月刊クーヨン 発売日・バックナンバー

全230件中 1 〜 15 件を表示
*********************

「森と木に子どもを育ててもらう!」クーヨン2022年9月号発売のお知らせ

クーヨン2022年9月号発売のご案内

**************


第1特集

自然の力が助けてくれるから

森と木に子どもを育ててもらおう!



育児が大変。
子どもの考えていることがわからない。
つきっきりで見ているのがしんどい……。
SNSなどでそんな声をたくさん見かけます。
そんな悩みを、森の育児で解消できたひとたちがいます。
また、「木」を子どもたちのあそびや生活にふんだんに取り入れて
人気を得ている園や施設が増えてきました。
森や木は、どうして子どもと相性がよいのでしょう。
森と木のある育児を特集します。




●育児と森の相性がバツグンな理由

萩原裕作さん(岐阜県立森林文化アカデミー教授)

岐阜県が森林教育の場として展開する森林文化アカデミーのなかに、
子ども達の森でのアクティビティを支援する
morinosというスペースがあります。
森を使った、森のようちえんをはじめとする活動で、
子どもも大人ものびのびと育つようすをご紹介します。



●森の国ニッポンの子どもたちは大人が伝えるべきこととは

涌井史郎さん(岐阜県立森林文化アカデミー学長)

森林文化アカデミー学長の涌井史郎さんは、
ランドスケープの専門家でもあります。
森の国日本の再興を目指されてきた活動のなかで、
子ども達にどのように
森と関わって欲しいと考えているのか、
また日本の森の豊かさについてうかがいました。



●木々のなかで自然の一部になろう

葭田あきこさん(花の森こども園 園長)

埼玉県秩父市にある森のようちえん「花の森こども園」は、
国内でも歴史が長い森のようちえんです。
虫、植物、動物も含めた森の多様性を、
子ども達はどんなふうにあそび、成長しているのか。
ある1日を取材したようすをたっぷり紹介します。



●木のおもちゃづくりにチャレンジ!

足立由美子さん、足立志次磨さん(ツグミ工芸舎)

プラスチック製や電動、デジタルのおもちゃにはない魅力が、木のおもちゃにはあります。
月日を経るごとに味わいを増し、最後は土に還る。
そんなおもちゃは、手作りすることも可能です。
今回はごく簡単に、木工の基礎的な技術でつくれるおもちゃをつくってみましょう。



●あかちゃんは木で安心して育ちます

中戸朋寛さん(めぐみこども園副理事長)

福井県福井市にあるめぐみこども園は、木育に力を入れることで知られ、
理事の中戸朋寛さんは現在、福井県内の木育の振興にも力を入れています。
6月にオープンした、県産の木材を用いて作られた「めぐみこどもLibrary」と
園の取り組みについてうかがいました。



●木のおもちゃでもっと子どもにあそびを!

石井今日子さん(福岡おもちゃ美術館 館長)

森林が身近にない都市住民にとって、木と触れ合う機会は、意図的につくる必要があります。
そんな意味でも、木のおもちゃは、子どもが木と触れる大切なチャンスといえます。
さらにそういったおもちゃでのあそびを支援するのが、各地の「おもちゃ美術館」。
触ってあそべ、館内もすべて木で包まれる空間から、子どもはなにを学んでいるのでしょう?



●国産木材の安心おもちゃ

(編集部)

木のおもちゃにも、さまざまなものがあります。
森の国に住むわたしたちだから、ここはやはり国産の木のおもちゃに注目したいですね。
ひのきのいい香りがしたり、桜やケヤキなどの木目の違いに驚いたり。
そんな経験ができるおもちゃを集めました。
クレヨンハウスの店舗とオンラインショップで購入もできます。




特集2

その保険本当に必要ですか?

ムダなお金を保険にとられてない?



健康不安や経済不安、
さまざまな不安に「保険」が忍び寄ってきます。
いまは気軽に入れる価格のものも増えましたが
果たしてどのくらい意味があるのでしょう?
お金にシビアになりたいいま、
保険について考えてみましょう。


●お話:後田享さん



【役立つ連載がたくさん! 】


●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
第1特集

旬の彩りや活力も取り込んで

妊娠中、離乳食、幼児食も

「重ね煮」ひとつですくすく


子どもの育ちには、「ごはん」が欠かせません。
乳児ならおっぱいや離乳食、幼児なら日々のごはんが
すこやかさやおだやかさにつながる面が大きいもの。
そこで、妊娠・授乳中のおかあさんのごはんの工夫や不調時のお手当て食、
そして離乳食、幼児食までを、
発達に合わせてどう工夫したらいいのか、大特集します!


●かぞくで食べたい取り分け離乳食

渡辺麻里子さん、齋藤美保さん(ともに「いんやん倶楽部」)

食材の性質に沿って、順に切って鍋底から重ね、蓋をして火を入れる。
ただそれだけで、おいしくて健康によい料理に仕上がるのが「重ね煮」です。
途中の取り分けで、
離乳食初期からOKという気楽さを、ぜひお試しください。


●おいしいおっぱいになる重ね煮

西岡彩子さん(助産師)

野菜中心で油を使わないレシピだと、
それを食べたおかあさんのおっぱいが
サラッとして甘みのある、おいしいおっぱいに。
あかちゃんにも飲みやすく、おかあさんは
乳腺炎などになりにくい、一挙両得のレシピです。


●妊娠中から授乳中までの、不調がやわらぐお手当食

齋藤美保さん(いんやん倶楽部)

あずきやかぼちゃ、葛などをつかった「手当て食」で、やたらと薬を飲んだりできない
妊娠期から授乳中のおかあさんの体調不良を改善する方法です。台所にあるものでできる
おだやかな手当て法は、あかちゃんや幼児にも役立ちます。


第2特集

2022年の夏に考えたい

戦争報道のワナに翻弄されないために


ウクライナでのロシア軍の侵攻が続くこの夏。
わたしたちはあらためて、平和を築くための手立てを
取り戻さなければなりません。
戦争では、報道が正しく現状を報じないことで
市民が誤った判断に巻き込まれていくことがしばしば起こります。
現代は、フェイクニュースの問題も。
そこで、戦争報道にたいするわたしたちのとるべき態度について
考えていきます。

●戦争報道を見るときの重要な視点とは?

大治朋子さん(毎日新聞編集委員)

●報道ではわからない人権問題を考えるために

土井香苗さん(国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」日本代表)


【役立つ連載がたくさん! 】

●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」 ー今月のテーマはアデノウイルスー

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば
特集1

コロナ禍で増えています

子どもが猫背に
なっていませんか?



コロナ禍で室内で過ごすことが多かったこと、
タブレットやゲームの時間が増えたこともあり、
猫背になる子どもが増えているようです。
猫背は、呼吸器の発達を妨げたり、
転倒しやすくなるなどいいことなし。
何より、体幹の育ちの弱さが、
意欲や俊敏さを妨げてしまいます。
それぞれの子がのびやかでいられる
姿勢が育つ、エクササイズと習慣をご紹介します!


