I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

日経Automotive 発売日・バックナンバー

全128件中 91 〜 105 件を表示
▲2016年10月号 no.79 9月11日発行


■Close-up

●完全自動運転、21年量産 攻勢に出る米Ford社(005p)


■VOICE

●巨額投資なしに自動運転を実現させる(007p)


■Automotive Report

●三菱の燃費不正問題続報 PHEVの開発中止は“光”になるか(014p)
●ホンダの最新製造ライン 組み立てから完成まで3時間に(016p)
●Euro NCAP 2016フォーラム報告 2020年以降、衝突試験をさらに強化(018p)
●Schaeffler社の電動可変バルブタイミング機構モーターとECUを分離、2割小型化(021p)
●富士重工の歩行者頭部保護エアバッグ 火薬を1個に抑えて量産車に採用(025p)
●タチエスの新シート設計 貼り合わせ工数削減し、コスト3割減(027p)
●Continental社のスマートキーシステム 手を触れずにドアを自動で開閉(029p)
●自動運転の無人レース 「ROBORACE」 LiDAR軸にセンサーフュージョン(031p)


■New Car Report

●ホンダ 「NSX」 100msという素早い応答性を実現(032p)
●日産自動車 「セレナ」 手を使わずにスライドドアを開閉(034p)
●Daimler社 「メルセデス ・ ベンツEクラス」 84個のLEDチップで自在に配光(036p)


■Cover Story クルマの動きが遅すぎる

●クルマの動きが遅すぎる(038p)
●ブレーキが軸、主役は2度変わる(040p)
●まず冗長化、次に速く軽く(044p)
●高速制御でブレーキやステアを代替(049p)


■Features

●運転支援システム、“過信”を防げ(052p)
●小型車にもアルミフード(058p)


■European Report

●産学連携でEVベンチャー育成(064p)


■Disassembly Report

●Volvo社 「XC90」 ホットプレス鋼板の適用増やす(068p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●駆動輪左右のトルクを制御し旋回力を生み出す(072p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●PHEV主体で中国NEV市場攻略 多分野の電動車両で世界をにらむ(076p)


■Market Watch

●燃費データ不正の影響で軽自動車の販売不振が続く 「eK」 「デイズ」 が販売再開、eKは38位(080p)


■News Digest

●EVベンチャーの米Faraday Future 自動運転の研究に注力(082p)


■読者から

●(088p)


■編集室から

●(089p)


■Key Person

●七五三木 敏幸 Toshiyuki Shimegi ポルシェジャパン代表取締役社長技術革新でブランド価値を創造 アーリーアダプターを取り込む(090p)
▲2016年9月号 no.78 8月11日発行


■Close-up

● 「愛」 あるクルマへ ホンダとソフトバンク提携(005p)


■VOICE

●テスラ第2章、目玉は大型のEVトラック(007p)


■Automotive Report

●日産自動車の運転支援技術 高速道路の渋滞追従に対応(018p)
●Dyレスのネオジム磁石が登場 大同特殊鋼とホンダがHEVで実用化(020p)
●Bosch社のEV向け冷却水システム パワートレーンの廃熱を暖房に活用(022p)
●デンソーが 「藻」 の大型培養施設 2020年にバイオ燃料100円/L台(024p)
●トヨタ電池子会社の新サービス 外部企業から安全試験を受託(026p)
●三菱重工のパワートレーン戦略 HEV/PHEV向けターボを開発(029p)
●DeNAの無人運転バス 私有地の専用レーンを自動で走行(031p)


■New Car Report

●Jaguar社 「F-PACE」 ボディーのアルミ比率が過去最高(032p)


■Cover Story 三菱 ・ スズキの不正を繰り返すな

●三菱 ・ スズキの不正を繰り返すな(036p)
●企業体質とリソース不足が要因(038p)
●5回の目標変更が命取りに(042p)
●8割の技術者が不正に危機感(046p)
●開かれた環境で 「いいクルマ」 を(050p)


■Features

●多段化するAT 10速も登場(054p)
●エンジン樹脂化 本命のブロックへ(060p)


■European Report

●Magna 電動 ・ 電子化に舵を切る(066p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「プリウス」 (番外編) 電子部品を細部まで分析(070p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●モーターで補助動力と回生 構造は各社で大きな違い(076p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●ブランド軸に選択と集中 部品調達は“韓流”に(080p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●増加する試験項目に対応 作業者の負荷を軽減(084p)


■Market Watch

●6月単月、2016年上期ともに 「プリウス」 がトップ 三菱と日産は軽自動車の上期販売が3割以上減(088p)


■News Digest

●BMWがIntelやMobileyeと提携 自動運転車開発を促進(090p)


■読者から

●(096p)


■編集室から

●(097p)


■Key Person

●北島 昇 Noboru Kitajima IDOM 執行役員 新規事業開発室室長月額定額でクルマ乗り換え放題 所有に代わる新しい付き合い方に(098p)
▲2016年8月号 no.77 7月11日発行


■Close-up

●簡易自動運転で死亡事故 機能の限界どう伝える? (005p)


■VOICE

●燃料電池車、“選球眼”に違い(007p)


