住宅建築 発売日・バックナンバー

全184件中 1 〜 15 件を表示
2,860円
1,900円
竹原義二のつくる暮らしの場を特集する。住宅やグループホーム、障がい者施設や認定こども園など、それぞれ異なる生き方に合わせておおらかに、住む人のふるまいに呼応した設計を心掛けてきた竹原義二。今回は竹原がこれまでに設計した住まいを順に訪ねていくことで、いま一度改めて自身の道筋を振り返るとともに、「住まい」とは何かを語っていただいた。



特集 竹原義二 人が生きるを問う
住まいの原型 鶴の里の家 設計=竹原義二/無有建築工房
インタビュー「鶴の里の家」で過ごした7年 鶴の里の家建主×竹原義二+藤原徹平
帰る場所 ホームふじ 設計=竹原義二/無有建築工房
帰る場所がある、という当たり前 文=竹原義二
新しい家族のかたち コーポ洗谷 設計=竹原義二/無有建築工房
原風景となる場所 さざなみノイエ 設計=竹原義二/無有建築工房
座談 子ども達との暮らしを生み出す私達のイエ 難波元實×藤原徹平×竹原義
竹原義二論 「ズレ」構成論、建築動態化論、人間的で寛容な場を生み出す建築について 文=藤原徹平
特別記事 住まいと庭をととのえる 日々の変化を楽しむ住まいと庭 わたしたちの家 改修設計・施工=木むら設計室/木村孝憲
特別記事 住まいと庭をととのえる 祖父の家を受け継ぎ、内外をバランスよくととのえる 稲荷の家改修 改修設計=町秋人建築設計事務所
特別記事 住まいと庭をととのえる おだやかな地域の風景を受け継ぐ 築100年の家 喫茶好日 改修設計=ヨネダ設計舎/米田雅樹
特別記事 住まいと庭をととのえる 2つの中庭が3世代を繋ぐ 続・中野家の家 改修設計=Endo Kikuchi Design/遠藤奈々子
庭から繋がる家づくり WAKUWORKSの取り組み やぼろじ
庭から繋がる家づくり WAKUWORKSの取り組み 府中本町の家
庭から繋がる家づくり WAKUWORKSの取り組み 里山農家の風土再生
次代の建築家 第15回 林崎松江海岸の家 カレーハウスバブルクンド 改修設計=一色暁生建築設計事務所
研究室からフィールドへ 第46回 近畿大学建築学部 セルフビルドの茶室
INTERIOR -Strange is Beautiful- 第34回 Kedigian’s Apartment MIKI TAKASHIMA
建築家の思考と実践を実測図で解く 第1回 ―建築と庭(その1)― 図・文=金澤良春
書評『増田友也の建築世界』(田路貴浩 著、英明企画編集) 評者=笠原一人
イベント
プロフィール/次号予告
2,860円
1,900円
それぞれの地域を拠点に設計施工を行う4組を紹介する。素材と職人の力を引き出し、独自の建築をつくり出す宇野友明建築事務所。伝統に根ざしながら現代の暮らしに寄り添い、庭も手がける安藤工務店/安藤建築設計事務所。地域の風景に溶け込み、造作による細やかな住まいづくりを行うバウムスタイルアーキテクト。大工・職人を育て、建築づくりを通して山の循環を目指す六車工務店+六車誠二建築設計事務所。設計施工の取り組みは4組それぞれだが、共通するのは、建主にとってどんな建築が良いか思考を繰り返し、「設計」を軸にしながら、職人とのコミュニケーションを取り「施工」し、共に創造していこうという姿勢だ。4組の取り組みから、設計施工による建築の可能性を探り、設計者・職人・建主・素材の関わりについて考える。



巻頭記事 旧柏倉家住宅 地域文化を育み、記憶する家
特集 設計施工の思考と創造
宇野友明建築事務所 つくる喜びと楽しさを与えてくれる場所/三河湾の眼前に建つ列柱 寺部のゲストハウス 設計・施工=宇野友明建築事務所
安藤工務店 安藤建築設計事務所 見る人の胸に何物かを刻みつける建築/丘の上に建つ、折置組で構成されたのびやかな平屋 妹尾崎の平屋 設計・施工=安藤工務店 安藤建築設計事務所/安藤洋介
バウムスタイルアーキテクト 職人・建主とともに心地よい場をつくる/全体が緩やかに繋がり、庭と読書を楽しむ住まい 御津の家 設計・施工=バウムスタイルアーキテクト/藤原昌彦
六車誠二建築設計事務所 六車工務店 ローカルとローカルを繋ぎ導く、設計の役割/縦横3つに分節された空間が借景の緑と風を取り込む Arca 設計=六車誠二建築設計事務所 施工=六車工務店
特別記事 聴竹居 自然・人・技を繋ぐデザイン
シリーズ 登録有形文化財のこれから 第7回 持続的な保存・活用のために季節を愛でる食事処へ改修 飯沼本家主屋 改修設計=建築設計事務所 山田屋/山田哲矢 施工=岩瀬建築
連載 次代の建築家 第14回 明恵庵 設計=kvalito/水上和哉
研究室からフィールドへ 第45回 芝浦工業大学 空き家改修プロジェクト 東伊豆設計室
INTERIOR -Sense of Progression- 第33回 Brooks’Apartment MIKI TAKASHIMA
手描き図面に込めた想い 第18回 広瀬鎌二の建築 その6(最終回) RCH-11(上小沢邸)SH-60 監修・文=広瀬鎌二アーカイブス研究会
書評『建築家による「日本」のディティール――モダニズムによる伝統構法 の解釈と再現』(青柳憲昌 著、彰国社) 評者=玄田悠大
イベント
2,860円
1,900円
コンクリートの可能性を追求し続ける井上洋介さんを特集する。井上さんの建築は、永い年月建ち続けるための構造(骨格)と、最終的に現われてくるかたち(質感やディテール)が一体的につくられている。「素材の役割とは何かを考えたい」と井上さんは言う。型枠として使われた木の痕跡を残すコンクリートの空間が、庭の草木や石を取り込み、大地に根づいてゆく。今回の特集では、4つの住まいをディテールと施工方法を含めて紹介する。



