笑)。残りの20点は…コトバでは説明できない(笑)。

―Twitterなどでもいろいろ発言されていますが、ソーシャルメディアについて今のお考えを聞かせてください。

90年代に「ブルータス」でコンピュータやネットワークの特集を3冊作りました。その頃は編集部の最若手だったので、自分の得意ジャンルとして、シリコンバレーやMITに取材に行って夢中で取材をしていました。それからもウォッチはつづけていたから、自分はソーシャルネットワークにも通じてる自負があったのですが…。実は先日、20代前半のウェブプランナーにこう言われたんです。
「フェイスブックを本当に楽しもうと思っていたら、“友達”を増やしたりしない」。 フォロワーや、友達の人数を競う…みたいな風潮はこの先なくなっていくのかな、と気付いたんです。20代にとって、ソーシャルネットワークは、たとえば僕の20代の頃の「雑誌」と同じように「ツール」になってるんだな、とこのコトバで、再認識しました。
でも同時に、若くて時間がある時にこそ、映画や本や音楽や漫画などの、パッケージされたメディアに数多く触れてほしい、という思いもあります。コンテンツをどんどんカラダに入れて、入れて、入れまくって、それからネットワークで社交すればいいのにな、とも。

編集長の愛読誌

  • 1.文藝春秋(文藝春秋社)

    父の書斎にいつもありました。大人になったらこういうの読むんだ…と思った雑誌の原点。

  • 2.料理通信(料理通信社)

    真面目さがスゴイ。食の世界をよりよくしようとするひたむきさが大好きです。

  • 3.en-taxi(扶桑社

    文芸エンターテインメント。創刊の頃から、熟読したりチラ見したり。編集者の企みが覗けるので刺激的。

  • 4.カーサ ブルータス(マガジンハウス)

    10年前の創刊当初から7年ほど関わりました。“建築”という新しい視点は今でも大事です。

  • 5.家庭画報(世界文化社)

    婦人誌ってスゴイ。歴史、知、趣味の蓄積と編集力が先鋭化している。参考書です。

(2011年10月)

取材後記
コトバの人だな、というのが実感です。饒舌でもなく、寡黙でもなく、ユーモアを交えながら普通にでてくる言葉遣いが、実にここちよく独自の美学で編集されていて、それにとらわれているうちに、あれっといったところで話を落としてくれる。
西田さんがコピーライターの出身であったというのも、さもありなんです。 愚問だなと思いつつも、こちらもいくつか話をふらねばならず、西田さん本来の世界観にあまり深く斬りこめなかったような気がしています。
ただ、私も長く身を置いた<雑誌編集>という世界を思うと、掬い上げた西田さんのいくつかの言葉から零れ落ちたところにこそ、まだまだ何か面白い世界が潜んでいるような気になりました。
本や映画や音楽に夢中になる。そんな夢中になった原体験からいろんなアイデアが湧き出してくる。私の編集者経験もまさにそこから始まったと思っています。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真
おすすめの購読プラン

BRUTUS(ブルータス)の今すぐ読める無料記事

BRUTUS(ブルータス)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

COTTON TIME(コットンタイム)

2022年06月07日発売

目次: 《特別付録1》neige+マルチコラボ定規
《特別付録2》「ジャッキーのボディ&アイテム」実物大型紙

ハンドメイドの醍醐味はもちろん作って楽しむことですが、「作って販売する」ことも、また違った喜び。
対面販売でお客さまに喜んでもらったり、ネット販売で即完売!したときの達成感はひとしおです。
とは言えどこで売るのか、何が売れるのか、値段はどうつけたらいいのか…
初めての「ハンドメイド販売」には疑問がいっぱい!
この特集は人気作家さんの体験談や、売れ筋アイテム11点のレシピ(しかも商用OK!)、
値付けやルールに関するコラムなど「初めの一歩」の背中を押す内容がズラリ。
さあ、勇気を出してトライしましょ!

