油空圧技術 発売日・バックナンバー

目次:
■特集:油空圧ロボットとアクチュエータ①
○2足ヒューマノイド向け油圧直接駆動システムの開発/㈱日立製作所/清水自由理
2足ヒューマノイドロボット向けに開発した油圧直接駆動システムと、2足機構の構造的・運動的な特徴に着目して考案した連動回路について解説し、歩行シミュレーションによる既存の機械駆動システムとのモータ出力の比較事例を紹介する。

○油圧アクチュエータ開発とロボットへの応用/東京工業大学/髙倉隆大・馮 雲皓・木口皓介・難波江裕之・鈴森康一
著者らの研究室で開発された3種類のロボット(油圧駆動4脚ロボット“タフランナー”、7軸油圧ロボットアーム、油圧人工筋肉を用いたパワーソフトロボット)について、使用されたアクチュエータおよびロボットの構成について解説する。

○空気圧人工筋肉/㈱コガネイ/山内武志
Pneumuscle(ニューマッスル)のブランドで展開する空気圧人工筋肉について、その基本原理と応用展開例を紹介するとともに、空気圧人工筋肉の制御を簡便に行うことができるコントローラ「PMCシリーズ」をあわせて紹介する。

○空気圧駆動型細径配管内点検ロボットの開発/(国研)産業技術総合研究所/山本知生
配管内の点検作業においてロボットを用いた省力化が期待されているが、細い配管内はロボットにとって未だチャレンジングな環境である。本稿では、柔軟材料を活用した新しい運動生成手法に基づく細径配管内点検ロボットについて、その動作原理や運動生成手法を中心に紹介する。

■特集:フルードパワーのシミュレーション技術②
○ジャーナル軸受設計におけるフロントローディング/サイバネットシステム㈱/三浦孝広
設計初期段階において、より俯瞰的に課題を発見して設計後工程での手戻りを少なくするため、3D-CADやCAEを取り入れたフロントローディングと呼ばれる手法がある。本稿では、3D-CADと連携したジャーナル軸受解析ツールを利用した軸受設計フロントローディングを紹介する。

○フルードパワーのシミュレーション技術/㈱JSOL/成田一行
電磁弁の応答性には、鉄心の磁気的非線形性、渦電流、残留磁化、制御/流体負荷/機構系などが複雑に絡み合っている。電磁界解析を中心としたシステムレベルシミュレーションで現象を解明することができる。また、応答性向上を目的とした多目的最適化による設計案導出の事例を紹介する。

○シミュレーションによるポンプのガス溶解ダイナミクス影響の考察/Siemens Digital Industries Software/Francesca Furuno体積要素内の圧力ピークとステータリングに加えられる力の観点から、溶解時間、液体が飽和状態になるまでガスを吸収する時間、そして容積式ベーンポンプの動作に与える影響についてSimcenter.Amesim.softwareのシミュレーションアプローチを用いて理論から実例までその影響を考察する。

○空気圧システムの機器選定プログラム/SMC㈱/楊 春明
当社が開発した設計支援ツールの中で、空気圧システムの代表的なものとして、シリンダ駆動システム選定プログラム、真空吸着搬送システム選定プログラムおよびエアブローシステム選定プログラムについて、主な機能、計算方法および計算例を紹介する。

■解説
○気体および液体粘度の単一マイクロ流路測定/(国研)物質・材料研究機構/柴 弘太
粘度は流体が有する代表的な特性の一つであり、粘度を測定することで流体を識別することも可能である。気体と液体の一方の粘度を測定するための技術は多数存在するが、一般に気体と液体とではその性質に著しい差があり、それゆえに両者の粘度は大きく異なる。こうした理由から、単一の方法で気体と液体の両方の粘度を測定することは困難である。本稿では、我々が開発した、気体・液体に関わらず任意の流体の粘度を測定するための簡便な手法について紹介する。

■連載
○イチから学ぶ油圧のメカニズム 第1回/西海孝夫
○機械技術者の晩年を楽しく生きる為の中年からの準備(第6回)/長谷川和三

■H&P情報
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧バルブ
全207件中 1 〜 15 件を表示
2,200円
■特集:フルードパワーのシミュレーション技術①
○粒子法による鋳造過程シミュレーション/富士通㈱/諏訪多聞・風間正喜
COLMINA CAE粒子法鋳造解析は粒子法の一つであるSPH法を用いたシミュレータである。本稿では、粒子法の特徴を活かし、鋳造過程における溶融金属の流動挙動や気泡の巻き込み、表面酸化膜のモデル化などを扱った計算事例を紹介する。

○油空圧分野向け流体CAEソリューション/サイバネットシステム㈱/津田俊幸・森 正明
近年、DXのキーワードを頻繁に耳にするように、油空圧分野でも高度なCAE解析のニーズがより高まっている。本稿では、Ansys CFDを中心とした油空圧分野における流体解析事例や流体構造連成解析事例、およびシステム全体を想定したシステムシミュレーションの事例について紹介する。

○シミュレーションからデジタルツインへ/MathWorks Japan 遠山 巧
油空圧機器開発におけるシミュレーションを用いたMATLABの統合開発環境、モデルベースデザインによるソフトウェア開発から、そのモデルを流用したデジタルツインによるIoTと連携した予知保全・最適化アルゴリズム開発ワークフローについて紹介する。

○粉体解析ソフトウェア/プロメテック・ソフトウェア㈱/山井三亀夫
粉体のハンドリングには、付着・凝集、固結、閉塞、偏析、粉塵、帯電、摩耗などのトラブルがある。トラブル解決の際の試行錯誤を低減するため、粉体シミュレーション技術の活用の期待は非常に高い。本稿では、粉体解析ソフトウェア「Granuleworks」、流体解析ソフトウェア『Particleworks』の概要を解説し、代表的事例を紹介する。

○バルブ産業のDXを加速するCAE/CFD/エムエスシーソフトウェア㈱/金井孝訓
バルブ産業はパラダイムシフトを迎えており、急激な変化を伴うDXに対応する必要がある。意思決定を加速し付加価値の高い成果を持続的に創出する価値創造プロセスの確立が求められるなか、デジタルツインやAIなどの新技術を組み合わせたデジタル革新についてCAEからのアプローチを紹介する。

■特集:産業用オープンネットワーク②
○オープンネットワークMECHATROLINK/MECHATROLINK協会/鎌田秀朗
近年、FA装置に使用されるコンポーネント製品の高度化に伴い、FA装置内における各種フィールドネットワークの採用率は、ますます増加している。本稿では、モーションコントロールに適したオープンネットワーク“MECHATROLINK”の概略、および新規格MECHATROLINK-4について紹介する。

○異メーカー・異機種間通信を実現する産業用オープンネットワークFL-net/(一社)日本電機工業会/本田裕次郎
FL-netは、異メーカー・異機種間の接続で一般的なイーサネットをベースにしたフレキシブルでオープンな産業用コントローラ間ネットワークである。FL-netの特長および仕様、適用事例や今後の取り組みなどについて紹介する。

○IO-Linkを用いた製品/SMC㈱/瀬尾 誠
IO-Linkは国際標準規格IEC61131-9で規定されたオープンな通信インターフェースである。IOLinkを用いた製品の具体例として対応機器を紹介する。

○デジタル電空レギュレータ/CKD㈱/長崎 功
電空レギュレータは発売以来、生産設備の多機能化・自動化・省力化に貢献してきた。その中でもデジタル電空レギュレータは多機能に特化しており、最近ではIO-Link通信の追加対応と同時に予知保全などに繋がる機能の追加を行うことで、市場要求として声の大きいIoT化への対応を行ったことについて紹介する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧バルブ
■特集:産業用オープンネットワーク①
○「ものづくり」を支え将来も見据えて進化し続ける“EtherNet/IP”/ODVA TAG Japan/今井敬祐
産業用オープンネットワークとしてグローバルで高いシェアを獲得している“EtherNet/IP”の特長、そのベースとなるCIPネットワークの歴史や現状を解説し、油空圧システムから電動アクチュエータへの代替え事例を紹介する。

○PROFIBUS・PROFINETの動向/(特非)日本プロフィバス協会/元吉伸一
工場の中で稼働する制御機器とさまざまな現場機器を相互接続し、現場のデータ・情報をより使いやすい形で収集し、工場の生産性を上げるためのオープンフィールドバス・PROFIBUSと産業用Ethernet・PROFINET、およびその普及団体のPROFIBUS & PROFINET Internationalについて説明する。

○IO-Link~インダストリー4.0の実現に貢献/IO-Linkコミュニティ ジャパン/若命敬一
インダストリー 4.0で要求される相互接続とデータ活用を現場のセンサ、アクチュエータに対し可能とするデジタル通信技術、IO-Link。既存の配線、メディアの活用で効果的な導入が可能。産業用イーサーネット上のリモートIOターミナルから接続されるデバイスの見える化と上位クラウドレベルからのセンシングデータの活用を実現。

○EtherCATを活用するための基礎知識と拡張機能/EtherCAT Technology Group/小幡正規
EtherCATは高効率・高速通信な産業用イーサネットであり、ネットワークモデルに忠実な基本設計と、互換性を維持した将来性ある拡張機能について解説する。

