月刊 税理 発売日・バックナンバー

全243件中 76 〜 90 件を表示
2,037円
2,037円
特別付録 認定医療法人制度改正のポイント/特集 中小企業経営に活かす資本戦略-法務と税務からのアプローチ
2,037円
2,037円
特集:不動産管理会社とオーナーをめぐる税務問題

 不動産所有者にとって、その保有・運用・管理は常に頭を悩ませられるところであり、税理士への相談も多い。その結果、節税、所得分散、相続対策等々の観点から、不動産管理会社を設立して、運用していくケースも多い。不動産管理会社の形態は、大きく①管理委託方式、②一括転貸(サブリース)方式、③自己所有方式等に分かれるが、東京国税局等の都市部の国税局では数年間から、不動産所得者、不動産管理会社のオーナー等に、行政指導の一つとしていわゆる「お尋ね書」を送付し、現況調査に努めるとともに、調査にも役立てているようである。また、不動産管理会社等に対しては、個人・法人の両面からの税務調査の頻度も高く、伝家の宝刀と言われる「同族会社の行為計算否認規定」を行使して、否認するケースも増加傾向にある。そこで本特集では、不動産管理会社の法人税の申告とともに年明け後の確定申告を見据え、不動産管理会社の経営に当たるオーナーの周辺税務にもポイントを置いて、確定申告及び申告後の税務調査にも備えるための実務留意点等を検討、解説するものとする。

不動産所有者の最近の土地運用の動きと実状
 /税理士法人はてなコンサルティング 税理士 角田 敬子

個人で管理するか、法人で管理するか、その判断ポイント
 /税理士 田口  渉

管理委託方式~申告時と税務調査時の留意点
 /税理士・公認会計士 林  隆一

一括転貸方式~申告時と税務調査時の留意点
 /税理士・文京学院大学講師 野口 邦雄

自己所有方式~申告時と税務調査時の留意点
 /税理士 新村  中

役員給与の適正額の設定
 /税理士 鈴木 涼介

親族等への給与の支給額の設定
 /税理士 坂部 達夫

不動産所有者に関する税務調査と調査官の着眼点
 /税理士 永橋 利志

同族会社の行為計算否認規定の行使とその回避策
 /税理士 山元 俊一


【巻頭論文】

生命保険税務の理論的課題
/中央大学商学部教授 酒井 克彦

 保険とは本来リスクを移転ないし分散するためのものである。他方で、実務においては、節税的な目的で保険商品が契約されることも少なくないところ、かかる商品の多くが法律ではなく、通達を根拠として設計されている。通達は法律に比し、改正や廃止が容易になされやすく、その決定プロセスも不透明である。また、通達においても、必ずしもその根拠が明らかといえない保険商品の場合、租税回避として否認されるリスクもあることからすれば、節税目的の保険には常に「税務リスク」が付着しているといえる。租税専門家はこのことを十分に認識する必要があろう。

---------------------------------------
【実 務】
◆事例研究
  税理士顧問契約における会計データ提供義務 
 /信州大学経法学部教授 池田 秀敏 

◆所得税実務
  被災事業者の災害損失特別勘定繰入れ等の留意点
/税理士 野中 孝男 

◆資産税実務
  持分の定めのない医療法人への移行に伴うみなし贈与税課税について
  /税理士 中尾 隼大・税理士 山名  誠 

◆利益計画
   精密研磨業のモデル利益計画
 /和田 武史

--------------------------------------
<月刊「税理」創刊60周年特別企画>
税理をつくったサムライからの言葉
 /朝倉 洋子
 /川田 剛
 /岸田 貞夫
 /小池 正明
 /平川 忠雄
 /八ツ尾 順一
 /山本 清次
 /山本 守之 


◆難問事例 
[第46回] 除斥期間経過後の還付請求の可否
 /税理士 山田 俊一 

◆コーポレートガバナンスと税務
[第6回] 社外取締役の役員給与課税
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦 

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第28回] アスベスト除去工事費用は雑損控除に該当するか
 /税理士 赤坂 高司 

◆新・検証! 非公開裁決
[第33回] 相続税に係る納税地/被相続人の死亡の時における住所地/介護付有料老人ホーム
 /税理士 親泊 伸明 

◆国際税務支援等リレー論文
[第5回] 中国移転価格税制の新動向
 /一橋大学経済研究所 准教授 馬 欣欣 

◆税を極める
[第12回] 市職員の市内在住率の低さの問題
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男 

◆ 税務調査のための事実認定入門
[第12回] <ケーススタディ> 商品券の使途
 /弁護士 吉田 正毅 

◆ 税理士さんのカウンセリング室
[第12回] 「決算書」は何から作られるか?
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里 

◆財産評価のキーポイント
[第117回] 評価対象地が公共公益的施設用地の負担を伴わないものの面大地(地積過大地)に該当することを理由に評価通達の定めによらず、不動産鑑定評価額によって評価することの可否が争点とされた事例
 /税理士 笹岡 宏保

◆ 基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第18回] 滞納処分等に対する不服申立て(2)
 /税理士 佐藤 善恵・弁護士 塩津 立人 

◆ 経営革新・虎の巻 
[第12回] 経営革新計画書を作成する
 /中小企業診断士 長谷川 勇 


---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る
第91回 高齢化社会日本の試練
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資 

◆税理士業務のヒヤリハット
File No.48  無償返還届出書=借地権の20%加算!?
 /税理士 下見佐和子 

◆判決インフォメーション
 /税理士 岩崎 宇多子 

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ!
第69回 朝三暮四~衆議院の解散を受けて
 /税理士 熊王 征秀 

◆判決から読む憲法解釈
第48回  役員給与規定と租税公平主義
 /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣 

