月刊アイソス 発売日・バックナンバー

全197件中 1 〜 15 件を表示
■5月号の特集は「ゲームで標準を使う・作る・教える」です。

■国際標準化を担う人材の育成は日本の大きな課題です。中部大学経営情報学部では、国際標準化に理解のある経営者の育成を目指して、ISOマネジメントシステムをベースとした「標準を使う・作る・教える」という標準化教育を学部1年生から大学院生まで実施しています。その活動のユニークな点は、同大学のESDエコマネーチームの学生が主体となって標準化教育を実施していること、子どもから社会人まで楽しみながら標準化の勉強ができるゲーム形式の教材を自ら開発していること、教材の使用は学内にとどまらず様々なイベント等の標準化教室で使用され、その参加者はすでに累積4万人以上になることなどがあります。

■完成した教材は、研究者データベース「Research map」の同大学経営情報学部准教授・伊藤佳世氏のページで無償公開されており、その提供分野は、環境(ISO 14001、ISO 50001など)、製品・安全(ISO 9001、ISO 45001など)、消費者(ISO 20400など)、SDGs・スマート社会(SDGs+Society 5.0、ISO 31000、with コロナ ISO 22301など)等、広範囲にわたります。

■本特集では伊藤佳世氏に、ゲームを通じて標準化を学ぶことの意義と、これまでの標準化教材・ゲームの開発経緯と活用状況を解説いただくとともに、中部大学ESDエコマネーチームのメンバーには学生主体の標準化活動の取組みについて報告いただき、最後に同チームが開発した数多くの標準化教材・ゲームの中から8つを選んで紹介しています。

■Viewpoint this monthでは、データ提供者とデータ提供先との仲介を行うデータ取引市場運営事業者を設置して市場を運営しようという世界初の画期的な試みに取り組んでいるデータ社会推進協議会(DSA)代表理事の眞野浩さんから話を伺いました。眞野さんは、IEEEにてデータ流通に関する国際標準「P3800」を議論しているWGの議長も務めています。


アイソス 2021年5月号(282号 2021年4月10日発売)

特集

ゲームで標準を使う・作る・教える

特集目次:
Part 1 ゲームを通じて標準化を学ぶことの意義
執筆/中部大学 経営情報学部 准教授 伊藤 佳世
Part 2  標準化教材 ゲーム開発史
執筆/同上
Part 3  中部大学ESDエコマネーチームの標準化活動
執筆/中部大学 経営情報学部 4年(執筆時)  近松 温志 細川 泰誠 永田 悠真
GAME (中部大学ESDエコマネーチーム制作の8つのゲームを紹介)


連載

■Viewpoint

リレー連載 第110回
世界に先駆け安全・安心なデータ取引の仕組みを提案
肝は中立・公正な「データ取引市場運営事業者」
取材先/一般社団法人データ社会推進協議会(DSA) 代表理事・事務局長
EverySense, Inc. CEO 眞野 浩 氏

■Insight

IoTとサプライチェーンのサイバーセキュリティ対策
連載 第2回 多様なIoTの価値創造とサイバーセキュリティリスク
執筆/情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏

デジタルで加速する事業構造変革
連載 第2回 先進的デジタルビジネスの事例分析
執筆/株式会社エクスモーション フェロー 中川 郁夫

デジタルファクトリへのアプローチ ~準備から構築までの手順~
連載 第2回 日本の製造現場のデジタル化が進まない理由
執筆/株式会社ティーガイア ソリューション事業本部 本部長補佐 築瀬 猛

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第8回 新QC七つ道具(3)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■自動車QMS

AIAG & VDA 誌面セミナー
連載 第2回 問題解決
執筆/トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保

■食品安全

中小食品工場向けHACCP制度化と食品安全マネジメントシステム
連載 第2回 HACCPの理解を深めると
執筆/NPO法人食品安全ネットワーク 宮尾 宗央 ・ 米虫 節夫

■内部監査(組織からの提言)

企業の変貌するマネジメントシステムと内部監査
連載 第2回 監査手段で変えたこと
執筆/住友理工株式会社 生産機能統括部 グローバル推進室 糟谷 征利

■内部監査(認証機関からの提言)

テレワーク時代の新しい内部監査の在り方
連載 第2回 コロナ禍における内部監査
~この1年の緊急対応の現状~
執筆/一般財団法人日本品質保証機構(JQA)
審査事業センター 環境審査部 次長 清水 一郎

■マネジメントシステム論

あなたから変わる組織、あなたから変えるマネジメント
~ 今こそ、自ら反みましょう ~
連載 第2回 システムは舞台、主役は事務局
執筆/株式会社NTTデータ経営研究所 シニアコンサルタント
JQA ISMS技術委員及びSMS(ITSMS)技術委員 眞道 武彦

■特別付録 個人情報保護

2020 改正 新個人情報保護法 一気読み解き
連載 第2回 個人情報の取得・利用シーンでの見直し
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング

And more

目次
書評
編集後記/次号予告/広告目次 etc.
■4月号の特集は「環境ファイナンス国際規格の最前線」です。

■2021年は「環境ファイナンス国際規格元年」になりそうです。ISOから環境ファイナンスの主要規格が年内に次々と発行されるからです。ISO 14097(気候変動ファイナンス)やISO 14030(グリーン債券)のパート1(グリーン債)、パート2(グリーン融資)、パート4(検証)は年内発行を予定しており、ISO 14100(グリーンファイナンス)とISO 32210(サステナブルファイナンス)は年内にDIS(国際規格案)まで進む見込みです。今回の特集では、環境ファイナンス国際規格の最新規格動向を、ISOの規格開発会議に参加している日本のエキスパートの方々の取材を通じてご紹介しています。なお本特集では、企画・取材段階から経済産業省産業技術環境局国際標準課にご協力いただきました。

■Viewpoint this monthでは、ASIAGAP(GFSIから承認を受けたGAP認証制度)/JGAP(日本の標準的な農場基準による認証制度)の認証プログラムオーナーである日本GAP協会の運用管理部長を務める伊與田竜氏から、昨秋発行された遠隔審査のガイドラインについて、その策定経緯と今後の取組みについて話を聞きました。


アイソス 2021年4月号(281号 2021年3月10日発売)

特集

環境ファイナンス国際規格の最前線

特集目次:
Part 1 環境ファイナンス国際規格への日本の対応
環境ファイナンス関連規格検討委員会を設置
TCの縦割りを超えてワンストップで対応
取材先:環境ファイナンス関連規格検討委員会 委員長
松橋 隆治 氏(東京大学)

Part 2 ISO 14097(気候変動ファイナンス)
気候変動リスクと機会の両方を強調し
トランジションの価値を盛り込む
取材先 : ISO/TC207/SC7/WG10エキスパート
牧野 睦子 氏(日本適合性認定協会)・上野 貴弘 氏(電力中央研究所)

Part 3 ISO 14030(グリーン債券)シリーズ
EUタクソノミー類似のパート3は規格見直し
パート4はISO 14064-3をベースに追加要件を規定
取材先 : ISO/TC207/SC4/WG7エキスパート
大野 香代 氏(産業環境管理協会)・牧野 睦子 氏(日本適合性認定協会)

Part 4 ISO 14100(グリーンファイナンス)
グリーンファイナンス開発を支援する
環境基準と評価プロセスを規定する規格
取材先 : ISO/TC207/SC4/JWG1エキスパート
伊藤 晴祥 氏(青山学院大学)

Part 5 ISO 32210(サステナブルファイナンス)
サステナブルファイナンスを実施する
金融機関のための原則を示したガイダンス
取材先 : ISO/TC322エキスパート
富田 基史 氏(電力中央研究所)・上野 貴弘 氏(電力中央研究所)


連載

■Viewpoint

リレー連載 第109回
ASIAGAP/JGAPのCPOとして
遠隔審査のノウハウを蓄積した基盤をつくる
取材先/一般財団法人日本GAP協会(JGF) 運用管理部長 伊與田 竜 氏

■Insight

IoTとサプライチェーンのサイバーセキュリティ対策
連載 第1回 サイバー攻撃の現況とSociety 5.0に向けた日本の取組み
執筆/情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏

デジタルで加速する事業構造変革
連載 第1回 世界におけるデジタル変革の潮流と日本の現状
執筆/株式会社エクスモーション フェロー 中川 郁夫

デジタルファクトリへのアプローチ ~準備から構築までの手順~
連載 第1回 日本の製造現場のデジタル化の現状
執筆/株式会社ティーガイア ソリューション事業本部 本部長補佐 築瀬 猛

■新しい国際規格の紹介

①ISO/IEC TS 27110:2021
サイバーセキュリティフレームワークに関する新しいガイダンス

②ISO/IEC/IEEE 16085:2021
システム及びソフトウェア工学におけるリスクマネジメント

③ISO 6166:2021
国際証券識別番号(ISIN)の国際規格が改訂

④ISO 22341:2021
環境デザインによる防犯のガイドラインを発行

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第7回 新QC七つ道具(2)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■自動車QMS

AIAG & VDA 誌面セミナー
連載 第1回 IATF審査指摘事項トップ10とCOVID-19対応IATF審査特別措置
執筆/トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保

■内部監査(組織からの提言)

企業の変貌するマネジメントシステムと内部監査
連載 第1回 COVID-19禍でもマネジメントシステム監査の本質は変わらない
執筆/住友理工株式会社 生産機能統括部 グローバル推進室 糟谷 征利

■内部監査(認証機関からの提言)

テレワーク時代の新しい内部監査の在り方
連載 第1回 テレワークの現状とマネジメントシステム
執筆/一般財団法人日本品質保証機構(JQA) 審査事業センター 所長 江波戸 啓之

■マネジメントシステム論

あなたから変わる組織、あなたから変えるマネジメント ~ 今こそ、自ら反みましょう ~
連載 第1回 今こそ、自ら反みましょう
執筆/株式会社NTTデータ経営研究所 シニアコンサルタント
JQA ISMS技術委員及びSMS(ITSMS)技術委員 眞道 武彦

■食品安全

中小食品工場向けHACCP制度化と食品安全マネジメントシステム
連載 第1回 HACCP制度化で中小食品工場が対応すべきこと
執筆/NPO法人食品安全ネットワーク 米虫 節夫

■特別付録 個人情報保護

2020 改正 新個人情報保護法 一気読み解き
連載 第1回 組織のマネジメントシステムへの影響と課題解決
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング

■And more

目次
書評
編集後記/次号予告/広告目次 etc.
■3月号の特集は「ワンランク上を目指す審査員と受審組織のためのガイドライン」です。

■本特集では、ISOの認証によってマネジメントシステムのレベルをいかに向上できるか、現状のISO審査に対して35の指摘事例をもとに問題を提起し、審査側はもとより、特に受審組織に対して一層のレベル向上に向けた改善へのヒントを紹介します。執筆者は三戸部徹氏(アイエスオーミトベ事務所)です。

■Viewpoint this monthでは、『データ・ドリブン・エコノミー』(ダイヤモンド社)や『5G』(岩波新書)などの著作がある森川博之さん(東京大学教授)から、組織のデジタル化推進の鍵となる2つの要素、すなわち、①すべての制約がなくなっていく世界で『今、何が制約になっているか』に気づくこと、②すべてがデータでつながっていく世界で『ステークホルダー全体がWin-Winになる視点』を持つこと、について話を聞きました。


アイソス 2021年3月号(280号 2021年2月10日発売)

特集

ワンランク上を目指す
審査員と受審組織のためのガイドライン
執筆/アイエスオーミトベ事務所 三戸部 徹
【特集構成】
はじめに
Part 1 審査側・組織側の対応方法
Part 2 問題指摘事例の考察
Part 3 良い指摘事例から学ぶこと
Part 4 ISMS審査における考慮点
Part 5 認証組織の在り方と審査に対する心構え
おわりに


連載

■Viewpoint

リレー連載 第108回
5Gによって制約がなくなっていく時代に大事なのは
「仕事で何が制約になっているか」に気づくこと
取材先/東京大学大学院 工学系研究科 教授 森川 博之 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第6回(最終回)   「お・も・て・な・し」という Japan Model ~ マニュアル化の罠 ~
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第6回(最終回) ソフトウェアの革新
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第6回(最終回) With/Afterコロナにおける製造業の姿とは? :
3Dプリンティング技術(付加製造技術)活用の可能性と欧米によるルール形成動向
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

■新しい国際規格の紹介

ISO/PAS 45005:2020(Occupational health and safety management -
General guidelines for safe working during the COVID-19 pandemic)
労働安全衛生マネジメント - COVID-19パンデミック下の安全な労働のための一般指針

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第6回 新QC七つ道具(1)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第6回(最終回) マネジメントのできる強い組織を目指して
~新型コロナ感染対策から見えること~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第12回(最終回) 監査結果は、商品価値として内部監査報告書に集約
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第6回(最終回) 食品安全マネジメントシステムの今後の課題
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO) 審査本部 食品ビジネスユニット
審査本部長・食品ビジネスユニット長 水上 浩

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第9回(最終回) まとめ : 今後の日本企業にとっての情報セキュリティ課題は何か
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第6回(最終回) ISOマネジメントシステム認証制度はSDGs達成に貢献できるか?
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第30回(最終回) リスクマネジメントの見直し
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■ISO leading-edge trend
■編集後記/次号予告/広告目次など
■アイソス2021年2月号の特集は「IATF 16949 コアツールとAIAG & VDA FMEA」です。

■本特集では、IATF 16949の代表的な5つのコアツール、すなわち先行製品品質計画(APQP)、生産部品承認プロセス(PPAP)、統計的工程管理(SPC)、測定システム解析(MSA)及び故障モード影響解析(FMEA)について、AIAG(アメリカ自動車産業協会)発行の参照マニュアル、及びAIAG & VDA(ドイツ自動車工業会) FMEAハンドブックにもとづいて解説しています。執筆者は岩波好夫氏です。

■Viewpoint this monthでは、ISO/TC268/SC1(スマートコミュニティインフラ)議長である市川芳明氏から、このほど同SC内に新設されたWG6(防災)において議論が始まった日本提案の防災ISO規格の概要と、来年2月からISOで本格的に議論がスタートするSociety 5.0の国際規格化の動向について話を聞きました。


アイソス 2021年2月号(279号 2021年1月10日発売)

特集

IATF 16949 コアツールとAIAG & VDA FMEA
執筆/岩波マネジメントシステム 代表 岩波好夫
【特集構成】
本稿の概要と構成及び参考・引用文献について
第1部 AIAG コアツール ~APQP、PPAP、SPC、MSA~
第2部 AIAG & VDA FMEA


連載

■Viewpoint

リレー連載 第107回
TC268/SC1(スマートコミュニティインフラ)で防災ISOの議論開始
日本発のSociety 5.0の国際規格がIWA承認
取材先/ISO/TC268/SC1議長
多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授/東京都市大学環境学部客員教授 市川 芳明 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第5回  CASE化する社会、企業そして工場 ~「出島戦略の罠」~
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第5回 人工知能技術の発展と活用
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第5回 官民連携のデータ利活用のカギとなるか:
接触確認アプリ開発・普及におけるオープンソース活用 ~ ドイツの事例に学ぶ
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

■新しい国際規格の紹介

(1)ISO 14065:2020(General principles and requirements for bodies validating and verifying environmental information)
グリーンである事実を正しく取得するための妥当性確認機関・検証機関向けの原則と要求事項

(2)ISO 22328-1:2020(Security and resilience -- Emergency management -- Part 1: General guidelines for the implementation of a community-based disaster early warning system)
災害発生時に対応するためのコミュニティベースの災害早期警報システム

(3)ISO/IEC TR 23842(Information technology for learning, education and training -- Human factor guidelines for virtual reality content)
オンライン教育に現実世界を取り戻す VRコンテンツ使用・作成のためのガイドライン

(4)ISO 37165:2020(Smart community infrastructures -- Guidance on smart transportation with the use of digitally processed payment (d-payment))
スマートな方法でバスに乗る 公共交通機関のデジタル決済の新規格

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第5回 QC七つ道具(4)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第5回 トヨタのマネジメントの歩み ~トヨタの強さの源泉に迫る~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第11回 過去の記録から問題を摘発するより現在の作業を確認
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第5回 拡大する食品安全マネジメントシステム
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO)
研修事業部 講師(食品) 安田 健彦

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第8回  ISMSを使いこなす(プライバシーガバナンスを実質的に機能させるためのマネジメントシステムの強化)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第5回 マネジメントシステム(Q・E・OHS・統合)共通のSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第29回 コロナ禍におけるサプライチェーンの再構築
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■書評
■WOW! 日本品質管理学会 第50回通常総会・各賞授与式・研究発表会を開催
■WOW! BSIジャパンがカスタマー向け経営フォーラムを開催
■編集後記/次号予告/広告目次など
■アイソス2021年1月号の特集は「 ISO 9000ベース『人材育成』の勧め」です。

■顧客価値をもたらす製品・サービスを実現するうえで、組織の価値観や技術・技能を正しく受け継ぎ、経営環境の変化に即応した問題・課題の解決に優れた人材が求められますが、変容する顧客・社会のニーズ・期待に対して的確に対応できる人材育成に苦慮する場面に遭遇するものです。そこで今回は、ISO 9001の品質マネジメントシステムをベースに、組織の持続的発展を支える人材をどのように育成していくか、その仕組みの構築と運用について事例を交えて紐解き、その発展系としてTQM(総合的品質管理)ベースの人材育成の糸口を探ります。本特集の執筆者は、村川賢司氏です。

■NEWS & REPORTSでは、前号に続いて「The ISO Survey 2019」の報告を行います。前号では、ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001の3規格の認証動向を紹介しましたが、今号では、ISO 22000(食品安全)、ISO 45001(労働安全衛生)、ISO 13485(医療機器)、ISO 50001(エネルギー)、ISO 20000‐1(ITサービス)、ISO 22301(事業継続)、ISO 28000(サプライチェーンセキュリティ)、ISO 39001(道路交通安全)、ISO 37001(贈収賄防止)の9規格の認証動向を紹介します。

■Viewpoint this monthでは、3月からリモート審査をスタートさせている認証機関・ビューローベリタス(BV)ジャパンの取組みを紹介します。組織でリモート受審の経験値が増えていくと、たとえコロナ禍が収束したとしても、リモート審査を希望する流れが出て来ると同社は予想しています。また最近、海外サイトとのリモート審査のテストも問題なく実施できたことから、グローバルなリモート審査も可能になってきたそうです。同社のリモート審査責任者の山口大輔氏から話を聞きました。


アイソス 2021年1月号(278号 2020年12月10日発売)

特集

ISO 9000ベース「人材育成」の勧め
執筆/村川技術士事務所 所長 村川 賢司
【特集構成】
はじめに
1. 組織の持続的発展と人材
2. QMSベースの人材育成の仕組みの構築と運営
3. 発展系“TQMベースの人材育成”へのいざない


NEWS & REPORTS

The ISO Survey 2019(その2)
急成長を見せるISO 45001認証
日本はISO 28000及びISO 37001の認証はゼロ
本誌編集部


連載

■Viewpoint

BVジャパンはQMS/EMS/ISMS/OHSMSでリモート審査を展開
グローバルなリモート審査も可能に
取材先/ビューローベリタスジャパン株式会社
システム認証事業本部 ISMSプロダクトマネージャー 山口 大輔 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第4回 サイバーセキュリティにおける「箱入り娘の罠」
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第4回 ソフトウェアセンサーの活用
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第4回 日本企業に求められるスマートシティ国際標準化の戦略的活用
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント 田中 克昌

■新しい国際規格の紹介

(1)ISO/IEC 20547(Information technology -- Big data reference architecture)
ビッグデータ・リファレンス アーキテクチャーの
国際規格(IS)と技術仕様書(TR)を発行

(2)ISO 22095:2020 (Chain of custody -- General terminology and models)
世界中のサプライヤーの共通言語 
「加工・流通過程の管理」の規格登場

(3)ISO 29991:2020(Language-learning services -- Requirements)
語学学習サービスへの品質のこだわり
第三者審査に使用可能な要求事項

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第4回 QC七つ道具(3)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第4回 「問題解決」がマネジメントの基本 ~マネジメント リテラシー~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第10回 品質問題は、会議室ではなくプロセスの現場で起きている
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第4回 ICT(情報通信技術)を活用した新たな審査、セミナーへの展望
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO)
食品ビジネスユニット 参事 新井 信太郎
研修事業部 取締役研修事業部長 上野 主税

