国際商業 発売日・バックナンバー

全235件中 166 〜 180 件を表示
★★★特集★★★
バラエティストアのコスメ最前線

プラザスタイル
■化粧雑貨のMDを見直しユーザーの据野を拡大
ローズマリー
■立地特性に応じた品揃えで地域一番店を目指す
ショップイン
■接客力の強化で新業態のレベルアップを図る
ランキンランキン
■ニーズを先取りした提案で“流行発信基地”に磨きをかける


◎巻頭インタビュー
前田新造 日本化粧品工業連合会会長・資生堂社長
●業界のさらなる発展のために努力したい

◎巻頭論文
名門キリンビールを甦らせた「組織風土改革」
◆ジャーナリスト 宮本惇夫

◎特別レポート
・円高阻止の決め手なく史上最高値突破の公算大
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

・「健康食品」に消費者庁が突き付けた重い課題


◎ 海外最新レポート
変貌する中国オーラルケア市場の現状と将来性(2)
名城大学経営学部教授 謝 憲文


★連載「専門店の時代」を考える
「化粧品専門店」は誰のためのものか
◆化粧品ジャーナリスト 稲田 誠


◎マーケティングレポート
■カネボウ化粧品「コフレドール」●10年秋冬新ベースメイクを発売
■内外美容ニーズへの幅広い対応で成長を加速する資生堂ヘルスケア事業
■ポーラの最高峰ブランドが進化 ●肌の「糖化」に着目した新B.Aシリーズ誕生
■ブルガリのシグニチャーメンズフレグランスを新発売するブルーベル
■下期に向け複合的な活動を積極化し情報発信を強化するキールズ
■新機軸のメイクアップブランド「UNE」が好調に推移するブルジョワ
■トータルスキンケアライン充実を図る大塚製薬のインナーシグナル
■戦略的な基盤構築を実現し今秋の新製品で一段の進化を図るアモーレパシフィック
■資生堂「ウーノ フォグバー」からストロングタイプ登場


◎インタビュー
福岡英一
パルファムジバンシイ代表取締役社長長
●4ブランドの個性をシナジー発現へとつなげスタイリッシュなブランドコングロマリットを構築する

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
方波見(かたばみ) 洋
東武百貨店池袋店婦人服飾雑貨部バイヤー化粧品担当
●サービスの充実と新ブランドの開拓で化粧品売り場の価値向上を図る

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●キスミー「ヒロインメイクマスカラリムーバー」
アイスタイルリサーチプランナー 西原 羽衣子

◎業界動向
・前田資生堂社長が粧工連の新会長に就任
・猛暑で一息ついた小売業売上高
・コンビニドラッグでアクセルを踏むイオン連合
・増収増益だったライオンの上半期決算
・上半期は2桁増の化粧品輸入実績

◎海外情報
・ヤングウィメン市場を積極開発する「フェラガモ・パルファム」
・認証製品の香料は100%天然成分を義務付けるNPA
・エスティローダー、中国の高級オンラインビジネスで先行
・ブラジルで独自の小売戦略を推進するロクシタン
・ビックヒットの予感、バレンシアガが久々にフレグランス市場に参入
★★★特集★★★
化粧品メーカーのネット戦略
店舗流通の落ち込みを尻目に依然成長を続けるネット販売市場

アユーララボラトリーズ
■ポイントサービスと異業種コラボで顧客の囲い込みを図る
クラブ・クレアター・ボーテ
■カタログとインターネットの連動で潜在ニーズを掘り起こす
クリニークラボラトリーズ
■コンサルテーションの充実で百貨店並みの顧客満足を提供
パルファムジバンシイ
■KENZOKIの成功事例をグループの各フレグランスブランドに波及
ファンケル
■チャネルとメディアの融合で優良顧客の裾野を拡大
ランコム
■ウェブの利点と百貨店の強みを生かし売上げの相乗効果を高める
ロクシタン
■マルチチャネル戦略を駆使して販路拡大に努める
日本ロレアルLPD
■百貨店チャネルを補完する形で主力ブランドのeコマースに乗り出す


◎巻頭インタビュー
宮島和美 日本通信販売協会会長
●法律関係と広報機能の強化に取り組む

◎巻頭論文
「情報開示」で始まった日本企業のガバナンス改革
◆コーポレート・ガバナンス評価研究会代表 藤田利之

◎アナリスト特別座談会
化粧品・日用品企業の09年度総括と業界展望
市場環境の悪化のなかで明暗分かれた各社の戦略と課題を分析

◎特別レポート
不透明感を増す景気の行方
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

★連載「専門店の時代」を考える
「資生堂VS.アルビオン」の“2強時代”に突入
◆化粧品アナリスト 稲田 誠

◎ 海外最新レポート
変貌する中国オーラルケア市場の現状と将来性(1)
名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎マーケティングレポート
■資生堂「マキアージュ」から10年秋の新製品発売
●見た目で納得、使って即実感できるメーキャップアイテム誕生
■カネボウ化粧品が「インプレス グランミュラ」を発売
●百貨店流通で展開する最高価格帯のスキンケアライン
■アルビオンがエイジングケアシリーズ「INFINESS」新発売
●美しく引き締まった顔立ち、気持ちまで上向く肌へ
■製品・施術・異業種コラボ等全ての面で比類ない独自性を発揮するベキュア
■「香水の日」制定に合わせフレグランス市場のさらなる活性化に注力するブルーベル
■5つの中期戦略を果敢に推進する新生ファンケル
■“色の魔術師”の真価を発揮しルックを中心に好評を博すYSL
■独自の皮膚生理理論に立脚した大塚製薬インナーシグナル研究開発の源泉
■コーセーが「スティーブンノルコレクション」のリニューアル発表会を開催
■イプサ、「新メタボライザー」発表会を開催
■独自の事業哲学で市場での認知拡大を志向するキールズ

◎インタビュー
栗林水都
日本ロレアル
ラグジュアリプロダクツ事業本部イヴ・サンローラン・ボーテ事業部副事業部長
●組織の充実とBAトレーニングの強化を徹底し今期は成長軌道へ

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
山田秀人
阪急阪神百貨店阪神本店婦人服飾品商品統括部長
●阪急梅田本店との役割分担を意識し2店舗で幅広い女性のニーズに応える

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●ロレアルパリ「ラッシュセラム」
アイスタイルリサーチプランナー 田原 茜

