月刊クーヨン 発売日・バックナンバー

全249件中 1 〜 15 件を表示
[特集]



イライラしない、病気にさせない

ラクになる

砂糖なし育児



遺伝子や腸内細菌などの研究が進み、

食べものがからだに与える影響が

科学的に理解されるように

なってきました。

そして、科学的に見ても、

精製された砂糖の

食べ過ぎの害が明らかに。

とくに子どもの場合、

血糖値の乱高下が脳にも

影響するなど、

影響が大きいことがわかっています。

そこで、あたらしい

「砂糖なし育児」を提案します。

気分が安定し、

バランスのよい健康なからだを

育みましょう。





●予防医学で考えるならやっぱり砂糖なし!

関由佳さん(医師・料理家)



食で病を予防する「予防医学」を専門とする医師の関由佳さん。

糖尿病の患者さんをたくさん診ていた経験から、

砂糖による血糖値の乱高下を招かないことが、健康の秘訣と言います。

そこで、砂糖なしの「置き換え調味料」を提案してくれました。



●薬膳で考える砂糖なしおやつ

山田奈美さん(薬膳・発酵料理家)



4月には「砂糖なしおやつ」の本を刊行されるという山田奈美さん。

自身の育児でも砂糖なしを貫き、現在小学生の息子さんは健康そのもの。

今回は、ドライフルーツや発酵あんこ、甘酒などを使った

砂糖なしでも満足感たっぷりのおやつを、4つの季節に分けて紹介します。



●白い砂糖がからだに及ぼす害

伊達伯欣さん(医師)



東洋医学と西洋医学の両方のよいところをとりいれた、ハイブリッドな医療をすすめる

伊達伯欣さん。「白砂糖・白い小麦粉・精白米」などの精製された白い食品には

要注意、と言います。精製度が高くなるほどに、化学薬品に近づくため、

体調を大きく揺さぶるためです。砂糖との付き合い方を、聞きました。





●新連載がはじまります!●



・モンテッソーリ 教育から学ぶ12ヶ月

深津高子さん(AMI国際モンテッソーリ協会公認教師)



モンテッソーリ の教師養成に携わる深津高子さんは、

「平和は子どもからはじまる」という

モンテッソーリのことばを大切にしてきました。

戦争が広がるこの時代に、あらためてモンテッソーリ 教育を通して、

育児を通して平和に貢献する方法を考えてみませんか?





・子どもにひとこと伝えたい!

第一回目ゲスト 柴田ケイコさん(絵本作家・イラストレーター)



子どもに人気のあのひとに、「子どもに言いたい!」ひとことをお聞きします。

第一回目は「パンどろぼう」シリーズが大人気の柴田ケイコさんです。



・子どもの育ちと農的暮らし

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)



小児科医で微生物学者の本間真二郎さんに、4月からは「子育てと農的暮らし」について

エッセイをお願いしました。暮らしにすぐとりいれたい、自然な手当て方も、毎回紹介します。



・ミネラル・オーガニック相談室

国光美佳さん(子どもの心と健康を守る会代表)



子どもの気になる状態や症状を、ミネラル・オーガニックなごはんで変えていく。

そのための具体的な方法をおそわります。ご相談もお待ちしています!



・わたしのオンリーワン

第一回目 きたむらさとしさん(絵本作家)



毎月クレヨンハウス・子どもの本売り場が開催する「子どもの本の学校」。

そのゲストに、「わたしのオンリーワン」をお聞きします。作家さんの秘めた想いが伝わってきます。



●人気の連載は新年度も続きます!●



●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば

●落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

特集1

まもなく就学ですね!

かしこいからだと元気な脳を

育てるあそび


3月、まもなく学校生活がはじまる
というおうちも少なくないと思います。
「ちゃんと勉強できるかな?」
「座って話を聴けるだろうか?」
そんな心配をする声が聞こえてきます。
学びに向かうには、こころもからだも
それぞれに準備が必要です。
今回は、からだも、こころも、脳も、
しっかり「学び」に向かえるようになる方法を
ご紹介します。


●あそびで育つ脳の根っこ(本間良子さん)


学びに向かうからだは、自分の意思で思うように動けることが重要です。
そのためにも、あかちゃん時代の本能的な反応から、
あそびや運動を通して「意思の力」で動けるよう育っていく必要があります。
今回は、簡単なあそびで、脳とからだのつながりがスムーズになる方法を教わりました。
コロナ禍で運動が不足していた子どもたちにも、とっても役立つと好評です!




●心身と脳をつなげるブレインジム(たむらゆうこさん)


本を読んだり字を書いたりするとき、目や手足、からだ全体は、
左右や上下、前後などに自在に動いています。
この動きがスムーズだと、学びに入っていくときのハードルがグンと下がります。
そこで、学習に困難さを感じる子どものために生まれた「ブレインジム」のエクササイズを使って、
自在に動けるからだを育てをマスターしてみましょう。



●シュタイナー教育から見える幼児期と学校の関係とは?(佐藤雅史さん・齊藤晴彦さん)


日本の不登校の子どもは30万人と言われます。
学校に行きたくない、と感じる理由のひとつに、
学校と子ども、お互いの求めるものがすれ違っている、とういうことがありそうです。
ひとりひとりを尊重し、ゆっくりとした学びと育ちをカリキュラム化しているシュタイナー教育を参考に
就学前の不安を、安心に変えていきませんか?




特集2

公権力が行う差別

レイシャル・プロファイリングを

知っていますか?



