I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

ヘルスケア・レストラン 発売日・バックナンバー

全246件中 91 〜 105 件を表示
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2016年12月号(2016年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
そのやり方で大丈夫ですか?
栄養管理の落とし穴

今まで当たり前のように行なわれていたルーチン業務。
でも、そのルーチン業務って本当に必要なのだろうか?
そして、当たり前のことを当たり前のものとして継続してきた結果、
患者さんにとって不利益になっている可能性はないだろうか?
本特集はそんなルーチン業務における「栄養管理の落とし穴」をピックアップ。
業務を見直すことで栄養管理に奏功した事例を紹介する。

-------------------------------------------------------------
学会特集 「楽しかった」で終わらせない 秋の学会を総まとめします! !
-------------------------------------------------------------
さまざまな学会が各地で開催された秋。遠方から足を運んだ人も多いだろう。
いずれの学会においても「高齢者」、「医介連携」、「地域連携」、「在宅」などのキーワードが共通しており、専門領域を越えて医療・介護業界が直面している課題に、学会としてどう対応するかが議論の的であったと言えるだろう。
本特集では、各学会を編集部が取材したなかで特に注目したプログラムについてレポートする。

-------------------------------------------------------------
タフになる講座 管理栄養士のプライド
-------------------------------------------------------------
Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世

Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳

Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁昇

Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林宏行

Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志

Pride.6 口のミカタを知る 猪原 健(監修:戸原玄)

Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

-------------------------------------------------------------
●ダイエットセラピー新・食に焦点
 社会福祉法人緑風会 緑風荘病院
 パラチノースを活用した糖尿病食

●今月の人〈Bright Youth〉
 清水 舞(中村病院)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第一〇四話「秋の収穫祭」

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜
Lesson 2 在宅患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント 岡田晋吾
Lesson 4 明日から実践できる症例の見極め方
     ~急性期から慢性期まで~ 岡田有司

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第41回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)

●Event Report
 第8回マルタマフーズグループ 献立・調理コンテスト

●Summer Camp 2016
 1型糖尿病患児とスタッフとが
 共に成長する場をめざす

●フードサービス最前線
 社会福祉法人天寿園会特別養護老人ホーム椿(東京都町田市)
 介護の目をもつ管理栄養士が各フロアに常駐
 リアルタイムできめ細かい栄養ケアを実践する

●フレック デザートアレンジコンテスト
 受賞作品発表

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
 千葉枝里子(東戸塚記念病院)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第37回〉
 喫食率UPにつなぐ・赤鼻のトナカイおはぎ

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2017年1月号(2016年12月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
入院時食事療養費の患者負担アップ… 納得の得られる食事で信頼を勝ち取ろう
2016 年4月から入院時食事療養費の患者負担が増額され、2 年後にはさらに460 円へ引き上げられる。支払う金額が増えれば、患者の食事への評価の目も厳しくなるはず。クレームも心配だが、食事を拒否されることにつながってしまっては大きな問題だ。そうした事態を避けるために、患者から納得を得られる食事のあり方を探る。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2016年11月号(2016年10月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
安全でおいしい食事を家族とともに…
在宅を見据えた摂食嚥下障害の栄養指導

4月の診療報酬改定によって、摂食嚥下障害の方への栄養食事指導が算定可
能となりました。
しかし、在宅での生活を見据えた指導内容でなければ、患者からの信頼を得
られる支援には結びつきません。
管理栄養士は何ができるのか?ともに考えていきましょう。

●解説1
在宅における摂食嚥下障害の食形態と栄養指導
~その方らしく生きるための食事の提案~
中村育子氏
医療法人社団福寿会 福岡クリニック 在宅部栄養課 課長
日本在宅栄養管理学会 副理事長

●解説2
食支援を担う専門職として知っておくべき咀嚼と嚥下の診方
~一人ひとり異なる口の能力を見極める~
五島朋幸氏 ふれあい歯科ごとう 代表

●解説3
摂食嚥下障害とサルコペニアに対する栄養サポート
~目先のコストから患者ベネフィットへ~
野本達哉氏 医療法人社団永生会 永生病院 リハビリテーション科医師


●事例1
栄養補助食品の物性を工夫して咀嚼ができない患者の「食べる」を支える
社会医療法人友愛会 豊見城中央病院(沖縄県豊見城市)

●事例2
院内から在宅へ安全に考慮した食形態を継続できるよう支援する
浜松医療センター(浜松市中区)

-------------------------------------------------------------
緊急企画 「栄養経営士」資格認定試験予想問題
-------------------------------------------------------------
11月20日(日)に行なわれる第3回「栄養経営士」資格認定試験に向けて
「栄養経営士テキスト」から重要項目をピックアップ。
本誌独自の予想問題を作成しました。

-------------------------------------------------------------
タフになる講座 管理栄養士のプライド
-------------------------------------------------------------
Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
    髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団
    特別養護老人ホーム風かおる里・主任管理栄養士)

Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
    永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)

Pride.3 プレゼンテーション力を高める
    真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)

Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
    林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)

Pride.5 時代の空気を読む
    藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)

Pride.6 口のミカタを知る
    横山雄士(横山歯科医院 副院長)
    監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
    老化制御学系口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)

Pride.7 お世話するココロ
宮子あずさ(看護師・随筆家)

-------------------------------------------------------------
●ダイエットセラピー新・食に焦点
 IMSグループ医療法人財団明理会 新松戸中央総合病院(千葉県松戸市)
 患者の経過に合わせた消化管術後の易消化食

●今月の人〈Bright Youth〉
 林 裕子(悠翔会在宅クリニック)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第一〇三話「病院のカフェ」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第40回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)

●SPECIAL REPORT
トレハ(R)がもつ特性を活かしニュークックチルにおけるおいしいご飯の提
供をめざす

●Seminar Report
 これからの褥瘡管理のあり方について考える

●Clinical Report
早期離床・早期リハ開始を視野に入れた
急性期病院における術前からの栄養介入

●Leader’s School

Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
臨床栄養管理のスキルアップ講座
谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)

Lesson2 在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)

Lesson3 適切な製品の選択とリスク管理の実践
経腸栄養のエキスパートをめざそう
水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)

Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方 ~急性期から慢性期まで~
西岡心大(長崎リハビリテーション病院 法人本部 
口のリハ推進室/教育研修部/栄養管理室)

●食事サポートの“いま”を追う!!
1つの工夫でみんなを笑顔に!
~冷凍食品で食事の満足度向上につなぐ~

●世界の病院食・術後食〈第93回〉
丸山道生(医療法人財団緑秀会田無病院 院長)

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
今井祐介(公益財団法人ニッセイ聖隷健康福祉財団
介護付有料老人ホーム松戸ニッセイエデンの園)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第36回〉
エネルギーアップ・やわらかカステラ

ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2016年12月号(2016年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
今のそのやり方、本当に大丈夫ですか?栄養管理の落とし穴
術後は絶対安静、高齢者には重湯を提供する、糖尿病にはエネルギー制限な
ど、当たり前のものとされていたことが実は患者の身体機能を低下させ、疾
病の重症化やQOLの低下を招いていることがある。本特集では、慣例的にな
されている取り組みを見直し、適切な栄養管理につなげるポイントについて
考える。
1,210円
◆特集◆
何ができる? 認知症の栄養管理 ケアとの連携によるアプローチを考えよう

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると予測されていますが、病院や施設ではすでに相当数の高齢者が認知症をかかえています。
栄養管理を行なう際に難しいと感じる管理栄養士は少なくないのではないでしょうか? 本特集では、認知症高齢者に対してケアを踏まえた対応の必要性を考えていきます。

●解説
嚥下障害・摂食障害を呈している認知症患者へのアプローチ法
小川朋子(国際医療福祉大学病院 准教授/神経内科医長)
●専門病院の取り組み
一人ひとりの症状に合った食事支援で症状の安定を図り、退院につなげる
医療法人花咲会 かわさき記念病院(川崎市宮前区)
●老健の取り組み
中鎖脂肪酸の栄養補助食品を活用し、認知症高齢者の無表情な顔に笑みを戻す
医療法人活人会 介護老人保健施設都筑ハートフルステーション(横浜市都筑区)
●特養の取り組み
認知症の症状の現れ方は人それぞれ原因を抑えつつ個別のサポートを実践する
練馬区社会福祉事業団 上石神井特別養護老人ホーム(東京都練馬区)
●提言
孤独にさせない食環境の支援から認知症の栄養管理はスタートする
工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック 院長)
●地域レポート
摂食不良な認知症患者のADL 維持をめざしエネルギー・たんぱく質の強化に尽力
医療法人社団浅ノ川 桜ケ丘病院(石川県金沢市)
●Pickup01
強化磁器の使用が食事の記憶を刺激し喫食量アップにつながる
株式会社おぎそ
●Pickup02
料理と食器の組み合わせを工夫しレビー小体型認知症患者の食を支える
信濃化学工業株式会社

------------------------------------
特別対談 あの震災から学ぶ食のリスク管理
------------------------------------
金田雅代(女子栄養大学 名誉教授)
西村一弘(駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科 教授/緑風荘病院 運営顧問)
------------------------------------
タフになる講座 管理栄養士のプライド
------------------------------------
Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 特別養護老人ホーム風かおる里・主任管理栄養士)

Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)

Pride.3 プレゼンテーション力を高める
真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)

Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)

Pride.5 時代の空気を読む
藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)

Pride.6 口のミカタを知る
松原麻梨子(社会福祉法人中川徳生会 市ヶ尾カリヨン病院 歯科口腔外科)
監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)

Pride.7 お世話するココロ
宮子あずさ(看護師・随筆家)
------------------------------------
その他注目記事!
------------------------------------
●ダイエットセラピー新・食に焦点
医療法人新都市医療研究会「君津」会 玄々堂君津病院(千葉県君津市)
エネルギー確保をめざす 透析食

●ヘルスケア・レストラン特別セミナーレポート
がん・摂食嚥下障害の栄養食事指導のノウハウを学ぶ

●Leader’s School Lesson
Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座
谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)
Lesson2 在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson3 適切な製品の選択とリスク管理の実践経腸栄養のエキスパートをめざそう
水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)
Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方~急性期から慢性期まで~
佐藤亮介(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 科長/川﨑医療福祉大学臨床栄養学科非常勤講師)

●SPECIAL REPORT
現場発! 明日から使える排便サポート
便秘対策と栄養管理

● Event report
北海道PEGサミットin 小樽

●今月の人〈Bright Youth〉
金井麻智(永生病院)

●栄養士海外レポート
高齢者の栄養ケアの可能性を求め いざっ、広東省東莞(Tongkun)へ
麻植有希子(ワタミ株式会社 健康長寿科学栄養研究所)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第35回〉
嚥下食・かぼちゃのなめらかハロウィンケーキ
ほか

------------------------------------
次 号 内 容 2016年11月号(2016年10月20日 発売)
------------------------------------
◆特集◆
安全でおいしい食事を家族とともに…
在宅を見据えた摂食嚥下障害の栄養指導

4月の診療報酬改定によって、摂食嚥下障害の方への栄養指導が算定可能となった。その指導にあたっては、患者の在宅での生活を見据えた内容を伝えることがポイントとなる。
本特集は、在宅を見据えたうえでの摂食嚥下障害の栄養指導のあり方について考えていく。
1,210円
◆特集◆どうすれば早くふさがるの? 創傷治癒につなげる栄養管理

褥瘡や術後の縫合部などの創傷治癒が長引くと、感染症のリスクが高まる
とともにベッド上での安静期間も延びてしまう。本特集では創傷治癒に必
要な栄養成分を活用しながら、良好なアウトカムを得られた症例をとおし
て、患者のQOL向上と施設経営に貢献する栄養管理のあり方を考察する。

解説  経腸栄養管理における褥瘡のリスクと予防・治癒につなぐ栄養管理
    水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)
提言  必要なのは多職種からの信頼 病棟で管理栄養士としての成果を出そう
    真壁 昇(関西電力株式会社関西電力病院 疾患栄養治療センター 
        栄養管理室 室長)
事例1 コラーゲンペプチドを用いた栄養管理で褥瘡患者の創傷治癒につなげる
    市立岸和田市民病院(大阪府岸和田市)
事例2 褥瘡ケアのその先にある高齢患者の長期療養を見据えた栄養ケア
    医療法人健和会 奈良東病院(奈良県天理市)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆栄養士応援企画◆ 準備万端?教えて! 学会”3K”お役立ちグッズ!!!

