月刊クーヨン 発売日・バックナンバー

全222件中 16 〜 30 件を表示
*******
特集

コロナ禍で本物が見えてきた

子どものためには

こんな園がいい!

*******


顔を寄せ合って絵本を読んでもらったり、
だっこやおんぶであやしたり。
保育の現場に欠かせないこうした営みが
新型コロナ感染症対策でむずかしくなっています。
こうなってから俄然人気が高まっているのが
野外保育や食を通して免疫力を高める工夫のある園。
来春入園の園選びの時期に、
クーヨンが自信を持ってお勧めできる
「選びたい園」のポイントをご紹介します。


◎生きる力をし立てる保育園「うみのこ」

小野寺愛さん(社団法人「そっか」代表)、山ノ井怜生さん(うみのこ代表)

神奈川県逗子市の海を舞台に、野外保育を行ううみのこ保育園。
自然を思い切り生かした自由保育は、わざわざ移住してまで入園する家族も。
「うみのようちえん」という比較的新しい保育をご紹介します。


◎からだとこころを育てる元気ごはんの園

土田妙子さん(子供の部屋保育園園長)

玄米菜食の給食、どろんこあそびや登山遠足など、
乳幼児期のからだづくりに力を入れる子供の部屋保育園。
免疫力が高く、風邪をひきにくい子どもたちに、
今あらためて注目が集まります。
どんな実践を行っているのでしょう?


◎子どもは風の子どろんこ園

木下知子さん(みさと市幼児教室風の子園保育士)

保護者と保育者が一緒につくる共同保育の風の子園では、
あえて無償化対象外の道を選んでいます。
ところがいま、入園希望者だけでなく、ここで働きたいという保育者が急増。
こうした保育が人気の理由を、探ってみました。


◎森、山、川、自然が子どもの学び舎

佐藤芙美子さん(けやの森保育園園長)、佐藤朝代さん(けやの森学園代表)

埼玉県飯能市にあるけやの森保育園は、フレネ教育も取り入れた森のようちえんです。
子どもの自発性を重んじ、自然の中ではぐくむスタイルでは、
何を重視しているのでしょう? ある 一日に密着しました。


◎ベルリンのシュタイナー園より、コロナ禍の保育レポート

日登美さん(モデル・ベルリン在住)

日本同様、コロナ禍にあるドイツのシュタイナー園では、静かに日常のリズムを乱さない保育
が続けられていました。今後の保育で重視したいポイントをたくさんもつシュタイナー園の様
子をレポートしてもらいました。


◎ロンドンのモンテッソーリ園より、コロナ禍の保育レポート

知佳ウエストウッドさん(ライター・ロンドン在住)

ドイツよりさらに厳しい感染症流行に見舞われた英国のロンドンより、モンテッソーリ園での試
みをレポート。ステイホーム中の課題の出し方なども参考になります。
◎わが子の園選び、この時代にこそ必要な視点とは?


明和政子さん(京都大学教授・認知科学者)

「ソーシャルディスタンシング」の遵守やマスクの着用などが、保育の現場にさらなる苦労を強
いています。しかし「子どもの育ち」の観点から見ると、大切にすべき点がずれています。いま
園選びで大切にしたい視点を、発達の専門家として発信する明和政子さんに伺いました。


【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 31回目ゲスト 福島めぐみさん

●子どもの居場所・つくるひと
「川崎市子ども夢パーク」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ
「きのこ甘酒おこわ」

●「気になる子」のためのわらべうた
「今月の動きは[飛び跳ねる]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの
子どもの医療を選べる親になる
「新型コロナ重症化と過剰な『熱』の問題」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

*特集

子どもの免疫力を下げない

ナチュラルクリ―ニング




外出を控えなければならない昨今、

家の掃除や片づけに注目が集まっています。

ただ、清潔潔癖のあまり、

除菌・殺菌のしすぎや安易なスプレー消毒を、

子どもの周りでしてはいないでしょうか?

またCMに乗せられて、合成洗剤の使いすぎはないでしょうか?

子どもの健康を損ない、

免疫力低下につながりかねません。

一方、窓全開で、おひさまの力も借りられる夏は

大掃除にピッタリ。

そこで、ナチュラルなお掃除法を、徹底解説します。

安心・安全なナチュラルクリーニングを

子どもと一緒に、家族の習慣にしませんか!




◎微生物の力も借りるこれからの暮らし方

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)



免疫細胞の7割があつまる腸が、健康の要であることから、

腸内環境を良くする暮らしを提案する本間真二郎さん。

除菌・殺菌のしすぎは、腸内細菌にもダメージが大きいことから

普段はナチュラルクリーニングを、と言います。

改めて、腸内細菌と免疫力を守る暮らし方をうかがいました。



◎ナチュラルお掃除きほんのレシピ

佐光紀子さん(家事研究家)


重曹・過炭酸ナトリウム・クエン酸。

この3つがあれば、家中の掃除はすべてクリアできる、

と佐光紀子さん。

加えて、熱湯消毒や日光消毒を習慣化すれば

除菌・殺菌も安全に行えます。

使いこなすちょっとしたコツと、家族を巻き込むポイントを

たっぷりおしえてもらいました。

家中すっきり、さっぱりします!



◎わがやの環境にやさしいお掃除術

坂本美雨さん(アーティスト)、中野暁野さん(編集者)、いしわためぐみさん(イラストレーター)


読者世代を代表して、育児中の3人のかたに、
ご自宅のお掃除についてうかがいました。
お子さんと一緒にやれること、掃除で気になることなど
最近の写真とともにご紹介します。



◎子ども周辺の洗剤は純石けんをメインに

木村―黒田純子さん(環境脳神経科学情報センター副代表)


環境中の化学物質が、子どもの発達に及ぼす影響を研究する

木村―黒田純子さん。一部の合成洗剤のなかの界面活性剤や、

消毒・殺菌をうたう商品のなかの添加物、防ダニ・防虫剤といったものの

毒性には、看過できないものが多い、と言います。

どのような問題があるのか、お話しいただきました。



【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 30回目ゲスト 牧口亜樹さん


●子どもの居場所・つくるひと

 「愛知県児童総合センター」


●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「いも味噌あんお月見団子」


●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[たっぷり触れる]」/山下直樹


●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)


●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもたちの呼吸を守るマスクの使い方」/伊達伯欣


●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子


*特集

免疫力の決め手は腸内細菌!

やみくもに

感染症を恐れる前に



ひとの免疫細胞の7割が腸内にあると言われます。
ウイルスをはじめとする「外敵」から自分を守るには
その免疫細胞の働きを助ける良質な腸内細菌が重要です。
腸内細菌育てのカギを握るのは、
食べものの質、洗剤や除菌剤・抗生物質とのつき合い方など。
乳幼児期に決まっていく腸内細菌の状態を
未来に向けてしっかりいいものに育てましょう。



◎これからの健康は腸内細菌にあり!