◆租税法令 雑学塾
第42回(最終回)  租税法の輪郭
 /香川大学法学部教授 青木  丈 

◆ 要件事実
第24回  要件事実論が確立された頃の民事訴訟の様相
 /東京高等裁判所判事 岡口 基一 

◆ 税金クイズ どっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄 

●政界舞台裏
第67回 長期政権化と改憲の行方
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人

◆国際税務基礎用語集 事業概況報告事項(マスターファイル)1
 /前明治大学大学院教授 川田  剛 

◆歴史に問われた起業家たちの胆力
日本最初の株式会社「丸善」を創業――早矢仕有的
 /作家・歴史家 加来 耕三 

◆税務キャッチ・アップ
スピンオフ
 /税理士 菅井 泰辰 

◆居住用家屋の範囲
 /税理士 矢野 重明

◆Q&Aタックス質問箱
所得税関係 父の控除対象配偶者である母が子の扶養親族にも該当する場合
 /税理士 茂呂 和夫 

源泉税関係 復興特別所得税の源泉徴収
 /税理士 山内 克巳 

資産税関係 類似業種比準方式の改正
 /税理士 伊藤 正彦 

--------------------------------------
 付 録 

巻末付録
 ◆税務情報 類似業種目別株価等(平成29年7月、8月)・ほか
別冊付録Ⅰ
 ◆平成29年度 役員給与をめぐる税制改正の概要
別冊付録Ⅱ
 ◆月刊「税理」平成29年総索引
2,037円
特集:減額要因が含まれる土地の相続税評価の実務ポイント


 土地の相続税評価における一番のポイントは、減額となる要因を適切に洗い出し、評価に反映させることであろう。昨今では、化学薬品等による汚染土壌や太古の貝塚などの地下埋蔵物の発覚など予期せぬ例外的な要因から減額となるケースが頻出している。
 本特集では、土地評価の減額要因をあらゆる角度から整理し直し、具体的な事例等を交えながら、漏れのない相続税土地評価のための実務ポイントを説示する。
 折しも広大地評価の新通達がパブリックコメントを経て10月5日に解説や様式とともに公表され、実務への影響が注目されている。本特集ではこの新広大地通達についても詳細に検討する。


土地等の相続税評価をめぐる最近の動向
 /税理士 渡邉 定義

広大地評価をめぐる論点と改正の背景
 /千葉商科大学会計大学院客員教授・税理士 与良 秀雄

新“広大地”評価における実務ポイント
 /税理士 梶野 研二

土地の地形・形質等の外形上の減額要因
 /税理士 笹岡 宏保

周囲の環境面からの減額要因
 /税理士 下見佐和子

土地の使用制限等における減額要因
 /税理士 下﨑  寛

利用状況からみた減額要因
 /税理士 風岡 範哉

後発的減額要因による更正の請求等
 /ランドマーク税理士法人・税理士 清田 幸弘


【巻頭論文】

仮想通貨に関する法的諸問題~近時の裁判例を素材として~
 /日本大学教授・弁護士 松嶋 隆弘

 現在、注目されるビットコインなどの「仮想通貨」に関しては、私法上は、物でも権利でもない。つまり、通貨とはいえ、それはあくまでも仮想であり、所詮は電磁的記録でしかない。ただ、あらゆる状況において物でも権利でもあり得ないのか。そこに何らかの無体財産権と類似した法律関係が生成しつつあるのではないか。本稿では、参考となる判決等を紐解きながら、この点を中心につき論究する。


---------------------------------------
【実 務】
◆所得税実務
 馬券訴訟4判決の比較~注目判決の解説~
 /税理士 芹澤 光春

◆相続税実務
 税務を考慮した代償分割・換価分割の選択判断のポイント
 /税理士 髙橋 里枝

◆利益計画
  紙器製造業のモデル利益計画
 /中小企業診断士 長谷川 勇

--------------------------------------
◆相続法改正をめぐる視点
[第6回] 相続法改正と遺産分割
 /日本大学教授 松嶋 隆弘  高崎経済大学教授 金光 寛之 

◆コーポレートガバナンスと税務
[第5回] D&O保険に関する課税上の取扱い
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦 

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第27回] 宗教法人の「宗派を問わない納骨堂」と固定資産税
 /税理士 忠岡  博 

◆新・検証! 非公開裁決
[第32回] 更正の請求/破産会社が制限超過利息等を収受した事業年度まで遡って減算する処理
 /税理士 田口  渉 

◆国際税務支援等リレー論文
[第4回] 開発途上国における優先的BEPS行動事項について
―G20開発作業部会へのOECD報告書から―
 /千葉商科大学教授・税理士 石黒 秀明 

◆税を極める
[第11回] 理由のない理由附記
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男 

◆税務調査のための事実認定入門
[第11回] ケーススタディ 株主総会決議及び取締役会決議の有無②
 /弁護士 吉田 正毅 

◆税理士さんのカウンセリング室
[第11回] 「歌」と記憶力
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里 

◆財産評価のキーポイント
[第116回] 評価対象地(宅地)の地積の約90%が都市計画道路予定地の区域内となる部分に該当する場合に、評価通達の定めにより難い特別な事情があるとして不動産鑑定士による不動産鑑定評価額によることの可否が争点とされた事例
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第17回] 滞納処分等に対する不服申立て(1)
 /税理士 佐藤 善恵  弁護士 塩津 立人

◆経営革新・虎の巻 
[第11回] 経営革新の実現を支える経営戦略の再構築
 /中小企業診断士 青木 仁志 
---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
第90回 憲法改正問題を考える
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資 

◆税理士業務のヒヤリハット 
File No.47 課税売上高が5億円!
 /税理士 森近 真澄

◆判決インフォメーション
 /税理士 市野瀬啻子 

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
第68回 新規設立法人って何だ?
 /税理士 熊王征秀

◆判決から読む憲法解釈 
第47回 倒産会社の株式の資産該当性
 /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
第41回 租税優遇措置
 /香川大学法学部教授 青木  丈

◆要件事実 
第23回 一般条項
 /東京高等裁判所判事 岡口 基一 

◆税金クイズどっちが正解?
/税理士 岩下忠吾
/税理士 岡﨑 和雄 


●政界舞台裏
第65回 首相の思惑に不透明感
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人

◆国際税務基礎用語集 
国別報告事項(その7)
 /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
「藤田組」を創業 明治維新とともに飛び出した承認――藤田傳三郎
 /作家・歴史家 加来 耕三

