I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

住宅新報 発売日・バックナンバー

全743件中 136 〜 150 件を表示
★今週の1面トップ記事★
〇不動産投資クラウドファンディング デジタルで参入機会拡大
80年代に、高額な不動産でも分割して投資がしやすい「小口化商品」
が生まれた。バブル経済が崩壊して経営基盤の脆弱(ぜいじゃく)な
事業会社が相次ぎ破綻。投資家保護の観点で95年に不動産特定共同
事業法が施行された。事業はあまり普及せず、17年の同法改正で小
規模不動産特定共同事業を創設し、最新デジタル技術が生んだ「クラ
ウドファンディング」で電子取引業務の道が開かれる。今やその「シ
ステム」自体や導入支援サービスも始まった。投資機会の間口を広げ、
中小の不動産会社も事業参入しやすくなり、裾野が広がり始めている。

★今週の1面トップ記事★
〇幹部インタビュー 淡野博久住宅局長(2面)
〇幹部インタビュー 宇野善昌都市局長(3面)
〇「不動産女性塾」凜として輝く女性たち(34)(有)大吉宅建取締役会長 名嘉真妙子(10面)
〇大手デベ、医療・ヘルスケア支援を拡大(4面)
〇ツクルバ リノベーションに定額制(6面)
〇検証・Jリート創設20年を追う㊤(3面)
〇リクルート門田氏に聞く「即時予約」システム(5面)
〇デジタル技術で災害予測 NTT・東京海上(8面)
〇積水ハウス決算 戸建・賃貸住宅がけん引(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇不動産企業、公園に新たな価値 多機能化でにぎわい創出
公園の整備を民間が行うようになった。特に、不動産企業による取り組みは、
まちづくりの視点から公園を周辺エリアのにぎわいの拠点として捉える。また、
公園に新たな価値を生み出す試みも始まっている。不動産企業によるハード、
ソフト両面の取り組みを探る。

★その他主な記事★
〇新設住宅着工戸数・7月 国交省(2面)
〇就任インタビュー 石田優・国交審に聞く(2面)
〇ひと 百年防災社社長 葛西優香さん(2面)
〇大手デベ、防火防災訓練にVRやリモート(4面)
〇サンケイビルが大阪・本町で先端オフィスビルを開業(5面)
〇中古マンション価格上昇一段と(6面)
〇銀行の不動産業不参入、明確に(7面)
〇施設向け新ARサービス 日本コンピュータビジョン(8面)
〇YKKAPなど 暮らし方提案の実棟モデル(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇国交省22年度概算要求 防災、コロナ回復を柱に6.9兆円
22年度の国土交通省一般会計予算概算要求額は、前年比1・18倍の
6兆9349億円となった。同省が8月26日、公表した。要望は「安全
・安心の確保」 「社会経済活動の確実な回復と経済好循環の加速・拡大」
「豊かで活力ある地方創りと分散型の国づくり」を3本柱とし、防災・減災
対策とコロナ危機からの回復を図る。更に成長への道筋を示すため、一般
会計のうち1兆5989億円を「新たな成長推進枠」として計上。住宅・
建築物の省エネ対策の強化を含む「国土交通グリーンチャレンジ」や、国土
交通分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していく。

★その他主な記事★
〇愛知県南知多町とクラッソーネが連携協定(3面)
〇平和不などが兜町で複合ビル「KABUTO ONE」を開業(5面)
〇「不動産女性塾」凜として輝く女性たち(33)㈱ライフベース代表取締役 金城由美 (12面)
〇リビタ、シェアオフィス 事業本格化(6面)
〇積水ハウス、スマートホームサービスを開始 (12面)
〇都市特性調査 大阪市が初の1位(4面)
〇HubSpot 企業DXは集約・連携が鍵(8面)
〇住宅金融普及協会 創立70周年(9面)
〇特集 不動産テック(11面)
★今週の1面トップ記事★
〇環境変化で多角化が加速 開発企業の新事業参入相次ぐ
主に中堅の不動産ディベロッパー企業において、新規事業へ参入する
動きが目立っている。目下のコロナ禍をはじめ、近年の事業環境の変
化に対応して経営の安定化を図る狙いと見られるが、個々の具体的な
事例を追うと、「SDGs」と「DX」 、そして「需要の変化」と
いうキーワードが浮かび上がった。

