週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー) 発売日・バックナンバー

全651件中 46 〜 60 件を表示
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/2/21号

This Week
On the Cover

Top flight 

テニスの全豪オープンは、新型コロナウイルス対策を講じつつ開催されています。女子シングル3回戦では、迷い込んだチョウが大坂なおみ選手の周りを飛び回り、顔に止まるハプニングがありました。プレーを中断した大坂選手がこのチョウを捕まえ、安全な場所に移したことがSNSで話題になり、称賛を集めています。2月21日号の表紙は、チョウを見上げる大坂選手です。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 北極圏の町が夏季五輪開催地に立候補
フィンランド北部ラップランド地方にあるサーラという町が、2032年夏季五輪の開催地に立候補すると発表しました。冗談のようですが、地球温暖化が進めばまんざら開催も不可能ではないと訴えています。この深刻な状況を広く世界に知ってもらおうと、招致レースに手を挙げたそうです。

◇Special: 英BBCが、震災10年に特別番組
東日本大震災から10年。英 BBC でプレゼンターを務める博物学者で自転車愛好家のニック・ベイカーさんは昨秋、宮城・山形・福島の3県を自転車で旅して、美しい自然と震災から立ち直ろうとする人々を取材しました。オンラインインタビューに応じたベイカーさんは、この旅は日本人と自然の密接な関係を改めて知る機会になったと言います。取材の成果は、近く東北地方の自然を紹介する特別番組としてBBCで放送されます。

◇Movies: ステージ・マザー
米国南部テキサス州の保守的な家庭の主婦であるメイベリンのもとに、数年前に家を出た一人息子で同性愛者のリッキーが急死したとの連絡が入り、夫の反対を押し切ってサンフランシスコへ向かいます。そして、息子が共同経営していたゲイバーの立て直しを決意します。

◇Travel: 北極圏の漁村 ノルウェー・スボルベル
スボルベルはロフォーテン諸島のひとつであるアウストヴォーグ島にある漁村で、伝統的なタラ漁で有名です。首都のオスロからさらに1300キロ北上した北極圏にあり、家々の軒下にはタラの切り身が連なって干されています。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、ホラー映画「チャイルド・プレイ」の主人公チャッキーが子どもを誘拐?▽セルビアのサッカー親善試合に参戦した犬にレッドカード▽名画「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役の俳優が死去▽任天堂、巣ごもり需要で決算が好調――の4つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「トヨタ、新型燃料電池車『ミライ』を発表」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーが両親に、巣ごもり生活でビデオ観賞にも読書にも飽きたと訴えています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんの担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今回は、アルコール飲料の原点である蜂蜜酒について語ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「供給する/頼る」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、東京や近郊の見どころを紹介するシリーズ。今回は、漫画で有名になった東京都葛飾区亀有周辺を歩いて紹介します。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今回のテーマは、赤ちゃんの名前の決め方です。両親が違う文化的背景を持っていると、ユニークすぎる名前が浮上することもあるようで……。

◆Essay: Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、先日、獄中で亡くなったプロデューサー、フィル・スペクター氏が作り出した音楽について語ります。

◆Essay: Street Smart English
米国生活の長かった詩人の伊藤比呂美さんが、日米の生活のあれこれについて考察します。今回は、「見る」にあたる英単語の使い分けのややこしさについてお話しします。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
米上院が、トランプ前大統領の弾劾裁判で「無罪」評決▽米中首脳が初の電話会談▽中国・武漢での調査を受け、WHOが実験室からのウイルス流出否定、の3本のニュースをお伝えします。

◆Topics  
海の騒音公害が海洋生物に悪影響を与えているとする研究と、小説家へと華麗なる転身を遂げた元客室乗務員の話を紹介します。

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/2/14号

This Week
On the Cover

ミャンマーのクーデターに各地で抗議
ミャンマー国軍のクーデターに対して、日本各地で抗議デモが行われました。2月14日号の表紙は、九州在住のミャンマー出身者ら約200人が参加した福岡でのデモの様子です。拘束されたアウンサンスーチー氏らの解放を求め、クーデターを批判した参加者は「民主主義を後退させるな」と声をあげました。P.20、24に関連記事も掲載しています。


◇今週の注目記事 ================

◇Movies: 秘密への招待状
2006年度アカデミー外国語映画賞にノミネートされたデンマーク映画「アフター・ウェディング」のリメイクですが、2人の主人公の性別が男性から女性に変わっています。インドで孤児院を運営するイザベルのもとに、ニューヨークに住む女性経営者から、面談を条件に多額の寄付の申し出があります。会いに行くと、経営者の娘の結婚式に半ば強引に招待されるのですが……。

◇Travel: ドイツ・ラーベンスブルク
11世紀ごろにこの地方を治めた貴族の拠点が構えられ、その後交易で発展したドイツ南東部の古都は、例年であれば2月、名物のカーニバルが開催されます。住民が老婆や妖怪、魔女などの少し不気味な面と衣装を身につけて行進します。

◇Weekly Picks: 政治に翻弄された国の名前
日本では小説「ビルマの竪琴」で知られた国は、なぜミャンマーという国名になったのでしょう? 国名に込められた政治的な思惑をひもときます。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
急病で倒れた主人の退院を、病院の入り口で毎日待ったトルコの忠犬▽衛生陶器大手の「TOTO」が、便座に座るだけで健康状態をチェックできる「ウェルネストイレ」を開発中▽スイス南西部で雪崩に巻き込まれた2人が生き埋めになったが、かろうじて逃れた犬が吠えて救助を呼ぶ▽米疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルス感染拡大予防策として、公共交通機関でのマスク着用を義務づけ――の4本をお届けします。


◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「英、ファイザーのワクチン使用を世界初承認」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、カズとハリソンが散歩しています。カズは「彼女」手作りのマフラーを身につけているようです。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんの担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今回は、一見便利な電子機器に束縛される現代人の生活を振り返ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「区別する」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、世界遺産の内容や意義、日本で指定された地域を紹介し、世界遺産に指定されるとどのような効果があるのかを検証します。

◆Essay: 森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。今回は、「バイデン米大統領は何代目の大統領になるのですか?」と尋ねるとき、英語ではどのように表現するのかを解説します。

◆Essay: 地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。子育てに関する書籍があるアグネスさんの中国語版ブログには、多くの相談が寄せられるそうです。子どもの宿題を親が見るべきか、何歳から一人で寝るのがいいか……。質問もさまざまですが、幸せへの道も一つではないといいます。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
親の家に住み、親に依存していながら親の悪口を言う友人が耐えがたいという女性と、今すぐテネシー州メンフィスに引っ越したいと焦る男性の相談にアニーが答えます。

◆English Writing : 英語教育最前線
前月に続き、高校英語ディベート界の強豪・さいたま市立浦和高校インターアクト部を指導する浜野清澄教諭に、どうやって英語で話す力を育むのかを聞きました。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
米大統領就任式で、革新派のサンダース上院議員が着用した「リメイク・ミトン」が注目を集め、注文が殺到しているという話題と、プロテニスの大坂なおみ選手が米女子サッカークラブへ出資した話を紹介します。

◆News  
ミャンマーの軍事クーデターで拘束されたアウンサンスーチー氏らの即時解放を求めて、国連安保理が声明を発表▽東京五輪組織委の森喜朗会長が性差別発言を「不適切だった」と謝罪▽英国がTPP加入を正式申請――の3本のニュースをお伝えします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/2/7号

This Week
On the Cover

節目の年 田中将大投手が楽天復帰
東日本大震災から10年の今年、「まあくん」と親しまれ、大リーグのニューヨーク・ヤンキースで7シーズン活躍した田中将大投手(32)が、古巣の楽天イーグルスに復帰します。キャリアの盛りでの帰国に、被災地のみならず日本中がわきました。2月7日号の表紙は、米国での活躍に敬意を込め、ヤンキース時代の田中投手の雄姿を取り上げました。


◇今週の注目記事 ================

◇Special: 武漢の都市閉鎖から1年 
中国・武漢で新型コロナウイルスの感染が確認されたあと、都市封鎖が実施されて1年が過ぎました。世界中で予防策が講じられ、ワクチン接種が徐々に広まっていますが、感染力の高い変異株が現れるなど流行の終わりが見えません。各地の特派員の報告をまとめたAP通信の記事を紹介します。

◇Movies: ベイビーティース
重い病を抱える16歳の少女の最初で最後の恋を色彩豊かな映像でつづり、新鮮な魅力を放つ映画です。各国の映画祭で注目を浴び、批評家からも称賛を集めています。

◇Travel: ナミブ砂漠の絶景と生き物たち 
アフリカ南部のナミビアには、「現存する世界最古の砂漠」と言われるナミブ砂漠があります。雄大な景色と見どころ、珍しい生き物たちを写真とともに紹介します。

◇Information: 朝日コネクトの使い方
朝日ウイークリーの売り物のひとつは、スマホやタブレット用の無料アプリ「朝日コネクト」やウェブサイトで、一部記事の音声をお聞きいただけることです。今回は、お問い合わせの多い「朝日コネクト」の使い方をご紹介しました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、中国・山東省で起きた鉱山爆発事故で、地下に閉じ込められた作業員11人を2週間ぶりに救出▽米宇宙開発会社「スペース X」がロケット「ファルコン9」を打ち上げ▽大リーグ通算755本塁打を放ち、野球殿堂入りしたハンク・アーロンさん死去▽イタリア・ナポリの美術館から盗まれたレオナルド・ダビンチの名画の複製で、弟子が描いたとされる絵画が近郊のアパートで見つかる――のニュースをお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学び
ましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。今週号のテーマは「NYダウ、初の3万ドル突破」です。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、新型コロナウイルス対策で自宅にこもるメルバと博士に、トーマスが食料品を持って行きます。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「消す」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんが担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今回は、有機栽培された食材を摂取することの大切さを訴えています。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファーのリサ・ヴォートさんが、東京と近郊の隠れた名所を紹介するコーナー。今週号では、東京都昭島市にある教育福祉総合センター「アキシマエンシス」を訪れました。同市内の多摩川河川敷で、1961年に全身骨格が発見された約200万年前のクジラの学名に由来した複合施設です。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセー。今回は、女子ティーンエージャー向けの日米の雑誌を比較します。

