I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

TARU(たる) 発売日・バックナンバー

全149件中 91 〜 105 件を表示
519円
[特集]
「呑み鉄の醍醐味」
車窓を過ぎる美しい風景を肴に、まずは1杯。
心地よい揺れに身を任せ、鉄道旅へと出かけよう。
丹後の地酒と地元の食材を使った美食が味わえる
「丹後くろまつ号」の乗車レポートや、
1年を通じてお酒と旅が楽しめる
観光列車やイベント列車を全国からセレクト。
さらに、旅のお供やお土産におすすめのカップ酒や、
乗らなくても楽しめる鉄道愛に満ちたお店をご紹介する。
それでは、どちら様もお乗り遅れのないように。
出発進行!


□表紙絵『お風呂』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線と
色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、仲良く
お風呂で温まる舞妓さん。音楽とワインを楽しみながらほっと一息。富士山
も赤く色づいています。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「しゃらくさい乾杯」
□連載
・カクテルNOTE―〈ジャパニーズ・スパークリング・フローズン・マルガリータ〉
〔SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU〕江刺幸治さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔重亭〕のハンバーグステーキ
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・あの人に聞く 私のお取り寄せ 永尾俊一さん(白ハト食品工業 代表取締役社長)

□Special Report 
電車に揺られて酒処・広島巡り
□未来の芸術領域を牽引する「 アートサイエンス学科」開設 大阪芸術大学
□『ふくしまプライド。』
“常盤もの”復活に向けて、相馬原釜地方卸売市場がオープン
□Interview
創業者ジョージ・スミス氏の思い描いたスタイル蘇る!
『ザ・グレンリベット ファウンダーズ・リザーブ』
□Culture
パネトーネと日本酒を、いかがですか? 
□Sake Event Report
日本での普及が望まれる、北イタリアワイン『カ・モンテベッロ』!
□和食という文化を届ける「がんこ日本料理コンテスト」
□Event Report 蟻君忌、「第2回藤本義一文学賞」授賞式 開催
□冬に楽しむ特別な味わいの『ザ・プレミアム・モルツ』、
数量限定で〈芳醇ブレンド〉と〈初仕込〉を発売
□お1人様御用達! 飲みきりサイズのワインです。
□『ブラックニッカ』発売60周年記念ウイスキー 『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』
□Sake Event Report
あるユニークなお酒の会、「芦屋ウヰスキー倶楽部」
□「2016 ビームサントリー ザ・カクテルアワード」
松下知寛さんの〈Cactus Flower〉が「カクテルアワード2016」に!
□「ラーメンEXPO 2016 in 万博公園」に行こう!
そして、ラーメンと一緒にビールも楽しもう!
519円
[特集]
「羽ばたく日本ワイン!」

体と心をじんわりほっこり温めてくれる燗酒。
日向燗や人肌燗、ぬる燗に飛び切り燗と、
飲みごろの温度ごとに付けられた味わい深い名前に
日本人がいかに燗酒を愛してきたかが現れている。
朝夕だんだん涼しくなってくるこの季節、燗酒のぬくもりを楽しみながら
秋の味覚を満喫してはいかが?
美味しいお燗をつけるためのコツや、お燗におすすめの日本酒、
さらに焼酎やカクテルなどホットなお酒の楽しみ方をご紹介。
今夜の晩酌は、お燗をどうぞ。

□表紙絵『お披露目』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線と
色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、正装
の黒紋付姿の舞妓さん。京都で秋に催される「温習会」では、黒紋付を着
て踊りを披露します。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「おいしさが海風に乗ってくるようだ」
□連載
・カクテルNOTE―〈Aliare〉
〔リーチバー〕泉 孝祐さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔金鮓〕の魚介づくし
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・あの人に聞く 私のお取り寄せ 越智直正さん(タビオ 代表取締役会長)