★その他主な記事★
〇グリーンイノベーション基金事業の最適活用へ 経産省(2面)
〇UR都市機構 新任理事・中村健一氏に聞く(3面)
〇ひと 未来都市開発 坂田智哉西東京店店長(2面)
〇大手デベの中規模オフィス開発 働きやすさや健康配慮(4面)
〇日本エスコンが北海道でボールパーク敷地に新築分譲(5面)
〇京王不動産、管理戸数を拡大(6面)
〇「愛され偏差値」をランキング リーウェイズ(8面)
〇住宅メーカー、国産材供給安定へ(10面)
〇フィーチャーかんさい 2025大阪・関西万博Ⅱ(13~16面)
★今週の1面トップ記事★
〇競争激化の物流不動産市場 冷凍・冷蔵で差別化
物流不動産の活況が続いており、空室率の低下、低位安定が継続している。
活況の背景にはコロナ下での電子商取引(Eコマース)の拡大、企業のサプ
ライチェーン改革、開発プレーヤーの新規参入などがあるが、活況は必然的
に競争の激化を生む。そこに求められるのは差別化戦略だ。差別化のための
付加価値の一つに冷凍・冷蔵対応がある。食品業界には既存施設の老朽化・
建て替えニーズがあり、物流の電子商取引の進展も進み、今後も冷凍・冷蔵
対応への需要拡大が見込まれる。物流施設の動向を探った。

★その他主な記事★
〇「太陽光パネル」30年に新築戸建ての6割設置へ(2面)
〇就任インタビュー 山田邦博国交事務次官に聞く(3面)
〇未来都市開発 舟越社長に聞く(6面)
〇ボルテックスが新築商業ビル 土地柄意識し異例の試み(5面)
〇GAテクノロジーズ 相場やニーズ把握できる新機能(8面)
〇都心5区 低迷続くオフィス市況(3面)
〇不動産企業がDX取り組み具体化(4面)
〇三井不リアル、土地活用で新サービス(7面)
〇7月受注額、一部減少も回復基調(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇東京近郊やリゾート地でオープン ワークスペースに改装
鉄道事業者によるワークスペースの整備が活発化している。所有する
遊休施設や飲食スペースをそれぞれ改修して、シェアオフィスやワー
ケーション施設を開業。ライフスタイルが変化する中で、駅周辺の
施設の用途変更で新たなニーズに対応する。

★その他主な記事★
〇6月の新設住宅着工戸数は7.6万戸 国交省(2面)
〇横浜市 再エネで地域活性化資金創出(3面)
〇全日新理事長秋山始氏に聞く(6面)
〇東急と東急不が渋谷の新まちづくり戦略(4面)
〇三井デザインテック新本社 知見、哲学、理想を体現(5面)
〇不動産事業者のDX推進状況調査(8面)
〇家賃保証の注目判決でセミナー (7面)
〇大和ハウス、URの定借土地取得(14面)
〇DX・脱炭素契機に新価値創造(17~20面)
★今週の1面トップ記事★
〇水災害対策を〝自分ごと化〟不動産業が防災まちづくり推進
気候変動により増大する水災害リスク。7月上旬、発達した梅雨前線が全国各地で
甚大な人的・住宅被害をもたらした。少子高齢化に伴う防災の担い手不足は課題
だが、発災時には、誰もが被災当事者となりうる。住民自らが当事者目線で防災
計画を整え、実践に備えた行動変容を取ることが必要だ。そのとき、不動産業は
どのように関わっていくべきか。具体的な防災まちづくりの推進が地域やコミュ
ニティをつなぎ、多様化する住民ニーズに向き合うための共通土台となる。

★その他主な記事★
〇グリーン社会の実現へ推進本部始動 国交省(2面)
〇MUJI HOUSE 〝性能向上リノベ〟販売開始(3面)
〇ひと estie 代表取締役CEO 平井瑛 さん(2面)
〇600×三井不などオフィス共用部の工夫広がる(5面)
〇ジャスダック上場ランドネット榮社長に聞く(6面)
〇デジタルで美術館の魅力高める(4面)
〇活用シーン広がる〝顔認証〟技術(8面)
〇不動産情報化特集(11面)
〇大和ハウス、商業・ホテル運営一本化(12面)
★今週の1面トップ記事★
〇進化する住宅ローン コロナ後の社会変動に対応
新型コロナウィルスは、働き方改革を加速し、住まい方
の多様化を促す。住宅取得に欠かせない長期住宅ローン
の大前提になっているのは年功序列・終身雇用制度だが、
働き方改革の流れの中では崩れていくことも想定される。
そうなれば、住宅ローンも大きな変革が迫られる。新たな
住宅ローン開発の動きを探った。