■Automotive Report

●トヨタ自動車の新型PHEV 2モーターでEV走行性能を高める(018p)
●トヨタ自動車の制御ソフト開発 新型プリウスから開発プロセスを刷新(020p)
●日産自動車とAudi社の新エンジン V6に過給ミラーサイクル、燃費も重視(022p)
●2015年度自動車アセスメント マツダが歩行者頭部保護で好評価(024p)
●高度化光ビーコン利用の運転支援システム 交差点への無理な進入を抑制(026p)
●ジェイテクトの電動油圧クラッチ MTの燃費性能を5~10%向上(028p)
●オムロンの運転者状態検知システム ディープラーニング使い3段階判定(030p)
●Bosch社、ドコモの駐車スペース把握の実証実験超音波センサーでデータを自動収集(033p)
●Harman社の車載セキュリティー戦略 “Jeepハック”の汚名返上に躍起(035p)


■New Car Report

●Porsche社 「718ボクスター」 4気筒でCO2減、6気筒と部品共用(036p)
●GM社 「キャデラックCT6」 アルミ合金活用で99kg軽量化(038p)
●ダイハツ工業 「ハイゼットキャディー」 積載量よりも 「運転のしやすさ」 (040p)


■Cover Story スバル 成長戦略の光と影

●スバル 成長戦略の光と影(042p)
●選択と集中で何を残すのか(044p)
●SGPベースにEV/PHEVを投入(046p)
●次期アイサイトと新骨格が鍵(049p)
●水平対向の限界を超えろ(055p)


■Features

●電子ミラー解禁 普及開始は2018年から(058p)
●ホンダの革新ライン 完成車組み立てに流動セル(064p)


■European Report

●Daimler社、環境車は全方位外交(070p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「プリウス」 (下) TNGAがもたらす高剛性ボディー(074p)


■Event Watch

●人とくるまのテクノロジー展2016 欧州48V部品や樹脂化技術が続々(078p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●エンジンから変速機に 流体でトルクを伝達(084p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●急成長で日産 ・ ホンダに匹敵 GM提携をてこに南アジア狙う(088p)


■Market Watch

● 「プリウス」 「N-BOX」 「タント」 がトップ3 三菱と日産は軽自動車の販売が75%以上のマイナスに(092p)


■News Digest

●デンソー、2025年にCO2を半減へ 開発中のエンジン技術を紹介(094p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●斎藤 徹 Toru Saito アウディジャパン 代表取締役社長台数ではなく、質で勝負を図るAudi 電動化、内燃機関の改善にも余念なし(106p)
▲2016年7月号 no.76 6月11日発行


■Close-up

●燃費不正が招いた再編劇 三菱が日産の傘下に(005p)


■VOICE

●トヨタは大きくなりすぎた(007p)


■Automotive Report

●人とくるまのテクノロジー展2016 Valeo社、自動運転向けレーザー(018p)
●“人馬一体”に向けたマツダの新車両制御技術 エンジン制御で旋回性能を向上(020p)
●コンチネンタルの技術試乗会 実走行中の複数車両から道路形状(022p)
●ソフトバンクが自動運転市場に参入 サービス中核に、Googleの先へ(024p)
●トヨタのビッグデータ活用 日米で実走行データの解析を開始(026p)
●東レの多孔質CFRP GFRPより60%軽く剛性は同等(028p)
●国内自動車8社の2015年度決算 “等身大”の販売力が問われる(030p)
●大型車の危険運転検知システム 後付けセンサーで導入を容易に(032p)
● 「48V化で変わるHEV勢力図」 セミナー報告 欧州勢、マイルドHEVで中国も狙う(035p)
●ダイハツ工業/トヨタ自動車 「ブーン/パッソ」 「軽」 の技術で造った小型車(038p)


■Cover Story ダウンサイジング終焉

●ダウンサイジング終焉 日本が切り崩す 独エンジン牙城(040p)
●超希薄燃焼に挑む日本(042p)
●電動化しないで95g/km以下(048p)
●低速トルクを譲らず熱効率向上(052p)


■Features

●三菱 ・ スズキの燃費不正 なぜ起きた(056p)
●ソフトで差がつく 自動運転車(062p)


■European Report

●VW危機対策の舞台裏(068p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「プリウス」 (中) ハイブリッド機構を小型 ・ 高効率化(072p)


■Event Watch

●北京モーターショー2016 “中国版ZEV規制”始まる(076p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●複雑な3段システムでNOxやPMを無害化(082p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●インド国内中心から海外へ 買収先のブランドと技術が原動力(086p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●出力や連続駆動時間、寿命などを最大化する二つの方法(090p)


■Market Watch

● 「プリウス」 「アクア」 「N-BOX」 がトップ3 三菱 「eK」 と日産 「デイズ」 の販売数が激減(094p)


■News Digest

●Volvo、CMAプラットフォーム初採用 新型 「40シリーズ」 コンセプト車(096p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●ティル ・ シェア Till Scheer フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ) 代表取締役社長主力3車種の値下げで販売テコ入れ ディーゼル車も日本に導入(106p)
▲2016年6月号 no.75 5月11日発行


■Close-up

●崖っぷちの三菱自動車 燃費試験用データを虚偽(005p)


■VOICE

●2021年までに新型車を34車種投入へ(007p)


