I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

住宅新報 発売日・バックナンバー

全739件中 1 〜 15 件を表示
★今週の1面トップ記事★
〇住宅SN法改正の死角 「要配慮者」地域で包摂を 居住支援進むも知見に課題
一般的な賃貸住宅への入居が困難な「住宅確保要配慮者」(以下
、要配慮者)の居住安定を目指す、住宅セーフティネット法(住
宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律)の
改正案が、4月5日に参議院を通過した。今後衆議院で可決、成
立すれば、新たな制度等により居住支援の強化が図られる。しか
しながら、支援が必要な「要配慮者」の範囲は幅広く、制度面の
アプローチのみでもれなく対応するのは極めて困難。そのため、
居住支援協議会や居住支援法人といった対応組織に加え、賃貸住
宅に携わる一般的な仲介事業者や管理会社、オーナーなどにも、
適切な知識と対応が期待されている。そこで要配慮者の類型と共
に、「最も対応が難しい」とも言われる「刑務所出所者」を中心
に、ケースに応じた支援のあり方と必要性に焦点を当てる。 

★その他主な記事★
〇大林組など5社 横浜でタワー2棟完成(5面)
〇ひと トラスティ代表取締役 中村優司さん(2面)
〇グッドルーム×東急不動産 渋谷で築40年超を再生(6面)
〇30年に1000店舗体制へ ピタットハウス(7面)
〇ランディックス 松村取締役に聞く(7面)
〇国交省 土地基本方針改定案を提示(2面)
〇アジア太平洋地域から退潮する投資家(4面)
〇住まいと暮らし特集(9~15面)
〇大手住宅メーカー 24年3月受注金額(16面)
★今週の1面トップ記事★
〇無料で始めるDX 最先端機能を〝体感〟する
ビジネスモデルを変革して〝新たな顧客体験価値〟を創出するD
Xに向けた取り組みが不動産業界で加速している。一方、前提と
なるITツールの導入と活用で、二の足を踏む企業が少なくない
。この課題の解消も背景として、最新技術のテックサービスを開
発提供する企業では、各種機能を無料で公開し始めている。まず
は、無料で〝最先端〟に触れる。それがDXに近づく効果的な一
歩になる。

★その他主な記事★
〇URと青朋ビル 北青山で共同建て替え(3面)
〇ひと 全国ハウジングマイスター 協会代表理事 戸谷信彦さん(2面)
〇東急プラザ原宿ハラカド 4月17日開業 計75店舗(4面)
〇ボルテックス、初の物流施設を九州で(5面)
〇レジデンシャル不動産 内田社長に聞く(7面)
〇住宅SN法改正案など審議進む(2面)
〇総合地所、各居室の収納空間を自由に(5面)
〇東急リバブル 台湾進出10周年に(6面)
〇生産緑地の区画整理で価値向上(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇〝唯一無二〟の商品企画 特別感を醸成 高級建て売り分譲に商機
高級建て売り分譲住宅の認知度が高まりつつある。大手事業者に
よる高価格帯の建て売り分譲戸建て住宅の開発が相次ぎ、市場が
少しずつ広がりを見せる一方で、これまで〝知る人ぞ知る〟存在
だった高級建て売り住宅もまた、限定的な供給でありながら、戸
建て注文住宅との競合が進むなど、存在感が増すと共に、各社の
差別化や多様化も進み始めているようだ。

★その他主な記事★
〇長谷工 既存分譲マンションICT化実証(4面)
〇ひと 建物評価研究機構 代表理事 岩崎隆さん(2面)
〇モデスティ 長野卓将代表 不動産業界特化で研修(6面)
〇MOZU 野口真平代表 職人が輝くために(8面)
〇住友林業レジ、芦花公園で外国人向け賃貸65戸(10面)
〇国交省が国土調査促進策具体化へ(2面)
〇業界主要企業 24年度社長訓示(3、10面)
〇管理水準と取引価格の関係分析(5面)
〇JHS 地震全壊を100%保証(6面)
★今週の1面トップ記事★
〇24年度新卒入社 本紙アンケート調査 約4割計画通り採用できず
住宅新報が実施した「住宅・不動産会社新卒入社アンケート調査
」(回答企業48社)によると、2024年度の採用について「
予定人員を採用できた」との回答は29社、「予定人員を採用で
きなかった」が19社となり、およそ4割が人手不足の中で人材
の確保が思うようにいかなったことが浮き彫りとなった。次期(
25年採用)については「今年より増やす」が22社、「横ばい
」が23社、「今年より減らす」が3社という結果だった。緩や
かな経済の回復が続く中で、住宅・不動産各社は、息の長い成長
戦略を練るために必要な優秀な人材の確保に苦心している様子が
うかがえる。