9月から学会ラッシュを前に学会へ行く準備をしている人も多いはず。
そこで、学会に持っていくと便利なものを、「学会と言えばこの人!」なお
二人をはじめ、計12人の方に聞きました。
学会を”快適・効率的・計画的(3K)”に乗り切りたい方必見です!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆タフになる講座◆ 管理栄養士のプライド

Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
    髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団
         特別養護老人ホーム風かおる里・主任管理栄養士)
Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
    永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)
Pride.3 プレゼンテーション力を高める
    真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)
Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
    林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)
Pride.5 時代の空気を読む
    藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)
Pride.6 口のミカタを知る
    竹内周平(竹内歯科診療所<葛西>・
         竹内歯科クリニック<飯田橋>副院長)
    監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系
          口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)
Pride.7 お世話するココロ
    宮子あずさ(看護師・随筆家)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
その他注目記事!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ダイエットセラピー 新・食に焦点
 社会福祉法人優心会 特別養護老人ホーム こうのとり(大阪市平野区)
 高齢者の喫食率を向上させる普通食

●今月の人〈Bright Youth〉
 川端 綾(バタフライヒル大森南)

●特別対談
 酵素入りゲル化剤の進化と展望
「介護食」から嚥下調整食へ スベラカーゼが食べる幸せを病院から在宅へ広げる

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第一〇一話「ゲームのモチベーション」

●Special Interview
 多くの加工食品に利用されているトレハロース
 病院・施設給食での可能性を探る

●SEMINAR REPORT
 オリゴペプチド製剤の超高齢者栄養介入における応用
 麻植有希子(ワタミ株式会社 健康長寿科学研究所)

●ヘルスケア・レストラン特別セミナーレポート
 がん・摂食嚥下障害の栄養食事指導のノウハウを学ぶ

●Leader’s School Lesson
 Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで臨床栄養管理の
      スキルアップ講座
      谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)
 Lesson2 在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
      岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
 Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方~急性期から慢性期まで~
      岡田有司(一般財団法人信貴山病院 ハートランドしぎさん/栄養部)

●栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第38回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)
 目で見てわかる「小袋法」で塩分の使用量を提示 
 摂取量の認識から食生活の改善につなげる

●TREND NEWS
 第1回全国介護福祉総合フェスティバルin大阪

●フードサービス最前線
 医療法人社団伊純会 介護老人保健施設スカイ(横浜市保土ヶ谷区)
 中鎖脂肪酸を使った栄養ケアで 高齢者の身体機能改善につなぐ

●世界の病院食・術後食〈第92回〉
 丸山道生(医療法人財団 緑秀会 田無病院 院長)
 伝統的な地中海型食を提供するクロアチアの大学病院を訪問

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
 宮坂光(練馬区社会福祉事業団 上石神井特別養護老人ホーム)

●病院・施設の栄養サポートおやつ[番外編]
 嚥下調整食・ハンバーグゼリー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
次 号 予 告2016年9月20日 発売
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆特集◆
どうすればいい? 認知症の栄養管理 ケアとの連携によるアプローチを考えよう

厚労省の推計によると、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるとされて
いる。現段階でも病院や施設の相当数の高齢者に認知症が認められており、栄養
管理を行なう際にその対応に苦慮することも少なくない。こうした患者に対し、
どうアプローチしていけばいいのだろうか?本特集では認知症高齢者に対して、
ケアやリハとの連携による栄養管理のアプローチ法を考察する。

◆特別対談◆
その時どう手を差し伸べればいいのか? 災害時における管理栄養士の役割
金田雅代氏(女子栄養大学栄養科学研究所 客員教授)
西村一弘氏(駒沢女子大学 教授)
1,210円
◆特集1◆
私たちだからできること 糖尿病患者の食事と薬を結ぶ

糖尿病治療のアプローチには、食事と運動、そして薬の3つの方法があります。
日々、糖尿病の食事療法にかかわる管理栄養士は少なくないでしょう。では、
その患者が受けている薬物療法について、どのくらい知っていますか?現在、
2型糖尿病患者の多くが治療のために薬を併用しています。薬物療法の知識が
あればもっと患者に寄り添った食事療法ができる。このことを、糖尿病治療に
長年携わる先生方に教えていただきます。

●概説 薬物療法は食事療法あってこそ 
    自信をもって指導できる管理栄養士になろう
    山田 悟(北里大学北里研究所病院 糖尿病センター センター長)

●実践 患者の服薬情報から 病態を読み取れるかどうかが鍵を握る
    西村一弘(駒沢女子大学 人間健康学部健康栄養科 教授)

●展望 糖尿病性腎症重症化予防と栄養食事指導
    ―今後望まれる管理栄養士の専門スキル―
    平井愛山(日本慢性疾患重症化予防学会 代表理事)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆特別鼎談◆
栄養食事指導が変わった今こそチャンス 嚥下調整食で在宅療養者への道を拓こう

今年4月の診療報酬改定で算定が可能となった摂食嚥下障害に対する栄養食事
指導。管理栄養士はこの変化をどうとらえ、どのような指導を実践していくべ
きだろうか?日本における摂食嚥下リハビリテーションの普及に尽力した藤島氏、
訪問診療で在宅の摂食嚥下障害患者の生活を支える菊谷氏、そして、嚥下調整食
の物性基準の策定に深くかかわってきた栢下氏に鼎談いただいた。

●参加者
 藤島一郎氏(浜松市リハビリテーション病院 院長)
 菊谷武氏(日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)
 栢下淳氏(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授)

 司会:ヘルスケア・レストラン編集部

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆タフになる講座 管理栄養士のプライド◆

Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
     髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 特別養護老人ホーム
          風かおる里・主任管理栄養士)
Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
     永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)
Pride.3 プレゼンテーション力を高める
     真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)
Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
     林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)
Pride.5 時代の空気を読む
     藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)
Pride.6 口のミカタを知る
     玉木一弘(医療法人幹人会 理事長)
     井上統温(医療法人幹人会菜の花クリニック 歯科室)
     監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系
            口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)
Pride.7 お世話するココロ
     宮子あずさ(看護師・随筆家)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
その他注目記事!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ダイエットセラピー 新・食に焦点
 社会医療法人博愛会 相良病院(鹿児島県鹿児島市)
 乳がんの化学療法患者に配慮した食事

●今月の人〈Bright Youth〉
 松尾歩(特別養護老人ホームみたけ 管理栄養士)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第一〇〇話「遠い昔の家族団らん」

●Leader’s School Lesson
 ▼Lesson1
  フィジカルアセスメントから画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座
  谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)
 ▼Lesson2
  在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
  岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
 ▼Lesson3
  適切な製品の選択とリスク管理の実践経腸栄養のエキスパートをめざそう
  水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)
 ▼Lesson4
  明日から実践できる症例の見極め方~急性期から慢性期まで~
  西岡心大(長崎リハビリテーション病院 法人本部口のリハ推進室/
       教育研修部/栄養管理室)

●栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第37回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)
 高齢でも頑張って血糖コントロール 基本は食事、そして毎日の運動!

●SPECIAL REPORT
 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー プレミアムセミナー
 現場発!明日から使える臨床栄養法

●フードサービス最前線
 近森リハビリテーション病院(高知県高知市)
 退院後の患者の生活を見据えた 新しい嚥下調整食の開発に挑戦する

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
 深浦さやか(医療法人CLSすがはら菅原病院)

●病院・施設の栄養サポートおやつ[番外編]
 嚥下調整食・鮭のレモン蒸しゼリー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
次 号 予 告 2016年8月20日 発売
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆特集1◆
どうすれば早くふさがるの? 創傷治癒につなげる栄養管理

褥瘡や術後の縫合部などの創傷治癒が長引くと、感染症のリスクが高まると
共にベッド上での安静期間も延びてしまう。本特集では創傷治癒に必要な
栄養成分を活用しながら、良好なアウトカムを得られた症例を通して、患者
QOL 向上と施設経営に貢献する栄養管理のあり方を考察する。

◆栄養士応援企画◆
準備万端? 教えて!学会“3K”お役立ちグッズ!!!