○省配線フィールドバスシステム/SMC㈱/瀬尾 誠
フィールドバスの利点とオープンネットワーク化、産業用イーサネットと従来フィールドバス、末端機器にまで広かるデジタル化、無線によるフレキシブル性、機能安全対応について紹介。省配線フィールドバスシステムは時代と共に大きく変化してきている。

○ネットワーク対応ステッピングモータードライバ/オリエンタルモーター㈱/近藤大生
各種FAネットワークに対応しているバッテリレスアブソリュートセンサ搭載「αSTEP AZシリーズ」を例に、IoT化や予防保全・予知保全への対応の要求が高まる中、生産設備設計に役に立つ内容に焦点をあてて解説する。

■解説
○ミドルウェアORiN(オライン)/ORiN協議会/吉田幸重
一般にシステム構築する上では、必要な機器やソフトウェアを繋いで連携させる必要があるが、自前で“つなぐ”ことは容易ではない。また、繋ぐことが目的では無く、その先にやるべき本質があるから簡単に実現したいものである。この課題解決の一つとしてORiNを紹介する。

■製品と技術
○耐ブリスター材料 BLISTANCEのシリーズ化/㈱バルカー/西原亮平
高圧状態から急減圧が繰り返し行われる環境下で、汎用のエラストマーシール材を使用した場合、ブリスターと呼ばれる不良が発生する。当社ではブリスターの発生しづらいエラストマーシール製品を新たにBLISTANCEとしてシリーズ化したので本稿にてその特徴を紹介する。

○耐熱性アクリルゴムL6070/㈱バルカー/圖師浩文
アクリルゴムは、オイルシールやホースとして、自動車のエンジン周辺部で使用されてきたが、近年のエンジン近傍の高温環境下では仕様を満足できなくなってきている。今回、耐油性を維持したまま、耐熱性を向上させたアクリルゴムL6070を開発したので、各種特性について紹介する。

■連 載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備 (第5回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ
■特集:微小流量を捉える
○コリオリ式流量計の最新技術動向/EZ-Japan/黒田 誠
流体の物性や混合比率の変動に左右されない質量流量計=コリオリ式流量計の微小流量域への挑戦が製造プロセスでのゲームチェンジャーとして高く評価されている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン製造ライン等で採用される微小流量化技術に関して解説を行う。

○微小な液体流量を高精度に測定しプロセスの品質改善・向上に貢献/アズビル㈱/千崎昌彦
近年、製造プロセスの高度化や品質要求の高まりにより、微小な流量の高精度計測が求められている。当社では、熱式MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)センサと石英ガラス管を組み合わせた最小0.1~最大50mL/minの流量を高精度に計測できる液体微小流量計形F7Mを開発、販売している。形F7Mの概要及び特徴を説明する。

○コリオリ流量計の最新の応用例/ITWジャパン㈱/荻尾卓也
Brooks Instrumentコリオリ式流量QUANTIMRシリーズは、これまで液体流量の微小計測・精密制御が求められる様々な産業において実績を残している。本稿では、その最新の応用例について、その製品概要とともに紹介する。

■特集:コンプレッサ2
○新たに進化した給油式コンプレッサとオイルフリースクロールコンプレッサ/アネスト岩田㈱/岩田洋平
当社より新たに販売した、コンパクト化し省エネ性にすぐれた給油式スクリューコンプレッサ及び、静音・低振動を極めたプレミアムモデルが更に進化したオイルフリースクロールコンプレッサの二つの製品について紹介する。

○協働用ロボット用小型コンプレッサの開発/SMC㈱/篠原一宏
協働用ロボットは圧縮空気源があるところで使用されるとは限らず、軽量・コンパクトが利点であるエア機器を使用するためにはコンプレッサが必須となる。当社では協働用ロボット搭載の小型コンプレッサの開発に着手、その状況や課題について紹介する。

○新型オイルフリースクロール空気圧縮機/㈱日立産機システム 渡部裕介
空気圧縮機のモニタリングやメンテナンス容易化のニーズに対応するため、スマートデバイス用アプリ「ベビコンモニタ」を使用することで、空気圧縮機から離れた場所でも稼働状況のモニタリングを可能とした、新型オイルフリースクロール圧縮機(1.5~30kW)を発売したので、紹介する。

○脱炭素化社会におけるコンプレッサー環境/ベコテクノロジーズ㈱/芳賀準之介
日本が脱炭素社会を宣言したことにより今後はコンプレッサーやその周辺機器にもCO 2の削減や省エネが求められてくる。そこで、エアロスを削減し、脱炭素化社会に貢献するドレントラップEKOMATについて紹介する。

○エアコンプレッサの廃熱利用/三浦工業㈱/井上陽貴
熱回収式電動エアコンプレッサで従来棄てられていた圧縮熱を高温水に変換し、高温水の使用先としてボイラシステムと組み合わせることで未利用熱を有効活用することができる。新しくバイパス弁制御を採用し、従来よりも熱回収性能を向上した新製品を紹介する。

○水潤滑インバータオイルフリーコンプレッサ/三井精機工業㈱/鎌田弘一
水潤滑式オイルフリーコンプレッサi-14000Xシリーズは、独自の圧縮機構「Zスクリュー」を極限に高め、クラス最大の吐出し空気を実現。圧縮過程で潤滑水を噴射するため、無理のない等温圧縮状態に近くなり、低速から高速域まで高効率な理想の圧縮を行ことができる。

○各社紹介
オリオン機械㈱/ヴァイサラ㈱/コベルコ・コンプレッサ㈱/CKD㈱/日機装㈱/日本エアードライヤー販売㈱/日本精器㈱/㈱フクハラ/ベコテクノロジーズ㈱/㈱前田シェルサービス

■製品と技術
○樹脂加工に特化した水溶性切削油の特徴と効果/㈱RAISER MOON 根本達広

■連載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備(第4回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン
■特集:コンプレッサ
○環境負荷低減に貢献するターボコンプレッサの製品開発/㈱IHI回転機械エンジニアリング/湯田盛仁
高効率ターボコンプレッサとしてユーザーから好評頂いているTRAシリーズ増風量機(最大約28%アップ)をリリースした。サイズをそのままに風量を増加することで、導入コストの削減と製品資源削減による環境負荷低減に貢献する製品である。増風量機の開発内容について紹介する。

○パージ不要な次世代型吸着式ドライヤ /アトラスコプコ㈱/田中幸子
脱炭素化に寄与するパージ(大気放出)ゼロの省エネ吸着式ドライヤの最新技術と概要について解説し、ヒートレス式、ヒータ式、排熱利用式などドライヤ種類別の電力消費量比較を紹介する。

○クリーンエアシステム/オリオン機械㈱
当社は、圧縮エアーの品質向上のため多彩なラインナップの製品開発・製造を行っている。オリオンクリーンエアーシステムは、省エネで用途に応じたクリーンエアーの供給からドレン処理までの一貫したシステム。その中の代表的な製品を紹介する。

○エンジニアリング&コンサルティング/ケーザー・コンプレッサー㈱/三浦孝夫
当社の基幹事業はスクリュコンプレッサーの製造販売である。近年は、コンプレッサーの持つ性能を最大限に引き出すためのソリューション提供にまで事業の領域を拡大した。本稿では、事業ドメインに着目し当社の提供できるソリューションを紹介する。

○IoTシステムの新画面概要/コベルコ・コンプレッサ㈱/森 雄大・瀧野康浩
当社製品の汎用空気圧縮機向けIoTシステムKobelink(コベリンク)では、この度2021年7月にユーザーの使いやすさ・見やすさを追求した大幅な画面刷新と新機能の追加を行ったので、その概要について紹介する。

○圧縮空気の高品質化とサイクロン式気水分離器によるエアトラブル改善/㈱セイロアジアネット/岡 俊彦
近年、圧縮空気を動力源とする工作機械や装置等は高品質なエアを必要とするが、製造現場ではまだまだ水分・油分・粉塵等のエアトラブルも多い。本稿では、サイクロン技術を応用した気水分離器を中心にその効果や使用用途を事例とともに紹介する。

○内部ヒーター式ドライヤーで脱炭素社会に貢献/日機装㈱/飯塚友紀
内部ヒーター式ドライヤーDEAシリーズ。ヒートレスドライヤーや外部ヒーター式ドライヤーと比べ、圧倒的に省エネとなり、脱炭素社会に貢献する。

○無給油式スクリュー圧縮機の開発と製品化/㈱日立産機システム/矢部利明
省エネルギー化に加え、近年では稼働状況の見える化や稼働データの活用による効率の良い保守が求められている。今回、省エネルギー性能の向上、クラウド監視「FitLive サービス」の機能強化を図ったオイルフリースクリュー圧縮機DSP Gシリーズ(出力22 ~ 37、90 ~ 120kW)を発売した。

○オイル・バスターでミスト除去と電力省エネ/㈱フクハラ/清野祐一
「オイル・バスター」と「給油式エアコンプレッサ」によるオイルミストの除去と電力削減、および日本が推し進める「2050年までに温室効果ガスをゼロにするカーボンニュートラル(=脱炭素)」への実現について紹介する。

