山の本 発売日・バックナンバー

全74件中 1 〜 15 件を表示
神威岳の神の手 両角光宏
恋ノ岐川の夜 竹内時男
春山の油断、小野岳 藤野富美
いつもビッキーのいた高川山 大津雅光
生死を分けた出会い、大無間山 中谷寳悦郎
熊谷榧さんと滑った山スキー 奥田 博
トクさんの山 大内尚樹
生涯の最高峰アイランドピーク 赤澤東洋
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第33回]
「謎多きモモンガ」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
回想の『わが山山』 髙辻謙輔
初めての五月合宿 海津正彦
干支で気になる年齢と今後の生き方 大蔵喜福
早春の越沢バットレス 菊地敏之
今の自分があるのは誰のおかげ? 荒井正人
山を愛した音楽家、加藤恕彦のこと 小林 晃
青天の霹靂 庄田泰之
………………………………………………………
山・空・詩[第5回]
「草鞋縦走 村井米子」 正津 勉
………………………………………………………
紀行
南アルプス深南部の忘れられた山 鷹觜勝之
石垣島と西表島 志水哲也
イドンナップからカムエクへ 京極紘一
赤石川を遡る 山本正雄
圧巻の展望と念願の山頂、奥茶臼山 祐嶋繁一
一人ぼっちの韓国の山 和田澄子
いちぺ〜じ紀行
………………………………………………………
峠の履歴書[第5,6回]
[大菩薩峠] 大久根 茂
[碓氷峠] 大久根 茂
………………………………………………………
山と人
先祖を追って登った悪沢岳 中村ますみ
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖123「山へ登る理由」 簑浦登美雄
心に映る山49「仕舞い方」 中村好至惠
鳥の風景34「ミソサザイ」 大津雅光
山の不思議と謎38「謎の山アムネマチン」 上村信太郎
山の雑記帳56「風景画と山岳画」 沢野ひとし
読書三到93「鎌倉の大杉榮」 亀田 博
高松山 三宅 岳
巣雲山 斎藤秀樹
葛城山と発端丈山 中村みつを
王岳 内田敏男
富士宮西部丘陵 西原 強
金冠山 庄田泰之
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第32回]
「増えて迷惑がられるエゾシカ」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
ヒマラヤの漫画の本 髙辻謙輔
奥秩父全山縦走ふたたび 海津正彦
地図と携帯アプリ、登山文化はどう変わっていくのか? 大蔵喜福
砂漠の中の幻想 菊地敏之
元をたどればエビピラフ 荒井正人
里山を描いた画家 松澤泉次
………………………………………………………
画廊=あの日の冬景色
一月の硫黄岳 北島洋一
厳冬の滝谷 松澤節夫
凍てた覚満淵 冨永之廣
霊山哀憐 佐藤清司
あお空のかけら 山室眞二
霧積温泉 小川勝一
………………………………………………………
紀行
山形新幹線ガード下から真冬の吾妻連峰へ 鷹觜勝之
鷲羽池のほとりにて 志水哲也
高尾山で満月を観る 澤田裕廣
南斜里岳と標津山群 京極紘一
久しぶりの日白山スキーハイク 北澤貞男
今しかない甲斐駒ヶ岳へ 中谷寳悦郎
キリマンジャロの思い出 両角光宏
いちぺ〜じ紀行
………………………………………………………
峠の履歴書[第4回]
[仙元峠] 大久根 茂
………………………………………………………
山・空・詩[第4回]
「鳶山崩れ 幸田文」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
保戸野山 後藤信雄
奥武蔵端部の五峰 小林 晃
歳丸山〜大旅山 多羽田啓子
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖122「進むか退くかの判断」 簑浦登美雄
心に映る山48「空白を埋める山」 中村好至惠
鳥の風景33「ゴジュウカラ」 大津雅光
山の雑記帳55「富士山に通った頃」 沢野ひとし
