次世代自動車

日経Automotive 発売日・バックナンバー

全126件中 1 〜 15 件を表示
3,080円
▲2024年3月号 no.168 2月11日発行


■Close up

●全く新しい価値を創る EVでホンダが反撃へ(004p)


■VOICE

●トヨタ会長 「エンジンはまだ役割ある」 (005p)


■Disassembly Report

●リチウム電池採用で質量8割減 BYD 「シール」 の12V電源(010p)


■Automotive Report

●トヨタなど12社が車載SoCで新組織 チップレットで30年以降に実用化へ(013p)
●能登半島地震が部品生産に影響 ワイヤハーネスやパワーモジュール(014p)
●中国製の商用軽EVが攻勢 日本市場で存在感を示せるか(016p)
●ホンダ 「軽HEVは造らない」 N-BOXの開発者が明かす(020p)
●ボルグワーナーの電動パワトレ事業 内製部品を強みに巻き返しへ(022p)
●トヨタが電池の資源循環 2025年に3Rの仕組み構築へ(025p)
●発電設備に 「アンモニア専焼」 マツダが本社工場から導入へ(026p)
●パナ系が安全性を常時監視 車載セキュリティーを多段化(028p)


■New Car Report

●三菱自の新型 「トライトン」 タイで生産し日本に再投入(030p)


■Cover Story 自動車産業、激変の兆し

●自動車産業、激変の兆し(032p)
●日本勢は本気度が伝わるEVを(034p)
● 「ハードだけ売って」 の衝撃(040p)


■Features

●自動車メーカーが半導体を直接調達へ ホンダ ・ VWが定める“重要部品”(045p)
●ホンダの新型 「N-BOX」 安全性能を正常進化(050p)


■Interview

●ジャック ・ チェン氏 MIH最高経営責任者(CEO)鴻海系EV開発トップ テスラ ・ BYDに 「勝つポイントがある」 (055p)
●木下 浩志氏 経営戦略本部カーボンニュートラル ・ 資源循環戦略部部長マツダの次世代燃料戦略 バイオ燃料の適合が最優先(058p)


■News Digest

●ダイハツが国内全工場の生産を停止 174件の不正行為が判明、生産再開は見通せず、ほか(066p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が5カ月連続1位、年間でも首位 12月の軽4輪乗用車はマイナス、ダイハツ不正が影響か ほか(074p)
3,080円
▲2024年2月号 no.167 1月11日発行


■Close up

●テスラEVトラック出荷 ギガキャストの次は48V(004p)


■VOICE

●トヨタがEV欧州生産 「一歩踏み出す」 (005p)


■Disassembly Report

●ヴィオニアの背後にクアルコムの影 BYD 「シール」 のADASセンサー(010p)


■Automotive Report

●トヨタのステア ・ バイ ・ ワイヤ 規制対応で24年実用化へ(014p)
●日本初の自動運転 「レベル4」 事故の原因は学習データ不足(017p)
●次世代Honda SENSING 360 中国向け 「アコード」 に初搭載(020p)
●今の時代はスピード感が不可欠 THKが高級EVに挑む理由(022p)
●デンソーが新たな中長期計画 30年度に1.8万人のソフト人材(024p)
●オートリブが日本で拠点再編 新設工場では人間とロボットが協働(027p)
●ZFが次世代車向け技術を公開 車両運動制御の進化目指す(030p)
●ルネサスがSoCにチップレット 27年のソフト定義車両向け(034p)
●自動車ソフト開発に生成AI 日立が言語検索でシーン抽出(036p)


■New Car Report

●スズキ新型 「スペーシア」 軽自動車にオットマン初搭載(038p)
●ホンダ新型 「N-BOX」 目指したのは“普通車の走り”(040p)
●BYDが25年に日本で中型EVバス 26年に商用車向け専用PFも投入(042p)


■Cover Story マツダ、ロータリーの逆襲

●マツダ、ロータリーの逆襲(044p)
●e-fuelも使える“雑食エンジン”(046p)
●最新技術と 「匠の技」 を駆使(049p)
●5車種を1ラインで混流生産(054p)


■Features

●大型トラックの自動運転レベル4(057p)


■Interview

●佐賀 尚人氏 マツダ執行役員 R&D戦略企画 ・ カーボンニュートラル ・ コスト革新担当、R&D戦略企画本部長マツダ幹部に聞くロータリー復活の狙い(062p)
●オウェイン ・ グリフィス氏 ボルボHead of Circular EconomyEV専業へ突き進むボルボ 「リサイクルでは過去とも向き合う」 (066p)


■News Digest

●トヨタが米電池工場に1兆2000億円を追加投資 EVとPHEV用で10ライン、年間30GWh以上に、ほか(074p)