◆税務キャッチ・アップ
社会福祉法の改正
 /税理士 山邉  洋

◆Q&Aタックス質問箱
法人税関係 商業用ビル(土地と建物)を一括競落した場合の取得価額の区分
 /税理士 山内 克巳 

資産税関係 相続開始の年に被相続人から贈与を受けた場合の配偶者控除
 /税理士 伊藤 正彦 


--------------------------------------
 付 録 

巻末付録
 ◆税務情報◎ 財産評価基本通達の一部改正について・ほか
別冊付録Ⅰ
 ◆平成29年度 全国市町村の市町村税 税率一覧表
別冊付録Ⅱ
 ◆平成29年新通達による株価変動の最新動向 
2,037円
特集:収益の帰属事業年度の判定と実務の留意点

 法人の収益がどの事業年度に帰属するのかをめぐっては、法人側と課税当局側とで見解が分かれる場合が多く、たびたび、審査請求、税務訴訟にまで発展する事例も数多い。また、契約形態、取引形態、販売形態さらには(土地等の)譲渡形態等々によっても、その判断が分かれ、税務トラブルに発展しがちである。古くて新しいテーマではあるが、実務では適切な判断が求められるため、その処理には留意が必要なテーマの一つといえる。
 そこで本特集では、ベーシックな法人税の実務を再検証するという観点から、法人の収益の帰属事業年度の判断をめぐって、課税当局側と法人側の判断が分かれがちなケース、是否認事例を通じてのトラブルに至りがちな背景・要因等を整理・分析した上で、トラブルを招かないための事前対応時の実務、判断のポイント、さらに収益の取扱いをめぐる実務処理の留意点を、下記のテーマごとに事例検討するものとする。

判例にみる収益の帰属事業年度の考え方  /税理士 林 仲宣
通常の商品(棚卸資産)の販売  /税理士 小林由実
委託販売  /税理士 高木良昌
請負収入  /税理士 小野木賢司
役務提供収入  /税理士 齋藤樹里
利息収入  /税理士 茂垣志乙里 
債務免除益  /税理士・神奈川大学非常勤講師 四方田彰
損害賠償金・違約金・和解金  /目白大学教授 竹内 進
賃貸料収入  /税理士 角田敬子
土地建物等の譲渡収入  /島根大学法文学部准教授 谷口智紀

【巻頭論文】
民法・相続法改正の動きと実務への影響  /松蔭大学大学院教授・弁護士 岸田貞夫

 改正案は、(1)配偶者保護のため、短期又は長期の居住権設定や特別受益の持戻しの免除の新設、(2)簡易な預貯金の払戻制度の新設、(3)自筆遺言の推進等のための登録制度の新設、(4)遺留分減殺効果の金銭給付への改良、(5)相続人以外の者の貢献を考慮する制度の新設、等を予定しており、評価すべきものである。

---------------------------------------
【実 務】
◆資産税実務
  相続財産の範囲と評価~税理士の視点と弁護士の視点  /税理士 風岡範哉・弁護士 雫田雄太
◆相続税対策
  相続税の課税割合の急増と求められる納付事前対策~改正された上場株式の物納を踏まえて /税理士 黒坂昭一
◆利益計画
  自転車販売店のモデル利益計画  /中小企業診断士 野﨑芳信

--------------------------------------
◆国際税務リレー論文
[第3回] BEPSによる新たな国際課税の潮流  /税理士 金森 勝 

◆財産評価のキーポイント
[第115回] 建築基準法上の道路(行止まりで路線価は未設定)に接道する市街地山林の評価につき,不動産鑑定士による不動産鑑定評価額と特定路線価を設定して評価通達の定めにより算定した評価額とのいずれによることが相当であるのかが争点とされた事例(下)  /税理士 笹岡宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第16回]  質問応答記録書などの内容確認  /税理士 佐藤善恵・弁護士 塩津立人

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第26回] 相対取引による上場株式の取引価格  /税理士 土師秀作

◆新・検証! 非公開裁決
[第31回] 雑損控除/東日本大震災により液状化した土地の損失  /税理士 田代行孝

◆コーポレートガバナンスと税務
[第4回] 中長期的インセンティブ報酬に係る租税法上の取扱い
―インセンティブ報酬の多様性と税制の対応(下)  /中央大学商学部教授 酒井克彦

◆税を極める
[第10回] 差し迫る電子申告の義務化  /大阪府立大学大学院教授 日下文男

◆税務調査のための事実認定入門
[第10回] ケーススタディ 株主総会決議及び取締役会決議の有無① /弁護士 吉田正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
[第10回] 「愛」と「怖れ」の決算書  /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
[第10回] 新役務の開発・提供で経営革新  /中小企業診断士 長谷川勇

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
第88回 トランプ政権の失速とドル安円高  /青山学院大学特別招聘教授 榊原英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
File No.46 事業所の引越しは契約にご注意!  /税理士・公認会計士 辻村茂樹

◆判決インフォメーション /税理士 大高由美子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
第67回 個別対応方式の適用要件  /税理士 熊王征秀

◆判決から読む憲法解釈 
第46回 債務免除益をめぐる不動産所得の解釈と租税法律主義  /青山学院大学教授・弁護士 木山泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
第40回 立法者からのメッセージ~解釈規定  /税理士 青木 丈

◆要件事実 
第22回 嘲笑された「司法研究所民事裁判教官室説」  /東京高等裁判所判事 岡口基一

◆税金クイズどっちが正解? /税理士 岩下忠吾  /税理士 岡﨑 和雄 


●政界舞台裏
第65回 首相、主導権奪回図る /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人

◆国際税務基礎用語集 
国別報告事項(その6) /前明治大学大学院教授 川田 剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
第十九回 神戸の船成金 内田汽船を創立した――内田信也 /作家・歴史家 加来耕三