○各社紹介
㈱IHI回転機械エンジニアリング/㈱日立産機システム/アトラスコプコ㈱/北越工業㈱/アネスト岩田㈱/三浦工業㈱/ケーザー・コンプレッサー㈱/三井精機工業㈱/東亜潜水機㈱/㈱明治機械製作所/東芝産業機器システム㈱

■連載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備(第3回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○潤滑管理機器

2,200円
■特集:安定感を追及するフルードパワー
○極微低速域高減衰ショックアブソーバの開発/KYB㈱/安井 剛
ショックアブソーバの作動速度が極めて遅く作動油流量が微小である領域では油圧力を発生することが困難であった。本技術はこの領域で油圧力を発生させ、コントロールする技術である。これにより、自動車の良路走行時の乗心地を向上することができる。

○耐圧金属ベローズ使用の小型車両用空気ばね/横浜国立大学/新堀武儀・佐藤恭一
金属ベローズに粘弾性リングを装着し、気密で大変位と耐圧性を兼ね備えた耐圧ベローズを開発した。耐圧ベローズを使用した機器の試作と試験結果、省エネルギで制御性の良い気密システムとその利用よる車両姿勢制御装置を開発試作したので紹介する。

■特集:油圧ポンプの基礎と実用
○〔総論〕油圧ポンプの基礎(種類と制御法)/油研工業㈱/安田義成
動力発生源である油圧ポンプの種類と作動原理の概略について解説する。また、省エネルギーの観点から利用分野を広げている可変容量形ポンプ(特に斜板式ピストンポンプを例に)の各種制御方式についても簡単に紹介する。

○建設機械用ピストンポンプ/KYB㈱/松浦明夫
ミニショベル用斜板式ピストンポンプにて採用されている主なポンプ制御システムの概要と、近年の省エネや操作性向上の要望に対するポンプ制御技術の高機能化への取り組みについて、当社ポンプでの実例を踏まえて一例を紹介する。

○定容量形ベーンポンプの基礎/東京計器㈱/古賀裕武
定容量形ベーンポンプは、射出成形機・ダイカスト機械・鉄鋼設備機械・工作機械・車両機械と幅広い分野で使用されているポンプである。本稿では、定容量形ベーンポンプの構造、作動原理、容積効率低下・騒音・振動対策について紹介する。

○制御性に優れた高圧内接ギヤポンプ/住友精密工業㈱/大西孝明
新たに開発した内接ギヤポンプであるQSポンプについて紹介する。QSポンプでは、低騒音・低脈動及び優れた耐久性に加え、小型・軽量化を実現した。また、制御性にも優れ、サーボモータ等を用いた可変速運転により省エネルギー性に優れた運用も可能とした。

○外接ギヤポンプ/KYB㈱/杉本香織
外接ギヤポンプは最もポピュラーな油圧源として、様々な分野で使われている。本稿では、代表的なギヤポンプの基本原理・構造・特徴と、ギヤポンプの特性で重要視されている低脈動化・低騒音化の活動経緯及び手法について紹介する。

○油圧駆動システムの変遷と回転数制御ポンプ/油研工業㈱/寺沢達士
近年社会的要求の高い省エネ化技術の視点で、油圧機器、システムにおける駆動方式の変遷を紹介するとともに、省エネ形油圧駆動システムならびに各種産業分野におけるニーズと対応する油圧技術動向などについて紹介する。

○回転数制御システムとポンプ/東京計器㈱/榊原大祐
近年、油圧装置では省エネルギ対策が急務とされており、回転数制御システムが広く採用されている。回転数制御システムとはモータの回転数で油圧ポンプの圧力と流量を制御するシステムである。本稿では、回転数制御システムの構成と適用例を紹介する。

○斜板形アキシャルピストンポンプ/川崎重工業㈱/中西貴之
建設機械をはじめとする用途で使用される斜板型アキシャルピストンポンプへの要求仕様は、脱炭素化や自動化等の流れを受け、より高度化している。本稿では、斜板ポンプの特長や作動原理を説明するとともに、最新の市場要求事項に対する当社の取り組みを紹介する。

■連載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備 (第2回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

■製品ガイド
○油圧モータ

2,200円
■特集:生分解性作動油
○環境対応型油圧作動油/松村石油㈱/石田 宗一郎
当社では環境対応型油圧作動油として、生分解性・水可溶性油圧作動油「バーレルハイドロリックオイル BIO-46W」販売しており、本製品の特徴・各種性能を紹介するとともに、使用上の注意点についての説明を行う。

○生分解性作動油に使用するゴムシール材の選定指針/㈱バルカー/鈴木 憲
現在様々な機器に用いられている潤滑油は鉱物油系が主であるが、世界的な環境配慮により、今後、環境配慮型難燃性作動油である生分解性作動油が、鉱物油系作動油から置き換わる可能性が指摘される。生分解性作動油の使用を検討する場合、シールメーカーとして、従来使用されてきたNBR系シール材が、問題なく使用できるかを検証する必要がある。脂肪酸エステル系の生分解性潤滑油について、クィントルブリック822-300J、クイントルブリック888-46を選定し、NBRとの適合性を調査し、結果を解説する。

■製品と技術
○セミアブソリュート型ストロークセンサ付き油圧シリンダ/KYB㈱/永井勇冴
昨今、油圧機器や輸送機器に使用される油圧アクチュエータや油圧ダンパの電動化が進んでいる。油圧機器は振動、温度範囲など、厳しい環境下で使用されることが多いため、アブソリュート出力は油圧機器の制御において必須機能として求められる。ストローク量の絶対値の基準点を検出可能な磁気スケールを採用し、磁気スケール方式でありながらストローク量のアブソリュート出力が可能なストロークセンシングシリンダを開発した。

○ダム・水門用油圧装置の設計指針と高付加価値の採用/油研工業㈱/大塚宏行
ダム・水門用油圧装置の設計指針を紹介する。基本的な内容を理解・反映し、最適な提案し、安全を考慮した設計指針と、高付加価値製品を使用した油圧装置、その事例も合わせて紹介する。

○EMSのためのクランプオン超音波流量計/関西電力㈱/西口博史
ビルや工場でのガスエネルギー消費の管理のために、ガス管を加工することなくガス消費量を計測できる流量計があると便利である。このため、低圧都市ガス用のクランプオン超音波流量計の開発を目指しており、その研究状況について紹介する。

○水とテクノロジーの可能性に挑戦/㈱キナン/土田 徹
「アイ・ゼッター」は、公害対策の振動杭打機との併用および無振動杭打工法である油圧圧入機との併用により貫入不可能と言われたN値30以上の地盤に杭を容易に打ち込む。様々な機種を揃え、多様な現場に対応。本稿では、現場事例や最新モデル「VⅢ」について紹介する。

○ミニショベル搭載用大割用油圧圧砕機/古河ロックドリル㈱/小六陽一
当社は、解体市場向けに、油圧ショベルのアタッチメント製品である油圧圧砕機『Vシリーズ』として異なる機能をもった4タイプの製品を市場投入してきた。本稿では、当社の豊富な経験と技術力の結集によりミニショベル搭載用大割用油圧圧砕機を開発したので紹介する。

○省エネ支援システム/三菱電機㈱/中山大輔
当社のAI技術Maisartを搭載し、エネルギーロス抽出やエネルギーロス要因診断により省エネ活動のPDCAをトータルサポートする省エネ分析・診断アプリケーションの販売を開始した。本稿では、ユーザーの要望や市場の課題から開発したEcoAdviser省エネ分析・診断アプリケーションについて主に紹介する。

■連載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備 (第 1回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○圧力・差圧・真空スイッチ

2,200円
■特集:新素材・機能材料の適用事例
○セルロースナノファイバーを原料とするセルロース単繊維の高強度・高靭性化/東北大学/高奈秀匡
カーボンニュートラル材料であり、環境適合型材料として注目を集めるセルロースナノファイバー(CNF)に対し、交流電場と伸長流動場を組み合わせた革新的配向制御法を開発した。本手法により、従来法で不可能であったCNF配向度の飛躍的な向上に成功し、セルロース単繊維の高強度・高靭性化を実現した。

○鋳鉄と同等の高強度でアルミ並みの軽さを実現/アドバンスコンポジット㈱/佐々木英人
当社は高圧鋳造をキーテクノロジーにアルミニウム基複合材を市販している。鋳鉄(FC250)と同等の引張強度とヤング率を有し、アルミニウム並みの軽さの「AC-Albolon」を紹介する。当材料は切削性、放電加工性も良く、振動減衰性も鋳鉄並みに良好である。

○示温材料による温度の可視化/㈱十川ゴム/角田卓也
示温材料は、温度によって色調が変わる材料であり、危険を予知し、安全性を向上させる要素技術として効果を発揮する。本稿では、示温材料とその性能を利用した製品と特長を紹介する。

