I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

ヘルスケア・レストラン 発売日・バックナンバー

全246件中 46 〜 60 件を表示
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年9月号(2020年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
新たな距離感でつながろう
患者を支える私たちの挑戦

いったんは収束を見せたかのようだった新型コロナウイルス感染症の流行だが、それもつかの間、全国規模で拡大に転じている(7月末現在)。
感染症である以上、人から人への感染を防ぐために他者との「距離」を常に保ちながら、すべての社会活動を行わなければならない世の中となった。
これまで、患者を支えるために厨房からベッドサイドへと出ていき、患者との「距離」を縮めてきた管理栄養士たちだが、これからは新たな「距離」のとり方に則りながらこれまでと同じサポートを続けることが求められる。
4月の診療報酬改定では、栄養介入の重要性が髄所で示されたが、その流れを止めないことも重要だ。そこで本特集では、“新たな距離感”をキーワードに、これからの栄養管理について考える。

[CONTENTS]

〈提言〉
対人業務を担うという本質を胸に
連携を軸とした栄養介入を進めていこう
西村一弘 さん(駒沢女子大学 人間健康学部 健康栄養学科 教授/社会福祉法人緑風会 緑風荘病院 栄養室 運営顧問/東京都栄養士会 会長)

〈Report 1〉入退院支援の取り組み
入院前から退院後まできめ細かく
1人を地域で支える栄養管理の軸を構築
公益財団法人東京都保健医療公社 多摩北部医療センター

〈TOPIC〉
地域での役割の強化をめざす
栄養ケア・ステーションの取り組み
公益社団法人 東京都栄養士会

〈Report 2〉遠隔栄養指導の取り組み
電子通信機器を用いて
患者ニーズに応える栄養指導を実施
社会福祉法人 緑風会 緑風荘病院

-------------------------------------------------------------
●Voice
 他者を守り、自分を守る 抱え込まず、支え合おう
 熊谷直子(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 管理栄養士)

●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 嚥下調整食3 ゼリー
 国保野上厚生総合病院(和歌山県海草郡)

●今月の人〈Bright Youth〉
 山口貴士(株式会社フードケア メディカルフード営業部 マーケティング企画課 お客様相談窓口/管理栄養士)

●栄養管理実践レポート
 社会福祉法人練馬区社会福祉事業団 田柄特別養護老人ホーム(東京都練馬区)

●世界の病院食・術後食〈第116回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈番外編〉
 エネルギーアップ ヨーグルトシャーベット

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     佐保洸太(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 栄養科 NST専門療法士/栄養経営士)

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十九話「コロナ時代の食事」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第86回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年10月号(2020年9月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
栄養障害の慢性化の危機
“巣ごもり症候群”への対策を急げ

新型コロナウイルス感染症の流行による外出の自粛は高齢者のADLの低下を引き起こしている。国立長寿医療研究センターが5月に発表した調査結果では、感染拡大前後で高齢者の1週間当たりの身体活動時間が約60分減少したと報告している。“巣ごもり”が感染対策として奨励されるなかで、その副作用が懸念される。すなわち、ADLの低下や喫食量の低下による栄養障害の慢性化が慢性疾患の悪化や急性疾患につながりかねない。本特集では自粛による“巣ごもり症候群”に対する栄養管理をテーマに考える。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年8月号(2020年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
これからの生活様式が求める
栄養管理の新たな切り口

緊急事態宣言が解除となり、新型コロナウイルス感染症の流行は第一波が過ぎたように見えるが、引き続き、新たな生活様式への適応が強く求められている。同様に栄養管理のあり方も、新しい手法で行わなければならない部分もあれば、変わらずに実施していくべき部分もあるだろう。
病院、介護保険施設、在宅の場でこれから求められる管理栄養士の活躍の形を考える。

[CONTENTS]

〈提言〉
中小病院の統合・合併で変わる
アフターコロナの栄養管理のあり方
中村育子 さん(医療法人社団福寿会 慈英会病院 在宅部栄養課 課長)

〈ICUでの取り組み①〉
ICUへの管理栄養士の配置は必須
重症患者の激しい病態の変化に細かく対応する
西條 豪 さん(独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院 栄養管理部)

〈ICUでの取り組み②〉
ICUの多職種チームの一員として
管理栄養士の役割を全うする
大川李絵 さん(横浜市立みなと赤十字病院 栄養課)

〈特養での取り組み①〉
これまでの応用と新しい機器の導入で
非常時でもいつもどおり経口維持に取り組む!
髙橋樹世 さん(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 特別養護老人ホーム風かおる里 管理栄養士)

〈特養での取り組み②〉
面会制限という非常時の対応のなか
利用者・家族の不安を取り除くケアを維持
三田唯花 さん(社会福祉法人天寿園会 特別養護老人ホーム椿 管理栄養士)

-------------------------------------------------------------
●Voice
 まずは自分が元気のお手元に。大丈夫。笑顔で一歩踏み出そう!
 松永裕美子(IMSグループ 医療法人財団明理会 鶴川サナトリウム病院 栄養科 係長)

●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 キザミ食
 医療法人社団ちとせ会 熱海ちとせ病院(静岡県熱海市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 川瀬 優生奈(株式会社リエイ 本社営業部 ライフサービス1課 主任/管理栄養士)

●栄養管理実践レポート
 医療法人 名古屋澄心会 名古屋ハートセンター(名古屋市東区)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈番外編〉
 エネルギーアップ エプリッチアイス

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     齊藤大蔵(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十八話「鎖国の国の小旅行」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第85回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年9月号(2020年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
“ポストコロナ”で求められる
経営に貢献できる栄養部門