山の不思議と謎37「一九六四年、エベレスト無酸素登山計画のまぼろし」 上村信太郎
読書三到92「鎌倉から山を想う」 亀田 博
海外初登山一人旅で繋がった縁 八木淳二
滝ノ原まで 渡邉幸夫
人それぞれの山との関わり みず森ひろ史
強風の中、颯爽と現れた人 藤野富美
山で会ったひと 西口 徹
稲含山とIさん 内田敏男
本図一統と登攀した剱大滝 高桑信一
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第31回]
「異常に増えてきたキタキツネ」  宮崎 学
………………………………………………………
随想
詩人 高島高のこと 髙辻謙輔
中又白谷の登攀 海津正彦
捜索救助の切り札、登山届とココヘリ発信器 大蔵喜福
オスプレイの歓待 菊地敏之
会うは別れの始まり 荒井正人
………………………………………………………
紀行
吹雪に登行した剱岳遭難の集団心理 鷹觜勝之
奄美四島を巡る 志水哲也
尾瀬沼の思い出 佐田 睦
たぬき山 松崎中正
熊野古道 小辺路 山本正雄
………………………………………………………
峠の履歴書 [第3回]
「十文字峠」 大久根 茂
………………………………………………………
山・空・詩 [第3回]
「河東碧梧桐」 正津 勉
………………………………………………………
山と人
エヴェレスト初登頂の真偽 工藤 茂
………………………………………………………
静山紀行
大雪山・松仙園湿原 京極紘一
稲包山・キワノ平ノ頭 後藤信雄
水窪山 庄田泰之
雨降山 冨永之廣
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖121「下山路の記憶」 石井光造
心に映る山47「白神岳の時間」 中村好至惠
鳥の風景32「コウノトリ」 大津雅光
山の雑記帳54「ある編集者の思い出」 沢野ひとし
山の不思議と謎36「もう一つの木曽駒ヶ岳遭難の謎」 上村信太郎
山岳紀行クイズ107「カモシカに会える? HWD山からTNS山へ」 石井光造
読書三到91「鎌倉から黒部源流を想う」 亀田 博
憧れの幌尻岳へ 冨永之廣
花回廊のその先に一八三九峰 佐藤清司
立谷沢川から月山へ 松本治彦
ヌクビ沢から巻機山へ 大津雅光
天狗原山から金山へ 和田澄子
黒部川赤木沢を遡る 斎藤秀樹
木曽駒ヶ岳を周回 祐嶋繁一
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第30回]
「ノウサギの足音」  宮崎 学
………………………………………………………
随想
深田久弥縁の地を訪ねて 髙辻謙輔
三人の仲間たち 海津正彦
山暮らしで考えた事 大蔵喜福
タホーの夏 菊地敏之
「山岳画家」との思わぬ繋がり 荒井正人
………………………………………………………
紀行
重症コロナ肺炎からの復帰 鷹觜勝之
雪の剱岳 志水哲也
石狩川から石狩岳へ 京極紘一
風吹き荒む巻機山のある日 内田敏男
ドロミティと南ティロル 増田 宏
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
川名を考える
黒部川の語源 寺島禎一
………………………………………………………
峠の履歴書 [第2回]
「雁坂峠」 大久根 茂
………………………………………………………
山・空・詩 [第2回]
「福田蓼汀」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
水行寺山・丸山 後藤信雄
大持山 小澤 潔
鹿留山 多羽田啓子
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖120「晩夏の会心登山」 簑浦登美雄
心に映る山46「空を見上げる」 中村好至惠
鳥の風景31「メボソムシクイ」 大津雅光
山の雑記帳53「野辺山とロケット戦闘機」 沢野ひとし
山の不思議と謎35「富士講の元祖『食行身禄』の謎」 上村信太郎
山岳紀行クイズ106「白砂が覆う稜線 HN山とAG岳」 石井光造
読書三到90「鎌倉のつげ義春」 亀田 博
命を救ってくれたピッケル 曽根田 卓
