判例時報 発売日・バックナンバー

全251件中 16 〜 30 件を表示
◆記 事◆

◎新連載
情報をめぐる現代の法的課題
⑴ 国民とソーシャルメディアとの基本的法律関係の考察……鬼頭季郎
⑵ 誰一人取り残さない「民事訴訟のICT化」に向けた総論的な緊急課題……川嶋四郎


いわゆる実行共同正犯について……小林憲太郎


コロナ禍社会における法的諸問題(17)
 ワクチン──優先順位・接種証明書……遠藤賢治


◆判決録細目◆

民 事

〇実父の養育費支払義務は、未成年者の養子縁組によって無くなるが、その始期を養子縁組時ではなく、実父からの養育費免除の調停申立時とした事例
(東京高決令2・3・4〈参考原審:東京家審令1・12・5〉)

〇交通事故の損害賠償請求事件において、事故車両が事故時に設置していたドライブレコーダー映像が民事訴訟法220条2号に掲げる準文書に該当すると判断して、原決定を取り消し、その所持者にその提出を命じた事例
(東京高決令2・2・21〈参考原審:東京地決令1・12・10〉)

〇被相続人の夫についての推定相続人廃除の申立てを却下した事例
(大阪高決令2・2・27〈参考原審:奈良家葛城支審令1・12・6〉)

〇国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律に基づき、父である抗告人が、母である相手方に対して、子をその常居所地国であるスリランカ民主社会主義共和国(スリランカ)に返還するよう求めた事案において、子の常居所地国は日本であってスリランカであるとは認めることはできないことから、子の返還申立てを却下した原決定は相当であるとして抗告を棄却した事例
(大阪高決令1・10・16〈参考原審:大阪家決令1・7・19〉) 

〇保険法施行後に締結された人身傷害補償保険契約の死亡保険金部分が傷害疾病損害保険契約(保険法2条7号)であり、死亡保険金請求権が被保険者に帰属するとされた事例
(福岡高判令2・5・28〈参考原審:福岡地判平31・4・12〉)

▽いずれもアメリカ合衆国国籍を有する夫婦に関し、妻に無断で夫が日本方式の協議離婚届を提出した事案において、妻が、夫に遺棄されて日本に帰国したと主張して、夫の死亡後に日本の検察官を被告として提起した離婚無効確認訴訟につき、協議離婚の方式による離婚が無効であると確認された事例
(東京家判令2・3・23)

▽児童福祉法28条1項に基づく、児童相談所長による、児童に対する児童心理治療施設等への入所措置の承認申立てが認容された事例
(大阪家審令2・3・6)

▽1 優生保護法(平成8年法律第105号による改正前のもの)4条ないし13条と憲法13条、14条1項及び24条2項
 2 国会議員による優生保護法の制定が国家賠償法1条1項の適用上違法であるとされた事例
 3 平成8年の優生保護法改正後に国会議員が被害者救済のための立法措置を採らなかったことは国家賠償法1条1項の適用上違法とはいえないとされた事例
 4 優生手術を理由とする国に対する国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求権の除斥期間
(札幌地判令3・1・15)


◆最高裁判例要旨(2021(令3)年1月分)
『統治構造において司法権が果たすべき役割・第2部』

◆巻頭言                       渋谷秀樹

◆第一章 憲法及び自由権規約上の弁護人依頼権     泉 徳治

◆第二章 参政権保障の諸制度と司法権
  ――判例分析を通じて見出される裁判所への期待   新井 誠

◆第三章 統治構造において「違憲審査制」が果たすべき役割
  ――比較憲法研究の観点から            横大道 聡

◆第四章 違憲審査の活性化のために(覚書)      曽我部真裕

◆第五章 憲法判例における論証作法と学説の「使命」
  ――非嫡出子相続分違憲決定・その後        山崎友也

◆第六章 マクリーン判決の間違い箇所         泉 徳治

◆第七章 「部分社会の法理」と司法権の限界      木下智史

◆第八章 米軍機飛行差止請求訴訟と国内法の適用
  ――最高裁「第三者行為論」の克服に向けて――   福田 護

◆第九章 立法権にとっての憲法と司法権にとっての憲法 毛利 透

◆第十章 団体の内部自治と司法権
  ――地方議会を中心として――           渡辺康行
◆記 事◆

最高裁刑事破棄判決等の実情
 ──令和元年度──……池田知史


コロナ禍社会における法的諸問題(16)
 コロナ禍におけるリモート化・デジタル化と保険募集……山下徹哉


◆特 集◆

少年法等の一部を改正する法律案の検討
 ……山口直也・本庄 武・武内謙治・渕野貴生・山下幸夫


◆判決録細目◆

行 政

▽1 日常生活上喀痰吸引器具を必要とする公立学校の生徒ないしその保護者が、地方公共団体に対し、障害を理由とする差別の解消に関する法律7条2項に基づいて同器具の取得及び保管等を請求することの可否
 2 教育委員会が公立小学校の児童の登校の条件として喀痰吸引器具の取得並びに保護者による同器具及び連絡票の持参を義務付けたことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
 3 公立小学校の校長らにおいて児童の校外学習に保護者の付添いを求めたことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
 4 公立小学校の校長らにおいて児童が保護者の付添いなく地域の通学団に参加することができるように働き掛けをしなかったことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
 5 公立小学校の校長らにおいて児童を水泳の授業に参加させず、又は水泳の授業に高学年用のプールを使用しなかったことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
(名古屋地判令2・8・19)


民 事

〇指名競争入札において建設業者に対する違法な指名回避があった旨の判決が確定したことにより損害賠償金の支払をした普通地方公共団体がその当時の首長及び指名業者を選定する委員会の長または職務代理等に対して提起した国家賠償法1条2項に基づく求償金等請求が認容された事例
(東京高判令1・11・27〈参考原審:水戸地下妻支判平31・2・27〉)

〇抗告人の二女である原審申立人が、抗告人について後見開始の審判の申立て(後に保佐開始及び代理権付与の審判の申立てに変更)をした事案において、抗告人が原審判に先立ってその孫(長女の子)との間で締結した任意後見契約は有効であると認めた上で、任意後見契約が締結されている場合における保佐開始の審判の要件である「本人の利益のため特に必要があると認めるとき」(任意後見契約に関する法律10条1項)の要件が認められないとして、抗告人の保佐を開始した原審判を取り消し、原審申立人の保佐開始の審判の申立てを却下した事例
(高松高決令1・12・13)


知的財産権

▽1 特許法101条2号にいう「その発明が特許発明であること…を知りながら」の要件に関して、特許発明について特許請求の範囲の訂正があった場合であっても、訂正前の特許請求の範囲に係る発明を知っていれば、これを満たすとした事例
 2 特許法101条2号にいう「その物がその発明の実施に用いられることを知りながら」の要件に関して、「当該部品等の性質、その客観的利用状況、提供方法等に照らし、当該部品等を購入等する者のうち例外的とはいえない範囲の者が当該製品を特許権侵害に利用する蓋然性が高い状況が現に存在し、部品等の生産、譲渡等をする者において、そのことを認識、認容していることを要し、またそれで足りる」とした事例──画面定義装置事件
(大阪地判平30・12・13)


刑 事

◎1 他の者が先行して被害者に暴行を加え、これと同一の機会に、後行者が途中から共謀加担したが、被害者の負った傷害が共謀成立後の暴行により生じたとは認められない場合と刑法207条
 2 他の者が先行して被害者に暴行を加え、これと同一の機会に、後行者が途中から共謀加担したが、被害者の負った傷害が共謀成立後の暴行により生じたとは認められない場合において、後行者の加えた暴行が当該傷害を生じさせ得る危険性を有しないときに、刑法207条を適用することの可否
(最二決令2・9・30)

◎ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成28年法律第102号による改正前のもの)2条1項1号にいう「住居等の付近において見張り」をする行為の意義
(最一判令2・7・30)
◆判例特報◆

公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
 ──令和1年参議院議員選挙投票価値較差訴訟大法廷判決(最大判令2・11・18)


◆記 事◆

東名高速あおり運転事件控訴審判決における因果関係の判断……松原芳博


◆判決録細目◆

民 事

◎不動産競売手続において建物の区分所有等に関する法律66条で準用される同法7条1項の先取特権を有する債権者が配当要求をしたことにより配当要求債権について差押え(平成29年法律第44号による改正前の民法147条2号)に準ずるものとして消滅時効の中断の効力が生ずるための要件
(最二判令2・9・18)

〇民法976条4項に基づく危急時遺言の確認の申立てについて、当該遺言が一応遺言者の真意に適うと判断される程度の心証は得ることができるとして、遺言の確認がされた事例
(東京高決令2・6・26〈参考原審:東京家審令2・2・4〉)

〇前件審判時と同程度の稼働能力を有すると認められるから、前件審判を変更すべき事情変更が認められないとして婚姻費用分担金の減額申立てを却下した事例
(大阪高決令2・2・20〈参考原審:神戸家尼崎支審令1・10・30〉)

〇所有権留保をした建設機械につき、割賦販売業者が、債務者から買い受けたという占有者に引渡しを求めた事案で、占有者は売主に所有権があると信ずるについて過失があったとして、即時取得が認められなかった事例
(仙台高判令2・8・6〈福島地いわき支判令2・1・10〉)

▽市長等倫理条例に基づく倫理審査請求書の不受理・返却について、国家賠償法上の違法性を認めた事例
(神戸地判令1・10・8)

▽インプラント施術の治療契約で、患者都合による治療中断の場合に治療費の返還はしない旨の条項が設けられたが、インプラント施術前に患者が死亡した事案において、前記条項は消費者契約法10条により無効であるとし、治療費の返還請求を一部認容した事例
(津地四日市支判令2・8・31)


知的財産権

○特許請求の範囲の記載が明細書のサポート要件を充足するためには、当業者において技術常識も踏まえて課題が解決できるであろうとの合理的な期待が得られる程度の記載があれば足り、厳密な科学的な証明に達する程度の記載までは不要であるとされた事例
(知財高判令2・7・2)


刑 事

〇長女を包丁で突き刺した行為が統合失調症の陽性症状である作為体験の影響によるものであるとする旨の裁判員の参加する刑事裁判に関する法律50条に基づく精神鑑定を排斥し、被告人の捜査段階における供述に依拠して殺意及び完全責任能力を肯定した原判断は、精神鑑定の信用性評価について論理則、経験則等に照らし不合理であり、行為当時被告人は心神喪失の状態にあった合理的な疑いがあるとして殺人未遂罪を認定した原判決を破棄し、無罪を言い渡した事例
(広島高判令2・9・1〈参考原審:山口地判令2・2・3〉)


◆最高裁判例要旨(2020(令2)年12月分) 


◆判例評論◆

9 県知事による沖縄防衛局に対する公有水面埋立法42条1項に基づく埋め立ての承認を取り消す処分が、行政不服審査法に基づく国土交通大臣の裁決により取り消された場合において、当該裁決が地方自治法251条の5第1項の訴訟の対象となる「国の関与」に当たらないとして、同裁決の取り消しを求める同項の訴えを却下した事例
(福岡高那覇地判令1・10・23)……山田健吾