■Automotive Report

●熊本地震の影響と復旧状況 トヨタ生産停止、部品空輸で対応(018p)
●マツダのエンジン戦略 次世代は 「とにかく混ぜる」 を追求(020p)
●Daimler社のトラック隊列走行 15m間隔で走行し、燃費7%向上(022p)
●韓国メーカーの電池戦略 LGの凄み、57車種に供給へ(024p)
●生産性10倍の炭素繊維の製造法 焼成工程を5分程度に短縮(027p)
●豊橋技術科学大学の走行中給電システム 1人乗りEV使った屋外実験に成功(031p)
●パナソニックの赤外線センシング 車載空調システムに向けて低コスト化(035p)
●日立と本田技研の小型アルコール検知器 3秒以内に酒気帯び状態を検知(037p)


■New Car Report

●日産自動車 「GT-R」 点火時期制御で出力15kW向上(038p)
●Volvo社 「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」 モーター2個でパワーアシスト(040p)


■Cover Story スズキ インドで次の一手

●スズキ インドで次の一手(042p)
●45%のシェアを守り切れるか(044p)
●生産 ・ 開発で人を育てる(046p)
●トヨタ自動車 ダイハツと協力して小型車市場で挽回へ(051p)
●ホンダ ディーゼル車を軸に展開する(052p)
●日産自動車 激戦区にクロスオーバー車を投入(053p)
●ヨロズ 日産グループへの依存を減らす(054p)
●アイシン精機 快適装備の低コスト化を探る(055p)


■Features

●ホンダの新型FCV 進化を支えた先進技術(056p)
●自動車未来サミット2016 Spring 報告 「レベル3」 の自動運転が見えた(064p)


■European Report

●岐路に立つBMW 悩むディーゼル、慎重な自動運転(068p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「プリウス」 (上) TNGA採用で部品配置を最適化(072p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●遊星歯車機構で変速 多段化と効率向上進む(076p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●脱北米依存が最大の試練 地域専用車と高級ブランドで攻める(080p)


■Market Watch

●4カ月連続で 「プリウス」 が首位、2位は 「N-BOX」 乗用車と軽自動車のどちらも前年同月比マイナス(084p)


■News Digest

●Ford、メキシコと南アに投資 南アでの 「Everest」 生産に備える(086p)


■読者から

●(096p)


■編集室から

●(097p)


■Key Person

●津賀 一宏 Kazuhiro Tsuga パナソニック 社長電池や車載情報端末が成長の源 M&Aを含む戦略投資を実行する(098p)
▲2016年5月号 no.74 4月11日発行


■Close-up

●PHEVを舞台にトヨタと欧米勢の戦いが始まる(005p)


■VOICE

●20~30年先を見据えて先を行く(007p)


■Automotive Report

●スマートエネルギーWeek2016 2020年の車載電池が見えてきた(016p)
●アイシングループの運転支援技術 自動駐車、路肩への緊急停車を公開(020p)
●IHS Automotiveの世界販売台数予測 新興国が再び成長を牽引へ(022p)
●住友重機械工業の車体成形システム 強度、剛性の高い鋼製車体を軽く造る(024p)
●クルマの2050年を徹底予測するセミナー 自動運転時代の要は都市管理(026p)
●アジアものづくりカンファレンス インドを世界の開発 ・ 生産拠点へ(028p)
●日本精工の世界最軽量コラム式EPS 2017年に軽自動車に搭載(031p)
●デンソーとドコモが自動運転で協業 無線基地局と連携し走行情報を共有(033p)
●ルネサスの故障予測SoC 電圧降下を予測、低消費電力で高信頼(035p)


■New Car Report

●Porsche社 「911カレラ/カレラS」 3.0Lターボにライトサイジング(036p)
●BMW社 「ミニコンバーチブル」 横転時に保護バーが瞬時に作動(038p)


■Cover Story 自動運転センサー 主役はレーザーへ

●自動運転センサー 主役はレーザーへ(040p)
●市街地の自動運転でLiDARは必須(042p)
●可動部分を減らし小型 ・ 低コスト化(046p)
●2020年以降に画素数は700万超へ(050p)
●予想より早まるCMOS化(054p)


■Features

●Tesla Motors社CTO JB Straubel氏もっと多くの人にEVを届けたい(056p)
●一体化進む 後処理装置 待ったなし 排ガス対応(060p)


■European Report

●ZF TRWの開発戦略 安全技術の高度化に挑む(068p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「クラウン」 (下) 後部サス見直し乗り心地向上(074p)


■Event Watch

●ジュネーブモーターショー2016 新HEV相次ぐ、差異化を競うSUV(078p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●横置きはベルト 縦置きはチェーンで最適化(084p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●制裁解除を機に注目高まる 中東 ・ アフリカ市場を左右(088p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●電源ICの放射ノイズを低減 ADASの進化や自動運転に寄与(092p)


■Market Watch

●1~5位は前月と同じ、 「フィット」 「N-WGN」 が上昇 小型乗用車と軽4輪乗用車は10%以上のマイナス(096p)


■News Digest

●新型 「シビックセダン」 2018年までに日本で発売(098p)


■読者から

●(112p)


■編集室から

●(113p)


■Key Person

●クリストフ ・ プレヴォ Christophe Prevost プジョー ・ シトロエン ・ ジャポン代表取締役社長高級ブランド 『DS』 の確立を急ぐ 2016年内にディーゼル車を日本へ投入(114p)
▲2016年4月号 no.73 3月11日発行