●「歩く」保育で体幹も姿勢も育つ(土田妙子さん)

保育の中で、体幹を育てるために「歩くこと」を重視してきた土田妙子さん。
1年間の子どもの変化を写真で比較しながら、歩くことの効果を見ていきます。

●親子で脱・猫背チャレンジ!(西村猛さん)

理学療法士として、子どもの姿勢を考えてきた西村猛さん。もともとの筋力の弱さや
無理な姿勢の習慣化など、猫背になる理由ごとに、対策をおしえていただきました。

●姿勢が良くなる魔法のフレーズ(大橋しんさん)

姿勢の良し悪しには、呼吸が大きく関わっているといいます。自分のからだのバランスを、
ここちよい呼吸ができる状態に持っていくことで、自然な姿勢をとりもどす方法です。



特集2

ペットショップのある国で
保護犬と暮らす

飼いきれない、と保健所に連れられてくる動物たち。
被災地で避難所には連れて行けないからと、泣く泣く飼い主と別れた動物たち。
そんな動物たちに、ふたたびあたたかい家族を探す。
そんな活動が広がってきています。
犬を飼うなら、ペットショップではなく保護シェルターへ。
活動するひとと犬たちを取材しました。

●震災後を生きる動物たち支えるひとたち(佐藤夢乃さん)

●ペットショップではない選択を(中山政美さん)



【そのほか役立つ連載がたくさん! 】

●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」ー今月のテーマはピロリ菌ー

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば

第1特集


発達相談が増える時期です
うちの子集団生活が苦手?
そんなとき できることが!


入園・入学から数ヶ月経つ頃は、集団の中でのわが子のようすに
「気になる」ことが出てくる頃でも。
また、保育者とのはじめての面談で、思いがけない子どものようすを聞いて驚くことも。
そんなとき、いきなり病院に行く前に、試してみたいことがあります。
また、保育者とのじょうずなコミュニケーションで、
子どもが安心して過ごせる環境を準備したいもの。
子どもの発達で気になることがあったときに、
おうちでできることをご紹介します。






●保育者へのリクエスト、じょうずな伝え方

大桑るいさん(作業療法士)


わが子が園でうまくいっていないことがあるとき、
保育者に上手にサポートしてもらうためにも
いい関係を築きたいもの。
文句や一方的な注文より、相手がやりやすい方向でお願いできるといいですね。
たくさんの発達相談を受けてきた大桑るいさんに、
よい協力関係を引き出す伝え方をおそわりました。


●子どものタイプ別「困りごと」サポート術

遠藤雄策さん(小児科医)


敏感な子、トラブルを起こしがちな子、マイペースな子……。
それぞれの子どもごとに、周囲が関わり方をうまく調節することで、
子ども自身の「困り感」を減らすことができます。
子どもの発達のデコボコを、「障がい」と捉える前に、
「困り感」を減らせたら、それだけで子どもは生き生きしてきます。


●食を変えると子どもが変わる!

内山葉子さん(葉子クリニック院長)


発達のグレーゾーンにある子やその手前にいる子たちのなかに、
胃腸の不調やアレルギーなどで苦しんでいる
というケースがあります。
そんな場合、食事の内容を見直すことで、状態が変わる可能性があります。
食と発達の凸凹との関係を、治療経験豊富な内山葉子さんにうかがいました。




●あかちゃんからの「からだの地図」づくり

高尾明子さん(シェルハブ・メソッド®指導者)


発達の凸凹がある子どものなかには、からだがかたかったり、感覚が充分に育っていない場合があります。
「シェルハブメソッド(R)」の指導者である高尾明子さんに、
生まれてすぐからはじめられ、子どもの身体感覚がぐっと伸びる
「からだの地図」づくりををお聞きしました。脳の育ちを刺激します。




第2特集


発酵の季節です
腸がよろこぶぬか漬け菌生活のススメ


山田奈美さん(薬膳・発酵料理家)



気温が低すぎず、高すぎない6月は、
発酵のために働く「菌」がいちばんあつかいやすい季節です。
今年は「ぬか漬け」、はじめませんか?
漬けるだけで、おかずが一品増える。
食べ続ければ腸内環境がよくなる。
腸内環境が良くなれば、免疫力が増します。
そんなすばらしい伝統の知恵を、
子どもたちにも経験してほしいですね。








【役立つ連載がたくさん! 】


●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」ー今月のテーマはブドウ球菌ー

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば


第1特集


「自然とたくさんあそばせてますか?

子どもが育つ地水火風のあそび術」


ちいさな野の花、動き回る虫、簡単には捕まえられない小動物……。
子どもたちの目線は、大人が見過ごしてしまうような
地面の隅っこや、狭い路地などに、いつだっておもしろいものを発見します。
そこで生まれる「何だろう?」「どうしてだろう?」という好奇心こそ
幼児期にうんと育ってほしいもの。
習いごとやお勉強では、なかなか伸ばせないものでもあります。
自然を相手にあそぶことで、子どもは五感をはじめ
想像力や、自然に包まれる安心感を育てます。
世界を信頼して生きていけるようになるためにも
ぜひ自然とのあそびを、たっぷりたのしんでください。



●「安曇野シュタイナーこども園おひさまにおそわる、森でのあそび」

西巻琴美さん(安曇野シュタイナーこども園おひさま園長)

森のようちえんであり、シュタイナー園でもある「おひさま」は、
恵まれた周囲の自然環境を生かし、たっぷり外あそびをたのしみます。
触覚、生命感覚、運動感覚、平衡感覚の4つを育てるあそびをおそわりました。



●「嶺町幼稚園の、感性を豊かにする室内あそび」

斎藤晴彦さん(嶺町幼稚園園長)

多くのシュタイナー園は、木の実や羊毛、自然素材の人形、シルクの布など、
自然な素材をあそびの道具として用意します。想像力をかきたてる素材は、
子どもたちの「ごっこあそび」を豊かにしています。




●「探してあそぶまちの植物」

鈴木純さん(植物観察家)

自然がないと、自然体験はできない! と考えるひとは多いもの。
ところが、植物観察家の鈴木純さんは、都市ならではの植物の姿は、
ものすごくユニーク、と言います。「いつもの道」でできる植物観察をご紹介します。



●「太陽・月・星を子どもと感じてみよう」

髙橋明男さん(私立幼稚園園長)

1週間を惑星であらわし、月の運行でカレンダーをつくった人類は、
天体の運行と切っても切れない関係です。むしろ、月や太陽のリズムに素直にしたがうことで
健康が保たれたりするものです。そんな天体と、子ども時代から親しんでいきましょう。






第2特集
「静かに流行中 !?
ニワトリのいる暮らし」


ニワトリを飼うひとが増えている……そんな噂を聞きつけて、現場に取材に駆けつけました。
サステナブルな暮らしを送るひとほど、ニワトリのいる暮らしに魅かれるようす。
犬や猫より飼いやすい、というニワトリのいる暮らしを取材しました。


●「ニワトリと暮らしてわかったこと」

繁延あづささん(写真家)

養鶏をはじめたい、と言い出した息子さんをきっかけに、家族でニワトリを飼うことになり、
やがて夫が本業とするに至った繁延さん家族。
ニワトリがいる暮らしって、どんななのでしょう?


●「ニワトリで循環する暮らし」

小野寺愛さん(一般社団法人そっか共同代表)、
中西彩子さん(サイショク料理家)、
中村佐和子さん(FLAG Cooking Studio主宰)


神奈川県の逗子市では、庭やベランダでニワトリを飼うのがブームとか!? 
なぜ? を知りたくて3家族を取材しました。



●どんな卵を食べたいですか?