□Special Report 
緑豊かな土地で、世界一フレッシュなワイン
それが“ ヴィーニョヴェルデ”
□Culture
本土最南端のウイスキー蒸溜所が誕生
本坊酒造マルス津貫蒸溜所(鹿児島県南さつま市)
□Sake Event Report
サッポロビール イベント開催レポート
□新感覚でドライな“しそ香るお酒” が登場!
『鍛高譚R』&『鍛高譚R スパークリング』
□ベルギービールウィークエンドin東京2016 
□『クリアアサヒ』ブランドから冬の限定
『クリアアサヒ 吟醸』が発売!
□ラングドックの変革者 ジャン=クロード・マス氏の新作ワイン
『フェランディエール』
□フードペアリングを通して知る
「新世代ボルドー」3者の視点
519円
[特集]
「燗酒を極める」
体と心をじんわりほっこり温めてくれる燗酒。
日向燗や人肌燗、ぬる燗に飛び切り燗と、
飲みごろの温度ごとに付けられた味わい深い名前に
日本人がいかに燗酒を愛してきたかが現れている。
朝夕だんだん涼しくなってくるこの季節、燗酒のぬくもりを楽しみながら
秋の味覚を満喫してはいかが?
美味しいお燗をつけるためのコツや、お燗におすすめの日本酒、
さらに焼酎やカクテルなどホットなお酒の楽しみ方をご紹介。
今夜の晩酌は、お燗をどうぞ。

□表紙絵『舞妓』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。
今号は、お燗酒特集にふさわしく、ほんのり頬を染めてたたずむ舞妓さんです

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「音をたててグラスを磨く」
□連載
・カクテルNOTE―〈安納芋とマスカルポーネ、響のカクテル〉
〔BAR Hana-華-〕岡村耕一さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔相合餅〕の焼き餅
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・あの人に聞く 私のお取り寄せ 西本博さん(東邦 代表取締役社長)

□Special issue
吉野、御所
見たかった風景がそこにある
□観光特急「青の交響曲」で訪ねる吉野
□Special Report 
リースリングだけじゃない! 進化し続けるドイツワイン
□What’s New
明石の新しい玄関口「ピオレ明石」
老舗から初登場の新店まで 自慢の味わいを厳選紹介
□甘く優しい味わい
歴史ある『akadama』ブランドから、
秋冬の限定の味わいが登場
□ハロウィンパーティーを華やかに彩る
アサヒビールの秋の限定商品
□Interview
酒造りのパイオニア。
伝統を守り続ける確かな技術伝承に向けて
櫻正宗 代表取締役社長 山邑太左衛門氏インタビュー
□OKINAWA’s Report
・川地民夫 沖縄で歌いそして踊る
・根強い人気の日本最古の蒸溜酒「琉球泡盛」沖縄県酒造組合
・人気抜群の『残波プレミアム30度』 比嘉酒造を訪ねて
□Culture
「3R活動」を担う一升びんリユース
レンタル“P箱” の正しい用途理解と早期回収を
□泡の魅力を堪能する サントリーのスパークリングワイン
□味覚の秋を色鮮やかに演出する スパークリング・ロゼ
519円
[特集]
「いつものお酒をもっと美味しく 酒器を愉しむ」
晩酌でほっと一息つくとき、休日に仲間と昼ワインで盛り上がるとき、バーでウイスキーを
じっくり味わうとき…。お酒を楽しむさまざまなシーンにつきものの酒器。
いつも何気なく使っているが、実はお酒の魅力を引き立たせてくれる重要な役割を持っている。
唎酒師やワイングラスの老舗が指南する酒器の選び方から、
工房探訪、『たる』厳選の酒器コレクションまで、
いつものお酒をもっと美味しく楽しむために、とっておきの酒器探しにでかけよう。

□表紙絵『おねえさんと一緒』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。
今号は、赤富士に見とれる舞妓とおねえさん芸妓。凛と美しい富士山に、憧れのおねえさんを重ね合わせ、厳しく華やかな花街で、舞妓が芸妓へと成長していく姿が感じられる一枚です。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「八丈島のキツネ」
□連載
・カクテルNOTE―〈シャーロック〉〔Bar Sherlock〕吉本武史さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔鳴門寿司〕のラーメン
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・[新連載]あの人に聞く 私のお取り寄せ
吉野俊昭さん(ロート製薬 代表取締役社長 兼 COO)