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)


日頃から衣食住すべてを通して、腸内細菌を大切にする自然な暮らしを提案してきた本間さん。ウイルス感染しても負けないからだのためには、除菌殺菌より自分の免疫力を落とさないことがいちばん大事だと言います。ポイントは毎日の体温とうんちの状態。むずかしいことはひとつもありません!


◎腸が元気になる夏のおやつレシピ

小鮒ちふみさん(やさい料理研究家・台所養生共室主宰)


本間さんと一緒に養生食を追求してきた小鮒さん。自らの病も食で改善してきた経験から、夏の腸内細菌にいい、おやつレシピをご紹介します。また、台所で簡単につくれる野菜の発酵食は、腸内細菌を育てるのにきっと役立つことと思います。


◎「菌ちゃん野菜」で体温&免疫力アップ

吉田俊道さん(NPO法人大地といのちの会理事長)


よい菌たっぷりの土で育った元気な野菜を「菌ちゃん野菜」と呼ぶ吉田さん。そうした野菜をまるごと食べ続けた子どもが、体温が上がり、免疫力が高まることを証明してきました。農業指導を続ける中で編み出した、家庭でできる「いい土」と「いい野菜」づくりについてうかがいます。




【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 29回目ゲスト 佐藤鈴華さん


●子どもの居場所・つくるひと
 「まいにち子ども食堂 高島平」


●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「桃の甘酒シャーベット」


●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[集中して聴く]」/山下直樹


●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)


●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「アフターコロナの課題」/伊達伯欣


●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

*特集

コロナ禍の子どもたちへ

足を使ってあそび、
脳育てを

哲学者や科学者は散歩中に名案が浮かぶと言われるように
足裏からの刺激は、脳の働きに欠かせません。
それはつまり、子どもの脳の発達にも、
「足」の使い方が重要になってくるということです。
あかちゃんからの靴選びや、足が育つあそびで
しっかり自分を支えられる足を育てましょう。
走るのが苦手な子も、たのしく走れるようになるなど
いいこといっぱいです!



◎足裏感覚が育つ靴選びガイド

伊藤笑子さん(小児靴カウンセラー、フラウプラッツ代表)

足の裏に「ツボ」があるのは有名ですが、身体バランスに重要な感覚器官も実は足裏に。歩いたり走ったりすることは、足裏への刺激を通して全身や脳の発達によい影響を及ぼす働きがあります。そのためには、子どもの靴選びも重要です。



◎子どもの走り方、5分で伸びます

木村匡宏さん(IWA ACADEMY チーフディレクター)

走るの苦手、という子。遅いから恥ずかしい、という子。「走る」ことは意外と子どもの自意識にも影響が大きいもの。木村さんは、誰でも自分にとってここちよい走り方を見つけることで、走ることがたのしくなる方法をおしえてくれます。



◎「気になる子」の足育てあそび

大桑るいさん(作業療法士)

足の動きを意識することで、身体感覚を呼び起こし、からだづかいの不器用さを変えていくことができます。他者との関わりを苦手とする子や、動きすぎてしまう子なども、足に注目することで、自分をコントロールする力を得ることができる場合が。簡単なあそびから試してみましょう。



◎あかちゃんからの足マッサージ

鈴木きよみさん(セラピスト、足裏研究家)

足裏への刺激は、歩けるようになる前のあかちゃんなら「マッサージ」という方法でも与えられます。自分のからだを意識し、脳の働きも活発になる足裏のマッサージを、ぜひ生まれてすぐからスタートしてみてください。もちろん歩くのが苦手な子にも、適度な刺激となりますよ!




【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 28回目ゲスト 並木麻衣さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「リトルアーティスト」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「味噌マーボー豆腐」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[指をからませる]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「『食』と『睡眠』で生き延びよう!」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
*特集

ウイルスをはねかえす子育て

免疫力をアップする!



新型コロナウイルスの広がりで、免疫力が注目されています。

東洋医学では、肺の「気」と腸内細菌が免疫力の鍵をにぎると考えます。

折しも、肺に負担がかかる日本の梅雨がやって来る頃。

今年の梅雨は、特に呼吸器全般の健やかさをアップして

免疫力を落とさないようにして迎えたい!

そこで、食・ヨガ・アロマケア・呼吸法で

免疫力を育てる方法を全力で特集します。





◎免疫力のかなめは呼吸と食です

伊達伯欣さん(つゆくさ医院院長)



呼吸と食が免疫力をつくる、と伊達さんは東洋医学の観点から訴えます。それには鼻呼吸が大切であるとも。アレルギーや感染症に負けない免疫力を育てるための、東洋医学の考え方をうかがいます。





◎からだの不調を整える薬膳レシピ

早乙女孝子さん(薬膳料理家)



薬膳は、季節で変化するからだを養う食べ方をおしえてくれます。胃腸や肺を弱らせる梅雨の時期。よい食材や食べ方を通して、子ども向けの免疫力アップレシピをお届けします。





◎ヨガの呼吸でふれあい時間

渋木さやかさん(ヨガライフアドバイザー)



呼吸を重視する運動として、ヨガは筆頭に挙げられます。親子で呼吸を意識し、肺を育て、免疫力をアップするためにできるヨガをおそわります。室内でできるあそびとしてもぴったりです。





◎中医アロマですーっと呼吸ケア

有藤文香さん(中医アロマセラピスト)



呼吸を使ったナチュラルな手当てにアロマセラピーがあります。中医学の視点からアロマ療法を行う有藤さんに、肺を健やかにし、免疫力を高める手当てをお聞きします。







◎からだの元気を底上げする深くてよい呼吸!

本間生夫さん(東京有明医療大学長・医学博士・安らぎ呼吸プロジェクト理事)



呼吸器疾患の改善のため「呼吸筋ストレッチ体操」をつくった本間さん。心身の健康を育むにも有効だといいます。呼吸は脳の健やかさとも関係が深いもの。心身の安定によい呼吸法を身に着けましょう。







【 好 評 連 載 】



●「親」を、新しく生きる 27回目ゲスト 林那美さん


●子どもの居場所・つくるひと

 「けやの森学園」


●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「塩こうじ餃子」


●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[片足で立つ]」/山下直樹


●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)


●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「自分の免疫力でコロナを倒すからだに」/伊達伯欣


●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子





ストレスが重なると、呼吸が浅くなります。

そうすると、「元気」がなくなってきます。

ストレスフルな環境を変えることはむずかしいけれど、

呼吸を意識して深くすることは可能です。

もうしばらく息苦しい状況が続きそうですが

ぜひ深い呼吸をこころがけ、

元気をキープしてくださいね。



編集長 戸来祐子
*特集
はじめたひとから気持ちよくなる!
かぞくでできる脱プラスチック

海水塩や水道水からも
マイクロプラスチックが見つかっています。
もはや子どもたちが食べてしまっているかもしれません。
そのもとは、わたしたちの身の回りのプラスチックごみ。
早くなくさないと!
そのためにたのしんでできる暮らしの工夫をお伝えします。