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第7回 ISMSを使いこなす(個人情報の取扱いにおける要員の提供)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第4回 OHS-MSにおけるSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第28回 生き残り策
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■書評
■WOW! 日本認定機関協議会(JAC)が食品安全セミナー開催
■WOW! 日本品質管理学会・サービスエクセレンス/生産革新部会 第10回知識共有会
■編集後記/次号予告/広告目次など
■12月号の特集は「EnMS 国際規格 最新開発動向と活用の奨め」です。

■ISO 50000(エネルギーマネジメント)シリーズの開発・改訂を審議しているISO/TC301では新たな規格開発に取り組んでいます。日本からは、ISO 50009「複数組織が実施する共通のエネルギーマネジメントシステムのガイダンス」(現在FDIS段階)と「エネルギーマネジメント進捗度の測定」(新規提案としてISOで9月に可決)の2規格が提案され、現在審議中です。本特集では、EnMS(エネルギーマネジメントシステム)国際規格開発の現状と今後の計画、前述した日本発の2規格の紹介、日本の省エネルギー法とEnMS規格との関係、SDGsに紐付けたエネルギーマネジメントへの取組み、日本企業の今後のエネルギーマネジメントの在り方などについて、ISO/TC301国内委員会委員の方々に執筆いただきました。

■NEWS & REPORTSでは、ISOマネジメントシステム規格(ISOMS規格)の世界における認証数を調査した『The ISO Survey 2019』の内容を紹介します。同調査は2019年12月31日までに世界で発行された認証数を集計したもので、対象となった12規格の認証数の合計は135万7,241件であり、2018年末時点の130万7,603件よりも約5万件増えています。

■Viewpoint this monthでは、BSIグループジャパンからリモート審査とオンライン研修についての取材記事を掲載しています。 BSIグループジャパンはコロナ禍でも一度も審査をストップさせず、2月中旬からリモート審査を部分的に導入し始め、5月時点で全審査の7割をリモート審査に切り替えました。BSIではリモート審査を3つのレベルに分けており、現在はモバイル技術を活用したレベル2の段階ですが、今後はスマートグラス技術を組み合わせたレベル3の段階を目指すとしています。また、BSIグループジャパンは、4月以降、JRCA承認コースを除き、全コースの9割をZoomを使ったオンライン研修に切り替えました。Zoomのインタラクティブな機能をフルに活用して、BSIの研修の特徴である「アクセラレーテッドラーニング」を継承・発展させているそうです。審査については、認証事業本部の本部長・西中宏氏と部長・中村良和氏から、研修については、営業本部教育事業部オペレーションマネージャーの椿加津代氏と研修講師の笹原雄大氏から話を聞きました。


アイソス 2020年12月号(277号 2020年11月10日発売)

特集

EnMS 国際規格 最新開発動向と活用の奨め

Part 1
エネルギーマネジメントシステム国際規格の現状と今後の開発計画
執筆/一般財団法人エネルギー総合工学研究所
石本 祐樹 (ISO/TC 301 国際エキスパート)
坂本 茂樹 (ISO/TC 301/WG14 主査)

Part 2
日本提案のエネルギーマネジメント国際規格

2-1
ISO 50009「複数組織が実施する共通のエネルギーマネジメントシステムのガイダンス」 
執筆/一般財団法人エネルギー総合工学研究所
坂本 茂樹 (ISO/TC 301/WG14 主査)

2-2
日本の新規提案「エネルギーマネジメント進捗度の測定」
執筆/横河電機株式会社 マーケティング本部 渉外・標準化戦略センター
池山 智之(ISO/TC301、IEC/TC65/JWG14、JWG17 国際エキスパート)

Part 3
日本の省エネルギー法とエネルギーマネジメント国際規格との関係
執筆/一般財団法人省エネルギーセンター
国際協力本部特別参与 CEMSAR上級アドバイザー 石原 明
エネルギーマネジメントシステム評価登録センター(CEMSAR)所長 山田 富美夫

Part 4
エネルギーマネジメントの取組みをSDGsに紐付ける
執筆/IMS コンサルティング株式会社 代表取締役
寺田 和正

Part 5
日本企業におけるエネルギーマネジメントの今後の在り方について
執筆/国立研究開発法人産業技術総合研究所
ゼロエミッション研究戦略部 イノベーションコーディネーター 西尾 匡弘


NEWS & REPORTS

The ISO Survey 2019(その1)
世界の2019年末ISOMS認証数を発表
対象12規格すべての認証数が前年比増
本誌編集部


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第106回
Part 1 リモート審査
スマートグラスを活用したレベル3の段階を目指し
リモート審査のベストプラクティスを確立したい
取材先 BSIグループジャパン株式会社 認証事業本部
本部長/西中 宏 氏
部長・プロダクトマネージャー/中村 良和 氏

Part 2 “ライブ”オンライン研修
4月から全コースを“ライブ”オンライン研修に切り替え
Zoomでアクセラレイテッド・ラーニングを継承・発展
取材先 BSIグループジャパン株式会社 営業本部 教育事業部
オペレーションマネージャー/椿 加津代 氏
研修講師・教材開発マネージャー/笹原 雄大 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第3回 IoTからIoF(Internet of Functions)へ ~ 閉じたPDCAの罠 ~
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第3回 情報基盤の構築事例
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第3回 衛生分野のルール形成を通じた
With/Afterコロナの観光業再生における日本の突破口
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント 光頼 篤樹

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第3回 QC七つ道具(2)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第3回 不祥事はなぜ起こるのか ~「人間性尊重」の意義~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第9回 品質データを分析して事業活動のボトルネックを改善
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第3回 食品安全マネジメントシステムがもたらす付加価値とは?
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO)
食品ビジネスユニット 食品安全審査センター長 石岡 義之

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第6回 ISMSを使いこなす(個人情報の漏えい等インシデントへの対応)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第3回 EMSにおけるSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第27回 COVID-19に勝利したベトナム
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■書評
■ISO leading-edge trend
■編集後記/次号予告/広告目次など
■11月号の特集は「格言が示唆する内部監査」です。

■ISO 9001は品質管理の枠組を示す包括的な規定です。しかし、ともすれば、堅苦しく解釈し、実行するのが息苦しくなる場合もあります。ロジカルな手順も必要ですが、一方で士気を高揚させるような「大義」も有効です。「大義」を表現した文言で、日本人に古くから親しまれ、引用されてきたのが中国の格言です。そこで、ISO 9001を中国の【格言】に対応させ、内部監査の視点をISO 9001:2015の箇条に沿ってまとめてみました。特集記事の執筆者は、TIA クエストフォーラム 日本ハブ事務局(株式会社テクノファ講師/TL 9000マスタートレーナー)の吉崎久博氏です。

■Viewpoint this monthでは、GAP認証機関であるAFCインターナショナルが、JGAP/ASIAGAP認証農場・つくば良農のキャベツの栽培・収穫・取扱いに対して「JGAP青果物2016」に基づくリモート審査を5月20日にトライアルで実施、翌月5日には同じリモート審査を外部の関係者にもオープンにする形で行わましたが、本稿ではその審査を行ったASIAGAP上級審査員の中川宏昭氏からリモート審査の内容と成果について話を聞きました。


アイソス 2020年11月号(276号 2020年10月10日発売)

特集

格言が示唆する内部監査
執筆/TIA クエストフォーラム 日本ハブ事務局
(株式会社テクノファ講師/TL 9000マスタートレーナー)
吉崎 久博


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第104回
AFCインターナショナルがGAPのリモート審査をトライアルで実施
審査側・農場側共に大きな手応え
取材先/AFCインターナショナル株式会社 専務取締役
ASIAGAP 上級審査員 中川 宏昭 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第2回 セキュリティ(危機管理)の本質と課題
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第2回 情報基盤の目的と概要
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第2回 「非接触」の鍵となるか
- ドローン分野における運用・実用化に向けたルール形成動向
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第2回 QC七つ道具(1)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第2回 マネジメントの全体像 ~ISOとTQMの関係~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第8回 内部監査で事業活動のパフォーマンスを向上
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第2回 食品安全マネジメントシステムをどのように使い分けるか?
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO) 審査本部 食品ビジネスユニット
審査本部長・食品ビジネスユニット長 水上 浩/参事 藤尾 高志

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第5回 ISMSべースで個人情報保護水準を上げる(新個人情報保護法)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第2回 QMSにおけるSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第26回 台湾のCovid-19対応
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■編集後記/次号予告/広告目次など
■10月号の特集は「テレワーク時代! ISOどうする? と思ったら読んでください」です。

■コロナ禍で加速する企業のテレワーク対応。では、テレワーク対応のISOマネジメントシステムの在り方とは? その具体的な対応方法とは? 本特集ではこの課題について、NTTテクノクロス(株)戦略ビジネス特区主席コンサルタントの田中僚史さんが応えてくれました。田中さんは、テレワーク時代に入った今がチャンス! この時期にこそ、ISOマネジメントシステム QMS/EMS/OHSMS/ISMSを統合、最適化しましょう! と提案しています。そして、各ISOマネジメントシステム規格でのテレワーク対応を示すとともに、統合マネジメントシステムによってテレワーク対応がもっと効率良く推進できることを自社事例を元に解説しています。

■Viewpoint this monthでは、7月に国内で初めて労働安全衛生マネジメントシステム認証機関として日本適合性認定協会(JAB)から認定された中央労働災害防止協会の認証事業責任者である斉藤信吾さんから、ISO 45001とJIS Q 45100認証の違い、JIS Q 45100認証普及への思いを語っていただきました。

■10月号から7本の新連載がスタートしました。連載執筆者は、東京大学大学院情報理工学系研究科教授・江崎浩氏、山下技術開発事務所代表・山下克司氏、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社マネジャー・橋田貴子氏、東京大学名誉教授・飯塚悦功氏、株式会社クオリティ・クリエイション代表取締役(元トヨタ自動車株式会社TQM推進部長)・古谷健夫氏、株式会社日本環境認証機構(JACO)審査本部食品ビジネスユニット/審査本部長・食品ビジネスユニット長・水上浩氏、同ユニット参事・大橋文昭氏、マネジメントシステムアドバイザー・鈴木信吾氏です。ご期待ください。


アイソス 2020年10月号(275号 2020年9月10日発売)

特集

テレワーク時代 ! ISOどうする ? と思ったら読んでください
~今がチャンス!
ISOマネジメントシステム QMS/EMS/OHSMS/ISMSを統合、最適化しましょう!~
執筆/NTTテクノクロス株式会社 戦略ビジネス特区 主席コンサルタント 田中 僚史

