I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

TARU(たる) 発売日・バックナンバー

全148件中 61 〜 75 件を表示
519円
【特集】ジャパニーズウイスキー!
ジャパニーズウイスキーが誕生してまもなく1世紀を迎えようとしている。
世界で旋風を巻き起こしているジャパニーズウイスキーだが、
それは先人から続くウイスキー造りに懸ける人々の努力と情熱の賜物だ。
現在、国内外で需要の高まりを受け、次代を見据えた取り組みに拍車がかかる。
全国的な蒸溜所開設ラッシュもしばらく続きそうだ。
今、大きな節目にあると言っていいジャパニーズウイスキー。
名門から新進の蒸溜所まで、ジャパニーズウイスキーの活発な動きを追った。

[注目のNew Japanese Distilleries①]
遊佐蒸溜所訪問記
文・写真 / 明治屋代表取締役社長・松沢幸一
[注目のNew Japanese Distilleries②]
オクシズの自然と調和した“オール静岡” のウイスキーを目指す
̶ガイアフロー静岡蒸溜所
洋酒技術研究会例会「ジャパニーズウイスキー」をテーマに開催
[Japanese Whisky’s Story]
ジャパニーズウイスキーの歴史はここから始まった̶サントリー山崎蒸溜所
[Japanese Distilleries Profile]
① 設立50 周年を迎え未来を繋ぐ“ウイスキー基地”へニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所
②最高峰のグレーンウイスキーを造るキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所
② 土地の個性を反映するウイスキー造り̶マルス信州蒸溜所/マルス津貫蒸溜所
・ジャパニーズウイスキーカタログ
・ワールドウイスキートピックス



□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ — 椎名誠 酒粥
□[連載]カクテル ノート
〈Chocolat de printemps〉〔Bar Tenderly〕̶荒さくらさん
□ワインイベントレポート
□[Sake Event Report]キリンビール イベントレポートin 東京
□コンチャ・イ・トロ社『サンライズ』シリーズ
地球に優しい新パッケージ
□[たる創刊40 周年記念特別企画]
日本初の缶入りチューハイが今年で発売35 周年
タカラCAN チューハイ復刻デザイン缶
□[Special Report]「にいがた酒の陣 2019」盛況の内に幕。来年は運営方法一新
□[Event Report]FOODEX JAPAN 2019
□[Sake Event Report]国分グループ本社 イベントレポートin 東京
□[連載]黄金の琥珀に純白の泡 ― 松沢幸一
□[連載]お酒と福祉の醸す日々 — 川嶋舟
□はじめて世界に挑戦したシングルモルトウイスキー『グレンフィディック』
挑戦を続けるグレンフィディック蒸溜所
□[Culture]『鳥獣戯画』も見られる中之島香雪美術館の特別展と
アサヒグループ直営店で特別な日を過ごそう
北海道に初出店!〔 アマノ フリーズドライステーション 札幌店〕
札幌駅直結「パセオ」にオープン!
□[連載]飲むたび、こころ旅 — 檀タツオ
□[連載]春宵酔刻 — 柄長葉之輔
□[連載]日本酒スタイリスト島田律子のSAKE スタイル
□[連載]子供たちに “安全な野菜”を — 天野礼子
□[ Pick Up ]カリフォルニアワイン・プロモーションイベント
□[連載]メビウスの輪 — 中村順一
□[連載]今宵の1話
□[連載]『龍の瞳』ストーリー — 今井 隆
□[連載]映画は我が人生の友達 — 山本陽張
□New Item
□東の店/西の店
□Presents
□Back Number
□[連載]お酒を読む — 鹿島 茂 ヴェルサイユのボルドー党
□酒中の天
519円
【特集】ワインといえば、フランスやイタリア、チリなどを思い浮かべる人が多いだろう。意外かと思われるかもしれないが、実はルーマニアもヨーロッパにおける主要なワイン大国のひとつで、その歴史も古い。ルーマニアの人々にとってワインは生活になくてはならないものであり、良質なワインは欧州連合よりも厳しいワイン法によって守られている。
今回、ルーマニアの代表的なワイン産地を辿りながら、お勧めの観光スポット、ワインとともに味わいたい郷土料理などを紹介しよう。


浪漫ルーマニア 麗しのワイン紀行
・6000年という紀元前からの歴史が紡ぐルーマニアワイン
モルダビア/マウンテニア•オルテニア/バナート•クリサナ•マラムレス/
トランシルヴァニア/ドブルジャ
・中世の趣を今に残す街並と美しい自然、アンチ•エイジングも人気のルーマニアを巡る ルーマニア魅力探訪
・新鮮な農産物の魅力を引きたたせる 絶品ルーマニア料理を味わい尽くす
・ルーマニア料理を東京で楽しむ!-ルーマニア料理 LA MIHAI(東京都墨田区)