●プラスチックが子どものからだによくない理由
水野玲子さん(NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)
プラスチックはその製造工程で、さまざまな添加物を使用します。ひとの健康に害を及ぼすそれら添加物は、プラスチックの使用を通して人体に入り込みます。それ以外にいま問題なのは、スプレー状のナノプラスチック。防水スプレーや香りのカプセルなどに使われ、呼吸を通して体内を汚染します。無意識にプラスチックを取り込まないですむ方法を詳しくお聞きします。

●子どもと学ぶプラスチックと環境問題
武本匡弘さん(環境活動家)
海に潜るうち、海の変化に危機感を持ったというダイバー3人がたちあげた[エコストア パパラギ]。プラスチックフリーの実践をたのしくアシストする商品を集めた「エコストア」を運営中です。そのお客さん家族や近隣のひとたちと行う「海岸ウオーキング」にお邪魔しました。海岸に打ち上げられたものから、海の中の様子を探ります。驚くようなものがあがってくるんです!


●新刊『プラスチックモンスターをやっつけよう!』をご紹介します!
高田秀重さん(東京農工大学教授)
マイクロプラスチック問題の権威である高田秀重さんは、枯渇する石油を原料とするプラスチックの大量消費は、かならず行き詰まるとし、プラスチックに依存しない暮らしを推奨します。4月にクレヨンハウスから発売される児童書『プラスチックモンスターをやっつけろ』の監修者でもある高田さんに、子どもの健康に無関係ではないマイクロプラ問題を教わります。


●家族でたのしい一生もののプラフリー生活
服部雄一郎さん(翻訳者・ロータスグラノーラ主宰)・服部麻子さん(ロータスグラノーラ主宰)
役場のゴミ削減担当に配属されたことをきっかけに「ゼロ・ウェイスト」に携わり、海外でも学んできた服部さん。現在暮らす高知で、ゼロ・ウェイストな暮らしを追求中です。今回はさらに、家族暮らしで可能なプラフリーなライフスタイルを、服部さん家族の一日から感じてみてください。

●わがやのプラフリーな暮らし方
カヒミ カリィさん(ミュージシャン・文筆家)、古賀陽子さん(「プラなし生活」運営者)、こっさんさん(読者)
子育てのなかで、家族で実践する「プラフリー」なポイントを、それぞれの場所で活躍するみなさんにうかがいました。

●きょうからできるわがやのプラフリー計画
編集部まとめ
紙おむつからペットボトル、おもちゃに歯ブラシなど、暮らしの中にはたくさんのプラスチック製品があります。まずはどれだけ暮らしの中にプラスチックが入り込んでいるかを書き出してみましょう。そのうえで、プラスチックじゃないものに置き換えられるか、検討してみましょう。書き込み式のリストと、脱プラ商品カタログを付けました。



【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 26回目ゲスト 長谷川美折さん
●子どもの居場所・つくるひと
 「ママン+オーガニックスタイルキッチン」
●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「3種の味噌ふりかけ」
●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[指を動かす]」/山下直樹
●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)
●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「新型コロナウイルス情報が不確かなときに」/伊達伯欣
●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
*特集
いじめ・ゲーム依存・性犯罪などから
「自分を守れる子ども」に育てるガイドブック


クラスの子とトラブルになったときは?
いやなところを触られたときは?
知らないひとに声をかけられたら?
デジタル・ゲームにはまってしまったときは?
子どもが新しい環境に出会う春です。
戸惑うことにもいっぱい出会う季節です。
そこで今月は、「自分で自分を守る方法」を特集します。
家でも園でも、くり返し子どもに伝えてほしいことばかりです。



●友だち関係のトラブルはチャンスです

青山誠さん(「上町しぜんの国保育園」園長)

子どもはコミュニケーションスキルが未発達だったり、語彙が少なかったりすることで、思いがけない喧嘩やいじめに発展することがあります。ただし、大人が「ダメ!」と禁止するだけでは別の機会に同じことがくり返されることも。喧嘩や言い争いをチャンスと受け止め、子どもの「関わりの力」を育てる方法を、ベテラン保育園園長に聞きました。


●親子でチェック! 危険を招く風景

小宮信夫さん(社会学博士)

声かけ、誘拐から身を守るには、「知らないひとについて行かない」などの対策が知られますが、「知らないひと」の判別がそもそも難しい幼児にとっては、「キケンな場所へ行かない」のが大前提。そこで今回は、幼児でもわかる、防犯上「行かないほうがよい場所」について、具体的にお伝えします。


●自分のからだを性暴力から守る

三浦りささん、真鍋登喜子さん、高尾美津紀さん(NPO法人青い空ー子ども・人権・非暴力)

子どもが性暴力を受けるのは、身近な大人からというケースがいちばん多いため、逃げられないことが多々あります。日常的に、いやなことには「NO」と言っていいことを伝えておくことが重要です。こわいときには「逃げる」こと、周囲のひとたちへの助けの求め方についてもおはなしいただきます。


●デジタルメディア 子どもの依存を防ぐ使い方

遠藤美季さん(情報教育・ネット依存アドバイザー)

スマートホンをはじめ、PCやテレビなど、身近にあるメディアは、付き合い方をまちがえると心身ともに傷つくことが。ゲーム依存の低年齢化など気になる話題も交え、専門家のアドバイスで、子ども自身が納得してメディアとの付き合い方をコントロールできる方法をおそわります。




【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 25回目ゲスト 日菜あこさん

●子どもの居場所・つくるひと
 「おでかけひろばおりーぶ」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「酒粕クリームコロッケ」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[くぐる]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「マスクよりよい感染予防策」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
*特集
スムーズな「離乳食」スタートにもいい
「手づかみ」食べのすすめ
よく噛むと
頭がよくなります

あごを動かすと頭がよくなる、と言われます。
実際これにはちゃんと根拠がありました。
さらに「咀嚼」には、脳への刺激だけでなく、
口内環境をよくし、全身の健康を促進する働きも。
噛まない子が増えているいま、
お口育てについて、改めて大事なことをお伝えします。

●「食べてくれない」はからだ育てで解消
高尾明子さん(シエルハブメソッド公認指導者)田中大祐さん(理学療法士)
おっぱいを飲んでいる時から、あかちゃんは、舌や口の使い方、「吸う」「吐く」という動きなどを学んでいます。
さらに噛む、飲み込む、顎を動かすといった練習を重ね、やがて「話す」ことへとつながります。脳の育ちにも密接に関わる「口の発達」について、ご説明します。