◆Street Smart English:   
米国に長く暮らした詩人の伊藤比呂美さんによる、英語にまつわる実用的なエッセー。今週号では、バレンタインデーをめぐるあれこれや、愛情や親しさの示し方について解説しています。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
「王様が女王より上なのはなぜ?」。そんな疑問から生まれたジェンダーフリーのトランプの話題と、文豪や学生に愛された英国・オックスフォードのパブが、450年の歴史に幕を下ろした話をお伝えします。

◆News  
米国務長官にブリンケン氏就任▽米ロが新STARTの5年延長で合意▽「観光史上最悪の年」だった2020年、135兆円の減収――をお伝えしています。

◆Weekly Picks  
中東・北アフリカ諸国で拡大した民主化運動「アラブの春」から10年。長期独裁体制が崩壊し、政権交代を果たしたエジプトではその後、権力を掌握した軍事政権が反対派や言論への弾圧を強めています。海外へ逃れたエジプト人活動家たちは数千人いるとされ、いまだ祖国に戻れずにいます。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/1/31号

This Week
On the Cover

バイデン米大統領就任

米ワシントンの連邦議会議事堂で1月20日に開かれたジョー・バイデン大統領の就任式は、コロナウイルス対策と物々しい警備にも関わらず、さながら民主主義の祭典の様相を呈しました。1月31日号の表紙は、バイデン大統領の前で米国国家を独唱する人気歌手のレディー・ガガさんです。圧巻の歌唱で聴く人を感動させました。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 大統領就任式 注目集めた若手詩人
米大統領就任式には、その時代を代表する詩人が呼ばれ、詩を朗読するのが恒例になっています。ジョン・F・ケネディ大統領の就任時にロバート・フロストが招かれ詩を読んだことが始まりと言われています。今回はロサンゼルスに住む22歳の黒人女性アマンダ・ゴーマンさんが、この日のために自作した詩「我らが登る丘」を朗唱しました。分断社会の実相に触れつつ、よりよい未来をつくろうと訴え、全米で大きな話題を呼んでいます。

◇Special: バイデン大統領就任演説要旨「分断から結束へ」呼びかけ
バイデン大統領は就任式の演説で、トランプ政権の間にもたらされた国民の分断や人種間の緊張関係の解消に取り組むほか、国際的には一国主義から転換すると訴え、国民に結束を呼びかけました。その演説要旨とともに、ドナルド・トランプ前大統領退任の様子や、トランプ政権の4年間をキーワードで振り返るコラムを掲載しています。

◇Travel: ケニア・マサイマラ国立保護区
ウシに似た巨大なヌー15 万頭が川岸に集まり、草場を求めて川渡りする様子などを迫力ある写真とともにお伝えします。

◇Movies: どん底作家の人生に幸あれ!
ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」に新風を吹き込んだ意欲作です。人種や肌の色にとらわれない配役で、原作から新しい魅力を引き出しました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今回は、香港の車いすロッククライマーの男性が、高層ビル登りに挑戦▽全米ライフル協会が連邦裁判所に破産法適用を申請▽パキスタンにある世界で2番目に高い K2 の冬季登頂にネパールの登山隊が成功▽サッポロビール、ラベルに誤植が見つかった缶ビールを一転して販売、の4本を紹介しています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、カズとケイトが散歩しながら夜空を眺めています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんの担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今週号では、蜂蜜の効用や蜂蜜づくりの歴史を紹介しています。


◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「死ぬ」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
2人の通訳ガイドが交代で、外国人をおもてなしする際に役立つ英語や知識を紹介してくれるコーナー。今回は伊東正子さんが、いま人気の漫画やアニメ映画などでも注目を集める「鬼」について解説します。

◆Books: 放課後ブッククラブ
翻訳家であり、大学で米文学などを教える林剛司さんが、英語力向上に役立つ多読の方法やそれに適した本を紹介します。今回は、英語の「アウトプット」(話す・書く)力を向
上させるために、英語で日記をつけることを推奨します。また、Jamieという13歳の女の子の日記という設定になっている児童書 Dear Dumb Diary シリーズから、2冊を紹介します。

◆Essay: 厚切りジェイソンの時事放談
テレビでおなじみの米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんが、辛口の論評を繰り広げるこのコーナー。今回は、新年の抱負を披露します。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
妻を愛せなくなったという男性らの相談に、アニーが答えます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
2月開幕のテニス全豪オープンの参加選手らが、新型コロナ対策でホテルに隔離されている話と、誕生10 周年を迎えた人体切断マジックについて、著名マジシャンが裏話を動画で紹介、という話題をお届けします。

◆News  
バイデン大統領の就任式と、ロシアの野党指導者ナワリヌイ氏が帰国後、厳しい監視下で勾留された話、2020年の中国経済はプラス2.3%の成長、というニュースを紹介します。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/1/24号

This Week
On the Cover

Bouncing back 

若手が台頭するなか、困難な状況を乗り越えて試合のみならず自分自身に打ち勝った笑顔は、かくもすがすがしく美しいものでした。卓球全日本選手権女子シングルスの決勝で、石川佳純選手(27)が5年ぶり5度目の優勝を果たしました。1月24日号の表紙は、石川選手の勝利の笑顔です。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: パーム油と児童労働、そしてガールスカウト
米国のガールスカウトには、クッキーを戸別販売してチャリティー活動の資金を稼ぐ風習があります。しかし、そのクッキーの原料には暗い秘密がありました。生産の過程で自然破壊をもたらし、不当な児童労働の温床になっているとして批判されるパーム油が使われているのです。クッキーの売り上げトップを誇るガールスカウト隊員が、この産業構造に気づいて行動を起こしました。

◇Special: 東京の路上生活者を支える外国人団体
全国的に記録的な寒さとなるなか、路上で寝泊まりする人々を支援している団体があります。東京に住む外国人を中心に活動する「東京スプリングホームレスパトロール」です。メンバーが新宿や上野などを巡回し、食べ物や防寒対策の物資などを配布したり生活のアドバイスに乗ったりしています。代表を務めるブルキッチ・スレイマンさんに活動をリポートしてもらいました

◇Movies: 43年後のアイ・ラヴ・ユー
妻を亡くして一人暮らしのクロードは、昔の恋人で舞台女優だったリリアンがアルツハイマー型認知症で介護施設に入ったことを知り、友人の助けを借りて認知症と偽り、同じ施設に入所します。毎日、彼女に二人の思い出を語り、記憶を呼び戻させようとします。

◇Travel: ベネチア―ロンドン 豪華列車の旅
アガサ・クリスティーの小説や映画で有名な豪華列車。1980年代に米国の実業家によってベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(VSOE)として復活しました。イタリア-英国を結ぶ1泊2日、約30時間の旅を楽しみます。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、バイデン次期大統領の名前と英語表記が同じため、福岡県の酒蔵「みいの寿」の純米酒「豊穣 美田(びでん)」 の需要が米国で急増▽新型コロナウイルス感染対策で不要不急の移動自粛が求められているカナダで、クリスマス休暇に国外へ渡航した政治家8人が失脚▽米大リーグのロサンゼルス・ドジャースの元監督で、ワールドシリーズを2回制覇したトミー・ラソーダさん死去▽トランプ米大統領のツイッターアカウントが永久停止に――の4つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「中国の『独身の日』セール」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、ハンナが弟のクリフとトランプをしています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんの担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今回は、日本刀の魅力について語ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「選ぶ」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、東京や近郊の見どころを紹介するシリーズ。今回は、神奈川県大磯町にある「旧吉田茂邸」(大磯町郷土資料館別館)を紹介します。現在は臨時休館中です。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今回のテーマは、ティーンエイジャーのファッションです。

◆Essay: Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、キッスの“I Was Made For Lovin’ You”について考察します。

◆Essay: Street Smart English
米国生活の長かった詩人の伊藤比呂美さんが、日米の生活のあれこれについて考察します。今回は、「ダイエット」という言葉が、日本とアメリカではかくも異なる使われ方をしている、というお話を紹介します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
米下院がトランプ氏を弾劾訴追▽新型コロナでWHO調査団が武漢入り▽イランが金属ウラン研究開発に着手、についてお伝えします。

◆Topics  
アイスランドの研究チームが一卵性双生児の遺伝子的な違いを確認した話と、「背の低い」キリンがアフリカで見つかった話をご紹介します。

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/1/17号

This Week
On the Cover

米連邦議事堂にトランプ大統領支持者が乱入

米国の首都ワシントンで目を疑うような事態が起きました。トランプ大統領の支持者が、大統領選の結果を確定する上下両院の合同会議が開かれていた連邦議会議事堂を一時占拠し、警官ら5人が死亡する暴動事件に発展しました。1月17日号の表紙は、議事堂を前に対峙(たいじ)する警備陣とトランプ大統領支持者らです。


◇今週の注目記事 ================

◇Movies: キング・オブ・シーブズ
2015年にロンドンで実際に起きた、高齢者ばかりの窃盗団による宝石店の金庫破り事件を題材にした映画です。ベテラン俳優たちの円熟した演技が見ものです。

◇Travel: コロンビア・メデジン
かつて巨大犯罪組織「メデジン・カルテル」で悪名をはせた南米の都市は、官民の協働で、現代美術を中心にしたアートの街へと驚くべき変化を遂げていました。

