週刊金曜日 発売日・バックナンバー

全892件中 886 〜 892 件を表示
509円
■ドクターハラスメント3
 大学病院は腐っている(土屋 繁裕×永井 明)

テレビや雑誌でとりあげられるようになり、
「ドクターハラスメント(患者主体でない医療の総称)」
という言葉は普及してきた。だが、医療の現場が改善されたとはとても言えない。
なかでも、医師の常識と患者の常識が最もかけはなれているのが大学病院だ。
最近ドラマなどで注目されるようになった大学病院と医局構造について、
医師と元医師に話を聞いた。

「医局廃止」は日本の医療を変えるか(矢吹 紀人)

教授を頂点とした医局講座制度を、一部の大学病院が廃止した。
それは患者のための医療を実践する、大きな改革の一歩となるのか。
今年度から廃止した弘前大学と東海大学をみた。

大学病院に「町のお医者さん」?(生坂 政臣)

診療よりも研究――そんな批判に応え、
“町のお医者さん”のように患者の話をじっくり聞く
「総合診療部」をつくった千葉大学付属病院。
問診の名手、生坂政臣部長に抱負を聞いた。

■告発文が結ぶ川越市と土屋知事
 ごみ焼却施設の闇(横田 一)

利権の温床と言われるごみ焼却施設――。
ダスキン問題でクローズアップされた埼玉県では助役が談合容疑で逮捕された川越市、
そして自民党県連事件が起きた長崎県の諫早市でも、闇の世界が広がっている。

■時代を撃つ 森 達也(インタビュー 岡田 幹治 本誌編集長)

タマちゃんに住民票をあげてしまう、
麻原彰晃(松本智津夫被告)の精神鑑定をなぜかしない――。
そんな日本社会を取り巻く曖昧さに、素直に矛盾を覚える映画監督の森達也さん。
その感性で作家活動を続ける森さんが語る日本社会とは。

■片山善博・鳥取県知事 単独インタビュー
「霞ヶ関こそ問題だ」

国と地方の税・財政のあり方を改める「三位一体の改革」の行方が危うい。
国から地方に権限も財源も移す本当の意味での地方分権の実現は、
「日本再生の起爆剤」になりうるのに、
中央の官僚たちが経済人を巻き込んで抵抗しているからだ。
東芝との「つきあい見直し」発言で注目を集めた片山善博・鳥取県知事を直撃した。
509円
■往来が途絶えた朝鮮の人たちは、いま
 平壌・咸興・端川(写真・文 伊藤 孝司)

日朝関係の悪化を理由に、日本人観光客の受け入れを3月下旬から中止している
朝鮮民主主義人民共和国。最近は入国者へ10日間のSARS(新型肺炎)
予防隔離を実施しているため、ほぼ「鎖国」状態になっている。4月24日から22日間、
平壌や咸興・端川などの地方都市を訪れた伊藤さんの写真ルポをお届けする。

[平壌]街の人々の姿は変わらない
[咸興]田んぼに赤旗がひらめく
[端川]のどかな田舎道で
[取材旅行を終えて]

■『金曜日』流スローライフのすすめ 衣(文/宮谷 史子 写真/安井 進)

「スローライフ」と聞いて、どんな暮らしを思い浮かべる? ゆっくり? のんびり?
解釈はさまざまだが、経済成長優先、効率至上主義への反省が底流にあるのは間違いない。
でもそれだけじゃなく、着る・食べる・住むという暮らしの基本が、自分自身で納得でき、
継続できるものであることが大事ではないか、と私たちは考える。
自分なりの暮らし方を探す人たちに――。
隔週掲載で、衣・食・住の3テーマについてヒントを探した。

■時代を撃つ 森巣 博(インタビュー 岡田幹治 本誌編集長)

本業はおおまじめに国際博奕打ち。
オーストラリアを拠点に「非国民栄誉賞」めざして執筆活動をし、
ナショナリズムが席巻する日本で「国家」を問う話題作を相次いで出版した森巣さんに、
最近の国内外の動きについて聞いた。

■ダスキン事件は氷山の一角
 埼玉・土屋王国をめぐる疑惑の数々(横田 一)