■Close-up

●ダウンサイジングと決別 VWグループが方針転換(005p)


■VOICE

●スズキとVW、ようやく和解へ(007p)


■Automotive Report

●ホンダが2モーターHEVを大幅刷新 コスト下げてトヨタを猛追(016p)
●トヨタがダイハツを完全子会社に グローバルで小型車事業を強化(018p)
●三菱電機の研究開発成果発表会 自動操舵で衝突を回避(020p)
●名古屋大学のCFRTP成形法 大型ボディー部品を1分で作る(022p)
●ALCAの電池分野新技術説明会 次世代電池向けに新しい要素技術(024p)
●トヨタ、NTT、PFNの 「ぶつからないクルマ」 深層学習を 「エッジ」 で処理(027p)


■New Car Report

●Audi社 「A4」 0~250km/hで“半自動運転”(028p)
●Volvo社 「XC90」 交差点での衝突事故を回避(030p)


■Cover Story 運転手はAI 近づく無人運転時代

●運転者はAI 近づく無人運転時代(032p)
●完全自動運転車が世界を走る(034p)
●仮想走行試験でどんどん賢く(039p)
●多層の防御で安全に 「つなげる」 (044p)


■Features

●燃料改質エンジン 次世代の切り札へ(046p)
●異種材料を低コストで強固につなぐ(052p)
●自動運転にEthernetは不可欠 光配線による1Gビット/秒も視野(058p)


■European Report

●公道排ガス試験第2弾 CO2排出量の真実(066p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「クラウン」 (上) 静粛性高めたボディー骨格(070p)


■Event Watch

●デリーモーターショー2016 小型車市場にSUVの流れ(074p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●燃料噴射の高圧化と低圧縮比化で性能高める(078p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●ダイハツ完全子会社化に期待 “HEV不毛の地”中国に好機到来(082p)


■Market Watch

●新型 「プリウス」 が好調、2万台超えでトップ 軽自動車はマイナス、乗用車は2カ月連続プラス(086p)


■News Digest

●日産が2代目 「Armada」 発表 排気量5.6Lの高耐久型SUV(088p)


■読者から

●(096p)


■編集室から

●(097p)


■Key Person

●八郷 隆弘 Takahiro Hachigo ホンダ代表取締役社長2030年には販売数の3分の2をPHEVなどの電動車に(098p)
▲2016年3月号 no.72 2月11日発行


■Close-up

●Googleが自動運転を目指す二つの理由(005p)


■VOICE

●初の100万台突破へ攻勢 ほか(007p)


■Automotive Report

●オートモーティブワールド2016 クルマの電動化が止まらない(014p)
●トヨタ、河西工業の内装照明技術 “光のHMI”で自動運転を快適に(018p)
●クルマを軽くする新材料開発 世界の燃費規制に材料面から挑む(020p)
● 「プリウス」 の新駐車支援機能 カメラを使わずにソナーで実現(023p)
●ニッパツの“からくり”電動シート モーター1個で3動作、軽く安く(025p)
●自動車分野へのTPPのインパクト 米国向け変速機など関税即時撤廃(027p)


■New Car Report

●スズキ 「イグニス」 小型クロスオーバー車を世界へ(028p)
●Volkswagen社 「ゴルフ トゥーラン」 MQBで燃費23%改善、車内も広く(030p)


■Cover Story 2030年に向けた環境 ・ 安全規制

●2030年に向けた環境 ・ 安全規制(032p)
●負担増すディーゼルや直噴ガソリン(034p)
●WLTPやRDE試験を導入へ(038p)
●歩行者保護や自動運転に備える(045p)


■Features

●リーフとミライの実車燃費試験 効率ではEVに軍配(050p)
●自動運転時代の幕が上がる 「CES 2016」 報告(056p)


■European Report

●公道排ガス試験 どのディーゼル車が クリーンか(062p)


■Disassembly Report

●Jaguar Land Rover社 「XE」 「XF」 Al合金の新世代ボディーで軽量化(066p)


■Event Watch

●デトロイトモーターショー2016 米国3社が電動車両でそろい踏み(070p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●排ガスで燃焼温度を下げて NOX抑制や燃費改善を実現(076p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

● 「いかに活用するか」 の新段階へ 管理 ・ 経営層の支援が導入の鍵(080p)


■Market Watch

●12月は新型 「プリウス」 、通年では 「アクア」 がトップ乗用車全体では前年比5.5%減、軽4輪は17.8%減 ほか(084p)


■News Digest

●Hyundaiの 「IONIQ」 PHEVモデル 高効率エンジンなどに特徴 ほか(086p)


■読者から

●(096p)


■編集室から

●(097p)


■Key Person

●新型EクラスはCクラスとPFを共用 今後アルミの使用範囲を広げるトーマス ・ ルードラフThomas Rudlaff Daimler社 Senior Manager Advanced Body Structure(098p)
▲2016年2月号 no.71 1月11日発行


■Close-up

●過給ダウンサイジング これがマツダの答え(005p)


■VOICE

●長いチャレンジの始まり ほか(007p)