★その他主な記事★
〇三菱地所 フレキシブルオフィス加速(4面)
〇ひと ククレブ・アドバイザーズ 宮寺之裕さん(2面)
〇「マンガアートホテル馬喰町」開業 JR東、リノべる、dot(6面)
〇担い手獲得の春~採用・定着の先に~㊤(7面)
〇ヤマダH、スマートハウスにALSOK標準搭載(20面)
〇地価公示コメント(3面)
〇地価公示一覧(9~19面)
〇明豊エンター、投資家向け常設モデルルーム(5面)
〇川崎・生田に木造6階建て学生レジ竣工(20面)
★今週の1面トップ記事★
〇地価高騰で消費者分断 投資マネーが一等地を支配
全国的に地価の上昇傾向が続き、不動産の取引にさまざまな影響
を与えている。東京都内の分譲マンションの販売価格は、億ショ
ンが珍しくなく一般消費者に手の届かない高根の花の水域に達し
た。それでもなお上値余地を残しているとされるのが東京都心だ
。国内外の投資家がけん引役となって地価の上昇を演出する。そ
の投資マネーは、東京から地方へと波及して地価を押し上げ始め
た。一方で、日銀はマイナス金利と長短金利操作を解除して17
年ぶりの利上げに踏み切った。緩和的な措置を続ける方針として
いるが、金利のある世界が徐々に復活する。バブル経済期のよう
に全国一律で地価が上がる時代ではないだけに投資マネーは行先
を選別する。

★その他主な記事★
〇NTT都市開発 セブで分譲タワマン900戸(4面)
〇ひと 東京都環境局気候変動対策部担当課長 山口仁さん(2面)
〇都心高級賃貸をシリーズ化 日鉄興和不(5面)
〇建売ブランド「SHIRO」始動 ハウスドゥ(7面)
〇地域再生法改正案の審議始まる(2面)
〇住金機構が融資電子化加速(3面)
〇対談 イタンジ・Housmart 経営統合(8面)
〇公認 不動産コンサルティングマスター(9面)
〇住宅ローン特集(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇マイナス金利解除に号砲 悪材料出尽くしで底打ち
東証リート指数が沈んでいる。過去最高を更新する株価とは対照
的だ。金利上昇局面において弱含むのは不動産セクターの特徴で
はあるが、日経平均株価が終値で4万円台を付けた3月4日に不
動産大手の三井不動産は、初の株式分割発表という追い風も手伝
って上場来高値を更新。金利上昇局面で有利子負債が意識されが
ちな不動産業界にあって不動産株全体がJリートのように売り込
まれている感もない。一方、JリートのTOPIX(東証株価指
数)相対株価は過去最低水準まで低下している。日銀は3月18
、19日にどう動くか。新年度も控える中、Jリート市場を展望
する。

★その他主な記事★
〇三井不×青木茂建築工房 築47年賃貸を再生(4面)
〇ひと イタンジ 佐野陽香さん プロダクトマネージャー(2面)
〇リブラン社長、渡邊裕介氏に聞く。好調ミュージションの要因と展望(5面)
〇事故物件 取引価格・家賃とも10%下落(6面)
〇国交省が土地基本方針改定の骨子案(2面)
〇ムゲンエステート名古屋営業所長に聞く(7面)
〇住宅大手2月受注金額速報(16面)
〇不動産情報化特集(9面)
〇住宅政策特集(10~15面)
★今週の1面トップ記事★
〇「根付くか」日本でエージェント制 個人の能力に照準
住宅流通市場の活性化には仲介業務を担う営業社員が依頼者(売
主・買主)に対しどのようなスタンスで臨むのかという立ち位置
の問題が大きいのではないか。現に既存住宅の流通率(新築も含
めた全住宅流通に占める割合)が日本よりもはるかに大きい米国
では、売主・買主双方に代理人(エージェント)が付いて交渉を
行うスタイルが原則だ。日本でも昨今は〝エージェント〟という
言葉が頻繁に使われ始めた。それが日本の住宅流通市場活性化へ
のカギとなるのか。それとも単に「寄り添う姿勢」の代名詞で終
わるのか。混沌化する現状を取材した。

