ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES) 発売日・バックナンバー

全217件中 136 〜 150 件を表示
■特集
北海道発:身近なものをエネルギーに変える暮らし
ひと月の電気代が600円以下。物を大事にする生活を心掛けた結果、そんな数字を実現したのは札幌市に住む、はらみづほさんです。はらさんはバブル世代。東京で暮らしていた頃は現在とは正反対の、物を大量に消費する暮らしを送っていました。しかし、10年間勤めた広告代理店を退職後、6年間で60ヵ国を旅したことで、その価値観はがらりと変わります。…

■トピックス&イベント
・愛をテーマにした展覧会
・東京タワーで鯉のぼりが泳よぐ
・日本のおみやげを販売する自動販売機
・外国人向けのインターンシップ
・絵も言葉も楽しめる図鑑

■スポットライト
・ロボットが完成する雑誌が人気
・「もののけ姫」がイギリスで舞台化

■トレンド
気軽に着られる着物が人気

■なるほどニッポン!
日本のメディアはどんなニュースを報道しているのか

■新語・流行語
キャリアブレイク/時間治療

■クローズアップ・ジャパン
五輪から「レスリング除外」に驚く日本人

■日本の習慣
嫌われる数字と好まれる数字

■ジャパン・ウォッチング
若く見えるのは得ですか、損ですか

■日本史の人物
真田家を守った兄、忠義に命を捧げた弟

■Glomaji Essay
Kuni no Yobikata

■カバーストーリー
埼玉県――歴史が感じられる町並みと、色彩豊かな自然を楽しむ
埼玉県は、東京都の北側に接していて、東京に通勤する人々のベッドタウンとして発展しています。西側の秩父地方は山岳地帯が広がり、自然に恵まれています。それ以外の地域は、関東平野の一部です。川越は南西部に位置する都市で、歴史の町並みを味わえる観光地です。都心から1時間ほどで行けるので人気です。…

■ニューウェーブ(New Wave)
日本人とイスラム教徒とのかけ橋に

■ジャパンプロファイルズ
まるで本物!机の上にひろがる自然

■日本のまんが
ブッダとキリストのバカンスを描くコメディーまんが

■日本文化理解度テスト No.26
■特集
季節感を表現する和菓子
和菓子とは、日本古来の製法で作られたお菓子で、19世紀の明治時代以降に、西洋から新しく日本に入ってきた洋菓子と区別する言葉です。ただ、16世紀の安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって伝えられた南蛮菓子は、洋菓子と似ているので、両者を混同する日本人も少なくありません。南蛮菓子と洋菓子の似ている例として、カステラとスポンジケーキ、ビスケットとクッキー、こんぺいとうとキャンディーなどがあります。…

■トピックス&イベント
・日本の近世絵画の展覧会
・日本語能力試験
・真田家の歴史を感じる祭り
・やきとりの食べ比べができる
・桜と東京スカイツリーを楽しむ

■スポットライト
・熊本県発のキャラクターが全国で大人気
・ゴミを拾いながら走る「ゴミ拾い駅伝」

■トレンド
身近になったノンアルコールドリンク

■なるほどニッポン!
伝統芸能の歌舞伎の魅力とは?

■新語・流行語
ヒールスニーカー/墓マイラー

■クローズアップ・ジャパン
「人命は地球より重い」

■日本の習慣
究極の謝罪

■ジャパン・ウォッチング
我が家の家庭菜園

■日本史の人物
巨大勢力に勝ち続けた武将

■Glomaji Essay
Kazoku no Yobikata

■カバーストーリー
静岡県――富士山が見守る歴史と芸術の地
本州のほぼ中央に位置する静岡県は、日本のシンボルでもある富士山をはじめ、山、海、湖など豊かな自然を持つ土地です。県は3つのエリア--富士山麓及び伊豆地方を含む東部、駿河湾から南アルプスに続く山間部が中心の中部、浜名湖を中心とした西部--に分けられます。年間を通じて全体的に温暖な気候ですが、四季がはっきりしているため、季節ごとに違った景観を楽しむことができます。…

