大法輪 発売日・バックナンバー

全199件中 1 〜 15 件を表示
表紙「樹間」(日展)-入江酉一郎
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 現代の宮彫師-泉州岸和田・木下彫刻工芸の世界-写真・文/若林 純

〈巻頭〉以和為貴-善光寺大勧進貫主・瀧口宥誠

【講演】迷いからの脱出 ③ 人生は迷いと悟りの織物 駒澤大学名誉教授・田上太秀
迷いと悟りは表と裏。道理を知れば煩悩を起こさないようになり、心が安らかになります。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯 23(最終回)―償 債-小川 隆
法華経へのいざない 〈最終回〉法華経の訳経者、鳩摩羅什三蔵-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 私の人生を決めた大法輪-野田大燈
じっくり読み解く『般若心経』〈その十六〉-東北福祉大学学長 千葉公慈

鉄 笛
○うちのお寺がバズる理由-池口龍法
○有り難さをかみしめて-愛川純子

特集=ブッダの言葉から学ぶ仏教入門
原始仏典の言葉はブッダ(釈尊)が直接語りかけてくれるかのようにやさしく明快です。
仏教の基本的な教理と、我々の生き方の指針を、ブッダの直説に立ちかえって学びます。

第1部│人間ブッダの肉声―原始仏典とは何か-羽矢辰夫

第2部│ブッダが説く仏教のキホン
(1)縁 起│〝真より己〟の欲に縁って、〝己より真〟の信を起こす。
(2)無 常│不放逸は不死の道。放逸は死の道。
(3)無 我│どのようなことにも私の心はひらかれ通い合っている。
(4)苦  │ままならぬ生死をくり返し、仏道へ踏み出さないこと。
(5)業  │正しく心定めて歩みゆけば。
(6)煩 悩│色とりどりで甘美な、心を錯乱するもの。
(7)四 諦│仏・法・僧に帰依する人の見る、四つの尊い真理。
(8)八正道│八支よりなる〈苦しみの止滅にいたる道〉。
(9)慈 悲│母が子を命を賭けても護る、無量の慈しみの心。
(10)智 慧│光のない暗闇(煩悩)を照らす灯明。
(11)中 道│涅槃寂静の悟りに向かう両極端を知って離れる生き方。
(12)不殺生│他の命を頂いて生きる痛みを知り、必要以上の殺生から
(13)涅 槃│苦しみの炎が消えた安らかな状態を本当の幸せと認める。
(14)仏 教│誰にでも開かれた目覚めへのメッセージ。
(15)信 仰│自分を頼りとして苦しみに向き合い乗り越えてゆく心
 〈付録1〉書籍紹介―ブッダとその時代を知るための本-編集部

第3部│人生を磨くブッダの言葉
(1)自己を知る-蓑輪顕量
(2)真実を見つめる  〃  
(3)欲望を抑える-勝本華蓮
(4)慎み深く生きる 〃  
(5)前向きに受け止める-宮元啓一
(6)精一杯努力する 〃  
 〈付録2〉書籍紹介―ブッダの言葉を読むための本編集部
  〈執筆〉1~5=入山仰世/6~10 =服部育郎/11~15 =井上ウィマラ

浅草寺本堂 扁額を彫る-文・南部白雲╱写真・田村 仁
仏像を守る 9章 仏像を記録する-東京国立博物館名誉館員・山本 勉
お寺のソーシャルデザイン〈15〉-フリーライター・杉本恭子
『大日経』のおしえ 第十二回  凡夫心を深く理解する-下泉全暁
龍と共に生きる ㊴ いのちを輝かせましょう!-北畠聖龍
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㊳ とんち小僧を追体験する-花岡博芳
神・儒・仏と日本人 ㊳ ふつうのおしえ-森 和也
〈口絵に寄せて〉現代の宮彫師 泉州岸和田 木下彫刻工芸・三代続く地車彫刻の匠-若林 純
〔仏教の世界をひらく物語〕本朝造仏事始記-山口辨清
わたしのおばあちゃん その㉓ 僧ヶ岳-たばやん
仏はどこへ行った-佐藤隆定
【短編小説】くさぼとけ-三野 恵
柳宗悦論─最後の美意識(最終回)岡本勝人

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑱ 金子大栄と曽我量深の『歎異抄』観-三明智彰

仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(七)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう/書物の輪蔵
7月のカレンダー
教界レンズ
お知らせ
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎
表紙「阿蘇大観峯」(院展)-相嶋崇人
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 小田原七福神の毘沙門天―神奈川県・潮音寺-写真・文/駒澤琛道

〈巻頭〉身の苦に依て心乱れざれば証果自ら至る-金峯山修験本宗 管長・総本山金峯山寺 管領 五條良知

【講演】迷いからの脱出 ② 悟りは迷いからうまれる-武蔵野大学名誉教授・山崎龍明
迷いの世界の向こう側に悟りがあるのではなく、苦悩がそのまま悟りになると仏教は説きます。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯 22―会昌の破仏-小川 隆
法華経へのいざない 第四十二回 釈迦牟尼仏の称讃と守護―普賢菩薩勧発品 ④-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 地獄絵解き~最後の小屋掛け芸人-衣斐弘行
じっくり読み解く『般若心経』〈その十五〉-東北福祉大学学長・千葉公慈

鉄 笛
○「AI美空ひばり」とイタコ-大道晴香
○ともに苦しんでくれる「友」-濱田英作

特集=〈見えない世界〉を考える―あの世・神・霊
便利だけど、どこか窮屈で生きづらい時代に必要なのは、目に見えないものかもしれません。
今回の特集では、「あの世」、「神」、「霊」に的を絞ってご紹介していきます。

〈法話〉現代僧侶は〈見えない世界〉をどう考えるか-東京・観蔵院住職/小峰彌彦
▼第一部 あの世
釈尊は死後の世界をどう説いたか-元駒澤大学学長・池田練太郎
仏教美術に描かれた地獄・極楽-神田外語大学教授・吉村稔子
日本人の仏教以外の死後観-京都大学名誉教授・鎌田東二
キリスト教の説く死後の世界-カルメル修道会司祭・九里 彰
イスラム教の説く死後の世界-東京大学准教授・菊地達也
▼第二部 神
神は多数か唯一か─日本的神観念を再評価する-中央大学教授・保坂俊司
キリスト教の「神」-観九里 彰
イスラム教の「神」観-菊地達也
日本の神々-法政大学講師・長沢利明
▼第三部 霊
仏教の霊魂観 こども教育-宝仙大学教授・林 隆嗣
キリスト教の霊魂観-九里 彰
イスラム教の霊魂観-菊地達也
都市伝説―民話のなかの幽霊・妖怪-国立歴史民俗博物館名誉教授・常光 徹
心霊現象-作 家・本郷陽二

誓願に照らされて~新時代を生きる-大乗菩薩安泰寺東堂・ネルケ無方
安泰寺を後進に譲った無方老師が、時代の大転換期を生きぬく心構えを自身の決意を籠めて語る。

仏像を守る第8章 「新しい仏像」も守りたい ③-君島彩子
お寺のソーシャルデザイン〈14〉-フリーライター・杉本恭子
『大日経』のおしえ 第十一回 凡夫心の特徴を探る-下泉全暁

空海と普賢の行願について-前東洋大学学長・竹村牧男
空海は恵果のみならず、その前に就いて学んだ般若三蔵からも大きな影響を受けていました。

龍と共に生きる ㊳ 七面大明神-北畠聖龍
神・儒・仏と日本人 ㊲ 正義の所在-森 和也
大原の月―良忍上人異聞-徳融寺老院・阿波谷俊宏
わたしのおばあちゃん その㉒ アプリとは-たばやん
〔仏教の世界をひらく物語〕見るだけの目には見えぬもの-山口辨清
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅴ)-岡本勝人
体験型法話-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門⑰ 近角常観と暁烏敏の『歎異抄』観-三明智彰

仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(六)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
6月のカレンダー
教界レンズ
お知らせ╱編集後記

大法輪7月号特集(内容は変更となる場合があります)

ブッダの言葉から学ぶ仏教入門

原点の釈尊に戻って自分を見つめ直そう
◇原始仏典とは何か?
・人間ブッダの肉声を聞く
◇ブッダが説く仏教のキホン
・縁起「これがあるときかれがある」
・慈悲「母が一人子を守るように」
・中道「弦は強からず弱からず」
・煩悩「すべては燃えている」ほか
◇人生を磨くブッダの言葉
・他人を害しないことばを語れ
・まず毒矢を抜け
・自分より愛しい者はない
・怨みを捨ててこそ息む
・善をなすのを急げ ほか
〔執筆者〕羽矢辰央・蓑輪顕量・宮元啓一・勝本華蓮・井上ウィマラ 他

表紙「響」(院展)-小田野尚之
扉絵・目次絵-吉崎道治
【カラー口絵】スリランカ 祈りの風景-写真・文/廣津秋義
アートクローズアップ 特別展「国宝 聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ」

〈巻頭〉一 ― 一歩一歩-法相宗管長・薬師寺管主/加藤朝胤

【講演】迷いからの脱出 ① 死生学へのいざない-在家仏教協会理事長・菅原伸郎
死後の世界など分かりっこない。分からないままにしておく勇気こそが、幸せの基本です。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯21―士大夫との交渉(続)-小川 隆
法華経へのいざない 第四十一回 普賢菩薩の守護―普賢菩薩勧発品 ③-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 病気でなく病人を診る視点-田畑正久
じっくり読み解く『般若心経』〈その十四〉-東北福祉大学学長・千葉公慈