■Market Watch

●新型 「N-BOX」 が4カ月連続1位、唯一2万台超え 「スペーシア」 も好調、 「同ベース」 は価格上昇へ、ほか(082p)
3,080円
▲2024年1月号 no.166 12月11日発行


■Close up

●自工会 「24年問題」 解決へ いすゞ片山氏が新会長(004p)


■VOICE

●EVでサプライヤー 「40%減らす」 (005p)


■Disassembly Report

●12Vシステムはテスラ模倣か BYD 「シール」 のボディー系ECU(012p)


■Automotive Report

●中国撤退の三菱自は主戦場を守れるか トヨタにも忍び寄る“赤い影”(016p)
●自動車7社の23年度上期決算 中国事業の立て直しが本格化(020p)
●ホンダの新型 「アコード」 Honda SENSING 360を初搭載(023p)
●美しくない超音波センサー 「音響メタマテリアル」 で隠す(024p)
●ホンダなどが自動運転タクシー 2026年に都心部でサービス開始(026p)
●欧州部品大手が“油圧レス”ブレーキ 完全バイワイヤ化も視野(028p)
●マクセルが商用車向けHUD 「物流の2024年問題」 に照準(030p)
●車両サイバー対策でシェア1割へ トレンドマイクロの知見生かす(032p)


■New Car Report

●トヨタ新型クラウン 「スポーツ」 2.4Lデュアルブーストをなくした理由(034p)
●ホンダ 「オデッセイ」 が復活 狭山から中国生産に変更(037p)
●現代自が日本で第2弾のEV 「コナ」 はBYDの対抗馬となるか(040p)
●アルファロメオ 「トナーレ」 にPHEV 電動化戦略の要となるか(042p)
●ランボルギーニのPHEVがV12エンジンを 「反転」 させた理由(044p)


■Cover Story 自動車リサイクル待ったなし

●自動車リサイクル待ったなし(046p)
●プラと電池の規制強化で号砲(048p)
●ホンダが2025年にPMMA採用へ(052p)
●EV大量廃棄時代へ日本の糸口は(056p)


■Features

●次世代EVで競う 「JMS 2023」 各社が電動化技術をアピール(060p)
●広がる 「X in 1」 電動アクスル メガサプライヤーは高付加価値路線へ(064p)
●ノア/ヴォクシーの衝突安全ボディー ミニバンの壁を乗り越える(068p)


■Interview

●明石 寛之氏 AESCグループ副社長、最高技術責任者(CTO)AESC明石CTOが語る電池戦略 「リサイクルとCFPは絶対」 (073p)


■News Digest

●トヨタが北米EV充電に 「テスラ式」 採用 日産 ・ ホンダに続き3社目、規格統一へまた一歩 ほか(082p)


■Market Watch

●新型 「N-BOX」 が首位発進、3カ月連続1位 モデル末期の 「スペーシア」 、前年同月比3.7%プラスに ほか(090p)
▲2023年12月号 no.165 11月11日発行


■Close-up

●全固体電池の量産化 トヨタと出光がタッグ(004p)


■VOICE

●中国のEV補助金 「市場をゆがめる」 (005p)


■Disassembly Report

●テスラ超える“ノナ”バルブ BYD 「シール」 の熱マネジメントシステム(012p)


■Automotive Report

●EV一辺倒からの“揺り戻し”住友ベークライトが感じた商機(015p)
●アイシンが成長領域へシフト ギガキャストはトヨタと検討中(018p)
●日本でロータリーエンジンが復活 設計を一から見直し(021p)
●アモルファス積層コアの量産にめど モーター損失10分の1へ(024p)
●三菱ふそうの新型EVトラック 小口配送向けでヤマトから初受注(027p)
●ランボルギーニCEOに聞く エンジン車継続の可能性(030p)
●クラウド型の車両データ基盤 「IVY」 ブラックベリーが日本で提供(032p)


■New Car Report

●トヨタ新型 「センチュリー」 透けるEV ・ FCVの限界(034p)
●ホンダの主力軽 「N-BOX」 「あえて大きく変えない」 全面改良(037p)
●テスラの新型EV 「モデル3」 ステアリングからレバーが消えた(038p)
●BYDの新型EV 「ドルフィン」 置き去り検知を標準装備に(041p)
●日産 「スカイライン NISMO」 最大トルクはベース車の75N ・ m増(042p)
●ホンダの北米向け新型EV 航続距離の目標は500km超(044p)
●1億円超のフェラーリPHEV エンジン増強で最高出力は758kW(045p)