◎業界動向
・ファンケルがディーエイチシーを告訴
・猛暑で化粧品・日用品に追い風
・初の減益を受け全社一丸で復活目指すアルビオン
・医薬品強化に動く小林製薬

◎海外情報
・新市場として大きな期待を集める米国の“トゥイーンズ・コスメ”
・大幅拡大が見込まれるアジア太平洋地域の免税店事業
・失敗を乗り越え洗剤の新分野に挑戦し成功したP&G
・サラ・リーとユニリーバの合併検討をさらに継続するEU
・P&G、サプライヤー見直しの一環で環境維持のための評価制度を導入
★★★特集★★★
海外化粧品・日用品企業の09年決算分析
◆米国編 消費低迷期を脱し増収増益確保に自信を示す
◆欧州編 EU成立以降で最悪期を迎え軒並み低成長に陥る

◎巻頭インタビュー
リン・フローリオ ラ・プレリー社長
●戦略の見直しをかけ日本を世界一に導く

◎巻頭論文
急膨張の中国M&Aが日本に矛先を向ける
◆国際エコノミスト 奥村皓一

★新連載 ★「専門店の時代」を考える
新しい関係性を模索する化粧品メーカーと専門店

◎ 海外最新レポート
中国市場で急成長を続けるロレアルの流通チャネル「渠道下沈」戦略
名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎マーケティングレポート
■カネボウ化粧品「トワニー店全国セミナー2010」開催 ●「夢の城」実現に向けて
■「資生堂 女性研究者 サイエンスグラント」授賞式を開催
■コーセー「エスプリーク プレシャス」から秋のポイントメイク・ベースメイクを発売
■「第11回リサージゴールドショップセミナー」を開催 ●マスターブランド・リサージに資源を集中しブランド価値を伝えていく
■クラシエホームプロダクツ10年秋新商品ラインアップ ●独創的な付加価値商品を投入し収益の向上を図る
■日本市場に即した技術革新とビジネスモデルの変革でV字回復を実現した日本ロレアルLPD
■ユニークな製品特性にナチュラル成分訴求を加え加速度を増すブルジョワ
■有力商材を豊富に揃え下期に向けて弾みをつけるシュウ ウエムラ
■店舗集中戦略を採り新たなビジネスの再構築に注力するジョルジオ アルマーニ
■カネボウ化粧品「第5回ビューティアップコンテスト世界大会〉」を開催
■ユニ・チャームが10年秋の新製品発表会を開催 ●「正しい政策と実行」が業界総資産の拡大につながる

◎インタビュー
越智康行 川辺代表取締役専務営業統括本部長兼フレグランス事業部長
●150人を超える営業力を駆使して新たなフレグランス展開に臨む

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
矢田康泰
そごう・西武商品部衣料品統括部婦人雑貨部チーフバイヤー
●サービス軸とMD軸を強化しお客様のニーズの多様化に対応

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●イプサ「ピュアプロテクトファウンデイション」
アイスタイルリサーチプランナー 西原羽衣子

◎業界動向
・資生堂がベアエッセンシャル社を加え業績修正
・日本通信販売協会会長に宮島ファンケル会長が就任
・規模縮小を目標にした武田薬品の中期計画
・白熱するコンビニの次世代弁当開発競争

◎海外情報
・M&Aに意欲旺盛なロレアルが米国のエッシーを買収
・競争力を強化しシェア拡大に乗り出したユニリーバ
・化粧品規則改定で混乱、新たな負担に直面する中国進出企業
・エリザベス・アーデン、バルバトスの男性向け事業を取得・
・カナダなど海外展開を拡大するリミテッド・ブランズ
838円
★★★特集★★★
09年度決算分析
化粧品業界 ■購入価格帯の下方シフトが加速し市場規模はさらに縮小
日用品業界 ■生活必需品の強みとインフル特需で消費節約の逆風を凌ぐ
百貨店業界 ■「最終戦争準備」で稼働率が低下、依然として超低空飛行が続く
GMS業界 ■いまだ改革の成果を手にできず問われる業態の方向性
コンビニ業界 ■本部の加盟店支援と商品開発力の差が既存店売上高に大きく反映
ドラッグストア業界 ■消費不況と競争激化で業績が低迷、新業態開発に生き残りを賭ける
医薬品業界 ■増収基調を堅持するも主力品の動向が明暗を分ける

◎巻頭インタビュー
渡辺 周 総務副大臣
●水ビジネスで自治体の活性化を

◎巻頭論文
変容する日本企業に求められる“ラポートトーク”経営
◆経営学者 長田貴仁

◎ 流通レポート
百貨店離れを食い止めるイケセイ(西武池袋本店)の化粧品改革

◎異業種参入相次ぐ化粧品業界
佐藤製薬「エクセルーラ」
●商品特性と使用実感の明確化で新規ユーザーを獲得

◎マーケティングレポート
■カネボウ化粧品「コフレドール」●10年夏秋の新商品を発売
■資生堂「アネッサ」から肌へのやさしさを高めた新製品が登場
■世界最強ラグジュアリブランド「ランコム」成功の軌跡
■資生堂「シーブリーズ」●出荷数1000万本を突破し10代を中心に愛用者がさらに拡大する「デオ&ウォーター」
■百貨店リニューアル店舗で著しい成長性を発揮するブルーベル
■コーセーが09年度総括と中期経営計画の進捗状況を発表 ●着実に成果見せる国内事業の再構築とグローバル化をさらに推進
■エキップから「美しい軸。SUQQU」誕生 ●全国30店舗30億円体制の早期実現を目指す

◎インタビュー
スティーブン バーコフ ラ・プレリー社長
●日本ならではの常識を重んじながらブランドに誇りと自信を持って推し進める

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
清家美智子
大丸松坂屋百貨店営業本部第2MD推進部部長 婦人雑貨・子供服ショップ運営担当
●顧客にとって「スペシャリティ」のある売り場を目指す

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●マンダム「クレンジングエクスプレスクレンジングローション」
アイスタイルリサーチプランナー 田原 茜

◎業界動向
・対ユーロ円レートが4年ぶりの高値
・シナジーの最大化を図るユニ・チャーム
・日雑卸のPaltacが社長交替を発表
・共同仕入れ組織のADOが事業大幅縮小へ