日高山脈を共に歩いた道具たち 木津直人
札幌山の会と古い山道具 小林 晃
駆け出し時代の皮革製重登山靴 山田哲哉
革の登山靴とキスリング 風間嘉隆
お前と道づれ、アンチ断捨離ズム 西口 徹
処分できない用具たち 並木佐吉
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第29回]
「野生動物の世界に楽園はない」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
心残りの本 髙辻謙輔
西丹沢軽量化登山の試み 海津正彦
シェラの聖堂 菊地敏之
ナムチェ・バザールと遠山郷“下栗” 大蔵喜福
今思い出しても鳥肌が立つ 荒井正人
………………………………………………………
紀行
大学山岳部シゴキ事件の頃 鷹觜勝之
奄美大島 志水哲也
春は幌尻岳を眺めに 京極紘一
柄沢山西尾根を滑る 北澤貞男
高川山の方位盤 中谷寳悦郎
………………………………………………………
峠の履歴書 [第1回]
「峠の今昔」 大久根 茂
………………………………………………………
山を調べる
「町村誌」・「郡村誌」のこと 南川金一
………………………………………………………
山と人
北海道で活躍したイタリアの登山家フォスコ・マライーニ 高澤光雄
………………………………………………………
山・空・詩 [第1回]
「菅原克己」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
大行山 後藤信雄
獅子ヶ鼻山 赤澤東洋
ハンギョウ尾根 冨永之廣
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖119「知山・探山」 石井光造
心に映る山45「春分の星」 中村好至惠
鳥の風景30「カヤクグリ」 大津雅光
山の雑記帳52「失ったシェラカップ」 沢野ひとし
山の不思議と謎34「津田正生と『天保鎗ヶ嶽日記』の謎」 上村信太郎
山岳紀行クイズ105「絶壁に滝光るUTKG岳」 石井光造
読書三到89「鎌倉の幸徳秋水」 亀田 博
霜月祭と池口岳・奥茶臼山 岡部紀正
もう立ち入れない湿原 武田 宏
クワウンナイ川から大雪山へ 斎藤秀樹
初冬の笠ヶ岳 松崎中正
遙かなる丸山岳 松本治彦
無謀な浅間山登山 小林かつ江
海谷幻聴行 大内尚樹
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第28回]
「黙して語らず行動する野生動物たち」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
武田久吉と平野長蔵 工藤 茂
森谷のピッケル異聞 髙辻謙輔
冬が来ると思い出す 海津正彦
“自力登山”の山、南アの不可解な遭難 大蔵喜福
高原の白い蝶 菊地敏之
在職中の思わぬお二人との出会い 荒井正人
………………………………………………………
画文帖
我が青春の山々 松澤節夫
雲取山遠望 北島洋一
谷に下る径 冨永之廣
斑雪の浅間山 並木佐吉
ろうそくランタン 浅原 勝
山のお土産 山室眞二
槍平の朝 亀山定弘
餓鬼岳 原 緑
………………………………………………………
紀行
〝日帰り大菩薩〟が山岳部夏合宿とは! 鷹觜勝之
屋久島 志水哲也
やっと登れた大烏山 内田敏男
大峰スキーハイク 北澤貞男
いちぺ~じ紀行 紀行
………………………………………………………
山と人
悲運の名作「燒岳ノ爆發」 松澤泉次
………………………………………………………
静山紀行
高畠山 後藤信雄
笠無~比志の塒 小林 晃
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖118「山で犬に道を教わる」 簑浦登美雄
心に映る山44「冬の旅」 中村好至惠
鳥の風景29「ノゴマ」 大津雅光
山の雑記帳51「山のめしはシンプルが一番」 沢野ひとし
山の不思議と謎33「マッキンリーという山名の謎」」 上村信太郎
山岳紀行クイズ104「とっておきのJBE池」 石井光造
読書三到88「鎌倉山歩き部」 亀田 博