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ — 椎名誠 宮古島のマグロ、泡盛宴会
□[連載]カクテル ノート
〈スプモーニ〉〔BLOW 北新地〕—橋目貴則さん
□ワインイベントレポート
□各社春のワイン試飲会レポート
□アサヒビール ワインイベント
□日本酒類販売 輸入ワインイベント
□スペイン銘醸地リハオのトップワイナリー
□ボデガス・ファウスティーノ
□[連載]黄金の琥珀に純白の泡 ― 松沢幸一
□[連載]お酒と福祉の醸す日々 — 川嶋舟
□[TARU TOPICS]
重富さんのビールと映画 文/サッポロビール文化広報顧問 端田晶
□ふらっと道草 酒蔵街道 時代を映す 丹の国 亀岡 へき亭 文・写真/村田勝英
□グラナ•パダーノPDO、パルマハムPDOの魅力
名を守ることは食文化を守ること。文/中村孝則
□『ザ•プレミアム•モルツ』の“神泡”体験が広がる

がんこ〜平成最後の頂点を目指して〜
第14回日本料理コンテスト決勝大会
□『奥飛騨の龍』誕生
岐阜で作る農福連携プロジェクトの酒
□[連載]飲むたび、こころ旅 — 檀タツオ
□[連載]春宵酔刻 — 柄長葉之輔
□[連載]日本酒スタイリスト
   島田律子のSAKE スタイル
□[連載]子供たちに “安全な野菜”を — 天野礼子
□「第53回スーパーマーケット・トレードショー」レポート
□[連載]メビウスの輪 — 中村順一
□[連載]今宵の1話
□[連載]『龍の瞳』ストーリー — 今井 隆
□[連載]映画は我が人生の友達 — 山本陽張
□New Item
□東の店/西の店
□Presents
□Back Number
□[連載]お酒を読む — 鹿島 茂 ヴェルサイユのボルドー党
□酒中の天
519円
【特集】日本酒と酵母
日本酒造りに欠かすことのできない「酵母」。
酵母は菌類の一種で、肉眼では見えない微生物。
糖分を食べてアルコールを生み出す、いわば発酵の立役者。
酵母といっても様々な種類があり、
その特性が、日本酒の香味に大きな影響を与える。
昨今、酵母をめぐる各蔵元や関係機関の取り組みは活発で
意欲的な銘柄も続々と誕生している。
ミクロの世界からマクロへ、酵母を知り
日本酒の新たな楽しみ方を発見しよう。

・日本酒における酵母とは?
文/浜田由紀雄
・酵母の代表格「きょうかい酵母」
【酵母にこだわる蔵元探訪】
“泡あり酵母” で醸す唯一無二の香りと旨味̶田中屋酒造店(長野県飯山市)
花から生まれた『花酵母』
【酵母にこだわる蔵元探訪】
伝統だけにとどまらず
新しい酵母で日本酒の世界を広げ続ける̶菊正宗酒造(兵庫県神戸市)
・清酒酵母「京の花」はこうして生まれた
文/大阪市立大学大学院 理学研究科 田中俊雄
・酵母に注目して飲みたい日本酒カタログ
・日本酒イベントレポート& TOPICS

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロー椎名誠 カバランにびっくり
□[連載]カクテル ノート 番外編
〈HANAMARU COSMOPOLITAN〉
□“過去最高のガス圧” で強炭酸!
『ウィルキンソン・ハードナイン』シリーズ
□[連載]黄金の琥珀に純白の泡 ― 松沢幸一
□ふらっと道草 酒蔵街道 時代を映す 丹の国 亀岡 へき亭
文・写真/村田勝英
□RTD 市場の活性化へ
『-196℃ ストロングゼロ〈瞬間〉』シリーズ
『こだわり酒場のレモンサワー』
□GABUTTO(ガブット)
STEAK&WINE
□〔S p e c i a l R e p o r t ]
平成最後の「開高健関西悠々会」便り!
□[ たる 創刊40 周年記念特別企画]
創業45 周年 千房・新社長が語る
食文化、経営への想い
□[連載]お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟
□[ たる 創刊40 周年記念特別企画]
アサヒビール 大山崎山荘美術館
□[連載]飲むたび、こころ旅 ― 檀タツオ
□[ たる 創刊40 周年記念特別企画]
アサヒビール 大山崎山荘美術館
□[連載]日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
□[連載]子供たちに “安全な野菜” を ―天野礼子
□[連載]春宵酔刻 ー柄長葉之輔
□[連載]メビウスの輪 ̶―中村順一
□[連載]今宵の1話
□[連載]龍の瞳ストーリー ー 今井 隆
□[新連載]映画は我が人生の友達  ― 山本陽張
□お酒を読む ー 鹿島 茂 ボルドー・ワイン贔屓の暗愚な王様
□酒中の天
519円
【特集】カクテルの楽しみ広がる リキュールの世界
ベースとなる蒸溜酒に、香味成分などを加えて造られる、リキュール。
もともとは薬酒として珍重されてきた歴史をもつ。
ハーブや果実、種子など、多彩な材料から生まれる風味や香り、
“色の宝石箱”とも称される美しい色彩…。
ベースのお酒としても、また風味や色付けとしても、
カクテルのバリエーションを広げるためになくてはならない存在だ。
リキュールを知れば、バーでのオーダーもしやすくなるし、
自分でカクテル作りにトライする楽しみも広がる。
実は奥が深い、リキュールの世界を紐解いてみよう。