◇Weekly Picks: CIA、ネットでスパイ公募
これまでアイビーリーグの大学出身の白人男性の組織というイメージが強かった米中央情報局(CIA)ですが、多様な人材を求めてウェブサイトで職員の募集を始めました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
サッカー・スペイン1部リーグで、リオネル・メッシ(バルセロナ)がリーグ通算500試合、全試合で通算700試合出場を達成▽コロナ感染対策で夜間外出や大規模集会が禁じられているフランスで、年越しパーティーに2500人が参加し一部が警察当局と衝突▽JR東日本が、新幹線にリモートワークしやすい車両の導入を計画▽コスタリカで、二酸化炭素排出ゼロを目指した貨物船の建造が進む――の4本をお届けします。


◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「サムスンの李会長死去」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、グリーンビルが大雪に見舞われ、トーマスが雪かきにいそしんでいます。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんの担当です。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。今回は、映画出演の経験をもとに、見知らぬ人が自分の名前を知っていることの居心地の悪さについて書いています。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「許す」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、日本文化と松の木の関係や、東日本大震災に伴う大津波に見舞われた岩手県・高田松原の防潮林で、一本だけ残った「奇跡の一本松」について書きました。

◆Essay: 森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。今回は、throw the ball(ボールを投げる)という文は、後に使う前置詞によって敵意の有無が分かる、という話から、前置詞のatとtoの使い分けを解説します。

◆Essay: 地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。Change やResponsibleといった五つのキーワードを挙げて、今年の抱負を語ります。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
30代の娘たちは優秀で友達も多いのに結婚する気配もない、という女性と、遠方に住む息子がコロナを理由に家族も招かず結婚式を挙げるのが不満、という女性の相談にアニーが答えます。

◆English Writing : 英語教育最前線
高校英語ディベート界の強豪校・さいたま市立浦和高校インターアクト部を指導する浜野清澄教諭に、お話をうかがいました。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
米国に住む韓国人移民を描いた映画「ミナリ」。ゴールデングローブ賞にノミネートされましたが、「最優秀ドラマ作品」ではなく「外国語映画賞」でのノミネートだったことに異議が寄せられた話をお伝えします。一方英国では、EUから離脱したことによって、女性の生理用品に課せられる消費税の廃止が実現しました。

◆News  
米連邦議会議事堂へのトランプ大統領支持者乱入の詳報、カタールがサウジアラビアなど周辺4カ国と国交回復で合意、香港警察が民主派53人を逮捕、の3本のニュースをお伝えします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/1/3-10号

This Week
On the Cover

輝き続ける 源氏物語の世界

時代や国境を越えて愛読されてきた「源氏物語」を題材にした絵画の展覧会が1月30日、大阪市の中之島香雪美術館で始まります。新年を飾る今週号の表紙は、展示作品の一つ、重要文化財「源氏物語手鑑 夕霧一」(土佐光吉作、大阪・和泉市久保惣記念美術館所蔵)です。みやびなお正月をお過ごしください。



◇今週の注目記事 ================

◇Special: 源氏物語に新たな息吹 
源氏物語を英訳し、世界文学となる礎を築いた英国の東洋学者アーサー・ウェイリー。彼が英訳した源氏物語を再び日本語に翻訳した毬矢まりえさん、森山恵さん姉妹に、ウェイリー版の特徴や翻訳するうえでの工夫などをお聞きしました。

◇Movies: スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち
米ハリウッド映画のアクション演技の最前線で活躍する女性たちの素顔に迫るドキュメンタリーです。

◇Feature: 南スーダンの五輪・パラリンピック選手団のいま
2020年の新年号で取り上げた南スーダン選手団のその後を取材しました。選手団は2019年11月に来日し、前橋市で長期キャンプをしています。五輪が延期になり、戸惑いや苦悩を感じながら練習を続け、様々な技能を磨いています。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、エストニアで開かれた寒中水泳リレー▽米ニューヨークの湾にザトウクジラ出現▽天皇陛下の新年祝賀メッセージはビデオで▽東京五輪・パラリンピックで、国内スポンサー企業に追加負担求める――のニュースをお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学び
ましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。今週号のテーマは「秋篠宮さま 立皇嗣の礼」です。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーと友人たちが、ケイトの家の裏庭でたき火を囲んで新年を迎えます。


◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「刺す」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
異文化エッセーは、今週号から米ペンシルベニア出身で、2009年公開の映画「鉄男 THE BULLET MAN」に主演したエリック・ボシックさんが担当します。ボシックさんは幼少期から祖父の影響で野菜栽培や蜂蜜作りに親しみ、現在は東京都町田市で養蜂場「Wicked Way Mead」を経営しています。初回は養蜂のだいご味やミツバチの営みについて書いています。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファーのリサ・ヴォートさんが、東京と近郊の隠れた名所を紹介するコーナー。今週号では、神奈川県鎌倉市の大船観音寺を訪れました。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセー。今回は、新年に一年間の幸福を願う初詣にからめ、幸運を願う「おまじない」について教えてくれます。

◆Street Smart English:   
米国に長く暮らした詩人の伊藤比呂美さんによる、英語にまつわる実用的なエッセー。今週号では、wishとhopeの使い分けについて、自身の思い出を絡めて解説しています。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
2020年に拘束された報道記者が過去最悪の274人に上ったという報告と、世界で4人に1人は2022年まで新型コロナウイルスのワクチン接種を受けられない可能性があるという米大学の調査を紹介します。

◆News  
新型コロナウイルスの変異株が見つかった英国からの渡航を制限する国が相次いでいることと、米議会が93兆円の新型ウイルス経済対策法案を可決したニュースに加え、日本の来年度予算が過去最大の106兆円に上ることをお伝えしています。

◆Weekly Picks  
新型コロナウイルスの感染防止のための移動規制が解除されても、長期間開店休業状態を強いられた航空業界は、機体の機器異常やパイロットの腕の悪化などの可能性を抱えているといい、空の安全性が懸念されます。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/12/27号

This Week
On the Cover

2020年 「今年の顔」は……

世界中に広がった新型コロナウイルス。今年を代表するヒーローは、医療従事者だということに疑問の余地はありません。AP 通信は、感染で最も打撃を受けた国のひとつ、イタリアで医療従事者の肖像写真を撮り続けました。12月27日号の表紙は、医療従事者の肖像を並べました。

◇今週の注目記事 ================

◇Travel: 皇帝が愛妃にささげたタージマハル
インドの都市アグラは、ムガール帝国皇帝が亡き愛妃にささげたタージマハル廟(びょう)で有名ですが、ほかにも、帝国の栄華をしのばせる豪壮な建築の宝庫です。美しい写真とともに紹介します。

◇Movies: また、あなたとブッククラブで
内輪のサークルで共通の課題図書を読んで、感想などを語り合うブッククラブ。あの有名な官能小説を読んだことをきっかけに、高齢女性4人が異性関係で一歩を踏み出す喜劇です。名女優の共演も注目です。脚本と翻訳でお楽しみください。

◇Weekly Picks: 五輪での政治的抗議、米国は制裁しない方針
米国オリンピック・パラリンピック委員会は五輪やパラリンピックで人種差別などに抗議した選手に制裁を科さない方針を決めました。警察による黒人に対する暴力事件を発端に、スポーツ界に抗議行動が広がっていることが背景にあります。しかし、五輪憲章は政治的・宗教的・人種的な宣伝活動を禁止しており、国際オリンピック委員会(IOC)は難色を示しています。東京五輪はどうなるでしょうか。

◇Special: 表紙で振り返る2020年
コロナ禍、災害、米大統領選、Black Lives Matter(BLM)など、今年も様々なことがありました。激動の1年を朝日ウイークリーの表紙で振り返ります。編集チーム一同の1年の回顧とともにお読みください。

=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今回は、ノーベル賞授賞式をオンラインで開催▽パリ五輪の競技種目にブレイクダンス▽コロナ禍でニューヨークの老舗レストランが閉店▽沖縄戦などを学ぶオンラインの平和学習サイト誕生、の4本を紹介しています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーとハンナがフードバンクに寄付する食料を集めるボランティアをしています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの異文化エッセーは、今回が最終回です。ワカメ入りのみそ汁、お米、お茶、和菓子、豚骨ラーメン、桜、温泉など、日本の素敵なところを数え上げてくれました。


◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「くっつく」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
2人の通訳ガイドが交代で、外国人をおもてなしする際に役立つ英語や知識を紹介してくれるコーナー。今回は伊東正子さんが、NHK紅白歌合戦の歴史を振り返ります。

◆Books: 放課後ブッククラブ
翻訳家であり、大学で米文学などを教える林剛司さんが、英語力向上に役立つ多読の方法やそれに適した本を紹介します。今回はアメリカ英語とイギリス英語の違いについての考察とともに、アメリカで人気の児童書シリーズを紹介します。

◆Essay: 厚切りジェイソンの時事放談
テレビでおなじみの米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんが、辛口の論評を繰り広げるこのコーナー。今回は、米国の二大政党制が持つ意味などについて解説します。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
不義理な息子夫婦に誕生日や時節のプレゼントを贈っても、こちらの祝いはしてくれない、という不満を抱える男性と、夫の不潔さに悩む女性の悩みにアニーが答えます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
ハトのレースが中国で根強い人気、という話題と、字幕会社が選んだ「発音しにくい人名」リストにカマラ・ハリス次期副大統領ら、という話題をお届けします。

◆News  
米国のバイデン次期大統領が、同性愛者であることを公表しているブティジェッジ氏を運輸長官に選んだニュースと、中国の月面探査機が地球に帰還した話、東京五輪の聖火リレーの行程が決まったことを紹介します。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/12/20号

This Week
On the Cover

Happy days ahead! 

