I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

TARU(たる) 発売日・バックナンバー

全149件中 136 〜 149 件を表示
408円
果実&リキュール


□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠  「蛇酒の疑問」

□ 連載
・カクテル旬報「シャイニング・ブルーム」by耳塚史泰さん [リトルスミス]
・ ワインのお話―高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻―柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦―〔寿司処 鶴と亀〕(大阪市北区) 「西天満の隠し玉!」
・ 嬉野便り―小原真弓


□巻末言
 酒場吟行―吉田類


□ COLUMN
「注目のカリフォルニアワイン」
「藤本義一さんを偲ぶ“ありがとう義一さんの会”開催」
「スロベニア便り>ヨーロッパの隠されたビールの名品を紹介します!」
□AT THE SCENE
「アメリカの魂 テネシーウイスキー『ジャック ダニエル』」
□ZOOM IN
「春になったらロゼワイン メルシャンの春色ロゼワインを楽しもう」
□UP TO DATE
「広島の名バーテンダー 益永泉一氏と巡る 酒都 西条の銘醸蔵」
□THE MOVEMENT
「ロンドン・ドライ・ジン『ビーフィーター』ISC&IWSCダブル受賞!」
□CLOSE UP
「紀州和歌山が誇る梅酒~美味しさの秘密~」
□SPECIAL REPORT
「ケンタッキーの誇り、“ジムビーム” それは、バーボンの神髄」
□FEATURE
「お酒の“エコ”な流通革新」

408円
月刊たる2013年2月号
February 2013  No.364
直木賞作家・藤本義一さん追悼企画
テレビ番組の司会者やコメンテーターとしても広く親しまれた、
藤本義一さんが昨年10月30日に亡くなられた(享年79歳)。
多彩な才能と人間的魅力にあふれた氏を追悼し、
諸分野で深い関わりを紡いできた方々に
「藤本義一」という人物の才能と魅力、その素顔について綴ってもらった。

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠  「至福のカッポ酒」

□ 連載
・カクテル旬報「カクタス」by長谷川恵美さん [バーよつば]
・ ワインのお話―高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史 総集編
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻―柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦―〔けいすい〕(神戸市中央区) 「神戸でお燗番を愉しむ」
・ 嬉野便り―小原真弓

蔵元便り 滋賀篇

□巻末言
 酒場吟行―吉田類


□ COLUMN
「スロベニア便り(前篇) ヨーロッパの隠されたビールの名品を紹介します!」
「環境にやさしいお酒のケース」
「大阪で開高健を偲ぶ“悠々忌”命日12月9日にファンらが集う」
□ZOOM IN
「100年を経た“通天閣はわが人生”今こそ新世界の町づくりを」
□SHOCHU NEW STYLE
「女子会御用達、真っ赤なストライプの芋焼酎 『Kupi Kupi Imo Shochu』(山元酒造)」
□THE MOVEMENT
「春の琵琶湖で美酒に酔う 琵琶湖汽船ビアンカ船上試飲会 ほろ酔いNIGHT CRUISE」
□CLOSE UP
「愛飲家の朝ご飯 神宗”卵かけごはんがおいしい詰め合わせ“」
□SPECIAL REPORT
「品質のさらなる向上へ 朝日酒造 新貯蔵棟 “いなほ蔵”竣工」
□FEATURE
「紀州が生んだ“知の巨人”、南方熊楠の情熱と探究心を受け継ぐ限定醸造 純米吟醸『南方』(世界一統)」


408円
January 2013  No.363
お伊勢さん飲み歩き旅


□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ-椎名誠  「うまいサケと場所の問題」

□ 連載
・カクテル旬報「寒椿」by奥村健さん [Bar LIBRARY]
・ ワインのお話――高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史 総集編
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻――柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦――〔土佐堀吟蔵〕(大阪市西区) 「土佐堀の日本酒パラダイス!」
・ 嬉野便り――小原真弓

