建設機械 発売日・バックナンバー

全195件中 31 〜 45 件を表示
2,178円
■特集:建設機械レンタル業の動向と各社の製品
○街路樹の切株及び横根を切削し伐根する技術/㈱アクティオ/小林 宏
我が国の街路樹には、高度成長期(1955~ 1973年)に植栽されたものが多い。寿命を迎えたうえに地上の環境の劣悪さが拍車をかけ、樹木の倒木による事故が頻出し、各自治体では街路樹の撤去を進めている。本稿では、樹木の撤去に伴作業に伴うコスト、安全性などさまざまな諸問題を解決するために開発した当社の回転切削式伐根用バックホウアタッチメント「根こそぎ切るソー」について紹介する。

○法面整形作業での機械施工の効率化/㈱カナモト/笹原 久之/㈱佐藤工務店/大和田弘光
国土交通省は昨年度より、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指すi-Constructionを推進している。しかし現状では、高コストで費用対効果が出にくく、用途に応じた3次元データの装備に多大な時間を要するなどの問題が顕在化している。本稿では、これらの課題を解決する新しい技術として、法面整形作業で効率的な働きが期待できるE三Sについて紹介する。

○幅員が狭い橋梁の点検等に適した移動式検査路の開発/(一社)日本メンテナンスエンジニアリング研究所/牧角 龍憲/エスイーリペア㈱/村上 俊明/西尾レントオール㈱/藤田 全彦
橋梁下面の調査・点検・補修工事では橋梁点検車による施工が一般的となっているが、設置・撤去が短時間で可能となり使用中は交通を解放できる移動式検査路「ブリッジハンガー」を開発したので紹介する。

○環境・減災・防災に貢献する建設機械/㈱キナン/伊藤 隆博
南海トラフ地震・首都直下地震などの大地震に備えての地盤基礎強固、護岸工事、防災工やリニア開通に伴う開発工事、東京オリンピック開催による基礎工事等、パーカッションドリルの役割は重要であると考えられる。当社は、パーカッションドリルのレンタルを始めて20年以上の経験から培われた高い専門性と確かな実績により、今後とも環境・減災・防災に貢献できる企業でありたい考えている。本稿では、防災・減災工事で使用される当社のパーカッションドリルについてその特徴や役割について紹介する。

○革新的なICT油圧ショベルでユーザーの問題を解決/日立建機㈱/谷村 公輔
当社が開発したICT油圧ショベルZX200X-6は、国土交通省が推進するi-Constructionに対応しており、従来の建設現場で行われていた丁張りや検測作業などの作業工程を大幅に削減、工期の大幅な短縮を図ることができ、ユーザーの現場の安全性や生産性の向上に貢献する。本稿では、同製品の特長や概要について紹介する。

○ICT建機による生産性と安全性の向上/住友建機㈱/泉川 岳哉
当社は特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(オフロード法)2014年基準に適合し、また国土交通省が推進するi-Constructionを始めとするICT施工に対応可能なICT油圧ショベルSH200-7 MG・MC仕様機を開発した。本稿では、その概要について紹介する。

○中小規模現場の生産性向上を目指して/コベルコ建機㈱/小見山昌之
中小規模の建設現場では、「i-Construction」導入のコスト負担に対する投資回収の困難を伴い、今後の更なる普及が課題である。当社では、ミニショベルを含む中小規模現場で使用される機械を主な対象として安価で容易に装着できる2Dマシンガイダンス「i-Dig」をディーラオプションとして設定した。本稿では、この「i-Dig」システムの特徴やレンタル事業への活用有効性について紹介する。

○トラック式高所作業車の法規制改正に伴う製品動向/㈱タダノ/木村 輝一
環境保全や安全確保に関する社会的な規制が次第に強化される中で、排出ガス規制や免許制度改正などトラックに関する法規改正があり、高所作業車をはじめとする特装車メーカーの製品開発に影響が出てきている。本稿では、こうした排出ガス規制や運転免許制度改正等の法規制に伴う高所作業車の製品動向と、当社における近年高所作業車に採用した新機能について紹介する。

○最新機能を有したエンジン発電機/デンヨー㈱/廣井 亨
国土交通省では工事現場における「低騒音」、「超低騒音」などの騒音基準レベルを作り、その基準に達した機械を指定し条例に対応して使用されている。本稿では、騒音を大幅に抑えたエンジン発電機、三相交流電源と単相交流電源の2種類の電源を同時に出力することができるエンジン発電機、及び燃料消費量を大幅に抑えることができるハイブリッド発電機を紹介する。

○ユーザーの利益に貢献するレンタル製品/㈱やまびこ/青野 明
「開発・生産・営業・サービス」までを一貫した体制で取り組むメーカーとして、高付加価値の新製品を中心とした当社製品の認知度・理解度の向上を図りながら、ユーザーに付加価値を提供していくことに重点を置いている。

■技術資料
○大規模土工事における地上設置型合成開口レーダを利用したのり面計測事例/安藤ハザマ/中谷 匡志
熊本地震復興工事における、大規模土工事の切土法面計測に地上設置型合成開口レーダ(Ground Based Synthetic ApertureRadar)を適用し、同時期に実施したGNSS計測との比較を行ったところ、同程度の変位検知精度を有することを確認した。

○バヌアツ共和国における国際多目的埠頭整備工事/東亜建設工業㈱/東谷雄一朗
バヌアツ共和国における国際多目的埠頭整備工事では、現地で入手可能な資機材が非常に少ない上に、建設現場での経験がない現地労働者が大半を占め、工種ごとの安全管理規則、各工具の使い方、コンクリートの打設方法などの教育を継続した。粘り強く取り組み、作業員の現場への理解・技術も向上し、最終的にはユーザーが満足できるような作品を完成できた。当該プロジェクトの全貌について、工法や建設機械の観点から纏めた。

○遠隔操縦式水陸両用大型バックホウ/青木あすなろ建設㈱/飯塚 尚史・馬欠場真樹・小笠原 司
遠隔操縦式水陸両用大型バックホウは、浅水域を作業領域とする無線遠隔操縦式水陸両用機械である。当社は、独自に開発した同機と既に保有する遠隔操縦式水陸両用ブルドーザを駆使し、東日本大震災で被災した海岸保全施設の復旧工事を行った。本稿では、同機の開発過程と災害復旧工事事例を紹介する。

■製品紹介
○大深度立坑用掘削土砂垂直搬送コンベヤ「スパイラル式バーチカルコンベヤ」/古河産機システムズ㈱/片股 博美・北澤 剛・横幕 歩・藤掛 旭久

■業界情報
○2018年3月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:国土交通省 公共工事等における新技術活用システムの概要
○公共工事等における新技術活用の取り組み/国土交通省/渡邉 賢一
当省では、有用な新技術の積極的な活用を推進することで、公共工事のコスト縮減や品質向上を図り、新技術の更なる改善を促進するための仕組みとして、2001年度からNETIS(新技術情報提供システム)を運用している。本稿では、公共工事等における新技術活用システムの取り組みについて紹介する。

○RASコラム工法と最近の技術/ライト工業㈱/宇梶 伸・宮川 充
RASコラム工法および最近の技術としてGNSSステアリングシステムと3D-ViMaのシステムを紹介する。

○浚渫発生土抑制および環境対応型グラブ浚渫工法/関門港湾建設㈱/末永 正治
港湾、航路、沿岸等の開発事業では、グラブバケットによる海底土砂の浚渫が重要な作業である。大型のグラブ浚渫船が次々と開発されてきた中で、大水深、急潮流、硬土盤に対応し、浚渫精度の向上が絶えず求められてきた。当社は水平掘削技法を逸早く取り入れつつ、取りこぼしを極力をなくすために刃先部が直線状にした平バケットを採用した。本稿では、環境対応に優れた浚渫発生土抑制型グラブ浚渫工法について紹介する。

■技術資料
○九州の豊かな未来を築くための社会資本/九州大学/塚原 健一
筆者は、人口・経済規模の小ささや低需要といった近視眼的な視点ゆえに、九州における発展の可能性が閉ざされているのではないかと懸念する。その時、その時点での近視眼的な判断に依らず、長期的・大局的視野から開発を行い成功させた事例は、歴史や世界に無数存在する。本稿では、そのような視点から、真に将来の九州に必要な社会資本を議論すべきではないかと警鐘した。

○市町村における橋梁モニタリングのあり方/岐阜大学/国枝 稔
日本コンクリート工学会中部支部では「実大コンクリート構造物を利用したモニタリング研究委員会」を設置し、2年間(平成24~ 25年)活動を行った。本稿では、その委員会での議論を基に市町村における橋梁モニタリングの現状と将来展望について述べ、簡易にモニタリングするツールの例を紹介する。

○AR技術を活用した施工管理の未来/㈱大林組/田島 僚
i-Constructionが始まり、3年目に突入している。UAVやICT建機を用いた施工は非常に生産性を向上させている。一方で現場の施工管理方法については、従来の管理方法に頼らざるを得ない状況が続いている。今後さらに生産性向上を推進していくためには新しい施工管理方法が必要となる。そのためのツールの一つがAR(拡張現実)である。

○大容量・低リバウンド吹付けコンクリート/安藤ハザマ/多宝 徹
山岳トンネルで用いられる吹付けコンクリートは、施工条件に左右されず、掘削後すぐの地山に密着して施工できることから、多用されている。今回、吹付けコンクリートの施工の倍速化を目指した開発を行い、実施工レベルで良好な結果を得たので紹介する。

○音響管付二重防音壁「サイトピアニシモ」/㈱大林組/前田 章
音響管付二重防音壁「サイトピアニシモ」は、二重の防音壁とその上部に音響管を装備した防音壁である。その騒音低減効果は、①音響管による干渉効果、②二重回折、③防音壁の二重化による透過損失の増加により、向上する。

○橋梁点検ロボットカメラのモニタリングへの適用/三井住友建設㈱/梅津 健司・藤原 保久/㈱日立産業制御ソリューションズ/丹野 浩二
橋梁点検ロボットカメラを定期監視型モニタリングに適用するにあたり、画像の色調補正技術、点検カメラの位置情報、Webシステムデータベースの技術を整備して付加し、従来の定期点検に対し、データの客観性、連続性を向上させた方式とした。本稿では、それらについて紹介する。

○スマートフォンを用いたコンクリート表層品質のAI画像診断/日本国土開発㈱/佐野 健彦・佐原 晴也/㈱科学情報システムズ/武田 祐二
コンクリート構造物の表層部分の品質確保に関する取り組みに対して、スマートフォンによるコンクリート表層品質のAI画像診断を活用したコンクリート表層品質評価システムの開発を行った。このシステムは、調査者の技量および経験に左右されない客観的な評価を行うことを可能にした。

○大断面トンネル高速施工を実現した坑内ICT技術/前田建設工業㈱/賀川 昌純
東日本大震災復興道路事業の一環として整備が進む三陸沿岸道路のうち、最長トンネルとなる延長3,330mの長大トンネル工事を一日も早く完成させるため、想定される技術的課題を克服すべく、さまざまな最先端ICT技術を導入して取り組んできた大断面トンネル高速施工技術を紹介する。

○遠隔操縦型・水陸両用型水中バックホウ/東亜建設工業㈱/米光 柾貴
潜水士の安全性や施工能力の向上を実現すべく、「イエローマジック7号」「イエローマジック8号」を開発し、これまでに国内の様々な水中土木工事に導入してきた。本稿では、水中バックホウの有効性を施工事例とともに紹介する。

○次世代型ビーコンによる作業員等の可視化/㈱大本組/橘 伸一・佐藤 浩郁/㈱WHERE/藤島 伸吾
本技術は、小型・軽量なモバイル用ビーコンを携帯した入場者等が次世代型ビーコンの電波が届く範囲にくればゲートウェイを通じてクラウドに自動的にデータが集約され、そのデータから入場者等の位置情報を特定し可視化する。