□Special issue
阿波おどりだけじゃない! 観て、食べて、飲んで…。
五感で楽しむ、徳島。
□新潟銘酒『鶴齢』が飲める美味い店
□広がるプレミアムビール市場を牽引
『ザ・プレミアム・モルツ』と『同 〈香るエール〉』
□PICK UP
『〆張鶴 純米吟醸 越淡麗』数量限定発売宮尾酒造(新潟県村上市)

□アメリカン&カナディアンウイスキーのプレミアムな味わいを楽しむ
□Culture
神戸から世界に羽ばたく銘酒 ーベル賞公式行事提供『福寿 純米吟醸』
□バラエティー豊かなチューハイの味わいを満喫しよう! □星空スタンドvol.4なんばグルメ×真夏酒で、暑さを払う!
□TARU’S EYE
・200 有余年の伝統に若き杜氏の情熱と技が結晶
 市島酒造(新潟県新発田市)
・名物酒販店案内
 〔酒道楽 工藤〕(新潟県村上市)
□Special Report 
開高さんと同行二人 
日本ウイスキーの聖地を訪ねる
□適正飲酒で健康に恵まれた老後を
□11日間の食の祭典「東京ラーメンショー」が今年も開催!
丼一杯に凝縮された芸術を味わい尽くそう!
519円
月刊たる2016年8月号 Aug 2016 No.406

[特集]
故郷の酒を訪ねて
その土地の持つ気候風土と、脈々と受け継がれてきた技によって生まれる個性豊かな日本のお酒。今年の夏は、土地に根ざした「故郷の酒」に親しみ、その味わいに触れる時間を持ってみてはいかがだろう。
 ワインの「ボルドー」や、ウイスキーの「スコッチ」のように、その地域で、決められた製法で造られたものだけが産地名を独占的に名乗ることができる地理的表示制度。
世界貿易機関(WTO)が定めたものだが、日本のお酒の中では6つの地域が地理的表示に指定され、世界に誇る銘酒として認められている。
 今回の特集は、地理的表示に指定されている、熊本県の「球磨焼酎」、鹿児島県の「薩摩焼酎」、長崎県の「壱岐焼酎」、沖縄県の「琉球泡盛」、石川県の「白はくさんきくさけ山菊酒」、山梨県の「ブドウ酒(ワイン)」にスポットを当て、現地取材を交えてご紹介。
また、日本有数の酒処・新潟へ、特色ある銘醸蔵を訪ねた。
 故郷のお酒の奥深い魅力を、じっくり堪能いただきたい。

□表紙絵『新聞』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線
と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。
今号は、真っ赤に熟れたスイカとワインの置かれたテーブルに座る舞妓さん。
手にした新聞には何が書かれているのでしょうか。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「わが極上ビールベスト3」
□連載
・カクテルNOTE ―〈PMM〉〔BAR OLD COURSE〕安岡啓介さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔GREEN CAMP cafe〕のハンバーガー
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□Special Report~新潟清酒編 新潟の銘醸蔵巡礼
□特別記念鼎談
日本酒再発見。そして世界に向けて(下編)
中村稔氏(独立行政法人 情報処理推進機構参事・戦略企画部長)
三谷英弘氏(前衆議院議員・国際弁護士)
西川定良氏(大関・代表取締役社長)
□Interview
総合酒類メーカーとして飛躍していきたい
アサヒビール社長 平野伸一氏
□テキーラの新たな魅力を打ち出した『サウザ オルニートス ブラックバレル』

