New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 発売日・バックナンバー

全187件中 181 〜 187 件を表示
1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

≪New Internationalist 目次≫
  (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
政治的理由でチリを追われた写真家が撮ったイラク。
 by Carlos Reyes-Manzo

5 南の視点
5月のインド総選挙で勝利したソニア・ガンジーは、首相就任を辞退。この機会に国籍について考える。
 by Urvashi Butalia

6 世界のニュース
2国間貿易協定のトリック/ネットを監視する政府/アボリジニの拘留中の死/他

9 タバコ産業の抵抗
多数の国々による規制によって追い詰められているはずのタバコ産業。しかし、実際はまだまだ拡大を続けている。その理由は何なのか?
 by Dinyar Godrej

13 毒を取り込むと
タバコが体に与える影響について。

14 作っても作っても楽にならず
タバコの葉をいくら栽培しても貧困から抜け出せないケニアの農民たちの現状。
 by Joe Asila

16 マレーシアでほくそ笑むタバコ産業
その「喫煙文化」のせいで、マレーシアはタバコ産業の食い物にされている。
 by Mary Assunta

17 詭弁、強弁、そして妄言
タバコ会社が本当に言い放った言葉の数々。

18 タバコ ― その事実

20 タバコはどこへ行ったのか
タバコの密輸とタバコ産業の怪しい関係を暴く。
 by Duncan Campbell

22 困難でややこしい起訴
タバコ会社に立ち向かう起訴の現状とその困難について。
 by Dinyar Godrej

24 タバコ拡販のために
世界でタバコ会社が用いる、人々を惑わす広告イメージやキャンペーンの手法。
 by David Simpson & Stan Shatenstein

26 タバコ会社に立ち向かう
手練手管でタバコ販売に有利な状況を世界的に作り出そうとする企業の暗躍と、それに対抗する人々の活躍。
 by Bob Burton

28 タバコをコントロールするには
禁煙と反タバコキャンペーンへ、行動を起こそう。

29 ワールドビーターズ
サミュエル・P・ハンチントン

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド
Polypによる痛烈な風刺漫画

33 波風を立てろ
活動家から国会議員となっても変わらずバイタリティーあふれるケニヤの女性Wangari Maathaiのインタビュー。

34 エッセイ ―― 貪欲を信ずる
経済成長や人間の進歩にとって、貪欲は原動力となり良いことだ ― そう主張する人々がいるが、筆者はそれが間違っていることを願うばかりだ。
 by John F Schumaker

36 世界の国のプロフィール ―― コロンビア


≪New Internationalist Japan 目次≫
 (本文は日本語と一部英語です)

1「タバコ産業の抵抗」(NI本誌p9-12の翻訳)

5 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

6 Reporting from Japan 
・日本のたばこ事情 ~ 問題点を探る
たばこ問題情報センター  代表 渡辺文学 

10 Contact Points
・タバコに関する団体・本・映画情報。

11 Information
・次号のご案内、禁煙が体に及ぼす変化について、編集後記。

12「世界の国のプロフィール - コロンビア」(NI本誌p36の翻訳)

1,019円


*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

≪New Internationalist 目次≫
  (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
身体障害者のバドミントン大会にて。
by Abir Abdullah (バングラデシュ)

5 南の視点
欧米の新しい友人カダフィ大佐には、まだ晴らすべき疑惑が残っている。
by Ike Oguine

6 世界のニュース
人々が拘束されているのはキューバのグアンタナモ米軍基地だけではない。世界中で拘束されている人々の状況を、ディエゴガルシア、エジプト、ウズベキスタン、英国、ニュージーランド/アオテアロア、イスラエルから報告する。

9 協同組合の可能性
協同組合は、その努力によって活発な活動を世界中に広げている。経済民主主義をより良く導くために、協同組合は今後何ができるのだろうか。
 (by David Ransom)

13 共同組合とは何か?
協同組合の基本原則について。

14 かすかな希望を実らせる
アルゼンチンの経済危機によって仕事を失った人々は、どのようにして元の自分たちの失った職場をよみがえらせたのか?
 (by Joseph Huff-Hannon)

16 コミュニティーが受け入れられるまで
ウェールズの使用されていない採石場に、自然エネルギーのコミュニティーを作った人々の物語。
 (by Amanda Roll-Pickering)