○IoTを活用した建設機械用アタッチメントの稼動管理システム(TO-MS)/東空販売㈱/井手 紀行
昨今の建設機械において既に市場導入されている稼働管理システムに対し、建機に搭載されるアタッチメントにおいても同様に稼働管理を行い、建機+アタッチメントのトータルで管理したいというニーズが高まってきた。そこでこのニーズを満たすTO-MS(TOKU ManagementSystem)の開発にチャレンジした。本開発は、このニーズを具現化するために始めたものであり、未だ課題をかかえた開発途上ではあるが、IoT並びにAIを活用する事で実用化の目途がたったので、本稿でその具体的な内容を紹介する。

■話題の工法
○土砂地山におけるネオレトロな山岳トンネルの補助工法/戸田建設㈱/内藤 将史/古河ロックドリル㈱/長谷部健司
フォアプレート工法は、山岳トンネル工事の汎用機であるドリルジャンボのガイドセル(削孔機構部)に特殊改良を加えた鉄矢木打撃装置を用いて、削孔水を使用せずに天端斜め前方に鉄矢木を打設するものである。

■業界情報
○2018年2月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:建造物の解体・リニューアル技術
○プラント解体工事に革命をもたらすデジタル破壊/神戸大学/栗木 契
ベステラ㈱は、プラント解体工事のなかでも施工計画や施工管理などのマネジメント領域に業務を特化してきた。同社は自らが開発したセンサー、ロボティクス、画像処理などのデジタル技術を活用することによって、解体や更新の工事の現場を変えてきた。本稿では、同社の「リンゴ皮むき工法」と「3次元計測」を紹介する。

○SD工法によるコンクリート解体工法/㈱奥村組/原田 竜也
老朽化した水力発電所の改修を、SD工法によるコンクリート解体工法を適用し発電停止を行うことなく実施した。本稿では、老朽化した発電機を取り替えるにあたり、基礎コンクリート取壊しに本工法を適用した事例について紹介する。

○都市鉄道のカルバートトンネルを対象とした断面修復工法/飛島建設㈱/平間 昭信・川端 康夫/阪急電鉄㈱/福井賢一郎/デンカ㈱/山岸 隆典
高度成長期を経て、これまで多量に建設されたコンクリート構造物の合理的な維持管理が必要となっており、近年においては地下鉄などの鉄道トンネルでのコンクリート劣化が問題となっている。鉄道トンネルの断面修復工事では、電車が止まっている夜間での工事であることから、施工終了から供用までの時間が短い。このことから、断面修復材には良好な強度発現とともに、確実な施工が求められる。本稿では、練り混ぜたモルタルに硬化促進剤を混合させて吹き付ける断面修復工法を鉄道トンネルの補修に適用するために、室内実験やフィールド実験を行い、材齢初期における断面修復材の強度発現性状を改善した内容について報告する。開発した断面修復工法では、急硬材および硬化促進剤などを適切に組み合わせることにより、コテ仕上げ可能時間15分を確保しつつ、材齢3時間では5N/mm 2を超える圧縮強度を得られることを確認できた。

■技術資料
○建物の不快な振動を低減する制振技術/㈱竹中工務店/松下 仁士
膜型圧電セラミックスという特殊材料をアクチュエータとして鉄骨部材の両端部に配置し、その推力を用いて振動を抑制するアクティブ制振技術を開発した。小型デバイスを局所的に配置する構成であるため、既存建物への適用やデザインに配慮した鉄骨部材の設計が可能となる。

○建物の安全性即時診断システム/前田建設工業㈱/森下 真行・齊藤 芳人・龍神 弘明
地震に対する事業継続性の初動対応では、建物の継続利用の可否判断が求められる。本稿では、1ヶ所の地震計の情報を基に建物の安全性を評価し、診断結果を即時に自動発信する一貫システムを開発したので紹介する。

○山留め柱列壁工法の出来形計測システム/㈱竹中工務店/濱田 幸弘
地下工事で重要な役割を担う山留め壁の出来形を、高コストな専用機に頼ることのなく汎用機械に取り付ける計測器で簡易かつ高精度に計測する手法を確立し、不具合箇所への前処置を可能とした。

○スマートデバイスを活用した杭施工記録システム/㈱鴻池組/波多野 純・矢部 洋
杭施工時の記録を漏れなく確実にスマートデバイスにより効率よく記録できるシステムを開発した。本稿では、日建連から発行された「既製コンクリート杭施工管理指針」に準拠し、現場ニーズに応えるべく開発したものを紹介する。

○再生骨材コンクリートの実用化と適用拡大に向けた取り組み/五洋建設㈱/高橋 祐一
筆者らは、これまでに再生骨材コンクリートの普及を図ることを目的に、再生骨材Mに着目して検討を行ってきた。本稿では、再生骨材の製造方法や品質の相違点、ならびに、再生骨材Mを用いたコンクリートの適用事例について紹介する。

○ICT、AIを活用した建設現場へのサービス展開/コマツ/大西 喜之
建設業界で懸念されている労働力不足を解消するために、現在i-Construction推進の必要性が高まっている。そうした業界の潮流に対応すべく、当社独自の展開をみせるスマートコンストラクション。本稿では、ICT、AIなどの新たな技術を効率的に駆使することで、当社がどのように生産性向上を展開しているか紹介する。

○地上型三次元レーザースキャナによる森林計測/㈱woodinfo/中村 裕幸
我が国の木材の蓄積量は年々増加しており、林業は地域経済の基盤にも繋がる潜在的な可能性を秘めているが、林業従事者が減少するなど様々な労働問題を抱えている。そうした諸問題を解決するために、仕事量の決定と森林のデータ化が必要であるとの認識に立脚し、我々は地上型三次元レーザスキャナを使った森林の3D地図作成システム“Digital Forest”を開発した。同システムには、林業再生に向けて重要な役割が期待される。

■話題の工法
○外側耐震補強工法の新展開/安藤ハザマ/牧田 敏郎・松浦 恒久・田畑 卓
建物外側から施工可能な耐震補強技術として、既存躯体との取り付け部をピン接合とした鉄骨造補強フレームによるKey Grid構法と、騒音・振動の発生を抑制できる、あと施工アンカーの代替工法のTrench-A工法を紹介した。

○掘削土砂定量供給装置の開発・現場導入/東急建設㈱/大峰 秀之
逆打ち工法における地下掘削土砂を効率よく搬出し、1階の車両導線を確保して地上工事への影響を少なくする装置を開発したので紹介する。

○高軸力に対応可能な場所打ち杭工法/㈱長谷工コーポレーション/沼本 大輝・太田 雄介
近年建物の高層化に伴い、杭が負担する軸力が大きくなり、地震時に大きな押込み力と引抜き力が生じる。今回当社では、拡底部の引抜き抵抗力、中間拡径部の押込み支持力および引抜き抵抗力を合理的に評価できる杭工法を開発した。

○低炭素循環社会に貢献する無排泥粘土遮水壁工法/ライト工業㈱/宇梶 伸・池田幸一郎
当社の無排泥粘土遮水壁工法は、セメントを用いる工法に比べてCO 2発生量を削減できる環境に優しい工法で、河川分野や環境分野にて高い遮水性能を提供できる。本稿では、その要諦をまとめる。

■業界情報
○2018年1月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:多岐にわたるIoTを活用した生産性向上
○新しい流れに沿ったコンクリート管理手法/大成建設㈱/橋詰 幸信
i-Constructionで提唱された生コン伝票電子化に対応したコンクリート打設管理システムを開発し実施工で有効性を検証した。プラントでの練混ぜ状況をリアルタイムに把握することでよりフレッシュなコンクリート打設を可能とした。

○ICT導入によるグラブ浚渫の生産性向上/東洋建設㈱/横山 浩司
グラブ浚渫施工管理システムは「3D浚渫施工管理システム」と「3Dグラブバケット」で構成され、グラブ浚渫の高精度化と効率化を図る。本稿では、その他港湾工事でICTを活用した自動化の取り組みを紹介する。

○4Dソナーシステムを使用した水中施工管理/五洋建設㈱/樋渡 和朗
近年、海洋土木分野において就労人口が減少し、今後高齢者の離職など労働力が大きく不足すると予想され、生産性の向上が急務である。ICT施工技術は、作業時間の短縮や作業人員の削減を図ることができ、これらの問題解決に有効である。当社ではICT施工技術の一環として、4Dソナーシステムの開発を2003年より行い、2011年より実施工に適用してきた。本稿では、浚渫工に代表される水中施工に4Dソナーシステムを導入し、作業効率の向上を図った事例を紹介する。

○ICTを駆使した鉱山ソリューションビジネスのグローバル展開/日立建機㈱/古野 義紀
近年、浮上してきた労働人口の減少と都市部への労働者集中等の問題に対し、鉱山業界ではデジタル化されたシステムを早い段階から導入し解決に取り組んできた。本稿では、生産性向上、安全性向上、ライフサイクルコスト低減の三つの視点から、露天掘り鉱山を対象とした運行管理システムや鉱山機械の紹介と、自律運転を含む今後の展開について纏めた。

○IoT技術を活用した工事用機械遠隔監視技術/㈱竹中工務店/永田 幸平
タワークレーン、工事用エレベータ等の工事用機械をIoT技術を用いて遠隔監視できるシステムを構築した。

○スマートフォンによる道路舗装維持管理の支援/㈱富士通交通・道路データサービス/ 佐々木 博
スマートフォンを活用することで舗装の平坦性を安価かつ効率的に評価でき、またパトロール報告書を素早くに自動作成できる「道路パトロール支援サービス」の技術を紹介する。

■特集:のり面・傾斜面で活用される機械と工法
○地球環境に考慮したのり面・斜面対策/㈱ケー・エフ・シー/三福 純平
「MAI 440GE」は小規模かつ簡易的なプラント設備での吹き付け作業を可能とし、作業人員の削減に加えて二酸化炭素の排出などの環境負荷の低減を図ることができるシステムである。本稿では、さまざまな面で威力を発揮する同システムの機能の高さや安全性について解説する。

○ソイルネイリング工法による既設擁壁補強の施工事例/三信建設工業㈱/原田 良信・篠原 洋子
狭隘な都市部の防災対策として、既存斜面の安定化や切土による急勾配のり面の形成などに適用されている地山補強土工法が効果的である。本稿では、地山補強土工法の一つであるソイルネイリング工の設計・施工の概要、および既設擁壁補強の代表的な実施例について紹介する。

○斜面防災機能と自然回復機能を両立させた自然侵入促進工/東興ジオテック㈱/吉田 寛
斜面防災と自然回復という法面保護工として重要な二つの機能を併せ持つ法面緑化技術として、無植生状態でも侵食を受けない「高耐久性生育基盤」と、飛来種子を効率よく捕捉する立体構造の「種子定着促進ネット」を組み合わせた自然侵入促進工「レミフォレスト工法」を紹介する。

■技術資料
○新橋駅改良工事におけるレンガアーチ高架橋の耐震補強/鉄建建設㈱/山田 宣彦
レンガアーチ高架橋は新橋駅が開業してから100年以上供用されている構造物である。駅改良工事では、レンガアーチをSRC高架橋への改築を行い、耐震対策を施すとともに、南北に分断されているコンコースを一体化している。本稿では、高架橋の耐震補強対策を含めた改築計画および施工実績について紹介する。

○連続繊維シートによる補修・補強工法/大成建設㈱/河村 圭亮
コンクリート構造物の補修・補強工法の一つである人力施工が可能な連続繊維シート接着工法について、その概要や特徴を述べる。さらに、本工法をプレキャスト化して開発した「CFパネル工法」について紹介する。