もうすぐクリスマス。おなじみの連載漫画 Peanuts から、スヌーピーとウッドストックが季節のごあいさつをお送りします。12月20日号の表紙は、ウッドストックが彩るリースを持つスヌーピーです。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 誕生70周年 Peanuts とAWウイークリー
2020年は、朝日ウイークリーでもおなじみの漫画 Peanuts の米国での連載開始から70周年でした。クリスマスにちなんだ特別コミックを掲載するとともに、かつての AW のコピーエディターに作者シュルツさんとのやりとりなどを振り返ってもらいました。

◇Special: 死刑囚として「世界最長の収監」 豪州監督がドキュメンタリーに
1966年に現在の静岡市で一家4人が殺害された「袴田事件」で、死刑が確定し、無実を訴えながら2014年に釈放されるまで半世紀近く拘束が続いた袴田巌さん。事件の背景や日本の司法制度の問題点を検証するドキュメンタリーを、オーストラリア人のダイ監督がつくりました。監督のインタビューとともに、日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告に対する日本の処遇が、人権の観点から国際的に批判されている現状などを紹介します。

◇Movies: ニューヨーク 親切なロシア料理店
大都会ニューヨークの片隅にあるロシア料理店で、様々な過去を抱えた孤独な人々が出会い、交流を通じて再生していきます。

◇Travel: ドイツ・シュツットガルトのクリスマス・マーケット
シュツットガルトは、市内中心部の数カ所の広場を主会場に開かれるクリスマス・マーケットが有名です。クリスマスの飾りや雑貨、季節の飲み物や食べ物を売る屋台のほか、スケートリンクやミニ観覧車なども並び、ちょっとしたテーマパークのようです。今年は残念ながら中止になっていますが、昨年の様子をご紹介します。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、コロナ禍に対応しつつドイツで開かれた「サンタ・ラン」イベント▽英国ストーンヘンジ遺跡の近くで地下トンネル建設計画持ち上がる▽米タイム誌が初めて選んだ「今年の子ども」に米国の高校生科学者▽米海軍士官学校の学生組織トップに初の黒人女性――の4つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「KポップのBTS 所属事務所が上場」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、ハンナの一家がクリスマスツリー売り場で自宅用に生木のツリーを選んでいます。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で東京大学大学院博士課程に学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。母国語は世界で2番目に多く話されている言語・スペイン語です。しかし、祖父は先住民の言葉を話し、ハイロさんはその言葉を身につけることができなかったといいます。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「強いる」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、東京や近郊の見どころを紹介するシリーズ。今回は、東京・浅草にある昔ながらの遊園地「花やしき」を訪れました。レトロな雰囲気が気に入ったようです。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今回のテーマは、クリスマスカードや年賀状といった季節のあいさつです。

◆Essay: Marty’s Playlist
英国で人気を博しながら米国では成功しないバンドがあるのはなぜでしょうか。米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、1970年代に英国で大成功し、その後米国でも成功したバンド「スウィート」を通じて考察します。

◆Essay: Street Smart English
米国生活の長かった詩人の伊藤比呂美さんが、日米の生活のあれこれについて考察します。今回は、年賀状に英語で書くなら「A Happy New Year」ではなく「Happy New Year」だというお話を紹介します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
米当局がフェイスブックを独禁法違反で提訴▽オーストラリアが新法で、自治体と外国との協定を禁止▽副作用が出たファイザー社の対コロナウイルス用ワクチンについて英当局が注意喚起、についてお伝えします。

◆Topics  
コロナ禍でクリスマスを自宅で祝う人が増え、ツリーの需要が増加したお話と、歌手のボブ・ディランさんが全楽曲をユニバーサル社に売却した話をご紹介します。

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/12/13号

This Week
On the Cover

ホリデーシーズンにほほ笑みを

新型コロナウイルス対策で外出制限が再び導入されたフランス・サントマキシムにあるレストランが、客のいないテーブルに大きなクマのぬいぐるみを飾り、見る人のほほ笑みを誘っています。13日号の表紙は、クマのぬいぐるみが飾られたレストランの店頭です。



◇今週の注目記事 ================

◇Movies: ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢
絶頂期を過ぎたスター歌手とその付き人。音楽業界に生きる女性2人の葛藤と成長を描きます。歌手を演じるのはダイアナ・ロスの娘トレーシー・エリス・ロス、付き人役はドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの娘ダコタ・ジョンソンです。

◇Travel: オーストラリア・パース
オーストラリア西部の大都市パースは、19世紀にヨーロッパからの入植者が作り上げました。15年ほど前から急成長を遂げ、まちの再開発も進んでいます。

◇Weekly Picks: 「今年の言葉」が選べない
英語辞書を発行する大手出版社などが発表する毎年恒例の「今年の言葉」が出そろいました。メリアム・ウェブスターとディクショナリー・ドットコムの2社は、最も検索された言葉に“pandemic”を選びました。二つの辞書が同じ言葉を選ぶのは初めてだそうです。一方、英オックスフォード英英辞典は、コロナウイルスにまつわる状況が日々変わる中で検索語もめまぐるしく変わったため、「一つの言葉に絞れない」と発表しました。言語もコロナに翻弄された一年となりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球近くまで戻り、小惑星の試料やデータが入ったカプセルを地球に投下▽秋篠宮さまが長女眞子さまの「結婚を認める」と発言▽米ユタ州の砂漠に、SF映画に登場する「モノリス」に似た金属柱が出現▽米ディズニーが従業員解雇を拡大、のニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「ノーベル平和賞に世界食糧計画(WFP)」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーとハンナが冬休み初日にビデオ電話をし、オンラインで一緒に見る映画を選んでいます。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。子どものころから1日の始まりにはコーヒーが欠かせず、日本の公共交通機関では新幹線が大のお気に入りというハイロさん。今週号ではメキシコと日本に共通する自然の脅威・地震について語ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「手に入れる」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、フグの危険性、食用の歴史、高級食材として知られるようになった経緯などを解説してくれます。

◆Essay: 森住史の英語のアレコレQ&A
英語で「南に行く」という表現には、なぜ「悪くなる」という意味があるのでしょうか。成蹊大学文学部の森住史教授が解説します。

◆Essay: 地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。コロナ禍に見舞われ、米大統領選に振り回された2020年を振り返り、2021年は社会の再建に力を合わせていこうと訴えます。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
娘が学校の友達からのネットいじめにあっているという母親からの相談に、アニーが答えます。アニーのもとには、「外で見かける親たちが、子どもそっちのけでスマホを見ているのはいかがなものか?」という意見も寄せられたようです。

◆English Writing : 英語教育最前線
大学入学共通テストの英語試験対策の続編です。今週号はリーディング対策を取り上げます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
コロナ禍で仏名門サーカス団がベルギーで足止めされ、動物の飼育費ねん出に頭を悩ませています。村名を英語読みすると卑語なってしまうオーストリア・フッキング村が改名する話題とともにお届けします。

◆News  
中国が香港の民主化運動弾圧を加速▽バイデン政権の経済チームは女性主導▽米国が中国共産党員らのビザを大幅短縮、の3本を紹介します。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/12/6号

This Week
On the Cover

サッカーの王者

伝説的なサッカー選手・マラドーナ氏の突然の死去は、世界を驚かせました。今週号の表紙は、マラドーナ氏の死を悼んでボリビアのアルゼンチン大使館に掲げられ彼の雄姿です。



◇今週の注目記事 ================

◇Feature:  ジョン・レノン 突然の悲劇から40年
12月8日は、ジョン・レノンがニューヨークの自宅マンション前で射殺されてから40回目の命日です。当時の報道をもとに、「あの日」を振り返ります。

◇Movies: ノッティングヒルの洋菓子店
名店で修行を積んだ菓子職人のサラが不慮の事故で死亡し、失意の底にあったサラの娘、親友、母が、洋菓子店を開くというサラの夢を実現しようする中で再生していく物語です。

◇Travel: オレゴン州 西海岸車中泊の旅
新型コロナウイルス感染の拡大、米大統領選の混乱、デモ、山火事などに見舞われている米西海岸。そんななかでも比較的安全に旅行できる手段がありました。キャンピングカーです。美しい風景の中を旅して、食事は自炊、車中で眠る生活でリフレッシュします。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、2匹の恐竜が戦っているような化石が米ノースカロライナの博物館へ▽難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療研究の資金集め「アイスバケツ・チャレンジ」共同創始者が死去▽英国のフェミニズムの先駆者をたたえる記念碑のデザインに批判▽新型コロナウイルス対応で連日記者会見に臨んだニューヨーク州のクオモ知事に国際エミー賞――のニュースをお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学び
ましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。今週号のテーマは「NTTがドコモを完全子会社化へ」です。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではケイトと転校生のカズが、手工芸品を扱う青空市場で買い物をしています。


◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「襲う」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。勉学のかたわら英語を教えているのですが、正式に英語を学びはじめたのは中学校から。しかし、8歳ぐらいから、意味が分からないままに英語の歌を丸暗記して歌っていたことが、語彙(ごい)を増やし発音を矯正するのに役だったといいます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファーのリサ・ヴォートさんが、東京と近郊の隠れた名所を紹介するコーナー。今週号では、東京都杉並区の商店街「阿佐谷パールセンター」を訪れました。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセー。今回は、長男ハル君の大学受験準備を通して日米の大学入試の違いを説明してくれます。

◆Street Smart English:   
米国に長く暮らした詩人の伊藤比呂美さんによる、英語にまつわる実用的なエッセー。今週号では、最初の愛犬タケとの思い出を語りつつ、犬を飼った時に使う様々な言い回しを紹介してくれます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
コロナ禍のさなかにも、ホワイトハウスではクリスマスなどの恒例祝祭行事の準備が進んでいます。大気汚染が深刻なイラン・テヘランでは、当局が自転車利用を推進しています。
◆News  
トランプ米大統領が、ついに退任に言及しました。一方、バイデン次期大統領は外交・安保を担うチームをお披露目しました。イスラエル首相がサウジアラビアを極秘訪問したとイスラエルのメディアが伝えたというニュースと、ローマ教皇が中国によるウイグル族迫害に懸念を示したニュースとともにお伝えします。

◆Weekly Picks  
新型コロナウイルスが猛威を振るう米国では、裁判の陪審員を確保できず、司法制度に支障を来しています。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/11/29号

