介護ビジョン 発売日・バックナンバー

全249件中 46 〜 60 件を表示
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 号 2020年6月号(2020年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特別企画
介護従事者への激励メッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大に対し、日々感染のリスクに晒されながらも、高齢者の自立した生活を支えるべく、介護従事者が奮闘しています。
そうした介護従事者を取り巻く方々から、激励メッセージを寄せていただきました。

安藤なつ(メイプル超合金)/町 亞聖/菊地雅洋/川内 潤/和氣美枝/秋本可愛/
高瀬比左子/貝塚誠一郎/井戸和宏/鈴木森夫/青木正人/山下総司

-------------------------------------------------------------
◆第1特集
介護が地域にできること
地域課題に気づきその解決を図るために

困っている人を助けたい――。
介護事業は社会福祉の一環であり、そこに携わろうとする人の心の底流には、こうした思いが流れているはずだ。
日本は人口減少時代を迎え、多くの地域そのものが困った状況に立ち至ろうとしている。
そうした状況において、介護事業者は地域のキーマンとなる可能性を秘めており、その可能性を花開かせる時代が到来しようとしている。
そんな時代の介護事業者の役割を、改めて考えてみたい。

●Perspective コミュニティのために行動するセンターに
 山崎 亮(株式会社studio-L 代表取締役)

●Case1 ごちゃまぜという思想から本格的なまちづくりへ
 地域における役割を広げていく佛子園
 雄谷良成(社会福祉法人佛子園 理事長)

●Case2 困りごとの解決から自らの役割を広げていく
 団地の高齢者の課題を助ける〝御用聞き〞
 古市盛久(株式会社御用聞き 代表取締役)

●Case3 高齢者の役割づくりと地域経済の活性化をつなぐ
 生き甲斐づくりを事業化するHappy Care Life
 中林正太(Happy Care Life 株式会社 代表取締役)

-------------------------------------------------------------
◆第2特集
生き延びるために
今とるべき一手

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されているなか、介護事業者の経営状況は非常に厳しくなっている。
今後も事業継続をしていくために、介護事業者が今やるべきことについて、「資金繰り」「人材マネジメント」「複合災害対策」「メンタルヘルスケア」の点から解説する。

-------------------------------------------------------------
◆緊急特集
新型コロナの教訓2
感染者発生時の介護事業者の対応

-------------------------------------------------------------
■TOPICS
 コロナ時代の雇用対策と人材確保に“チャンス”到来?

■PickUp 介護のミカタ
 施設向け配食サービス「ぐっどはあと」

■育てる 育つ 異業種に学ぶ人材育成
 Colorkrew(IT企業)

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第15話「つき通す」

■介護と医療をフラットに
 髙橋公一

■介護業界 裏読み・深読み
 あきのたかお

■みんなが知らない 介護環境デザインの世界
 村上 享

■制度と経営に強くなる!
 介護事業経営研究会(C-MAS)

■Update the Value Standard
 早川浩士

■バトンをつなぐ――若きリーダーたちへ
 山田尋志

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年7月号(2020年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
これからの介護はどう変わる?
コロナ騒ぎから見る介護の展望(仮題)

新型コロナ感染症の収束時期が未だわからない今、介護事業者はアフターコロナではなく、Withコロナを踏まえた経営を考えていかなければならない。「デイサービスの意義」「施設看護師の役割の見直し」「地域とのつながり方」などの論点から、今後の介護の展望を議論する。

◆第2特集◆
ニチイ学館
~急転直下の上場廃止、真の狙いと展望を探る~(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 号 2020年5月号(2020年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集
介護の未来はどうなる?

めまぐるしく変わる時代の流れのなか、これからの介護を取り巻く状況は、どう変化し、何が期待されるのだろうか。
先が見えにくい時代だからこそ、組織のリーダーに求められるのは、広い視野から〝未来〟の姿を思い描く力なのかもしれない。
今回は、業界の外から〝介護〟を見つめる識者と共に〝介護の未来〟を考えてみよう。

●Prediction 未来の社会は「ケア」が原動力になる
 広井良典(京都大学こころの未来研究センター教授)

●CARE × TECH 超高齢化にテクノロジーで挑む
 落合陽一(ピクシーダストテクノロジーズ株式会社代表取締役CEO)

●CARE × DESIGN 高齢者が多数派となる社会をデザインする
 阿久津靖子(Aging Japan代表理事)

●CARE × AI AIは未来の介護に何をもたらすか
 石山 洸(エクサウィザーズ代表取締役社長)

-------------------------------------------------------------
◆第2特集
今狙うべき
補助金・助成金

介護事業を進めるうえで経営者の頭を悩ますのが“お金”の問題。
介護報酬や自費サービスなどからの収入のほかに頼りになるのが、各種補助金・助成金の存在だ。
今年度は地域医療総合確保基金(介護分)で施設整備等の介護事業者向けのメニューが充実。
今、注目すべき助成金・補助金を紹介・解説する。

-------------------------------------------------------------
◆緊急特集
新型コロナの教訓1
情報共有と発信

-------------------------------------------------------------
■ケアのある風景
 社会福祉法人 四ツ葉会 デイサービスセンター もくもく

■PickUp 介護のミカタ
 ルコックスポルティフ「ケアスタッフウェアシリーズ」

■育てる 育つ 異業種に学ぶ人材育成
 Lond(美容室)

