病院 発売日・バックナンバー

全210件中 31 〜 45 件を表示
3,300円
■特集 ワクワクする病院組織づくりは可能か――人間重視の病院組織マネジメント■
□病院の組織マネジメントのあり方
現代日本の病院の組織マネジメントと人材マネジメントのあり方(川村 尚也)
幸福経営による病院組織マネジメント(前野 隆司)
□組織マネジメントの実際
マインドフルネスと病院組織マネジメント(熊野 宏昭)
ポジティブ心理学と対話を通じた病院組織マネジメント(小林 正弥)
ホスピタリティマネジメントと病院組織マネジメント(吉原 敬典)
病院における経験学習(松尾 睦)
ナレッジマネジメント(知識経営)と組織活力(紺野 登)
病院におけるミッションマネジメント(守屋 文貴)
ワクワクする組織を創造する(勝原 裕美子)
地域包括ケアを実現させる組織マネジメント(小室 貴之)


□対談
職員が安心して働ける「やさしい施設」づくり(前原くるみ×松原由美)
□特別記事
診療放射線技師法改正により期待される診療放射線技師の活躍(上田 克彦)


●アーキテクチャー×マネジメント[83]
岩手医科大学附属病院(近藤 彰宏)

●これからの病院経営の考え方[7]
コロナ禍での手術,内視鏡検査(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[8]
労災事故への対応――「パワハラによるうつ病」と申請された例を中心に(長谷川 葵)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[44]
医療・介護サービスを提供する複合体 Les Abondances-Le Rouvray高齢者総合センター(松田 晋哉)
3,300円
■特集 病院とお金の深い関係■
□総論
病院経営における資金の重要性(松本 庄平)
□病院に入るお金の最大化
医療機関のための補助金や融資――新型コロナウイルス感染症対策への支援を中心に(前田 由美子)
病院における寄附の活用法(星 北斗)
病院の資金調達手法――融資(ファイナンス)・リース・ファクタリング(岡安 保雄)
医療法人債,社会医療法人債,ファンドおよびヘルスケアREITの活用(長谷川 英司)
キャッシュレス化の現状と病院への導入の課題(熊田 健一)
未収金管理――発生予防から入院保証金制限への対応,法的回収まで(棚瀬 慎治)
医療現場におけるクラウドファンディングの活用法(金久保 智哉)
□病院から出ていくお金の最小化
病院の設備投資の最適化(関 丈太郎)
病院経営にとっての適正な納税(青木 惠一)
医療法人の経営に資する会計監査の受け方(石尾 肇)


□対談
病院経営の姿勢から考える資金調達(中村康彦×川原丈貴)
□特別記事
救急救命士法改正により期待される病院救急救命士の動向(鈴木 哲司)


●アーキテクチャー×マネジメント[82]
虎の門病院(永井 豊彦)

●これからの病院経営の考え方[6]
曜日ごとの病床稼働率から考える病院マネジメント(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[7]
ハラスメント対応――パワーハラスメントの例をもとに(長谷川 葵・堀田 克明)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[30]
社会医療法人ささき会 藍の都脳神経外科病院
脳卒中治療を軸とした医療・介護の垂直統合を実現する病院(深澤 宏一)
3,300円
■特集 新・ケアミックスが病院を変える――超高齢社会の患者ニーズの複合化への対応■
□ケアミックス化の必然性
データから考えるケアミックス化の現状と課題(松田 晋哉)
医療経営学からみたケアミックス化の構造と利点(西田 在賢)
□新・ケアミックス化の潮流
急性期病院におけるケアミックス化の意義と課題(園田 幸生・森田 絵茉)
地域一般病院におけるケアミックス戦略(西野 憲史)
回復期リハビリテーション病院が取り組む地域ケアミックス戦略(児玉 直俊)
大都市での地域包括ケアシステム,そしてケアミックス化――安心・安全なまちづくりへの貢献(金 光宇)
過疎地域におけるケアミックス戦略(加藤 節司)
医療・介護の複合化戦略としてのケアミックス(星野 豊)
医療・介護の複合化戦略としてのMedical Neighborhood(馬場園 明)


□対談
これからのケアミックスの在り方(原祐一×松田晋哉)

□研究
財務指標の妥当性と信頼性を高める病院原価計算システムの再設計――運動器ケアしまだ病院を事例として(黒木 淳・岩崎 僚・ 島田 永士・藪野 加弥子)