■読者からの投稿
「自然治癒力」に命をかけて決断

■ジャパンプロファイルズ
日本語から、人を育み、平和を育むNPO法人

■日本のまんが
聖徳太子を描いた異色の少女まんが

■日本文化理解度テスト No.25
■特集
卒業式で人生の節目を感じる日本人
年末や3月には、書店や文具店、ステーショナリーコーナーなどに新しい手帳が並びます。手帳には1月から始まるものと、4月から始まるものと2種類があります。これは、1年の長さを1月から12月とする「暦年」、4月から翌年3月までとする「年度」という2つの考え方があるからです。…

■トピックス&イベント
・東京の夜を楽しむキャンペーン
・佐村河内守作曲のコンサート
・日本最大のアートフェア
・小田急電鉄のサイトがわかりやすく
・言葉の壁を越えてスポーツ選手を応援

■スポットライト
・黒田夏子さんの「abさんご」が芥川賞受賞
・アニメをテーマにしたカフェ

■トレンド
走るだけじゃない「ユニークマラソン」

■なるほどニッポン!
日本人の宗教は何?

■新語・流行語
アートつけまつげ/絶対領域広告

■クローズアップ・ジャパン
3.11「釜石の奇跡」から学んだ教訓

■日本の習慣
家の中に入るときには靴を脱ぐ

■ジャパン・ウォッチング
本物の女性より美しい女装の男性

■日本史の人物
世界で初めて麻酔手術を成功させた医師

■Glomaji Essay
Nihonjin ha ”Doumawari” to Iimasen. ”Waist” to Iimasu.

■カバーストーリー
新宿--何でもあるみんなの街
東京には、高級ショッピングは銀座、若い女性のファッションは渋谷、アニメと電気製品では秋葉原というように、独自の特色を持つ街がたくさんあります。新宿は、「何でもあるみんなの街」です。…

■読者からの投稿
世界に広がる折り紙

■ジャパンプロファイルズ
「スキル」を売買できるウェブサービス「ココナラ」

■日本のまんが
二人の男を通して描く幕末 (陽だまりの樹)

■日本文化理解度テスト No.24
■特集
日本で日本語を学ぶ
ことばを勉強するには、そのことばが話されている国に住むのが一番です。日本の場合、一般的な勉強法は日本語学校に通うことです。日本にはたくさんの日本語学校があります。また、さまざまな教材があります。…

■トピックス&イベント
・文化庁メディア芸術祭の受賞作品展
・禅画の展覧会
・歌舞伎の展覧会
・気軽に学べるオンライン教育サービス
・外国人向けのランニングイベント

■スポットライト
・まんがから生まれたレシピ本
・建築家、郭茂林を描いた映画

■トレンド
非日常を味わう脱出ゲーム

■なるほどニッポン!
日本がかかえる問題

■新語・流行語
日替わり弁当箱/マンホールトイレ

■クローズアップ・ジャパン
アメリカへの信頼と不安

■日本の習慣
日常の決まったフレーズ

■ジャパン・ウォッチング
子供を有名にしたい親

■日本史の人物
ヘレン・ケラーが「奇跡の人」と言った日本人

■Glomaji Essay
”Yakunin” ha ”Akunin” desu ka

■カバーストーリー
山口県--本州と九州の玄関口
本州の最西端に位置する山口県は、本州と九州地方の玄関口として栄えてきました。古くから中国や朝鮮など、アジア各国との貿易も盛んに行われてきたこともあり、現代でも貿易の要所として知られています。北は日本海、南は瀬戸内海に囲まれ、中央を中国山地が横断した地形。県内でも北と南の気候に差がありますが、比較的温暖で過ごしやすく災害も少ないため、観光だけでなく住みやすい場所としても人気です。…

■読者からの投稿
保護が必要な子供は誰が世話をするべきか

■ジャパンプロファイルズ
ストロー笛で、人を笑顔にしたい

■日本のまんが
海賊王への冒険を描く (ONE PIECE)

■日本文化理解度テスト No.23
■特集
自然を表す芸術を好む日本人
日本は国土の約80%が山地です。また雨が多いため、水や緑も豊富です。そのため日本では多くの場所で、植物の茂った山や水辺の風景を見ることができます。そしてそれらの風景は季節ごとに変化します。日本は四季の区別がはっきりしているからです。このような事情から日本人は豊かな自然やその四季の変化に親しんでいるので、手つかずの自然(開発が行われていない自然)を好みます。…

■トピックス&イベント
・会田誠の展覧会
・日本の文化を発信するプロジェクト
・2012年に、はやった言葉
・外国語サービスのある温泉銭湯
・東京観光のためのガイドブック

■スポットライト
・世界初、ツインテールの写真集
・トクホの飲み物が人気

■トレンド
増えてきた、歌を歌わないカラオケ

■なるほどニッポン!
時代とともに変わる日本の歌

■Glomaji Humor

■新語・流行語
絶食系男子/ソーハラ

■クローズアップ・ジャパン
日本は、男女不平等ですか?

