林業新知識 発売日・バックナンバー

全95件中 76 〜 90 件を表示
「GPS初心者向けガイド
 林研グループの学習方法紹介」
しんしろ林研グループ(愛知県)

 機械の苦手な方には敷居の高いGPSに、林研グループとして
取り組んでいるのが「しんしろ林研クラブ」です。
 しんしろ林研クラブでは、グループで3台のハンディGPSを導入し、
会員に無料貸出を行っています。そして、講習会や個別指導を行って
会員の技術習得(境界情報の記録)をサポート。さらに、オリジナルの
マニュアルを整備して、電池の入れ方やボタンを押す順番といった
ごく初歩的な内容から手ほどきを行うという徹底ぶりです。
 その甲斐あって、まったくの初心者の状態から、
自山の境界をGPSで記録し、パソコンで地図上に表示して
データとして残すことを実現できた会員が増えてきています。
 どのように学び、使い方を覚えていったのでしょうか。
しんしろ林研クラブの皆さんの奮闘記をご紹介します......

山を継ぐ...1
「父と3人の息子で背負う会社
 山・製材・建築の一貫経営」
伊東宏一さん一家(京都府)

 京都府北部に位置する福知山市。
その市街地から離れた立原地区に看板を掲げるのが、
山のすべて(育林、間伐事業、特殊伐採)を扱う伊東木材株式会社と、
建築、土木、不動産を担う株式会社いとうである。
両社は一つ屋根の下にあり、木にまつわる川上から川下までを
一手に引き受けているのである......

お悩み相談室...17
「息子ではなく、孫を後継者として育てるには...」

Q 息子は山に無関心ですが、孫は興味があるようです。
後継者として育てたいのですが、どんなことに気をつければいいか......
(68歳・林家)
林研コーナー「みんなの人気者」...18
「定年退職後に故郷で林業に目覚める」
古澤俊朗さん(頸北林業研究会/新潟県)

こちら林業普及指導員です...20
林研グループがクリスマスツリーをプレゼント(秋田県)
「かいふの木の家」木製軽トラハウスの販売を展開(徳島県)

読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...4
「親子・家族で楽しむGPS
 自山の場所・境界を記録しよう」
四田純夫さん(富山県)

 最近はスマートフォンも普及し、GPSが身近なものとなってきました。
GPSをもって所有林の境界を回れば、境界情報がデジタル記録として保存でき、
今後自分の山へ行く時に迷いません。
後継者へ山を託す際にも非常に便利なデータとなります。
そんなGPSを実践している林家が四田純夫さんです。

「父から教えてもらった山の場所が自分一人では分からない。
100筆を超える所有林の境界を把握し、後継者に引き継ぐには」
とGPSにチャレンジ。
 その後、改めて父親と境界を歩き、丹念にデータを記録していったそうです。
さらに所属する林研グループでも講師役となり、地域でGPS普及のけん引役に――。
そんな四田さんに、林家としてのGPSの実践を伺いました......

夫婦で働く...1
「独自の工夫とアイデアで原木シイタケと向き合う夫婦」
大山正則さん・尚子さん夫妻(新潟県)

「もともとは神主の家系でした」
 こう語るのが糸魚川市で「株式会社大山農場」を営む大山正則さん。
自宅裏手にはスギの山がこんもりとしているが、これはその神社の森であるという。
正則さんの祖父・司穂さんは教職である一方、神職であったのだ。
父親の左近さんは公務員として、林業事務所を転々としたとのこと。
左近さんの代までは、神職の手伝いなどをしていたそうだが、
正則さんの代では引き継がなかったのである。
 さて、正則さんはこの地で長年シイタケ栽培に力を入れてきた方である。
現在も原木栽培にこだわりながら、奥さんの尚子さんと力を合わせて、
質の高いシイタケを生産し続けているのだ。
また、量は多くないものの原木ナメコも栽培している......

お悩み相談室...17
「自伐型林業を志す若者に、何をどう教えれば...」

Q 自伐林業を始めたいという若者(Uターン)が教えを請いに
私を訪ねてきました。教える経験がないので、何をどのように教えればいいか......
(61歳・自伐林家)
林研コーナー「私たちのチャレンジ」...18
「浄法寺漆の安定供給に向けて」
浄安森林組合青年部(岩手県)

こちら林業普及指導員です...20
里山整備団体で安全講習を実施(千葉県)
普通科高校から担い手を確保せよ!(愛媛県)

読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...4

「先輩林家に学ぶ「造林の心」。
いま、心に留めておきたいこと。」
まとめ・編集部

 林業界は今、皆伐・再造林の時代を迎えています(地域差もありますが)。
 収穫(皆伐)の実行も、その後にどのような山造り(再造林)を行うかも、
山主さんの意志や方針次第です。ところが、皆伐・再造林の経験がなければ、
不安があったり、イメージが掴めないのではないでしょうか。
この時代に、山主として心に留めておきたいこととは、なんでしょうか。

 そこで、これまで弊誌に登場した先輩林家の実践の記録を通して、
山主にとっての「造林の心」を読み解いていきます。

 篤林家はどのような思いで造林してきたのか、どんな苦労と喜びがあったのか――。
2018年を迎えるにあたり、「造林の心」をみなさんとともに考える特集とします......

