ハウジング・トリビューン 発売日・バックナンバー

全131件中 1 〜 15 件を表示
創樹社40周年企画
住宅産業は何を追い求めるのか

創樹社は1984年に産声を上げ、86年に住宅産業の総合情報誌と銘打って「ハウジング・トリビューン」を発刊した。
昭和から平成、そして令和に時代は変わり、住宅産業も、それに携わる住宅関連企業もその姿を変えてきた。
高度成長期からバブル期、失われた10年、低成長時代と社会が移り変わるなかで日本人の暮らしも変化してきた。
今後、住宅産業は何を求め、どのような住まいの形を描いていくのだろう。
40周年の節目に、「住宅産業は何を追い求めるのか」をテーマに、3号にわたり特集企画を掲載する。
第1回目の今回は、これまで住まいに何が求められてきたのかを4つのテーマで振り返り、今後を展望する。

≪HT’s eyes≫
能登の経験を次代に生かす
有事に求められる「大局観」

≪特集≫
創樹社40周年企画 住宅産業は何を追い求めるのか

スマカチ通信 住宅マーケットレポート 今、賃貸住宅市場で何が起きているのか!?

≪TOPIC&NEWS≫
少人数世帯向けコンパクト住宅の提案が相次ぐ
23年の新設住宅着工、82万戸を割り込む

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】 「ふげん社」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

専門紙誌5社 2023共同キャンペーン
地方創生へ「デジタル田園都市国家構想」で未来を拓く
村上 敬亮 デジタル庁デジタル統括官

積水化学工業 𠮷田匡秀氏が新住宅カンパニープレジデントに

国産材を活用した木製サッシの本格生産に挑む「日本の窓」

≪CLOSE UP≫
クリナップ 創業75周年の節目にサニタリーを刷新

≪FLASH≫
ポラスマイホームプラザ スマートシステムで住環境を管理できる分譲地「B/N戸田公園」
YKK AP 新会社設立でヘルスケア事業へ本格参入
リフォーム・解体での対応がの対応が
2020年の大気汚染防止法、石綿障害予防規則の改正により、住宅のリフォームや解体にもアスベストの対策が必須となった。
順次施行の最後となった昨年10月の事前調査の義務化から4カ月が経過するなか、その対応が問われている。

≪HT’s eyes≫
起こるべくして起こった液状化
まちづくりのバトンを次の世代に

≪特集≫
隠れたリスク“アスベスト”
リフォーム・解体での対応が必須の時代に

≪INTERVIEW≫
工務店だからできる情緒的な多角化経営とは
相羽建設 代表取締役 相羽 健太郎 氏

≪TOPIC&NEWS≫
能登半島地震の被災者支援パッケージをとりまとめ
アールシーコア、CLTログハウスで都市木造市場開拓へ

エネファームパートナーズ エネファームの価値訴求でさらなる普及へ

相鉄不動産 戸建分譲地2物件で住戸・街並みのVRを活用

≪CLOSE UP≫
TrustLead 新集客サービス「トラストカウンター」が好調

相次ぐトレーラーハウス提案の背景に迫る

大和ハウス工業 奈良・コトクリエで団地再生シンポジウムを開催

≪連載≫
国産材を生かす㊼ 国産材ツーバイフォー材に期待
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

気密市場が急拡大

集合住宅へのEV充電器設置に新提案

≪FLASH≫
ポラスグループ 中央住宅 共用路地で敷地を有効活用した街づくり
YKK AP マンション含むビル用アルミ樹脂複合窓「EXIMA 55」を今秋発売
ジャパンホームシールド 能登半島地震の地盤被害調査を報告
(一社)日本建材・住宅設備産業協会 23年度の活動を中間報告
あらためて問われる住宅と住宅産業界のあり方
2024年の年明け、1月1日に発生した令和6年能登半島地震。
被災地の状況が明らかになるとともに、その被害の甚大さが浮き彫りになっていく。
特に、古い木造住宅の倒壊が目立ち、死因も圧死が多いと見られている。
繰り返す大地震に住宅業界はどう向き合うのか。

≪HT’s eyes≫
問われる過疎化する地域のあり方
日本の住宅が輸出商品に

≪特集≫
能登半島地震が勃発 あらためて問われる住宅と住宅産業界のあり方

≪INTERVIEW≫
事業間の連携強め、総合力の発揮を
ミサワホーム 代表取締役 社長執行役員 作尾 徹也 氏
建築側も電力系統の最適化という視点を持つべき
エコワークス 代表取締役社長 小山 貴史 氏