■Automotive Report

●マツダの“ダウンサイジング”エンジン 2流路の新ターボで圧縮比高める(014p)
●次世代車載カメラ 2018年には200万画素超へ(016p)
●マツダの変速機工場 SKYACTIV躍進を支える現場力(018p)
●トヨタとホンダの救急自動通報システム 過去のデータから事故の状況を予測(020p)
●COP21が与える自動車業界への影響 「1.5℃」 実現ならEVは4割大幅超え(022p)
●ブリヂストンのタイヤ内蔵センサー 自動運転の地図データ作成に商機(024p)
●米Qualcomm社のワイヤレス給電技術 コイル2種の“いいとこ取り”を実現(025p)
●旭硝子のUV99%カットガラス 後席ドアやリアのガラスにも対応(026p)
●インド自動車部品工業会(ACMA)の展示会 日本企業との協業に向け、約50社が出展(027p)
●日本特殊陶業の水素検知センサー 熱伝導方式でFCVを安全に(029p)


■New Car Report

●トヨタ自動車 「レクサスGS F」 乗り心地の良さと速さを両立(030p)
●Daimler社 「smart fortwo」 プラットフォーム共用でMINIに対抗(032p)
●BMW社 「X1」 FF化で車内を広く、新エンジンも搭載(034p)


■Cover Story 徹底調査 伸びる部品メーカーの条件

●徹底調査 伸びる部品メーカーの条件(050p)
●品質で守り、提案力で攻める(052p)
●危機感高まる品質、低いセキュリティー(056p)
●主戦場は中南米や中東 ・ アフリカへ(062p)
●電気だけでなく機械も枯渇(066p)


■Features

●レーザーへ向かう ヘッドランプ(070p)
●自動運転車普及のロードマップ(076p)


■European Report

●VOLVO 2020年の電動化戦略(084p)


■Disassembly Report

●Audi社 「TT」 「R8」 Al合金を使う二つの方法(090p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●ポンピングロスと 吸排気効率を自在に操る(094p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●復活のカギは中国とイラン DSブランドは独り立ちできるか(098p)


■Market Watch

● 「アクア」 「N-BOX」 は3位以下に大差 「フィット」 「プリウス」 「ハスラー」 は順位を下げる ほか(102p)


■News Digest

●Boschが日本でも自動運転 高速道路で公道試験を開始 ほか(104p)


■読者から

●(112p)


■編集室から

●(113p)


■Key Person

●エンジン革命で五つのパワートレーン ディーゼルHEV、PHEVも発売上野 金太郎 Kintaro Ueno メルセデス ・ ベンツ日本社長兼最高経営役員(CEO) (114p)
▲2016年1月号 no.70 12月11日発行


■Close-up

●ロボットがバイクを操作 ヤマハ流の自動運転(005p)


■VOICE

●自動運転車の導入、まずは日本で ほか(007p)


■Automotive Report

●硝安“悪玉論”にタカタ技術者が語る 吸湿後の破裂は 「分からなかった」 (014p)
●トヨタがシリコンバレーに新会社 人工知能研究で攻めに出る(016p)
●トヨタ自動車の中国戦略 HEVをガソリン車並みの価格に(017p)
●日立オートモティブシステムズの自動運転技術 レベル2に対応した試作車を開発(018p)
●VW社の排ガス不正問題続報 ガソリン車にも拡大、収束見えず(020p)
●アーヘンコロキウム2015報告 Daimler、BMWが新ディーゼル(022p)
●自動車8社の2015年度上期決算 主力市場の違いで明暗が分かれる(024p)
●ジヤトコの改良型副変速機付きCVT 変速比幅を8.7に拡大して燃費向上(027p)
●英GKN社の電子制御式デフロック機構 設計改善で高トルクに対応(029p)


■New Car Report

●トヨタ自動車 「レクサスRX」 加速感や応答性の向上で走る楽しさ(030p)
●BMW社 「MINIクラブマン」 車内空間を広げて実用性を向上(032p)


■Cover Story 世界標準車プリウス

●世界標準車プリウス(034p)
●走りで 「ゴルフ」 を越える(036p)
●プリウス部品一覧(本誌推定) 国内メーカーの総力結集(040p)
●歩んだ道は異なるが、MQBに似る(042p)
●高い効率と小型化を徹底して追求(046p)


■Features

●欧州勢のPHEV攻勢 背景に優遇策の陰(052p)
●ホンダ、新型FCV ・ NSXを公開(058p)
●モジュール戦略の神髄 日産 ・ ルノーの 「CMF」 に学ぶ成功の条件(064p)


■Disassembly Report

●Daimler社 「メルセデス ・ ベンツCクラス」 (下)Alダイカスト部品で剛性を向上(072p)


■ASIAN TRENDS

●【最終回】 インド編:世界第3位の自動車市場へ スズキとの経験の差に苦しむ“挑戦者”トヨタ(076p)


■Event Watch

●東京モーターショー2015 自動運転車の実現を競う(080p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●人の感性に配慮した制御技術で 乗り心地と走行安定性を向上(086p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●モーター使う電動4WD環境性能向上にも寄与(090p)


■Market Watch

●新型 「シエンタ」 や一部改良した 「フィット」 が上位に 新型軽自動車 「キャスト」 が好調、トップ10入り ほか(094p)