●アーキテクチャー×マネジメント[81]
宮崎市郡医師会病院(富沢 照秋)

●これからの病院経営の考え方[5]
コロナ禍で考える病床稼働率と病床利用率(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[6]
非正規従業員を巡る問題(2) 非正規従業員の労務リスク(高坂 敬三・堀田 克明)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[43]
病院を中心としたケアミックス戦略――米国・モンテフィオーレシステムのACOモデル(松田 晋哉)
3,300円
■特集 次世代の病院経営者をどう育てるか■
□病院経営者に求められるものとは
病院経営者に何を求めるか(田中 滋)
□病院経営者をどのように育てるか
次世代の医療経営人材に求められる経営力強化の方策(田中 将之・今中 雄一)
ビジネススクールは病院経営者を育てることができるのか(渋谷 明隆)
公立病院の経営管理者をどのように育てるか(山口 武兼)
医療経営人材の育成 特に公的病院において(副島 秀久)
□病院を承継するために
病院事業の承継(赤羽根 信廣)
民間病院経営の承継に必要なこと 同族承継の場合(太田 圭洋)
民間病院経営の承継に必要なこと 同族承継ではない場合(宇野 雄祐)
民間病院経営の承継に必要なこと 近隣の医療法人との合併を経験して(大田 泰正)


□対談
病院経営者の育て方(河北博文×太田圭洋)


●アーキテクチャー×マネジメント[80](雲南市立病院 川原 尚樹)

●これからの病院経営の考え方[4]
感染対策のための施設基準と病棟改修の基本(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[5]
非正規従業員を巡る問題(1) 労務管理一般と業務請負(高坂 敬三・堀田 克明)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[29]
医療法人社団元気会 横浜病院――職員と将来のビジョンを共有し,前に進み続ける病院(深澤 宏一)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[12]最終回
分断を乗り越えて――新型コロナウイルスがもたらしたもの(堀 成美)
3,300円
■特集 データヘルスで変わる病院■
□総論
データヘルスの今後を俯瞰する(山本 隆一)
医療ビッグデータを活用する(田中 博)
マイナンバーカードの可能性――その発展性・拡張性(梅屋 真一郎)
マイナンバーカードを健康保険証として利用できる「オンライン資格確認等システム」(山下 護)
電子処方箋システムの構築に向けて(込山 愛郎)
自身の保健医療情報を活用できる仕組みの拡大(髙田 大輔・松村 漠志・鷲見 学)
□データヘルスの実践事例
次世代医療基盤法に基づくデータヘルス――千年カルテプロジェクトの今と今後(荒木 賢二)
リアルワールドデータの構築と活用――健康づくりのための魅力あるプラットフォーム構築の試み(中路 重之・三上 達也)
□データヘルスの潮流――海外の事例から
ドイツの治療用アプリ政策から考える日本の課題(川崎 真規)
オーストリアにおけるELGAシステム(松田 晋哉)
デンマークのデジタルヘルス――現状と教訓(遊間 和子・山田 肇)
台湾における医療データ活用(河合 基伸)


□対談
医療DXの未来形を探る(近藤博史×神野正博)
□特別記事
医療機関における「音声翻訳アプリ」の利用(医療者の期待,医療通訳者の受け止め(須田 拓実・村松 紀子・井上 悠輔)


●アーキテクチャー×マネジメント[79]
市立伊勢総合病院(中原 岳夫)

●これからの病院経営の考え方[3]
医業外収益
コロナ禍の補助金等について(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[4]
インターネット上の誹謗中傷への医療機関の実務対応(2)
発信者の特定と責任追及(増田 拓也)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[42]
DPC公開データおよび病床機能報告公開データを用いた病院の類型化の試み(松田 晋哉)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[11]
静岡県立静岡がんセンター感染症内科・倉井華子部長インタビュー(堀 成美)
3,300円
■特集 地域包括ケア時代における病院の在宅への関わり方■
□総論
ポストコロナ時代に病院が向き合う在宅支援(今村 英仁)
かかりつけ医機能としての在宅医療と病院での展開(迫井 正深)
これからの病院が避けて通れない在宅支援への関わり方(松田 晋哉)
□病院タイプ別の在宅支援のあり方
都市部における急性期病院の在宅支援のあり方(荒井 好範)
ケアミックス病院の在宅支援のあり方
全病床を地域包括ケア病床とした次世代型地域のホームホスピタル(右田 敦之)
ケアミックス病院の在宅支援のあり方――連携による地域全体への貢献を目指す(河野 稔文)
保健・医療・福祉複合体の病院グループにおける在宅支援の取り組み(塩田 正喜)
在宅療養支援病院は新型コロナ禍の下でどのように在宅支援を行ったか(織田 良正)
□大学病院と協働する在宅支援のあり方
総合診療科を有する大学病院の取り組み(牧石 徹也)
大学とともに歩む医療人育成の道――地域医療の現場から(石橋 豊)
中山間地域の小規模病院における在宅診療の今後のあり方(鈴木 賢二)
□病院に期待したい在宅支援のあり方
在宅医療側から病院に期待したい在宅支援のあり方(佐々木 淳)
患者側の視点から見た病院の在宅支援のあり方――生活者の視点を持ちながら患者を診る想像力を(秋山 正子)