≪TOPIC&NEWS≫
積水化学工業、一般地で断熱等級6仕様を標準化
積水ハウス、米国M.D.C.社を買収、全米第5位1万5000戸規模に

ライフデザイン・カバヤ ベトナムで木造建築普及へ官民連携でプロジェクト推進
朝日ウッドテック 内装建材の新ブランドを展開 銘木無垢の空間提案が可能に
移り行く時代の屋根材戦略

≪CLOSE UP≫
HOMMA Group ビルトイン型スマートホーム技術の提供開始へ
ノーリツ 水素100%燃料の家庭用給湯器を開発

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】 「飛騨こうじ織勢」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

「建築資材ロス」削減の動きが本格化
スマカチ通信 高山なおみの住まい考 家、人、そして暮らしについて

≪Channeling Data≫
大和ハウス工業 「住宅購入者への住宅満足度に関する調査」

≪FLASH≫
大東建託 2×4用木材の安定調達へカナダに現地法人設立
ポラスガーデンヒルズ 外構と建物の一体設計で価値を創出
アールシーコア BESSのイメージを変える新商品が注目集める
広島建設 広島県国有林で分収造林契約を締結
パナソニック アーキスケルトンデザイン 「テクノストラクチャー」工法に新提案を追加
古河電気工業/古河樹脂加工 結露滴下抑制シート「Drigrip」を開発
2024年の注目マーケット
激動の時代に成長する注目市場
ストック、木造、省エネなどが生み出す新潮流
2024年が幕を開ける。
コロナ禍は収束を見せたものの社会に与えたインパクトは大きく、新たな価値観で市場が動きそうだ。
SDGsは社会通念化しつつあり、環境対策は待ったなしで対策を求める。
少子高齢化、人材不足、コスト上昇など社会環境の変化は企業活動に大きな影響を及ぼし、マーケットも変わりつつある。
数え上げれば住宅産業を取り巻く環境は厳しい要素に溢れている。
しかし、そこから新しい動きが始まっていることも間違いない。
社会課題の解決、新たなニーズへの対応などから、どんなマーケットが生まれ、拡大していくのか。
2024年の注目マーケットを探った。

≪HT’s eyes≫
放置されてきた空家という資産
庶民に寄り添う住宅がいる

≪特集≫
2024年の注目マーケット
激動の時代に成長する注目市場

≪INTERVIEW≫
相次ぐ防耐火の法改正― 中大規模木造普及の切り札になるか
桜設計集団一級建築士事務所 代表 安井 昇 氏

≪TOPIC&NEWS≫
Amazon、Alexaの法人向けサービスを開始
住宅ローン減税、子育て世帯に限り借入限度額を1年間据え置き

NEC 受発注の電子化が2024年問題解決に貢献

現場管理の遠隔化導入の意味と効果
トヨタホーム クラウドカメラで業務を効率化

専門紙誌5社 2023共同キャンペーン
デジタルの力で地方創生を加速化し社会課題を成長の原動力に変えていく
国土交通審議官 水嶋 智 氏
(一社)ばんだい振興公社 「愛着人口増加」を旗頭に町の活性化を担う

≪連載≫
国産材を生かす㊻ 木材調達のキャッシュフローを理解しよう
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

2024年 年頭所感

≪FLASH≫
大和ハウス工業 「2024年問題」を見据え建設DXを加速
中央グリーン開発 分譲地に住民共有の電動シェアサイクルを設置
三井ホーム インターナショナルスクールの食堂を設計施工
(一社)リノベーション協議会 23年の最優秀リノベ作品を選出
(一社)住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会
「いえかるて」の普及拡大に向け中計策定
ジェクトワン 「アキサポ」を拡充し売買をスタート
三井デザインテック クロスオーバーデザイン3.0を掲げ空間創造
Archi Village 新サービス「アーキLink」をリリース
KSK 住宅マネージャーにタイムスタンプ・電子署名を導入
相次ぐ法・制度の見直し、持家や再エネなど市場が激変
新型コロナウイルスが5類に引下げられ、LGBT理解促進法が成立、次元の異なる少子化対策など、2023年もさまざまな出来事が起こった。
住宅産業界に目を移すと、空き家対策特措法が改正され、こども未来戦略方針が閣議決定され、再エネ利用促進区域でガイドラインがまとまるなど、新たな法や制度の枠組みが次々と打ち出された。
また、持家市場の冷え込みが引き続き、人手不足もさらに深刻化している。
一方で、3省連携による省エネキャンペーンにより省エネ改修が進み、スマートホームでも新たな動きが進んだ。
2023年、住宅産業界はどのような1年だったのか、また、2024年はどうなるのか──。
一年を総括した。