■特集:フルードパワーで活躍する清浄度管理機器
○高性能フラッシング・フィルタカート(ボーダブル)/RMFジャパン㈱
当社が開発した、VARIPURE/高性能フラッシング・フィルタカートは、コンパクト、ポータブルユニットでありながら、大流量(可変式)、かつ高効率(高精度)の濾過技術を実現した。さらにエレメントのDHC(コンタミ補足容量)も大きく、ランニングコストにも大きく貢献する。

○品質管理としての粘度・密度、および動粘度測定/㈱アントンパール・ジャパン/大竹秀幸
本稿では、石油製品等の品質管理における常設機器としての粘度、密度、動粘度測定の課題および代替案としての測定技術を紹介しながら、その優位性と今後の展望を紹介する。

○作動油の清浄度を数値化して品質管理を行い安心、安全なものづくりを実現/ジャパンマシナリー㈱/大室光輝
本稿では、作動油や洗浄層などの液体の清浄度を数値化する計測器「PAMAS社パーティクルカウンター」を紹介する。業界問わず注目されている製品で、世界標準の規格で清浄度管理が可能。

○メンテナンスフリーを目指したラインフィルタ“勝手にろ過”/大生工業㈱/岩見圭悟
オイルフィルタは、油圧装置の安定稼働とトラブル防止に必要不可欠な機器である。技術の発展によってメンテナンスフリー化が進んでいる昨今でフィルタエレメントの交換、洗浄は人の手の介在に頼らざるを得ない作業である。本稿では、オイルフィルタのメンテナンスフリーを目指した“オートドライブフィルタ”について紹介する。

○清浄度管理に欠かせない清浄度分析機器/日本ポール㈱/難波竹已
流体清浄度は油圧・潤滑機器の信頼性に影響し、システム障害の予兆は流体清浄度の変化として現れる。したがって、油圧・潤滑機器の信頼性向上には流体清浄度管理が重要であり、そのためには流体清浄度を継続的に測定しなければならない。流体の清浄度測定には自動粒子計数器が用いられるのが一般的だが、濁った流体や気泡、水滴が流体中に存在する場合は自動粒子計数器では正確な流体清浄度測定が出来ない。本稿では、そのような流体の清浄度を分析できる流体清浄度モニターを紹介する。

○パーティクルカウンターを用いた作動油・潤滑油の清浄度管理/ベックマン・コールター㈱/阿部将人
作動油・潤滑油の清浄度管理の重要ポイントであるコンタミネーション(ゴミ・異物)と水分の管理・モニタリングは、最新のパーティクルカウンターを用いることで簡便に計測が可能となった。その新機能の生み出すソリューションについて紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生(最終回)/長谷川和三

■H&P情報
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○コンプレッサ本体と関連機器

2,200円
■特集:産業に貢献するフルードパワー
○油圧ショベル用省エネ油圧システム/日立建機㈱/小高克明
純国産技術での油圧ショベル開発以来、採用してきた2ポンプシステムに代り、省エネ性能と操作性を両立する3ポンプシステムを開発した。3ポンプシステムについて、油圧ショベル3世代に渡る進化の過程および最新のICT油圧ショベルへの適用について紹介する。

○クローラクレーンに関わる油圧技術/住友重機械建機クレーン㈱/宮崎 格
荷役掘削作業に使用されるクローラクレーン。その成り立ちと、そこに搭載される油圧システムのうち建設機械の中では特徴的と考えられる巻上げ回路や旋回回路、および分解組立用の機器について紹介する。

○鉄道車両における油空圧/(公財)鉄道総合技術研究所/石栗航太郎
空気圧機器は空気圧源と機器の分散配置が比較的容易であり、鉄道車両において様々な機器に採用されている。また大きな発生力と小型化の両立や大きな減衰力を必要とする装置を中心に油圧機器も採用されている。本稿では、主に車体の姿勢制御、振動制御に用いられる油圧・空気圧機器について紹介する。

■特集:フルードパワーで活躍する各種圧力計・スイッチ・流量計・センサ
○グリセリン圧力計の設定範囲の見える化/ASK㈱/山科裕司
グリセリン圧力計の日常保守点検において改善意識の高い現場では、圧力設定範囲内・外にそれぞれ着色し、正常・異常の見える化をしている。しかし問題点として、着色作業の手間や視認性にバラつきが生じる場合もあった。それらの問題を解決する当社の「カラーリング」について紹介する。

○油圧シリンダに内蔵可能なストロークセンサ「磁歪式リニアセンサ」/サンテスト㈱/西坂信也
磁歪式変位センサは磁歪現象を利用した高精度なリニアセンサである。油空圧業界では主に、油圧シリンダのストロークセンサとして広く用いられている。本稿では当社のGYシリーズの動作原理、特長、ラインアップなどについて述べる。

○スマートフォンで簡単設定・モニタリングデジタル式半導体圧力スイッチ/太平貿易㈱/菅野 格
近年、無線通信技術を用い各設備の状態を監視、可視化し、タブレット端末で複数設備の状態を把握できるようになった。当社の圧力スイッチにおいても、遠隔にて情報確認するための無線機能を追加することで、製造業において近年進むスマートファクトリー化の一端を担えると考え、新製品の開発に踏み込んだ。

○油圧シリンダに内蔵可能な磁歪式直線変位センサ/㈱東陽テクニカ/石原雅史
幅広い分野で利用される油圧シリンダには、FA化に対応するために、動作ストロークを計測するセンサとの組合せが求められている。当社が扱う米国MTSシステムズ社製の磁歪式直線変位センサはその要求を満たすことができる。本稿では、その原理や特長、製品を紹介する。

○油空圧機器の未来を広げる圧力トランスミッター/トラファグジャパン㈱/三好広高
コンパクトデザインを第一の特徴とした、堅牢で高性能な当社の圧力トランスミッターのシリーズを紹介し、ユーザーの設計裕度を広げ、油空圧機器の未来を広げられる可能性について提案する。

○VMS小型アンプ内蔵圧力センサ/㈱バルコム/有馬勇治
耐環境性が高く、耐久性も向上させロングライフ化し、小型・高精度で、優れた特性を持った量産装置向け小型アンプ内蔵圧力センサの紹介をする。

■製品と技術
○圧力計測製品のワイヤレス化/長野計器㈱/若林宏誌・柳沢正樹
工場のIot化に対応するべく、圧力計測機器にワイヤレス通信を搭載した製品を3機種を紹介する。工場設備の監視用にBluetoothを搭載したワイヤレス圧力計。クリーンルームの室圧監視、フィルタの目詰まり監視用にLPWAを搭載したワイヤレス微差圧監視システム。スマートフォンで読取り可能な電池交換不要のバッテリレス圧力センサ。

○予知保全パッケージと音響センサーの効果的な実践活用法/㈱ノーケン/山本博文
稼動中の工場設備に対する“予知・予兆保全が、工場設備に昨今急速に浸透しつつある。それを担う一つの提案として、当社が取り扱う予知保全パッケージコンディションモニタリングシステムCMS1200及び音響式センサーAS100を紹介する。

○故障データがなくてもできる異常検知/Math Works Japan/王 暁星
IoTの発展によりセンサーデータの活用が盛んになっているが、異常検知のアルゴリズム開発に不可欠な異常時のデータは不足しているケースがほとんどである。本稿では、そのような場合に有効となる物理モデルからデータを生成するアプローチと準正常データを活用したアプローチを紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第18回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○作動油・潤滑油

2,200円
■特集:フレッシュメンに贈る・場と空間の可視化技術
○巻頭言/横浜国立大学/佐藤恭一

○トライボロジーの可視化/九州工業大学/西川宏志
転がり軸受やピストンーシリンダ、オイルシールなど油潤滑下で作動する機械要素の摩擦・摩耗などのトライボロジー特性は、二面間の油膜厚さが大きく影響する。本稿では、油膜厚さ計測法として使用される光干渉法、レーザ誘起蛍光法について紹介する。

○サーモグラフィー、LIF法、感温液晶、感温塗料/山梨大学/舩谷俊平
気体の雰囲気温度、液体内の温度分布などをフィールド計測する技術に対しては、産業界からの要請が特に強い。そこで、サーモグラフィー、LIF法、感温液晶、感温塗料といった計測技術の動向と実用化に向けた取り組みについて紹介する。

○EMC試験機関連、空間電磁界可視化/㈱ノイズ研究所/石田 武志
電子機器のノイズ対策は、目に見えない電磁波の放射を抑えることにある。本稿では、EMCのノイズ対策における手法及び課題を整理し、電磁界可視化の必要性と原理を紹介する。また、実際の電子機器における電磁ノイズの可視化結果とその活用・応用例を解説する。

○非破壊検査技術とは/非破壊検査㈱/森 雅司
非破壊検査技術とは、モノを壊さずにキズを見つける技術であり、構造物の事故防止や製造品の品質管理に利用されている。本稿では、非破壊検査の必要性、非破壊検査の基礎および非破壊検査によるキズの可視化について解説する。

○ロボットのセンサと自己位置推定・地図生成/千葉工業大学/上田隆一
本稿では、移動ロボットで用いられる自己位置推定と地図生成技術について解説する。また、これらの技術のために用いられるセンサや測位技術(エンコーダやジャイロ、カメラ、LiDAR、GNSS)、確率論などの理論的背景についても説明する。