10 自動車保険契約における酒気帯び運転免責条項による免責の可否
(大阪高判令1・5・30)……竹濵 修

11 相続放棄手続が既に完了したとの相続人らの誤解や被相続人の財産についての情報不足などを考慮して熟慮期間の起算点を定めた事例
(東京高決令1・11・25)……大塚智見

12 家賃債務保証業者と賃借人との間で締結される家賃債務保証契約に含まれる複数の契約条項への消費者契約法8条1項3号又は10条の適用と12条3項に基づく差止請求の可否
(大阪地判令1・6・21)……谷本圭子
◆記 事◆

海外判例研究──第11回──

・憲法

 トランプ大統領が下院の議席数を算定する際に国勢調査の数から不法移民の数を除こうと企図したことの違法性が争われた事例……大林啓吾

 不法移民の援助を禁止する法律違反の罪で逮捕された刑事事件において、当事者の申立てがなかったにもかかわらず原判決(連邦高裁)が表現の自由の問題に関するアミカスを募って過度広範ゆえに無効としたのは裁量を逸脱しているとした事例……大林啓吾

・民法

 ウィーチャット(微信)投稿による名誉毀損事件……胡 光輝

 「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」の幼児の「常居所」の認定については、両親の共有の意図は必要ではなく、当該事案の「状況の全体(totality of circumstances)をみて決めるものであるところ、控訴裁判所は、幼児の「常居所」についての第1審裁判所の判断が明らかに間違っていない限り、その判断に従わなければならない……ダン ローゼン・西口 元

・消費者法

 タクシー利用者とタクシー運転手をつなぐスマートフォン・アプリは、情報社会サービスの域を超えた運輸サービスを提供するものであるとはいえない……カライスコス アントニオス

・刑法

 交際相手等から受け取った自画撮り画像を流出させる行為……小池信太郎

 他人のデビットカードを用いた非接触型決済による商品購入の可罰性……仲道祐樹


◆書 評◆

山浦善樹『お気の毒な弁護士』
評者……加藤新太郎


◆判例特報◆

普通地方公共団体の議会の議員に対する出席停止の懲罰と司法審査
 ──岩沼市議出席停止処分事件(最大判令2・11・25)


◆特 集◆

岩沼市議出席停止処分事件
①岩沼市議会議員出席停止処分事件に関する最高裁大法廷判決の意義……人見 剛
②岩沼市議会議員出席停止処分取消等請求事件
 ──昭和35年最判の判例変更に至る経緯と今後の課題……十河 弘


◆判決録細目◆

民 事

◎請負人である破産者の支払の停止の前に締結された請負契約に基づく注文者の破産者に対する違約金債権の取得が、破産法72条2項2号にいう「前に生じた原因」に基づく場合に当たり、前記違約金債権を自働債権とする相殺が許されるとされた事例
(最三判令2・9・8)

◎財産の分与に関する処分の審判において当事者双方がその協力によって得た一方当事者の所有名義の不動産であって他方当事者が占有するものにつき当該他方当事者に分与しないものと判断した場合に家事事件手続法154条2項4号に基づきその明渡しを命ずることの許否
(最一決令2・8・6)

▽消費者庁が原告名を明示した消費者被害に関する注意喚起情報を同庁ホームページ上に公表し、当該消費者被害を生じさせた預金口座が原告名義の預金口座であるとの通知を消費者庁から受け取った金融機関が、同口座につき預金取引停止の措置を講じ、これを継続していることは、犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律3条1項に基づく措置として相当なものであるとされた事例
(東京地判令2・8・6)

▽1 検察官の再審請求権限不行使の違法を理由とする国家賠償請求を棄却した事例
 2 被告人がハンセン病にり患していることを理由として国立ハンセン病療養所等を開廷場所としたことが裁判所法69条2項に違反し、同開廷場所の指定及びこれに基づく刑事事件の審理が、被告人がハンセン病にり患していることを理由とする合理性を欠く差別に当たり、被告人の人格権を侵害したものとして、憲法14条1項、13条に違反するとした事例
(熊本地判令2・2・26)


知的財産権

〇意匠に係る物品を検査用照明器具とする登録部分意匠に類似する意匠を備える製品を製造等して意匠権を侵害したとして、製品の製造、販売等の差止請求、及び損害賠償請求を一部認容した原判決を維持し、控訴を棄却した事例
(大阪高判令1・9・5〈参考原審:大阪地判平30・11・6〉)


刑 事

〇被告人の自白調書について、客観的事実との整合性と供述経過の両面から問題点を指摘してその信用性を否定し、自白調書に基づいて赤信号を殊更無視したとして危険運転致死罪の成立を認めた1審判決を破棄して、予備的訴因である過失運転致死罪の成立を認めた事例
(大阪高判令2・7・3〈参考原審:大阪地判令1・10・3〉)

〇1 生後2か月の乳児が急性硬膜下血腫等の傷害を負い脳機能不全により死亡したのは、被告人(乳児の祖母)による揺さぶり等の外力によるものではなく、内因性の脳静脈洞血栓症とDIC(播種性血管内凝固症候群)であった可能性が否定できないなどとして、原判決(懲役5年6月)を事実誤認を理由に破棄し、被告人に無罪を言い渡した事例(①事件)
 2 生後1か月半の乳児が回復見込みのない遷延性意識障害を伴う急性硬膜下血腫等の傷害を負ったのは、被告人(乳児の母)による揺さぶり等によるものではなく、長男に落下させられて生じた可能性を否定できないなどとして、原判決(懲役3年・5年間執行猶予)を事実誤認を理由に破棄し、被告人に無罪を言い渡した事例(②事件)
(①大阪高判令1・10・25〈参考原審:大阪地判平29・10・2〉、
 ②大阪高判令2・2・6〈参考原審:大阪地判平30・3・13本誌2395号100頁〉)
『統治構造において司法権が果たすべき役割・第1部』

◆巻頭言                      渋谷秀樹

◆第一章 違憲審査活性化の複眼的検討        笹田栄司

◆第二章 政官関係と司法についての覚書
 ――公務員制の憲法的再定位            山本龍彦

◆第三章 司法権と違憲審査権
 ――客観訴訟の審査対象              渋谷秀樹

◆第四章 砂川事件再審請求事件からみた
 憲法的非常救済手段――「番人の番人」は誰か    村岡啓一

◆第五章 砂川事件最高裁判決の形成過程と今日的意義
 ――入江俊郎の「統治行為論」を分析軸として    嘉多山 宗

◆第六章 権威の文化と正当化の文化――日本の違憲審査制
 はグローバル化に耐えうるか?――         阪口正二郎

◆第七章 民事裁判における手続上の瑕疵の憲法的統制 笹田栄司

◆第八章 司法審査の多数者主義的性格に関する覚書
 ――「逆さまの司法審査」論を素材に        山本龍彦

◆第九章 裁判所における違憲審査の基準       渋谷秀樹

◆第十章 違憲判断の効力と憲法判例の拘束力     野坂泰司
◆記  事◆

コロナ禍社会における法的諸問題
 ⒁医療・介護の現場における今後の課題(概観)……戸谷由布子
 ⒂コロナ禍と訴訟運営──IT化と甦(よみがえ)る口頭主義……伊藤 眞


◆判決録細目◆

行 政

▽平成25年厚生労働省告示第174号及び平成26年厚生労働省告示第136号によって行われた生活保護法による保護の基準(昭和38年厚生省告示第158号)における生活扶助の基準の改定が生活保護法3条又は8条に違反しないとされた事例
(名古屋地判令2・6・25)


民 事

◎1 検察官等から鑑定の嘱託を受けた者が当該鑑定に関して作成し若しくは受領した文書等又はその写しは民事訴訟法220条4号ホに定める刑事事件に係る訴訟に関する書類又は刑事事件において押収されている文書に該当するか(①事件)
 2 鑑定のために必要な処分としてされた死体の解剖の写真に係る情報が記録された電磁的記録媒体が民事訴訟法220条3号所定のいわゆる法律関係文書に該当するとされた事例(②事件)
(①②最三決令2・3・24)

〇いじめ行為によって自殺した中学2年の生徒の被った自殺に係る損害について、加害生徒によるいじめ行為から「通常生ずべき損害」に当たるとして、いじめ行為と前記損害との間に相当因果関係があることを認めた事例
(大阪高判令2・2・27〈参考原審:大津地判平31・2・19〉)

〇1 被相続人の財産全部の包括遺贈の後に遺留分減殺請求がされた場合において、遺言執行者がした相続財産である不動産の包括受遺者に対する所有権移転登記手続について、包括受遺者に対する不法行為の成立を認め、遺留分権利者に対する不法行為の成立を否定した事例
 2 弁護士法58条1項に基づく懲戒請求が対象弁護士に対する不法行為を構成するとされた事例
 3 告訴が被告訴人に対する不法行為を構成するとされた事例
(広島高判平31・3・14〈参考原審:山口地判平30・3・8〉)

▽妊娠23週の妊婦が息苦しさ等を訴えて病院を受診した5日後に死亡し、死因に争いがある事案について、死因を特定することはできないものの、医師の検査義務違反及び因果関係を肯定できるとして遺族による損害賠償請求を認めた事例
(千葉地判令2・3・27)

▽フランチャイズ加盟店契約に係る取引が業務提供誘引販売取引に当たるとして、クーリング・オフによる同契約の解除が認められた事例
(大津地判令2・5・26)


刑 事

〇1 検察官による裁判員対象事件からの除外を求める請求を却下した原決定を取り消し、同対象事件からの除外を認めた事例
 2 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律3条1項所定の「おそれ」は具体的事情により認められる必要があり、裁判員等に過度の負担を求めることとならない抽象的懸念にとどまる場合はこれに該当しないとした上で、具体的根拠に基づく危険があると認め、同項の要件を充足すると判断した事例
(大阪高決令2・10・27)

〇1 死体血鑑定の原理及び本件で実施された死体血鑑定がいずれも合理的であると判断された事例
 2 被告人車両内に被害者の血痕があり、それが死体血と認められること等の間接事実を総合考慮すれば、死体損壊等につき被告人の犯人性を推認できるとした事例
(大阪高判令2・10・2〈参考原審:大津地判令1・12・6〉)
◆特 集◆

日米欧刑事司法の比較法的検討
 カルロス・ゴーン事件が提起した検討課題と本特集の意義……宮澤節生
 「寛大なパターナリズム」再考……ダニエル・H・フット
 カルロス・ゴーンと日本の「有罪率99%」
  ―日本の刑事司法を比較法の視点から検討する―……ブルース・アロンソン
 アメリカにおける比較法は何が問題なのか?……フランク・アッパム/初谷湧紀(訳)
 日米の自白について……デイビッド・T・ジョンソン/杉山日那子(訳)
 ヨーロッパと日本における改革の10年
  ──公正な取調べと刑事弁護の比較法的考察……ディミトリ・ヴァンオーヴェルベーク


