I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

国際商業 発売日・バックナンバー

全234件中 226 〜 234 件を表示
特 集
サムスン電子が浮き彫りにした日本的経営の弱点 ◆経済評論家 和泉秀樹  / 事業構造の変革で成長力奪回に挑むライオン / 日米欧大手6社の比較にみる日本化粧品企業の課題 / 〔アナリスト座談会〕産業再生機構はカネボウを再生したといえるのか / テレビ広告を大幅に減らしたP&Gの思惑 ◆国際ジャーナリスト山岡清 / 連載 いまが出番! 化粧品専門店の奮戦レポート ◆Kコスメ・ボーテ(富山県富山市)再販全廃で地獄を見た。その危機感をバネに10年がかりで超専門店業態を構築した ◆ビューティふたば(東京都板橋区)ドラッグストアの激戦地で独自の客づくりを進め、地域一番の化粧品店を目指す ◆美肌工房SATOSHIYA(山梨県甲府市)自前で広告活動を展開。質の高い商品とエステで専門店の王道を極める / 平成16年度カネボウ化粧品チェーン店全国大会開催 強固な結束で専門店新時代をともに歩もう

マーケティングレポート
タイムリーな限定品展開によって話題性と実績をともに堅持するブルーベル・ボーテ / アルビオンから「新エクサージュ」発売 同時に「2005年モイスチュアプロモーション前期」を展開 / 積極的な新製品投入と独自路線の戦略展開で飛躍を期すパルファムジバンシイ / 5年の歳月を経て拡大基調を持続する「ベビードール」に新製品を追加するYSL / ハイエンドブランドのあるべき姿を目指し第二ステージを戦い抜くシスレージャパン / 真の復活劇を体現すべくさまざまな戦略を始動させる日本ロレアルLPD / ヒアルロン酸保湿カテゴリーの創造主として君臨し続けるジュジュ化粧品 / 得意のスキンケアに特化しセルフ市場での存在感を高めるpdc / ダヴが「“リアルビューティ”へ。~美しさは、ひとりひとりの中に~」キャンペーンを展開 / モッズ・ヘアの大規模ブランドキャンペーン「夏は、別 ノリ。」が本格始動 / カネボウ化粧品専門店専用ブランド・トワニーから「エスティチュード」新登場

この人に聞く
木下尚慈 ◆ユニリーバ・ジャパン社長 商品のよさを実感できる売り場をつくる / 佐山展生 ◆GCA代表取締役・一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授 経営陣の保身のための買収防衛策は許されない / 桐谷敏行 ◆ピエール ファーブル ジャポン社長 トラブル肌にターゲットを絞り込んでアベンヌブランドの基盤を強化・拡大

ビジネスレポート
ライオンが洗濯時の“型くずれ”を防ぐ『アクロン』を改良新発売

業界動向
花王の連続増益記録に終止符か / 明確になった国産優勢・外資劣勢の構図 / ポーラがプレミアムビューティサロンを拡大 / 明暗分けるか大手百貨店2社の成長戦略 / ユニクロの玉 塚社長更迭、柳井会長が再登板

海外情報
高価格ヘアケア市場を制覇したスアーヴとVO5 / NY州議会にフタレート含有化粧品禁止案を上程 / 米国でもホワイト・ルーセントを発売する資生堂 / 巨額退職金に関する召換命令を拒否するジレット / 動物実験禁止削除求める訴えを退けた欧州裁判所
特 集
狂気の出店で流通業界から勝者が消滅 ◆日刊工業新聞編集委員 森谷信雄 / 迷走するカネボウグループの再生とエグジット  / ドラッグストアの“わが世の春”は終わった / [アナリスト座談会] 競争が激化する化粧品・日用品市場で勝ち残る企業の条件 ◆斉藤功一郎(大和総研アナリスト) ◆角田律子(メリルリンチ日本証券アナリスト) ◆三浦充美(UFJつばさ証券アナリスト) ◆ 山口慶子(野村証券アナリスト) ◆田中克典(ゴールドマン・サックス証券アナリスト) /  化粧品企業の広告戦略に見る中国市場の商機とリスク ◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