特定の人種や風貌を狙って、警察が職務質問を行うなど、
法の執行者が差別的な扱いをすることを「レイシャル・プロファイリング」と言います。
米国でアフリカ系のひとたちがレイシャル・プロファイリングを受けることは
広く知られていますが、
日本の中でもこの問題が起こっています。
人権侵害というべきレイシャル・プロファイリングについて
専門家や当事者の声から考えます。



お話*宮下萌さん(弁護士)、星野ルネさん(漫画家) 

 
 
 
【役立つ連載がたくさん!】
 
●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」
●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」
●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」
●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿30品」
●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」
●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」
●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」
●本間真二郎さんの「子ども病院」
●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」
●映画やアートの情報欄ーPetitJourney
●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes
●今月の絵本
●Book Review
●みんなのトークひろば
 




*****

[クーヨン]の読後のご感想やご要望などは
ぜひアンケートハガキやメール(cooyon@crayonhouse.co.jp)でお寄せください。
編集部の公式Instagramのアカウントは 
@cooyon_iine_editors
こちらでは最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。

*****
第1特集

「寝る子は育つ」は本当でした!

睡眠で脳が育つ

かぞくが育つ


「子どもが寝てくれない!」
そんなお悩みの声がますます増えています。
子どもの「快眠」の環境は、
一人ひとり違うといいます。
そこで、「わが子が寝やすい環境」を
専門家の皆様におそわります。
眠りは脳の成長に直結する大事なもの。
「寝る子は育つ」は本当なんです!


●脳が育つ睡眠でほがらか育児!

宮井文美さん(ハートノート主宰)

子どもの夜泣きや、抱っこしないと寝てくれないなどの悩みは、
育児をつらいものにしかねない。
そう心配する宮井文美さんは
小児看護や保育のエキスパートの経験を生かし、
あそびや抱っこの仕方、日常のリズムのつくりかたなどさまざまなアプローチで
一人ひとりに合った睡眠パターンを導き出します。
脳は、安定した眠りがあってこそ育つ、と宮井さん。いい眠りを習慣に!


●子どもが寝ないワケは環境にあり!

福田一彦さん(江戸川大学睡眠研究所)

ブルーライトを含む蛍光灯やLEDで、
夜を明るい光のもと過ごす日本の習慣が、
子どもの「寝ない問題」を引き起こしている、と福田一彦さん。
そのほか、夕食と風呂の時間や、寝る前の過ごし方の工夫で、
夜は自然と眠くなる環境をつくれると言います。
「睡眠」のエキスパートから、自然な眠りを誘うコツをおそわりましょう。


●おやすみ絵本(編集部)

おやすみ前に読むと、穏やかな気持ちになって自然と眠くなる……
そんな絵本を集めました。
「続きは明日!」とたのしみをとっておくのもいいですね。



第2特集

集中できない、まぶしさを感じる……

その不調、見え方からきているのかも!?



顔や性格が一人ひとり異なるように、
ものの見え方や色のとらえ方も、
ひとによって個性があることをご存じですか?
その個性が、周囲の環境とマッチせず、
見づらさや、心身の状態に影響を与えていることも。
視覚重視の現代生活。
自分に合ったカラーレンズや姿勢の補正、
目のエクササイズで、
より快適に見える日常を!


お話*佐藤勇樹さん(整体師) 



【役立つ連載がたくさん!】


●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿29品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

手は第二の脳と言われるのも納得!

手指を使うと

子どもが伸びる理由



「子どもが集中して指先を使っているときは、どうか見守って」。
モンテッソーリ教育ではそのように言われます。
手先や指先を使うときには、脳の働きも活発になり、
成長が促されます。
そこで今回は、子どもの発達に沿った、
指先を使う日常の環境をご紹介します。


●思い通りに働く手指を育てる!(立野由美子さん)

モンテッソーリ治療教育をベースに、さまざまな子どもの発達に沿った生活の工夫をアドバイスする立野由美子さん。
子どもの脳の発達は、手指の働きの様子から推測できる、と言います。あそびや生活のなかで身につく手指の器用さですが、
便利すぎる現代生活では、ちょっと意識してあそびやおもちゃで補うとよりよい環境に。手指を育てる環境をご紹介します。


●親子で体験! シュタイナーの手仕事(門野由香子さん、鈴木真琴さん)

シュタイナー教育では、ひとは手足からはじまり、頭へと育っていくと考え、「手仕事」を大切にします。一方、幼児期は、
大人が手仕事する姿を見ることでも充分、と門野由香子さんと鈴木真琴さんは言います。自然の素材を手の感覚を通して体験し、
衣食住の必要なものを生み出せるという体験は、子どもの内に自発性と五感の育ちを導きます。


●手指を使うと脳が育つわけ(竹下秀子さん)

類人猿の観察から、子どもの発達を考えてきた竹下秀子さんは、「人類は、手を使って何かを指差すことができる点が決定的に類人猿と違う」
と言います。指差しがはじまると、つぎに言語が育つ、という人間特有の発達は、手を使うことではじまったと。そのため、手指を使った
多様なあそびや生活が失われつつある現代の子どもの育ちに、竹下さんは不安をいだいています。


●手指のそだちをうながすおもちゃ図鑑
 つまむ、ひっぱる、たたく、むすぶ、なげる……。手指を使えるようになることで、子どものあそびは飛躍的に発展します。
ただし、こうした手指の器用さは、放っておいて育つものではありません。そこで「おもちゃ」の出番です! 存分にたのしみながら
手指の発達をうながすおもちゃを、たっぷりご紹介。すべてクレヨンハウスでご購入いただけます。
 

特集2

食べ過ぎやちょっとした不調をリセット!