◆記 事◆

乳腺外科医事件 控訴審逆転有罪
 ──秘匿された「職業せん妄」の医学……佐藤一樹

コロナ禍社会における法的諸問題(13)
 新型コロナに関連する休業と所得保障
 ──社会保障法の視点から……中野妙子


◆判決録細目◆

行 政

◎被相続人に対して既に納付又は納入の告知がされた地方団体の徴収金につき納期限等を定めてその納付等を求める旨の相続人に対する通知と消滅時効の中断
(最二判令2・6・26)


◎1 経過観察を受けている被爆者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律10条1項所定の「現に医療を要する状態にある」と認められる場合(①事件)
 2 経過観察自体が、経過観察の対象とされている疾病を治療するために必要不可欠な行為であり、かつ、積極的治療行為の一環と評価できる特別の事情があるといえるか否かについての判断の方法(①事件)
 3 慢性甲状腺炎について経過観察を受けている被爆者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律10条1項所定の「現に医療を要する状態にある」と認められるとはいえないとされた事例(①事件)
 4 放射線白内障についてカリーユニ点眼液の処方を伴う経過観察を受けている被爆者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律10条1項所定の「現に医療を要する状態にある」と認められるとはいえないとされた事例(②事件)
(①②最三判令2・2・25)


▽非居住者が内国法人の事業の方針の全部又は一部につき実質的に決定できる関係(租税特別措置法施行令(平成24年政令第105号による改正前のもの)39条の13第11項3号)を有しているものとして過少資本税制における「国外支配株主等」(租税特別措置法(平成24年法律第16号による改正前のもの)66条の5第4項1号)に該当するものとされた事例
(東京地判令2・9・3)


▽厚生年金保険の被保険者であった養父と内縁関係にあった養子が厚生年金保険法に基づき遺族厚生年金の支給を受けることのできる配偶者に当たるとされた事例
(大阪地判令2・3・5)


民 事

〇約7年間にわたり同居して事実婚の関係にあった同性カップルの1人が、事実婚の継続中に相手方が他の者と性的関係を持ったことにより事実婚が破綻したとして損害賠償を求めた事案において、婚姻に準ずる関係が破綻したとして請求を認めた事例
(東京高判令2・3・4〈参考原審:宇都宮地真岡支判令1・9・18〉)


〇割賦販売契約において、割賦代金債権を第三者に譲渡することをあらかじめ異議をとどめないで承諾すると定められた条項について、民法(平成29年法律第44号による改正前のもの)468条1項の異議をとどめない承諾としての効力を有しないとした事例
(東京高判令1・11・14〈参考原審:東京地判平31・1・29〉)


〇夫である相手方が、別居中の妻である抗告人に対し、未成年者らの監護者を相手方と指定するとともに、現在、抗告人の下で養育されている二女及び三女を相手方に引き渡すことを求める一方で、抗告人が、相手方に対し、未成年者らの監護者を抗告人と指定するとともに、現在、相手方の下で養育されている長女を抗告人に引き渡すことを求めた事案において、原審は、未成年者らの監護者をいずれも相手方と指定し、二女及び三女を相手方に引き渡すよう命じたところ、抗告審は、姉妹分離の点については、監護者指定に当たっての一考慮要素にすぎないとした上で、二女及び三女との関係では、従前ないし現在の監護環境を維持することが最も子の福祉に合致するとして、長女の監護者を相手方と、二女及び三女の監護者を抗告人とそれぞれ定め、抗告人及び相手方のその余の申立てはいずれも却下した事例
(東京高決令2・2・18)


▽1 憲法53条後段に基づく内閣の臨時会の召集決定は、司法審査の対象外であるといえないとした事例
 2 内閣は、憲法53条後段所定の召集要求があった場合において、臨時会を開催するべき憲法上の義務を負うとしても、当該義務は、国家賠償法上、個々の国会議員に対する職務上の義務とはいえないから、憲法53条後段に基づく臨時会の召集要求に対する内閣の召集決定は、国家賠償法1条1項の適用上、違法と評価する余地はないとした事例
(那覇地判令2・6・10)


刑 事

〇店舗等における窃盗3件及び放置盗難自転車の持ち去りという窃盗、占有離脱物横領保護事件において、少年を第1種少年院送致とした原決定につき、試験観察に付することを含め、社会内処遇の可能性を十分に検討すべきであり、処分が著しく不当であるとして、これを取り消した事例
(東京高決令2・4・3)


判例評論

5 労働者供給契約を前提とした有期雇用契約の更新に対する雇止め法理(労契法19条)の適用の可否──国際自動車ほか事件
(東京高判平31・2・13)……新屋敷恵美子

6 解離性同一性障害と責任能力の判断
(東京高判平30・2・27)……安田拓人

7 入院患者に対する殺人により有罪が確定した元看護助手の再審において犯罪の証明がないとして無罪を言い渡した事例──湖東記念病院事件再審無罪判決
(大津地判令2・3・31)……田淵浩二

8 防犯カメラの映像に照らし、証人の証言の信用性が否定され、現行犯逮捕された被告人が無罪とされた事例
(東京地立川支判平30・5・7)……星周一郎
◆記 事◆

会社法・金融法随想─立法事実からみる、近況・課題(7・完)
 金融・資本市場に関する法制(その2)……神田秀樹


◆判決録細目◆

行 政

◎市立中学校の柔道部の顧問である教諭が部員間のいじめにより受傷した被害生徒に対し受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由とする停職6月の懲戒処分を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
(最一判令2・7・6)

◎裁判官がインターネットを利用して投稿による情報発信等を行うことができる情報ネットワーク上で投稿をした行為が裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」に当たるとされた事例
(最大決令2・8・26)


民 事

〇特別養護老人ホームに入所中の女性が急性心筋梗塞で死亡した場合に、急性期に診断した医師に適切な医療処置を施すべき義務に違反した過失があるとして、慰謝料請求が認容された事例
(東京高判令2・8・19〈参考原審:甲府地判令1・11・26〉)

〇いわゆるフィリピン残留2世の就籍許可申立てを認容した事例
(広島高決令2・3・25〈広島家審令1・6・10〉)

▽鉄道高架下土地の賃貸借契約について、借地法は適用されないとした事例
(神戸地判令2・2・20)


知的財産権

◎1 著作権法19条1項の「著作物の公衆への提供若しくは提示」は、同法21条から27条までに規定する権利に係る著作物の利用によることを要するか
 2 インターネット上の情報ネットワークにおいてされた他人の著作物である写真の画像の掲載を含む投稿により、同画像が、著作者名の表示の付された部分が切除された形で同投稿に係るウェブページの閲覧者の端末に表示された場合に、同閲覧者が当該表示された画像をクリックすれば、前記著作者名の表示がある元の画像を見ることができるとしても、同投稿をした者が著作者名を表示したことにはならないとされた事例
 3 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律4条1項に基づく発信者情報の開示請求をする者が、インターネット上の情報ネットワークにおいてされた同人の著作物である写真の画像の掲載を含む投稿により、同写真に係る氏名表示権を侵害された場合に、同投稿をした者が、同項の「侵害情報の発信者」に該当し、かつ、同項1号の「侵害情報の流通によって」前記開示請求をする者の権利を侵害したものといえるとされた事例
(最三判令2・7・21)

▽Y2が特許権侵害となるOEM製品を国内で製造して自社の在庫として輸出した後に同一グループのY1又はY3に販売し、Y1又はY3が海外において同製品をOEM供給先に販売して得た利益について、一連の行為の意思決定は実質的に国内で行われていること、Y1・Y2・Y3には国内での製造・輸出に関して共同不法行為が成立することを理由に、特許法102条2項の推定が及ぶとされた事例
(東京地判平31・3・7)


刑 事

◎高等裁判所がした控訴取下げを無効と認め訴訟手続を再開・続行する旨の決定に対する不服申立ての可否
(最三決令2・2・25)
◆記 事◆

裁判制度のパラダイムシフト
 ─過去と未来をつなぐ憲法上の10のテーマ(4)
 ──最高裁判所の構造分析──
 「二重の役割」を担う裁判所の宿命……笹田栄司


コロナ禍社会における法的諸問題(12)
 コロナ禍社会における学校法務……鈴木勝利


◆判決録細目◆

行 政

◎ふるさと納税制度に係る平成31年総務省告示第179号2条3号の規定のうち、地方税法37条の2及び314条の7を改正する平成31年法律第2号の規定の施行前における寄附金の募集及び受領について定める部分の法適合性
(最三判令2・6・30)


民 事

◎1 交通事故の被害者が後遺障害による逸失利益について定期金による賠償を求めている場合に、同逸失利益は定期金による賠償の対象となるか
 2 交通事故に起因する後遺障害による逸失利益につき定期金による賠償を命ずるに当たり被害者の死亡時を定期金による賠償の終期とすることの要否
 3 交通事故の被害者が後遺障害による逸失利益について定期金による賠償を求めている場合に、同逸失利益が定期金による賠償の対象となるとされた事例
(最一判令2・7・9)

○夫である相手方(原審申立人)が妻である抗告人(原審相手方)に対し、前件調停で合意された婚姻費用の分担額の減額を求めた事案において、相手方の収入の減少は、具体的に予見されていたものとはいえず、改めて婚姻費用の額を算定するのが相当であるとした上で、その算定の基礎とすべき相手方の収入は、退職月の翌月から離婚又は別居解消に至るまでの期間については、相手方が65歳で年金受給を開始していたとすれば受給できた年金収入を給与収入に換算した額及び配当収入を給与収入に換算した額を合算した額とするのが相当であるとして、原審判を一部変更した事例
(東京高決令1・12・19〈参考原審:東京家審令1・9・6〉)

○1 1審判決言渡期日の調書に言渡しを行った主体(裁判長)の記載がない場合に、控訴審において、適式な判決の言渡しはされなかったとして取消しを免れないとしつつ、原判決の判断を支持し、差し戻すことなく控訴を棄却した事例(①事件)
2 1審の審理中に裁判体を構成する裁判官の一部(2名)に交代があったにもかかわらず、口頭弁論調書に弁論の更新がされた旨の記載がされないまま、交代後の裁判体によって原判決が言い渡された場合に、控訴審において、「第1審の判決の手続が法律に違反したとき」に当たるとして、原判決を取り消して差し戻した事例(②事件)
(①福岡高判令2・5・29〈参考原審:福岡地判令1・10・17〉、
 ②高松高判令2・9・16〈参考原審:高知地判令2・3・24〉)


労 働
▽使用者が、性同一性障害の労働者(生物学的性別が男性、性自認が女性)に対し、化粧を施して業務に従事していることを理由に就労を拒否したことが、使用者の責めに帰すべき労務提供の不能にあたると判断された事例
(大阪地決令2・7・20)