プロローグ
1.テレワークと企業価値
1.1 環境経営
1.2 SDGsとISO
2.テレワーク対応は必須
2.1 テレワークとは
2.2 ワークライフバランスとテレワーク
3.テレワーク導入の準備
3.1 Withコロナ・Afterコロナ時代の課題
4.テレワーク対応のISOマネジメントシステムの在り方
4.1 テレワーク時代の情報セキュリティ
4.2 テレワーク時代の労働安全衛生管理
4.3 テレワーク時代の人事制度
5.ISOへの対応
5.1 ISOに共通する対応
5.2 各ISOへの対応
   5.2.1 ISO 9001に必要な対応
   5.2.2 ISO 14001に必要な対応
   5.2.3 ISO 45001に必要な対応
   5.2.4 ISO/IEC 27001に必要な対応
6.統合MSはテレワークをもっと効率よくする
6.1 新たなチャンス! 統合MSへ
6.2 統合MSは部分最適から全体最適に
6.3 統合MSをテレワーク対応に
7.今後のテレワーク技術
  7.1 業界別の様々なテレワーク技術
   7.1.1 製造業のテレワーク技術
   7.1.2 建築業のテレワーク技術
   7.1.3 不動産業のテレワーク技術
   7.1.4 農業・畜産分野のテレワーク技術
   7.1.5 飲食業のテレワーク技術
   7.1.6 サポート・サービス業のテレワーク技術
エピローグ


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第103回
中災防の認証事業執行責任者に齊藤信吾氏就任
JIS Q 45100認証普及に他機関もぜひ参加を
取材先/中央労働災害防止協会 認証事業執行責任者
安全衛生マネジメントシステム審査センター 所長 齊藤 信吾 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第1回 もとのシステムには戻さない
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第1回 デジタル化される品質管理
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第1回 アフターコロナのルール形成 :
欧州は「グリーンリカバリー」で世界を主導できるか
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第1回 7のヒミツ
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第1回 マネジメントとは何か
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第7回 内部監査で管理者のマネジメント能力を育成
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■JAB MS研究会

組織における2015年版活用と認証の価値
~JAB マネジメントシステム研究会の2019年度活動報告~
連載 第3回(最終回) ISO 14001:2015年版における戦略の捉え方とリスク (WG3)
執筆/WG3主査 IMS コンサルティング株式会社 代表取締役 寺田 和正

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第1回 HACCP制度化でより重要性が増す食品安全マネジメントシステム
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO) 審査本部 食品ビジネスユニット
審査本部長・食品ビジネスユニット長 水上 浩/参事 大橋 文昭

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第4回 ISMSべースで個人情報保護水準を上げる(ISO/IEC 27701)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第1回 ISOマネジメントシステムとSDGsの親和性
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第25回 コロナウイルス発生時の事業継続
執筆/米戸 靖彦

■特別付録

たこ焼き屋さんで学ぶ楽しいQCツール
- QCツールってこんなに楽しい - (後編)
執筆/トランジション・サポートセンター 代表 柴田 圭介


And more

■全体目次
■書評
■編集後記/次号予告/広告目次など
■9月号の特集は「企業が生き延びるためのリスクマネジメント」です。

■コロナ禍はリーマン・ショックよりも大きなダメージを世界経済に与えることが予想される中、企業は生き延びるための術を身に付ける必要があります。今起きている災禍や景気低迷を一過性のものと捉えず、今後何度も起こり続けることを前提に、企業は持続的発展の仕組みを構築・運用しなければなりません。9月号の特集では、冒頭で有事で役立つ標準整備の必要性を説き、企業が生き残るためのマネジメントツールとして、ISO 31000(リスクマネジメント)、ISO 22301(事業継続マネジメントシステム)、そして日本提案で国際規格化を目指す防災ISO、それぞれの特徴及び最近の動向を解説するとともに、韓国・中国によるCOVID-19対策と並行した衛生管理等の国際規格化を狙った動きを報告、最後にISO 22301を含めた統合マネジメントシステム認証組織の取組みを紹介しています。

■Viewpoint this monthでは、日本適合性認定協会(JAB)の新専務理事に就任した森内譲氏をインタビュー。ISOマネジメントシステム認証の件数が下降する中、今後の事業拡大のターゲットとして試験所や農水産物の輸出対応の認定事業に伸び代があるとしています。

■NEWS & REPORTSでは、「エクセレントサービスの国際標準化に向けて」をテーマに、東京大学大学院工学系研究科品質・医療社会システム工学寄附講座主幹研究員の原辰徳氏が、出来上がったばかりのISO/TS 24082(エクセレントサービスの設計)の作業原案(WD)をベースにした最新情報を提供しています。


アイソス 2020年9月号(274号 2020年8月10日発売)

特集

企業が生き延びるためのリスクマネジメント

有事に役立つ標準整備を推進
組織でのリスクマネジメント規格活用に期待
執筆者/経済産業省 基準認証政策課 総括補佐(執筆当時) 上原 英司

ISO 31000の改訂ポイントと活用の奨め
~リスク管理からリスクマネジメントへ~
執筆者/横浜国立大学 IAS リスク共生社会創造センター 客員教授 野口 和彦

BCPの問題点・課題への対応を提案
全社員のBCPに火をつけて大きな火柱に
執筆者/アニコム損害保険株式会社 監査役 岡部 紳一

防災ISO規格の紹介と同規格活用への期待
~国内外での防災・減災を目指して~
執筆者/東北大学災害科学国際研究所 所長 今村 文彦

「COVID-19克服」を謳う韓国・中国の国際標準化主導に向けた新たな一手
執筆者/株式会社オウルズコンサルティンググループ 代表取締役CEO 羽生田 慶介
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

新型コロナウイルス対応を含めたBCMS
BCPは経営戦略を体現するためのツール
執筆者/株式会社生出 代表取締役社長 生出 治


NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス/生産革新部会主催
第9回知識共有会 原辰徳氏による講演とディスカッションル付き
エクセレントサービスの国際標準化に向けて
~エクセレントサービスの設計に重視すべき4つのポイント~
講演者/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄附講座
主幹研究員 原 辰徳 氏


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第102回
JAB新専務理事に森内譲氏が就任
試験所認定や農水産物の輸出対応に伸び代
取材先/公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)
代表理事・専務理事・事務局長 森内 譲 氏

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
~品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋~
連載 第6回(最終回) 経営者への提言をいかに行うか
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
~企業・組織との共同研究の中で考えたこと~
連載 第6回(最終回) 減災・防災を可能とする、地域災害レジリエンスマネジメントシステムの構築(2)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
~認証審査の特徴とよくある所見~
連載 第6回(最終回) ISO 45001/JIS Q 45100 よくある改善ポイント ~ケーススタディ(3)~、本連載のまとめ
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
専門役補佐 山岸 嘉久

■内部監査

内部監査の実践
連載 第6回 経営トップの代行で事業活動を指導できる内部監査員を育成
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■JAB MS研究会

組織における2015年版活用と認証の価値
~JAB マネジメントシステム研究会の2019年度活動報告~
連載 第2回 ISO 9001:2015で不祥事を予防する
~「審査におけるアプローチ」と「組織における対応」~ (WG2)
執筆/ヤマサ醤油株式会社 取締役 品質保証部長 五十嵐 誠

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第3回 ISMSベースで2020改正 新個人情報保護法に対応する
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■食品安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000: 2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第6回(最終回) ISO 22002シリーズ、ISO 22003、Codex CAC/RCP-1の改訂
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第24回 新型コロナ対応の失策に学ぶ
執筆/米戸 靖彦

■特別付録

たこ焼き屋さんで学ぶ楽しいQCツール
- QCツールってこんなに楽しい - (中編)
執筆/トランジション・サポートセンター 代表 柴田 圭介


And more

■書評
■全体目次
■WOW! TL 9000 概要説明会
■編集後記/次号予告/広告目次など
■8月号の特集は「サプライチェーンが知っておくべきIATF 16949の7つの意図 」です。

■武内幸雄氏のIATF 16949の解説は、具体的事実に裏付けられた説得力があります。おそらく自動車会社で30年間、自動車部品会社で8年間蓄積してきた経験と技術、20年にわたる審査とコンサルティングで得た知見などが、歯切れの良い明解な言説のバックボーンになっているのでしょう。今回の特集では、その武内氏に、これまでの審査及びコンサルティング経験を踏まえ、自動車部品サプライヤーがIATF 16949の意図を十分理解していないと思われるテーマを7つ選んで、その問題点と対応方法を解説していただきました。読み始めるうちに、「そうか、こういうことだったのか!」と膝を打つ読者がたくさん出て来るに違いありません。(本誌編集部)

■Viewpoint this monthでは、6月1日からリモート審査をスタートさせた日本品質保証機構(JQA)から、リモート審査に至る経緯、トライアル審査で得た経験、リモート審査のメリット、今後の審査の展開について話を聞きました。

■巻末には特別付録として、トランジション・サポートセンター代表の柴田圭介氏執筆による「たこ焼き屋さんで学ぶ楽しいQCツール - QCツールってこんなに楽しい -」の前編を掲載しています。


アイソス 2020年8月号(273号 2020年7月10日発売)

特集

プライチェーンが知っておくべきIATF 16949の7つの意図
執筆/有限会社タケウチ 代表取締役 IATF 16949 審査員 武内 幸雄

はじめに
Part 1 IATF 16949はリーンマニュファクチャリングを目指す
Part 2 99.9%良品とはどの程度良い品質レベルか?
Part 3 PFMEA ~工程の変化点に着目しリスクを見つける~
Part 4 特殊特性 ~安全・法規制特性以外にも特殊特性は多く存在する~
Part 5 製品監査 ~製品検査との違いと工程間監査~
Part 6 購入部品の受入れ検査
Part 7 SPC手法
おわりに


特別付録

たこ焼き屋さんで学ぶ楽しいQCツール
- QCツールってこんなに楽しい - (前編)
執筆/トランジション・サポートセンター 代表 柴田 圭介

はじめに
仕込み キューちゃん バイト料の心配する
一皿目 キューちゃん 問題解決に取り組む
二皿目 キューちゃん たこ焼き屋の改善の要因を調べる
キューちゃんと店長のおまけのはなし
三皿目 キューちゃん 何から始めるか分からなくなる