影鳥海にもう一度会いに 佐藤 要
渡良瀬川水源から皇海山へ 増田 宏
冬の赤城地蔵岳から覚満淵へ 佐田 睦
心移ろう海辺の山 内田敏男
帰省の寄り道で故郷の山へ 祐嶋繁一
後回しだった南駒ヶ岳にやっと 松澤泉次
名もない低山を歩く 西原 強
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第27回]
「日本に定住権を得たハクビシン」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
越後湯沢再訪 髙辻謙輔
三ツ峠の岩場にて 海津正彦
ウンチはどこへ! エコ登山の課題 大蔵喜福
酋長の岩 菊地敏之
それは年賀状から始まった 荒井正人
………………………………………………………
紀行
ブナ北限の賀老高原と狩場山 鷹觜勝之
剱沢大滝D滝 志水哲也
金城山と大源太山 岡部紀正
秋の贈り物、宝川ナルミズ沢 斎藤秀樹
また行きます! 坊ガツル 和田澄子
………………………………………………………
川名を考える
越後水無川雑記 長沢和俊
………………………………………………………
山と人
遠藤甲太を偲ぶ 遠藤由美子
………………………………………………………
静山紀行
朝陽山 京極紘一
粟沢の石尊山 後藤信雄
銀杏峯 小林 晃
奥帯那山・南西尾根 多羽田啓子
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖117「道の記憶」 石井光造
心に映る山43「ブナの声」 中村好至惠
鳥の風景28「サシバ」 大津雅光
山の雑記帳50「三度目の金峰山」 沢野ひとし
山の不思議と謎32「アンデス五〇〇年前の『少女のミイラ』」 上村信太郎
山岳紀行クイズ103「秋に花咲く山 旧MO町のKN山」 石井光造
読書三到87「森戸川ウナギ渕」 亀田 博
月山、肘折コースを下る 曽根田 卓
裏大雪の沢から五色ヶ原へ 京極紘一
西尾根からペテカリ岳へ 石橋 學
飯豊、花の稜線漫歩 大津雅光
五色ヶ原から薬師岳へ みなみらんぼう
黒部上ノ廊下を遡る 斎藤秀樹
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第26回]
「獣毛リサイクルする シジュウカラ」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
荒沢岳雑感 髙辻謙輔
夏の涸沢と麦わら帽子 海津正彦
エコ登山ビジネス 大蔵喜福
渇いた茶色の木 菊地敏之
ある青年との出会い 荒井正人
………………………………………………………
紀行
疲労骨折の武尊荒砥沢のスキー 鷹觜勝之
黒部 薬師見平 志水哲也
夜の戸神山と高王山を歩く 後藤信雄
謙信ゆかりの道を辿る 北澤貞男
老人隊、十石山に挑む 佐竹俊明
小渋川を遡る 岡部紀正
奇湯探訪記 松本治彦
コロナ禍の平標山 赤澤東洋
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
遊山遊詠 [第16回]
「冬の旅」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
幕掛山 後藤信雄
綱之上御前山 冨永之廣
縞枯山 庄田泰之
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖116「富士山は噴火する」 簑浦登美雄
心に映る山42「此処と彼方と」 中村好至惠
鳥の風景27「キビタキ」 大津雅光
山の雑記帳48「緊急事態宣言と山登り」 沢野ひとし
山の不思議と謎31「ディアトロフ峠事件 の謎」 上村信太郎
山岳紀行クイズ102「G山筍の産地 MYのH山」 石井光造
読書三到86「鎌倉天園の猫と筍」 亀田 博
湯の小屋温泉から至仏山へ 冨永之廣
平ヶ岳の小瓶 木村 甫
たったひとりの燧ヶ岳 大津雅光
上州武尊山にて 石橋 學
冬の甲斐駒ヶ岳黒戸尾根 大久保 博
追憶の屋島ひとり 和田澄子
登山口で見た白い霊 後藤信雄
「ひとりよがり」の山 南川金一