This Week
On the Cover

柳美里さん、米国の文学賞を受賞

米国で最も権威ある文学賞の一つ、全米図書賞が発表され、翻訳文学部門に柳美里さんの「JR上野駅公園口」(英題 Tokyo Ueno Station、モーガン・ジャイルズ訳)が選ばれました。東日本大震災をきっかけに関わるようになった福島県南相馬市から生まれた物語です。11月29日号の表紙は、ほほえむ柳さんです。

◇今週の注目記事 ================

◇Special: 戦争の記憶を紡ぐ証言と手紙
1945年当時に若者だった戦争体験者の証言と、その証言を読んだ現代の若者が寄せた手紙を掲載した書籍「1945←2015 若者から若者への手紙」の英語版 “1945←2015:Reflections on Stolen Youth”(日英版ともに「ころから」刊) が今年刊行されました。掲載された証言や手紙、そしてその英訳に携わった人たちの思いを紹介します。12月8日には太平洋戦争開戦から79年を迎えます。

◇Movies: AW名画座
今年は、世界中で人種やジェンダー、性的少数者に対する差別が大きな問題になりました。今週号ではこうしたテーマを取り上げた1980~90年代の映画作品から「ドゥ・ザ・ライト・シング」「フィラデルフィア」の2作品を脚本と対訳つきでお届けします。また、女性2人の逃避行を描いた「テルマ&ルイーズ」の名場面も紹介します。

◇Travel: ドイツ・ダルムシュタット
芸術と歴史に彩られたドイツ南部の学術都市を歩き、アールヌーボーの作品を集めた博物館やフランケンシュタイン城を紹介します。


◇Weekly Picks: 米大統領選、決め手となった女性票分析
今回の米国大統領選挙で、バイデン・ハリス両氏の勝利に大きく貢献したのは女性票と言われています。AP通信の分析によると、なかでも中流家庭が多い郊外在住の女性有権者が民主党に投票しました。教養があり、問題意識の高い女性たちがトランプ大統領の言動に対し「NO」を突きつけた形です。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、米大リーグ史上初の女性GM誕生▽フランスの百貨店プランタンが国内4店舗を閉鎖▽宇宙飛行士の野口聡一さんらを乗せた米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」打ち上げ▽1964年の人形アニメ「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」で使用された日本製の木製人形が競売に、の4本を紹介しています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、オンラインでの授業を終えたハンナと弟のクリフが近所を散歩しています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。ラテンアメリカ人には文化的共通点があり、スペイン語を話せると地元の人たちとの交流に役立つと言います。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「避ける」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファーのリサ・ヴォートさんが、東京と近郊の隠れた名所を紹介するコーナー。今週号では、江戸時代に設置された中川船番所を再現した資料館などがある東京都江東区の東大島を散策しました。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセー。今回は、女性が高い声で話すことが好まれる日本語と低い声が好まれる英語の、文化の違いについて考えました。

◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
2人の通訳ガイドが交代で、外国人をおもてなしする際に役立つ英語や知識を紹介してくれるコーナー。今回は海生郁子さんが、神楽の由来や歴史、伝統芸能としての継承について教えてくれます。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
太った犬をどう散歩させるか悩む女性からの相談に、アニーが答えます。また、特別編として、コロナ禍による不安の中で日々の生活を送る人々からアニーに寄せられたお便りを紹介します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
大西洋の孤島トリスタン・ダ・クーニャが周辺海域を世界で4番目に広い禁漁区に指定した話と、オーストラリアが郵便の宛先に先住民の伝統的な地名を利用できるようにした話題をお届けします。

◆News  
米国が、日米共同開発のミサイルで海上からのICBM迎撃実験に成功した話と、モルドバ大統領選に親欧米派候補が勝利したニュース、タイで王室改革の憲法改正案が否決された話題をお届けします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/11/22号

This Week
On the Cover

台風22号 東南アジアに広がる被害

大型で強い台風22号(ヴァムコー)が直撃した東南アジアで、大きな被害を与えています。フィリピン・ルソン島では洪水や土砂崩れが相次ぎ、多くの死者がでています。被災地では、レスキュー隊員が赤ちゃんをたらいにのせて救助する姿もみられました。11月22日号は、安心しきったような赤ちゃんの表情と周囲の状況の対比が印象的な写真を表紙にしました。

◇今週の注目記事 ================

◇Special: 米大統領選 ニューヨーク市リポート
激戦が繰り広げられた今年の米大統領選挙。全世界が注目するなか、現地の人々はどのような思いで見守っていたのでしょうか。民主党支持者の多いニューヨーク市在住のライター、マイケル・ウェストさんが、心の揺れ動きを交えて、緊張感あふれる投開票日前後の様子をリポートしてくれました。

◇Feature: カマラ・ハリス次期副大統領の勝利演説
米大統領選の民主党勝利宣言セレモニーで、主役のジョー・バイデン氏以上に注目を集めたのがハリス次期副大統領の演説でした。4年前に米国初の女性大統領候補としてトランプ氏と戦い、敗れたヒラリー・クリントン氏が敗戦の弁で若い女性たちに送った言葉に共鳴するかのように、性別に関係なく大志を抱くよう子どもたちに呼びかけたハリス氏の演説には、共感した方も多いのではないでしょうか。ハリス氏の演説要旨とクリントン氏の演説骨子をお伝えします。

◇Movies: エイブのキッチンストーリー
ニューヨークのブルックリンで暮らすエイブの悩みは、母方のユダヤ教の家族と父方のイスラム教の家族との間の軋轢(あつれき)です。各国の味を掛け合わせた「フュージョン」料理を知り、自分の出自との共通点を見いだしたエイブは、自分なりのフュージョン料理で家族の絆を結ぶ決心をします。

◇Weekly Picks: グレタさんのドキュメンタリー公開
スウェーデン政府の温暖化対策に抗議して一人で始めた国会前での座り込みが、世界中の若者の運動へと広がったグレタ・トゥンベリさん。そんな17歳の若き環境活動家の素顔をとらえたドキュメンタリー “I Am Greta” が制作され、動画配信サービスで公開されました。運動を始めた当初からグレタさんの姿をカメラで追った今回の作品では、自分の行動を「若気の至り」と振り返るなど、彼女の等身大の姿が映されています。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今回は、オランダ・ロッテルダムで車両止めを乗り越えた電車が、クジラの尾の彫刻のおかげで地上へ落下するのを免れる▽元サッカー選手のマラドーナさんが硬膜下血腫を発症して手術▽豪州がロブスターの最大の取引相手である中国への輸出を停止▽デンマークで、飼育されているミンクから新型コロナウイルスの変異株が人間に感染したことが確認され、170万匹が殺処分に、の4本を紹介しています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーの一家が感謝祭のディナーを囲みます。例年は大勢を招きますが、コロナ禍に見舞われた今年は家族だけで祝います。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。故郷のチアパス州では2人の兄弟と同じ部屋で寝ていましたが、トタン屋根は音が響きやすく、屋根の上を歩く野良猫の足音で悪夢を見たことがあるそうです。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「借りる」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
2人の通訳ガイドが交代で、外国人をおもてなしする際に役立つ英語や知識を紹介してくれるコーナー。今回は伊東正子さんが、能の構成や起源、演じ手がつける面について教えてくれます。

◆Books: 放課後ブッククラブ
翻訳家であり、大学で米文学などを教える林剛司さんが、英語力向上に役立つ多読の方法やそれに適した本を紹介します。今回は「筆写」勉強法と、誰もが知る古典2作品を紹介します。

◆Essay: 厚切りジェイソンの時事放談
テレビでおなじみの米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんが、辛口の論評を繰り広げるこのコーナー。今回は、ソーシャルネットワーク(SNS)の功罪を論じます。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
依存症の女性とのつきあい方に悩む男性からの相談と、なじみの美容院で、専属状態になっている人とは別の美容師に切ってほしい女性の悩みにアニーが答えます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
バージン社の磁気浮上式の超高速旅客輸送システム「ハイパーループ」が世界初の有人走行試験を実施した話題と、米人気クイズ番組「ジェパディー!」 の司会者の訃報をお届けします。

◆News  
香港議会で、民主派の議員15人が辞表を提出したニュースのほか、EUがテロ対策で域外との国境管理を強化した話とファイザー社が開発したコロナウイルスのワクチンが高い効果を示した話を紹介します。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/11/15号

This Week
On the Cover

米大統領選 バイデン氏が勝利宣言

激戦だった米大統領選。投票確定に向けた作業が続いていますが、民主党のジョー・バイデン前副大統領とカマラ・ハリス氏が勝利を宣言しました。バイデン氏は激戦州のペンシルベニアをおさえ、選挙人の過半数にあたる270人を確保。勝利演説で、両氏は国民の団結を呼びかけました。11月15日号の表紙は、マスク姿で支持者の祝福に応えるバイデン氏とハリス氏です。


◇今週の注目記事 ================

◇Feature: バイデン氏の強調路線に各国期待
新型コロナウイルスの流行や地球温暖化など世界規模の課題が山積するなか、米大統領が「米国第一主義」を掲げたトランプ氏から国際協調路線のバイデン氏に交代することになり、各国の間で期待が高まっています。

◇News: バイデン氏、勝利宣言/ガラスの天井破ったハリス氏
勝利宣言で国民に結束を呼びかけたバイデン氏に対し、現職のトランプ大統領は徹底抗戦の構えです。勝利宣言の内容と、女性・黒人・アジア系として初めて副大統領になるハリス氏の人となりを紹介します。

◇Weekly Picks: 不安に包まれた米大統領選
かつてない分断をもたらした今回の選挙では、有権者が暴徒に襲われることを心配して投票所に向かうことをためらったり、事前に郵便投票した自分の票が有効とみなされるのか不安を抱えつつ開票日を迎えたりするなど、深刻な状況も生まれました。