刑 事
○1 被害者が6名に上る強盗殺人事件につき、外国人の被告人に完全責任能力を認めて死刑を言い渡した原判決を破棄し、被告人の心神耗弱を認めて無期懲役を言い渡した事例
2 被告人の犯行時の精神状態について、統合失調症による被害妄想を認めつつ犯行動機を金品取得目的に限定して完全責任能力を認めた原判決は、犯行当時の被告人の精神的な不穏状態が動機形成に及ぼした影響を十分に検討していない点で不合理であり、妄想及び精神的に不穏な状態が行動に及ぼした影響を考慮すれば、金品取得目的のほかに妄想上の追跡者から逃れる目的や妄想のゆえ被害者に誤った意味づけをした結果として犯行に及んだ可能性を否定できないとして、被告人に心神耗弱を認めた事例
(東京高判令1・12・5〈参考原審:さいたま地判平30・3・9本誌2416号98頁〉)


○特別養護老人ホームの入所者が間食として提供されたドーナツを摂取して窒息し、死亡したとされる事故について、事故当日、間食介助に加わり、ドーナツを配膳して提供した同施設の准看護師に業務上過失致死罪が成立しないとした事例
(東京高判令2・7・28〈参考原審:長野地松本支判平31・3・25〉)
◆記 事◆

◎特別寄稿
触法障害者とダイバージョン
──地域福祉と触法障害者を支援する〝2人目の弁護士″の必要性──……青木志帆


◆判決録細目◆

行 政

▽1 許可認可等臨時措置法(昭和18年法律第76号)及びその委任を受けた都市計画法及同法施行令臨時特例(昭和18年勅令第941号)に基づき内閣の認可を受けることなく行われた旧都市計画法(大正8年法律第36号)に基づく都市計画決定が違法であるとはいえないとされた事例
 2 関東地方整備局長が行った道路の整備に係る都市計画事業の認可が、その前提となる都市計画決定後の社会・経済情勢の変化との関係において違法であるとはいえないとされた事例
(東京地判令2・2・27)

▽夫の暴力から逃れるため約13年間夫と別居し、住民票上の住所を移していた妻について、生計同一要件を満たすとして、厚生労働大臣がした遺族厚生年金を支給しない旨の処分を取り消し、厚生労働大臣に対し、遺族厚生年金の支給裁定をすべき旨を命じた事例
(東京地判令1・12・19)


民 事

◎担保不動産競売の手続において最高価買受申出人が受けた売却許可決定に対し他の買受申出人が民事執行法188条において準用する同法71条4号イに掲げる売却不許可事由を主張して執行抗告をすることの許否
(最二決令2・9・2)

▽いわゆる給与ファクタリング取引に基づくファクタリング業者から労働者に対する金銭支払請求が棄却された事例
(東京地判令2・3・24)

▽債権者が、債務者の運営するウェブサイト検索サービスで検索される検索結果は債権者の社会的評価を低下させるものであるとして、人格権に基づき、債務者に対して検索結果の削除を求めた仮処分申立事件において、反真実の疎明があるとして債権者の申立てを一部認容した原決定が異議審において取り消された事例
(千葉地決令1・12・3)


知的財産権

▽設計、製造技術情報供与に関する契約につき、その中心となるものは特許権の実施許諾契約であり、技術情報の提供はこれに付随するものであるとして、特許権の存続期間経過による消滅に伴い、ロイヤルティ支払義務も消滅するとされた事例
(大阪地判令1・10・3)


商 事

○1 株主間でされた取締役選任の合意について、直近の株主総会より後の株主総会において議決権行使の履行強制をすることができるほどの法的効力を付与する意思があったとはいえないとした事例
 2 株主間でされた取締役選任の合意について、何らかの法的効力を付与する意思があったとしても、その契約当事者の意思は、特定人たる取締役侯補者又は自然人たる契約当事者に相続が発生した場合においては、合意の法的効力が消滅するというものであったとした事例
(東京高判令2・1・22〈参考原審:東京地判令1・5・17〉)


刑 事

○危険運転致死傷等被告事件の公判前整理手続で、原裁判所が、因果関係がなく危険運転致死傷罪の成立が認められない旨の結論を明示的かつ断定的に書面で表明した訴訟手続にはその権限を逸脱した違法があり、また、その見解の変更を前提とする主張や反証の機会を訴訟当事者に一切与えないまま有罪判決を宣告した訴訟手続には、判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反があるとして、原判決が破棄されて差し戻された事例
(東京高判令1・12・6)


◆最高裁判例要旨(2020(令2)年10・11月分)


判例評論

1 日米地位協定刑事特別法12条2項が定める無令状での身柄拘束の手続は、米軍により現行犯として身柄を拘束された者に適用される限りにおいて憲法33条に違反しないとした上で、米軍からその者の身柄を引き渡す旨の通知を受けた海上保安官による身柄引受けの遅延及び身柄拘束の継続は、それぞれ国賠法上違法であるとした事例
(福岡高那覇支判令1・10・7)……水島朋則

2 「公立女子大学における男女別学を問う訴訟に関する週刊誌の記事において、名誉毀損の成立は認めなかったものの、同記事の意見は社会通念上許容される限度を超えるとして名誉感情侵害の成立を認めた事例」
(福岡地判令1・9・26)……田代亜紀

3 特許法102条2項・3項に基づく損害額の算定──二酸化炭素含有粘性組成物事件大合議判決
(知財高判令1・6・7)……金子敏哉

4 日本郵便(更新上限)事件──民営化に伴い就業規則で設けられた更新上限年齢到達を理由とする雇止めが認められた事例
(最二判平30・9・14)……本庄淳志
◆記 事◆

コロナ禍社会における法的諸問題
 ⑽コロナ禍社会で「繋がり」について考える……石塚章夫
 ⑾コロナ・パンデミックと法律……吉戒修一


死刑制度論のいま──基礎理論と情勢の多角的再考(8)
 死刑の認定・量刑に必要な適正手続とは何か……椎橋隆幸


◎特別寄稿
公判の不誠実な不行使と違法な起訴……船山泰範


現代型取引をめぐる裁判例(461)……升田 純


◆判決録細目◆

民 事

〇1 区分所有建物の管理組合法人の役員である理事及び監事の選任に係る管理規約の定めで、役員候補者として選出されるために理事会の承認を必要とすることは、成年被後見人等やこれに準ずる者のように客観的にみて理事等としての適格性に欠ける者について承認しないことができるという趣旨の限度において、有効であるとされた事例
 2 区分所有建物の管理組合法人の役員である理事及び監事の選任について、役員候補者として選出されるためには理事会承認を必要とする管理規約が定められている場合において、区分所有建物の管理組合法人の理事会が裁量の範囲を逸脱して区分所有者の役員への立候補を認めない旨の決定をしたときは、当該立候補者の人格的利益を侵害するものとして、違法であるとされた事例
 3 区分所有建物の管理組合法人の管理規約において、役員である理事及び監事の選任について、役員候補者として選出されるためには理事会承認を必要とする条項が定められている場合において、区分所有建物の管理組合法人の理事会が裁量の範囲を逸脱して、区分所有者の役員への立候補を認めない旨の違法な決定をしたときであっても、管理規約において承認についての基準が明示されず、理事会の裁量を制限する定めもなく、前記条項の趣旨が裁判等によって明らかにされていたものではないなどの事情の下では、裁量の範囲を逸脱したことについて、過失がないとされた事例
(東京高判平31・4・17〈参考原審:東京地判平30・7・31〉)

〇建築作業従事者らが、石綿粉じんのばく露により健康被害を受けたとして石綿含有建材を製造・販売した企業等に対し、共同不法行為に基づき、損害賠償請求をした事案において、民法719条1項後段を類推適用して、概ね20%以上のシェアを有する建材メーカーが製造・販売した石綿含有建材であれば、建築現場にしばしば到達したことを是認し得る高度の蓋然性があるなどとして、共同不法行為責任が認められた事例
(東京高判令2・8・28)

〇人身傷害補償保険会社が、被害者の同意を得て加害者の加入する自賠責保険金を回収した場合において、これを加害者の被害者に対する弁済に当たるとして、損益相殺を認めた事例
(福岡高判令2・3・19〈参考原審:福岡地判令1・8・7〉)

▽被告病院において肝臓の病態を把握するための経皮的肝生検を受けた患者が、担当医師に穿刺の際に誤って肺胞を傷つけられ、右脳梗塞(空気塞栓症)による左片麻痺と感覚障害の症状が残り、左上肢は拘縮のために機能全廃の後遺症が残存した事案において、被告病院に合計約1億3000万円の賠償が命じられた事例
(東京地判令2・1・23)

▽会社従業員の行った違法な会員権販売につき、会社及び代表取締役個人の不法行為責任を認めた事例
(京都地判令2・2・20)

▽普通河川からの流入水によって生じた被害について、普通河川管理の瑕疵が肯定された事例
(熊本地判令2・3・18)

▽原告が、前訴の損害賠償請求訴訟において原告の請求に否定的な意見を述べる鑑定をした鑑定人を被告として、前訴で請求が棄却された部分を損害として損害賠償を請求する訴訟を提起した場合、このような請求は、再審に関する民事訴訟法338条2項所定の事由に準ずるようなとき、又は被告の行為が著しく正義に反し、確定判決の既判力による法的安定性の要請を考慮してもなお容認し得ないような特別の事情があるときに限って許されるとした事例
(山口地下関支判令2・5・19)


刑 事

〇少年が当時の交際相手である被害者に対して包丁を示して脅迫したという暴力行為等処罰に関する法律違反保護事件において、少年を第1種少年院送致とした原決定につき、非行についての評価は是認できず、要保護性についても、必ずしも認定の根拠が十分でない事実に基づく評価等を基に決定をした疑いがあり、処分が著しく不当であるとして、これを取り消した事例
(東京高決令2・4・2)

▽1 銃砲刀剣類所持等取締法違反の嫌疑で警察署に任意同行され取調べを受けた被告人を、取調べ終了後、強制採尿令状を執行するまで身柄を確保する目的で、身柄引受人が来なければ帰ることができない旨虚偽の説明をし、その旨誤信させて、令状執行まで3時間余り警察署に留め置いたことが違法とされた事例
 2 覚せい剤の自己使用の事案について、強制採尿令状に基づいて採取された尿の鑑定書の証拠能力が、それに先立つ違法な留め置きを利用してされたことを理由に否定され、無罪の言渡しがされた事例
(横浜地判令1・11・20)

▽放火した犯人は在宅していた被告人と妻(火災で死亡)のいずれかであるが、被告人が出火に近接した時間帯に家屋から出た後、妻が精神疾患等の影響の下で放火した可能性があるとした原判決について、着火終了時刻の推定及び妻の放火の可能性の認定はいずれも不合理であるとして破棄された事案の差戻審
(さいたま地判令1・10・31)
◆記 事◆

ギンズバーグが残した憲法裁判(3・完)
 理論的に判例法を発展させるのは弁護士……紙谷雅子


◆判決録細目◆

行 政

◎取引相場のない株式の譲渡に係る所得税法59条1項所定の「その時における価額」につき、配当還元価額によって評価した原審の判断に違法があるとされた事例
(最三判令2・3・24)