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第25回]
「キツネに騙されっぱなしの日本人」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
限定版『翌檜』にまつわることども 髙辻謙輔
奥多摩つづら岩のひととき 海津正彦
オールシェルパのK2冬期初登頂の意味 大蔵喜福
シエラネバダの光の洗礼 菊地敏之
笹子でのまさかの出会い 荒井正人
串田孫一、戦時下の山 工藤 茂
山と油絵 松澤泉次
………………………………………………………
紀行
明治の財閥、大倉喜八郎が登った赤石岳 鷹觜勝之
雪の屋久島 志水哲也
静かな尾瀬ヶ原 佐田 睦
三依山、これだから山はやめられぬ 松㟢中正
遠足引率で登った高尾山 斎藤秀樹
北アルプス最西縁の寂峰、寺地山 岡部紀正
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
遊山遊詠 [第15回]
「蝶よ~ 花よ~」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
ヒクタ峰 京極紘一
青森入内の石神様 梅沢一行
石砂山東尾根 多羽田啓子
西銘岳 庄田泰之
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖115「低山増加万歳」 石井光造
心に映る山41「古老の眼差し」 中村好至惠
鳥の風景26「ノビタキ」 大津雅光
山の雑記帳47「岩登りと酒と登攀史」 沢野ひとし
山の不思議と謎30「山岳画家 茨木猪之吉の遭難」 上村信太郎
山岳紀行クイズ101「どっちが正式 YT山かSRBS山か」 石井光造
読書三到85「鎌倉の秘境」 亀田 博
新雪の奥手稲山スキーツアー 京極紘一
相馬山黒髪尾根を登る 佐田 睦
太刀割石に由来の竪破山 松崎中正
毛無岩と恩賀高岩に立つ 岡部紀正
白い噴気が立ち昇る三原山 大久保 博
初冬の一日、中双里から金山峠へ 多羽田啓子
富士宮南部丘陵を辿る 西原 強
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第24回]
「となりのツキノワグマ」 宮崎 学
………………………………………………………
随想
山を見る日 髙辻謙輔
獅子口の傍らでテント泊 海津正彦
究極のエコ登山で辿りついたウンチ考と里山復活 大蔵喜福
氷壁の生涯 菊地敏之
「山の本」が取り持つ縁 荒井正人
戦時下の雑誌「歩行」「徒歩旅行」 松澤泉次
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第20回]
「十和田湖をめぐる人々と花」 福山孟治
………………………………………………………
紀行
谷川岳一ノ倉沢、滝沢第三スラブの追憶 鷹觜勝之
平標山ヤカイ沢中央を滑る 北澤貞男
八〇〇回目の山、霧訪山 斎藤秀樹
大寺山と水無山 小林 晃
呼子岳の不思議な声 内田敏男
前期高齢者、不帰嶮を行く 安藤通男
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
遊山遊詠 [第14回]
「薄」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
小田代ヶ原・戦場ヶ原 庄田泰之
中垣山・今朝丸山 後藤信雄
威守松山 赤澤東洋
北山の雲取山 檀上俊雄
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖114「コロナ禍で変わる登山環境」 簑浦登美雄
心に映る山40「小谷村の山」 中村好至惠
鳥の風景25「オオマシコ」 大津雅光
山の雑記帳47「榛名山で友を回想」 沢野ひとし
山を歩けば42「両膝の痛みに悩まされて半年間」坂本克彦 坂本克彦
山の不思議と謎29「アンナプルナ初登頂者の栄光と醜聞」 上村信太郎
山岳紀行クイズ100「小さな山の喜びSF岳(SFG岳)」 石井光造
読書三到84「鎌倉のブックカフェ」 亀田 博
有間小屋から武甲山へ 風間嘉隆