■話題の工法
○杭頭接合部の省力化技術の概要と適用事例/戸田建設㈱/福田 健・中原 理揮・矢萩 大作
近年、杭頭接合筋と基礎躯体配筋の干渉による基礎躯体施工時の施工性が低下する問題が見受けられる。本稿では、この問題を改善するために開発したTO-SPCap工法の概要と適用事例についてまとめた。

■製品紹介
○LED表示器とFM音声を利用した工事車両誘導システム/福田道路㈱/羽田 誠治/㈱ソーキ/千葉 周
アスファルトフィニッシャ施工における、ダンプトラック誘導装置を新たに開発。本稿では、目と耳による複合誘導を採用し、より安全で確実な誘導とした新システムと、今後の展開を紹介する。

■業界情報
○2017年11月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
○2017年12月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:建設機械の遠隔操作関連技術
○遠隔操作技術が切り拓く無人化施工/国土交通省/大槻 崇・東山 遼
本稿では、無人化施工技術の更なる発展に向けて、現在、政府が掲げている目標や、その実現に向けた技術の公募と現場検証等とその結果見えてきた、今後活用が期待される技術の一例を紹介することで、今後の期待・展望について述べる。

○建設機械の改造が不要で着脱可能な装置による無人化施工技術/㈱大林組/森 直樹・古屋 弘
建設分野でのロボット化は、危険作業の代替や調査点検などを目的として開発され、近年期待が高まっている。これらの一つとして、主に災害対応を目的とした、既存の建設機械に改造を施すことなく装着可能な汎用遠隔操縦装置「サロゲート」を開発し、熊本城崩落石撤去工事へ適用した。

○建設機械の遠隔施工における5Gの導入/㈱大林組/古屋 弘
建設業界では、ICTやロボット技術を活用し、3次元空間データを用いた施工技術や遠隔操作ロボット等による施工技術の開発が進んだ。これらはi-Constructionにも引き継がれ、さらなる建設プロジェクトの合理化と変革が進みつつある。同時に、無線LANの高度化がもたらした商用通信ネットワークの充実化により、通信技術は今後建設業界の特に施工において中核技術の一つに成長している。重機の遠隔操縦に新しい次世代通信5Gを取り入れた実験を行うことになり、本稿では、その目的と狙いを紹介する。

○SSデジタル無線遠隔操作システムを利用した施工事例/㈱大本組/藤澤 秀行
無線技術のアナログからデジタルへの過渡期に実用化したSSデジタル無線を油圧ショベルに搭載し、総合データ通信を行った遠隔操作システムの施工事例を紹介する。

○無人化施工における高機能遠隔操作室/㈱熊谷組/北原 成郎・坂西 孝仁
無人化施工は、多くの災害現場を経て内容が大きく進化してきた中で、役割はより高度化し、対応がより高難度化したため、統一されたネットワークの中でICTを活用することが必要となってきた。本稿では、無人化施工の効果を最大限に引き出すため、生まれたネットワーク対応型無人化施工システムと、その中で中心的役割を果たす高機能遠隔操作室について紹介する。

○HMDを用いた臨場型遠隔映像システム「T-iROBO Remote Viewer」/大成建設㈱/加藤 崇
日本では土石流、地すべり、がけ崩れが頻繁に発生し、多くの人々が土砂災害の危険と常に隣り合わせの状況にある。災害発生直後では迅速な対策が必要だが、二次災害のリスクも高く、人が立ち入れない状況では復旧作業を遠隔地から行う必要がある。本稿では、遠隔地から建設重機を操縦するために不可欠な映像情報システムについて検討を行い、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いた映像システムの有効性について立証する。

○遠隔操作機能と自動走行機能を有するフォワーダの試作/(国研)森林研究・整備機構森林総合研究所/毛綱 昌弘
フォワーダに搭乗せずに運転操作できるようにすることで運転手の労働負担の低減を試みるともに、さらに自動走行機能も付加した試作機を紹介する。

○繊細・器用な作業性を備えた建設ロボット/大阪大学/吉灘 裕
ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジでは、災害対応を目的とする建設ロボットの研究開発を進めている。その開発目標の一つは、「力持ちで繊細・器用な作業性を持つ機械」を実現することである。本稿では、その概要を紹介する。

○バックホウ用遠隔操縦装置/㈱フジタ 平野 高嗣・川上 勝彦
「ロボQS」は一般のバックホウに後付けし、遠隔操縦を可能とする装置。土砂崩れ等の有事の際に迅速に現場へ導入し、安全な場所から遠隔操縦を行うことで、素早い初動対応を実現する。装置は分割して乗用車への積み込み、宅配便や空輸発送も可能。組み立ては工具不要で装着後直ぐに遠隔操縦ができる。

○建設機械向け搭載型遠隔操縦ロボットの開発/コーワテック㈱/小松 智広
当社は建設機械、特に油圧ショベルを遠隔操縦する後付け搭載型の空気圧ゴム人工筋ロボットを商品化した。さらに各種アタッチメントへの適用、操作性改善、LAN通信への適用を行った。本稿では、その概要と今後の発展性として建機の自動化に向けての取り組みについて紹介する。

○長距離遠隔操作型トンネル災害調査ロボット/清水建設㈱/鈴木 正憲
最適な無線通信技術と3D計測技術により、狭隘なトンネル内において、最大1kmの距離で、無人化施工技術を効率的に行えるトンネル災害調査ロボットを実用化したため、本稿で紹介する。

■技術資料
○都市や地域の「豊かさ」の持続可能性を測る/九州大学/松永 千晶
「新国富指標」は、国や地域の富とその持続可能性を包括的に計測できうる経済指標として注目を集めている。本稿では、新国富指標について概説した上で、都道府県および東京都23区・政令指定都市への適用例を示す。

○東京メトロ銀座線上野通路線改良工事/東京地下鉄㈱/嶋田 知由
本工事は、東京メトロ銀座線の本線と車両基地をつなぐ単線トンネル(以下、通路線)のリニューアル工事である。本稿では、銀座線通路線リニューアル工事における営業線本線への運行支障防止対策を紹介する。

○IoT技術を活用した地盤防災観測網による土工事安全管理/三井住友建設㈱/大津 愼一/東京大学/上西 幸司
本稿では、建設分野におけるIoTの活用事例として、斜面・のり面の安定性評価を行う地盤防災監視システムと斜面・のり面への地盤防災観測網の構築およびこれらシステムを活用した土工事安全管理について紹介する。
2,178円
■特集:環境に配慮した建設現場とその技術
○シールド工事でヒ素汚染泥水を浄化するM・トロン/鹿島建設㈱/石神 大輔・伊藤圭二郎・川端 淳一
ヒ素などの重金属を含むシールド泥水等の浄化方法として、鉄粉に重金属を吸着させ、超電導磁石を用いた磁気分離により鉄粉を回収して浄化する「M・トロン」を開発した。M・トロンを泥水シールド工事他に適用した例を紹介する。

○新たな液状化対策工法「脈状地盤改良工法」/ライト工業㈱/荒木 豪/東日本旅客鉄道㈱/滝沢 聡/(公財)鉄道総合技術研究所/井澤 淳
脈状地盤改良工法は、動的薬液注入により地盤内に改良脈を作成し、対象地盤を効率的に密実化させる液状化対策工法である。従来工法と比較すると低改良率であるため、低コスト化・工期短縮が可能となる。

○有用微生物を用いる汚染地下水の浄化技術/大成建設㈱/高畑 陽
有害物質で汚染された地下水を浄化する方法として、有用微生物を帯水層に導入する技術(バイオオーグメンテーション)が着目されている。本稿では、有用微生物を帯水層へ導入するための方法と装置について紹介する。

○除染土壌等の輸送管理システムの活用と輸送車両運転手のヒューマンエラー対策/安藤ハザマ/丸山 敏弘・澤 正樹・丸山 能生
「安藤ハザマフレコン輸送管理シスム」の機能と実際の輸送で適用した事例を紹介する。また、輸送車両運転手のヒューマンエラー対策として実施したドライバーモニタリングシステム「運転手用バイタルアイ」について紹介する。

○トンネル工事における発破工法の超低周波音対策技術/飛島建設㈱/小林 真人
TBIレゾネータとはトンネル縦断方向に開口を有する音響管の共鳴現象を利用することで、発破による超低周波音の消音を実現するものである。本稿では、TBIレゾネータの特徴や概要、および音響管による制御メカニズムを概説したうえで実機による発破音制御効果について紹介する。

○地盤改良工法の新施工管理システムVisios-3D/㈱不動テトラ/秋間 健
地盤改良工法の新施工管理システム 「Visios-3D R」(ビジオス・スリーディー)は、「リアルタイム施工管理システム」と「3次元モデル化システム」を搭載し、地盤改良の施工状況を可視化できる施工管理システムである。

○地中拡翼型地盤撹拌改良工法/日特建設㈱/西田 洋介
WinBLADE工法は、地中で拡径可能な攪拌翼と小型の特殊機械により、地中構造物を避けた改良や、斜め方向の改良を可能とした機械式攪拌工法である。また自動制御システムを用いることで品質のばらつきが少ない改良体の造成が可能である。

■技術資料
○設計・施工一貫方式の導入に向けて/京都大学/金多 隆
設計・施工一貫方式は、発注者が建設業者と設計施工双方の契約を締結し、建設業者の技術力や設計能力を設計段階から活用する方式である。本稿では、設計・施工一貫方式の概要、特長と展望について紹介する。

○コンクリート工事管理の効率化に向けたセンサ搭載型枠の活用/東京大学/北垣 亮馬
近年、コンクリート工事において、高い品質管理と効率化が要求されている。本稿では、コンクリート工事の効率化のための型枠のIoT・品質管理システム「スマートセンサ型枠システム」についての概要、施工事例を紹介する。

○安全・安心な都市空間形成を目指して/神戸学院大学/中山 学
近年、地球規模で進む気候の極端化とヒートアイランド現象に伴い、東京などの大都市でも記録的な豪雨による被害が発生している。特に、狭い範囲で短時間に降る猛烈な雨によって、都市河川流域では瞬く間に氾濫がひき起こされる。氾濫水は地下空間にも流入し氾濫を起こす一方で、河川の急な水位の上昇による思わぬ事故も発生する。本稿では、頻発する短時間豪雨がもたらす都市水害の特徴を記述し、今後望まれる対策について紹介する。

○高流動コンクリートの現状と今後の可能性/㈱大林組/神代 泰道
コンクリート工事においては、不具合低減、生産性向上の観点から流動性の高いコンクリートへのニーズが高い。そこで本稿では、高流動コンクリートのこれまでの役割について概観し、最近の高流動コンクリートの動向と今後の可能性について紹介する。

○自律移動ロボットによる盛土品質管理の自動化/㈱竹中工務店 神山 和人/(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)/妻木 俊道/㈱竹中土木 大村 啓介
建設作業のロボットによる代替の一つとして、自律移動ロボットを用いた盛土の品質管理の自動化について紹介する。複数ある盛土の測定点を自動でロボットが巡るシステムについて紹介する。

○AIを利活用したトンネル切羽地質状況自動評価システムの構築/安藤ハザマ/宇津木慎司
トンネル施工時には、切羽の地質状況を評価し、その状況に応じて逐次、設計を修正する必要がある。本稿では、これに対して、AIの画像認識技術であるCNN法により、切羽の地質状況を自動評価するシステムを構築した内容について紹介する。

○光を用いた覆工コンクリートの打設高さ管理/飛島建設㈱/滝波 真澄
山岳トンネル工事において、覆工のセントル型枠表面に照度センサとLED照明を埋め込むことで、覆工コンクリートの打設高さをリアルタイムに見える化する「スターライトセンサシステム」を紹介する。

○カラートラッキング手法を用いた吊荷旋回制御装置/戸田建設㈱/三輪 明宏・中村 淑子
建設工事では鉄骨やカーテンウォールなどさまざまな資材をタワークレーンを用いて、揚重し、取り付ける作業が行われている。筆者らは、ジャイロトルクによる吊荷の方向制御の能動制御にカラートラッキング手法を用いて、吊荷を目的の位置で正確に静止させられる旋回制御装置を開発した。