民 事

○1 原子力損害の賠償に関する法律3条1項により原子力事業者に損害賠償責任がある損害について、当該原子力事業者は、同法に基づく損害賠償責任を負うほかに、民法709条の不法行為の規定に基づく損害賠償責任を負うことはないとした事例
 2 平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震による津波により発生した福島第一原子力発電所の爆発事故について、具体的な対策工事の計画又は実施を先送りしてきた中で事故の発生に至った被告の対応の不十分さを慰謝料の算定に当たっての重要な考慮事情とした上で、避難を余儀なくされ、避難生活が継続した精神的苦痛、故郷が喪失又は変容したことによる有形、無形の損害ないし精神的苦痛を考慮し、原子力損害賠償紛争審査会の中間指針に基づき被告が支払義務を認める賠償額を超え、事故当時の生活の本拠に応じ、1人につき、帰還困難区域1600万円(被告が支払義務を認める賠償金1450万円)、居住制限区域又は避難指示解除準備区域1100万円(同850万円)、緊急時避難準備区域300万円(同180万円)の慰謝料を認めた事例
(仙台高判令2・3・12)

▽自動で降下するシャッターに車両が接触してシャッター及び車両が損傷した事故について、車両の運転手及びシャッターの設置管理者の双方に注意義務違反を認め、その過失割合を運転手70%、シャッター設置管理者30%と認定した事例
(東京地判令1・11・28)

▽市が運営する家庭的保育事業の家庭保育福祉員に預けられていた生後4か月の乳児が死亡したのは、当該家庭保育福祉員が睡眠中の乳児の状態を確認する注意義務に違反したためであり、また、市の職員には当該家庭保育福祉員に対する適切な助言指導を行う義務を怠った過失があると主張する乳児の母親が、当該家庭保育福祉員と市に損害賠償を請求した事案について、当該家庭保育福祉員には乳児の睡眠時チェックを怠った過失があり、市には当該家庭保育福祉員に対して医学的知見に即した指導研修を実施すべき義務を怠った過失があるとされた事例
(横浜地横須賀支判令2・5・25)

▽1 環境を汚染する行為が平穏生活権を侵害するものとして違法となる場合
 2 石炭火力発電所である仙台パワーステーションの運転により環境を汚染する行為が、環境汚染の態様や程度の面において社会的に容認された行為としての相当性を欠くということはできず、平穏生活権を侵害するものとして違法となると認めることはできないとされた事例
(仙台地判令2・10・28)


▽刑務所内で受刑者が金属製のバール及び玄能(ハンマー)を用いて抜釘作業中に、受刑者の左眼に異物が当たり視力低下の障害が残った事案で、刑務所の職員に保護眼鏡の着用を指示することを怠った職務上の注意義務違反があったとされた事例
(奈良地判令2・3・10)

▽市立中学校の2年に在学する被告生徒(13歳10か月)が職員室前の廊下で後方を振り返った際に、右手に持っていた水筒が遠心力で浮き上がり、その場に居た同級生である原告の目に当たり、原告に視力低下の後遺障害が残った事案について、被告生徒の責任は認めたが、その母親及び市の責任を否定した事例
(高松地判令2・5・22)


知的財産権

○コンタクトレンズ販売店の販売宣伝用チラシの著作物性が否定された事例
(大阪高判令1・7・25〈参考原審:大阪地判平31・1・24〉)


刑 事

○同居の実子A(当時19歳)がかねてより被告人による暴力や性的虐待等により被告人に抵抗できない精神状態で生活しており抗拒不能の状態に陥っていることに乗じて被告人がAと性交したとする2件の準強制性交等罪の事案において、抗拒不能状態を認定できないとして無罪とした1審判決を破棄し、有罪を言い渡した事例
(名古屋高判令2・3・12〈参考原審:名古屋地岡崎支判平31・3・26本誌2437号100頁〉)


◆最高裁判例要旨(2020(令2)年9月分)


判例評論

49 父が石綿粉じんばく露作業により胸膜中皮腫を発症して死亡した後、その死亡に係る労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金等の支給を受けていた母が死亡した場合において、父の死亡に係る母の遺族給付等に関する調査結果復命書等の情報が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律12条1項所定の「自己を本人とする保有個人情報」に当たるとされた事例
(大阪地判令1・6・5)……板倉陽一郎

50 1 事理弁識能力を欠く状況にある区分所有者に対してなされた通知をもって、建物の区分所有等に関する法律59条2項の準用する同法58条3項に基づく弁明の機会を付与されたということはできないとされた事例
  2 弁明の機会を付与することなく、建物の区分所有等に関する法律59条1項に基づいて競売の請求の訴えの提起を議決した集会決議には瑕疵があるが、当該訴えの提起後に区分所有者のために選任された民事訴訟法上の特別代理人に対して弁明の機会が付与され、集会決議において当該訴えにかかる訴訟手続を継続する旨の決議がされれば、その瑕疵は治癒されるとされた事例
(札幌地判平31・1・22)……大山和寿

51 ひそかに児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律2条3項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を電磁的記録に係る記録媒体に記録した者が当該電磁的記録を別の記録媒体に記録させて児童ポルノを製造する行為と同法7条5項の児童ポルノ製造罪の成否
(最一決令1・11・12)……永井善之


<別冊付録>
総索引(No.2424~No.2460)
◆記 事◆

死刑制度論のいま──基礎理論と情勢の多角的再考(7)
 再審請求中の死刑執行と再審請求手続……葛野尋之

現代型取引をめぐる裁判例(460)……升田 純

特集 集会の自由の意義と広場使用について
 ①「公用物」における集会の自由の意義と限界
     ──金沢市庁舎前広場事件を素材に……山崎友也
 ②集会及び表現の自由とその「場」の確保……小谷順子

ギンズバーグが残した憲法裁判(2)
 ギンズバーグ判事の平等理念
 ──アイコンとしてのRBGの功罪……大林啓吾

コロナ禍社会における法的諸問題(9)
 立ち止まって刑事裁判を考える……福崎伸一郎


◆判決録細目◆

行 政

◎複数の公務員が国又は公共団体に対して連帯して国家賠償法1条2項による求償債務を負う場合
(最三判令2・7・14)

▽同性の犯罪被害者と交際し共同生活を営む関係にあった者が、犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律5条1項1号にいう「婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあつた者」に当たらないとされた事例
(名古屋地判令2・6・4)

▽市庁舎前広場の使用許可申請に対する不許可処分が適法とされた事例
(金沢地判令2・9・18)


民 事

○未成年者の祖母である相手方が、抗告人ら(未成年者の母及び養父)に対し、未成年者の監護者を相手方と定めることを求めた事案において、民法766条1項の法意に照らし、相手方は、未成年者を事実上監護する祖母として、未成年者の監護者指定を求める本件申立てをすることができるとした上で、抗告人らの親権の行使が不適当であるため、未成年者を抗告人らに監護させた場合、未成年者の健全な成長を阻害するおそれが十分に認められる一方、相手方による未成年者の監護状況に特段の問題はうかがわれず、未成年者が現時点においては落ち着いた生活を送ることができていることからすれば、未成年者の監護者を相手方と定めるのが相当であるとして、抗告人らの各抗告をいずれも棄却した事例
(大阪高決令2・1・16〈参考原審:大阪家審令1・9・27〉)

▽公立高校に教員として勤務していたAが、先輩教員であるBから度重なる注意を受けたことにより心理的負荷等を過度に蓄積させてうつ状態となり自殺したことについて、校長及び教頭においてAのうつ状態を認識しながらBによる度重なる注意を防止する措置を講じなかったことが安全配慮義務に違反するとして、国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求が一部認容された事例
(仙台地判令2・7・1)

▽インターネット・メディアYが管理・運営する検索サービスウェブサイトに掲載されている医療法人Xの経営する歯科クリニックの診療業務の実情に関する口コミ投稿の内容が真実に反しXの名誉権を侵害するとしてなされた同投稿の削除仮処分申立てが却下された事例
(大阪地堺支決令1・12・27)

▽行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律並びに同法に基づき個人番号及び特定個人情報等の収集、保有、管理、利用等を行うマイナンバー制度が、憲法13条の保障する個人に関する情報をみだりに第三者に開示又は公表されない自由を侵害するものではないと判断された事例
(①横浜地判令1・9・26、②名古屋地判令1・12・27)

▽夫婦の一方の各本国法を適用した結果、嫡出の推定が重複した子について、父を定めることを目的とする訴えの方法により、父を確定することができるとした事例
(千葉家松戸支判令2・5・14)


刑 事

○弁護人が提出した新証拠はいずれもそれに対応する旧証拠を弾劾するに足りず、かつ、これらの新証拠を旧証拠と併せて総合評価しても確定審の事実認定に合理的疑いを抱かせるものとはいえないとして、証拠の明白性を否定し、再審請求を棄却した事例
──三鷹事件第2次再審請求事件
(東京高決令1・7・31)
◆記 事◆

コロナ禍社会における法的諸問題(8)
 コロナ禍での財産制限にかかわる科学的知見の不定性……本堂 毅

◎新連載
ギンズバーグが残した憲法裁判(1)
 ルース・B・ギンズバーグと表現の自由……奈須祐治

◎特別寄稿
新規の解釈にもとづく法令の適用と罪刑法定主義
 ──弁護士職務基本規程第13条第1項違反事件をめぐって──……西原春夫


◆判決録細目◆

民 事

◎不動産の所有権移転登記の申請の委任を受けた司法書士に注意義務違反があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
(最二判令2・3・6)

○普通地方公共団体の議員らが別の議員に対する問責決議を提案した行為について、国家賠償法1条1項所定の違法な行為又は不法行為に当たるとは認められないとされた事例
(札幌高判令2・8・21〈参考原審:旭川地判令2・2・18掲載〉)

▽1 建物の賃貸人が賃借人の賃料不払による契約解除を原因とする建物明渡等を請求した訴訟について、転借人が民事訴訟法47条1項前段による独立当事者参加(詐害防止参加)をした事例
 2 原賃貸借の終了について債務不履行解除の形式がとられているものの転借人との関係では合意解除と評価すべきであるとし、原賃貸借の解除によっても転借権は消滅せず、原賃貸借の賃貸人は転貸借契約の賃貸人の地位を承継するとされた事例
(東京地判平31・2・21)

▽前訴において司法書士の不動産登記手続の過失による損害賠償責任が肯定された案件について、損害賠償責任は司法書士の故意によって生じたものであり、司法書士賠償責任保険契約に基づく保険金請求は免責されると判断した事例
(東京地判令2・7・1)

▽陸上自衛隊に所属していた申立人の勤務成績が記載された文書の一部の提出を求めた文書提出命令申立事件について、当該部分を証拠として取り調べる必要性があることを前提に、民事訴訟法220条4号に基づき申立てが認容された事例
(札幌地決令2・1・20)

▽氏名不詳者によってインターネット上の動画投稿サイトに投稿された動画等の内容が原告らの名誉・信用を毀損するものであり、また、それが原告らに対する嫌がらせないし復讐を主たる目的とするもので専ら公益を図る目的によるものとはいえないとして、当該動画投稿サイトの管理者である被告に対する当該動画等の削除請求及び発信者情報の開示請求が認められた事例
(徳島地判令2・2・17)