山を継ぐ...1

「「人がやらないから面白い!」農・畜、そして苗木生産へ。」
山本 定夫さん・ 竜矢さん一家(兵庫県)

「分家して独立。自分で二代目」と語るのが、旧氷上町にある
株式会社山本木材の代表取締役である山本定夫さん。
昭和38年の生まれである。姉3人に続いての待望の男子であった。
父親の茂夫さんとともに山仕事を重ね、今日に至ったのである。
 定夫さんの先代、昭和5年生まれの茂夫さんの実家は、
林業とは縁がなかったという。分家独立した茂夫さんも、
当初は馬力(荷馬車)引きから仕事を始めたそうだ。
しかし、山の手入れを引き受けるようになり、炭焼きも行うようになった。
それは定夫さん誕生以前のこと。
 定夫さんの記憶に残る最も古い父親の仕事は、
オート三輪での木の運搬であったようだ。最終的には運送業の道を選ばず、
素材生産を主な仕事としたそうである......

お悩み相談室...17

「Uターンで戻ってきた息子と境界を歩きたい...」

Q 息子がUターンで地元に戻ってきた。所有林内の境界を教えたいが
後回しでいいじゃない、と煙たがられている......
(57歳・農林家)
林研コーナー「私たちのニューフェイス」...18

「体験参加を経て1年後に入会を決意」
飯沼薫子さん (飛騨フォレストレディース/岐阜県)

こちら林業普及指導員です...20

リニューアル!市町村林務職員向け「森づくり技術講座」(北海道)
スマートフォン向け森林調査アプリの開発と普及(愛知県)

2017年主要目次...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...4

「山の境界 お悩み解決に向けて。問題点を整理しました。」
鈴木慎太郎さん(司法書士)
高橋啓さん(境界確定コーディネーター)
谷茂則さん(林業経営)

 「自分の山の場所が分からない」
「隣との境界が分からない――」。
こうした問題に悩まされる山主さんが増えています。
 この問題には、法律や制度、地域や各家の事情が複雑に入り混じり、
一筋縄ではいかないのが実情です。かといって不明なままでは
山主さんとしても困りますし、森林整備(山の手入れ)も進められません。
 では、どうすれば解決できるのか......。それにはまず、
この問題をきちんと理解することが第一歩です。
 そこで本特集では、この問題を1「施業を行う上での問題」と
2「家の資産管理上の問題」という二つに分けた上で、
この問題に異なる立場から取り組んでいるお三方に登場いただき、
現場でどんなことが問題になっているのかを、
まずは話し合っていただきました。......


夫婦で働く...1

「山火事跡地への造林の記憶 サラリーマンから自伐林家へ」
益子宏之さん・波子さん夫妻(栃木県)

 栃木県那珂川町。茨城県と境を接するこの地は、
太平洋に流れ込む那珂川が貫流する町である。
鮭が遡上する南限付近の川であり、鮎釣りも盛ん。
さらにカヌーも楽しめる人気の清流だ。その支流、
武茂川は福島県境にそびえる八溝山にその源を持っている。
そして、八溝山の周囲は八溝スギの産地として知られる林業地である。
 昭和34年の生まれ。50代も後半となった益子宏之さんが
代々暮らしてきたのは、武茂川に沿った穏やかな谷間である。
背後には山が迫る。所有する山林は67ha。自宅裏から続く山には、
まとまった面積があり、ひときわ見事な山もある......


お悩み相談室...17

「木の生命力を信じて施業してもよいか...」

Q 木の生命力を信じて手入れをすると、木が力強く応えてくれる気が。
教科書の教えとは違うかもしれないが......
(47歳・サラリーマン林家)


林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「デパートのイベントで林業の情報発信」
静岡市林業研究会(静岡県)


こちら林業普及指導員です...20

生産森林組合のブナ林を利用間伐し菌床のオガ粉へ(新潟県)
県を挙げて「木育」頑張っています!(滋賀県)