□対談
急性期病院が在宅まで視野に入れるべき理由(猪口正孝×今村英仁)


●アーキテクチャー×マネジメント[78]
くぼのやウィメンズホスピタル(髙尾 昌和)

●これからの病院経営の考え方[2]
医業収支と経常収支が示すもの――当院の経営実績と全国赤十字病院との比較(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[3]
インターネット上の誹謗中傷への医療機関の実務対応(1)
初動対応と投稿の削除(増田 拓也)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[28]
社会医療法人生長会 ベルピアノ病院――急性期と在宅をつなぐ地域のコーディネーター(深澤 宏一)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[10]
感染症専門医・山口征啓医師インタビュー(堀 成美)
3,300円
■特集 超高齢時代のリハビリテーション評価■
□総論 リハビリテーションの評価
超高齢時代のリハビリテーション評価の在り方(金田 好弘・青柳 潤・内山 侑紀・道免 和久)
医療・介護の情報化に伴うリハビリテーション評価の方向性(松田 晋哉)
リハビリテーションにおけるアウトカム評価の意義(園田 茂)
リハビリテーションを軸とした医療と介護の連携の意義と課題(梅津 祐一)
□各論 医療の各フェーズにおけるリハビリテーションの現状と課題
急性期病院におけるリハビリテーション医療の意義と課題(中村 健・佐伯 拓也)
回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリテーションの意義と課題(宮井 一郎)
地域包括ケア病棟におけるリハビリテーションの意義と課題(田中 志子)
慢性期医療におけるリハビリテーションの意義と課題(橋本 康子)
介護老人保健施設におけるリハビリテーション指標と課題(東 憲太郎・大河内 二郎)
在宅医療における訪問リハビリテーションの意義と課題(鈴木 修)


□対談
これからのリハビリテーション医療(半田一登×松田晋哉)

□研究
急性期病院でリハビリテーションを受けた患者の退院後の経過と実態(柴橋 広智・村川 美幸・高窪 祐弥・髙木 理彰・村上 正泰)


●これからの病院経営の考え方[1]
連載の概略と病院の経営状況(小松本 悟)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[2]
対応困難患者への対応(2)
医師・看護師への暴言・暴力への対応(小林 京子・高坂 佳郁子)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[41]
新型コロナウイルス感染症と地域医療構想(松田 晋哉)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[9]
大船中央病院・須藤博院長インタビュー(堀 成美)
3,300円
■特集 働き方改革のための 生産性向上■
□総論
「働き方改革」から考える病院の労働生産性(佐野 哲)
サービス産業の生産性向上――「医は特殊」と「医は普遍」(村上 輝康)
医療・福祉サービス改革による生産性の向上(伊原 和人)
2040年に向けての医療機関における生産性の向上への取り組み――組織として生き残るために必要なこと(鈴木 大輔・有島 尚亮)
□生産性を上げるための健康経営の考え方と病院事例
健康経営優良法人制度の意義(渡辺 俊介)
病院が健康経営を行う意義(髙田 昌実)
□医師業務の生産性向上
特定行為に係る看護師の研修制度を活かす(星 北斗)
医師事務作業補助者の労働生産性拡大に向けた現状と課題(瀬戸 僚馬)
医師の業務を支援するAI問診(片山 覚)
AIによる画像診断支援の今日と明日(韓 昌熙・島原 佑基)
□看護業務の生産性向上
看護業務とチーム医療(習田 由美子)
看護業務効率化先進事例――働きやすさのバロメーターである「残業時間」「離職率」の低減に寄与したユニフォーム2色制とpolyvalent nurse育成(大平 久美・廣田 昌彦)
□薬剤師と管理栄養士の生産性向上
薬剤師の生産性を向上させる(川上 純一・青野 浩直)
管理栄養士の生産性を向上させる(宮島 功)