蔵元便り 新潟篇

□巻末言
 酒場吟行――吉田類


□ COLUMN
「続々上陸!Wine News」
「冬にしか出会えない味わい 八海山のしぼりたて原酒『越後で候』」
□ZOOM IN
「果実王国、紀州の美味しさをあなたに 世界一統『和歌のめぐみ』シリーズ」
□TARU’S  EYE
「創業150年 生粋の灘酒『白鷹』」
□THE MOVEMENT
「ロンドン・ドライ・ジン『ビーフィーター』ISC&IWSCダブル受賞!」
□CLOSE UP
「紀州の四季 酒だより ふろむ 中野BC」
□SPECIAL REPORT
「第23回 大阪コマンドリー・ド・ボルドーの叙任式とガラディナーが盛大に開かれる!」

408円
月刊たる2012年12月号
December 2012  No.362
日本酒NEXT2012
~さしつさされつ~


□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠  「吠え猿とカイピリーニャ」

□ 連載
・カクテル旬報~Special Edition~
「期待が高まる!ワールドクラス2013」
・ ワインのお話―高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史
 桂米之助の巻(下)  
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓―東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻―柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦―〔魚処 いしまるや〕(大阪市都島区) 「都島で豪快!桶盛りに舌鼓」
・ 嬉野便り―小原真弓

蔵元便り 和歌山篇、広島編、鹿児島編

□巻末言
 酒場吟行―吉田類


□ COLUMN
「“SHIROI”そして”Kawaii“お酒―中国醸造」
「とろ~り優しい、甘い恋の味わい… 『大人の甘酒 恋とろ』」
□ZOOM IN
「PPで高得点をマーク、スペイン・ボデガス・カスターニョの『ヘクラ』!」
□FEATURE
「恒例 八海山ニューイヤーイベント in ネスパス 1月1日に『八海山』4斗樽でふるまい酒!」
□THE MOVEMENT
「ボルドーワイン委員会/バリューボルドー2012 ボルドーワイン試飲・展示会」
□CLOSE UP
「2012サントリー ザ・カクテルアワード カクテルコンペティション」
408円
月刊たる2012年11月号
November  2012  No.361
世界遺産のワイン銘醸地を訪ねて
―ボルドー右岸「サン・テミリオン」「ポムロール」「フロンサック」


□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ——椎名誠  「昭和の過激な社員旅行」

□ 連載
・カクテル旬報
「TEN ティースリング」by 日名祥泰さん〔Bar SAVOY Osaka〕
・ ワインのお話——高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史
 三代目 旭堂南陵の巻(中)  桂米之助
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻——柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦——〔炉ばたワコー〕(大阪市中央区) 「船場で“関”3兄弟に出会う!」
・ 嬉野便り——小原真弓

蔵元便り 鹿児島篇

□巻末言
 酒場吟行——吉田類


□ COLUMN
「外国人のための日本酒講座」
□ZOOM IN
「ノンアルコールカクテル『アサヒゼロカク』新発売!」
□TARU TOPICS
「65歳からの素敵なライフスタイルフェア 
 第二回<エキスポスーパー65プラス>開催!」
□THE MOVEMENT
「カリブ海エリア ナンバーワンブランド『BURUGARU ブルガル』が新登場!」
□PICK UP
「―紀州の四季酒だより ふろむ 中野BC
 梅酒のグランクリュ『月向』」
□UP TO DATE
「今年はなんと10日間!“東京ラーメンショー2012”」
□CLOSE UP
「日本酒の奥深い世界を知るための一本『黄桜 生酛山廃 山田錦特別純米酒」
□SPECIAL REPORT
「幻の芋、栗黄金で造る本格芋焼酎 吹上焼酎『かいこうず』」

408円
秋の夜長のオトナ飲み
“通”のホテル活用術

贅沢な眺めや洗練されたサービス。
都心の優雅な隠れ家で過ごす、特別なひととき。
ひとり静かにグラスを傾け、もしくは大切な人と、
ホテルで至福の時を過ごしてみませんか。

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠  「猿の手」

□ 連載
・カクテル旬報
「ギムレット」by 酒向恒太朗さん〔Bar MAA〕
・ ワインのお話―高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史
 三代目 旭堂南陵の巻(上)  桂米之助
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻——柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 
・ 酒楽魚暦―〔味匠 なにわ〕(大阪市北区) 「贅沢魚三昧を満喫の中津の夜」
・ 嬉野便り―小原真弓