枝廣淳子さん(環境ジャーナリスト)

日本の養鶏は、ニワトリにとって過酷な環境で、
動物愛護の立場からは国際的に批判もされています。
変えていくには、消費者が、卵や鶏肉を選ぶ時の基準が重要に。
ポイントをうかがいました。



【役立つ連載がたくさん! 】


●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●絵本の紹介も! 落合恵子「また木を植えてみようじゃないか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」

●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」ー今月のテーマはボツリヌス菌ー

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes

●今月の絵本

●Book Review

●みんなのトークひろば






*****
第一特集



「ウイズコロナ時代に役立つ

子どもができるセルフケアの知恵」



ちょっとした不具合で病院に行くのは、とてもはばかれるいまの状況。

とはいえ、乳幼児はしょっちゅう熱を出したり、調子を崩したりして心配も多い時期です。

そんなときに、おうちでできるセルフケア法を知っていると、こころづよいですね。

簡単だけど、子どもの安心と健康をしっかりサポートできる。

そんなセルフケア法を特集しました。



●「いまだから聞きたい5つの質問」

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)


子どもが新型コロナ感染症で重症化しにくい理由や、

免疫を落とさないための暮らし方などを、

小児科医で微生物学者でもある

本間真二郎さんに聞きました。

「重症化しやすいひと」についても、

「なるほど!」と理解できるお話です。



●「子どもとつくる養生食レシピ」

いしづかかなさん(親子料理研究家)


黒豆やレモン、葛やバナナをつかって、

おだやかにからだを元気にしてくれる「養生食」をつくりましょう。

風邪気味の時、疲れた時、

ほっとする「わがやの養生食」があれば、

それだけで子どもたちも安心してくれます。



●「子どもに伝えるふだんの手当て」

加納由美さん(鍼灸師)


鍼灸師の加納由美さんからは、鼻詰まりや咳、

車酔いやストレスがかかったときによいツボと手当て法をおそわりました。

慣れれば子どもも自分でできる手当て法です。

タオル一枚でできる風邪予防法も、きっと役立ちます。



●「最高のケアはプラセボ効果!?」

伊達伯欣さん(医師・つゆくさ医院院長)


漢方の処方を得意とする医師の伊達伯欣さんですが、

親子間での最高の医療は「おまじないかも」と言います。

「痛いの痛いの飛んでけ!」など、子どもの不具合のときのおまじないは、

お互いの信頼があって成り立つもの。

そのほか、花粉の時期の手当ても紹介します。



●「幼児のコロナワクチンどう考えたら?」

森内浩幸さん(長崎大学大学院医歯学総合研究科教授)、長尾和宏さん(長尾クリニック院長)


子どもの感染症の専門家である森内浩幸さんと、

子どものワクチン「後遺症」の治療に携わる医師の長尾和宏さん。

それぞれ異なる視点から

子どもへの新型コロナワクチン接種についての考え方をうかがいました。

わが子のためにベストな選択をするためにも、ぜひご参考に。





第二特集

コロナ禍に終末期を考える育児世代が増えています



とつぜんの事故や病気で、意識がないままに治療がはじまったら……。

子どもを残して死ぬことになったら……。

そんなことが、コロナ禍で頭をよぎることが増えています。

実際、若い世代が「終末期医療」や、

亡くなったあとどうしてほしいかを残す「エンディングノート」に

注目しはじめているようです。

そこで、育児世代がいま考えておきたい「終末期プランニング」を特集しました。



●「自分が受けたい医療のかたちは、自分の意志で決めたい」

岩尾總一郎さん(公益社団法人日本尊厳死協会理事長)、近藤和子さん(公益社団法人日本尊厳死協会理事)



●「子育て中から考えたいエンディングデザイン」

井上治代さん(NPO法人「エンディングセンター」理事長)





【 4月からスタートの 新 連 載 】



●寺尾紗穂さんのエッセイ「親子は続く」

●モンテッソーリ教師あきえさんが毎月ていねいに解説する「きょうからできるモンテッソーリ」

●国光美佳さんが全国の取り組みを紹介する「ミネラル・オーガニック給食の園だより」

●装いをあらたに、落合恵子「また木を植えてみようか」

●きょうの献立はこのページで決定!「『あと1品』のアイデア30日」





【好評連載は4月号からも続きます!】



●小鮒ちふみさんの「子ども養生通信」

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●山下直樹 さんの「『気になる子』のためのわらべうた」

●本間真二郎さんの「子ども病院」ー今月のテーマは肺炎球菌ー

●伊達伯欣さんの「Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる」

●映画やアートの情報欄ーPetitJourney

●育児世代のためのニュース解説ーCooyon eyes・原発とエネルギーを学ぶ朝の教室

●今月の絵本・子どもの本の学校

●Book Review

●みんなのトークひろば

****

[月刊クーヨン]2022年3月号の特集は
「子どものトイレ、うまくいく方法!」。

****

特集

排泄上手が健康のひけつ

子どものトイレ

うまくいく方法!



就園、就学を前に、
トイレ周りの心配が本格化。
「まだうんちはおむつじゃないとできなくて…」
「外のトイレは苦手みたい」
「ひとりでトイレに行けないのはなぜ?」
そんな悩みに、専門家の皆様がアドバイスします。
もうひとつ大切なことは、
うんちおしっこは、からだからのお便りだから、
トラブルがあれば、改善した方がいいということ。
色々な角度から、子どもの「トイレ問題」
解決します!


●「わがやのおむつなし育児」

吉川ひなのさん(起業家)

ハワイで3人の子どもたちを育てながら、
オーガニックな暮らしを探求中の吉川ひなのさん。
ふたりめの育児からきわめたという
「おむつなし育児」をただいまも実践中です。
大人の便利さより、子どもの快適さを考えたら
「おむつなしになった」という、吉川さんからのメッセージです。


●「なぜ子どもは『うんち』が好き?」

村上八千世さん(アクトウェア研究所主宰)

子どものための「行きたくなるトイレ」を設計してきた村上八千世さん。
ながらく「くさい、きたない、暗い」イメージだったトイレを変えたら、
子どもたちは自らトイレに行くように。
また、おむつ替えの時の「すっきり!」を経験することも、
排泄習慣だけでなく、親子関係のベースづくりにもプラスになる、と話します。


●「意外と便利な布おむつ」

田口眞弓さん(助産師)

もはや絶滅寸前!? の布おむつですが、
じつは排泄感覚を育てるのには最適、と田口眞弓さん。
おしっこやうんちが出たら、きれいにすると気持ちいい! 
この経験のくり返しが、トイレットトレーニングの伏線となるのです。
災害時に紙おむつが不足しても慌てなくなる、という利点も! 
意外と便利な布おむつの紹介です。


●「モンテッソーリ教育のトイレットラーニング」

あべようこさん(日本&国際モンテッソーリ協会公認教師)

モンテッソーリ教育では、トイレットトレーニングではなく
「トイレットラーニング」と言います。
大人がしつけるのではなく、子どもが自ら学ぶ、という方法で、
ひとりでトイレに行けるようになるまでをサポートするのです。
スモールステップで、0歳からスタートする「トイレットラーニング」を解説します。




●「心地よい排泄のためのホームケア」

本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)

便秘、下痢、おもらし、おねしょ……。
育児中、きっとどれかひとつ以上は悩まされることと思います。
小児科の医師として、また腸内の微生物の専門家として、
こうしたトラブルへの対処法を、おなじみ本間真二郎さんにうかがいました。
基本は毎朝の「いいうんち」。するっ! とバナナ型うんち、出てますか?