◎海外情報
・急成長のブラジル美容市場をリードする2大ブランド
・6%減、82億ドル弱となった09年の米国高級化粧品の売上高
・ワインの低迷で13%減となった仏の高級品貿易黒字
・中国化粧品市場で加熱する新たな成長分野獲得競争
・公共施設で職員のパフューム使用を禁止するデトロイト市
★★★特集★★★
シェア攻防戦
■化粧品・トイレタリー市場の勝者と敗者
■通信販売を主体に再浮上の様相を見せ始めたサプリメント業界

◎巻頭インタビュー
吉崎達彦 双日総合研究所副所長
●政治混迷のなか経済は“幸薄い景気回復”か

◎巻頭論文
トヨタに学ぶ国際展開のリスク
◆ジャーナリスト 新谷 敬

◎流通レポート
縮小待ったなしの市場で生き残り競争が熾烈化する百貨店業界

◎海外最新レポート
外資主導で急成長する中国の男性用化粧品市場
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎マーケティングレポート
■資生堂2010年度経営方針発表会を開催
●回復から成長へのシナリオを描きグローバル企業としてさらに飛躍する
■「SK-Ⅱ」誕生30周年を機にさらなる顧客獲得を図るマックス ファクター
■資生堂「TSUBAKI」6名の女優の「新CM発表会」を開催
■基盤強化を図りつつ200億円の売上達成に向けて勢いを増すロクシタン
■近年にない投資と事前活動で大型新製品発売に臨んだヘレナ ルビンスタイン
■医薬品研究のノウハウを肌の健康に生かす大塚製薬のインナーシグナル
■資生堂「IN&ON」CM発表会開催 ●「よみがえれ、私。」

◎インタビュー
柳沢奈保 ブルーベル・ジャパン香水・化粧品事業本部本部長
●国内フレグランス売上げナンバーワン企業として質・量共にさらなる高みを目指す
中嶋成幸 B&Cラボラトリーズ会長兼CPコスメティクス社長/田中啓次 B&Cラボラトリーズ社長
●激変する市場の変化に対応し企業力を引き上げ持続的成長を達成する
松浦 徹 シュワルツコフヘンケル社長
●斬新な商品を提供し続けることで継続成長を目指す

◎企業動向
ユニ・チャームが10年度有力卸店会を開催
●No.1企業と認められ続ける価値創造を実現していく

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
内山茂樹 ジェイアール名古屋タカシマヤ化粧品グループマネージャー
●コスメティックカウンターを充実させお客様とメーカー双方からの支持を目指す

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●クチコミに見る2010年の美白ニーズ
アイスタイルリサーチプランナー 西原 羽衣子

◎業界動向
・SC化が進む都心部の百貨店
・好調に滑り出した資生堂の中国薬局チャネル
・花王が「世界で最も倫理的な企業」に選定
・薬日本堂が「漢方ビューティー」の1号店をオープン
・日本皮膚科学会が脱毛症対処法のガイドラインを作成

◎海外情報
・株式を公開、アジア市場以外にも本腰入れるロクシタン
・投資会社の資金援助で事業拡大を進める豪のイソップ
・オレイのノウハウでスキンケアを拡大するジレット
・インドで活性成分配合のパーソナル製品需要が急増
・ウォルグリーンのデュエン・リード買収で加速する業界競争
★★★特集★★★
復活目指す百貨店の化粧品販売
消費者の節約疲れの反動と抗加齢化粧品の伸長で落ち込みに歯止めがかかる
化粧品担当者座談会
●百貨店化粧品市場の勝者と敗者の分水嶺


◎巻頭インタビュー
増田寛也 野村総合研究所顧問 元岩手県知事
●国と地方がばらばらで先が見えない「地域主権改革」

◎巻頭論文
新たな段階を迎えた女性社員活用法
◆日本総合研究所上席主任コンサルタント 角 直紀

◎特別レポート
流通業界を救うインフレターゲット
◆プラネット社長 玉生弘昌

◎海外最新レポート
急拡大する中国の薬局向け化粧品市場の現状と将来性
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎不況下でも売上げ好調!
アウト オブ シセイドー4社のトップインタビュー
下村 敦 アユーラ ラボラトリーズ社長
●「浄化」を年間テーマに設定し存在感をさらに高める
堀 利理 イプサ社長
●ファウンデイションとメタボライザーの両輪を確立し反転攻勢をかける
市川 晃 エテュセ社長
●基本の徹底と社内の意識改革でブランド価値の向上を図る
林 高広 ディシラ社長
●プロショップの育成と営業力精鋭化を図り専門店の時代を牽引していく

◎異業種参入相次ぐ化粧品業界
第一三共ヘルスケア「ミノンアミノモイスト」
●敏感肌用洗浄料のブランド力を活かしてスキンケア市場で需要を創出

◎インタビュー
ジェローム・ブリュア 日本ロレアル副社長 コンシューマー プロダクツ事業本部長
●イノベーティブな製品を投入しブランド価値の向上を図る
鈴木弘 ポーラ社長
●知恵と工夫を生み出す現場一体感こそがポーラのDNA

◎マーケティングレポート
資生堂「マシェリ」、新CM発表会&モデル撮影会を開催
■コーセーから日本初の「アディダス」ブランドのメンズケアシリーズ「adidas skin protection」誕生
■アルビオン2010年エクシア AL ホワイトニングプロモーション
●お客様との絆を増やし・深める
■第3のメゾンフレグランス「アニック グタール」を本格展開するブルーベル
■大塚製薬のインナーシグナル
●百貨店の顧客層を広げる製薬会社のスキンケア
■メイクアップとファンデーションを強力に推奨し捲土重来を期すYSL
■最高級ライン「P.Tレア」の売れ行きが強力に牽引するラ・プレリー
■百貨店展開に不可欠な全ての要素のクオリティアップを掲げるアモーレパシフィック
■「ラグジュアリー トータル ビューティー ブランド」の確立を目指すゲラン
■P&Gが業績&方針説明会を開催
●消費者、ショッパーのニーズを具現化した価値ある製品を投入する
■日本ロレアル新社長にクラウス・ファスベンダー氏が就任

◎連 載
・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●ケラスターゼ・アウトバストリートメント「NUソワンオレオリラックス」
アイスタイルリサーチプランナー 田原 茜

◎業界動向
・PBの品質強化に取り組む大手GMS
・本格化するファンケルのアジア戦略
・ポーラの東欧事業が一段と加速
・日本通信販売協会の次期会長にファンケル宮島会長が内定