読者コーナー...22


木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...4

「今こそ造林の心を! 実践学習の場『高尾青年の山』」
まとめ・編集部

 林業界はいま、皆伐・再造林の時代を迎えています。
皆伐(主伐)は林業の作業の一部でしかなく、
再び植えないことには林業は回っていきません。
こうした循環林業への気運を高めようと
様々な取り組みが進められていますが、
肝心なのは山主さんの気持ちです。
「伐出だけでは素材生産業。植えて育ててこそ林業だ。
伐る技術、出す技術よりも、今はとにかく再造林を普及しないと、
このままでは山がなくなるぞ」と、ある専業林家も
危機感を募らせています。
 植えることは林業の出発点です。そこには技術的な話もさることながら、
山主さんの心(意志)が何よりも大切だと弊誌は考えます。
 拡大造林の時代、私たちの先輩はどんな思いで、
どんな夢を描いて山に苗を植えたのでしょうか。
その時代に、弊会は分収林「高尾青年の山」を設置し、
全国のみなさんの協力を仰いで造林・育林してきた、
いわば夢を語り合ってきた歴史があります。
 そこで本特集では、50年前の拡大造林期、
造林に情熱を燃やした先輩方の努力に触れよう、という趣旨で、
「高尾青年の山」の造林に携わった方々へのご報告を兼ね、
その「実践学習の場」としての記録を振り返ってみます......


山を継ぐ...1

「子へ、孫へ。自然と継がれる山・シイタケ」
菊池 英雄さん・ 静子さん(長女)・ 秀明さん(孫)一家(岩手県)

 岩手県遠野市。伝説や民話の郷として全国に知られているこの地は、
かつて馬産の地としても名高かった。そしてここ数年は
馬搬復興の拠点としても、脚光を浴びている土地でもある。
 昭和7年生まれの85歳という菊池英雄さん。
合併して遠野市となった旧宮守村の大上地区に暮らし、
シイタケ栽培をはじめ林業や農業に生きてきた方である。
 その家は昭和61年に建て直したという立派なもの。
材は自分の山から馬で曳いてきたものだという。
その材は当時現役であった移動製材の職人さんに、
庭先で挽いてもらった。そして床柱にしたエンジュには、
英雄さんが自らシイタケの彫刻を刻んだのである。
彫刻や木工趣味はなかったが、見事な出来栄えだ。
 このように床柱に刻み込むほどに、
英雄さんはシイタケに入れ込んできたのである......


技術講座...12

「バッテリーチェーンソー
ライトユーザーにお薦めです!」
文・梶谷哲也(奈良県)

 自動車業界に電化の波が押し寄せているように、
今やチェーンソーも、エンジンを積まずバッテリー(充電池)で
動く製品が、各社から続々と発売されています。
このバッテリーチェーンソーは、樹上伐採などのプロの現場にも、
徐々に普及が始まっているようです。
 そこで、実際にバッテリーチェーンソーを試している梶谷哲也さん
(奈良県/黒滝村森林組合)に、その性能や
従来のエンジン式チェーンソーとの違いなどについてご紹介いただきます


お悩み相談室...17

「自山に記念林を造りたい。家族にどう伝えるか...」

Q 30年前になくなった父の思いや記憶を託した記念林を造りたい。
家族にどのように伝えればよいか......
(47歳・サラリーマン林家)


「私たちのチャレンジ!」...18

「親子キャンプで森林づくり体験」
東京都林業研究グループ連絡協議会(東京都)


こちら林業普及指導員です...20

地域ぐるみの森林認証取得を支援(宮城県)
航空レーザ測量で集約化を進める!(熊本県)


読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...4

「ドローンを思いきり楽しもう! 自山で飛ばし、空撮写真も活用」
まとめ・編集部 文・後藤裕輔(大分県)/板坂秀人さん(岡山県)

 ドローンをご存じでしょうか。遠隔操作できる無人航空機を
通称「ドローン」と呼び、産業用や民生用に様々なタイプのドローンが
登場している昨今です。特に最近のテレビ番組では、
ドローンで撮影した映像が多用されているようです。
農業分野では農薬散布で既にお馴染みで、林業分野でも
ドローンの活用に熱視線が注がれています
(詳しくは姉妹紙・現代林業2017年7月号に掲載)。
 そこで本特集では、そのドローンを自山で飛ばし、思いきり楽しもう、
空撮写真を山林管理に活用しよう、という視点で、
実践例を交えながら楽しみ方をご紹介していきます......

ドローン実践例1
「自山のイキイキとした姿を味わう」
文・後藤裕輔(大分県/(有)うすき林業 代表取締役)


ドローン実践例2
「境界確認に空撮写真が活躍!」
板坂秀人さん(岡山県/(株)板坂林業 代表取締役)
夫婦で働く...1

「タバコ・キノコ・ミョウガ... しなやか経営を築く夫婦の力」
渡部善一さん・和子さん夫妻(福島県)

 福島県下郷町は、会津地方の南部に位置する山間の町。
今や人気観光地でもある重要伝統的建造物群の大内宿を抱える町である。
 その下郷町を貫流する阿賀川に近い水門集落で、
60年以上にわたり農林業に励んできたのが渡部善一さんである。
 農業と林業の複合経営を、それも比較的大きな規模で展開する渡部さん......