蔵元便り瀬戸内篇

□巻末言
 酒場吟行―吉田類


□ COLUMN
・ 「『龍力』の伝統と革新―本田商店『ドラゴン』シリーズ」
□ZOOM IN
「アルコール分30%の醸造酒『櫻正宗 スーパードカン30』新発売」
□TARU TOPICS
「デパート的ホテルでいいじゃないか―鷲羽山下電ホテル 代表取締役社長 永山 久徳さん」
□THE MOVEMENT
「※印、10.5%の世界を広げたい―沢の鶴 常務取締役 西村隆さん」
□PICK UP
「逸品揃いのかぶと釜蒸溜器使用の芋焼酎―大石酒造(阿久根市)」
□UP TO DATE
「日本最大級のイベント“東京ラーメンショー”今年も開催!」
□CLOSE UP
「日本酒の奥深い世界を知るための一本『黄桜 生酛山廃 山田錦特別純米酒」
□SPECIAL REPORT
「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2012、
サントリーウイスキー10年連続金賞受賞」
408円
月刊たる2012年9月号
September  2012  No.359
まちの酒屋で一杯!
角打ちのススメ

酒屋さんの店先でお酒を飲む、「角打ち」をご存知?
立ち飲みの原形とも言える角打ちは
まちのどこにでもあった、昔ながらの庶民の社交場。
安い、早い、人情味あふれる角打ちの世界をのぞいてみませんか?

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ——椎名誠  「禁酒村から帰ってきて」

□ 連載
・カクテル旬報
「茗荷モヒートみぞれ仕立て」by Amoreさん〔Mojito 7 BAR〕
・ ワインのお話——高橋哲夫
・ 黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き芸人の半生史
 三代目 旭堂南陵の巻(下)  四代目 旭堂南陵(講談師)
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻——柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 〔地酒・地焼酎の店 稲田酒店〕(大阪市天王寺区)
・ 酒楽魚暦——〔モスクワブリュスシェミ〕(大阪市北区) 「ロシアの夏のおもてなし」
・ 嬉野便り——小原真弓

蔵元便り北陸篇

□巻末言
 酒場吟行——吉田類

□ COLUMN
・ 「日本一の梅酒工場 チョーヤ梅酒伊賀上野工場を訪ねて」
・ 「浴衣でたこ焼きパーティ ~たこシャンにあうたこ焼きはどれだ?~」
・ 「“がんこ”の『豆乳ばーむくーへん』がモンドセレクション2年連続金賞受賞」

□ZOOM IN
「『アサヒスーパードライブラック』に樽生が登場!」
□TARU TOPICS
「カクテルスムージー」という新カテゴリーを提案『カクテルカロリ。カクテルスムージー』
□THE MOVEMENT
「”ストーンズバー”より発売、『ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ウイスキー』」
□PICK UP
「キュートな味わいのワインスプリッツアー 『シュシュプチ』」
□UP TO DATE
「姫路を食べ尽くせ―プリエ姫路ごちそう館 徹底取材」
□CLOSE UP
「焼酎『かのか』に新しい風が吹く!」
□SPECIAL REPORT
「水都大阪 夏の風物詩~天神祭・船渡御2012~「アサヒスーパードライ号」発進!」

408円
特集
東京スカイツリーにみる酒のある風景
開業して2か月あまり、
相変わらず大勢の観光客で賑わっている
東京スカイツリーと東京ソラマチ。
館内にはオシャレな飲食店が勢ぞろいし
世界各国のお酒が味わえるし
酒屋さんもある。
町に出れば花街向島、酎ハイ街道…
それにちょっと足を伸ばせば浅草。
さあ、東京スカイツリー観光のついでに
東京の下町を歩いてみよう。
お酒好きもきっと満足するはずだ。

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ——椎名誠  「マッコリ連続宴会の至福」

□ 連載
・カクテル旬報
「アジアの風」by宮澤幸一さん〔ロバー・バロン〕
・ ワインのお話——高橋哲夫
・ (新連載)黄金の琥珀に純白の泡―松沢幸一
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ 艶容女独酌——井上ミノル
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き芸人の半生史
 三代目 旭堂南陵の巻(中)  四代目 旭堂南陵(講談師)
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻——柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 〔Wine Store Wassy’s〕(大阪市天王寺区)
・ 酒楽魚暦——〔鮨 廣見〕(大阪市北区) 「佳酒佳肴の涼宴」
・ 嬉野便り——小原真弓