■Cover Story EV ・ SDV時代の快適性

●EV ・ SDV時代の快適性 体験を楽しむには欠かせない(046p)
●疲れやすい ・ 酔いやすいでは台無し(048p)
●ゲーム内のメカと車両の動きが連動(052p)


■Features

●アルファード/ヴェルファイアの安全性能(055p)
●国内初の自動運転レベル4 安全最優先で 「そろり」 と発進(060p)


■Interview

●渡邊 庄一郎氏 パナソニックエナジー副社長執行役員、CTO(最高技術責任者) (064p)


■News Digest

●ホンダ、北米向けEVにテスラの充電規格 「NACS」 を採用 2025年発売からNACSへ、それまではアダプターで対応 ほか(074p)


■Market Watch

●2カ月連続首位のホンダ 「N-BOX」 は半年ぶりに2万台以上 価格を引き上げた日産 「ノート」 も商品力強化で堅調 ほか(082p)
▲2023年11月号 no.164 10月11日発行


■Close-up

●BYDだけではない 中国EV新興が世界進出(004p)


■VOICE

●ディーゼル撤退のボルボ 「設計見直す」 (005p)


■Disassembly Report

●前後モーター使い分けテスラ意識か BYD 「シール」 の電動アクスル(014p)


■Automotive Report

●簡易版スタビライザー制御 新型ランクルにトヨタ初搭載(017p)
●スバルが新たな電動化計画 2027年にも米国でEV生産(018p)
●AESC新工場が24年3月に稼働 ホンダやマツダに新たに供給(020p)
●電動アクスルの開発期間を半減へ ZFが米半導体大手とR&Dセンター(021p)
● 「電池パスポート」 欧州義務化 デンソーはQRコードで追跡(022p)
● 「レアアースフリー」 のEVモーター フェライト磁石をプロテリアルが提案(024p)


■New Car Report

●ホンダがN-BOXを全面改良 「日本一売れる軽」 維持できるか(026p)
●BYDの小型EV 「ドルフィン」 実質298万円からの街乗り車(028p)
●トヨタ新型 「ランクル」 のHEV 悪路を想定し機械式4WDを採用(030p)
●トヨタ 「ヴェルファイア」 廃止危機から一転継続した理由(033p)


■Cover Story 自動ブレーキ 新たな競争軸

●自動ブレーキ 新たな競争軸(042p)
●トヨタのミニバンが高評価(044p)
●広く遠い範囲の対象物を検知(048p)
● 「全体最適」 で危険を緊急回避(050p)


■Features

●EVは油で冷やす 出光やダイキンが熱マネで新提案(056p)
●エンジン音“当たり前”から“価値”へ EVの普及で変化(066p)


■Interview

●廣瀬 一郎氏 マツダ専務執行役員兼最高技術責任者(CTO)マツダ“究極”のエンジン 「はっきり見えてきた」 (071p)


■News Digest

● 「ジャパンモビリティショー」 の参加企業は前回の倍、400社以上へ 東京の 「未来」 を 「体験」 する来場者参加型の仕組みも ほか(082p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が3カ月ぶりに首位、モデル末期でも好調を維持 登録車上位はトヨタ車が占める、生産回復で好調 ほか(090p)
▲2023年10月号 no.163 9月11日発行


■Close-up

●スバルが電動化計画刷新 EVの米国生産を決断(004p)


■VOICE

●日産のルノー新会社出資が決着(005p)


■Disassembly Report

●LFPの弱点補った 「CTB」 BYD 「シール」 の電池パック(012p)


■Automotive Report

●自動車7社の23年度1Q決算 中国事業の立て直しが急務(016p)
●デンソーが通期予想を上方修正 電動化に向けて競争力強化(019p)
●日産 ・ 横浜工場が電動化の拠点へ モーターに加え全固体電池も(020p)
●トヨタが燃料電池コスト減に本腰 欧州 ・ 中国から外販を強化(022p)
●BMWがトヨタのセル搭載FCV 30年以降に複数車種の量産見据え(024p)
●デンソーが車載技術使い水素製造 SOECの実証実験を開始(026p)
●EV化でクルマの表情が多彩に フロントグリルをパネルに代替(028p)
●ZFがインバーターにGaNやGa2O3 28年以降に400V向けSi代替(030p)
●人の動作の意味を理解するヴァレオが自動運転向け新技術(032p)


■New Car Report

●HEVが“ランクル基準”に到達 先行 「タンドラ」 で耐久性を評価(034p)
●BMWが5シリーズを全面改良 EVとMHEVを初設定(036p)


■Cover Story EVの新潮流 「X in 1」

●EVの新潮流 「X in 1」 中国が仕掛ける次のコスト競争(038p)
●EVコスト減へ中国勢が先行(040p)
● 「8 in 1」 電動アクスルを分解(044p)
● 「トレンドに乗り遅れると勝てない」 (047p)