特集1 井上洋介 大地に生きるコンクリート
詠み人知らずのコンクリート 文=井上洋介
コンクリート、鉄、木の混構造がつくる多様な居場所 下北沢の家 設計=井上洋介建築研究所
角地に建つ六角形の住まい 吉祥寺の家 設計=井上洋介建築研究所
木とコンクリートによるおおらかな民家 裾野の家 設計=井上洋介建築研究所
竹林を背に静かに佇む住まい 用賀の離れ 設計=井上洋介建築研究所
特集2 鈴木恂+AMS architects -構想の軌跡-
「構想」について 文=鈴木恂
CHH JOH NAH GAH KIH SIH UNM HAH MOH GEH GOH DEH ATL PEH 設計=鈴木恂+AMS architects
「住居の構想」にむけて 文=内木博喜
KOV GLH TAV ISV  設計=鈴木恂+内木博喜/AMS architects
鈴木恂+AMS architects 住居系計画全リスト
特別記事 改修の可能性 住宅密集地に建つ家に呼吸器を設え快適な住環境を生み出す BARRACK(INSET) 改修設計=岸上勝彦+川名一吉
座談 改修の可能性を語る  岸上勝彦×川名一吉×丸山寛文 聞き手=香川貴範
感触のいい杉厚板を多用し心地良い空間をつくる #1104 改修設計=丸山寛文建築設計事務所
旧知の家具作家と工房の隣に建つ借家を共に改修 house NO WAVE 改修設計=丸山寛文建築設計事務所
近在の人が気軽に集う鍼灸院 くるりはなれ 改修設計=super architects/川名一吉
重ねられた出来事 くるりはなれ・福本商店 文=川名一吉
商店街活性化の核をつくる 福本商店 改修設計=super architects/川名一吉
次代の建築家 第13回 信貴の二階改修 改修設計=中土井宏紀建築研究所
シリーズ 研究室からフィールドへ 第44回 加子母木匠塾―その活動の足跡-
INTERIOR -Slow Building - 第32回 Nick & Nicole MIKI TAKASHIMA
手描き図面に込めた想い 第17回 広瀬鎌二の建築 その5 西都原古代生活体験館  監修・文=矢野和之+広瀬鎌二アーカイブズ研究会
書評 『教養としての建築入門』(坂牛卓 著、中央公論新社) 評者=本橋仁
イベント・ニュース
2,860円
1,900円
20年後、30年後、100年後、さらにその先に向けて、どんな建築をつくるべきか。一言でいえば、住まい手や使うひとが「愛着を持てる建築をつくること」。これに尽きるのではないだろうか。それはつくり手が果たすべき役割であり、その答として現れてくるかたちは多様だ。過去の建築が今の私たちに影響を与えているように、今の建築が、未来を生きるひとたちに何らかの影響を与えるだろう。だからこそ、建築は長い時間を見据えてつくらなければならない。