◎海外情報
・ザ・フェイスショップ売却で勢力図が変わる韓国コスメ業界
・世界規模で販売網拡大を目指すフィンランドのルメネ
・株式非公開で長期的な商品開発が可能となったクラランス
・買収されて間もないシンプルが新たな成長分野進出を計画
・創業100周年で活力復活を狙うエリザベス・アーデン
★★★特集★★★
ビューティー強化で新境地を切り開く

アインファーマシーズ「アインズ&トルペ」
●ユニークな売り場づくりと接客で個店の競争力アップを図る
ファッションウォーカー「コスメキッチン」
●ナチュラル&オーガニックの品揃えで働く女性のニーズを捉える
良品計画「無印良品」
●ストアロイヤリティーを活かしてH&Bの専門業態開発に乗り出す
カメガヤ「ミュゼ・ド・ポゥ」
●ホスピタリティ精神に則った大型化粧品専門店で同質化競争から抜け出す
ココカラファインホールディングス
●“小売りの目線”で開発した新ブランドで市場開拓を図る
セガミメディクス「パワードラッグワンズ」
●接客力の強化と店舗の利便性向上で“接遇ナンバーワン”企業を目指す
グローウェルホールディングス
●ビューティーアドバイザーの育成で化粧品の収益力向上を果たす


◎巻頭インタビュー
塩崎恭久 自民党衆議院議員 元官房長官
●成長戦略の明確化で国際競争勝ち抜け

◎巻頭論文
大胆な内需拡大策こそデフレスパイラルを抑止する
◆明治大学政治経済学部教授 高木 勝

◎海外最新レポート
P&Gの中国農村浸透戦略の現状と問題点を探る
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎特別レポート
世界日用品企業トップ4の09年決算実績を検証する
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎インタビュー
◆小林勇介 アルビオン取締役 国際事業本部長
「感動」を与える商品力・接客を目指す
◆小林孝雄 コーセーコスメポート社長
明確な特徴の差別化商品を提案し各カテゴリーでNO.1を目指す
◆池野隆光 寺島薬局社長
V字回復を成し遂げてグローウェル構想の一翼を担う

◎マーケティングレポート
■資生堂から新ブランド「IN&ON」発売
■カネボウ化粧品「コフレドール」10年春夏新ベースメイクを発売
■資生堂ベトナム工場が稼働
●グローバル展開を見据えた「マステージ商品」の主力生産拠点
■アルビオン2010「ホワイトニングプロモーション」前期
●新サマーシフォン・新スキンケアで出会いと早期再来店を実現
■“安心・安全”に加え“高機能・高効果”を徹底訴求するファンケルの無添加化粧品
■資生堂「マキアージュ」から新口紅・新CM始動
■厳寒期に前年越えを果たし百貨店内の地位をさらに高めたブルーベル
■ブランド創立75周年を迎えさらなる飛躍に向け動き出したランコム
■オーガニックメイクアップブランド「UNE」を発売しブルジョワの新境地を拓く
■百貨店・路面店への出店で新たなビジネスモデルを構築するキールズ
■主軸製品の成長に加え積極的な営業・販促支援で果敢に挑む伊勢半
■ロイヤルカスタマーの育成戦略が奏功し再生に動き出すヘレナ ルビンスタン
■製品ブランドを中核に据え新ブランディングを構築する日本アムウェイ


◎連 載
・大手小売業の化粧品担当者に聞く
金森綱正 高島屋MD本部婦人雑貨ディビジョン課長
●一番店として幅広い顧客層に応えつつ新客を取り込む接客力を磨く

・@cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
●花王ソフィーナ「オーブクチュールデザイニングプレミアムルージュ」
アイスタイルリサーチプランナー 西原羽衣子

◎業界動向
・ 業績不振で撤退相次ぐ百貨店業界
・メディパル子会社のPaltacが上場
・日用品が堅調だったライオンの09年売上高
・ノエビア副社長がストーカー容疑で逮捕

◎海外情報
・相次ぐ買収で世界制覇を狙うプロ製品のサリービューティ
・国で流行し始めた“自動販売機”による高級化粧品の販売
・サラ・リーの芳香剤アンビ・ピュールを買収したP&G
・予想より良好だったドイツの化粧品・トイレタリー売上高
・アルバート・カルバーがシンプル・ヘルス&ビューティを買収
★★★特集★★★
低迷する小売業の現状と課題を探る
●百貨店業界 売上不振と不毛の出店・増床ラッシュで“最終戦争”に突入
●スーパー業界 デフレの進行が促す大再編勃発の可能性
●コンビニエンスストア業界 「体力勝負」を鮮明にする加盟店支援のコスト負担
●ドラッグストア業界 超高齢化時代を見据えた新業態の開発が急務

◎巻頭インタビュー
ダーク・トラップマン ◆ラ・プレリー社長
●世界市場で売上げ3倍・トップ10入りを目指す

◎巻頭論文
消費税なき増税に動き出した民主党政権
◆経済ジャーナリスト 英洲一人

◎海外最新レポート
規制強化と新市場開拓で見直しが進む中国の化粧品・日用品企業の広告戦略
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎特別レポート
景気二番底懸念はまだ消えていない
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎インタビュー
吉田雅司 ◆マツモトキヨシホールディングス社長兼COO
業際型連携で日本版ウォルグリーンを目指す
アン・キルビー ◆ブルジョワCEO
新メイクアップブランドを導入し市場における地位を更に強固なものへ

◎ニュース & トピックス
◆資生堂が「ベアエッセンシャル」を買収へ
◆サカタウエアハウス 「化粧品物流(製造業+国内流通センター業務)」一貫サービスを強化
◆ユニリーバ・ジャパンが営業方針説明会を開催 ●「消費者目線」にこだわり店頭起点の新市場を創造する

◎マーケティングレポート
◆「おもてなし」の伝承と新ブランド「DムQ」投入で切り拓く資生堂の中国新規事業戦略
◆内外美容の最先端を行く新美白製品を発売するファンケル
◆ブルガリから初の春夏限定品を発売するブルーベル
◆未曾有の不況期に無類の強さを発揮し異彩を放つクラブ・クレアター・ボーテ
◆異業種コラボや初のTVCM放映など積極果敢に攻めるシュウ ウエムラ
◆新規分野に挑戦し総力を結集して確実な成長を目指すクラシエホームプロダクツ
◆高度な粉体技術を持つイヴ・サンローランが新リキッドファンデーションを発売
◆メイベリン ニューヨークからミネラル コンパクトファンデーション新発売

