BRUTUS(ブルータス)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

マガジンハウス
「BRUTUS(ブルータス)」編集長 西田善太さん

にしだぜんた 1963年生まれ。早稲田大学卒業。博報堂のコピーライター職を経て、1991年マガジンハウス入社。Casa BRUTUS副編集長を経て、2007年3月よりBRUTUS副編集長、2007年12月よりBRUTUS編集長。

編集長写真

第68回 BRUTUS(ブルータス) 編集長 西田善太さん

オモシロイ特集をつくるには、少人数で勘で決めるのが効きます。

―第2回雑誌大賞受賞おめでとうございます(2011年4月15日号「今日の糸井重里」http://zasshitaisho.com/award/magazineaward-grandprix.html)。コピーライターの糸井重里さんに密着取材されて、とても中味の濃い1冊です。

マガジンハウスの入口にも雑誌大賞受賞のニュースが
マガジンハウスの入口にも雑誌大賞受賞のニュースが

ありがとうございます。今の糸井重里さんは広告界を離れて、ウェブの「ほぼ日」(「ほぼ日刊イトイ新聞」http://www.1101.com/)で言葉や企画を読み手に届けていますが、コピーライター出身の僕にとっては十代の頃からの憧れの人です。編集者になってようやく会えて、一緒に仕事をできるのがうれしくてたまらない。「ブルータス」の編集長になってすぐの頃、「三谷幸喜特集」で三谷さんとの対談をしてもらったり、「読売巨人軍特集」や「吉本隆明特集」で、糸井さんや「ほぼ日の乗組員」たちと、定期的に交流し、本を一緒に作ってきました。

―実際、編集者を「ほぼ日」編集部に常駐させて、糸井さんの言葉を全部拾うようにしたとか。

人に「密着する」特集は「ブルータス」の得意とするところですが、本当に文字通り密着したのは糸井重里号が初めてかもしれません。青山の「ほぼ日」オフィスに机を用意してもらい、編集部員2人が2ヶ月以上常駐して、糸井さんのコトバを拾いました。
驚いたことに、糸井さんは、“絶大の信頼”を用意して僕らを迎えてくれました。我々が興味を持つコトには全て同席させてくれたんです。それこそ秘書のように、経営に関する会議にまで出席させてくれた。結果、我々の手元には膨大なコトバが残ります。
日々耳を傾けてきた編集者たちの実感を誌面に出すために、この特集では、糸井さんが日々生み出すコトバをセレクトして、時系列に並べています。あたかも読者が、そばにいて、糸井さんのコトバを聞いているような作りです。

―「ブルータス」って、特集を見てても、毎回振れ幅が大きいような気がしますが、一言でいうとどういう雑誌と言えばいいのですか。

一言でいうのは難しいのですが、ある人が「ブルータス」は「ポップカルチャーの総合誌」といってくれました。僕らのまわりに広がる興味を惹くヒト、モノ、コトの入り口を探す雑誌といいますか。少し先の興味の行き先を知っている、といえたらいいですね。マーケティングではない、おもしろがる勘を磨いている、というか。

―編集部の構成はどうなっているんですか。

編集長のデスクから見た編集部
編集長のデスクから見た編集部
編集部を囲む形で副編集長4人が座る
編集部を囲む形で副編集長4人が座る

通常の雑誌は、たとえば月2回刊の場合は、5~6人のチーム2つが交互に特集を作りますが、「ブルータス」にはチームがありません。特集ごとに人の組合せを変えるのが特徴です。担当の人数も2名が基本、多くても3人。人数が少ない代わりに、1冊あたり3ヶ月くらい時間をかけます。
「ブルータス」のような特集主義では、特集全体に1本通す考え方を作り手に行き渡らせないと、バラバラな本になってしまいがちです。2人ならいつでも集まれる。いつでも意思疎通ができます。どんな特集をつくっても「ブルータスらしさ」が出るのは、このシステムのおかげです。