特集 住まい 100年後の風景
第1部 健やかに住まう/自然を育む石場建て  文=水野友洋
生物たちが心地よ環境を育む石場建ての民家 音楽家の家  設計=水野設計室/水野友洋
家づくりのプロセス ―石場建て・建て方・土中環境再生  文=水野友洋
茅葺きと火の暮らしを繋ぐ 愛知の茅葺き再生  改修設計=水野設計室/水野友洋
「気候風土適応住宅」を正しく理解し、地域に根差した住まいづくりを
土を使った快適な住まいを伝建地区に新築する 有松再生プロジェクト  設計=トヨダヤスシ建築設計事務所/豊田保之
土と職人を生かす  文=豊田保之
町と緑を介して繋がり、開いても閉じても心地良い住まいへ 甲府の家2  設計=伊礼智設計室
心地よさのものさしを探して  文=伊礼智
第2部 受け継がれる住まい 吉村順三と猪熊弦一郎、二人の友情が生んだ創作と交流の場 猪熊邸  設計=吉村順三
座談 吉村順三と猪熊弦一郎 生活に寄り添い、手を動かし続ける 片岡葉子・大澤悟郎・吉村隆子 聞き手=松隈洋
既存を継承し、新たな都市の風景を創造する NAH6601・GLH1209  設計=鈴木恂+内木博喜/AMS architects
大佛が愛し、文化人たちが集った茶亭を再生 旧大佛次郎茶亭  茅葺き施工=くさかんむり
鎌倉から世界を考えた文人・大佛次郎が残した 茅葺き屋根の数寄屋建築  文=岡崎麗
第3部 循環する住まい 森に生かされた新たな暮らしのはじまり ―サスティナヴィレッジ鳴子と鳴子こども園-  文=安藤邦廣
木を段階的に利用し、持続可能な暮らしを目指す サスティナヴィレッジ鳴子 配置計画=伊坂デザイン工房/伊坂重春+相羽高徳 長屋棟、戸建住宅棟、エネルギー棟設計=里山建築研究所/安藤邦廣 研修棟移築改修設計=伊坂デザイン工房/伊坂重春
木に触れ、遊び、学び、自然と共に生きる心を育む 鳴子こども園  設計=里山建築研究所/安藤邦廣
座談 東日本大震災からの復興、 森林を基盤とした持続可能な地域社会を目指して 大場隆博・大場江美・成田雅宏・菅原仁人・菅原正義・小林休・猪股純子・ 鈴木久美子・安藤邦廣・岡原玄八
木材生産の現場から―大場隆博さんに聞く
シリーズ 研究室からフィールドへ 第43回 加子母木匠塾2023
連載 INTERIOR -Open×Intimate- 第31回 Endo’s Loft MIKI TAKASHIMA
手描き図面に込めた想い 第16回 広瀬鎌二の建築 その4 SH-67  監修・文=広瀬鎌二アーカイブズ研究会
書評 『人間がいなくなった後の自然』(カル・フリン 著、木高恵子 訳、草思社) 評者=鞍田崇
イベント
プロフィール/次号予告
2,860円
1,900円
八島正年さんと八島夕子さん。2人が手がける住まいは、室内にいても庭との繋がりを感じられるような開口部や、建物にそっと寄り添うように造り付けられたベンチなど、内と外を繋ぎ、心地よい居場所がつくり出されています。「環境や状況を思うままに改造するのではなく、寄り添いながら最小限の手を加えること。その環境に点在する何か無秩序でもやもやした見えないものに秩序を与え健在させること。それが建築するという行為の理想的な姿ではないか」と八島さんは語っています。特集では環境や規模の異なる住まい3題を紹介します。



特集 八島正年・八島夕子 呼応する内外の居場所
環境にどう身を置くのか  文・スケッチ=八島正年・八島夕子
庭と共に育まれる住まい 鎌倉寺分の家  設計=八島建築設計事務
とうもろこし畑と穂高の山に囲まれて建つ 安曇野穂高の家  設計=八島建築設計事務所
大きな環境に小さな居場所を置く 野尻湖の小さな家  設計=八島建築設計事務所
特別記事 小さな住まいの哲学 築20年の白の家を訪ねて 下里の家  設計=N設計室/永田昌民
永田昌民さんが設計した「小さな家」たち  文=趙海光
十字の壁がゆるやかにそれぞれの場をつくる 森の中の浮き床  設計=きりん/武保学
小さな居場所が緑や光を取り込みながら連なる 極楽寺の家  設計=石毛正弘建築事務所
木造モダニズムと伝統技術の融合 志摩の小庭 いかだ丸太の家  設計=エムサンク_アーキテクト一級建築事務所/六浦基晴
座談 志摩に根ざした人の場所を編む 竹内千鶴×六浦基晴×東原達也×東原大地
シリーズ 森と人と建築と 第22回 思索と闘争の果てに-落日荘の今-  企画・監修=落合俊也
インタビュー 心を地球規模に広げ、体を地域に根ざす 岩崎駿介・岩崎美佐子  聞き手=落合俊也
INTERIOR -Homey ManCave- 第30回 Phillips’s Apartment  MIKI TAKASHIMA
次代の建築家 第12回 十勝の家Ⅰ  設計=HOUSE&HOUSE一級建築士事務所/須貝日出海
手書き図面に込めた想い 第15回 広瀬鎌二の建築 その3 SH-30  監修・文=広瀬鎌二アーカイブズ研究会
書評『堀口捨己建築論集』(藤岡洋保 編、岩波書店)  評者=日影良孝
イベント
プロフィール/次号予告
2,640円
1,900円
長年にわたり木造住宅を設計している三澤文子さん。味わいが増していくような木の家に住みたいと若い夫婦が相談に訪れたり、家を改修するにあたり、住まい手が長年暮らした思い入れのある家のことを書いた一冊の本を見せてくれたり、木の家づくりを通して心に残る出会いがあったという。三澤さんが木造住宅の設計で大切にしていることは、軸組をしっかり考えること、つくりが明快な真壁構法で設計すること、改修の場合は傷んでいる部分や現状の性能を細かく調査して安全で快適な住まいへと蘇らせること。こうした設計が住まい手の暮らしに寄り添い、永く受け継がれる住まいにつながる。特集では、三澤さんが手掛けた新築と改修3題を紹介する。