蔵元便り 鹿児島篇

□巻末言
 酒場吟行——吉田類


□ COLUMN
・ 「大神神社のお膝元で 醸される日本酒」
・ 「新時代カクテル&カクテル・フェア『HiHOP』の世界」
・ 「船場経済倶楽部早朝講演会」

□ZOOM IN
「気品をたたえる 『ニッカ竹鶴25年ピュアモルト』」
□TARU TOPICS
注目のミラクルベジタブル “トマト”のリキュール 「ラ・トマト」
□THE MOVEMENT
「あなたとウイスキーの毎日を楽しく彩る『SUNTORY GOODS BAR』」
□PICK UP
「夏の新スタイル オンザロックで楽しむ日本酒」
□UP TO DATE
「麹の魅力がいっぱい 『麹と米でつくったあまさけ』」
□CLOSE UP
「『日本で飲もう最高のワイン』 受賞ワイン決定!」
□SPECIAL REPORT
「ビール文化の夢を広げる 『キリン一番搾り生ビール』」


408円
特集
夏の爽快 !
COOL系ビール
夏真っ盛り、新提案ビールで楽しく涼もう!
「夏はやっぱりキンキンに冷えたビール!」という
“キンキンビール派”や、ちょっと気分を変えて味わいたい人にも嬉しい、
新しいビールの楽しみ方が続々と登場している。
涼風吹き抜けるような美味しいビールで
今年の夏を乗り切ろう!

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロー椎名誠  「マリアッチ広場の痛い思い出」

□ 連載
・カクテル旬報
「この空の花」by土田裕司さん〔Angie〕
・ ワインのお話ー高橋哲夫
・ 湯上がり素っぴん酒場
・ 艶容女独酌ー井上ミノル
・ また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き芸人の半生史
 三代目 旭堂南陵の巻(上)  四代目 旭堂南陵(講談師)
・ 立ち飲みがある町 新山ひろし
・ ワインが美味しい食卓――東出典子
・ 酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純
・ 春宵酔刻ー柄長葉之輔
・ 酒のことなら酒屋に聞け! 〔酒高蔵〕(大阪市都島区)
・ 酒楽魚暦ー〔新町 車輪酒場〕(大阪市西区) 「夏味、南紀串本のマグロ」
・ (新連載)嬉野便りー小原真弓

蔵元便り 南九州篇

□巻末言
 酒場吟行ー吉田類

□UP TO DATE 特別対談
「サプリとの付き合い方、予防医学のススメ」
舞昆のこうはら 鴻原森蔵社長 & 髙島クリニック 髙島正広院長

□ COLUMN AT THE SCENE
・ 「ご飯に合うものは、日本酒にも合う―『フジッコ』でつくる、簡単&ヘルシーおつまみ」
・ 「新 山崎・白州ハイボールヤード」が登場
・ 「中野BCの梅酒バー開催」
□COLUMN EVENT REPORT
・ 「恒例の第27回〈全国久保田会〉開かれる!」
・ 「カクテルの日イベント 5月13日はカクテルの日」
・ 「国分創業300年、そして次の400年へ向けて」
・ 「洋酒技術研究会 5月総会並びに50周年記念講演会」
・ 「スロベニアワインの魅力を紹介 食とワインを通じて文化交流を」

□ZOOM IN
「銀座〔MORI BAR〕トマトジュースカクテルフェアー」
□TARU TOPICS
夢の実現へ 学ぶ楽しさ喜び――大阪芸大グループ通信教育部
□THE MOVEMENT
「真夏の都会のオアシス アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」
□PICK UP
「夏の暑さを忘れさせるスペインワインの涼やかさ」
□CLOSE UP
藤原ヒロユキのビール・レポート
「『ザ・プレミアム・モルツ』がもっと美味しくなった!」

□ PRESENT
読者ご招待! 天神祭奉拝船「アサヒスーパードライ号」に乗ってみませんか?