新型コロナウイルスの影響により病院や介護事業所では収入が軒並み減少している。栄養部門でも経費削減などが今後、求められる可能性は低くない。そのため、しっかりと経営に貢献できることを示すことがポストコロナにおいて一層、重要となるといえる。今年度は診療報酬改定があり、来年度は介護報酬改定が控えている。新型コロナウイルスの影響がありながらも算定を実現しているケースから、貢献できる栄養部門の取り組みについて考えていく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年7月号(2020年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
私たちの明日をつくる
閉鎖状況下での栄養ケアの模索

新型コロナウイルス感染症の影響で、栄養部門においても大小さまざまな対応に追われている。
これまでに経験のない事態となっており、「管理栄養士に何ができるのか?」という悩みのなかで業務を行っている読者も多いことだろう。
第一波が過ぎたとはいえ、引き続き対策が求められていくことは間違いない。
緊急事態宣言が出された4~5月にかけて、現場の管理栄養士はどう動いたのか?
3人の管理栄養士の取り組みから見えてきたのは、今まで果たしてきた職務をどうにか維持するために模索するということだ。

[CONTENTS]

〈取り組み①〉
患者の不安をフォローできるよう
病棟での観察に力を注ぐ
河野好江 さん(医療法人社団 湘南シルバーサポート 湘南長寿園病院 栄養室 室長)

〈取り組み②〉
経口維持の取り組みを途切れさせない!
オンラインの訪問歯科診療で加算を算定
大久保陽子 さん(社会福祉法人北野会 特別養護老人ホームマイライフ徳丸 主任管理栄養士)

〈取り組み③〉
介護系サービスの縮小・停止で
食事の不安を抱える地域住民に対し配食サービスを開始!
橋本ちひろ さん(社会医療法人 三宝会/社会福祉法人 健成会 法人本部 管理栄養士)

〈給食会社の対応①〉
危機管理マニュアルを策定し非常時に対応
事務室内の感染拡大を防ぐため距離への理解を求める
富士産業株式会社 危機管理本部

〈給食会社の対応②〉
院外調理システム導入による厨房業務効率化
感染リスク管理と栄養管理の両立をめざす
クックパック®

-------------------------------------------------------------
●Voice
 私たちの努力や対策は、今後、さまざまな形で実を結んでいくはずです
 髙橋樹世(社会福祉法人豊島区社会福祉事業団 特別養護老人ホーム風かおる里 管理栄養士)

●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 ムース食
 社会福祉法人 妙心福祉会 特別養護老人ホームブナの里(新潟県妙高市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 岡野さくら(薬樹株式会社)

●栄養管理実践レポート
 東京都リハビリテーション病院(東京都墨田区)

●世界の病院食・術後食〈第115回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第79回〉
 低エネルギー キウイフローズンヨーグルト

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     宮島 功(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長代理/医学博士/栄養経営士)

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十七話「バーベキューの時代」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第84回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年8月号(2020年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
ポストコロナを見据えて
今こそ栄養の存在意義を示そう

新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから数カ月。5月末に緊急事態宣言は解除されたが、ウイルスとの闘いは長期戦が見込まれている。さまざまな生活様式の見直しの必要が叫ばれるなか、むろん、管理栄養士の業務のあり方も、新型コロナウイルス感染症などの未知の感染症を考慮した形にしていかざるを得ない。コロナをきっかけに新しい手法を取り入れている事例を参考に、ポストコロナの栄養管理を考える。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年6月号(2020年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
食べられない苦悩にどう寄り添うか?
希望につなぐ食欲不振への対応

患者の大半を高齢者が占めるなか、栄養管理における悩ましい問題の1つは、食欲不振であるといえる。
食欲不振により摂取エネルギー量が不足すれば、当然ながら体重減少が生じてしまう。
そのため、食欲不振を長引かせないことが治療や患者のQOLおよびADL維持・向上させるうえで重要となってくる。
そこで本特集では、食欲不振の原因について、身体内における食欲不振のメカニズムをはじめ、薬剤の影響について解説し、急性期、回復期における食欲不振の特性と対応例について紹介する。

[CONTENTS]

〈解 説 1〉
食欲低下のメカニズム
食欲不振の原因と対応
吉田貞夫 先生(ちゅうざん病院 副院長・金城大学 客員教授)

〈解 説 2〉
症状別の副作用から考える
薬剤による食欲不振とその対応
林 宏行 先生(日本大学 薬学部 薬物治療学研究室)

〈Case 1 急性期〉
予後の増悪につながる骨格筋量の減少
食欲は重要なリスク回避の評価指標となる
齊藤大蔵 さん(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

〈Case 2 回復期〉
食欲不振のベースにあるのは
入院生活における環境への不満や不安
木村麻美子 さん 藤川亜沙美 さん(社会福祉法人日本医療伝道会 総合病院 衣笠病院 医療技術部 栄養科)

-------------------------------------------------------------
◆緊急企画◆ ヘルスケア・レストラン読者100人アンケート
今、私たちができること、すべきこと――
新型コロナウイルス感染対策と管理栄養士業務

-------------------------------------------------------------
●Voice
 “給食を止めない”―― 栄養士の使命=安全な食事を提供し続けること
 秋山好美(社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院 栄養部 部長)

●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 軟菜食
 医療法人 暁美会 田中病院(堺市美原区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 長迫 凪

●栄養管理実践レポート
 一般社団法人 巨樹の会
 松戸リハビリテーション病院(千葉県松戸市)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第78回〉
 低エネルギー ジャスミン茶ゼリー

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     佐保洸太(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 栄養科 NST専門療法士/栄養経営士)

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十六話「いつかまたあのレストランで…」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第83回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年7月号(2020年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
コロナで業務はどう変わる?
私たちが今できることを探る

新型コロナウイルス感染症の影響で、栄養部門においても大小さまざまな対応に追われている。これまで経験のない事態で、相談する場も限られるなか、対策をどう立てるか悩む読者が多いことが予想される。
そこで、4月に実施した緊急アンケートの結果を掘り下げるべく、対策に動いている施設の例を紹介する。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年5月号(2020年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
第一歩を踏み出すチャンス
「早期栄養介入」を実践しよう!