お悩み相談室...17

「自山で子どもたちの体験活動を受け入れたい...」

Q 所有林の一部を開放して、孫だけでなく地域の子どもたちにも
山のことを伝える活動を始めたい......
(64歳・農林家)


「私たちのチャレンジ!」...18

「特産タケノコ『ニガタケ』の島外出荷」
種子島姫竹古田生産組合(鹿児島県)


こちら林業普及指導員です...20

管内の苗木生産者20年ぶりに誕生!(兵庫県)
成果は上々! アクティブラーニング(島根県)


読者コーナー...22

木材市況

全林協からのお知らせ...24
特集...8

「パソコンで「山の総合帳簿」づくり 家族で楽しむ「QGIS」教室」
監修・喜多耕一(「QGISスペシャリスト/業務で使う林業QGIS 徹底使いこなしガイド」著者)
まとめ・編集部

 みなさんの所有林に関する記録や帳簿、写真などは、
どのように保管されていますか。紙、データなど、
ばらばらに保管というのが現状(中には所在不明も)かもしれません。
 大事な山の記録、帳簿がパソコンで一括、
しかも山の地図(空中写真)を下敷きにして眺めることができれば、
大変分かりやすいものです。地図(空中写真)のある地点を
クリックすれば、そこの施業記録、写真、
そして台帳など全部が浮かび上がってくるような。
 そんな地図で眺めるデジタル総合帳簿は、QGIS(キュー・ジーアイエス/キュージス)
というフリーソフトを使えば、誰でも作ることができます。
 わが家の山の資産管理の実情が記録されたパソコン画面を、
ご夫婦や親子、お孫さんと一緒に眺めてみませんか......


手づくり講座...4

「チェーンソーで自木を製材しよう!2実践編」
文/梶谷哲也(奈良県) まとめ・編集部

 チェーンソー製材の原理は、チェーンソーを人力で動かし、
固定した丸太を切っていくものです。
 この時、フリーハンドでは真っ直ぐ切れないので、
真っ直ぐ切るための治具としてミル(簡易製材機)を
チェーンソーのガイドバーに取り付けます。
このミルを定規にあてがって動かしていけば、
真っ直ぐに切ることができるわけです。
 先月号では、必要な道具として、2つのミル(簡易製材機)と
その購入先をご紹介しました......


夫婦で働く...1

「持ち続けたタケノコへの想い
早掘り・観光タケノコ園」
三腰 佑昭さん・満里子さん夫妻(鹿児島県)

 鹿児島県は、タケノコ生産量全国トップ3に必ず顔を出すほど、
タケノコ生産が盛んな県である。
 その鹿児島県北部に位置するさつま町は、
全国でも有数の竹林面積を誇り、早掘りタケノコで
県内外に名を馳せる地域である。
「昨年(平成28年)は、11月7日が初出荷でした。
早い年には10月ぐらいから」と、穏やかな声で
その出荷時期を教えてくれるのが、泊野地区の高峯集落で
タケノコを生産する三腰佑昭さん......


お悩み相談室...17

「レクリエーションの場として山を経営したい...」

Q 素材生産のほか、レクリエーション方面で山を生かした
経営を行ってみたい。気をつけるべき点は......


(45歳・林家)
「私たちのチャレンジ!」...18

「東京のアンテナショップでクラフト販売」
こもれび会(栃木県)


こちら林業普及指導員です...20

「ホダ場診断」で現場の実情や課題を聞き取り(群馬県)
「京築ヒノキ」ブランド 家具・木工品のデザインコンペを実施(福岡県)


読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...8

「さあ、やろう! 里山林経営。施業と収支の実例」
文・津布久隆(栃木県県東環境森林事務所所長)

 貴兄の中には「このツブクというヤツは、いろいろ言っているが、
実際に山づくりをしたことがあるのか」と疑っている方も
いらっしゃることでしょう。疑いはごもっともです。
確かに私は森林所有者ではないので、
自らで山づくりをしている訳ではありません。ただし、
広葉樹施業を推進する林業普及員の仕事が長かったことから、
実際に多くの森林所有者、森林組合、林業事業体等の方々が
施業を行った事例をたくさん見てきました......