・リキュールの基本を知ろう。
文/橋口孝司
・リキュールの魅力と楽しみ方
〜自宅で楽しむお手軽カクテルレシピ〜
・オランダで誕生した多彩なリキュール
—ボルス
・バーテンダーに聞く「ルジェ」の魅力
・女性が造り上げたリキュール
—マリーブリザール
・リキュールの代表格! カシス・リキュール
・リキュール大集合!
〜薬草・香草系/果実系/ナッツ・種子・核系/特殊系〜
・カクテル&スピリッツTOPICS

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロー椎名誠 酒なし日々の貴重な体験
□[連載]カクテル ノート
〈プレジール〉〔Bar Skye〕 —太田雅子さん□ワイン生産者来日レポート
□ぼっけぇうめぇ! 岡山県
岡山県の日本酒と備前焼、ご当地肴で一献!
□[連載]黄金の琥珀に純白の泡 ― 松沢幸一
□イタリアワイン六千年
□THE JAPAN BRAND
最高品質へと邁進していく
アサヒスーパードライ/クリアアサヒ/アサヒ 極上〈キレ味〉
□進化する広島の玄関口ekie ASSEで広島グルメを満喫しよう!
□快進撃を続ける爽快ワインサワー 赤玉パンチ
□関西冬の名物詩、ラーメンイベントが今年も開催
ラーメンEXPO 2018 in 万博公園
□[連載]お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟
□進化を続ける『アサヒスーパードライ』から、
特別限定醸造商品 アサヒスーパードライ 澄みわたる辛口
□[連載]飲むたび、こころ旅 ― 檀タツオ
□時代や顧客の変化に対応するため、リブランディングを進める朝日酒造
□[連載]日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
□栄えある「第40回サントリー学芸賞」9名に贈呈
□[連載]子供たちに “安全な野菜” を ―天野礼子
□[連載]春宵酔刻 ー柄長葉之輔
□[連載]メビウスの輪 ̶―中村順一
□[連載]今宵の1話
□[連載]龍の瞳ストーリー ー 今井 隆
□[新連載]映画は我が人生の友達  ― 山本陽張
□アルコールとの関連が指摘される高齢者の過栄養・低栄養問題
文/雑喉利祐( 一般社団法人チェリー・ブロッサム代表理事)
□[新連載]お酒を読む ー 鹿島 茂 公女の恋とボルドー・ワイン
□酒中の天
519円
【特集】乾杯! 世界のスパークリング
輸入数量は年々増加、好調が続いているスパークリングワイン。
世界中から多種多様なスパークリングワインが集まり、
ハレの日からデイリーまで、シーンを選ばず楽しまれるようになった。
今回、フランス・シャンパーニュから珠玉のメゾンをご紹介。
また、スペインのDOカバの産地を訪ねた。
さらに、スパークリングワインを巡るトピックスや、注目の産地にもクローズアップ。
新春の寿ぎにも華を添えてくれる、スパークリングワインで乾杯しよう!

・[スパークリングワイン産地 Report]
シャンパーニュ、珠玉のメゾンを訪ねて
―文・写真/青木冨美子(ワインジャーナリスト)
・シャンパーニュ ニコラ・フィアット、5年ぶりに商品をリニューアル
・イタリア2大スパークリングワイン!
フランチャコルタ/プロセッコ
・チリ発!コノスルのスパークリングの取り組み
・[スパークリングワイン産地 Report]
新たな取り組みで新境地を拓くDO カバ―文・写真/本誌 丸山忠生
・新興スパークリングワイン産地に注目! イギリス/ブラジル
・世界のスパークリングワイン大集合!