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第14話「伝言」

■介護と医療をフラットに
 髙橋公一

■介護業界 裏読み・深読み
 あきのたかお

■みんなが知らない 介護環境デザインの世界
 村上 享

■制度と経営に強くなる!
 介護事業経営研究会(C-MAS)

■Update the Value Standard
 早川浩士

■バトンをつなぐ――若きリーダーたちへ
 大橋謙策

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年6月号(2020年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
地域課題の解決と介護事業者
介護が地域にできること(仮題)

少子超高齢社会、地域間格差の拡大により、活力が失われている地域が増えている。そのなかで多くの高齢者がさまざまな困り事に悩んでいる。地域の活性化、コミュニティの再生、独居高齢者の見守り・支援など、地域課題の解決のために、介護事業者はどんなことができるのかを模索する。

◆第2特集◆
人・物・金から考える
今を生き延びるための介護事業者の一手(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 号 2020年4月号(2020年3月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集
チーム力は”仲間力”
仲間と拡げるケアの領域

チームが大切と人は言う。チームだからこそできることも多くあるともよく聞く話だ。なぜ、“チーム”だと力が生まれるのだろうか。チーム力がすごい、といわれているチームは何をやっているのか。チームのあり方から仲間との関係の築き方まで探ってみた。

●チームとは何か?
●鼎談 糸魚川恒 × すがぬまけん × 早川雅彦
●ぐるんとびー/いきいき福祉会
●ちいき・ケア
●リカバリータイムズ
●東京ばあばずコレクション

-------------------------------------------------------------
◆第2特集
介護の目線で考察
診療報酬改定を読み解く

医療業界のあり方を方向づける診療報酬改定。2018年のダブル改定に続いた今回は、医介の連携をさらに促すなど、注目すべき改定となっている。そんな診療報酬改定を、介護業界からの目線で解説する。

 [お話を伺った方]
 ●網代祐介さん(社会医療法人社団光仁会 医療福祉連携室長 経営企画室)
 ●長英一郎さん(東日本税理士法人 代表社員 所長)

-------------------------------------------------------------
■ケアのある風景
 株式会社あおいけあ

■PickUp 介護のミカタ
 ヒューマンライフケア 流山国際研修センター

■育てる 育つ 異業種に学ぶ人材育成
 しゅん・あぐり(農業法人)

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第13話「ライフ」

■介護と医療をフラットに
 髙橋公一

■介護業界 裏読み・深読み
 あきのたかお

■制度と経営に強くなる!
 介護事業経営研究会(C-MAS)

■Update the Value Standard
 早川浩士

■バトンをつなぐ――若きリーダーたちへ
 大橋謙策

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年5月号(2020年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
介護の未来学
2030年の社会における介護とは?(仮題)

テクノロジーの進歩、人口構成の変化などによって、近い将来、日本の「介護」を取り巻く情勢は、どのように変わってくるのだろうか。介護領域にも関わる多方面の識者に、「未来予想」を聞くとともに、これからの「介護」のあり方について、それぞれの想いを伺う。

◆第2特集◆
介護事業者だから知っておきたい
助成金・補助金・基金等の活用(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 号 2020年3月号(2020年2月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
リニューアルのお知らせ
このたび、『地域介護経営 介護ビジョン』を大幅にリニューアルする運びとなりました。今号からは、「介護とは、ケアとは何か」を深く掘り下げながら、経営の実践に役立つ情報をお届けします。さらに、これからの介護福祉分野の経営ならびに次世代育成を担うリーダーたちが、自分自身の介護の“ビジョン”を描き、その“ビジョン”を実現するために役立つ経営情報をお届けします。

-------------------------------------------------------------
◆第1特集
介護って何だ?
これからの介護を考える5人のビジョン

介護保険導入から20年。日本の少子高齢化がますます加速するなか、介護の意味や役割が問い直されている。だが、そもそも〝介護〟とは何なのか。これからの介護には、何が求められているのか。過去の歴史を振り返るとともに、介護職に新たな役割を見出した以下の5人のリーダーにもインタビュー。介護職の本質を考えてみた。
 [話を伺った人たち]
 ●あおいけあ   加藤忠相さん
 ●シルバーウッド 下河原忠道さん
 ●愛川舜寿会   馬場拓也さん
 ●ぐるんとびー  菅原健介さん
 ●ほっちのロッヂ 藤岡聡子さん

-------------------------------------------------------------
◆第2特集
発想から変わる!?
仕事に活きる職場外活動

職員のスキルアップとスケールアップが不可欠なのは、誰しもがわかっている。だが、座っているだけの研修では、職員の意欲の喚起は難しい。介護業界の教育・研修は、資格取得に偏重し、やらされ感も漂いかねない。そんな研修の壁の突破するため、職員の自発性と意欲を促す職場外活動に目を向けよう!!