408円
月刊たる2012年6月号
JUNE No.356

特集  ゼロがイケる!
0.00%のノンアル活用

ビール、ワイン、カクテル、
焼酎、チューハイ、日本酒…揃い踏みの
ノンアルコールが大人気。
お酒の代わりだけでなく、
様々なスタイルで活用できる、
ノンアル飲料の魅力をご紹介します。

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ-椎名誠 「強烈! タロイモの口噛酒。」

□連載 
・カクテル旬報
「季節のフレッシュフルーツカクテル」 by井上信成さん〔BAR SEAGULL〕
・ワインのお話――高橋哲夫
・酒楽魚暦――〔レストラン アマ・ルール〕(大阪市北区)
「バスクの初夏の風物詩」
・酒のことなら酒屋に聞け!〔地酒とワインの濱田屋〕
・春宵酔刻――柄長葉之輔
・艶容女独酌――井上ミノル
・また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史
十代目 金原亭馬生の巻(下) 岡部三郎(医学博士)
・立ち飲みがある町 新山ひろし
・湯上がり素っぴん酒場
・ワインが美味しい食卓――東出典子
・酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純

□巻末言
酒場吟行―吉田類

蔵元便り 新潟篇
なにわの夏の風物詩、天神祭奉拝船
アサヒスーパードライ号、今年も出陣

□COLUMN
・EVENT REPORT
「岸和田 春のワイン祭り」
「Tokyoインターナショナル・バーショー+
ウイスキーライブ2012」
・UP TO DATE
「南魚沼産の美味しい湧き水を味わう」
ザ・プリンスさくらタワー東京 〔高輪 七軒茶屋〕「無国籍ダイニング」
・ET CETERA

□TARU’S EYE
「春は桜、夏は緑、秋は紅、冬は銀
四季折々の色彩が楽しめる、魚沼の里」
□CLOSE UP
「“ブランデースプリッツァー”のフラッグシップ店
〔葡萄とお肉のビストロ ヴァン ブリュレ〕」
□THE MOVEMENT
「雪国の異獣をその名に冠した、辛口の日本酒
青木酒造『雪男』」
□SPECIAL REPORT
「山梨のワイナリーを巡って…」
□紀州の四季 酒だより ふろむ中野BC
『紀州梅酒 紅南高』
□PICK UP
「『越乃寒梅』の七雄」
□ZOOM IN
「『野菜生活100』シリーズで簡単アレンジカクテルを!」
□NEW ARRIVAL
『山崎』『白州』に新ラインナップ登場

408円
特集
美味しさUP! オトナ度UP!の
定番カクテル入門
5月13日はカクテルの日。
新緑に映える鮮やかな花のように
各地でカクテルが咲き乱れる。
永い間愛され続けているカクテルには
秘められたストーリーやエピソードが満載。
知れば一層美味しくなる、
定番カクテルの魅力に迫ります。

□巻頭言
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠  「酒は根性でいくらでも作れる。」

□連載
・カクテル旬報
「プレジール」by鵜殿剛章さん〔Bar JAM〕
・ワインのお話――高橋哲夫
・酒楽魚暦――〔うろこ屋〕(大阪市中央区)
「一期一会の地魚三昧!」
・酒のことなら酒屋に聞け!
・春宵酔刻――柄長葉之輔
・艶容女独酌――井上ミノル
・また夢になるといけねぇ 酒が綴る亡き落語家の半生史
十代目 金原亭馬生の巻(中) 岡部三郎(医学博士)
・立ち飲みがある町 新山ひろし
・湯上がり素っぴん酒場
・ワインが美味しい食卓――東出典子
・酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 石原良純

□巻末言
酒場吟行―吉田類

蔵元便り 岡山篇
蔵元便り 佐賀篇

□COLUMN
・TARU TOPICS
「青い空と青い海が恋しくなる季節には“モヒート”」
・街談巷間
「元阪神甲子園球場長 竹田邦夫さん著
『甲子園が育んだ プロ野球フロント魂』出版記念パーティ」
・EVENT REPORT
「にいがた酒の陣2012 500種の“にいがたの地酒”が集う」
・UP TO DATE
「中央アルプス駒ヶ岳山麓に息づく マルスウイスキー 信州マルス蒸留所」