≪HT’s eyes≫
窓を地域性や設置場所から選ぶ
工業化住宅と在来木造の融合

≪特集≫
2023年の重大ニュース

富士経済が注目市場を調査 35年度にZEH12.3万戸に

≪TOPIC&NEWS≫
マンション建替え要件を条件付きで緩和へ
外国人技能実習制度の見直しで最終報告

スマカチ通信 植物工場の進化は住生活にどのような変化をもたらすのか

Instagramで注目を集めるインテリア

KSK ローコード対応で基幹システムをハイブリッド化

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】 「ゆくい堂」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

LIXIL 窓選びに断熱性以外の選択肢を

2023年 市場から注目を集めた建材・設備商品30選

≪INTERVIEW≫
設計者を「探し物」から解放しクリエイティブな業務に集中できる環境を創造したい
tecture 代表取締役社長 山根 脩平 氏

≪CLOSE UP≫
大和ハウス工業 27年に木造で分譲住宅7000棟
トヨタホーム 中期計画第2フェーズがスタート
YKK AP マドリモ 樹脂窓にハイブリッド専用枠
竹中工務店 生体指標と位置情報の組み合わせでオフィス空間を評価

≪FLASH≫
AQ Group 発足当初のミッションを達成しジャーブネットを解散
エービーシー商会 住宅のロングライフに向けた商品提案を強化
鶴弥 テスト製品をアップサイクルした"いぶし瓦"
パナソニック 空質空調社 独自方式採用の天井埋込型加湿ユニット
Looop 市場連動プランが順調に拡大
薄層屋上緑化技術協会、(一社)緑のまちづくり支援機構
「第13回屋上緑化WEB講習会」を開催
深化する工務店
営業、施工、資材調達まで工務店生き残りを支援
工務店を取り巻く環境は年々、厳しさを増している。最大のネックは人材不足であり、新人社員が働きやすい環境を整備して戦力化していくことが求められている。また、近年、資材高騰や、外的要因による資材ショートなどのリスクが高まる中で、資材の安定調達を実現していくことも大きな課題だ。一方で、脱炭素化の流れの中で法改正が続き、その対応も待ったなしとなっている。2025年4月から「省エネ基準適合義務化」、「4号特例縮小」がスタートする。競争力の強化に向けレベルアップし、より高性能な住宅づくりを行っていくことも不可欠になってきている。工務店が置かれている環境は近年大きく変化を続けており、個々の事業者が自社のみで対応するのは困難になってきている。そこで注目を集めているのが「工務店ネットワーク」だ。FCやVC、あるいは工務店と対等な関係で経営ノウハウを提供するものまで様々な形態がある。営業、施工、資材調達などの一連の業務をシステムでバックアップする工務店ネットワークが存在感を増してきている。

≪HT’s eyes≫
地域の歴史・文化の再構築に
工務店の存在意義

≪特集≫
深化する工務店ネットワーク
営業、施工、資材調達まで工務店生き残りを支援

≪TOPIC&NEWS≫
「子育てエコホーム支援事業」に2100億円
フラット35に子育て支援で新メニュー
脱炭素先行地域に12提案、選定は計74提案に

大手ハウスメーカー 2023年度上期決算
米国住宅事業など好調を維持

太陽光パネルリサイクルの現在地

建設DX研究所 規制緩和で遠隔巡視の実現を

≪INTERVIEW≫
DTSの開発力も活用しながら住宅業界のプラットフォーマーを目指す
安心計画 代表取締役社長 高田 政和 氏
 
建設業の人材不足 待たれる劇的な変革

住宅の多様化が巻き起こす屋根の通気・換気部材の新提案

≪CLOSE UP≫
NENGO 「究極のふつう」を形にした都市型の規格住宅
渡辺パイプ 多彩なソリューションサービスで事業者を支援

≪連載≫
国産材を生かす㊺ 過去を反省しての花粉症対策であるべき
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

≪FLASH≫
住宅構造研究所 木製筋かい型制振壁を本格発売
朝日ウッドテック 銘木無垢・挽き板内装ボードを12月に発売へ
アキレス 「北総研防火木外壁」の専用断熱材を開発
国立研究法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所
超厚合板の実用化に向けた課題を解説
(一財)住宅改良開発公社 第4弾となる自社開発の賃貸マンションが完成

≪Channeling Data≫
(一社)プレハブ建築協会 「住まいの実態アンケート」
オーナー起用のマーケティング戦略に迫る

既存顧客との関係性を深め新たなビジネスへとつなげていく、そんなアンバサダーマーケティングが広がっている。
そのベースは「顧客のファン化」だ。
住宅事業者の多くが標榜する「一生のお付き合い」の本気度が試される。