手づくり講座...4

「チェーンソーで自木を製材しよう!①準備編」
文/梶谷哲也(奈良県) まとめ・編集部

 チェーンソー製材は、チェーンソーに専用のアタッチメントを
付けることで、手軽に板材や柱材を挽くことができるのだそうです。
しかもこのアタッチメントは、5万円ほどの投資で揃える
ことができる市販品だといいますから、自木の活用をお考えの方には
見逃せない話題ではないでしょうか。
 そこで本コーナーでは、自宅の物置小屋を造る材料として実際に
スギ丸太をチェーンソーで製材した梶谷哲也さん(奈良県)に、
チェーンソー製材に取り組んだきっかけや楽しみ方、
注意点などについてご紹介いただきます......


山を継ぐ...1

「林業地の伝統をつなぎ、新風を吹き込む」
大谷 豪太郎さん・訓大さん一家(鳥取県)

 鳥取県南東部の町、智頭町。中国山地の真中に位置する
この町は、400年前に植林されたという慶長杉のある
「林業の町・杉の町」として広く知られている。
「集落の真上で、ドドォンと響き渡る」。こう語るのが、
大谷豪太郎さん。大谷さんが代々暮らしてきた小集落・五月田では
毎年8月に「かんがえ地蔵祭」が行われ、最後を飾る
打ち上げ花火を楽しみに700名がここを訪れるという......


お悩み相談室...17

「林家としての技術力をどのように高めていくか...」

Q 早期退職後に山づくりを実践中。
山の見方がなかなか分かりません......
(51歳・農林家)


「みんなで作ろう!」...18

「間伐材のゲーム盤(ウッドソリティア)」
根来山げんきの森林業研究会(和歌山県)


こちら林業普及指導員です...20

供給体制を整備し、地域材を公共建築物へ(青森県)
山主の「二世の会」勉強会をサポート(大阪府)


読者コーナー...22


木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...8

「農業機械で集材ウインチを自作。工夫とアイデア大公開!」
間伐こもれび会(愛知県)

 間伐材の搬出を行う際に動力ウインチがあれば、
集材やトラックへの積み込みが楽にできます。
現在、個人でも手の届く価格の市販品は、ウインチ付きの林内作業車(約200万円)、
近年普及の著しいロープウインチ(約30~50万円)が代表格です。
しかし、資金面から導入を諦める方も少なくないでしょう。
「作業の省力化はしたいけど、購入はできない。だったら自作しよう!」。
そんな経緯でウインチを自作し、作業に活用しているのが
「間伐こもれび会」(愛知県安城市/以下、こもれび会)のみなさんです......


高齢里山林はお宝の山
木材と植物で収入を上げよう!...5

「山の手入れ法2 高齢里山林を『中林』に改良する」
文・津布久 隆(栃木県県東環境森林事務所所長)

 お待たせしました。貴兄が大好きなお勉強はこの程度にして、
今月は実際の施業の説明に入ります。
高齢里山林を中林に改良する手順は、大まかに
1.刈り払い、2.施業方針の決定、3.マーキング、4.伐採、5.更新補助
の5段階になります......
山を継ぐ...1

「山はいざという時の備蓄。農業主体の里山林業」
木澤源一郎さん一家(茨城県)

......昭和13年生まれの木澤源一郎さん家族が代々育ってきた芦野倉地区は、
ちょうど山地から盆地に移行する、穏やかな土地柄である。
「かつてはコンニャクの一大生産地でした」と語る木澤さん。
米よりも何よりも現金収入のもとであったという。
 山には「しょっちゅう行っていた」という源一郎さん。
小学生の頃から落ち葉さらいや薪取りと山で手伝う仕事は多かったが、
一方でカニを捕まえるなど山は遊びの場でもあった......
お悩み相談室...17

「勤めと兼業で所有林経営。両立のコツは...」

Q サラリーマンで実家の所有林の手入れを継続中。
勤めと林業をバランス良く両立するには......
(50歳・サラリーマン林家)
林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「体験しながら学ぶ『一迫林間学校』」
一迫林業研究会(宮城県)

こちら林業普及指導員です...20

シイタケ原木林の更新状況を調査(石川県)
市町村による地域林業の担い手確保をサポート(岡山県)

読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集...8

「司法書士に聞く山林の名義変更ガイド 2/親御さん向け」
鈴木慎太郎さん(司法書士/愛知県)

 先月に続き、山林の名義変更ガイドをお届けします。
今月は親御さん世代に向け、自分名義の山林を
誰かに譲渡(贈与・売却)する際のポイントをご紹介します。
 山林の譲渡にあたっては、名義変更(所有権を移転する登記)のほかにも、
いくつか気をつけたい点があるそうです。
司法書士の鈴木慎太郎さんに伺いました......