◇Movies: ミッシング・リンク
ビクトリア朝時代、英国人の探検家ライオネル卿は、伝説の生物の存在を証明しようと米国に向かい、未知の生物と遭遇します。類人猿から人間への進化をつなぐ存在だったその生物はリンクと名付けられ、ライオネル卿に、一緒に仲間を探してほしいと懇願します。二人は米国北西部からニューヨーク、スイス、そしてヒマラヤへ渡り、ついにリンクの仲間らしき者たちを発見します。

◇Travel: モロッコ・マラケシュ
アトラス山脈にはさまれた丘陵地帯に、砂漠の遊牧民ベルベル族によって11世紀ごろに造られた交易都市は、城壁に囲まれた旧市街「メディナ」でよく知られています。赤い土で作られた家々や迷路のような路地が広がる、美しい街を紹介します。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、トルコ・イズミル沖のエーゲ海で発生した地震の被害▽映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で知られた俳優ショーン・コネリーさん死去▽アラブ首長国連邦のドバイにできた噴水が世界最大と認定される▽ベルリンのろう人形館で、トランプ米大統領の人形がゴミ箱に入れられる――の4つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「自民新総裁に菅氏、合流新党代表は枝野氏」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では転校生のカズとハリソンが、カズの家で、トルティーヤチップスにいろいろな辛いソースをつけて次々と食べているのですが……。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で東京大学大学院博士課程に学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。日本の公共交通機関では新幹線が大のお気に入りというハイロさん。定刻通りに運行することの少ないメキシコのバスや電車の思い出を語りつつ、時間厳守の大切さを日本の生活で学んだと語ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「取り戻す」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: Lisa’s In and Around Tokyo
世界各地を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、東京や近郊の見どころを紹介するシリーズ。今回は、東京都江東区にある有明水再生センター内の「虹の下水道館」を訪れました。下水処理に関する体感型展示施設です。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今回は、1年前にホームステイしたドイツ人少年の完璧な振る舞いから、「大事に育てられる」ということが人生にもたらす良い影響について思いをはせます。

◆Essay: Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、DA PUMPの大ヒット曲「U.S.A」を分析します。

◆Essay: Street Smart English
米国生活の長かった詩人の伊藤比呂美さんが、日米の生活のあれこれについて考察します。今回は、犬を飼った時につきものの英語の会話を紹介します。伊藤さん宅では、最初に飼った犬以外は代々雄犬を飼っているそうです。もしかして、その理由は……。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
完全菜食主義者ビーガンの食文化が浸透しつつあるロンドンで、肉を置かない「肉屋」が登場し、植物性の食材を使った代替肉を販売しています。ほかに、これ以上環境破壊が進めば新型コロナウイルスより危険な伝染病が流行する可能性があるとする、専門家たちの警告についてお伝えします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2020/11/8号

This Week
On the Cover

アーモンドアイ 芝のG1で新記録

競馬の第162回天皇賞・秋で、アーモンドアイ(めす5歳)が芝のGI レースで新記録となる8回目の優勝を飾りました。11月8日号の表紙は、勝利を喜ぶクリストフ・ルメール騎手とアーモンドアイです。


◇今週の注目記事 ================

◇Movies: トルーマン・カポーティ 真実のテープ
ニューヨーク社交界に愛され、後に追放された小説家トルーマン・カポーティは、おしゃべり好きで辛辣(しんらつ)で、「誰もが1度は会いたいと願うが、1度会えば2度と会いたくない男」とも評されました。彼と親交のあった批評家、記者らのインタビューと、彼が生きた時代の貴重な映像をつなぎ合わせ、波乱に満ちた生涯をたどります。

◇Travel: Stevns Klint, DENMARK
デンマークの世界遺産・スティーブンスクリントは、約15キロにわたる海岸沿いにある崖です。約6500万年前に隕石(いんせき)が衝突したことで多くの生物が絶滅したと言われていますが、その衝撃がうかがえる地層がここでむき出しになっており、地質学的価値があるとされています。

◇Weekly Picks: 最高裁判事にバレット氏を承認
トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したエイミー・バレット高裁判事の就任を、連邦議会上院が承認しました。人工妊娠中絶に反対するなど保守的な立場のバレット氏が加わったことで、最高裁判事9人のうち保守派が6人と圧倒的多数となりました。そんななか、バレット氏がこれまでにかかわった裁判で、不当な暴力行為を疑われた警察官に対し、寛容な判決を下していたことがロイター通信の調査で分かりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
ローマ教皇が、アフリカ系米国人としては初めてウィルトン・グレゴリー大司教を枢機卿に指名▽アスベスト(石綿)鉱山のあるカナダのまち「アスベストス」が、住民投票で「バルデスルス」に町名を変更▽元ビートルズのポール・マッカートニーさんが、12月に新作ソロアルバム「マッカートニー3」を発表▽ディズニーの名作映画「ピーターパン」「おしゃれキャット」の動画配信サービスで、偏見に基づく描写が含まれているとして画面に警告が表示されるようになった――の4本をお届けします。


◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
新しい大学入学共通テストではリスニングの配点が上がり、英語を聞き取る能力がこれまで以上に重視されます。そこで過去のニュース記事を使いながら、一部分を虫食いにした「穴埋め式のディクテーション」問題を用意しました。「聞く・書く」能力の向上に役立ててください。あわせて重要語句の用法を紹介します。音声は無料アプリ「朝日コネクト」かAWのウェブサイトで聞くことができます。今週号のテーマは「ハリー王子夫妻、ネットフリックスと契約」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、クリフが父親に「ドライブインシアターに行きたい」とねだっています。

◆On the Keyboard リレーエッセー
異文化エッセーは、メキシコ出身で、東京大学大学院博士課程で学ぶハイロ・ヴァスクェス・サンティアゴさんの連載です。子どものころから慣れ親しんだはずの食材が、異国では、故郷の常識を超えた調理方法と味になっていることを発見した時の衝撃を語ります。

◆シミケンの語源で比べる英単語
英単語には、漢字の部首に相当する「語根」に「接頭辞」と「接尾辞」が組み合わさって出来上がった単語が数多くあります。この連載では、このような三つのパーツで成り立つ英単語を、類義語をテーマに分類し、それぞれの使い分けをイラストで図解しながら解説します。類義語と語源の知識が身につく一石二鳥のコラム。単語の使い分けができないために、英語の母語話者と会話をしていてけげんな顔をされた経験は誰にでもあるはず。類義語に精通することは、正確な英語を書き、話す際に不可欠です。今回は「見捨てる」の様々な言い方を解説します。筆者は英語教材クリエーターで、語学学習書としては大ベストセラーとなった「語源図鑑」でもおなじみの清水建二さん(KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表)です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆Omotenashi: 英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、しょうゆの歴史や様々な商品、海外での普及について説明してくれます。

◆Essay: 森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。今回はLet’sとLet usの  使い分けを解説します。

◆Essay: 地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。新型コロナウイルス流行が続くなか、イベント開催など日常の生活が少しずつ戻りつつあるとアグネスさんは感じています。しかし、息子3人が暮らす米国では新規感染者数が最悪を更新し続けており、心配は尽きません。

◆Advice : Dear Annie 十人十色の人生模様
「会食の際、お酒を飲まず少食な人にも均等に費用を負担させる割り勘に、もやもやします」という相談と、毎朝眠気覚ましのコーヒーが欠かせない人からの「カフェイン依存症にならないか心配」という相談に、アニーが答えます。

◆English Writing : 英語教育最前線
来年1月に実施される大学入学共通テストで、英語はリスニングを重視する傾向が強くなります。英国の公的教育機関のブリティッシュ・カウンシルの専門家に、リスニング試験の傾向と対策を聞きました。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
フィンランドの「サンタ村」もコロナ禍で観光客が激減し、地元産業が苦境に立っています。アーダーン首相率いる与党が勝利したニュージーランド総選挙で、かつてないほど多様な面々が議員に選出された、というニュースとともにお届けします。

◆News  
欧州で新型コロナウイルスの流行が再拡大し、感染者が累計10 万人を突破しました。英国はイングランド全土を封鎖しています。ほかに、米国が再び台湾に武器を売却し、中国が反発を強めているというニュース、チリが新憲法制定手続きを開始した話とともにお伝えします。
おすすめの購読プラン

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー) 雑誌の内容

  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:[紙版]毎週金曜日  [デジタル版]毎週土曜日
日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」
朝日ウイークリー(AW)の記事は、初級・中級・上級とレベル別になっているので、毎週レベルアップを目標に読み進められます。英文ニュースや英語エッセーなど一部の記事は、音声を聴くこともできます。AW独自の工夫をこらした英作文、英文法などの学習コラムから、国内外のニュース、エッセー、エンタメ、クイズ、星占いまで、多彩な内容で飽きさせません。美しいカラー写真満載の旅行記、最新映画のシナリオ対訳、人気作家による連載小説など、楽しい読み物も満載です。レベルに応じた対訳、日本語注釈つき。

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の無料サンプル

2021年10/3号 (2021年10月02日発売)
2021年10/3号 (2021年10月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の目次配信サービス

+   週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)のメルマガサービス

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)定期購読のプレゼント

オバマ広島演説DVD
対象購読プラン:1年・6ヶ月
今6ヶ月以上の購読をお申込みのお客様にオバマ広島演説DVDをプレゼント!
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2022年01月28日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ



ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
--------------------------------------
[Top News]
Massive volcano blast cuts off Tonga, triggers tsunamis
トンガで大規模な海底火山噴火、孤立状態続く


[Easy Reading]
Magawa, Cambodia’s landmine-sniffing ‘hero’ rat, dies in retirement, aged 8
地雷発見の英雄ネズミ マガワが死ぬ


[National News]
Disasters spurring support between prefectures
自然災害増加で被災自治体への職員派遣が定着
、他


[World News]
Argentine towns sizzle in ‘hottest days in history’
アルゼンチンで記録的な猛暑
、他


[Science & Health]
Extremely hot every 2 years by 2030: study
2030年までに猛暑年が1年おきに発生、研究