-------------------------------------------------------------
■ケアのある風景
 介護付き有料老人ホーム [新](社会福祉法人 丹緑会)

■Pick Up介護のミカタ
 介護&看護EXPO

■育てる 育つ 異業種に学ぶ人材育成
 ダイヤ精機

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第12話「前提条件」


■介護と医療をフラットに
 髙橋公一

■介護業界 裏読み・深読み
 あきのたかお

■Update the Value Standard
 早川浩士

■制度と経営に強くなる!
 介護事業経営研究会(C-MAS)

■バトンをつなぐ――若きリーダーたちへ
 水谷和美

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年4月号(2020年3月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
チームの力(仮題)

一人の力でできることは限られています。しかし、一人ひとりの力が重なり、“チーム”となったときに、できることは大きく広がります。介護において、やりたいことを叶えるチームとは、どのようなものなのかを探ります。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年2月号(2020年1月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆200号記念特別編集◆
介護現場のリーダー
200人の原点と挑戦

人材不足の一方で、大きく変わりつつある介護業界。その未来を担うのは、介護現場の最前線で奮闘しているリーダー達だ。人生の大先輩である利用者と向き合いながら、利用者家族や地域住民、介護スタッフたちのために、リーダーたちは何を考え、どんな夢を描いているのか――。『介護ビジョン』の発刊から200号を記念し、介護の未来をつくる30~40代を中心としたリーダー“200人”の介護観の原点と挑戦を公開する!!

Part.1 マイ原点
~私の介護のルーツ

Part.2 私のチャレンジ宣言!
~2020年に挑戦したいこと

-------------------------------------------------------------
◆200号記念特別企画◆ 先達からのエール
これからの介護を担う未来のリーダー達へ

宮島渡 × 柴田範子 × 和田行男
慢性的な人手不足など厳しい環境にある介護現場で、日々奮闘するリーダーたち。介護保険制度の黎明期を経験し、今も介護現場の第一線で活躍する3 人の先輩たちに、介護業界の未来を担うことになるこれからのリーダーたちへのメッセージをいただいた。

-------------------------------------------------------------
■厳選カタログ
 実践に活かせる!
 グッズ&テクノロジー

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 一般社団法人介護支援鍼灸師協会

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第十一話「どんな自分」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

-------------------------------------------------------------
■在宅医が行く!!
 髙橋公一

ほか

■リニューアルのお知らせ
 次号2020年3月号(2月20日発行)から、「介護ビジョン」が変わります!
 新しく生まれ変わる「介護ビジョン」は、現在の、そしてこれからの介護業界を担う「リーダー層」に役立つ情報をお届けします。お楽しみに!

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年3月号(2020年2月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
介護って何だ?(仮題)
介護保険から20年目を迎えた今、「介護」の概念が変わろうとしています。日本の介護の歴史を改めて振り返るとともに、自分たち独自の介護を実践する5人に、それぞれのビジョンを伺います。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年1月号(2019年12月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特別企画◆
今こそ“日本の介護”を語ろう

世界の中の“日本の介護”と、令和における“日本の介護”。
介護保険制度開始から20年の節目の年の幕開けに、2つの座談会をお届けします。

Part.1 Special Talk
武見敬三×中村秀一×青木正人

Part.2 Re:Care Session
佐々木淳×加藤忠相×高瀬比左子

-------------------------------------------------------------
◆特集◆
次の10年を切り拓け!
どうする訪問介護

在宅生活を続ける要介護者にとって、頼りになるのが訪問介護サービス。だが近年、訪問介護事業者の多くは人材不足や類似サービスとの競合などで厳しい状況下にあり、将来的な成長戦略もうまく描けていないのが実状だ。そこで今回は、訪問介護事業者が生き抜く術を考察する。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 山本茂樹(有限会社生陽会 代表取締役)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 株式会社サンクレエ

■今月のInnovator
 松田崇弥(株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長)
 松田文登(株式会社ヘラルボニー 代表取締役副社長)

■今月の語録

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第十話「砂の中の砂金」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 住み慣れた家屋、暮らしてきた地域との関係性が維持できる生活を支援
 託老所あんき(愛媛県松山市)

■介護事業所Report
 社会福祉法人初穂会 特別養護老人ホーム稲毛こひつじ園(千葉市稲毛区)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人聖風会 あすカフェ(東京都足立区)

■ベテランズファイル
 社会福祉法人正吉福祉会(東京都狛江市)

-------------------------------------------------------------
■介護行政の先を読む
 水巻中正

■介護経営現場とれたてQ&A

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年2月号(2020年1月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
実録! 厳選介護リーダー200人たちの
「介護ビジョン」(仮題)

人材不足の一方で、大きく変わりつつある介護業界。その未来を担うのは、介護現場の最前線で奮闘しているリーダーたち。全国から厳選した200人の『介護ビジョン』を一挙公開し、介護の未来をつくるリーダーたちの挑戦を応援する。

◆第2特集◆
実践に活かせる
グッズ&テクノロジー(仮題)

近年はICTやAI、ロボットなど進んだテクノロジーの活用で、介護の仕事の効率化を図ろうとする動きが急速に高まっている。世の中は介護の仕事を楽しくしてくれるグッズにあふれている。おしゃれでスタイリッシュな車いすからマニュアルやプランを作るAIまで、編集部厳選のお役立ちグッズ&テクノロジーをご紹介。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年12月号(2019年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
「介護で高収入」は実現できる!
施設長が稼げる
介護事業者への一歩

介護事業所の施設長というと、他業種だと“部長クラス”にあたる役職といえるが、果たして今の介護業界で、施設長はそれ相応の給与を受け取っているといえるだろうか?
介護職員の処遇改善がクローズアップされる中、その上司にあたる施設長に対しても、きちんと評価し、他業種に引けをとらない適正な給与を支払うことが必要なのではないか。
そこで今回は、「施設長の給与」について考察する。