■製品と技術
○LoRa無線によるパルス対応デジタル入出力装置/㈱アイエスエイ/三反﨑好弘
IoTの方向の一つにLPWA無線の活用がある。これまでの無線方式がIoT前提で開発された訳ではなかったのに対し、幾つかの有力な無線方式が登場し使われ始めた。本稿ではその内、LoRa規格のアナログ/デジタル入出力装置を中心に、LoRaの基礎も含め解説を試みた。

○コンパクト・コリオリ式デジタルマスフロー/ブロンコスト・ジャパン㈱/杉山彰教
当社は流量レンジ最小0.1~5g/h、最大6~600kg/hの比較的小さい流量域向けのガスおよび液体用コリオリ式質量流量測定・制御機器を販売している。本稿では、これらの原理と機能について述べ、他原理(熱式・超音波式)の流量計との比較を通じて特徴をまとめる。

■シリーズ:わが社を支えてきたロングセラー製品
○可搬式小型電動ポンプ(SMPシリーズ)/理研機器㈱/田中邦彦
装置の小型化・高出力化といった油圧機器のメリットを活かすべく開発されてから、およそ40年間にわたり、幅広い分野にて様々な用途で使用されている可搬式小型電動ポンプ(SMPシリーズ)について紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第 17回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧ポンプ

2,178円
■特集:SDGs/ESGと製品開発
○SDGs経営ガイドとSX/経済産業省/増本龍憲
経済産業省において、2019年5月に公表した『SDGs経営ガイド』と、2020年8月に公表した『サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化』の中間取りまとめの中で提唱した『サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)』について解説する。

○社会価値・環境価値の最大化をめざす取り組み/日立建機㈱/玉根敦司
社会に貢献する会社経営をめざすCSR経営の柱として、『グローバルな環境課題の解決』、『社会基盤を支える現場力の強化』、『コミュニティの発展への貢献』の三つの重要な社会課題を解決することを掲げており、これらの取リ組みを紹介する。

○SDGsに向けた取り組み/KYB㈱/中瀬拓也
油圧機器メーカの材料技術研究者の視点から、当社におけるSDGsに関連する社会・環境活動の取り組み事例を紹介し、技術開発においては環境対応を意識した材料研究の一例として環境対応型潤滑油の潤滑特性を調査した内容を解説する。

○SDGs達成に貢献する製品やサービス/㈱ハイダック/水村彰志
コンピュータシミュレーション技術を活用した設備の小型化設計による材料使用量低減、オイルの劣化原因排除による寿命延長、用途毎の最適化設計などにより、廃棄物削減、環境保全などSDGs達成の一端を担い、企業の社会的責任を果たせる当社の製品及びサービスを紹介した。

○潤滑油IoT状態監視で設備機器安定稼働に寄与/トリプルアール㈱/伊藤善孝/東京オイルアナリスト㈱/山中克浩
/トリプルアール 伊藤善彦・他 25トリプルアールグループは潤滑油濾過の専門メーカーとして製造、販売、分析機関の三つの柱でTOMS(トータルオイルメンテナンスサービス)を開始した。これはSDGsの持続可能な開発目標達成への取り組みである。

○ポリマー系添加剤の最適化による高効率油圧作動油の開発/The Lubrizol Corporation/Tim Smith/ 訳)日本ルーブリゾール㈱/富松幸亮
油圧作動油に求められる“高効率”をポリマー系添加剤の最適化技術により実現した。本稿では、2次流れに着目した粒子画像流速測定法(PIV:Particle Image Velocimetry)やポンプ試験による台上試験、バックホーローダーおよび射出成型機によるフィールド試験結果を基に解説する。

■解説
○風力発電における油圧駆動パワーシステム/伊藤英樹
世界的に風力発電の需要が高まり、産業界から熱い視線が油圧駆動システムへ向けられている中、現状稼働している油圧駆動DDPシステムと中国での試験、シミュレーションについて説明。そして斜板式ポンプを使用した時のメリットとデメリットと対応策について述べている。

■製品と技術
○デシカントエアフィルタ (除湿機能付エアフィルタ)/RMFジャパン㈱/鈴木貴広
油圧・潤滑システムにおけるオイルタンクのブリーザ口が、オイル清浄度管理において盲点となっている理由と、その対策のポイントや有効性、また最適なソリューションとして当社デシカントエアフィルタを紹介する。

■シリーズ:わが社を支えてきたロングセラー製品
○一般配管用標準型ワンタッチ継手/㈱日本ピスコ/八手又秀浩
当社のロングセラー製品空気圧配管用ワンタッチ継手チューブフィッティングは昭和53年の販売開始より約8年間リニューアルを繰り返し、以降35年間高い品質と顧客満足を維持しながら現在に至っている。

■製品ガイド
○空気圧シリンダ

2,178円
■特集:再生可能エネルギーとフルードパワー
○農業用水を利用したマイクロ水力発電/石川県立大学/瀧本裕士
農業用水はエネルギー利用の観点からも魅力的な資源であり、地域分散型エネルギー源としてマイクロ水力発電の活用が期待されている。本稿では、マイクロ水力発電の導入事例を紹介し、課題と展望を検討する。

○開水路流れを利用する集水装置付き軸流水車の開発に関する研究/茨城大学/西 泰行
取水堰を必要とせず、落差のない河川や用水路等の開水路流れを集水・増速させて利用する、新しい開水路用水車を開発した。本水車は大人2人で容易に持ち運べ、開水路の流水中に沈めるだけで発電できる。本稿では、本水車の開発過程で行った研究について概説する。

○マイクロ水車/NTN㈱/向井浩氣
地球温暖化防止の観点から再生可能エネルギーの需要が高まっている。当社では、既存の用水路に設置し、水路を流れる水の速度エネルギーを利用した流水式の発電装置「NTNマイクロ水車」を開発した。その特長や構造について紹介する。

○DXを活用した状態監視システム/㈱ハイダック/マクシミリアン ライス・伊澤 一康・水村 彰志
風力発電コスト低減のために、適切なメンテナンスによる運転コスト低減と稼働率向上に必要なセンサー、インタフェース、エッジコンピュータなどの状態監視機器及びシステム、インターネットやクラウドを使ったソフトウェアなどの製品を活用した例を紹介する。

■解説
○マウンド均し専用油圧ブレーカの運動解析/琉球大学/金城 寛・大城尚紀/(国研)海上・港湾・航空技術研究所/平林丈嗣・喜夛 司/極東建設㈱/上山 淳
本稿では、水中バックホウのマウンド均し専用のアタッチメントとして油圧ブレーカを用いたときのピストンの運動と地盤沈下量を数学モデルにより解析し、油圧ブレーカのアタッチメントとしての有効性を述べる。

○油圧システムと機器の高圧化/伊藤英樹
油圧技術が生き残る為には、システムの高圧化が必須との思いから油圧システムと機器について航空機のEHA,8,000psi化を例に油圧ショベル等の将来の油圧製品について説明。そして欧州での建設機械等での油圧システムを紹介する中で閉回路のメリットについて述べる。

■製品と技術
○油圧シリンダ用故障検知機器の開発/KYB㈱/岩本貴宏・高橋佑介
油圧シリンダ製品において避けられない消耗品劣化や偶発的故障に対し、シリンダに搭載されたワイヤレスセンサが内部状態を監視し、不調を発信するシステムを開発。IoTを活用したシステム製品の原理試作について紹介する。

○全自動油圧式クイックカプラ/コマツ山本 宏
同社が国内導入を進めている全自動油圧式クイックカプラ及び装着仕様車について紹介する。解体現場の安全・環境・生産性の飛躍的な向上を目指し、解体現場のみならず様々な現場での新たなソリューションを追求し、近い将来ICT化やマシンコントロール、無人化等、更なるユーザー現場の進化の開発を進めている。

○大型低騒音型油圧ブレーカーの開発/東空販売㈱/髙橋 順
現代の都市解体作業には必須である低騒音ブラケットを標準装備とし、打撃力を大幅にアップさせ、高い耐久性も追求した30トンクラス油圧ショベル用の新型油圧ブレーカTNB-30Kについて紹介する。

■シリーズ:わが社を支えてきたロングセラー製品
○ラインフィルタ“Uシリーズ”/大生工業㈱/岩見圭悟
本稿では、油圧機器から発生する摩耗紛等を除去し、清浄度を維持、管理をするのに油圧フィルタは、必要不可欠な機器である。本稿では、油圧フィルタでも長く使用頂いている“U”シリーズラインフィルタについて紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第15回)/長谷川和三/トヨタ自動車㈱/竹田吉徳

■H&P情報
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧シリンダ
2,178円
■特集:人をサポートするフルードパワー
○空気圧を利用した柔軟な面形状ロボットとその医療応用/信州大学/岩本憲泰/大阪大学/西川 敦
手術支援ロボットによる術野空間確保作業や圧排作業の自律化に向けて取り組んでいる、円錐台アクチュエータで構成された柔軟な面形状ロボットと、その空気圧駆動システムについて概説する。