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロー椎名誠 謎のスリスリ
□[連載]カクテル ノート
〈利休鼠〉〔BAR LIEN〕―関川洋介さん
□ワイン生産者来日レポート
□世界のワイン産地 TOPICS
□大阪芸術大学 アートサイエンス学科新校舎竣工!
□[連載]黄金の琥珀に純白の泡 ― 松沢幸一
□素敵なひとときを彩る乾杯酒  一代弥山スパークリング 中国醸造
□スコッチの名門 ジェームズ・ブキャナン社 『Black&White』
□復活された酒米と酵母 賀茂鶴『広島錦』の誕生! 賀茂鶴酒造
□世界的リキュールを使った新しいRTD が登場BOLS
□三百数十年の伝統に培われ文化人に愛されてきた日本酒 白牡丹酒造
□第29 回大阪コマンドリー・ド・ボルドー
ガラディナーパーティー開催される!
□今年で10 周年を迎えた「東京ラーメンショー2018」
□[連載]お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟
□進化を続ける『アサヒスーパードライ』から、
特別限定醸造商品 アサヒスーパードライ 澄みわたる辛口
□[連載]飲むたび、こころ旅 ― 檀タツオ
□[ S a k e E v e n t R e p o r t ]
「津貫蒸溜所祭り2018」 ウイスキー・焼酎の味わいに酔い賑わう
□[連載]日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
キリンビール、スプリングバレーブルワリーの取り組み
□[連載]子供たちに “安全な野菜” を ―天野礼子
□蟻君忌、「第4 回藤本義一文学賞」授賞式開催
□[連載]春宵酔刻 ー柄長葉之輔
□チーズイベントレポート
□北新地より、新春のお喜び申し上げます Part1
□[連載]メビウスの輪 ̶―中村順一
□[ S a k e E v e n t R e p o r t ]
シチリアワインの夕べ ~シチリア西部の個性的なワイナリー来日!~
□[連載]今宵の1話
□[連載]龍の瞳ストーリー ー 今井 隆
□[新連載]映画は我が人生の友達  ― 山本陽張
□北新地より、新春のお喜び申し上げます Part2
□[新連載]お酒を読む ー 鹿島 茂
□酒中の天
519円
【特集】
お酒を巡る旅のススメ
旅の楽しみと言ったら、旅先でのお酒との出会いだろう。旅の楽しみと言ったら、旅先でのお酒との出会いだろう。
お酒が生まれた場所を訪ねれば、その土地のグルメや自然、歴史文化…
といった物語が見えてくる。
今回は、京都伏見で古都の町歩きを楽しみながらのハシゴ酒、日本随一
のワイン産地・甲州勝沼にワイン探訪の旅に出た。
ほかにも“酒蔵ツーリズム”に取り組む酒どころ、車窓とともにご当地の
お酒や肴を味わう“呑み鉄”オススメの観光列車もご紹介。
新酒が美味しいこの季節、お酒を巡る旅に出かけよう。
・京都伏見でハシゴ酒―京都市伏見区
・甲州勝沼でワイン造り―山梨県甲州市
・ “酒蔵ツーリズム” に取り組む酒どころPICK UP!
埼玉県/利根沼田( 群馬県) /播磨( 兵庫県) /東広島( 広島県)
・ 魅力満載! 個性豊かな“呑み鉄” を満喫しよう!
・神話の故郷“山陰” を五感で楽しむ列車旅JR 西日本 あめつち

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「わしらの屋上宴会」
・カクテルNOTE —『オズボーン・フィノ・キンタ』〔BAR Hemingway〕 ̶松野直矢さん

□〔ワイン産地Report〕]オルトレポー・パヴェーゼ
プリメ アルトゥーレ社/コンテ・ヴィスタリーノ社
マルケージ・ディ・モンタルト社

□[ S a k e E v e n t R e p o r t ]
日本酒造組合中央会のイベント 明治屋 広尾ストアーリニューアルオープン

□明治屋 広尾ストアーリニューアルオープン

□アサヒビールが贈る個性溢れる冬の味わい

□大阪のおもろい食 大阪ミナミの食文化記念鼎談
難波利三× 成瀬國晴× もず 唱平

□家庭的な魅力が詰まった大阪・東心斎橋の家庭料理
おばんざいの店〔道しるべ〕̶ 名店30 周年

□国産リンゴ品種「つがる」100%でつくられた
ニッカ シードル ヌーヴォ スパークリング2018

□サントリービールから、冬の楽しみが広がる

□「ラーメンEXPO 2018 in 万博公園」でラーメンとビールを楽しもう!

□華やぐクリスマス& 新年を気軽に楽しむ
『フロンテラ プレミアム スパークリング』
『フロンテラ プレミアム スパークリング・ロゼ』

□クラウドファンディングへのご協力のお願い
川嶋舟先生と本誌との構想による
~農業と福祉プロジェクト~作ろまいかプロジェクト下呂
~米作り、人づくり、酒づくり~

□[ S a k e E v e n t R e p o r t ]
メルシャン「日本ワイン」事業進む

□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・メビウスの輪 —中村順一
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
【特集】焼酎を愉しむ。 ̶本格焼酎から話題のレモンサワーも! ̶
日本の風土と暮らしの中で、育まれ、飲み継がれてきた、焼酎。
「本格焼酎」は主原料により、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎、泡盛など、さまざまなタイプがある。
今回は、日本の島々に伝統的に息づき、一部世界的なブランドにもなっている“島焼酎”にも着目。
さらに、昨今の「レモンサワー」ブームで、ベースのお酒として注目を集めている「甲類焼酎」に迫った。
そして、焼酎の本場・鹿児島から、おすすめの焼酎と郷土料理をご紹介。
知っているようで知らなかった焼酎の世界を知り、もっと楽しくもっと深く、焼酎ライフを愉しもう!