■製品紹介
○最新技術を駆使したトンネル施工管理システム/㈱演算工房/鈴木 裕彦・林 稔
トンネル施工管理においてタブレット端末を活用し、施工管理IOTツールとして施工管理(出来形管理、品質管理、写真管理等)において現場職員の省力化を追求したシステムを紹介する。

■業界情報
○2017年10月度 建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:最新の建設機械
○燃費性能等に着目した建設施工分野の環境対策概要/国土交通省/中根 亨
当省では、建設施工分野の環境対策の一環として燃費基準達成建設機械認定制度の運用を行っている。また、我が国全体の長期目標として2050年までに排出ガス80%削減を掲げており、建設施工分野でも更なる環境対策の推進が求められている。当省としても、様々な新技術や政策ツールに着目し、今後も環境対策を推進する。

○衝突軽減機能「K-EYEPRO」/コベルコ建機㈱/小見山昌之
当社では、建設現場での安全確保に大きく寄与する機能として、20tクラスの2014年排ガス規制対応モデルに、衝突軽減システム「K-EYEPRO」をオプション設定した。本稿では、このシステムの特徴や現場での有効性を紹介する。

○伸縮ブームクローラクレーン/コベルコ建機㈱/花本貴博
本稿では、伸縮ブームクローラクレーンの特徴・用途ならびに、基礎工事用途に用いられる大型伸縮ブームクローラクレーンについて強度剛性、クレーン能力、輸送性・分解組立性といった課題をTK750G・TK750GFSの取り組みを交えて紹介する。

○燃費性能と尿素水不要で低ランニングコスト/日立建機㈱/太田泰典
ハイブリッド油圧ショベル「ZH200-6」は、20tクラスの油圧ショベルでは初めて尿素水不要でオフロード法2014年基準に適合した。燃費も従来に対し12%低減し、ランニングコストの低減が可能である。本稿では、「ZH200-6」の特徴について紹介する。

○排ガス4次規制対応の後方超小旋回式油圧ショベル/コマツ/橘 龍彦
当社の「品質と信頼性」をベースにより高い次元の「環境」「安全」「ICT」を追求し、排出ガス4次規制(Tier4 Final/StageⅣ)へ対応した油圧ショベルPC138US/PC128US-11を開発、市場導入した。本稿では、その背景と織り込んだ技術を解説し、製品紹介をする。

○次世代型油圧ショベル/キャタピラージャパン(同)/白澤博志
排出ガス規制強化が最終段階に至ったのを機に、油圧ショベル新モデルの開発において、ゼロからデザインを見直し柔軟なアイデアを取り入れ、様々なテクノロジーの適用にチェレンジした結果、次世代型と言える製品の導入に成功した。本稿では、その製品特長について紹介する。

○顧客価値最大化に向けた環境対応型油圧ショベル/住友建機㈱/加藤英彦・新 真司・山本崇司
オフロード法2014年規制に対応する油圧ショベルの開発において、環境対応は勿論のこと、それ以外の顧客価値最大化に向けて進化したエンジン及び油圧システムと安全性を追求したFVM2を紹介する。

○安全性と作業効率を向上させた新型ラフテレーンクレーン/㈱タダノ/小林利彰
2017年3月に発売した新型ラフテレーンクレーン CREVO160G4は公道走行時の安全性を向上させるとともに、クレーン作業の効率化と能力の向上を図った。本稿では、最大吊り上げ能力16t吊りのCREVO 160 G4の特長を紹介する。

○安全や周囲環境へ配慮した排ガス規制対応新型ローラ/酒井重工業㈱/笹森 良
新機種開発においては最新排ガス規制などの法規制対応のみならず、更なる安全性、周囲環境への配慮、オペレータの負担軽減、利便性などの付加価値が多く求められる。本稿では、これら多様な要求に応えるべく開発された新型ローラ等を紹介する。

○オフロード法2014年規制適合不整地運搬車/ヤンマー建機㈱/岡崎耕平
2017年3月よりクラス初のオフロード法2014年規制をクリアしたC30R-3を発売した。新しい油圧システムと世界基準の操作方式の採用により、環境への適応と作業能力向上の両立を実現した。本稿では、C30R-3の特長について紹介する。

■話題の工法
○地山-ボルト間の付着特性を考慮した鏡ボルトの力学モデル/首都大学東京/土門 剛
鏡ボルトの補強機構は地山-ボルト間の付着特性に基づく周面摩擦力によるものとし、その力学モデルを構築した。また、トンネルおよび鏡ボルトの幾何条件と地山-ボルト間の強度定数等を用いた簡易設計手法を提案した。

○覆工コンクリートの高速施工と品質向上の両立を実現/鹿島建設㈱/西岡和則・手塚康成
TrAF工法とは、TAF工法で培ってきた品質向上効果を維持したまま、覆工コンクリートの施工速度を2倍に上げることが可能な工法であり、延べ作業人員の削減と完全週休2日の実現も可能となることから、生産性向上と働き方改革の両立も可能となる工法である。

○海外工事における鉄筋コンクリート造柱および梁の合理化施工法/清水建設㈱/金本清臣
海外工事における諸条件に対応するために開発した、コルゲートシースパイプを用いたプレキャスト(PCa)コンクリート柱と、U字形ハーフPCaコンクリート型枠によるPCa梁の概要と構造性能確認実験について紹介する。

■製品紹介
○災害復旧や危険な現場向けの建機遠隔操縦人型ロボット/㈱カナモト/吉田道信

■業界情報
○2017年9月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:林業機械の安全と効率性
○林業機械特有の安全対応/コマツ/木下 順策
林業は災害率が他業種に比べて高い。機械化が進む中で機械の安全対策が必須となってくる。当社で実施している林業機械特有の安全対応(チェーンショット、火災対策、オペ教育用シミュレーション)を紹介する。

○日々変化する林業現場ニーズに応えるベースマシン/コベルコ建機㈱/佐藤 亮
戦後の大規模造林が伐採期を迎えている今、林業現場で用いられるベースマシンにも、そうした変化への対応が求められている。現場の声を形にした当社の林業専用設計ベースマシンを中心に紹介する。

○傾斜地の作業性を大幅に改善した全旋回チルトプロセッサ/イワフジ工業㈱/坂野 勝
当社の最新型プロセッサ「GP-35Bグラップルプロセッサ」は新開発のGP-8コントローラを搭載し、チルト機能を備えた全旋回チルトプロセッサで、傾斜地の作業性が大幅に向上している。本稿では、同製品の概要、特長、機能を紹介する。

○アタッチメント式高性能タワーヤーダ/㈱南星機械/杉山 聖二
アタッチメントタワー、4胴ウインチ、タフスーパーロープ、繊維ロープ他で構成され、エンドレスタイラーやランニングスカイライン等、多様な索張りが可能になり、スパン500mまでの中距離集材を、安全かつ効率的に行うことができる。

○急傾斜地でも安全、高能率に集材できる次世代タワーヤーダー/緑産㈱/赤松 恒則
FIT導入以降、木質バイオマス利用の関心が高まった一方、発電所などが集中する一部地域では良質の間伐材の価格高騰が起きている。真に持続可能な未利用森林資源の利活用の為の汎用大型木質破砕機と高性能選別機の組み合わせによる新しい破砕システムの構築を提案する。

○林業機械のレンタル化に対する動向/㈱レンタルのニッケン/青葉 通
我々は林業界に「安心・安全」を提供することを目標に、安全な林業機械を開発、採用して、レンタルという機能を普及させ、林業界の生産性向上、重労働軽減、労働災害撲滅に寄与していく考えであり、生産向上に努める。本稿では、日々の努力の賜物である高性能林業機械を含めた林業機械の動向について紹介する。

■技術資料
○これからのコンクリート環境影響評価/広島大学/河合 研至
社会基盤整備における基幹材料としてのコンクリートは供用期間が長いことから、環境影響評価において一般的な製品・サービスの場合とは異なる特徴を持つ。その特徴や問題点から今後の展望までを紹介する。

○微生物を用いた水銀汚染土壌・地下水の浄化技術/安藤ハザマ/根岸 敦規
水銀汚染土壌・地下水に水銀耐性の鉄酸化細菌Acidithiobacillus ferrooxidans MON-1株を栄養塩の硫酸第一鉄とともに添加する。微生物の働きによって、汚染土壌・地下水中の水銀イオンが還元され、金属水銀になるため、容易に気化して分離浄化される。

○硬質粘土(土丹塊)を対象とした自然由来砒素の浄化技術/㈱大林組/山崎 啓三・高田 尚哉・三浦 俊彦
関東地方の再開発事業などでは、掘削に伴い自然由来の砒素を含む硬質粘土(土丹塊)が大量に発生する場合が多く、安価な対策が求められている。そこで、従来技術では浄化困難であった硬質粘土(土丹塊)に対応するため開発した浄化技術について紹介する。

○液状化対策向けの実験設備「液状化土槽」/㈱技研製作所/尾川 七瀬
地盤の液状化を防止することは難しいが、発災後に短期間で復旧するための対策が求められる。液状化対策工の提案や施工された杭/構造物の性能検証を進めるため、新しく整備した大型の液状化土槽を紹介する。

○IoT技術によるトンネル工事の安全・省エネ対策/㈱錢高組/白石 雅嗣/㈱イー・アイ・ソル/畠中 健/㈱流機エンジニアリング/澤目 俊男
トンネル現場内にIoTネットワークを構築し、入坑者位置・作業環境濃度の常時監視や、施工機械の電力量を計測・分析することで、安全性の向上に加え、工事照明と換気ファンを自動で省エネ制御するエネルギーマネジメントシステムを開発した。本稿では、実現場での試験導入事例を紹介する。

○環境配慮コンクリートが切り拓く低炭素・循環型社会の未来/大成建設㈱/大脇 英司・松元 淳一
建設分野においても温室効果ガスの削減、産業副産物の活用は喫緊の課題である。高炉スラグなどの副産物を使い、CO2の大幅な排出抑制と3Rを推進するコンクリートを開発した。このコンクリートの役割と期待を紹介する。

○ICT建機でi-Construction実現へ~Solution/Linkage~/日立建機㈱/古野 義紀
国土交通省が発表したi-Constructionの指針を紐解くとともに、ICT建機を活用して生産性を向上する事例とソリューションについて紹介する。

○カキ殻とシュロガヤツリを利用した礫間接触酸化槽と植生浮島による水質浄化/前田建設工業㈱/須江 まゆ・中原 正大・萱島 敬
静岡県護国神社の神池は多くの小規模閉鎖性湖沼と同様に富栄養化現象が進行している。そのため、試験的に礫間接触酸化槽と植生浮島を設置し、水質浄化の取り組みを行った。その結果、良好な窒素吸収を確認したため事例として紹介する。

■業界情報
○2017年8月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:工場やプラントで活躍する建設・荷役・物流機械
○環境性能、省エネに優れた電動ショベル/日立建機㈱/津村 浩志
電動ショベルとはエンジンを電動モータに置き換え、外部からの電源により電動モータを駆動する油圧ショベルである。本稿では、電動ショベルの概要説明及び稼働現場を紹介する。

○港湾荷役作業に活用されるクローラ式スクラップローダ/コベルコ建機㈱/榮田 昭彦
港湾荷役作業において、ランニングコストの低減、生産性向上、そしてより安全に作業できる機械が求められている。ギロチン・ピットから海上貨物199バラ積船まで幅広いスクラップ荷役作業をターゲットに新たに開発したSK350DLC-10スクラップローダ仕様機を紹介する。

○プラント建設ニーズと共に進化する大型クローラクレーン/コベルコ建機㈱/柳堂 隆介
プラント建設プロジェクトのニーズの変化と共に進化し続ける大型クローラクレーンの特徴を紹介する。