三澤文子の仕事 新築と改修 設計の醍醐味
木が物語を紡ぎ、住み継がれる住まい―新築と改修の住宅設計を通して
真壁構法が生み出す暮らしに寄り添うおおらかな住まい つながりの家  設計=Ms建築設計事務所/三澤文子
2階に設けた大きな窓が通りと住まいをゆるやかにつなぐ ウマハウス  設計=Ms建築設計事務所/三澤文子
在宅医の適切な改修により快適な住まいに生まれ変わる 甲賀のいえ  改修設計=Ms建築設計事務所・MSD/三澤文子
現代の土間と縁
集落のなかに佇む、重なり合う屋根の住まい 下皆川の家  設計=海發建築設計事務所/海發伸弘
場所性に調和する佇まいの建築 赤松の平屋  設計=岩間建築設計事務所/岩間昭憲・西口賢建築設計事務所
折り重なる庭と縁 鍋島の家  設計=TORU SHIMOKAWA architects/下川徹
築27年の大谷石の住まい 欅の家  設計=松澤穣建築設計事務所
インタビュー 考古学的視点で探る土間と火の空間  神野信
縁と土間の建築文化  文=矢ヶ崎善太郎
街に開かれた長屋の暮らし 新しいコミュニティの核となる住まい 清水の森 長屋  設計=吉村理建築設計事務所
INTERIOR -Will of the Land- 第29回 Simoncelli’s Stone House MIKI TAKASHIMA
次代の建築家 第11回 射和の家  設計=原田建築設計舎/原田知幸
手書き図面に込めた想い 第14回 広瀬鎌二の建築 その2 SH-1  監修・文=広瀬鎌二アーカイブズ研究会
追悼 野沢正光さん
書評「恣意と必然の建築 大江宏の作品と思想」(石井翔大 著、鹿島出版会) 評者=磯達雄
イベント
2,640円
1,900円
「住宅建築は誰か特定の個人の制作品では断じてありません。それはその建設のために結集された人々の共有の制作品であり、ことばをかえていえば、人びとが相互に生活の場をつくりあげていく活動が生み出す集団の共同作品であり、集団の生きざまや心のありようを人びとが意識するとしないにかかわりなく表現しているものなのです。」平良敬一(『住宅建築』創刊号より)

1975年5月に創刊した『住宅建築』。創刊者の平良敬一(1926年〜2020年)は、『国際建築』『新建築』『建築知識』『都市住宅』『SD』など数々の建築雑誌の立ち上げ・書籍の刊行に携わった。500号を迎える今回の特集では、平良敬一と『住宅建築』を振り返る。
 益子義弘さん、内藤廣さん、堀部安嗣さん、布野修司さんらに想いを語っていただいた。また、これまで誌面を飾った大橋富夫さん、畑亮さん、山田脩二さんの写真を紹介する。各地の街並み、里山、住まい、人々の生活──。写真家がとらえたそれぞれの「場所」は、いまどのように映るのか。
 平良敬一と『住宅建築』の歩みを通して、これからの建築を考える。



平良敬一 建築へのパッション 平良敬一が目指す 風土が生み、育む文化としての住まい  文=益子義弘 写真=大橋富夫
対談 反逆者 平良敬一の住宅建築  内藤廣×堀部安嗣 写真=畑亮
平良敬一という建築メディア  文=布野修司 写真=山田脩二
創刊にあたって  平良敬一
私のなかの平良さん  文=木原千利
4つの庭を活かした住まい 番町の家  設計=木原千利設計工房
田園と里山の風景に溶け込む住まい 奥出雲の家  設計=中山建築設計事務所/中山大介
夫婦2人で暮らすコンパクトな雪国の住まい 高床の家  設計=吉武聖建築設計事務所
住まい塾の原型 八ヶ岳山房  設計=住まい塾/高橋修一
少年のままロマンチストであり続けた平良敬一  文=高橋修一
『住宅建築』主要記事総覧【創刊号~499号】
特別記事 極北に生きる  写真・文=園原徹
特別記事 すわ製作所の20年 里山と共に生きる新しい共同体の芽生え  文=眞田大輔
対談 山間地域を拠り所として“待つ”が埋め込まれた世界を取り戻す  内山節×眞田大輔
INTERIOR -Architect’s Life Work- 第28回 Salvato Mill  MIKITAKASHIMA
次代の建築家  第10回 明星の家  設計=湯谷建築設計/湯谷紘介・湯谷麻衣
手描き図面に込めた想い  第13回 広瀬鎌二の建築 その1 肆木の家  監修・文=広瀬鎌二アーカイブズ研究会
追悼 師・増田一眞を悼む  文=山田憲明
追悼 杉坂智男とFIC住宅  文=落合俊也
書評 『建築を愛しなさい』(ジオ・ポンティ 著、大石敏雄 訳、美術出版社) 『ふりかえれば未来がある 風土に学ぶ「神楽坂建築塾」の活動』(神楽坂建築塾 編、建築資料研究社) 評者=齊藤祐子
イベント
2,640円
1,900円
住宅づくりにおいて、自然とのつながりを最も大切にしているという石井智子さん。住まい手が、空や風、草木、そこにやってくる鳥の声など自然を感じられ心地よく過ごせる家になるように、庭のデザインや、自然素材を用いた空間設計、建具や家具までトータルに設計しています。特集では、父である故・石井修さんに助言を受けながら取り組んだ初期作品の自邸「甲陽園の家」の他、二つの住まいを紹介します。年数を経て生活や住む人が変わっても「楽しんで暮らしてもらえるよう、いろんな可能性を秘めた家を設計したい」という石井さん。庭の木々は豊かに成長し、経年変化によって味わい深い住まいがつくりだされています。