◎業界動向
・花王エコナの販売中止でギフト商戦に異変
・良品計画がヘルス&ビューティーの新型店に乗り出す
・マンダムがアジアで「ルシードエル」を本格展開
・厳しい環境への対応を着々と進めるエステー

◎海外情報
・今年のフレグランスはシンプルかつ爽やかな香りが主流に
・“マイ・メイシーズ・プログラム”実施で売上促進を図る
・果敢な事業推進で10億㌦規模達成を目指すベネフィット
・一般化粧品の低迷を尻目に拡大する米国の薬用化粧品
・店内店舗の積極展開で化粧品の小売戦争に臨むテスコ
1,257円
★★★特集★★★
2010年業界展望
化粧品・日用品 ●消費環境の厳しさが続き企業力が問われる年に
トイレタリー ●デフレ対応でますます問われるトップの才覚と経営手腕
通販化粧品 ●大手・中堅と新興組が入り混じり激しい市場争奪戦を展開
サプリメント ●規制緩和かさらなる強化か、消費者庁の検討会が市場浮沈の鍵握る
小売業 ●解決策のない総合スーパー、コンビニは再々編へ突入
卸売業 ●規模拡大から機能強化へ異業種との連携で次世代型卸を模索

◎巻頭インタビュー
熊野英生 ◆第一生命経済研究所主席エコノミスト
●バブルはまだ潰れきっていない

◎巻頭論文
もう一つの政府“日本経団連”の落日 ◆経済評論家 松本明男

◎制度品システム構築の最新動向
集客はメーカー、接客はオーナーが担当する化粧品専門店ならではのFCを運営する韓国のAP社

◎対談・特別インタビュー
前田新造 ◆資生堂社長 VS. 片平秀貴 ◆丸の内ブランドフォーラム代表
●リッチ・ヒューマンサイエンス・おもてなしで心の中に圧倒的な存在感を持つブランドをつくる
植松 正 ◆カネボウ化粧品社長 ●「新たな価値」を創出し変化の時代を勝ち抜く
藤重貞慶 ◆ライオン社長 ●3つの革新によりブランド価値の最大化をめざす
小林一俊 ◆コーセー社長 ●改革の手を緩めずにリスクに耐えうる経営基盤をつくりたい
高原豪久 ◆ユニ・チャーム社長 ●高機能商品の開発を進めグローバル規模の高齢化社会に備える
山田 敦 ◆マックス ファクター事業代表 ●「360度ブランディング戦略」の推進でチャネル別の差別化とブランド力の強化を図る
小林章一 ◆アルビオン社長 ●商品・接客・営業力を徹底的に磨きお客様づくりに貢献したい
成松義文 ◆ファンケル社長 ●グローバル化をさらに力強く推進し新生ファンケルの3カ年計画をスタート
ピエール ─ イヴ・アルゼル ◆日本ロレアル社長 ●商品・価格・投資戦略に磨きをかけいち早く苦境から脱する
澤田晴子 ◆伊勢半社長 ●内部組織の改革を一挙に進め“新中期3カ年計画”へと漕ぎ出す
上村京子 ◆パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン社長 ●インフラ整備が企業の底力を築き不況下に微塵のブレもなく前進
宮崎仁之 ◆牛乳石鹸共進社社長 ●“選択と集中”策が奏功し3年連続で高伸長を達成
鈴木 喬 ◆エステー社長 ●世にないデザインを追求した商品開発で付加価値を創出する
エス・マーク・ルミス ◆エスティ ローダー社長 ●アグレッシブなマーケティング戦略で新たな顧客を創造する
奥村浩士 ◆日本色材工業研究所社長 ●高品質製品の開発優位性を活かし外注シフトの追い風に乗る
オリビエ・サルモン ◆クラランス社長 ●得意分野に戦力を集中し上向きのダイナミズムを取り戻す
足立 光 ◆ヘンケルジャパン取締役 ●サロンの立場に立った提案でプロフェッショナルパートナーを目指す

◎マーケティングレポート
◆エスカーダファッションフレグランスの最新作「マリン グルーヴ」を発売するブルーベル
◆厳寒の不況下にも前年比115%推移と驚異の成長力を発揮するロクシタン
◆インフラの整備は完了しブランドの再生を着実に進めるヘレナ ルビンスタイン

◎ 異業種参入相次ぐ化粧品業界
ダスキン「カルディ」
●組織販売網を武器に美白化粧品でスキンケア市場を開拓

◎ 大手小売業の化粧品担当者に聞く
宮地康夫 ◆三越百貨店雑貨統括部婦人雑貨部化粧品担当バイヤー
●お客様の求める商品とおもてなしを追求し、三越独自の付加価値を提供する

◎業界動向
・暗雲立ち込める百貨店の改装・増床・新店計画
・少子化で中国強化に動く育児日用品企業
・活発化するセブン&アイの総帥争い
・積極化するロート製薬の化粧品戦略

◎海外情報
・米国の美容市場で崩れ始めたマスと高級品の売り場区分
・LVMHが米中などでセフォラの新店開設を加速
・英国の大型小売店でPB製品の売れ行きが急伸
・世界的な旅行者数の減少で低迷が続く免税店事業
★★★特集★★★
創刊500号記念特集
■世界経済と化粧品市場の2010年展望
●中・東欧の低迷で低水準が続くEUの経済成長 ◆中央大学経済学部教授 田中素香
●米国経済再建の鍵は金融システムの浄化とソーラーパネル製造業創出 ◆ニューヨーク市立大学教授 霍見芳浩
●世界景気を先導する中国の目覚しい経済回復の現状と持続成長の課題 ◆名城大学経営学部教授 謝 憲文
●日本経済再生の鍵はグローバル化に向けた企業の内なる構造改革 ◆シティグループ証券マネジングディレクター 村嶋帰一
●欧州化粧品市場 消費の二極化が進み高付加価値ビジネスへと進化
●中国化粧品市場 化粧品消費拡大に向け新市場開拓戦略が活発化 ◆名城大学経営学部教授 謝 憲文
●米国化粧品市場 世界同時不況を契機に始まった化粧品販売現場の大変革
●アジア化粧品市場 人口増加と経済成長に伴い化粧人口と化粧品購入額が増加
●国内化粧品市場 女性の労働力率の上昇が化粧品市場を活性化させる ◆みずほ証券シニアアナリスト 佐藤和佳子