12時間断食(ファスティング)


年末年始の食べ過ぎで、ダイエットを意識するひと、
体調不良で困っているひとに朗報です。
12時間のプチ断食で
胃腸が元気になり、免疫力もアップするというのです。
感染症も気になるこの時期、
手軽にできる12時間断食を試してみませんか?

●石原新菜さん

 
 
 
【役立つ連載がたくさん!】
 
●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿30品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

見守りたいけどつい怒ってしまう!

子どものわがままと

親のわがまま



子どものわがままを許してはいけない!
これまではそう考えられて「親のしつけ」がしばしば取り沙汰されてきました。
ですが、大人からはわがままに思える子どもの訴えも、
子どもの立場から見ると、まっとうな理由があったりするものです。
ところが大人になると、その境目がわかりにくい!
そこで、子どもの「わがまま」との関わり方を
専門家に聞いてみました。
子どもの気持ちがわかってくると、無駄に大人も苛立たなくなるという
いいこといっぱい! の特集です。




●わがままが許せない大人たちの心理講座(西澤奈穂子さん)

「自分でやりたい!」「これがほしい!」「もっとあそびたい!」。そんな子どもの主張を「わがまま」ととらえ、大人に従わせることや、みんなと協調することをつい求めてしまう。そんな大人自身の中には、自由への不安や、自分への不満が隠れている場合が。まずは大人のこころのなかを整理して、子どもの育ちにゆったり寄り添える「芯」を再発見してみましょう。




●モンテッソーリ流「わがまま」処方箋(あべようこさん)

自分や周囲に危険を及ぼさない限りは、子どもの主張を「わがまま」として押し潰さない。そんな関わり方を、モンテッソーリ教育の世界では大切にしています。そうすることで、かえって子どもが自分も他者も尊重し、のびのびと育っていくといいます。「買って買って!」や「まだ帰りたくない!」といった子どもとの暮らしでの困る場面をどう乗り切るか、具体的なアドバイスをいただきました。



●わがままさんの絵本

大人が「ダメ!」ということをやりたいほうだい。絵本の中ではそんな子どもがたくさん登場します。そしてそんなお話を、子どもたちはたのしんで読んでいます。自分を託して、スッキリ! ということもありそうです。大人にもたくさんの気づきをくれる、わがままさんが大活躍の絵本をご紹介します。





特集2

冬の目の疲れ予防

免疫力低下と感染症対策




空気が乾燥してくると、目が乾燥し、
目の疲れが増します。
さらに目の疲れは、頭から骨盤まで、
全身の疲れともつながり
全身の疲れは、
風邪のひきやすさにもつながります。
そのため、目の疲れの手当ては、感染症対策にも。
この冬は「目を疲れさせない暮らし」を
意識してみませんか?



●安井誠さん


 
 

 
【役立つ連載がたくさん!】
 
●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿31品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

風邪・歯並び・イライラは口呼吸が原因かも!

子どもに鼻呼吸

取り戻しませんか?



「お口ぽかん」、と言われる口呼吸。
マスク生活ですっかり習慣になってしまった子が多いようです。
でも、口呼吸は、風邪のひきやすさや歯並びの悪さ、
イライラしやすさなどにも影響し、いいことはひとつもありません。
そこで、子どもが口呼吸をやめて鼻呼吸を取り戻すための
具体策をお伝えします。


●「お口ぽかん」はなぜよくないの?(今井一彰さん)

口呼吸は、ぜんそくやアトピー、歯並びの悪さや猫背など、思いがけないことにまで影響する、と今井一彰さん。
柔らかい食事や運動不足が、その原因となっています。今井さん考案の「あいうべ」体操で口や舌をよく動かして筋力をつけ、しっかり閉じられる口を育てましょう。鼻呼吸育ては、生涯の健康を支える最高のギフトです。


●あかちゃんからのしっかり噛めるあご育て(山岸雅子さん)

口をしっかり閉じて鼻呼吸をするには、口だけでなく、全身の筋力の育ちも重要だと、山岸雅子さんは保育を通して実感しています。とりわけ、はいはいや、離乳期からしっかり咀嚼を促す食事が、口の周辺と全身の筋力を育て、しっかりした口元と鼻呼吸を育てます。あかちゃんからスタートする、口育てのご紹介です。


●いい呼吸につながる整体的ワーク(山上亮さん)

生まれたてのあかちゃんは自然と鼻呼吸をしているのに、離乳の頃から口呼吸になってしまう子どもが多いようです。そこには、姿勢がかかわっており、猫背や顎を突き出すような姿勢だと、鼻で深い息ができない、と山上亮さんは言います。そこで、整体的なワークで、呼吸がラクにできる姿勢を育てましょう。


●かみかみおやつ

こんぶや焼きめざし、香ばしさについ手が伸びるおせんべいなど、かみごたえのあるおやつを紹介します。
よくアゴを動かすと、脳に適度な刺激がいくため、脳をはじめ全身の発達が促されます。子どもにはぜひ毎日、かみかみおやつを!
 
 
特集2

飲み水が危ない!

知っていますか?