特集 石井智子の仕事―自然とつながる家 /住まいと環境をトータルにデザインする  文=石井智子
子どもの成長をみまもり家族がつながる住まい 甲陽園の家  設計=美建・設計事務所/石井智子
吟味された素材と優れた技術がつくりだす快適な空間 かつらぎ町の家  設計=美建設計事務所/石井智子
自分好みに育てる住まい 柳本の家  設計=美建設計事務所/石井智子
シリーズ 地域と建築 岡山県岡山市  第4回 新しく懐かしい風景をつくる 民家と4つの茶室が重なり響きあう山居 妙見荘  設計=大角雄三設計室
特別記事 日常に寄り添う和の住まい 懐かしさを宿す住まい みたかの家  設計=日影良孝建築アトリエ
特別記事 日常に寄り添う和の住まい 一体感を生み出す大屋根と、多様な表情をつくる建具 みたか2020  設計=興津俊宏
特別記事 日常に寄り添う和の住まい 伝統的な技と素材を生かし、光を愉しむ住まいへ 西紀寺の長屋  改修設計=藤岡奈保子+藤岡建築研究室
森と人と建築と  第20回 霊性=生命性の復権  企画・監修=落合俊也
連載 次代の建築家  第9回 今伊勢の家  設計=川本達也建築設計事務所
登録有形文化財のこれから  第6回 レーモンドの空間を生徒たちの新たな居場所へ 香里ヌヴォール学院(旧聖母女学院) ルルドホール・ルルドの路  改修設計=住まい工房 集+奥田絋太朗建築事務所
阿部勤さんを悼む
イベント
書評 『小さな家の思想 方丈記を建築で読み解く』(長尾重武 著、文春新書) 評者=陣内秀信
2,640円
1,900円
台所・浴室・トイレなど、住まいにおける火と水の空間を特集する。動線を考えるうえでそれらをどう配置するか。都市部の場合は限られた面積のなかでどう納めるか、自然の豊かな土地ではその環境をどう取り込むか。そしてそこに住む人にとってどんな寸法や収納、仕上げであれば使いやすいのかなど、水廻りの設計には設計者の工夫と個性が見て取れる。とくに台所は、器や調理器具、調理する素材など住まい手の趣味・好みが反映されやすく、日々使われることで魅力が増す場所でもある。今回の特集では、住まい手の暮らしに寄り添う、健やかな火と水の場を紹介する。詳細図も多数掲載。



特集 健やかな 火廻り 水廻り
8角形の“居場所”としてのキッチン 黒水晶の家  設計=伊藤寛アトリエ
住みこなされる火と水の場 成城の家  設計=伊藤寛アトリエ
キッチンから繋がる、回遊性のある住まい 中富の家  改修設計=アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利
人の集う台形キッチン 清須のいえ  設計=赤座建築デザイン事務所/赤座伸武
中庭と吹抜けで繋がりを生み出す 刈谷のいえ  設計=赤座建築デザイン事務所/赤座伸武
身近な素材で独創的な空間をつくる 木村松本建築設計事務所の浴室・洗面・トイレ
町の職人と共につくり上げた水廻りコアのある住まい 石村邸  改修設計=石村大輔+根市拓
光の移ろう4間角の住まい 石神井の家  設計=丸山弾-スタジオ
土間と薪ストーブを囲む暮らし 成田の家  設計=里山建築研究所/安藤邦廣
column1 イエルカさんの薪ストーブ
column2 薪焚きクッキングストーブ・熱供給システム
論考・変貌する火廻り・水廻り空間  文=須崎文代
シリーズ 地域と建築 第3回 奈良県奈良市 新しく懐かしい風景をつくる
INTERIOR -Energy and Vibes- 第27回 Tariq Khan  MIKI TAKASHIMA
次代の建築家 第8回 古賀の家  設計=礒建築設計事務所/礒健介
特別記事 吉村順三の小さな山荘 旧村田別荘
書評 『白鳥健二 Sketch book day after day…』(白鳥健二著、平凡社、2022年) 評者=林昭夫
イベント
プロフィール
2,640円
1,900円
DIYで小さな家を建てたり、書斎として小屋を設けたり、在宅ワークや移住など暮らし方の変化に伴って、「小さな空間」への注目が高まっている。実際に手を動かしてつくることの楽しさが味わえること、解体・移築が容易なこともその理由だろう。日本建築史意匠を専門とする松崎照明氏によれば、元来、日本では山修行のための行者の庵や鴨長明の方丈庵、茶室など、小さな建築が重要な役割を果たしてきた。また名建築として知られる千利休の「待庵」や、コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」をはじめ、小さな空間には設計者の創意工夫が凝縮され、自然の要素を取り込んだ豊かさがある。特集では、現代の極小空間7題を紹介する。また、ジャン・プルーヴェも多数の小屋を手がけたが、2022年秋に開催され、BCC組立式住宅の実物展示などで話題となった「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」(東京都現代美術館)の山名善之氏によるレポートも掲載する。