9月から褥瘡学会、日本栄養改善学会、日本栄養学教育学会など、多数の学会
が開催されます。そこで、学会に持って行くと便利なグッズをリサーチ! 
これからの学会シーズン、お役立ちグッズを活用して“快適に・効率的に・
計画的に(3K )”学会へ臨みましょう!
1,210円
◆特集1◆
感染症や下痢への対応は万全ですか? 栄養管理のリスクマネージャーをめざそう

複雑な病態を呈し、多剤服用している高齢者。腸内環境が乱れ、下痢などのリスク
が高いことが少なくない。 本特集はこうしたリスク管理へ対応するため、各施設
におけるリスク対策を紹介。 栄養管理のリスクマネージャーとして活躍できる
管理栄養士の道を考察していく。

●解説1 主として栄養管理にかかわる 医療関連感染の原因とその対策
     中澤 靖(東京慈恵医科大学附属病院 感染対策室長)
●解説2 経腸栄養の症例から下痢対策を考える
     石田順朗(医療法人社団七仁会 田園調布中央病院 総合診療科 副院長)
●解説3 薬剤や腸管浮腫などの下痢の原因を特定し、その低減につながる組成の
     濃厚流動食を選択する
     秋山好美(社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院 コメディカル部
          栄養室室長)
●事 例 経口摂取から経腸栄養管理まで多様な便秘と下痢に粉末の食物繊維で
     対応する
     医療法人社団永生会 永生病院
●Topics 医療界で広がる食品のもつ機能への注目 胃がんや胃炎の治療を
     サポートする乳酸菌の力とは

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆特集2◆
一歩先を読んで先手を打とう! 高齢者の脱水予防と栄養管理

急性期においては、適切な水分管理を行なわないと腹水や胸水を発症させ、患者
を重篤な状態へと陥らせてしまう。慢性期においても脱水の兆候を見落とすと、
食欲低下やそれに伴う低栄養のリスクを高めてしまう。本特集では、こうした
リスクを未然に防ぐためのポイントについて実践事例を紹介する。

●解説
 患者の身体状態を見極め 適切な水分管理につなぐ
 谷口英喜(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長/栄養部部長)
●病院における脱水症予防の取り組み 
 ハイポトニックの経口補水液で脳血管疾患のリスク低減を図る
 日本大学病院
●特養における脱水症予防の取り組み
 味に考慮しながら入所者へ水分と共にエネルギー摂取を促す
 特別養護老人ホーム 風かおる里
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆タフになる講座 管理栄養士のプライド◆

Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
     髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 特別養護老人ホーム
          風かおる里・主任管理栄養士)
Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
     永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)
Pride.3 プレゼンテーション力を高める
     真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)
Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
     林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)
Pride.5 時代の空気を読む
     藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)
Pride.6 口のミカタを知る
     飯田貴俊(神奈川歯科大学大学院 歯学研究科 講師)
     監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科老化制御学系
            口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)
Pride.7 お世話するココロ
     宮子あずさ(看護師・随筆家)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
その他注目記事!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●ダイエットセラピー 新・食に焦点
 社会福祉法人恩賜財団済生会支部群馬県済生会 群馬県済生会前橋病院
 (群馬県前橋市)
 真空調理を活かした 減塩食

●今月の人〈Bright Youth〉
 松田紀子(薬樹株式会社)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第九十九話「ブダペストのお寿司」

●緊急企画
 第30回管理栄養士国家試験から考える 管理栄養士の未来像
 問題意識をもって自ら考える 新たな管理栄養士の育成をめざす

●Leader’s School Lesson
 ▼Lesson1
  フィジカルアセスメントから画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座
  谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)
 ▼Lesson2
  在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
  岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
 ▼Lesson3
  適切な製品の選択とリスク管理の実践経腸栄養のエキスパートをめざそう
  水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)
 ▼Lesson4
  明日から実践できる症例の見極め方~急性期から慢性期まで~
  佐藤亮介(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部科長)

●栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第36回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)
 栄養指導で患者さんに教えられることも 話しやすい場づくりが大事です

●熊本地震レポート―2つの病院の事例を追う―
 そのとき、管理栄養士はどう行動したのか? そして何が求められたのか?

●フードサービス最前線
 徳島赤十字病院(徳島県小松島市)
 病院内に”くつろげる空間”をつくり 不安な心に癒やしを届ける

●Event report
 いろうレストラン・キッズ 摂食嚥下障害児に食べる楽しみを 
 専門スタッフによる食事の提供

●世界の病院食・術後食〈第91回〉
 丸山道生(医療法人財団 緑秀会 田無病院 院長)
 管理栄養士がいないというカザフスタンの栄養の担い手は?

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
 竹内智恵子(JA長野厚生連佐久総合病院 佐久医療センター)

●病院・施設の栄養サポートおやつ[番外編]
 嚥下調整食・中華粥ゼリー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
次 号 予 告 2016年7月20日 発売
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆特集◆
効果と副作用を理解していますか? 糖尿病患者の薬と食事を考えよう

インスリンの分泌の促進、糖分の吸収の遅延、インスリン抵抗性の改善、肝臓の
糖の産生の抑制、以上の4つからなる糖尿病治療薬。具体的にそれぞれの薬剤に
応じてどのような食事を提案すればいいのか、事例をもとに考える。

◆特別鼎談◆
栄養指導が変わった今こそチャンス 嚥下調整食で在宅療養者への道を拓こう

藤島一郎 氏(浜松市リハビリテーション病院 院長)
菊谷 武 氏(日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)
栢下 淳 氏(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授)
1,210円
◆診療報酬改定大特集◆
この大きな変化にどう対応していきますか? 
患者を守るコスト管理と栄養食事指導の新たな挑戦

栄養食事指導料の増額と算定要件の拡大、そして濃厚流動食の減額。
国の医療政策が医療・介護の連携へと舵を切ったなかで策定されたこの見直しは、
管理栄養士にとってかなりショッキングなものとなったのではないだろうか? 
この改定を乗り切るポイントは2つ。確実に栄養食事指導の結果を出すこと、
そして目先のコスト削減に走ることなく、患者の病態に最適な濃厚流動食を選択
することだ。 それは具体的にどういうことなのか? 臨床現場でのさまざまな
事例を通して考察する。