【 そのほか 好 評 連 載 】



●子どもにおしえたい! すごい大人 

12人目は……太田啓子さん


●小鮒ちふみさんの子ども養生通信

3月は「菜の花」


●ウェルカム! わが園の絵本の時間 

今月は、しぜんの国保育園におじゃましました!


●「気になる子」のためのわらべうた

「今月の動きは[くすぐる]」/山下直樹 さん


●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」



●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる

「子どもの育ちとアート⑨」/伊達伯欣さん



●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子



ほか多数


**************************
クレヨンハウスの編集部の公式Instagram 
いろいろ更新中!
アカウントは
@cooyon_iine_editors

最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。

**************************

さて次号4月号は16ページ増のリニューアルです。
子ども情報は変わりませんが、大人のページが充実します。
そのため、税込990円に値上げです(スイマセン、ご理解ください!)。
定期購読だと断然お得です。鋭意取材中です。
ご支援よろしくお願いします。

**************************
特集

産後すぐがとくに大事!

産後夫婦の危機

どう乗り越える?



コロナ禍で育児に周囲の手を借りにくいいま、
夫婦間のコミュニケーションがさらに重要になっています。
産後うつが、男女ともに増加しているなか、
育児をたのしめるような、よりよい関係を築くにはどうしたら?
「クーヨン」読者の声をもとに、
専門家のアドバイスをふんだんに掲載しています。
ぜひ夫婦でご一緒にお読みください!



●「ちょっと言わせてほしい! 産後、読者のこころの叫び」

クーヨン読者のアンケートより

クーヨン読者に「産後大変だったこと」
「ありがたかったこと」についてアンケートを実施したところ
いつもになくたくさんのご回答をお寄せいただきました。
そして産後大変だったことの第2位が、
「パートナーのこと」でした。
読者の声から、
いまわたしたちが直面する課題が見えてきました。


●「産後の夫婦の溝が深まるわけ」

窪田容子さん(臨床心理士・公認心理師)

夫婦カウンセリングを行う窪田さんに、
産後のカップルの心身の溝が深まる理由と、
その修復法をお聞きしました。
それぞれ相手に抱く不満には
「もっとも」な理由がありつつも、
どう歩み寄るのかが修復の鍵に。
産後うつや子どもへの虐待になってしまわないために、
いろいろなことを「共有」するよう提案します。


●「産前からやりたいクライシス予防法」

塩野悦子さん(助産師)

俗に「産後クライシス」と言われる、
産後の夫婦関係の悪化や、心身の不調。
できれば産前から対策できるといいですね。
子どもの成長とともに、
パートナー関係も成長できるよう、アドバイスをもらいました。
心身の負荷が高い女性と、慣れないことだらけの男性。
多くのこうしたカップルが、リセットできたというノウハウです。


●「産後サポート、活用しましょう!」

後藤さよこさん(産後ドゥーラ)

産後のしんどい時期のサポートに、
「産後ドゥーラ」の利用ができる自治体が増えてきました。
女性の身体が出産からの回復期にある頃、
身の回りのお世話から、食事の準備、
片付けなどを請け負ってくれる存在です。
こうしたサポートを、じょうずに活用してみませんか?


●「男性も育休を!」

羽田共一さん(国立大学附属小学校教員)

ふたりの子どもの出産時に、
それぞれ4ヶ月の育児休暇を取得した羽田さん。
日本の産休・育休制度は、
上手に活用すればとても充実度が高い、といいます。
夫婦で育児のスタート期に分担・協力し合った経験は
その後の関係をよくするだけでなく、仕事の質も高めるとも。
今後の男性の育休の行方を、
羽田さんの例から考えてみませんか?


【 そのほか 好 評 連 載 】

●子どもにおしえたい! すごい大人 

11人目は…安田菜津紀さん


●小鮒ちふみさんの子ども養生通信 

2月は「ビーツ」


●ウェルカム! わが園の絵本の時間

今月は、陽だまり保育園におじゃましました!


●「気になる子」のためのわらべうた

「今月の動きは[跳ぶ]」/山下直樹 さん


●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」


●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる

「子どもの育ちとアート⑧」/伊達伯欣さん


●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子


ほか多数
特集

お年玉の季節にスタート!

子どもに「お金」どうおしえる?



ギフトやお年玉の季節ですね。

いまこそ「お金」をどんなふうに使うか、

親子で考えるチャンス!

自分のため、将来のため、社会のため……。

お金のいろいろな使いみちを考えることは

未来を考えることでもあります。

子どもが「お金」と出会う機会に、

Goodな未来のための使い方を、一緒に考えましょう。



●「本当に伝えたいお金のはなし」

浜矩子さん(エコノミスト)



近頃流行りの子ども向けマネー教室や、

学校で始まる金融教育に

「異議あり!」の浜矩子さん。

「自分さえよければいい」という考えに

向かってしまいかねない「マネー教育」より、

「お互いを助け合うお金」を大切に、と語ります。





●「子どもが主役の地域通貨『まーぶ』に注目」

特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝



子どもがお手伝いやボランティアで稼いだ地域通貨で、

気兼ねなく子ども食堂を利用。

そんなことが実現しているのが箕面の地域通貨「まーぶ」です。

「まなぶ」と「あそぶ」をうまく取り入れた地域通貨を、取材しました。





●「お隣の国のおこづかい事情」

山本登志哉さん(はっけんラボ所長)



子どものおこづかい、どうしていますか?

額もさることながら、使いみちをどうおしえるか

悩んでいるひとは多いようです。

貯める? 使う? おごる? 

東アジアの国々の事情を参考に

「わがやルール」を考えてみましょう!



●「3きょうだいのおこづかい事情」

小野寺愛さん(一般社団法人「そっか」共同代表)



Save (貯める)Spend(使う) Share(寄付する)の

3つの用途別の貯金箱を用意した小野寺愛さん。

子どもたちと、お金の使いみちを一緒に考えるための方法を

おしえてもらいました。



●「地球を壊さないお金の使い方」編集部



お年玉をきっかけに、

子どものために預金の口座を準備するケースが多い中、

預け先の金融機関についても、ぜひ意識してみてほしいことが。

預けたお金が、核兵器や環境破壊につながる開発などに

使われているかもしれないのです!



●「お親子で考えるお金の使い方発見シート」

山本登志哉さん監修



お年玉やおこづかいを、

どんなふうにつかったらいいのか親子で考えるために

Save (貯める)Spend(使う) Share(寄付する)の

欄をもうけたシートを作りました。

「お金」のはなしのきっかけに、ぜひご活用ください。





【 そのほか 好 評 連 載 】

●子どもにおしえたい! すごい大人 

10人目は…高田秀重さん



●小鮒ちふみさんの子ども養生通信

1月は大根



●ウェルカム! わが園の絵本の時間

今月は、みさと市幼児教室 風の子園におじゃましました!



●「気になる子」のためのわらべうた

「今月の動きは[そっとわたす]」/山下直樹 さん



●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」



●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる

「子どもの育ちとアート⑦」/伊達伯欣さん



●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

ほか多数

子どもの未来をよくするために!