特集 極小空間の醍醐味 /小さな家の思想  文=松崎照明
園児が初めて体験する日本建築 樹上の待庵  設計=すわ製作所/眞田大輔・西寿隆
和束町の茶畑で茶をたしなむ 組み立て茶室  設計=すわ製作所/眞田大輔・西寿隆・早川太史
2畳の茶室で非日常を楽しむ 勝福寺正庵  設計=大角雄三設計室
仲間が集い、海景に漕ぎ出す小船 SEA SCAPE CABIN  設計=トシプランニング/渡邊俊雄
ローコストで静謐な空間をつくる Sauna Hutte  設計=うがつ/藤木慶一
地域材を使い、地域の職人と共につくる KOYA  設計=環境デザインワークス/清水裕且
中庭の景色を取り込んで、伸びやかに暮らす BARN 8  設計=吉本剛建築研究室
展覧会レポート 東京都現代美術館 「ジャン・プル―ヴェ展ー椅子から建築まで」 Condtructive Imaginationの共振の輪の拡がり  文=山名義之
うなぎ漁師・建築家 髙原次郎兵衛正伸
つくる・住む・生きる場所 54帖の中庭  設計=髙原次郎兵衛正伸
小さな箱に能舞台を落とし込む Kagiyama gallery bar -賀儀山君の箱-  設計=髙原次郎兵衛正伸
尽きない箱談義―小さな箱の無限の可能性 髙原次郎兵衛正伸×賀儀山泰志×山本耕平×ストーレンマイヤー・ジョナサン
私の建築人生―自力建設、うなぎ漁師、そして船の生活  髙原次郎兵衛正伸
特別記事 生き続けるレーモンドの学び舎 香里ヌヴェール学院とノートルダム清心女子大学 寄稿・松隈洋/田村かすみ/玄田悠大/上田恭嗣
次代の建築家 第7回 Yamanone no ie  設計=FUDO/三輪直樹
手描き図面に込めた想い 第10回 林雅子の建築 その6「段床の家」  監修・文=白井克典
書評 『吉阪隆正パノラみる』(アルキテクト+北田英治 編著、建築資料研究社) 『百年の孤独』(ガルシア・マルケス 著、鼓直 訳、新潮社) 『未来のコミューンー家、家族、共存のかたち』(中谷礼仁 著、インスクリプト)  評者=齊藤祐子
イベント
2,640円
1,900円
「環境」という言葉から住まいを考えるとき、具体的にどんなことが思い浮かぶだろうか。例えば、温熱環境に配慮して住まい手が心身共に快適に暮らせる場所をつくることや、気候風土に適した素材を使い魅力的な地域の風景の一つとして住まいを考えることは大切な視点の一つと言える。そしてこれからは、住まいの中の環境だけでなく、住まいを支える大地や生物、地球そのものに目を向けることがより重要になるだろう。例えば、建築するときにできるだけゴミを出さない、長く使い続けられる素材を使う、メンテナンスや再利用がしやすいつくり方を考える、土中環境の整備を行う……。このようにさまざまな視点と広い視野で「環境」を捉え家づくりに生かすことが、住まい手にとってもより快適な住まいに繋がってゆく。今回の特集では、設計者・つくり手・住まい手の実践から「住まいと環境」を考える