これまで本誌でたびたび追及してきた土屋・埼玉県政の疑惑に捜査の手が伸びた。
ものつくり大学に、埼玉スタジアム、そして国体関連施設――
談合情報や内部告発文が飛び交い、街宣車が県庁舎前で疑惑追及も始めた。
火のないところに煙は立たない。ダスキン事件は氷山の一角にすぎないのだ。
509円
■平和と人権を捨てた公明党と創価学会

自自連立政権に参加した1999年、公明党は「平和と人権の党」を誓った。
しかし、その誓いとは裏腹に、ひたすら権力を追い求めるのが今の公明党の姿だ。
国政・地方の選挙や重要法案成立の舞台裏で、
自民党に恩を売りながら自己保身と拡大を続けている。
日本を戦争のできる国に導くのが自民党なら、その舞台づくりに一役買っているのが公明党、
その最大の支持母体である「創価学会」、
そして学会トップの池田大作名誉会長といえるのではないだろうか。

与党に入り原点を忘れた
永田町の三文役者(本誌取材班)

統一地方選で「大勝利」
選挙不敗神話の虚実(横田 一)

今年の統一地方選では、公明党が擁立した候補2121人全員が当選した。
自民党と共同で推薦した候補も連戦連勝。
いまや地方議会に3400人以上の議員を送りこんでいる。
自民党でさえ、800万票といわれる学会票の威力にあらためて震撼したことだろう。

議論もされない宗教法人課税
創価学会は「聖域」(古川 利明)

小泉内閣が発足して2年余り、増えつづける財政赤字を埋めるため、
相次いで増税策を打ち出している。その一方で、
全く手のつけられることのない「聖域」が存在する。
公明党の支持母体である創価学会の利害が大きく関わっている宗教法人への課税問題だ。

拝啓 池田大作様(佐高 信)

■占領下のイラクを行く(写真・文 広河 隆一)

米英軍は、イラクでなにをしたのか。
そして、イラクの人々はいまなにを考えているのか。
およそ20日間に及ぶ取材から、予想をはるかに上回る悲惨な事実が浮かび上がった。

■多国間協議を土台に平壌宣言を甦らせよう(姜 尚 中)
 北東アジアの平和と安定のために

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と日本の対話の再開を訴えた共同声明文が、
今月8日、日韓の知識人200人の名で発表された(5ページ参照)。この取組みの中心に立った、
姜尚中・東京大学教授に日朝交渉の膠着状態を解決していく道を、語ってもらった。

■こども時間 (3)雨の記憶(森 雅之)
509円
■文部科学省が育てる“理想”の子ども
 道徳ってなあに?(木附 千晶)

文部科学省が昨年、『心のノート』を小中学校に配るなどして進めている道徳教育。
その成果か、「愛国心」を小学校の評価に取り入れる自治体まで現れた。
そもそも道徳とはなにか、道徳教育は必要なのか、背後にはどんな問題が潜んでいるのか探ってみた。

【コラム】ハリー・ポッターと『心のノート』
     修身が残っていた韓国

私が考える道徳
(『心のノート』作成担当者柴原 弘志さん/中3 遠藤 祐子・仮名/中1 坂本 優・仮名)

現場の関係者に「道徳」について聞いてみました。
あなたに「道徳」はどう見えていますか?

“国力回復”に利用される道徳教育(福田 雅章)

いま道徳教育を国が推し進めているのはなぜなのか。
日本の社会構造を支えてきたシステムを読み解くと、道徳のはたす役割が見えてくる。

■無自覚なコイズミに捧ぐ
 悪循環にはまったこの国の経済(山田 厚史×金子 勝)

いくら公的資金を点滴しても、公共事業という栄養剤を入れても、
日本経済の脈は弱まる一方。いや、むしろ容体は悪化している。
一体全体、この国の経済はどうなっているのか。
経済問題の論客2人が、金融からブッシュの戦争まで鋭く切る。

■ダイオキシン類と農薬を調査
 安全な生理用品を使っていますか?