高齢里山林はお宝の山
木材と植物で収入を上げよう!...5

「山の手入れ法 1 思い切った抜き伐りが必要です」
文・津布久 隆(栃木県県東環境森林事務所所長)

「よし! それでは里山林施業を始めるから、もったいぶってないで
早くそのやり方を説明しろ」と言う貴兄の声が聞こえます。
お待たせしました。今月号は、やっとその話です。
とは言え、決してじらしている訳ではありませんが、もう少しお勉強です。
 森林施業は大まかに3つのタイプに分けることができます......
山を継ぐ...1



「祖父から孫へ ― 技術と経営の伝授」
八杉健治さん・亮介さん一家(福井県)

「平成18年に福井市と合併する以前は、美山町といいました」。
63歳までは美山町森林組合で働いていた八杉健治さん。
その後は自伐林家としてご活躍中である。
 八杉家が代々暮らしてきた高田地区は旧美山町の端にある集落である。
旧美山町は面積の9割が山林というだけあって、高田地区も多くは山に覆われている。
一方で、福井市街も遠からずという地域であり、
自動車はもちろん集落内にあるJR越前高田駅から、
鉄道を利用して福井市街に出ることも容易という地勢......


お悩み相談室...17

「林家に嫁ぐことに...。心構えは?」

Q 結婚後は、「家業の林業事業体の経営を手伝ってほしい」と。
林家の嫁としての心構えを先輩方に伺いたいです......
(林家の嫁・30歳)


林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「コンテナ苗の育苗技術を高める!」
茨城みらいの苗木研究会(茨城県)


こちら林業普及指導員です...20

人材育成の取り組み プランナー継続教育と就業前セミナーの支援(山梨県)
ドローンの活用で架線の索張りを効率よく!(山口県)


読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
主要目次

特集...8

「司法書士に聞く山林の名義変更ガイド1/林家の子弟向け」
鈴木慎太郎さん(司法書士/愛知県)

「山林の名義変更」と聞いて、みなさんはどんな場面を思い浮かべますか。
「自分名義の山を、息子名義に変える」「相続を機に、父名義の山を自分名義に」
「山(土地)の売買に伴って、所有者の名義を変更する」......。
立場によって思い浮かぶ場面は様々のはずですが、
どれも山の所有権(名義)が移ったことを公的な記録として残す手続きとなります。
これを「登記(不動産登記)」といいます。
 普段接する機会の少ない手続きだけに、いざという時に
疑問や不安も生じるはずです。そこで今月から2回にわたり、
登記の専門家である司法書士の鈴木慎太郎さんに、
名義変更に関する疑問に答えていただきます。
 今月はまず、「相続を機に、父名義の山を自分名義に変えたい」という
後継者世代のみなさんに向けて、名義変更と関連する話題のQ&Aをお届けします......


高齢里山林はお宝の山
木材と植物で収入を上げよう!...4

「材の販売の基本! 材積と伐採経費の目安を知る」
文・津布久 隆(栃木県県東環境森林事務所所長)

さて、貴兄の山には木が何立米くらいありますか?
面積としては把握していても、蓄積量となると
おそらく考えてもみなかったことかもしれません。
「確か、森林簿では...」とチェックするのも良いですが、
本当にその森林簿の数値が現況に合っていますか? 
さらにそのうち商品になる材の蓄積量は何割くらいですか? 
 スギやヒノキなどの人工針葉樹であれば、地域ごとに
林分蓄積に関する詳細なデータがありますが、様々な広葉樹で
構成される里山林の蓄積表はまず目にすることはありません......


山を継ぐ...1

「ビジネスマンから家業へ。ともに20代で継ぐ父子」
田島信太郎さん・大輔さん一家(大分県)

......「祖先は野盗だったのでは」と、大笑いする信太郎さんだが、
もともとこの地を治める豪族であった。祖先は、熊本の豪族である
菊池氏と元寇に臨んだ。鯛生という地名も、菊池氏から送られた鯛が
生き返ったという伝承から、と語る信太郎さん。
......現在は林業に専念。約1200町歩の山林を経営する
田島山業の社長として活躍中である。
......さて、サラリーマン人生を定年まで全うし、
その後に家に帰り家業を継ごうと考えていた信太郎さんだが、
就職後わずか3年で家業を継ぐことになるとは、
本人も予期せぬ事態であった......