知的財産権

○特許発明を実施した特許権者の製品において、特許発明の特徴部分がその一部分にすぎない場合の特許法102条1項(令和1年法律第3号による改正前のもの)所定の損害額の算定方法、同場合の「単位数量当たりの利益の額」の算定方法及び判断基準並びに同項ただし書の事情として認められる事情について判断した事例
(知財高判令2・2・28)


◆最高裁判例要旨(2020(令2)年8月分)


判例評論

44 検索結果削除請求を認容した事例
(札幌地判令1・12・12)……志田陽子

45 平成29年選挙における東京都議会選挙区の適法性・合憲性
(最三判平31・2・5)……櫻井智章

46 固定資産評価審査委員会に審査の申出をした者が同委員会から棄却決定を受け、その取消訴訟を提起した場合に、同委員会による審査の際に主張していなかった事由を取消訴訟で新たに主張することは許されるとされた事例
(最三判令1・7・16)……海道俊明

47 1 日米地位協定刑事特別法12条2項の緊急逮捕規定は、米軍により現行犯的身柄拘束を受けた者の身柄引渡しに適用される限りにおいて、憲法33条に違反しないとされた事例

  2 米軍に拘束された者の身柄引受けの遅延及びその後の日米地位協定刑事特別法12条2項に基づく緊急逮捕が、いずれも国家賠償法上違法とされた事例
(那覇地判平31・3・19)……森川恭剛

48 親権制限と児童福祉法28条の関係
(大阪高決令1・5・27)……髙橋大輔
おすすめの購読プラン

判例時報 雑誌の内容

  • 出版社:判例時報社
  • 発行間隔:旬刊
  • 発売日:毎月1,11,21日
  • サイズ:B5
最新重要判例の全文を報道する法律専門誌
調査・判例入手に必読の資料。主要な最高裁判例及び重要な下級審判例の全文を掲載。判例の背景、要旨、意義等についての解説が付されている最も一般的な判例紹介誌。「最高裁判所民事(刑事)破棄判決等の実情」など最高裁判所調査官が最高裁判例を紹介・解説した記事が掲載されるほか、各種連載記事や論文も掲載されている。

+   判例時報の目次配信サービス

判例時報を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年11月20日発売

目次: ◎第1特集
「手取り22万円の会社員も」「アルバイトで元手50万円から」「妻は貯金、夫は投資で! 」
1億円の作り方
●Prologue:目指せ1億円!
・貯金を味方に
・億を作る7つの鉄則、ほか
●PART1:日本株で増やす
・“ほっとけ投資”で1億円
・安定増配株でコツコツ1億円、ほか
●PART2:米国株・ETFで増やす
・注目テーマで7年で1億円
・インデックス投資だけで1億円
●PART3:投資信託で増やす
・積立&売却の変則ワザで1億円
・逆バリ積立で1億円
●億り人の手法で選んだ日本株・米国株&ETF、・投資信託オススメ38銘柄も!
●column:億り人の情報源は?

◎第2特集
米中の大手IT企業も熱視線!
「ゲーム」「アニメ」「音楽」
コンテンツ株大研究
●検証! 負けない理由は後追いできないIP力!
日本のコンテンツ株がGAFAMに飲み込まれない秘密
●Group1:日本を代表する2大IP株
●Group2:IPをつくる株14
●Group3:IPを支える株8

◎第3特集
日本&米国の高配当株が72銘柄!
毎月配当カレンダー2022年1月~12月
●綴じ込み付録:銘柄管理シート
●高配当株で暮らすyasujiさんに聞く配当生活を実現するワザ4

◎第4特集
駆け込み! ふるさと納税2022年版
●やり方や限度額、今年の大ニュースも!
●ふるさと納税のキホン! 確定申告がメチャ楽に!

◎別冊付録
9ジャンルからチョイス! ふるさと納税大カタログ83
●カテゴリー1:今年の流行モノだってふるさと納税でゲット!
●カテゴリー2:テレワーク・ランチにぴったり!
●カテゴリー3:牛肉
●カテゴリー4:豚・鶏肉・加工品
●カテゴリー5:魚介
●カテゴリー6:果物
●カテゴリー7:野菜・米
●カテゴリー8:鍋もの
●カテゴリー9:飲料

◎大好評の連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所2021年10月編
「新規上場4社中で2社が強気に! 」
●自腹でガチンコ投資! AKB48株バトルサード・シーズン ガチ
「首位奪還! 米国株で死守します」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「思わせぶりなヒゲにドキッ」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.62「中国で強まる企業の“束縛”の背景」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「安すぎるのはもう終わり! マンションの積立・管理費が急騰中ヤバイ! 」
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「前月比で減配したのは100本中6本! はたして本当の利回りは?」

参考価格: 780円 定期購読(1年プラン)なら1冊:665円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年11月26日発売

目次: 《図解》金持ち夫婦への道

投 資 入 門
すぐマネできる「大きな視点」

似鳥昭雄の経済予測はなぜ、的中するのか?
到達額シミュレーション45コース

年代&手元資金別
《プチリッチ VS 超リッチ》人生安心マネープラン
30代▼782万~5939万円 ………………… 貯金はわずかでも、「投資の最強武器」を持っている
40代▼1263万~5631万円 ……………… 出費かさむ世代。「余裕資金で長期運用」を心がけよ
50代▼1455万~4871万円 ……………… 投資額を増やせる時期。「安定運用」で確実に利益を
60代▼893万~3859万円 ………………… 退職金で金持ちに。個別株より「分散投資」で守れ
70代▼552万~2564万円 ………………… 貯金取り崩し突入。「元本重視の安全志向」にシフト
アメリカ、フランス、中国の考え方を徹底比較

海外の夫婦は、どんな資産運用をしている?
《実録》「5000万円の資金が1500万に」自信満々パワーカップルの典型的失敗例
歴史が実証! 今日スタートしても遅くない

本気攻めの「米国株」教室
▼そもそも「米国株」とは?― ビギナー編もご用意
誘われても、手を出しちゃだめ

素人厳禁! 儲かるけど超難しい投資セレクション
最近、始める人が急増!

もう一度、キホンから学ぶ「iDeCo&NISA」ほったらかし投資
就職人気ランキングと大違い

Z世代の未来志向「投資したい企業、したくない企業」
孫正義も認めるマネーのプロフェッショナル

襟川恵子「投資1年生へ、5つのアドバイス」
仕事にも生きる「リスクの哲学」レッスン

投資向きは、男か女か?大きく儲ける行動経済学
▼夫婦の裁量権を平等にしてはいけない
▼高リスク資産は夫、安全資産は妻が担え
▼業者担当者の人物審査は妻に委ねるべし
▼2人の現金を足して「2馬力」でいけ ほか
見習いたいこと、見習ってはいけないこと

富裕層の投資は、そもそも「目的」が違う
まるで、リアル経済ゲーム

毎日楽しい♪「日本株投資ライフ」入門
▼デイトレード▼株主優待グルメ▼配当狙い▼お土産回収▼HAPPY銘柄
岸田政権に期待しているこれだけのこと

竹中平蔵「2022年、日本経済は急回復する」
《実録》「30万円が6年間で9000万になる」パソコンに入れる投資システムの値段は?
私が詐欺師なら、ターゲットは東大生

中野信子「うまい話に騙される人、騙されない人」
好評連載
人間邂逅[802]

●𠮷田多孝×古河久人

再び交わった同郷の「絆」
茂木健一郎の「成功への物語」[248]

メタバースは本当に次のトレンドになるのか?
「橋下 徹」通信[136]

地方政治での有権者の体感こそが政権奪取のカギである
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[74]

ケンカばかりの夫婦に学ぶ「粘り強い生き方」
三浦瑠麗の「私たちの民主主義」[16]

人流制限ではなく通常医療への移行を
職場の心理学[740]

解決!上司を悩ますリモート会議の3大問題
運命の1年、リーダーたちの時の時[10]

●日本たばこ産業社長・寺畠正道

1999年
大前研一の「日本のカラクリ」[280]

岸田新政権「所得と分配」論が根本から間違っているワケ
飯島 勲の「リーダーの掟」[302]

国際舞台で引っ張りだこの岸田新首相
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[75]

自由を第一義に置く大国 フランス
渡瀬裕哉のワシントン便り[24]

なぜバイデン政権は増税に踏み切れないか
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[44]

身につけば差別化が図れる!「読解力」の磨き方
牙を剥く香港 [12]

デモの挫折でうつに 若者は何を目指すのか
本の時間 新刊書評

山口 周評 川内イオ著『ルトガー・ブレグマン著『希望の歴史 人類が善き未来をつくるための18章』(上・下)
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

檀 正也 著『リフォームの魔法』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

東海友和 著『イオンを創った男 「人間」岡田卓也と『十章』を読む』
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[42]

室温
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[44]

「お金を動物に例えたら?」成功する人はこう答える
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[34.]

女心がわかる男は、守れない約束をしない
プレジデント言行録
プレジデントINFORMATION
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

3 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年12月01日発売

目次: 【特集:国家・国民を守れ】
■櫻井よしこ/横暴中国に立ち向かえ
■グループ2021/国家安全保障戦略に軍事戦略は不可欠だ
■兼原信克/デジタル安全保障 敗戦から立ち上がれ
■湯浅博/習近平を襲う「衰退への恐怖」
■井上久男/日本製鉄はなぜトヨタを訴えたのか

【特集:衆院選振り返り】
▼久保田正志/自民選対の「やばい」でみんな外した事前予測
▼長尾敬/大阪で自民全敗 維新と差別化図れず
▼松本尚/病院勤務医が初当選をつかむまで
▼久米晃/自民勝敗のカギ握る 保守的な無党派層
▼梅澤昇平/野党共闘の恐ろしさを知れ
▼林智裕/おとがめなしの野党の「風評加害」
▼森喜朗/勇気が要った「福田康夫総理」

【特集:中国の人権弾圧】
●三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑤」容赦なき危険分子扱い
●「証言1」マウラン(男性)「中国に戻らなくていい」
「証言2」ムハンマド(仮名・男性)「仕送り断たれ大学中退」
●ペマ・ギャルポ、楊海英、アフメット・レテプ/押し寄せる「赤い波」

【特集:眞子さんの結婚】
つげのり子/残念だった相談役の不在
江崎道朗/皇室支える仕組みの再建を
工藤美代子/文明遺産の保持へ早急にやるべきこと

【特集:真珠湾攻撃から80年】
将口泰浩/日系人の運命変えたゼロ戦の不時着
岡村青/かくして日本軍は敵の目を欺いた
早坂隆/特殊潜航艇「九軍神」の実像

【特集:歴史戦】
アール・キンモンス、ロバート・D・エルドリッヂ、ジェイソン・モーガン/在日米国人による在米反日勢力との闘い
古森義久/日本叩きサイトが存続した理由と末路
西岡力/国際広報強化で中国にも反論せよ
グレンコ・アンドリー/反日プロパガンダ強めるロシアの思惑
矢板明夫/日本に構う余裕なし