日常生活の中で使われる化学物質の種類が増えています。
意外と忘れられがちなのが、衣類や下着、生理用品など直接皮膚や粘膜に接するもの
に含まれる有害物質です。手作りのネル生地製ナプキンの普及活動をしている市民グループが、
「有機栽培ネル生地」「無漂白ネル生地」についてどの程度「安全」なのかを検証しました。
本誌が326号(2000年8月4日)で行なった市販の生理用品の検査と比較してみると、
違いがハッキリでました。

【コラム】どんな製品を調査したの?
     TEQ(毒性等量)ってなに?
     WHO方式の計算の仕方
     素材の確かさを自分で確認しよう(角張 光子)


■第13回ルポルタージュ大賞 優秀賞
 ボートピア騒動顛末記(上)――ボートピア建設阻止を勝ち取るまで(山崎 千津子)
509円
■2003年版 騙されないための経済学(今松 英悦+岡田 幹治)
 りそな・生命保険・『日経新聞』・デフレ・株価・ゾンビ企業

新聞やテレビに経済ニュースがあふれている。
だが、扱われているのは政府や企業に都合のよい報道ばかりだ。
2兆円を超す公的資金が投入される「りそなショック」を見ても、
政府と銀行の対応を追認する論調が目立つ。
1996年の住専問題では、6850億円の公的資金投入で国会が止まった。
あの熱気がいまはない。
危機の感覚がマヒしたマスコミの報道に「騙されないための経済学」2003年版をお届けする。

【コラム】『日経』と『読売』のワンマン経営者
     繰り延べ税金資産
     株で運用される私たちの年金
     日本のゾンビ企業
     米財政赤字を支える日本

■どうぶつのお医者さんのホント(坂本 徹也)

「番犬」として主に警護の役割を担っていたひと昔前と違い、
癒しや新しい“家族”を求めて、どうぶつと暮らす人が増えている。
医療におけるインフォームド・コンセント(医師の説明と患者の同意)の徹底が叫ばれるが、
獣医療の世界も例外ではない。
大切な“家族”が医療ミスの被害に遭わないために、必要なこととは何か。

【コラム】こんな獣医療トラブルがある!
     動物病院のギモン

■有事法制 平和を創る力とは何か
 北東アジアに新しい安全保障の枠組みを(水島 朝穂)

他人を傷つけても自分さえ良ければよい
――自己中心的なナショナリズムが、有事法制に賛成する人たちの背後に見え隠れする。
平和を創るにはどうすればよいか。
有事法制の愚かさを指摘し、対案を提言する。

■イラク侵略の真実
 アメリカのメディアは死んだか? 従軍記者が見た戦争(写真・文 高橋 邦典)

米軍に従軍していた記者がアメリカに戻ってみると、自分が見てきた事実が報道されていなかった。
アメリカのメディアは戦争をどう伝えたのか。自らの体験をもとに検証する。
509円
■有事3法案成立へ ほくそ笑む自衛隊

昔も今も自衛隊は不正と疑惑の迷彩色(編集部)

防衛庁をめぐる不正や疑惑が、このところ次々に明るみに出ている。
この組織は腐っているのではないか。有事三法案が衆院を通過し、
成立が秒読みに入ったいま、自衛隊の現状にメスを入れたい。

自衛隊、安保はもういらない(前田 寿夫)

必要だから存在しているのではなく、
存在するために次から次へと「必要」だという口実を考える――。
それが、現在の自衛隊の本質だ。
しかも自衛隊を生んだ日米安保条約自体が、「日本を守る」という虚構の産物にすぎない。

戦争の加害者になることへの危惧
なぜ自治体の疑問に答えないのか(上原 公子)
船乗りは戦場の海を拒否します(平山 誠一)
民間航空は平和が前提の産業です(内田 妙子)
言論統制を懸念する民放連(編集部 平井康嗣)

誰をホゴする? 国民保護法制(松尾 高志)
いわゆる有事関連三法案の審議で「有事法制をいうなら、
なぜ一番大切な住民を保護する法律がないのか」との批判が続けられてきた。
それをかわすかのように国民保護法制の骨子が出てきたが、
その内容は本当に「国民」を「保護」するものなのだろうか。

■りそな国有化ショック 竹中平蔵の時限爆弾(山田 厚史)
今年三月にあさひ銀行と大和銀行が合併して発足したばかりの「りそなホールディングス」。
会計監査により自己資本比率が二%台へ急降下、公的資金注入の申請を余儀なくされた。
この会計ショックは、りそなだけで終わるのだろうか。