■Features

●中国がPHEV専用エンジン開発に本腰 EV大国で戦うBYD ・ Geelyの本音(050p)
●光で交通弱者を事故から守る ホンダや市光工業が新提案(055p)
●ダイハツの自動運転 「レベル3」 軽をベースに難路を行く(060p)


■Interview

●平井 俊弘氏 日産自動車専務執行役員、アライアンスSVP、パワートレイン&EV技術開発本部担当日産の電動化戦略 「全固体電池は2030年に成熟」 (065p)


■News Digest

●トヨタが中国事業を強化、電動化と知能化で現地開発を加速 中国での生き残りをかけて仕事の仕方や意識を変革 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が2カ月連続で首位、 「N-BOX」 は秋に全面改良 登録車は前年同月比2桁増、軽自動車は2.1%減 ほか(082p)
▲2023年9月号 no.162 8月11日発行


■Close-up

●トヨタが 「ギガキャスト」 しがらみ絶てるか(004p)


■VOICE

●VWが中国メーカーに助け求める(005p)


■Disassembly Report

●中国最大手は模倣か先進か BYDのEV 「SEAL」 分解スタート(014p)


■Cover Story 電動化の行方 EVかHEVか

●電動化の行方 EVかHEVか 塗り替わる業界地図(018p)
●トヨタ ・ 日産は“両にらみ”(020p)
●一人勝ちのテスラをBYDが猛追(022p)
●地域によって販売台数に顕著な差(026p)


■Automotive Report

●トヨタが全固体電池を実用化へ EV向けで27~28年を目標に(030p)
●ホンダの新型SUV 「ZR-V」 コスト抑えて衝突安全に対応(032p)
●スバルがMT車にもアイサイト 「BRZ」 の部分改良車に搭載へ(036p)
●ニデックとルネサスが課題克服へ 「X in 1」 電動アクスルで協業(038p)
●村田製作所の高耐熱コンデンサー 「X in 1」 電動アクスルに商機(042p)
●シマノの牙城崩せるか ジヤトコが自転車市場に参入へ(044p)
●タイでバイオガスから水素製造 トヨタの脱炭素プロジェクト(046p)


■New Car Report

●新型アルファード/ヴェルファイア 高級車らしい快適性追求(060p)
●プジョーの新型 「408」 ディーゼルエンジンは設定せず(064p)


■Features

●スバル 「クロストレック」 の安全性能(066p)
●日産 「GT-R」 立ちはだかった車外騒音規制 新開発のマフラーで対応(071p)


■News Digest

●トヨタが2025年から米国ケンタッキー州でEV生産 ただし軸足はハイブリッド車、EV需要あれば迅速に対応 ほか(082p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が10カ月ぶりに首位、トヨタ車が好調 上半期は 「N-BOX」 がトップ、 「ヤリス」 「カローラ」 が続く ほか(090p)
3,080円
▲2023年8月号 no.161 7月11日発行


■Close-up

●商用車の再編が始動 電動化投資の負担軽減(004p)


■VOICE

●テスラ方式で 「充電規格統一へ」 (005p)


■Automotive Report

●トヨタのEV専任組織が始動 トップはBYD合弁から(012p)
●マツダのロータリーエンジン 発電専用で復活(014p)
● 「ジャパンモビリティショー」 スタートアップ育成の場へ(017p)
●ローテクでハイテク並みの“ワオ”ブリコラージュ発想で挑む日産(018p)
●オートリブなどの車外エアバッグ 歩行者保護から自転車対応へ(020p)
●鈴鹿 「4.6秒短縮できる」 機械学習で“勘と経験”を超える(022p)
●3列シート対応の薄型電動アクスル 明電舎が26年度に量産へ(025p)
●パナ系車載事業会社が収益改善へ 統合HPC化や高出力充電器に注力(026p)
●ジェイテクトが新型デフを開発 電動アクスルの長さを短縮(028p)


■New Car Report

●レクサスの小型SUV 「LBX」 GA-B採用のBセグ高級車標榜(033p)
●日産の新型ミニバン 「セレナ」 広角カメラでプロパイロット2.0(034p)


■Cover Story 商用EV普及の条件

●商用EV普及の条件(036p)
●大型車はFCV、小型車はEV(038p)
●新手法で複数の車種に対応(040p)
●国内小型トラック初機能を搭載(044p)


■Features

●35年以降エンジン搭載車を容認へ それでも欧州委員会の方針変わらず(050p)
●車載ハーネスを少なく軽く 光ファイバーや無線で代替へ(056p)