-------------------------------------------------------------
◆第2特集◆
入浴介助の負担を減らす
介護現場の入浴環境最前線

三大介助の一つ「入浴介助」。
感染症対策や転倒予防、ヒートショック対策など、気を配ることが多いだけでなく、身体的負担も大きい。
一方で、入浴回数の多い高齢者は要介護状態になりにくいというデータも出ている。
ここでは、介護現場における入浴の課題を洗い出すとともに、「入浴環境」をより良くするアイデアを紹介する。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 筒井健一郎(ステラリンク株式会社 たんぽぽ介護センター 代表取締役)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 エア・ウォーター株式会社

■今月のInnovator
 鈴木一平(株式会社リジョブ 代表取締役社長)

■今月の語録

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第九話「未来を浴びる」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 なくてはならない存在をめざして 「みづほ式KAIGO」を展開
 社会福祉法人慈雲福祉会 特別養護老人ホームグランアークみづほ(東京都品川区)

■介護事業所Report
 社会福祉法人仁生社 特別養護老人ホーム水元園・中川園(東京都葛飾区)

■地域とつながる カフェはじめました
 一般社団法人地域創生会 マチツナガルあかり食堂(神奈川県大和市)

■ベテランズファイル
 社会福祉法人伸こう福祉会(横浜市南区)

-------------------------------------------------------------
■介護経営現場とれたてQ&A

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年1月号(2019年12月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
これからどうする?
訪問介護 茨の道(仮題)

先細りが見えている訪問介護事業において、今後もこれまでどおり続けていくほか、新しい事業展開を図ったり、訪問介護から撤退する(M&A含め)などさまざまな選択肢が考えられる。
今岐路に立つ訪問介護事業者にとって、この先はどのような道があるのかを示す。

◆特別企画◆
新春特別座談会(予定)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年11月号(2019年10月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
若者に響く“人材獲得戦略”のヒントがいっぱい!
学生の本音から学ぶ新卒学生の採り方、育て方

学校で福祉や介護を学んだ新卒学生が、就職先に“介護業界”を選ばない――。
深刻な人材不足に悩む介護業界にとって、「残念」では済まない話だ。
そこで今回は“学生の本音”に焦点をあて、“イマドキの学生”に響く新卒学生の採用や育成について、さまざまな提言や取り組みを紹介する。

-------------------------------------------------------------
◆第2特集◆
売上増やコスト削減だけではない
+αにつながるサービス

業種にかかわらず、事業において利益を上げる方法としては、「売上を増やす」もしくは「コストを減らす」の2つが鉄則だ。
本特集では、この2つの方法において、さまざまなサービスで介護事業者を応援する企業を紹介するとともに、それぞれの取り組みが介護事業自体に与えるプラスαの効果にも言及する。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 コッシュ石井 美千代(公益社団法人神奈川県介護福祉士会 会長)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 株式会社ライヴス

■今月のInnovator
 奥田龍人(認定NPO法人シーズネット 理事長)

■今月の語録

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第八話「外れない仮面」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 ICT活用で業務効率化を実現 地域貢献にも注力し存在感発揮
 社会福祉法人手稲ロータス会 特別養護老人ホーム手稲ロータス(札幌市手稲区)

■介護事業所Report
 番外編 はっぴねす事業協同組合(さいたま市大宮区)

■地域とつながる カフェはじめました
 Total Habilitation System 株式会社 スタジオクローバー(長崎県長崎市)

■ベテランズファイル
 株式会社エヌアールイーサービス(東京都台東区)

-------------------------------------------------------------
■介護行政の先を読む
 水巻中正

■介護経営現場とれたてQ&A

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年12月号(2019年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
高年収プレーヤー輩出のため
介護事業者には何が必要か(仮題)

特定処遇改善加算が開始され、大手介護事業者ではのきなみ給与改善に取り組んでいる。今回の加算では施設長や主任といったリーダー層に該当するような10年以上の経験者に対する評価が大きく引き上げられたが、なぜこの層に注目が集まっているのか。本特集では、介護現場におけるリーダー層の適正な年収を探ると共に、給与アップの条件や稼げるリーダーの条件を追う。

◆第2特集◆
感染症予防から負担軽減まで
最新“入浴環境”事情(仮題)

三大介助の一つ「入浴介助」。感染症対策や転倒予防、ヒートショック対策など、介護職が考えることは多いだけでなく、身体負担も大きい。一方で、入浴をすると要介護状態になるのを防げるといったデータも出ている。ここでは、入浴における課題を洗い出すとともに、「入浴環境」をより良くするアイデアを紹介する。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年10月号(2019年9月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆第1特集◆
離職率の高い時代を乗り越えろ!
人が足りない時代の仕事の回し方

根本的な人材不足に対して介護事業者も決して無策なばかりではなく、さまざまな改善策を打ち出しているところもある。
そうした事業所は離職率の高低に関係なく、高い成果を出せているものだ。
そんな人事マネジメントの成功の具体的事例に、今こそ学ぼう。

-------------------------------------------------------------
◆第2特集◆
“今”が“いざ”に役立つ
介護事業者に求められる防災対策

天災大国とも言われる日本において、防災対策を行うのは当然のこと。
介護事業者でも「備蓄品を用意している」「避難訓練をしている」といった声はよく聞く。
しかし、「災害が起きたとき」だけを考えての防災対策では、いざというときにスムーズに動けるのだろうか?
本特集では“いざ”というときに備えて、“今”何をすべきかを示す。