≪HT’s eyes≫
加速するか性能向上リノベ
月にベースキャンプ

≪特集≫
オーナー起用のマーケティング戦略に迫る

≪INTERVIEW≫
「つながり」を資本に 不動産に新しい価値を創造していく
シェアビレッジ代表取締役 丑田 俊輔 氏

≪TOPIC&NEWS≫
外国人技能実習制度を廃止へ
木質構造用ねじのJISが制定

≪CLOSE UP≫
パナソニック ホームズ 福島県伊達市で大規模分譲地を街びらき
ワールドハウジングクラブ/七保 甲府市に「HiLタウン山梨」を開発
ヤマダホームズ グループシナジーを最大化したスマートハウス

“アップサイクル建材”の開発が加速

スマカチ通信 Z世代のリアルを知り、効果的なSNSマーケティング手法を学ぶ

≪Pick Up≫
アキレス 既存の壁を生かし断熱性と耐震性を向上
住まいのスタンダード設備となる宅配ボックス

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】 「ゆくい堂」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

≪FLASH≫
積水化学工業/リノベる 既存マンションのZEH水準リノベを推進
ポラスグループ 中央住宅 上尾市で全70邸の地域共生型分譲住宅を開発
ケネディクス 広さと部屋数を確保した賃貸戸建が人気に
(一社)プレハブ建築協会 分譲のZEH率が注文を上回り82.4%に
HARUMI FLAG事業主10社 賃貸街区「PORT VILLAGE」の契約開始
(一社)住宅技術協議会 非住宅建築物向けのかし保証制度
日本衛生センター ソリッドリメイン工法の地位確立目指す
シナネン 工期を大幅に短縮する木造アパート向け玄関防水パン
(一社)太陽光発電協会 太陽光発電の取り組み・事業者を表彰
近づくシンギュラリティ 影響は不可避

2022年11月、米国OpenAI社により自動応答型の生成AI「ChatGPT」が無料公開され、世界中から注目を集めている。公開から6日目にユーザー数は100万人を突破、23年1月には1億人を突破し驚異的なスピードで普及する。人間に近いより自然な文章を生成し受け答えが可能で、ビジネスの分野においても生成AIを活用することで革新的なサービス創出への期待が高まっているのだ。日本の住宅、建築、不動産などの分野でも、ChatGPTをはじめ様々な生成AIを活用したサービスが登場している。活用事例から住宅業界における生成AI活用の可能性が見え始めてきている。

≪HT’s eyes≫
動き出すかScope3のGHG排出量削減
生成AIをどう使いこなす?

≪特集≫
住宅業界で広がる生成AI活用
近づくシンギュラリティ 影響は不可避

≪INTERVIEW≫
温暖地にも寒冷地の仕様を推進
パラマウント硝子工業 雨田 祐一 代表取締役社長

≪TOPIC&NEWS≫
次世代太陽光、実用化に向け活発な動き
平屋新商品の発売が相次ぐ
着実に進む空き家・空き地の活用
政府が花粉症対策の集中対応パッケージ

大阪万博・民間パビリオンの構想が勢揃い

ストックビジネスを広げるアフター支援サービス

2023年度 グッドデザイン賞 "アウトカムがあるデザイン"1548件が受賞

≪CLOSE UP≫
三菱地所ホーム 空間木質化リフォームの新商品を開発
三井不動産グループ 脱炭素に向けた取り組みを加速
ポラスグループ 体感すまいパーク朝霞をオープン

専門紙誌5社 2023共同キャンペーン
子どもたちの関心を高め郷土の担い手に
大正大学 地域構想研究所 片山 善博 所長
多気町(三重県) 「VISON」から町、広域に、多彩な連携

≪Channeling Data≫
LIFULL HOME’ S 「相続不動産の売却に関する意識調査」
野村総合研究所 「『生成AI』のビジネス利用の現状と今後」

≪FLASH≫
住友林業 東京・田園調布に17番目、過去最大の老人ホーム
アールシーコア おおらかな"間"と"貫け"がある家
中央住宅 さいたま市で自然と食をテーマにまちづくり
タナカ 勾配用鋼製ブレースの引き合いが好調
DesignFuture Japan 建材サンプルマーケットプレイス本格始動
ニチコン 狭小敷地でも設置しやすいV2Hシステム
奥広 塗装工事にアフターメンテを付加した「カラプロ」リリース
安心計画 住宅会社のための集客サイトを開設



表紙
HT'S EYES(動き出すかScope3のGHG排出量削減)
HT'S EYES(生成AIをどう使いこなす?)
目次
特集 住宅業界で広がる生成AI活用
TOPICS&NEWS
大阪万博・民間パビリオンの構想が勢揃い
ストックビジネスを広げるアフター支援サービス
2023年度 グッドデザイン賞 “アウトカムがあるデザイン”1548件が受賞
CLOSE UP
ポラスグループ 体感すまいパーク朝霞をオープン
専門紙誌5社 2023共同キャンペーン 子どもたちの関心を高め郷土の担い手に
専門紙誌5社 2023共同キャンペーン 多気町(三重県) 「VISON」から町、広域に、多彩な連携
Channeling Data 
FLASH
新商品
かわら版
キーワード
傍目八目
筆不精