マーケティングレポート
資生堂「ベネフィーク」から大人の肌をキレイに見せる新メーキャップシリーズ「セオティ」が本格デビュー / 類稀な商品企画力により市場拡大を急ピッチで進めるソニーCPラボラトリーズ / ハイエンドマーケティング戦略で超高級路線を突き進むラ・プレリー ジャパン / 新リップの発売を機に高級ブランド戦略をより鮮明に打ち出すゲラン / 業界初ともいえる試みを連発し独自路線を明確に築き上げたブルジョワ / 資生堂がカメリアサークルセミナー2005を開催 / カネボウコスメットが2005年秋冬の新商品を発表 / アルビオン、企業価値を最大化し独自の顧客資産づくりに挑戦 / ベビードールを核にフレグランス戦略で辣腕を振るうイヴ・サンローラン / 新生ディシラから2つの新シリーズ誕生! / エフティ資生堂が「シーブリーズ」夏プロモーションを本格展開 / カネボウ化粧品、「塩化レボカルニチン」の「肌あれ・あれ性」への効果 を実証

この人に聞く
ヨヘン・ザムザイル ◆日本ロレアル社長 経営陣に日本人の登用を積極化する / 前田新造 ◆資生堂新社長 資生堂をお客さま志向のマーケティング会社に変える  / 井田隆雄 ◆井田両国堂社長 業態・立地別 のMD提案で化粧品の専門卸を極める

ビジネスレポート
P&Gの改革に成功したラフリーとはどういう男か ◆国際ジャーナリスト 山岡清 / 県境をまたぐ町田・相模原に見る百貨店ブランドのあり方 ◆第二空間ウエスト代表 佐藤秀夫

業界動向
資生堂、新ブランドで参考価格制を実施 / 化粧品・日用品各社の株価の行方 / マツキヨ、イオンを軸に業界再編が加速 / 松屋が投資ファンド2社に狙われた理由 / 大衆薬卸の大木が東邦薬品と業務提携

海外情報
ようやく効果が出始めたユニリーバの組織一本化 / EU委員会にジレット買収の承認を求めたP&G / 米・加州で発がん・毒性成分規制法案が続々上程 / 染毛剤成分の安全性評価を厳格化するEU科学委 / 若者に嫌われて落ち目の米国百貨店の化粧品販売
特 集
トヨタの利益世界一が示唆する生きたカネの使い方 ◆経済ジャーナリスト 西村宏雄 / カネボウ上場廃止後の再生の道筋を探る ◆サーク・インベスターズ副社長兼チーフアナリスト 新妻忠彦  / ご自慢の連続増益が限界に来た花王の焦燥  / メディセオ・パルタック経営統合の意味 / 新連載・いまが出番! 化粧品専門店の奮戦レポート ◆ 一番館(福岡県太宰府市)アルビオンの美容活動を徹底して展開し会員稼働率ほぼ100%を実現した ◆回生薬局(佐賀県伊万里市)ワンランク上の専門店ブランドを導入して専門性を打ち出しドラッグチェーンと差別 化 / 大規模小売業における優越的地位濫用規制の強化 ◆城西国際大学客員教授・元公正取引委員会事務局長 地頭所五男  / 大手も経営に手こずるアメリカの最新スパ事情 /  化粧品・日用品企業8社の業績と見通 し / 巨額の拡大投資を敢行する百貨店戦争の舞台裏

マーケティングレポート
カネボウ化粧品05年夏「テスティモ」プロモーション 「落ちない」、なのに ぷるキラ プラチミナル / “バックトゥベーシック”を標榜し復活へ向け動き出したヘレナルビンスタイン / ベビードールと日本限定色のトータルコラボレーションルックを展開するYSL / 強力な新製品と一貫した店頭販促活動が大成功し、“飛翔の年”を迎えたブルジョワ / 「HAKUメラノフォーカス」誕生! 資生堂、新知見に基づく新美白ブランドから / アルビオン、2005年「ホワイトニングプロモーション後期」 白に、染まる。目で見て感じる 角質美白エッセンス / 改正薬事法の施行を追い風に受託ビジネスを拡大するブルーム / マイルドクレンジングオイルの大ヒットで化粧品事業復調の兆しを見せるファンケル