■チョムスキーが語る「イラク侵略戦争」
すべては真実を知ることから始まる

米国の犯罪行為を批判しつづけている言語学者・ノーム・チョムスキーが、
イラク侵略戦争と今後の市民活動について語ったインタビューの抄訳である。
インタビュアーは、米誌『Zマガジン』の編集長・マイケル・アルバート氏。
「アメリカ市民にはアメリカを止める責任がある」という彼の言葉は、
同じくアメリカ政府に加担した「日本」に住む私たちへのメッセージでもある。

■ JCO臨界事故から4年
東海村で桜に異変(写真・文 金瀬 胖)

茨城県東海村で、桜の花に異変が起きているのが見つかった。
林立する核施設や、99年9月の臨界事故との関連が疑われる。
人に対する影響はないのだろうか。
花たちの訴えを私たちはどう聞けばいいのだろうか。
509円
■有事法制 戦争をしたい国への道
有事法制はなぜ危険なのか(渡辺 治)

有事法制は、日本を守るどころか、ブッシュが起こす東アジアでの戦争に日本が
積極的に加担し、民間企業や地方自治体を全面的に動員する態勢をつくるものだ。
圧倒的な軍事力で米国の意に添わない小国を「なぐる側」に立つのか、
それとも平和なアジアをつくるのか。

他国を攻撃できる軍隊と化する自衛隊(前田 哲男)

有事法が制定されると自衛隊は現状より多くの権限を持つことになる。
しかしすでに「防衛」の範囲を越える行為が行なわれている。
4月21日に行なわれた空中給油訓練がその一つだ。
暴走する自衛隊の違法行為を検証する。

『朝日』から民主党まで総右傾化の舞台裏(東郷 優一)

民主党や労働組合、『朝日新聞』や有識者ら、かつての「防波堤」はすべて崩れ去り、
有事法制は成立目前だ。「総右傾化」状態のこの国で、
大詰めを迎えた有事法制をめぐる永田町の舞台裏を検証する。

私たちも反対します
有事法制は憲法を破壊する(村越 進)
「戦争よし」の心を植えつける法律(小河 義伸)
田中長野県知事も反対! 自治体が国の下請けに(編集部 伊田浩之)

■これでは病院に行けない
 保険証を返せ!(平舘 英明)

誰もが安心して医療を受けられるはずの国民皆保険制度が、崩壊の危機にさらされている。
保険料を支払えずに、国民健康保険証を取り上げられる人たちが急増しているのだ。
国保証の「義務的返還」推進で、無保険者とされた人たちの実態を追った。

国民皆保険がフイに(広井 良典)

この4月から、サラリーマンの患者自己負担割合が2割から3割に引き上げられ、
国民健康保険と同率になった。この「自己負担拡大」を核とする
医療保険制度改革は、国の政策の中で社会保障をどのように位置づけていくのか、
という基本的な「価値」の選択に関わる問題である。

■こども時間(2)「夢のプリン」(森 雅之)

■座談会
 現代史の節目となったイラク戦争(尹 健 次・梶村 太一郎・前田 朗)

国連安保理事会すら無視してイラク侵攻に走った米英軍の軍事行動は、
今後の世界にどのような影響を与えるだろうか。米軍によるバグダッド制圧直後、
この戦争がもたらすであろう現代史の転換期を語ってもらった。
おすすめの購読プラン

週刊金曜日 雑誌の内容

骨のある雑誌です。スポンサーから自立した、自由で信頼できるメディア。
1993年、広告に依存しない自由なメディアを創るため、石牟礼道子・井上ひさし・久野収・筑紫哲也・本多勝一が中心となり、多くの定期購読者を募る形で創刊されました。本当に大切な情報が見えない時代、『週刊金曜日』が、暮らしの“真実”と“羅針盤”を届けます。 ※毎週金曜日発売

週刊金曜日定期購読のプレゼント

日本国憲法ポストカード
対象購読プラン:6ヶ月・1年
今、定期購読をお申込みの方に日本国憲法ポストカードをプレゼント!
『週刊金曜日』ロゴ入りクリアファイル
対象購読プラン:6ヶ月・1年
今、定期購読をお申込みの方に『週刊金曜日』ロゴ入りクリアファイルをプレゼント!
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

週刊金曜日を買った人はこんな雑誌も買っています!