今年のクリスマスは「経験」を贈ろう



モノがあふれる社会で現代の子ども達は

「経験が不足している」と言われます。

とりわけ「習い事」のような目的を持った経験というより、

生きていく上で欠かせない、「良質な習慣」が育つ経験が大切です。

それは、自然と持続可能な社会をつくっていける習慣でも。

里山・コンポスト・発酵食・かがく・学び。

一見バラバラに見えるそれぞれが、じつは深いところでつながっている。

そんなことも見えてくる特集です。

今回は、読者プレゼント企画もありますよ!





●今森光彦さん

  「里山の風景を子どもたちの未来へ」


自然とひととのちょうどよいあり方を「里山」の保全で次世代につないでいこうとする今森光彦さん。

子どもたちの未来のために、残したい風景についてうかがいました。



●たいら由以子さん(ローカルフードサイクリング代表取締役)、永田由利子さん(循環生活研究所理事長)

「子どもと体験するコンポストと循環生活」


環境を守ためには土をよくすること。そのために、子どもとはじめたい「コンポスト習慣」をご紹介します。

できた堆肥で野菜を育てて食べるまでの循環を、ぜひ家族で体験してください。



●寺田聡美さん(料理家)

「菌と仲よくなれる発酵食習慣を贈る」


微生物との共生は、これからの時代の人類の課題です。そのためにも、微生物に生かされ、守られていることを

子どものときから感じられる「発酵食習慣」を取り入れたいですね。





●岳川有紀子さん(こどもサイエンスプランニング代表)

「考える力を育む『かがくの種』を贈る」


「どうしてだろう?」と考えることが、科学のはじまりです。考える習慣は、日々の積み重ねで身につきます。

そこで、身近な「不思議」をとっかかりに、「かがくあそび」で考えるたのしさを贈りましょう!





●守安あゆみさん(認定NPO法人コクレオの森副代表理事)

「子ども主体の多様な学びの場を贈る」


世界的にも教育は「教えるー学ぶ」という一方向のかたちから、「自ら学ぶ」という自発性を大切にする方向へ

進んでいます。幼児期の終わりを見据えて子どもに贈りたい、子ども主体の学びの場をご紹介します。



・エッセイ「子どものへのおくりもの」/伊達伯欣さん、藤原辰史さん







【 そのほか 好 評 連 載 】



●小鮒ちふみさんの子ども養生通信 12月は白菜

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●おじゃまします! 絵本の時間・子どもの時間 今月は、もなみ幼稚園におじゃましました!

●子どもにおしえたい! すごい大人 9人目は…新沢としひこさん

●家族のSDG’s 「タルマーリのパンから考える地域経済」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[どきどきする]」/山下直樹 さん

●本間真二郎さんの「こども病院」ー12月は「アスペルギルス」について

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもの育ちとアート⑥」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

・ニュース解説「Cooyon eyes」

・「Book Review」

・「情報コーナーPetit Journey」

・読者の声「Reader’s Voice」

特集

子どもも困っている!?

「子どもにイライラ」

親の解消法



息抜きの外出もままならず、親子差し向かいの時間が長くなるに連れ、

子どものちょっとしたことでイライラ……。

コロナ禍での日常は、親にも子にも、しんどいですね。

一方で、子どもについイライラする場面というのは、案外限られています。

だからこそ、ちょっとした工夫で、大きく改善できることも!

子どもとの暮らしを「苦」にしない、

プロのアドバイスを、今日から取り入れてみませんか。



●さくらしんまち保育園「イライラしないたのしい食事時間はここにあり」

自分の食べたい量を自分で決める、食べたくなったら食事タイムになどなど、

工夫をこらして、食べ残しも立ち歩きもなし! そんな園の実践からヒントをもらいます、



●モンテッソーリ教師あきえさん「『おうちモンテ』で朝の身支度はバッチリ!」

朝、起きてから登園までが毎日大変! そんな悩みをよく聞きます。

コーナーづくりや、流れのルーティン化で、子ども自身が「自分でできる」を目指しましょう。



●清水悦子さん(夜泣き専門保育士)「夜泣き、寝ない子なんとかならない?」

あかちゃんの夜泣きや授乳で、とくにおかあさんがヘトヘトになること、多いですね。

あかちゃんの眠りのリズムを知ると、手立てが見えてきますよ!



●立野由美子さん(モンテッソーリ治療教育家)「イライラしないで子どもとあそぶ工夫」

延々続くおままごと、つきあい続けるのは限界! もうあそびを思いつけない!

そんな悩みの解消に、子どもがひとりであそびだす仕掛けやあそびの工夫をお伝えします。



●大桑るいさん(作業療法士)「ふせんメモで頭スッキリ整理術」

日常のイライラ、じつは子どもより、パートナーや自分にイライラしている、ということも!?

そこで、ふせんを使って、頭のなかのもやもやを一旦全部、整理してみましょう。





【 そのほか 好 評 連 載 】



●小鮒ちふみさんの子ども養生通信 11月はごぼう

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●おじゃまします! 絵本の時間・子どもの時間 今月は、青空保育ぺんぺんぐささんにおじゃましました

●子どもにおしえたい! すごい大人 8人目は…小川多鶴さん

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[見分ける]」/山下直樹 さん

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもの育ちとアート⑤」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

ほか多数
*特集
毒になるものは入れない!
子どもの脳と腸を傷つけない食事


コロナ禍で改めて見直されている「免疫力」。
免疫細胞の7割が腸内に存在していることから、
腸内の健康をどう守るかが、免疫力のカギを握ります。
さらに、腸内環境は脳の状態にもつながっていることが
多くの研究で明らかになってきています。
食物アレルギーや風邪のひきやすさといった健康面と、
発達の凸凹と呼ばれる、子どもの気になるようす。
そのどちらも、食で変えていける可能性があるのです。
多くの知見をお持ちの専門家に、詳しく聞きます。




◎わたしがオーガニックを選ぶ理由
ショコラさん(アーティスト)


歌い手として活躍するショコラさんは、
1児の母として「食」に向き合う日々。
発酵食品やオーガニック食材を使い、
息子さんのからだにやさしいごはんをつくっています。
その思いをうかがいました。


◎わがやのおいしいナチュラル生活
末田千鶴さん(mimoza舎主宰)


ご自身やお子さんのアレルギーをきっかけに、
東洋医学や薬膳を学んだ末田さんは、
腸を傷つけない食べ方を研究中です。
自然との繋がりを大切にする暮らしで、
お子さんの食をどのように工夫しているのでしょうか。


◎毒出し薬膳レシピでめぐるからだに!
山田奈美さん(薬膳・発酵料理研究家)


薬膳の理論をベースに、
自然に沿った暮らしと食べ方を追求する山田さん。
脳や腸を傷つけないためには、
めぐりのよいからだであることが大切だと言います。
そのために日々取り入れられる食のレシピをご紹介します。


◎こんな食生活が脳と腸を傷つけます
内山葉子さん(医師)


アトピーや花粉症、発達障がいや自閉症スペクトラム、
化学物質過敏症などの治療経験が豊富な内山さんは、
食べ方で、多くの子どもの病気は未然に防げる、と言います。
自然治癒力を大切にする食べ方とは?