●しっかり噛む習慣がつく手づかみごはん
山口真弓さん(管理栄養士、スマイル☆キッチン主宰)
噛まずに飲み込めるやわらかい食事は、子どもの顎の働きを弱め、胃腸に負担をかけることに。噛んで唾液を出し、消化を唾液に助けてもらいながら飲み込む。このような習慣のためには、かみごたえのある食事をこころがける必要があります。手づかみ食べからはじまる、噛む習慣がつくレシピをご紹介します。

●脳が育つお口の新習慣
松見哲雄さん(歯科医師)
あごの発達が不十分だと、歯並びが悪くなったり、鼻の状態が悪くなることがあります。ここから口呼吸が習慣化してしまうと、姿勢や脳の働きにも影響するケースも。よく噛むことと鼻呼吸の習慣を幼児期に身につけることはとても重要です。歯科医の立場から、子どもの口内環境をよくする方法をおききしました。


●健康維持に欠かせない口内の細菌に注目!
本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)
口から肛門は、ひとつながりの1本の管となっており、口で起こったことは、肛門に至るまで影響します。さらに現在では口内の細菌が全身の疾患につながったり、腸内細菌と手を組んで消化を助けるなどがわかってきています。口からはじまる健康のためのよい習慣を家族で実践しましょう!

【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 24回目ゲスト 松本春野さん
●子どもの居場所・つくるひと
 「うみとやまのこどもとしょかん」
●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「春の発酵巻き寿司」
●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[ゆれる]」/山下直樹
●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)
●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「『好き』を生きる基本に」/伊達伯欣
●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子


最近、噛んでますか?
忙しくてあわてて食事をかきこむ日が続いたら
ぜひ週末などはゆっくり味わってみてください。
大人のようすをみて、子どもも真似するはず!

編集長 戸来祐子
*特集

「完璧な親」なんていないから

みんなでストップ!

怒鳴る、脅す、叩く育児




子どもへの虐待の疑いで通報されるケースが増加しています。
ニュースを見るたびに「一歩間違えば自分も……」と感じるというひとは少なくありません。
「完璧な親」であろうとするほど、いらだちが募るということも。
子どもにもっとやさしく接したいと願うすべてのひとに
今回の特集をお届けしたいと思います。



●子育て中の「怒り」をじょうずにつき合う方法


伊志嶺美津子さん(臨床心理士)


とくにはじめての育児は、わからないことの連続。親として「できない」ことだらけかもしれません。そんないらだちを、子どもにぶつけてしまわないために、知っておいてほしいことがあります。「完璧な親」なんていないんです!



●〈育てにくさ〉のイライラを減らすヒント集


立石美津子さん(文筆家・講演家)


自分が子どものときはこんなことしなかったのに。まわりの子はやれているのに……。そんな悩みに苦しむひとが増えています。その「なんでうちの子だけ?」には、きっと理由があります。自閉傾向の息子さんを通して、発達の凸凹に悩む保護者の相談に乗ってきた立石美津子さんに、理由と対処法を聞きました。



●そのイライラはパートナーからきていませんか?


栗原加代美さん(NPO女性・人権支援センターステップ理事長)


子どもに厳しく接してしまう理由のなかに、パートナーへの気兼ねやパートナーからの命令が含まれているなら、ぜひいちど立ち止まって。非のない子どもが責められ、暴力にさらされる事件の背後には、パートナーとの関係性の問題が潜んでいることがあります。




●幼少期のこころの傷を解き放つセルフケア


萩原光さん(子育てカウンセラー)


子どもへの虐待は連鎖するのでしょうか? しんどい子ども時代を送った親は、育児べたなのでしょうか? 決してそんなことはありません。ただ、子どものしあわせを願えないときは、どうかまず自分を労ってください。カウンセラーのぴっかりさんが、その方法をおしえてくれました。



●子どもの虐待と脳科学いま、わかっていること


黒田公美さん(理化学研究所 脳神経科学研究センター)


暴力はもとより、暴言を浴び続けたり、両親の喧嘩を目にし続けた子どもは、脳の発達の偏りが生じることが明らかになりました。場合によっては自己肯定感を低めてしまうという可能性も指摘されています。不適切な育児と脳の育ちについて、考えます。



【 好 評 連 載 】



●「親」を、新しく生きる 23回目ゲスト 平本沙織さん


●子どもの居場所・つくるひと
 「おひさまぴよぴよ」


●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「酒粕トリュフ」


●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[ふれる]」/山下直樹


●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)


●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「好ききらいと文字情報」/伊達伯欣


●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

*特集

たっぷり眠るのがいいんです

睡眠中に育てたい

脳もからだも!




あかちゃんや幼児は、眠っている間に成長がぐんと進みます。
だから、たっぷりの睡眠時間が欠かせません。
ところが、日本の子どもは夜更かし傾向にあると言われます。
一方、「寝てくれない!」と悩むおかあさん、おとうさんも多いですね。
子どもの睡眠には、ルールとコツがあります。
冬の夜長を利用して、2020年を「快眠」元年にしませんか?


●子どもの眠りのメカニズム

駒田陽子さん(明治薬科大学准教授)

子どもにはどれくらい睡眠時間が必要なのか、寝ている間に何が育つのか・・・。
科学的にこうした子どもの眠りを追求した結果、健康や体力、学力の向上にも、
睡眠が影響しているという結果が。
眠りのメカニズムを知って
じょうずにポイントを取り入れる手がかりにしましょう。


●ぐっすり眠れる夕ごはんレシピ

竹内ひろみさん(料理家)

眠りに欠かせないホルモン「セロトニン」「メラトニン」のもととなるのが、必須アミノ酸である「トリプトファン」。またからだの深部体温を下げて眠りを誘うのが魚介類に多く含まれる「グリシン」です。こうした眠りに欠かせない食材を組み合わせたレシピで、食からも眠りをサポートしてみましょう。


●眠りに誘うインナーベビーマッサージ

山本加世さん(「ママズ・ハグ」代表)

親子でそっと背中やおなか、頭のてっぺんからつまさきまでふれあう「タッチケア」は、気持ちよさと安心感を高められる、簡単で安全な方法です。入眠ツアーにぜひ加えてほしい、おやすみまえのタッチケアを経験してみませんか?