建築は一本の木  矢野智徳
多様な生命を育み、共に生きる場所 屋久島の家  設計=WAKUWORKS
座談・住まいと土中環境  落合俊也×冨田亨祐×和久倫也
既存のコンクリート擁壁を活用し、健やかな環境をつくる 風土と共に育つ家  設計=パッシブデザインプラス/冨田亨祐+冨田倫世
森と人の未来をつくる木造キャビン SANU 2nd Home 河口湖 1st  設計・施工=ADX/安齋好太郎
土に還る住まいづくり 明野の高床  設計=能作文徳建築設計事務所
土間と版築を現代の住まいに 武士の家  設計=大橋建築設計工房/大橋秀三
原初的な住まいのかたちを求めて 葉山の家Ⅲ  設計=堀部安嗣建築設計事務所
人の暮らしを包み、風景の一つとなる住まい 新発田の家  設計=堀部安嗣建築設計事務所
大きな環境と小さな環境  文=堀部安嗣
特別記事 建築家・大岩剛一とわらの家
住まいと庭/山の原風景を取り込み地域材の循環をつくる 森町一宮の家  設計・施工=扇建築工房/佐藤友也
住まいと庭/緑地公園の風景に溶け込む深い軒の住まい 酒津の家  設計=トリムデザイン/稲垣年彦+大賀環子
住まいと庭/中庭が多様な場と家族を繋ぐ 箕郷町の家  設計=HIRO建築工房/伊藤昭博
INTERIOR -Work Well Each Other- 第26回 Feaster House  MIKI KAKASHIMA
手描き図面に込めた想い 第11回 林雅子の建築 その5 「崖の家」後編  監修・文=白井克典
書評 セバスチャン・サルガド+イザベル・フランク 著、中野勉 訳 『わたしの土地から大地へ』(河出書房新社、2015年)  評者=内藤廣
2,640円
1,900円
特集
宇野友明 建築のちから

「たて糸」と「よこ糸」  文=宇野友明

崖地に築かれた混構造の住まい
竹の山の家3  設計・施工=宇野友明建築事務所

樹々と共に成熟する住まい
翠松園の家3  設計・施工=宇野友明建築事務所

テラスがつくり出すファサード
城西の家  設計・施工=宇野友明建築事務所

住みこなされる鉄の箱
川名山の家  設計・施工=宇野友明建築事務所

風景と光を美しく取り込む住まい
三ヶ峯の家  設計・施工=宇野友明建築事務所

普遍的な木造の追及
よもぎ台の家  設計・施工=宇野友明建築事務所

石積みとコンクリートの融合
高峯の家  設計・施工=宇野友明建築事務所

詳細図集
宇野友明-ディテールの思考


特別記事
古民家再生と倉敷のまちづくり
―楢村徹設計室の仕事

タウンアーキテクトの可能性
―楢村徹氏の倉敷での40年の活動を通して  文=西村幸夫

故郷の建築家として生きる  文=楢村徹

「倉敷SOLA」の活性化(旧藤岡邸の再生)  設計=楢村徹設計室


連載
INTERIOR -Contemporary Artist’s Seclusion- 第25回
Noah Kalina MIKI TAKASHIMA

次代の建築家 第6回
箕面の家  設計=本岡伊藤アーキテクツ/本岡一秀+伊藤祐紀

手描き図面に込めた想い 第10回
林雅子の建築 その4
「崖の家」前編  監修・文=白井克典


書評 秋山実 写真 土田昇 解説
『鍛え造る 秋山実写真集』(みすず書房、2022年)
評者=松隈章


イベント・ニュース
プロフィール
次号予告
2,640円
1,900円
長野県安曇野市で設計活動を行う池内建築図案室の池内剛。降幡廣信の下で民家や禅寺などの改修に携わった経験を生かし、改修でも、新築でも、建築が風景のなかに溶け込み、長く使い続けられることを大切にし、自身も養蚕のためにつくられた築100年を超える建物を直しながら暮らしています。改修によって少しずつ息をふきかえし、集落のなかにあたたかな光を灯しています。
もう一つの特集は、地域によって形、葺き方などにも違いが見られる瓦。住む人の暮らしを包み、力強く美しい佇まいの瓦屋根が、その土地らしい風景をつくり出しています。



特集 池内建築図案室―暮らしの風景/気配を鎮めて、豊かに暮らす  文=池内剛/池内建築図案室
養蚕のための建物にゆっくり直しながら暮らす 池内家  改修設計・施工=池内建築図案室
森の中にひっそりと建つ納屋のような佇まい 安曇野の家  設計・施工=池内建築図案室
内外の緩やかな関係をつくる 諏訪の家  設計=池内建築図案室
100年前に移築された住まいを後世へ繋ぐ 松本の家  改修設計=池内建築図案室
特集 瓦のある風景/空に浮かべられた舟のような建築 四万十の家  設計=風憬社/梅原佑司
越屋根の風景を継承し、現代の暮らしに寄り添う 松橋の家  設計=中野晋治建築研究室
瓦屋根と板張りの外壁がつくりだす風景としての建築 上高野の家  設計=安原一成建築設計事務所
庄内の風土と共に生きる住まい 鶴岡の家  設計=中山建築設計事務所/中山大介
シリーズ 第2回 地域と建築 岡山県矢掛町 新しく懐かしい風景を創る
シリーズ 森と人と建築と 第19回 皮膚と建築―環境を統合する力 企画・監修=落合俊也
連載 INTERIOR -Texture And Structure- 第24回 Robberts Barn House  MIKI TAKASHIMA
連載 次代の建築家 第5回 香里園のH邸  設計=池田久司建築設計事務所
連載 手描き図面に込めた想い 第9回 林雅子の建築 その3 海のギャラリー  監修・文=白井克典
書評 土井善晴 著『一汁一菜でよいという提案』(新潮社、2021年) 評者=清水裕且
イベント・ニュース
プロフィール
2,640円
1,900円
杉下均建築工房の杉下均、出口佳子、お二人が手掛ける建築には「余白」のような空間があり、光を柔らかく取り入れ、人の暮らしを包みこんでくれます。「間(ま)」や「土間」「広間」などの名をもつ余白の空間は、修道院の回廊や中庭、寺院の境内のような凛とした気配も感じさせます。この空間は住まいのなかで大きな面積を占めていますが、収納スペースをしっかり設け、開口部、家具、造作などの細やかな設計によって、快適に過ごせる住まいがつくられています。お二人がさまざまな場所で出会った風景や建築の記憶から、どのような建築をつくり出してゆくのかをひも解いていきます。