PFASによる飲み水汚染問題



信頼して飲んでいた水道水や、長く使っていた井戸水が、
化学物質で汚染されていたら……?
じつはいま、全国で有機フッ素化合物(PFAS)で汚染された水が発見されています。
発がん性や甲状腺疾患、胎児や子どもの成長への悪影響が疑われる物質です。
とても放置しておけないPFAS問題について、最新の情報をお伝えします。


●木村ー黒田純子さん、町田直美さん、照屋正史さん

 
 
 
【役立つ連載がたくさん!】
 
●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿30品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

アレルギーの子どもが増えています

腸活・おくすりごはんで

アレルギーにしない!



食べものや花粉にアレルギーのある子どもが増えています。

「免疫の異常」からくるのがアレルギーですが、

免疫のかなめは「腸」ならびに「腸内細菌」。

そこで、腸を元気にする食べ方を

毎日のごはんに取り入れる提案です。

アレルギーを発症させないからだをめざしましょう。





●忙しくてもできる「ゆる発酵」ごはん(榎本美沙さん)


味噌、しょう油、甘酒などを使ってつくるごはんで、手軽に「発酵」を取り込むレシピです。

漬けたり、塗ったり、味付けに使ったりするだけでも、充分発酵の免疫力アップの力を

取り入れられます。しかもおいしい! と好評の榎本美沙さんのレシピです。




●困ったときのおくすり味噌汁(大友育美さん)


何気なく毎日食べているひとも多い「味噌汁」ですが、味噌の発酵の力と、薬膳の知恵で組み合わせる

具材で、風邪をひきそうな時、咳が止まらない時、ちょっとイライラする時などの

症状を緩和する「おくすり味噌汁」に。毎日の習慣にしたいですね。




●アレルギー対策に腸活がよい理由(本間真二郎さん)


連載「こども病院」でもお馴染みの本間真二郎さんは、微生物学者でも。だから、腸内細菌の大切さを

健康の要と考え、薬よりも、食べもので健康を維持することを目指すお医者さんなのです。

本間さんにあらためて、子どものアレルギーの原因と、発症させない食べ方を聞きました。





特集2


生ゴミが地球を元気にする!

コンポスト生活はじめましょう



生ゴミなどを、微生物に分解してもらい、              

栄養満点の土に変えるコンポスト。                

捨てていたものが資源となり、再び野菜や草花を育てる栄養となる。  

この循環を巡らせる大事な役割を担います。            

家の中でもできるようになってきたコンポスト、           

ちょうどいい気温となるこの秋、はじめてみませんか?



●上野りかさん









【役立つ連載がたくさん! 】



●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」


●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」


●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」


●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿30品」


●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」


●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」


●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」


●本間真二郎さんの「子ども病院」


●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」


●映画やアートの情報欄ーPetitJourney


●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes


●今月の絵本


●Book Review


●みんなのトークひろば
第1特集

ここが成長の大チャンス!

子どもに自信が生まれる

「なぜなぜ期」を知ってください。



いやいや期の次にやって来ると言われる「なぜなぜ期」。

「なんで?」「どうして?」をくり返され、

忙しいときにはついイラッ!

でも、自発性や問う力は、この「なぜなぜ」から育っていきます。

ときに大人もたじろぐ「なぜ?」「どうして?」を、どう受け止めたらよい?

専門家の皆さんにおしえていただきます。





●わがやのセンス・オブ「なんで?」な日々

鈴木純さん(植物観察家)

鈴木千尋さん(焼き菓子屋)



植物観察家の鈴木純さんと焼き菓子屋さんの千尋さんは、

4歳の詩さんとの暮らしのなかで

たくさんの「なんで?」にていねいに向き合ってきました。

「なんで?」からやがて

絵本や観察を通した自発的な学びへと

つながっていくようすをうかがいました。





●なぜなぜ期を知ってコミュ二ケーションをたのしみましょう

小西薫さん(小児科医)



小児科医で、子育て孫育てで

いまも子どもと関わり続ける小西薫さんには、

「なぜなぜ期」に子どもの中で起こっている

発達のポイントをおそわりました。

大事なことは、正確に答えることより、

コミュニケーションすること、と言います。





●子どもの「なぜ」を育むサポートって?

大原青子さん(AMI教師養成トレーナー)



モンテッソーリ園の園長として、

またモンテッソーリ教諭の指導者として、

子どもの発達順をふまえ、

「自分でやりたい!」を尊重する育児のなかで、

「なぜ?」が自然と芽生える大人の

関わり方についてアドバイスいただきました。



●なぜ?  どうして? の絵本

編集部まとめ

子どもたちのなかで生まれる「なぜ?」「どうして?」は、

身近な自然現象やはじめてみるものにまつわることが多いもの。

からだのしくみや風がどこからくるのか、

落ち葉はどうして色がいろいろなのかなど、

子どもの「なぜ?」に答えてくれる本をご紹介します。



●わがやのなぜなぜ質問集

浦中こういちさん、佐々木一澄さん、柴田ケイコさん、長谷川義史さん



育児を通して子どもの「なぜ?」に出会ってきた絵本作家の皆さんに、

思い出に残るわがやの「なぜ?」について聞きました。

やっぱり子どもの感性ってすごい! 