◎ミネラル&オーガニックごはんで子どもが変わる!
国光美佳さん(子どもの心と健康を守る会代表)


食の改善で、発達障がいや低体温などが改善することを、
各地の幼稚園や学校などで講演している国光さんは、
現代食ではミネラルが不足することが問題だと言います。
ミネラルを摂取するとどう変わるのか、事例から紹介します。




【 そのほか 好 評 連 載 】


●子どもにおしえたい! すごい大人 
7人目は…山崎総一郎さん

●小鮒ちふみさんの子ども養生通信
10月はさつまいも

●ウェルカム! わが園の絵本の時間
今月は、みすず学園森町こども園さんにおじゃましました

●「気になる子」のためのわらべうた
「今月の動きは[背すじを伸ばす]」/山下直樹 さん

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる
「子どもの育ちとアート④」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
ほか多数
*特集

自分で考える力が育ちます!

あかちゃんからスタートする絵本習慣



これからの時代は、
知識をたくさん暗記するより
いま置かれた状況や課題を読み解き、
考える力が大切、と言われます。
その力を育てるのに、
「絵本」が大いに役立ちます。
それだけでなく、絵本をなかだちにすると
子どもがちょっと苦手、というひとも、
自然と距離が近くなって、
たのしい時間を共有できるように。
いまあらためて注目が集まる
「絵本がある育児」の特集です。



◎絵本の時間が「脳にいい」のは本当です

細田千尋さん(脳研究者)

脳の発達や「やりぬくちから」を研究する細田さんは、3人の育児中のおかあさんでも。ご自身の育児では、子どもたちの成長の手応えを、読み聞かせを通して日々感じていると言います。読み聞かせが脳にいい理由とは?



◎声に出して読む絵本の魅力

村上里和さん(NHKアナウンサー)

NHKアナウンサーとしてキャリアをかさねながら、各地で絵本の朗読会を行ってきた村上里和さん。絵本を読むなかで出会ってきたたくさんのエピソードとともに、子どもと声に出して絵本を読むよろこびと意味合いをおしえていただきました。



◎「できる」が増える親子の絵本の時間

はらぺこめがねさん(絵本作家)

ご夫婦で絵本を制作するはらぺこめがねさんは、ただいま絵本をたくさんつかった育児真っ盛り。そこで、ご夫婦のお気に入りの絵本と、その家族でのたのしみ方を、たっぷりご紹介いただきました。あそびのヒントに!




◎あかちゃんと絵本のこと

谷川俊太郎さん(詩人)

クレヨンハウスで「あかちゃんから絵本」というシリーズ絵本を刊行されている、詩人の谷川俊太郎さん。ことばのすぐれた使い手である谷川さんは、あかちゃんに何を渡そうとしているのでしょう? ずばり聞きました。


◎数値化できないこころを育てる絵本の力

中島克治さん(麻布中学・高校国語科教諭)

国語の教師として「読解力」というテーマと向き合い続ける中島さんですが、本来の読解力とは、声なき声を聞き取る力ではないか、と言います。絵本の読み聞かせは、その力が育つためにピッタリの伴走者であるとも。中島さんがおすすめの絵本とともに、「読解力」を紐解きます。




【 そのほか 好 評 連 載 】

●小鮒ちふみさんの子ども養生通信 9月はピーマン

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●おじゃまします! 絵本の時間・子どもの時間 今月は、さくらしんまち保育園さんにおじゃましました

●子どもにおしえたい! すごい大人 6人目は…栗原弘昌さん

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[手をつなぐ]」/山下直樹 さん

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもの育ちとアート③」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

ほか多数
*特集
あかちゃんからの性と生教育はじめよう!


性教育が大事とわかっていても、
どう伝えたらいいのか迷う、
という声が寄せられています。
世界的には、乳幼児期からスタートするのが
スタンダードになってきています。
大事なことは、性交や性器のことより先に
自分のからだを大切に思う気持ちと、
いやなときは「NO」と言っていい、
と学ぶこと。
専門家のアドバイスを参考に、
わがやの性教育、スタートしましょう!


◎あかちゃんからの性の成長と学び
土屋麻由美さん
(助産師)


おむつがいつも清潔だと気持ちいいこと。
あかちゃんがこの心地よさを体感することから
性教育ははじまっている、と土屋さん。
そして、自分はかけがえのない存在だと感じられる自尊感情がなければ、
性器や性交の知識があっても実は役立たないとも。
自分の性を大切にすることは「生」を大切にすること。
家族だからこそ可能な、子どもの性の学びについてお聞きしました。

◎子どもと考える「ジェンダー」のこと
シオリーヌさん
(助産師・性教育ユーチューバー)


助産師として妊娠出産の現場に立っていたシオリーヌさんですが、
思春期の性の相談を受けるなかで、
性の知識の欠如とともに、
ジェンダー観に縛られて不自由な思いをしている子どもたちに遭遇。
そこから、「自分らしさ」を考えるためのジェンダー講座などをはじめました。
子どもの周囲でおこりがちな、
無意識の偏見についておしえてもらいます。


◎性教育は子どもの権利を守るものです
艮香織さん
(宇都宮大学准教授)


たとえあかちゃんでも、
プライベートゾーンをむやみに触ったり、
他人に見せてよいわけがありません。
しかし、声をあげられない乳幼児が、
そうした性被害に遭う事件はあとをたちません。
子どものからだはその子のもの。
子どもの権利を守るための性教育、
という視点をご紹介します。

◎子どもに性&生を伝える絵本
編集部まとめ


乳幼児期の性教育は、
絵本を通して伝えるという方法があります。
そのための良書もたくさん刊行されています。
からだのしくみを知る本から、
LGBTQを知る絵本まで、
子どもと読めば、
自然といのちの学びにつながる絵本をご紹介します。


【 そのほか 好 評 連 載 】


●子どもにおしえたい! すごい大人
5人目は…天野秀昭さん

●小鮒ちふみさんの子ども養生通信
8月はなす

●ウェルカム! わが園の絵本の時間
今月は、杜ちゃいるど園さんにおじゃましました

●「気になる子」のためのわらべうた
「今月の動きは[またがる]」/山下直樹 さん

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる
「子どもの育ちとアート②」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子

ほか多数


*****

クーヨン編集部では
読者のみなさまからの声をお待ちしています!
8月号へのご意見は読者ハガキ、または以下のURLにお寄せください。

http://tiny.cc/cooyon2108

ご意見をお送りくださった方の中から抽選で、
誌面で紹介した絵本や書籍、オリジナルトートバッグなどをプレゼント!

*****

クレヨンハウスの編集部が、
公式Instagramをスタートしました!
アカウントは
@cooyon_iine_editors


最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。
*特集

運動が苦手、すぐ疲れる、転びやすい……

子どもの運動不足、気になりますね!


コロナ禍で、子どもの運動不足が心配されています。
運動不足や日光にあたる時間の減少は、
イライラを増幅させてしまったり、
免疫力の低下を招いているという一面も。
そこで、乳幼児期の発達に必要な運動量を確保できて、
からだへの負荷がかからない運動法をご紹介します。
運動後に摂りたい、話題の植物性たんぱく質の
レシピもおたのしみに!


◎子どものからだをつくる基本の動作36

中村和彦さん(山梨大学理事・副学長)

骨折しやすい、しゃがめない、まっすぐ立てない……。子どものからだに起きている異変は、運動不足に原因がある場合が多いようです。乳幼児期には、からだの基本的な動きを獲得する必要がありますが、それを満たすにはどうしたらいいのでしょう? 36の動作に整理した、子どもの基本の動きを見てみましょう!