●Part.1 特別対談
 がん患者の栄養食事指導をどう進めますか?
 私たちに求められること、しなければならないこと

●Part.2 濃厚流動食減額への対応
 コストではなく患者ベネフィット優先で選ぼう
 濃厚流動食と入院時食事療養費の考え方

●Part.3 摂食嚥下障害患者への栄養食事指導
 病態を知り、食材の特性を活かしてサポートする
 食べたい思いを実現するスキルと知識を習得しよう

------------------------------------
◆タフになる講座 管理栄養士のプライド◆

Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア
髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団
             特別養護老人ホーム風かおる里・主任管理栄養士)

Pride.2 命に向き合う在宅医療物語
永井康徳(医療法人ゆうの森 理事長)

Pride.3 プレゼンテーション力を高める
真壁昇(関西電力病院 疾患栄養治療センター)

Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識
林宏行(日本大学薬学部薬物治療学研究室 教授)

Pride.5 時代の空気を読む
藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)

Pride.6 口のミカタを知る
長谷剛志(公立能登総合病院 歯科口腔外科 部長)
監修:戸原玄(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
         老化制御学系口腔老化制御学講座高齢者歯科学分野 准教授)

Pride.7 お世話するココロ
宮子あずさ(看護師・随筆家)

------------------------------------
その他注目記事!
------------------------------------
●ダイエットセラピー 新・食に焦点
社会福祉法人同胞互助会 特別養護老人ホーム愛全園(東京都昭島市)
咀嚼嚥下機能低下に配慮した 凍結含浸食

●実践!栄養管理講座 News【Vol.1】
患者を診られる、栄養管理計画を立てられる。
医師に提案できる なぜ栄養管理に統計学が必要なの?
齊藤大蔵(近森病院 臨床栄養部管理栄養士)

●Leader’s School Lesson
Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
                      臨床栄養管理のスキルアップ講座
谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)

Lesson2 在宅患者を支えて看取る栄養評価とマインドアセスメント
岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)

Lesson3 適切な製品の選択とリスク管理の実践経腸栄養のエキスパートをめざそう
水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)

Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方~急性期から慢性期まで~
岡田有司(日本静脈経腸栄養学会代議員)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
第九十八話「家庭菜園のある生活」

●栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第35回〉
患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士
簡単にできるちょっとした提案が 前向きな姿勢につながることがあります

●被災地へ寄せたメッセージ
田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)

●Seminar report
第12回 現場力アップのための栄養士セミナー
栄養アウトカムの必要性をテーマに 現場力のアップにつなぐセミナーを開催

●フードサービス最前線
名古屋ハートセンター(名古屋市東区)
院内の栄養指導を退院後も継続 循環器疾患患者の生活を支える

●今月の人〈Bright Youth〉
鈴木麻里恵(ニュートリー株式会社)

●栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
齋藤康郎(市立函館病院)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第34回〉
エネルギーアップ・フルーチェムースケーキ

------------------------------------
次 号 予 告 2016年6月20日 発売
------------------------------------
◆特集1◆
感染症や下痢への対策は万全ですか? 栄養管理のリスクマネージャーをめざそう

複雑な病態を呈し、多剤服用している高齢者。腸内環境が乱れ、下痢などのリスク
が高いことが少なくない。本特集はこうしたリスク管理へ対応するため、各施設に
おけるリスク対策を紹介。栄養管理のリスクマネージャーとして活躍できる管理栄
養士の道を考察していく。

◆特集2◆
一歩先を読んで先手を打とう! 高齢者の脱水予防で栄養管理

急性期においては、適切な水分管理を行わないと腹水や胸水を発症させ、患者を
重篤な状態へと陥らせてしまう。慢性期においても脱水の兆候を見逃してしまうと、
食欲低下やそれに伴う低栄養のリスクを高める。本特集では、こうしたリスクを
未然に防ぐためのポイントについて実践事例を紹介する。
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2016年5月号

●特集 この変化をチャンスにしよう 診療報酬改定と管理栄養士の新たな責務

2月10日、厚生労働省は2016年度診療報酬改定について、個別評価項目の詳細を発表した。
これによると、管理栄養士にかかわる項目としては、歯科医師と連携した栄養サポートチーム
に対する評価(+50 点)、栄養指導の対象疾患の拡大と技術料の増額、濃厚流動食の減額が
主な内容となる。
これらの改定は管理栄養士に何を求めているのだろうか?
この改定をチャンスに変えるための取り組みについて考察する。

● Part.1【ポイント】
  どう変わった? どう対応する?
  2016年度 診療報酬改定変更ポイント
● Part.2【特別対談】
  地域包括ケア推進強化を見据え 在宅を踏まえた指導を実践しよう
  中村育子(医療法人社団福寿会 福岡クリニック 在宅部栄養課 課長)
  原 純也(武蔵野赤十字病院 栄養課 課長)
● Part.3【特別インタビュー①】
  病態に合った製品で早期退院につなげることが 病院経営に栄養管理で貢献することになる
  森 貴久(湘南鎌倉総合病院 脳卒中センター長・脳卒中診療科部長)
● Part.4【特別インタビュー②】
  誤嚥性肺炎予防と食べられる口づくりに向け 歯科医師と管理栄養士が連携しよう
  菊谷 武(日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)

**************************************************

●栄養士応援企画 この春、見た目をステップアップしませんか? 好印象な人になるためのポイント

●特別レポート 栄養経営士がつくる 栄養分野の新たな未来

●タフになる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 口のミカタを知る 齋藤貴之(監修:戸原 玄)
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

~~その他注目の記事!~~

● ダイエットセラピー 新・食に焦点
  東京医科大学八王子医療センター(東京都八王子市)
  糖質量を3食均一化した エネルギーコントロール食

● 今月の人〈Bright Youth〉
  川名加織(がん研有明病院)

● Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
  第九十七話「 つれづれなる弁当」

● 栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第34回〉
  「どうしてできないのか?」ではなく
   「どうすればできるのか」を提案すること

● Convention Report
  嚥下調整食の物性評価の目安として
  リーズナブルで簡便な粘度計を活用する

● Leader’s School Lesson
  Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで 臨床栄養管理のスキルアップ講座
  谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)
  Lesson2 在宅患者を支えて看取る 栄養評価とマインドアセスメント
  岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
  Lesson3 適切な製品の選択とリスク管理の実践 経腸栄養のエキスパートをめざそう
  水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長)
  Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方 ~急性期から慢性期まで~
  西岡心大(長崎リハビリテーション病院 法人本部口のリハ推進室/教育研修部/栄養管理室)

● フードサービス最前線
  医療法人社団 永生会 介護老人保健施設 マイウェイ四谷(東京都新宿区)
  地元の寿司職人とスタッフの強い連携で実現した 食べる楽しみを高める寿司イベント