と思う素敵な「なぜ?」が集まりました。





第2特集

秋の声が聞こえて来た頃におすすめ

残暑に負けない発酵ドリンク



気候変動の影響か、年々残暑が厳しくなっています。

それもあって、どうしても冷たいものに頼りたくなるこの季節。

でも、冷たいものや水分の摂り過ぎは、胃腸を弱らせ、

心身の不調を招きます。

そこでおすすめなのが、発酵ドリンク。

腸から元気を取り戻す知恵にあふれています。



●お話:山田奈美さん(薬膳・発酵料理家)







【役立つ連載がたくさん! 】



●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿30品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば

第1特集

夏ははじめるのによいタイミング!
トイレ排泄が学べてしまうおむつなし育児


「うちの子、まだおむつが外れていない」
「もうすぐ入園なのに……」
いま、子どもの「トイレトレーニング」に
悩む大人が増えています。
でも、排泄は本来「がんばって練習するもの」
ではなく、生理現象。
自立までの道のりも個人差が大きいのが通常です。
そこで今回ご紹介するのが、
排泄を通したコミュニケーションを大切にする
「おむつなし育児」と、
子どもが自ら排泄を学んでいく
「トイレットラーニング」です。
両者の共通点である「子ども主体」の
排泄のあり方について、あらためて考えます。




●あかちゃんからのおむつなし育児

和田智代さん(おむつなし育児研究所所長)


いま「おむつなし育児」が注目されています。
あかちゃんの頃からおむつに頼りすぎず、
なるべくおむつの外で、気持ちのいい排泄を経験してもらおう
という考え方がベースにあります。
最近は保育園での導入も広がりつつあるという
「おむつなし育児」の魅力や具体的な方法についてうかがいました。


●わがやのおむつなし育児と布おむつ

関由佳さん(医師)


おむつなし育児と布おむつ、
そしてときどき紙おむつも。
子どもの誕生時からじょうずに使い分けて、
排泄まわりで苦労は感じなかった、と
医師の関由佳さんは言います。
子ども主体で自然な排泄習慣を考えれば、
おむつなしが理にかなう、
その理由をお話いただきました。



●子どもが輝くトイレットラーニング

石田登喜恵さん(AMI国際モンテッソーリ協会教師)

「子どもがひとりでできるように手伝って」
というスタンスで向き合うモンテッソーリ教育の現場では、
排泄の自立を促す「トイレットラーニング」が行われています。
「子どもは生まれもって自ら学ぶ力がある」。
そんなモンテッソーリ教育の考えに基づいた
子ども主体の「ラーニング」です。



●パンツおまるトイレの絵本

編集部まとめ


パンツをはくこと、
おまるやトイレで用を足すこと……
大人にとってはなんてことのない日常動作も、
子どもにとっては大仕事。
日々チャレンジし続ける子どもたちと一緒に読みたい、
絵本の応援団を紹介します。




第2特集

電磁波過敏症の経験からおそわる
子どもが心配電磁波の被ばく


スマートフォンをもたないひとはいないのでは、というくらい
電波を身近に持ち歩く時代になりました。
また、電気機器が無線LANとつなげられ、常時接続も増えています。
こうした電気機器からは、電磁波が生じていますが
その電磁波が、健康に影響を与えていることが知られてきました。
わたしたちを囲む電磁波の影響について、専門家にうかがいます。


●お話:加藤やすこさん(環境ジャーナリスト)





【役立つ連載がたくさん! 】


●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿31品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

育児の悩みNo.1に答える

おっぱい・ミルク 離乳食はこれで解決



出産後すぐからはじまる授乳。
やらなければあかちゃんのいのちに関わります。
ところがこれが案外悩みのタネに……。
出ない、乳腺炎が辛い、夜中寝られない、飲んでくれない。
こうした悩みに加え、
離乳食のタイミングや内容も育児の悩みのナンバーワンになっています。
これらの悩みを、まとめて解決します!



●ふたりだからできたわがやの授乳ライフ

シオリーヌさん(助産師)、つくしさん(看護師)


助産師のシオリーヌ(大貫詩織)さんと看護師資格をもつパートナーのつくしさん。
ふたりは一緒に産後の育児を行い
授乳も、シオリーヌさんだけに負担がかからないよう、
搾乳をじょうずにとりいれて分担しました。
おとうさんにも可能な、授乳期の関わりのヒントがたくさん!



●おかあさんとおっぱいのいい関係って?

田口眞弓さん(助産師)


おっぱいの出方や質は、ひとそれぞれ。
おかあさんの体質や食べるものでも変わってきます。
そうした細かなことは、なかなかおしえてくれるひとがいないもの。
そこで、産後養生も兼ねたおかあさんの食事内容や
乳腺炎などのおっぱいの悩みを、助産師の田口眞弓さんに聞きました。



●授乳と離乳食のお悩み相談室

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)


小児科医であり、腸内細菌はじめ微生物の専門家でもある本間真二郎さんに、
あかちゃんが丈夫に育つためのおっぱい、ミルク、離乳食の内容をおそわりました。
母乳はあかちゃんの腸内細菌を育てるのに最高ですが、
無理して続けることもない、と本間さん。
気がラクになるアドバイスです。





特集2


ごみ清掃員・滝沢秀一さんに聞く!

地球がよくなるごみの捨て方



ごみの捨て方には捨てたひとの生活や意識が現れます。
まだ食べられるもの、着られるものが大量に捨てられたり、
きちんと洗って分別すれば資源になるものが汚れたままごみにされたり。
一方、地球はどんどんごみだらけになり、資源は枯渇していき……。
そこで、改めてごみの捨て方をおさらいしましょう。
地球に負担をかけない暮らしは、お財布にもやさしい暮らしです!



●お話:滝沢秀一さん(ごみ清掃員・お笑い芸人)



【役立つ連載がたくさん! 】

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿31品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

早期教育が過熱中ですが・・・

本当に必要な早期教育って?