○リフマグ/バケットなどに対応するクレーン/日立住友重機械建機クレーン㈱/坪井 孝行
使用される現場の状況、用途に合わせてユーザーと共に開発した工場・プラントで稼働する、ものづくりの根底を支える移動式クレーンを紹介する。

○工場内で活用される高所作業車(自走式)/㈱アイチコーポレーション/吉田 英彦
現在広く普及している自走式高所作業車を使った工法は、1980年代に造船業界に提案したことに始まり屋内外を問わず様々な現場に普及していった工法である。本稿では、普及の経緯、機械の種類及び工場内での使用例による新商品を紹介する。

○工場やプラントで稼働する高所作業車(トラックマウント式)/㈱アイチコーポレーション/吉田 英彦
トラックマウント式の高所作業車は1965年に当社が初めて国内第1号機を開発したことに始まり、現在では業界を問わず様々な現場に普及し安全で効率的な作業環境を提供している。本稿では、普及の経緯、工場やプラントで稼働する機械の種類及び新商品を紹介する。

○スクラップ処理機への投入、取出専用機/㈱南星機械/土佐谷仁志
当社のスクラップローダは、スクラップ処理機への「投入」「取出」専用の機械である。電気を動力源としているため、排ガスを出さない環境にやさしいスクラップローダを紹介する。

■技術資料
○整備新幹線工事で活躍する工事用機械/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構/鮎川 博信・細田 豊
整備新幹線の軌道工事や電気工事で使用する工事用機械は特殊なものが多く、一般市場では流通していないため、整備新幹線の建設を一元的に行っている。当機構で工事用機械の調達、整備、運用、管理を行い、施工業者に貸与して工事を行っている。本稿では、当機構で使用している工事用機械の特徴と、その使用方法について紹介する。

○複数のGNSSを用いたドローンの高精度位置姿勢推定とレーザー三次元計測/早稲田大学/鈴木 太郎・天野 嘉晴
ドローンに複数のGNSS(Global Navigation SatelliteSystem)を搭載することで、飛行中のドローンの位置・姿勢を高精度に推定し、得られた位置姿勢情報を用いたレーザースキャナによる地上の三次元計測システムを構築し評価を行った。

○アルカリシリカ反応抑制対策としてのフライアッシュコンクリートの地域実装/金沢大学/鳥居 和之
本稿では、北陸地方におけるアルカリシリカ反応抑制対策としてのフライアッシュコンクリートの地域標準化の経緯と今後の課題について紹介する。

○水中ロボットによるダム点検/㈱大林組/徳永 篤
近年、多くの社会インフラ施設が老朽化する中、ダム水中部の潜水士による近接目視の代替・支援技術が望まれている。そこで当社開発技術であるアクアジャスター®を搭載した水中点検ロボットを製作し、供用中のダムで実証実験を行った。

○建設工事における生物多様性保全/鹿島建設㈱/越川 義功
ダム建設など自然環境との関わりが深い土木工事において、工事区域周辺の生物多様性保全に貢献するための考え方や取り組み事例、これらを支援するモニタリングシステムについて紹介する。

○コンピュータを活用したトンネル削孔支援機能付きドリルジャンボ/大成建設㈱/岩野 政浩・高橋 俊次
当社は、トンネル掘削における余掘り低減を目的とした「削孔機械の開発」と断面計測結果を取り入れた「トンネル削孔パターンの適正化サイクルの手法」を開発した。本機械を実際のトンネル現場に試験導入し、適用性を実証試験により検証したものを紹介する。

○IoT技術で取得した建設機械稼働データの利活用/東急建設㈱/高倉 望
現場の建設機械に市販されている小型のセンサを取り付けて、瞬時にその稼働データを集積できるシステムを開発し、システムから取得したデータを蓄積・可視化・分析することで“新たなサービスメニュー”を整備した。

■製品紹介
○2波同時通信を実装した双方向遠隔操作装置/大和機工㈱/宮本 雄一
無線遠隔操作に必要なのは安全性だけではない。離れた機械を身近に感じ、繊細なコントロールを追求した双方向遠隔操作装置を紹介する。

■業界情報
○2017年7月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:除雪機械・技術の最新情報
○歩道除雪車の作業ガイダンス装置の開発/国土交通省北陸地方整備局/長谷川 崇
障害物が多く存在する歩道において、除雪機械の運転操作経験の浅いオペレータでも安全に歩道除雪作業が行えるよう衛星測位技術を利用した作業ガイダンス装置の開発を行ったので紹介する。

○除雪専用機械として活躍するロータリ除雪車/㈱日本除雪機製作所/太田 正樹
ロータリ除雪車は、積雪寒冷地域に住む人々の冬季における社会経済活動及び暮らしを守る除雪専用機械として開発され、進化してきた。本稿では、その構造、除雪工法及び近年における動向を紹介する。

○粗面型ゴム粒子入り凍結抑制舗装/大林道路㈱/鈴木 徹
粗面型ゴム粒子入り凍結抑制舗装は、冬期の路面管理を舗装面から補うもので、凍結抑制機能および水膜発生防止機能など、年間を通して走行安全性に配慮した工法である。本稿では、当該工法の各機能について紹介する。

○除雪に貢献する除雪ドーザ/㈱KCM/島津 淳志
日立建機は、最新の排出ガス規制に対応したホイールローダZW-6シリーズを発売した。本稿では、ZW-6に各種プラウを装着し、国土交通省建設機械購入仕様基準に合致した除雪ドーザー3機種について紹介する。

○除雪作業で活躍する一人乗り除雪グレーダ/キャタピラージャパン(同)/冨永 安生
若手オペレータの育成、オペレータの疲労軽減、作業効率および安全性の向上を目的とした一人乗り除雪グレーダを開発した。本稿では、最新技術を搭載した除雪グレーダの特長を紹介する。

■技術資料
○耐震性評価に効力を発揮する3次元大型水中振動台/五洋建設㈱/三好 俊康
地震国である日本では被災を低減するために、各種構造物の地震時応答の把握と確認が重要で、新構造開発や耐震補強効果の確認とこれらの設計手法を構築するために、振動実験は重要である。耐震性評価技術や防災技術の発展に寄与することを目的に、当社では水中振動台を導入した。本稿では、水中振動台の概要ならびに水中振動台を用いた耐震性評価に関する実験事例の要諦を示す。

○トンネル工事の発破向け低周波音の低減装置/㈱錢高組/角田 晋相/㈱アイ・エヌ・シー・エンジニアリング/石橋 知大
共鳴を利用した消音装置で、トンネル工事に用いることで課題となっていた発破時の低周波音を低減することができる。本稿では、現場での適用性および低周波音の低減効果を確認した現場実証実験について紹介する。

○建築・環境情報の同時可視化システム/大成建設㈱/佐藤 大樹
著者らが開発した、BIMに入力されている建築設計情報と建築環境シミュレーションで可視化される環境の状態を、VR(バーチャルリアリティ)技術により一体で可視化・仮想体感することのできるシステムを紹介する。

■話題の工法
○地盤改良工の新しい品質管理システム「ブレンドチェッカー」 /㈱大林組/望月 勝紀/㈱加藤建設/伊藤 浩邦
地盤の導電率を計測することで、地盤改良工の品質を定量的に評価するシステムを新たに開発した。本稿では、システムの確立に向けた各種検討結果を紹介する。

○ICT施工技術を活用したオープンケーソンの水中掘削技術/㈱鴻池組/秋田 満留
オープンケーソン工法に遠隔操作ロボットや管理システムなどのICT施工技術の導入により、深度50mを超える大深度施工でも確実な水中掘削が行える自動化オープンケーソン工法(SOCS)の掘削揚土システムについて紹介する。

○縮径・復元トンネル掘削機(縮径TBM)/戸田建設㈱/市川 政美
トンネル掘削機(TBM)の径を機械的に小さくする機能を付加することで地山拘束状態から脱出することが可能となる掘削機(縮径TBM)を開発し、部分実機試験機の製作を行い、各部の可動状況を確認した。

○自然由来ヒ素汚染土壌の分離浄化工法/前田建設工業㈱/山本 達生・野田 兼司・河野 浩之
自然由来重金属を含む泥水に、粒径・表面積が共に大きな特殊鉄粉を添加し、重金属類を吸着させた後、二段階回収(遠心・磁性分離)する浄化工法を開発した。本稿では、開発技術の概要、浄化結果について紹介する。

○おもりを用いた地盤環境振動低減工法/戸田建設㈱/成田 修英
従来の地盤環境振動対策工法は多大な費用と工期を要するため、工事期間のみの仮設利用は難しい場合が多かった。本稿では、低費用・短工期で工事仮設としての利用に好適な、新しい地盤環境振動低減工法について紹介する。

■製品紹介
○大雨・大雪・濃霧や直射日光も影響を受けない距離画像センサ/日本信号㈱/田村 法人

■業界情報
○2017年6月度/建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:大深度地下の利用
○大深度地下使用制度に関する状況/国土交通省/森 慎太郎
平成13年4月に施行された「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」について、法律制定の背景、制度概要、地下空間を有効に使う重要性、認可を受けた事業など大深度地下使用制度に関する状況を紹介する。

○大深度地下開発の歩みと現状/(一財)エンジニアリング協会/奥村 忠彦
わが国における大深度地下利用に対する背景を示し、大深度地下使用法が制定されるまでの歩みとしてバブル期から法制定までの経緯を述べ、大深度地下使用法が適用された2事例及び現在事業間調整が実施中の3事業の概要を述べ、最後に今後の展望を示した。

○大断面シールドトンネルの施工技術/清水建設㈱/関 伸司・安井 克豊・杉山 博一
道路トンネルなどの大断面シールドトンネルは、地下40m以深になる場合や5kmを超える長距離施工となることが多く、難易度の高い施工条件を支えるシールド技術が重要になる。本稿では、大断面シールドトンネルの構築に不可欠となる切羽の安定確保、カッタービットの耐久性および発生土の性状改善を図る技術について報告する。

○3C先行覆工地中拡幅工法の開発/西松建設㈱/三戸 憲二・坂野 陽一・大江 郁夫・山本 達也・久住 慎也
地下高速道路の分岐合流部等、高水圧の大深度地下に、超大断面空間を非開削で地中拡幅する計画が進んでいる。このニーズに応えるため、地山を露出させず、安全・安心・確実な施工法「3C先行覆工地中拡幅工法」を開発した。

○アーバンウォール.工法/JFE建材㈱/松岡 馨/㈱加藤建設 濱田 良幸/JFEスチール㈱/中西 克佳・辰見 夕一・松井 良典
地下構造物は大深度化・大口径化し、より大きな構造物が地中に建設される見通しである。アーバンウォール工法は大口径・大深度立坑を急速施工する次世代型・本設構造の合成構造セグメント圧入工法である。本工法の構造や施工概要に触れ、その特徴について浮き彫りにする。

○リレービット工法「ディスクローラーカッターの交換技術」/鹿島建設㈱/沼宮内克己/川崎重工業㈱/伊藤 隆雄
シールド機のカッタービットを補助工法不要で作業者が切羽に出ることなく何回でも交換できるリレービット工法に、ディスクローラーカッター交換機能を追加。

■特集:狭隘地・低空頭下工事での工法と建設機械
○狭隘箇所での固化・固結系地盤改良の施工事例/ライト工業㈱/宇梶 伸
近年、都市部の河川堤防などの既設構造物の耐震化や、都市トンネル工事における地中接合など、施工空間に制約を受ける条件下での地盤改良工法においては狭隘地に対応した小型機械での施工が求められる。本稿では、狭隘箇所での固化・固結系地盤改良工法および施工事例を紹介する。