-------------------------------------------------------------
■Special Report
 第4回 全国介護福祉総合フェスティバル in さいたま

■トップに聞く
 大西壯司(一般社団法人日の出医療福祉グループ 代表理事)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 株式会社PALTEK

■今月のInnovator
 水野将憲(町田市医療・介護事業所交流会会長/駐車場シェアシステム委員会代表)

■介護福祉施設リサーチ
 A-line株式会社
 住宅型有料老人ホーム 「ナーシングホームA優」

■短期集中連載 社会福祉の父・渋沢栄一の横顔
 最終回
 「必要なことはすべてやる」という姿勢を貫き続けた一生

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第七話「忘れるからではなく」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 「住まい」として“我がまま”に暮らせる空間を追求
 株式会社シルバーウッド サービス付き高齢者向け住宅 銀木犀〈船橋夏見〉(千葉県船橋市)

■介護事業所Report
 Case.1 社会福祉法人東松山社会福祉協議会 共生型多機能センターあすみーる(埼玉県東松山市)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人三篠会 高齢者福祉施設神楽坂(東京都新宿区)

■ベテランズファイル
 有限会社ナースケアー(神奈川県藤沢市)

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■介護経営現場とれたてQ&A

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年11月号(2019年10月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
就活生の本音から学ぶ“人材獲得”のヒント
だから介護業界は学生に人気がない!!(仮題)

今年も、新卒採用の争奪戦シーズンがやってくる――。事業所の未来を担う優秀な学生を1人でも多く採用したいと願う経営者は多いものの、なかなか思うようには人材が集まらない時代。介護業界での活躍を夢見て、福祉系学部で学んだ学生でさえ、別の業界に就職してしまうのはいったいなぜなのか。就職活動中の学生たちの目に「介護業界」は、どのように映るのか。学生たちの“本音”から、「学生に響く介護業界の人材戦略」を考察する。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年9月号(2019年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
100年法人から学ぶ
事業継続の秘訣

今や「人生100年時代」といわれるように100歳を超える人が約7万人もいる。
人ばかりではなく企業も長生きで、創業100年を超える老舗企業が国内には3万社もある。
介護・福祉業界も例外ではなく、創業100年を超えの法人が存在する。
そんな「100年法人」が、時代の激変を乗り越えて、事業を継続できた秘密は何なのか。
そこにある創意工夫や知恵を活かして、現代の介護事業者はどのように生き残りを図るべきなのか。
介護事業者が次の100年間を生き抜くためのヒントを探る。

-------------------------------------------------------------
◆特別企画◆
第4回 全国介護福祉総合フェスティバル in さいたま
出展企業紹介

9月6日(金)、7日(土)に埼玉会館(さいたま市浦和区)で開催される「第4回 全国介護福祉総合フェスティバルinさいたま」。「渋沢栄一に学ぶ介護福祉経営の未来」をテーマに、介護現場に求められている経営基盤の確立と人材育成に関する講演やパネルディスカッション、各種展示が行われる。本企画では、展示ブース出展企業の見所を紹介する。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 小川郁男(医療法人社団満寿会/社会福祉法人忠黎会 理事長)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 株式会社ワンダーシェフ

■今月のInnovator
 鳥居 敏(株式会社日本教育クリエイト 代表取締役社長)

■特別座談会『介護経営白書2019年度版』より
 急がれる経営基盤の確立と人材育成
 実践者達は今、何に取り組むべきなのか?

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第六話「注文相手をまちがえる食堂」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 独自のユニットケアとケアプランで“要介護”卒業をめざす
 医療法人昭友会 介護老人保健施設いづみケアセンター(埼玉県比企郡滑川町)

■介護事業所Report
 Case.1 社会福祉法人雄心会 デイサービスセンターいちほ(北海道北斗市)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人熊谷福祉会 はなぶさ苑(埼玉県熊谷市)

■ベテランズファイル
 株式会社パソナライフケア デイサービス北方邸(千葉県市川市)

■短期集中連載 社会福祉の父・渋沢栄一の横顔
 第二回
 福祉人材育成の場ともなり
 福祉事業拡大につながった「養育院」

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護経営現場とれたてQ&A

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年10月号(2019年9月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
離職率の高さにへこたれない
現場が回る人材マネジメント(仮題)

「人材不足」の嘆き節がどこまでも続く介護業界。離職率が高く、その穴が埋まらないといった声がなかなか止まらない。人材の定着を図りたいというのももっともな願いである。
だが、離職率の低さは、一面、事業の拡大や組織の刷新が止まっていたり、法人内の人事が沈滞し新採・異動・昇進で新陳代謝が図れず、組織の運営が硬直しているなど問題の裏返しになっていることもある。本特集では改めて離職率が高いことは悪いことなのか問題提起するとともに、現場を適正に回していける人材マネジメントのあり方を問う。

◆第2特集◆
介護事業所防災手引き(仮題)

「災害が起きたとき」だけを考えての防災対策では、いざというときにスムーズに動けるのだろうか?
本特集では「いざ」というときに備えながら、「今」何をすることが大切なのかを探る。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年8月号(2019年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
アウトカム評価は有効か
「介護サービスの質の評価」が介護現場をこう変える!