□歴史的な強みを生かしつつ、徹底した酒米へのこだわり
「飲まされるお酒」から「飲みたいお酒」へ
白鶴酒造(兵庫県神戸市) 代表取締役社長 嘉納健二氏インタビュー
□Culture 
北の新地「サロン君屋」祝・45周年 特別記念対談
人との出会いを大切に、文化を育む
□アサヒの夏、味わいとデザインを楽しもう! □日本・ベルギー友好150周年記念ビール 『シュフ・ソレイユ 150』
□『アサヒドライプレミアム豊醸』ラウンジ 関西3都市にて期間限定オープン
□今度の〔日比谷BAR WHISKY-S III〕では 世界の5大ウイスキーが楽しめる
□Interview 
ノルマンディーの自然の賜物・リンゴから生まれた
こだわりの「カルヴァドス」&「ジン」
519円
[特集]
チーズ基本ノート
みずみずしい味わいのフレッシュタイプ、刺激的な辛味の青カビタイプ、
山羊乳独特のコクを持つシェーブルタイプなど、多彩な魅力で私たちをとりこにするチーズたち。
タイプ別の特徴やお酒とのマリアージュをはじめ、こだわりチーズの作り手や、
チーズを満喫できるお店をご紹介。
チーズをもっと楽しむための、美味しいヒントをお届けする。

□表紙絵『川蛍に見とれて』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。
独特の線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。
今号は、蛍の光に照らされて浮かび上がる舞妓さんの後ろ姿。幻想的な夏の夜です。
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「スーパーカクテル」
□連載
・カクテルNOTE ―〈モヒート〉〔Bar Ley〕草野岳未さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 橋本醤油の『玉子ごはん専用昆布醤油』
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□“澄み切った水の如き”旨し酒 白瀧酒造
□特別記念鼎談
日本酒再発見。そして世界に向けて(上編)
中村稔氏(独立行政法人 情報処理推進機構参事・戦略企画部長)
三谷英弘氏(前衆議院議員・国際弁護士)
西川定良氏(大関・代表取締役社長)
□新潟銘酒『鶴齢』が飲める美味い店
□カナディアンの至宝。ライ麦100% のウイスキー『アルバータ プレミアム』『同 ダークバッチ』 
カジュアルワインの定番! チリワイン『プードゥ』
□日本酒に触れるシーン作りで、日本酒の楽しさを提案
辰馬本家酒造(兵庫県西宮市)代表取締役社長 辰馬健仁氏インタビュー
□コニャックの名門カミュ社が新たに贈る
『カミュボルドリーVSOP』 『イル・ド・レ クリフサイドセラー』 
□人にとって「食べる」ことは芸術や文化と同じ トーセ 代表取締役会長 齋藤茂氏 □お酒と共に文化の理を示す 樋木酒造社長・樋木尚一郎さん
□ゴクリ。喉が喜ぶ、炭酸の刺激 さあ、ビールを飲もう!
ビアスポット2016開幕
□世界が求める人材を育てる アートサイエンス学科、始動 大阪芸術大学
□国産ブドウ100%ワイン
『サントリー ジャパンプレミアム』シリーズ 新ヴィンテージ発売
519円
[特集]
探求!ビールのホップ
ビール造りにかかせないホップは、苦味や香りなどフレーバーのもとになり、
雑菌を抑え、泡持ちをよくするなど、重要な役割を持っている。
ビールが欠かせなくなるこれからの季節、ホップがもたらすさまざまな恵みを知って、
さらに美味しく楽しもう。

□表紙絵『桔梗』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、初夏を彩る可憐な桔梗がモチーフ。
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「永遠のテーマ・二日酔い」
□連載
・カクテルNOTE ―〈サイレント・サード パッションフルーツ入り〉
〔Bar TARLOGIE SONA〕榊原利生さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔よかにせ〕のお好み焼き
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□Special Issue 酒国、高知。千年を超える“ お酒好き” のルーツ
□月刊『たる』リニューアル記念対談
自分を知り、他人を知れば、誰もがハッピー!
前野隆司氏(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授)×
石渡美奈氏(ホッピービバレッジ 代表取締役社長)
□アサヒビール吹田工場は今年で125周年 みんなで見学に行ってみよう!
□新ブランド『百黙』、日本酒と食の新たなマリアージュを目指して 
菊正宗酒造(兵庫県神戸市)代表取締役副社長 嘉納逸人氏インタビュー
□第2回 藤本義一文学賞 作品を募集します!
519円
[特集]
[ウイスキーのブレンドの妙に触れる]
モルトウイスキーにグレーンウイスキーをブレンドしてつくられる
ブレンデッドウイスキー。
気候風土や水、製造方法など、蒸溜所の持つ特徴が色濃く反映されるのがシングルモルトウイスキーならば、
ブレンデッドウイスキーは、さまざまな原酒の個性を見極め、調和させていく、精妙な技の結晶といえる。
ブレンダーの妙技と奥深いブレンドの世界に触れ、ウイスキーの楽しみ方をさらに広げてみよう。