この人に聞く
五味広文 ◆金融庁長官 日本は金融システムの危機を克服した / 小林一俊 ◆コーセー副社長 高付加価値ブランドの好調で最高益実現創立60周年に向け攻めの経営を展開する / 児島誠一郎 ◆中央物産社長 卸機能を強化して「カテゴリー・コントラクター」を目指す /大石和良 ◆ディシラ社長 ディシラ「新3カ年宣言」を始動しディシラ価値をさらに磨き上げる

ビジネスレポート
P&Gのソーシャル・ネットワーキング戦略 ◆マーケティング・アナリスト 吉崎弘高 / 化粧品専門店に圧倒される長崎の百貨店化粧品 ◆第二空間ウエスト主幹 佐藤秀夫

業界動向
敵対的買収に怯えて増配ラッシュ / カネボウ化粧品の再生が予想以上に進展 / 小売りとの戦略的取り組みに成功した資生堂 / 日本撤退が取り沙汰されるウォルマート / 勝ち組がいなくなった総合スーパーの苦境 

海外情報
動物実験禁止に対する異議を却下したEU裁判所 / ダイアルを買収して競争力を強化した独ヘンケル / スキンケアの研究センターを設立したクリニーク / 飽和市場の中で新製品開発に鎬を削る米洗剤業界 / パラベンの安全性再検討を9月に延期したCIR
特 集
日本の企業社会に害毒を流す株主至上主義 ◆経済ジャーナリスト 和泉秀樹  / 乗っ取りのリスクが高まる化粧品・日用品企業 ◆サーク・インベスターズ副社長 新妻忠彦 / これが世界の化粧品・日用品企業の勢力図だ / 製薬企業は淘汰の激流を合併で乗り切れるか / 資生堂、13代目社長に内定の前田新造氏を披露 / 小林章一 ◆アルビオン副社長 化粧品ビジネスに夢を取り戻そう / 伊藤昌弘 ◆あらた社長 システムを統一して全国卸の機能を強化 / 百貨店化粧品市場における成功の条件 エキップ/アルビオンを検証 / 首切りなしの終身雇用で安定成長するコルゲート / ジレットを売り飛ばしたキルツ会長に非難囂々 / 流通 業界の覇権を握るのはヨーカ堂かイオンか ◆ヘーゲル国際大学客員教授 奈良一生 / 矢野博丈 ◆大創産業社長 21世紀には哲学のある経営者は滅びる / 驚異の快進撃を見せるエキップ「勝利の方程式」 / P&Gのバイラルマーケティング戦略の全貌 ◆マーケティング・アナリスト 吉崎弘高

マーケティングレポート
エテュセ、「生理前ニキビ」対応商品を発売 / 独創的な商品開発でバラエティ市場に確固たる地位 を築き上げたクオレ / “ボディモデリング”という新市場の創出を目指すイヴ・サンローラン / 不況を追い風にするブルーベル・ボーテの個性派化粧品ビジネス / 大型ブランドの新規導入と限定品展開で初夏戦線を活況に導くブルーベル・ボーテ / 自然志向、本物志向が定着したいま高付加価値の差別 化商材として注目高まるヘナ配合のプラセナシリーズ

この人に聞く
小林禮次郎 ◆コーセー会長 “正しきことに従う心”を行動指針に / 中嶋成幸 ◆ソニーCPL社長 “連帯と信頼”をテーマにCPコスメティクス事業の再構築を図り売上げの飛躍的な改善を図っていく / ヴァンサン・ヴァルヌリー ◆日本ロレアル副社長コンシューマープロダクツ事業本部長 メイベリン、ロレアル パリを日本市場で不動のブランドに育成する

ビジネスレポート
薬事法改正により注目度高まるブルームの分析・管理業務

業界動向
上場維持か上場廃止か――カネボウの行方 / 大衆薬の拡大戦略を発動したライオン / メディセオ――パルタック統合でメガ卸が誕生 / 素人の経営陣にダイエー再建がやれるのか / 日本型に転換する中国のドラッグストア 