・焼酎の基本を知ろう。
・“島焼酎” に注目!
奄美群島「奄美黒糖焼酎」 /壱岐「壱岐焼酎」/沖縄「琉球泡盛」/伊豆諸島「東京島酒」
・奄美大島の銘水と音響熟成にこだわる
至極の黒糖焼酎『奄美黒糖焼酎 れんと』 ̶ 奄美大島開運酒造
・多彩な個性を持つ“島酒” にフォーカス
日本酒類販売『島酒展示会2018』
・“甲類焼酎” が熱い!
・ベースの甲類焼酎を使い分けて、
 さまざまなレモンサワーの味わいを楽しもう
・レモンサワーの名店に聞く!
 甲類焼酎を使う家飲みレシピ̶ 蜆楽檸檬
・鹿児島の焼酎と合わせたい郷土料理
・日本初の樽熟成焼酎を造る ̶小正醸造 日置蒸溜蔵
・お勧めしたい芋焼酎『橙華』 ̶ 大石酒造
・伝統と革新性の融合で造る焼酎 ̶ 山元酒造
・鹿児島の中心に構える焼酎蔵 ̶ さつま司蒸溜蔵

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「釣り魚の味わいどき」
・カクテルNOTE —〈泥船出航〉—〔バーリィ浅草〕木村誠さん
□〔ワイン産地Report〕イタリアワイン取材記 ~ブドウ品種ピノ・ネロに力を注ぐ、北イタリアのワイン オルトレポー・パヴェーゼ地域を取材して~
□[ Pick Up ]ニッカウヰスキーから数量限定シングルモルトウイスキー
『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』
『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』
□エレガントで個性的なチリ・ワイン『レイダ・レセルヴァ』『レイダ・シングル・ヴィンヤード』
□サントリー『 ザ・プレミアム・モルツ』ブランドが贈る多彩なウインターギフト
□思わず1杯! と立ち寄りたくなる美味しいお酒が楽しめる店
□ボルドー メドック地区で300 年を超えるクリュ・ブルジョワ
シャトー・ルデンヌ

□型にはまらずワインを楽しく〔Decanter OSAKA〕
□[ Sake Event Report ]サントリー イベントレポート
□[ Sake Event Report ]サッポロ ワイン イベントレポート
□[ Sake Event Report ]キリン イベントレポート
□ワイン試飲会レポート



□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・メビウスの輪 —中村順一
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
【特集】ビール、新時代
4月の「ビールの定義の改正」もあり、加速度的に面白さが増しているビールの世界。原料や味を追求した、チャレンジングな商品に出会う機会は多くなったと感じる。クラフトビールの勢いは止まることを知らず、ブルワリーやブルーパブも続々と誕生。地域とコラボレーションした試みも活発化している。
飲み手にとっては、選択肢が広がり、多彩な味わいが楽しめる絶好のチャンス!
新たなステージに突入していると言っても過言ではない、ビールの世界をとことん味わおう。

・クラフトビール、ブームから文化へ 文/藤原ヒロユキ
・小江戸から世界のCOEDOへ 新しい“地ビール”への挑戦—コエドブルワリー
・クラフトビールは『クラフト』を越えていく —スプリングバレーブルワリー  文/和田徹(スプリングバレーブルワリー 社長)
・出来立てクラフトビールが飲める店 〔TOKYO隅田川ブルーイング〕
・国産ホップの展望—キリンビール良質なビールの泡とは—サントリー
・個性豊かなビールで乾杯!!
・ビール工場が続々リニューアル!
・地域と共に生きる、自閉症の方とのビール造り —西陣麦酒
・ビールイベントレポート


□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「修道院ビール」
・カクテルNOTE —〈ラディー・ファッションド〉—〔BAR Agréable〕日徳満亮太さん
□〔猿倉山ビール醸造所〕が里山の高台にオープン!
□唯一無二のSAKEリキュール『mūnī』
□“夜の深みへ、旅に出よう”『ブラックニッカ ディープブレンド』『ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート』
□「サントリー樽ものがたり」×「カリモク60」『Kチェア サントリー樽ものがたり』
□明治屋『おいしい缶詰』×スペインワイン『ボデガス・ファウスティーノ』
□スモーキーな香りが特長『山崎蒸溜所貯蔵 スモーキー原酒樽仕込梅酒』
[TARU REPORT]
□メルシャン セミナー開催
□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・メビウスの輪 —中村順一
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー
519円
【特集】日本酒と神様の関係
日本酒と神様には深い関わりがあることをご存知だろうか。
身近な存在として馴れ親しんでいる日本酒だが、
かつてはお酒造りそのものが神事であり、
造ったお酒は神様とのコミュニケーションの手段として口にされてきた。
そんな日本酒と神様の密接な関係に迫るべく、
お酒にまつわる神社や、神様に所縁のある蔵元を取材。
神様に寄り添いながら、現代まで受け継がれた日本酒。
切っても切れない日本酒と神様の結びつきを紐解いていこう。