□表紙絵『はんなり舞妓 いやさか』/大杉真司 今号は、京都の佐々木酒造が販売する『聚楽第 大吟醸 舞妓さん』のラベルのために書き下ろしたもの。杯を手に、ほんのり桜色に頬を染める愛らしい作品です。
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「春の焚き火キャンプはホットウイスキー」
□連載
・カクテルNOTE ―〈La Coline〉〔Gemstone〕高野亮さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・[新連載]「ミス日本酒」活動レポート―大濵彩花
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔焼肉いちばん〕のキンパ
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□月刊『たる』リニューアル記念対談 大阪が誇る企業と大学の人気の秘密を探る
高田悦司氏(旭食品 代表取締役社長)
世耕石弘氏(近畿大学 広報部長)
□「全国日本酒めぐり」(近鉄百貨店イベントレポート)
□水辺の私邸「星のや京都」、 リニューアルオープン!
□華やかな香り、洗練された味わい
京都の伝統をまとった銘酒 『聚楽第 大吟醸 舞妓さん』
□第2回 藤本義一文学賞 作品を募集します!
519円
[特集]
・体にやさしい お酒スタイル
上手に付き合うことで、心をリラックスさせ
たり、体に良い影響をもたらしてくれるお酒。
その意外な効能や、栄養たっぷりのおつまみレシピ、
飲めない人も楽しめるノンアルコール飲料からコスメまで、
お酒の恵みを丸ごと生かし、より豊かな毎日を過ごしていこう。
・金沢特集
加賀百万石の美酒探訪 ~郷土の美味と一献~
加賀百万石の玄関口「金沢百番街〈あんと〉」を味わい尽くす!
・京都特集
 “京もの文化” に徹した一流の企業経営 京つけもの〔大安〕(京都市)大角安史社長
 ひときわ輝かせる非日常への招待状 〔白竹堂〕(京都市)
待望の京都鉄道博物館、4月29日グランドオープン!! 一日中楽しめる実物&体験展示に興奮 
旧国鉄二条駅に思いを馳せる 有斐斎弘道館(京都市)代表理事 太田達氏
菓子を通して、京都の文化と歴史を伝える 有職菓子御用達所〔老松〕(京都市)

□表紙絵『よーいやさー』/大杉真司 京都に春を告げる「都をどり」がテーマ。幕開けの掛け声を題名に付けた華やかな作品です。
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「古代の乾杯」
□連載
・カクテルNOTE ―〈苺と紫蘇のカクテル〉〔Bar CADBOLL〕林 壮一さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ―― 川嶋舟 新連載
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔丸十寿司南店〕のにぎり
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□「血糖値」と「中性脂肪」が気になり出したら 『賢者の食卓 ダブルサポート』
□鹿児島県南さつま市にウイスキー蒸溜所を新設 ~本坊酒造 マルスウイスキー~
□ブレンデッドスコッチウイスキー 『バランタイン』~おいしさの秘密~
□徹底的に新鮮果汁の3フレーバー『アサヒもぎたて』
□星空スタンドvol.3
519円
[特集]
ワイン新地図
ワインの伝統国といえばフランスやイタリアを思い浮かべる人も多いだろう。
そんな重鎮たちの存在に隠れがちだが、実は、ボルドーと同緯度のクロアチアや
スロベニアで、高品質なワインが造られているのをご存知だろうか。
また、近年台頭著しいアメリカやアジア、アフリカ大陸産のワインは、
国際コンクールで伝統国と肩を並べるまでになっている。
第1部では、4つの大陸から頭角を現しつつある注目のエリアをご紹介。
第2部では、ボルドーのアントゥル・ドゥ・メールとドルドーニュ川右岸を現地取材。
コストパフォーマンスに優れたワイン醸造の現場をレポートする。
新たなるワインとの出会いをお楽しみいただきたい。