★その他主な記事★
〇国交省交通政策審議会が東京圏の地下鉄ネットワークについて答申(2面)
〇地所G 東南アジア・オセアニアで開発注力(4面)
〇「不動産女性塾」凜として輝く女性た(5面)
〇estieの不動産データプラットフォーム大手オフィス賃貸業者の導入進む(8面)
〇京王電鉄 高尾山口駅前にリノベホテル(3面)
〇中古M成約、4カ月連続増(6面)
〇ADワークスGが中計で会見(7面)
〇主要住宅企業、6月の受注金額速報(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇本人確認も電子化時代に eKYCの活用広がる
受付や申し込み、内覧から重要事項説明、契約、書面交付に至るまで、
〝デジタル化〟が本格化すると、これでいよいよ、不動産取引の完全
オンライン化が実現する――。否、まだ「本人確認」の手続きが残って
いる。現状は、 一般的に、 宛先住所に宛名人が実際に居住するのかを
判断する 「転送不要郵便」 が使われている。これでは、一気通貫なデ
ジタル手続きの 「全体最適化」を果たせない。しかし、解決の曙光が
兆し始めてきた。本人確認をオンライン上で完結できる最新技術サービス
「eKYC」 (イー・ケイ・ワイ・シー、electronic Know Your Customer、
の活用だ。

★その他主な記事★
〇「グリーンチャレンジ」を公表 国土交通省(2面)
〇三井不動産、賃貸ラボ&オフィスを加速(4面)
〇ひと 日本宅配システム 木本和良営業推進部門長(2面)
〇森ビル×NTTドコモXRでリアルと遠隔の新体験(5面)
〇FRK新理事長 伊藤公二氏が就任会見(6面)
〇物流空室率ひっ迫続く JLL(3面)
〇全宅管理、21年度事業計画(7面)
〇カオスマップ発表 不動産テック協会(8面)
〇ミサワ、高井戸に実験モデル棟(10面)
★今週の1面トップ記事★
〇注文住宅の新営業スタイル デジタル活用が定着
昨年、新型コロナウイルス対策による初めての緊急事態宣言が発せられ、住宅展示
場が休止し、注文住宅の営業現場は混乱した。それが解除されてから約1年が経過し、
ウェブをはじめとしたデジタルを活用した営業スタイルも定着。受注成果も上げてい
るが、課題も見えてきた。一方、これまで注文住宅営業の主役だった住宅展示場は、
〝顧客との最初の接点〟から〝顧客との関係を深める場へ〟と、そのあり方を変えつ
つある。大手ハウスメーカーの注文住宅営業の今を取材した。

★その他主な記事★
〇3カ月連続で前年同月比増新設住宅着工・5月(2面)
〇東京・日本橋室町エリア 五輪の文化プログラム開催(3面)
〇新連載・SDGs実現に挑む プロパティエージェント(5面)
〇東急、街づくりDX専門組織を立ち上げ(4面)
〇TERASS 江口社長に聞く(6面)
〇日鉄興和不 16年ぶり外国人向け賃貸(5面)
〇ハザード情報を追加 ゼンリン(8面)
〇日本木造分譲住宅協会が本格始動(9面)
〇ポラスグループの事業展開(12面)

★今週の1面トップ記事★
〇「会議室」に再定義の波 軸は〝リモート〟と〝集う場〟
新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う在宅勤務の急速な普及により、
この1年半ほどの間にオフィスのあり方は大きな変化を余儀なくされた。
その場合に焦点となってきたのは、主にオフィス自体の「必要/不要」
や空室率といった概念だが、個別の設備や機能に対する価値観もまた
変容している。今回は、特に「会議室」という存在にフォーカスして、
現在の動向と今後の見通しをまとめた。

★その他主な記事★
〇事務次官に山田邦博氏 国交省幹部人事(2面)
〇三菱地所が「デジタルビジョン」を策定(4面)
〇ひと インヴァストキャピタルマネジメント社長 髙田幹生さん(2面)
〇安心・安全の賃貸住宅賃貸管理業の未来(9面)
〇パナソニックホームズが買取再販事業を本格化(12面)
〇リノベ適合住宅、5.6万件に(6面)
〇「 不特法の未来」㊤(7面)
〇空き家対策を地域と共に Rsmile(8面)
〇ウッドショックの行方 ㊤(12面)
★今週の1面トップ記事★
〇都心5区・賃貸オフィス 低迷続く市場、ピークアウト見えず
東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)の賃貸オフィス市況の悪化が続いて
いる。空室率の上昇、賃料の低下という傾向が1年以上続いており、需要の低迷が
色濃く反映されている。20年度は新型コロナウイルス感染拡大を背景に5区いず
れも空室率は上昇したが、前半は渋谷区が最も高く、後半に入って港区が最も高い
という状況が現れた。そこにはオフィスの解約、床面積の縮小を行う企業がベンチ
ャー・中小企業から大企業に広がっていることの現れと言える。業種の面も交えつ
つ、都心5区の市況感を考察したい。