◎巻頭インタビュー
森谷正規 ◆LCA大学院大学副学長
●「温室ガス25%減」で日本経済再生へ

◎特別レポート
化粧品・日用品主要10社の09年上期決算と通期予想
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎ 制度品システム構築の最新動向
1万店の化粧品専門店を1000店のFCに再編し急伸する韓国・アモーレパシフィック
李 泯銓 ◆韓国・アモーレパシフィック副社長
●営業から店舗運営まで“すべてが見える”専門店構築に挑戦

◎マーケティングレポート
◆30周年を機にさらなる飛躍を目指す資生堂ヨーロッパ
◆カネボウ化粧品、欧州市場で「SENSAI SELECT SPA」の展開に乗り出す
◆若年女性の取り込みを主眼に携帯型美容ツール「美肌鑑定」を発売するファンケル
◆ランコムの新機軸成功で新たな光明を見出した日本ロレアルLPD
◆カネボウ化粧品「コフレドール」10年春の新商品・新色を発売
◆キッズ用コスメという新市場を創出し独走するマークウィンズ・インターナショナル
◆資生堂、「ツァオ・フェイ Live in RMB City」展アーティスト・トーク開催
◆花王とカネボウ化粧品が花王グループとして新UVバリア技術を開発
◆コーセー、09年度上期決算の概況を発表
◆百貨店ブランドの枠を打破する新たな試みで成長軌道に乗るランコム
◆リゾート系ハンド&ボディブランド「アヌエヌエ」が好評のB&Cラボラトリーズ
◆ブランドの理念を正しく表現すべく徹底した限定展開にこだわるボビイブラウン
◆マックス ファクターが記者懇親会&「2009年度BCコンテスト全国大会」を開催
◆08年年末の大ヒット限定コレクションをイメージも新たに展開するブルジョワ
◆至高のラグジュアリーを具現化した「オーキデ アンペリアル」の充実図るゲラン
◆「フローレスフェイス」の再発信を徹底しブランドコンセプトの浸透を図るローラメルシエ
◆アジア最大の国際ビューティトレードショー「コスモプロフ・アジア2009」開催

◎インタビュー
エリック ドゥイエ ◆ブルーベル・グループCEO
●商品開発から店舗運営まで総合商社を凌駕する事業展開をさらに充実させていく

◎ 大手小売業の化粧品担当者に聞く
清家美知子 ◆J.フロントリテイリング百貨店事業政策部MD戦略推進部第二MD統括部部長
●各店舗が抱えるロイヤルユーザー対策と新客獲得施策にバランスよく取り組む

◎業界動向
・マツキヨが九州基盤強化ヘミドリ薬品買収
・快進撃が続くユニ・チャームペットケア
・20回目を迎えたコスメトロジー財団の「表彰・贈呈式」
・ポーラがサンクトペテルブルクに販路を拡大

◎海外情報
・チャーチ&ドワイトが「買収による成長」戦略を推進
・エスティローダーがプリスクリプティブの販売を終了
・2010年春夏の流行色はブルーと流行予測機関が予測
・売り場に結び付くマーケティングを強調し始めたP&G、ほか

◎ @cosmeのクチコミからヒットの要因を探る
ソニアリキエル「ラトューエクラシュブリム s」◆アイスタイル リサーチプランナー 田原 茜
★★★特集★★★
機能卸の最新戦略
●生き残りをかけて「21世紀型卸」への脱皮を模索
●井田両国堂 三位一体のソリューションビジネスで化粧品専門卸の地位確立を図る
●大木 小売業との取り組み強化でメディカルコスメ市場の主導権を握る
●Paltac ウェブサイトの活用で業態卸の機能をさらに充実

◎巻頭インタビュー
豊田章男 ◆トヨタ自動車社長
●トヨタ復活の基本は満足する車の提供と社会貢献

◎巻頭論文
“脱官僚政治”の鳩山内閣が抱える5つの不安
◆ジャーナリスト 加藤正夫

◎海外最新レポート
新展開を見せる中国ネット化粧品市場の現状と課題(2)
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎特別レポート
悪化続く雇用に蘇生の道はあるのか
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎新たなシステム構築を模索する制度品メーカー
小林敏光 ◆資生堂専務取締役 新たな専門店との取り組み、PSプログラムを推進
加藤孝道 ◆カネボウ化粧品販売社長 チャネルの顧客特性に合致したブランドフォーメーションを提案

◎流通レポート
デフレの“アリ地獄”にはまる百貨店業界

◎世界の化粧品・トイレタリー有力ランキング
化粧品・トイレタリー米国トップ30社ランキング
世界の化粧品・トイレタリー有力企業30社ランキング

◎マーケティングレポート
◆資生堂「リバイタル グラナス」から、全く新しい「14日間集中スキンケアシステム」誕生
◆資生堂「リバイタル グラナス」新CM発表会 ●イメージキャラクターに鈴木京香と滝川クリステルを起用
◆アルビオン2009モイスチュアプロモーション・後期 ●期間・訴求ポイントを二分し、顧客を店頭に引きつけ続ける
◆マルチチャネル戦略が新客誘因に大きく寄与し成長路線を歩み続けるロクシタン
◆路面店型と百貨店型のモデル店舗を相次ぎ出店し勢いを増すキールズ
◆30年の沈黙を破って新シリーズを投入し捲土重来を期す新生イオナ
◆シュワルツコフ プロフェッショナルからプロが認める「エッセンシティ」誕生

◎インタビュー
小林一俊 ◆ピエール ファーブル・ジャポン社長
スキンケア戦略を刷新、成長軌道を回復しブランドを再び光り輝かせる

◎業界動向
・株価回復力で明暗分けた化粧品・日用品
・中央物産の久喜ロジスティクスセンターが稼働
・ファンケルが発芽玄米の肥満抑制効果を実証
・P&Gが営業組織を改編
・ドラッグの限界を露呈した2月期3社の上半期決算

◎海外情報
・買収ブランドの改装再発売でヒットを飛ばすロルナミード
・剃刀のキング・オブ・シェーブが美容分野に進出
・美女・イケメンよ、さらば。コスメコマーシャルに異変
・アルバートカルバーが不良品急増でP&Gを告訴
・堅実な伸長で景気を下支えするコロンビアの化粧品産業
★★★特集★★★
GMSの化粧品戦略
●価格競争の激化があぶり出すGMSの苦境
●過渡期を迎えたGMSの化粧品販売
●イトーヨーカ堂 カード戦略と接客力の強化でロイヤルカスタマーを拡大
●イオンリテール 商圏特性を考慮した売り場づくりで新規客を開拓
●ユニー メーカーとの連携強化で安売り一辺倒と一線を画す