鉄 笛
○宗内生教育を通じて思うこと-小林奈央子
○子ども食堂がつむぐ人の輪-福田亮雄

特集=人生を導く 仏教の《誓いと自戒》の言葉
仏教徒にとって信仰の原点となる《誓願》と、日々の精進を励ます《自戒》を学ぶことで、幾世代を越えて伝承されてきた「自己をみつめ他者と共に生きる」あり方を深く理解します。

〈法話〉発菩提心こそ仏道を行く第一歩-臨済宗大徳寺派香林院住職・金嶽宗信

【第一章 菩薩・高僧の誓願】
大乗菩薩の四弘誓願-(公財)中村元東方研究所専任研究員・服部育郎
薬師如来の十二大願-種智院大学教授・北尾隆心
阿弥陀如来の四十八願-大谷専修学院長・狐野秀存
最澄の願文-天台宗教学部長・森田源真
空海の願文-大正大学名誉教授・平井宥慶
道元の発願-愛知学院大学准教授・菅原研州

【第二章 仏教徒が自戒すべき教え】
七仏通誡偈と十善戒-大本山室生寺教務執事・網代裕康
法然の一枚起請文-佛教大学教授・伊藤真宏
明恵の「阿留辺幾夜宇和」-龍谷大学准教授・野呂 靖
日蓮の御妙判興隆-学林専門学校校長・大平宏龍
良寛の戒語可睡斎-西堂・中野東禅

【第三章 近代の名僧の誓願と自戒】
山本玄峰の風光-三島・龍澤寺専門道場師家・後藤榮山
曽我量深の誓願と自戒-京都・一行寺前住職・那須信孝
鈴木修学の生涯と誓願-身延山大学名誉教授・浜島典彦
澤木興道の誓願と自戒-博多・明光寺住職・本多迪富

仏像を守る 第8章 「新しい仏像」も守りたい ②-君島彩子
お寺のソーシャルデザイン〈13〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十五(最終回)〉 「続けること」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第十回  凡夫の心-下泉全暁

タイ「森の寺」住職 パイサーン・ウィサーロ師の説法-時間がなくなるカラクリ-浦崎雅代
便利になる程、時間がなくなっていく現代に必要な教えを平易に説き明かすタイからの法話便り。

龍と共に生きる ㊲ 神泉苑での雨乞い・静御前-北畠聖龍
神・儒・仏と日本人 ㊱ 善悪の彼岸-森 和也
ほっと一息ブッダのことば(54)〈最終回〉自己に目覚める喜び-吉田真譽
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㊲ 梅干と梅酒-花岡博芳
わたしのおばあちゃん その㉑ 魔法のステッキ-たばやん
〈まんが宮沢賢治シリーズ〉猫の事務所-原作・宮沢賢治╱作画・みつる
異本 蜘蛛の糸-三野 恵
掌の上のオペレッタ-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑯ 清沢満之と『歎異抄』-三明智彰

仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(五)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

5月のカレンダー
教界レンズ
展覧会へ行こう╱書物の輪蔵
お知らせ╱編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪6月号特集(内容は変更となる場合があります)

〈 見えない世界 〉を考える― あの世・神・霊
誰も知らないけれど、誰もが知りたいお話・・・

= あの世 =
・釈尊は死後をどう説いた?
・仏教美術に描かれた地獄極楽
・キリスト教、イスラム教が説く死後の世界とは?
・日本人の仏教以外の死後観
= 神 =
・一神教、多神教、アニミズム
・各宗教の神、日本の神々
= 霊 =
・各宗教の霊魂観
・都市伝説・おとぎ話の幽霊
・心霊現象
【執筆者】小峰彌彦・鎌田東二・池田練太郎・菊地達也・九里彰・保坂俊司 ほか

表紙「春の匂ひ」(日展)-米谷清和
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 慈顔の馬頭観音を祀る信州・上田屈指の古寺 実相院-写真・文/長谷川周

〈巻頭〉蘇-生法華宗(本門流)管長・大本山光長寺貫首 𠩤井日鳳

【講演】宗教と労働 ⑪ 通俗道徳と「うき世」の思想-上智大学グリーフケア研究所所長 島薗 進
うき世の中に悟りを見いだす競争社会を超えるためには宗教が教えてくれる智慧が必要です。


中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯 20―士大夫との交渉-小川 隆
法華経へのいざない 第四十回 普賢菩薩のねがい―普賢菩薩勧発品 ②-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 生活の中の禅―生き惑う人達との共同生活-野田大燈
じっくり読み解く『般若心経』〈その十二〉-東北福祉大学学長・千葉公慈

鉄 笛
○グレタさんの衝撃-若麻績敏隆
○どんな石もみんな宝石-三浦明利

特集=仏教 ざんねんな誤解
仏教のおしえや文化は複雑な面もあり、理解するうえで一筋縄ではいかず、それゆえ誤解されている事柄も多いようです。仏教の様々な誤解を解きたいと思い、企画したのが本特集です。

第一部―あの人も誤解していた!-(公財)中村元東方研究所専任研究員・吉村 均
「苦行をすれば悟れるはずだ」-釈尊の誤解/「弥勒菩薩が現れてくれない」-無着の誤解/「料理作りなど修行の妨げだ」-道元の誤解/「大悟したと喜んで慢心」-白隠の誤解/「念仏しても踊躍歓喜の心が十分でない」-唯円の誤解に親鸞は

第二部―仏教一般への誤解-臨済宗円覚寺派管長・横田南嶺
仏教は生きていることを苦しみと説く、厭世的な暗い教えだ/仏教が願うのは死後の幸福/仏教を学ぶのは年をとってからで良い/仏教は道徳・哲学だ/悟りとは感情がなくなること/仏教に頼るのは精神的に弱い証拠

第三部―日本仏教への誤解
①日本仏教全般への誤解-山形大学名誉教授・松尾剛次
お寺の宗旨は開創から変わらない/お坊さんは寺に住んで葬式をする人/鎌倉時代は鎌倉新仏教が盛んだった/各宗派は戦争中も平和主義を貫いた/日本仏教は世界に通用しない
②古代仏教への誤解-國學院大學兼任講師・有働智奘
仏教公伝年代の誤解/排仏崇仏についての誤解/聖徳太子はいなかった
③密教への誤解-高野山大学非常勤講師・川﨑一洋
曼荼羅はお寺の飾り(装飾品)だ/大日如来は創造神だ/即身成仏はミイラになること/加持祈祷は釈尊が批判したバラモン教のリバイバル/お寺では現世利益の加持祈祷のみをおこなっている/密教は超能力を得ることを目的とする
④浄土教への誤解-大谷専修学院長・狐野秀存
極楽浄土とは天国のこと/南無阿弥陀仏は呪文の一種/この世ではなく来世の救いだけを説く/念仏は数が多いほど救われる/法然・親鸞は戒律を否定した/阿弥陀様は極楽世界にいて、この世では会えない
⑤禅宗への誤解-花園大学教授・中尾良信
坐禅とは精神統一ための瞑想/坐禅とは何も考えないようにすること/坐禅は目を閉じて行う/臨済宗の悟りは公案を通ること/悟ればそこで修行終了/入門したら精進料理以外は口にできない
⑥日蓮宗への誤解-日蓮宗経王寺住職・互井観章
他宗のことを邪教として認めない/お題目以外を唱えてはいけない/日蓮聖人像がご本尊/日蓮宗の大曼荼羅と密教の曼荼羅は、意味は同じ/日蓮宗のお坊さんは、いつも怒っていて怖い/荒行に行かないと一人前の僧侶と認められない

第四部―葬儀・お墓・法事の誤解-時宗 遍昭山阿弥陀寺 副住職・朝野倫徳
葬儀はどこの寺の僧侶に頼んでもいい/密葬と家族葬は同じ/献体すれば葬式はしなくてもすむ/戒名をつけなければ葬儀はできない/お骨は必ずお墓に埋めないといけない/仏壇は先祖の位牌がない家には必要ない

お寺のソーシャルデザイン〈12〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十四〉 「本来無一物」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第九回 心と空性の教え-下泉全暁
仏像を守る 第8章 「新しい仏像」も守りたい ① -宗教学者・仏像文化研究者 君島彩子
龍と共に生きる ㊱ 桜の花-北畠聖龍
神・儒・仏と日本人 ㉟ 容れ物としての心-森 和也
平和のインパール作戦~日本文化使節団による現地文化交流-西村仁美
遊ぶ人-佐藤隆定
ほっと一息ブッダのことば(53)精進の力と智慧の光-吉田真譽
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㊱ 断りの作法教えます-花岡博芳
わたしのおばあちゃん その⑳ シンキングタイム-たばやん
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅳ)-岡本勝人
〔仏教の世界をひらく物語〕白の護り-山口辨清

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑮ 声に出して読みたい『歎異抄』の名言(後編)-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ㉒《最終回》三昧画を描いてみよう-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(四)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
ぺんまんだら
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

展覧会へ行こう/書物の輪蔵
4月のカレンダー
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪5月号特集(内容は変更となる場合があります)

―人生を導く― 仏教の《誓いと自戒》の言葉

①菩薩・高僧の誓願 ▼大乗菩薩の「四弘誓願」/▼薬師如来が菩薩時代にたてた【十二大願】/▼阿弥陀如来が法蔵菩薩の時代にたてた【四十八願】/▼最澄、空海、道元の【願文】②仏教徒が自戒すべき教え ▼過去七仏による【通誠偶】/▼法然の【一枚起請文】/▼明恵の【阿留辺幾夜宇和】/日蓮の【御妙判】/▼良寛の【戒語】③近代の名僧の誓願と自戒 ▼山本玄峰(臨済宗)/▼曽我量深(浄土真宗)/▼鈴木修学(日蓮宗)/▼澤木興道(曹洞宗)ほか