■News Digest

●ホンダ、欧州向けにSUVタイプの新型EV 「e:Ny1」 を発表 2023年秋に発売、 「Honda e」 に続き2車種目のEV ほか(066p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が9カ月連続首位、前年同月比61.8%増 車載半導体不足への対策進むトヨタが販売好調 ほか(074p)
2,720円
▲2023年7月号 no.160 6月11日発行


■Close-up

●ダイハツが認証不正 国内向け2車種にも波及(004p)


■VOICE

●脱炭素 「日本らしい山の登り方を」 (005p)


■Automotive Report

●自動車7社の22年度通期決算 生産制約を乗り越え反転攻勢(012p)
●マツダのロータリーPHEV 電動パワートレーンを小型化(015p)
●トヨタが2026年に次世代EV それでも収益の柱はHEV(016p)
●軽自動車でも本格HEV登場か シリーズ方式による試作も進む(018p)
●ホンダがソフト開発を強化 三部社長 「中国に遅れている」 (020p)
●デンソーの新社長に林氏 ソフトウエア開発を主導(022p)
●クラウンのHEV専用変速機 「トラックへの展開を検討」 (024p)
● 「発売時は不評だった」 画面なしナビ パイオニアがソフト更新で巻き返しへ(026p)
●停車時などに空間を広く オートリブが傾けられるステア(029p)
●既製の自転車を電動化 ホンダが後付けシステム開発(030p)
●自動運転EVプラットフォーム スズキがApplied EVと共同開発へ(032p)
●危険場面を検出するAI デンソーテンが実用化へ(033p)


■New Car Report

●“ないものねだり”からの転換 ホンダ 「ZR-V」 の価格戦略(034p)
●ホンダの 「シビックタイプR」 排気口の変更で“音”を改良(037p)
●“タイプRとは別の道で”FFの弱点に対応した 「メガーヌR.S.」 (040p)


■Cover Story 新規制 「ユーロ7」 の深層

●新規制 「ユーロ7」 の深層 EVも巻き込む欧州の思惑とは? (042p)
●欧州新規制、狙いは中国排除? (044p)
●タイヤ ・ ブレーキ粉じんも対象(049p)
●HEV専用エンジンが重要に(051p)


■Features

●テスラ独走へ電動アクスル1000ドル以下 次世代EVの手札 後編(054p)
●3つの単語でどこにでも行ける スバルの新型クロストレック(060p)
●まだまだ足りない 高齢運転者支援 パナが車室から“寄り添う”支援を提案(065p)


■News Digest

●【上海ショー】トヨタがEVコンセプト2車種を公開 Z世代向けとファミリー向け、2024年に中国で発売 ほか(074p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が8カ月連続首位、40%増の 「ヤリス」 は2位 PHEV追加の 「プリウス」 とe-POWER追加の 「セレナ」 が上昇 ほか(082p)
2,720円
▲2023年6月号 no.159 5月11日発行


■Close-up

●トヨタ新体制 「継承」 色濃い船出に(004p)


■VOICE

●ロータリーエンジンをあきらめない(005p)


■Automotive Report

●ATの多段化はもう古いのか クラウンの開発者に聞く(012p)
●“テスラ化”に危機感の東海理化 サービス開発を急ぐ理由(015p)
●新型プリウスのADASが進化 トヨタ車初の5機能を搭載(018p)
●三菱自が電動化を急加速 電池調達に総額2100億円(020p)
●ホンダの燃料電池システム 生産性向上でコストを3分の1に(022p)
●トヨタ 「ミライ」 の8倍貯蔵 豊田合成がトラック用水素タンク(027p)
●DNPなどが軽商用EVに無線充電 ケーブル不要で乗員の負担減(028p)
●チューリングと東京R&Dがタッグ 25年に自動運転EVを100台生産へ(032p)
●自動走行モビリティーの実証実験 JR東日本が歩行者との共存を検証(034p)


■New Car Report

●ホンダ 「シビックタイプR」 レブマッチシステムが進化(038p)
● 「マツダ2」 の部分改良車 CO2削減など環境対応を重視(041p)
●レクサス初のEV専用車 「RZ」 冬場の電費対策に湿度センサー(044p)


■Cover Story 新型プリウスはここが違う

●新型プリウスはここが違う(046p)
●仰角が20度を切るフロントピラー(048p)
●ゆとりのパワトレと制御 ・ 車体が肝(050p)
●車室に伝わる高音を低減(056p)


■Features

●テスラが製造刷新 EVコスト半減へ 次世代EVの手札 前編(058p)
●マツダ ・ 日産 2025年にOTA本格導入へ(064p)
●単眼カメラだけの低コストセンサー 日立系が一般道の自動運転に照準(069p)