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第101回
6月1日からリモート審査を正式スタート
コロナ禍でもISOの有効性を証明したい
取材先/一般財団法人日本品質保証機構 審査事業センター
所長/江波戸 啓之 氏
副所長兼品質審査部長/大久保 友順 氏
審査技術部長/福田 歩 氏

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
~品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋~
連載 第5回 KMガバナンスの重要性とその体系
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
~企業・組織との共同研究の中で考えたこと~
連載 第5回 減災・防災を可能とする,地域災害レジリエンスマネジメントシステムの構築(1)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
~認証審査の特徴とよくある所見~
連載 第5回 ISO 45001/JIS Q 45100 よくある改善ポイント ~ケーススタディ(2)~
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
専門役補佐 木村 隆賢

■JAB MS研究会

組織における2015年版活用と認証の価値
~JAB マネジメントシステム研究会の2019年度活動報告~
連載 第1回 ISOマネジメントシステム認証制度の活用の実態調査とその活性化に向けて(WG1)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第2回 “グランドデザインから見直す”個人情報の取り扱いに関するリスク管理
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■内部監査

内部監査の実践
連載 第5回 組織体質を強化する漢方薬と品質問題を防止する特効薬
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000: 2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第5回 FSSCの動き -コロナ感染症対策、FSSC Development Program-
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第23回 Covid-19パンデミック後の未来
執筆/米戸 靖彦


And more

■書評
■全体目次
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.
■7月号の特集は「業態別食品安全マネジメント」です。

■6月から施行されるHACCP制度化に合わせ、アイソスでは食品安全マネジメントシステム(FSMS)の規格・基準・制度・業態別対応ガイドについての特集を組みました。日本で運用されている標準・規格類(JGAP/ASIAGAP、HACCP、ISO 20000、FSSC 22000、JFS-A/B/C、その他GFSI承認プログラムなど)や制度の内容を総括して解説するとともに、業態別(生産農家、食品工場、販売、運送、外食産業)に企業はどのように取り組むべきかを提案し、具体的な取組事例を紹介します。本特集記事の執筆は、農業・食品分野において日本でトップクラスのコンサルティング実績を持つ有限会社アイムス代表取締役の三村聡さんにお願いしました。

■Viewpoint this monthでは、3月末に食品安全マネジメント協会(JFSM)の新理事長に就任した大羽哲郎氏から、JFSMの発足経緯とこれまでの活動実績、新理事長としての抱負などについてお話をお聞きしました。

■巻末には特別付録として、ISO研修機関であるテクノファ発行の単行本『新入社員向け これならわかる! ISOマネジメントシステム入門読本』を1冊丸ごと掲載しています。


アイソス 2020年7月号(272号 2020年6月10日発売)

特集

業態別食品安全マネジメント
執筆/有限会社アイムス 代表取締役 三村 聡

Part 1 食品安全マネジメントシステムの現状
Part 2 業態別食品安全マネジメントシステムのガイドと事例紹介
Part 3 まとめと今後の食品安全の課題


特別付録

『新入社員向け これならわかる! ISOマネジメントシステム入門読本』 
編集責任者/株式会社テクノファ 代表取締役 青木 恒享

第1章 社会人としての船出
第2章 会社とは何か
第3章 PDCAを回す
第4章 標準化・仕組み化
第5章 マネジメントシステムを知ろう
第6章 ISOを知ろう
第7章 マネジメントシステムを構築し運用する


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第100回
食品安全マネジメント協会・新理事長に大羽哲郎氏
食品安全を社会インフラに
取材先/一般財団法人食品安全マネジメント協会 理事長
博士(農学) 大羽 哲郎 氏

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
~品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋~
連載 第4回 段階的実装の重要性
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
~企業・組織との共同研究の中で考えたこと~
連載 第4回 エッセンシャル9001ツールを用いた中小企業における顧客価値経営の実践(2)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
~認証審査の特徴とよくある所見~
連載 第4回 ISO 45001/JIS Q 45100 よくある改善ポイント ~ケーススタディ①~
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
認証審査課 認証審査係長 南 聡

■内部監査

内部監査の実践
連載 第4回 部門監査の適合性からシステム監査の有効性に移行
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第1回 新型コロナウイルス禍における企業のリスク管理
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■食品・農産物安全

FSMSを巡る動き ISO 22000: 2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第4回 GFSIとFSMSスキーム
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第22回 リスクベースの内部監査
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■編集後記/次号予告/広告目次 etc
■6月号の特集は「シンプルQMS構築の奨め」です。

■「社内標準化原則」(物であれ事項であれ、できるだけ少数化・単純化し、さらに秩序化する)と、「ワンベスト」(トヨタ生産方式による、モノの1個流し、1個保管、1箇所保管、1ファイル化などの1を原則とするスタイル)とを考え方のベースにして、品質マネジメントシステム(QMS)をできる限り「シンプル」にしようとする試みが「シンプルQMS」です。本特集では、「シンプルQMS」の提唱者である松本隆氏(関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科客員教授、MT経営工学研究所代表)が、シンプルQMSによる既存のQMSの再構築方法と、その運用効果について詳述します。

■Viewpoint this monthでは、4月に日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB)の新代表幹事に就任する小野寺将人氏(一般財団法人日本科学技術連盟 ISO審査登録センター上級経営管理者)から、SDGs達成に向けたマネジメントシステムの有効活用の提案など、JACBの今年度の取組みについて話を聞きます。

■News & Reportsでは、「新型コロナウイルス感染拡大への対応」をテーマにした、アイソスのメルマガで2度にわたってマニュアルを無償提供された鈴木靖氏(シーピーデザインコンサルティング代表取締役)による寄稿を紹介します。また、AIAG&VDA発行による「FMEA Handbook」の正誤表が2月に発行されたのを受けて、塩田保氏(トライザック代表取締役)が同正誤表の主な変更点を解説します。


アイソス 2020年6月号(271号 2020年5月10日発売)

特集

「シンプルQMS」構築の奨め
執筆/関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 客員教授
MT経営工学研究所 代表 松本 隆

Part 1 : 「シンプルQMS」とは?
Part 2 : 既存のQMSを「シンプルQMS」へ再構築する
Part 3 : 「シンプルQMS」 構築・運用の効果


NEWS & REPORTS

新型コロナウイルス感染拡大への対応
企業のリスクマネジメント・危機管理チームが今こそ取り組むべきこと BCPマニュアル付き
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

AIAG & VDA “FMEA Handbook”
2月に発行された「正誤表」の主な変更点
執筆/トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第99回
創立20周年の大きな節目を迎えたJACB
SDGs達成に向けMSの有効活用を提案
取材先/日本マネジメントシステム認証機関協議会(JACB) 代表幹事
一般財団法人日本科学技術連盟 理事 ISO審査登録センター 上級経営管理者 小野寺 将人 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第6回(最終回) サービスエクセレンスの国際標準
ISO/TS 24082:Service Excellence - Designing excellent services to achieve outstanding customer experiencesにおける注目ポイント・デジタルトランスフォーメーションの意義と課題
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座 特任教授 水流 聡子

■新しい国際規格

新しい国際規格の紹介(1)
ISO 14063:2020
ISO規格の簡単な手順でよりグリーンなコミュニケーションを実現

新しい国際規格の紹介(2)
ISO/DIS 22956
世界保健デーを祝してISO規格で看護師と助産師を支援

新しい国際規格の紹介(3)
IWA 31:2020
ISOマネジメントシステム規格にISO 31000を実装するためのガイドライン

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
~品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋~
連載 第3回 戦略と重要課題に沿って知識資産を特定せよ
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
~企業・組織との共同研究の中で考えたこと~
連載 第3回 エッセンシャル9001ツールを用いた中小企業における顧客価値経営の実践(1)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
~認証審査の特徴とよくある所見~
連載 第3回 JIS Q 45100の審査の特徴(2)
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
認証審査課 課長補佐 岡部 美希

■内部監査

内部監査の実践
連載 第3回 外部提供者の体質改善をサプライヤー監査で指導
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品・農産物安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000:2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第3回 「ISO 22000:2018 - 食品安全マネジメントシステム - 実用的ガイド」から
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

東京大会2020の農産物調達コード「ASIAGAP」
~認証制度活用のメリット~
連載 第3回(最終回) 日本におけるGAPの活用事例
執筆/一般財団法人日本GAP協会 運用管理部 青柳 裕美

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第21回 コロナウイルスによるサプライチェーンの混乱
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■WOW! JAB発表 2019年12月末のマネジメントシステム認証機関別認証組織件数一覧
■書評
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.
■月刊アイソス5月号の特集は『プライバシー保護の国際規格 ISO/IEC 27701』です。
本特集は、日本規格協会によるISO/IEC 27701の邦訳の3月25日発行に合わせて企画したものです。JIS Q 15001が個人情報保護の規格であるのに対し、ISO/IEC 27701はプライバシー保護の規格であり、コンプライアンス対応に新たな選択肢が生まれました。ISO/IEC 27701は、ガイドライン規格でもあり、要求事項の規格でもあります。ISO/IEC 27701認証は、ISO/IEC 27001認証のアドオンとして適用される可能性が高いと言われています。本特集では、ISO/IEC 27701規格開発に携わったISO/IEC JTC1/SC27/WG5のエキスパート、認定機関であるISMS-AC、認証機関のBSI、個人情報保護分野のコンサルタントの方々に、取材あるいは寄稿をお願いしました。

■NEWS & REPORTSでは、シスコシステムズのビジネスソリューションズアーキテクトの筑瀬猛氏が東大工学部で行った講演「Smart Fieldwork 問題は会議室で起きてるんじゃない。生産現場で起きてるんだ!!」の詳細を報告しました。

■Viewpoint this monthでは、4月に日本はISOに対して「防災」に関する国際規格作成を提案する予定ですが、その準備委員会の委員長を務める今村文彦さん(東北大学 災害科学国際研究所所長 津波工学教授)から、規格作成の経緯や今後の開発スケジュールなどについて話を聞きました。


アイソス 2020年5月号(270号 2020年4月10日発売)

特集

プライバシー保護の国際規格
ISO/IEC 27701

Part 1 規格動向
プライバシー保護ならISO/IEC 27701
個人情報保護ならJIS Q 15001
コンプライアンス対応の選択肢が増える
取材先 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
客員研究員 佐藤 慶浩 氏
主任研究員 郡司 哲也 氏

