FUNCTIONAL FOOD(ファンクショナルフード) 発売日・バックナンバー

全40件中 1 〜 15 件を表示
3,080円
機能性表示食品のUpdate ―2021春

<ジャンル別解説>
1 消化器系(腸内環境) 
グアーガム分解物 石原 則幸
2 脳機能系(記憶)
ジオスゲニンの認知機能改善効果 東田 千尋・楊 熙蒙・稲田 祐奈
3 精神神経系(睡眠)
GABAの睡眠の質改善効果 中村 唱乃
4 循環器・代謝系(尿酸)
アンセリン 久保村 大樹
5 運動器系(筋肉)
運動負荷に伴う遅発性筋肉痛に対するL-カルニチンの摂取効果 王堂 哲
6 感覚器系(肌)
アスタキサンチンの抗紫外線効果,肌保湿効果 今井 綾乃・関 忍
7 肥満系(内臓脂肪)
ガセリ菌SP株の内臓脂肪低減作用 塚原 拓也・木村 彰
8 その他(むくみ)
レモン由来酵素処理ヘスペリジンのむくみ低減作用 𠮷川 和彦

<シリーズ>
◎海外動向-5
インドネシアの健康食品市場動向 武田 猛
3,080円
機能性表示食品のUpdate ―2020冬

<ジャンル別解説>
1 消化器系(整腸作用)
ガセリ菌SP株の整腸作用 塚本 拓也・瀬戸 泰幸・木村 彰
2 脳機能系(記憶)
イチョウ葉 佐々木 啓子・松岡 耕二
3 精神神経系(疲労)
還元型コエンザイムQ10の疲労感軽減効果 守川 英幸
4 循環器・代謝系(コレステロール)
プロシアニジンのLDLコレステロール低減作用 川村 弘樹・草場 宣延・浜 亮介
5 運動器系(骨)
枯草菌C-3102株の骨密度改善作用 畑中 美咲
6 感覚器系(眼機能)
ビルベリー摂取による眼疾患予防効果の可能性 大江 絵美
7 肥満系(体脂肪・内臓脂肪)
酢酸 山下 広美
8 その他(肝機能)
クルクミンとビサクロンを含む食品のAST,ALT,γ-GTP低下作用 川﨑 健吾


<p><シリーズ>
◎海外動向-4
米国のダイエタリーサプリメント市場の動向 武田 猛

◎機能性表示食品制度:あらましと実際④(最終回)
機能性表示食品の届出公表後の対応について 森田 剛史
3,080円
機能性表示食品のUpdate ―2020秋

<ジャンル別解説>
1 消化器系(整腸作用)
ラブレ菌 髙木 智久・内藤 裕二
2 脳機能系(記憶)
ラクトノナデカペプチドの認知機能改善効果 中村 文哉
3 精神神経系(睡眠)
L-テアニンの睡眠改善効果とその周辺 功刀 浩
4 循環器・代謝系(血圧)
ラクトトリペプチドの血圧降下作用 畑中 美咲
5 運動器系(筋肉)
ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン 吉野 進
6 感覚器系(肌) 
保湿機能を有するグルコシルセラミド(コメ由来) 下田 博司
7 肥満系(体脂肪)
ローズヒップの機能性関与成分ティリロサイド 辻 智子
8 その他(体温)
カプシノイド 古旗 賢二


<シリーズ>
◎海外動向-3
ベトナムの健康食品市場動向 武田 猛

◎機能性表示食品制度:あらましと実際③
機能性表示食品の届出の現状 松尾 敏行

3,080円
3,080円
機能性表示食品のUpdate ―2020春

<ジャンル別解説>
1 消化器系(整腸作用)
難消化性デキストリンの整腸作用 岸本 由香
2 脳機能系(記憶)
DHA   西川 正純・保科 由智恵・木村 優輝
3 精神神経系(ストレス)
GABA のストレス緩和効果 山津 敦史
4 循環器・代謝系(血糖)
5-アミノレブリン酸 田中 徹・太田 麗・土屋 京子
5 運動器系(骨)
β-クリプトキサンチンの骨代謝改善効果に着目した機能性表示食品への取り組み;ウンシュウミカンの事例 杉浦 実
6 感覚器系(眼機能) 
機能性表示食品「えんきん」の開発 小野 衣里日・清水 良樹・高橋 里実
7 肥満系(体脂肪)
茶カテキンと抗肥満効果 髙橋 将記
8 その他(口腔)
Lactobacillus reuteriヨーグルトの開発と今後の展望 藤井 祐介・玉井 早智・浅沼 智明