来たれ住宅業界に
待ったなし本気の人材確保・育成策

大工の減少が止まらない。高齢化などが進み、2010年に約40万人いた大工は2020年に約30万人に減少。2040年には約13万人にまで落ち込むとの試算も出ている。さらに住宅業界においても働き方改革に伴う、時間外労働の規制が始まる「2024年問題」が迫る中で、大工はじめ、職人、現場監督など、住宅の生産現場を担う人材をどのように確保・育成していくのかは待ったなしの課題となっている。住宅事業者は本気の人材確保・育成にのり出し始めている。

≪HT’s eyes≫
空き家がビジネスになる日
プレハブ住宅再考

≪特集≫
来たれ住宅業界に 待ったなし本気の人材確保・育成策

≪INTERVIEW≫
住宅という「人生インフラ」を担う人材を育てながら10兆円企業への道を整えていく
大和ハウス工業 代表取締役社長兼CEO 芳井 敬一 氏

世界中の「むずかしい土地」をゼロに 新しい土地活用法で地域に賑わいを
フィル・カンパニー 代表取締役社長 金子 麻理 氏

≪TOPIC&NEWS≫
空き家問題解決にコンソーシアム設立
地方都市の開発で周辺地域の地価が急騰
国交省が省エネ性能表示でガイドライン
持続可能な建設業に向け中間とりまとめ

第17回キッズデザイン賞 最優秀賞など37作品を選出
スマカチ通信 AI画像解析でカンタン高精度に食事管理
デジタルで変化する防災
住宅高性能化で拓かれる 全館空調システムの新天地

≪Channeling Data≫
(一社)住宅生産団体連合会 「2022年度戸建注文住宅の顧客実態調査」

展示場から街へ繰り出そう!!
パナソニック ホームズが志向する家で街をまもるための地域連携とは―
土地BANK 不動産に関するさまざまな情報をマップに集約

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】(52) 宿泊施設「龍助25」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

≪CLOSE UP≫
高橋建築 パッシブハウス仕様のアパートを建築

≪FLASH≫
ミサワホーム/富士通 日常生活での常時認証技術の可能性を検証
住友林業 "新世代"の耐火被覆用合板を開発
(一社)プレハブ建築協会 宮城県で復興の現状を知る見学会を開催
YKK不動産 パッシブタウンの集大成、第5期街区を着工
YKK AP 2024年問題、脱炭素へ向け物流の方針を転換
伊藤忠建材 国産材のサプライチェーンを独自に構築
京セラ 環境価値を提供する再エネ電力供給ビジネスに参入
セーレン 増える高断熱住宅へ向け調湿気密シート市場へ参入
今、断熱材業界が動く
加速する住宅の省エネ化
商品統廃合、コラボ、改修など
次世代を見据えた動き

住宅の省エネ性能向上の動きが急速に広がりつつあるなか、断熱材業界が大きく動いている。住宅には、繊維系や発泡スチロール系などさまざまな断熱材が、さまざまな部位で使用される。高断熱化が加速し、断熱仕様が大きく変わるなか、商品戦略、販売戦略は大きく変わりつつあり、各社の動きは次世代を見据え百花繚乱の様相を呈している。

≪HT’s eyes≫
断熱リフォームの盛り上がりに期待
賃貸に「木造マンション」という選択肢

≪特集≫
加速する住宅の省エネ化
今、断熱材業界が動く

≪INTERVIEW≫
国土交通省 住宅局長 石坂聡 氏
住宅政策で多くの人に喜んでもらえるヒット商品をつくる

日本リビング保証 安達 慶高 代表取締役社長
“アフターサービスDX”で住宅事業者にさらなる価値を提供

≪TOPIC&NEWS≫
「フラット50」金利引き下げで長期優良住宅促進
大建工業、伊藤忠商事のTOBに賛同

スマカチ通信 ライフステージにあわせて7軒を住み替え

賃貸住宅市場、好調の理由は⁉

U3イノベーションズ 見えてきた‼ 完全オフグリッド住宅の実現可能性

積水化学工業 "際立ち"の製品・技術を生かしフロンティア領域を拡大

白書を読む〈後編〉 地域産業の時代へ

≪連載≫
国産材を生かす㊹ データを鵜呑みにしたプロジェクトは危ない
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