● Seminar report
  第25 回 栄養士のためのプライベートクッキングセミナー
  身体能力と生活背景を考慮し 在宅でのおいしい食事提供をめざす

● 世界の病院食・術後食〈第90回〉
  バルセロナの管理栄養士は 肥満手術後の管理に大活躍

● 栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉
  正木直子(特別養護老人ホームマザアス日野)

● 病院・施設の栄養サポートおやつ〈第33回〉
  食物繊維・コーラフロート風



-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2016年5月20日発売

◆特集 コストではなく患者ベネフィット優先で選ぼう 濃厚流動食と入院時食事療養費の考え方

今回の診療報酬改定で減額となった濃厚流動食による栄養管理。減収となった分のコスト管理に
悩む病院もあるかもしれない。しかし、目先のコストだけで濃厚流動食を選ぶことは、合併症の
リスクにつながり、結果として施設経営にとってマイナスの結果となりかねない。
本特集は濃厚流動食の適切な選択によって経腸栄養が奏功した事例をとおし、患者の利益を優先
した製品選択の意義について考察する。

◆緊急企画 今のやり方で通用する?食べられない患者への栄養指導を実践しよう

摂食嚥下障害患者への栄養指導が今年度から算定できるようになった。
しかし、具体的に何を評価してどう指導すればいいのだろうか? 臨床現場で摂食嚥下障害者への
サポートを実践する医療者の取り組みをとおして考える。
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2016年4月号

●特集 何となくルーチンで回していませんか? 結果を出せる栄養管理をめざそう

●速報 2016年度診療報酬改定で押さえておきたい 栄養分野の「ここ」が変わる!

●栄養士応援企画 あのピンチがあったから今がある 先輩管理栄養士の失敗談

~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 埼玉医科大学病院(埼玉県入間郡) 肝性脳症時の たんぱく質調整食

●今月の人 〈Bright Youth〉 三山綾霞(鶴巻温泉病院)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十六話「食事の値段」

●SPECIAL REPORT ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー プレミアムセミナー 現場発! 明日から使える経腸栄養法

●タフになる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 口のミカタを知る 寺本浩平(監修:戸原 玄)
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●【新企画】Leader’s School Lesson
 Lesson1 フィジカルアセスメントから画像診断まで 臨床栄養管理のスキルアップ講座
      谷口英喜(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授)

 Lesson2 在宅患者を支えて看取る 栄養評価とマインドアセスメント
      岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)

 Lesson3 適切な製品の選択とリスク管理の実践 経腸栄養のエキスパートをめざそう
      水野英彰(医療法人社団悦伝会 目白第二病院 副院長) 
 
 Lesson4 明日から実践できる症例の見極め方 ~急性期から慢性期まで~
      佐藤亮介(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部科長)

●Convention Report 第19回 日本病態栄養学会年次学術集会 口から食べられなくなった時の栄養管理

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第33回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 集団栄養指導編 その③ 
 大きめに切った野菜のサラダから食べ よく噛んで満腹感を覚えてもらうメニューを提案

●受賞報告 弊社 林 諄社長 東久邇宮国際文化褒賞を受賞!!
      受賞と創業35 周年に感謝の意を表し、さらなる飛躍を誓う

●フードサービス最前線 多摩丘陵病院(東京都町田市) 地域一体型の栄養管理体制構築をめざし 栄養科が踏み出す大きな一歩

●【新企画】栄養経営士ストーリー〈NME STORY〉 阿部咲子(介護老人保健施設スカイ)  

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第32回〉エネルギーアップ・ココナッツなにんじんカップケーキ

-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2016年4月20日発売

◆特集 この変化を追い風にしよう 診療報酬改定と栄養管理の新たな挑戦

今年度の診療報酬改定の内容が発表された。栄養指導の点数が上がり、算定要件が広がった一方、
濃厚流動食の食費が減額になるなど、管理栄養士業務に大きく影響する内容となった。
この変化をどうとらえ、追い風にしていけばいいのか? 臨床現場の第一線で活躍する医療者らに聞く。

◆栄養士応援企画 自己流は卒業しよう 好印象を与える「見た目」のつくり方

第一印象は10秒で決まると言われるほど大事な「見た目」。
しかしこれを誰かに教わる機会は意外と少ない。結局「何となく」で済ませてしまいがちではないだろうか?
本企画では、服装、メイク、表情の3 つのポイントについて、それぞれに詳しい立場の方に聞いたアドバイスを伝授する。
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2016年3月号

●特集 術後患者のどこを診る? 何をどう選ぶ? 経腸栄養のプランとリスク管理

●緊急企画 栄養経営士合格者のメッセージ

●栄養士応援企画 3.11から5年 非常事態における栄養士のあり方

~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院(埼玉県上尾市)
摂食不良患者のための パワー食

●今月の人 〈Bright Youth〉 遠藤百恵(埼玉石心会病院)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十五話「自炊の寂しい自由」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第32回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 集団栄養指導編 その② 
 飲み物の糖分を可視化する 実際に見えると意識も変わってきます

●Seminar Report
・第24回 栄養士のためのプライベートクッキングセミナー
 高齢者の生活環境も踏まえ 在宅への第一歩を後押しする

●タフになる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 高橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●給食マネジメントレポートvol.2
 病院と給食受託会社双方のいいとこ取りで治療効果向上を促す食事療法を追求

●栄養士実践レポート隊員報告〈第7回〉
「誤嚥を防ぎ、健やかな食生活を」 ~「食」と「命」を結ぶ管理栄養士をめざす学生が今考えること~

●Convention report
 第3回日本静脈経腸栄養学会 関東甲信越支部学術集会
 変わりゆく“栄養”のあり方を探り より実践的な知見を広げよう

●フードサービス最前線
 社会医療法人 札幌清田病院(札幌市清田区)
「いつまでも食べる楽しさを」その一念で総力をあげて病態別オーダー食に取り組む

●世界の病院食・術後食〈第89回〉 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)
 カザフスタンの病院で感じた 栄養管理への注目度の高さ

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈最終回〉 吉永真由美(コピーライター)
 おせちづくりに思うコト。手をかけるよろこびとは?