□Special Interview
アサヒビール 代表取締役社長 小路明善さん
□PICK UP
「カクテルの美味しさをひときわ輝かせるために…
『マリーブリザールエッセンスシリーズ』」
□PICK UP
「初夏のそよ風とともに楽しむロゼワイン」
□FEATURE
大阪ステーションシティ開業1周年記念
「駅で楽しむ、ビール、日本酒、ワイン、カクテル…」
□ZOOM IN
「グランポレールは新しいステージへ。」
□THE MOVEMENT
「フリーズドライが創る、新しい食文化 アマノフーズの挑戦」
「感謝に勝る能力はない  アマノフーズ代表取締役社長 吉岡信一さん」
□NEW ARRIVAL
「特報、サントリーから “ストーンズバー”シリーズが発売される!!」
□CLOSE UP
「『ニッカ 竹鶴17年ピュアモルト』初の世界最高賞受賞!」
□SPECIAL REPORT
「フランスが誇るシャルキュトリーメーカー ピエール・オテイザ社」
408円
月刊たる2012年4月号

特集  春のワイン花盛り
    岸和田春のワイン祭り 
    NHK連続テレビ小説『カーネーション』の放送で、
    全国から注目を集めている大阪・岸和田市。
    岸和田市お城まつりに合わせて4月に催される「岸和田春のワイン祭り」、
    春を彩るワインをご紹介します!
    
    ・インタビュー 夏木マリさん 「ヒロインを演じて役者の原点に戻った」
    ・岸和田お散歩ロード
    ・がんこのお屋敷で楽しむ春 [がんこ岸和田五風荘]
    ・コシノ一家とだんじりの町、岸和田と南海電鉄 ~春間近の泉州路を歩く~

巻頭言 
酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠   「飲み方研究」(新連載)

連載
・カクテル旬報(新連載)
「宗右衛門町」 by増田隆史さん〔Bar マスダ〕
・艶容女独酌――井上ミノル(新連載)
・湯上がり素っぴん酒場(新連載)
・酒のことなら酒屋に聞け!(新連載)
・春宵酔刻――柄長葉之輔
・ワインのお話――高橋哲夫
・立ち飲みがある町  新山ひろし(新連載)
・ワインが美味しい食卓――東出典子(新連載)
・酒楽魚暦(新連載)――〔一味禅〕(大阪市中央区)
「朝獲りのぴっぴっ!が春を告げる」
・また夢になるといけねぇ   酒が綴る亡き落語家の半生史
十代目 金原亭馬生の巻(上)岡部三郎(医学博士)
・酒の家系図  石原家の酒 僕の酒   石原良純

巻末言
酒場吟行――吉田類(新連載)

COLUMN
・街談巷間
「ビックニュース! 月刊『たる』が ついに南極点に到達しました!」
・TARU TOPICS
「『ハイホップ』でつくる ノンアルコールカクテル」
・UP TO DATE
「満開の桜の下で飲みたいお・さ・け E-DON 『CANマッコリ』」
・Vineyard letter
「大自然が生み出す“一滴の宝石”カナディアン・アイスワイン」
・BRAND NEW
チョーヤから新商品 『シャンパークリング』 『酔わないウメッシュ』発売
・今宵飲むなら
「鹿児島県本格焼酎鑑評会 〈総裁賞〉、今年は『さつま木挽』が受賞」

Special Interview
キリンビールマーケティング 代表取締役 植木宏さん

召しませワイン 「京、桜、ワイン…」 茶懐石 京料理〔下鴨茶寮〕

PICK UP
「珠玉のアルマニャック シャトー・デュ・タリケ」 田中佐和(アグリ)

ZOOM IN 「日常にワインがある生活。 『メルシャン エブリィ』」

THE MOVEMENT
「『サントリー ブランデー V・O』でつくる、
ブランデースプリッツァー」

TARU’S EYE
「近鉄電車に乗って、春のお伊勢参り」

PICK UP
「うれしので、名湯三昧、美食三昧、銘酒三昧…
――嬉野温泉 和多屋別荘」

CLOSE UP「アサヒスーパードライ ドライ ブラック」
月刊たる2012年3月号
March 2012  No.353
今ドキ女子飲み

今どき女子の楽しみは、
合コンよりも、女子会、ママ会?!
女子の好奇心をくすぐるのは
美味しいモノ、美味しいお酒、美味しい話題?
今どき女子の酒事情に迫ります

また夢になるといけねぇ
酒が綴る亡き落語家の半生史
七代目 笑福亭松鶴の巻(下) 上田文世

巻頭言 食道楽 酒道楽 
「辻静雄の実像」(最終回)
――玉村豊男(エッセイスト・画家)

三枝がいるのにいちにの会(最終回)