≪CLOSE UP≫
積水ハウス 戸建、集合ともに請負事業が回復傾向

≪FLASH≫
(一社)日本木造住宅産業協会 22年度自主統計をとりまとめ
ポラテック富士 静岡で木造スーパーマーケットの構造設計
三井不動産レジデンシャル ALL木造、ZEH-M Readyの賃貸マンションを竣工
日建ハウジングシステム 国内初、竹集成材構造で性能評価書を取得
YKK AP ドアリモ玄関ドアD30をリニューアル
セレンディクス 政令指定都市から90分に3D住宅のまちづくり
(一社)優良ストック住宅推進協議会 
22年度スムストック成約数は1.2%増の1880棟
暮らしが変わる
住まいが変わる
人口減、高齢化、デジタル、男女共同参画…
社会変化にどう対応する

今、社会が大きく変わりつつある。
人口構成が大きく変わり少子高齢化が急速に進み、世帯も縮小しつつある。
さまざまな社会課題が噴出するなか社会保障のあり方が大きく問われている。
職業観や家庭観も大きく変化し男女の役割分担の線引きが意味をなさなくなっている。
デジタル技術は場所・時間の制約をなくし、かつて夢描かれた“未来”を現実のものとしつつある。
暮らし・生活の変化のなかで住産業には何が求められるか──。

≪HT’s eyes≫
変わる福祉と住まい産業
拡がる木造スケルトンビジネス

パラマウント硝子工業
リスクが高まる夏型結露対策に「太陽SUNR」+「可変調湿気密シート」を

≪特集≫
白書を読む
暮らしが変わる 住まいが変わる

≪INTERVIEW≫
局所最適ではなく全体の流れの中で生産性向上の最適解を考えていく
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 権藤 智之 准教授

≪TOPIC&NEWS≫
国土交通省・令和6年度概算要求
国土交通省・令和6年度税制改正要望
国土形成計画で“人と国土の関係性再構築”を打ち出す
BIMとのデータ連携が加速、建設DX推進に弾み
老朽化対策のマンション政策で新たな方向性

スマカチ通信 国産材の現場を見に行こう

≪CLOSE UP≫
積水ハウス 独自の耐震技術と施工力をオープン化
マイクロベース AI活用で空き家発生を予測

激変する市場を切り拓け 各社が描くサイディングの未来

ホームステージングの支援サービス続々

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】51 「ワカヤマヤモリ舎」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

エコジョーズ “省エネ”を超える価値提案

≪FLASH≫
ミサワホーム 南極昭和基地の知見技術を生かしたトレーラーハウス
AQ Group 日本初、8階建て純木造ビルを上棟
(一社)住まい文化研究会 脱炭素化とコストダウンを実現する基礎工法を開発

≪Channeling Data≫
YKK AP 「住まいの防災・減災についての意識調査」



表紙
HT'S EYES(変わる福祉と住まい産業)
"パラマウント硝子工業
リスクが高まる夏型結露対策に「太陽SUNR」+「可変調湿気密シート」を"
HT'S EYES(拡がる木造スケルトンビジネス)
目次
特集 白書を読む 暮らしが変わる 住まいが変わる
インタビュー 東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 権藤 智之 准教授
TOPICS&NEWS
スマカチ通信
CLOSE UP
激変する市場を切り拓け 各社が描くサイディングの未来
ホームステージングの支援サービス続々
金丸レポート 【田舎再生の現場から】51 「ワカヤマヤモリ舎」
エコジョーズ “省エネ”を超える価値提案
FLASH
Channeling Data
新商品
キーワード
かわら版
傍目八目
筆不精
関東大震災から100年
未曽有の大災害から一世紀
日本は自然災害に強くなったか

求められる自然災害への“強さ”

明治以降の日本において最大規模と言われる関東大震災。
関東地震によって引き起こされた大規模火災や建物倒壊、また、土砂崩れや津波、さらにはインフラの断絶などで多くの人が命を落とし、家を失った。
あれから100年、大地震や台風・豪雨、津波などさまざまな自然災害が多発する今、災害に強い住まいづくり・まちづくりが強く求められている。

≪HT’s eyes≫
「平年」という言葉が無意味に
建設業を襲う物価高、人材不足のダブルパンチ

ホタルクス “あかり”から住まいの防災性向上を

BXカネシン 安全・安心な家づくりに制震が拡大

≪特集≫
関東大震災から100年
求められる自然災害への“強さ”

(一社)板硝子協会/機能ガラス普及推進協議会
防災安全合わせガラスで災害時の暮らしを守る

エービーシー商会 基礎打ち継ぎ部からの浸水をシャットアウト

ワンランク上の防災住宅をつくる建材・設備ガイド

オーデリック エクステリア照明にカメラ機能を追加

≪TOPIC&NEWS≫
「こどもエコすまい」の総予算1700億円強へ
住宅業界でも生成AIの活用が拡大
ミサワ、積水ハウス、生体認証技術などを住宅に導入
上期倒産件数5年ぶりに4000件超え