<シリーズ>
◎海外動向-1
韓国への日本版機能性表示食品制度の導入 山本 哲郎

◎機能性表示食品制度:あらましと実際①
機能性表示食品制度の発足 五十嵐 麻衣子
3,080円
特集:きのこの歴史・食文化と機能性

企画:江口 文陽
東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科教授

1. きのこの歴史・食文化と機能性 -総論
江口 文陽
2. きのこの栄養成分
宮澤 紀子
3. きのこの抗がん作用
阿部 尚樹
4. 世界の機能性きのこの探索とその可能性
原田 栄津子
5. 外生菌根菌の人工栽培に関する取り組みと今後の展望
霜村 典宏
6. きのこの健康機能に関するデータベースの構築 〜ネパールのきのこを例として〜
永田 真紀  Sonam Tamrakar 清水 邦義
7. きのこの成分を利用した機能性食品の開発
本間 裕人
8. きのこの廃菌床を活用した作物生産
吉本 博明
9. きのこを利用した6次産業化商品の現況
森園 由香
10. 機能性を考慮したきのこ料理レシピ
木田 マリ

◆トピックス
3大疾病を予防する食品の開発
宮澤 陽夫
3,080円
特集:食用油の歴史・食文化と機能性
企画:金沢 和樹  
神戸大学名誉教授


1.食用油とは
金沢 和樹

2.オリーブ油の歴史,栽培,魅力
水野 勢技世

3.魚油(n-3多価不飽和脂肪酸)
横井 香里  柳本 賢一  中島 秀司

4.陸棲生物の油(n-6多価不飽和脂肪酸)
金沢 和樹

5.オリーブ油の機能性(n-9一価不飽和脂肪酸)
山下 貴稔

6.議論されなかった油(n-7一価不飽和脂肪酸)
市 育代

7.マーガリン(トランス脂肪酸)
菅野 道廣

8.食事過酸化脂質は生体内活性酸素にならない
金沢 和樹


◆トピックス
新たな視点から見た紅茶色素の機能
中山 勉  奈良井 朝子
3,080円
特集:嗜好品の歴史・食文化と機能性
企画:大澤 俊彦  
愛知学院大学心身科学部客員教授

特集巻頭言  大澤 俊彦

1.チョコレートの歴史・食文化と機能性  
夏目 みどり

2.アーモンドの歴史・食文化と機能性  
井上 浩義

3.コーヒーの歴史・食文化と機能性  
福島 洋一

4.緑茶の歴史・食文化と機能性  
大森 正司

5.ウーロン茶の歴史・食文化と機能性(抗齲蝕)  
仲野 道代

6.赤ワインの歴史・食文化と機能性  
佐藤 充克

7.日本酒の歴史・食文化と機能性  
秦 洋二

8.ビールの歴史・食文化と機能性  
近藤 恵二

ショートトピック
ココアの便通改善効果  
間藤 卓

◆トピック
次世代善玉菌「アッカーマンシア・ムチニフィラ」  
内藤 裕二
3,080円
特集:スパイス・ハーブの歴史・食文化と機能性
企画:中谷 延二(大阪市立大学名誉教授)

1.スパイス・ハ-ブの歴史と食品機能
中谷 延二

2.コショウの食文化と機能性
中谷 延二

3.トウガラシの歴史・食文化と機能性
渡辺 達夫

4.シナモンの食文化と機能性
山田 恭正

5.フトモモ科スパイス(クローブ、オールスパイス)の食文化と機能性
菊﨑 泰枝

6.ニンニクの食文化と機能性
関 泰一郎  細野 崇  増澤(尾崎) 依 

7.ショウガの食文化と機能性
菊﨑 泰枝

8.ワサビの食文化と機能性
森光 康次郎

9.シソ科ハーブ(ローズマリー・セージ・オレガノ)の食文化と機能性
中谷 延二

話題のハーブ
日本の食卓に舞い込んできた新しい食材「パクチー」
佐川 岳人

シリーズ
◆食品と微量元素
食品と放射性同位元素
佐治 英郎

◆トピック
栄養ケアステーションの取り組み  倉貫 早智
3,080円
特集:果物の歴史・食文化と機能性

企画:杉浦 実  
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ流通利用・機能性ユニット長


1.カンキツ
1)カンキツの歴史と食文化・品種開発
吉岡 照高 

2)カンキツの流通・加工技術
松本 光 

3)カンキツの健康機能性
杉浦 実 

2.リンゴ
1)リンゴの歴史と食文化・品種開発
阿部 和幸 

2)リンゴの流通・加工技術 
立木 美保 

3)リンゴの健康機能性
庄司 俊彦 


3.ブドウ
1)ブドウの歴史と食文化・品種開発
佐藤 明彦 

2)ブドウの健康機能性
小川 一紀 

注目の新品種
種なしカキも楽々生産「太豊」
尾上 典之 

甘さが際立つナシ新品種「甘太」
加藤 秀憲 

渋皮がむけやすいクリ「ぽろたん」
齋藤 寿広 

黄肉モモの新品種「つきあかり」
澤村 豊 


シリーズ
◆食品と微量元素
食品とレアアース・レアメタル  篠原 厚子 

◆トピックス
ポリフェノールとビフィズス菌の新しい関係  川畑 球一 
3,080円
特集:穀類の歴史・食文化と機能性
企画:宮澤 陽夫  
東北大学未来科学技術共同研究センター「戦略的食品バイオ未来技術構築」プロジェクトリーダー・教授
農研機構「科学的根拠に基づく高付加価値日本食・食産業研究開発プラットフォーム」研究代表者