海外情報
成分の安全性未確認化粧品に警告表示措置を検討 / 権限はどうなる。始まったユニリーバの機構改革 / ロレアルのCEOにUSA社長のエイゴンを内定 / 高価格アンチエイジング市場に参入したカネボウ / 輸出は好調でも国内では低迷するフランス化粧品
特 集
増税路線を突っ走れば個人消費は崩落 明治大学政治経済学部教授 高木 勝  / 机上の空論ではダイエー再生は土台ムリだ / カネボウ化粧品の再生初年度決算を徹底検証 / 三木田國夫 ◆パルタック社長 「ストアソリューション」ビジネスを確立する / 英・蘭二人会長制に訣別 したユニリーバ / 中神美郎 ◆全国化粧品小売協同組合連合会理事長 自己選択、自己行動化する、新時代の繁栄する専門店づくりを目指す / 癒しの時代を追い風に急成長するユニ・チャームペットケア / 「漢方サプリ」ブームを仕掛ける三九本草坊医薬 流通 ジャーナリスト 浅野恭平 / 外資主導で急拡大する中国化粧品市場 名城大学経営学部教授 謝 憲文  / 日用品・トイレタリー市場のシェア攻防戦

マーケティングレポート
5半期連続の2桁成長で躍進し続けるP&G 企業スローガン「消費者はボス」に基づく深い消費者理解が奏功 / 資生堂からひとぬ りで肌をつくり変える『美肌薄膜』ファンデーション「新・プラウディア」誕生 / アルビオン、2005年「ホワイトニングプロモーション前期」 未体験の美しさ / ブランド誕生25周年を機に顧客・取引先との関係強化を図るSK―II / 成長期真っ只中にある二つの個性派ブランドのさらなる業績拡大に猛進する日本ロレアルLPD / 流通 活性化の基点となる限定発売戦略でも比類なき力を発揮するブルーベル・ボーテ / 画期的新製品を発売しブランドとしての第2ステージに飛躍を期すシスレージャパン / 発売1年でコーセーのベースメイクの中核ブランドに成長したESPRIQUE(エスプリーク)

この人に聞く
棚橋泰文 ◆科学技術政策・IT担当国務大臣 国家戦略として科学技術政策を推進する / 水留浩一 ◆ローランド・ベルガー代表取締役日本代表 成長を志向するリストラでなければ成功しない / 藤井敬二 ◆伊勢半常務取締役営業本部長 経営の合理化を骨子に合併を敢行し新生伊勢半として独自のポジショニングの確立に挑む / 水野新平 ◆ホーユー社長 事業のさらなる拡大に備え強力な企業ブランドの構築を目指す

ビジネスレポート
営業体制を強化し市場攻勢に転ずる新生シュワルツコフ ヘンケル / 強力なポートフォリオを築き上げ、さらなるシェア拡大を期すP&Gのヘアケア事業 / コンセプトサロン開設で日本での展開を本格化し始めたアヴェダ

業界動向
総合スーパーの化粧品販売に復活の兆し / 化粧品・日用品企業は敵対的買収への備えがあるか / 三共・第一製薬の経営統合は再編本番のノロシ / 減損会計強制適用の化粧品・日用品企業への影響 / ボロボロで日本から逃げ出したカルフールのお粗末 

海外情報
見方が分かれるP&Gのジレット買収の相乗効果  / 家庭品とH&BCを軸に成長戦略を進めるP&G / 化粧品会社に処方改善の圧力かける市民グループ / 最終AHAラベル表示ガイダンスを公示したFDA / 需要落ち込みに苦しむドイツの化粧品日用品業界
特 集
改めて見直される日本的経営の美点と特質 ◆経済ジャーナリスト 和泉秀樹  / 資生堂・池田守男が遺した「退任の黙示録」◆経済評論家 足立誠  / 再生後のカネボウ化粧品はどうなるか 再生機構のエグジット戦略を探る ◆国際アナリスト 鈴木治  / 6兆円でジレットを買収したP&Gの狙い 大手小売業から価格主導権の奪回だ / 英・蘭二重組織の改革にてこずるユニリーバ ◆国際ジャーナリスト 山岡清 / 西友の再建に往生するウォルマートの経営力 / 様変わりした百貨店化粧品市場の勝者と敗者 / 改革を徹底して断行しV字回復を図るカネボウ化粧品 05年事業方針を発表