未来の社会がなかなか見通せない時代になり、
ますます「早期教育」や習いごとがブームです。
ただ、乳幼児がたくさんの習いごとをかけもつことが、
本当にやるべきことなの? という疑問の声も。
そこで、発達の順番を考えて、
あかちゃんから本当にスタートしたい「早期教育」について、
専門家のアドバイスと実践法をお伝えします。


●脳の育ちに欠かせないのは、感覚の体験と動きの学び(たなかだいすけさん)

生まれてすぐから、あかちゃんは全身の感覚が育っていき、脳の育ちにつながっていきます。
だからこそ、もっとも「早期」からはじめたいのは、あかちゃんの感覚を刺激するからだ育て。
おうちで簡単にできる方法をお伝えします。



●モンテッソーリ流台所育児のヒント(いしづかかなさん)

なにかを習いに行くよりも、台所仕事を一緒にやることがなによりも子どもの成長につながります。
運動もことばも数の感覚も社会性も。台所仕事にはすべてが揃っています。モンテッソーリ的な
視点から、おうちでできる「台所育児」をご紹介します。



●体育の専門家に聞く運動教育Q&A(野井真吾さん)

多くのアスリートを見てきた野井さんは、早期から子どもに特定のスポーツを習わせる必要はない、と
言います。決まったスポーツだけだとからだの使い方が偏るので、子どもには幅広いあそびを通したからだ育てを勧めるべきとも。



●数の感覚が育つ暮らしの中の体験(石川華代さん)

数学教育の世界からシュタイナー教育へと進んだ石川さんは、暮らしのリズムを大切にした幼児期こそ
数の感覚育てに欠かせない、と言います。リズム感覚や秩序感、またからだのバランスの良い育ちがないと
算数が苦手になりがちとも。数の感覚育ての源流は、乳幼児期にあるようです。



●幼児期に大切なのは絵本のある暮らしです!(野澤祥子さん)

早期教育に取り組みたくなる昨今の育児状況に理解を示しつつ、野澤さんはその効果については疑問を示しています。無理して幼児に英語をやらせても、たいては忘れてしまうし、無理強いしてきらいになれば逆効果とも。それより、絵本を介した親子の関わりこそ、学びのベースになる、と言います。





特集2

「ワクワク×地域にいいこと」を仕事に!

人生を変える! 月3万円ビジネス



発明家の藤村靖之さんが提唱した
「月3万円ビジネス」は、
自分のやりたいことで月3万円を稼ぎ、
組織に依存しない生き方を提案します。
いま、埼玉県を中心に、このスモールビジネスを    
はじめる女性たちが急増中!
これまでの仕事やお金の考えを見直して、
暮らしと経済をわたしたちの手に取り戻す活動、    
「わたしたちの月3万円ビジネス」を取材しました。


●矢口真紀さん



【役立つ連載がたくさん! 】

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
第1特集



連休明けによくある!

登園しぶりは

子どもからのサイン



「行きたくない」。

子どもが登園時にそんなことを言い出したら

親としては不安になりますね。

4月から5月にかけて、園への行きしぶりがはじまることがあります。

理由はそれぞれですが、怠けているわけではありません。

こんなとき、周囲の大人はどんなふうに関われば?

そのヒントを、いまリアルに行きしぶりと向き合う読者から

専門家まで、たくさん集めました。

きっと参考になります!





●うちの子の「行きしぶり」エピソード

クーヨン読者の会「クーヨナーズ」のみなさま



「朝から降園まで泣き続け」「1ヶ月行かない日が続き」

「大泣きで引き剥がすのが大変で」など、

それぞれの親子の「行きしぶり」体験をおしえてもらいました。

経験者の声ほど、リアルに迫り、参考になるものはありません!



●行きしぶりする子への寄り添い方とは?

山下直樹さん(保育カウンセラー)



行きしぶりや園の玄関先で泣く子の姿は春の風物詩、と山下直樹さん。

それは、子どもの心身の成長の証しでもあるので、

大人はおおらかにうけとめながら、励ます姿勢を大切に、と言います。

心配な場合は、園と密なコミュニケーションをとり、

情報交換をするといいようですよ!



●発達凸凹さんの登園しぶり

大桑るいさん(作業療法士)



いやな体験の積み重ねで不安が強かったり、

見通しがきかなくて心配だったり。

「行きたくない」の背景には、いろいろな原因があります。

子どもの「行きたくない」に困ったときは、

園とじょうずに意見交換しながら、子どもの不安を取り除きましょう。

さまざまなサポート方法を、具体的におそわりました。



●子どもを励ますタッチケア

中川れい子さん(タッチケア支援センター代表理事)



「行きたくない」というときの子どものこころのなかには、

不安や緊張が隠れていることがあります。

ときには、周囲の大人の不安を反映している場合も。

そこで、子どもも大人も、触れ合ったり、自分のからだを感じたりしながら

心身を緩めてみましょう。

ふわっと心地よさを感じられるタッチケアは、

こころをゆったりさせてくれます。



●子どもの気持ちに寄り添う絵本

編集部



園に通うようになり、親子離れ離れの時間ができることで、

不安になったり、自信を失ったり。

そんな子どもたちの気持ちの変化を捉え、

「大丈夫!」を伝えてくれる絵本を集めました。

長谷川義史さんの「ようちえんいやや」(童心社)ほか、

「行きたくない!」というときにぜひ一緒に読んでみてください。





第2特集

わたしのきれいが際立つ

オーガニックメイク



マスクを外す日常が戻ってきました。

改めてメイクを考える機会ともなりそうです。

そんなときにはぜひ、肌への負担が少なく、

子どもが万が一使ってしまっても影響が少ない

オーガニックメイクを取り入れて!