□対談
医療の質も生産性も上がる
明るい病院の改善活動
麻生 泰×神野 正博
□特別記事
“病院船”で何ができるか?――艦船による医療を考えるための予備知識(柳川 錬平)


●アーキテクチャー×マネジメント[77]
かがやきロッジ(安宅 研太郎)

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[1]新連載
対応困難患者への対応(1)
必要な診療を拒む患者への対応(小林 京子・高坂 佳郁子)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[27]
医療法人社団おると会 浜脇整形外科病院
強みを生かしたブランディングにより地域住民から選ばれる病院へ(深澤 宏一)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[8]
東京都立多摩総合医療センター・足立拓也医師インタビュー(堀 成美)
3,300円
■特集 医薬品・医療材料をどうコントロールするか■
□医薬品・医療材料の現況
医薬品・医療材料の費用対効果評価の現状と政策(福田 敬)
医薬品の費用対効果と価値をめぐる議論とは――高額薬剤とオカネ/いのち(五十嵐 中)
医薬品流通の現状と課題――供給不安と高リスク化にどう対応するか(三村 優美子)
一般病院の費用構造における材料費の動向(深澤 宏一)
□病院における医薬品・医療材料のコントロール
グループ病院におけるフォーミュラリーの導入――日本赤十字社におけるフォーミュラリー導入の狙いと今後の展望(小口 正義・宮原 保之)
病院のコスト削減のために共同購入はどうあるべきか――病院による病院のための共同購入(GPO)(原澤 茂)
病院における薬剤師の活用(狭間 研至)
病院における在庫管理の課題――運用の標準化と省力化を実現するために(木村 真敏)
病院経営からみた医療材料の選択と適正使用――ディスポーザブルからリユーザブル,そしてリポーザブルへ(小山 勇)
新型コロナウイルス感染防止のためのPPE不足品対策(草場 恒樹・和田 耕治)


□対談
病院に求められる医薬品・医療材料のマネジメント(武藤 正樹×川原 丈貴)

□特別記事
救急救命士の活用 病院内での位置づけと今後の可能性(猪口 正孝・大桃 丈知)

病院医療ソーシャルワーカー研修会という学びの場を通して
「地域包括ケアシステムとは何か」に挑む(小川 聡子・名田部 明子・中野 彩・鈴木 知子・倉林 志保・石野 啓子・岡村 紀宏・野口 百香・牧角 寛郎・丸山 泉)


●アーキテクチャー×マネジメント[76]
社会医療法人 札幌清田病院(吉岡 雄一・橋本 尚幸)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[40]
病院は人々の生活にどのように関わることができるのか(松田 晋哉)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[12]最終回
治療成績の悪い手術は続けてよいのでしょうか?――クリニカルガバナンスとプロフェッショナリズム(越後 純子)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[7]
東京都立多摩総合医療センター・樫山鉄矢副院長インタビュー(堀 成美)
3,300円
■特集 Withコロナ時代の病院経営■
□医療をとりまく環境の変化
新型コロナウイルス感染症対応を踏まえた今後の医療提供体制(福島 靖正)
Withコロナ時代の医業収入安定化――かかりつけ医制度定着に向けた入院外医療費の定額払い化に関する試論(土居 丈朗)
□Withコロナ時代の病院経営を左右する要因
新型コロナウイルス感染症と診療報酬の特例(島崎 謙治)
Withコロナ時代の地域医療計画と地域医療構想(松田 晋哉)
Withコロナ時代の医師需給・偏在対策(裵 英洙)
Withコロナ時代の働き方改革(馬場 武彦)
Withコロナ時代に加速するオンライン診療(宮田 俊男)
□Withコロナ時代に地域医療を支える病院のあり方
Withコロナ時代の公立病院のあり方(小熊 豊)
Withコロナ時代の民間病院経営(河北 博文)
Withコロナ時代の地域包括ケアとは(鈴木 邦彦)


□対談
コロナで病院経営はどう変わる?(相澤孝夫×太田圭洋)
□特別記事
Power BIを用いた病床機能報告データの可視化――地域医療構想の議論活性化を目的として(後編)(今村 英香)