■News Digest

●トヨタが小型バス 「コースター」 の販売を再開 ディーゼルエンジンは日野自製から自社製に変更 ほか(074p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が7カ月連続首位、上位は多くがプラス 3月と第1四半期はどちらもプラスだがコロナ以前には及ばず ほか(082p)
2,720円
▲2023年5月号 no.158 4月11日発行


■Close-up

●テスラの野望は無謀か コスト半減へ製造刷新(006p)


■VOICE

●マツダ新社長 「電動化避けて通れない」 (007p)


■Automotive Report

●“プリウス生みの親”内山田氏は5代目を買ったのか? (012p)
●BYDがEVバスに六価クロム 日野自の発売凍結から影響広がる(014p)
●トルコ ・ シリア地震の自動車影響 トヨタ 「状況を注視していく」 (016p)
●アルファロメオの電動化戦略 24年に初のEV投入(018p)
●ステアリング革命に挑む日立アステモ 新操舵デバイスに見る“割り切り”(020p)
●園児のバス置き去り事故を防げ 三洋貿易がセンサーの実証実験(024p)
●日亜化学などがヘッドランプ光源 LEDとICの一体化で照射角4倍に(027p)
●NTNのEV向け軸受 保持器の工夫で回転性能向上(028p)
●住友ゴムがタイヤ情報の検知ソフト 「クルマの上流設計に食い込む」 (030p)


■New Car Report

●スバルの新型 「インプレッサ」 安全性能では手を抜かない(032p)
●BMW 「MINI Concept Aceman」 垣間見えた将来のデジタル体験(034p)
●BMWの高性能PHEV 「XM」 エンジン出力を最適化(035p)


■Cover Story 脱炭素が変える自動車ボディー

●脱炭素が変える自動車ボディー(036p)
●脱炭素と衝突安全性能を両立へ(038p)
●4つの対策で乗り越える(042p)
●日産がグリーン鋼材を初適用(047p)


■Features

●日産の電動化戦略 3つの取捨選択(052p)
●レクサスRXの安全性能 センサー刷新、高強度ボディー適用(057p)
●ホンダの新HEV “目の肥えた欧州市場”で鍛える(062p)


■News Digest

●トヨタが4月から新体制、執行役員の佐藤氏が社長に 「クルマを造り続ける社長でありたい」 ほか(066p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が6カ月連続首位、トップ10の顔ぶれは変わらず 新型 「プリウス」 が15位にランクイン、PHEVは3月発売 ほか(074p)
2,720円
▲2023年4月号 no.157 3月11日発行


■Close-up

●豊田章男氏の危機感 「私はもう古い人間」 (004p)


■VOICE

●日本電産の電動アクスル事業に“変化” ほか(005p)


■Automotive Report

●自動車7社の22年度3Q決算 半導体調達の正常化には時間(012p)
●日野自がエンジン不正で特損 22年度最終赤字550億円へ(015p)
●軽自動車の生き残りへ スズキが目指すのは“適所適材”のEV(016p)
●デンソーが事業構造の転換を加速 10年間で10兆円規模の投資(018p)
●ステアリング革命に挑む日立アステモ 人間の操作通りではない支援も(020p)
●軽EVの電力でエレベーター稼働 停電対応を念頭に日産などが実証(024p)
●三菱自の新型軽 「デリカミニ」 予防安全機能を強化(026p)
●ジェイテクトのドライブシャフト アイドリング時の振動を低減(028p)
●異音や振動を抑制できる軸受 NTNが25年の量産化を目指す(029p)
●タイヤ無線給電でEV航続延長へ 東大がデンソーなど4社と開発(030p)
●DSMの植物由来PA410樹脂 日立アステモがEPS部品に採用(031p)


■New Car Report

●ホンダ 「ZR-V」 の4WD車がリアモーターを搭載しない理由(032p)
●ホンダ 「シビックe:HEV」 新開発のIPUで乗り味を上質に(034p)
●マツダのロータリー搭載PHEV 23年春に欧州で発売(037p)
●日産がEVの試作車公開 全固体電池の搭載で低背化(038p)
●日産 「GT-R」 がマフラーを刷新 騒音規制に対応(039p)
●アルファロメオ初の電動車 NFTで車両価値高める(040p)


■Cover Story 日産 ・ ルノーの新秩序

●日産 ・ ルノーの新秩序 “ゴーンの足かせ”を超えて(042p)
● 「ゴーンの遺産」 断ち切れたか(044p)
●共通プラットフォームの限界(047p)
● 「新たな船出」 私はこう見る(050p)