18 協同組合 ― その事実

20 信念を持った売春婦たち
インドのコルカタ(カルカッタ)の女性パワーがもたらした変化について。
 (by Mari Marcel Thekaekara)

22 現実主義者が抱えるジレンマ
現実を貫いているのは協力か、はたまた裏切りか。漫画で描く人間の選択。
 (by Polyp)

24 信頼を得るまで
ケニヤのココア農民が、協同組合に加入する理由。
 (by Kwabena Sarpong Akosah)

25 米国マイノリティーと協同組合
アフリカ系米国人や他の米国マイノリティーは、古くから協同組合にかかわっている。
 (by Jessica Gordon Nembhard)

26 協同組合の歴史
国際的な協同組合運動の歴史について。

28 あなたも協同組合を作ってみませんか
誰に相談してどうやって協同組合を作れるのか。

29 ワールドビーターズ
ラテンアメリカ一の金持ち、メキシコの実業家、カルロス・スリム。

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
Polyp作、自動車に貼るキャンペーン用ステッカー。

33 波風を立てろ
オスカーやグラミーを超えたロジャー賞。ニュージーランド/アオテアロアで活動する最悪の多国籍企業に贈られる賞について。

34 エッセイ ―― 有機栽培の将来
有機栽培は真の緑の革命だ。
by Andre Leu

36 世界の国のプロフィール ―― アルバニア


≪New Internationalist Japan 目次≫
 (本文は日本語と一部英語です)

1「協同組合の可能性」(NI本誌p9-12の翻訳)

5 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

6 Reporting from Japan 
・日本の生協 ~いきいきした多様性(データファイル)
・「安全・安心は、買うものではなく、自ら作り出すものですよ」
 ~共同購入から社会変革 (生活クラブ連合会 中村秀次氏へのインタビュー)
・生協アドボカシー 
~生活クラブ生協愛知の「容器包装リサイクル法改正プロジェクト」について

10 Contact Points
・日本の生協に関する情報源。

11 Information
・次号のご案内、お知らせ、編集後記。

12「世界の国のプロフィール - アルバニア」(NI本誌p36の翻訳)

1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

≪New Internationalist 目次≫
  (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
道を掃く女性。
by Faysal Ahmed Dadon(バングラデシュ)

5 南の視点
同性愛者にまつわる話題。
by Eduardo Galeano

6 世界のニュース
ナイルの水に関する明るいニュース(東アフリカ)/偉大な活動家の別れ
(カナダ)/移民労働者の権利(韓国)/暴力が激化するネパール/他。

9 アフリカ資源争奪戦
欧米の繁栄とアフリカの窮状の関係にメスを入れる。
by Katharine Ainger

13 コンゴでの略奪
世界でも最も危険な紛争地帯で起きている事実とは。
by Colette Braekman
PLUS:略奪者の歴史
PLUS:戦争犯罪
 国境なき医師団のHelen Clarksonが報告する、コンゴで行われる性的暴
 力。

18 アフリカの富をめぐる争い ― その事実

20 武器の密輸業者
うまみのある銃、金、宝石の密売ネットワーク。
by Wairagala Wakabi

22 激化する伐採
「紛争木材」はダイヤモンドと同様に深刻な問題となっている。
by Alice Blondel

23 殺しとビジネス
民間軍事サービス企業とは何か。
by Andre Verloy

24 不十分なダイヤモンド対策
さらなる取り組みが緊急に求められている「紛争ダイヤモンド」対策。
by Janine Roberts

26 アクション
一人ひとりがすべてのことをするのは不可能だが、みんなが集まれば何かがで
きるのではないだろうか。

28 クリエイト
アンゴラの革命的な詩人がインスピレーションをかきたてる。
by Agostinho Neto

29 ワールドビーターズ
どんな労働争議にも反戦デモにも、政治方針を掲げたプラカードを持ってやって
きて、その場を乗っ取ってしまうグループ。彼ら、トロッツとは何者なのか?