―西田さんはどうして編集者になったんですか。

10代の頃、雑誌に夢中になった原体験があるからだと思います。編集者は、自分の興味ある事柄を、誰よりも早くおもしろがる仕事だな、という憧れがずっとありました。大学を卒業してから広告会社でコピーライターをしていましたが、その憧れは募るばかり。周囲のススメもあって、出版社の中途採用試験を受けたら、いくつか合格できた
「ブルータス」編集部に配属された当初は、本当に毎日、鼻血が出るぐらい刺激的でした。同世代では物知りなつもりでいたけれど、そんなへたれなプライドは叩きつぶされました。「世界は広いなぁ、オレ、何にも知らなかったなぁ」というカルチャーショック。20代の後半、必死で先輩たちに追いつこうと映画を観まくったり、本を読み込んだり、人に会いまくれたのが、今に繋がっているんだな、と思います。必死でした(笑)。

―西田さんが十代の頃と違って、いまの読者は、雑誌に新しい情報を求めてはいるわけではないと思います。

その通りだと思います。雑誌に新しい情報はいらない。かわりに、思ってもみなかった情報や見方があればいいんです。たとえばコーヒー特集を組むときに「ブルーマウンテンが最高のコーヒーだとまだ思っていますか?」と特集を組めるのが、雑誌のおもしろさです。情報はだれでも集められるけれど、それをどう読み解くか、の一例、とびっきりの一例を示せれば、その特集は成功だと思います。
 それと僕はやはりマーケティングでモノをつくらない、ということが大事だと考えています。そんな予定調和的なものが面白いわけない、と決めつけちゃってるんです(笑)。面白いものは少人数で決める。これが自分たちの基本です。編集者はその面白いと思えるエッジを磨いていればいいのかなと。

―そのエッジの磨き方ってなかなか難しいですね。センスの問題もあるし。

「ブルータス」編集部には、夜遊びをしたり、顔が広かったり…という編集者よりは、それぞれに“専門分野”がある編集部員が多い。音楽でも映画でも本でもゲームでも食でもネットでも…あ、このトピックならあいつに聞いてみよう、と思える。好きなモノを追いかけてるんです。それは各自が好きでやっていること。でもその編集者のオモシロサを組み合わせたり、いかしたりするのが僕の仕事です。
職業:エディター、週末:活字を忘れる…みたいなお洒落なノリはいらない。興味のおもむくまま、好奇心を持ち続けていればいい。編集部員には、できあがった特集を読んだ人に「遊んでるね」といわれよう、と言っています。企画で遊んでる、というのが一番の誉めコトバだと。

―雑誌の読者像を教えてください。

最近評判になった特集
最近評判になった特集

読者には3種類いると思います。まず「ブルータス」という雑誌そのものが好き、というコアな人、2つめが、特集によって買う人、3つめは「スターウォーズ」とか「旅」とか、その特集自体が好きで買う人。だから、それぞれの読者にどう響くか、計算…というか勘を働かせてつくっていくことが肝です。売れ線を狙って、すごく一般受けする広く浅いテーマばかりをやっているとコアな層が離れてしまう。コアなことばかりやると一般性がなくなる。そこを往き来しながら、企画を考えています。
「ブルータス」は基本的には、ヒットしても続編を作りません。そして3号に1つくらいのペースで、やったことのないテーマを新しい束ねかたで作っているつもりです。それが見方によっては「振れ幅が大きい」となるし、人によっては「毎回飽きさせない」になるんだと思います。

―今でも編集者になりたい人は多いと思います。そんな人たちに西田さんからメッセージを。

いくつかのパターンを経て表紙が出来上がる
いくつかのパターンを経て表紙が出来上がる

何かを好きになる、好きなものがあるっていうのは「才能」だと、僕は思っています。だから、好きなものをたくさん作ってほしい。どうして自分はこれが好きなのか、少しの分析はしながらも、夢中になってほしい。編集とは「集めて、選ぶ」作業。選ぶことの最後の最後の瞬間には「絶対これが好きだから」という思い込みが力を発揮する。「人は、その人が好きだと思うモノでできている」と、僕は思うんです。
もうひとつは、説明上手であるかどうか。編集者は、ライター、カメラマン、デザイナー、広告主、取材先…さまざまな職能の人たちと仕事をします。そのときに、特集の向かう方向を短く説明できる人が、いい特集をつくります。説明が上手な編集者はそれだけで80点は取れます(笑)。残りの20点は…コトバでは説明できない(笑)。