表紙「陽光さす」(日展)-宮本脩子
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 隠れキリシタン命懸けの信仰―神奈川・澤田美喜記念館-写真・文/駒澤たん道

〈巻頭〉散 善-総本山光明寺東京別院貫主・坂下隆誠

【講演】宗教と労働 ⑩ 生きること、はたらくこと―菩薩行として-末木文美士
自分だけでなく他者のための力になる生き方を自覚するのが「実践としての菩薩」です。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯19―鬼神は敬して之を遠ざく?-小川 隆
法華経へのいざない 第三十九回 普賢菩薩の偉大なる徳 ─ 普賢菩薩勧発品 ①-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 西行桜-衣斐弘行
じっくり読み解く『般若心経』〈その十二〉-東北福祉大学学長・千葉公慈

鉄 笛
○40歳寺嫁、通信制大学院で仏教の勉強を始めました-天野和公
○上七軒文庫 始動―大学と共存する私塾を目指して-亀山隆彦

特集=生活にいかせるマインドフルネスと呼吸法
心身の健康などに役立つと話題の瞑想法「マインドフルネス」と、それに関連して改めて注目されている色々な呼吸法を、多様な観点から取り上げ、その真価を引き出したいと思います。

◇第一部 マインドフルネス編
マインドフルネスとは-早稲田大学教授/日本マインドフルネス学会理事長・越川房子
〈実践者が語る〉マインドフルネスのここがすごい!-慶應義塾大学准教授・樫尾直樹
マインドフルネスの実践法―通勤・会社・家庭-浄土宗光琳寺副住職・井上広法
マインドフルネスの注意点-東京マインドフルネスセンター名誉センター長・貝谷久宣
マインドフルネス用語の基礎知識-健康科学大学教授・井上ウィマラ
Mindfulnessの語源/サティパッターナ・スッタ/マインドフルな状態/ジョン・カバットージン/マインドフルネス ストレス低減法/ボディスキャンほか
マインドフルネスのメリットを科学する-早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程・髙橋 徹/早稲田大学人間科学学術院教授・熊野宏昭
マインドフルネスは仏教か-曹洞宗僧侶・藤田一照
マインドフルネスに取り組む団体-編集部

◇第二部 呼吸法編
呼吸と健康-東京有明医療大学学長/昭和大学名誉教授・本間生夫
呼吸力を高める―呼吸器科医の考える呼吸法の重要性-打越メディカルクリニック院長・打越 暁
〈腹式呼吸〉で心身が変わる!-動体学創始者/自由人(ミュート)主宰・河野智聖
ヨーガの呼吸法-龍村ヨガ研究所所長・龍村 修
禅の呼吸法-大阪・瑞龍寺住職・住谷瓜頂
合氣道の呼吸法心身統一-合氣道会会長・藤平信一
おすすめ呼吸法とやってはいけない呼吸法-帯津三敬病院名誉院長・帯津良一

仏像を守る 第7章 興福寺 歴史の継承 ③-法相宗大本山興福寺執事/境内管理室長・辻 明俊
お寺のソーシャルデザイン〈11〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十三〉「メダカの宇宙」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第八回  九つの問いの続き-下泉全暁
涅槃会巡拝記〈九〉キリシタンの島の涅槃図-竹林史博
神・儒・仏と日本人 34 性善説という通奏低音-森 和也
あの人この言葉(四十二) 伊東正義さん(一九一三~一九九四)-横田 喬
龍と共に生きる 35 如蓮華在水-北畠聖龍
わたしのおばあちゃん その⑲ 電話が来るのを待っている-たばやん
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅲ)‐2岡本勝人
近世能面の発祥地、白山平泉寺-岩井孝樹

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑭ 声に出して読みたい『歎異抄』の名言(中編②)-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ 21 七福神、大黒天を写仏しよう-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(三)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

展覧会へ行こう/書物の輪蔵
3月のカレンダー
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪4月号特集(内容は変更となる場合があります)
               
仏教・ざんねんな誤解

①あの人も誤解していた!
×苦行すれば悟れると考えていた釈尊/×念仏すれば踊躍歓喜すると思っていた親鸞/×台所仕事など修行の妨げと考えていた道元/×小さな悟りで鼻高々になっていた白隠 
②仏教への色々な誤解
×仏教が願うのは死後の幸福だ/×大日如来は造物主だ/×念仏は数が多いほど救われる/×坐禅は精神統一が目的だ/×日蓮宗寺院の本尊は日蓮聖人像だ/×奈良仏教のお寺も葬儀をする などなど
・・・これらはすべて〈誤解〉です。四月号で、仏教の正しい知識が学べます!

表紙「明ける」(院展)-福井爽人
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 信州・あづみ野池田町を訪ねて-写真・文/中塚 裕

〈巻頭〉吉 夢-総本山金剛峯寺座主・高野山真言宗管長 葛西光義

【講演】宗教と労働 ⑨ 企業活動と宗教-千曲市・開眼寺住職 柴田文啓
経営者に求められているのは宗教的思考。それが企業の問題解決によい示唆を与えてくれます。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯18―遊 山(続)-小川 隆
法華経へのいざない 第三十八回 妙荘厳王への授記―妙荘厳王本事品 ②-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 医療と仏教の協力を-田畑正久
じっくり読み解く『般若心経』〈その十一〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○いのちは祈りである-梶原敬一
○本を守った人たち、本をつないだ日本-鎌倉幸子

特集=〈徹底比較〉真言密教と天台密教
インド密教は中国を経てわが国へ伝わり、真言密教と天台密教という二つの大輪の花を咲かせました。本特集では様々な切り口で両者を比較し、その相違点と共通点とを明らかにします。

▼第一部 真言密教編
ズバリ、真言密教とは何か-高野山大学教授・乾 龍仁
真言密教の歴史と分派-大正大学仏教学部専任講師・大鹿眞央
弘法大師信仰のすすめ-大正大学仏教学部専任講師・加藤精純
真言密教・偉人列伝-種智院大学教授・北尾隆心
聖宝尊師/仁海僧正/益信僧正/興教大師覚鑁/慈雲尊者/金山穆韶師
真言密教僧の修行-高野山大学教授・佐藤隆彦
在家でもできる真言密教の修行-高野山真言宗千手院住職・川上修詮
真言密教の聖地-種智院大学教授 松本峰哲

▼第二部 天台密教編
ズバリ、天台密教とは何か-早稲田大学教授・大久保良峻
天台密教の歴史と分派-公益財団法人中村元東方研究所専任研究員・水上文義
元三大師信仰のすすめ-大正大学特任准教授・木内堯大
天台密教・偉人列伝-大正大学非常勤講師・鈴木行賢
伝教大師最澄/慈覚大師円仁/智証大師円珍/五大院安然/相応和尚
天台密教僧の修行延暦寺-山華王院住職・長谷川裕峰
在家でもできる天台密教の修行-天台宗清光院住職・寺本亮晋
天台密教の聖地-大正大学教授・塩入法道

▼第三部 真言密教と天台密教の違い
歴史、根本の教義、経典観などの違い-総本山園城寺学問所員・羽田守快
真言陀羅尼の「読み方」の違い-真言宗僧侶善龍庵主宰・大森義成

仏像を守る 第7章 興福寺 歴史の継承 ②-法相宗大本山興福寺執事・境内管理室長 辻 明俊
お寺のソーシャルデザイン〈10〉フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十二〉 「思 惟」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第七回 浄菩提心とは何か-下泉全暁
神・儒・仏と日本人 33 復古の精神-森 和也
王舎城仏舎利塔 五十周年大法要─ 宝塔から発する非暴力の大音声-大麻 豊
あの人この言葉(四十一) 竹内直一さん(一九一八~二〇〇一)-横田 喬
龍と共に生きる 34 清水寺 青龍会-北畠聖龍
わたしのおばあちゃん その ⑱ 雪国のアイデア-たばやん
暮らしに生かす禅ライフのすすめ 35 『マチネの終わりに』と聖書と法華経-花岡博芳
ほっと一息ブッダのことば(52)ほどほどに-吉田真譽
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅲ)‐2-岡本勝人
香嵐渓との再会-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑬ 声に出して読みたい『歎異抄』の名言(中編)-三明智彰
仏教なんでも相談室-鈴木永城
《小説》戦乱の世を生きた茶人 織田有楽斎(二)-岳 真也

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

展覧会へ行こう/書物の輪蔵
2月のカレンダー
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/山本太郎

大法輪3月号特集(内容は変更となる場合があります)

生活にいかせる マインドフルネスと呼吸法

第一部・マインドフルネス編
◇マインドフルネスとは何か /◇実践者が語る・マインドフルネスのここがすごい!/◇仕事で・家庭でマインドフルネス実践法/◇(激論)マインドフルネスは仏教か/◇おすすめマインドフルネス道場紹介 ほか

第二部・呼吸法編
◇《図解》これが腹式呼吸だ!/◇呼吸はなぜ重要なのか(医学的観点から)/◇インド・ヨガの呼吸法/◇禅の呼吸法/◇合気道の呼吸法/◇おすすめ呼吸法と、やってはいけない呼吸法 ほか
表紙「昇陽」(院展)-下田義寛
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 〈現代の宮彫師〉江森社寺彫刻・江森雅夫-写真・文/若林 純