[Focus]
Sony Music leads in support for artists’ mental well-being
アーティストの精神的健康をサポートする音楽業界の挑戦


[This Week’s OMG]
US cops ditched robbery call for Pokemon Go
事件を無視してゲーム続けた警察官、解雇


コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
--------------------------------------
[シネマ倶楽部]
今週は、世界屈指のトップブランド上り詰めたGUCCIの光と陰を描いた “House of Gucci”をお届けします。


[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週はメソポタミア文明発祥の地で発掘活動が再開してきている様子を取り上げます。


[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはタン・イン・ツェンさんです。熱帯地方に属し、気温の変化が少ないシンガポールでは、日本のように天気予報を毎日見なくてもさほど困りません。しかし近年は大雨や洪水の被害も増えてきており、天気予報や気候に関する情報がより重要になっていると筆者は感じているようです。


[英語で読むちょっといい話]
西オーストラリア州ジェラルトン市の川岸の木々に、小さなドアを取り付けている夫婦がいます。まるで妖精が使うようなこのドアを通じて、子どもたちが想像力を働かせて楽しみ、美しい自然に親しんでくれることを願っての取り組みです。


[英語でお仕事101]
基礎から学ぶビジネス英語講座。今週のテーマは「ランチなどに誘われたときに『今日はちょっといけない』と伝えるための上手な断り方は?」です。


[英語で伝える日本の歴史]
日本の歴史を英語で説明できますか? この連載では毎回異なる歴史トピックを取り上げ、英語での伝え方を学びます。


[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。


[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのはNHKラジオの語学番組「高校生からはじめる『現代英語』」の教材作りを一人で担当する奥村奈美子さんです。奥村さんは、幼少期に英国で暮らした経験を持ちます。「能動的に英語を使う仕事を選んだわけではなかった」と話す彼女は、教材作りを通じて語学を学び直していったといいます。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
--------------------------------------
[3-minute Reading With Kip]
やさしい英語でさくさく読解エクササイズするコーナー。母語話者のように外国語を話すのは難しいものですが、筆者はかつて「ドイツ人だと思われるレベル」の完璧なドイツ語の習得を目指したことがありました。その後実際にドイツへ行ったとき、彼のドイツ語は現地の人たちにどう評価されたでしょうか?


[Describe This!]
言えそうで言えない日常の場面を英語で表現してみるコーナーです。今週は「雪」に関する表現を学んでみましょう。


[大人の文法ドリル]
今回は come to do(~するようになる)という表現に焦点を当てていきます。


[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今月はよくある間違いを取り上げます。今週のテーマは” You”です。


[Crossword Puzzle]
英語でクロスパスワードに挑戦!正解者の中から、抽選で素敵な賞品も当たります。


[Life as an Expat]
トロント駐在中の須藤健の海外奮闘記をお届けします。






※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:288円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2022/01/14
    発売号

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/12/24
    発売号

  • 2021/12/17
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2022年01月21日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/1/23号

This Week
On the Cover

No vax, No game
テニスの全豪オープンに出場予定だった男子世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手のビザを豪政府が取り消した問題で、豪連邦裁判所はジョコビッチ選手側の不服申し立てを認めない判断をしました。ワクチン接種に消極的だったジョコビッチ選手に対する厳しい措置を認めた判断について、同選手は失望を示しつつ判決を尊重すると言い、国外へ退去しました。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: コロナにもプラスの側面 増えた家族との時間
コロナ禍で暗い話題が多いなか、米国勢調査局の調査で、2020年のパンデミック初期に在宅勤務やオンライン授業が本格化したことで、家族と過ごす時間が増えたとの声が多く寄せられたことが分かりました。調査は未回答者が多く、その後こうした風潮が定着したかどうかも追跡していないため、全体像を表しているとは言えません。ただ、専門家は「協力しあうことで絆を強めたケースも多いのではないか」と指摘しています。

◇Special: 英文筆写のすすめ
本紙の人気連載「放課後ブッククラブ」の筆写・林剛司さんは、中学生の頃から英文の筆写と音読を続けているそうです。長年の経験に基づく効果的な筆写のポイントを、昨年秋に発売された朝日新聞社の「天声人語 書き写しノート 英訳版」を使って教えてくれました。

◇Movies: ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ
1970年代から2000年代にかけて、英国ロックの名盤を次々と誕生させたことで知られる音楽スタジオ「ロックフィールド」を主題にしたドキュメンタリーです。ウェールズの片田舎で農場を経営する家に育った音楽好きの兄弟キングズリーとチャールズが、実家の屋根裏に機材を持ち込んで録音スタジオをつくったのが始まりです。兄弟が手探りで運営を始めたロックフィールドは、やがて音楽関係者の間で評判となり、ミュージシャンが絶えず訪れる人気スタジオに成長。クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」やオアシスの「ワンダーウォール」など、数えきれないほどの名曲を生み出してきました。

◇Travel: ニューヨーク・マンハッタン タイムズスクエア
全米随一の繁華街を歩きます。「Crossroads of the World = 世界の交差点」と呼ばれるほど華やかですが、逆にニューヨークっ子からは敬遠されているようです。1920年代から興行の街として栄えましたが、大恐慌の影響で30年以降いかがわしいショーを売りものにする劇場が増え、一時はニューヨークで最も危険な場所の一つとされました。そんなこともあり、地元から敬遠される存在になったようです。90年代以降、市の取り締まりでそうした劇場は一掃され、現在のような観光客の集まる街となりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、米アップルの時価総額が世界で初めて3兆ドルを突破▽大阪府警が、戸籍上は男性で自認する性が女性だという女性トイレ利用者を書類送検▽米マサチューセッツ州で、コロナウイルスをかぎ分けられる犬を学校に派遣▽英ロック歌手の故デビッド・ボウイの楽曲の権利を売却――の四つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「眞子さん・小室圭さん結婚」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、デートに何を着ていくか迷ったハンナが、マリーの家に服を借りにきます。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。1~3月は、英国生まれでイングランド北部ヨークシャーにある新聞社の記者として活躍した後、2014年に来日したデイビッド・パイプさんが担当します。今週号では、祖母が使っていたコックニー英語について語ります。おなじ英語でも、独特のルールがあって難解なようです。

◆シミケンの英単語使い分け講座
KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号は「環境、状況」を取り上げます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 高野山(和歌山県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回は、紀伊山地にある真言密教の聖地・高野山を訪れました。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「忖度(そんたく)する」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今週号では、パートナーのスティーブさんが動物性の食品を口にしないビーガンなので、植物性の材料だけでバースデーケーキを作る工夫を紹介します。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんのエッセーです。今回は、エリック・カルメンと彼の名曲「オール・バイ・マイセルフ」について解説します。

◆Essay: Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号では、「北枕」など、文化によって違う迷信や縁起について考察します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
欧州の人口の半数超が6~8週間でオミクロン株に感染する恐れがあるとするWHOの予想と、米国で遺伝子操作した豚の心臓を男性に移植したという医療ニュース、中国の大手教育企業が従業員6万人を削減した話の3本をお伝えします。

◆Topics  
黒人初のアカデミー主演男優賞受賞者であるシドニー・ポワチエさんの訃報と、ローリング・ストーンズが英国の郵便切手になった話題をお届けします。

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/12/18
    発売号

  • 2021/12/11
    発売号

  • 2021/12/04
    発売号

送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2022年01月15日発売

目次: The Japan Times / The New York Times Weekend Edition
2022/01/15 No.43,590
The Japan Times section contents

NEWS
------------------------
[National]
・U.S. bases may be behind virus rise: foreign minister
・Virus puzzle may lie in intestines ほか

[Business]
・More companies prod staff to work from home
・Uniqlo demand boosts profit for Fast Retailing ほか

[World]
・India eases COVID rules to free resources
・As famine stalks Afghanistan, West urged to help ほか

[Week in review]
・JR Tokai to offer rides on improved maglev train
・Ministries to support Japan’s growing number of young carers

[Longform]
・Beneath the surface: How sustainable are Japan’s iconic hot-spring resources?

[Culture]
・‘Drive My Car’ won a Golden Globe, could it also pick up an Oscar?

[Sports]
・Australia cancels Djokovic’s visa
・Ten-man Arsenal holds on for tie with Liverpool ほか

OPINION
------------------------
・TSE might not be ready for ‘prime’ time just yet

参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/12/18
    発売号

  • 2021/12/11
    発売号

  • 2021/12/04
    発売号

  • 2021/11/27
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

エステティック通信(ESTHETICS WIRED JAPAN)

2022年01月10日発売

目次: 年頭所感2022


継続するウィズコロナ時代の美容業界を率いる
革新的経営者2022


体の内側からサポート!
美の可能性を引き出す“ドクターズサプリメント”誕生


アデランス発次世代ドライヤー
『神美髪』で髪も頭皮も丸ごとケア!


“美しさ”のその先へ。新たな伝説がスタート
『ディレイア』で全方位ケア


どちらで美肌をかなえる?
ツヤ肌VSキメ肌



Catch Up! News
コロナ禍をきっかけに大変革!
企業ロゴリニューアルなどで内外ともに新生BPCを印象付ける



頭皮美容アイテム人気ランキング



Close up! News
発酵の力で内側からキレイに
続けやすさに配慮した酵素系サプリメント






★好評連載も掲載中!

Esthetician File File#40
VISOURIRE(ヴィスリール)
稲月 智美さん
広告NG事例ファイル Vol.59
NEWS







などなど、美容業界関係者なら必見の内容です!

参考価格: 500円 定期購読(3年プラン)なら1冊:250円

【エステティック業界専門】”今、人気の!”サロン専用コスメや美容機器。先取り情報満載!

