教育家庭新聞 教育マルチメディア号 発売日・バックナンバー

全168件中 166 〜 168 件を表示
特集・補正予算整備後の「活用」を考える
[4-7面] 授業で活用する
補正予算整備後のICT環境を教育指導に活かすためには、教員が授業活用しやすい整備であることが重要だ
[10-14面] 校務で活用する
校務用PCの全教員配備を学校経営や教育改善に活かすためには、安心して活用でき、かつ活用しやすい環境であるかを検証する必要がある。

[2-3面] IT基盤が支える協働学習
平成23年度概算要求では、文部科学省で20億円、総務省で28億円が協働学習の推進にあてられている。協働学習を支援するIT基盤とは何か。協働学習ではどんな学習が可能になるのか。

[8-9面] 今こそ“エネルギー環境教育”
協働学習において設定すべき重要なテーマのひとつが「エネルギー環境教育」だ。世界の事例を日欧教育フォーラムから知る。
特集・科学技術立国「日本」を担う人材育成を考える

[2-3面]理科・科学技術教育
日本科学技術振興財団の有馬朗人会長は、「日本の子どもたちの学力は低下していない。ゆとり教育で理科の力は上がっている」と述べる。

[4-5面]ICT環境を活かす
ICT環境を活用するために何が必要か。どう研修していけばいいのか。船橋市、日野市、相模原市、堺市の事例を紹介する。

[6面]情報教育
東京工業大学の渡辺治教授は、「情報科学技術は人類の言葉」と述べる。

[7面]環境教育
NPO法人気象キャスターネットワークが実施している地球温暖化防止をテーマにした出前授業が人気だ。

[連載]
・教室に電子黒板がやってきた③ 三重県・米ノ庄小学校 林敬泰教諭
・フィンランドの教員養成に学ぶ② 早稲田大学教職大学院・田中博之教授
特集・新学習指導要領を実現する教育環境

[2-3面]教育ITソリューションEXPO
教育関連企業310社が集う教育ITソリューションエキスポ「EDIX」特集。見どころや注目ブースを紹介。

[4-5面]学校事務特集
小中学校及び高等学校事務大会が夏休み中に開催される。学校事務発の学校経営を提案。「教育の情報化に関する実態調査」速報詳細も。

[6面]学校ICTと学力向上
三田市立狭間中学校(兵庫県)の英語科・堂本佳樹教諭は、「時間内習熟度学習」を目的に、プリント学習配信システムを授業に取り入れている。

[新連載]
・教室に電子黒板がやってきた③ 三重県・米ノ庄小学校 林敬泰教諭
・フィンランドの教員養成に学ぶ② 早稲田大学教職大学院・田中博之教授
おすすめの購読プラン

教育家庭新聞 教育マルチメディア号の内容

学校教育の今日的課題に対応した話題を提供する学校教育の専門紙
教育委員会情報担当、小中高等学校教員や事務職員、管理職(国立・私立・公立)、大学に向け、教育の情報化の最新情報を中心に、ICTを切り口として各教科に落とし込んだ記事を提供。学校教育予算や各種調査などの最新情報も。学校現場で使いやすい機器やソフトウェアの最新情報や成果を上げている授業事例、行政情報を逐次報道。「教育の情報化に関わる必要なニュースが充実しており、良くまとまっている」と文部科学省をはじめ、学識経験者、現場の先生、情報教育関連団体、企業から好評を得ています

教育家庭新聞 教育マルチメディア号の無料サンプル

2012年3月号 (2012年03月05日発売)
2012年3月号 (2012年03月05日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

教育家庭新聞 教育マルチメディア号の目次配信サービス

教育家庭新聞 教育マルチメディア号最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

教育家庭新聞 教育マルチメディア号の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.