□表紙絵『同期生』/大杉真司
ワイン特集に合わせて、花々が舞うなか赤ワインを手に微笑む舞妓さんを描いた油絵を掲載。
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「パウロさんのサケ」
□連載
・カクテルNOTE 〈Harvard Cooler〉 〔Bar Rocaille〕板橋広通さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス
〔禄樹園〕の麻婆豆腐
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに
文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□世界が認めた シングルモルトスコッチ ~グレンフィディック蒸溜所~
□春を彩る味と装い アサヒの缶チューハイ&新ジャンル
□国産ブドウ100%ワイン“日本ワイン”
『ジャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA ミズナラ樽熟成 2012』
『登美の丘ワイナリー メルロ& カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2014』
□日進月歩
~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~

Interview
・先人に感謝し、お米にこだわった酒造りを 沢の鶴(兵庫県神戸市)専務取締役 西村 隆 氏
・“四つの和” を大切にする、酒造り 司牡丹酒造(高知県高岡郡)竹村昭彦氏

519円
[特集]
ようこそ!
北新地、銀座へ
日本屈指の高級歓楽街、北新地と銀座。
一度は訪れてみたいが
ハードルが高そうで…という人から、
新たな楽しみ方を見つけたいという人まで、
北新地、銀座を満喫できる
旬のお店、お酒が大集合!

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「冬の焚き火酒がダントツ」
□連載
・カクテルNOTE 〈艶姿〉
〔Bar HERMITAGE〕田外博一さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス
〔ニューダルニー〕のカレーライス(新連載)
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ(新連載)
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也(新連載)
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル(新連載)
・日本の酒を世界のSAKEに
文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈(新連載)
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話

□今年のアサヒビールはビール復権を目指す!
□サントリーが贈る スコッチウイスキーの新提案
□月刊『たる』35周年特別対談
日本の良さと英国の良さ その交流のために貢献していきたい
佐伯保信氏(大起水産 代表取締役会長)
小野勝香氏(国際書家)
□山崎蒸溜所&白州蒸溜所 新しい蒸溜所見学ツアーが始まる
□日進月歩
~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~
□人気の『ギュギュッと搾ったサングリア』シリーズから
『ロゼワイン×ストロベリー&チェリー&ピンクグレフル』発売

・歴史と文化、美味が満載! 静岡・遠州おとな旅
・OPERA02(イタリア・モデナ)が手掛ける “最もセクシーなランブルスコ”
・ボルドーワインのフィネスとエレガンスを生む技法 アッサンブラージュ
・全国からいずれ劣らぬ名店が集結! 第3回ラーメンEXPO、アツく開催
・Sake Event Report 朝日酒造 細田康社長に聞く
・Sake Event Report キリンイベント&新商品発表会
・Sake Event Report 土佐清酒『酔鯨』の蔵元を訪問・ボルドーワインと和食を科学する
・「神戸みなと温泉 蓮」華々しくオープン!
・サントリー対ニッカウヰスキーのクロス
397円
[特集]
お酒とお漬物の美味しい関係
おつまみの定番として、古くから親しまれてきたお漬物。
お酒の味をひきたてる、豊かな香りや食感、滋味豊かな風味は、
日本の旬や地域の食文化をも映し出す。
スローフード・お漬物を改めて見直そう。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「怪しい酒はうまい!」
□連載
・カクテルNOTE 〈EVE〉
〔Bar Gaslight EVE〕高橋直美さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・立ち飲みがある町 新山ひろし(最終回)
・呑めば都 ~地球ぐるりとほろ酔い旅~(最終回)
・酔~っとゆる飲み(最終回)〔BELLA PORTO〕(大阪市北区)
「食すアート、野菜の魅力に出会う」
・花街いろは
続・はじめの京はじめ ―はじめ やまぐち(最終回)
・メビウスの輪 ――中村順一(新連載)
・今宵、とある酒場で…
・酒のことなら、酒屋に聞け!
・子マンボウのほろ酔い日記
――斎藤由香(最終回)