■News Digest

●Land Rover初のオープンカー SUV 「Evoque」 をベースに ほか(096p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●日本の中小企業はインド進出をスズキ、ホンダに続けアルヴィンド ・ バラジ Arvind Balaji インド自動車部品工業会(ACMA)会長(106p)
▲2015年12月号 no.69 11月11日発行


■Close-up

●マツダがロータリーに再挑戦 FRスポーツカー開発(005p)


■VOICE

●GM、ホンダとの提携拡大へ ほか(007p)


■Automotive Report

●CEATEC JAPAN 2015報告 軽に自動ブレーキ、ITS関連部品も(014p)
●ITS世界会議2015 PSAとRenault、自動運転車を発表(018p)
●パイオニアが自動運転用LIDARに参入 安く小さく、地図連携も狙う(020p)
●新型フォレスターのLEDヘッドランプ モーターで照射範囲を連続的に変える(022p)
●サステナビリティーに関する国際シンポジウム 消費者行動に変化、透明性が競争力に(025p)
●自動車ロードマップ2050 FCVの普及率は2%にとどまる(029p)
●ブリヂストンの新天然ゴム資源 「グアユール」 由来のタイヤを試作(031p)
●自動運転セミナー報告 2030年から始まるAutomotive4.0(033p)


■New Car Report

●BMW社 「7シリーズ」 初のジェスチャー入力、自動駐車機能(034p)
●Jaguar社 「XF」 ボディーのアルミ化で190kg軽く(036p)
●FCA社 「ジープレネゲード」 9速ATとオンデマンド式の4WD採用(038p)


■Cover Story 48V化で変わるHEV勢力図 2025年に1000万台市場へ

●48V化で変わるHEV勢力図 2025年に1000万台市場へ(040p)
●燃費規制対応の切り札(042p)
●共通規格で低コスト ・ 量産効果狙う(044p)
●Valeo社 2016年に実用化、Audi社に供給へ ほか(049p)


■Features

●2020年に高速道路で実用化へ トヨタの最新自動運転車(054p)
●東京モーターショー2015速報 環境対応、自動運転を訴求(060p)
●VW 不正の波紋(066p)


■Disassembly Report

●Daimler社 「メルセデス ・ ベンツCクラス」 (上) アルミ合金採用でマルチマテリアル化(072p)


■ASIAN TRENDS

●ミャンマー編:急成長直前の未開拓市場 中古車中心の小規模市場に変化の兆し(076p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●高速走行時の安定性高める センターデフの違いで4種類(084p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●自助努力の 「優等生」 課題はLincolnの立て直し(088p)


■Market Watch

●2015年度上半期の首位は 「アクア」 、2位と3万7000台の差 「キャスト」 は発売1カ月で2万台受注、好調な立ち上がり ほか(092p)


■News Digest

●米国向け新型 「Civic」 セダン ターボエンジン搭載 ほか(094p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●IoT時代の新研究センターを開設 ディーゼルはクリーンと信じるフォルクマル ・ デナー Bosch社 会長兼CEO(最高経営責任者) (106p)
▲2015年11月号 no.68 10月11日発行


■Close-up

●排ガス規制で不正発覚 揺れるVW社、CEO交代へ(005p)


■VOICE

●増税の影響は想定以上だった ほか(007p)


■Automotive Report

●マツダの次世代プラットフォーム FRへの刷新を検討開始(014p)
●トヨタ自動車の次世代ハイブリッド車 プリウスの燃費、欧州では18%向上(015p)
●VWの排ガス規制不正回避 専門家が見る不正の背景とからくり(018p)
●コンチネンタルの技術試乗会 後方も自動ブレーキで衝突回避(020p)
●自動運転に向けた国際動向 政府機関による環境整備が進展(024p)
●2020年の車載ネットワーク CAN FDかEthernetか、5Gを自動車に(026p)
●第13回全日本学生フォーミュラ大会 オーストリアGRAZ工科大学が総合優勝(028p)
●アジアものづくりカンファレンス報告 インドネシアに必要なのは、原材料と部品(030p)
●Daimler社のディーゼルハイブリッド システム流用でエンジン車と同価格(033p)
●ダイハツ工業のASEANエンジン 部品の現地調達を拡大、燃費も改善(035p)
●エスペックの 「バッテリー安全認証センター」 車載電池の国際規則対応が始まる(037p)


■New Car Report

●スズキ 「ソリオ」 新プラットフォーム導入で燃費9%改善(038p)
●ダイハツ工業 「キャスト」 顧客の個性重視に応える、SUVも投入(040p)
●Volkswagen社 「ゴルフ GTE」 トルクと加速はスポーツモデル並み(042p)


■Cover Story クルマの革新は内装で

●クルマの革新は内装で(044p)
●問われるHMIと質感の進化(046p)
●視線移動や情報量は最小限に(050p)
●欧州車に学び、新材料を使う(055p)


■Features

●Jeep ハックの衝撃 世界総力戦へ(058p)
●ホンダF1、続く挑戦(064p)
●インドネシアをSUVで攻める(070p)


■Disassembly Report

●BMW社 「7シリーズ」 マルチマテリアル構造で軽量化(076p)


■ASIAN TRENDS

●中国編:世界が注目する巨大マーケット 日本車と電動車両の存在感増す(080p)


■Event Watch

●フランクフルトモーターショー2015 クロスオーバー車に商機(084p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●AUTOSARによるソフトの再利用と MOSTネットワークとの共存を実現(090p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●早く ・ 静かにエンジン再始動 スターターモーターが進化(094p)