○高耐力マイクロパイルの最近の施工事例/㈱フジタ/相良 昌男
我が国が進めている国土強靭化の一つとして、既設構造物の耐震性の調査と効果的な対策が実施されている。当社では耐震補強事業の推進、既設構造物の延命化に向けて高耐力マイクロパイル工法を開始した。本稿では、その施工事例について述べる。

○狭隘地におけるジャイロプレス工法による自立式大口径鋼管杭道路擁壁の施工事例/㈱技研製作所/鈴木 直樹・木村 育正
ジャイロプレス工法による壁高さ13.5mの自立式大口径鋼管杭擁壁の施工事例を紹介する。鋼管杭を用いる道路擁壁では最大となる口径φ2,000の鋼管杭を回転圧入させ土留め壁を施工し、従来工法の半分程度の工期で完了させた。今後も制約条件の厳しい都市部の現場を中心に採用が想定される。

○狭隘地でも施工可能な杭基礎の耐震補強工法/戸田建設㈱/金子 治
狭隘地でも施工可能で、かつ高い品質を有し耐震性に優れた小径の翼付き回転貫入鋼管杭斜杭を用いて、建築物の杭基礎の耐震補強を行うための工法(AIS-Pile工法)の概要および施工機械・施工方法について紹介する。

○小径回転杭によるマンホール浮上防止対策/千代田工営㈱/金井 重夫
本稿では、翼付き小径回転杭の引抜き抵抗力を液状化によるマンホール浮上を防止する目的で開発した、アンカーウイング工法の概要と、道路上での施工事例2例を紹介する。

○狭隘地・低空頭下での連壁掘削方法/大成建設㈱/平山 哲也
狭隘地・低空頭下における地中連続壁の施工は、空頭5.0m以上の場合、その都度掘削機、鉄筋籠等応力材建込機、コンクリート打設機等の開発、改良を加えて行ってきた。空頭5.0m以下で既設構造物等がある中での大深度連壁施工は、かなり難度が高い。本稿では、空頭5.0m以下の超低空頭下でも施工可能な連壁掘削方法について紹介する。

○超低空頭場所打ち杭工法による狭隘地・低空頭下工事への適用/鉄建建設㈱/山本 淳
狭隘地・低空頭下における場所打ち杭を容易に施工できる超低空頭場所打ち杭工法について、線路近接の狭隘な箇所やホーム直下や道路橋下での施工事例を紹介する。

■技術資料
○「土木・建設分野」に役立つ気象予測技術/京都大学防災研究所/中北 英一
気象レーダの発展に伴い、時間的空間的によりきめ細かく、より高精度に降雨や風の観測が可能となった。本稿ではゲリラ豪雨の早期探知や予測を例示したが、突風や竜巻の監視にも活用できる潜在能力があり、今後も気象予測の一層の向上が期待できる。こうした技術が土木・建設分野で活用が一層進むことを期待したい。

■業界情報
○2017年5月度建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:最近の解体工事で使用される新技術・建設機械
○解体工事業新設の背景と解体工事技術者に求められる技術/国土交通省/川 智也
「建設業法等の一部を改正する法律」が平成26年6月4日に公布され「解体工事業」が許可業種として新設された。解体工事にふさわしい技術者の配置が求められる事から、解体工事業新設の背景と技術者に求められる技術について紹介する。

○環境負荷を大幅削減する解体工法の本格適用/清水建設㈱/奥山 信博
シミズ・クールカット工法は、主にSRC/RC造の建物解体において、構造部材を切断し、その切断部材をクレーンで吊り降ろして、そのままトラックで搬出し、中間処理場で処分する工法である。本格的適用を実施し、環境負荷を大幅に削減した。

○竹中ハットダウン&グリップダウン工法/㈱/竹中工務店/森田 将史
超高層建物を安全で環境にやさしく解体する方法として、ハットダウン工法とグリップダウン工法の2工法を開発し、市街地における超高層ホテル解体工事及び高さ158mの展望台付き電波塔の解体工事に適用した事例を紹介する。

○高層ビルを切断して解体する「キューブカット工法」/㈱大林組/大久保雅章
解体工事においては、細心の周辺環境対策と安全対策が求められる。また建物が高くなるほど、重機の吊り上げ方法や解体材の荷降ろし方法などの課題も多くなる。そこで当社では、高層ビルの解体新工法「キューブカット工法」を開発し、都市部における中高層ビル解体工事へ適用を進めている。この工法は安全で短工期化が図れることが特徴である。建物を大型の解体重機が砕き・壊すといった従来の解体現場のイメージを覆す、当社独自の解体工法について紹介する。

○階上解体機の進化/コベルコ建機㈱/西田 孝太
当社は超ロング解体機を世界に先駆けて開発して以来、ユーザニーズに応えた開発を進めてきた。需要が高まる階上解体機の変遷と、その稼働現場要件に適応する開発とその技術について紹介する。

○最新の高所解体仕様油圧ショベル/キャタピラージャパン(同)/白澤 博志
低層階から高層階の構造物解体に加え、基礎解体、解体ガラや残土処理作業にも対応可能な解体工事向け仕様油圧ショベルを開発した。解体工事の効率アップによる工期短縮を可能とするだけでなく、安全な作業にも貢献可能な特長を備えている。その製品特長について紹介する。

○環境の変化に対応した木造家屋解体仕様機/住友建機㈱/小野 琢人
社会的な環境の変化や顧客の声に対応した新世代木造家屋解体仕様機、SH75X-6AKKの主な特徴について紹介する。

○大型油圧ショベル用クイックカプラー/㈱アイヨンテック/栗林 伸仁
建物解体現場において、人手不足・オペレーター不足に伴い、数台の大型ショベルを投入することで対応する現場も多くみられる。アイヨンカプラーで安全に早くアタッチメントを交換することで、大型ショベルの稼働率を高め、台車の処理能力の高さを生かした高い生産性で工期短縮につなげる。

○超大型低騒音油圧ブレーカ/古河ロックドリル㈱/草野 幸生
解体現場では、構造物の大型化や耐震基準の見直しにより、より破砕力の強い油圧ブレーカのニーズが存在する。この問いに答えるべく、低騒音化技術をベースに高い破砕性能を持った超大型油圧ブレーカFxj770について紹介する。

○環境に配慮した次世代解体用アタッチメント/東空販売㈱/加茂 浩徳
より高層化が進む建築物への対応、現場でのより進んだ環境対策が求められる昨今の解体業界において、当社が取組む新商品、超低騒音油圧ブレーカ(NETIS登録品)、IoTを取入れたアタッチメントアフターサービスの新システム、SRC建築物の解体専用大割カッター等を紹介する。

■技術資料
○大型埋設物を切り回し地下鉄直上に短期間で通路を築造/㈱大林組/神原 聡・上田 康貴
本稿では地下通路工事のうちNTTケーブル切り回しの施工方法変更による工期短縮および東京メトロ既設躯体直上施工における情報化施工と安全確保について概説する。

○異常気象リスクへの適応策と土木技術が担う役割/中央大学研究開発機構/松下 潤/東急建設㈱/高倉 望
日本の国土は一級河川109水系に細分化され、海岸線延長も35,000kmに達する。それぞれの水系ごとに、異常な集中豪雨による洪水や土石流、大都市での内水氾濫や地下構造物への浸水など、輻輳的な災害リスクに備える必要がある。本稿では、先行事例の紹介も交え、土木技術が担うべき役割とは何かを考える。

■話題の工法
○トンネル工事で威力を発揮する発破超低周波音制御装置/飛島建設㈱/小林 真人
TBIレゾネータとはトンネル縦断方向に開口を有する音響管の共鳴現象を利用することで、発破による超低周波音の消音を実現するものである。本稿では、TBIレゾネータの概要と音響管による消音メカニズムを概説し、実機による発破音消音効果について紹介する。

■業界情報
○2017年4月度建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:現場打ちコンクリートの省力化・高品質化を目指して
○コンクリート床工事の省人化を目指して/㈱竹中工務店/安藤 雄基
建設業における技能工不足、技術の伝承が懸念される中、重労働職種かつ機械化が遅れているコンクリート工事に着目し品質向上、生産性向上に寄与する機械を導入した機械化施工推進活動を本稿で紹介する。

○高品質なコンクリート運搬・打設システムで現場の高低差を解消/鹿島建設㈱/橋本  学・柳井 修司・石橋 靖亨
新型バケットと扁平ホースを組み合わせた「運搬・打設システム」を用いることで、スランプ8~ 12cm程度の硬練りコンクリートの性状変化を生じさせることなく高所へ運搬でき、高耐久・高品質なコンクリート構造物を構築できることを確認した。

○厚幌ダムにおけるCSG打設/安藤ハザマ/和辻総一郎/安藤ハザマ・岩田地崎・田中特定建設工事共同企業体/佐々木 淳
台形CSGダム本体として3例目となる厚幌ダムは、実打設期間約9ヶ月で36万m 3のCSG打設を行った。本稿は大量高速施工を可能としたCSG混合システムの概要と混合システムで製造したCSGの品質、打設実績を紹介する。

○ヒートパイプを使ったコンクリート内部の冷却/鉄建建設㈱/柳 博文
本技術は、ヒートパイプを用いたマスコンクリート打込み時の内部温度上昇を抑制する工法で、温度ひび割れを抑制し、コンクリートの品質向上を図る。循環装置や配管が不要なので、施工性の向上、コスト縮減を図れる。

○コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO/SlabFinisher」/大成建設㈱/中村 洋祐
当社は現場打ちコンクリート作業の省力化を図るため、作業員を体力的に負担の多い労働条件から開放し熟練工の施工と同程度に床を仕上げることを可能とするコンクリート床仕上げロボットを開発した。

○T-iROBOUW(シャフト式遠隔操縦水中作業機)による水中岩盤掘削/大成建設㈱/水野 智亮
工費の増大、工期の長期化、危険の伴う大深度での潜水作業を低減させるなどに配慮したT-iROBO UW(シャフト式遠隔操縦水中作業機)を共同開発した。本稿では、T-iROBOUWの構成・特徴および、京都宇治市の天ケ瀬ダム再開発トンネル放流設備流入部建設工事における水中岩盤掘削の施工について報告する。

○練上がり温度を自動制御する吹付けプラント/飛島建設㈱/筒井 隆規・熊谷 幸樹/㈱原商/遠藤 信広・秦 英昭
山岳トンネル工事のNATMにおける主要な支保部材である吹付けコンクリートは温度依存性が強く、特に、外気温が低下する冬季は施工性や品質が低下する。そこで、本稿では、筆者らが開発した練上がり温度を自動制御するICT吹付けバッチャープラントを紹介する。

■特集:無電柱化工事の現状と展望
○無電柱化に向けた最近の取り組み/国土交通省/髙松 昭浩
無電柱化は、防災面や安全面、景観面からニーズが高く、昨年12月には「無電柱化の推進に関する法律」が公布・施行された。本稿では、無電柱化を推進する取り組みとして、低コスト化や電柱等の占用の禁止について紹介する。

○東京都における無電柱化の取り組み/東京都建設局/有江 誠剛
東京都は「都市防災機能の強化」「安全で快適な歩行空間の確保」「良好な都市景観の創出」を目指し、無電柱化を積極的に推進している。本稿では、東京都無電柱化推進計画と2020年に向けた実行プランにおける東京都の新たな取り組みについて紹介する。

○京都市における無電柱化の取り組み/京都市建設局/豊田 幸宏
国で行われている「無電柱化低コスト手法の技術検討」の内容をいち早く取り入れ、これまで技術的な制約により実施できなかった路線でも実施が可能となった「先斗町通無電柱化事業」の事例を紹介する。

○海外の無電柱化で使用されている建設機械/(国研)土木研究所/小林 勇一/北海道開発局/田所 登
無電柱化推進に向けた低コスト・高効率の電線類地中化技術を検討する基礎資料とするため、海外の無電柱化で使用されているケーブル埋設用掘削機械の実態調査および掘削試験を実施したので報告する。