★第1特集★neige+ 猪俣友紀さんの「商用OK!」の布こもの
★第2特集★みんなが知りたい「売れるハンドメイド」の必勝法!
Part1|憧れの作家にインタビュー「私のハンドメイド販売」ストーリー
Part2|2000円以下の「めちゃ売れ!」アイテム
column1|人気作家さんの(秘)値付け事情こっそり聞きました!
column2|ハンドメイド販売のルールQ&A

〈特別付録企画〉マルチコラボ定規ができました
上品レジンで作る大人のCoolアクセサリー
May Me 伊藤みちよさんのギンガムチェックの「バイアス裁ち」スカート
着せ替えで楽しむ 巾着袋付きPVCバッグ
刺繍のおひつじさんの「#図案なしでできる」刺しゅう
リネンで遊ぶ夏のおしゃれバッグ
3年ぶりの開催!「日本ホビーショー」でワークショップをやりました♪

連載|くまのがっこう ジャッキーの着せかえ帖/おたんじょうびのワンピース
連載|井田ちかこさんのワードローブを手作りで/バックリボンブラウス
連載|ミムラトモミさんのモザイクダーニング刺しゅう
連載|憧れの一品を訪ねて/「デザインレース ユキ」の刺しゅうレースの世界
連載|イラストレーター 津田蘭子のつれづれハンドメイド記
連載|ハンドメイドの便利帳/作業中のミシンまわりが散らかっていると作業効率ダダ下がり
連載|ハンドメイドの便利帳/小さなパーツの型紙写しには100均グッズがお役立ち!
連載|ハンドメイドの便利帳/ラミネート生地の仮どめにベストアンサー

〈INAZUMA〉「メッシュ持ち手コンテスト」大賞決定!
大人の楽しい部活のような〈ニットソーイングクラブ〉を体験してきました
〈告知〉本誌新規モニターを大募集!

参考価格: 1,250円

布のある居心地のいい暮らしを楽しむためのハンドメイドマガジン

  • 2022/04/07
    発売号

  • 2022/02/07
    発売号

  • 2021/12/07
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2022年06月07日発売

目次: 1932年にドレンスデンで生まれ、ナチスや共産主義体制のもとで青年期を過ごしたゲルハルト・リヒター。60年代に写真をもとにしたイメージにぼかしなどの技法を加える「フォト・ペインティング」で高い評価を受け、70年代には「アブストラクト・ペインティング」を発表。抽象絵画と具象絵画を行き来して、数多くの作品を生み出してきた。彼はその間にも家族を含む自身の記憶とドイツの歴史、その光と影に向き合い続けてきた。そしてついに、アウシュヴィッツとイメージの問題に真正面から取り組んだのが、2014年の《ビルケナウ》である。本特集では、リヒターの60年にわたる画業の到達点《ビルケナウ》に焦点を当て、2つの論考と「アーティストブック」を通して、作品を読み解くとともにリヒターの思索の軌跡を辿った。


SPECIAL FEATURE
ゲルハルト・リヒター 《ビルケナウ》という到達点

PART1
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》(2014)
[論考]イメージと倫理の位相
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》とアウシュヴィッツ
西野路代=文


PART2
Artist’s Books of Gerhard Richter
リヒターにとっての「アーティストブック」とは何か?
河内秀子=文


PART3
《ビルケナウ》以降のリヒターの抽象絵画とドローイング

[論考]ふたたび始めること ──ゲルハルト・リヒターの 新作抽象絵画
ディーター・シュヴァルツ=文 中野勉=翻訳

SPECIAL FEATURE
ロバート・スミッソン「フレデリック・ロー・オルムステッドと弁証法的風景」
平倉圭+近藤亮介=翻訳 近藤亮介=解題

***

ARTIST IN FOCUS
小寺創太
大岩雄典=聞き手・文

富田直樹
岩垂なつき=聞き手・文

WORLD NEWS
New York/London/Berlin/Taiwan / Sharjah

ARTIST INTERVIEW
ムン・キョンウォン& チョン・ジュンホ
馬定延=聞き手

PAPERS
無為を表象する ──セーヌ川からジョルジュ・スーラへ流れる絵画の(非)政治学
中島水緒=文

REVIEWS
「生誕100年 松澤宥」展
椹木野衣=文
山本尚志個展「ゲーム」「ART SHODO-進化する芸術運動としての書-」展
清水穣=文

青柳龍太「我、発見せり。」(25)
追悼 池田修 川俣正=文
安藤裕美「前衛の灯火」第2話
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:990円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2022/03/07
    発売号

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

送料
無料

人生100年 植物と暮らそう

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/12/21
    発売号

4 将棋世界

マイナビ出版

最大
10%
OFF
送料
無料

将棋世界

2022年07月01日発売

目次: ●公式戦
・第80期名人戦七番勝負【渡辺明名人×斎藤慎太郎八段】
【第4局】均衡を維持する難しさ 記/押沢玲
【第5局】辛抱する力 解説/村山慈明七段 構成/今井和樹

・第7期叡王戦五番勝負【藤井聡太叡王×出口若武六段】
【第3局】紙一重のチャンス 解説/髙見泰地七段 構成/住吉薫

・第93期ヒューリック杯棋戦戦五番勝負【藤井聡太棋聖×永瀬拓矢王座】
【第1局】開幕戦だからこそ 記/大川慎太郎
【第2局】一瞬の寄せ 藤井 衝撃の銀捨て 記/渡部壮大