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
Polypの視点から見た、イスラエルのパレスチナ政策。

33 波風を立てろ
インドのある村人の夢。それは、女性聖職者のいる女性のためのモスク建設だっ
た。
by Daud Sharifa Khanam

34 エッセイ ―― 非植民地化と私たち
パキスタンの軍事独裁政権に立ち向かうことは最重要課題である。だが、だから
と言って、再植民地化の道を歩むものでもない。
by Aasim Sajjad Akhtar

36 世界の国のプロフィール ―― ボリビア


≪New Internationalist Japan 目次≫
 (本文は日本語と一部英語です)

1「アフリカ資源争奪戦」(NI本誌p9-12の翻訳)

5 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

6 Reporting from Japan 
 ・身の回りにある紛争資源――ダイヤモンドとタンタル
      (NI-Japan 諸 英樹)
  
10 Contact Points
アフリカの紛争と資源に関してもっと良く知るための情報源。

11 Information
次号のご案内、NI読者からの声、編集後記。

12「世界の国のプロフィール - ボリビア」(NI本誌p36の翻訳)
1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

【New Internationalist 目次】
   (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
子供の頃を想い起こさせる場面。 by Shafiqul Alam Kiron(バングラデシュ)

5 南の視点
汚職を考えるきっかけとなったある若者の死。 by Urvashi Butalia

6 世界のニュース
マグロ絶滅の危機(南太平洋)/密入国者の死(西アフリカ)/ルワンダ虐殺の生存者/死刑をめぐる議論(ウガンダ)/他。

9 ワイルド・イースト
苦境にあえぐポスト共産主義の社会。その社会ではいったい何が起きているのか? (by Richard Swift)

12 アルメニアの現実
アルメニアフォトエッセイ (by Onnik Krikorian)

14 希望と現実のギャップ
変革の現実に直面し、ポスト共産主義社会の若者達の希望は急速に失われている。
(by Irena Maryniak)

16 バラの革命
グルジアの民主化運動の最前線から、懐疑的・楽観的双方の声を聞く。

18 ポスト共産主義の社会―その事実

20 スフレの革命
共産主義が内部崩壊したハンガリー経済の勝ち組と負け組み。 (by Alex Bandy)

22 ロシア社会主義の再創造
Boris Kagarlitskyへのインタビュー

24 ルーマニアの若者達の今
ルーマニアのイメージと現実、そのどちらも厳しいものである。そんな中、若者達はどう生きているのか? (by Ioana Baetica)

26 新しい民主主義を目指す
旧ソビエト連邦各地の様々な運動や市民団体を紹介。

29 ワールドビーターズ
インド映画のスターから扇動政治家へ: セルヴィ・J・ジャヤラリター。

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)

33 波風を立てろ
貧者のための出版社 ― アルゼンチンで起こった新しい取り組み、Eloisa Cartoneraについて。

34 エッセイ ―― 煙
世界保健機関の報告書から明らかになった、台所にひそむ危険。 by Hugh Warwick

36 世界の国のプロフィール ―― トンガ


【New Internationalist Japan 目次】
 (本文は日本語と一部英語です)

1「ワイルド・イースト」(NI本誌p9-12の翻訳)

4 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

5「バラの革命」(NI本誌p16-17の一部翻訳)

6 Reporting from Japan 
 ・旧ソ連、そしてアメリカの今を反面教師に、今、世界はとても大切なプロセスを踏んでいる。
   日本共産党 緒方靖夫参議院議員へのインタビュー

10 News
 ・オックスファム・ジャパン 設立について

12「世界の国のプロフィール - トンガ」(NI本誌p36の翻訳)
1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

【New Internationalist 目次】
   (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
夢のようなダンス。 by Dhanushka Amarasekara(スリランカ)

5 南の視点
アフリカの現実や人々の痛みを、ただの哀れみや蔑みの対象とすることなく鋭く描写する2人のアフリカ人作家の新作について。 by Eduardo Galeano

6 世界のニュース
奴隷の蜂起から200年(ハイチ)/携帯電話が伸びている理由(アフリカ)/いやでも目につくレジ袋/真実と和解委員会(スーダン)/他。

9 権力と愚行
21世紀の植民地行政官、IMFと世界銀行の軌跡とその影響。 (by Chris Brazier)

12 不安定化する世界
経済の「調整」に対する抵抗は、年々大きくなっている。世界のどこでどんな抵抗が起こっているのか見てみよう。

14 主治医はやぶ医者だった
IMFは自由市場原理主義によって操られている。元世界銀行チーフエコノミスト、ジョセフ・スティグリッツへのインタビュー。

16 適材適所?
未熟な世銀コンサルタント達の投入が、東欧・旧ソビエト連邦のさらなる混乱を巻き起こした。(by Peter Griffiths)

18 IMF/世界銀行―その事実

20 世界に広がるグリーンウオッシュ
世界銀行の環境政策は、時代の要請に沿ってすでに変化した...この世界銀行の主張は正しいのか?(by Pamela Foster)