○電柱地中化工事~埋戻し作業効率化への提案/キャタピラー/相原 聡子
電柱地中化工事に伴う埋戻し作業の効率化、作業員の疲労軽減に、ミニバックホー用CAT振動コンパクタプレートを提案する。
■話題の工法

○既設構造物を対象としたSAVE-SP工法による液状化対策/㈱不動テトラ/森鼻 章治
SAVE-SP工法は、専用添加剤で流動性を持たせた材料砂を地盤内にポンプ圧入する技術により、小型施工機でゆるい砂質地盤の締固めを可能にした液状化対策工法である。本稿では主に既設構造物に適用した施工事例を紹介する。

■製品紹介
○全回転チュービング装置RTシリーズ/日本車輌製造㈱/高山 浩司
オールケーシング掘削機であるRTシリーズは、転石のある地盤や岩盤における場所打ち杭の施工、大深度の掘削施工に加えて、地中障害物の切削・撤去にも威力を発揮している。販売を開始して30年間、多様なラインナップを揃えてきたRTシリーズを紹介する。

■業界情報
○2017年3月度建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
特集:クレーン・高所作業車の安全対応
○クレーンの事故と安全対応/(一社)日本クレーン協会/坪田 章
建設業のクレーン等による労働災害は、長期的には減少傾向にあるが、短期的には横ばい、あるいは微増傾向にあると危機感を抱く。そこで平成21~27年の建設業のクレーン等の災害事例を分析した。安全対応とクレーン等の技術革新に役立てていただきたい。

○大型クローラクレーンの安全対策/コベルコ建機㈱/岡 高廣
大型クローラクレーンには汎用クローラクレーンに無い特徴がある。本稿では2016年5月に販売開始した最大つり上げ能力1,250tのSL16000J-Hを例に大型クローラクレーンの特徴と安全対策を紹介する。

○ラフテレーンクレーンの安全対策/㈱加藤製作所/近藤 康博
各種工事で必要不可欠になっている移動式クレーンの一つであるラフテレーンクレーンついて、クレーン装置部と走行装置部の安全対策の現状と将来的展望について解説する。

○クライミングクレーンの安全性向上/㈱北川鉄工所/野島 昌芳
直接的な、安全性向上では無く、操作性向上による物、現地融和性等による、間接的に安全性に寄与する物を含めた。また、安全性の今後についても記載した。

○高所作業車における安全対策/㈱アイチコーポレーション/早川 達也
ユーザーに安心して安全な製品を提供するために、法令や業界の要望に加え、当社独自の安全基準を制定し、継続的に見直し・改善を実施することで安全性の向上に努めている。本稿では高所作業車に採用している事故防止装置や、安全な作業をサポートする当社の取り組みについて紹介する。

○新型高所作業車の安全対策/㈱タダノ/金川 裕之
本稿では、汎用性の高い一般工事用トラック式高所作業車に採用している安全機能・技術を紹介する。

■技術資料
○路面滞水処理作業における新規機械の開発/鹿島道路㈱/伊藤 圭祐
道路橋床版の耐久性向上のために、床版防水層と呼ばれる耐久性の高い床版防水工法が適用されている。この施工の際、適切な前処理が必要であり、水分量が多いと施工した防水層にピンホールやブリスタリング等が発生する。これらを防ぐため、路面の水分状態に応じた適切な乾燥方法が求められている。そこで、熱風発生装置を搭載し広範囲の路面乾燥に特化した「自走式路面乾燥機」を開発したので報告する。

○地下鉄トンネルのはく落事故防止対策/東京地下鉄㈱/今泉 直也・宮本 光基
当社は、トンネルの浮き・はく離の複数の新しい検知システムや、検査結果のバラツキをなくす新しい統計分析手法を開発し、これらを実務に取り込む作業を行っている。本稿では、これらの内容を紹介する。

○今、求められている3Dスキャナーによるデジタル化/ファロージャパン㈱/飯田 剛弘
インフラの経年変化や震災リスクへの対応による改修工事、設備の老朽化に伴う修繕工事、近代的な建設プロジェクトなど、土木・建築分野などの調査や計測で3Dデータがよく使われている。従来の計測手法では数値データや写真・動画でしか取得できなかった現場の情報を、3Dスキャナーを使用することで解析やシミュレーションで活用する例も増えている。本稿では、3Dスキャナーがどのように活用されているかを事例を交えて紹介する。

○CIMを活用した斜面計測監視3D-ICTシステムの開発および施工現場への適用/安藤ハザマ/宇津木慎司
地すべり地帯や軟弱な地盤地帯などにおける工事において、多種の地表および地中計測結果をWeb上で一元管理するとともに、変位ベクトルなどをリアルタイムに3次元モデル上で表示する、斜面計測監視3D-ICTシステムについて報告する。

■話題の工法
○ボックスカルバートを特殊台車で搬送・敷設/旭コンクリート工業㈱/岸 秀樹/大阪府富田林土木事務所/陣野 員久/久本組・大起工業特定共同企業体/天野 宏
時用避難通路の建設に採用されたプレキャストボックスカルバートの据付けに、特殊台車で搬送、敷設できる工法「ECO-C・L工法」を適用した施工事例について記述する。

○震災復旧に不可欠な道路段差軽減工法/前田建設工業㈱/山内 崇寛
大規模地震後の道路段差を防止し緊急車両輸送路を確保することを目的として道路段差軽減工法を開発した。ジオテキスタイルで中詰砕石を包み込んだ補強土を道路段差の発生が予想される箇所に埋設することで道路段差を防止する工法である。

■製品紹介
○人と環境に優しい新型振動ローラ/酒井重工業㈱/笹森 良
新機種開発においては排ガス規制などの法規制対応だけではなく、更なる安全性、周囲環境への配慮、利便性などの付加的価値が多く求められる。本稿では多様な要求に応えるべく開発された新型振動ローラを紹介する。

○重量構造物の持ち上げ、降ろし、保持する新しい装置/エナパック㈱/遠藤 賢一

■業界情報
○2017年2月度建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
2,178円
■特集:建設ロボットの現状と展望
○有珠山における小型無人ヘリを利用した火山調査技術/日本工営㈱/早川 智也/北海道開発局 石田 時代/北海道大学/橋本 武志/山梨県富士山科学研究所/吉本 充宏
火山活動時の立入規制範囲内の調査において無人ロボット技術の応用が有効であることから、産官学連携のもと小型無人ヘリを用いて有珠山にて調査技術の開発を実施している。この取り組みを紹介した上で、火山灰サンプリングの調査状況を報告する。

○i-ConstructionのためのICTを全面的に活用する出来形管理の検討/国土技術政策総合研究所/長山 真一・森川 博邦
i-Constructionの取り組みにおける「ICTの全面活用」について、土工工事における設計、施工、管理での3次元データの活用のための基準類について紹介する。

○同調制御を用いた上肢・下肢一体型ロボティックウェア/信州大学/水上 憲明・橋本 稔
世界でも類を見ない超高齢社会に我が国は突入している。要介護者や肉体労働者における人体装着型ロボットへの期待は大きい。本稿では、軽量かつ装着が容易で、動作拘束感が非常に少ないロボティックウェアcuraraRについて紹介する。

○イメージステーションを用いた合理化測量工法/大成建設㈱/梅津 匡一
筆者は「イメージステーション」と称されるデジタルカメラ内蔵型の三次元測量機を活用し、タブレットPCなどの携帯端末から測量機を遠隔操作する手法を立案・検討した。本稿ではイメージステーションを用いた新たな測量工法について述べる。

○小型検査ロボットによる天井ふところ内の目視検査手法/足利工業大学/仁田 佳宏・松村 仁夫/戸田建設㈱/稲井 慎介
本稿では、Wi-Fiカメラを搭載した小型検査ロボットと検査用表示パネルからなる天井ふところ内の検査手法を紹介する。紹介する検査手法を用いることで、簡便に天井ふところ内の検査が可能となる。また、紹介手法を実構造物へ適用した実証実験についても報告する。

○拡張現実を用いた水中可視化システムの導入事例/東亜建設工業㈱/三毛 凱仁・田中 孝行・那須野陽平・冨岡 秀
海洋工事における水中構造物の形状把握に使用されているNMB測量では、解析作業が必要になるため、リアルタイム性に欠けるという課題があった。当社では、拡張現実の技術を応用し、3次元モデルと計測データを重ね合わせ、水中の様子がリアルタイムに3次元で表現可能なシステム「Beluga-AR」を開発した。本稿では、システムの概要と現場への導入事例について紹介する。

○無人化施工の新展開/次世代無人化施工技術研究組合/猪原 幸司
近年、多発する水害に対し、無人化施工の浅水域への展開が望まれている。本稿では、これに資する内閣府総合科学技術・イノベーション会議の「SIPインフラ維持管理・更新・マネジメント」(管理法人:NEDO)によって実施している研究のうち、水中の不可視走路で必要となる操作ガイダンス装置の開発について紹介する。

○ホイールローダ自動掘削機能/コマツ/和田 稔・今泉 雅明・今西 康太
ホイールローダの掘削作業の効率はオペレータの技量に大きく依存する。そこで作業機の手動操作を不要とし、オペレータの技量によらず熟練オペレータ並みの作業量を確保可能とした自動掘削機能を開発したので紹介する。

○改良型遠隔操縦ロボット(ロボQⅡ)/㈱フジタ/三村 洋一・本目 毅
本稿では初代遠隔操縦ロボット(通称ロボQ)とその稼動維持管理上のノウハウを基に開発した改良型遠隔操縦ロボット(通称ロボQⅡ)について述べつつ、平成27年度の次世代インフラ用ロボット現場検証での結果と長崎県島原振興局発注の無人化施工での稼動とオペレータ育成状況について報告する。

○油圧ショベル遠隔操作における施工効率/(国研)土木研究所/橋本 毅・梶田 洋規・藤野 健一/国土交通省関東地方整備局/茂木 正晴/芝浦工業大学/油田 信一
災害後などの危険な場所では、安全のため遠隔操作型建機を使用する場合があるが、一般的に通常より効率が低下する。本稿では、効率を向上させるための新たな視覚・操作インターフェースを提案し、その効果について作業内容から検証を行った。

■技術資料
○気象情報の建設現場への応用/㈱大林組/大塚 清敏
土木構造物、建築物などの建設分野では、台風や大雨、突風や極端に強い豪雨など災害につながる厳しい自然現象とまともに対峙しなければならない。近年、高精度の観測技術や気象の数値予測の進歩は目覚ましく、建設分野への適用も進化してきた。本稿では気象情報の建設現場への応用についてその要諦を纏めた。

○鋼コンクリート複合杭を用いた橋梁拡幅部既設杭基礎の耐震補強/(一財)阪神高速道路技術センター/茂呂 拓実/阪神高速道路㈱/杉山 裕樹・糸川 智章
大阪都市再生環状道路では、大阪都心部の慢性的な渋滞緩和などを目的に現在整備中である。既設下部構造が負担する地震時慣性力が増加したため、橋脚基礎の耐震補強を実施した。本稿では、耐震補強のうち鋼コンクリート複合杭を用いた増杭工法の設計・施工について詳述する。

○大断面シールドトンネルにおける合成(HB)セグメントの適用/大成建設㈱/谷口 敦
中央環状品川線シールド工事(南行)のUターン路等特殊区間において、工期短縮、工費縮減、供用時のメンテナンス軽減等の優位性から合成(HB)セグメントを採用した。本稿ではHBセグメントの構造概要、品質確保対策および適用事例等について報告する。

○さらなる安全と効率化をめざした屋内位置把握システム/安藤ハザマ/澤 正樹・清水 充子/㈱日立ソリューションズ/賀川 義昭
GNSSで位置判定が行えない屋内空間では、管理対象の位置を特定することが容易ではない。従来のRFIDやPHSと異なる無線通信規格を採用し、運用が容易で低コスト、かつ詳細に位置把握できるシステムを開発・実用化した。