―Twitterなどでもいろいろ発言されていますが、ソーシャルメディアについて今のお考えを聞かせてください。

90年代に「ブルータス」でコンピュータやネットワークの特集を3冊作りました。その頃は編集部の最若手だったので、自分の得意ジャンルとして、シリコンバレーやMITに取材に行って夢中で取材をしていました。それからもウォッチはつづけていたから、自分はソーシャルネットワークにも通じてる自負があったのですが…。実は先日、20代前半のウェブプランナーにこう言われたんです。
「フェイスブックを本当に楽しもうと思っていたら、“友達”を増やしたりしない」。 フォロワーや、友達の人数を競う…みたいな風潮はこの先なくなっていくのかな、と気付いたんです。20代にとって、ソーシャルネットワークは、たとえば僕の20代の頃の「雑誌」と同じように「ツール」になってるんだな、とこのコトバで、再認識しました。
でも同時に、若くて時間がある時にこそ、映画や本や音楽や漫画などの、パッケージされたメディアに数多く触れてほしい、という思いもあります。コンテンツをどんどんカラダに入れて、入れて、入れまくって、それからネットワークで社交すればいいのにな、とも。

編集長の愛読誌

  • 1.文藝春秋(文藝春秋社)

    父の書斎にいつもありました。大人になったらこういうの読むんだ…と思った雑誌の原点。

  • 2.料理通信(料理通信社)

    真面目さがスゴイ。食の世界をよりよくしようとするひたむきさが大好きです。

  • 3.en-taxi(扶桑社

    文芸エンターテインメント。創刊の頃から、熟読したりチラ見したり。編集者の企みが覗けるので刺激的。

  • 4.カーサ ブルータス(マガジンハウス)

    10年前の創刊当初から7年ほど関わりました。“建築”という新しい視点は今でも大事です。

  • 5.家庭画報(世界文化社)

    婦人誌ってスゴイ。歴史、知、趣味の蓄積と編集力が先鋭化している。参考書です。

(2011年10月)

取材後記
コトバの人だな、というのが実感です。饒舌でもなく、寡黙でもなく、ユーモアを交えながら普通にでてくる言葉遣いが、実にここちよく独自の美学で編集されていて、それにとらわれているうちに、あれっといったところで話を落としてくれる。
西田さんがコピーライターの出身であったというのも、さもありなんです。 愚問だなと思いつつも、こちらもいくつか話をふらねばならず、西田さん本来の世界観にあまり深く斬りこめなかったような気がしています。
ただ、私も長く身を置いた<雑誌編集>という世界を思うと、掬い上げた西田さんのいくつかの言葉から零れ落ちたところにこそ、まだまだ何か面白い世界が潜んでいるような気になりました。
本や映画や音楽に夢中になる。そんな夢中になった原体験からいろんなアイデアが湧き出してくる。私の編集者経験もまさにそこから始まったと思っています。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真
おすすめの購読プラン

BRUTUS(ブルータス)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

1 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2020年05月07日発売

目次: 特集
新しいエコロジー
危機の時代を生きる、環境観のパラダイムシフト

気候変動や災害、感染症により世界中が大きな危機を迎えるいま、
私たちは「自然」を搾取可能な資源と見なす態度の限界に直面しているのではないだろうか。
この問題に対し、現代のアーティストたちは鋭敏な感覚で応答する。
彼/彼女らが作品を通して提示する、オルタナティヴで新鮮な環境観・地球観・生命観。
それを本特集では「新しいエコロジー」と呼びたい。
自然環境と人間の関係にパラダイムシフトを呼び込むこれらのアートは
「生きること」とは何かという、根源的な問いをも照射するはずだ。


SPECIAL PHOTO SESSION
モトーラ世理奈×
「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展
田中雅也(TRON)=撮影