このシーズンに人気の色味やメイク方法を

ていねいにお伝えします。

●お話:小松和子さん(ナチュラルコスメプロデューサー)





【役立つ連載がたくさん! 】



●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうのひと皿31日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの かぞくのための『こころ』と漢方」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

0~3歳の時期が大事

脳とからだを育てる
「ごはん」の話


育ち盛りの子どもたちのからだや脳は
「ごはん」でつくられます。
だから、発達に欠かせない栄養を過不足なく摂り、
添加物など、発達をさまたげるものを入れないことが
何より大切です。
あとは、しっかりからだを動かしてお腹を空かせ、
「おいしいね!」と言いあえる食事時間を。
0~3歳の頃に特に気をつかいたい、
子どものごはんと育ちについて、ご紹介します。




●脳が育つ食べもの・食べ方きほんの話(伊藤明子さん)


小児科医で栄養と料理にも詳しい伊藤明子さん。乳幼児期の脳の育ちや心身の育ちには
バランスよく脂質やタンパク質を摂る必要がある、と言います。また、腸内環境の健康が
脳の働きにも影響するとも。おすすめの食材と食べ方を聞きました。






●あかちゃんからの脳いきいきごはん(山口真弓さん)


管理栄養士で、「噛むことの効用」に詳しい山口真弓さんは、「ブレインフード」と名付けられた
脳の育ちに欠かせない栄養素を重視したレシピを得意としています。良質な脂質を含む「魚」の
摂り方がポイントです。






●給食と外あそびでいきいきする子どもたち(大島貴美子さん)


神奈川県座間市にある「麦っこ畑保育園」では、30年以上、和食中心の給食を続け、アレルギーを
克服したり、多動傾向が変化したりなど、食事の内容と子どもの健康の変化を感じ続けてきました。
設立から園長を務める大島貴美子さんに、オーガニックな素材と、和食中心の給食のよさをうかがいました。






●食べたい、知りたい、つくりたい「食」の絵本


食材そのものを知る絵本、思わず手を伸ばして食べたくなる絵本、真似して料理をしたくなる絵本をそろえてご紹介します。子どもたちの、食べることへの興味と好奇心がむくむくと動き出します!




特集2

「白湯」でととのえる


水はひとのいのちを支えるのに欠かせないもの。
ひとのからだの約7割は水だとも言われます。
一方、冷たい水の飲みすぎは、かえって体調を崩すもとに。
そこで「白湯」。沸騰により熱と風を加えた白湯は、
昔から、体力の衰えたひとや病人にすすめられ、
あかちゃんにあげられるものでも。               
その「すごい力」を、お伝えします。


●関由佳さん




【役立つ連載がたくさん! 】


●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「きょうの一皿30品」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
第1特集

乳幼児といっしょの場合はどうしたら?

かぞくみんなの〈保存版〉

「非常事態ガイド」



東日本大震災のことを思い出す3月。
大きな災害が続くいま、
日頃からの「備え」は欠かせません。
防災についても、日々情報があたらしくなっていて
あかちゃんのいる家族は、
避難所より自宅での避難を選ぶなど
状況も変わってきています。
そこで、最新の情報に基づき、
自宅のシェルター化や、
いざというとき慌てない
日常からの備えについて取材しました。


●自宅シェルター化で日常も非常時も安心!

あんどうりすさん(アウトドア防災ガイド)


大きな地震では、倒れた家具や飛び出した食器などでけがをしたり、
ときにはいのちをうばわれることも。
そうした被害は「予防」可能です。
また、食糧や電気・ガスなど、流通やインフラが
しばらく止まっても大丈夫なよう備える方法があります。
自宅をシェルター化することは、
日常の安全性を高めること。
ぜひはじめましょう。

●わがやスタイルではじめる防災

宮丸みゆきさん(NPO法人ママプラグ)

防災で大切なのは、いざというときに困らない
生活習慣を日頃から身につけておくこと。
家族で散歩の時に避難場所を確認してみたり、
防災用具をもってピクニックしてみたり。
経験があれば、自然とからだも動きます。
決して大掛かりではなく、
日常の中で気をつけておきたい防災習慣をまとめました。

●災害時に生きる漢方の知恵

伊達伯欣さん(医師・つゆくさ医院)

被災時は、疲労や環境が悪いなどが重なり、体調を壊すことも。
ただ、医療が行き届かないこともあるので、
日頃から、風邪は自分で治す習慣をもっているといい、と伊達さん。
そのほか、感染症対策や、こころの動揺や
不安から来る不眠などによい漢方をご紹介いただきました。

●覚えておきたい緊急時の過ごし方

公益社団法人日本新生児生育医学会災害対策委員会


被災時にミルクを溶くお湯が手に入らない。
母乳が出なくなった。あかちゃんの栄養が足りているか不安。
そういった悩みにいきあたったら、ぜひ思い出してほしいアドバイス集です。
もちろん平常時にもおなじ考え方でだいじょうぶ。


特集2

インクルーシブ公園に行きましたか?