≪連載≫
国産材を活かす(43) 「間伐材」ブランドから卒業しよう
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

積水ハウス 愛着を編み込み、住み継げる家

専門紙誌5社 2023共同キャンペーン
移住を加速させるため会員自治体を1000へ
認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター 高橋公 理事長

前橋市(群馬県) 県都まえばし創生プランで若年層の定着を推進

キーワード

≪CLOSE UP≫
積水化学工業/リノベる 川崎市・鷺沼で協業第一弾のマンションリノベ

≪FLASH≫
タカショー ガーデン&エクステリアフェアを開催
LIXIL ハイドアシリーズ「Raffis(ラフィス)」をモデルチェンジ
ルノン 見本帳2023-2026を発行、暮らしに調和する壁紙を提案

表紙写真:竹富島重要伝統的建造物群保存地区(沖縄県竹富町)
ハウスメーカーのサステナブル経営
独自の環境対策で競争優位に

地球規模で自然災害が頻発、激甚化する中で、ハウスメーカー各社は、気候変動への取り組みをこれまで以上に強化している。
単に企業としての社会的責任を果たすために、横並びで環境対策を行うのではなく、独自の取り組みで環境に対してプラスのインパクトを与えながら、大きな経済的リターンを得ようとする動きも現れ始めている。
他社が簡単には真似できない環境対策の取り組み、サステナブル経営を進めることが競争優位を築くうえでも重要になってきている。

≪HT’s eyes≫
自治体が“選ばれる”時代へ
生成AIで対面接客までを効率化

≪特集≫
ハウスメーカーのサステナブル経営
独自の環境対策で競争優位に

≪TOPIC&NEWS≫
通信統一規格Matter、国内での認証取得相次ぐ
空き家対策モデル事業110件が採択
物流の2024年問題へ急ピッチで対応

≪INTERVIEW≫
家守りは住宅の“検査”ではなく“品質向上”の会社
家守り 冨永 寿乃 代表取締役社長

BXテンパル 角度調節できるオーニングで日射しをコントロール

≪PickUp≫
SPACECOOL エネルギーを使わない熱暑対策
隙間をカバーし住宅性能を高める防水副資材
リンナイ 乾太くんのデラックスタイプをフルモデルチェンジ

≪CLOSE UP≫
中央住宅 東大の教授室・学生居室をリノベーション

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】㊿「株式会社ワカヤマヤモリ舎」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

≪FLASH≫
日本ハウスホールディングス 檜の体感展示施設をオープン
Casa robotics ローコスト平屋住宅に新太陽光プラン
ジャパン建材 未来につなげる展示即売会を開催
LIXIL ハイエンドブランドのギャラリーを開設
パナソニック ハウジングソリューションズ
分譲マンション向けバスルームの累計出荷数が50万台突破
クラッソーネ 迷惑空き家の相談システムを開発
TrustLead Instagram分析ツールにChatGPT機能を追加

≪Channeling Data≫
厚生労働省 「2022年国民生活基礎調査」
全国建設労働組合総連合
「住宅の建材・設備の価格高騰・納期遅延の影響に関する工務店アンケート調査」
ハウスメーカーの戸建分譲住宅戦略
注文不振の時代、分譲に活路

資材価格高騰の影響により、住宅価格の上昇が続いている。特に大きな影響を受けているのがフルオーダーの注文住宅だ。
新設住宅着工によると持家(注文住宅)は18カ月連続で前年同月比マイナスという異常事態が続いている。
住宅価格が上昇し続ける中で、手が届かず住宅購入を断念する人が増えていることが伺える。
2023年度も戸建住宅全体では「ダウントレンドは続く」と見るハウスメーカートップは多い。
しかし、ただ手をこまねいているわけではない。
戸建受注数の維持、拡大に向けた取り組みの一つとして建売、売建を問わず分譲住宅のテコ入れを図る動きが活発化している。
ハウスメーカーならではのスケールメリット、高い住宅品質などを強みに、パワービルダーとは一線を画すスタンスで分譲住宅需要の掘り起こしを目指す。

≪HT’s eyes≫
魅力ある地域づくりは地域課題の解決から
Matterは開国迫る黒船か

≪特集≫
ハウスメーカーの戸建分譲住宅戦略
注文不振の時代、分譲に活路

≪TOPIC&NEWS≫
ローン減税の省エネ基準適合要件化で説明会
25年BIM図面審査開始へ環境整備が加速
CCUSレベル別年収を初公表
減らない子どもの転落事故 消費者庁・事故調が調査に乗り出す
外壁材メーカーの回復戦略