〈巻頭〉掲 諦-大本山大覚寺門跡・真言宗大覚寺派管長 尾池泰道

【講演】宗教と労働 ⑧ 労働の場と個の確立-親鸞仏教センター所長・本多弘之
逃げることのできない苦悩の事実、その只中で光に遇うことを親鸞聖人は教えてくれます。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯17―遊 山-小川 隆
法華経へのいざない 第三十七回 浄蔵・浄眼による導き― 妙荘厳王本事品 ①-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 足下の公案―煩悩即菩提-野田大燈
じっくり読み解く『般若心経』〈その十〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○金沢文庫と私の野望-道津綾乃
○『縁の手帖』を用いた教化における「つながりの意識」と「信仰心の発露」-東海林良昌

特集=〝いざ〟に役立つ仏教便利手帳 2020年版
仏教の様々な〝決まり事〟は思いのほか複雑で、葬儀・法事や寺院参拝などの際、しばしば戸惑います。そこでイザというとき役立つ仏教の知識を網羅した〝便利手帳〟を企画しました。

1 葬儀・法事
①喪主になったら-全日本葬祭業協同組合連合会専務理事・松本勇輝
②戒名をいただく-高野山真言宗功徳院住職・松島龍戒
③通夜・葬儀に参列する 〃 
④[便利データ]葬儀で読まれる経典の出だし-編集部

2 お寺参り
①仏像の見方-龍谷ミュージアム副館長・石川知彦
②仏具の名前と役割-作 家・瓜生 中
③[便利データ]宗派がわかる寺院建築 〃 
④[便利データ]僧侶の呼び方-臨済宗妙心寺派正覺寺住職・足立宜了

3 仏教行事
①修行体験したい-宗教文化研究家・豊嶋泰國
②法話が聞きたい-真宗大谷派法薗寺住職・義盛幸規
③[便利データ]月別の仏教行事-豊嶋泰國

4 仏教を学ぶ
①教室で学びたい-編集部
②インターネットで学びたい 〃 
③[便利データ]日本仏教十三宗一覧 〃 
④[便利データ]掛け軸を読む-足立宜了

5 旅行ガイド
①インド仏跡巡礼-トラベル・ミトラ・ジャパン代表 大麻 豊
②四国遍路巡礼-研究家・白木利幸
③仏像三昧-写真家・建長寺徒弟 駒澤琛道
④宿坊に泊まりたい-白木利幸
⑤[便利データ]春の花の寺を訪れる-編集部

仏像を守る 第7章  興福寺 歴史の継承 ①-法相宗大本山興福寺執事・境内管理室長 辻 明俊
お寺のソーシャルデザイン〈09〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十一〉 「合 掌」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第六回 如実知自心-下泉全暁
神・儒・仏と日本人 ㉜ 《文学》と思想史-森 和也
あの人この言葉(四十) 荻村伊智朗さん(一九三二~一九九四)-横田 喬
龍と共に生きる ㉝ 福 徳-北畠聖龍
〈口絵に寄せて〉〔現代の宮彫師〕江森社寺彫刻・江森雅夫-先人に学び技法を確立-若林 純
わたしのおばあちゃん その⑰ 三種の神器-たばやん
〈まんが宮沢賢治シリーズ〉やまなし-原作・宮沢賢治╱作画・みつる
ほっと一息ブッダのことば  道を求める心-吉田真譽
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅲ)-岡本勝人
明かりが照らすもの-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門⑫ 声に出して読みたい『歎異抄』の名言(前編)-三明智彰

仏教なんでも相談室-鈴木永城

新連載《小説》戦乱の世を生きた茶人・織田有楽斎(一)-岳 真也
信長の弟、源吾長益。本能寺の変を生き延び茶の道をきわめた男の物語が、いま幕を開けた。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

展覧会へ行こう╱書物の輪蔵
1月のカレンダー
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪2月号特集(内容は変更となる場合があります)

◇第一部・真言密教編              
 ズバリ、真言密教とは何か/弘法大師信仰のすすめ/真言密教僧の修行/在家でもできる真言密教の修行/真言密教の聖地 ほか
◇第二部・天台密教編
ズバリ、天台密教とは何か/元三大師信仰のすすめ/天台密教僧の修行/在家でもできる天台密教の修行/天台密教の聖地 ほか
◇第三部 両密教の違い
 真言陀羅尼の〝読み方〟の違い/重んじる経典や大日如来観の違い ほか
〈執筆者〉乾龍仁・佐藤隆彦・木内堯大・川上修詮・大久保良峻・羽田守快 ほか

表紙「月夜のうた」(創画展)-村松詩絵
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 武蔵野の古刹 山口観音―金乗院放光寺-写真・文/佐藤泰司

〈巻頭〉承前啓後-臨済宗方広寺派管長・安永祖堂

【講演】宗教と労働 ⑦ 罪としての労働と慈悲としてのはたらく-中央大学教授・保坂俊司
労働を罰と考える欧米に対し、日本人は他者を楽にしようとポジティブにはたらくのです。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯16―山 居小川 隆
法華経へのいざない 第三十六回 十羅刹女・鬼子母神の守護―陀羅尼品③-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 仏心と平和の使者~夭折の歌人・長島蛎-衣斐弘行
じっくり読み解く『般若心経』〈その九〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○ロボット学と仏教-岡田真水
○ベトナム訪問私記-太瑞知見

特集=〈教えがわかる雑学〉日常会話の中の仏教語
日本語の中には、仏教由来の言葉「仏教語」がいっぱい。日常的に耳にする仏教語の正しい意味や語源について、雑学が楽しめ、更には教えにも触れられるそれが今回の特集です。

★ よく聞く・よく使う仏教語①-大正大学仏教学部専任講師・加藤清純
行脚/朱印/四苦八苦/縁起/空/中道/解脱/引導/往生/地獄/餓鬼/盂蘭盆/喝/合掌/有頂天/戒名/居士/供養/覚悟/勧進/四天王
★ よく聞く・よく使う仏教語②-東京・臨済宗妙心寺派龍源寺住職・松原信樹
衆生/精進/浄土/成仏/諸行無常/真言/題目/畜生/通夜/如来/念仏/彼岸/布施/遍路/本尊/煩悩/凡夫/末法/満中陰/無我/輪廻
★ 意外! これも仏教語①-愛知学院大学教授・木村文輝
愛/挨拶/有り難い/安心/有耶無耶/会釈/億劫/開発/ガタピシ(我他彼此) /観察/堪忍/行儀/工夫/玄関/実際/自然/宗教、ほか
★ 意外! これも仏教語②-臨済宗建長寺派満願寺住職・永井宗直
大事/大丈夫/啖呵/知事/通達/つっけんどん(突っ慳貪)/提唱/投機/兎角/内緒/皮肉/平等/無事/普請/不思議/未曾有/無頓着、ほか
★ 意味がまったく変わってしまった仏教語-和宗総本山四天王寺執事・南谷恵敬
諦め/有象無象/有漏/葛藤/我慢/愚痴/虚仮/金輪際/出世/上品・下品/他力本願/道楽/分別/無為/無学/無情/滅法/遊戯
★ 実はインド語の音を写した仏教語-国際教養大学特任教授・金岡秀郎
阿修羅/袈裟/護摩/三昧/娑婆/頭陀/刹那/荼毘/檀那・旦那/塔婆/奈落/涅槃/馬鹿/般若/菩薩/末魔/曼荼羅/瑠璃
★ よく耳にする仏教語慣用句-文芸評論家・唐戸民雄
阿吽の呼吸/足を洗う/あばたもえくぼ/以心伝心/一蓮托生/後生の一大事/言語道断/自業自得/仏頂面をする/知らぬが仏/図に乗る、ほか
★ 仏教語ことわざ集-可睡斎僧堂西堂・中野東禅
暑さ寒さも彼岸まで/牛に引かれて善光寺参り/嘘も方便/鬼に金棒/借りる時の地獄顔、返す時の閻魔顔/聞いて極楽、見て地獄、ほか
★ 企業・商品の名前になった仏教語-作 家・本郷陽二
アミタホールディングス/オムロン/カルピス/キヤノン/スガタリサーチ/スジャータ/ダイニチ/トステム/不二越/ミツトヨ、ほか
《コラム》海外で通じる仏教語
★ 英語で考えるブッダの教え-浄土真宗本願寺派超勝寺住職・大來尚順
「諸行無常」Everything is changing/「般若心経」The Heart Sutra、ほか

お寺のソーシャルデザイン〈08〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その二十〉 「成田屋」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第五回  三句の法門-下泉全暁

【カトリック最高指導者】 ローマ教皇とはどんな方か-カトリック・イエズス会司祭・竹内修一
38年ぶりのローマ教皇来日を記念しての特別寄稿。その人柄や信念、来日の意義などを紹介。

仏像を守る 第6章 知ることは守ること ③-上原美術館主任学芸員・田島 整
龍と共に生きる ㉜ 元三大師と龍-北畠聖龍
神・儒・仏と日本人 ㉛ 滝沢馬琴と勧善懲悪-森 和也
あの人この言葉(三十九) 中江利忠さん(一九二九~)-横田 喬
わたしのおばあちゃん その⑯ 誇り高く-たばやん
ほっと一息ブッダのことば ㊿ 胸にはお釈迦さまの精神を掲げて-吉田真譽
柳宗悦論─「仏教美学」四部作について(Ⅱ)-岡本勝人
心ころころ-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑪ 『歎異抄』はカルト宗教を否定する-三明智彰