Part 2 規格解説
ISO/IEC 27701とプライバシー関連規格
~開発経緯と要求事項・ガイダンス及び
附属書の意図を理解する~
執筆 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
客員研究員 佐藤 慶浩

Part 3 規則解説
GDPR対応のアプローチ
~GDPRの概要、個人情報保護法との比較、
日本企業に必要な対応及びISO/IEC 27701の活用~
執筆 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
主任研究員 郡司 哲也

Part 4 認定動向
認定基準のアウトラインが見え出したら
独自基準で認定をスタートしたい
取材先 :一般社団法人情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)
事務局長  星 昌宏 氏
事務局次長 野中 武志 氏
主任研究員 富永 典子 氏

Part 5 認証動向
BSIでプライベート認証を発行
認証組織のほとんどがグローバル企業
取材先 :
BSIグループジャパン株式会社
認証事業本部 部長 プロダクトマネージャー
中村 良和 氏

Part 6 取組方法
日本の組織はISO/IEC 27701に
どう取り組むべきか
~学習手順と重要ポイントを提案~
執筆 :
株式会社シーピーデザインコンサルティング
代表取締役社長
鈴木 靖


NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第8回 知識共有会 講演とディスカッション
Smart Fieldwork
問題は会議室で起きてるんじゃない。
生産現場で起きてるんだ!!
講演者/シスコシステムズ合同会社 ジャパンカントリーソリューションズアーキテクツ
ビジネス ソリューションズ アーキテクト 筑瀬 猛 氏


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第98回
総合的な防災のあり方や改善のための国際基準として
「防災ISO」をISO/TC268に提案
取材先/防災スマートシティ準備委員会 委員長
東北大学 災害科学国際研究所所長 津波工学教授 今村 文彦 氏

■新しい国際規格

新しい国際規格の紹介
ISO 37161:2020  ISO 37162:2020
地球をクリーンにする輸送を
2つの新しい国際規格で実現する

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
~品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋~
連載 第2回 ナレッジマネジメントシステム規格の特徴と品質マネジメントへの意味合い
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
~企業・組織との共同研究の中で考えたこと~
連載 第2回 農作物の品質・生産性向上を実現するためのQC工程表の導入と構築(2)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
~認証審査の特徴とよくある所見~
連載 第2回 JIS Q 45100の審査の特徴①
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
認証審査係長 稲葉 佳樹

■内部監査

内部監査の実践
連載 第2回 サプライヤー監査が製品パフォーマンスの鍵を握る
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品・農産物安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000:2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第2回 FSSC 22000の仕組みとスキーム要求事項
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

東京大会2020の農産物調達コード「ASIAGAP」
~認証制度活用のメリット~
連載 第2回 ASIAGAPの認証制度の解説、GLOBALG.A.P.との違い
執筆/一般財団法人日本GAP協会 運用管理部 青柳 裕美

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第20回 日本の危機管理
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.
アイソスはISOマネジメントシステム規格をはじめとするシステム標準の最新情報を提供する専門月刊誌です。
■入門者から上級者まで幅広い層に対応しています。
■品質管理・環境管理担当者、認証関係者、コンサルタントに向けた情報満載です。
■本誌では現在、荻原直紀、金子雅明、森田晃生、青木明彦、湯川剛一郎、青柳裕美、米戸靖彦といった精鋭執筆陣が連載しています。

■月刊アイソス4月号の特集は『階層別ISO研修の手引』です。
■本特集では、ISOに特化した階層別社内研修のポイントを紹介するとともに、ISOマネジメントシステムを有効活用できる社内プロフェッショナルになるための方法論を提案しています。執筆は、経営コンサルタント・有賀正彦氏です。
■NEWS & REPORTSでは、東大教授・江﨑浩氏が東大工学部で行った講演「周回遅れのデジタルトランスフォーメーション in Japan」の詳細を報告しました。
■Viewpoint this monthでは、AIAG-VDAのFMEA新マニュアルの講師として今ひっぱりだこのIATF 16949審査員・武内幸雄氏を取材しました。


アイソス 2020年4月号(269号 2020年3月10日発売)

特集

階層別ISO研修の手引
執筆/経営コンサルタント 有賀 正彦

本特集では、ISOに特化した階層別社内研修のポイントを紹介するとともに、ISOマネジメントシステムを有効活用できる社内プロフェッショナルになるための方法論を提案する。執筆は、コンサルティング及びマネジメントシステム監査において1,000社を超える実績を持つ経営コンサルタント・有賀正彦氏にお願いした。(本誌編集部)

Part 1 社内研修のキホンのキ
Part 2 ISOの階層別研修
・新人向け研修
・ISO事務局向け研修
・内部監査員向け研修
・中堅管理職向け研修
・経営層向け研修
Part 3 社内プロフェッショナルへのアプローチ


NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第7回 知識共有会 講演とディスカッション
周回遅れのデジタルトランスフォーメーション in Japan
講演者/東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授/WIDEプロジェクト代表
Internet Society 理事/データセンター協会 理事・運営委員長 江﨑 浩 氏


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第97回
AIAG-VDAのFMEA新マニュアルは良くなった点が多い
よく理解し使いこなして欲しい
取材先/IATF 16949 審査員 武内 幸雄 氏

■新しい国際規格

新しい国際規格の紹介1
ISO 16106:2020
更新された国際規格が危険物の輸送品質に影響を与える

新しい国際規格の紹介2
ISO/IEC 27007:2020
情報セキュリティマネジメントシステムの監査員向けの指針がアップデート

新しい国際規格の紹介3
ISO/TS 26030:2019
グローバルフードチェーンの社会的責任を改善するための新しい国際手引

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
〜品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋〜
連載 第1回 日本企業が直面する経営課題 : 実はナレッジ・マネジメントの欠如が一因
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
〜企業・組織との共同研究の中で考えたこと〜
連載 第1回 農作物の品質・生産性向上を実現するためのQC工程表の導入と構築(1)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
〜認証審査の特徴とよくある所見〜
連載 第1回 日本版労働安全衛生マネジメントシステム規格「JIS Q 45100」はなぜ有効か
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター 認証審査課長/安全管理士
ISO 45001/JIS Q 45100審査員 労働安全コンサルタント(電気) 森田 晃生

■内部監査

内部監査の実践
連載 第1回 社員の人的ミスを摘発するから内部監査が嫌われる
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品・農産物安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000:2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第1回 連載の考え方、HLSとHLSを巡る議論
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

東京大会2020の農産物調達コード「ASIAGAP」
〜認証制度活用のメリット〜
連載 第1回 GAPとは何か? 日本GAP協会が提供するASIAGAPとは? なぜ調達コードに選ばれたのか?
執筆/一般財団法人日本GAP協会 運用管理部 青柳 裕美

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第19回 ISO 31000 リスクマネジメントの認証
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■ISO leading-edge trend
・UNDP(国連開発計画)のSDGs認証基準
・ISO 9001からTQMに向けたシンポ開催
・4月にはISO/IEC 27701の邦訳版登場
■WOW!
・シスコシステムズの筑瀬猛氏が講演
・岩波好夫著『図解 IATF 16949 よくわかるコアツール 【第2版】』発行
・菱沼雅博著『IATF16949:2016 解説と適用ガイド第2版』12月発売予定
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.
アイソスはISOマネジメントシステム規格をはじめとするシステム標準の最新情報を提供する専門月刊誌です。
■入門者から上級者まで幅広い層に対応しています。
■品質管理・環境管理担当者、認証関係者、コンサルタントに向けた情報満載です。
■本誌では現在、水流聡子、奥野麻衣子、楠本寛斎、飯塚悦功、菱沼雅博、山上裕司、西野武彦、高橋義郎、米戸靖彦といった精鋭執筆陣が連載しています。

■月刊アイソス3月号の特集は『施工現場管理のためのQMS/EMS統合マニュアル』です。
■本特集では、経営層向けというよりは、施工現場の責任者である現場代理人が自ら管理するためのQMS/EMS統合マニュアルを提案しています。「施工方針」「施工計画」に基づいて作成された実践的な建設業向けのマニュアルです。執筆者は竹田将文氏(ISO規格を経営改革に翻訳する中小企業診断士、QMS/EMS主任審査員、OHSMS審査員補)。
■Viewpoint this monthでは、ISO 9001の中心軸であるプロセスアプローチを活用して、品質コンプライアンス違反に対応する方法を提案している小林久貴氏(小林経営研究所代表取締役)を取材しました。


アイソス 2020年3月号(268号 2020年2月10日発売)

特集

施工現場管理のためのQMS/EMS統合マニュアル
~用語理解を通じて総合MSの有効性を高める~
執筆/ISO規格を経営改革に翻訳する中小企業診断士 竹田 将文

トップマネジメントや社長の管理のためより、現場代理人が自らの管理をするための品質・環境マニュアル及び施工計画書が求められていると考えられる。現場代理人の品質・環境マネジメントシステムの運用のためには、「施工方針」「施工計画」などの形で作られる方が効果的であると考えている。このような事由から、今回、施工現場管理のための品質・環境マニュアルを作成してみた。(本文から抜粋)


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第96回
プロセスアプローチを可視化することで
品質コンプライアンス違反に対応する
取材先/株式会社小林経営研究所 代表取締役 小林 久貴 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第5回 日本のサービス標準開発への取組み
(JSA-S 1002の開発趣旨と概要、JSA-S 1002に基づく領域別エクセレントサービス標準開発)
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座
特任教授 水流 聡子

環境ファイナンス分野における国際規格動向
連載 第6回(最終回) 環境経営と環境ファイナンス
執筆/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 主任研究員
サステナブルビジネス戦略センター長 奥野 麻衣子

PAS(公開仕様書)策定の可能性 ~規格作りを通じた共創によるビジネスの進化~
連載 第6回(最終回) PAS規格の価値 将来に向けた発展のために
執筆/BSIグループジャパン株式会社 営業本部営業戦略担当部長 楠本 寛斎

■品質

持続的成功を実現するための武器 ~品質管理の基礎を学ぶ~
連載 第24回(最終回) 持続的成功のための真・品質経営
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■セクター

IATF 16949 ワンポイントレッスン
連載 第12回(最終回) IATF承認取得及び維持のためのルール第5版に基づく運用
執筆/一般財団法人日本品質保証機構 審査事業センター
品質審査部 参与 菱沼 雅博