マーケティングレポート
カネボウ化粧品、05年春レヴュープロモーション 「お嬢様フェイス絶対キープ。」 / 外資百貨店ブランドベスト3の地位 を射程圏内に捉えさらなる飛躍に歩を進めるディオール / 新しい切り口の高付加価値商品を投入して本格反転攻勢に乗り出したエフティ資生堂 / 最強アイテムであるチーク&アイシャドウを“進化”させたブルジョワ / コーセーコスメポート、日本初の「ネットムービー」プレゼントキャンペーンを展開 / 新口紅を投入しブランドとしての新たなステージに弾みをつけるYSL / 独創的なマーケティング戦略を礎に独自のポジショニングを築きつつあるケンゾーパルファム / 資生堂、遺伝子レベルに働きかける新規育毛成分『アデノシン』の開発に成功! / 次世代型薬用育毛剤「薬用アデノゲン」資生堂から新発売! / 類稀な企画・開発力で化粧品通 念を打破した美白ラインを市場投入するベキュア / 他社と一線を画す訴求点の新ホワイトニングで新客獲得を強化するゲラン / ヒアルロン酸カテゴリーを創出しメガブランドへと昇華するジュジュアクアモイスト / 25周年を機に真のグローバルブランドへ進化するSK―II / “質の向上”をあらゆる面 で実現し売上げ300億円達成に向け動き出したブルーベル・ボーテ

この人に聞く
志太勤一 ◆シダックス社長 ニーズに合わせ“食”のあらゆる業態を展開 / 鈴木喬 ◆エステー化学社長 世にない商品を提供すれば価格競争は関係ない / 鴻池一郎 ◆ミルボン社長 現場の美容師の技術を高めてくれる商品だから売れる / ゲアハルト・シュラメク ◆ヘンケルジャパン副社長 ●大人消費時代に対応したサロンメニューを提案していく

ビジネスレポート
マックスファクター04年は105%、会計年度上半期は103%を達成 / 攻めの営業を展開して新快適生活産業の覇者へ 2005年ライオン会総会で新たな成長シナリオを発表 / ユニ・チャームが2005年グループ政策発表会を開催

業界動向
資生堂、ライオンの株価はブランド価値と乖離 / マツキヨ―杉浦薬品提携で中部戦争勃発か / VIP II 09計画推進で躍進目指すライオン / 財界活動で?株?を上げる渡辺元花王副社長 / 悪質・先鋭化する中国の偽物ビジネス 

海外情報
キンバリーを追撃し首位を窺うP&Gの紙おむつ / 業績の急回復を背景にして企業買収を狙うヘンケル / 抗加齢成分と防腐剤の安全性を再評価するCIR / 新しいルールを策定して訪販を全面 解禁する中国 / 新製品とライン拡張で攻勢に出たアメリカ
特 集
ダイエー・中内功の栄光と挫折 / 人気爆発「コエンザイムQ10」狂騒曲の舞台裏 /「青色LED職務発明報奨訴訟」が投じた波紋 / 米国の制汗剤市場で過熱するティーン攻略合戦

ザ・ライバル
資生堂 VS. エスティローダー 世界ナンバー2の座を争う好敵手の戦略比較 / ポーラ VS. エイボン 世界・日本で化粧品訪販の道を開いた先駆者 / 花王 VS. P&G 成長力の違い大きくスケール格差は拡大する一方だ / ライオン VS. コルゲート 最大の相違点は国内指向型と国外指向型の戦略の違い / ユニ・チャーム VS. K・クラーク 当面は競合を回避しているが将来はアジアで全面 対決へ

マーケティングレポート
カネボウコスメット 05年春夏新商品 「スキンケア・メイク市場ナンバーワンシェア」と「高付加価値」戦略をさらに深耕 / 誕生25周年を迎え「伝統と革新」をテーマに新たな歴史を開くSK―? / 最強ブランド“ブルガリ”の新フレグランス3品を相次ぎデビューさせるブルーベル・ボーテ / 流通 戦略・製品戦略ともに完璧な体制で05年に臨むパルファム ジバンシイ / 資生堂から美顔療法を提案する新ブランド「&フェイス」誕生 / 10代カラーのトップブランド・ホーユー「ビューティーン」がリニューアル / 有力ブランド群で今春のフレグランス戦線を活況に導くわかば / エフティ資生堂から次世代型ボディーソープ「クユラ」を発売 / 7年連続2ケタ伸長を実現し新たな成長神話を築き始めたイヴ・サンローラン