4月の診療報酬改定において、特定集中治療室(ICU)での栄養管理を評価するものとして、「早期栄養介入管理加算」400点/日(7日を限度)が新設された。
算定のための施設基準を満たすハードルは低くはないが、今後、管理栄養士の配置加算を他の病棟へも広げていくことを視野にするならば、この加算新設を好機ととらえ、ICUのチーム医療に管理栄養士が参画していくことを、めざしていくべきだ。
本特集では、ICUでの早期栄養介入の実施を担う管理栄養士の役割を考えていく。

[CONTENTS]

〈解 説〉
ドクターが答えます!
ICUでの早期栄養介入のポイント
丸山道生 氏(医療法人財団 緑秀会 田無病院 院長)

早期栄養介入〈特別鼎談〉
超急性期の重症患者の治療に貢献
再入室させないための栄養管理を実践しよう
日本赤十字社医療センター
山邊志都子さん×青山道子さん×石川史明さん

〈体制構築の取り組み〉
算定のための課題を洗い出し
戦略的に体制を整えていこう
秋山好美 氏(社会医療法人財団 石心会 埼玉石心会病院 栄養部 部長)

〈実践例 ~たんぱく質活用の取り組み~〉
早期経腸栄養にプラス!
たんぱく質の喪失をパウダーで補う
地方独立行政法人 神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 エネルギーコントロール食
 東邦大学医療センター 大橋病院(東京都目黒区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 町田千鶴(株式会社フォーラル/のぞみ薬局)

●フードサービス最前線
 医療法人社団心和会
 新八千代病院(千葉県八千代市)

●世界の病院食・術後食〈第114回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第77回〉
 低糖質 バナナとアーモンドのカップケーキ

●Convention Report
 なぜ今、少量高カロリー・低糖質高脂肪栄養補助食品が必要とされるのか?
 ~注目される脂質の有用性~

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     齊藤大蔵(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

●TREND REPORT vol.2 特別座談会
 安全かつ調理負担の少ない市販の嚥下調整食品を活用
 多職種の多角的視点で在宅での食支援につなぐ

●Special Report
 食事によって「多剤投与」の課題解決をめざす
 長期療養型病院での米ヌカパウダーの活用

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●ZOOM UP 「納豆嫌い」な関西で需要が右肩上がり
 病院食に導入事例も増加
 高品質な納豆の生産のヒミツを教えます

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十五話「食料の備蓄」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第82回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年6月号(2020年5月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
食べられない原因はどこだ?
食欲不振への対応方法を探る

高齢患者が大半を占めるなか、栄養管理における大きな問題として、必要エネルギー量に対する摂取エネルギー量の不足がある。原因は一様ではないが、食べられない患者への対応に悩んでいる管理栄養士は多いだろう。考えられる食べられない原因を理解し、アセスメントによって食べられない患者を見つけ、対処していく力が求められる。そこで本特集では、入院患者の食欲の問題にどう取り組んでいくやり方があるのか、事例を通じて検討していく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年4月号(2020年3月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
カルテだけでは診られない
真の患者情報入手の極意

アウトカムを出す栄養管理を行うためには患者情報の収集が欠かせない。
電子カルテから種々の情報を得ることは不可欠であるが、果たしてそれがすべてだろうか?
本当の意味で患者や利用者を「診る」ためには、カルテから得られない情報も必要となるはずだ。
では、どのようなことを意識し、情報を収集していけばいいのか? 多職種の視点も交えて考えていく。

[CONTENTS]

〈鼎 談〉
生きた患者情報を得る臨床家は
簡単に割り切らない習慣をもっている
三田唯花 氏(社会福祉法人天寿園会 特別養護老人ホーム椿)
秋山和宏 氏(医療法人財団松圓会 東葛クリニック病院 副院長)
宮崎純一 氏(社会福祉法人恩賜財団済生会 群馬県済生会前橋病院 栄養科 係長)

〈From 看護師〉
アセスメントの核心は
日々のケアを通じた“気づき”の力にある
伊東七奈子さん(医療法人大誠会 内田病院 看護部)

〈From ケアマネジャー〉
生き方や価値観を知ることが
ケアマネジメントには欠かせない
細江 学さん(東村山市南部地域包括支援センター 主任)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 ムース食
 社会福祉法人 聖テレジア会 鎌倉リハビリテーション聖テレジア病院(神奈川県鎌倉市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 村田沙耶(独立行政法人 地域医療機能推進機構 JCHO 東京新宿メディカルセンター)

●フードサービス最前線
 医療法人社団明雄会
 三芳の森病院(埼玉県入間郡)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第76回〉
 エネルギーアップ 抹茶ムース

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     宮島 功(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長代理/医学博士/栄養経営士)

●TREND REPORT vol.1
 市販の嚥下調整食品を活用し
 在宅での“口から食べる”を支える

●Event report
 男性介護者の“困りごと”解消に向け
 介護技術と調理のポイントを発信

●栄養家の心得
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
四 時代の空気を読む 藤井将志
五 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
六 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十四話「麺類の思い出」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第81回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年5月号(2020年4月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
ICU で示すべき管理栄養士の役割

2020年度の診療報酬改定において、特定集中治療室での栄養管理を評価するものとして、「早期栄養介入管理加算」400点/日(7日を限度)が新設されることが発表された。これは朗報であるが、一方、施設基準を満たすハードルはけして低くなく、すぐさま算定できる病院ばかりではないだろう。しかし、この加算の新設を追い風にし、ICUでの管理栄養士の存在感を示すことで、管理栄養士の病棟配置の評価にもつなげていくことができるのではないだろうか。そこで、本特集では、ICUでの栄養介入でのアウトカムに向けて、管理栄養士はどう動いていくべきか、考えていく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年3月号(2020年2月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
食欲不振にどう立ち向かうか
体重を落とさない栄養管理