■Market Watch

● 「アクア」 が5カ月連続トップ、 「シエンタ」 が5位に躍進 軽自動車は8カ月連続減、トップ10では6車種が入る ほか(100p)


■News Digest

●空気中のCO2を使って燃料生成 Fordが350万ユーロ投資 ほか(102p)


■読者から

●(112p)


■編集室から

●(113p)


■Key Person

●高効率内燃機関の開発に活路 グローバル販売は正念場に 光田 稔(114p)
▲2015年10月号 no.67 9月11日発行


■Close-up

●VW社との提携解消 試されるスズキの“自力”(005p)


■VOICE

●スズキ、ストロングHEV投入へ ほか(007p)


■Automotive Report

●EuroNCAP 2015フォーラム報告 歩行者、夜間対応の最新ロードマップ(018p)
●電動スクーターの新発表続々 ヤマハ発動機は若い女性狙う(020p)
●Magna社の技術説明会 単眼カメラ使い約130km/hで半自動運転(023p)
●ドイツ3社がHEREを買収したワケ トヨタは出資拒否、吉か凶か(027p)
●Volkswagen社の自動駐車システム スマホの指示だけで駐車と充電完了(031p)
●Volvo社の1.5Lターボエンジン 2.0Lエンジンをショートストローク化(033p)
●メルセデス ・ ベンツの板金塗装工場 工夫要るアルミボディーの補修作業(035p)


■New Car Report

●Audi社 「TT」 ブランドの象徴は、見た目を変えない(036p)
●Jaguar社 「XE」 新開発のディーゼルエンジンを初搭載(038p)


■Cover Story 新興国、上級シフト狙え

●新興国 上級シフト狙え 日系8社の闘い(048p)
●妥協したくない新興国の消費者(050p)
●トヨタ自動車 先進技術で乗り心地や静粛性を向上(054p)
●いすゞ自動車 リアサスを変更したスポーティーなSUV(058p)
●三菱自動車 やや小型の車両をIMVより低価格で(060p)
●マツダ グローバルカーを基に上級感高める(061p)
●スズキ 新装備を先取りして新たな市場作る(063p)
●ホンダ 7人乗りの小型SUVで新市場を開拓(064p)
●日産自動車 低価格車でもメリハリを付けて上級感(066p)
●ダイハツ工業 SUV開発と共にMPVの商品力高める(068p)


■Features

●2018年の車載カメラ 夜間歩行者に対応(070p)
●相川哲郎 三菱自動車 代表取締役 社長 兼 COO早く失敗したものが 速く進化する(076p)
●IBMの 「オートモーティブ2025」 調査 成長のためには 他業界との連携が鍵(082p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「アクア」 (下) 電池を後席下に置き、運動性能高める(088p)


■ASIAN TRENDS

●イスラエル編(下):世界が注目するITベンチャー次世代車のコア技術を次々と生み出す(092p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●“逆張り”のロシア戦略 日産をうまく活用(096p)


■連載講座 IoTとクルマ

●アプリの情報をクルマで使う スマホが個人情報のハブに(100p)


■Market Watch

● 「アクア」 が4カ月連続トップ、 「カローラ」 が2位 12年ぶりに全面改良した 「シエンタ」 が16位 ほか(102p)


■News Digest

●BMWがM4クーペをベースに 水噴射式エンジン搭載車 ほか(104p)


■読者から

●(112p)


■編集室から

●(113p)


■Key Person

●世界一のブレーキ会社目指す 企画 ・ 開発から生産まで一気通貫へ小木曽聡 アドヴィックス 社長(114p)
▲2015年9月号 no.66 8月11日発行


■Close-up

●スズキが社長交代 脱 「中小企業のおやじ」 (005p)


■VOICE

●ホンダらしいクルマづくりに注力 ほか(007p)


■Automotive Report

● 「次世代自動車フォーラム」 報告 自動車の将来像が見えてきた(014p)
●BMW社の電動化技術 トヨタ製燃料電池使うが後輪駆動に(018p)
●Volvo社の新ディーゼルエンジン ガソリンエンジンと基本設計を共通化(020p)
●Honeywell社のターボチャージャー ル ・ マンを制した技術が2017年公道へ(022p)
●Al合金と強固に接合できる鋼板 車体のマルチマテリアル化の武器(024p)
●熊本大学発の不燃Mg合金 「ねじ」 から始まる軽量金属の開花(026p)
●スズキの新中期経営計画 2019年度までに20モデル投入へ(029p)
●電池メーカーAESCの社長に聞く 稼働率50%超に向け蓄電池投入(031p)
●複数の車載OSに対応する開発環境 音声認識アプリの導入が加速(033p)


■New Car Report

●トヨタ自動車 「シエンタ」 12年ぶりの全面改良でHEV用意(034p)
●Volkswagen社 「パサート」 気筒休止やホットプレス材で燃費改善(036p)


■Cover Story タカタの教訓 巨大リコール時代の部品メーカー

●タカタの教訓 巨大リコール時代の部品メーカー(038p)
●曖昧な仕様は命取り(040p)
●破裂の原因部位はシールか(046p)