★その他主な記事★
〇三井不レジ、新賃貸ブランド「SOCO HAUS」始動(4面)
〇ひと ライフル・情報審査グループ長 宮廻優子さん(2面)
〇ハイグレード賃貸「ラグゼナ用賀」竣工 MIRARTH(5面)
〇モゲチェック 住宅ローン市場予測 最速4月 マイナス金利解除(6面)
〇ロボット「群管理」 規格策定へ(2面)
〇都が「エコビルダーズ」 表彰初実施(3面)
〇家賃債務保証事業者協議会が定例会(7面)
〇大和ハと大東建託、災害における連携・支援協定(16面)
〇建て替えリフォーム(10~15面)
★今週の1面トップ記事★
〇空室対応・対策を電子化 DXで業務効率化と入居促進
1月から3月の繁忙期の終盤に掛かるこの時期に、集中しがちな
業務がある。少なからず発生する空室の対応や対策をしなければ
ならない。DXに向けた取り組みの第一歩となるデジタル化やシ
ステム化は、不動産業務の効率化に加え、入居者の利便性を高め
て魅力ある物件として資産価値が向上する。普段業務の延長線上
として従前の手続きをデジタル化すれば、業務に変革を起こせる
。DXで目指すべき〝新しい顧客体験価値〟を提供できるように
なる。

★その他主な記事★
〇修繕積立金の段階増額積立に倍率目安(2面)
〇ひと 日本制震システム 専務 吉岡政志さん(2面)
〇不動産大手、人口減で海外事業に本腰 回転型資産で収益拡大(4面)
〇リノベーション工事の資源循環 スキームを構築 リノベる(7面)
〇マンション価格7年連続最高値(5面)
〇仲介事業者の景況感(6面)
〇合理的配慮の提供、4月から義務化(7面)
〇業務マニュアル作成をデジタル化 noco(8面)
〇大和ハG、大宮に初のオフィス併設ホテル(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇相次ぐコミュニティの拠点づくり 不動産再生で地域課題に挑む
少子高齢化は、空き家や遊休施設などが生じる要因となっている
が、省人化やペーパーレス化などによるコスト削減や効率化が進
む中、職人による手仕事や、紙の本、それを扱う書店なども急速
に減っている。こうした技術やモノを、人の呼び込みや交流のた
めのコンテンツとして活用しつつ、既存施設を再生し、地域課題
の解決につなげるといった、ハード、ソフトの双方にとっての〝
アップサイクル〟ともいえる取り組みが広がりつつあるようだ。

★その他主な記事★
〇「ハイアットハウス東京 渋谷」が開業(4面)
〇ひと ケラー・ウィリアムズ・ジャパンを率いる山本豪さん(2面)
〇大東建託 産学共同の次世代賃貸、千葉県流山市に1号案件(7面)
〇住友林業、24年度計画で売上高2兆円超へ(20面)
〇LPガス商慣行是正へ省令改正案(2面)
〇犯罪収益事犯対策で協定締結(7面)
〇ブリスフル 不動産エージェント制開始(18面)
〇多忙な富裕層に対応(20面)
〇資産運用特集(8~17面)
★今週の1面トップ記事★
〇CRE戦略経営意識を刺激 遊休地を手放す動き活発化へ
社会経済活動に大きな潮目が訪れている。経済界が一丸となって
コロナ禍からの巻き返しを図ろうと攻めの姿勢に転じ、株式市場
はバブル経済崩壊後の最高値を更新し、長期に及ぶデフレ経済か
らの脱却に向けて期待が高まっている。日本は失われた30年を
取り返せるのか。企業を取り巻く経営環境は大きく変わった。代
表例は、解散価値を考えた経営をするよう東京証券取引所が上場
会社に注文を付けたことだ。株主など利害関係者も企業に対して
今以上に稼ぐ力を求める。そうした中で不動産業界では、企業不
動産(CRE= Corporate Real Estate)に着目する。一般事業
法人に不動産を有効に使うCRE戦略の重みが増しているためだ