富士山滑降 大津雅光
南アルプス南部縦走 松澤泉次
若き日の北の山 石藏政雄
職場山の会のことなど 須賀安生
三〇年ぶりの刈寄山 園山富徳
青き日々の山 斎藤秀樹
死を覚悟した風雪の涸沢 平出眞治
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第23回]
「道路脇のコンクリート三面張り水路」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第19回]
「修験道の霊峰・月山に咲く花」 福山孟治
………………………………………………………
随想
街なかの深田久弥 髙辻謙輔
Cliff20を背に八王子城趾へ 海津正彦
無名の山々に光を 大蔵喜福
遠境の山 菊地敏之
忘れがたき山──毛勝山 荒井正人
………………………………………………………
紀行
標高差二千メートルの仙丈ヶ岳 鷹觜勝之
新雪の黒部 志水哲也
大展望の大猫山 岡部紀正
遠い笊ヶ岳 赤澤東洋
天塩 松崎中正
北股岳に万感みちて 佐藤清司
正丸峠からツツジ山へ 北澤貞男
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
遊山遊詠 [第13回]
「岩魚」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
軍人山 高澤光雄
吾妻耶山 後藤信雄
石保戸山 小林 晃
菜畑山 冨永之廣
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖113「ひとり」 石井光造
心に映る山39「最後の曲」 中村好至惠
鳥の風景24「ルリビタキ」 大津雅光
山の雑記帳46「夏の定番はキャンプして山歩き」 沢野ひとし
山書探訪59「サニー」 長沢 洋
山を歩けば41「山靴警察に会わずに箱根へ」 坂本克彦
山の不思議と謎28「W・ボナッティはなぜアルピニストを辞めたか」 上村信太郎
山岳紀行クイズ99「二〇二〇年の山KG峯山」 石井光造
読書三到83「極楽寺の丘」 亀田 博
ピパイロ岳のキバナシャクナゲ 岡部紀正
蔵王の記憶 小林 晃
千石尾根の探索歩き 祐嶋繁一
知られざる山の三角点へ 中谷寳悦郎
残映の穂高・屏風岩 西原 強
滝川本流の残置ハーケン 松本治彦
戸蔦別ヒュッテのノート 石橋 學
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第22回]
「カラス」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第18回]
「八甲田山麓の遭難事件と花」 福山孟治
………………………………………………………
随想
遙かなり陸中海岸 髙辻謙輔
奥又白池の畔にツェルトを張る 海津正彦
コロナ禍は何を生むのか、変えるのか? 大蔵喜福
天空の城 菊地敏之
同期との山、そして今 荒井正人
………………………………………………………
遊山遊詠 [第12回]
「歯朶」 正津 勉
………………………………………………………
紀行
八海山で滑落した我がOB 鷹觜勝之
トムラウシ 二〇〇九年 斎藤秀樹
水晶岳再訪 安藤通男
テントを背負って霞沢岳 和田澄子
北岳山頂に置き忘れた記憶を探しに 澤田裕広
いちぺ~じ紀行
………………………………………………………
山と人
遺稿「思い出すままに」(付け加えて/横山厚夫) 藤島敏男
………………………………………………………
静山紀行
小松原湿原・日蔭山 多羽田啓子
カロー大滝 冨永之廣
南駒ヶ岳・空木岳 檀上俊雄
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖112「月夜に聴いた奇怪な声」 簑浦登美雄
心に映る山38「停滞する」 中村好至惠
鳥の風景23「アカショウビン」 大津雅光
山の雑記帳45「七国山を散歩して鬱憤をはらす」 沢野ひとし
山書探訪58「『北八ッ彷徨』」 長沢 洋
山を歩けば40「この時期に山かよ!」 坂本克彦
山の不思議と謎27「福島安正の「単騎シベリア横断」と山脈越え」 上村信太郎