◎0~3歳で育む「動ける」からだ

土田妙子さん(子供の部屋保育園代表園長)

寝ているだけのあかちゃんも、たっぷり触れられることで五感がどんどん発達していきます。やがておすわり、ハイハイと進み、歩きはじめたら、とにかくたくさん動きましょう。ちょっとした公園や部屋の中でも、充分たのしみながら、「動けるからだ」は育ちます。みるみるたくましく育っていく「子供の部屋保育園」の子どもたちのようすを参考にします。



◎畑のお肉料理でからだづくり

五十嵐廣子さん(ヴィーガニック料理研究家)

筋肉をつくるにはタンパク質。ただし、質の悪いお肉を食べすぎると、体調を崩す恐れも。そこで、もうひとつの選択肢として、植物性タンパク質を見直してみましょう。今回は主に大豆製品を使って、子どもに人気の唐揚げや麻婆豆腐をつくります。満腹感があり、自在に変身する素材としても、豆腐や厚揚げがかなり便利なことがわかりますよ!



◎親子でやりたいからだあそび

岩田勇樹さん(フィジカルトレーナー)

からだを育てるときに、無理な「筋トレ」などは無用です。親子で動物の動きをまねたり、足をつかってじゃんけんしたり。そんなことのくり返しで、乳幼児期のからだはしっかり育ちます。あそんだあとのストレッチもぜひ習慣に。発達に沿った親子でのからだあそびを、プロのトレーナーにおそわります。




【 そのほか 好 評 連 載 】

●小鮒ちふみさんの子ども養生通信 7月はきゅうり

●藤原辰史さんの「チンプンカンプン大学・育(いく)学部」

●おじゃまします! 絵本の時間・子どもの時間 今月は、市川学園第2幼稚園におじゃましました

●子どもにおしえたい! すごい大人 4人目は…近藤博子さん

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[起こす]」/山下直樹 さん

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どもの育ちとアート①」/伊達伯欣さん

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子


ほか多数


*****

クレヨンハウスの編集部が、公式Instagram をスタートしました!

アカウントは

@cooyon_iine_editors

最新情報や、編集部の日常をお伝えします。
ぜひフォローしてみてくださいね。
おすすめの購読プラン

月刊クーヨン 雑誌の内容

自然な子育てを暮らしの中に。かぞくの育児マガジン。子どもとの暮らしを応援します。
子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。

月刊クーヨンの無料サンプル

2016年04月03日発売号
2016年04月03日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   月刊クーヨンの目次配信サービス

月刊クーヨンを買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

1 FQKids

アクセスインターナショナル

最大
50%
OFF
送料
無料

FQKids

2022年07月15日発売

目次: 雑誌『FQKids』VOL.11
2022 SUMMER ISSUE

【インタビュー】暴太郎戦隊ドンブラザーズ
『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』の劇場版がこの夏公開される。それに伴い、凸凹ヒーローを演じる5人の戦士たちに、本作に対する意気込みと幼少期に培った能力について、インタビューをしています。


【メイン特集】STEAM教育で“非認知能力”を育てる!
プログラミング教育も必修化され、わが子のIT教育の方向性に悩む方も多いはず。キーワードとなる「STEAM教育」とは、子供の「やりたい」「作りたい」「楽しみたい」という気持ちを育てる教育システム。その詳細をわかりやすく解説しています。


【特集2】運動嫌いでもOK! 非認知能力を伸ばすスポーツカタログ
スポーツは勝負やタイムを競うハードなものだけではなく、遊びの延長だったり日常の中の散歩だって親子でやれば立派なスポーツです。隠れた才能、伸ばすべき能力を見つけ、非認知能力もアップさせてくれるスポーツを、カタログ形式で紹介しています。


【特集3】“こころ”を育てるおもちゃとの付き合い方
子供たちの身近にあり、好奇心を刺激する「おもちゃ」。遊んだり作ったり、おもちゃを通して子供たちはさまざまな体験をします。この特集では、子供の“こころ”を育てる「おもちゃ」との付き合い方を専門家に伺いました。


【特集4】幼児期から始めるポジティブ性教育
ここ数年、日本では性教育に注目が集まり、その概念が大きく変わり始めています。開始時期も幼児期から、早い人では0歳を推奨する専門家も。そこで、ポジティブに家庭での性教育を進める方法について、思春期保健相談士にお聞きしました。


【特集5】子供の知的好奇心を刺激するドリルに挑戦! THE WORK BOOK
毎号好評の親子で楽しめる、書き込み式ドリル。楽しみながら学べる内容になっています。

・・・ほか、各業界著名人の連載コラムも多数あります。ぜひご一読ください。

参考価格: 550円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:275円

父親向け育児雑誌『FQ JAPAN』から幼児教育に特化した特別版『FQKids』

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

こどものとも0.1.2.

2022年08月03日発売

目次: ならんだよ ならんだね

松永悠一郎 作

「どんぐり どんぐり ならんだよ」「きいろい おはなも ならんでる」「ありさん ならんで どこいくの?」。
他にも貝がらや積み木など、いろいろなものがならんでいる様子を描きます。
子どもたちはならんだものや、ならべることが大好きです。ならぶことでふくらむ愛らしさや、うれしい気持ちをどうぞ感じてください。

赤ちゃんがいい気持ちになれる絵本

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

天然生活

2022年07月20日発売

目次: 特集 ほどほどに、すっきり暮らす/特集2 夏の体を整える

参考価格: 820円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

シンプルな暮らしを楽しむ雑誌「天然生活」は、無理をせず、手を動かして、自分なりの暮らしを育む雑誌

  • 2022/06/20
    発売号

  • 2022/05/19
    発売号

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/19
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

最大
16%
OFF
送料
無料

ゼクシィ首都圏

2022年07月23日発売

目次: ▼今月の特別付録
大活躍すぎる!
JILLSTUARTレザー調マルチポシェット

▼今月の特集&綴じ込み別冊、他
《綴じ込み別冊》
◆結婚式の見積り まるわかりGUIDE BOOK
◆骨格診断DRESS BOOK
◆【保存版】結婚の常識&マナーBOOK

《特集》
◆結婚準備がご機嫌に進む!“やってよかった” Ranking Special
◆ふたりの未来が見えてくる 家計づくりの始め方
◆めくるめく婚礼料理の世界へ、ようこそ。
◆結婚式って、まぶしい。
◆秘伝!両家の“板挟み”対処術
◆\結婚式のイメージ∞湧き/心ときめく!会場見学ガイド

《綴じ込み付録》
◆結婚の手続き・届け出まるわかりシート
◆結婚準備ダンドリシート&結婚決まってすぐやることシート
◆相場一覧&ゼクシィアプリ診断シート
◆ピンクの婚姻届

参考価格: 300円 定期購読(オリジナルトートバッグ付き 6ヶ月購読プラン)なら1冊:250円

自分らしい結婚のための式場やプラン、ドレスや指輪などあらゆるウエディング情報を提供します!

  • 2022/06/22
    発売号

  • 2022/05/23
    発売号

  • 2022/04/22
    発売号

  • 2022/03/23
    発売号

  • 2022/02/22
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

こどものとも年少版

2022年08月03日発売

目次: みずうみおばけ

のさか ゆうさく 作

山の中に、さわさわと風のわたる湖がありました。
日中はボート遊びや釣り、湖畔でのバーベキューを楽しむ人でにぎわいますが、夜になるとこの湖におばけが出るといいます。
さあ、日が暮れて暗くなってきましたよ。どんなおばけが現れるのでしょう。ちょっと怖くもあり、楽しみでもあり……。
湖を舞台にした、ユニークな絵本です。

絵本が大好きになる絵本

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

ちいさなかがくのとも

2022年08月03日発売

目次: きらきら くものす みーつけた!