1.米蛋白質の食文化と機能性  久保田 真敏  門脇 基二

2.米デンプンの食文化と機能性  大坪 研一

3.米油の食文化と機能性  木村 ふみ子

4.小麦の食文化と機能性  福留 真一

5.トウモロコシの食文化と機能性  得字 圭彦

6.雑穀の食文化と機能性  長澤 孝志  矢野 明  高草木 雅人


シリーズ
◆食品と微量元素
食品とマンガン  松田 晃彦  武田 隆久  木村 美恵子

◆トピックス
カテキン,ヘスペリジン,ケルセチンの次はルテオリンに注目  津志田 藤二郎
3,080円
特集:発酵食品の歴史・食文化と機能性
企画:小泉 武夫  東京農業大学名誉教授・特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長

特集巻頭言
小泉 武夫

1.発酵食品のはじまり,そしてこれに内蔵する滋養性  小泉 武夫

2.漬物の文化と機能性  保井 久子

3.発酵乳製品の機能性―ヨーグルト・乳酸菌飲料による疾病予防  辨野 義己

4.味噌の文化と機能性  渡邊 敦光

5.食酢の文化と機能性  貝沼 章子  外内 尚人

6.納豆の文化と機能性  須見 洋行  伊藤 隆章  丸山 眞杉

7.麹の文化と機能性  今野 宏


シリーズ
◆食品と微量元素
食品とクロム・モリブデン―サプリメントや医薬品への応用は可能か  吉田 宗弘

◆トピックス
機能性タンパク質としての卵白タンパク質  高波 嘉一
3,080円
特集:水産食品の歴史・食文化と機能性
企画:矢澤 一良  早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門教授

特集巻頭言
矢澤 一良

1.魚介類
 1)古代人の長寿と笑顔を生んだ魚食  永山 久夫

 2)魚介類食の機能性の発見・開発  福永健治

2.甲殻類:食の歴史から食文化,機能性まで  川井唯史

3.海藻類:食の歴史から食文化,機能性まで  能登谷 正浩

エキスパート解説
1.新たな機能性表示食品制度とトクホ  飯野 久和  横谷 馨倫
2.特定保健用食品―「機能性表示食品」との安全性の違い  梅垣 敬三

シリーズ
◆食品と微量元素
食品とヨウ素―身体と精神の健康をになう必須元素  桜井 弘

◆トピックス
機能性表示食品の科学的根拠―法制度と国際比較を踏まえて  清水 俊雄

特別寄稿
サプリメントの現状と臨床医の役割  山田 浩
3,080円
特集:食品と疾病―クルクミン
企画:大澤 俊彦  愛知学院大学心身科学部教授

1.クルクミン,テトラヒドロクルクミンの持つ機能性研究の最近の動向
大澤 俊彦

2.クルクミン誘導体,とくにテトラヒドロクルクミンによる寿命延長効果
丸山 和佳子・永井 雅代・本山 昇

3.クルクミンとうつ病
功刀 浩・古賀 賀恵

4.クルクミン誘導体による胃がん予防研究
柴田 浩行

5.クルクミンの臨床応用の可能性
砂川 陽一・刀坂 泰史・長谷川 浩二・森本 達也

6.クルクミン・ビサクロンによる肝機能障害抑制作用
室山 幸太郎

7.クルクミンと腸管免疫
渡邉 泰雄・都築 繁利・高野 文英



シリーズ
◆食品と微量元素
食品とセレン―セレン欠乏に関連する疾患と補充療法への期待
平岡 勇二


◆トピックス
わさびおよび含有成分イソチオシアネートの抗生物作用とその応用
増田 修一・島村 裕子・木苗 直秀
3,080円
特集:食品と疾病―アントシアニン
企画:矢澤一良  早稲田大学ナノ理工学研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門研究院教授

1.アントシアニンの構造と分布
細谷 孝博・熊澤 茂則

2.アントシアニンのADME(吸収・分布・代謝・排泄)
津田 孝範

3.アントシアニンとラジカル消去
五十嵐 喜治

4.アントシアニンによる眼疾患予防
吉田 香織・大黒 浩

5.アントシアニンのがん予防機能について
侯 興

6.アントシアニンとメタボリックシンドローム
津田 孝範

7.アントシアニンの応用技術
中島 光一


シリーズ
◆食品と微量元素
食品とコバルト―食品に含まれるビタミンB12の話
桂 博美

◆トピックス
脂肪酸の魅力,再発見
毛利 晋輔・河田 照雄

FUNCTIONAL FOOD(ファンクショナルフード)の内容

フードサイエンスと臨床をつなぐ専門誌。機能性食品の臨床展開を後押し。
特定保健用食品(トクホ)をはじめとする機能性食品は、ともすると有効性の話題ばかりが広告されがちです。しかし、エビデンスに基づく評価や安全性の情報が同時に正しく提供されなければなりません。「Functional Food」誌はこのような視点から、医学・農学・薬学・栄養学のコラボレートする画期的な雑誌です。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

FUNCTIONAL FOOD(ファンクショナルフード)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.