オラファー・エリアソン インタビュー
清水知子=聞き手

落合陽一 インタビュー
編集部=聞き手 高岡謙太郎=構成

●NONHUMAN AGENTS IN ART
ピエール・ユイグ インタビュー
石谷治寛=聞き手

Part1:海洋
ルチア・ピエトロイウスティ
コラム:偏在する水、情報フローとしての世界
四方幸子=文

Part2:地層
対談:藤浩志×石倉敏明
アバロス村野敦子/オトボン・ンカンガ

Part3:植物
ステファノ・マンクーゾ/山内朋樹/三原聡一郎/
ウリエル・オルロー/ルイス・ゼルビーニ

Part4:動物
川崎和也/ロバート・ザオ・レンフイ/石橋友也
コラム:溶解する地球と感染症時代の動物たち
石倉敏明=文

論考:ハイパーオブジェクト、外縁、境界と辺境──人新世における問いと表現
篠原雅武=文 

ヴェルビエ・アート・サミット2020
かないみき=文

エコロジーの美術史
山本浩貴=文

コラム:エコフェミニズムとアート
長倉友紀子=文

ESSAY
論考:新しいエコロジー下のアート、あるいは「まごつき期」の芸術表現
長谷川祐子=文

翻訳論考:
地球に降り立つことへの7つの反対理由
『クリティカルゾーン:地球に降り立つことの科学と政治学』序論
ブリュノ・ラトゥール=文 鈴木葉二=翻訳


第2特集
アーティストと香港デモ

ARTIST PICK UP
サーニャ・カンタロフスキー/ジョナサン・チャプリン

WORLD NEWS
New York /Oslo/Hamburg/Berlin/Paris/Art Scene/Insight

ARTIST INTERVIEW
ピーター・ドイグ
松井みどり=聞き手

REVIEWS
緊急事態下の展示とバイオハザード 椹木野衣=文
「尼ケ根古窯 瀬戸黒のはじまり」展 清水穣=文 

平山昌尚「つづく」40話
青柳龍太「我、遭難せり。」(0)
プレイバック! 美術手帖


BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2020/03/06
    発売号

  • 2020/01/07
    発売号

  • 2019/11/07
    発売号

  • 2019/09/06
    発売号

  • 2019/07/05
    発売号

  • 2019/05/07
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2020年05月21日発売

目次: 特集 いま見たい花、知りたいこと アジサイ/庭とベランダ「楽園」化計画/東北通信 仙台の庭仕事「宮城の庭はバラが満開!」ほか

人生100年 植物と暮らそう!

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/12/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

NHK 趣味の園芸 やさいの時間

2020年05月21日発売

目次: 特集 夏野菜を守る!-きちんとお世話+病害虫対策=大収穫!/ミニ特集 菜園プランニングキット-イラスト追加掲載!/週1から始めるオーガニック

育てて楽しい、育てておいしい、を伝える「野菜の総合誌」

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

  • 2019/09/21
    発売号

  • 2019/07/21
    発売号

  • 2019/05/21
    発売号

BE-PAL(ビーパル)

2020年05月08日発売

目次: 特別付録 コールマン11WAYマルチ・ツール/特集 一生モノの相棒を手に入れろ!ナイフのトリセツ/いちどは行きたい 癒しの島キャンプ25選

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2020/01/09
    発売号

  • 2019/12/09
    発売号

  • 2019/11/09
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ホビージャパン(Hobby Japan)

2020年05月25日発売

目次: 【特別冊子付録】静岡ホビーショー2020
オールカラーB5判・80ページ

残念ながら開催中止となった第59回静岡ホビーショー。このイベントでは例年通りたくさんのニューアイテムの発表があったはず…。そこでホビージャパンが出展予定だった各メーカーへの取材を敢行。別冊付録で誌上ホビーショーを開催します! オールカラー80ページの大ボリューム!お楽しみに!!

【巻頭特集】
月刊ホビージャパンプラモデルコンペティション
第1回「ゲームキャラクターフェスティバル」


月刊ホビージャパンがお贈りするプラモデルコンペティション第3回目として1月24日より募集を開始した第1回「ゲームキャラクターフェスティバル」。ゲーム作品に登場するャラクターを対象とした本コンペティションもたくさんのご応募をいただきました。果たして最優秀作品に選ばれるのはどの作品か? 恒例の応募作品全掲載も実施いたしますので、どうぞご期待ください!!