高齢患者が増加するなか、栄養管理の最大の目標ともいえるのは、体重減少の防止ではないだろうか。
体重減少を引き起こすのは消費エネルギー量に対する摂取エネルギー量の不足にほかならない。
しかし、急性期治療の場では食欲不振が起こりやすく、結果として体重減少につながりかねない。
患者の予後を左右する体重減少のリスクに対して、管理栄養士のできることは何かを考える。

[CONTENTS]

〈鼎 談〉
求められる積極的な栄養介入
がん手術患者の栄養障害を防ごう
上島順子 氏(NTT東日本関東病院 栄養部)
大村健二 氏(医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院 外科診療顧問/
       腫瘍内科診療顧問 兼任 栄養サポートセンター長)
工藤雄洋 氏(社会福祉法人恩賜財団済生会支部 神奈川県済生会横浜市東部病院 栄養部 課長)

〈がん患者の“食べられない”〉
起こり得る栄養障害リスクを予測し
どのように退院後のQOLを維持するか?
斎野容子さん(独立行政法人 地域医療機能推進機構 横浜中央病院 栄養管理室)

〈超急性期の“食べられない”〉
超高濃度な経口栄養補助食品の活用で
食欲不振患者への対応を図る
社会医療法人 近森会 近森病院(高知県高知市)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 嚥下調整食
 医療法人社団 湘南シルバーサポート 湘南長寿園病院(神奈川県藤沢市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 中川真希(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院)

●フードサービス最前線
 社会福祉法人松栄会 特別養護老人ホーム
 ひまわりの丘(千葉県松戸市)

●世界の病院食・術後食〈第113回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第75回〉
 エネルギーアップ 生フレンチトースト ~杏仁豆腐風味~

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     佐保洸太(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 栄養科 NST専門療法士/栄養経営士)

●Seminar Report
 アウトカムのさらなる向上を見据えた
 慢性期医療における経腸栄養管理の展望

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十三話「正月の遠い記憶」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第80回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年4月号(2020年3月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
電カルからでは得られない
生きた患者情報の活かし方

アウトカムを出す栄養管理を行うためには患者情報の収集が欠かせない。電子カルテから情報を得ることは不可欠であるが、それがすべてではない。生きた栄養管理計画を実行するためには、カルテから得られない情報も必要となる。では、どのような情報を、どのように収集していけばいいのか?
多職種の視点も交えて考えていく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年2月号(2020年1月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
多職種で食べられる可能性を探す
認知症の個性に応じた食事ケア

病院、高齢者施設のいずれにおいても、認知症を踏まえた栄養管理や食事提供が求められる時代となっている。必要エネルギー量を計算して食事を出すだけでは、認知症高齢者に食べてもらうことは難しい。どのような姿勢で取り組むことが重要なのか? 多職種と一緒に認知症の食事ケアを考える。

[CONTENTS]

〈対 談〉
その人のライフサイクルに合わせ
食事で苦痛を感じさせないことが軸となる
渡 奏絵さん(社会福祉法人南生会 特別養護老人ホーム 南生苑 介護職員)
本田美鈴さん(社会福祉法人馬島福祉会 特別養護老人ホーム恒春園 管理栄養士/介護支援専門員)

〈医師が考える認知症と食事〉
認知症のための特別な食事はない
適正な機能評価と食べたい感動を提供しよう
蓮村 友樹久 氏(社会福祉法人同胞互助会 愛全診療所 所長)

〈看護師が考える認知症と食事〉
経管栄養が難しい認知症…
食生活史に応じたケアで経口摂取につなごう
芳村直美 氏(特定医療法人研精会 稲城台病院 食支援センター)

〈OTが考える認知症と食事〉
食べられることでリハビリも進む
食思につながる関係づくりもリハビリの1つ
矢野剛寛 氏(医療法人光仁会 春日部厚生病院 リハビリテーション部 作業療法科 副主任)

〈Case Study〉管理栄養士の取り組み
密な声掛けで認知症者の食思を確認
小さな変化も見逃さないサポートを実践する
社会福祉法人天寿園会 特別養護老人ホーム椿

-------------------------------------------------------------
栄養士応援企画
ワンステップ上の厨房業務に導く
給食現場Up To Date

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 嚥下調整食(ミキサー食)
 介護老人保健施設 サンプラザ長岡(新潟県長岡市)

●TREND NEWS
 多機能な調理機器の導入により
 質の高い食事提供が可能に

●〈マルハニチロ株式会社主催〉
 第6回
 いつまでも楽しく美味しく食べるレシピコンテスト
 受賞作品発表

●フードサービス最前線
 医療法人花咲会
 かわさき記念病院(川崎市宮前区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 元尾彩香(聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 栄養部)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第74回〉
 エネルギーコントロール 豆腐ショコラムース

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     齊藤大蔵(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十二話「地産と国産バナナ」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第79回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年3月号(2020年2月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
予後のアウトカムを左右する
術前・術後の栄養指導を極める!

昨今、80歳超での手術はめずらしくなく、術後侵襲による栄養状態の悪化リスクだけでなく、術前からある低栄養リスクに対しても注意が必要となっている。また、早期退院が推し進められるなか、術後および退院後の栄養状態のフォローも必要だ。したがって、栄養管理においてはもちろん、術前および術後の栄養指導、さらに退院後の外来栄養指導が患者の良好な予後の鍵を握る。高齢患者の術前・術後、退院後の生活をサポートするための栄養指導のあり方について、考えていく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2020年1月号(2019年12月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
“食べやすくて高栄養”をめざす
「お粥改革」の実践!