仏教なんでも相談室-鈴木永城

〈大法輪アーカイブス〉聖徳太子の仏教観〈昭和五六年十二月号より〉-早島鏡正
皆が助け合う〈和〉の国家建設を願い、自ら大乗菩薩として生きた聖徳太子の仏教観に迫る。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
ペンまんだら
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

〈新春〉必携あいてむ[仏教手帳]
展覧会へ行こう
書物の輪蔵
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪1月号特集(内容は変更となる場合があります)

《〝いざ〟に役立つ 仏教便利手帳2020年版 》

①葬儀・法事
 喪主になったら/戒名を頂く/通夜・葬儀に参列、ほか
②お寺参り
 仏像の見方/仏具の名前/寺院建築/僧侶の呼び方、ほか
③仏教行事
 宗派別・修行体験(坐禅・阿字観・念仏・題目など)/説法会/月別の仏教行事、ほか
④仏教を学ぶ
 大学・大学院で学ぶ/お寺で学ぶノインターネットで学ぶ
 日本仏教13宗一覧、ほか
⑥旅行ガイド
 四国遍路の仕方/仏像拝観旅行をしよう/宿坊に泊まるには/花の寺に行こう、ほか

表紙「山茶花の小径」(院展)-倉島重友
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 岩船寺篤い信仰を伝える当尾の里季節折々の花が咲き誇る寺-写真・文/長谷川周

〈巻頭〉〝妙〟による -堀之内妙法寺山主・山田日潮

【講演】 宗教と労働 ⑥ 「非俗」の実践 -明治学院大学名誉教授/「連続無窮の会」同人・阿満利麿
非難され疎外されるこの現代社会で、自信を持って生きていくために念仏が必要なのです。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯15―典座 十務-小川 隆
法華経へのいざない 第三十五回 陀羅尼咒による守護―陀羅尼品②-北川前肇
リレーコラム 仏教の眼 終活と縁起の法-田畑正久
じっくり読み解く『般若心経』〈その八〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○共に読む楽しみ-片岡 啓
○〝歌う尼さん〟デビュー十五周年を迎えて-やなせなな

特集= 「心」を探る─仏教と心理学からのアプローチ
混迷の現代、私たちの心は常に忙しく動き回り、休まる暇がありません。その「心」というものを、仏教と心理学がどのように捉えてきたかを学びたいと思い、企画したのが本特集です。

〈総論〉心を見つめる-東京大学大学院教授・蓑輪顕量

● 第一部 現代人の心理を読みとく
スマホから離れられない心理-教育・心理カウンセラー・富田富士也
引きこもりのふれあいに戸惑う心理             〃  
いじめ・パワハラ・虐待をする心理             〃  
スピリチュアル・自己啓発にひかれる心理-立教大学教授・小池 靖
ネット投稿で注目を浴びたい心理               〃 

● 第二部 心のありか
現代医学が考える心と脳―ブッダの教説と比較しつつ-埼玉医科大学名誉教授・浅野孝雄
仏教が捉えた心の構造-駒澤大学教授・吉村 誠
アフリカ人の心のあり方-国立民族博物館人類文明史研究部教授・池谷和信第三部 仏教と心理学
● 第三部 仏教と心理学
アドラー、ユングの心理学と仏教-サングラハ心理学研究所主幹・岡野守也
トランスパーソナル心理学と仏教-日本大学教授・合田秀行
「悟り」を心理学的に考える健康-科学大学教授・井上ウィマラ
マインドフルネスが説く「心」-早稲田大学教授・宮田裕光
仏教が説く心の静め方-東邦大学医学部名誉教授・有田秀穂
仏教者のためのカウンセリングのすすめ-真言宗智山派淨蓮院住職・羽鳥裕明
グリーフケア─宗教者による心の救済-浄土宗願生寺住職・大河内大博

仏像を守る 第6章 知ることは守ること ②-上原美術館主任学芸員・田島 整
お寺のソーシャルデザイン〈07〉-フリーライター 杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十九〉 「冥 加」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第四回 五輪塔の秘密-下泉全暁
龍と共に生きる ㉛ 心の成長-北畠聖龍
神・儒・仏と日本人 ㉚ 江戸の道家-森 和也
あの人この言葉(三十八) 中田正一さん(一九〇六~一九九一)-横田 喬
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㉞ そうだ京都、行こう-花岡博芳
わたしのおばあちゃん その⑮ どこに行こう-たばやん
柳宗悦論―「仏教美学」四部作について(Ⅰ)-岡本勝人
ほっと一息ブッダのことば ㊾ 小さな種-吉田真譽
凪いだ意識-佐藤隆定

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑩ 『歎異抄』にみえる親鸞の人間的魅力-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑳ 白衣観音などを写仏をしよう-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城
読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
ペンまんだら
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
書物の輪蔵
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪12月号特集(内容は変更となる場合があります)

《教えがわかる雑学 日常会話の中の仏教語》

①意外!これも仏教語 挨拶/ガタピシ/うやむや/とにかく ほか
②意味が変わった仏教語 諦め/我慢/上品・下品/他力本願 ほか
③実はインド語の音写語 護摩/袈裟/三昧/奈落/馬鹿/旦那 ほか
④よく聞く仏教語慣用句・ことわざ集 阿吽の呼吸/知らぬが仏/三人寄れば文殊の知恵/栴檀は双葉より芳し ほか
⑤企業・商品名の仏教語 キャノン/カルピス/オムロン/トステム/ダイニチ/スジャータ ほか

表紙「月の王宮」(院展)-西田俊英
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 縁結びの願い、かなう─浦賀・叶神社-写真・文/駒澤琛道

〈巻頭〉十界一如修験道-管長・法首/総本山五流尊瀧院住職・宮家 準(堯仁)

【講演】 霊魂論の現在まで-鎌倉女子大学教授/東京大学名誉教授・竹内整一
とりかえのきかない個別と普遍との矛盾と統一に、霊魂のかけがえなさと輝きを感じ取れます。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯14─維 那-小川 隆
法華経へのいざない 第三十四回 法華経の修行者に対する守護─陀羅尼品 ①-北川前肇
リレーコラム 仏教の眼 トイレットペーパー三角折り-野田大燈
じっくり読み解く『般若心経』〈その七〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○死から生を学ぶ-浦上哲也
○仏教とお酒-大谷由香

特集= これならわかる 道元『正法眼蔵』 読み方ガイド
道元禅師の主要著書『正法眼蔵』に対して、「難しい内容だけど、いつか読破してみたい」と
思っている人は多いようです。今回の特集は、そのような人のための「読み方ガイド」です。

◆第一部 『正法眼蔵』とは?
これが『正法眼蔵』だ!-愛知学院大学客員教授・伊藤秀憲
『正法眼蔵』決めゼリフ-駒澤大学教授・佐藤秀孝
仏道をならふといふは、自己をならふなり(現成公案)/仏法には修証これ一等なり(辦道話)/この生死はすなはち仏の御いのちなり(生死)ほか

◆第二部 『正法眼蔵』徹底解剖
全95巻テーマ別分類と解説-駒澤大学教授・角田泰隆
【重要3巻 ダイジェスト】
(1)「弁道話」-駒澤大学教授・石井清純
(2)「現成公案」-石井清純
(3)「仏性」-鶴見大学教授・下室覚道
「有時」─道元の時間論を読み解く-在野研究者・辻口雄一郎

◆第三部 『正法眼蔵』とその周辺
編集本の種類と発刊の歴史-角田泰隆
「眼蔵家」と『正法眼蔵』の注釈書-曹洞宗総合研究センター所長・志部憲一
西洋哲学と『正法眼蔵』-愛知学院大学教授・岡島秀隆
臨済宗から見た『正法眼蔵』-臨済宗方広寺派管長・安永祖堂

◆第四部 『正法眼蔵』を学ぶ
『修証義』から入る『正法眼蔵』-駒澤大学教授・熊本英人
『正法眼蔵』現代語訳本ガイド-愛知学院大学准教授・菅原研州
全国の『正法眼蔵』講座案内-編集部

仏像を守る 第6章 知ることは守ること ①-上原美術館主任学芸員・田島 整
お寺のソーシャルデザイン〈06〉フリーライター-杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十八〉 「精 進」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第三回 一切智智の仏-下泉全暁
神・儒・仏と日本人 ㉙ 上田秋成の人物造形-森 和也
幕末女性の西国巡礼旅日記 〈六〉-元種智院大学教授・佐藤久光
龍と共に生きる ㉚ 龍 笛北畠聖龍
ほっと一息ブッダのことば ㊾ 小さな種-吉田真譽
あの人この言葉(三十七) 松下幸之助さん(一八九四~一九八九)-横田 喬
聞く耳佐藤隆定
わたしのおばあちゃん その⑭ 意識は高く-たばやん
仏教なんでも相談室-鈴木永城

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門⑨ 「無碍の一道」とは何か-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑲ 阿弥陀如来の色々なお姿を写仏しよう-牧 宥恵

〈大法輪アーカイブス〉凡愚と道元禅〈昭和三四年七月号より〉-秋山範二
信仰の彷徨者であった筆者が、凡愚のままに祇管打坐する〈坐の信仰〉に定まるまでの歩みを語る。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪11月号特集(内容は変更となる場合があります) 