●シンプル安眠レッスン

清水悦子さん(「あかちゃんの眠り研究所」代表、茨城キリスト教大学助教)

あかちゃんや幼児が「寝てくれない」という悩みは、大人の睡眠不足にもつながり、ときにつらさの限界に達することも。子どもがスムーズに眠りに就くためにできる工夫はいろいろありますが、体内のリズムなどを活用し、眠りの習慣化を促すのがよいようです。そのために「入眠ツアー」をご紹介します。



●わがやの夜の過し方

優木まおみさん(タレント)、しまおまほさん(エッセイスト、漫画家)、常見陽平さん(労働社会学者、働き方評論家)

子どもの寝かしつけにいままさに取り組んでいるみなさんに、「わがやの夜の過し方」をおしえてもらいました。いろいろな家族のかたちと過し方を、ぜひご参考に。


●おやすみなさいの絵本

寝る前の習慣といえば、絵本タイム。「おやすみ」にまつわるストーリーで、読んでもらった子どもが眠りたくなる、おすすめ絵本をご紹介します。クレヨンハウス店頭でも、よく売れている絵本たちです。



【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 22回目ゲスト 金延さん

●子どもの居場所・つくるひと 
 「大久野幼児園森の教室」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「味噌ラーメン」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[ゆれる]」/山下直樹 

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「医療に参加し自分自身で治す」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

*特集*

子どものからだとこころに
毒を「ためない」新習慣

寒さでからだをぐっと縮こまらせ、冬眠するくまのように
いろいろなものを体内に「ためる」のが冬のからだです。
このとき、じょうずにためること、余計なものはためないことに注意すると
春の「排毒」のシーズンをスッキリと過ごせます。
そのほか、四季を通じて、余計なものを「ためない」暮らしを
提案します。


●親子でチャレンジ冬のからだ巡らせヨガ

渋木さやかさん(ヨガライフアドバイザー、ヨガ講師)

「ためない」基本は呼吸にあります。緊張したり、根を詰めているとき、ひとは息を止めたり飲んだりしています。呼吸が浅いと、落ち着かない、不安になる、血流が悪くなるなどからだに負担が増えます。ヨガで深い呼吸をする習慣を身に着けましょう。


●重ね煮料理でおいしくデトックス

山本弥生さん(料理家)

野菜を切って順に重ね、じっくり火を通すと、鍋の中でさまざまな養分が対流。その結果、野菜の栄養とうまみを最高の状態でいただけるのが「重ね煮」です。からだのなかからバランスを整えてくれる「重ね煮」で、冬のからだの巡りをよくしましょう。


●季節の「波」をいかしたムダにためないからだに

安井誠さん(整体指導者)

からだには四季それぞれの動きがあり、冬はため、春は排出するのが自然です。大切なのは「巡り」のよいからだにしておくこと。頭を使いすぎる現代は、冬の間に過剰に溜めてしまう傾向が。春以降のからだが花粉症などに苦しまずにすむコツを手に入れましょう。


●からだ巡らす温め生活のすすめ

石原新菜さん(医師・2児の母)

冷えている子どもが増えた、と石原さん。冷たいものの摂りすぎや運動不足などが原因と考えられます。とりわけ冬には水分をため込まないことが必須ということから、すこし汗ばむくらいの運動や食事、衣類の工夫を提案してくれました。


●「出せるからだ」は腸内細菌がカギ

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)

春先のアレルギー症状の代表は花粉症。排毒が間に合わず、炎症が悪化することで発症します。解決には、冬の間の腸内細菌の状態にヒントあり。まずは砂糖や乳製品、小麦製品などのとりすぎからくる腸のトラブルをなくし、毒をためない毎日を送りましょう。



【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 21回目ゲスト 佐藤有美さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「多文化子育ての会Coconico」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「酒粕ニョッキ」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[手首を返す]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「適切な水分量とは?」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
「よい目」を育てることは、脳を育てること

0歳からの目と「視覚」育て


近年、子どもの虫歯や感染症は減り、健康状態は向上していますが
「視力」だけは、低年齢からの低下傾向が続いています。
スマホやゲームの影響とも言われますが、
目の発達と脳の発達は深い関係があると言われます。
発達の凸凹と目の関わりも、だんだんとわかってきています。
今回は、子どもの「目」を守るための工夫をご紹介します。
生まれて直ぐから、できることがあります!



●「視力」を追いかける時代は終わりです! 
「よい目」を育てる暮らし方

灰谷孝さん(発達支援コーチ・目育士)

子どもの発達支援を行っている灰谷孝さんは、発達と「目の働き」に深い関係があることに気づき、視力を育てることで、脳の発達も後押しされると考えるようになりました。「目を育てる」という、あまりこれまで考えてこられなかった分野について具体的におしえていただきました。



●あかちゃんにはなぜモノクロのモビールから見せるの?

大原青子さん(エミールこども園園長)

モンテッソーリ教育では、あかちゃんにはまず、モノクロのモビールを見せることからスタートします。その後も、「見せる」「よく見てまねる」ことが重要視されています。それはなぜなのでしょう? 子どもの発達段階に応じた、目の発達の考え方と、具体的なあそびやおもちゃのえらびかたなどをうかがいました。



●作業療法士ママが選んだ 目と脳の育ちを助ける幼児のおもちゃ

大桑るいさん(作業療法士)

発達支援をおこなう作業療法士の大桑るいさんに、「目を育てる」という観点からおもちゃの選び方をおそわりました。「目で追う」「空間認知を促す」「目と手の協応」の3つの観点をご紹介します。




●テレビ、スマートフォン三昧の現代生活… 子どもの目とメディアとの付き合い方

石黒由佳さん(内科医)

シュタイナーの考え方を背景にもつアントロポゾフィー医学で子どもの健康を考える石黒由佳さん。シュタイナー教育では、幼児期に子どもにテレビを極力見せないといわれますが、いまこそその配慮が大切な時代となっています。あらためて、アントロポゾフィー医学がなぜ子どもとメディアの関わりについて注意を払ってきたのかに学びます。




★11月号には特別付録がつきます!★

「ツペラツペラのチクチク教具」

幼児期にたくさん手を動かしてあそぶことで、
「思うように動ける自由」を獲得することができます。
これこそ、「かしこさ」への筋道でも。
こうしたモンテッソーリの教具の考え方にヒントをもらい、
ツペラツペラ教具をがデザインしました。
11月号は「紐通し・縫いさし」をテーマにした
「チクチク教具」。
さあ、なにができるかな?



【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 20回目ゲスト 水谷さるころさん

●子どもの居場所・つくるひと
 「上尾市つどいの広場あそぼうよ」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「甘酒チャイ」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[回転する]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもの自己治癒力を育てる」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
運動も勉強も好きになっていく

6歳までに脳とからだの
土台・体幹育てを



近頃「子どもの姿勢が崩れている」という声を聞きます。
座っていられない、まっすぐ立てない、寄りかかる……。
これらは「体幹」の弱さからくるものです。
思うようにからだを動かせるのも、
集中して何かに取り組めるのも、
体幹が育っていてこそ!
体幹は、運動にも学びにも必要なものなので、
近年注目されています。
今回は、大切な子どもの体幹育てをご紹介します。


●脳と感性が育つ全身運動のすすめ
土田妙子さん(子供の部屋保育園 園長)

障害のある子どもの保育もたくさんてがけてきた子供の部屋保育園。実践を通して、体幹が神経系全般の
発達に重要な関わりをもつことを感じてきました。からだから脳を育てるメソッドの一端を
保育現場からおしえてもらいます。