どんなひとも排除しない環境や考え方を
「インクルーシブ」と言います。
たとえば「インクルーシブな公園」。
それは、障がいのあるなしや年齢などにかかわらず
誰もが居心地のよい場所であることをめざすもの。
遊具の工夫や、交流のもちからで、
お互いの違いをこえて受け止め合い、
いっしょに生きる方法を見つけていくこととも言えます。
最近うごきはじめた「インクルーシブ」な公園をご紹介します。

●みんなで育てる「みんなのひろば」

嶋村仁志さん(TOKYO PLAY)


●世界に広がるみんなの公園

矢藤洋子さん(みーんなの公園プロジェクト)



【役立つ連載がたくさん! 】

●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア28日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば




*****

[クーヨン]の読後のご感想やご要望などは
ぜひアンケートハガキやメール(cooyon@crayonhouse.co.jp)、
下記URLにお寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScGt6d7rComllIdEAzvkjzhW0_iXxZ3sD69KBH5i-QqxJ6UBg/viewform?usp=sf_link

*****

編集部の公式Instagramのアカウントは 
@cooyon_iine_editors

最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。
第1特集

どうしたら寝てくれるの!?

寝かしつけじょうずになって
親子でたっぷり眠れる法


子どもが寝てくれない。
やっと寝てくれたのに、布団に下ろしたら泣きはじめる……。
そんな悩みをかかえ、寝不足でふらふらのおかあさん、おとうさん。
寝かしつけは、育児の悩みのナンバーワンともいわれます。
そこで今回は、コツさえ掴めば誰でもできるようになる
寝かしつけの方法から、夫婦での分担の仕方などまで
専門家や経験者におそわりました!


●誰でもなれる寝かしつけじょうず

迫きよみさん(NPO法人子育てを楽しむ会代表)

抱っこで寝てくれたのに、布団に下ろすと目覚めてしまう。
育児支援の現場で、そんな悩みをたくさん聞いてきた迫きよみさん。
あかちゃんの「心地よさ」を想像しながら丁寧にやれば、
誰でも布団で寝かしつけできると心強いアドバイスをもらいました。


●「トッポンチーノ」でぐっすり、のワケは?

大原青子さん(AMI教師養成トレーナー)

モンテッソーリ教育の現場で工夫され、
使われてきたちいさなあかちゃんのための布団「トッポンチーノ」。
うまれたときから使うことで、あかちゃんの心身が安定し、
寝かしつけもうまくいくと評判です。
どんな場面でどんなふうに使うのか、聞いてみました。


●はじめての子育てで役立っています!

河野美奈子さん、平賀裕貴さん

はじめての育児がスタートしたおふたりに、
トッポンチーノの使い心地についてインタビュー。
とても育児がラクになるようです!


●シフト制育児、おすすめです!

芳田みかんさん(看護師・イラストレーター)

夫とともに育児休業を取得し、時間差であかちゃんのお世話をしながら、
それぞれの時間も確保した芳田みかんさん。
ふたりでの「シフト」の組み方から、どんな環境づくりが役だったかなど
経験者としてのたくさんの工夫をおしえてもらいました。
シフト制育児で、夫婦の関係もしっかり育ちます。


●産後夫婦の睡眠事情座談会

田口眞弓さん(助産師)

助産師の田口眞弓さんと、田口さんの助産院で出産した2組のご家族に、
産後の睡眠事情について語っていただきました。
あかちゃんの泣く声で飛び起きるおかあさんと、ちっとも目覚めないおとうさん。
その違いの理由は!? 
産後の女性のからだの状態を大切にしながら、
育児のスタート期をじょうずに乗り越える知恵を語り合いました。


●産後ケアにつながるほっとステーション

松田妙子さん(せたがや子育てネット)

産後なかなか寝られなかったり、育児でしんどくなっているおかあさんたちのために、
全国のたくさんの助産院はじめ行政のサービスでも、養生の施設を用意しています。
そのほか、地域の子育て支援施設では、育児の悩みにお答えできるスタッフを揃えています。
気軽に利用できるそうした拠点をご紹介します。


第2特集

自分のからだのことは自分で決めたい
世界の中絶合法化問題

2022年の米国の中間選挙の行方にも大きな影響を与えた
「中絶合法化問題」。
女性たちが、自分のからだのことを自分で決めるための権利として
世界中でいま改めて、運動が広がっています。
日本の中絶事情も、古い時代の法律をひきずり、
世界と比較すると選択肢がとても狭いものに。
世界の動きとともに、
自分のからだのことを自分で決めるとはどういうことか、
中絶合法化問題を通して考えます。

●お話し:福田和子さん(#なんでないのプロジェクト代表)


【役立つ連載がたくさん! 】

●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア28日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば



*****

[クーヨン]の読後のご感想やご要望などは
ぜひアンケートハガキやメール(cooyon@crayonhouse.co.jp)、
下記URLにお寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeacCpbYbWLBwEEPZkg9eGOxKYCyuRIH5CZSVsvhoywDrX-cw/viewform?usp=sf_link


*****

編集部の公式Instagramのアカウントは 
@cooyon_iine_editors

最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。

*****
おすすめの購読プラン

月刊クーヨンの内容

育児の時間がぐっと楽しく、ラクになる。ナチュラルな育児の情報をたっぷりお届けします!
子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいるひとたちがたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本の専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。オーガニックなレシピ、自然派医師による健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考え、「持続可能な未来」を感じる情報を先取りしています。

月刊クーヨンの無料サンプル

2022年4月号 (2022年03月03日発売)
2022年4月号 (2022年03月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊クーヨンの目次配信サービス

月刊クーヨン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊クーヨンの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.