摂食嚥下機能の低下した高齢者にとって、適性な物性に調整されたお粥の提供が欠かせない。しかしお粥は、時間の経過やアミラーゼの影響により、付着性や凝集性が変化することで安全性の担保が容易でない。また、加水によって物性を調整するため、エネルギーやたんぱく質などの摂取量が低下し、栄養障害のリスクが高まるといった問題もある。本特集では、そうしたお粥をめぐる課題に対し、酵素入りのゲル化剤導入や栄養素の付加といった、オーダーメイドの栄養管理を実践するための取り組みについてレポートする。

[CONTENTS]

〈特別対談〉
物性と栄養価の課題クリアをめざそう
お粥を通して急性期の栄養管理を考える

廣瀬桂子さん(公益社団法人 地域医療振興協会 練馬光が丘病院 医療技術部栄養室 室長)
久米直子さん(社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院 栄養科 主任)

〈解 説〉分粥の是非
術後の早期回復の観点では
分粥による段階的食上げは必要ない
中村文隆 医師(医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 副院長・外科)

〈事例1〉
日々のミキサー粥提供から非常時の主食まで
酵素入りゲル化剤の活用が多様なシーン展開を実現
里見真悟さん(医療法人社団仁寿会 中村病院 栄養科 主任)

〈事例2〉
お粥の「離水」問題への新たな一手
とろみタイプのお粥調整食品を活用
名古亜貴子さん(上尾中央医科グループ 医療法人社団哺育会
        介護老人保健施設ハートケア湘南・芦名 管理栄養士)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 糖尿病食
 医療法人社団 協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)

●Seminar Report
 症状の経時的変化と生活背景を見据えた新たな視点
 病態を理解し、物性調整を極める

●フードサービス最前線
 社会福祉法人若竹大寿会
 介護老人保健施設リハリゾートわかたけ(横浜市神奈川区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 伊藤 英美子(公益社団法人 地域医療振興協会 東京ベイ・浦安市川医療センター)

●世界の病院食・術後食〈第112回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第73回〉
 嚥下機能 花びら餅

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから
     ―画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座―
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
     ―栄養評価とマインドアセスメント―
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     宮島 功(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長代理/医学博士/栄養経営士)

●Special Report
 正確な評価につなぐための嚥下造影検査食へ
 手早く安定して固まるゼリーを採用

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十一話「畑じまい」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第78回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年2月号(2020年1月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
多職種の視点を知り考える
認知症の食事ケア

介護施設では入所者の9割が認知症をもっているというのが当たり前となっているなか、食事提供にもケアの視点が欠かせなくなっている。では、食を通じたケアとは何なのか? 医師から見る食事ケア、看護師から見る食事ケア、リハビリスタッフから見る食事ケア、管理栄養士から見る食事ケア。それぞれの専門職の立場が考えるケアを、「食」との関係の中で考える。

◆栄養士応援企画◆
ワンステップ上の厨房業務に導く
最新! 給食現場Up To Date
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年12月号(2019年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
ルーチンではなく本気で栄養状態を“診る”
栄養アセスメントの肝はここだ!

栄養管理計画を立てるために最も基本的であり重要なのが栄養アセスメントだ。SGAなどを用いて栄養スクリーニングを行い、栄養障害のリスク患者を抽出し、臨床所見や食物摂取状況、身体計測値、血液生化学データなどを総合して栄養状態を評価する──この栄養管理の出発点ともいえる栄養アセスメントだが、基本だからこそ、悪い意味でのルーチンワークに陥りやすいともいえる。本特集では、栄養アセスメントの目的と役割について再確認していく。

[CONTENTS]

〈特別鼎談〉
栄養アセスメントの意義と管理栄養士の役割
栄養状態の評価こそ治療の第一歩
病態の把握がその精度を高める
谷口英喜 氏(社会福祉法人恩賜財団 済生会 横浜市東部病院 患者支援センター長・栄養部部長 医師)
石川香織 氏(医療法人社団明芳会 IMSグループ 横浜旭中央総合病院 栄養科 管理栄養士)
宮坂 光 氏(社会福祉法人練馬区 社会福祉事業団 田柄特別養護老人ホーム 管理栄養士・栄養経営士)

〈事例1〉
“治療マップ”を多職種と共有できているか!?
未来を見据えた栄養管理でアウトカムをめざす
西條 豪 氏(独立行政法人 労働者健康安全機構 大阪労災病院 栄養管理部 管理栄養士)

〈事例2〉
入院前・退院後の生活の評価が
栄養アセスメントで欠かせないポイント
熊谷直子 氏(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 栄養部 管理栄養士)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 易消化常菜食
 社会医療法人財団 石心会 埼玉石心会病院(埼玉県狭山市)

●Special Recipe
 塩分を抑えたい治療食に!
 “野菜だし”活用レシピ

●フードサービス最前線
 医療法人啓仁会
 所沢ロイヤル病院(埼玉県所沢市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 塚田いぶ希(東京都立 松沢病院)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第72回〉
 嚥下機能 いちごと豆乳のムースケーキ

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ―管理栄養士によるClinical Question―
     佐保洸太(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 栄養科 NST専門療法士/栄養経営士)

●Special Report 1
 4中鎖脂肪酸油の活用によるエネルギーアップと
 コスト削減の可能性

●Special Report 2
 専門職の目が届きにくい在宅でこそ求められる
 安全な水分摂取へ導くゼリーの提供

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百四十話「自力の防災対策」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第77回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●特別レポート
 高齢者の孤食が及ぼす健康影響

●Event Report
 第10回 東京都栄養士大会

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2020年1月号(2019年12月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
栄養管理に強力なツールへ革新させる
「おかゆ革命」の実践