・第15期マイナビ女子オープン五番勝負【西山朋佳女王×里見香奈女流四冠】
【第4局】西山が踏ん張り最終局へ 記/編集部
【第5局】永世称号につなげた深慮の角打ち 記/相崎修司

・第33期女流王位戦五番勝負【里見香奈女流王位×西山朋佳女流二冠】
【第4局】居玉で勝利! 里見4連覇 記/諏訪景子

●エッセイ/インタビュー
・クローズアップ・渡辺和史五段 「7位タイ20連勝 連勝賞受賞 C 級1組昇級」
・リレーエッセイvol.20 「音楽と人」佐藤慎一五段
・灰色の昔話 第2回「佐藤康光九段の巻」泉正樹八段

●講座等
・新連載 相掛かり―最新形に潜む歴史 講師/勝又清和七段
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第20回】第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第1局 VS渡辺明王将 ガイド/西田拓也五段
・石川優太の三間飛車を指してみよう 第11回 後手三間飛車② 講師/石川優太四段

●戦術特集
「袖飛車急戦矢倉」 総合監修/渡辺和史五段
Chapter1 講座「袖飛車が旬! 進化系急戦矢倉の考え方」
Chapter2 好局鑑賞「袖飛車急戦矢倉の好局を体感」
Chapter3 次の一手「袖飛車急戦矢倉を習得しよう」

●その他
・棋具の匠
・昭和名棋士次の一手 第20回 記/田丸昇九段

●付録 ▲4九金型エルモ急戦 記/黒田尭之五段

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:738円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2022年06月09日発売

目次: LIFESTYLE HOTEL 2022
日本の絶景宿

雄大な自然を満喫できる、新時代のライフスタイルホテル。

巣ごもり生活を脱して旅行気分がようやく戻ってきた今、雄大な自然に囲まれてリフレッシュしてみませんか。
2022年、ライフスタイルホテルは、都会から自然の中へ——。
山、海、湖、島。日本ならではの大自然を心ゆくまで満喫する絶景宿が増えています。
待望の複合型リゾート、建築家が手がけた自然と一体になったホテル、絶景を独り占めする一棟貸しの宿、土地の恵みを味わうオーベルジュ……。
そこにしかない絶景に出会える宿へ、心身ともにリフレッシュしに行きませんか。

TRAVELER1
かしゆかさんと瀬戸田の島宿へ。
Azumi Setoda

INDEX
日本全国、絶景に会える宿75。

ARCHITECT
あの建築家が手がけた自然と共生する宿。
坂 茂
禅坊 靖寧/ししいわハウス軽井沢 No.2/ショウナイホテル スイデンテラス/
アートビオトープ スイートヴィラ/クアパーク長湯
隈 研吾
Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS/ふふ 奈良/界 別府/
COMICO ART HOUSE YUFUIN
中村拓志
界 ポロト/ HOTEL WHY

VILLA
壮大な景観を独占する一棟貸しの宿。
SHIGUCHI/里山十帖 THE HOUSE IZUMI/Izu Cliff House/
福田屋/カプセルハウスK/アトリエオーハウス

ISLAND
大パノラマを満喫する島ステイ。
直島旅館 ろ霞/星のや沖縄/ Entô

TRAVELER2
こんな日本はいかがですか?
原研哉が選ぶ、絶景を創る宿。
ガンツウ/アマネム/海椿葉山/篪庵

DESIGN
自然とデザインが融け合う宿。
COCOON/HOTEL VISON

AUBERGE
フードジャーナリストPの、本当においしい絶景宿を探せ!
ロテル・デュ・ラク/villa della pace/オーベルジュ玄珠/オーベルジュ オーフ

SAUNA
大自然のサウナ宿で極上の〝ととのい〞を。
Tatehata House/ume, yamazoe/moksa/御船山楽園ホテル

CATALOG 40
絶景+特別な体験が待つ宿へ。

ホンマタカシ before and after TANGE
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2022/05/09
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/03/09
    発売号

  • 2022/02/09
    発売号

  • 2022/01/08
    発売号

  • 2021/12/09
    発売号

初心者に、いちばんやさしい家庭菜園誌

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料

GetNavi(ゲットナビ)