■クリーンランゲージ

事業を「知る、動かす、再生する」ためのクリーンランゲージアプローチ
なぜ、わが社のシステムは機能しなかったのか
連載 第6回(最終回) 時間と空間を超えるクリーンランゲージと事業のモデリング
執筆/株式会社イノベイション 代表取締役 山上 裕司

■食品安全

食品安全マネジメント規格における
内部監査についての「辛口」のひとこと
執筆/一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ 代表理事 広田 鉄磨

■MS改善

2015年版移行後における組織のMS有効性改善と再構築
連載 第6回(最終回) MSの再構築により意図した結果を達成する
執筆/QMSエキスパート審査員 西野 武彦

■MS人材育成

桜美林大学大学院のマネジメントシステム・コーディネーター養成プログラム
~真のISO経営の実現を目指して~
連載 第6回(最終回) マネジメントシステムによる経営課題解決の提案書を作成する
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 教授
桜美林大学 国際標準化研究センター センター長 高橋 義郎
桜美林大学大学院 経営学研究科 客員教授 原田 節雄

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第18回 米国連邦緊急事態管理システムのリスク緩和策
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■ISO leading-edge trend
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.
おすすめの購読プラン

月刊アイソス 雑誌の内容

国内唯一のISOマネンジメントシステム専門月刊誌
マネジメントシステムの国際規格であるISO9000(品質システム規格)及びISO14000 (環境管理規格)の専門情報誌です。 品質・環境といったジャンルに強い関心を持っている方々へISOに関わる制度の最新情報、規格解釈・監査手法・解説記事などを毎月お届けします。

+   月刊アイソスの目次配信サービス

月刊アイソスを買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年03月19日発売

目次: ◎第1特集
ザイ独自の今期と来期の2期分の業績予想に注目!
買える10万円株が107も!
[2021年春版]人気の株500+Jリート激辛診断
●儲かる株の見つけ方
[1]旬の3大テーマから見つける!
テーマ1「株主還元に注目! 今期に増配する株」
テーマ2「世界的に注目される環境に対応する株」
テーマ3「株価に上値余地がある出遅れている株」
[2]5大ランキング[3]セクター別
●2021年春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7/Jリート4
●気になる人気株
大型株 375/新興株 104/Jリート10

◎第2特集
新設&拡充の株主優待ベスト18
+利回りランキング60
桐谷さんもオススメ!

◎第3特集
[2021年3-6月版]オススメ&人気の米国株150
●今買いの高成長株+今買いの高配当株
●誰もが気になる人気株80の「買い」×「売り」診断
●[column1]NYSEアメリカンで買える株
●[column2]テーマ型のETFを狙え

◎第4特集
ラクして作るじぶん年金
●30~50代[お金を増やす]積立投資で時期を分散
インデックス投信/バランス型投信/その他の商品
●60代~ [お金をもらう]配当生活で資産をキープ
高配当株/Jリート/米国増配株/毎月分配型投信

◎別冊付録
任天堂が割高から割安に転換!
割安か割高かがパッとわかる!
上場全3801銘柄の最新理論株価

◎ZAi NEWS CHANNEL
上方修正ラッシュの今買うべき株ベスト40
●上方修正×増収増益
●上方修正×減収減益、など

◎ザイおなじみの連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所2021年2月編
「株式市場全体の好調でIPO株に資金が流入! 」
●自腹でガチンコ投資! AKB48(株)ガチバトルサード・シーズン
「チャートで首位奪還! 」編
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「節税より大事なことは?争族にならないための相続入門」
●月イチで健全度&利回りの変化をチェック!
「利回りトップは株式で40.1%! リート型の利回りも急回復! 」

参考価格: 780円 定期購読(1年プラン)なら1冊:665円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

3 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年04月09日発売

目次: 完全保存版

忘れない勉強法
眠った力が目覚める6つの習慣 読者2000人「脳科学」調査の衝撃!

頭が良くなる習慣、バカになる習慣 ◎樺沢紫苑
ケンブリッジ最新脳科学「年をとっても頭がよくなる人の共通点」
緊急取材

「スマホ脳」が危ない! ◎中野信子
▼スマホ利用者9割は「使い方が間違い」「頭が悪くなる」
70歳でも「医者・弁護士」になれる最高齢合格者たちの「超簡単インプット術」
▼41歳…………最高齢プロ棋士「自分の壁で諦めるな」
▼42歳…………司法試験突破「多忙でも受かる時間術」
▼51歳…………バンカーから弁護士「YouTubeゆる学習」
▼53歳…………三児の母で医師「医学部の闇に勝つ」
▼62歳…………公認会計士「忘れる前提の勉強法」
▼63歳…………税理士「やる気を保つメンタル管理」
〈時間・難易度・収入別〉学歴がなくてもOK、年齢関係なし

地味だけど取得すれば「人生安泰の資格」◎佐藤敦規
ソニー・平井一夫「学ぶほどに『自分の無知』はさらけ出せる」
各界のトップランナーが見つけた「覚える快感・忘れる効果」

覚えておいてよかったこと、すぐに忘れるべきこと
▼ハーバードで気づいた仏の道・人生の法則
▼インプットからのインプット。そして、情報も本も捨てる
▼すべてのリーダーシップは、小さな実践の一歩から
予想外の抜き打ちテストに「東大卒」は絶句…

突然、記憶力テストをして判明した人生の勝者・敗者の分岐点
▼弁護士、東大卒、だめ連、40代中卒ニートが激突。意外な結果に
読んだ瞬間から役に立つMVP社員の極上テク

図解!「一生モノの記憶術」を身につける
▼読書………………………テーマ別「ザックリ読み」の極意
▼固有名詞………………覚えきれない! そう感じたらエピソードを聞く
▼集中力……………………ウイスキーを飲みながら覚えたほうがいい理由
▼百貨店のバイヤーが展覧会に行くと必ずやること ほか
京大人気№1教授、最後の白熱講義

鎌田浩毅「勉強は楽しい、勉強は身を守る」
一体どこで差がつくのか

認知症になりやすい人、認知症を防ぐ人
特別付録

見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル
市川海老蔵「オレは歌舞伎になるんだ」
茂木健一郎「海老蔵の『すごい記憶力』の秘密、教えます」
NEWS &INTERVIEWS
スペシャルレポート◎誰も知らない「天皇陛下と特殊清掃」
大前研一「テレワーク普及で、日本の人事制度が激変する」
飯島勲「テレビ局の『波取り記者』が諸悪の根源だ」
新連載スタート◎三浦瑠麗の「私たちの民主主義」
好評連載
人間邂逅[787]

●安藤広大×高橋由伸

部下に好かれる必要はありません
茂木健一郎の「成功への物語」[235]

海老蔵の「すごい記憶力」の秘密、教えます
大前研一の「日本のカラクリ」[265]

テレワークの普及で日本の人事制度が激変する
飯島 勲の「リーダーの掟」[288]

テレビ局の「波取り記者」が諸悪の根源だ
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[59]

能力の衰えを感じたら「選択」トレーニングしよう
「橋下 徹」通信[121]

裁判実務を応用、「外形的公正性」とは何か
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[27]

座礁事故とワクチンで反米国家が儲かる
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[24]

まるで、日本では性犯罪が許されているかのようだ
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[29]

チェーン居酒屋の焼き鳥はNGかいい接待、悪い接待
三浦瑠麗の「私たちの民主主義」[1]

米国国民を掴んだ子育て税額控除
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[29]

手っとり早く「不安」をなくす超カンタンな方法
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[60]

EU離脱で独立が再燃スコットランド
渡瀬裕哉のワシントン便り[11]

トランプ再選陰謀論者が、支払う巨額賠償金
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[27]

模様替え
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[19]

財布の紐と頭が固い男は、人から尊敬されるわけがない
浜田宏一の「世界の潮流、超理解!」[6]

世界を先駆ける経済学説「MMT」をどう読み解くか
浜ちゃん総研「プロフェッショナル仕事論」[51]

●日比野隆・司大和証券グループ本社会長

「艱難汝を玉にす」。苦しいときこそ自らを磨くチャンス―個人も企業も
職場の心理学[725]

ボールペンの1本も自分で買ってこられない面倒な上司
マネーの新流儀 [323]●山野祐介

あなたの税金を安くする方法、教えます
体当たりレビュー部[12]

当たりはどこにあるトップバリュ食品
経営者たちの四十代[275]

●ユニ・チャーム社・高原豪久

「勝ち易き」で、立地も商品も決める
新刊書評

ジム・クウィック 著『LIMITLESS 超加速学習』
クローズアップ・ニッポン

山中 泉 著 『「アメリカ」の終わり』
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/03/26
    発売号

  • 2021/03/12
    発売号

  • 2021/02/26
    発売号

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

4 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年04月01日発売

目次: 【特集】政治の怠慢 
中国海警法には法律戦強化で対応を   神戸大学名誉教授 坂元茂樹  
切り崩される土地規制法案の行方  姫路大学特任教授 平野秀樹 
スキャンダルに執心 国家危機に晒す国会  産経新聞政治部次長 水内茂幸 
国家のために政治家は命賭けろ 「寒い国から来た工作員」を書いた理由  
特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 
最凶の「人災」中露が危機感薄い日本を襲う  産経新聞論説顧問 斎藤 勉 
国会の議論封じる国対政治脱却を   国民民主党代表 玉木雄一郎 
「コロナ増税しない」宣言しよう   上武大学教授 田中秀臣 
武漢ウイルス対応 日台政治指導者の「覚悟」の違い 
『国会議員に読ませたい 台湾のコロナ戦』著者 藤 重太 

【特集】横暴国家・中国 
ウイグル人強制労働 日本企業の対応を問う 日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ   
北京ジェノサイド五輪 ボイコットせよ   静岡大学教授 楊 海英 
平和の祭典に異を唱える理由  自由インド太平洋連盟副会長 石井英俊  
今こそ日本の人権外交復活を   参議院議員・
自民党外交部会長 佐藤正久 
NATOと中華人民共和国  防衛大学校名誉教授 佐瀬昌盛 
欧州で広がる対中不信  国際ジャーナリスト 安部雅延  
台湾やきもきさせる米政権 チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫 
半導体、通信復活で日本は世界覇権獲れ  株式会社アシスト社長 平井宏治 
日本がカギ握る米中の軍事均衡   国家基本問題研究所主任研究員 湯浅 博 