山岳紀行クイズ98「岩峰が印象的なMD山」 石井光造
読書三到82「天園/六国峠」 亀田 博
春だけの貴重な期間限定ルート[至仏山] 赤澤東洋
心楽しい春の山[三岩岳から大津岐峠へ] 石藏政雄
もう一度の花見を[坂戸山] 斎藤秀樹
春の安曇野へ[花と温泉と北アルプス展望] 松崎中正
野鳥が唄う癒しの山道[藤原岳] 大津雅光
春の美しい日[スケッチブックを携えた山旅] 中村好至惠
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第21回]
「野ネズミ」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第17回]
「数十万株のツツジが彩る三陸の山」 福山孟治
………………………………………………………
随想
万葉登山─その二 髙辻謙輔
イータパワーは嬉しい味方 海津正彦
地球温暖化を認めない論理と解決の糸口 大蔵喜福
春分の境 菊地敏之
山開きが取り持つ縁 荒井正人
連載「知られざる山」を終えて 南川金一
………………………………………………………
遊山遊詠 [第11回]
「一つだけは願いごとが」 正津 勉
………………………………………………………
紀行
黒部五郎岳の大カール、夏と冬 鷹觜勝之
小さな相棒との二日間 内田敏男
春の巻機山スキー登山 北澤貞男
風炎の海別岳 岡部紀正
51年前のザックが氷河から出てきた 京極紘一
いちぺ〜じ紀行
………………………………………………………
静山紀行
和賀月山 遠藤征彦
阿能川岳 小林 晃
松岩山 後藤信雄
西原古道 冨永之廣
御座山 利根川滋彦
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖111「十二支の山最高峰」 石井光造
心に映る山37「時間の整理」 中村好至惠
鳥の風景22「チュウシャクシギ」 大津雅光
山の雑記帳44「私には山歩きがさらに大切になってきた」 沢野ひとし
山書探訪57「『どくとるマンボウ 青春の山』」 長沢 洋
山を歩けば39「「代表」「社長」は禁句です」坂本 克彦
山の不思議と謎26「台湾玉山の日本人初登頂者はだれか」 上村信太郎
山岳紀行クイズ97「マイエイジマウンテン YSM山とOK山」 石井光造
読書三到81「鎌倉の倒木」 亀田 博
雪山の思わぬ落とし穴、中大巓 曽根田卓
厳冬期の尾瀬沼へ 佐田 睦
幻の黒部五郎岳 竹内時男
初めての冬山、八ヶ岳 粟飯原耕一
八ヶ岳、二つの東稜リベンジ 西原 強
職場の先輩と登った天狗岳 八木淳二
霧氷の位牌岳から池ノ平へ 床田真理
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第20回]
「タヌキは自然界のスカベンジャー」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第16回]
「長さ八㌔の桜並木「一目千本桜」を歩く」 福山孟治
………………………………………………………
随想
万葉登山 髙辻謙輔
おヌシも気を付けて 海津正彦
温暖化の指標、氷河後退の現状を憂う 大蔵喜福
風の海岸壁 菊地敏之
雨に打たれても 荒井正人
雪国を語る三冊 天野一郎
………………………………………………………
画文帖=山の見える風景
峠を越える雲と月光 冨永之廣
奥武蔵の尾根道 北島洋一
月明と黎明 松澤節夫
春宵一刻 原 緑
仙丈ヶ岳からの眺め 浅原 勝
冬隣りの遠山郷 佐藤清司
裏穂高 亀山定弘
安曇野 小川勝一
………………………………………………………
紀行
「オホーツク百キロ」の挑戦 鷹觜勝之
スノーシューde四阿山 斎藤秀樹
日白山スキーハイク 北澤貞男
いちぺ〜じ紀行
古代道の指標・多度山 久野 博
………………………………………………………
遊山遊詠 [第10回]
「彼の山へ」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
船ヶ鼻山 松崎中正
宗四郎山 後藤信雄
飯盛山 小林 晃