介護サービスの質を評価する事業者へのインセンティブ導入議論がなかなか進まない。
2021年度の次期改定で具現化する方針が示されてはいるものの、自立支援を過度に促すことへの懸念や具体的な指標づくりをめぐり、業界や行政の一部で慎重論が根強くある。
本特集では、サービスの質の評価指標導入に向けた動きを整理し、それに備える介護事業者の対応を改めて考える。

-------------------------------------------------------------
◆第2特集◆
実地指導の“新運用指針”が策定
その意味と介護事業者に求められるものは何か?

5月29日、厚生労働省は介護事業所に対して行われる実地指導の効率化・標準化を目的に運用指針を発出し、都道府県・指定都市・中核市に通知した。
訪問介護、通所介護などの主要7サービスについて「標準確認項目」と「標準確認文書」を示したもので、指導を行うべき自治体に対して発出されている。
では、指導を受ける側の介護事業者は何をすればいいのか・・・・・・。
本特集では新運用指針が出た意味や、介護事業者が備えるべきことを解説する。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 対馬徳昭(つしま医療福祉グループ 代表)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 東京テレワーク推進センター

■今月のInnovator
 塩崎良子(株式会社TOKIMEKU JAPAN 代表取締役社長)

■介護福祉施設リサーチ
 大和ハウス工業株式会社
 シルバーエイジ研究所

■介護変革! ~事業者の挑戦~
 株式会社らいふ

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第五話「キーワード」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 地域の多世代をつなぎ魅力ある地域づくりを推進
 社会福祉法人慈光会 特別養護老人ホームひろやす荘(熊本県上益城郡益城町)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人昭桜会 特別養護老人ホーム印西(千葉県印西市)

■ベテランズファイル
 株式会社プライマリーエージェントスタイル(群馬県桐生市)

■短期集中連載 社会福祉の父・渋沢栄一の横顔
 第一回
 人を育てて国を繁栄させる
 社会福祉の源流となった“渋沢イズム”とは

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護経営現場とれたてQ&A

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年9月号(2019年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
創業100年の老舗法人は
なぜ生き残ってきたのか?(仮題)

人が1世紀の間生きるということが現実味を帯びるようになったが、日本は個人ばかりではなく法人も長生きで、創業100年を超える老舗企業が10万社以上あると推定されている。介護・福祉業界にも、そうした100歳越えの法人は存在し、近現代の時代の激変を乗り越えて介護・福祉事業を展開している。そんな老舗法人が生き残ってきた理由は何なのか。そこにある知恵を活かして、現代の介護事業者はどのように生き残りを図るべきなのか。次の100年間を生き残るためのポイントを探る。
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年7月号(2019年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
健康寿命・介護予防は鍵を握るのか?
埼玉版 介護事業者の生き抜き方

健康寿命延伸や介護予防といった取り組みは、介護事業者からすると社会的使命としては重要でも、事業戦略として取り組む際のメリットが見えにくいという声もある。本特集では埼玉県を例にとり、健康寿命延伸や介護予防事業の取り組みが、介護事業にどのようにかかわっているのかを探る。

【埼玉県の動き】

【市町村の取り組み】
 鳩山町、毛呂山町、上尾市、熊谷市

-------------------------------------------------------------
◆Governor’s Voice◆
 上田清司 埼玉県知事
 急速な高齢化の進展を
 オール埼玉体制で迎え撃つ

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 小林 司(株式会社らいふ 取締役/施設部門・ケアサービス部門担当)

■SPECIAL FOCUS
 健康運動指導士
 社会福祉法人の介護予防施設で
 「健康運動指導士」が大活躍!

■特別寄稿
 特定処遇改善加算を事業所経営にどう活かすか
 今中英二(株式会社ウエルビー)

■緊急インタビュー
 「採用ありき」ではなく育成も踏まえた
 外国人材受け入れをめざすべき
 菅沼蔵人(株式会社ソーイングボックス)

■Outside Reports
 高齢化が進展するバングラデシュ
 日本での介護人材育成に期待高まる

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第四話「食いたければ食う」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 “健康”を軸にした事業展開で地域住民の生活を支える
 社会福祉法人よし乃郷(埼玉県比企郡ときがわ町)

■介護事業所Report
 Case.1 我が家介護グループ ひかりサロン蓮田(埼玉県蓮田市)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人新生寿会 高齢者福祉施設ジロール麹町(東京都千代田区)

■ベテランズファイル
 株式会社アズパートナーズ 介護付きホームアズハイム東浦和(さいたま市緑区)

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護経営現場とれたてQ&A

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年8月号(2019年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
“インセンティブ導入”はどうなるか!?
“介護サービスの質評価”が介護現場をこう変える(仮題)

介護サービスの質を評価する事業者へのインセンティブ導入議論がなかなか進まない。2021年度の次期改定で具現化する方針が示されてはいるものの、自立支援を過度に促すことへの懸念や具体的な指標づくりをめぐり、業界や行政の一部で慎重論が根強くある。こうしたなか、インセンティブをいち早く導入した東京都品川区、川崎市、岡山市などでは、事業所のサービス提供にどんな影響があり、地域にどんな効果があったのか。サービスの評価指標導入に向けた動きを整理し、それに備える介護事業者の対応を改めて考える。

◆第2特集◆
「ローカルルール」是正への第一歩
実地指導運用指針は介護現場の吉報となるか?(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年6月号(2019年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
薬局・薬剤師と連携せよ!
古河モデルが切り拓く新たな在宅介護