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/10
    発売号

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

送料
無料

プレホスピタル・ケア

2021年12月20日発売

目次: 【特集】超高齢社会と救急業務- - - - -

●在宅医療中の高齢傷病者の観察・搬送
東京都立広尾病院 救命救急センター/医療法人社団 親樹会 恵泉クリニック 高根諒ほか

●高齢者入所施設における救急現状と課題
佐賀中部広域連合佐賀広域消防局 新山靖之

●救急隊員の介護技術向上に向けた取り組み
鳥取県西部広域行政管理組合消防局 米子消防署皆生出張所 浦川智史

●超高齢社会に対する救急医療情報キットの活用について
柏崎市消防本部 須田裕太郎

●盛岡消防本部管内における高齢者救急搬送の実態と高齢化率について
盛岡地区広域消防組合消防本部 上平勝治

〈新連載〉- - - - -

救急救命処置の拡大の可能性について
第1回 救急救命処置がまた新しくなりますか?
札幌医科大学 医学部救急医学講座、北海道病院前・航空・災害医学講座 水野浩利

通信指令教育の標準化を目指して 第1回
通信指令教育の潮流
京都橘大学 健康科学部 救急救命学科 北小屋裕

〈短期連載〉- - - - -

湖南広域消防局が取り組む本当に効果的な研修と実践のススメ 第2回
プレアライバルコール研修から得られる救急隊員教育について
滋賀県 湖南広域消防局 片山直広

〈連載〉- - - -

病理医 玉川進博士のグラビア解剖学 第18回
疾患4 胸部大動脈瘤破裂
旭川医療センター 玉川進

救急現場における精神科関連症例への対応法 第4回
自殺企図が疑われる傷病者への対応
メディクスクリニック溝の口 市村篤

Dr.ドロシーの救急経験値アップ!! 具体的症例攻略塾 第二回
えっ? この症状が・・・まさか急性心筋梗塞??
福岡徳洲会病院 救急科 川原加苗

郡山先生の病院前救護学 最終回
病院前救護学に思いを寄せて
北九州総合病院救命救急センター長 郡山一明

溜め込んでいませんか?救急隊員のためのストレスケア 第4回
パワー・ハラスメントを適切に判断するためのコツ
兵庫県こころのケアセンター 大澤智子

最新救急事情 第225話
目標体温管理/体外循環補助を用いたCPR
旭川医療センター 玉川進

知りたい!米国EMSの役割について 16回目
「真夜中のダウンタウン」
ニューメキシコ大学 医学部救急部 乗井達守

快眠だより 第24回
夜中の異常行動は脳のアンバランスが原因!?
スタンフォード大学 西野精治

やってみよう!救急活動+α 第4回
急性カフェイン中毒
東京曳舟病院 三浦邦久

救急隊員のための部下指導・育成方法 VOL.22
質問をするときの心構え
近畿大学経営学部 谷口智彦

続・救急活動をめぐる法律問題 File 89
自律性の確立が喫緊の課題に―安心安全な職場形成のために―
香川大学客員教授 橋本雄太郎

- - - - -

各地の取組み
救急救命士による新型コロナウイルスワクチン接種業務について
海老名市消防本部 瀬戸嘉彦ほか

各地の取組み
隔壁付き救急車導入! 新型コロナウイルス感染対策強化!
猪名川町消防本部

各地の取組み
救急隊から医療機関への12誘導心電図伝送の効果についての検証
富山県東部消防組合消防本部 滑川消防署 開田達弥

各地の取組み
救急救命士を対象とした妊婦の搬送を想定した研修会の開催について
釜石大槌地区行政事務組合消防本部 小笠原研也

各地の取組み
新しい生活様式を取り入れた普及啓発活動について
西はりま消防組合 相生消防署 萩原裕基ほか

TOPICS
第30回全国救急隊員シンポジウムin高崎
高崎市等広域消防局

私たちの工夫
応急手当普及員e-learningの開発について
さいたま市消防局 野村陽介

シェアする症例
大腿動脈損傷による大量出血で心停止となった傷病者に対する止血法の反省から得た課題
埼玉西部消防局 嶋﨑英正ほか

霞が関通信
改正救急救命士法
厚生労働省医政局地域医療計画課 救急・周産期医療等対策室

投稿論文
知多中部広域事務組合消防本部管内における2020年中の自損行為事案の実態と増加についての検討
知多中部広域事務組合消防本部 半田消防署 救急課 宮﨑寛典

- - - - -

Column

BOOKS 滝口雅博

救急豆辞典 瀧野昌也

参考価格: 1,400円

救急救命士・救急隊員のための実務情報誌

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/06/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2020/12/20
    発売号

8 月刊消防

東京法令出版

送料
無料

月刊消防

2022年01月01日発売

目次: CONTENTS

特集 新しい広報のカタチ

■SNSを使用した広報戦略 名古屋市消防局(愛知県)
■新しい広報のカタチ 消防職員が制作したテレビ番組による広報 神戸市消防局(兵庫県)
■【新連載】新しい広報のカタチ YouTube動画のつくり方 (1) 福岡市消防局の動画による広報 福岡市消防局(福岡県)

●【新連載】消防艇解体新書 (1) 仕様書の作成 川崎市消防局(神奈川県)
●【PICK UP】月刊消防Laboratory 消防隊員の受熱による影響等に関する検証 東京消防庁消防技術安全所活動安全課

●月刊消防MelodyLine (3) 高崎市等広域消防局音楽隊 高崎市等広域消防局(群馬県)
●救助の基本+α (66) 「空気呼吸器」について 小野市消防本部 消防課救助係 藤原 潤・藤原嘉晃
●消くんと防くんの危機管理アレコレ (26) 「消防署の地震への備えは大丈夫?」 元消防庁次長・内閣審議官 日本防災士機構 特任アドバイザー 大庭誠司
●災害救助犬の活用に向けて (3) 災害救助犬の実情!? NPO法人 災害救助犬ネットワーク
●さいたま市消防局が指導!「法務省矯正局に災害対応の精強な部隊を2年で作り上げる‼」 (6) ブレイブハートとの初訓練始まる! 「月刊消防」編集室
●消防士の台所~これが真庭の消防めし! (22) 賀正! ひめのもち入り 牛すきうどん 真庭市消防本部
●事例に学ぶ法令改正 (5) 大洋デパート火災と法令改正 防火防災アドバイザー 中野秀作
●PhotoTopics 神奈川県消防学校にて、ホーストレーニング研修を実施! 「月刊消防」編集室
●Information消防行政 危険物の規制に関する規則の改正概要とその運用について 消防庁危険物保安室
●ハラスメントが発生しない消防 (4) 消防職員(公務員)の義務 緑川久雄
●消防士ポテンシャルトレーニング (26) ~マインドセットの機能を知る~ 月ヶ瀬和利
●消防心理学トピックス (70) パートナーシップの心理学 加藤孝一
●これで伝わる! 防火管理指導のひとくちメモ (46) 女性ではいけませんか 池田和生
●後世へ伝える とある火災調査員の備忘録 (9) 誘惑 火災原因改方
●設例から考える救急現場の法律実務 (24) 設例から所持品の取扱いを考える 山岸法律事務所 山岸功宗
●CHEMICAL SOLDIERが解説!未来の活動のためのCBRNケースファイル (13) 消防はアシッドアタックに対処できるか……身近に潜む硫酸の恐怖 濵田昌彦
●目指せ! ドローンの匠!! (38) オルソ画像作成の極意(その2) 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 内山庄一郎
●情報のひろば
●消防吏員昇任試験合格講座

ESSAY & COLUMN
○火掛り THE スタンダード (52)
○Voice (72)
○救急隊員日記 (212)
○一条くんのイチから消防 (26)
○ケアする心 (21)

参考価格: 950円

消防実務に直結した情報誌

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

9 捜査研究

東京法令出版

送料
無料

捜査研究

2022年01月15日発売

目次: ◆◆Practical Stage◆◆
-----------------------------------------------------------------------------------
■特集1
銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律について
警察庁生活安全局保安課課長補佐 二宮 健
-----------------------------------------------------------------------------------
■特集2
法文書鑑定の合理性と基礎資料の母体(最終回)
元警察庁科学警察研究所附属鑑定所長 𠮷田 公一
-----------------------------------------------------------------------------------
■(続)覚醒剤使用事犯における留置き・追尾行為を巡る最新判例(証拠排除)研究(第17回)
修士(法学)・元栃木県警察学校長(駒澤大学法科大学院在籍) 細谷 芳明
-----------------------------------------------------------------------------------
■誌上講義 第28回
どうして心神耗弱だと死刑にならないのか(上)
昭和大学医学部教授(薬学博士)・警察大学校講師
元最高検察庁検事 城 祐一郎
-----------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
自動車で湾曲道路を限界旋回速度未満の速度で走行中に発生した事故について,前記速度が
「進行を制御することが困難な高速度」に当たるとして,危険運転致傷罪で処理した事例
東京地方検察庁検事 古屋 宏明
-----------------------------------------------------------------------------------
■海上保安事件の研究(第134回)
広島文化学園大学特任教授 海上保安大学校名誉教授 廣瀬 肇
-----------------------------------------------------------------------------------
■取調べにおける心理学(第18回)
精神疾患の被疑者との接し方(2)
うつ病の被疑者
法政大学文学部心理学科教授 越智 啓太
-----------------------------------------------------------------------------------
■元検察官のキャンパスノート No.109
-外事事件- 失火
元法務総合研究所教官 須賀 正行
-----------------------------------------------------------------------------------
■警察教養としての読書(第37回)
『リーダーを目指す人の心得』
評者 古野 まほろ
-----------------------------------------------------------------------------------
■文献紹介276
『判例講座 刑事訴訟法〔捜査・証拠篇〕第2版』
明治大学法科大学院教授 清水 真
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査関係ファイル
(11月のできごと)
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査の英語 Case102・103・104
-----------------------------------------------------------------------------------
■Book Land
『わたしは「セロ弾きのゴーシュ」』
中村哲が本当に伝えたかったこと

参考価格: 990円

実務と教養に資する犯罪捜査の専門誌

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