●脳を育てるからだの経験
田中大祐さん(フェルデンクライス・メソッド教師、理学療法士)

うまれてすぐから、あかちゃんはすこしずつからだの動かし方を学んでいきます。
動かしながら、体幹を育て、同時に脳の機能も育っています。
たっぷりおもいおもいにからだを動かし、体幹がしっかりした「動けるからだ」を育てましょう。


●幼児の脳が輝く体幹育てあそび
大桑るいさん(作業療法士)

体幹育ては足が肝心。足をよくうごかすあそびは、脳を刺激し、体幹を強くし全身の
しなやかさを育みます。足と脳をつなげる簡単なあそびを、親子でたのしみながら
試してみましょう。


●体幹育てわがやの場合
桜乃まゆこさん(ヨガインストラクター、モデル)、三河賢文さん(スポーツライター)
 
2組の親子に、それぞれの家庭でおこなっている「体幹育て」を教えてもらいました。
バランスボールやスラックラインなど、子どもがたのしんで体幹を自然と育てるあそびの知恵です。



★10月号には特別付録がつきます!★

「ツペラツペラのムスムス教具」

幼児期にたくさん手を動かしてあそぶことで、
「思うように動ける自由」を獲得することができます。
これこそ、「かしこさ」への筋道でも。
こうしたモンテッソーリの教具の考え方にヒントをもらい、
ツペラツペラ教具をがデザインしました。
10月号は「結ぶ」をテーマにした
「ムスムス 教具」。
さあ、なにができるかな?


【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 19回目ゲスト 今井麗さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「わらべうたの会もものは」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「にらチヂミの塩麹だれ」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[カエルとびをする]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「監視化社会が失う力」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

「AI時代に負けない子ども」を育てませんか?
子どもの「学ぶ」を磨く
モンテッソーリ教育


暮らしが学び、あそびが学び。
モンテッソーリ教育は、100年の歴史の中で
この考え方が子どもの育ちに重要であることを明らかにしてきました。
自分でやりたいことを見つけ、とことんやり通す。
その経験が、どうやって子どもの「学び」となっていくのか。
さまざまな実践をご紹介しながら
ひもとく特集です。


●森からはじめるモンテッソーリ教育
横田聖美さん(Fujiこどもの家バンビーノの森副園長)

山梨県河口湖畔にある森のようちえんFujiこどもの家バンビーノ。午前中、森で五感が刺激される体験を重ね、午後は教具でその意味を確かめる。そんな日々を送る子どもたちの、驚くほどの好奇心と集中力の理由はどこにあるのでしょう?

●世界の扉を開くモンテッソーリ教具のはなし
石田登喜恵さん(国際モンテッソーリ協会公認教師)

積み木やパズル、水差しに地球儀。整然と教室に並ぶ「教具」には、ひとつひとつに奥深い人間観、発達理論の裏付けがあります。なぜこれらの「教具」が子どもの育ちを伸ばすのか。具体的におしえていただきます。


●世界で唯一の自分をつくるモンテッソーリ教育 本場イタリアからのレポート
マリアーニ・綿貫愛香さん(AMIモンテッソーリ国際教員)

移民問題などをきっかけに、ふたたびブームが来ているという、本場イタリアのモンテッソーリ教育。ご自身も教師をつとめ、育児もモンテッソーリにならったという綿貫さんに、多文化共生時代にこそ力を発揮するその理由を、たっぷりうかがいました。


●わがやも選びました! 
坂本美雨さん(ミュージシャン)、アンヌさん(モデル・絵本ソムリエ)、小野寺愛さん(一般社団法人そっか共同代表)、木村智浩さん(キャリアコンサルタント)

さまざまな分野で活躍する子育て世代から、熱い注目をあびるモンテッソーリ教育。実際選んだというみなさまに、選んだ理由、よかった点など聞いてみました。


●卒園生インタビュー
水野響さん(DJ/翻訳、アートマネジメント)

幼少期に米国で、モンテッソーリの幼稚園だけでなく、小学校まで経験したという水野響さん。その後の「自分の意志を大切に」人生の選択をすすめてきた様子と合わせ、モンテッソーリ教育は人生にどのような影響を与えるのか、お話してくださいました。

●連載「一生ものの動き」拡大版・なぜモンテッソーリは自信を育てられるの?
立野由美子さん(モンテッソーリ治療教育家)

tupera tuperaの教具付録解説でおなじみ、立野由美子さん。あかちゃんから認知症の高齢者まで、幅広い世代で治療的に力を発揮するモンテッソーリ治療教育は、100年以上実践されてきたエビデンスがあると話します。なおかつ古びず、未来志向を感じさせるのはなぜなのでしょう?



★9月号には特別付録がつきます!★
「ツペラツペラのアミアミ教具」(仮題)

幼児期にたくさん手を動かしてあそぶことで、
「思うように動ける自由」を獲得することができます。
これこそ、「かしこさ」への筋道でも。
こうしたモンテッソーリの教具の考え方にヒントをもらい、
ツペラツペラ教具をがデザインしました。
9月号は「編み込み」をテーマにした
「アミアミ教具」。
さあ、なにができるかな?


【 好 評 連 載 】

●「親」を、新しく生きる 187回目ゲスト ルミコ・ハーモニーさん
●子どもの居場所・つくるひと
 「ひよこのカフェハウス」
●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「野菜たっぷり味噌ミネストローネ」
●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[飛びはねる]」/山下直樹
●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)
●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「発達障がいを考える7」/伊達伯欣
●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
*特集

親子でバタバタの「朝時間」問題

子どもの脳がよりよく育つ!

朝のすごし方



朝、なかなか起きない。
ごはんが進まない。
みじたくで手間取る。
出発の時間にぐずぐずがはじまる……。
子どもと迎える朝は、なにかとトラブルが起きがちです。
そこで今回は、朝時間をじょうずに使えるようになる
ヒント満載。
憂鬱な朝から、ハッピーな朝へと変えましょう!