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖110「気象災害に襲われる地球」 簑浦登美雄
心に映る山36「絶望的な……」 中村好至惠
鳥の風景21「トラツグミ」 大津雅光
越後の山と森を歩く8「天然スギの森を歩く」 武田 宏
山の雑記帳43「酒と旅の歌人、若山牧水」 沢野ひとし
山書探訪56「三ツ頭」 長沢 洋
山を歩けば38「早すぎた孫の山デビュー」 坂本克彦
山の不思議と謎25「ウェストンは笠ヶ岳の頂を踏んだか」 上村信太郎
知られざる山40「二ツ山」 南川金一
山岳紀行クイズ96「2番目に少ないNの山 KN山とON山」 石井光造
読書三到80「回復の山」 亀田 博
………………………………………………………
ハガキだより
編集日誌
雪の遺書 岡部紀正
秋山郷と仁成館 大津雅光
六九人目のオオカミ体験 宗像 充
父の「山の絵」 原 緑
一五年間の交友記 小林 晃
山歩きと切符収集 床田真理
車椅子登山に出会って 斎藤秀樹
ゲーテの山旅 田中敏明
………………………………………………………
イマドキ日本動物記 [第19回]
「北海道のヒグマは猛烈に増え続けている」 宮崎 学
………………………………………………………
みちのく花回廊 [第15回]
「焼石岳─ 奥羽山脈指折りの花の楽園」 福山孟治
………………………………………………………
随想
浅野川慕情 髙辻謙輔
ウメさんの小型バイル 海津正彦
「そこに山は無い‼」エベレストを憂う 大蔵喜福
我王の見た山 菊地敏之
訛り懐かし山小屋で 荒井正人
………………………………………………………
紀行
矢木沢ダムと利根川源流 鷹觜勝之
文神沢から憧れのススヶ峰湿原へ 松本治彦
秋の金城山に登る 北澤貞男
深田久弥 最後の山頂 中谷 寳悦郎
丸川荘に泊まる─中村好至惠さんの壁画を訪ねて 北島洋一
………………………………………………………
遊山遊詠 [第9回]
「白峰かんこ踊り」 正津 勉
………………………………………………………
静山紀行
穴目ヶ岳 遠藤征彦
栗平山・笠岩 後藤信雄
月夜見山 庄田泰之
赤鞍ヶ岳 冨永之廣
………………………………………………………
連載コラム
山の手帖109「令和の山の日」 石井光造
心に映る山35「目を閉じれば」 中村好至惠
鳥の風景20「サンコウチョウ」 大津雅光
越後の山と森を歩く7「多様な越後の亜高山帯」 武田 宏
山の雑記帳42「アンバランスな登山環境」 沢野ひとし
山書探訪55「「すぐそこ」 小松左京」 長沢 洋
山の不思議と謎24「シャクルトン隊は南極から「全員生還」できたか」 上村信太郎
知られざる山39「洞ヶ沢山」  南川金一
山岳紀行クイズ95「同字異読の山 SBT山とSMG山」 石井光造
読書三到78「百年目の孤立」 亀田 博
………………………………………………………
ハガキだより
編集日誌

山の本の内容

  • 出版社:白山書房
  • 発行間隔:季刊
  • サイズ:A5
紀行、随想、コラム、ガイド、本の紹介などで構成された、どこから読んでも1冊まるごと山の本。
人はなぜ山に登るのでしょうか。そんな疑問に答えるヒントを、作家、詩人、登山家、写真家、画家、歌手の皆さんが山に登った心象風景を主に活字で描き、山歩きの魅力を語っています。山のガイドは毎号、知られざる静かな山を案内。プロ、アマを問わず、読者の投稿もひろく受け付けており、読者の連載記事が単行本になった例もあります。表紙は創刊号より沢野ひとし氏のしみじみイラストが飾り、山の雰囲気を醸し出しています。新聞記事を読んでいて本能的に南ア(南アフリカ)を「南アルプス」と置換してしまう山歩き中毒のアナタも絶対に満足する山歩きの読本です。読者は20~70代まで(50代が中心)、男性70%、有名山岳よりも静かな山を好む登山者に愛読され、定期購読の割合が約40%になります。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

山の本の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.