●アーキテクチャー×マネジメント[75]
東八幡平病院(及川 忠人・室殿 一哉・青山 徹・岩井 友佑・桑原 聡)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[26]
社会医療法人仙養会 北摂総合病院――教育・研修機能を持つ急性期コミュニティホスピタル(深澤 宏一)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[11]
虐待が疑われる場合に,どうしたらよいのでしょうか?(越後 純子)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[6]
港区みなと保健所・松本加代所長インタビュー(2)(堀 成美)

3,300円
■特集 大学病院は地域病院を支えられるか■
□医師需給問題――医師養成から専門医制度まで
医学教育から提案する大学病院と地域病院の役割(吉田 素文)
新医師臨床研修制度が期待する大学病院と地域病院の役割(古谷 伸之)
新専門医制度における地域病院の役割とは(寺本 民生)
□地域医療問題――地域医療構想策定下の地域病院と大学病院の関係
大学病院から見たこれからの医局制度のあり方(尾野 恭一)
地域病院から見たこれからの医局制度のあり方――地方の公立病院の立場から(鴻江 俊治)
地域医療構想で医学部・大学病院が果たすべき役割(村上 正泰)
地域病院から見た地域医療構想策定における医学部・大学病院の役割(井上 健一郎)
地域の病院経営に貢献できる医学教育――課題解決型高度医療人材養成プログラム事業を中心に(馬場園 明)
地域医療連携推進法人北河内メディカルネットワーク――大学病院が進める地域医療連携推進法人のあり方(山下 敏夫)
地域医療連携推進法人北河内メディカルネットワーク――参加法人の立場から(小林 卓)


□対談
大学病院と地域病院の役割(金澤右×今村英仁)
□特別記事
Power BI を用いた病床機能報告データの可視化――地域医療構想の議論活性化を目的として(前編)(今村 英香)


●アーキテクチャー× マネジメント[74]
住友別子病院(大守 昌利・滝口 秀樹・村瀬 慶征)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[39]
変革の時代における人間中心マネジメントの意義――ドラッカー思想再考(松田 晋哉)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[10]
院内でも医師法21条の異状死として警察へ通報すべきでしょうか?(越後 純子)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[5]
港区みなと保健所・松本加代所長インタビュー(1)(堀 成美)
3,300円
■特集 地域医療構想を踏まえた 病院機能の選択■
□総論
地域医療構想の現状と課題(鈴木 健彦)
データから考える地域医療構想の現状と課題(今村 知明)
□自院の位置づけをどう考えて機能選択してきたか
急性期を中心とした病院における機能選択の考え方(牧野 憲一)
回復期を中心とした病院における機能選択の考え方(戸田 爲久)
地域密着多機能病院を目指した機能選択の考え方(井川 誠一郎)
□病院ごとの立ち位置に応じた機能選択
過疎地域の病院における機能選択の現状と課題(住友 正幸)
民間病院からみた病院における機能選択の現状と課題(江頭 啓介)
With コロナ時代の地域医療構想を考える(望月 泉)
□病院の機能選択をどうみるか
地域医療構想アドバイザーからみた病院における機能選択の現状と課題(伊藤 健一)


□対談
新型コロナが拍車をかける病院機能の選択(猪口雄二×松田晋哉)
□特別記事
地方の弱小病院の事務長が直面した医師確保の厳しい現実と打開策(實吉 俊介)


●アーキテクチャー×マネジメント[73]
東京都済生会中央病院(中山 純一)

●事例と財務から読み解く地域に根差した中小病院の経営[25]
社会福祉法人あそか会 あそか病院

●経営改善への取り組みとCOVID-19クラスターへの対応(深澤 宏一)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[9]
このお金は支払わなければならないでしょうか?(越後 純子)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[4]
武蔵野中央病院・大西潤子看護部長インタビュー(2)(堀 成美)
3,300円
■特集 2020年診療報酬改定から読む病院経営■
巻頭言(神野 正博)
診療報酬政策の意味と課題(遠藤 久夫)
医療政策における診療報酬改定の位置づけ(鈴木 康裕)
令和2年度診療報酬改定で目指したもの(木下 栄作)
働き方改革は診療報酬にいかに反映されたか(猪口 雄二・西本 育夫)
診療報酬改定からみた地域連携と入退院支援の在り方(十河 浩史)
□【病院種別影響】2020年の評価と2022年の課題
日本病院会・全日本病院協会・日本医療法人協会
 新型コロナウイルス感染症の影響と2020 年診療報酬改定から読む病院経営(島 弘志)
日本精神科病院協会
 精神科病院からみた2020 年の評価と今後の課題(大村 重成)
回復期リハビリテーション病棟協会
 回復期リハビリテーション病棟の課題と今後について(三橋 尚志)
地域包括ケア病棟協会
 診療報酬改定と新型コロナウイルス感染症の影響(仲井 培雄)
日本慢性期医療協会(武久 洋三)
□【コラム】2022 年に積み残した課題
日本看護協会 医療・看護の質向上へのさらなる寄与(吉川 久美子)
日本病院薬剤師会(川上 純一)
日本理学療法士協会(佐々木 嘉光)