★その他主な記事★
〇21年版の「土地白書」公表(2面)
〇GROUNDが物流施設の統合管理・最適化システム開発(3面)
〇ひと いえらぶGROUP常務 庭山 健一さん(2面)
〇オフィス館内物流にロボットを活用(4面)
〇エスティア 鶴巻社長に聞く〝体験共有サービス〟で需要拡大(5面)
〇神奈川宅建・草間会長に聞く(6面)
〇グローベルス 投資市場を活性化(8面)
〇特集 賃貸トラブル解決(10~11面)
〇大和ハウス、55年までに森林破壊ゼロ(12面)
★今週の1面トップ記事★
賃貸住宅管理業法が全面施行 業者登録制度を開始
〇「賃貸住宅管理業法」 が6月15日、全面施行を迎える。
20年12月15日に先立って施行された「サブリース業者
と所有者との間の賃貸借契約の適正化にかかる措置」に続き、
賃貸管理業者の登録制度が開始する。業務管理者の資格要件
に必要な各講習への申し込みも進む。賃貸管理〝標準化〟時
代幕開けの機運が高まる。

★その他主な記事★
〇不明土地対策で最新工程表を発表 国交省(2面)
〇特別企画 不動産業ビジョン/賃貸住宅管理フォーラム(3面)
〇ひと コグニティ社長 河野理愛 さん(2面)
〇三菱地所、先端物流施設の整備を加速(4面)
〇サンフロンティアG ホテルを多用途空間に転用(5面)
〇FRK、ローンと築年数で調査(6面)
〇NTTCom・パナソニック 顔認証技術で共創(8面)
〇特集 資産運用ビジネス(10~21面)
〇5月の受注額速報、回復が顕著に(22面)
★今週の1面トップ記事★
〇新トップが語る これからの住宅事業 三井不動産レジデンシャル 嘉村徹社長
三井不動産グループの住まいづくりの中核企業である三井不動産レジデンシャル。
今年4月に嘉村徹氏が新社長に就任した。今年は50周年を迎えた住宅ブランド
「パークシリーズをリプラディングし、新たなコンセプトを掲げる。また、主力
である新築分譲住宅のほか、これまで注力してきた賃貸住宅やシニア住宅事業に
加え、マンション再生事業を将来の中核事業と位置付ける。中長期的には少子高
齢化や世帯数減少という課題を抱え、目の前の新型コロナにより変革を余儀なく
される環境の中、嘉村新社長はどのようなかじ取りをしていくのか、話を聞いた。

★その他主な記事★
〇着工戸数は2カ月連続増 新設住宅着工・4月(2面)
〇特別企画 不動産業ビジョン/賃貸住宅管理フォーラム(3面)
〇ひと リアークスファインド大人慶太社長(2面)
〇民事信託で土地買収 埼玉の分譲住宅地開発で(6面)
〇木造住宅に「BIM」適用 ANDPADが実証実(8面)
〇大手デベ、木質バイオマス事業参入へ(4面)
〇東急リバブル、リノベマンションで高齢者向け(7面)
〇特集 新しい性格様式(10~15面)
〇21年度受注計画出そろう(16面)
★今週の1面トップ記事★
〇20年度 売買仲介実績 コロナ禍で低迷も下期回復
主要不動産流通各社の20年度(21年3月期)売買仲介実績がまとまった。
大方が手数料収入、取扱件数共に前年を割り込んだ。第1四半期を中心に新型
コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言下で店舗閉鎖など営業を自粛した影響
が出た。夏頃からは持ち直したものの、前半の落ち込みをカバーするまでには
至らなかった。

★その他主な記事★
〇「国土の長期展望」を最終とりまとめ(2面)
〇東京建物、八日京エリアに食文化担う人材集積へ(4面)
〇特別企画 不動産業ビジョン/賃貸住宅管理フォーラム(3面)
〇あなぶきホームライフ柴田登社長に聞く(5面)
〇団信でコロナ禍の不安に対応カーディフ損保 中村社長に聞く(6面)
〇歩きながら「顔認証」入館 ライナフ(8面)
〇三井H、オーナー支援・リフォーム強化 (10面)
〇「彼方の空」 業界の今と未来を問う(11面)
〇注目資格はココ!(11面)


おすすめの購読プラン

住宅新報の内容

  • 出版社:住宅新報
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
社説にも注目!これからの住宅・不動産業界の道標(みちしるべ)になります。
『住宅新報』は、戦後まもない昭和23年(1948年)に創刊され、日本全国の不動産取引に寄与してまいりました。今や日本の住宅・不動産事情は円熟期を迎え、「量」から「質」への転換が加速度的に進んでいます。『住宅新報』は住宅・不動産業界の総合専門紙として、次世代に向けた新たなビジネスモデルのヒントとなる有益な情報をタイムリーにお届けします。住宅・不動産業界で働く方々、これから住宅や不動産を購入・賃貸しようとしている方々など、みなさまのお役に立つ情報が満載です。

住宅新報の無料サンプル

04/01号 (2014年04月01日発売)
04/01号 (2014年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

住宅新報の目次配信サービス

住宅新報最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

住宅新報の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.