参考価格: 1,100円

ホビーファンのための総合ホビー誌

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2020/01/24
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/11/25
    発売号

NHK すてきにハンドメイド

2020年05月21日発売

目次: 特別付録 型紙・図案/特集 今から始める夏じたく!/雨の日も快適 おしゃれ傘カバー

丁寧な作り方解説と付録の型紙でビギナーでもすぐ作れます!

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/12/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

7 アサヒカメラ

朝日新聞出版

送料
無料

アサヒカメラ

2020年05月20日発売

目次: 表紙撮影:米 美知子

デジタル時代に見いだす新たな魅力
いまこそ、フィルム!

【口絵】

「初夏の詩(うた)」 米 美知子

「Recent Film Work」 立木義浩

「おはようもしもしあいしてる」 川島小鳥

「The Way Things Go」 奥山由之


【インタビュー】

米 美知子さん
「デジタルは何でもできてしまうけれど、 フィルムにはできないことがいっぱいある」


立木義浩さん
「手軽に撮るのもいいが、感性だけで一生を過ごすわけにはいかない」


川島小鳥さん
「このタイムレス感はフィルムならでは。フィルムで撮っていてよかったと思います」


奥山由之さん
「自分と写るもの、カメラ、環境のバランス。何を伝えたいかが全てです」

探訪 個性派ワークショップ + 番外編


現行モノクロ&カラーネガフィルム
68本の実力を詳細チェック

まつうらやすし


カラーネガフィルムをデジタルデータ化する基本
西島大輔


デジタルカメラで撮った写真をフィルム風に 河田一規


ソフトウェアで定番モノクロフィルムをどこまで再現できるか?
まつうらやすし


赤城耕一的フィルムカメラ購入ガイド


フィルムカメラ修理の現状


フィルム/フィルムカメラ 用語辞典 赤城耕一

向井康二(Snow Man)巨匠と撮る白熱レッスン
連載第3回 オンライン特別版
✕渡辺達生

Re+Start from Basics
初めてのカメラを選ぼう!

あなたが“最初に”欲しいカメラはこれだ!? 河田一規

【基本再習】表現を決める露出[後編]

ボケと動きと明るさを決める 宇佐見 健

発表! カメラグランプリ2020 ソニーが3冠

ボケや明るさだけじゃない

「開放」が深い!


絞り開放のなかに立体感が浮き上がる 北井一夫

写真を見ているという経験の中では写真は動く
鈴木理策

「開放」は未知なるものに出会う手立てのひとつ 山谷佑介


レンズ使いこなし講座 絞り開放宣言 桃井一至
「絞り開放」の意味/全部開放で撮ってみた/開けるならこう撮れ!/大口径開放の快楽

「絞り開放」についてレンズ開発者に聞いた

開放で撮りたい銘玉6選 赤城耕一

45×30ミリ中判一眼レフが6400万画素に
ライカカメラ LEICA S3 河田一規

中判ミラーレス&Vシステムをデジタルで!
ハッセルブラッド 907Xスペシャルエディション3
赤城耕一

ZOOM UP
ソニー α7R Ⅳ × 並木 隆

草花が持つ「生命力」を余すことなく表現できる至高のカメラ

新製品フラッシュ&レビュー

■LAOWA 65mm F2.8 2× Ultra Macro APO■ヴァイテックイメージング マンフロット Element MIIシリーズ■ヴァイテックイメージング ジッツオ ミニトラベラー三脚■BLAIN MAGIC Orgital2■JBカメラデザイン Nikon Z50専用カメラベースV2.0■ハクバ写真産業 GW-PRO RED アクティブバックパック 02■ハクバ写真産業 Chululuホリデイ ショルダーバッグ 02 L■LPL商事 LEDスティックライトプロVLS-8900FX■LightPix Labs FlashQ Q20Ⅱ■開発発表/追加情報】キヤノン EOS R5 ほか

エプソン SC-PX1V まつうらやすし
ファーウェイ P40 Pro 小山安博
エックスライト i1Publish Pro 3 まつうらやすし
タカラトミー Pixtoss 宇佐見 健