民主党内対立で揺れるバイデン政権  慶応義塾大学教授 渡辺 靖 
黄昏のプーチン体制に見切りつけろ  産経新聞外信部次長兼論説委員 遠藤良介 

会長降ろしに共産党の影 五輪中止で倒閣狙った?  
元首相 森 喜朗×作家・元外務省主任分析官 佐藤 優 

【特集】歴史戦 
「慰安婦は性奴隷にあらず」ハーバード大・ラムザイヤー教授の論文要旨 
議論さえ許さない韓国の異常な反応  産経新聞編集委員 久保田るり子 
米極左運動と共鳴 反日韓国勢力の妄動  福井県立大学教授 島田洋一 
カナダでやまない南京虐殺プロパガンダ トロント在住フリーランサー マリノフ利江 

【特集】作られる世論 
コロナ禍で加速する「エコーチェンバー」  ITジャーナリスト 宮脇 睦 
福島を苦しめる「情報災害」の罪 ジャーナリスト 林 智裕
菅(かん)元首相を美化 お先棒担いだ朝日 
産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比 

エセ「NHK改革」法案取り下げよ  政策シンクタンク代表 原 英史

月刊正論×大学生有志インタビュー企画①
藤岡弘、さんに聞きたい 「井の中の蛙 天啓を知る」      俳優・武道家  藤岡 弘、 


「ゼロコロナ」で日本経済は崩壊する   東京大学名誉教授 唐木英明 
東京五輪 先人の足跡を学ぶ 大阪観光大学国際交流学部講師 久野 潤 

【グラビア】
皇室歳時記  あれから10年 
われらの女性自衛官② 水中の潜水艦探す護衛艦の「耳」 海上自衛隊 島津沙也3等海曹
文字のふるさと      瀧野喜星   
不肖・宮嶋の現場  あの悪夢を忘れまい
業田良家 それ行け!天安悶 最終回
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天 立川談志 銀座 東生園  取材・構成 将口泰浩 

巻頭コラム 激流世界を読む  杏林大学名誉教授 田久保忠衛 
フロント・アベニュー  麗澤大学教授 八木秀次 
フィフィの本音    タレント フィフィ 
経済快快  産経新聞特別記者 田村秀男 
君は日本を誇れるか  作家  竹田恒泰 
SEIRON時評   評論家 江崎道朗 
シリーズ対談 日本が好き! 「修身」をもっと教育に 
俳優 宝田 明/ジャーナリスト 井上和彦 
シネマ異聞 そこまで言う!?  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ 
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿 
折節の記 
操舵室から 






参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

法学教室

2021年03月27日発売

目次:  入学,進級,進学おめでとうございます。
 スタートやリスタートの4月。法学教室は,充実したコンテンツで皆様の法学学習をサポートします。
4月号では,「法学のイントロダクション」と題した入門特集を組みます。「なぜ学ぶのか」「何を学ぶのか」「どうやって学ぶのか」「考え方の使い方」という,これからの学習を後押しする内容です。
 時事トピックスとして,「時の問題」欄に,国会についてと,地方自治についての気になる2テーマを,「判例クローズアップ」欄では,昨年だされた重要判例を詳解します。
連載では,新しく「行政法教室」「日本家族法を考える」「刑法総論の基礎にあるもの」「未来志向で学ぶ外国」の4連載が新たにスタートします。
演習欄や判例クローズアップ,好評講座連載など,魅力的な内容がぎゅっと詰まっています。
 また,今号は別冊付録として「法学科目のススメ」が付きます。科目履修で迷っているあなた。この付録では,様々な法分野の面白さを少し感じることができますよ。
 「法学教室」4月号,是非お手に取ってみてください。

【特集】 法学のイントロダクション
      大林啓吾・平野秀文・緑 大輔
 Ⅰ なぜ法学を学ぶのか
 Ⅱ 法学は何を学ぶ学問か
 Ⅲ どうやって法学を学ぶか
 Ⅳ 法学の考え方を使う

【講座新連載スタート】
行政法教室――トピックで学ぶ 渡井理佳子ほか
日本家族法を考える 水野紀子
刑法総論の基礎にあるもの 安田拓人

【別冊付録】法学科目のススメ

参考価格: 1,569円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:845円

最新・最高の学習法律雑誌

  • 2021/02/27
    発売号

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年04月06日発売

目次: Special Report
岐路のビットコイン
大企業や金融大手が次々と参入を開始
膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?
仮想通貨 ビットコインに迫る2021年の大変革
解説 ビギナー向け「仮想通貨の現在地」
経済学 ビットコインはインフレ対策に有効なのか
新技術 非代替性資産NFTの実力は

スエズ座礁事故が教えること
貿易 海の難所や天候やサイバー攻撃……国際海運は驚くほど脆弱だった

Periscope
MYANMAR ミャンマー民主派の「新憲法」は無駄でない
CHINA 中国でワクチン強制接種に反発の声
BOSNIA AND HERZEGOVINA ボスニアが世界の極右の巣窟に
GO FIGURE アメリカ入国を狙う移民は倍増ペース

Commentary
視点 「台湾危機」を鵜呑みにする危うさ──河東哲夫
米社会 アジア系憎悪犯罪と米差別史──グレン・カール
欧州 ドイツの政治の季節は前途多難──ヨシュカ・フィッシャー
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
中国人が食う「禁断の果実」── ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
大型提携の裏で進む中国シフト── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
ママ友との会話が苦手な私は変?
Life as Music ニューヨークの音が聴こえる
僕にとって「書く」とは何か── 大江千里

World Affairs
中国 民主派に立ちはだかる「タンキー」の壁

Features
新兵器 ドローン時代の戦争にアメリカが怯える訳
米政治 NYの回復には私が必要だ

Life/Style
Drama 笑えてハートを温めるエイリアンに魅せられて
Movies 『パーム・スプリングス』を支える科学
Art 生で芸術に触れる注目のアートイベント8選
My Turn 同性愛者と明かさないまま母は逝った

Picture Power
コウモリと共に生きる人々の姿

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
日本になぜ人権委員会がないの?

参考価格: 480円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:240円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/03/30
    発売号

  • 2021/03/23
    発売号

  • 2021/03/16
    発売号

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2021/03/02
    発売号

  • 2021/02/24
    発売号

7 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2021年03月19日発売

目次: DX、5G、脱炭素、M&A・・・
コロナ後の成長企業を探そう!

2021年2集春号では、3月期決算企業の第3四半期決算実績を踏まえ、業界担当記者が今期および来期の業績を独自予想。
日本国内全上場3,822社をフルカバーした四季報で、アフターコロナに伸びる成長企業を見つけましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

●●●今号のおもなトピック●●●
【徹底検証】ROE&時価総額を全社5年前比較
 激変!稼ぐ力と企業価値
【独自調査】採用予定者数、初任給/注目銘柄ランキング

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/09/19
    発売号

8 週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

最大
50%
OFF
送料
無料

週刊ダイヤモンド

2021年04月05日発売

目次: 特集
1億総リストラ

Prologue コロナ直撃企業も黒字企業もリストラの嵐!

Part 1 「高給リーマン」希望退職ラッシュ その先の整理解雇危機
ANA、近鉄、三越伊勢丹、三菱自… 整理解雇危険企業51社リスト
早期・希望退職募集ラッシュの中心地 ヤバい5業種の最新事情
Column ハローワーク相談員も雇い止めと隣り合わせ
ダイヤモンド・プリンセス号労使紛争 整理解雇巡る経営側のホンネ
Column 労働審判「使い勝手良し」 解決金は平均246万円

Part 2 「働かないおじさん」と呼ばないで リストラで失う仕事とカネ
三越伊勢丹でリストラの標的になった 年収1000万円課長の末路
働かないおじさんが「働けない」理由
外資では退職勧奨とセットで使われる リコー導入「PIP」の正体
朝日新聞・現役社員 覆面座談会 「他責の文化をなくそう? ダメ社長、お前が言うな」

Part 3 黒字大企業「さよなら」は突然に 1億総リストラ時代
とってもドライな黒字リストラ ソニー「退職勧奨は突然に」
東芝は「追い出し部屋」裁判中 黒字リストラ36社一挙公開
“悪行”「社外秘リストラ」から転換 武田薬品の意外すぎる新手口
Column MR再就職はわずか3割 “ヤメタケダお断り”も
Column 現役社員も集まる新組織 ヤメタケダ人脈網の実用度


特集2
外食大再編


News

(1)Close Up ANAセールスは地域創生会社に転身 ANA「非航空」のジョーカー
(2)Close Up 「虎の子」大阪本社を差し出し資金を捻出 毎日新聞210億円調達の内幕
(3)Close Up LINE、個人情報管理で信頼失墜 進む「ヤフー主導」の立て直し


人物

オフの役員 里見順子●エー・ピーホールディングス取締役執行役員

イノベーターの育ち方 露木志奈●環境活動家


ウォール・ストリート・ジャーナル発
中国ナショナリズムが供給網脅かす時代
米株の強気相場、投機に厄介なほど依存


政策マーケットラボ
コロナで再注目の「MMT」 論争が行われる本当の意味
仲正昌樹●金沢大学法学類教授
日銀政策点検で発表された目玉対応の裏にある「隠し球」
鈴木明彦●三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究主幹


Data

数字は語る
29兆円 2020年における家計の「過剰貯蓄」●神田慶司


連載・コラム

牧野 洋/Key Wordで世界を読む
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
井手ゆきえ/カラダご医見番
山本洋子/新日本酒紀行
小林快次/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
後藤謙次/永田町ライヴ!
From Readers From Editors
世界遺産を撮る

ビジネス掲示板

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

書店で一番売れているビジネス週刊誌(ABC協会調べ)東証企業情報満載

  • 2021/03/29
    発売号

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2021/03/08
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

9 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年03月19日発売

目次: 銘柄特集
想定以上の業績回復、来期以降の期待も高い厳選⑧銘柄

スコープ
好況感なき日経平均3万円回復の中身を分析する
「社会構造」「生活様式」「技術革新」などの変化が
不景気が続く中での日経平均3万円回復の要因

クローズアップ
ビジネス大変革で株価が変わる
「高収益・高成長」企業へ
“新中期計画”から見る日本企業の未来

特別銘柄企画
金利上昇で先駆株に警戒感台頭、出遅れ・割安株に資金シフトへ
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」厳選⑦銘柄

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

月刊アイソスの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