I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

日経Automotive 発売日・バックナンバー

全128件中 31 〜 45 件を表示
▲2021年11月号 no.140 10月11日発行


■Close-up

● 「敵は炭素、内燃機関ではない」 (004p)


■VOICE

●トヨタ、ついにEV本腰 ほか(005p)


■Automotive Report

●トヨタ ・ ウーブンの 「AMP」 ドライブレコーダーで高精度地図(014p)
●ボッシュが日本で電動ブレーキ量産 小型品を2022年投入へ(016p)
●ラストワンマイル配送を効率化 三菱ふそう、米社と業務提携(018p)
●トヨタ、ソフトを手の内化 技術者1万8000人体制へ(020p)
●自動車のサイバー対策 “SBOM”が標準慣行に(022p)
●事故時の記録装置 「EDR」 22年に義務化 欧州と統一(024p)
●米NHTSA、テスラAutopilot調査へ 対象車両は76万台(026p)
●エンジン撤退前倒し コンチネンタル独立のヴィテスコCEO(027p)
●日産、英国工場をEV生産ハブへ 欧州で炭素中立を加速(028p)
●“デジタルツイン”でクルマを守る イスラエル新興のサイバー対策(030p)


■New Car Report

●プジョー、新型 「308」 投入へ 改良版プラットフォームを採用(032p)


■Cover Story 自動ブレーキセンサー覇権争い

●自動ブレーキセンサー覇権争い 単眼カメラだけのホンダ復権(034p)
●単眼カメラだけのホンダ失地回復(036p)
●夜間性能のポイントが見えた(040p)
●VWグループの新型車に食い込む(044p)


■European Report

●VW、新ソフトプラットフォーム グループで統一、25年までに開発(046p)
●VW 「ID.3」 だけじゃない コンチの統合ECUが20車種へ(050p)


■Features

●ホンダ新型 「シビック」 新たな設計 ・ 開発手法を初適用(052p)
●中国製の格安EV 「宏光MINI EV」 識者に聞く人気と安さの秘密(058p)
●14年ぶりに全面改良 トヨタ 「ランドクルーザー」 (062p)


■Disassembly Report

●不自然な空間をあえて残した理由 VW 「ID.3」 の電池(前編) (068p)


■News Digest

●テスラの次の一手は人型ロボ、22年に試作を目指す 頭脳や目に自動運転EVの部品や技術を流用 ほか(082p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が2カ月連続首位、新型 「アクア」 が4位まで上昇 軽自動車の減少傾向続く、トップ20でプラスは 「ハスラー」 のみ ほか(094p)
▲2021年10月号 no.139 9月11日発行


■Close-up

●日産の軽EV、22年度発売 20kWhでアイ ・ ミーブ超え(007p)


■VOICE

●トヨタ、ソフト技術者1万8000人へ ほか(009p)


■Automotive Report

●自動車7社の21年度1Q決算 事業リスク対応力が問われる(016p)
●デンソーのADAS戦略 新型センサーで 「メガ」 に対抗(019p)
●堀場製作所が排ガス測定に新技術 Euro 7への対応も視野(022p)
●テスラ 「モデルX」 のキーレス脆弱性 チーム連携不足か(024p)
●村田製作所が車載向け電波暗室 異例のシャシダイ付き(028p)
●UDトラックス、電動パワステを採用 悪路での操舵も支援(030p)
●日本にやってきた 驚異の中国製50万円EV(032p)
●スズキ、インドで電動化加速 25年までにEVと高出力HEV投入(033p)


■New Car Report

●アウディの 「Q5 Sportback」 クーペタイプで日本市場を攻める(034p)


■Cover Story VW 「ID.3」 分解

●VW 「ID.3」 分解 EV専用プラットフォーム時代の幕開け(036p)
●エンジン車の技術資産は捨てず(038p)
●分解調査で分かった VW 「ID.3」 の主要部品(040p)
●テスラに迫れぬ車載ネット(042p)
●“VW版オクトバルブ”が熱マネの肝(045p)
●LG電子が統合ECUや表示部品(048p)


■European Report

●ルノー、30年にEVコストを大幅減 電池6割減、パワトレ3割減(050p)
●ベンツ 「Sクラス」 怪物級HUD 日本精機が巨大AR、表示距離3倍で(054p)


■Features

●トヨタ 「アクア」 初の全面改良 新型電池でヤリス ・ フィットと差異化(066p)
●三菱電機の運行管理システム MaaS向け自動運転車の無人化に挑む(072p)


■News Digest

●トヨタ、高岡工場で8月に生産調整 9000台減産、半導体不足の影響続く ほか(078p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が首位、新型 「アクア」 は8位 軽4輪乗用車は二桁減、トップ20に軽自動車は7車種 ほか(086p)
▲2021年9月号 no.138 8月11日発行