摂食嚥下機能の低下した高齢者にとって、適性な物性に調整されたお粥の提供が欠かせない。しかしお粥は、時間の経過やアミラーゼの影響により、付着性や凝集性が変化することで安全性の担保が容易でない。また、加水によって物性を調整するため、エネルギーやたんぱく質などの摂取量が低下し、栄養障害のリスクが高まるといった問題もある。本特集では、そうしたお粥をめぐる課題に対し、酵素入りのゲル化材導入や栄養素の付加といった、オーダーメイドの栄養管理を実践するための取り組みについてレポートする。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年11月号(2019年10月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
嚥下機能評価だけではわからない
食形態選択の決め手

嚥下調整食の提供にあたっては食べる機能の評価に基づいた判断が求められる。
摂食嚥下障害が広く知られるようになり、嚥下機能を診る重要性は誰もが共有するところだろう。
しかし今、嚥下機能に劣らず重要な食形態の決定要素に目が向けられている。
本特集では嚥下機能と咀嚼機能の両面から食形態の決定について考えていく。

[CONTENTS]

〈病態と嚥下機能を診る〉
ミールラウンドで患者の変化に気づくこと
それが誤嚥のリスク低減につなぐ力になる
医療法人社団 東山会 調布東山病院(東京都調布市)

〈咀嚼を知る〉
食形態の決定の精度を高める
管理栄養士が注目すべき咀嚼機能の重要性とは
菅 武雄 先生(鶴見大学歯学部 高齢者歯科学講座 講師)

〈食形態を読み解く〉
咀嚼・嚥下機能の低下に合わせた
食形態およびとろみの調整
栢下 淳 先生(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授)

〈事例〉
日頃の食事観察がその土台
経口維持の取り組みを成果につなげる
社会福祉法人武蔵野療園 中野区かみさぎ特別養護老人ホーム(東京都中野区)

-------------------------------------------------------------
栄養士応援企画
管理栄養士の“あるある”エピソード

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 嚥下調整食
 医療法人社団 慈誠会 慈誠会前野病院(東京都板橋区)

●フードサービス最前線
 社会福祉法人秀峰会
 特別養護老人ホーム さくら苑(横浜市旭区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 井上裕美子(埼玉医科大学国際医療センター)

●世界の病院食・術後食〈第111回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第71回〉
 嚥下機能 やわらかどら焼き

●Convention Report
 在宅時代に欠かせないお粥の問題の解決と調整食品の活用

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 明日から実践できる症例の見極め方
     ~急性期から慢性期まで~
     齊藤大蔵(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

●TREND Report
 44人の“AOF米ヌカパウダー”摂取による検証で
 減薬・快便を実証! 期待される新たな可能性

●セミナーレポート①
 第25回
 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会

●Event Report
 マルタマフーズグループ 防災グッズ展

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百三十九話「犬と一緒の食事」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第76回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●セミナーレポート②
 地域でつながり、食べて生きる
 超高齢社会の食と管理栄養士の使命

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年12月号(2019年11月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
ルーチンではなく本気で栄養状態を“診る”
成果につなげる栄養アセスメント

栄養管理計画を立てるために最も基本的であり重要なのが栄養アセスメントだ。SGAなどの主観的なアセスメントツールを用いて栄養障害のリスクのある患者をスクリーニングし、臨床所見や食物摂取状況、身体計測値、血液生化学データなどを総合して、栄養状態を評価する。この栄養管理の出発点ともいえる栄養アセスメントだが、経験を積んだ管理栄養士はどのように進めているのか、気になる読者も多いはず。単なるルーチンの評価ではなく、治療成績向上につながる栄養アセスメントを考える。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年10月号(2019年9月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
静脈栄養から経口摂取へ
アウトカムにつなぐ脂質活用最前線

“静脈経腸栄養管理で、どう脂質を加えるか”……。
これが、NSTが普及し始めた頃、栄養管理で課題となっていたという。
今では糖質によるエネルギーアップが難しい患者の栄養管理においては、脂質による改善策がとられることも増えている。
そこで、今号では脂肪酸の可能性と活用法について、改めて見直していく。

[CONTENTS]

概説
脂肪酸ごとの特性を活かし
栄養管理の成果を導こう
丸山道生 先生(田無病院 院長)

解説1
周術期における脂肪乳剤の活用法と
必須脂肪酸の特性を活かした栄養管理を学ぶ
谷口英喜 先生(済生会横浜市東部病院 患者支援センター長/栄養部 部長)

解説2
ステージⅣがん患者の治療に奏功する
中性脂肪酸を活用した新たな食事療法
古川健司 先生(多摩南部地域病院 外科医長)

事例
中鎖脂肪酸で粥(酵素粥・全粥)の栄養価を高め
退院後の生活を見据えたリハを支える
東京都リハビリテーション病院

TOPIC
製油メーカーがめざす
冷凍食品での日常的なDHA・EPA摂取

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 移行えんげ食
 社会医療法人財団 大和会 武蔵村山病院(東京都武蔵村山市)

●フードサービス最前線
 社会福祉法人 松友福祉会 特別養護老人ホーム
 くすのき・めぐみ苑(広島県三原市)

●今月の人〈Bright Youth〉
 松島祥子(日本赤十字社医療センター)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第70回〉
 エネルギーアップ 小豆入りミルクパフェ

●Convention Report
 近年、可能性の拡大が期待される中鎖脂肪酸の臨床での活用

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ~急性期から慢性期まで~
     宮島 功(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長代理/医学博士/栄養経営士)

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百三十八話「機内食の不自由さ」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第75回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年11月号(2019年10月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
咀嚼と嚥下の組み合わせがポイントです!
病態に適した嚥下調整食のつくり方