★その他主な記事★
〇東京都 イノベ推進2施策で創業の〝結節点〟目指す(3面)
〇ひと・新堀学さん 新堀アトリエ一級建築士事務所(2面)
〇独立系管理のエイブル保証 飯田洋之社長に聞く(6面)
〇Sanu セカンドホーム 「共同所有型」サービス始動(7面)
〇国交省関連の2改正法案を国会提出(2面)
〇エンゲージメント向上対談 カチタス・LINK&M(8面)
〇不動産流通特集(9~13面)
〇カーボンニュートラル省エネ特集(15面)
〇住宅大手1月受注金額速報(16面)
★今週の1面トップ記事★
〇築年評価脱却で見える新風景 建物長寿化は時代の要請
今や〝スクラップ&ビルド〟ではなく、建物の長寿化が時代の要
請となっている。住宅は長期優良住宅の普及が求められており、
アパートなどの収益不動産では建て替えではなく長期運用による
収益の最大化が新たな動きとして始まっている。こうした築年に
こだわらない建物の〝長期活用〟が一般化した場合、そこから見
えてくるストック時代の新風景を追った。

★その他主な記事★
〇三菱地所、「災害ダッシュボード」運用開始(4面)
〇ひと UR都市機構の花房龍宗さん(2面)
〇相鉄G、ゆめが丘駅前で大規模街づくり(5面)
〇富裕層向けブランド「R100 tokyo」リビタ(7面)
〇2023年 不動産競売事情(6面)
〇宅建士受験セミナー(7面)
〇DX対談 データ活用で案件創出(8面)
〇制震でレジリエンス強化(12面)
〇フィーチャー かんさい(9~11面)
★今週の1面トップ記事★
〇SNSがつなげる不動産 伝統的な集客から脱す インバウンド需要獲得へ
インバウンド(訪日外国人)の需要が再燃している。一時的な観
光や、少し長期に日本で過ごしたい人には〝暮らし〟と〝働く〟
を融合させた新たな形の住まいの提供で、ニーズに応えている。
しかし、住まいと外国人との接点づくりは容易ではない。そこで
「SNS」を活用する訴求で日本の魅力を発信し、実際に住みた
い人の部屋探しの支援が始まっている。SNSでの訴求は外国人
に加えて、消費中心層である10~20代の〝Z世代〟向けの部
屋探しの場面にも広がっている。

★その他主な記事★
〇能登半島地震 JHSが現地被害報告(4面)
〇ひと 一心エステート 代表取締役高田一洋さん(2面)
〇信義房屋不動産の戦略王 茂桑社長に聞く(6面)
〇団地再生へ知恵を結集 大和ハがシンポ(10面)
〇23年住宅着工、3年ぶり減の81.9万戸(2面)
〇トータルブレイン、販売実態検証(5面)
〇東京カンテイ、データ白書・分譲戸建て(7面)
〇IRIS 選べる見守りサービス提供開始(8面)
〇宅建マイスター試験 再現問題(9面)
★今週の1面トップ記事★
〇浸透する「アップサイクル」戸建て住宅で相次ぐ商品化 創造的再利用に挑む
SDGsの考え方が普及するのに伴い、「アップサイクル」とい
う概念も広がりを見せている。戸建て住宅においても、商品化を
目指し、他社との共同開発を進める事業者が増えつつある。廃棄
予定のものを新たな製品へ再生する点は、リサイクルと同様で、
区別しがたい部分もある。ただし、一般的にリサイクルは、原料
に戻し、資源として再利用するケースが多い。一方、アップサイ
クルの場合、素材をそのまま再活用する点や、再生時に新たな価
値を付加するといった点が主な特徴だ。