《 「心」を探る―仏教と心理学からのアプローチ 》

①現代人の心理を読みとく   
 パワハラをする人間の心理/引きこもりの心理/スマホ中毒の心理ほか
 ②心のありか
現代医学が考える心と脳/唯識が説く心の構造/ネイティブ・アメリカンの文化で考えられている心ほか
③仏教と心理学
ユング、アドラー、トランスパーソナルと仏教/悟りと心理学/仏教が説く心の静め方/仏教者のための力ウンセリング入門ほか
 【執筆者―蓑輪顕量・岡野守也・吉村誠・池谷和信・大河内大博・有田秀穂・浅野孝雄 ほか

表紙「簇簇」(院展)-岸野圭作
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 〝仏教王国〟小浜で法灯を守り続ける真言宗の古刹・明通寺-写真・文/長谷川周

〈巻頭〉融 和-融通念佛宗管長/総本山大念佛寺法主・吉村暲英

【講演】宗教と労働 ⑤ はたらく力となる宗教-武蔵野大学名誉教授・ケネス田中
近江商人の三方よし―売り手によし買い手によし世間によし―は「自利利他円満」の精神です。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯13―主事・院主・寺主小川 隆
法華経へのいざない 第三十三回 慈悲の眼をもって人々をご覧になる―観世音菩薩普門品②-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 一念一誦~伊勢湾台風懐旧-衣斐弘行
じっくり読み解く『般若心経』〈その六〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○気がつけば仏像三昧な日々-小野佳代
○ご縁に生きる~メディアが教えてくれたもの-泰丘良玄

特集= 親鸞・蓮如からのアドバイス
煩悩具足の凡夫であることを自覚し、人間の「性(さが)」を徹底的に見つめた親鸞聖人、そして蓮如上人。
私たち現代人の様々な悩みを、二人に相談してみたいそんな想いから企画した特集です。

《法話》親鸞・蓮如における根本苦 一生死出ずべき道・後生の一大事-小川一乗(大谷大学名誉教授)

①生き方の悩み-中村 薫(同朋大学名誉教授)
「自殺したい」という人へ/「何のために生きているのか分からない」という人へ/「悟りや安心を得たい」という人へ/「自分はだめな人間」と思い込んでいる人へ

②自己の性格の悩み-松本智量(東京・浄土真宗本願寺派延立寺住職)
「怒りっぽい性格をなんとかしたい」という人へ/「酒やギャンブルがやめられない」という人へ/「頑張りすぎてしまう」という人へ/「何をやっても長続きしない」という人へ/「気が弱くて言いたいことが言えない」という人へ

③人間関係の悩み-武田未来雄(真宗大谷派教学研究所所員)
「パワハラやイジメで苦しんでいる」人へ/「許せない奴がいる」という人へ/「世間と交わらずに生きたい」という人へ/「親友ができなくて孤独だ」という人へ

④恋愛・結婚の悩み-川村妙慶(真宗大谷派僧侶・アナウンサー)
「結婚できない」と悩んでいる人へ/「性欲が抑えられない」と悩んでいる人へ /「不妊治療がうまくゆかない」と悩んでいる人へ/「夫婦仲が悪い」と悩んでいる人へ/離婚したことで悩んでいる人へ

⑤お金の悩み-菅原智之(千葉県・浄土真宗本願寺派髙林寺住職)
「お金がなくて、今日を生きるのに精一杯だ」という人へ/「お金持ちになって、もっと贅沢な暮らしをしたい」という人へ/「お金への執着がすごくて、ケチになってしまう」という人へ/「他人を蹴落としてでもお金を儲けたい」という人へ

⑥信仰の悩み-足利孝之(尼崎・浄土真宗本願寺派安養寺住職)
「金儲けの神頼み(御利益信仰)」してしまう人へ/占いなどに振り回されてしまう人へ/どの宗教を選べば良いかわからないという人へ/信仰を徹底できずに悩んでいる人へ

⑦老いの悩み-山崎龍明(武蔵野大学名誉教授)
「定年後をどう生きていったらいいのか」と悩んでいる人へ/「老いていくのが怖い」という人へ/「認知症になったらどうしよう」と心配な人へ/「介護で迷惑をかけたくない」という人へ/「寝たきり老人の私に生きる意味があるのか」という人へ

⑧病・死の悩み-田代俊孝(仁愛大学学長/同朋大学名誉教授)
「癌(余命)を宣告され、絶望感でいっぱいだ」という人へ/「難病で苦しんでいる」人へ/「死後の行き先(魂はどこへ行くのか)が怖い」という人へ/「苦しまずにポックリ死にたい」人へ/「最愛の人に先立たれ悲歎にくれている」人へ

仏像を守る 第5章 人に寄り添う地域の仏像 ③-「観音ガール」╱ライター・對馬佳菜子
お寺のソーシャルデザイン〈05〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十七〉「五風十雨」-藤原祐寛
『大日経』のおしえ 第二回  三時を越えたる如来の日-徳島/最明寺住職・下泉全暁
神・儒・仏と日本人 ㉘ 隣人としての神と聖人と仏-森 和也
幕末女性の西国巡礼旅日記 〈五〉-元種智院大学教授・佐藤久光
龍と共に生きる ㉙ 稲妻と豊作-北畠聖龍
あの人この言葉(三十六) 前田常作さん・下保 昭さん-横田 喬
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㉝ 言葉を切りとる-花岡博芳
ほっと一息ブッダのことば ㊽ 信仰心-吉田真譽
プロセスという答え-佐藤隆定
わたしのおばあちゃん その ⑬ 続・3人のおばあちゃん-たばやん
柳宗悦論― 南無阿弥陀仏〈六〉-詩人/文芸評論家・岡本勝人
仏教なんでも相談室-鈴木永城

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑧ 追善供養と念仏-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑱ お盆はお地蔵さまの写仏をしよう-牧 宥恵

〈大法輪アーカイブス〉鉄舟の禅と剣〈昭和十七年一月号より〉-摩耶勳平
禅に心要を尋ね、剣の道・人の道において高みを歩んだ鉄舟の生き様を鮮やかに語り出す。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
ぺんまんだら

囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
書物の輪蔵
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪10月号特集(内容は変更となる場合があります)

《 特集 》これならわかる 道元『正法眼蔵』読み方ガイド

①『正法眼蔵』とは?
これが『正法眼蔵』だ!/『正法眼蔵』の名言ほか
②『正法眼蔵』徹底解剖
全95巻テーマ別分類と解説/重要4巻(弁道話・現成公案・仏性・有時)ダイジェストほか
③『正法眼蔵』とその周辺
編集本の種類と発刊の歴史/「眼蔵家」列伝/西洋哲学と『正法眼蔵』/臨済宗から見た『正法眼蔵』 ほか
④『正法眼蔵』を学ぶ
『修証義』から入る『正法眼蔵』/現代語訳本ブックガイド/全国の定期講座(眼蔵会)案内ほか

表紙「つなぐ日常」(院展)-神谷 恵
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 知られざる仏画師 小倉尚人の求道
カラー口絵 アートクローズアップ 奈良から東北へ復興の祈り「興福寺と会津」展

〈巻頭〉大悲者-華厳宗管長/第223世東大寺別當・狹川普文

【講演】宗教と労働 ④ 出家・在家・作務・労働をめぐって-宮元啓一
出家者は働かないのが原則でしたが、中国では自給自足の労働を修行とみなすようになります。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯12─普請・作務-小川 隆
法華経へのいざない 第三十二回 観世音菩薩の広大な慈悲─観世音菩薩普門品-①北川前肇
リレーコラム仏教の眼 「理知分別思考」だけではいけない-田畑正久
じっくり読み解く『般若心経』〈その五〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○蜘蛛の糸は何故切れた-三木大雲
○焼香は男女平等の順番で-源 淳子

特集= ブッダ・名僧 人生の大転換─迷いから気づき・悟りへ
どんなに偉大な仏教者にも、迷い苦しむ時期はありました。しかし何らかの〝転機〟を得て迷いを脱し、悟りの道を歩んだのです。そのような〝転機〟の何たるかをこの特集で学びます。

【第一部 ブッダとその弟子たち】
 ◇ブッダ・釈尊(出家を決意させた四門出遊)
 ◇舎利弗(四諦の法を聞いて覚醒)
 ◇阿那律(肉眼を失って天眼を得る)
 ◇難陀(愛欲を断ち切って出家)
 ◇阿難陀(説法を最も多く聞いたが)
 ◇アングリマーラ(殺人鬼として罪を重ね)
 ◇周利槃特(布を与えられ塵を払い)
 ◇ウッパラヴァンナー(愛欲と憎悪を修行で克服)
 ◇パターチャーラー(家族を失った絶望を救った一言)
 ◇ケーマー(美しさへの執着を捨てる勇気)
 ◇ソーナ(中道を琴の弦にたとえて)

【第二部 インド・中国の名僧】
 ◇龍樹(隠身の術で快楽に耽り)
 ◇慧能(金剛経の一節に心を打たれて)
 ◇馬祖(牛を打つか、車を打つか)
 ◇香厳智閑(小石が竹を撃つ響きに)
 ◇徳山宣鑑(老婆と師に気負いをへし折られて)
 ◇洞山良价(川面に映った姿を見て奥義を悟る)

【第三部 日本の名僧①─中世~近世】
 ◇源信(名聞利養を諫めた母の慈悲)
 ◇法然(一切経を読破し見つけた一節)
 ◇熊谷直実(お念仏の救いに武士の涙)
 ◇親鸞(弥陀にたすけられねばならない自己)
 ◇明恵(己を醜くするため耳を切り)
 ◇道元(老典座との出会いによる目覚め)
 ◇一遍(熊野詣でで啓示を受け)
 ◇一休(兄弟子との確執を転機にして)
 ◇白隠(幾度もの転機に養われて)
 ◇慈雲(仏教嫌いだったが修行で開眼)
 ◇鉄門海(人を殺めて仏門へ)