○バイオメカニクス的観点からの快適な睡眠環境/東京工業大学/倉元昭季
睡眠の心地よさはQOLに大きく影響する。本稿では、個人毎に快適な枕の設計や心地よい枕使用時の身体負担のバイオメカニクス的評価、頭頸部支持状態を自動で変更可能な流体駆動式自律駆動型枕システムの開発について述べる。

○装着型ソフトマッサージ機器/滋賀県立大学/西岡靖貴
持続的なヘルスケアを支援するためには高いユーザビリティが必要と考える。本研究では特に肩こりの症状に焦点をあて、装着型のマッサージ機器を提案した。装着型にすることで拘束感が生じるが、ソフトアクチュエータによって拘束と非拘束を切り替えることで課題解決を試みる。本稿では、基本構造に加え発生力やフィッティング性能に関する基礎実験の結果について紹介する。

○フルードパワーを用いた手術台と付属品/ミズホ㈱/津森 摂
油圧を用いた手術台についての歴史と概要、手術台にフルードパワーが用いられる理由と使われる機構、使われている部分、フルードパワーを利用した手術台の付属品等、油空圧を用いた手術台やその付属品について紹介する。

○電車線用ガス圧式テンションバランサ/三和テッキ㈱/奈良場勇人
電気鉄道の架線張力を維持するテンションバランサとして、新たに「ガス圧式」バランサを開発した。テンションバランサの概要と「ガス圧式」バランサの構造、従来から使用されている「滑車式」、「ばね式」と比較した「ガス圧式」の特徴について紹介する。

■特集:計測と設計の科学2
○ウォータハンマ低減技術/CKD㈱/大杉 滋
純水用配管に用いられる薬液用ダイアフラムバルブがウォータハンマを発生するメカニズムを考察し、その対策となる設計の概要について解説する。また、条件の違いによるウォータハンマの解析例を紹介する。

○自動車用ベーンポンプ/㈱不二越/下口 保
省エネ・CO2削減に貢献するオイルポンプの開発自動車用に開発したベーンポンプについてベーンポンプの基本原理とCVTにおける使われ方、要求特性とそれを満たすために行った改良手法について紹介する。

■シリーズ:わが社を支えてきたロングセラー製品
○圧縮空気を利用した油圧ポンプユニット/エナパック㈱/遠藤賢一
地球温暖化対策の新しい枠組みとして2016年国連でパリ協定が発効された。私たちは日々の事業活動を通じて、無駄なエネルギの利用を削減する必要がある。それらを背景に省エネ化の提案として当社の油圧ポンプユニットを紹介する。

○サーボモータと油圧ポンプのハイブリッド/㈱オプトン/山田吉範
ACサーボモータとノンリークで正逆回転方向ともポンプアップする新型ピストンポンプを直結し、容積制御原理によるローコストで高性能な次世代油圧源であるDDV式油圧サーボポンプの紹介する。油圧を駆動源とする全ての設備に採用可能。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第14回)/長谷川和三/トヨタ自動車㈱/竹田吉徳

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧バルブ
2,178円
■特集:計測と設計の科学1
○超音波による混相流用の流量計の開発/北海道大学/村井祐一
混相流の流量をリアルタイムで、しかも成分別に計測する装置はこれまで存在していない。石油・ガス混合流体や化学溶液・食品流動の流量管理用としてのニーズから開発した、超音波による非接触型の流量計測技術の概要を紹介する。

○吸込水槽の乱流渦制御に関する研究の展望/㈱荏原製作所/安 炳辰・能見基彦・大渕真志/オハイオ州立大学/劉 瓊/カリフォルニア大学ロサンゼルス校/平 邦彦
本稿では、乱流渦の中で工業的に重要度が高い吸込水槽内の渦に関して、当社の研究開発を振り返ってみた。また、吸込水槽内に生じる渦の中で、水中渦のアクティブ制御技術を開発するため、モード解析を応用した研究事例を紹介。流体力学とデータサイエンスの融合により、潜んでいる乱流の特徴を明らかにし、乱流制御技術の更なる発展につながることを期待する。

○ターボ機械のカスタム製品における自動設計化/エリオットグループ/伊藤芳幸
ターボ機器の設計には相似則が存在し、理論的には、機械設計の自動化は可能である。当グループが製造・販売する遠心コンプレッサについて、自動設計環境を開発し従来の設計時間の70%削減に成功したので紹介する。

○自動車用電制サスペンション開発/KYB㈱/太田康洋
本稿では、「乗心地の良さ」と「ドライビング性能」の両立を実現する自動車用電子制御サスペンションシステム製品について、システムを構成している各要素の油圧技術・制御技術の概要を紹介する。

○流量モニタリングシステム/CKD㈱/中田明子
本稿では、圧力上昇法を用いた流量測定方法を採用し、流量制御機器の定期的な点検・校正による半導体製造装置の稼働率低下を抑え、測定時間の短縮・精度向上を実現させた流量モニタリングシステムを紹介する。

○小型アキシアルピストンポンプの開発/㈱タカコ/辻井喜勝
当社では、小型アキシアルピストンポンプを量産製造販売している。しかし、現行のポンプでは、ロボット市場のニーズを満たせているとは言えない。よって、本稿ではロボット市場の要求を満足できるポンプの開発の取り組みについて紹介する。

○オイルホールで高能率、長寿命のニーズに応える/㈱不二越/上田貴文
流体解析を活用して開発したオイルホール形状REVO Power Coolerを備えた「アクアREVOドリルオイルホール」を発売した。従来のオイルホールに対して穴形状を一新し、流量増加と流れ方向の制御により、冷却性を高め、寿命、加工能率、多用途の性能を飛躍的に向上させることに成功した。

○変動流・脈動流の流量計測の事例/(同) Flow Sensing Lab/河南広紀
変動流・脈動流の流量計測の取り組みについて、人工衛星の推進システムに関する事例を紹介する。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術成果を活用して、1 ms以下の応答性を有する超音波流量計を製作することにより、推進剤流量の過渡的な変化を合理的に捉えることができた。

■解説
○拘縮患者のための空気式手首・手指リハビリ伸展装置の開発/徳島大学/高岩昌弘
拘縮予防を目的とした手指と手首を同時に伸展可能な空気式リハビリ装置について解説している。患者の手を挟み込んだ2本の平行スティックに並進と回転動作を与え理学療法士の徒手動作を模擬する。患者からの反力に基づいた安全機能の実現や拘縮度合いの定量評価について説明する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第13回)/長谷川和三/トヨタ自動車㈱/竹田吉徳

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧バルブ
■特集:ソフトアクチュエータを使用した、人に役立つフルードパワー
○細径人工筋肉を用いた血栓予防装置の開発/東京工業大学/張 徳芯・鈴森康一
細径人工筋肉を用い、軽量化及び小型化を図り、着心地を改良した多自由度血栓予防装置を開発した。性能評価及び臨床試験を行い、装置を用いて足関節運動の全方向を達成した。装置を用いた足関節運動で膝下静脈涜量の増加で血行改善効果が確認できた。

○紐製作技術を利用したマッキベン型人工筋肉の高機能化・集積化/岡山大学/脇元修一
マッキベン型人工筋肉はゴムチュープと繊維層のスリープで構成される代表的な空気圧ソフトアクチュエータである。本稿では、紐製作技術を用いることで実現するマッキベン型人工筋肉の高機能化と集積化について紹介する。

○変位推定機能を有する伸展型空気圧ソフトアクチュエータ/東京大学/川嶋健嗣・宮嵜哲郎/東京医科歯科大学/阿佐美理
金属ぱねとシリコーンで構成される伸展型の直動および屈曲を実現する空気圧ソフトアクチュエータを開発した。金属ぽねを加圧によるシリコーンの膨張抑制だけでなく、収縮の際の復元力として活用、さらに発振回路に接続し、インダクタンス変化から変位を推定することに用いた。

○尖足患者用リハビリテーション機器の開発/奈良工業高等専門学校/早川恭弘
日本国内において脳梗塞は昔から死亡率が高い難病であったが、医療技術の発展により脳梗塞による死亡率が急減している。しかし、脳梗塞により発症する後遺症には確立した治療方法は存在せず、後遺症患者は増加している。そこで、本稿では、脳梗塞による後遺症の窪縮に焦点を当て、空気圧ゴム人工筋を用いた尖足のリハビリ機器について述べる。

○指文字学習支援用空気圧式力覚提示グローブの開発/神奈川工科大学/吉満俊拓
本研究では、「腫駆動型力覚提示グローブ」の2種を提案し、指文字動作を力覚提示グローブが力覚教示することにより、学習者が視覚情報に頼らず手指が指文字の形状に力覚教示され学習者の指文字の学習を目標とした力覚提示グローブを開発した。

○マッスルスーツの開発/東京理科大学/小林 宏
マッスルスーツは発売以来、ほぽ毎年モデルチェンジを行い、世界的にも圧倒的な安価(136,000円)を実現した普及モデル:Everyを2019年11月から販売開始し、累計販売台数13,000台に達した。本稿では、マッスルスーツの開発経緯と構造、 Everyがマスプロダクトに至るまでを紹介する。