◆税務キャッチ・アップ
個人事業者が加入する個人型確定拠出年金の留意点  /税理士 宮家一浩
類似業種比準方式の計算方法の見直し /税理士 出岡伸和


--------------------------------------
 付 録 

別冊付録Ⅰ
 ◆税務情報◎類似業種目別株価等(平成29年5月、6月)・ほか

別冊付録Ⅱ
 ◆広大地評価の実務ポイント 改正の動向と新旧の実務
2,037円
2,037円
特集:新評価通達による自社株評価の実務ポイント

 平成29年5月15日公表の財産評価基本通達の一部改正により,平成29年1月以降の相続等により取得した非上場株式の評価方法が変更となる。この中で,特に,類似業種比準価額方式の適用に当たっては,その会社規模区分の異動によっても評価額が異なることから,相続開始時点に有利となる実務上の対策が求められるところだろう。
 本特集では,まず財産評価基本通達が改正されるに至った経緯を踏まえて,今回の改正におけるそれぞれのポイントを解説するとともに相続対策などの実務に与える影響を検証していく。さらに同年6月13付で113の業種目に分類された平成29年分株価等が公表されたので、株価変動の最新動向も急遽盛り込んだ。実務の参考にされたい。


総論「取引相場のない株式等」の評価見直しとその影響
 /税理士 松本 博子

類似業種比準方式の比準要素等の見直し
 /税理士・公認会計士 辻村 茂樹

類似業種比準方式の会社規模区分の見直し
 /税理士 林 由美子

取引相場のない株式等評価のチェックシート
 /税理士 中島 礼子

新通達による株価変動の最新動向
 /税理士・公認会計士 生子 洋輔・荒木 祥太

医療法人の出資持分の評価に与える影響
 /税理士 坂田 茂


【巻頭論文】
「法定相続情報証明制度」のスタートと実務への影響
 /二松學舍大学国際政治経済学部准教授 高岸 直樹

 平成29年5月末から相続手続の負担を軽減させる目的の「法定相続情報証明制度」がスタートした。不動産登記の名義変更を促すのがこの制度創設の背景にあるものの,被相続人が不動産を所有していなかったとしてもこの制度を利用できる。
 今後,この制度で発行される書類が相続税の申告の添付書類に活用できるよう検討される可能性もあり,本稿では, この制度創設の背景や 制度そのものの仕組みを概観しつつ, 税理士実務に影響を及ぼす可能性のある実務上の論点と対応策について想定事例なども交えつつ具体的に検討していく。


---------------------------------------
【理 論】
◆税務論文
中小企業の事業承継
―事業承継税制との乖離と技術の伝承への転換(前編)
 /立正大学法学部教授 山下 学・税理士 生田 泰寛

【実 務】
◆資産税実務
シリーズ遺産分割
代償分割の合意が得られない場合の遺産分割手続きの留意点
 /税理士 風岡 範哉・弁護士 大和田 彩

◆利 益 計 画
土産物店のモデル利益計画
 /中小企業診断士 土田 哲

--------------------------------------
【新連載】国際税務リレー論文
[第1回] 国外転出時課税制度のあらましについて
 /税理士 与良 秀雄

◆難問事例
[第44回]  債務の消滅(免除益)と、租税の関わり
 /税理士 山田 俊一 

◆財産評価のキーポイント
[第113回] 建築基準法上の道路(行止まりで路線価は未設定)に接道する市街地山林の評価につき,不動産鑑定士による不動産鑑定評価額と特定路線価を設定して評価通達の定めにより算定した評価額とのいずれによることが相当であるのかが争点とされた事例(上)
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第14回]  後発的事由に基づく更正の請求
―事実関係に関する判決等(その1)
 /税理士 佐藤 善恵・弁護士 塩津 立人

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第24回]  租税法規の遡及適用と予測可能性
 /和歌山大学経済学部教授 片山 直子

◆新・検証! 非公開裁決
[第29回]  役員のみが受診した人間ドック費用が役員給与と認定された事例
 /税理士 草間 典子

◆コーポレートガバナンスと税務
[第2回]  タックス・コンプライアンスの維持・向上に向けた取組み
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆税を極める
[第8回]  「当分の間」と地方分権
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男

◆税務調査のための事実認定入門
[第8回] ケーススタディ リベートの帰属①
 /弁護士 吉田 正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
[第8回]  美女と野獣の心理学
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
[第8回]  社風改革で従業員を活性化
 /中小企業診断士 長谷川 勇

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
第86回 長い16世紀と応仁の乱
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
File No.44 「昔の知識でやってます……」
 /税理士 冨永 昭雄

◆判決インフォメーション
 /税理士 依田 孝子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
第65回 造成土地は高額特定資産に該当するか?
 /税理士 熊王 征秀

◆判決から読む憲法解釈 
第44回 ゴルフ場娯楽施設利用税の合憲性(下)
 /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
第38回 定義規定(下)~略称規定と有効範囲、借用概念
 /税理士 青木  丈

◆要件事実 
第20回 融通無碍な実務と、それと対照的な学者の深い悩み
 /東京高等裁判所判事 岡口 基一

◆税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄 


●政界舞台裏
第63回 低姿勢演出も、やまぬ不祥事
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人


◆国際税務基礎用語集 
国別報告事項(その4)
 /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
第十七回 質素倹約と勘にだけ頼った経営者
乾合名(のち乾汽船)の創業者 乾新兵衛
 /作家・歴史家 加来 耕三

◆税務キャッチ・アップ
空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例
 /税理士 守屋 みゆき
海外で車両使用料を支払った場合の留意点
 /税理士 樋之口 毅