■日本の習慣
日本の正月休み

■ジャパン・ウォッチング
お客に冷たくする飲み屋

■日本史の人物
鉄道のビジネスモデルをつくった経営者

■Glomaji Essay
Minnade Tsukurou! Yasashii Kokusai’Nihongo Moji ”Glomaji”

■カバーストーリー
宮崎県―神話と伝説のふるさと
宮崎県は九州地方の南東部に位置しています。気候は温暖で、かつては新婚旅行のメッカといわれました。今はサーファーのメッカといわれ、春から秋にかけて多くの大会が行われます。サーフィンを目的に移住する人もいます。プロ野球やサッカーチームのキャンプ地としても知られ、それらをまわるツアーもあります。…

■日本テイストプロダクト
日本食に欠かせないカツオ節

■ジャパンプロファイルズ
ニンジャ教授が大学で教えるサバイバル術

■日本のまんが
舞台女優を志す女の子を描いた少女まんが/ガラスの仮面

■日本文化理解度テスト No.22
■特集
日本の気候や風土が育てた、お風呂文化
日本には昔から、お風呂を題材とする作品が数多くあります。それは、日本人とお風呂との関係が非常に深いことを物語っています。江戸時代の人々の暮らしをいきいきと表した古典文学「浮世風呂」は代表例です。古代ローマの浴室設計技師が現代の日本にタイムスリップして巻き起こす騒動を描いたまんが「テルマエ・ロマエ」は映画にもなりました。…

■トピックス&イベント
・柴田是真の展覧会
・旅の記録ができるサイト
・日本最大規模のビールの祭典
・外国人向けの法律事務所
・お弁当の作り方がわかるDVD

■スポットライト
・尾崎豊のライブが映画化
・「100年に一度」のブログが本に

■トレンド
人気の缶詰バーとその魅力

■なるほどニッポン!
日本の天皇の存在とその歴史

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
自分の細胞で自分の体を治せる時代の夜明け

■日本を理解する鍵
和食を無形文化遺産に?

■ジャパン・ウォッチング
虫が好かない、虫がいい人間

■日本史の人物
近代女性の先駆者――「ハンサム ウーマン」

■新語・流行語
細マッチョ/結婚 契約書

■カバーストーリー
東京駅リニューアル――次の100年に向けて
今年10月1日、東京駅がリニューアルオープンしました。1914年、西日本への入口であった新橋駅と、東日本への入口であった上野駅を結ぶための路線がつくられ、その中間地点に中央停車場が設けられました。それが東京駅の始まりです。場所は皇居の正面に設定されました。首都である東京を駅名に採用したことからも、東京駅は国家にとって特別な位置づけでした。…

■日本テイストプロダクト
日本の和紙

■ジャパンプロファイルズ
子ども達を笑顔にエンターテイナー

■日本映画・アニメの名作
ある殺人事件を巡り食い違う目撃者たちの証言/羅生門

■日本文化理解度テスト No.21
■特集
現代の招き猫
日本のお店には、よく猫の置物が飾られています。猫が座って片手または両手を耳の横まであげている姿をした置物です。これは「招き猫」と呼ばれる縁起物(幸運を引き寄せる置物)です。招き猫の手つきは、日本人が人を呼ぶときにするジェスチャーとよく似ています。そのため招き猫は、お客や幸運を呼ぶといわれているのです。…

■トピックス&イベント
・篠山紀信の写真展
・外国人留学生向け就職フェア
・世界の文化が楽しめるイベント
・コスプレイヤーのサイトがオープン
・外国人のための無料相談会

■スポットライト
・日本人の天才ピアニストが人気
・「サイボーグ009」が新しく映画化

■トレンド
ドライブに便利な「道の駅」

■なるほどニッポン!
解決が見えない尖閣諸島紛争

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
日本は「原発ゼロ」へ向かう?

