一流の調理技術を美しいカラー写真でお見せします!!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊専門料理のレビューを投稿する

月刊専門料理の内容

第一線で活躍する調理師さんの技術を美しいカラー写真で紹介!
創刊から約40年。本誌の基本テーマは一流の調理技術を惜しみなく、初心者の方にもわかりやすく解説するということです。毎号数多く登場する調理師さんは第一線で活躍する実力者ばかり。日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、その他各国料理の情報について、日本国内はもとより、海外の料理界の記事も満載です。また、毎号の特集は“完全保存版”の内容ですので永くご活用いただけます。細かいプロセス写真で見せる調理技術、徹底的に掘り下げて取材する食材に関する記事は、料理人の方からグルメの方まで厚く支持をいただいております。近年、関心が高まっている素材の動向、食材生産地の現状もフォロー。

月刊専門料理の商品情報

商品名
月刊専門料理
出版社
柴田書店
発行間隔
月刊
発売日
毎月19日
サイズ
A4
参考価格
1,760円

月刊専門料理の無料サンプル

11月号 (2009年10月19日発売)
11月号 (2009年10月19日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊専門料理 2024年3月号 (発売日2024年02月19日) の目次

【特集】ソースで世界を描け

○量・濃度・色彩・構図
ソースに意図を込める
佐々木康二(プレスキル)/大土橋真也(クラフタル)/古屋賢介(フルヤ オーガストロノム)/栗田雄平(銀座レカン)/杉浦和哉(ナチュラム カズヤ スギウラ)/仲嶺淳一(ラ・カンロ)/藤谷圭介(メゾン フジヤ ハコダテ)


・ソース67 レシピ公開


○技術講座
タイプ別 ソースの流し方、描き方
宮﨑慎太郎(アマラントス)


○アトリエで生まれる料理表現
石井誠(ル・ミュゼ)


《TOPIC》
クラブ・デュ・タスキドール会長
上柿元勝氏が地元鹿児島で腕ふるう


「日本料理 龍吟」20年を迎えて


《連載》
・京料理のこころみ 柴田日本料理研鑽会
 第203回 プラントベース和食[10]
・日本料理店の魚仕事 2. 奥田透(銀座 小十)
・レストランの野菜料理 2. 平雅一(ドンブラボー)
・あの人のタイムマネジメント 2. 森茂彰(mori)
・自分流で 高木祐介(goffo)
・色味追索 河窪証(中国菜 KHAOS)
・世界の注目レストランを巡る
 vol.24 アカメ(台湾)
・突撃インタビュー「やまけんが聞く!!」 山本謙治
 第110 回 浅井紀洋(アルファフードスタッフ(株))


今月の料理界 海外レポート(フランス、英国、米国)
バックナンバー
定期購読のお知らせ
用語解説
次号予告

・新時代の料理咄 淡味一言
第十二回 地方料理 野﨑洋光(分とく山)

料理解説

月刊専門料理の目次配信サービス

月刊専門料理最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊専門料理のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.45
  • 全てのレビュー: 45件
とても勉強になります。
★★★★★2023年10月30日 naka 飲食業
一冊に、沢山の学びが詰まっている本になっておりとても勉強になっています。
目の付け所
★★★★★2023年03月24日 s.r-trois 飲食業
プロの料理人です。 毎月違う料理ジャンルの話題から、その時の料理人にフューチャーしたりとバリエーションが豊富です。 10年ほど遡って見返しても、また新鮮に感じられたり料理人のバイブルのごとく利用させてもらっています。
料理人本
★★★★☆2023年01月15日 神田さん 主婦
食や料理は,この本みたいに、奥深いのかと思いましたみてみたいと思った。購入してみようかなあ。ありがとうございました。
素晴らしい
★★★★★2022年06月15日 Snow 会社員
興味のある内容ばかり。毎月購読しない手がない。
参考書
★★★★☆2022年05月13日 ちゃんなべ 会社員
日本料理の板前をしているので新しい技術や食材、見せ方など参考にしています。
為になる
★★★★★2022年04月02日 まさし 会社員
最近はYouTubeなど色々なところから情報が発信されてますが同業しか見ないような専門誌はやっぱり見応えが違いますね
専門料理
★★★★★2022年02月09日 STM 会社員
今の時代の料理を知るのに 一番良い本です。
幅広い料理誌
★★★★★2022年01月23日 たか 自営業
宣伝もありますが、やはり馴染みがよく、読み続けたい紙面です。
頼りにしています
★★★★☆2021年04月19日 Tokuzou 教職員
 コロナ禍で外出制限があり、尚のこと情報の入手手段としての月刊専門料理のありがたさがわかります。自分の足で得る情報や知識も大切だが、専門の編集者の手によって整理された情報をこの雑誌はもたらせてくれる。 いつもながら外国の情報と東京の情報にはワクワクします。
日々のチューニング、軌道修正に。
★★★★★2021年04月18日 Good man. 会社員
日々のチューニング、軌道修正に 欠かせない雑誌を定期購読しています。 日々 仕事に明け暮れていると 感覚がズレてしまう事もありますが、そんな時に こちらで購入した雑誌に目を向けると不思議とチューニング、軌道修正が出来ます。 尊敬する 先輩や仲間との交流で チューニング、軌道修正も出来ますが、相手も人なので、ズレてしまう事もあるかと思います。 雑誌の活用価値は 自分自身でズレを解消して、尊敬する先輩、仲間、育てていきたい後輩達の為になるので これからも ずっと活用していきたいと思っております。
レビューをさらに表示

月刊専門料理をFujisanスタッフが紹介します

ピンポイントで読み手の心をつかんでいるのが月刊専門料理という料理の専門雑誌です。料理のレシピ本と勘違いされる人もいますが、月刊専門料理の基本は、一流の調理技術を初心者の人にもわかりやすく解説するという点です。月刊誌であり、登場する調理師さんは異なりますが、どの人をとってもみんな第一線で活躍している人ばかりです。具体的に掲載されている料理は、日本料理はもちろんですが、それ以外にもフランス料理やイタリア料理、さらには中国料理等です。さまざまな国の美味しい料理における調理技術の紹介を行っています。

特に月刊専門料理は、飲食業界で働いている人には読んでもらいたい情報誌です。基本としては料理の技術を得るための雑誌になりますが、今どんな食材やどんな料理が巷では流行っているのかわかります。食を追求するということは、多角的に食に関する情報を吸収していき、物事を理解しなくてはいけません。そういった面から考えても、月刊専門料理は広く情報を取り入れることができ、優秀な専門雑誌と言えるでしょう。月刊専門料理を熟読しておけば、今まではあまり家庭内で料理を作ったことがなかった人だとしても、上手に本格的な料理をできてしまうかもしれません。

月刊専門料理の所属カテゴリ一覧

月刊専門料理の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.