Book Review
--------------------------------------
◆付録

別冊付録Ⅰ
 ◆税務情報◎類似業種目別株価等(平成29年3月、4月)・ほか

別冊付録Ⅱ
 ◆税務書類のスマホ・スキャナ保存 改正のポイントと税理士の対応
2,037円
特集:申告要件の見直しと租税特別措置活用時の留意点

 平成29年度税制改正で租税特別措置適用時の申告要件が見直され、新設の租税特別措置は勿論のことながら既存の租税特別措置を含む12の措置に係る申告要件等が見直された。
 改正の結果、税額の増額更正の際に連動して税務署長による職権更正により税額控除額も変更できる仕組みに改められた。課税当局側の効率性、納税者側の利便性に配慮した改正と言われるが、当初申告要件がさらに明確化されるとともに修正申告、更正請求等においては納税者側の立証責任がより強く求められる。そのため、租税特別措置等の適用に関しては、当初申告時の添付書類の確保・整備、正確性、修正申告等の際の立証資料の正確性がより強く求められるなど、適用に関しては従来より厳格化されたともいえる。
 本特集では、総論的に申告要件の推移と実務の留意点を整理した上で、29年度改正で申告要件の見直しが行われた下記に掲げる主要な租税特別措置を取り上げ、その特例を適用する際の留意点、税額控除・特別償却の選択適用が認められる場合の判断ポイントなど実務上留意しておきたい事項について整理し、具体的に解説していく。

申告要件の見直しの推移と実務への影響
 /税理士 中島 孝一

試験研究を行った場合の特別税額控除
 /税理士 額田 朋子

特定地域において雇用者数が増加した場合
 /税理士・公認会計士 林  隆一

雇用者支給額が増加した場合
 /税理士・公認不正検査士(CFE) 米澤  勝

法人税の額から控除される特別控除額
 /税理士 中村 彰宏

中小企業者等が機械等を取得した場合
 /税理士 中村 崇二

地方活力向上地域において特定建物等を取得した場合
 /税理士・二松學舎大学国際政治経済学部准教授 高岸 直樹

特定中小企業者等が経営改善設備を取得した場合
 /税理士 駒井 倫久

【巻頭論文】

企業の不正会計事例から見る中小企業のガバナンス
 /日本大学(総合科学研究所)教授・弁護士 松嶋 隆弘


 近年、企業の不正会計事例が報道を賑わすことが増え、こうした状況を背景としながら税務分野においても国税庁が「税務に関するコーポレートガバナンス」を推進している。本稿では、①近年の企業不正会計判例を分析しつつ、②大企業の事例から参考となる部分につき中小企業の企業活動を踏まえて税務分野及び法務分野におけるリスク管理のあり方などについて検討していく。

---------------------------------------
【実 務】
◆法人税実務
パターン別で理解する
法人代表者に対する経費負担に係る「経済的利益」認定の分岐点
 /税理士 齋藤 樹里

◆資産税実務
シリーズ遺産分割
相続人のうちに被成年後見人がいる場合の遺産分割手続の留意点
 /税理士 風岡 範哉・司法書士 三浦 美樹

◆利 益 計 画
中古車販売業のモデル利益計画
 /中小企業診断士 川口 悠

--------------------------------------
◆海外進出の税務リスク管理
[第3回] 文書回答手続と事前確認
 /税理士 小林 正彦 

◆財産評価のキーポイント
[第112回]  課税時期において事業認可された土地区画整理事業の施行地内に存するものの仮換地指定を受けていない土地(市街地山林)の価額を不動産鑑定評価額によることの可否が争点とされた事例(下)
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第13回] 送  達
 /税理士 佐藤 善恵・弁護士 塩津 立人

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第23回] 未分割遺産を換価した場合の譲渡所得税に係る更正の請求の可否
 /税理士 文字 和毅

◆新・検証! 非公開裁決
[第28回] 固定資産税評価額に誤りがあった場合の相続税に係る更正の請求
 /税理士 千田 喜造

◆コーポレートガバナンスと税務
[第1回] コーポレートガバナンスを取り巻く議論
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆税を極める
[第7回] 税務職員が執筆した実務解説書の公的見解度合い
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男

◆税務調査のための事実認定入門
[第7回] ケーススタディ 預金の帰属者の認定について③
 /弁護士 吉田 正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
[第7回] 幸せを呼ぶ「返報性の法則」
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
[第7回] 事業構造をスリム化する
 /中小企業診断士 野﨑 芳信

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
第85回 史上最年少のフランス大統領
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
File No.43 社会保険の途中加入に際して
 /税理士 高橋 勤也

◆判決インフォメーション
 /税理士 藤原眞由美

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
第64回 ○○の“活き造り”は軽減税率になるか?
 /税理士 熊王 征秀

◆判決から読む憲法解釈 
第43回 ゴルフ場娯楽施設利用税の合憲性(上)
 /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
第37回 定義規定(上)~定義規定の置き方
 /税理士 青木  丈

◆要件事実 
第19回 「総合型」の規範的要件
 /東京高等裁判所判事 岡口 基一

◆税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄 


●政界舞台裏
第62回 改憲で政局主導目指す
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人
政界舞台裏


◆国際税務基礎用語集 
国別報告事項(その3)
 /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
第十六回 製糖業に生涯を捧げた明治製糖・明治製菓を創業した――相馬半治
 /作家・歴史家 加来 耕三

◆Q&A タックス質問箱
法人税関係 役員退職給与の損金算入に関する改正
 /税理士 山内 克巳

資産税関係 空き家の譲渡所得の特例と軽減税率、買換え制度との関係
 /税理士 渡邉 正則

◆税務キャッチ・アップ
プロスポーツ選手の税金について
 /税理士 中田 俊行

法定相続情報証明制度
 /税理士 塩島 好文


--------------------------------------
◆巻末付録

別冊付録Ⅰ
 ◆税務情報◎財産評価基本通達の一部改正・ほか

別冊付録Ⅱ
 ◆詳細解説 平成29年度税制改正法<個人・資産課税編>
2,037円
特集:事業承継の進め方と税理士の役割

 先般、中小企業の経営承継等を後押しする「事業承継ガイドライン」が約10年ぶりに改訂された。現在、中小企業の廃業が大幅に増加すると懸念される「2017年問題」が話題となり、事業承継対策は全国的に喫緊の課題といえる。
 一般に、中小企業の経営者の引退年齢は67~70歳とされ、今後多くの企業で事業承継のタイミングを迎えるが、後継者の育成等には5~10年程度かかることを考慮すると早期の対策が必要となる。今回の改訂ガイドラインでは、特に「事業承継診断の実施」や「事業承継に向けて踏むべき5つのステップ」、「地域における事業承継支援体制の強化の必要性」が強調される形となっている。
 本特集では、事業承継における現状を俯瞰すると共に、ガイドラインを活用した実務を税理士が行う際に踏まえるべきポイントや関係機関等との連携時の留意点を紹介する。