至極の酒肴(最終回)
〔和多屋別荘 うれし野〕
「温泉湯どうふしゃぶしゃぶとご当地酒」

藤原ヒロユキのハイボール酒場を訪ねて(最終回)

TARUインタビュー
――チョーヤ梅酒専務取締役 金銅俊二さん

酔談ベースボール(最終回)――津田康

日本酒 西から東から
――中野BC代表取締役専務 中野幸治さん

酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 
――石原良純

Cocktail of the Month    ――バーボン・バー〔Measure Cup〕永井信一さん

紀州の四季 春 酒だより ふろむ 中野BC

Pick-up「女子会おすすめ! 新カテゴリーのお酒」

南陵のうまいもん蘊蓄帳(最終回)――旭堂南陵

男子禁制☆秘密の日本酒女子会レポート

ワインのお話――高橋哲夫

春宵酔刻――柄長葉之輔

知られざるワイナリーとの出会い(最終回)

TARUTOPICS
「ノンアルコールビールテイスト飲料のNewカテゴリー!
ノンアルコール“フルーツ”ビアテイストが博水社から新登場」

召しませワイン「アルマニャックの銘醸・タリケ “ワインとマリアージュの会”」

街談巷間「大きなサプライズがあった、恒例のたてまえの会!」

Up to Date
「姫路のええもん、うまいもん――プリエ おみやげ館」

忙中有酒

君勧更尽一杯酒(最終回)――小林真亜朗

Close up「9回目を迎えた、堂島薬師堂 節分お水汲み祭り」

Zoom in「より進化した味わいへ 新しくなった 『ザ・プレミアム・モルツ』」

大手メーカー2012年各社事業方針

酒中の天

The Movement
「ドライなノドごしでカロリーオフ!
満足度100%以上の新ビールテイスト清涼飲料『アサヒ ドライゼロ』」

パリの佐伯祐三をゆく旅(最終回)――勝村義和
408円
特集 
目指せ飲み上手!
脱・宿酔い

もう二度と飲み過ぎない…
そんな後悔と反省に打ちひしがれた経験、
ありませんか?
“悪酔い”“宿酔い”の
予防・解消ワザをマスターし、
お酒と上手に付き合いましょう!

また夢になるといけねぇ
酒が綴る亡き落語家の半生史
七代目
笑福亭松鶴の巻(中) 上田文世

巻頭言 食道楽 酒道楽 
「軽井沢辻静雄別荘の饗宴」
――玉村豊男(エッセイスト・画家)

三枝がいるのにいちにの会


至極の酒肴〔牡蠣 やまと〕
「大阪で牡蠣づくし」

藤原ヒロユキのハイボール酒場を訪ねて

酔談ベースボール――玉置通夫
九州熟成酒二大
寝かして、育てて、深くなる
――本格焼酎熟成酒の世界

酒の家系図 石原家の酒 僕の酒 
――石原良純



北欧の真珠 エストニア共和国

南陵のうまいもん蘊蓄帳――旭堂南陵

Taru’s eye
「“素にして上質”上方の旨いもん『神宗』の塩昆布」

ワインのお話――高橋哲夫

春宵酔刻――柄長葉之輔

知られざるワイナリーとの出会い

Cocktail of the Month ――〔Bar Brilliant〕田村誠さん

街談巷間
「朝日酒造の『元旦しぼり』の開運絵馬祈願」
「山田高史さん I.B.A.世界大会、総合優勝!」

忙中有酒

知られざる酒処を訪ねて――第一回 千葉県

TARUTOPICS「関西で大人気 我が作家・開高健!」

君勧更尽一杯酒――小林真亜朗

幸酔空間「この冬は『しろ』飲んで、あったまろ!」

蔵元便り 南九州篇

ほろよいコラム

INFORMATION BOX

Up to Date
「ひと味違う、ホテルメイドのバレンタインギフトで想いを伝える HAPPY VALENTINE!」

酒中の天

The Movement「サントリー山崎蒸溜所を訪ねて
“日本の心”から生まれるジャパニーズウイスキー」

パリの佐伯祐三をゆく旅――勝村義和
おすすめの購読プラン

TARU(たる)の内容

  • 出版社:たる出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
「お酒にまつわるちょっといい話」を提供するお酒の月刊誌
「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。

TARU(たる)の目次配信サービス

TARU(たる)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

TARU(たる)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.