★その他主な記事★
〇東急不、北海道・ニセコで積雪発電の実証実験(4面)
〇ひと jinjer 赤繁遥さん 働きやすい環境づくりを(2面)
〇インタビュー カチタス 森川晶執行役員に聞く(7面)
〇BESSのアールシーコア 初の3階建てログ(14面)
〇世田谷にゲーマー向け「ミュージション」(5面)
〇新築複合シェアオフィス「12KANDA」誕生(6面)
〇ESG経営デジタル支援 シェルパ&C(8面)
〇不動産投資と収益物件の魅力特集(9面)
〇三賢人に聞く 実務に生かす資格特集(11~13面)
★今週の1面トップ記事★
〇高度化するスマートシティ像 社会実装には課題、事業化模索
AIやセンシング機器、通信技術等の高度化に加え、脱炭素化の
潮流や頻発する大規模災害といった社会環境の変化に伴い、先端
技術で都市マネジメントの高度化を目指す「スマートシティ」を
推進する動きが加速している。同時に、当初はエネルギーマネジ
メントに主眼を置いていたスマートシティながら、現在は目的や
事例の多様化・高度化も進んでおり、足元では国の検討会で「ウ
ェルビーイング」に焦点を当てた議論が進められている。しかし
、そうしたスマートシティ化が本格的に普及・定着したとは言い
がたく、官民共に模索を続けている様子も見られる。国の直近の
検討状況や地方自治体の事例などから、スマートシティの現状を
探った。

★その他主な記事★
〇国交省 通常国会で法改正案「まちづくりGX」で新制度(2面)
〇ひと『築20年からのアパート・マンション経営成功の秘訣』著者 西島昭さん(2面)
〇アーバネットコーポレーション 服部信治会長に聞く(5面)
〇積水ハ、全米11位ビルダー買収 全米5位にシェア拡大へ(10面)
〇自見地方創生担当相が地域再生を視察(3面)
〇森ビル、麻布台ヒルズの防災対策を公開(4面)
〇東急リバブル初のZEH-M採用38戸(6面)
〇住宅大手23年12月の受注金額速報(10面)
〇能登半島地震 被災者に業界各社が寄付広告(10~11面)
★今週の1面トップ記事★
〇動き出した空き家除却ビジネス 自治体と連携し情報提供
昨年12月に改正された空き家対策特別措置法が施行された。空
き家問題は、利用や活用に焦点が向けられがちだが、老朽化して
解体せざるを得ない空き家も増えていく。こうした中、自治体と
民間企業が協力し、空き家の除却に取り組む事例も出てきている
。持続可能性を維持するにはビジネスとして成立することが不可
欠だが、空き家の除却は不動産分野の新たなビジネスになりうる
のだろうか。

★その他主な記事★
〇令和6年能登半島地震 官民で住まい確保急ぐ(2面)
〇ひと 東急リバブル「渋谷センター」 福家伊佐子さん(2面)
〇大京、最上位ブランド「リジェ」を渋谷で(5面)
〇LIXILイーアールエージャパン 田島純人代表取締役に聞く(7面)
〇三菱地所、フレキシブルリビング事業を拡大(4面)
〇2024年「辰年」先読み㊦ 追跡 成長力(6面)
〇家庭用蓄電システム新製品提供へ EcoFlow(8面)
〇宅地建物取引士受験セミナー第1回(9面)
〇ポラスGH、初の長期優良住宅(10面)
おすすめの購読プラン

住宅新報の内容

  • 出版社:住宅新報
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
社説にも注目!これからの住宅・不動産業界の道標(みちしるべ)になります。
『住宅新報』は、戦後まもない昭和23年(1948年)に創刊され、日本全国の不動産取引に寄与してまいりました。今や日本の住宅・不動産事情は円熟期を迎え、「量」から「質」への転換が加速度的に進んでいます。『住宅新報』は住宅・不動産業界の総合専門紙として、次世代に向けた新たなビジネスモデルのヒントとなる有益な情報をタイムリーにお届けします。住宅・不動産業界で働く方々、これから住宅や不動産を購入・賃貸しようとしている方々など、みなさまのお役に立つ情報が満載です。

住宅新報の無料サンプル

04/01号 (2014年04月01日発売)
04/01号 (2014年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

住宅新報の目次配信サービス

住宅新報最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

住宅新報の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.