嚥下調整食の提供にあたっては、食べる機能のレベルを見極めることが欠かせない。第一に嚥下機能にばかり目が向いてしまいがちだが、咀嚼機能も食べる機能の1つであり、咀嚼機能への理解も必要となる。そこで本特集では、嚥下機能障害および咀嚼機能障害の評価と、それらの評価をどう嚥下調整食に落とし込むのかについて考えていく。

◇栄養士応援企画◇
管理栄養士の“あるある”エピソード

管理栄養士であれば思わず「あるある~! 」うなずいてしまうようなお話をご紹介!
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年9月号(2019年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
骨格筋の維持につなげる
疾患別 アミノ酸活用術

高齢患者の多くは喫食量が減る傾向にあり、嚥下機能も低下するため肉や魚などのたんぱく質の摂取量が低下してしまう。
それにより骨格筋は減少し、サルコペニアの重度化が危惧される。
加えて、ADLが低下することでさらなる骨格筋の減少が予測される。
この負のスパイラルを断ち切るための方法の1つとして、筋タンパク合成を促進させるアミノ酸の活用が挙げられる。その具体的な活用方法について解説する。

[CONTENTS]

解説
高齢者を取り巻く現状を把握し
新たな治療概念でリハビリに貢献しよう
松本卓二 先生(国保野上厚生総合病院 リハビリテーション科 医長)

アミノ酸製剤Q&A
特性を知って栄養管理に活かそう
管理栄養士が知っておくべきアミノ酸製剤の使い方
西岡心大 氏(長崎リハビリテーション病院 法人本部人材開発部副部長・栄養管理室室長)

事例1 骨関節疾患
リハビリや運動時の栄養摂取の重要性
─ロイシン含有の栄養補給食を用いた取り組み─
中山隼輔 氏(西澤整形外科クリニック リハビリテーション科 デイケア室 作業療法士)

事例2 慢性閉塞性肺疾患
呼吸商の低い高濃度経口栄養補助食品で
頻呼吸を伴う呼吸不全患者の栄養改善につなぐ
井上登太 院長(在宅支援有床診療所 みえ呼吸嚥下リハビリクリニック)

寄稿 慢性腎臓病
サルコペニアやフレイルが高リスクな透析患者
BCAAを活用した栄養管理とリハで骨格筋を維持する
吉永雅士美 氏(小倉第一病院 栄養指導管理室)

-------------------------------------------------------------
栄養士応援企画
管理栄養士人生のなかで
今も忘れられない言葉がある

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 糖尿病食
 医療法人社団 光生会 平川病院(東京都八王子市)

●第9回 嚥下食レシピ大賞
 受賞施設のご紹介

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     -管理栄養士によるClinical Question-
     佐保洸太(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 栄養科 NST専門療法士/栄養経営士)

●Special Report
 食欲不振患者へのアプローチを実践する
 中鎖脂肪酸油をプラスしたパワー食

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百三十七話「コンビニの開店」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第74回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●Event report
 第7回日本在宅栄養管理学会学術集会

●今月の人〈Bright Youth〉
 松本匡代(医療法人 寿鶴会 菅野病院)

●フードサービス最前線
 医療法人社団 湘南シルバーサポート
 湘南長寿園病院(神奈川県藤沢市)

●世界の病院食・術後食〈第110回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第69回〉
 レクリエーション 抹茶餡入り水まんじゅう

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年10月号(2019年9月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
油を味方につける!
筋肉維持の脂質活用実践集

“静脈経腸栄養管理で、脂肪酸の投与症例をいかに増していくか”……これが、NSTが普及し始めた頃、チームの課題の1つとなっていたという。今では糖質によるエネルギーアップが難しい患者の栄養管理においては、脂質による改善策がとられることも増えている。そこで、病期に合わせた脂肪酸の効果的な使い方について、成功事例を見ながら考察していく。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年8月号(2019年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
栄養管理に不可欠なこの一手
"シンバイオ"の達人をめざせ

免疫力や栄養素の吸収、排便など健康を支えるさまざまな因子に関係する腸内フローラ。
生まれもった細菌叢に加え、摂取する食物によって形成されるため、乳酸菌やビフィズス菌、それらの菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖などは栄養管理のうえでも注目されている。
そこで改めて、この乳酸菌と食物繊維の2つにフォーカスし、理解を深めていく。

[CONTENTS]

Q&A
質問者 福勢 麻結子 氏(イムス葛飾ハートセンター 栄養科)
    古田 雅 氏(東邦大学医療センター大森病院 栄養部 栄養管理室 室長)
回答者 水野英彰 先生(目白第二病院 副院長)

実践事例1
グァー豆酵素分解物を施設負担で全員に提供
腸内環境を改善してADL向上につなぐ
特別養護老人ホーム南生苑(千葉県船橋市)

実践事例2
食物繊維グアーガム分解物PHGG配合の高濃度流動食に変更
消化器症状緩和と業務改善を実現
特別養護老人ホームせきこもれび(岐阜県関市)

実践事例3
難渋する下痢対応の新たな一策
乳酸菌発酵成分で良好な成果を挙げよう
日高隆信 先生(東京蒲田病院 副院長 兼 診療部長)

TOPICS
新食材“AOF 米ヌカパウダー”の活用で
腸内環境改善への新たな可能性

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 エネルギーコントロール食
 社会医療法人社団正志会 花と森の東京病院(東京都北区)

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 明日から実践できる症例の見極め方
     ~急性期から慢性期まで~
     齊藤大蔵(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 医療技術部 栄養科 主任)

●Special Report
 簡便に作れるお茶ゼリーの活用で
 円滑な水分補給を促し脱水症予防に寄与する

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百三十六話「90歳前後の制限食」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第73回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●第9回 嚥下食レシピ大賞
 受賞施設のご紹介