◎巻頭インタビュー
オリビエ・ボーサン ◆ロクシタン創設者
●製品を通したエコ活動で子孫に環境を残す

◎巻頭論文
日本が目指すべきは「プレミアム立国」
◆ローランド・ベルガー会長・早稲田大学大学院教授 遠藤 功

◎海外最新レポート
新展開を見せる中国ネット化粧品市場の現状と課題(1)
◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎特別レポート
加速する超高齢社会・その実情と影響
◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎流通レポート
ローソン、マツキヨが業務提携、異種混合で新境地を開けるか

◎見直しが進む制度品システム
個店でのブランド機能強化を目指し制度品システムを再評価するコーセー

連載 ■ 異業種参入が相次ぐ化粧品業界
原沢製薬工業「リバイシス」次世代型リポソームを活用して新市場を開拓

◎マーケティングレポート
◆資生堂「スーパーマイルド」3年ぶりの進化 ●すっぴん美髪。純国産オーガニックハーブ配合
◆コーセーから40代に向けた新スキンケアブランド「グランデーヌ ルクサージュ」誕生
◆P&Gが業績&方針説明会を開催 ●自社の強みを活かしさらなる成長を図る
◆資生堂「ウーノ フォグバー」新CM発表会、イケメン4人の登場でかつてない盛り上がり
◆確かな製品力に店頭販売力の充実と画期的販促手法が奏効し伸び上がるランコム
◆新製品導入時の販売支援の新機軸「MDジャック」を展開したブルーベル
◆充実の顧客育成戦略と強力な製品群で復活に向けて着実に歩みを続けるヘレナ ルビンスタイン
◆メイク&フレグランスの魅力商材を満載しクリスマス商戦に臨むYSL
◆“顧客強化”を戦略の要に至高の製品を打ち出し続けるラ・プレリー
◆「第10回リサージゴールドショップセミナー」を開催 ●「進化と継承」をテーマにさらなる飛躍を目指す
◆アルビオン「エレガンス新ポイントメイク」披露パーティを開催
◆メイベリン ニューヨークから新マスカラ、BBベースなど続々発売

◎業界動向
・ホーユーがクラシエグループを買収
・花王が「エコナ」の出荷を一時停止
・わかばが民事再生法を申し立て界
・積極化する資生堂の海外戦略
・ファンケルが海外パートナーと資本・業務提携

◎海外情報
・景気後退で下降し始めた英国のヘアトリートメント市場
・スキンケア激減、メイクアップ伸長の米国高級化粧品
・わずか2年で世界に広がるイタリアのニッチブランド・ベイケル
・販売網&製品分野拡大を積極化する米のバーツ・ビーズ
・石鹸・洗剤・シャワー用品のための環境基準を初めて設定

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
加賀信子 ◆高島屋MD本部婦人雑貨ディビジョン長
●ビューティメニューの拡大を志向し化粧品売り場全体を魅力化していく
★★★特集★★★
化粧品販売の新潮流
■不況の陰で飛躍するネットとテレビショッピング
ファンケル
●通販ビジネスのインフラ整備で継続率の向上を図る
阪急百貨店
●新たな切り口で百貨店化粧品の可能性を追求
コスメ・コム
●先取り商品や限定商品でF1層を取り込む
ランコム
●ネットとテレビの活用で百貨店との相乗効果を図る
RGマーケティング
●店舗と通販のノウハウを融合し化粧品の単品通販に乗り出す
クラブ・クレアター・ボーテ
●カタログのノウハウをネットに持ち込み新たなビジネスモデルを構築
ジュピターショップチャンネル
●消費者の反応をリアルタイムで把握し視聴者の購買意欲を喚起
日テレ7
●メディアと売り場の連動でヒット商品を創出

◎巻頭インタビュー
塩田 潮 ◆ノンフィクション作家・評論家
●鳩山新政権はスタートから1年が勝負

◎巻頭論文
検証・米国の先進ガバナンスはなぜ暴走したか
◆コーポレート・ガバナンス評価研究会代表 藤田利之

◎特別レポート
景気回復期待は砂上の楼閣に過ぎない ◆国際経済アナリスト 鈴木 治

◎連載 異業種参入が相次ぐ化粧品業界
ドクタープログラム「トリニティーライン」
●薬学の最先端技術を応用した基礎化粧品を開発

◎マーケティングレポート
◆カネボウ化粧品「コフレドール」・09年秋冬新ベースメイクを発売
◆資生堂「ウーノ」より新剤型・霧状スタイリング剤「フォグバー」を発売
◆コーセー「エスプリークプレシャス」からマシュマロ肌を実現する秋冬向けファンデーション登場
◆アルビオン、2009「モイスチュアプロモーション」
・ エクサージュ・エクシアAL 2つのテーマで強力な店頭展開を推進
◆「ザ・コラーゲン」「長命草」のヒットで躍進する資生堂ヘルスケア事業
◆ドルチェ&ガッバーナのセカンドラインとして「D&G」を新発売するブルーベル
◆アーティストコラボレーションがブランド活性化に大きく寄与するシュウウエムラ
◆新発想の集客戦術が強力な新客誘引効果を発揮し急成長するベキュア
◆豊富な新製品と緻密な経営戦略がシナジーを発揮し堅調を持続するゲラン
◆カラーバランスを重視した新マスカラを投入するYSL

◎業界動向
・異常気象が化粧品・日用品消費にも影響
・改正薬事法施行でドラッグストア店頭に異変
・都心に合わせた小型店の開発が活発化
・都心に合わせた小型店の開発が活発化
・科学美術館で「美を科学する・美─Make展」を開催

◎海外情報
・癒しの文化で世界に浸透するアジアンビューティ
・バーツ・ビーズでイメージ転換を図るクロロックス
・ランスの化粧品販売でトップを走り続けるセフォラ
・大手小売業がプライベートラベルの化粧品に積極進出
・活況を呈す中近東地域の化粧品・トイレタリー市場

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
紅林征典 ◆小田急百貨店商品統括部服飾品商品部マーチャンダイザー
●5つのゾーニングでブランドのポートフォリオを確立し弾力性の高い売り場を実現する
★★★特集★★★
復活目指すサプリメント業界
●行政・業界団体の無為無策が市場低迷の要因
●反転攻勢をかける主要メーカーと販売チャネルの動向
●市場拡大にブレーキがかかり顧客争奪戦へと突入