Column
木村伊兵衛の傑作が生まれる瞬間[37]
田沼武能
岩合光昭の動物っていいなぁ[66]
シーナの写真日記[327] 椎名 誠
梅佳代もこの一枚[90]
物欲作家のふらり旅(呑み)日記[38] 相場英雄
櫻井 寛のぞっこん鉄道 麗しき名列車[78]
赤城耕一の銀塩カメラ放蕩記[75]
再録!ニッコール千夜一夜物語[60] 大下孝一
虫の肖像[114] 海野和男

For Readers
Topics

写真展&ギャラリーガイド

コンテスト情報ガイド


YOUR next STAGE

PHOTO CLUB


アサヒカメラ写真コンテスト

 カラープリント部門/福田健太郎

 モノクロプリント部門/長倉洋海

 組写真部門/平間 至

 ファーストステップ部門/浅田政志

 ワンポイントアドバイス/福田健太郎


コンテスト応募要領

コンテスト入選者発表

アサヒカメラ特別編集「美しい四季の風景写真講座」
のお知らせ

アサヒカメラ特別編集
「岩合光昭さんセレクト アサヒカメラ ネコ写真コンテスト 傑作選 ネコにカメラ」
発売のお知らせ

アサヒカメラ バックナンバーのお知らせ
読者の広場
編集後記&次号予告

参考価格: 998円

歴史のある写真・カメラの総合誌

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

  • 2020/01/20
    発売号

  • 2019/12/20
    発売号

  • 2019/11/20
    発売号

COTTON TIME(コットンタイム)

2020年04月07日発売

目次: ・特別付録「150年記念 COTTON TIME特別デザイン 人気作品柄カットクロス」
・特別付録「日暮里お買い物MAP BOOK」

外出がままならない昨今、家でどっぷりハンドメイドに没頭するのも悪くないですよね。
いつもはちょこちょこ作っていた暮らしのアイテムをセットで作ったり、
注目のエコバッグやお財布ショルダー、気にせずどんどん使えるお出かけバッグや大人服まで、
好きなものをピックアップして一気に作ってみませんか。
それぞれ目安となる製作時間を表記したので、ご参考に。

★巻頭特集★家にこもって1日まるごとハンドメイドDAY
Part1/1日でシーン別愛用セットを作っちゃおう!
Part2/今欲しいのはエコバッグとお財布ショルダーで決まり!
Part3/ガンガン使えるお出かけバッグ
Part4/気になるあのバッグを型紙づくりからスタート!
Part5/1日で大人服を裁断から縫製まで

★ありがとう! 150号記念企画★
Part1/なんでもNo.1一挙公開!
Part2/ハンドメイドコンテストグランプリ発表!

〈特別付録企画〉人気作品柄カットクロスで作るマリン風バッグorバッグイングッズ
No.144(2019年5月号)付録のカットクロスでかわいい作品ができました!
布でつくる みつろうラップでenjoy♪女子会
布でキッチンペーパーで手作りマスクに挑戦!
おしゃれなカフェインテリアにしませんか?
ハッピーモチーフ小物で毎日を楽しく

新連載/ちくちくちどりさんの 糸ボタン歳時記
新連載/赤峰清香さんの 帆布バッグレッスン
COTTON TIMEの新規モニターさん 全国から大募集!!
COTTON TIME おしゃべり広場

参考価格: 930円

布のある居心地のいい暮らしを楽しむためのハンドメイドマガジン

  • 2020/02/07
    発売号

  • 2019/12/07
    発売号

  • 2019/10/07
    発売号

  • 2019/08/07
    発売号

  • 2019/06/07
    発売号

  • 2019/04/05
    発売号

送料
無料

PEAKS(ピークス)

2020年05月15日発売

目次: 特別付録 マウンテン・オーガナイザー/特集 日本アルプスベストルート-珠玉のルートをテーマ別にお届け!/“コロナ時代”の登山はどうなるのか-登山界にも前代未聞の事態が到来している。

参考価格: 1,100円

山登りをやってみたいと思っている20~30代、登山雑誌になじめない40~50代の人への情報誌。

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/03/14
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2020/01/15
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/11/15
    発売号

BRUTUS(ブルータス)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読とは
雑誌を毎号ご自宅へお届けします!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