【第四部 日本の名僧②─近現代】
 ◇清沢満之(制欲自戒の実践での気づき)
 ◇山本玄峰(四国遍路の旅での出会い)
 ◇西有穆山(出家の因縁と正法眼蔵の研究)
 ◇澤木興道(坐禅への確信体験)
 ◇藤井日達(霊夢を見て平和運動を展開)
 ◇大石順教尼(凶刃によって両腕を失い)
【執筆者】朝野倫徳・有福孝岳・奥野光賢・金嶽宗信・唐戸民雄・小松庸祐・佐藤達全・椎名宏雄・互井観章・永井宗直・西本祐攝・羽矢辰夫・林田康順・若原雄昭

仏像を守る 第5章 人に寄り添う地域の仏像②-「観音ガール」╱ライター・對馬佳菜子
お寺のソーシャルデザイン〈04〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十六〉「ありがとう」-藤原祐寛

〈新連載〉『大日経』のおしえ 第一回 『大日経』とはなにか-下泉全暁
〝胎蔵マンダラ〟の典拠である、重要な密教経典『大日経』。その内容を平易に説き明かす。

神・儒・仏と日本人 ㉗ 平賀源内の戯作に現れた思想-森 和也
幕末女性の西国巡礼旅日記 〈四〉-元種智院大学教授・佐藤久光
龍と共に生きる ㉘ 滝龍図-北畠聖龍
梅雨と蛙-佐藤隆定
ほっと一息ブッダのことば ㊼ 光音天-吉田真譽
あの人この言葉(三十五) 瀬島龍三さん(一九一一~二〇〇七)-横田 喬
わたしのおばあちゃん その⑫ 3人のおばあちゃん-たばやん
柳宗悦論─ 南無阿弥陀仏〈五〉-詩人/芸評論家・岡本勝人

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門⑦ 『歎異抄』と「他力」の教え-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ⑰ 金胎両部の大日如来を写そう-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城

〈大法輪アーカイブス〉如来のお心を貰う〈昭和二十九年一月号より〉-暁烏烏敏
日常に潜む利己主義を鋭く指摘し、如来さまから授かる〝ほんとうの喜びの世界〟を熱く語る。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪9月号特集(内容は変更となる場合があります)

《 特集 》親鸞・蓮如からのアドバイス
現代人の色々な悩みに、親鸞・蓮如ならどう答えるか・・・を考え学ぶ特集です!   

▼自己の性格の悩み 怒りっぽい/つい頑張りすぎてしまう/気が弱くて言いたいことが言えない ほか ▼人間関係の悩み パワハラやイジメで苦しんでいる/どうしても許せない奴がいる/孤独がつらい ほか ▼お金の悩み お金が貯まらない/浪費がやめられない/他人を蹴落としても金儲けしたい ほか ▼老・病・死の悩み 認知症が心配だ/介護で迷惑をかけたくない/難病で苦しんでいる/余命を宣告された/死後の世界が怖い ほか

表紙「光の河」(日展)-川田恭子
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 ─追 想─ アジア石仏を巡る旅-写真・文/中塚 裕

〈巻頭〉如水魚岐阜-立政寺貫主/若園善旭

【講演】宗教と労働 ③ 生きるとは労働である-田上太秀
労にはねぎらう・いたわるの意味があります。それは四摂法が説く慈悲の実践に通じます。

中国禅入門 唐代禅僧たちの生涯11─吾が語を記ゆる莫れ-小川 隆
法華経へのいざない 第三十一回 妙音菩薩の釈尊訪問─妙音菩薩品 ②-北川前肇
リレーコラム 仏教の眼 8050問題に学ぶ-野田大燈
じっくり読み解く『般若心経』〈その四〉-養老渓谷宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○利他のこころ-東ゆみこ
○二十代の親鸞聖人―比叡山修学時代-橋本順正

特集=〈独り〉の生き方・死に方
独りとは、〝孤独〟や〝孤立〟とイコールではありません。この特集では、独りを楽しむ生き方と、「でも本当は誰も独りじゃない、必ず支えてくれる人がいる」ということを学びます。

〈総論随筆〉「ひとり」を愉しむ-宗教学者・山折哲雄

●第一部 〈独り〉で生き死ぬために必要なこと
ひとりで生きていく時代
突然の孤独死に備えて
身寄りのない人の葬儀・埋葬はどうするのか
潔く死ぬためにやっておく手続き
〈独り〉を満喫するために

●第二部 仏教に学ぶ〈独り〉の生き方
〈独り〉のいのちの自覚─食事も排泄も他人に代わってはもらえない
仏典が説く〈独り〉の真理
〝一人法師〟のつぶやき
現役住職が語る─見事な〈独り〉の生き方をした檀家さんたち
実は〈独りじゃない〉と仏教は教えてくれる
《執筆》小谷みどり/結城康博/田代尚嗣/武井敦司/勝 桂子/関口道潤/服部育郎/竹村牧男/篠原鋭一/中野東禅

悪妻の大悟─玉耶経のはじまり-慶應義塾大学講師・入山仰世
お寺のソーシャルデザイン〈03〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十五〉 「花のふる日」-藤原祐寛
神・儒・仏と日本人 ㉖ 国ぶりとしての恋のまこと-森 和也
幕末女性の西国巡礼旅日記 〈三〉-元種智院大学教授・佐藤久光
〈まんが宮沢賢治シリーズ〉マグノリアの木-原作・宮沢賢治╱作画・みつる

仏像を守る 第5章 人に寄り添う地域の仏像 ①-「観音ガール」╱ライター・對馬佳菜子
長浜市の仏像に魅了されて移住し、独自の観音文化を取材し発信する活動の一端を紹介。

龍と共に生きる ㉗ 神泉苑の善女龍王-北畠聖龍
それぞれの最奥-佐藤隆定
ほっと一息ブッダのことば ㊻ ブッダが現れるのは楽しい-吉田真譽
あの人 この言葉(三十四) 高橋 秀さん・藤田 桜さん-横田 喬
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㉜ 白黒はっきりさせなくていい-花岡博芳
わたしのおばあちゃん その⑪ 慈悲のこころ-たばやん
柳宗悦論─ 南無阿弥陀仏〈四〉-詩人╱文芸評論家・岡本勝人

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門 ⑥『歎異抄』と「悪人正機」-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑯ 釈尊の色々なお像を写してみよう-牧 宥恵
仏教なんでも相談室-鈴木永城

〈大法輪アーカイブス〉柔道の極意と禅〈昭和二十九年十一月号より〉-三船久蔵
「空気投げ」の神技で知られる柔道の達人が、禅門を叩いて得た柔道の極意を語る。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
ペンまんだら
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎

書物の輪蔵
展覧会へ行こう
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪閣8月号特集(内容は変更となる場合があります)

《 特 集 》 ブッダ・名僧 人生の大転換―迷いから気づき・悟りへ
ブッダや名僧の、迷いから悟りへの《転機)となったエピソードの数々を紹介!

▼ブッダと弟子たち ブッダ(四門出遊を体験し・・・)/シャリホツ(街でブッダの弟子の姿に感動し・・・)/アングリマーラ(殺人鬼だったがブッダのおかげで改心・・・) ほか
▼インド・中国の名僧 龍樹(透明人間になって快楽に耽ったが・・・)/馬祖(師が瓦を磨き・・・)/香厳(掃いた石が竹に当たる音を聴き・・・) ほか
▼日本の名僧 親鸞(三部経千部読誦を中止・・・)/明恵(自分の耳を切り取って供養・・・)/山本玄峰(視力を失い四国遍路へ・・・)/大石順教(両手を斬られ・・・) ほか
表紙「白い森」(創画展)-松本祐子
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 現代の宮彫師 浅草寿町・江戸木彫刻 宗舟の世界-写真・文/若林 純

〈巻頭〉霊山未散-叡山学院院長・坂本廣博

【講演】宗教と労働 ② あらゆる仕事は「道」に通ず― 鈴木正三に学ぶ-加藤みち子
自分の名誉や経済的な欲得を離れ「大利」を目指すことが大事だと正三は教えてくれます。

中国禅入門唐代禅僧たちの生涯10―安居と上堂小川 隆
法華経へのいざない 第三十回 妙音菩薩の自由自在なるはたらき ―妙音菩薩品①-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 乞食月僊の菩薩行-衣斐弘行
じっくり読み解く『般若心経』〈その三〉-養老渓谷 宝林寺山主・千葉公慈

鉄 笛
○絵解き―仏教への入り口としての語り-岡澤恭子
○宗教間対話における寛容と不寛容-武藤亮飛

特集= くりかえし唱えたい仏教の〈聖なる言葉〉
仏さまのお名前や短い真言・お経などの〈聖なる言葉〉を、日々の暮らしの中で、くりかえし唱えましょう。その言葉はいつでもどこでもあなたと共にあり、人生の強い味方になります。

【第一部 南無○○という言葉】
三宝への帰依の文〈南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧〉
阿弥陀如来の念仏〈南無阿弥陀仏〉
法華経の題目〈南無妙法蓮華経〉
弘法大師の宝号〈南無大師遍照金剛〉
観世音菩薩の名号〈南無観世音菩薩〉
諸仏の名号〈釈尊・薬師如来・地蔵菩薩・不動明王・弁才天〉