□「フロマジェおすすめのマリアージュ」
□「アサヒからスパークリングワインの新提案」
□「信州マルス蒸留所から、ネイチャーオブ信州シリーズ始動
『シングルモルト駒ケ岳 ネイチャーオブ信州-竜胆-』」
□「梅と柚子の酸味が、お米由来の甘味と調和『ノンアルコール聚楽第』」
□日進月歩
~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~
□「“第1回藤本義一文学賞”決定」
□「ブルゴーニュワインと日本料理が京都・宇治で出会った。至極のマリアージュ」
□「大阪コマンドリー・ド・ボルドー2015年度 叙任式とガラディナー開かれる!」
□「手仕込みの純米酒『紀伊国屋文左衛門』」
□「ウイスキーヒルズアワード2015」


・「酒蔵目指して、東北へ。心と心を繋ぐ“東北酒蔵街道”」
・「高知の名店〔フランソワ〕、半世紀を迎える!!」
・「開館20周年 アサヒビール大山崎山荘美術館」
・「“食べて・飲んで、健康になる!”~健康関連セミナー報告~」


397円
[特集]
お取り寄せしたい!
酒の肴
年末年始はとっておきの肴と共に、贅沢な気分で家飲みはいかが?
手みやげや贈りものにも使える、お取り寄せしたい酒の肴をご紹介します!

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「うまいビールの不滅の法則」
□連載
・カクテルNOTE――「こうべの波音」
〔Bar SAVOY hommage〕森崎和哉さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・立ち飲みがある町 新山ひろし
・呑めば都 ~地球ぐるりとほろ酔い旅~
・酔~っとゆる飲み〔DINING&BAR LAVAROCK〕(大阪市淀川区)
「アンガスビーフと“黒ワイン”」
・花街いろは
続・はじめの京はじめ ―はじめ やまぐち
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵、とある酒場で…
・酒のことなら、酒屋に聞け!
・子マンボウのほろ酔い日記―斎藤由香

□「ラーメンEXPO 2015 in 万博公園で『アサヒビール』商品を楽しもう!」
□「「オリジナルのお酒と料理が織り成す オンリーワンのマリアージュ  
がんこフードサービス(本社 大阪市淀川区)」
□「佳い酒を介して人が集い、語らい、そこから文化が生まれる
日本酒『極印龍馬』」
□日進月歩 ~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~
□「ブルゴーニュワインをBar で愉しむ」
□「冬ならではの装いが楽しい“ サントリー ウインターギフト”」
□「秋から冬はワインの季節 お家で楽しむ『フロンテラ』」
□ラングドックは語る!
□「冬の季節、体の内側から ほっこりと暖まりませんか ♨」
□「東京ラーメンショー2015 開催!」
□「“適正飲酒の生活習慣” を築くために」
□「月刊『たる』35周年記念インタビュー
Sopexa Japan 世界と日本の食文化の架け橋に…」
397円
躍動するドイツワイン
今、ドイツワインが面白い。
甘口イメージは、もう過去の話。ドイツ人の家計におけるワインへの出費は、
ビールを逆転。人々はお洒落なワインバーで辛口ワインを楽しんでいる。
ワイン生産地では意欲溢れるニュー・ジェネレーションが台頭、
新しいムーブメントが巻き起こっている。
そんなドイツで、最もホットな生産地、ファルツそしてバーデン地方を訪ねた。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「イナゴに襲われた銀座ビアホール」
□連載
・カクテルNOTE―「イチジクとポートワインのカクテル」〔Wine & Bar a.c.e〕
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・立ち飲みがある町 新山ひろし
・呑めば都 ~地球ぐるりとほろ酔い旅~
・酔~っとゆる飲み 〔日本のお酒 かきつばた〕(大阪市中央区)
「“ メイドインジャパン” の心意気」
・花街いろは
続・はじめの京はじめ ―はじめ やまぐち
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵、とある酒場で…
・酒のことなら、酒屋に聞け!
・子マンボウのほろ酔い日記―斎藤由香