2022年06月23日発売

目次: 【特別付録】カルビープロ野球カード「ドカベンedition山田太郎」
カルビープロ野球チップス発売50年目を記念して、不朽の名作野球マンガ「ドカベン」に登場する人気選手のオリジナルカードが付録に。3号連続のスペシャル企画で、第1弾の今回は主人公の山田太郎。次号では里中 智、次々号では岩鬼正美のカードがつく予定です。いずれもオモテ面は特別感のあるキラ仕様で、もちろん非売品。激レアアイテムになること必至のカードを逃さないようチェックしてください。

【総力特集】2022年上半期売れたモノSELECTION
2022年は早くも半分が過ぎ、各ジャンルで様々なヒットが生まれています。そんな爆売れ中のモノ・コトをピックアップ。「なぜ売れたのか」という分析とともに紹介します。ヒット商品の開発者へのインタビューも多数収録!

メガヒットの真実
★オメガ×スウォッチ「ムーンスウォッチ」
★ソニー「LinkBuds」
★トヨタ「ノア/ヴォクシー」
★タイガー魔法瓶「真空断熱炭酸ボトル」
★サントリー「翠ジンソーダ」

その他、各ジャンルの「売れたモノ」が満載!
◆家電・デジタル
◆レジャー・乗り物
◆日用品
◆フード
◆エンタメ

【緊急特集】僕がゴルフをしない理由。~今日限りですべてなくなりました~
Withコロナ時代、密を避けて楽しめるゴルフが注目を集めており、この機会に始めたり、久しぶりにプレイしたりする人が増えています。その一方で、ギアを揃えるのが大変、練習をするヒマがない、ウエアがなんかダサい……そんな先入観でゴルフを諦めている人も。本特集では、それらの「やらない理由」を徹底的に掘り下げて、完全解消。“1億総ゴルファー化”を目指します!

参考価格: 660円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:380円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2022/05/24
    発売号

  • 2022/04/22
    発売号

  • 2022/03/24
    発売号

  • 2022/02/24
    発売号

  • 2022/01/24
    発売号

  • 2021/12/24
    発売号

送料
無料

ミセスのスタイルブック

2022年06月10日発売

目次: 〈とじ込み付録〉
実物大パターン
S~LLの4サイズ
ワンピース、スカート、シャツ、サロペット、ブラウス、ロングシャツ
計12点

特集 布から始まる 布で決まる

(1) 絶対作りたい夏アイテム12 実物大パターンつき
(2) ときめきのプリント服
(3) 麻と暮らす
(4) 德田民子さんの 浴衣地で作るセットアップ
(5) リバティプリントをつなぐ 阿部真理さんのハギレアイディア

日暮里繊維街マップ

石田純子のスタイリングレッスン
洗練度も着やせ効果も急上昇!
モダンにあか抜ける、黒の底力

BEST ITEM
ブランド別 Summer Collection 30

押田正子さんの着こなしマイルール
ロングスカートで、すっきり細見え! 押田流フェミニン

毎日を快適に 優しいデイリーウェア 囲み製図対応

クリエーターズボイス
Vol.3 スモッキング刺繡作家 秋田由季さん

スタイリスト・渡邊由貴のインスタントソーイング 7
軽くて丈夫な帆布のバケツ型バッグ

ベビーロック「Sakura」と「Kanade」で作る
親子で着られる、オーバーサイズTシャツ

“エレガンス”発
上質な夏スタイルに仕上げる、涼感チュニック&パンツ

“大塚屋”の涼やかな素材で
ギャザーが決め手

“ファッションポラリス”の布地で作る ジャケット&ブラウス

模様を楽しむ“いまり”更紗

宮澤国博先生の 合理的な縫い方で作るワンピース

特別付録 お悩み解決BOOK
こんな時、どうする?
困った時のMAKING NAVI
Q&A[製図編6 操作のしかた] Vol.1

おしゃれを楽しむためのソーイング&ファッション誌

  • 2022/04/12
    発売号

  • 2022/02/12
    発売号

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

  • 2021/02/12
    発売号

9 BRUTUS(ブルータス)

マガジンハウス

最大
20%
OFF

BRUTUS(ブルータス)

2022年07月01日発売

目次: 迚ケ蛻・莉倬鹸縲€螟丈シ代∩蟄蝉セ帙b讌ス縺励>蜈ィ蝗ス繧ォ繝ォ繝√Ε繝シ繧ォ繧ソ繝ュ繧ー・冗音髮・€€螟上・繧ォ繝ォ繝√Ε繝シ險育判

参考価格: 600円

徹底的な特集主義で読者の興味を引くものの入り口を探す

  • 2022/06/15
    発売号

  • 2022/06/01
    発売号

  • 2022/05/16
    発売号

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

BRUTUS(ブルータス)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