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

1 週刊文春

文藝春秋

最大
50%
OFF
送料
無料
定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:220円

最もポピュラーな大衆紙の一つ、『週刊文春』

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

2 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料

サンキュ!

2021年09月25日発売

目次: 別冊付録 1000万円貯まる家計簿手帳/特別付録 食材管理シール/人生がうまくいく 平日と休日

定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

3 サンキュ!ミニ

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

4 月刊 Hanada

飛鳥新社.

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊 Hanada

2021年09月24日発売

目次: 【独占手記!】
高市早苗 【渾身の書下ろし!】日本に生まれてよかった わが国家観と日本愛

【総力大特集  安倍・高市は本気だ!】
門田隆将  中国と対峙できるのは「高市早苗」だけ
山口敬之  安倍晋三前総理、麻生太郎副総理 令和のキングメーカーの憂鬱
先崎彰容  河野太郎は「総理の器」にあらず
山岡鉄秀  河野太郎は新しい「河野談話」を
石橋文登  菅義偉総理退陣の全舞台裏【ドキュメント】コロナに翻弄された仕事師
坂井広志  枝野幸男、断末魔 悪夢の「立憲共産党」
青山繁晴  総裁選の解体的再出発へ動いた【澄哲録片片】
有本香    女性首相誕生を阻むもの【香論乙駁】
田村秀男   新リーダーが踏まえるべき9・11の歴史【常識の経済学】
新田哲史   河野太郎パワハラ報道【ファクトチェック最前線】
堤尭×久保紘之 【蒟蒻問答】  河野太郎アブノーマル伝説!

【総力特集  アフガン崩壊は日本の危機!】
エドワード・ルトワック 帝国主義の最悪の形~実に心強い麻生太郎副総理
島田洋一  三重苦のバイデン、始動するトランプ
飯山陽   タリバン礼賛報道 偽善者たちの大嘘
長倉洋海  【現地ルポ】タリバン再来、アフガン地獄の日々
長谷川幸洋  アフガン撤退は、アメリカ失敗の集大成

【特集  ありがとう、菅総理!】
森喜朗(元総理)(聞き手:小林信也) 「無観客」でも東京オリンピック・パラリンピックに勇気を感じた
デービット・アトキンソン  類稀なる菅総理の“実行力”
藤原かずえ  菅総理退陣こそ日本の「緊急事態」

【防衛大臣インタビュー】
岸信夫(防衛大臣)(聞き手:有本香)新『防衛白書』は日本の意志

【元自衛隊幹部大討論22ページ一挙大掲載!】
櫻井よしこ×岩田清文×堂下哲郎×織田邦男 台湾・尖閣危機大討論 有事は眼前に迫っている!

【コロナ禍の真相】
長谷川学  最前線の医師が告発「コロナ人災」の犯人

【眞子様“暴走婚”の行方】
八幡和郎 眞子様の“失敗”を悠仁妃選びの教訓に

【特別寄稿】
西尾幹二  日本言論界を動かす「地下水脈」

【特別対談】
横尾忠則×みうらじゅん  人間は「未完」で生きて「未完」で死ねばいい

【英語教育への重大疑問】
帯野久美子 「流暢な」英語より、「わかりやすい」英語

【グラビア特集】
高市早苗「サッチャーになれるか」

【大反響連載!】
佐藤優  猫はなんでも知っている  首相機関が解体し、混乱が始まる
深谷隆司  一言九鼎  地盤、看板、鞄なし 政治家への道(前編)
平野レミ  私のらくらく健康法 (取材・文/笹井恵里子)
笹井恵里子  暮らしの救急箱   “コロナ不眠”に陥ったら
白澤卓二  ボケない食事   緑茶 
高田文夫  月刊Takada   上方落語ってどんなんかなぁ~
平川祐弘 一比較研究者の自伝  芳賀徹 

加地伸行 一定不易
石平 知己知彼  中国人の「日本観」の変遷(中)  
山際澄夫 左折禁止!  日本の「アフガン敗戦」!
九段靖之介 永田町コンフィデンシャル  アフガン撤退で日米の大失態
久保弾 「世界の常識を疑え」   9・11で米国が失ったもの