・日本酒と神事の不可分の関係  文/神崎宣武
・日本酒と三大酒神神社の結びつき
 酒造関係者の聖地—松尾大社(京都)
 日本最古の“酒造神”を祀る—梅宮神社(京都)
 酒造り発祥の地に構える—大神神社(奈良)
・御神酒を造る神社—莫越山神社(千葉県南房総市)
・“神のお告げ”により出来たお酒『神開』—藤本酒造(滋賀県甲賀市)
・日本酒と神様にまつわる豆知識
・松尾大社の加護を得て“伏水”で造るお酒—黄桜(京都市伏見区)
・地理的表示(GI)に指定、日本一の酒どころ・灘五郷
・日本酒の最前線が見える!日本酒コンテスト 文/山田聡昭(酒文化研究所)
・ 日本酒イベントレポート

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「修道院ビール」
・カクテルNOTE —〈NOK〉—〔BAR 日下部〕日下部雅隆さん
□[ワイン産地Report]
フレッシュで軽快“唯一無二”のワイン ヴィーニョ・ヴェルデ
□インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2018
『ニッカ カフェウオッカ』ウオッカ部門カテゴリーで
最高賞“トロフィー”を受賞!
□大阪芸術大学発、世界から注目を集める“りんご”の授業
□“琴線に触れる接客力”を目指して「接遇コンテスト 決勝大会」
□豊かな果実の香りと味わいを楽しむサントリーチューハイ
□スモーキーな香りが特長 山崎蒸溜所貯蔵 スモーキー原酒樽仕込梅酒
□[Wine Event Report]
日本リカー醸造家テイスティングセミナー
□[Sake Event Report]
京都の老舗、本家〔たん熊〕にて贅沢なワインマリアージュを試みる!
□キャッシュオンデリバリーで楽しむ〔Asahi BeerFront〕
□[Culture]
サントリー美術館「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」展
□第10回記念 東京ラーメンショー2018 開催!
□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・メビウスの輪 —中村順一
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
特集
今、ホットなウイスキー“バーボン”
世界5大ウイスキーの1つである、アメリカンウイスキーの代名詞と言えば、バーボン。
故郷は〝ブルーグラス(牧草)の州〞とも呼ばれるケンタッキー州。
トウモロコシを主原料に、オークの新樽のみを用いて熟成させる。
産地の風土と手法から生まれる、独特の香ばしいパンチのある味わいは、
バーボンファンを惹きつけて止まない。
かつてはワイルドにストレートかオンザロックのイメージだったが
最近はさまざまな飲み方が紹介され、若者や女性も気軽に飲むようになった。
そんな今、ホットなウイスキー、バーボンをもっと知って楽しもう。

グラスの中の木漏れ陽文/東理夫
バーボンウイスキーの基本を知ろう。文/橋口孝司
ワイルドターキー探訪記文・写真/松沢幸一
ケンタッキー州の名門蒸溜所
ウッドフォードリザーブ/ メーカーズマーク/ フォアローゼズ
日本にバーボンをもたらしたバー バーボン・ウイスキー専門店〔十年〕
バーボンをもっと楽しむ!
簡単アレンジレシピ
愛され続けるバーボン代表格!
バーボンカタログ
ウイスキーイベントレポート

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「生ビール乾杯殺人事件」
・カクテルNOTE —〈バレッツ〉—〔SHOTOGUN〕西岡孝紘さん
□せせらぎを感じながら贅沢な時間を過ごす
〔神戸ハーバーランドumie MOSAIC〕
□[Pick Up]日本リカーのワインイベント
□爽快感あふれる真夏のRTDとバラエティパック
『ウィルキンソン・ハード期間限定無糖クールシトラス』
『アサヒもぎたて 期間限定宮崎県産日向夏』
□酒米作り新プロジェクトスタート!
□作ろまいかプロジェクト下呂 米作り、人づくり、酒造り
□[Culture]人と自然と響きあう、サントリースポーツ普及活動
□日本全国で〈『神泡に、惚れたっ。』プロモーション〉実施中
□シソの香りが約20倍アップ、さらに華やかになった“しそ焼酎『鍛高譚』”
□[Taruʼs Eye]料理を活かすのも銘酒に限る
□[Sake Event Report]スマイルのワインイベント
□ジャパニーズクラフトジン サントリー『ROKU』
□アルコール7%の飲みごたえと麦由来の豊かな味わい『クリアアサヒ クリアセブン』
□北新地より暑中お見舞い申し上げます part1
□世界のワイン産地を知る! イベントレポート
□北新地より暑中お見舞い申し上げます part2
□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・メビウスの輪 —中村順一
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー
519円
【特集】
ミャンマーの中心地、ヤンゴンの酒事情