この人に聞く
杉山秀二 ◆経済産業事務次官 ダイエーが片付けば不良債権問題も一段落 / 池森賢二 ◆ファンケル会長 “正義感”で創業し“不の解消”を事業の根幹に社会貢献を続けていく / レイコ・B・リスター ◆エル・インターナショナル社長 顧客特性に合わせたサービスを提案できる美容部員を育成

ビジネスレポート
本格展開のステージに突入した資生堂中国事業の全貌 / モッズ・ヘアの世界を体感できる シークレットバー「Red Rules. Bar」がオープン /カネボウホームプロダクツ 05年春新商品ラインナップ 事業価値向上へ向けて店頭第一主義による営業活動の変革を推進 / 製品・流通 ・販売施策等すべての面で“原点回帰”を打ち出した05年のランコム

業界動向
商法改正で外資の日本企業買収が急増へ / 花王は本当にカネボウ化粧品を買収するか / ダイエー支援企業の本命に丸紅が急浮上 / 成熟市場で出色の伸びをみせるアルビオン / 人民元切り上げの日本化粧品企業への影響

海外情報
激戦の米国制汗市場で迂回作戦を選んだジレット / 米国でのプレゼンス拡大の動きを強めるヘンケル / 免税店での売上比率上がる化粧品・フレグランス / 消費者製品業界で新製品発売競争が激化する理由 / 今後が注目されるユニリーバ1本社制への移行話
1,257円
SPECIAL ISSUE
景気は前半減速、後半回復、そして飛躍へ ◆千葉商科大学学長・慶應義塾大学名誉教授 加藤 寛  / [新春対談] 池田守男(資生堂社長)VS. 浅利慶太(劇団四季代表取締役) 演劇と化粧を通 じて喜びと感動を提供 / カネボウ化粧品の債権を株式化した再生機構の狙い ◆国際アナリスト 鈴木 治  / 化粧品・日用品関連30社の04~05年度業績予想 / 化粧品・日用品企業20社の04年の株価パフォーマンス / 従業員を酷使し搾取するウォルマートの非道 / 04年トイレタリー主要14市場の激戦を総括する / マルチブランド路線からルイ・ヴィトンに集中するLVMH / カネボウ化粧品が「トワニー店全国セミナー2004」を開催

NEW YEAR'S TOP INTERVIEW
知識賢治 ◆カネボウ化粧品社長 企業価値を最大限に高めて05年度は積極果 敢にV字型飛躍を目指す / 小林保清 ◆コーセー社長 世界に通 用するブランド・人材育て国際舞台へ羽ばたく / シベッシュ・ラム ◆マックス ファクタープレジデント 個々の取引先の特性に応じたカスタマイズされたサービスを提案する / 小林英夫 ◆アルビオン社長 専門店分野・高級品分野・スキンケア分野でオンリーワンを目指す / 藤重貞慶 ◆ライオン社長 新快適生活産業を担う総合企業ナンバーワンの座を実現へ / 高原豪久 ◆ユニ・チャーム社長 創造的な新製品の開発に注力し業界総資産の拡大に貢献したい / 木下尚慈 ◆日本リーバ社長 エモーショナルな価値のあるブランドを通 じ暮らしにバイタリティを与えたい / ヨヘン・ザムザイル ◆日本ロレアル社長 取引先にとってダイナミックなパートナーでありたい / 山口信和 ◆エスティ ローダー常務取締役 市場の変化に対応して戦略を再構築し200億円達成にチャレンジする / オリビエ・サルモン ◆クラランス社長 接客の徹底強化と新製品の展開で2桁の売上げ成長を達成したい

MANAGEMENT & MARKETING
クレアラシルブランドの捲土重来を期し全面リニューアルを敢行するブーツヘルスケア・ジャパン / 資生堂ピエヌ、05 年春のプロモーション 春・イロ・イロ・ピエヌ / カネボウ化粧品、28才からの新スキンケアブランド「suisai」がデビュー / 事業基盤の再構築を終えブランド本来の持ち味を発揮すべく始動したブルジョワの05年成長戦略 / 05年も斬新な提案と新製品群でフレグランス市場を牽引するブルーベル・ボーテ / ナチュラル&ライフスタイル提案を基本理念に三つのブランド配置を着実に進めるNSbrands