蛭゛芸子  電脳三面記事
河村真木  世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊
西川清史の今月この一冊
谷口智彦の今月この一冊
向井透史  早稲田古本劇場

高野ひろし  イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
小林詔司  コバヤシ鍼灸院
村西とおる  人生相談「人間だもの」
爆笑問題  日本原論

編集部から、編集長から

※休載
室谷克実  隣国のかたち
重村智計  朝鮮半島通信
みうらじゅん  シンボルズ
なべおさみ  エンドロールはまだ早い
西村眞 日本人、最期のことば

参考価格: 950円 定期購読(1年プラン)なら1冊:871円

花田紀凱責任編集!読者の「知りたい」欲求に応える強力月刊誌

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/03/26
    発売号

5 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年10月01日発売

目次: 【特集:悪夢の民主党政権を忘れるな】
■櫻井よしこ/国民が招いた日本の危機
■八木秀次/「小石河連合」なら保守は消滅か
■阿比留瑠比/国民政党とは八方美人にあらず
■松井孝治/政治停滞打破する統治機構改革を
■田村秀男/脱デフレ実現の決意表明せよ
■佐々木美恵/正当に評価されない「仕事師内閣」の実績
■森喜朗/新連載「元老の世相を斬る」~選挙は「看板」で戦うものじゃないよ
■加藤康子/脱炭素で国家滅ぶ 電気料金増は製造業つぶし

●竹田恒泰/皇室の存亡担う新内閣の重責
●山下英次/「インド太平洋憲章」日本主導で起草を
●西岡力/真実の上に立つ日韓関係を
●松崎いたる/TBSねじ伏せて〝本質〟偽る共産党
●山口芳裕/実体を伴わなかった五輪の「安心・安全」
●池谷和子/事実に基づくDV認定を

【特集:カブール陥落】
▼織田邦男/邦人救出阻む憲法の改正を
▼ズバイル・ババカルヘイル(産経新聞アフガン人通信員)/アフガニスタン脱出記 阿鼻叫喚の11日間
▼ブラーマ・チェラニー/米軍撤退で得するのは誰か
▼濱本良一/逃げ足の速さにみる中国の深い浸透
▼髙橋博史/ユーラシア大陸のへそ アフガニスタンを知る
▼高橋礼一郎/軍事優先が招いた自立喪失の悪循環

【特集:中国で起きていること】
■三浦小太郎/天の下の巨大な牢獄
■「在日ウイグル人証言録③」<証言1>エイティカル(仮名)「生き残るための苦渋」/<証言2>ムハマット「変わり果てた母」/<証言3>タランチ「収容所の外の牢獄」
■石平/習近平が始めた第二の文化大革命
■矢板明夫/北戴河会議で異変か
■山下善明/偉大なるシナ文明を抹消する中共政権

【特集:武漢ウイルスとの闘い】
●掛谷英紀/「天然起源」主張する生命科学者を監視せよ
●藤重太/台湾が鎮圧に成功したワケ

<好評連載!>
▼林 智裕/【情報災害と福島Vol.5】「ゼロリスク志向」が被災地を滅ぼす
▼宮本雅史/訥行塾⑤若手官僚らが国家のあり方を考える/安全保障の根底は「覚悟」