『ビルマの竪琴』(竹山道雄作)が戦後、映画監督の巨匠と言われた市川崑氏により2回も映画化され、話題を呼んだ。元々は児童向けの小説だったが、先の大戦で多くの戦死者を出し未だミャンマーの地に眠っていることもあり、日本にとっての思慕は絶えない。
3年前、キリングループがミャンマーの最大手のビール会社を取得したこともあり、そのリポートも兼ね、本誌でお馴染みの柄長葉之輔氏共々訪問。又現地在住で、黒澤明監督の映画でも名脇役で一世を風靡した故・花澤徳衛氏の孫である花澤光希さんが活躍されていることを知り、厚かましく「女性から見るミャンマーとお酒」の原稿も頂いた。
滞在期間(4日間)が短かったゆえ、大都市・ヤンゴンのみの特集になりました。

1. 国内シェア80%強のミャンマーブルワリー
2. 東京で味わう!本格ミャンマー料理〔ノング インレイ〕
3. ミャンマーブルワリーを訪ねて 文/柄長葉之輔
4. 女性から見る、ミャンマーとお酒 文/花澤光希
5. ミャンマー旅行記 文・絵/丸山忠生
【Special Feature】
夏本番! ビールの世界を楽しもう!
1. 関西のビアスポット 大集合!
2. クラフトビールの世界が広がる Tap Marché
3. BEER EVENT REPORT
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「いきなりハイボールなのだ」
・カクテルNOTE —〈オールド・ファションド〉
〔WALK IN BAR MOD〕 — 大庭正志さん
□[Pick Up]日本酒類販売のワインイベント
□革新的なノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』
□[Special Interview]スペイン白ワイン市場 No.1! DOルエダ
□「夏はキリッと冷やして、爽やかに楽しむ
『カッシェロ・デル・ディアブロ・エディション ソーヴィニヨン・ブラン』
『カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ロゼ』
□19世紀に創業のスコッチシングルモルトウイスキー
『グレンドロナック/ベンリアック/グレングラッサ』
□発売30周年を迎えた大関『辛丹波』
□[Sake Event Report]第33回全国久保田会開かれる
□『ボウモア』をより気軽に楽しむための1本『ボウモアナンバーワン』
□[Cocktail Event Report]Tokyo International Bar Show 2018
多彩なカクテルコンペティション
□[Special Report]大和ハウス生活文化フォーラム第4回
「健康な暮らしは発酵食品で」
□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
【特集1】
好調!日本ワイン

快進撃が続く日本ワイン。
国内外の注目度の高まりを受けて、
新たなワイナリーが次々に誕生、開業準備も全国で進行していると聞く。
既存のワイナリーでも、原料ブドウの確保のための取り組みが活発だ。
今年は、今日の日本ワインの礎を築いた立役者の1人、
川上善兵衛氏の、生誕150年でもある。
さまざまな意味で節目を迎えている日本ワイン、その最新の動きを追った。

【特集2】
大阪・北新地浪漫

大阪・北新地は、バー・クラブ・スナック・小料理屋・和洋割烹などの飲食店が約3000店舗集まる、大阪キタ(大阪市北区曾根崎周辺)の高級歓楽街。社交料飲の街として、多くの人が行き交い、江戸時代から文楽など上方文化との繋がりもある人情味あふれる街。今回は、賑わう大阪・北新地の歴史を辿ってみた。また、後半では、大阪・北新地で50周年を迎える老舗クラブの女将たちによる座談会を開催。懐かしい北新地での思い出を語りあっていただいた。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「ライオンビアホール」
・カクテルNOTE〈フレッシュ ヴァージャー〉
〔BAR 荻窪〕荻窪誠さん
□世界のワイン産地TOPICS
□ワインイベントレポート
□『ブラックニッカ リッチブレンド エクストラシェリー』
□「神泡」〜『サントリー ザ・プレミアム・モルツ』 旨さへのこだわり〜
□人々から愛され賑わう〔ピオレ姫路〕がリニューアル!
□惜別の人、石本龍一さん
□アルコール・ハラスメント(アルハラ)について
□連載
・【新連載】こどもたちに安全な野菜を ;天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 ;松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ;川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 ;檀タツオ
・いい加減がいいな ;廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
【特集】
お酒とおサカナ

日本人の食生活になじみ深い「魚」。
スーパーなどに並ぶ魚によって季節を感じ、
酒宴や特別な祝い事などに欠かせないものとしても
私たちは昔から、魚を愛でてきた。
そんな身近な存在である「魚」はどのようにして私たちの手元に届けられるのか。
我が国日本の現在の「サカナ(魚・肴)」事情を追いながら、
さらなる魚の可能性を知り、もっと魚をお酒とともに楽しもう!
『たる』がおススメする、魚料理に合う日本酒も厳選紹介します。