事業承継ガイドラインの評価と意義
 /税理士 永橋 利志

円滑な事業承継に向けたアプローチ
/税理士 鈴木 恭浩

事業承継のパターン別検討と対応
 /税理士 友松 悦子

事業承継の手法・事業承継税制の検討
 /税理士 土屋 栄悦

事業承継における税理士・支援機関の役割
 /税理士 上西 左大信


【巻頭論文】

全面施行される改正個人情報保護法のポイント
 /新潟大学大学院教授 鈴木 正朝

 改正個人情報保護法が平成29年5月30日に全面施行される。これまで法律の適用除外とされてきた小規模事業者(取り扱う個人情報が5,000人以下)も対象となるため,いわばすべての事業者が改正法の内容を把握して,適切に個人情報を取り扱う必要がある。そこで本稿では,個人情報保護法が立法化されて,平成27年の改正に至る経緯,改正法のポイントを分かりやすく整理することとしたい。



---------------------------------------
【理 論】
◆税務研究
消費税における推計課税に関する一考察
 /税理士 山口 敬三郎

◆事例研究
重加算税通達における「帳簿書類の隠匿,虚偽記載等に該当しない場合」の範囲
 /税理士 金井 肇

【実 務】
◆所得税実務
セルフメディケーション税制と医療費控除
 /税理士 司馬 えんに

◆利 益 計 画
英会話スクールのモデル利益計画
 /中小企業診断士 東穂 芳乃

--------------------------------------
◆海外進出の税務リスク管理
[第2回] 日本での税務調査に備える
 /税理士 小林 正彦

◆財産評価のキーポイント
[第111回]  課税時期において事業認可された土地区画整理事業の施行地内に存するものの仮換地指定を受けていない土地(市街地山林)の価額を不動産鑑定評価額によることの可否が争点とされた事例(中)
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第12回] 理由附記の程度
 /税理士 佐藤 善恵・税理士 塩津 立人

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第22回] 課税負担の錯誤と更正の請求
 /税理士 岩垣 陽一

◆新・検証! 非公開裁決
[第27回] 代表取締役に就任する前に同族会社から受けた報酬の所得区分
 /税理士 新家 利津子

◆新しい税理士の責任
[第6回] 税理士の責任と租税軽減行為
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆税を極める
[第6回] 外国税額控除余裕枠利用事件にみる大阪商人の反骨心
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男

◆税務調査のための事実認定入門
[第6回] ケーススタディ 預金の帰属者の認定について②
 /弁護士 吉田 正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
[第6回] 会社経営と「欲求段階説」
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
[第6回] 業務DD でビジネスプロセスを精査
 /中小企業診断士 長谷川 勇

◆難問事例
[第43回] 相続分の譲渡
 /税理士 山田 俊一

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
 第84回 再びドル安・円高局面に
 /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
 File No.42 小規模宅地特例と相続空家3,000万円控除
  /税理士 下見 佐和子

◆判決インフォメーション
 /税理士 岩崎 宇多子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
 第63回 ビットコインはどうなる?
  /税理士 熊王 征秀

◆判決から読む憲法解釈 
 第42回 特別徴収制度の合憲性
  /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
 第36回 目的規定と趣旨規定
  /税理士 青木  丈

◆要件事実 
 第18回 規範的要件と事実要件
  /東京高等裁判所判事 岡口 基一

◆税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄 

●政界舞台裏
第61回 都議選後に蓮舫氏の責任問題浮上か

◆国際税務基礎用語集 
国別報告事項(その2)
 /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
第十五回 森村グループを率いた経営者 日米貿易の先駆者――村井保固
 /作家・歴史家 加来 耕三

◆Q&A タックス質問箱
所得税関係 個人型確定拠出年金加入者掛金の取扱い
 /税理士 茂呂 和夫

源泉税関係 配偶者控除等の改正に伴う源泉徴収制度の見直し
 /税理士 山内 克巳

◆税務キャッチ・アップ
事業承継税制のリスク軽減
  /税理士 星山 光雄

生産緑地法改正を踏まえた相続実務
 /税理士 山本 晋也


著者は語る

租税の公平を実現するため,日夜戦う
マルサの想いを真摯に伝えたい。

『国税局査察部24時』(講談社)
/上田 二郎氏


--------------------------------------
◆巻末付録

別冊付録Ⅰ
 ◆税務情報◎特定非常災害発生日以後の財産評価・ほか

別冊付録Ⅱ
 ◆詳細解説 平成29年度税制改正法<法人課税編>
2,037円
2,037円
特集:広大地評価をめぐる動きとその判定

 広大地については、現行上、財産評価基本通達24-4が原則的な評価方法を定めており、広大地であれば補正率が適用され、面積が広くなるほど評価額が減額される仕組みになっている。つまり、広大地であれば評価減を図ることが可能になるため、これまで審査請求の上、広大地であるか否かの判定をめぐり、その判定が争われる場合も多かった。
 一方で、広大地の形状によっては取引価格と相続税評価額の乖離が発生し、富裕層による節税策の利用等が問題点として指摘され、対応策が検討されてきた。平成29年度税制改正大綱には評価方法の見直し案が盛り込まれ、面積に応じ比例的に減額する現行の評価方法から、各土地の個性に応じた面積・形状に基づき評価する方法に改められた。
 特集では、広大地の評価方法が見直されることを契機に、これまでの広大地の評価方法の取扱い、来年1月以降から適用となる見直し後の取扱いを比較するとともに、土地評価の際に減額要因となる主要な補正率を総論的に整理した上で、①広大地とみなされる場合及びみなされない場合の判断基準、②広大地評価の際に新たに導入される不整形地補正、③奥行補正が適用される場合及び適用されない場合などを事例検討し、広大地評価に携わる際の実務留意点を解説する。