空前の長寿社会の日本では、今後、平均寿命の延伸とともに多くの疾病リスクを抱える高齢者も増え、同時にポリファーマシーをはじめとする薬の問題も多発していくだろう。そうしたなか、2018年10月から茨城県古河市では、同市のケアマネジャーと薬剤師が手を携え、在宅介護現場における薬の問題を解決する取り組み「古河モデル」がスタートした。本特集は服薬管理に関する介護職の業務負担軽減というだけでなく、適切なケアやADLの向上につながる可能性を秘めた介護職と薬局・薬剤師との連携について、「古河モデル」から学びたい。

-------------------------------------------------------------
◆第2特集◆
地域包括ケアシステムの先取り
「助け合い」の仕組みづくりを探る
~福祉クラブ生活協同組合(横浜市)~

横浜市港北区で1989年、日本初の福祉専門生協として誕生した福祉クラブ生活協同組合。住み慣れた地域で助け合いながら自分らしく暮らす「在宅福祉」の充実をめざし、エリアを徐々に拡大し、さまざまな活動を展開している。組合という形で、住民参加による「支え合う」関係・地域づくりを進めるその活動は、まさに「地域包括ケアシステム」を先取りした一つの姿といえるだろう。組合発足の経緯や活動内容を紹介し、今後の展望などを探る。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 座小田 孝安(株式会社シダー 代表取締役社長)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 大和ハウス工業株式会社シルバーエイジ研究所

■今月のInnovator
 菅原直樹(「老いと演劇」OiBokkeShi 代表)

■介護福祉施設リサーチ
 株式会社ArikA
 住宅型有料老人ホーム 「ロケーション」

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第三話「そんなにいっぺんに」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 介護と保育、地域と施設の共生で活躍の場のある暮らしを実現
 有限会社長者の森 コミュニティホーム長者の森(静岡県焼津市)

■介護事業所Report
 Case.1 株式会社シルバーエッジ みのりグループホーム平野(大阪市平野区)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人キングス・ガーデン東京 東中野キングス・ガーデン(東京都中野区)

■ベテランズファイル
 社会福祉法人翔の会 生活介護・児童発達支援事業所おーらい(神奈川県茅ヶ崎市)

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護経営現場とれたてQ&A

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年7月号(2019年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
埼玉の健康寿命はなぜ伸びた?
健康寿命アップ自治体から秘訣を学ぶ(仮題)

埼玉県の男性の健康寿命は2015年度は全国21位だったものが、2018年度には2位に躍進している。県内で一番健康寿命が長い鳩山町の介護保険料は4000円と全国平均を大きく下回っているほか、前回より大きく健康寿命を伸ばした小鹿野町は後期高齢者の医療費が県内で一番安いなど、健康寿命延伸は社会保障費とも大きく関わっている。本特集では、健康寿命が延伸した埼玉県内の自治体は何を行ったのかを探るとともに、健康寿命延伸のキーマンとしての介護事業者の可能性を追う。

◆第2特集◆
特定処遇改善加算が新設
事業所経営にどう活かす?(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年5月号(2019年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
急増するニーズにどう応えるか?
独居高齢者を支える地域の挑戦

2015年度の国勢調査結果によれば、高齢者の17.7%が独居となっており、今後もその割合は増加すると予測される。社会からの孤立、生きがいの減退、認知症の進行など、1人で暮らすことに大きなリスクが潜むようになる。社会的に孤立した高齢者は、要介護となったり、死亡したりするリスクが、孤立していない高齢者の1.7倍にものぼるという調査結果が伝えられ、そうしたリスクの解消・回避のために、孤立しやすい独居高齢者の健康や衛生、安全面で支援を行う動きが、現在全国各地で出てきている。本特集は、独居高齢者の多い地域や、先駆的に独居高齢者に向けた対応をとっている自治体において、介護事業者がどのように動いているのかを追った。

-------------------------------------------------------------
◆座 談 会◆
北海道で取り組んだ「介護助手事業」
モデル施設が語る成果と課題とは

地域医療介護総合確保基金を活用し、2015年度から三重県老人保健施設協会で始まった「介護助手事業」。一般社団法人北海道老人保健施設協議会はこれをベースに17年度から2年間にわたって同事業を実施。道内の12のモデル施設が、地域人材の募集から介護助手としての研修・育成・定着を図る仕組みづくりに着手し、介護職員の労働環境改善と専門性向上に取り組んだ。事業を終えた18 年度のモデル6施設の担当者に、その成果や課題について語ってもらった。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 横倉稔明(医療法人・社会福祉法人愛正会 理事長)

■新ビジネス潮流 介護のミカタ
 進和建設工業株式会社

■今月のInnovator
 瀧本 裕(社会医療法人愛仁会千船病院 脳卒中内科 主任部長)

■クロストーク
 細田善彦(俳優) × 佐々木淳(在宅医)
 多職種連携が生み出す可能性とは?