竹村東代子 作

雨上がり。いつもは目立たないくもの巣が雨粒をつけてきらきら光ってる。
まんなかにバッテン模様の付いた巣、うず模様のある巣――くもの巣ってよく見ると、いろんな模様があるんだね!
繊細なくもの巣が、和紙を切り抜いて制作された切り絵で再現されています。
雨上がりのひとときにしか見られない自然の芸術を、絵本でじっくりお楽しみください。

ちいさなふしぎ、みーつけた!

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

7 子供の科学

誠文堂新光社

子供の科学

2022年08月10日発売

目次: ★【特集】どんな世界でもつくれる? 自分の「分身」ができる? 体験! メタバース
最近よく耳にする「メタバース」。この特集では、まずはメタバースとは何なのかをわかりやすく解説。その上で、メタバースのワールドでの遊び方や、自分でワールドをつくる手順を紹介しています。未来の技術として注目されるメタバースの魅力や可能性を存分に味わえる内容です。



●高さ18mの巨大ロボのしくみとは⁉ 「動くガンダム」を徹底解剖
横浜で公開されている「動くガンダム」は高さ18m。巨大な人型ロボットが動く様子は新しい体験です。さまざまな関係者が異なる技術を組み合わせてつくられたこの「動くガンダム」のしくみを、テクニカルディレクターの石井啓範さんに解説してもらいました。



●【とじ込み付録】超リアルでカッコイイ! ペーパークラフト タイヤローラ―
タイヤローラ―は、建設現場で地面を押し固める作業(転圧)で使われる、働くクルマの一種。このタイヤローラ―のペーパークラフトがとじ込み付録としてついています。本物とそっくりなディテールだから、完成したら土やコンクリートの上に置いて撮影会をするのもおすすめ!



●ポケデン/連載100回SP! テレビキソ
連載100回目を記念して、通常より増ページしてお届けする電子工作連載「ポケデン」。つくるのはテレビの基本的なしくみを再現した装置。送信機と受信機のモーターの回転がぴったり合うと、送信機に描かれた図形が受信機の表示部に映るようになっています。調整に少し手間はかかるけれど、その分画像が表示されたときの感動はひとしお!



●世界を変えた科学と実験 金属と塩水で電流が発生⁉ ボルタの電池の実験
2枚の金属板と食塩水を使い、「ボルタの電池」をつくります。金属板の間に挟んだフェルトに食塩水をしみ込ませると……不思議! 金属板につないだモーターが動き、プロペラが回転! なぜこのような結果になるのか、しくみを図入りで解説します。



●学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術 キャンプ・災害時に役立つ ポリ袋料理に挑戦!
ポリ袋を使って、1つの鍋でいろいろな種類の料理をまとめて行うことができる「ポリ袋料理」を紹介。はじめは災害時の調理法として知られていましたが、最近では時短料理やエコ料理として注目されています。カレーや蒸しパン風ホットケーキ、ポトフなど、おいしそうな料理が手軽につくれます。

参考価格: 770円

小・中学生を対象にしたやさしい科学情報誌

  • 2022/07/08
    発売号

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

8 ノジュール(nodule)

JTBパブリッシング

最大
13%
OFF
送料
無料

ノジュール(nodule)

2022年07月28日発売

目次: 【大特集】

 残暑をしのぐ…
 「水辺の“涼旅”」

●滝ガール・坂崎絢子さんがおすすめする
 「夏に訪れたい日本の滝10選」

●滝・湧水・ダムに地底湖まで
 「水辺の“涼旅”プラン7」

1.滝(長野県)
 「霧立ち上る涼のカーテン 信州高山村の雷滝」

2.ダム(神奈川県)
 「大迫力!観光放流に圧倒される 宮ケ瀬ダム」

3.滝(三重県)
 「古の修行道 赤目四十八滝で森林浴三昧」

4.滝(静岡県)
 「滝見温泉にワサビ丼 伊豆の河津七滝へ」

5.湧水(山梨県)
 「富士の麓の神秘の湧水池 忍野八海を巡る」

6.地底湖(栃木県)
 「採石場跡地の最深部へ 大谷地底湖クルーズ」

7.湧水(滋賀県)
 「地蔵川に梅花藻が揺れる “湧き水の町”醒井」

●まだある!全国水辺の“涼”スポット
 

【特集】

 第47回 京の夏の旅 開催中!
 「涼しく楽しむ 京の夏」

 ●京の奥座敷に広がる雅な涼「川床」
 ●京都水辺の散策プラン
  1.三尾で緑陰の古寺巡り 
  2.下鴨・糺の森を歩く
 ●特別公開!「源氏の重宝 鬼切丸と薄緑」
 ●夏限定のひんやりスイーツ


【特集】
 
 夏に美味しい「麺の旅」

 ●冷やしラーメン・冷たい肉そば
 ●越前おろしそば
 ●夏に食べたい 全国ご当地麺


【連載】
●季節でめぐる世界の絶景 第22回
 プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア共和国) 写真:富井義夫
●河合 敦の日本史の新常識 第23回
 “髪結の亭主”は本当に楽な暮らしができたのか?
●東西高低差を歩く 第34回 関東編  皆川典久
 鎌倉(後編)~防災都市のプロトタイプ
●ゴッホと巡る旅 第2回  野地秩嘉
 上野の森に咲く 慎ましさに命吹き込まれたバラ
●保存鉄道紀行 第2回  杉﨑行恭
 巨大電気機関車を自分の手で停める醍醐味
●令和版 東海道中記 第17回  鈴木和平
 家康の遠州支配の拠点から 浜名湖東岸の渡船場へ
●ドクター格子のからだリフォーム体操 第22回
 手
●老後に備えるあんしんマネー学 第22回 畠中雅子
 知っておきたい相続と贈与の制度
●心ときめく今月の名作 第23回
 吉備大臣入唐絵巻
●見つけてきました! 第35回
 長太郎窯の黒ぢょか
●読者の本音 第35回
 バスツアー
●旅と暮らしのひとコマから
●今月のパズル

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

「ノジュール」は、直接皆さまのご自宅にお届けする “50代からの旅と暮らしの情報雑誌”です。

  • 2022/06/28
    発売号

  • 2022/05/28
    発売号

  • 2022/04/28
    発売号

  • 2022/03/28
    発売号

  • 2022/02/28
    発売号

  • 2022/01/28
    発売号

たくさんのふしぎ

2022年08月03日発売

目次: 星空をながめて
関口シュン 作

火星に金星。ベガにアンタレス……。夜空には、いろんな星が輝いています。
昔の人たちは、星をながめてさまざまな想像をしてきました。
星同士をむすんで星座をつくったり、星を神さまに見立てたり、星の動きから何かを予想しようとしたり……。
星好きのおばあちゃんが、先人たちが想像してきた豊かな星の世界を案内します。

子どもはもちろん、おとなも楽しめる不思議の世界へようこそ!身の回りのあらゆる”ふしぎ”にせまります。

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/02
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

月刊クーヨンの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