22 ふたつの塔
世界銀行の魔術師ガンドルフに迷いが生じている。ホビットやエルフの側について、パワーポイントを武器にするオークに戦いを挑むのか。それとも、IMFの老魔術師サルマンの世界征服計画に協力するのか。コミックで描く世界の現状。 (by Brick and Brazier)

24 拒否された厳しい処方箋
構造調整プログラムのレビューを世界銀行と協力して行ったSAPRINネットワーク。しかし、世界銀行はその結果を受け入れることを拒否し続けている。(by Mark Engler)

25 自らの構造調整を進めよ
世界銀行とIMFに構造調整プログラムを適用すれば、世界の貧困削減に大きく寄与するに違いない。(by Adam Ma’anit)

27 想像してみよう
IMFと世界銀行の無い世の中。それはどうやって実現できるのか?(by Adam Ma’anit)

28 アクション
行動するための情報源。

29 ワールドビーターズ
理想主義から残忍な独裁者に変身してしまったエリトリアのイサイアス・アフォルキ。

30 ミクスト・メディア
NIからの本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)

33波風を立てろ
亡命コロンビア活動家が世界を旅しながら訴える祖国の現状。

34 エッセイ ―― 人種のるつぼか?
人種が混ざり合って暮らす理想郷というキューバのイメージとその現実。 by Rotimi Ogedengbe

36 世界の国のプロフィール ―― イエメン


【New Internationalist Japan 目次】
 (本文は日本語と一部英語です)

1「権力と愚行」(NI本誌p9-11の翻訳)

4 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

5「IMF/世界銀行―その事実」(NI本誌p18-19の一部翻訳)

6 Reporting from Japan 
 ・IMFと世界銀行~日本のかかわりを知っていますか?
      (アジア太平洋資料センター 普川容子)
  
10 Contact Points
*IMFと世界銀行に関して活動するNGOの情報と、両機関をもっと良く知るための書籍について。

11 Information
*次号のご案内、お知らせ、編集後記など

12「世界の国のプロフィール - イエメン」(NI本誌p36の翻訳)

1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

【New Internationalist 目次】
   (本文は英語です)

2 読者からの手紙

4 南からの写真
右派民兵組織に殺された7人のメキシコ人の葬式にて。 by Sebastiao Salgado(ブラジル)

5 南の視点
第12回目のエッセイシリーズの最終回。 by Eduardo Galeano

6 世界のニュース
慰謝料でも女性差別(イラン)/石油産業の裏工作(カザフスタン)/後退した環境アセスメント(中国)/世界の若者の現状/他。

6 ビッグバッドワールド(風刺漫画)

9 平等の歩み
平等とは程遠い時代が続く。なかには、平等は「絶滅寸前」だと言う人もいる。しかし、それは本当なのだろうか?(by Vanessa Baird)

14 強く、そして賢く
アボリジニ出身の教師である筆者が、アボリジニの子供達に対する教育姿勢の常識を覆す。(by Chris Sarra)

15 白人に生まれて
自分自身に流れるアボリジニのルーツを探る旅。(by Mark Minchinton)

16 平等ウォッチ:人種と民族

17 アフガニスタン女性の今
アフガニスタンがタリバンから解放されてから2年が過ぎた。だが、女性達は本当に解放されたのだろうか?(by Mariam Rawi and Jamila Mujahed)

19 平等ウォッチ:女性と男性

20 平等―その事実

22 カースト制度をくずせ
社会には身分と階層が存在する。国によっては、その2つが複雑に絡み合っていることもある。ここでは、そんな国インドから、勢いを増すダリットの権利獲得運動について報告する。(by Mari Marcel Thekaekara)

23 平等ウォッチ:身分と階層

25 本当の性別
世界では、インターセックスの子供達の性を決める手術が頻繁に行われている。それを止めさせなければならない理由とは?(by Esther Morris)

27 平等ウォッチ:セクシャル/ジェンダーマイノリティー

28 平等の思想
様々な理論をのぞいてみよう。

30 本当に平等を望むのか?
ライターで精神分析学者でもあるAdam Phillipsへのインタビュー。平等について突き詰めて考えてみよう。

31 新しい世界の現実
愛する家族のため、海を渡って生活費を稼ぐ移民労働者の現状。(by Jeremy Seabrook)

32 平等ウォッチ:金持ちと貧乏人

33 世知辛い世の中で光るもの
平等のために協同組合ができることとは? 元コスタリカ大統領で、ノーベル平和賞受賞者でもあるオスカー・アリアス・サンチェスが語る。(by Oscar Arias Sanchez)

34 平等ウォッチ:公正な仕事とフェアトレード

35 アクション
平等に向かって取り組むための情報。

37 ミクスト・メディア
NIからの本・映画・音楽の紹介
PLUS: 2003年度の最優秀作品を発表!