■日本を理解する鍵
チームで力を発揮する日本人

■ジャパン・ウォッチング
いじめの秘密

■日本史の人物
東京オリンピックを実現させた「柔道の父」

■新語・流行語
加害妄想/養殖天然

■カバーストーリー
香川県高松市――瀬戸内海に面した、歴史とアートとうどんの街
香川県は四国地方北東部に位置しています。近年、名物の「讃岐うどん」をアピールした「うどん県」というユニークなPRで注目を集めました。北部は瀬戸内海に面した平野が広がり、南部は讃岐山脈に囲まれ、古くから海上交易の要として栄えた歴史があります。…

■日本テイストプロダクト
日本の線香

■ジャパンプロファイルズ
メール翻訳コンシェルをご存じですか?

■日本映画・アニメの名作
孤独な駅長に訪れる奇跡/鉄道員(ぽっぽや)

■日本文化理解度テスト No.20
■特集
マスメディアからパーソナルへ変化する日本のメディア
マスメディアの始まりは、15世紀半ばに発明された活版印刷といわれています。これまで人類の歴史で重要な役割を果たしてきました。しかし現在日本では、テレビや新聞、雑誌などのマスメディアから人々が離れていく現象が起きています。…

■トピックス&イベント
・日本近代美術の展覧会
・大使から見た日本
・ガンダムの胸像で3D写真が撮れる
・日本を英語で説明する本
・空中浮遊の写真集

■スポットライト
・有料喫煙所「ippuku」に注目集まる
・トキョーズトキョーが人気

■トレンド
海外にも広がる、日本流の社内資格制度

■なるほどニッポン!
イチローのヤンキース移籍と野球のルール

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
隣国が領土紛争で日本を挑発

■日本を理解する鍵
日本の電車は時刻通りに走る

■ジャパン・ウォッチング
デジタルブックはだめ、古本はOK?

■日本史の人物
「世界は一つ」と提唱したノーベル賞物理学者

■新語・流行語
ブレンド柔軟剤/和風パン

■カバーストーリー
たくさんの文化施設を楽しむ―上野
上野は東京都台東区に位置する、日本人になじみの深い観光地です。上野駅は東京駅から電車で5分ほどの場所にあり、新幹線を含むたくさんの電車が停車することでも知られているターミナル駅です。約20年くらい前までは東北地方の玄関口だったため、それをテーマにした歌がたくさんつくられました。…

■日本テイストプロダクト
天然のよい香りのする日本のキャンドル

■ジャパンプロファイルズ
ツイッターで有名になったネパール人シェフ

■日本映画・アニメの名作
貧しい人々のための医療施設を描く人間ドラマ/赤ひげ

■日本文化理解度テスト No.19
■特集
虫に親しむ日本の文化
日本人にとって虫は身近で、季節を感じさせてくれる生き物です。例えば夏、テレビ番組はセミの姿や鳴き声を放送してその日の暑さを表現します。旅行会社はホタルを見に行ったり写真を撮ったりするツアーを企画します。秋になると多くの人が虫の声に耳を傾け、美しいとほめたり、寒い冬が近づいていることを知りさびしがったりします。…

■トピックス&イベント
・特撮をテーマにした展覧会
・まんがを科学技術で再現する企画展
・京都市内をコスプレ列車が走る
・能の公演
・日本の幽霊がわかる本

■スポットライト
・50℃洗いが本に
・再び注目されている通天閣

■トレンド
まんが文化の発信基地、まんが図書館

■なるほどニッポン!
外国人力士の活躍と相撲の仕組み

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
日本人を惑わす「名経営者の評価」の変化

■日本を理解する鍵
日本人は秩序ある行動をする

■ジャパン・ウォッチング
長い行列ができる料理店

■日本史の人物
パラオの人々と日本兵の絆

■新語・流行語
ぽっちゃりタレント/文脈棚

■カバーストーリー
海と山に囲まれた伝統ある「晴れの国」 ― 岡山、倉敷
中国地方の南東部に位置する岡山県は、年間降水量が1ミリ未満の日が多いことから「晴れの国」と呼ばれています。北は雄大な中国山地、南は美しい瀬戸内海に面し、温暖な気候と豊富な栄養分のある大地、台風などの災害が少ない自然豊かな土地です。県庁所在地の岡山市は、戦国時代から城下町として栄えてきた歴史ある街です。…