●朝バタバタしないための子どもの身支度アイデア帖
本多さおりさん(整理収納コンサルタント)

朝、親子でトラブルが発生しがちなのが「身支度タイム」。あれがない、これがないからはじまって、子どものぐずぐずに大人はイライラ。こんな朝から卒業しましょう! 日常的な衣類の整理から、小物のまとめかた、服の買い方まで、「なるほど!」なヒントが見つかります。



●夏のからだがすっきり目覚める和の薬膳朝ごはん
山田奈美さん(国際中医薬膳師)

夏の食欲が落ちる時期でも、朝はちゃんと食べたいもの。そうしないと、胃腸が目覚めません。そこで、少量でもしっかり胃腸が目覚め、夏のからだにやさしい朝ごはんレシピをご紹介します。季節の身体を意識した食材と食べ方で、朝から元気に活動できます。



●朝はパン派!の子どもが毎朝安心して食べられるパンレシピ
桜井かな子さん、広瀬恭子さん(ルヴァン富ケ谷店)

小麦アレルギーやグルテンの摂りすぎなど、近頃パンは何かと話題です。そこで、国産の小麦や古代小麦を天然酵母で焼き上げるナチュラルなパンはいかがでしょう? こうしたパンの独特の風味や、ハードな口当たりを、子どもが食べやすくなるよう工夫したレシピです。



●脳が喜ぶ朝の過ごし方
成田奈緒子さん(小児科医)

早寝早起きがいいのには、いろいろな理由があります。とくに、幸福感に直結するホルモンであるセロトニンは、朝日を浴びることで分泌が促されます。ごきげんな1日をスタートするには、朝日を浴び、リズムある生活を。ご自身も早起きするという、成田さんのお話です。



●朝のトイレはこうして習慣化!
松生恒夫さん(医師)

大腸内視鏡検査を多数行ってきた松生さんは、近頃多い子どもの便秘を危惧しています。朝すっきりうんちをしてから活動に入るのが理にかなっているのに、うまくいかないのはなぜ? 朝の排便習慣のために、どんな工夫をしたらよいのか、おそわりました。




★8月号には特別付録がつきます!★
「ツペラツペラのパチパチ教具」

幼児期にたくさん手を動かしてあそぶことで、
「思うように動ける自由」を獲得することができます。
これこそ、「かしこさ」への筋道でも。
こうしたモンテッソーリの教具の考え方にヒントをもらい、
ツペラツペラ教具をがデザインしました。
8月号は「はさむ」をテーマにした
「パチパチ教具」。
さあ、なにができるかな?




【 好 評 連 載 】


●「親」を、新しく生きる 17回目ゲスト 西部沙緒里さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「野外保育りんごっこ」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「甘酒ごまだれそうめん」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[交互ににぎる]」/山下直樹

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「発達障がいを考える6」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
おすすめの購読プラン

月刊クーヨン 雑誌の内容

自然な子育てを暮らしの中に。かぞくの育児マガジン。子どもとの暮らしを応援します。
子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。

月刊クーヨンの無料サンプル

2016年04月03日発売号
2016年04月03日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   月刊クーヨンの目次配信サービス

月刊クーヨン定期購読のプレゼント

クーヨンエコバッグ
対象購読プラン:2年
じょうぶな厚手キャンバス生地のエコバッグ。たっぷりマチ(130mm)がある大判サイズで、本はもちろん野菜やビン詰め食品などの重いものもたくさん入ります! 生地は無漂白コットンで、エコマーク認定品。CO2排出権取得対象商品です。サイズ:縦39×横34×マチ13cm、もち手部分:25cm
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

月刊クーヨンを買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

1 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料

サンキュ!

2021年11月25日発売

目次: 別冊付録 玉本ゆりのベストおかず/とじこみ付録 片づく人の3COINS×貯めてる人のシャトレーゼ/疲れた日の15分おかず

定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

送料
無料

kodomoe(コドモエ)

2021年11月05日発売

目次: 【豪華3大付録】
1 ノラネコぐんだん ニャーニャーマルシェBAG
2 別冊24P絵本「いちごサンタ」大塚健太/文 わたなべあや/絵
3 とじこみ付録 ノラネコぐんだん カレンダー2022

【巻頭大特集】
あま~い51冊ガイド&再現レシピ
おかしと絵本

●『ノラネコぐんだん ケーキをたべる』の聖地探訪
●お菓子づくり基本のキ
●『おかしのずかん』の世界
●もっとくわしく! おかしのずかん  大森裕子
●プリンちゃんの家族を紹介します
●スイーツ絵本を召し上がれ♪
●こどもおやつスペシャル
●絵本のようなクッキー缶

【第2特集】
手づくり+厳選ギフトで準備はバッチリ
親子でMerry Christmas!
クリスマスオーナメントを手づくりしよう!
子どもギフトコンシェルジュ

【親子時間が楽しくなる記事がいっぱい】
◆洗濯機で洗えるから、お手入れもノンストレス!
この冬、ママは洗えるニットしか欲しくない!
◆ハハもコも! 森の仲間たちとおしゃれしよう
 WE LOVEどうぶつアイテム
◆子どもの「おいしい!」が止まらない
 野菜が主役!の無限鍋
◆心も体もポカポカ温まる!
 親子で楽しむお風呂育のススメ
◆ロングインタビュー 柴田愛子
◆仲よくしたい、頼りたい、けどイライラ、モヤモヤ……
 「実家がしんどい」人の処方箋
◆便秘予防にも役立つ!
 免疫力アップのカギは腸活にあり!
◆日本の伝統遊びを現代風に!
 しげおかのぶこさんのNEOお正月遊び



【好評連載】
◆ だいすけお兄さんのパパシュギョー! 横山だいすけ・ヨシタケシンスケ
◆ 中川政七商店とつくる、季節のしつらい。
◆ 疲れていてもこれならできる! 10分献立 しらいのりこ
◆ おやこ プチプラごっこ 杉浦さやか
◆ 豊田エリーのエリゴノミ。
◆ 季節の絵本ノート
◆ 書店員さんおすすめ新刊絵本 ほか

参考価格: 710円

「親子時間」を楽しむ子育て情報誌kodomoe(コドモエ)

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

こどものとも年少版

2021年12月03日発売

目次: まあちゃんの みかんのき

西巻茅子 作

まあちゃんが生まれた時に庭に植えたみかんの木。まあちゃんの4歳のお誕生日に5個のみかんがなりました。
まあちゃんがひとつ食べると、甘くておいしいみかんでした。
お母さん、お父さん、犬のポンにもあげると、残ったのはひとつだけ! そこへヒヨドリがやってきて……。
子どもの気持ちの揺れをあたたかみのある絵で描いた、やさしいお話の絵本です。

絵本が大好きになる絵本

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

  • 2021/06/03
    発売号

4 子供の科学

誠文堂新光社

子供の科学

2021年11月10日発売

目次: ★次世代を担う新技術!
水素エネルギー
水素はさまざまな物質からつくることができ、使用時に二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーです。脱炭素や気候変動対策としても、水素は大きな注目を集めています。水素はなぜ利用価値が高いのでしょうか? どうつくり、どう運び、社会の中でどう利用するのでしょう? 水素社会実現に向けた最新の取り組みを紹介します。

・とじ込み付録
超リアル! ペーパークラフト ショベルカー
超リアルなショベルカーのペーパークラフトをつくってみましょう。今回はコベルコ建機のショベルカー「SK200」がモデルです。完成したらアームなどを動かすこともできます。

・2021年ノーベル賞研究解説
毎年、秋に発表されるノーベル賞。今年は10月4日の医学・生理学賞を皮切りに、翌日、翌々日に物理学賞、化学賞が発表されました。いずれもノーベル賞を受賞するにふさわしく、私たちの社会に大きな影響を与える重要な研究ばかりでした。この3分野それぞれについて、受賞対象となった研究を解説します。