これまでの広大地評価の考え方と原則的な取扱い
 /税理士・不動産鑑定士 下﨑 寛

見直される広大地の評価方法と実務のポイント
 /税理士 梶野 研二

土地の評価減に結びつく主要な影響要因
 /税理士 関根 美男

広大地か否か・影響要因からの検討/マンション適地
 /税理士 坂部 達夫

広大地か否か・影響要因からの検討/公共公益的施設用地
 /税理士 新井 宏

開発道路か路地状開発か
 /税理士・平成国際大学大学院特任教授 田部井 敏雄

不整形地補正率が加味される場合,否定される場合
 /税理士 永橋 利志

奥行価格補正率が加味される場合,否定される場合
 /税理士 山元 俊一


【巻頭論文】

最高裁判決から浮かび上がるこれからの「養子縁組」
/税理士・東京国際大学講師 江本 尚浩

 相続税対策の養子縁組が有効かどうかめぐって最高裁まで争われ,執務化の関心を集めた事件は、「専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても,直ちに当該養子縁組について当事者間に縁組をする意思がないときに当たるとすることはできない。」という決着をみた(原判決破棄、平成29年1月31日)。
 そこで本稿では、一連の裁判における判断を分析しつつ、過去の類似判例との相違点、そして最高裁の判断を受けて、これからの「養子縁組」がいかに変わっていくのかについて、実務上の留意点を考慮しながら検討していく。

---------------------------------------
【理 論】
◆事例研究
 関連会社等への売掛債権放棄のタイミングと寄附金認定回避策
  /税理士・公認会計士 林 隆一

【実 務】
◆法人税実務
 年度末の決算賞与支給の意思決定と税務上の留意点
  /税理士・公認不正検査士(CFE) 米澤 勝

◆会社の税務
 法人の解散等に伴う残余財産の分配と税務の留意点
 /税理士 新村 中

◆利益計画
 靴店のモデル利益計画
 /中小企業診断士 岡本 良彦

--------------------------------------
◆財産評価のキーポイント
 [第109回] 課税時期において土地区画整理法に規定する仮換地の指定を受けたものの使用または収益をすることができず,また当該仮換地に係る造成工事も行われていない宅地の評価方法が争点とされた事例
  /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
 [第10回]国税不服審判所における審査請求手続の流れ②
  /税理士 佐藤 善恵

◆立法趣旨から探る税務のポイント
 [第20回] 強制執行による賃金の回収と源泉徴収義務
  /西南学院大学法学部准教授 倉見 智亮

◆新・検証! 非公開裁決
 [第25回] 金地金の取得費
  /税理士 中村 雅紀

◆新しい税理士の責任
 [第4回] 義務的開示制度
  /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆税を極める
 [第4回] 特定支出控除のあり方
  /大阪府立大学大学院教授 日下 文男

◆税務調査のための事実認定入門
 [第4回] 証拠②
  /弁護士 吉田 正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
 [第4回] 本当に大切なものは目に見えない
  /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
 [第4回] 財務DD で財務実態を浮彫りにする
  /中小企業診断士 野﨑 芳信

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
 第82回 好調なインド経済
  /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
 File No.40 新設法人の消費税は?
  /税理士 宮澤 博

◆判決インフォメーション
 /税理士 大高 由美子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
 第61回 高額特定資産と事業者免税点の関係
  /税理士 熊王 征秀

◆判決から読む憲法解釈 
 第40回 登録免許税の減免規定と委任立法
  /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
 第34回 (「」・( ))の用法(上)
  /税理士 青木  丈

◆要件事実 
 第16回 実務の要件事実
  /東京高等裁判所判事 岡口 基一

◆税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄

●政界舞台裏
 第59回 外交で得点,内政に不安/政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人

◆国際税務基礎用語集 
 ローカルファイル(その3)
  /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
 第十三回 石橋を叩いても渡るな,といった初代の教訓 安宅弥吉
  /作家・歴史家 加来 耕三

◆Q&Aタックス質問箱
 法人税関係 連結納税制度の特有事項等
  /税理士 山内 克巳
 資産税関係 市街化調整区域内の雑種地の評価
  /税理士 伊藤 正彦

◆税務キャッチ・アップ
 第4次産業革命に対応した研究開発税制
  /税理士 杉山 一紀
 無償減資による欠損填補と法人住民税・均等割
  /税理士 北川 裕之


著者は語る

登場キャラクターたちの躍動感から,
現場の空気感と,想いを伝えたい。

『ゼイチョー!~納税課第三収納係~』(講談社)
 /慎 結 氏

--------------------------------------
◆巻末付録
 別冊付録Ⅰ
  税務情報◎「財産評価基本通達」の一部改正(案)・ほか

 別冊付録Ⅱ
  社会福祉法人制度改革 Q&A集
2,037円
2,037円
特集:個人事業者の必要経費性判断と申告時留意点
    ~申告後のトラブル回避のための判断ポイント~

 個人事業者が申告する際、必要経費の計上をめぐっては判断に迷う場面が多い。後日、調査時にその経費性の有無が問われる場面も多く、申告内容の否認にも繋がりがちである。個人事業者の場合、法人とは異なり、家事関連性、業務遂行の必要性といった観点から、判断が容易でない支出が多いためであり、その判断をめぐっては審査請求、税務訴訟へと発展するケースも多い。
 税理士事務所では確定申告の時期を迎え、個人事業者の申告実務の対応に追われることになるが、事業者サイドではどのような性格の支出であれ、費用・経費化して税負担の軽減に繋げたいという心理が働く傾向にあり、その指導、合理的な説明も重要な実務になる。
 本特集では、法人と個人事業者の経費の異同、主要業種別にみた特有の家事関連性等に絡む課題を踏まえ経費性の判断ポイントと申告留意点について事例検討するものとする。