■日本テイストプロダクト
鹿革と漆の出合い

■ジャパンプロファイルズ
お姫様になれるバトラーズカフェ

■日本映画・アニメの名作
姉妹と不思議な生き物の交流を描くファンタジー/となりのトトロ

■日本文化理解度テスト No.18
■特集
日本で親しまれている飲み物
街を歩いていて「何か飲みたいな」と感じたら……日本では、自動販売機やコンビニ(コンビニエンスストア)、スーパーマーケットなどで買ったり、喫茶店やレストランに入ったりという方法があります。ほとんどの飲食店で水やお茶は無料で、席に着くだけで黙っていても出てきます。…

■トピックス&イベント
・砂を素材にした彫刻作品が楽しめる美術館
・ウルトラマンの祭典
・仮面ライダーのステージ
・東京湾の夜景を船で楽しむ
・岡本太郎の企画展

■スポットライト
・大人のためのラジオ体操
・「宇宙兄弟」が人気

■トレンド
お坊さんの世界にも広がるイケメンブーム

■なるほどニッポン!
最後のオウム逃亡者の逮捕に潜む本当の怖さ

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
外国人留学生を積極的に採用する日本企業

■日本を理解する鍵
日本人は英語が苦手

■ジャパン・ウォッチング
日本人は人の心を読んで行動します

■日本史の人物
戦後復興のシンボル―フジヤマのトビウオ/古橋 廣之進

■新語・流行語
方言コスプレ/カマッテ君

■カバーストーリー
日本を元気にする東京スカイツリー
5月22日、「東京スカイツリータウン」が東京都墨田区にオープンしました。自立式電波塔の「東京スカイツリー」や商業施設などがあります。たくさんの人が東京スカイツリーを訪れています。日本人にとって、世界一高いタワーの建設に成功したことは、日本の技術力が実感できる明るいニュースなのです。第二次世界大戦から復興し、成長しつつあった1958年に建設された東京タワーを思い出して、なつかしむ人もいます。…

■日本テイストプロダクト
うちわと扇子の違いをご存じですか

■読者からの投稿
少ない方が効果的――日本人の美学をつくる無の哲学

■日本映画・アニメの名作
夜間中学校に通う大人たちの人間模様を描く/学校

■日本文化理解度テスト No.17
■特集
外国人観光客誘致に取り組む地方自治体――藤枝市の場合
近年、日本全国で地域を活性化させようとする動きが起きています。安くておいしい、地元に愛されている食べ物(B級グルメ)によって地域をPRしていくイベント、「B-1グランプリ」はその代表的な一つです。昨年兵庫県姫路市で行われた大会では、日本各地から63団体が参加し、来場者は50万人を超えました。…

■トピックス&イベント
・世界最大の恐竜展
・エヴァンゲリオンと日本刀の展覧会
・日本文化を英語で読むライブラリー
・日英バイリンガルのためのジョブフェア
・日本語と英語で読む日本の名作

■スポットライト
・ユーモアとアイディアで地域活性化
・多言語対応の観光案内所

■トレンド
再び注目される社歌

■なるほどニッポン!
橋下代表は日本の政治制度を変えられるか?

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
ロンドンオリンピックでの日本の金メダル数は?

■日本を理解する鍵
日本の6月は雨の季節です

■ジャパン・ウォッチング
電車の中で化粧する女性

■日本史の人物
武家政治を始めた最初の将軍/源 頼朝

■新語・流行語
親子共学/間際族

■カバーストーリー
雲上と峡谷で出あう自然の神秘――立山と黒部(富山県)
富山県は、本州日本海側のほぼ中央に位置しています。三方を北アルプス立山連峰などの険しい山岳地帯に囲まれ、美しく豊かな自然に恵まれています。黒部峡谷は、立山連峰と後立山連峰の間にある深いV字形の大峡谷です。…