特集 杉下均・出口佳子―余白を纏う
情感を編む  文=杉下均・出口佳子/杉下均建築工房
抑制された光の空間と藝術の融合 後藤昭夫藝術館  設計=杉下均建築工房
後藤昭夫と藝術館について  文=後藤黄太郎
抑制された光の空間と藝術の融合 後藤昭夫藝術館  設計=杉下均建築工房
田圃のなかに佇む陶芸家の住まい 稲沢長堤の家  設計=杉下均建築工房
柔らかな光を纏う住まい 西尾の家  設計=杉下均建築工房
それぞれの場を繋ぐ回廊と中庭 菰野の家  設計=杉下均建築工房
余白としての原点 東山の家  設計=杉下均建築工房
座談 委ねることで生まれた住まいの「余白」  「東山の家」建主・杉下均・出口佳子
シリーズ 地域と建築 長野県小川村 新しく懐かしい風景を創る
特別記事 甦る民家が創る奈良盆地の未来 吉村理建築設計事務所
シリーズ 登録有形文化財のこれから 第5回 西陣寺之内通の町家  設計=青柳憲昌+是永美樹
連載 INTERIOR -Dojo State of Mind- 第23回 Michele’s Studio  MIKI TAKASHIMA
連載 次代の建築家 第4回 小諸の家  設計=森田悠紀+古谷野裕一
連載 手描き図面に込めた想い 第8回 林雅子の建築 その2 末広がりの家  監修・文=白井克典
書評 アンドレア・ボッコ 著 多木陽介 編訳 『バーナード・ルドフスキー 生活技術のデザイナー』(鹿島出版会、2021年) 評者=木間智希
2,640円
1,900円
特集
生き続ける住まい

建築と庭、周囲との関係を解く
南禅寺疎水の住宅  設計=魚谷繁礼建築研究所

路地奥に残る6戸の長屋をひとつの住まいに再生
頭町の長屋群  設計=魚谷繁礼建築研究所

時代を超えて住み継ぐための再生
吉井の家 母屋・木小屋  設計=神家昭雄建築研究所

住まい手とともに再生した、火のある暮らしを楽しむ家
丹生川の古民家  設計=烏野建築設計室/烏野良子

京都という都市の時間を映し取る住まい
北白川のフラット  設計=IN STUDIO/小笹泉+奥村直子

個々の暮らしを積層し、生活をつくる
瀬頭の家  設計=山田伸彦建築設計事務所

[LIXIL presents]緑道の風景を取り込むRC造の住まい
柿の木坂の住宅  設計=トラフ建築設計事務所/鈴野浩一


特別記事
響きあう時と空間
門脇和正の仕事

築100年を超える町屋を時間をかけてととのえる
円居  設計=ELEPHANT design/門脇和正

円居の奥に建てた方形屋根の住まい
Z邸  設計=ELEPHANT design/門脇和正


セルフビルドパートナーの仕事
えんがわ商店 小さな暮らしの製作所

おぎはらさんの家 改修
セルフビルドパートナー=えんがわ商店/渡辺正寿

セルフビルドパートナーとは?  荻原朱美


連載
INTERIOR -Mid-Century Zen Modern- 第22回
Bran’s House  MIKI TAKASHIMA

次代の建築家 第3回
長泉町の家  設計=松永淳建築事務所

手描き図面に込めた想い 第7回
林雅子の建築 その1
斜面地に建つ家  監修・文=白井克典


書評
内藤廣著「建築の難問 新しい凡庸さのために」(みすず書房、2021年)
評者=川添善行


イベント・ニュース
プロフィール
次号予告
おすすめの購読プラン

住宅建築の内容

設計者(=建築家)と施工者、住まい手の三者をつなぐ住宅建築総合誌
住宅にかかわる専門家向けに深く掘り下げた特集で最新の住宅をビジュアルに紹介します。デザインに加えて、素材や技術に関する情報も豊富に掲載し、平面図や断面図といった基本図面からディテールまで、設計者・施工者の実務に直接役立つ詳細なデータを盛り込んでいます。また、住宅をとりまく社会状況を踏まえ、地域・風土に根差して優れた仕事をしている各地の設計者・施工者を積極的に取り上げます。

住宅建築の目次配信サービス

住宅建築最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

住宅建築の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.