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第31回〉レクリエーション・桜餅

-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2016年3月20日発売

◆特集 何となくルーチンで回していませんか? 結果を出せる栄養管理をめざそう

診療報酬の今次改定によって、広がる管理栄養士の役割。この機会に日々の栄養管理の内容を見直してみよう。
栄養アセスメントやモニタリングなど、何となくルーチンで回している業務を見直すことで、結果につなげた事例を紹介する。

◆栄養士応援企画 あのピンチがあったから今がある 先輩管理栄養士の失敗談

あの時のあの失敗があったからこそ、今がある。そうは思うものの、やはり後輩には失敗してはほしくないもの。
先輩管理栄養士の失敗談から、同じ過ちを繰り返さないためのヒントをつかんでもらう。
1,210円
●新春特別対談 
 今、求められる経口摂取へのチームアプローチ NSTにおける歯科医との連携を図ろう

●特集
 何ができるのか? 何をなすべきなのか? 緩和ケアにおける管理栄養士の役割

●栄養部門改善企画
 事務負担を軽減し、ベッドサイドに出る時間が確保できる栄養管理ソフトガイドブック

~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 公益財団法人がん研究会 がん研有明病院(東京都江東区)
 術後の低栄養に配慮した 嚥下調整食

●今月の人 〈Bright Youth〉 樋口麻貴(横浜旭中央総合病院)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十四話「最期のパン」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第31回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 集団栄養指導編 その①
 まずは食べ方の基本や目標を決めて2カ月みんなで頑張ってみよう

●タフになる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 高橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●Seminar Report
・MEDプレゼン2015
・第10 回食介護研究会学術大会
・第5回栄養士が未来を切り拓くIN東京

●リレーエッセイ・管理栄養士の人間劇場〈第40回〉私を変えたあの瞬間
 吉田和子(特別養護老人ホーム 荏原ホーム)

●フードサービス最前線
 社会福祉法人 豊島区社会福祉事業団 風かおる里(東京都豊島区)
 多職種のミールラウンドをとおして幸せにつながる栄養ケアを提供する

●第2回 やさしい素材レシピコンテスト 受賞作品発表

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈第61回〉 吉永真由美(コピーライター)
 旅先での忘れられない出会い。年賀状づくりに悶々! 

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第30回〉カルシウム補給・豆腐ココアプリン


-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2016年1月20日発売

◆特集 術後患者のどこを診る? 何をどう選ぶ?

ERASの普及によって術後早期の経腸栄養の意義が広まっている今、静脈栄養から経腸栄養への移行プランニングも管理栄養士に任されるようになっている。
しかし、経腸栄養のプランニングにおいて、患者のどこをどう診て、どんな濃厚流動食を選べばいいのか? 本特集は事例をとおしてそのポイントを紹介していく。


◆特集2 3.11から5年 あの時・あれから「栄養」の現場はどう動いたか
2011年3月11日の東日本大震災から3月で5年を迎える。
東日本大震災をはじめてとして、過去の災害を教訓として全国の管理栄養士・栄養士が取り組む災害時の対策をレポートする。
1,210円
●特集 施設内での取り組みで終わっていませんか? 再入院させない 地域連携の肺炎予防

●栄養部門改善企画 オーダーメイドの栄養管理をサポートする 厨房機器の活用事例集

~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 社会福祉法人淳風福祉会(岡山市南区)
 多職種で「口から食べる」を支える なめらか食

●今月の人 〈Bright Youth〉 後藤ちはる(緑風荘病院)

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十三話「 人を呼び込む魅力」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第30回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 推定塩分摂取量が違っているのはなぜ?

●Event Report 第7回 マルタマフーズグループ 献立・調理コンテスト

●リレーエッセイ・管理栄養士の人間劇場〈第39回〉私を変えたあの瞬間
 麥田圭子(特別養護老人ホームさんじゅ久我山)

● タフになる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 高橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●Seminar Report 第6回 摂食・嚥下リハビリテーションと栄養ケアセミナー

●フードサービス最前線
 NTT東日本関東病院(東京都品川区)
 臨床栄養管理とフードサービスを車の両輪として早期退院へと走らせる

●Convention Report 第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会ランチョンセミナー1
 高齢者のための嚥下内視鏡検査 Hyodo-komagane Scoreの評価基準

●世界の病院食・術後食〈第88回〉丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)
台南の国立大学病院では胃術後食はとっても多い8段階

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈第60回〉 吉永真由美(コピーライター)
 今宵は、パテの気分! 待ちに待った椎茸に小躍り。 

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第29回〉嚥下・抹茶寒天


-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2016年1月20日発売

◆新春 特別対談 今、求められる経口摂取へのチームアプローチ NSTにおける歯科との連携を図ろう

2015年11月の中医協にて、NSTにおいて歯科医との連携が図られたケースについて診療報酬で評価することが検討された。なぜ歯科医との連携が必要となるのか?
日本のNST普及に貢献した宮澤先生、在宅を中心として口腔リハビリテーションを実践されている歯科医師の戸原玄先生にご対談いただく。


◆特集 何ができるのか? 何をすべきなのか? 緩和ケアにおける管理栄養士の役割
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2015年12月号

●特集 ガイドライン改訂で今、問われる 「褥瘡栄養学」における管理栄養士の使命

第17回日本褥瘡学会学術集会で発表された褥瘡予防・管理ガイドラインの変更にともない、新たに「褥瘡栄養学」が誕生した。
褥瘡治癒において、管理栄養士に問われる責務は重大ではあるが、逆境に立たされる管理栄養士にとって「褥瘡栄養学」は追い風になるのではないだろうか?
臨床現場での取り組みをとおし、管理栄養士の使命について考える。

●栄養部門改善企画 ピンチはチャンス、インシデント発生原因の特定を急げ!
          安全な食事提供のためのリスクマネジメント

●緊急企画第3弾 「栄養経営士」資格認定試験直前対策


~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 東京慈恵会医科大学附属病院(東京都港区)
 糖質摂取の量と質を考慮した 糖尿病食

●今月の人〈Bright Youth 〉 立石智子(株式会社ファンデリー)

●タフ になる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十二話「 近くにレストランがある意味」

●山下塾 開塾3周年記念特別企画
 総合的な人間力が学べる“人材”育成塾 地域のリーダーを担える管理栄養士を輩出する

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第29回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 食事療法継続のポイントは最初の1カ月でしっかり結果を出すことです
 
●2015年秋 学会レポート総集編
 知識を吸収し、人脈を広げる

●フードサービス最前線
 医療法人社団KNI 北原国際病院(東京都八王子市)
 退院後の生活を見据えて経口摂取の可能性を模索 シームレスな取り組みへの第一歩を踏み出す

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈第59回〉 吉永真由美(コピーライター)
 食器を巡る小さな葛藤とは? ピカピカの新米に舌鼓! 