□対談
2020年診療報酬改定が意味するもの(松本 吉郎×神野 正博)


●アーキテクチャー× マネジメント[72]
北見赤十字病院(渡延  公)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[38]
カナダ・ケベック州のMcGill 大学病院における家庭医養成(松田 晋哉)

感染症新時代 病院はどう生き抜くか[3]
武蔵野中央病院・大西潤子看護部長インタビュー(1)(堀 成美)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[8]
ケアレスミスを繰り返す人への指導は,パワハラでしょうか?(越後 純子)

●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[12]最終回
人を育てる人事制度(福島 通子・古矢 和義・金子 進)
3,300円
■特集 医療経済からみた病院経営■

巻頭言(川原 丈貴)
わが国財政と当面の社会保障改革(一松 旬)
病院への医療費の配分 患者の治療上の恩恵向上と医療費節約の両立に向けて(中村 洋)
病床再編の医療経済的効果(伊藤 由希子)
病院経営者からみた医療経済 地域医療を担う病院に正当な評価を(加納 繁照)
病院経営者からみた医療経済 医療は社会にとってコストなのか(原 祐一)
地域経済循環分析からみた医療の役割(山崎 清・佐原 あきほ・伊藤 弘人)


□対談
持続可能な医療提供体制改革(小黒 一正×川原 丈貴)


●アーキテクチャー× マネジメント[71]
益城病院(永田 敦士・西園 誠)

●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[11]
働き方改革を阻害するハラスメント(福島 通子・富澤 昌平)

●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[24]
医療法人財団日扇会第一病院
地域の身近なかかりつけ医として在宅医療に取り組む病院(深澤 宏一)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[7]
患者の意思をどのように確認すればよいのでしょうか?(2)認知機能低下編(越後 純子)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[2]
旭中央病院・中村朗医師インタビュー(2)(堀 成美)
3,300円
■特集 重症度,医療・看護必要度 見直しの方向性■
巻頭言(松田 晋哉)
「重症度,医療・看護必要度」の指標(松田 晋哉)
「看護必要度」活用の課題(秋山 智弥)
「重症度,医療・看護必要度」の課題と見直しの方向性(林田 賢史)
回復期リハビリテーション病棟における
 「重症度,医療・看護必要度」の活用と課題(宮井 一郎)
慢性期病院における「重症度,医療・看護必要度」の活用と課題
 病期を問わない共通の評価指標の必要性(武久 洋三)


□対談
これからの重症度,医療・看護必要度(福井 トシ子×松田 晋哉)


□特別記事
医師事務作業補助者のこれから 臨床支援士としての発展を目指して(矢口 智子)


●アーキテクチャー× マネジメント[70]
加賀市医療センター(藤田 衛・宮本 一平)

●ケースレポート 地域医療構想と病院[37]
カナダ・ケベック州のJewish General Hospital における家庭医の活動(松田 晋哉)

●感染症新時代 病院はどう生き抜くか[1]新連載
旭中央病院・ 中村朗医師インタビュー(1)(堀 成美)

●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[6]
患者の意思をどのように確認すればよいのでしょうか?(1)人生の最終段階編(越後 純子)

●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[10]
病院におけるダイバーシティ・マネジメント(福島 通子・山本 悠子)
おすすめの購読プラン

病院の内容

  • 出版社:医学書院
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:不定期
病院の運営管理など最新のトピックスを紹介
「特集」では、病院運営管理にとって大切なテーマを各方面から解説。その他に、各施設・各部門での現場における問題意識に基づいた取り組みや提言を紹介。さらに、病院の財務・経営・法律・建築など、多岐にわたるテーマで連載を展開。

病院の目次配信サービス

病院最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

病院の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.