□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「奥会津の白濁酒」
・カクテルNOTE —〈スペシャル ジンフィズ〉
〔Bar Matsumoto〕松本純さん
□ビールの楽しみを広げる アサヒビール
□[Special Report]
3タイプ揃った話題の純米酒『魚沼』 — 白瀧酒造
呑兵衛さんは「異常酩酊」を知ることが大事 — 樋木酒造
□ワインの大手メーカー メルシャンが贈るオーガニックワイン
□FOODEX JAPAN 2018
□ハンドメイドから生まれるクラフトバーボン『メーカーズマーク』
□[Special Report]
受け継がれた精神を活かし、お酒造りを極め続ける『越乃寒梅』醸造元 — 石本酒造
「新潟淡麗 にいがた酒の陣 2018」 今年も大盛況の14万人超動員
□新たな切り口で伝統文化を発信し、未来の子供たちを支えたい — 丸山貴弘氏
□第4回 藤本義一文学賞 作品を募集します! キーワードは「夢」!
□連載
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
[特集]
春爛漫! ロゼのお酒

いよいよ春本番。桜前線の北上も始まった。
春の陽気に誘われて、桜を愛でながらのお花見酒や、
新年度を迎え、ホームパーティの家飲みなど…何かとお酒の席が増える季節。
そんなシーンにもってこいなのが、春のイメージにぴったりで、
気分も上がるチャーミングなロゼ色のお酒たち。
ロゼ色のお酒には、世界的に人気上昇中のロゼワインをはじめ
カクテルや日本酒にまでバリエーションは広がっている。
そこでとっておきのロゼ色のお酒と楽しみ方をご紹介。
春爛漫! 桜の季節をロゼ色のお酒で乾杯しよう!

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「泡盛のソーダ水割りがよかった」
・カクテルNOTE —〈バノックバーン〉
〔カーム Bar〕田淵義浩さん
□[ワイン産地 Report]
スペイン”白ワインの女王”DO ルエダ
□[Wine Event Report]
マスター・オブ・ワイン 大橋健一氏によるアルベール・ビショー マスタークラス
信州たかやまワイナリー/いばらきワイン/カナダ・アルバータ州/ナパヴァレー・バイザグラスフェア2017
ボルドーのテロワールと醸造技術が紡ぎだすフードペアリングの可能性
2018年ワイン事業方針説明会並びに新商品発表会
2018春のワイン試飲会Report
□[Pick Up]
岩の原葡萄園 創業者 川上善兵衛氏生誕150年を記念して
□アサヒビールから、ユーロリーフのオーガニックワイン
□たる美術館 — 宮島永太良
□HBAのレジェンド、桑名伸佐氏の古希のお祝いの会開かれる!
□映画スター、川内民夫氏逝く
□[Special Report]
享保11年創業の「洛中最古の蔵元」15代目が語る、日本酒の今後 —松井酒造
□連載
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・メビウスの輪 —中村順一
・今宵の1話
・龍の瞳サクセスストーリー

519円
月刊たる3月号

[特集]
日本酒、新時代

日本酒は新たなステージを迎えている。
海外では〝SAKE〟と呼ばれ、ブームが続く。
日本酒を〝國酒〟とするニッポンはどうか?
大小蔵元では世代交代が進み、
伝統的な日本酒の世界に新風を吹き込む造り手や、
蔵や業界の垣根を越えて手を携え、
日本酒を盛り上げようという取り組みも見られる。
そうした日本酒を巡る活発な動きにスポットを当ててみよう。
日本酒は、楽しい、美味しい可能性に満ちあふれている。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ—椎名誠「宮古島のオトーリ」
□連載
・カクテルNOTE—〈ホピート〉
〔Bar 嘉茂〕嘉茂太輔さん
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 — 川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな—廣野辰彦
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メビウスの輪 —中村順一
・今宵の1話
・龍の瞳サクセスストーリー

□ワインの楽しみが広がる『ボタ・ボックス』シリーズ、『プティ・コショネ』シリーズ
□ワイルドターキーセミナー
□自宅で本格的なバーの味わいが楽しめる
『ザ・カクテルバー プロフェッショナル〈ジントニック〉』
『ザ・カクテルバー プロフェッショナル〈モスコミュール〉』
『サントリーアイスジン〈ドライジントニック〉』
□「ニッカウヰスキーブレンダー室見学会特別テイスティング講座」
□日常で少しだけ贅沢を楽しむときに『フロンテラ プレミアム』
□2018年事業方針説明会
おすすめの購読プラン

TARU(たる)の内容

  • 出版社:たる出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
「お酒にまつわるちょっといい話」を提供するお酒の月刊誌
「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。

TARU(たる)の目次配信サービス

TARU(たる)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

TARU(たる)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.