■提言
○油圧エンジニアへのエール/伊藤英樹
日本の油圧技術発展への危機感から、物づくりの在り方と現状のEHA、HMI技術から将来の油圧技術発展に向けて、動力回生式無段変速EMTT等の製品化への設計概略を説明する。そして、現状の中国、韓国の実情から日本の油圧技術者へエールを送るべく心構えを述べる。

■製品と技術
○位置制御機能付電磁比例減圧弁の開発/aAPMsystem(同)/山路憲平
油圧ショベル・メインコントロールパルプのスプールを電気的に駆動する場合を対象として、スプール位置の比例制御機能を追加した電磁比例減圧弁を開発し、メインコントロールバルブへの取り付けを容易にすると共に、高応答性の実現を図った。その開発の内容と試験結果の事例を紹介する。

○パッキンの寿命を予知して適正な交換時期を案内するシステム/㈱バルカー/永野晃広
液圧機器に代表される油圧シリンダへの使用を例として、今般新規開発した「VALVESTATM-HE210」の製品概要、並びにシステム動作の基本構成を紹介する。

○高圧水素ガス環境下で使用可能なシール材料/㈱バルカー/西原亮平
水素市場では-40~85℃、大気圧⇔82MPa(急減圧)といった非常に厳しい環境下にシール材が曝される可能性があり、一般材料ではシール性能を発揮することができない。先述の環境に耐えうる新規エラストマー材料を開発したので、本稿にて評価結果や製品の特徴を紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第12回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ

■特集:フルードパワーにおけるアクアドライブシステム(ADS)の現状
○水圧シリンダについて/豊橋技術科学大学/柳田秀記
水圧シリンダの耐久性や摩擦特性などを摺動面の表面粗さが3通り、シール締め代が2通りの試験シリンダを用いて測定した。表面粗さを小さくすることで総摺動距離300km以上の耐久性を有すること、約90%以上の推力効率を有すること、低速域で正抵抗特性を示すことなどを解説した。

○水圧用スプール弁におけるキャビテーション現象/信州大学/飯尾昭一郎
水道水を用いる水圧駆動システム(アクアドライブシステム)に用いる水圧サーボ弁(スプール弁)を対象とし、その弁内部に発生するキャビテーション現象について、実験装置や実験方法ならびに制御ポート前後圧、溶存空気量の影響を調べた結果を紹介する。

○水道水圧駆動マッキベン型人工筋の開発/岡山理科大学/小林 亘
作動流体に非圧縮性流体である水道水を用いた水道水圧駆動マッキベン型人工筋の特性および制御性能について述べる。また、非圧縮性流体の特性を生かしたダイレクトドライブ方式を適用し、拮抗配置型においてタンクや変位センサを用いずに駆動する手法について紹介する。

○Danfoss 水圧高圧ポンプ/タイヨーインタナショナル㈱/柿木宗久
Danfoss水圧高圧ポンプは、アキシアルピストンの原理で設計され、非常に軽量・コンパクト。脈動が小さく、ポンプの摺動部の潤滑は、給水する水自身が行い、油による潤滑は一切不要である点を特徴としている。

○水圧シリンダ用シーリングシステム/㈱阪上製作所 清水孝悦・田 亮
本稿では、水圧シリンダ用シーリングシステムの紹介と、水圧条件下におけるシールの基礎研究等の概況を紹介する。

○アクアドライブシステム(ADS)用アキュムレータ /日本アキュムレータ㈱/内田 晃
本稿では、水圧システム「アクアドライブシステム」において、代表的なブラダ形アキュムレータを中心に、「種類」「材質」「用途」について紹介する。

○水圧用バルブ・バルブユニット/廣瀬バルブ工業㈱/井口 務
本稿では、水道水を流体として機械を動かすためのバルブやバルブユニットを紹介する。蒸気圧が高く、潤滑性が乏しく、粘度が低い流体を活用した実機例を紹介、新しいシステム展開への創造を提案する。

○アクアドライブシステムと位置センサ/㈱リベックス/三木正之
アクアドライブシステムの種々の課題に対し、位置制御に適した水圧機器と、過酷な環境で使用される場合の水圧シリンダに内蔵可能にしたアブソリュート位置センサを紹介する。

○高圧圧力容器のサイクル試験装置/㈱スギノマシン/須摩貴嗣
近年、CO 2を排出しない「水素エネルギー社会」に向けた開発が各社において進められている。当社は水素燃料電池に使用される水素タンクの100MPa超での耐圧・耐久性検証装置の開発を行っており、本稿ではその装置概要について触れる。

■解説
○軟材料の内部ダイナミクスを利用した精密制御/㈱ブリヂストン/西田三博・櫻井 良・若尾泰通/東京大学/明石望洋・南 友菜・中嶋浩平
ソフトマテリアルを使用するアクチュエーターは、材料の非線形性などから、従来品と比較すると自由度が高く精密制御が困難とされていた。しかし今回、材料そのもののダイナミクス「非線形性」や「メモリー性」を利用する事で、精密制御が可能となったので紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第11回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン
おすすめの購読プラン

油空圧技術 雑誌の内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
流体応用工学の専門誌
油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております

+   油空圧技術の目次配信サービス

油空圧技術を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

Newton(ニュートン)

2021年12月25日発売

目次:
Newton Special

ゼロからよくわかる

数学教養教室 三角関数編

監修 礒田正美/市川温子

執筆 加藤まどみ



三角関数に苦手意識をもつ人も多いかもしれない。しかし,知らず知らずのうちにあなたも三角関数の恩恵をうけている。三角関数という人類の生んだ大発明の偉大さを感じてみよう。


相対性理論は今 意外なほど私たちの身近にある

相対性理論2022


「相対性理論なんて,自分の生活には関係ない」。そう思っていないだろうか? しかし近年,相対性理論の効果はさまざまな場面に応用され,大いに役立っている。相対性理論の「今」を紹介しよう。

監修 松浦 壮
執筆 小谷太郎

FOCUS Plus

惑星科学

準衛星カモオアレワは「月のかけら」かもしれない

監修 諸田智克

執筆 小熊みどり

Super Vision

世界初,ブタの腎臓を人に移植

監修 小林孝彰

執筆 山本尚恵

Topic

ハプティクス─触覚をあやつる新技術


仮想世界に肉体感覚をもたらす最新テクノロジー

監修 篠田裕之

協力 香田夏雄/中村則雄

執筆 尾崎太一

Topic

スペースXの最新ロケット



世界の宇宙輸送をにない,火星をめざす新興企業

監修 森田泰弘

執筆 中野太郎

Topic

凶悪犯罪はなくせるか?



科学的データにもとづいて犯罪を理解し,防止策を考える

監修 原田隆之

執筆 福田伊佐央

Topic

宝石─地球からの贈り物


結晶構造と原子の組み合わせが生みだす色と輝きの正体

監修 萩谷 宏

執筆 中作明彦



お詫びと訂正(PDF)

Topic

知能をもつ都市─スマートシティ


デジタル技術を活用して,持続可能な省エネ都市をめざす

監修 谷口 守

執筆 小野寺佑紀

Nature View

飛翔する哺乳類 コウモリ



特異な生態・多様性・長寿の秘密

監修 福井 大

執筆 薬袋摩耶

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

2 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年12月28日発売

目次: 【特別編集版】
○写真が記録した2021
●コロナ禍
2021年も人類はパンデミックに翻弄された。ワクチン接種で楽観的な雰囲気が広がった一方、誤った情報や供給不足に悩まされた。日常が一部で戻り始めたが、ウイルスはしぶとく居座っている。
●気候変動
巨大な森林火災、農作物を枯らす干ばつ、記録的な猛暑、上昇する海面、猛烈な風……気候変動を実感させる異常気象は以前から顕著になっていたが、2021年はそれをより切実に感じた年だった。
●対立・紛争
文化や政治、国境などをめぐる対立が世界各地で起き、衝突を招いた。アフガニスタンではタリバンが復権し、エチオピアの内戦は人道危機と食糧難を生み、米国では民主主義が踏みにじられた。
●保護・保全
試練の多かった2021年だが、絶滅危惧種や海洋の保護、遺跡の保全といった取り組みで輝かしい成果が上がった。人々の努力のたまものであり、希望をもち続けることの大切さを教えてくれる。


【コラム】
●科学が開いた扉
微細なものから宇宙まで、新たな発見が人類の地平を広げた。
●エッセイ 辛抱の日々
不安や脅威に苦しみながらも、希望を捨てずに前進した2021年。

●今月の表紙
●写真家たちの横顔
●読者の声
●ナショナル ジオグラフィック協会から
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「凧あげと大根」

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/11/30
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年12月25日発売

目次: 【特集:アルツハイマー病の意外な引き金】 
脳の免疫細胞 ミクログリアの裏切り
血液脳関門の破れがもたらす認知症
なぜ記憶は失われるのか 見えてきた脳回路の変調
-----------------------------------------------------------------
【特集:宇宙観測と量子技術】
量子が開く地球サイズの光学望遠鏡
星がくっきり撮像技術 衛星量子通信・宇宙ゴミ対策に
-----------------------------------------------------------------
特集:エマージングテクノロジー 世界の危機に対処する10の技術 
-----------------------------------------------------------------