【第二部 短い真言・陀羅尼】
光明真言〈おん・あぼきゃ・べいろしゃのう・まかぼだら〉
般若心経の真言〈ぎゃーてー・ぎゃーてー・はーらー〉
消災妙吉祥陀羅尼〈嚢謨三満哆 母駄喃 阿𥁊囉底〉
「如来部」の真言〈大日・釈迦・薬師・阿閦・阿弥陀〉
「菩薩部」の真言〈文殊・普賢・観音・勢至・地蔵〉
「明王部」の真言〈不動・孔雀・烏枢沙摩・大元帥〉
「天部」の真言〈大黒天・弁財天・毘沙門天・聖天〉

【第三部 短いお経】
延命十句観音経
懺悔文、四弘誓願、破地獄文
三帰依文、摂益偈

【第四部 上座部仏教とチベット仏教の短い言葉】
上座部仏教の三宝帰依と如来十号
チベット仏教 観自在菩薩の六字真言
《執筆》高梨尚之/大南龍昇/早島英観/小松庸祐/横山全雄/川﨑一洋/佐々木大樹/松本峰哲/松原信樹/小林順彦/齋藤保高

お寺のソーシャルデザイン〈02〉-フリーライター・杉本恭子
ほとけさまといっしょ〈その十四〉 「韋駄天」-藤原祐寛
仏像を守る 第4章  地域の信仰を如何に伝えていくか ③-真言宗・福通寺住職 藤川明宏
神・儒・仏と日本人 ㉕ 気質と教訓-森 和也
龍と共に生きる ㉖ 水 神-北畠聖龍
幕末女性の西国巡礼旅日記 〈二〉-元種智院大学教授・佐藤久光
あの人この言葉(三十三) 田中優子さん(一九五二~)-横田 喬
わたしのおばあちゃん その⑩ ある朝-たばやん
柳宗悦論― 南無阿弥陀仏〈三〉-詩人・文芸評論家 岡本勝人
〈口絵に寄せて〉浅草寿町 木彫彫刻 宗舟四代 江戸の技を現代に継承-若林 純

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門⑤『歎異抄』に見られる親鸞の信仰と救い-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ⑮ 金剛力士を描く―東大寺・ 金剛力士像-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城
読者の頁
短歌-篠 弘
俳句小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
展覧会へ行こう/書物の輪蔵
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪7月号特集(内容は変更となる場合があります)

《 特 集 》〈独り〉の生き方・死に方

◇第一部 〈独り〉で生き死ぬために必要なこと
 〈独り〉を愉しむ/独りで生きるという選択をする人が増えている/突然の孤独死にそ なえて/身寄りのない人の葬儀・埋葬はどうなるのか?/「潔い死に方」をするためにやっておくべき手続き/独りで生きていい。でも、辛くなったら遠慮なく周囲の人に支援をたのむべき! ほか
◇第二部 仏教に学ぶ〈独り〉の生き方
 「犀の角のように」など仏典に説かれる〈独り〉についての教え/西行・明恵・一遍・ 山頭火など孤独を愛した名僧たちの言葉/「同行二人」、独りでいても独りじゃないと仏教は教えてくれる ほか
表紙「静日」(院展)-日塔さえみ
扉絵・目次絵-吉崎道治
カラー口絵 聖山を舞台にした修験道の寺 長野・福満寺-写真・文/長谷川周

〈巻頭〉能-忍獅子吼会 導師 大塚日正

【講演】宗教と労働 ① 「宗教と労働」を考える-菅原伸郎
日本人は勤勉で働き過ぎ―この矛盾する難問について宗教の側から考えてみたいと思います。

中国禅入門唐代禅僧たちの生涯9─行脚のたどりつくさき-小川 隆
法華経へのいざない 第二十九回 薬王菩薩の苦行と法華経の功徳 ―薬王菩薩本事品②-北川前肇
リレーコラム仏教の眼 「死」に関わる議論について-田畑正久

〈新連載〉お寺のソーシャルデザイン〈01〉-フリーライター・杉本恭子
より良い社会を作るのがソーシャルデザイン。奮闘するお坊さんの取り組みを取材し紹介する。

鉄 笛
○守り、育み、伝える-松岡里枝
○鳴らぬカネ-吉水岳彦

特集=〈徹底比較〉曹洞宗と臨済宗―二つの禅、ここが違う
日本仏教がほこる二つの禅門、曹洞宗と臨済宗。この特集では、人物・宗門の歴史と現在・教義・実践のあり方という四つの切り口で両宗を比較し、相違点と共通点とを明らかにします。

第一部 人 物
①開祖(道元・栄西) ②開祖の人柄 ③中興の祖(瑩山・白隠) ④中興の祖の人柄 ⑤近代以前の名僧 ⑥近代の名僧 ⑦近現代の著名な参禅者
《執筆》佐藤秀孝・足立宜了・菅原研州・服部雅昭

第二部 宗門の歴史と現在
①中国からの法脈 ②現在の寺院数・僧侶数・信者数 ③分派と本山・名刹 ④生み出した文化 ⑤宗門大学・研究機関【図版=禅の系譜・略図】
《執筆》小早川浩大・小川太龍

第三部 教 義
①禅の核心 ②重要語 ③悟り ④重んじられる禅籍 ⑤本尊 ⑥公案の位置づけ  ⑦僧侶の尊称
《執筆》石井清純・安永祖堂・安藤嘉則・西村惠学

第四部 実践のあり方
①坐禅の仕方【図版付】 ②袈裟の位置づけと形 ③雲水の僧堂の一日 ④在家信徒の修行 ⑤読誦経典 ⑥葬儀の特徴 ⑦仏壇の特徴 ⑧数珠の形と使い方
《執筆》川口高裕・細川晋輔・宇野全智・笠 龍桂

空海の「即身成仏」論-東洋大学学長・竹村牧男
空海の「即」は時間的な速疾性を言うのみではない―その多義的な独自性を見てゆきたい。

じっくり読み解く『般若心経』〈その二〉養老渓谷-宝山寺山主・千葉公慈
ほとけさまといっしょ〈その十三〉 「鐘が鳴る」-藤原祐寛
仏像を守る第4章 地域の信仰を如何に伝えていくか ②-真言宗・福通寺住職 藤川明宏
神・儒・仏と日本人 ㉔ 《武士道》を語る西鶴-森 和也

〈新連載〉幕末女性の西国巡礼旅日記〈一〉-元種智院大学教授・佐藤久光
幕末、三人の奉公人を連れ、一五八日間の西国巡礼・日光・江戸見物をした一女性の貴重な体験記録。

龍と共に生きる ㉕ 七面大明神-北畠聖龍
暮らしに生かす禅ライフのすすめ ㉛ 白黒はっきりさせなくていい-花岡博芳
あの人この言葉(三十二) 色川大吉さん(一九二五~)-横田 喬
わたしのおばあちゃん その⑨ 見ちゃう-たばやん
ほっと一息ブッダのことば ㊺ 慎 み-吉田真譽
五十歩千歩-佐藤隆定
柳宗悦論―南無阿弥陀仏〈二〉-詩人・文芸評論家 岡本勝人
続・「実用仏教」という考え方-作家・永田美穂

大法輪カルチャー講座
現代人のための『歎異抄』入門④『歎異抄』の内容-三明智彰
画僧宥恵の写仏のすすめ ⑭ 剣を持つ仏さまを描く―赤不動-牧 宥恵

仏教なんでも相談室-鈴木永城

〈大法輪アーカイブス〉野球の理想像〈昭和40年3月号より〉-川上哲治
打撃の神様と言われた巨人軍監督が語った参禅への道と、禅から得たもの、プロ野球の理想像。

読者の頁
短歌-篠 弘
俳句-小川晴子
川柳-尾藤川柳
囲碁将棋公案-工藤紀夫/武市三郎
アート・クローズアップ
書物の輪蔵
教界レンズ
編集後記
カット・さしえ-薫風/悟東あすか/山本太郎

大法輪6月号特集(内容は変更となる場合があります)

《 特 集 》くりかえし唱えたい 仏教の〈聖なる言葉〉

ピンチの時などにくりかえし唱えたくなる、短い真言やお経、仏名などを一挙紹介!!
▼南無〇〇という言葉(南無三宝/南無阿弥陀仏/南無妙法蓮華経/南無大師遍照金剛/ 南無観世音菩薩/南無大日大聖不動明王/南無釈迦牟尼仏 ほか)
▼短い真言・陀羅尼(光明真言/般若心経の真言/消災妙吉祥陀羅尼/主な如来・菩薩・明王・天の真言 ほか)
▼短いお経(延命十句観音経/懺悔文/四弘誓願/破地獄偈/摂益偈 ほか)
▼上座仏教とチベット仏教の短い言葉(パーリ語の三宝帰依と如来十号/観世音菩薩の六字真言オン・マニ・ペメ・フン ほか)

大法輪の内容

  • 出版社:大法輪閣
  • 発行間隔:月刊
  • サイズ:A5
月刊総合仏教雑誌
大法輪閣が毎月発行している仏教総合雑誌『大法輪』では、毎号さまざまな視点で宗派を超えた「仏教」を紹介しています。法話、講話をはじめ、専門的な記事から初めて仏教を学ぶ方のための入門的記事まで掲載。仏教に関心がある方にぜひ読んでいただきたい雑誌です。

大法輪の無料サンプル

8月号 (2012年07月08日発売)
8月号 (2012年07月08日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

大法輪の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.