■日本テイストプロダクト
和室で使われる畳とその応用商品

■ジャパンプロファイルズ
ダンボールで作った仏像で日本美術を伝えたい

■日本映画・アニメの名作
大人気ブログから生まれた青春コメディー/ぼくたちと駐在さんの700日戦争

■日本文化理解度テスト No.16
■特集
古代史と神話がまじりあう古事記
7月21日から11月11日まで、島根県で「神話博しまね」というイベントが行われます。島根県に関係のある神話をきっかけとして、県内の遺跡や名所などを訪ね歩いてもらおうという観光キャンペーンです。この博覧会が今年開催されるのは、「古事記」という多くの神話を収めた本が編纂されてからちょうど1300年にあたる記念の年だからです。…

■トピックス&イベント
・手塚治虫の展覧会
・ネット上で鑑賞する日本の美術作品
・旅行者向けの電話通訳
・「東京おかしランド」がオープン
・アルバム「1969」のコンサート

■スポットライト
・企業が監修するレシピ本
・「リカちゃん」ファミリーに新しくおばあちゃんが仲間入り

■トレンド
学校給食を提供する居酒屋が人気

■ジャパンプロファイルズ
途上国で生まれた、世界に通用するブランド

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
日本国籍が取得できる!?

■日本を理解する鍵
誰もが平等に受けられる保険医療制度

■ジャパン・ウォッチング
「理由あり」イチゴ

■日本史の人物
世界初の和英辞書を作ったアメリカ人/ジェームス・カーティス・ヘップバーン

■新語・流行語
ズボラ飯/女優帽

■カバーストーリー
富士山と美しい四季の中でアクティブに過ごす旅――山梨県
山梨県は東京の西側、すぐ隣の県です。県庁所在地は甲府市で、武田信玄をはじめとする戦国武将ゆかりの名所がたくさんあります。土地の8割が山地のため、登山スポットが多くあり、なかでも日本のシンボルでもある富士山が有名。また涌き水がきれいなことでも知られており、山梨の天然水は日本全国のコンビニエンスストアやスーパーで販売されています。…

■日本文化マニアック
個性的な日本建築

■日本語を使う仕事
人づきあいから学んだ語学

■日本映画・アニメの名作
激動の時代で愛と忠誠に生きた者達を描く/ベルサイユのばら

■日本文化理解度テスト No.15
■特集
文房具好きな日本人
日本では4月から新年度が始まります。多くの人が服やかばん、靴など、仕事や勉強に必要な物を買います。文房具も、この時期によく売れる物の一つです。日本のメーカーが作った文房具は、質がよくて種類も多いといわれています。なかでも筆記具は世界に先駆けて、書きやすい商品を開発してきました。…

■トピックス&イベント
・ビートたけし北野の展覧会
・鉄道模型の展覧会
・物語を絵画で味わう展覧会
・日本語能力試験
・日本の童謡を歌うCD付きの本

■スポットライト
・東京スカイツリー が5月22日にオープン
・人気まんが「テルマエ・ロマエ」が映画化

■トレンド
注目の「こうじ」、人気の秘密

■ジャパンプロファイルズ
日本の伝統文化を現代に伝える「OKIMAK」

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
日本国憲法には何が書かれているのか

■日本を理解する鍵
祝日が多い日本

■ジャパン・ウォッチング
子どもの日の遊園地

■日本史の人物
よみがえる詩人の洞察/金子 みすゞ

■新語・流行語
オヤジ系女子/夜家事家電

■カバーストーリー
世界遺産の参詣道を歩く――熊野古道
熊野古道は、和歌山県紀伊山地にある霊場への参詣道です。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録され、注目を集めました。この地方は日本最古の歴史書「日本書記」の中にも描かれた神聖な場所で、11世紀末頃、白河上皇の熊野訪問がきっかけで知られるようになり、やがて庶民の間にもお参りが広がりました。…

■日本文化マニアック
ラーメン探訪

■日本語を使う仕事
性別と言葉の壁を乗り越えて

■日本映画・アニメの名作
女性の闘病生活と彼女を支えた男性の純愛物語/愛と死をみつめて

■日本文化理解度テスト No.14
472円
509円
■特集
甲子園――仲間と協力して夢を追う場所
甲子園は正式な名前を阪神甲子園球場といいます。兵庫県にあり、1924年に建てられた日本初の本格的な球場でした。プロ野球の球団阪神タイガースの本拠地であり、大学生にとってはアメリカンフットボール全国大会の会場でもあります。そして何よりも、高校野球の聖地として有名です。毎年、春と夏に高校野球の全国大会が行われるからです。特に夏の大会は、全国4,000校以上の高校から勝ち上がった49校だけが出場できるため、とても盛り上がります。…