その他

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
50%
OFF

週刊新潮

2021年10月21日発売

目次: 【特集】
「秋篠宮」が「小室圭さん」に訣別の言葉
▼皇室としては認めないから全儀式なしで“勘当”
▼宮邸滞在時の大半は「眞子さま・圭さん」会見対策打合せ 
▼「天皇」ご希望の「朝見の儀」を無にした「殿下」
「甲府夫婦放火殺人」ネットにあふれる偽情報
「19歳生徒会長」闇の奥の“素顔”
▼犯行当日の地元紙を飾った「学園祭の雄姿」
▼被害家族「長女」に好意で「ティファニー」贈り物
▼LINEブロックに「殺意」暴発で「一家4人を殺す」
▼父親の「窃盗逮捕」で「両親離婚」「不登校」
常在戦場「永田町」の怪談
「ポエム進次郎」の次は「オカルト」で環境省“戦々恐々”
「山口壯」大臣が「武田良太」前総務大臣を呪い殺す
◆「高市早苗」に嫉妬で“安倍元総理に押しかけ女房”「片山さつき」
◆人寄せパンダで酷使される「小泉進次郎」「河野太郎」の悲哀
前統合幕僚長が警鐘
中国は確実に「台湾に侵攻」する
前統合幕僚長 河野克俊
▼「毛沢東」超え「習近平」の「台湾制圧シナリオ」
▼沖縄の海は戦場と化す
▼1250発の核ミサイルは日本全土が射程内
「首都直下型」震度7でどうなる!? 
「地質地盤図」は警告していた!
大揺れ首都圏地下の「埋没谷」に警戒せよ
▼規模は「震度5強」の30倍
▼三次元マップ活用 居住地の地盤を知って危機に備える
▼被害を8割減らす対処法
【ワイド】アホか。
(1)視聴率女「米倉涼子」「沢口靖子」はなぜ失敗しない?
(2)「DAZN」独占で「サッカー代表」を応援できなくていいのか
(3)魅力ランク「群馬44位に法的措置」って正気か「山本一太知事」
(4)「スーパーマンはバイセクシャル」への違和感
(5)10連敗でも“永久政権”「原監督」暴走を誰も止められない
主婦のカリスマ 「超高級食材店」バイヤーが伝授
「食で体に投資」の「買い物術」
スマイルサークル代表取締役 岩城紀子
▼健康長寿を損ねる「食品添加物大国ニッポン」
▼「減塩」「カロリーゼロ」に騙されない「調味料」選び
▼新鮮を装う「卵」「牛乳」の見分け方
▼「自社製品は食べない」食品メーカーから聞いた「恐ろしい裏話」
「緊張型」「片頭痛」…… 「頭痛持ち」4000万人
地獄の痛みから解放される最新治療
▽発生のメカニズムは? 「頭痛ダイアリー」でタイプ見極めが重要
▽「人知れず苦悩」を劇的緩和の「注射薬」
◆宇崎竜童 金づちで打ちつけられる苦痛と“50年戦争”
◆雛形あきこ 幼少期から所構わず発作
◆渡辺美奈代 痛みで台風接近を感知「気象予報士になれそう」
■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
生き抜くヒント!/五木寛之
変見自在/高山正之
十字路が見える/北方謙三
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
だんだん蜜味/壇 蜜
誰の味方でもありません/古市憲寿
私の週間食卓日記/戸梶 歩
TVふうーん録/吉田 潮
この連載はミスリードです/中川淳一郎
医の中の蛙/里見清一
人生で必要な英語はすべて病院で学んだ/加藤友朗
アスリート列伝 覚醒の時/小林信也
それでも日々はつづくから/燃え殻
人間、この不都合な生きもの/橘 玲
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
夏裘冬扇/片山杜秀
「昭和歌謡」残響伝/タブレット純
俺は健康にふりまわされている/宮川サトシ
佐藤優の頂上対決 舟橋正剛 シヤチハタ代表取締役社長
■■■ MONEY ■■■
「外階段崩落アパート」の「手抜き工事」社長は“愛人”と潜伏中
■■■ テンポ ■■■
▼ロビー/「Dappi」と自民党の線
▼ビジネス/「OKストア」不行状物語
▼タウン/回収“950丁”は氷山の一角
▼スポーツ/森保ジャパン「呪われた2列目」
▼エンタメ/『日本沈没』温暖化で大地震!?
▼グルメ ▼スクリーン  ▼テレビジョン ▼ガイド 
Bookwormの読書万巻/黒鉄ヒロシ
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘
▼文殊のストレッチ ▼掲示板
■■■ 小 説 ■■■
燐光の家【新連載】/伊与原 新
奈落の子/真藤順丈
あの子とQ/万城目 学
黒い報告書/蜂谷 涼
■■■ グラビア ■■■
・優越感具現化カタログ
・産地直送「おうちごはん」
・ディープ「みんぱく」探検隊

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:230円

文芸出版社から発行される総合週刊誌

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊WiLL(マンスリーウイル)