40 世界の国のプロフィール ―― ブラジル



【New Internationalist Japan 目次】
 (本文は日本語と一部英語です)

1「平等の歩み」(NI本誌p9-12の翻訳)

5 NIの目次(NI本誌p1の翻訳)

9 それぞれの平等を目指した活動
   ・部落問題の現状、そして解決へ向けて
      (社団法人 部落解放・人権研究所 中村清二)
   ・女性が輝いて働き続けていくために
      (女性ユニオン東京 谷 恵子)
  
10 Contact Points
*部落問題と女性の雇用問題をもっと良く知るための情報源。

11 Information
*次号のご案内、お知らせ、編集後記など

12「世界の国のプロフィール - ブラジル」(NI本誌p40の翻訳)
1,019円
*「New Internationalist」と「New Internationalist Japan」をセットでお届けしています。

【New Internationalist 目次】

(本文は英語です)

<<特集>>

9 罠からの脱出
砂糖は初めての消費財だったが、今では企業のグローバル化による害悪の広がりを支えている。(by David Ransom)

13 危険な快楽
糖分が身体に及ぼす影響。

14 砂糖の支配
インドは世界最大の砂糖生産国である。しかし、砂糖生産をめぐってそこで起こっていることは、甘いことばかりとは限らない。(by Dionne Bunsha)

16 中毒という妖怪
摂食障害と砂糖の関係。(by Anita Ferruzzi)

18 砂糖―その事実

20 カンクンでの苦い出来事
メキシコで行われたひどい貿易交渉からの報告。(by Katharine Ainger)

22 我々の土地を返せ
砂糖のせいで、フィリピンの村人達の土地が強制収用されている。その土地を取り戻そうとする人々の報告。(by Devlin Kuyek & Andrew Skinner)

23 破壊の進むエバーグレース
砂糖会社は、過酷な重労働をフロリダ州のエバーグレースで人々に強いていた。そして今、環境破壊が大きな問題となっている。(by Mark Engler)

25 汚れたビジネス
砂糖精製工場があるエチオピアの町で育った人。その精製工場を建設・操業していたオランダの企業の本部長。ふたりの言うことはかなり食い違っているが……。

26 砂糖と奴隷
一緒になって歴史を歩んできた砂糖と奴隷をふりかえる。

28 オーストラリアの砂糖産業を支えた人々
あまり語られることの無かった南太平洋の人々の苦労の歴史。(by Michael Berry)


<<Regular Features>>

2 読者からの手紙

4 南からの写真
貧しい子供達による抵抗。 by Manit Sriwanichpoom(タイ)

5 南の視点
女性を殺しても、「文化」で片付けてしまうのか。 by Urvashi Butalia

6 世界のニュース
いまだ解放されないイラクの女性達/もうひとつのノーベル賞/スラムの実態/衣料品組合で働く女性達の希望/他。

29 ワールドビーターズ
ひどく暗い過去を持つ、亡命したロシアの大金持ち:ボリス・ベレゾフスキー。

30 ミクスト・メディア
NIからの本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)

33波風を立てろ
ミーナ・メノンが、ムンバイ(インド)での世界社会フォーラムについて語る。

34 エッセイ ―― スターのお出まし
セレブになびく世の中で、アーノルド・シュワルツェネガーの選挙は氷山の一角である。 by John F Schumaker

36 世界の国のプロフィール ―― ソマリランド


【New Internationalist Japan 目次】

(本文は日本語と一部英語です)

1「罠からの脱出」(NI本誌p9-12の翻訳)

6「砂糖―その事実」(NI本誌p18-19の翻訳)

8「危険な快楽」(NI本誌p13の翻訳)

9 Reportimg from Japan 日本の砂糖―その事実

10 Contact Points

11 Information

12「世界の国のプロフィール - ソマリランド」 (NI本誌p36の翻訳)


おすすめの購読プラン

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.