法人税法上の損金と所得税法上の必要経費との異同
 /松蔭大学大学院教授 岸田 貞夫

家事関連費をめぐる問題
 /税理士 林  仲宣

報酬・給与の支出
 /島根大学法文学部准教授 谷口 智紀

交際費名目の支出
 /税理士・神奈川大学非常勤講師 四方田 彰

会費・負担金等名目の支出
 /税理士 小野木 賢司

専従者給与の支出①~一般の個人事業者
 /税理士 角田 敬子

専従者給与の支出②~士業
 /税理士 髙木 良昌

貸倒損失の処理
 /税理士 齋藤 樹里

租税公課の支出
 /税理士 茂垣 志乙里


【巻頭インタビュー】

富裕層や海外取引企業に対する税務行政の取組と課題
 /早稲田大学大学院教授 青山 慶二

 国税庁は2016年10月、国際課税の取組みの現状と今後の方向を内容とする「国際戦略トータルプラン」を公表した。そのタイミングは、パナマ文書事件でタックスヘイブンを利用した租税回避が世間の注目を集め、かつG20/OECDのBEPS(税源浸食・利益移転)プロジェクトに沿った国際課税に関する国内税制及び租税条約の改正が具体化しようという段階であった。そのため本戦略は、その主たる対象とされる海外投資に従事する富裕者や多国籍企業から、執行の強化が今後どの分野に向かうのかという関心で注目を浴びている。


---------------------------------------
【特別企画】
◆相続税改正の影響とそれらを踏まえた実務留意点
 統計から見えてくる相続税改正の影響
  /税理士 風岡 範哉

 相続があった場合の確定申告の留意点
 /税理士 風岡 範哉・森田 亘

--------------------------------------
【理 論】
◆税務論文
 義務的開示制度導入先送りの問題点
  /中央大学商学部教授 矢内 一好

【実 務】
◆所得税実務
 海外勤務者の確定申告に係る実務上の留意点
  /税理士・公認会計士 深見 浩一郎

◆利益計画
 学習塾・予備校のモデル利益計画
  /中小企業診断士 田口 愛味子

--------------------------------------
◆財産評価のキーポイント
[第107回] 土地区画整理事業の施行区域(都市計画事業の許可が告示されていない地区)に存する評価対象地の評価につき、都市計画法上の建築制限をどのように反映させることが相当とされるのか争点とされた事例(上)
 /税理士 笹岡 宏保

◆基礎から学ぶ不服申立ての実務とリーガルマインド
[第8回]不服申立ての期間
 /税理士 佐藤 善恵

◆立法趣旨から探る税務のポイント
[第18回]債務免除における認定課税と源泉課税
 /税理士 林 幸一

◆新・検証! 非公開裁決
[第23回]第二次納税義務者の範囲/仮装譲渡
 /税理士 木島 裕子

◆難問事例
[第41回]税理士の説明責任
 /税理士 山田 俊一

◆新しい税理士の責任
[第2回]税理士賠償責任問題と租税回避開示義務
 /中央大学商学部教授 酒井 克彦

◆税を極める
[第2回]確定申告書の郵送による提出の注意点
 /大阪府立大学大学院教授 日下 文男

◆税務調査のための事実認定入門
[第2回]動かしがたい事実と経験則
 /弁護士 吉田 正毅

◆税理士さんのカウンセリング室
[第2回]愛される「伝え方」
 /税理士・心理カウンセラー 冨永 英里

◆経営革新・虎の巻 
[第2回]中小企業等経営強化法を活用する
 /中小企業診断士 野﨑 芳信

---------------------------------------
【コラム・連載】
◆深層を斬る 
 第80回 安倍晋三長期政権へ
  /青山学院大学特別招聘教授 榊原 英資

◆税理士業務のヒヤリハット 
 File No.37 日払いの給与と源泉所得税
  /税理士・公認会計士 空本 光弘

◆判決インフォメーション
 /税理士 依田 孝子

◆クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ! 
 第59回 アーカイブ~自販機作戦!
  /税理士 熊王 征秀

◆判決から読む憲法解釈 
 第38回 任意組合員の所得についての通達規定の適用
  /青山学院大学教授・弁護士 木山 泰嗣

◆租税法令 雑学塾 
 第32回 期間と期限(上)
  /税理士 青木  丈

◆要件事実 
 第14回 典型契約における「せりあがり」
  /東京高等裁判所判事 岡口 基一

◆税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下 忠吾
 /税理士 岡﨑 和雄

●政界舞台裏
第57回 「自公+維新」体制くっきり
 /政治ジャーナリスト 芙蓉 峰人

--------------------------------------
◆国際税務基礎用語集 
 BEPS プロジェクト行動13(その3)
 /前明治大学大学院教授 川田  剛

◆歴史に問われた起業家たちの胆力 
 第十一回 近代“住友”の創業と守成 広瀬宰平
  /作家・歴史家 加来 耕三

---------------------------------------
◆Q&Aタックス質問箱
 源泉税関係 会社役員賠償責任保険の保険料
  /税理士 山内 克巳

 資産税関係 法人に資産を低額譲渡することによる株価の上昇と類似業種・純資産価額の計算
 /税理士 渡邉 正則

---------------------------------------
◆税務キャッチ・アップ
 純資産価額の計算における課税時期前三年以内取得の留意点
  /税理士 熊谷 洋平

 個人型確定拠出年金の活用と留意点
  /税理士 毛利 修平

--------------------------------------
著者は語る

会社の使命は、社員とのその家族を幸せにすること。
この想いを軸にした経営を実践してほしい

『利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか』(ビジネス社)
 /坂本 光司 氏

--------------------------------------
巻末付録
◆税務情報◎平成29年度税制改正大綱・ほか

別冊付録
◆平成28年分 所得税・消費税等・贈与税の申告実務
2,037円
おすすめの購読プラン

月刊 税理の内容

  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5
税理士向き記事を含む税務・経営の総合誌。
新しい税務問題はすべてわかります。特集・別冊付録は他誌にみられない実務的内容で、解説は図解・実例が豊富でわかりやすい。税理士向き記事を含む税務・経営の総合誌。

月刊 税理の目次配信サービス

月刊 税理最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊 税理の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.