■Features

●2030年 軽量化のシナリオ(052p)
●3輪EV アジアで走り出す(058p)
●品質の意味が変わる 「壊れない」 から 「使いやすさ」 へ(064p)


■Disassembly Report

●トヨタ自動車 「アクア」 (上) プリウスのシステムを大幅に小型化(070p)


■ASIAN TRENDS

●イスラエル編(上):世界有数のIT開発拠点が自動車産業に参入自動運転成功の鍵を握る画像認識技術(074p)


■Event Watch

●ZF社最新技術試乗会 現実性増す自動駐車や走行履歴活用(078p)


■連載講座 カーエレクトロニクスの今を知る

●85kHz帯を中心に検討が進む 既存の無線機器との共存が課題(082p)


■連載講座 メカニズム基礎解説

●最大3個のモーターで エンジン駆動を支援(086p)


■Market Watch

●6月単月、上半期ともに 「アクア」 がトップ、 「N-BOX」 が2位 トップ20では1年3カ月ぶりに乗用車の割合が上昇 ほか(092p)


■News Digest

●トヨタの汎用自動ブレーキ 歩行者の検知も可能に ほか(094p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●2015年末から3次元地図を提供 ADAS、自動運転に向けて着々 マンダリ ・ カレシー Mandali Khalesi HERE Japanコネクテッドドライビング事業部市場戦略本部アジア太平洋地域担当本部長(106p)
▲2015年8月号 no.65 7月11日発行


■Close-up

●遅すぎる会見 原因は曖昧なまま(005p)


■VOICE

●多様な人材を登用する方針は貫く ほか(007p)


■Automotive Report

●スズキの自動ブレーキ戦略 軽自動車初のステレオカメラ搭載(014p)
●トヨタの新ディーゼルエンジン 「GD型」 グループで新興国市場に挑む(016p)
●ダイハツ工業の 「コペンセロ」 着せ替え開始、3Dプリンター活用も(018p)
●熱対策の新提案が続々 ECUは高耐熱、電池は積極放熱へ(020p)
●新日鉄住金の高張力鋼板 2017年に1.2GPa級を米国で供給(022p)
●次期 「プリウス」 の車載ソフトウエア モデルベース開発を上流に適用(025p)
●自動車セキュリティーの主導権争い始まる ドイツが新規格を提案、米国対抗か(027p)
●リチウムイオン電池の新正極材 エネルギー密度6倍の可能性(029p)
●Intel社が車載事業を強化 FPGA大手買収でADAS市場攻略(031p)


■New Car Report

●三菱自動車 「アウトランダーPHEV」 質量30kg増、それでも高めた静粛性(032p)
●スズキ 「アルトラパン」 20~30歳代の女性を囲い込む(034p)


■Cover Story ベンチャー発クルマ新ビジネス

●ベンチャー発 クルマ新ビジネス(038p)
●クルマが新たな価値を生む(040p)
●個人車を貸し出し、カーシェア市場で急成長 ほか(042p)
●2020年までにロボットタクシーを実現 ほか DeNA×ZMP(046p)
●ユーザーがクルマメーカーに ほか(050p)


■Features

●トヨタの新型FCV 「MIRAI」 の中核技術(052p)
●ホンダ、直噴ターボで欧州勢に挑む(058p)
●S660とコペンの工場 造り方も好対照(064p)


■Disassembly Report

●ホンダ 「アコードハイブリッド」 (下) 軽量化、静粛性向上を徹底(070p)


■ASIAN TRENDS

●中国編:GoogleやAppleはいらない IT大手がクルマの電子化に続々参戦(074p)


■連載講座 自動車メーカー戦略分析

●外資頼みからの脱却図る 注目3社の戦略を読み解く(078p)


■連載講座 IoTとクルマ

●状況や嗜好に応じ情報提供 より自然な対話で負荷減らす(082p)


■Market Watch

●部分改良した 「スペーシア」 が8ランク上昇しトップ10入り 4月に全面改良した 「ステップワゴン」 は18位 ほか(084p)


■News Digest

●新型 「Astra」 は大幅に軽量化 コーナーの走行快適性を向上 ほか(086p)


■読者から

●(096p)


■編集室から

●(097p)


■Key Person

●エンジンで世界をリードする 2018年度には熱効率50%に松浦 浩海 自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)運営委員会委員長 (本田技術研究所四輪R&Dセンター 室長) (098p)
おすすめの購読プラン

日経Automotiveの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月11日  
自動車技術の明日を読むために。技術を中心とした,自動車業界の最新情報
近年、安全・環境問題に対する規制の強化や,カーエレクトロニクス技術の発展,グローバル化によるコスト競争の激化などを背景に,自動車技術は大きな転換期を迎えています。こうした情報ニーズに応えるため,月刊誌と毎日Web上で発信するニュースサイトで最新の技術情報を提供してまいります。 最新技術トレンドの分析・予測をますます強化。自動車産業に変革をもたらす3大メガトレンド「市場シフト」「電動・電子化」「モジュール化」を的確に捉え,先手を打つための自動車技術情報をよりタイムリーにお届けします。 自動車技術の明日を読むために。日経Automotiveをぜひご活用ください。◆2015年1月発売号より雑誌名が『日経Automotive Technology』から『日経Automotive』に変わりました。

日経Automotiveの目次配信サービス

日経Automotive最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経Automotiveの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.