■介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第二話「褒めないで」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 「誰もが地域で暮らせる」共生社会の実現をめざす
 社会福祉法人翔の会 特別養護老人ホームゆるり(神奈川県茅ケ崎市)

■介護事業所Report
 Case.1 サービス付き高齢者向け住宅アイグランデュ岡山(岡山市北区)

■地域とつながる カフェはじめました
 NPO法人地域ケアネットワークゆいまぁる ゆいまぁる南沢(東京都東久留米市)

■ベテランズファイル
 株式会社ソラスト 通所介護・短期入所生活介護ソラスト七里(さいたま市見沼区)

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■介護経営現場とれたてQ&A
 次期改定を見据えた中長期経営計画のすすめ

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年6月号(2019年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
業務負担軽減だけではない!
薬局・薬剤師を巻き込むと介護現場はこう変わる(仮題)

介護保険を利用している多くの人が薬を処方されている。服薬拒否にあったり、飲み忘れなどの対応に苦慮している、という介護現場からの声はよく聞く。茨城県古河市では、ケアマネジャーと薬剤師が手を組み、在宅現場における服薬状況のチェックと適切な服薬管理につなげようと奮闘している。介護現場における薬トラブルの解決は単なる業務負担軽減だけではなく、適切なケアとADLの向上につながる可能性もある。薬局・薬剤師をどのように介護現場に巻き込むかを探る。

◆第2特集◆
地域包括ケアの先取り
『たすけあい』の仕組みづくりを探る(仮題)
1,320円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年4月号(2019年3月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
研修、採用、防災、地域貢献、共同運営
つながる介護事業者

100件を超える倒産や、大手企業によるM&Aなど、中小規模の介護事業者を取り巻く状況は厳しい。スケール面では大手と太刀打ちできない分、複数の事業者が連携し合同研修や勉強会を開催したり、事業協同組合をつくって事業の協働化を図るなど、介護事業者同士がつながりをもつことで、1事業所ではできないことを可能にしようとしている。本特集では、さまざまな介護事業者の“つながり”の様子をレポートする。

-------------------------------------------------------------
◆座 談 会◆
現場発!カフェ・コミュニティづくりから見えてきた
介護の今とこれから

地域包括ケアシステムの構築が急務となるなか、現場の介護職には、地域に出て、地域にいる多職種をつなぐ役割が求められている。そうしたなかで、地域の多職種がつながる場(カフェ・コミュニティ)を創出し、そこから介護にとどまらない新たな一歩を踏み出している実践者が多数生まれている。今、介護職がこのような活動をしているのはなぜなのか、また、介護事業所としてこれらの取り組みをどう支えればいいのかなどを、実践者たちに語ってもらった。

-------------------------------------------------------------
■トップに聞く
 小池 修(リハプライム株式会社 代表取締役)

■SPECIAL FOCUS
 三浦雅範(コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社 代表取締役社長)

■著者特別インタビュー
 人間の内面と外側を描くことで介護の原点を振り返るきっかけに
 阿部敦子(介護福祉士、認知症ケア専門士)

■新連載!介護小説「もうひとつの世界」
 阿部敦子 第一話「さっきも行ったでしょう」
 現役介護職でもある阿部敦子氏による介護小説。ある介護シーンを介護職と利用者、両方の目線から描きます。

■キラリ輝く 一番星
 ノーリフティングケアをケアの軸に
 安心して働ける職場づくりを推進
 社会福祉法人ひさの里 特別養護老人ホームふじの木園(北九州市八幡西区)

■介護事業所Report
 Case.1 有限会社ケアアシスト(札幌市西区)
 Case.2 モーニングデイあさがお(東京都北区)

■地域とつながる カフェはじめました
 社会福祉法人目黒区社会福祉事業団 目黒区立特別養護老人ホーム中目黒(東京都目黒区)

■ベテランズファイル
 株式会社めいとケア 住宅型有料老人ホームめいと我孫子(千葉県我孫子市)

-------------------------------------------------------------
■今月の語録

■介護経営現場とれたてQ&A
 次期改定を見据えた中長期経営計画のすすめ

■介護行政の先を読む
 水巻中正

■在宅医が行く!!
 髙橋公一

■先達の介護
 地域とつながる~道路は廊下、自宅は居室~ 宮島 渡
 わが道の介護 理想の介護 和田行男

■介護経営道場

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年5月号(2019年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆地域特集◆
ニーズはどこにある?
独居高齢者の生活を支える地域の挑戦(仮題)

高齢者100人中約18人がひとり暮らしをしているといわれており、今後もその割合は増えていくと予測されている。独居高齢者が直面している問題には社会からの孤立や生きがいの低下、認知症の進行などさまざまあり、介護や死亡リスクが1.7倍にものぼるといった調査結果も出ている。本特集では独居高齢者が多い地域では今、どんな施策や介護が実行されているのか、現場の奮闘を追う。

◆座談会◆
地域人材を活用した労働環境改善促進事業
モデル施設座談会(仮題)
おすすめの購読プラン

介護ビジョンの内容

  • 出版社:日本医療企画
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4変
これからの介護を牽引するリーダーたちが ビジョンを実現するためのヒントが満載
「介護とは、ケアとは何か」を深く掘り下げるとともに、経営の実践に役立つ情報を発信。介護福祉分野の経営ならびに次世代育成を担うリーダー達が、自分のビジョンを描き、そのビジョンを実現するために役立つ、業界内外のトレンドや課題解決のヒントを、マクロ・ミクロの視点から取り上げています。

介護ビジョンの無料サンプル

2017年12月20日発売号
2017年12月20日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

介護ビジョンの目次配信サービス

介護ビジョン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

介護ビジョンの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.