≪INTERVIEW≫
20 タカショー “心地よい豊かな暮らし”で住空間に価値創出を
高岡 伸夫 代表取締役社長

スマカチ通信 発想の転換から新たな価値を見出す

ワークマン 『衣』から考える建設現場の暑さ対策

ライフスタイルの変化にこたえる 差が付くインテリア

≪連載≫
国産材を活かす㊷ 伝統的工法で山の木を活かす
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

サステナブル建材で建築時のCO2を削減

≪CLOSE UP≫
積水ハウス “感性”を映し出すインテリア提案システムを開発
ポラスグループ 売上高が7期連続で過去最高を更新
アールシーコア/キッチハイク 北海道で保育園留学の寮を建設

≪FLASH≫
ポラスタウン開発 フェーズフリーを取り入れた災害に強い街づくり
大東建託 創業50周年を機にグループパーパスを策定
(一社)輸入住宅産業協会 輸入住宅版“スムストック”構築に向け始動
(一社)リノベーション協議会 R住宅の実績が6万8000件超えに
(一社)日本住宅リフォーム産業協会
ビジョン実現に向けロードマップ・ガイドラインを作成
(一社)クラフツメンスクール 若手建設技能者の育成・技能向上へ発足から10年
タカショー、タブチキヨシ住宅デザイン事務所 5th ROOMのある企画住宅を提案
アイジー工業 金属サイディング事業の"復活"へ
( 一社)日本建材・住宅設備産業協会 グリーン建材・設備の国際標準開発などを推進
ナイスコンピュータシステム/スマイル・コミュニケーションズ
競合システム会社がデータ連携で合意
(一社)ZEH推進協議会 ZEHの拡大にセミナーを開催
今、空き家が動く
市場創出へ眠る宝の山を生かせ

6月7日「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律案」が参議院本会議で可決・成立した。
深刻な社会課題となっている空き家問題であるが、国の対応強化、所有者の意識の変化などを背景に大きな変化が起こりそうだ。
眠る資産が表に出ることで、空き家の活用、また、除却による土地活用などが期待される。

≪HT’s eyes≫
子育てと働き方、そして住まい
国産材活用がゴールではない

≪特集≫
今、空き家が動く

≪TOPIC&NEWS≫
日本初の再造林型木材協定 生産と需要の両サイドが相互連携
6年ぶりに水素基本戦略を改定
こども未来戦略方針が閣議決定

≪INTERVIEW≫
人生100年時代の幸せを実現する住まいを追求
積水ハウス 仲井 嘉浩 代表取締役社長

次世代を担う高付加価値ルーフィング

≪連載≫
金丸レポート 【田舎再生の現場から】㊾「納屋茶寮MEGURU」
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

専門紙誌5社共同キャンペーン
地方創生へ「デジタル田園都市国家構想」で未来を拓く

エクステリアメーカーの最新ソト空間提案

キーワード

≪Channeling Data≫
ハウスコム 「2023年度"部屋選び"に関する調査」
LIFULL 「2023年 夏の住まい選びの湿気・暑さと節電対策に関する意識調査」

≪FLASH≫
三井ホーム 首都圏中心に「IZM」の受注が堅調
中央住宅 世界的デザインアワードで戸建分譲住宅として初受賞
(一社)日本ツーバイフォー建築協会 パネル工法で生産・施工システムをさらに進化
パナソニック ハウジングソリューションズ 中級価格帯システムバスの売上が40%増
ナイス 26年売上高2800億円の新中計を策定
元旦ビューティ工業 業界初の住宅リフォーム用屋根材を開発
コンピュータシステム研究所 パナソニック ハウジングソリューションズとデータ連携
江戸川木材工業 S造向け「Hiダイナミック制震工法」を開発
おすすめの購読プラン

ハウジング・トリビューンの内容

  • 出版社:創樹社
  • 発行間隔:隔週刊
  • 発売日:第2,4金曜日
住宅産業界全般の総合情報誌
ニュース感覚溢れる速報力とシャープな解説・分析力に定評。住宅産業”住生活産業”と捉え、住生活産業に携わる全ての産業人に向けて、住ビジネスに役立つ情報を多角的・横断的にお届けします。1981年に発刊以来、住宅業係るさまざまな分野について独自の視点と切り口で、企画記事や解説記事を掲載しています。行政施策や業界動向も隔週刊の起動力によってタイムリーな情報提供を可能としており、住宅業界のエグゼクティブの方々からは高い評価を得ています。Today for Tomorrow(明日のための今日)をモットーに、取材・編集活動を続けるハウジング・トリビューンをぜひ明日の事業展開にご活用ください。

ハウジング・トリビューンの目次配信サービス

ハウジング・トリビューン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ハウジング・トリビューンの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.