□「アサヒビール、『ブッシュミルズ』4アイテムを発売」
□「月刊『たる』35周年特別対談
大阪芸大って、オモロイよ!
四代目 旭堂南陵氏
(講談師・大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科客員教授)
大森一樹氏
(映画監督・大阪芸術大学芸術学部映像学科長・教授)」
□「2015 ビームサントリーカクテルアワード by メーカーズマーク」
□日進月歩 ~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~
□「炭酸の刺激が心地良いRTD
『ウィルキンソントニック+ウオッカ』
『ウィルキンソンジンジャエール+ウオッカ」

□ラングドックは語る!
□「全国一斉日本酒で乾杯!京都イベント会場レポート」
□「麻布台〔杉もと〕で日本酒・酒器・京つけもの・ポン酢のコラボ」
397円
[特集]
煌めく日本ワイン
近年、国内外で注目を浴びている「日本ワイン」。
その魅力や人気の秘訣とは?
各地の造り手やそれを支えるサポーターたちの
声をお届けし、
日本ワインの今をお伝えします!

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「釣りたてイカの天日干しがウメーヨオー」
□連載
・カクテルNOTE―「煎茶のジントニック」〔お茶と酒 たすき〕
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・立ち飲みがある町 新山ひろし
・呑めば都 ~地球ぐるりとほろ酔い旅~
・酔~っとゆる飲み 京料理〔杢兵衛〕(京都市東山区)
「老舗の伝統に磨かれた、京の味」
・花街いろは
続・はじめの京はじめ ―はじめ やまぐち
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵、とある酒場で…
・酒のことなら、酒屋に聞け!
・子マンボウのほろ酔い日記―斎藤由香

□「生真面目な蔵元が、百年昔の芋で醸した芋焼酎『安田』
国分酒造(鹿児島県霧島市)」
□「“ ワインのおいしい未来をつくる。” メルシャンから
『シャトー・メルシャン』シリーズ
『同 マリコ・ヴィンヤード』シリーズ
新ヴィンテージ発売」
□日進月歩 ~知る人ぞ知る大阪発祥の味 旭ポンズ~
□「日本ワインコンクール受賞ワインを含む新ヴィンテージ
『ジャパンプレミアム』産地シリーズと『登美の丘ワイナリー』シリーズから発売」
□「山梨市牧丘町の自社畑のブドウを100%使った日本ワイン
『サントネージュ エクセラント 牧丘 倉科畑収穫カベルネ・ソーヴィニヨン2013』
『同 シャルドネ2014』」
□「『新焼酎』・『ピリシャン』新発売! 山元酒造(鹿児島県薩摩川内市)」
□「旬のファインアロマホップの香りを実感!
『ザ・プレミアム・モルツ“初摘みホップ” ヌーヴォー』
『同〈香るプレミアム〉“初摘みホップ” ヌーヴォー』」
□「月刊『たる』35周年特別対談
日本酒と落語の深い縁 日本酒人気の兆しは落語にあり
浪花酒造 十代目社長 成子和弘氏
四代目 桂 塩鯛師匠(落語家)」
□「ビーフィーター グローバル バーテンダー
コンペティション 日本ファイナル」
□「こだわりのクラフトバーボン
『ウッドフォードリザーブ』」
□「酒類業界の3R活動を支える“P箱” レンタル
新日本流通のエコサイクル」
□ラングドックは語る!
□「多様性と将来性あふれるポルトガルワイン〈後編〉」
□REQUIEM
「桂米朝師匠とわたし」――成瀬國晴
□PICK UP
「『ディアナチュラ』ブランドから新ラインナップが登場!
『ディアナチュラゴールド』」
おすすめの購読プラン

TARU(たる)の内容

  • 出版社:たる出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
「お酒にまつわるちょっといい話」を提供するお酒の月刊誌
「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。

TARU(たる)の目次配信サービス

TARU(たる)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

TARU(たる)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.