■業界情報
○2017年1月度建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会
おすすめの購読プラン

建設機械 雑誌の内容

  • 出版社名:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
建設機械と機械施工の専門誌
本誌は、建設機械と建設の機械化施工を中心として工法、環境、公害、安全、保守等の関連技術との接点をわかりやすく体系づけ、施工者、建機メーカ、現場管理者からオペレータにいたるまで、相互の理解に役立つよう編集しております。 雲仙普賢岳での建設機械の無人化運転の進歩、震災復興に係わる耐震補強施工技術の問題、公共工事コスト縮減対策と建設機械との係わり、建設CALS、建設副産物リサイクル等、読者にとって目の離せない情報源であると確信します。

+   建設機械の目次配信サービス

建設機械を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年02月26日発売

目次: Newton Special

健やかに生きるための正しい知識
「老い」の教科書
監修 島田裕之/佐谷秀行/佐藤眞一
執筆 竹ヶ原諒貴(編集部)・西村尚子・前田 武

はるか昔から,人々は老化を防ぎたいと願ってきた。現在では科学の力によって,老化現象の詳細がわかってきつつある。体が衰えるしくみや,老化を防ぐ生活習慣などを紹介する。

PART1 人はなぜ老いるのか

PART2 「老けない人」は何がちがうのか

PART3 「老い」と向き合う心

PART4 未来の「老い」はどうなるか

FOCUS Plus
工学
震災から10年,福島第一原発の現状とこれから
監修 竹下健二
執筆 三澤龍志(編集部)
地学
5万年前までのほとんどの地層の年代測定が可能に!
監修 中川 毅/山田圭太郎/大森貴之
執筆 山田久美
医学
出産時に母親の子宮頸がんが子どもに移行した
協力 小川千登世/荒川 歩
執筆 北原逸美

Nature View
光合成をやめた植物たち
【試し読み】
菌類から栄養を奪って生きる植物
写真・監修 末次健司
執筆 財部薫乃子(編集部)

Topic
天文学者を悩ませる4万機の人工衛星
【試し読み】
スペースX社が打ち上げる大量の人工衛星が
地上での天体観測にあたえる影響とは?
監修 大石雅寿
執筆 中野太郎

Topic
「捨てられない」という心の病
【試し読み】
集めすぎる,手放せない,整理できない─
「ためこみ症」を知っていますか?
監修 五十嵐透子
執筆 尾崎太一

科学と倫理の交差点
人工呼吸器の優先順位は
どうするべきか
監修 児玉 聡
執筆 三澤龍志(編集部)

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/11/26
    発売号

  • 2020/10/26
    発売号

  • 2020/09/26
    発売号

  • 2020/08/26
    発売号

2 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年02月27日発売

目次: ○特製付録 太陽系マップ 二つのタイプの惑星たち

【特集】
●魅惑の火星を探る
古代の人々が「さまよえる星」と呼んで以来、火星は人類にとってとても気になる星。この謎めいた惑星を知りたいと、20世紀半ば以降、数々の探査機や探査車が送り出されている。
●私は死刑囚だった
米国では1973年以降、8700人以上が死刑宣告を受け、1500人以上の死刑が執行された。一方で、死刑宣告を受けたものの、その後、無罪であることがわかり、釈放された元死刑囚は182人に上る。無実の罪で服役し、その後、科学捜査の進展などによって身の潔白が証明された人たちだ。
●1本の線と国境紛争
カシミール地方の高地で起きたインドとパキスタンの国境紛争。地図上の1本の線が戦闘のきっかけだった?
●消えるドッグレース
ドッグレースは米国発祥のギャンブル。レース犬の扱い方に批判が高まり、全米から消えようとしている。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「福島第一原発 廃炉の現場」
自分にできることは何なのか?日本の工業技術や研究開発を現場目線で撮影してきた写真家が、福島第一原子力発電所の廃炉への歩みを記録しようと立ち上がった。事故から10年たった今も撮影を続けている。
●EXPLORE 探求するココロ
「化石の正体は?」「満月の晩に綱渡り」「焼けた森の生態系」「わなで作ったアート」「水をはじくガの羽」
●写真家の撮っておき

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「大阪の魔法瓶工場」
●今月の表紙:古代ギリシャでは戦いの神とされ、近代では高度な土木技術をもつ文明が栄えているとされるなど、火星は何千年にもわたって人類を魅了してきた。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/30
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/09/30
    発売号

  • 2020/08/28
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年02月25日発売

目次: 【特集:混迷のパンデミック】
 急拡大する変異株
 COVID-19 嗅覚障害の原因と予後
 強まるストレスにどう対処するか

-----------------------------------------------------------------

【特集:宇宙論にほころび】
 真空エネルギーと暗黒エネルギーは折り合えるか
 ハッブル定数 食い違う観測値

-----------------------------------------------------------------

人間関係を把握する脳内マップ

探査機がとらえた 生きている火星

さらばGDP 新たな社会幸福度指標の提案

クジラががんにならないわけ 細胞の裏切りを検知するメカニズム

宇宙戦争を阻止せよ 高まる衛星間攻撃の緊張

-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。
◇フロントランナー挑む
新型コロナの謎に迫る決断力と機動力の免疫学者:岩崎明子(米エール大学)
◇NEWS SCAN:数学と光,半導体に変革/ふ化のしやすさ予測/TOPICS/
太陽エネルギーで海水淡水化/動脈瘤のリアルな模型/多様なDNAカッター/
虫の足をすくうシワ/一緒にフェローフライ/熱で見るヘビの“目”/
ものをいうメッセージ/クモの脚の知性/ニュース・クリップ ほか
◇From Natureダイジェスト:生物時計を巻き戻して老齢マウスの視力を回復
◇ヘルス・トピックス:断続的断食
◇パズルの国のアリス:ヤマネの姪たちの大学訪問
◇BOOK REVIEW
『操作される現実』 井上 亨
『BIRTH いのちの始まりを考える講義』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか
◇科学のアルバム
◇サイエンス考古学
フロート板ガラス/列車の中央制御/冷静な業態転換/地球は固体か溶融体か?/犬たちの労働/甘いブドウ
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

4 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2021年02月05日発売

目次: 藤井 旭が選ぶ
今冬の天文現象アルバム

:藤井 旭

本誌の天文現象のカレンダーに目を通すと、日食や月食などの見た目に派手さのある現象から、ごくさりげない現象まで、一年365日、星空の眺めを楽しむことができます。3月号では、藤井旭さんにより「天文ファン的に楽しめた天文現象」という切り口で、2020年暮れからこの冬にかけて、読者がとらえた星空の光景を選び、まとめました。
2020.12.15南米皆既日食


2020年12月15日(日本時間)に南米・チリ、アルゼンチンで皆既日食が見られました。
現地は新型コロナウイルス禍の真っただ中にあり、海外から現地への入国は非常に困難となりました。幸運にも現地での観測ができた、ドイツのアンドレアス・メラー氏がとらえた皆既日食の写真を紹介します。
南米・アタカマ砂漠
2019日食&星空紀行

:榎本 司

2020年12月に南米で見られた皆既日食は、新型コロナウイルスの影響で観測ができる状況ではなくなってしまいましたが、1年前の2019年7月、同じく南米で皆既日食が見られました。今号では、この日食をとらえるために現地に遠征した榎本司さん(「月のある絶景」連載)が皆既日食撮影で取り組んだ試み、そしてチリ北部に広がるアタカマ砂漠の星空絶景について紹介してもらいました。
星雲・星団観察用望遠鏡の自作

:津村光則

「見て楽しい・撮っておもしろい 星雲・星団案内」を連載する津村光則さんが、連載で取りあげる天体の観察用に低倍率の望遠鏡を自作しました。製作と自作望遠鏡での観察の様子をレポートします。
【TOPICS】
今冬の流星群観測報告/長田和弘
月のある絶景/榎本 司
集中連載 「月・惑星」高画質画像撮影法/山崎明宏
星明かり月明かり/牛山俊男
天体画像処理あれコレ/西條善弘
天文ガイド価格改定のお知らせ
天文ガイドバックナンバー企画のお知らせ

【THE SKY】
3月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春、内藤誠一郎、塚田 健
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
「星雲・星団撮影」入門30/中西アキオ
T.G.Factory/西條善弘
読者SPACE!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
今日からロケッティア!/足立昌孝
宇宙天気/篠原 学
オーロラカレンダー/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭
彗星ガイド/中野主一

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/01/05
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/05
    発売号

  • 2020/10/05
    発売号

  • 2020/09/04
    発売号

  • 2020/08/05
    発売号

5 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2020年12月15日発売

目次: 特集 グリーン・リカバリーで日本経済を立て直す/再エネ発電の市場拡大/「トップリーダーに訊く『環境配慮型経営』」-日立造船・代表取締役社長兼COO・三野禎男氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/15
    発売号

  • 2019/09/17
    発売号

  • 2019/06/17
    発売号

8 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/12
    発売号

  • 2020/10/12
    発売号

  • 2020/09/12
    発売号

  • 2020/08/12
    発売号

9 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年02月05日発売

目次: ★表紙画像
和田昌也さんによる「M45プレアデス星団」です。星自身が放つ光や周囲の分子雲の構造が美しい作品です。

★「ステライメージ9」で大量コンポジット(解説・作例/谷川正夫)
天体画像処理に特化した「ステライメージ」が「9」にアップグレード。画像処理時間の短縮のほか、新機能が搭載されさらに使いやすくなりました。実際の手順に沿った「使いこなし」の解説に加え、「ステライメージ9」の大量コンポジットを用いた「赤道儀不要の星雲・星団撮影」を紹介します。

★機材セレクション SONYα7SIIIの天体動画適正(解説・作例/北山輝泰)
2020年秋にソニーから発売された「α7SIII」は高感度撮影に特化したラインナップの最新機種で、動画クリエイター向け機材としても注目されています。星景動画に必要な機材と設定、「α7SIII」の高感度特性について作例を交えながらレポートします。

★宇宙の不思議に出会う「星空ナビ」(紹介/アストロアーツ「星空ナビ」チーム)
天体写真や図鑑を見たときに感じたワクワクをスマートフォンで楽しんでみませんか? 「星空ナビ」は星空とニュースを一度に楽しんだり、観測に役立つ情報も充実した天文アプリ。「星空ナビ」を使った星空の楽しみ方を開発者のインタビューとともに紹介します。

★「はやぶさ2」ミッションレポート#17 もはや“石”! 1cm大のサンプル粒子を確認(解説/中野太郎)
2020年12月6日にサンプルが地球帰還した「はやぶさ2」は、カプセル開封からキュレーションまで順調に進んでいます。A室・C室で回収したサンプルの様子や、拡張ミッションに向けた調査について解説します。

★エーゲ海の風 第19回 モンスターたちの受難 星座の訳語をめぐる物語(解説/早水 勉)
古代ギリシアの星座の中には、「怪物がモデルの星座」がいくつもあります。今回は、特に成立の歴史が興味深い「うみへび座」と「くじら座」をピックアップ。星座たちが持つルーツや和名誕生の秘話とは一体⁉

★マユコの星ナビch 突撃!ラボ訪問file7 研究して気づく地球の特別さ! 惑星の理論研究に迫る(紹介/マユコ)
YouTubeチャンネル「アスナロサイエンス」で情報発信を行うマユコさん。今回のゲストは「惑星形成論」の研究者。知れば知るほど気付く「地球」の特別さって? 記事のこぼれ話はYouTubeチャンネルにて!

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/01/05
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/05
    発売号

  • 2020/10/05
    発売号

  • 2020/09/04
    発売号

  • 2020/08/05
    発売号

建設機械の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