INTERVIEW
鈴木敏文 ◆イトーヨーカ堂グループ代表 チャレンジしなければ置いてきぼりを食う / 町田充 ◆シュウウエムラ化粧品ビューティブティック事業部営業本部長 効率運営を図るべく企業基盤の構築を進めブランドを原点回帰し成長軌道に復帰する

REPORT
化粧品と大衆薬の売上げが急増するP&G / 製薬企業40社の04年度中間期実績と通 期予想

業界動向 ◆ BUSINESS TRENDS ◆
景気悪化に逆行して化粧品業界は安定成長へ / 高級化粧品市場の変容を促す購入層の変化 / ダイエーのスポンサー選びは大詰めに / カネボウ化粧品が三九企業集団と提携しドラッグ業界へ / 注目されるα―リポ酸の化粧品への配合許可

海外情報
流通販路の組織化で拡大するロシアの化粧品市場 / 新ラインの投入で1億ドルの宣伝を張るパンテーン / 英国で急伸する抗加齢と男性用のスキンケア製品 / 落とし穴も結構多い海外化粧品のロシアでの販売 / 揮発性有機化合物の過充填報告は無用とロレアル
SPECIAL ISSUE
ドル独歩安・円高進行で日本の景気は失速へ ◆明海大学経済学部教授 高橋乗宣  / ボランタリーチェーン、NID内紛の一部始終 ◆流通ジャーナリスト 浅野恭平  / コルゲート、ユニリーバを締め上げるP&Gの恐るべきパワー / ニッチ商品で世界一を目指すエステー化学 / アジアが収穫期に入ったマンダムの「勝利の戦略」 / 構造不況の百貨店化粧品は再生するか / 資生堂の国内化粧品販売は回復するか ◆大和総研シニアアナリスト 斉藤功一郎  / 様変わりの収益好転を見せるエスティローダー / 世界の化粧品・トイレタリー最強企業30社ランキング / 改正薬事法と化粧品業界の対応 ◆東京薬科大学薬学部客員教授 中村陽子

MANAGEMENT & MARKETING
カネボウ化粧品 28才からの女性に向けた新スキンケアブランド「suisai」発売 / カネボウ化粧品05年春「テスティモ」プロモーション 「落ちない」、なのにピュア色ぷるんっ。 / クリスマスシーズンに向けマックスファクターが新プロモーションを展開 / 日本最大店舗として京都四条店を開設し関西地区の底上げを図るロクシタンジャポン / 圧倒的なシェアナンバー1を目指して資生堂の新たな取り組みが始まった / ホルスがSPF豚由来のプラセンタエキスの供給を開始 / “原点回帰”を事業部テーマに掲げ05年に復活を期す日本ロレアルLPD / カネボウ化粧品、新コーポレートスローガン「FEELYOURBEAUTY」を策定 / ライオン、新開発の花粉対策技術を駆使して新製品「花粉ガード」を市場導入へ

INTERVIEW
大江方二 ◆ゼファーマ社長 OTC部門の合併・再編の動きは加速する  / 中嶋成幸 ◆ソニーCPラボラトリーズ社長 来期の飛躍に向け基盤のさらなる強化を徹底的に推進する

REPORT
アジア最大のビューティートレードイベント「コスモプロフ・アジア2004」開催

業界動向 ◆ BUSINESS TRENDS ◆
西友の立て直しに手こずるウォルマート / カネボウ化粧品の再生を妨害する卑劣な中傷 / 福原義春、高原慶一朗の両氏に旭日重光章 / 大幅増収増益となったコーセーの9月中間決算 / 大ブームの気配みせるコエンザイムQ10化粧品の今後

海外情報
売上拡大のため広告費増やす米国大手日用品企業 / P&Gを再建した功績で年俸3倍のラフリー会長 / FDA牛由来原料規制案に協力姿勢示すCTFA / 米国でオンライン販売を主にするボディショップ / 急成長する高級オーガニックスキンケアの問題点
おすすめの購読プラン

国際商業の内容

  • 出版社:国際商業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月7日
  • サイズ:B5
化粧品、トイレタリー、洗剤、日用雑貨、医薬品およびその関連業界の情報をタイムリーにお届けします!
消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。

国際商業の無料サンプル

2013年2月号 (2013年01月08日発売)
2013年2月号 (2013年01月08日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

国際商業の目次配信サービス

国際商業最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

国際商業の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.