好評連載!
▼河村直哉/【産経新聞の軌跡―昭和20年代編 第2回】
産業経済新聞ゆえの反共
▼宮本雅史/【訥行塾】⑦若手官僚らが国家のあり方を考える/今こそ教育に「武士道」を

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年12月07日発売

目次: Special Report
真珠湾攻撃・日米開戦80年
戦争の記憶
キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が
海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う
前編 櫻井翔と「戦争」 戦没した家族の記憶

デルタ株を超えるオミクロン株
新型コロナ 変異スピードを遅らせるには世界的なワクチン接種が不可欠

なぜ君たちは与党になれないか
日本政治 新代表を選んだ立憲民主党が政権交代するために足りないもの

Periscope
CHINA 習近平の「賭博狩り」がマカオを追い詰める
FRANCE 「フランスのトランプ」がついに出馬表明
UNITED STATES アメリカの中絶事情が半世紀ぶりに一変?
GO FIGURE コロナ禍で激変する世界のネット事情

Commentary
分析 中ロは真珠湾攻撃の轍を踏むか──楊海英
南米 チリ大統領選で極右躍進の理由──アンドレス・ベラスコ
視点 コロナのさなかに世界を旅して──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
司法をすり抜けるアメリカの差別──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
物価高騰が示す「歴史的な転換」── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
怠惰な妻に財産を渡したくありません
Book Booing 本好きに捧げる ホメない書評
「予知夢」が当たるメカニズム──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
不器用さと様式美の『男はつらいよ』── 森達也

World Affairs
北朝鮮 平壌の外交官が送る不条理な日々
米ロ関係 緊迫ウクライナの出口は
韓国 独裁者の評価が二分する国

Features
アフリカ イスラム国が狙う次の主戦場

Life/Style
Movies 1960年代のロンドンにようこそ
Movies マルチ俳優が語る複眼的ホラー映画観
Books メキシコ麻薬戦争の不都合な真実
My Turn 土に返ってリンゴも育つスニーカーが僕の夢

Picture Power
暗黒郷アマゾンはどこまで続く

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
日本人に捧げるイランの「肝臓」表現

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:397円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/11/30
    発売号

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

最大
27%
OFF
送料
無料

月刊経理ウーマン

2021年11月15日発売

目次: 月刊経理ウーマン

□2021/11/15発売号(現在発売中の号)


【特別企画】
コロナ禍のいまこそ無駄な経費がないか見直そう!
固定費の「たな卸し」─ズバリここが着眼点だ!!

ようやく収束の兆しが見えてきましたが、このコロナ禍で売上や利益が減少した企業は少なくありません。ただ、一方ではコロナ禍による移動やイベント、交際の制限により減っている経費もあります。このような時こそ経費、特に固定費を見直すチャンスです。人件費や家賃・リース料、通信費、光熱費、消耗品費、手数料等々の固定費は見直さない限り一定の額が文字通り固定されて出ていきます。また、徐々に増えていく傾向にあるのも固定費の特徴です。コロナ禍のいまこそ固定費を見直し、その削減を図ってはいかがでしょうか。今月の特集では固定費の「見直し・たな卸し」の着眼点を解説します。

【その他の記事】
◆改正「育児・介護休業法」の内容と会社の対応ポイント
今年6月に育児・介護休業法が改正され、2022年4月1日より段階的に施行される予定です。改正の目的は従業員が育児・介護を理由として離職することを防ぎ、男女ともに仕事と育児、介護の両立を可能にする労働環境をつくることにあります。「育児・介護休業法」が改正されることで会社としても新たな対応が求められるでしょう。改正「育児・介護休業法」の内容と会社としての対応策をアドバイスします。

◆「役員からの借入」「役員への貸付」にまつわる税務の知識Q&A
会社が社長から借入をする、あるいは会社が社長に貸付をするといったケースは案外多くあります。社長からの資金の借入についてはそれほど大きな問題はありませんが、逆に会社からの社長貸付については税務調査で問題とされることがあります。ここでは「役員からの借入」「役員への貸付」にまつわる税務の知識をQ&Aで解説します。トラブルを未然に防ぐためもあらかじめ知識を頭に入れておきましょう。

◆近頃はやりの「リースバック」のことが理解できる30分講座
リースバックとは、自宅や事務所、店舗などをいったん事業者に売却し、そのまま賃貸をして利用し続けることができる資金調達の方法です。最近は老後資金の調達等のために個人がリースバックを利用するケースも増えていますが、もちろん会社や個人事業主が使うこともできます。会社所有の事務所や店舗、機械・設備機器などの資産をいったん事業者に売却して資金を調達し、一方で事務所や機械設備等はリースで利用するといった使い方です。ここでは最近注目されているリースバック内容や利用方法を専門家が解説します。

◆2022年1月から施行される「電子保存の義務化」の内容が分かるQ&A
来年1月から電子データの保存ルールが大きく変わります。改正の内容は承認制度の廃止やスキャナ保存の要件緩和等ですが、なかでも身近な改正が「電子取引」の保存方法に関するものです。今後、ネットで送られてきた請求書やWebサイトからダウンロードした領収書等、電子データについては保存方法に注意する必要があります。2022年1月から施行される「電子保存の義務化」の内容をQ&Aで分かりやすく解説します。

◆年末・年始に絶対お薦めのシネマ決め打ち12本
コロナ禍で旅行もままならないとなると自宅や近場で年末年始休暇を過ごすしかありません。そこでお薦めしたいのが映画鑑賞です。映画館であればおしゃべりすることもなく、空いている時間帯や曜日にマスク着用で鑑賞すれば感染リスクは低いはず。ここでは年末・年始に絶対お薦めのシネマ決め打ちを12本ご紹介します。笑って泣いて今年一年の憂さを晴らしましょう!!

◆有名人が語る「わたしの金銭哲学」(松重豊さん)
各界の有名人にお金にまつわるエピソードや哲学をうかがう本連載ですが、今回は、大学卒業と同時に蜷川幸雄主宰のGEKISYA NINAGAWA STUDIOに入団、演劇活動を始め、2007年、「第62回毎日映画コンクール」で 男優助演賞を受賞。以降、テレビ、映画、舞台と幅広く活躍。2012年、テレビ「孤独のグルメ」(テレビ東京)で初主演を務める松重豊さんにご登場いただきました。

◆特別付録/令和3年版「年末調整まるかじり」
今年も年末調整の時期がやってきました。今年の年末調整では昨年ほどの大きな改正はありませんが、年末調整申告書を電子データ等で提供する場合の税務署長の承認廃止などに注意が必要です。本付録では年末調整の基本知識から改正ポイントまでをビギナーにも分かるようにレクチャーしますぜひお役立てください!

【連載記事】
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他

参考価格: 980円 定期購読(3年プラン)なら1冊:711円

経理業務のことならおまかせ!あなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/20
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

7 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年12月06日発売

目次: サントリーHDの新浪剛史社長が提唱した“45歳定年制”は、「要はリストラではないか」と猛反発を受けました。しかし実際には70歳までの雇用機会確保が企業の努力義務とされるなど、流れは定年延長に傾いています。今や65~69歳の高齢者の5割近くが働き、その過半はパート・アルバイトです。

職業人生が長期化する中で、老後を豊かなものにするためにはどのようなキャリア設計をするべきか。「定年」という大きなエポックを軸に、シニアとその予備軍の置かれている現実を徹底取材しました。

【特集】定年格差
[ 図解 ] 止まらない高齢化 働くシニアの「今」
[ 退職金 ] 手取りで選ぶか安定優先か 一時金と年金、どちらが有利?
[ 役職定年] 肩書が外れ給料も下がる日 50代後半、人生先が見えてきた

働き続けるのもいいけど、年金はどうなる?
受給開始年齢に見る 年金増減率シミュレーション 井戸美枝

PART1 「70歳まで現役」時代が来る
大手正社員を辞めても道は開ける 元エリートたちの「奮闘」
[ ケーススタディー① ] 東京海上日動火災保険 社内公募にチャレンジ 25年の経験が生きる
[ ケーススタディー② ] 電通 鹿児島の山間部に移住 安心して飛び出せた
[ ケーススタディー③ ] パソナグループ 元アパレルや元教員も 他業界からも受け入れる
[ トップインタビュー ] YKK会長 猿丸雅之 「定年廃止は公正が基本 決して甘い制度ではない」

[ Q&A/ここが変わった! ] 改正高年齢者雇用安定法
「定年が来た!」7000人アンケート
  7000人のミドル・シニアが語る 「もはやシニアと実感するとき」
逃げ遅れた人、逃げ切れた人 第二の人生でついた明暗

[ 誌上討論 ] キャリアの見直しか、強者の論理か 早期定年制度の導入は是か非か
 [ 容認派 ] 東京大学大学院経済学研究科教授 柳川範之 「40歳でキャリアを見直せ」
 [ 懐疑派 ] 明治大学公共政策大学院専任教授 岡部 卓 「早期定年は強者の論理だ」
[ インタビュー ] 賢人に聞く 丹羽宇一郎 「定年って何だ! 生き方は年と関係ない」

PART2 脱・“働かないおじさん”
紙1枚で「職務」に値段がつく ジョブ型導入が始まった
[ ケーススタディー① ] 日立製作所 10年前からの取り組み 労組まで巻き込んで議論
[ ケーススタディー② ] 富士通 課長決定はポスティング 重み増す人事部の役割
職務以外はやらなくていい? ジョブ型で問われる管理職のいす

[ 異論反論 ] 社員の成長のために可視化せよ 日本版ジョブ型雇用が必要だ ENTOENTO代表 松本順市
FIREのように派手でなくていい 失敗しないシニア起業術 上水樽文明
キャリア形成か、「好きを仕事に」か 中高年の副業と学び直し 藤木俊明
“車内で待機”から「スーパー顧問」まで 65歳からのハローワーク
同一労働同一賃金の衝撃度 厚遇正社員の手当はなくなる?
[ インタビュー ] 社長に直撃 ノジマ社長 野島廣司 「80歳超えても働ける会社に」

【産業リポート】稼ぐ集英社と消える書店 出版界であわらになる格差
日本出版販売社長 奥村景二 「手を取り合って出版流通改革を進める」
有隣堂社長 松信健太郎 「出版ビジネスはもう限界 書店の役割を再定義せよ」

【ニュース最前線】
金融庁が行政処分で指摘 みずほのガバナンス不全
今度は裁判所が「待った!」 泥沼の関西スーパー争奪戦
銀座のビル賃料が沸騰 中心と外縁で進む二極化