ホルモン量で男女を線引きすべきか?アスリートの性とジェンダー

動物は本気で遊ぶ

-----------------------------------------------------------------
◇フロントランナー挑む
原子核の「三体力」実証 元素や宇宙の解明に意欲   関⼝仁⼦(東北大学)

◇SCOPE
「オミクロン」なぜいま出現?/宇宙に就職!応援イベントぞくぞく

◇ADVANCES
あなたをウォッチ/細菌の助けで核のゴミを処理/融通の利く通信衛星/毒牙の秘密/
ビールの複雑さ/海鳥のホットスポット/ハチに見る匠の技/火星の水たまり/
読み聞かせの癒やし効果/ニュース・クリップ ほか

◇From Natureダイジェスト:現生の家畜ウマの起源
◇数楽実験室 マテーマティケー:逆さまに考える
◇パズルの国のアリス:子蜘蛛のジャンプ練習
◇BOOK REVIEW
『不確実性を飼いならす』 井上 亨
『ドードーをめぐる堂々めぐり』 渡辺政隆
<連載>森山和道の読書日記 ほか
◇サイエンス考古学
◇今月の科学英語
◇中高生が学ぶサイエンス講義

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年12月15日発売

目次: トップリーダーに訊く「環境配慮型経営」
第7回
ヤマトホールディングス株式会社
代表取締役社長
長尾 裕氏

第8回
東急不動産株式会社
代表取締役社長
岡田正志氏

特集1
わかりやすいサーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーは真の顧客ニーズに応え利益を生む新しいビジネスモデル
アクセンチュア

資源循環型の取組み自体を経営戦略として位置付けることが重要
PwCコンサルティング

EUが早期にサーキュラーエコノミーの実現にこだわる理由
駐日欧州連合代表部

『 循環経済ビジョン2020』を策定 日本も本格的なサーキュラー・エコノミーの時代へ
経済産業省

“サーキュラーエコノミー”と日本への影響
東京財団政策研究所

パウチ化・詰替えを推進し、日本の容器包装の考え方を変えてきた花王の資源循環戦略
花王

新たな混合溶融技術によるマテリアルリサイクルで、資源循環型社会を目指す
放電精密加工研究所

日本のプラスチック問題解決の大きな潮流へ
クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス事務局

交換寿命を延ばし、CO2排出を低減する新タービン油が発売
EMGルブリカンツ

特集2
再エネ電力の自家消費<オンサイト型太陽光 PPAの需要増>

製造業は再エネ電化/省エネで脱炭素 サプライチェーンの再エネ電力需要は上昇
環境ビジネス編集部

国は製造業の自家消費型太陽光を促進
環境ビジネス編集部

PPAで再エネの安定需給を実現
環境ビジネス編集部

工場・倉庫・店舗などの施設にPPA太陽光
環境ビジネス編集部

FOCUS
ESG投資指標を向上させる『CO2算定支援サービス』
日立製作所

初期費用無しで、企業の脱炭素経営をトータルサポート
ミツウロコグリーンエネルギー

日本初冷凍冷蔵庫倉庫の自動制御によるDR
松岡、東京電力ベンチャーズなど

CN実現に取り組む企業・自治体の課題解決を支援
八千代エンジニアリング

LONGi、太陽光発電業界の脱炭素化を目指す
LONGi

特集3
洋上風力と漁業協調の実態

弱小で多種多様な漁業者と大規模開発20年先までの安定操業・共存は可能か
環境ビジネス編集部

漁業・景観・船舶航行等の制約次第で洋上風力の対象海域は減少
日本エネルギー経済研究所

巻頭グラビア
グリーン建築を目指す欧米フード系フランチャイズ
スウォッチ本社 新感覚のグリーンビル
CO2回収技術「DAC」サミット スイスで開催

イベント・フォーラム・シンポジウム
第23回 環境ビジネスフォーラム
環境経営の実践~カーボンニュートラルの実現に向けたアプローチ

TOP!CS
EV受託開発企業、モビリティの電動化で高まる存在感
東京アールアンドデー

COP26は果たして成功だったのか?
WWFジャパン

製造業のサーキュラーエコノミーが本格始動
日立建機

スコットランド開発公社と脱炭素に関する包括協定覚書を締結
丸紅洋上風力開発株式会社

一時転用期間を10年以内とし農業活性化の有力な手段へ
農林水産省

生産、貯蔵、出荷から消費まで農林水産業の脱炭素移行を目指す
農林水産省

COLUMN
未来海図
明治ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
三菱地所・サイモン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト 桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす
第18回「家康が生んだ関東平野-利根川東遷の謎-」
元国土交通省 河川局長 竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ 稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所 齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
白鶴

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
WOTA

GREEN ECONOMY
国際協力銀行 佐藤勉氏

農業用生物資材セイヨウオオマルハナバチをめぐる外来生物問題
国立環境研究所 五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士 森田正光氏

Offshore Wind
日本気象 高祖研一氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

洋上風力発電の動向が気になっている
(一財)東京水産振興会理事・元水産庁長官 長谷成人氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト 田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

5 天文ガイド

誠文堂新光社

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

6 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2022年01月05日発売

目次: ★表紙画像
三本松尚雄さん撮影の「レナード彗星」は複雑なテイル構造を見事にとらえた作品。天野拓実さん撮影の「南極皆既日食」はダイヤモンドのような太陽の輝きが美しいです。

★南極皆既日食紀行 白い大陸の黒い太陽
2021年12月4日に南極で観測された皆既日食。あらゆる困難を乗り越えた先には、これまで見た中で最も美しい日食が待っていました。

★天文外史 コメットハンター関 勉さん まだまだ続く「新天体発見物語」
彗星を追いかけて70余年となる、伝説のコメットハンター関 勉さん。彗星の捜索を続ける中でさまざまな人々との出会いがありました。

★Deepな天体写真 市街地で星雲撮影4 アクロマート屈折一本勝負
色収差があるため撮影には向かないアクロマート屈折望遠鏡。しかし、デュアルナローバンンドフィルターを使うことで、アポクロマート鏡に引けを取らない画像を撮ることができます。作例を交えながら紹介していきます。

★ステラショットLite 天文学者の卵が使ってみた
2021年7月に発売された天体撮影ソフト「ステラショットLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは? など気になるポイントを、天文ファンでもある「天文学者の卵」が実際に使ってみました。

★年末を彩った期待の彗星 レナード彗星&チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
2021年の年末に話題になったレナード彗星とチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。予想以上の活動を見せた2つの彗星を星ナビギャラリー応募作とともに紹介します。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

7 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2022年01月11日発売

目次: ■特集
・IoT技術導入で 見える化+計器読みゼロ
 西片 一成,渡辺 務,工藤 正光,阿部 琢哉,佐藤 邦男,星野 竜一(TMES株式会社)
 Withコロナと言われる時代に突入した現在,設備管理業界にも働き方を受け入れる体制として,
 IoT技術導入がますます喫緊の課題となっている.IoT技術とそのノウハウを紹介する.

■解説
・特定建築物の定期調査報告 番外編
 直本 信也(ビューローベリタスジャパン)
 建築基準法に基づく定期報告(特定建築物定期調査)とは異なるが,
 点検(調査)に必要な資格が同一であり,チェックするポイントも重複するため,
 学校施設の非構造部材の耐震化ガイドブックに基づく定期点検を解説する.

■スピーカで氷をつくる パルス管冷凍機(前編)
 間 秀夫(e-宮古島研究所)
 圧縮式冷凍機は「圧縮→凝縮→膨張→蒸発」という冷凍サイクルの原理に基づき,
 駆動源には電動機を用いることが多い.
 しかし,この記事で紹介するパルス管冷凍機の駆動源は「スピーカ」.その仕組みとは?

■ライセンス
・第25回(令和3年度) 給水装置工事主任技術者 試験問題と解答・解説

■ニュースラインナップ
・新型コロナ対策のワクチン・検査パッケージ制度要綱を公表
 業務用厨房施設などの一酸化炭素中毒事故に注意喚起
 マンション管理計画認定制度のガイドラインを策定
 第5回インフラメンテナンス大賞の受賞者決定

■フォトギャラリー
 マックス株式会社

■道草の拾い読み
・東京/渋谷区 UPI表参道

■連載
・のぞき窓を閉めないで/リスクを考える.少々ななめに!

・完全図解 電子回路とディジタル回路の基礎知識
/第1編 電子回路/第3章 波形整形回路 6. クリップ回路・リミッタ回路

・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)
/54. 高機能マンションの大規模修繕工事(前編)

・現場ではたらくビル管INTERVIEW
/125. 住吉 篤(富士グリーンパワー株式会社)

・けろさんの設備探訪記/5. ユニットバスの中と上と

・ビル管 キャリアUPガイド/6. 資格取得ロードマップ その1「電気設備編」

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/11
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

8 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

9 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

油空圧技術の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