■トピックス&イベント
・今年選らばれた「魅力ある日本のおみやげ」
・ケント・モリのソロダンスライブ
・日本で初じめての「型紙」の展覧会
・尾形光琳の展覧会
・日本の美を伝たえる展覧会

■スポットライト
・日本人も再発見する日本の良さ
・「あらしのよるに」がテレビアニメ化

■トレンド
静かにひろがる手芸ブーム

■ジャパンプロファイルズ
世界のお母さんの味で、フラットな関係を築きたい

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
「燃える氷」が日本を資源自給国に変える!?

■日本を理解する鍵
日本の新学期は4月に始まります

■ジャパン・ウォッチング
どうしてポケットティッシュをくばただで配るの?

■日本史の人物
行革に挑んだ、メザシを好む経営者/土光敏夫

■新語・流行語
エンディングノート/指恋

■カバーストーリー
田園風景が広がる自然豊かな地――山形県庄内地方
山形県は、東北地方の南西部に位置しています。庄内地方は、山形県の日本海側にあり、酒田市、鶴岡市など5つの市町から成り立つ、山・川・海に囲まれた自然豊かな土地です。広大な田んぼが広がり、日本有数の米どころとしても有名です。現在は、映画のロケ地としても人気があり、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」や、時代劇作品などが多く撮影され、注目を集めています。…

■日本文化マニアック
日本の廃墟の隠れた美しさ

■日本語を使う仕事
おとぎ話に感化され、アカデミックな研究を

■日本映画・アニメの名作
冷静な警部と熱血刑事コンビが難事件に挑む/相棒-劇場版-

■日本文化理解度テスト No.13
■特集
大震災後に広がる多種多様の支援プロジェクト
東日本大震災は、現在でも多くの爪あとを被災地に残しています。震災後、世界中の人々によって様々な分野から将来につながる特色のあるプロジェクトが立ち上げられました。…

■トピックス&イベント
・日本美術の展覧会
・大人気まんが「ONE PIECE」の展覧
・留学生向けの就職フォーラム
・外国人向けの観光案内所
・音声翻訳アプリが無料で

■スポットライト
・おしゃれな古着の交換会、xChangeが人気
・日本に登場した国際的なバス旅行

■トレンド
エコおもちゃ人気の理由は節電だけじゃない?

■ジャパンプロファイルズ
夢ではなく目標を持ち続けたい

■Glomaji Humor

■クローズアップ・ジャパン
新しい外国人在留管理制度がスタート

■日本を理解する鍵
多くの日本人が春先にマスクをかけている理由

■ジャパン・ウォッチング
ペットは家族の一員?

■日本史の人物
無血革命を実現させた英雄

■新語・流行語
あーね/どや顔

■カバーストーリー
アーティストたちに愛される街 ― 吉祥寺
JR東京駅から中央線の下りに乗って約30分。車窓から緑が多く見えてくる頃、JR吉祥寺駅に到着します。吉祥寺は東京都のほぼ中央に位置しています。…

■日本文化マニアック
江戸時代の装飾品に感動

■日本語を使う仕事
趣味が夢の仕事にトランスフォーム

■日本映画・アニメの名作
激動の時代をコミカルに描く人情物語/幕末太陽傳

■日本文化理解度テスト No.12
おすすめの購読プラン

ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES)の内容

外国人との会話にすぐ使えるネタが満載!
1986年の創刊で、100ヶ国以上の人に読まれている日英バイリンガルマガジン。日本人には、実際に外国人と英語で交流している人たちに多く読まれています。外国人が本当に知りたいのは日本人の生活に密着した情報です。日本の話題、トレンドなど、社会で起きていることをやさしく解説していますので、そっくり外国人との会話に活用できます。また、外国人へのプレゼントとしても喜ばれています。NTT主催の全国タウン誌フェスティバルで大賞を2度受賞。

ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES)の無料サンプル

2023年12月号 (2023年11月20日発売)
2023年12月号 (2023年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES)の目次配信サービス

ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ひらがなタイムズ(HIRAGANA TIMES)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.