■Features

●ホンダの次世代ADAS センサー構成を変えずにハンズオフ走行(054p)
●スズキがEV向け変速機開発へ ポルシェと異なる着眼点(059p)
●ホンダが燃料電池コスト1/6へ EV以外の選択肢守る(062p)


■News Digest

●マツダ、11年ぶりにロータリーエンジンを復活 PHEVの発電用、2023年春に欧州へ投入 ほか(066p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が5カ月連続で首位、 「ヤリス」 が2位に上昇 登録車と軽自動車の乗用車はどちらも2桁増 ほか(074p)
2,720円
▲2023年3月号 no.156 2月11日発行


■Close-up

●感謝の声が聞こえない 自工会の豊田会長(004p)


■VOICE

●モビリティーを“知性を持つ存在”に など(005p)


■Automotive Report

●トヨタがEV向け手動変速機 レクサス次世代車に搭載か(011p)
● 「シビックタイプR」 のエンジン 譲れなかった高回転 ・ 高レスポンス(012p)
●VWがEVバンを日本で初公開 EV向けプラットフォームを採用(015p)
●日産の新型ミニバン 「セレナ」 単眼カメラでプロパイロット2.0(016p)
●ホンダが24年春に商用軽EV 「N-VAN」 ベースで価格抑える(018p)
●ボルボ採用品から個数を半分以下に アルプスアルパインの車内センサー(019p)
●シェフラーが新構造モーター 電動車向けに発電機と一体化(020p)
●豊田織機の樹脂ウインドー 製造コストを4割低減(022p)
●クルマと外から対話するセレンスが自動運転などに照準(024p)


■New Car Report

●BYDの国内初EVは440万円 航続距離と価格が強みに(026p)
●ホンダ 「ZR-V」 のコスト低減策 「シビック」 とPF ・ パワトレ共用(028p)
●新型 「シビックタイプR」 あえてホイールを小径化した理由(029p)
● 「マツダ6」 の部分改良車 ソフト更新でエンジン性能改善(032p)
●VW 「ゴルフR」 統合制御で旋回性能を向上(034p)
●VWの新型EV 「ID.4」 ブレーキの改良で航続距離延ばす(036p)


■Cover Story 次世代車を支えるメカ技術

●次世代車を支えるメカ技術(038p)
●優れたハードがソフトを生かす(040p)
●搭載性や制御性を下支え(043p)


■Features

●ホンダと日産のHEV専用エンジン 世界の需要増に対応(050p)
●変わる電池の開発軸 避けて通れないリサイクル対応(055p)
●ダイハツが京都工場を刷新 地道な改善で生産性2倍(060p)


■News Digest

●トヨタ、タイの財閥と炭素中立を目指して協業検討 水素を 「つくる」 「はこぶ」 「つかう」 分野で ほか(066p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が4カ月連続で首位、登録車トップは 「カローラ」 年間でも首位は 「N-BOX」 、2位は 「ヤリス」 ほか(074p)
2,720円
▲2023年2月号 no.155 1月11日発行


■Close-up

●トヨタとデンソーが出資 次世代半導体のラピダス(004p)


■VOICE

●VW 「軌道修正を」 、EVとソフトに遅れ など(005p)


■Automotive Report

●エンジン完全撤退のボルボ 新 ・ 旗艦車 「EX90」 で“向かう場所”(010p)
●トヨタの5代目 「プリウス」 生き残った太陽光パネル(013p)
●マツダが電動化対応に1.5兆円投資 エンビジョンAESCから電池調達(014p)
●ルノーがビジネスモデルを再構築 5分野を独立の重点事業に(016p)
●新型クラウンがFFベースなのは 「デザインを優先したから」 (018p)
●レンタカー事業を無人化へ 東海理化がデジタルキーを活用(021p)
●ジェイテクトが電動アクスルを小型化 軸受やオイルシールを開発(022p)
●モータースポーツ初心者の事故防ぐ マツダとボッシュの挑戦(024p)
●ZFの大型商用車向け電動アクスル SiCインバーター2つ搭載(026p)
●100%ミドリムシ燃料は軽油と同等 ユーグレナといすゞが確認(027p)
●ランボルギーニCEO 「合成燃料の可能性を模索」 (028p)
●置き去り検知で先行するIEE 量産から1年で40万台の実績(030p)


■New Car Report

●日産の新型ミニバン 「セレナ」 e-POWER専用エンジンを新開発(032p)
●BMWがSUV 「X7」 を部分改良 存在感と快適性を高める(035p)
●VWの世界戦略EV 「ID.4」 航続388kmで500万円(036p)
●アウディ初のEV 「e-tron」 改良 電池刷新で航続距離600kmに(038p)
●三菱自が 「デリカ」 の軽を投入 アウトドア志向の顧客に照準(040p)
●マクラーレン初の量産PHEV 徹底的な軽量化に挑む(041p)
●ランボルギーニ 「ウルス」 高性能版にCFRPを多用(044p)