お悩み相談室...17

「彼氏にプロポーズされました。どう返事すればいいか...」

Q 出会って1カ月しか経たないのにプロポーズされてしまいました。
まだ彼のことをよく知らないのに受けてしまっていいものか......
(森林組合女性事務職員・30歳)


林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「継続20年! 小学生の駒打ち体験」
菊池市内の3林研グループ(熊本県)


こちら林業普及指導員です...20

栽培わらびの直売所への出荷 昨春、4年ぶりに。(福島県)
竹林を整備し、里山の景観を守る(香川県)

読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
主要目次

特集...8

「50歳から始める林内栽培ビジネスシリーズ2 信頼される商品作り・販売法の工夫 ハラン・マイタケ」
東彼林業研究会(長崎県)・米川生産森林組合(宮城県)

 先月に続いて、「50歳から始める林内栽培ビジネス
シリーズ」の2回目をお届けします。
 今月ご登場いただくのは、東彼林業研究会(長崎県/ハラン)と
米川生産森林組合(宮城県/マイタケ)です。いずれも実績が
20~30年ほどと、息の長いビジネスとなっています。
顧客から信頼されてこそ、このように継続することが可能と言えるでしょう。
 地域も品目も、売り方もまったく異なる2事例ですが、
商品作りと販売法の工夫によって、いかに顧客の信頼を得るかを、
実践例から読み解いていきます......


高齢里山林はお宝の山
木材と植物で収入を上げよう!...4

「雑木の材価の仕組み 値段は用途で決まる」
文・津布久 隆(栃木県県西環境森林事務所環境部長)

 さて、今回は高木の話です。山にはたくさんの木々が生えています。
これらをまとめてチップにしてしまうのであれば、その樹種が問われる
ことはほとんどありませんが、材として販売する場合は話が別です。
2月号でお話ししたカキノキは別格としても、よく山に生えている
ヤマザクラやクリ、シラカシなどもそれなりの相場があります。
そこで、それらのやや太い木が、1本で概ねいくらに
なるのか試算してみました......
夫婦で働く...1

「サンブスギとともに。山を守り繋ぐ7代目」
手島 三知男さん・芳枝さん夫妻(千葉県)

 千葉県北部、房総半島の付け根に位置する芝山町は、
その多くが丘陵地であり、農業の盛んな土地である。
一方で、「山武林業地」として林業もしっかり根付いている
土地でもある。
 芝山町を含む山武郡やその周辺からなる山武地方は、
挿し木スギ品種「サンブスギ」のふるさと。
山武林業地では、古くから挿し木によるスギ造林が
行われてきたのだ。この品種。通直完満に育ち、淡紅色の
色合いなどが特徴で、何よりこの地に合う。......


お悩み相談室...17

「地域の役を頼まれるようになってきた...」

Q 林研に入会して10年。名前と顔が知られるようになるにつれて、
地域活動の役員を頼まれるようになりました......
(林家の嫁・48歳)


林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「朝倉さんしょ(山椒)の苗木づくり」
村岡林業研究グループ(兵庫県)



こちら林業普及指導員です...20

山主と林業事業体 普及員が橋渡し(静岡県)
諸塚村内で優良苗木の確保・低コスト人工林づくりの推進(宮崎県)

読者コーナー...22

木材市況

全林協からのお知らせ...24

■特集...8

「50歳から始める林内栽培ビジネスシリーズ1 枝もの―サカキ・センリョウ」
城戸生産森林組合(佐賀県)・国分センリョウ生産振興会(鹿児島県)

「造林木を伐採して収入を得る(主伐)まで の期間に、
林家の副収入源となる」のが特用 林産物の経営メリットです。
中でも、林間・林内で栽培できる作目には根強い人気があり ます。
 林間・林内栽培は、空いている空間を有効利用できるだけでなく、
林内という環境自体がプラスに働くというメリットがあります
(例/直射日光を適度に遮ってくれるので葉が焼けない、など)。
また、木材とは違って、扱うものも軽量なことから、高齢者や女性でも
取り組みやすい点も見逃せません。「木材生産(自伐)は自分には難しい。
もっと手軽に始められる経営はないか」とお考えの方にも適していると言えるでしょう......

■高齢里山林はお宝の山木材と植物で収入を上げよう!...4

「実は、里山林にはお宝植物もある!」
文・津布久 隆(栃木県県西環境森林事務所環境部長)

 先月号を読んで早速カキノキを 探したけれど、1本もなかった
と肩を落としている貴兄に、新たな耳寄り情報です。何も里山林は
高木ばかりが生えているわけではありません。というよりは、
林内にはいろいろな灌木が繁茂し、歩くのに一苦労した場所もあったはずです。
里山林の整備を始める場合、それら灌木類の除去という重労働が
待ち構えていることを考えると気が重くなりますが、
もしかする とこの邪魔者がお宝になるかもしれません......

■山を継ぐ...1

「家訓「毎年500本植えよ」 2世代3人での経営」
田爪弥栄さん一家(宮崎県)

 宮崎県内陸部に位置する西米良村は、面積の96%が山林という、九州山地の村である。
 その村内に406町歩の山を所有・経営するのが、田爪弥栄さんである。
全国林業研究グループ連絡協議会の会長を務めるなど、全国にも知られた林家である......