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第28回〉喫食率アップ


-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2015年12月20日発売

◆特集 施設内での取り組みで終わっていませんか? 再入院させない地域連携の肺炎予防

「病院から在宅へ」という流れがあるなか、管理栄養士に対する地域連携への参画が求められているが、その取り組みは施設内にとどまってしまっているのが現状だ。
今号では、高齢者が引き起こしやすい誤嚥性肺炎に着目し、地域でどのように管理栄養士が活動しているのか、または栄養の分野でどのようにかかわることができるのか、その模様を紹介する。

◆栄養部門改善企画 オーダーメイドの栄養管理をサポートする厨房機器の最新事情
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2015年11月号

●特集 無理なく継続できる食事療法につなぐ血糖コントロールのための糖尿病食の工夫

糖尿病の治療において成功の鍵となるのは、血糖コントロールを良好に図ること。
そのためには、対象患者の疾病のタイプや合併症の有無など、病態を総合的にとらえ、
生活背景や食習慣を把握したうえで、無理のないプランを提案することが重要となる。
本特集は、その提案につながる糖尿病食の工夫の数々について現場の取り組みを紹介する。

●栄養部門改善企画 自分だけで物性を理解して満足していませんか?食形態の調整基準を院内・施設内で統一しよう

●緊急企画第2弾 「栄養経営士」資格認定試験予想問題


~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 海老名総合病院(神奈川県海老名市)
 病棟と厨房の連携が支える 嚥下調整食

●今月の人〈Bright Youth 〉 松本真穂(特別養護老人ホーム 悠久園)

●特別対談 食べる機能獲得に向けた食形態を考える
      飲む(嚥下)から食べる(咀嚼嚥下)へ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十話「健康によい食事の回数」

●Convention Report
 第17回日本褥瘡学会学術集会ランチョンセミナーより
 科学的根拠に基づく褥瘡治療の栄養療法


●タフ になる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●Seminar Report
 Oral Nutrition Supplementsシンポジウム【教育セミナー】
 超高齢化時代における経管栄養の新潮流
 ~コラーゲンペプチドに注目した経腸栄養管理法

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第28回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 コンビニ中心の食生活を否定しない選び方のアドバイスが大事です

●ヘルスケア・レストラン特別セミナーレポート
 高齢者の早期退院に向けた「栄養経営」の実践
 急性期から回復期リハにかけての栄養サポートとマネジメント

●中国探訪記2
 中国医学の知恵が活かされた羊肉料理を老舗で食す
 日色雄一(鍼灸師・医学博士/傳統醫學研究所 日色鍼灸院院長)

●フードサービス最前線
 介護老人保健施設しょうわ(埼玉県春日部市)
 食べるリスク、歩くリスクを避けることなくその人らしい人生を生涯にわたってサポートする

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈第58回〉 吉永真由美(コピーライター)
 御朱印を求めて日光へ。カスタード月餅に舌鼓。 

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第27回〉食物繊維


-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2015年12月号

◆特集1 ガイドライン改訂で今、問われる
     「褥瘡栄養学」における管理栄養士の使命

第17回日本褥瘡学会学術集会で発表された褥瘡予防・管理ガイドラインの変更に伴い、新たに「褥瘡栄養学」が誕生した。
褥瘡治癒において、管理栄養士に問われる責務は重大ではあるが、逆境に立たされる管理栄養士にとって「褥瘡栄養学」は追い風に
なるのではないだろうか? 臨床現場での取り組みをとおし、管理栄養士の使命について考える。

◆栄養部門改善企画 ピンチはチャンス、インシデント発生原因の特定を急げ!
          安全な食事提供のためのリスクマネジメント
1,210円
ヘルスケア・レストラン 2015年 10月号

●特集1 見ているだけではなく診ていますか? 高齢者の幸せのための栄養プランをつくる

検査値を見て、ハリス・ベネディグトの計算式で必要エネルギー量を推算し、栄養管理計画を立てる。
決して間違っている方法ではないが、そこで見ているのは数字であり、患者の姿ではない。
その計画に食べられない理由や退院後の生活といった、患者が幸せになるためのプランが盛り込まれているのか、検証したことはあるのだろうか。
本特集では急性期、慢性期、老健などの実際の事例を通して、各ステージごとに求められる高齢者の栄養管理計画のポイントを挙げていく。


●特集2 栄養管理のプライオリティをどう組み立てる? 複雑な病態の腎臓病患者への介入


●緊急企画 栄養経営士認定試験予想問題


~~その他注目の記事!~~

●ダイエットセラピー 新・食に焦点 南大和病院(神奈川県大和市)
 オーダーメイドの 上部消化管術後食

●今月の人〈Bright Youth 〉 犬島麻衣(練馬光が丘病院)

●タフ になる講座 管理栄養士のプライド
 Pride.1 「食べる」をあきらめない特養でのケア 髙橋樹世
 Pride.2 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
 Pride.3 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
 Pride.4 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
 Pride.5 時代の空気を読む 藤井将志
 Pride.6 農業をみんなで元気に! 脇坂真吏
 Pride.7 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう 第九十話「健康によい食事の回数」

●『国民の栄養白書 2015-2016年版』特別対談

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第27回〉田村佳奈美
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 カルシウムや鉄分が豊富な佃煮って身体にいいと思っていました

●Seminar Report
 Oral Nutrition Supplementsシンポジウム【教育セミナー】
 食べる力をマネジメントする―咀嚼嚥下の基礎と応用―

●特別寄稿 在宅におけるONSの意義と飽きのこないレシピの提案
      ~経腸栄養剤と味のバリエーションの工夫~
      田村佳奈美(かとう内科クリニック 管理栄養士)

●キッチンインタビュー 一緒につくろう!
 冷凍食品を上手に使って在宅高齢者の豊かな食生活をサポートする
 中村育子氏(医療法人社団福寿会福岡クリニック在宅部栄養課課長)

●私の日々を、つくるもと。エブリディ・スマイル〈第57回〉 吉永真由美(コピーライター)
 朝どりの茶豆と小なすに小躍り! 珠玉の一冊と出会う。

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第25回〉 たんぱく質強化


-----------------------------------------------------------

【次号予告】 ヘルスケア・レストラン 2015年11月号

◆特集1 無理なく継続できる食事療法につなぐ
     血糖コントロールのための糖尿病食の工夫

糖尿病の治療において鍵となるのは、血糖コントロールを図ること。
そのためには、対象患者の病態を見極めたうえで、食習慣をしっかりと把握し、無理のないプランを提案することである。
本特集は、その提案につながる糖尿病食の工夫を考察する。

◆栄養士応援企画 自分だけで物性を理解して満足していませんか?
     食形態の調整基準を院内・施設内で統一しよう
おすすめの購読プラン

ヘルスケア・レストランの内容

  • 出版社:日本医療企画
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
日本で初めてヘルスケア分野の栄養と食事サービスに鋭く切り込んだ、管理栄養士・栄養士必読の情報誌
病院・福祉施設などの栄養ケアの向上に役立つ1冊として、保健・医療・福祉分野の栄養ケアに鋭く切り込んでいきます。食事で病気を予防し、治療効果をあげることの必要性が認識されてきている今、それらに対応する能力を身に付けるための情報を、多方面から満載した読者参加型実践マガジンです。

ヘルスケア・レストランの無料サンプル

2017年09月20日発売号
2017年09月20日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ヘルスケア・レストランの目次配信サービス

ヘルスケア・レストラン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ヘルスケア・レストランの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.