●嚥下調整食づくりの悩みを解消する
 “栄養補助食品”徹底活用術

●今月の人〈Bright Youth〉
 新井章恵(医療法人社団 嬉泉会 春日部嬉泉病院)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第68回〉
 低糖質 シトラスマンゴークレープ

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年9月号(2019年8月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
骨格筋の維持につなげる
疾患別アミノ酸活用術

急性イベントを発生した高齢者は低栄養状態にあり、ADLを低下させないために骨格筋を維持すること、すなわち、たんぱく質を十分量摂取することが重要となってくる。一方で、腎不全や慢性閉塞性肺疾患、寝たきりによる褥瘡など、たんぱく質の摂取量をどうコントロールしていいか、判断が難しい症例も少なくない。そこで、本特集ではたんぱく質をアミノ酸レベルで考え、疾患と組み合わせたアミノ酸の効果的な摂取方法および活用術を探っていく。

◆栄養士応援企画◆
忘れられない患者さんの言葉

管理栄養士として働くなかで、印象に残っている患者や利用者からの言葉がある人は多いのではないだろうか。本企画では励みになった言葉や、ターニングポイントとなった厳しい言葉などを、エピソードと一緒に紹介する。
1,210円
-------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2019年7月号(2019年6月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
アウトカムは血糖管理の先にある
筋肉を落とさない糖尿病患者の栄養指導

糖尿病患者はフレイルの罹患率が高いことが知られており、フレイルやサルコペニアが2型糖尿病のリスクになるとともに、2型糖尿病がフレイルやサルコペニアの原因となることも指摘されている。
このことはつまり、骨格筋を維持する十分なエネルギー摂取を前提とした血糖コントロールの実践が求められることを意味する。
糖尿病の食事療法および栄養指導のアウトカムにおける「筋肉を落とさない」という視点の重要性について、本特集で考えていく。

[CONTENTS]

解 説 1
インスリン抵抗性とフレイル予防
生活習慣病が招くフレイル、サルコペニアの負のリスク
吉田貞夫 医師(医療法人ちゅうざん会 ちゅうざん病院 副院長/金城大学 客員教授)

解 説 2
筋肉量の減少防止に必要な糖質!
適度に糖質を摂取する食事療法を提案しよう
西村一弘 さん(駒沢女子大学 人間健康学部 健康栄養学科 教授/社会福祉法人緑風会 緑風荘病院 栄養室 運営顧問)

血糖コントロールの栄養指導 Q&A
食べる喜びを奪わない
選ぶ楽しみを広げる糖質コントロールを実践する
回答者 畑 妃咲 さん(北里大学北里研究所病院 診療技術部 栄養科)

-------------------------------------------------------------
●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 術後食
 独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター(群馬県高崎市)

●フードサービス最前線
 社会福祉法人はとせふ 特別養護老人ホームはるかぜ(東京都足立区)

●今月の人〈Bright Youth〉
 木村 旬(医療法人 啓仁会 所沢ロイヤル病院)

●ORTレポート
 排泄ケアと水分管理

●Leader’s School
Lesson 1 フィジカルアセスメントから画像診断まで
     臨床栄養管理のスキルアップ講座
     谷口英喜(社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る栄養評価と
     マインドアセスメント
     岡田晋吾(医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
Lesson 3 疾患ごとに学ぶべきこと
     ~急性期から慢性期まで~
     宮島 功(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長代理/医学博士/栄養経営士)

●Trainees from Vietnam
 NSTと栄養療法の手法をもち帰り
 ベトナムの地に根付かせたい

●栄活!
一 “その人らしさ”を支える特養でのケア 横山奈津代
二 命に向き合う在宅医療物語 永井康徳
三 プレゼンテーション力を高める 真壁 昇
四 栄養士が知っておくべき薬の知識 林 宏行
五 時代の空気を読む 藤井将志
六 食べることの希望をつなごう 豊島瑞枝
七 お世話するココロ 宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百三十五話「ステーキハウスに学ぶ」

●栄養指導で“あるある! こんなこと”〈第72回〉
 患者さんとの会話から栄養士のコミュニケーション力を磨く
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●TOP INTERVIEW
 更家悠介(サラヤ株式会社 代表取締役社長)

●世界の病院食・術後食〈第109回〉
 丸山道生(医療法人財団緑秀会 田無病院 院長)

●われらHAPPYとどけ隊
 高野豆腐を使ったバリエーション豊かなレシピ!
 卒業生で囲む料理教室を開催

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈第67回〉
 嚥下機能 涼風七夕ゼリー

 ほか

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2019年8月号(2019年7月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
ここを押さえたら実現できる
治療に貢献する腸内フローラのつくり方

免疫力や栄養素の吸収、排便など健康を支えるさまざまな因子に関係する腸内フローラ。生まれもった細菌叢に加え、摂取する食物によって形成されるため、乳酸菌やビフィズス菌(プロバイオティクス)、それらの菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖(プレバイオティクス)などは栄養管理のうえでも注目されている。そこで改めて、この乳酸菌と食物繊維の2つにフォーカスし、理解を深めていく。
おすすめの購読プラン

ヘルスケア・レストランの内容

  • 出版社:日本医療企画
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
日本で初めてヘルスケア分野の栄養と食事サービスに鋭く切り込んだ、管理栄養士・栄養士必読の情報誌
病院・福祉施設などの栄養ケアの向上に役立つ1冊として、保健・医療・福祉分野の栄養ケアに鋭く切り込んでいきます。食事で病気を予防し、治療効果をあげることの必要性が認識されてきている今、それらに対応する能力を身に付けるための情報を、多方面から満載した読者参加型実践マガジンです。

ヘルスケア・レストランの無料サンプル

2017年09月20日発売号
2017年09月20日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ヘルスケア・レストランの目次配信サービス

ヘルスケア・レストラン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ヘルスケア・レストランの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.