・地球の歴史を秘めた驚きの痕跡
ウンチ化石のミステリー
恐竜などの古生物を研究する上で欠かせないのが化石です。しかし、骨や歯などの体の一部が化石になった「体化石」だけでは、古生物がどのような行動をしていたかは、なかなかわかりません。そこで、生物の行動が痕跡として残された「生痕化石」の研究が行われています。生痕化石の中でも古生物の排泄物の化石、つまり“ウンチ化石”を研究している千葉大学の泉賢太郎先生に、生痕化石やウンチ化石の研究について詳しくお話を聞きました。

・世界を変えた科学と実験
静電気をためる!
フランクリンのライデンびん
ドアノブなどに触ったとき、ビリッとする静電気のシーズンがやってきました。今回は、プラスチックのコップやアルミホイルなどを使って静電気をためる実験をご紹介。成功するとパチンと音がして火花が飛ぶおもしろい実験で、放電のしくみもわかります。

・学校でも塾でも教えてくれない生きる技術
ナイフを使ってみよう!
「生きる技術」の中で、ナイフを正しく使えることは最も重要です。ナイフは大自然の中で生きていくため、命を守るための基本の道具でもあります。木を切ったり、削ったり、加工して火をおこしたりすることができますし、獲物を獲る道具や、調理道具をつくることもできます。もちろん、災害時にもとても役立つ道具です。もし、あなたがナイフを使ったことがないなら、ここで紹介する方法でナイフの正しい使い方をマスターしましょう。

参考価格: 770円

小・中学生を対象にしたやさしい科学情報誌

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

天然生活

2021年11月19日発売

目次: 特集 深めて楽しむ、小さな暮らし/別冊付録1 二十四節気七十二候の暮らしカレンダー/別冊付録2 年末年始の料理レシピ

参考価格: 820円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:450円

シンプルな暮らしを楽しむ雑誌「天然生活」は、無理をせず、手を動かして、自分なりの暮らしを育む雑誌

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

6 オレンジページ

オレンジページ

送料
無料

オレンジページ

2021年12月02日発売

目次: 【特別付録1】
2022カレンダー
ワタナベマキさんの季節を楽しむ食ごよみ
【特別付録2】
毎日役立つ晩ごはん献立 Today’s Cooking

■一品で豪華見え!
 フライパンで肉ごちそう

■何につけてもおいしい
 野菜がとれる無限ディップ

■作っているときから、ワクワク。
 視線くぎづけ! ホットプレートメニュー

■この華やかさ、主役級!
〈絶対盛り上がる〉パーティバゲット

■老け見え、肩こり、冷えを改善!
 猫背が直る10秒ストレッチ

■3号連続企画 見えるところをササッと仕上げ
 完全版 茂木和哉の大そうじワザ80(リビング&仕上げそうじ)

■バウムクーヘンを素敵にデコ
 すぐできクリスマスケーキ

■フレッシュグリーンで手作り
 お正月まで飾れるクリスマスリース

暮らしに「おいしい」と「ワクワク」を。

  • 2021/11/17
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

こどものとも0.1.2.

2021年12月03日発売

目次: めだまやき

増田純子 作

フライパンで目玉焼きを作ります。
「たまごを ぽん。わりましょう」「じゅっ。やきましょう」「もうひとつ ぽん。わりましょう」「じゅっじゅっ。やきましょう」。擬音の「ぽん」「じゅっ」という言葉の響きと、切り絵のくっきりとした形、フライパンの黒、卵のの白身の白、黄身の黄色、それぞれの色のコントラストが赤ちゃんをひきつける絵本です。

赤ちゃんがいい気持ちになれる絵本

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

  • 2021/06/03
    発売号

8 ノジュール(nodule)

JTBパブリッシング

最大
13%
OFF
送料
無料

ノジュール(nodule)

2021年11月28日発売

目次: 【大特集】

 気ままが楽しい!
 『冬のひとり温泉』


●これだからやめられない!
 「達人のひとり温泉旅」

 1.山崎まゆみさんが“福島県 会津東山温泉”を案内
 「文化財の宿でお湯を楽しみ ひたすらのんびり過ごす」

 2.牧野伊三夫さんが“山梨県 甲府”を案内
 「駅前温泉天国で朝からゆるり 至福の一杯へ準備万端!」

●今行きたい!「ひとり温泉宿20」 
選者:温泉ビューティー研究家 石井宏子さん
 絶景の宿/養生できる宿/美食の宿/秘湯の宿/憧れの名宿

●名作を生んだ作家の温泉旅
●ひとり温泉のお供にしたい1冊

●「ひとり歩きが楽しい温泉街へ」
 1.情緒あふれる湯の街を浴衣姿でそぞろ歩き
  兵庫県 城崎温泉

 2.江戸時代から守り続ける13もの外湯、湯の郷の村
  長野県 野沢温泉

●ひとり歩きが楽しい「温泉地東西番付」

●温泉オタク永井千晴さんに聞く
 「はじめてのひとり温泉指南」

●ノジュール読者に聞きました!
 「私のひとり温泉旅」


【特集】

 自然が生んだ奇跡の美
 『極寒!真冬の絶景』

●ジュエリーアイス、霧氷、ダイヤモンドダストとサンピラー など
●真冬も元気な生き物たち
●真冬の絶景を生み出す自然現象

【特集】

 出会いが広がる
『ラジオの時間』
  
●TBSラジオ「アシタノカレッジ」
●NHK第1・NHK-FM「ラジオ深夜便」
●TOKYO FM


【連載】
●季節でめぐる世界の絶景 第14回
 ジェンネ旧市街 写真:竹沢うるま
●河合 敦の日本史の新常識 第15回
 外交音痴が招いた元寇、神風思想は幻想だったのか?
●東西高低差を歩く 第26回 関東編
 異人たちが驚いた スリバチ? ~横浜・山手~
●あの日の時刻表 第15回
 「フルムーン」と「ナイスミディ」
●“令和版”東海道中記 第12回
 難所、大井川を渡って 駿河国から遠江国へ
●ドクター格子のからだリフォーム体操 第14回
 脚
●京懐石の老舗が教える旬のおかず 第15回
 平目のかぶら蒸し風
●老後に備えるあんしんマネー学 第14回 畠中雅子
 計画的に貯めて 旅ができる旅行積立
●心ときめく今月の名作 第15回
 夜のポツダム広場 レッサー・ユリィ
●見つけてきました! 第27回
 きみがらスリッパ
●読者の本音 第27回
 お酒
●旅と暮らしのひとコマから
●今月のパズル

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

「ノジュール」は、直接皆さまのご自宅にお届けする “50代からの旅と暮らしの情報雑誌”です。

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

9 サンキュ!ミニ

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

月刊クーヨンの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