■Cover Story マツダ“事故ゼロ”に挑戦

●マツダ“事故ゼロ”に挑戦(046p)
●縦置きエンジンの利点を生かす(048p)
●コストを抑えながら生産性5倍(052p)
●事故リスクを低減する新機能(056p)


■Features

●日産 「フェアレディZ」 開発秘話 旧ダイムラーが残した9速AT(066p)
●アイシンの第3世代eAxle 出力当たりの体積半減(070p)


■News Digest

●マツダがSiC搭載EVを2025年以降に投入 ローム製SiCモジュールを今仙電機がインバーターに ほか(074p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が3カ月連続で首位、一部改良の 「ノート」 が上昇 新型 「ステップワゴン」 の販売が回復、2桁増 ほか(082p)
2,720円
▲2023年1月号 no.154 12月11日発行


■Close-up

●プリウス全面改良 デザイン ・ 走り重視へ(004p)


■VOICE

●マツダが電動化対応に1.5兆円投資 ほか(005p)


■Automotive Report

●自動車7社の22年度上期決算 原材料高に 「値上げ」 で対抗(012p)
●“日産依存”解消へAESCが着々 BMWからEV電池を初受注(015p)
●日野自のエンジン不正問題 海外市場やトヨタ車にも波及(016p)
●ジェイテクトが運転者と協調するステアリング制御システムを開発(018p)
●マツダ 「CX-60」 に採用 ジェイテクトのFR車向け部品(020p)
●幼児置き去り検知や運転者監視にも 京セラが非接触で心拍など把握(022p)
●30年後には交通弱者事故90%減 V2X通信で、コンチネンタル試算(024p)
●ボディーの色にもEV ・ 自動運転の波 BASFが高機能塗料を開発へ(026p)
●飲酒検査にも半導体不足の波 検知器の供給難で義務化が延期(028p)
●東レがEV素材で新組織 「古い枠組みでは限界」 (030p)
●マクセルがトラック用HUDを開発 電動化が追い風に(032p)
●JR西日本とソフトバンクがバスの自動運転と隊列走行を実験(034p)
●事前予約のEV急速充電サービス “充電難民”の解決目指す(036p)


■New Car Report

●マツダ 「CX-8」 改良 頭の揺れ減らし酔いにくく(037p)
●日産 「エクストレイル」 に搭載 「運転がうまくなる」 四輪制御技術(040p)
●ダイハツ 「タント」 を部分改良 アウトドアモデルを追加(042p)
●三菱自 「ミニキャブ ・ ミーブ」 再販を機に商用軽EVで巻き返し(044p)


■Cover Story メガサプライヤー新戦国時代

●メガサプライヤー新戦国時代(046p)
●ユーロ7、ソフト対応が焦点に(048p)
●“カスタマイズ力”で差を付ける(051p)
●ソフト時代の苦労と勝ち筋(055p)
●わずか10年で“メガ”が視界に(058p)


■Features

● 「センサーレス」 で踏み間違いを防ぐ 先行するトヨタをホンダが追う(060p)
●BYD傘下入り 「いい決断」 金型メーカー社長の独白(066p)
●マツダ 「CX-60」 “パワトレ以外”で支えた部品技術(070p)


■News Digest

●トヨタが29万人分の個人情報漏洩の可能性 ソースコードがGitHub上で公開状態に ほか(074p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が2カ月連続で首位、 「タント」 が2位に上昇 軽 ・ 登録車ともに2カ月連続で2桁増、部品不足が改善 ほか(082p)
おすすめの購読プラン

日経Automotiveの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月11日  
自動車技術の明日を読むために。技術を中心とした,自動車業界の最新情報
近年、安全・環境問題に対する規制の強化や,カーエレクトロニクス技術の発展,グローバル化によるコスト競争の激化などを背景に,自動車技術は大きな転換期を迎えています。こうした情報ニーズに応えるため,月刊誌と毎日Web上で発信するニュースサイトで最新の技術情報を提供してまいります。 最新技術トレンドの分析・予測をますます強化。自動車産業に変革をもたらす3大メガトレンド「市場シフト」「電動・電子化」「モジュール化」を的確に捉え,先手を打つための自動車技術情報をよりタイムリーにお届けします。 自動車技術の明日を読むために。日経Automotiveをぜひご活用ください。◆2015年1月発売号より雑誌名が『日経Automotive Technology』から『日経Automotive』に変わりました。

日経Automotiveの目次配信サービス

日経Automotive最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経Automotiveの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.