【連載】
|経済を見る眼|プッシュ型の現金給付は実現できる|佐藤主光
|ニュースの核心|企業物価の上昇で日本もインフレに突入するか|山田雄大
|発見!成長企業|デジタリフト
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|リンクアンドモチベーション 会長 小笹芳央
|フォーカス政治|コロナ敗戦の責任と野党の選挙敗北|山口二郎
|中国動態|「脱炭素」と「成長」の二兎を追う中国|福本智之
|財新 Opinion&News|中国のTPP参加は「WTO加盟」を手本にせよ
|グローバル・アイ|脱炭素を挫くエネルギー危機 克服のカギは「世界燃料備蓄」|ジム・オニール
|Inside USA|米韓接近で広がる内外の溝 朝鮮戦争「終戦宣言」の現実味|ジェームズ・ショフ
|FROM The New York Times|ヘアカーラーを着け堂々外出 韓国若年女性が映す世代分断
|マネー潮流|パウエルFRB議長再任後の金融政策|木内登英
|少数異見|結婚騒動を注意しない新聞の堕落
|知の技法 出世の作法|ベラルーシ経由の難民流入で 緊張する欧州とロシア|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|「自信過剰」なCEOが利益を上げるのはなぜか|山本裕一
|話題の本|『四国辺土 幻の草遍路と路地巡礼』著者 上原善広氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|ゴルフざんまい|中島啓太の勝利は入念な準備の賜物|三田村昌鳳
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|

定期購読(学割1年プラン)なら1冊:396円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/11/29
    発売号

  • 2021/11/22
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/11/08
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

8 週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

最大
45%
OFF
送料
無料

週刊ダイヤモンド

2021年12月06日発売

目次: 特集
最新! 超楽チン理解
決算書100本ノック!
2022年版

Part 1 決算書を理解する!
PL どれくらい売ってもうけたか 損益計算書
BS どうおカネを集め何に使ったか 貸借対照表
CF 本当のおカネの流れを示す キャッシュフロー計算書

Part 2 2022年版 決算最速反映! 決算書100本ノック!
財務諸表は視界不良の世界の羅針盤! 最新決算事例で易しく理解!
ANA・JAL 2期連続の大赤字で直面する ANA「財務3大恐怖」の連鎖
楽天グループ 携帯赤字で急浮上する三つの資金繰り策 生煮えの楽天銀行IPOに頼る理由
損害保険(MS&AD) 「人件費・代理店手数料」を独自試算! 海外大手と戦える水準が判明
野村HD またも米巨額損失で大ゴケ 野村の「二大リスク」が顕在化
みずほ システム障害8回も純利益8割増 子会社株売却の「カラクリ」
スルガ銀行 アパマンの“自己資本毀損”危険度は? 融資「帳消しリスク」を大試算
セブン&アイ 北米の「ガソリン価格」が命運握る? 巨額買収の「脱炭素」リスク
イオン ウォルマートとのIT投資格差は歴然 EC売上高「5年で14倍」は大風呂敷?
百貨店 コロナ後でも苦しい理由を独自試算! 百貨店2割増収でも低利益
カプコン カプコン8期連続増益を支える 低開発費と旧作販売術
ビール 次の一手、「時期とジャンル」を分析 ビール2強のM&Aが凪
武田薬品工業 武田薬品が「PBR1倍割れ」の屈辱 6兆円買収のブーメラン直撃 大手製薬独り負けの末路
大和ハウス工業 不動産業で攻め切れない股裂きの苦悩 三井不との「借金格差」鮮明
全農とホクレン 三菱商事を凌ぐ北海道・ホクレンの配当力で 広がるJA全農との経営格差
JR4社 55歳以上社員が大量退職 5年後の人件費格差を初試算
日産自動車 トヨタと明暗分ける「値引き」裏事情 1兆円減収でも利益増の「謎」


News

(1)Close Up 急転直下でSBI傘下入り濃厚に 新生銀「防衛策撤回」の裏事情


特別インタビュー
山口FG「クーデター」の真相激白
CEO解任根拠の再調査を
吉村 猛●山口フィナンシャルグループ取締役


オフの役員 森 圭子●ダイキン工業執行役員


ウォール・ストリート・ジャーナル発
コロナ変異株に市場動揺、米利上げシナリオ修正も
オミクロン株、製薬会社が対応着手 12月半ばにデータそろう見込み
世界が目指す「国産」半導体、熱帯びる投資競争


政策マーケットラボ
世界経済回復で見直される日本株の“追い風”3業種
松本聡一郎●クレディ・スイス証券 プライベート・バンキング チーフ・インベストメント・オフィサー・ジャパン(日本最高投資責任者)


Data

数字は語る
0.021%ポイント 2018年度から40年度における薬剤費(対GDP)の年間平均の増加分●小黒一正


連載・コラム

井手ゆきえ/カラダご医見番
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
牧野 洋/Key Wordで世界を読む
山本洋子/新日本酒紀行
長谷川眞理子/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
校條 浩/シリコンバレーの流儀
後藤謙次/永田町ライヴ!
From Readers From Editors
世界遺産を撮る

ビジネス掲示板
This is.(JT)

定期購読(3年プラン)なら1冊:398円

書店で一番売れているビジネス週刊誌(ABC協会調べ)東証企業情報満載

  • 2021/11/29
    発売号

  • 2021/11/22
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/11/08
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年11月20日発売

目次: ■特集1 1億円で安心リタイア

●1億円で安心リタイア 老後資金FIRE資金はこれで万全! (018p)
●自分年金1億円の方程式 人生100年時代でも心配無用! (020p)
●65歳からもらえる年金額をズバリ試算! 年齢 ・ 世帯タイプ別(022p)
●年金の目減りにはこうして備えよ いくらもらえる? 制度はどう変わる? (024p)
●老後資金づくりの黄金ルール 長期で着実に資産を増やす(026p)
●失敗しない長期運用のツボ 教えて! 小松原さん(028p)
●橘 玲さん 好きな仕事と長期積み立てで長い人生を豊かに生きる(029p)
●最強日本株&米国株で資産を大きく増やす! 高成長 ・ 高配当のお宝を狙え(032p)
●高成長期待の中小型株で資産づくり 未来のスター株を発掘! (034p)
●超割安な高配当株でガッチリ稼ぐ 値上がりと高配当をダブルで狙う(038p)
●カレンダー投資で毎月配当を手に入れよう! 株主優待も要チェック(040p)
●大化け期待の米国株で稼ぐ! 長期で成長する銘柄の宝庫(042p)
●年齢 ・ 年収別FIRE資金のつくり方 アーリーリタイア成功への道(046p)
●収入、支出、貯蓄の中身を大解剖! 安心FIRE達成のための(048p)
●FIRE必要資金シミュレーション 利回り ・ 年収別(050p)
●FIRE達成者 FILE1 配当株 ・ 優待株投資30年 憧れの配当生活を満喫中(052p)
●FIRE達成者 FILE2 積み立て投資で資産形成 早期退職応募でFIRE(054p)
●iDeCoとつみたてNISAでしっかりコツコツ老後資産づくり税制優遇制度を賢く使いこなす! (056p)
●2022年のiDeCo改正ポイント 使い勝手が大きく変わる(058p)
●企業型DCとiDeCo賢い使いこなし方 マッチングそれとも並行加入? (060p)
●24年からの新NISAの変更ポイント 一般NISA利用者は注意(062p)
●お金の不安がなくなる不労所得&ちょい稼ぎ 会社員でもできる不動産投資ノウハウも(064p)
●老後の安定収入をつくる不動産投資のキホン 専門家がノウハウを伝授(066p)
●夢の家賃収入をゲット! サラリーマン大家への道 情報収集と行動力が成功の鍵(068p)
●スキルシェアでちょい稼ぎ 月数万円の収入が生むゆとり(070p)
●シニアのお仕事図鑑 リアル働ける場は? (072p)


■特集2 年末相場で稼ぐ! スゴ腕の勝ちワザ&勝負株

●スゴ腕の勝ちワザ&勝負株 年末相場はこう稼ぐ! (080p)
●急騰 ・ 急反発銘柄でひと稼ぎ4つの勝ちワザで短期間に儲ける(082p)
●下落局面で大化け株を仕込む狙い目は中小型の成長株と割安株(086p)
●IPO銘柄の有望株で大勝ち狙い2年以内に上場した銘柄を厳選(090p)
●もし波乱相場になったら 持ち高調整や銘柄入れ替えで対応(093p)


■特集3 家計の危機管理

●想定外に備える家計の危機管理 年末に総点検! (110p)
●資産の棚卸しをして必要十分な予備費を確保する まずは預貯金&保険の把握から! (112p)
●家計の危機別保険での賢い備え方 必要な保障の見極めが大切! (114p)
●家計のピンチに役立つ! 知っておきたいお金の知識 こんな時どうしたらいい? (116p)


■表紙の人

●西野 七瀬 女優 自分だけは彼女の味方。そう思いながら演じました(012p)


■先読みTIMES

●今月のキーワード 4~9月期 企業業績日本株、業績好調も供給網混乱が重荷 内需関連は買いの好機か(014p)


■先読みCALENDAR 2021 12月

●米連邦債務問題による株安は安値の拾い場か(016p)


■DUKE。さんの新高値ブレイク投資入門

●高値で買ってさらに高値で売る様々な利点がある成長株投資法(076p)


■もっと得する株主優待生活

●桐谷さんが選ぶ今月の9銘柄 NISA枠で買いたい優待&配当株 2021年版(096p)
●12月に取れるお得優待(098p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●長期保有で大きな利益が狙える銘柄(103p)


■米国株投資家もみあげの現地リポート

●米テスラ株、2年で25倍高の舞台裏(118p)


■Money Interview

●真壁昭夫 経済学者、法政大学大学院教授モノづくりの技術を磨き上げ新たな市場で価値を生み出せば日本経済は復活できる(120p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●バブル投機の今、金融課税強化はあってもいい(124p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●激動のコロナ相場、本番は2022年(126p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●進むESG投資、株高に期待できるか(128p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●岸田政権の 「甘利越え」 を試す日本株(130p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●コロナ後から始まる日本のデフレ脱却(132p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●未曽有の金融緩和がもたらすもの 世界経済を揺るがすインフレと中国リスク(134p)


■マネーの履歴書

●ナウキャスト CEO(最高経営責任者) 辻中 仁士さんニッチな分野の仕事こそ、情熱を注げば面白い(136p)


■マルトクセレクション

●保険料控除証明書を一元発行 ほか(138p)


■横山利香の塩漬け株クリニック

●今月の塩漬け株 小野薬品工業 (東1 ・ 4528) (139p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 SEASON2 成長株編

●技術力を伸ばしている自社製品も作る卸売業関連銘柄(140p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●東証再編、LNG高騰、車載電池投資 爆騰材料を秘めた中小型3銘柄(142p)


■最新! 投信ランキング

●劣後債投資で高利回り確保 投資はリスクを理解した上で(144p)


■生保損保 業界ウオッチ

●どのチャネルで加入しても後悔しない商品選択を(146p)


■佐々木明子のニュースな日々

●消費拡大への期待高まる年末商戦 背後にはサプライチェーンの複雑な問題も(147p)


■ネット証券DATA

●11月2日現在(10%税込み表記) (148p)


■マネー ・ データバンク

●11月8日現在(150p)


■役に立つ! 投資用語集

●株式用語/投資信託用語(151p)


■Readers’ FORUM

●今年中にやっておきたいこと(152p)


■Money Books

●お金 ・ 仕事 ・ 家事の不安がなくなる 共働き夫婦 最強の教科書 ほか(153p)


■別冊付録

●勝ち株!カレンダー 2022
●金&プラチナ入門

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

判例時報の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