■お悩み相談室...17

「デートの約束を仕事でキャンセル。どうフォローすれば...」

Q 休日返上で仕事に励んでいます。それでこの前、彼女と遊びに出かける約束を
キャンセルしたところ、彼女が拗ねてしまいました。どんなフォローをすれば良いでしょうか......
(男性林業現場従事者・26歳)

■林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「樹上作業技術の研修会を開催」
愛媛県林業研究グループ連絡協議会青年会議(愛媛県)

■こちら林業普及指導員です...20

消防・林業の連携で救助体制の改善(島根県)
やんばる3村の森林ツーリズムに地域とともに取り組む(沖縄県)

■読者コーナー...22

■木材市況

■全林協からのお知らせ...24
特集...8

「プロが疑問に答えます。つくろう!ツリーハウス」
小林 崇さん(ツリーハウスクリエーター)

 いざツリーハウスを作ろうと考えると、
「大丈夫だろうか」「できるだろうか」と、疑問や不安が生じるはずです。
そこで、素朴な疑問に対する答えを、専門家にズバリ伺いました。
 専門家とは、ツリーハウスクリエーターの小林崇さん。
テレビや雑誌等にも度々登場されているので、ご存じの方も多いでしょう。
ツリーハウス建築のプロとして、日本のみならず世界的にも有名な第一人者です。
 それでは早速、小林さんにご登場いただきましょう......



高齢里山林はお宝の山
木材と植物で収入を上げよう!...4

「実は、高齢里山林の木は高く売れる!」
文・津布久 隆(栃木県県西環境森林事務所環境部長)

......この里山林の高齢化は、景観の悪化や生物多様性の低下、
そして倒木や落枝の危険等いろいろな問題が指摘されているので、
できれば早急に更新を図ることが望ましいようです。
しかし、ただ伐って処理するだけでは手間と経費がかかるだけなので、
何とか支出を少なく、いやむしろ「林業者」としては、
収益をあげてりっぱな生業にしてみようではありませんか......



山を継ぐ...1

「両親・祖父とともに山へ。兄と妹の後継者」
高橋清さん一家(北海道)

 北海道東北部に位置する北見市は、オホーツク海側で最も大きな市である。
「除雪のためには、グッとしばれたほうが良い」
 こう語るのは、この北見市で素材生産業を営む有限会社タカハシに
勤める高橋祐助さんである。父親の清さんが社長を勤め、
母親の美恵子さん、そして妹の香奈さんも、ともにタカハシで働く仲である。
会社と個人合わせれば120町歩を越える山を所有している山持ちさんでもある......



お悩み相談室...17

「夫婦の仕事分担に不満です...」

Q 夫が林業事業体を立ち上げて一年が経過しました。
私は家事や子育てもあるので、事務の負担を
これ以上増やさないでほしいです......(林業事業体経営者の嫁・46歳)



林研コーナー「私たちのチャレンジ!」...18

「山菜を出荷したい!」
岩国地区林業研究グループ連絡協議会女性部会(山口県)

こちら林業普及指導員です...20

高校生向け「体験型林業・木材講座」を開催(岩手県)
「大分しいたけ料理セミナー」を大都市圏で開催(大分県)


読者コーナー...22

木材市況
全林協からのお知らせ...24
特集
「地域ブランドの新たな林業戦略を。~元気です!熊本」…1
阿蘇南郷檜ブランド化推進協議会(熊本県)

「つくろう! ツリーハウス」…10
まとめ/編集部

お悩み相談室
「林研で商品開発・販売を始めたい…」…17

林研コーナー 私たちのチャレンジ!
「スギの葉染めでエコツーリズム」…18
東吾野女性林研ときめ木(埼玉県)

こちら林業普及指導員です…20
「施業提案チーム」設置で集約化を加速(奈良県)
生産森林組合のサカキ栽培を支援(佐賀県)

読者コーナー…22

木材市況
全林協からのお知らせ…24
おすすめの購読プラン

林業新知識の内容

山林所有者みなさんと、ともに歩む
山村に暮らす方々のため、山林管理の実用誌です。全国の林家や現場技術者など、実践者の技術やノウハウを現場で取材し、読者の山林経営や実践に役立つディティール情報が満載。「私も明日からやってみよう」。そんな気持ちを応援します。後継者・相続の心配、自然災害に対する不安、山林経営や施業の知識、資産価値の維持、など、みなさんの課題・疑問をいっしょに考える雑誌です。一人で不安に思うことも、本誌でいっしょに考えれば、いいアイデアも浮かびます。

林業新知識の目次配信サービス

林業新知識最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

林業新知識の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.