2021年09月27日発売

目次: ◎高市早苗“旋風"!
■高市早苗・門田隆将…高市さん、日本を中国から救ってください
■百田尚樹・井沢元彦…危機のリーダーは“鉄の女"高市早苗!
■阿比留瑠比…本質は保守vs.リベラル 天王山の戦い
■石平・岩田温…「河野談話」を否定できない河野太郎は中国のカモ
■奈良林直…隠してもダメ 河野太郎は反原発“原理主義者(タリバン)"
■氷川貴之…派閥の効能も知らない“ひよっこ"の跳梁(ちょうりょう)

◎中国に負けるな
■櫻井よしこ・飯山陽…狂暴・中華帝国とイスラム帝国は自由の敵!
■岸信夫(聞き手:渡邉哲也)…中国の脅威に備える
■清水ともみ…身近に忍び寄る中国の魔手

◎菅政権の功績
■髙橋洋一・上念司…ワクチン接種は菅さんの大手柄
■白川司…菅総理は鬼神のごとき仕事師だった

◎コロナの闇
■上昌広…病床ガラ空き コロナ患者を見捨てる尾身茂分科会会長
■武田邦彦…“赤ひげ先生"はもういないのか

◎米国の現在(いま)
■藤井厳喜・古田博司…米国で起きている文化大革命の黒幕

◎根深く存在するマルキシズム
■田中秀臣・山形浩生…上級市民が説く「いまこそマルクス」に気をつけよう
■藤岡信勝・朝香豊…僕らのマルクス体験 終ればスッキリ

◎アフガン危機
■髙山正之…昨今の日本の外交官はすぐ逃げる
■猫組長…アフガンの麻薬ビジネスは米国から中国の手に
■浜田和幸…大国がハマるアフガンの泥沼
■孫向文…中国・タリバンはともに盗賊国家

◎韓国の切迫
■松木國俊…「慰安婦」で韓国に警鐘 金柄憲 命がけの挑戦
■大原浩…ストーカー韓国への反転戦略
■喜多由浩・金文学…和の日本、情の韓国、闘の中国

◎米保守重鎮が証言
■江崎道朗…日米戦争の仕掛人はルーズヴェルト

◎本当にいいのか!?
■竹内久美子・橋本琴絵…皇族に恋愛の自由はない

◎多文化共生時代と言いながら…
■織田哲司…「国語こそわが祖国」がわからない東大教授

◎日米で出版され
■岩田温・施光恒…ナショナリズムの美徳

◎エネルギー問題
■杉山大志…空虚な脱炭素より原発再稼働を

◎集中連載9
■渡辺惣樹…ウッドロー・ウィルソンのウソ

◎グラビア
現代写真家シリーズ…宮嶋茂樹「不毛のアフガニスタン ―仁義なき戦い―」
ニッポンの城…外川淳「日本一近世城郭の多い都道府県は? 」

◎エッセイ
■古田博司…《たたかうエピクロス》宗教の深いところをサラッと語ろう
■和田政宗…《独眼竜・政宗の国会通信》新総裁が継承すべき安倍・菅政権のレガシー
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》アフガニスタン危機はアラブの春の再来か
■西岡力…《月報 朝鮮半島》拉致問題 次期政権に望む四カ条
■中村彰彦…《歴史の足音》張作霖の虫歯と「会津の独眼竜」
■KAZUYA…《KAZUYAのつぶやき》自民党の「顔」決めで野党は虫の息?
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
■居島一平…《特別版! 我に還らず》病牀六尺
ほか

参考価格: 950円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:475円

大人の常識。オトナが発信する、オトナが読める、オトナのための雑誌。

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/03/26
    発売号

8 anan(アンアン)

マガジンハウス

最大
14%
OFF
参考価格: 550円

女子が気になる話題は全部ananのテーマです。セックスからマナーまで 女性のためのトレンドを発信するファッション誌

  • 2021/10/13
    発売号

  • 2021/10/06
    発売号

  • 2021/09/29
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/09/08
    発売号

9 毎日が発見

毎日が発見

最大
30%
OFF
送料
無料
参考価格: 792円 定期購読(3年プラン)なら1冊:552円

楽しく健やかな「50代から始まる新しい人生」のために

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/04/28
    発売号

  • 2021/03/28
    発売号

週刊金曜日の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