◎巻頭インタビュー
高瀬淳一 ◆名古屋外国語大学教授
●「永田町政治」は本当に変わるのかに注目

◎巻頭論文
視界不良で船出する新生「消費者庁」の行方 ◆ジャーナリスト 英洲一人

◎海外最新レポート
新展開を見せる中国化粧品専門店市場 ◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎特別レポート ■ 異業種参入が相次ぐ化粧品業界
サンスター「エクイタンス」 ●エビデンスにこだわった薬用美白化粧品を開発

◎アナリスト特別座談会
化粧品・日用品企業の08年度総括と業界展望

◎マーケティングレポート
◆資生堂「マキアージュ」から2009年秋の新製品発売 ●カップに色がつきにくく色とつやが持続する立体美形リップグロス登場
◆カネボウ化粧品「トワニー店全国セミナー2009」開催 ●“夢の城”実現に向けて
◆ファッションとビューティの融合でヒット製品を連発するジョルジオ アルマーニ
◆ブルガリの大型新フレグランス「ブルガリブルーオードパルファムⅡ」を発売するブルーベル
◆新製品全てに個別プロモーションを付加し店頭での賑わい感を演出するブルジョワ
◆事業基盤の確立と同時に出店を加速し業容拡大に注力するアモーレパシフィック
◆ディシラ「BMの集い09」を開催 ●専門店復権の時代の風を捉えてプロショップ化を強力に推進
◆ワクワクする新生イプサ始動 ●新ファウンデイション第2弾を発売
◆ロレアル100周年記念イベント“インスピレーション パリ”を開催

◎インタビュー
塚本厚志 ◆ココカラファインホールディングス社長
●3タイプの店舗フォーマットと有資格者の活用で専門性の強化を図る

◎業界動向
・中国でブランド力強化に動く化粧品大手
・デフレスパイラルの様相を呈する小売業界
・マーケティング費用を削る化粧品・日用品各社
・「ファンケル健康院」が東京・銀座にオープン
・メイベリンNYが10周年記念イベントを開催

◎海外情報
・退潮の波にどう臨む、試されるP&G新CEOの手腕
・美容市場に本腰入れる北米のドラッグストア大手2社
・不況克服を目指しロレアルが展開する5つの積極戦略
・ダイアルが前例のない巨額マーケティング投資を実施
・e─ベイの出品停止訴訟で相次ぐロレアルの敗訴

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
大幸慎介 ◆名鉄百貨店本店婦人服飾雑貨営業部化粧品バイヤー
●大型駅隣接店舗として広範な客層に対応すべく充実のインフラを積極活用し邁進する

◎追悼
小林 宏氏(ライオン元会長)の死を悼む
★★★特集★★★
厳冬の時代が続く百貨店業界
●マーケット対応力の強化と高コスト構造の是正が喫緊の課題
●「不況知らず」の神話が崩れた百貨店化粧品の前途多難
●失速した百貨店化粧品販売の行方と消費者行動の変化
●丸井今井のスポンサーに決まった三越伊勢丹HDの信頼度
●変貌する中国百貨店化粧品市場の現況と将来性 ◆名城大学経営学部教授 謝 憲文

◎巻頭インタビュー
高森竜臣 ◆資生堂取締役
●成熟市場の国内事業に「峻別と集中」で臨む

◎巻頭論文
企業の「世襲経営」は本当に悪なのか ◆経営学者(神戸大学・博士) 長田貴仁

◎特別レポート
・消費者行政を一元化する消費者庁が10月にも発足 ◆神奈川大學法科大学院非常勤講師・弁護士
波光 巖/異業種参入が相次ぐ化粧品業界 ●コンビ、業界初の食物由来原料で自然派化粧品を開発

◎マーケティングレポート
◆ポーラの新世代ブランド「AGLAIRA」からベースメークシリーズ登場 光のコントロールで「ハリ感がある素肌」へ
◆資生堂、2009年度経営方針発表会 「変えること・変えないこと」を明確にし一層質の高い経営を目指す
◆クラシエHP09年秋冬新商品ラインアップ 「GROW戦略の徹底推進」を図り売上げ・利益の最大化に挑戦
◆充実のブランドポートフォリオを生かしマーケットシェア拡大に尽力する日本ロレアルLPD
◆メガヒット製品「トップ シークレット」のラインエクステンションで再び加速するYSL
◆急拡大から堅実成長路線への転換で更なる進化を図るボビイ ブラウン
◆「資生堂女性研究者サイエンスグラント」授賞式を開催
◆コーセー08年度決算報告&09年度経営方針説明会を開催
◆「アユーラ ウェルバランス」シリーズ誕生 満足な眠りを重ねたような肌へ導く
◆フレグランスエキスパート企業としてハード&ソフトの充実に死角なしのブルーベル
◆表参道ブティックの移転イベントと新スキンケア発売で積極攻勢かけるシュウウエムラ
◆ユニ・チャーム09年秋の新製品発表会を開催 「感謝」される存在を目指し積極的に挑戦する

◆業界動向
・花王が新たな経営の方向性を発表
・「リアップX5」を発売した大正製薬
・CCBが日本ロレアルに完全統合
・小売業が相次いで大衆薬の値引き販売に乗り出す
・ニチレイグループが化粧品業界に参入

◆海外情報
・著名ブランドの拡充で販路を広げるインターパルファム
・ナチュラル製品で世界市場を狙うブラジルの化粧品
・20億ドルラインに到達した米国のナチュラル製品売上高
・不況と自由貿易問題など難題に直面するメキシコのコスメ市場

◎大手小売業の化粧品担当者に聞く
矢田康泰 ◆ミレニアムリテイリング商品部衣料品統括部婦人雑貨部バイヤー
●メディアとヴァーチャル、実店舗の融合で情報発信力を強化し20代女性を再び呼び戻す

◎追悼
山本郁雄前社長一周忌に寄せて
おすすめの購読プラン

国際商業の内容

  • 出版社:国際商業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月7日
  • サイズ:B5
化粧品、トイレタリー、洗剤、日用雑貨、医薬品およびその関連業界の情報をタイムリーにお届けします!
消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。

国際商業の無料サンプル

2013年2月号 (2013年01月08日発売)
2013年2月号 (2013年01月08日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

国際商業の目次配信サービス

国際商業最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

国際商業の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.