■Close-up

●トヨタ、新型 「アクア」 発売 HEVも炭素中立(004p)


■VOICE

●スズキとダイハツが 「軽」 電動化で協調 ほか(005p)


■Automotive Report

●脱エンジンに突き進むEU 26年から非ZEVへの投資に障壁(012p)
●欧中先行のEV用レーザー溶接 古河電工 ・ 日亜化学が提携で追撃(015p)
●車両データは“民主化”できるか 車載OS大手が挑む(018p)
●RGBとIRのカメラを1台に統合 オムニビジョンが新画像プロセッサー(020p)
●マツダ、30年の電動化戦略 世界生産の25%をEVに(022p)
●5Gとエッジで再び注目のCーV2X 避けたい日本のガラパゴス化(026p)
●200mのLiDARを小型 ・ 高性能化 東芝が非受光領域減らすなどで実現(028p)


■New Car Report

●都市型Jeep 「コンパス」 部分改良 安全充実も価格ほぼ据え置き(030p)
●日産、ノートe-POWERの派生車 上級車からの乗り換え狙う(032p)


■Cover Story 自動車セキュリティー 22年義務化に備える

●自動車セキュリティー 22年義務化に備える(034p)
●“スーパーエンジニア”を育成せよ(036p)
●脆弱性情報を圧倒的に安く(040p)
●セキュリティーは品質そのもの(043p)
●22年から車両監視サービス(046p)
●家電と自動車の知見を融合(049p)
●NTTセキュリティと連携(052p)
●21年から計6700万台に搭載(055p)
●侵入テストに多国籍ハッカー(058p)


■Features

●トヨタ初の“ハード更新” OTAの進化支える(063p)
●マツダ 「MX-30 EV」 電池パックをがっちり守る(068p)


■News Digest

●トヨタ、AIと脱炭素の2本立てでベンチャー育成を支援 カーボンニュートラルの技術やソリューション向けファンド ほか(074p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が首位奪還、累計販売台数が200万台超え 上半期は 「ヤリス」 が首位、 「N-BOX」 「スペーシア」 でトップ3 ほか(086p)
▲2021年8月号 no.137 7月11日発行


■Close-up

●VWがレベル4の商用車 21年夏に独で試験運用(004p)


■VOICE

●アウディ、最後の新エンジン車 ほか(005p)


■Automotive Report

●PA樹脂の供給不足が再燃 新型コロナ禍や米国寒波が直撃(014p)
●トヨタ、EV ・ FCVを200万台へ 電池開発にデジタル技術を活用(016p)
●車載半導体不足は21年内に解消 ガートナーが見通し(020p)


■Cover Story どうする軽自動車の電動化

●どうする軽自動車の電動化(022p)
●MHEVでは基準クリアは困難か(024p)
●ベルト駆動は限界、P2~4に期待(028p)
●パラレル系有利も課題残る(034p)
●肝は戦略的かつ多角的な視点(040p)


■European Report

●LiDARでここまでできる ヴァレオの一般道向け自動運転(048p)


■Features

●新型 「ヴェゼル」 の安全性能(052p)
●車載カメラで方針転換 トヨタがモービルアイ初採用(060p)


■Interview

●平井 俊弘氏 日産自動車専務執行役員日産の電動化戦略 30年にEVとHEV 「均衡」 (064p)


■視点

●岐路に立つ日本の電池産業 「中韓と戦うなら3陣営に集約を」 佐藤 登氏 名古屋大学未来社会創造機構客員教授、エスペック上席顧問(070p)


■News Digest

●トヨタ、岩手と宮城の2工場3ラインで6月に生産調整 半導体不足の影響、 「ヤリス」 や 「C-HR」 2万台を減産 ほか(076p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が9カ月連続で首位、新型 「ヴェゼル」 は20位 登録車、軽自動車ともに19年比で二桁減 ほか(086p)
▲2021年7月号 no.136 6月11日発行


■Close-up

●カーボンニュートラル 水素エンジンも選択肢に(004p)


■VOICE

●スバル、JNCAP試験で最高点 ほか(005p)


■Automotive Report

●コロナ禍を乗り越え復活の手応え 自動車7社の20年度決算(012p)
●帝人のPC樹脂製ソーラールーフ 超小型EVの航続距離延ばす(015p)
●NSKが1年でEV向け軸受刷新 トポロジー最適化で“高速”対応(018p)
●日産次世代e-POWERエンジン 驚異の熱効率50%にめど(020p)
●日本電産がセルビアに新工場 「HEV部品が離乳食」 と社長(026p)
●DMP、高精度地図を一般道に拡大 1/10以下の提供コスト目指す(030p)
●ストラドビジョンがAR技術 ドイツ高級車メーカーと提携(032p)
●自動運転バスの 「保安要員」 撤廃 事業者負担が軽く(033p)


■New Car Report

●アウディ、 「A3」 にMHEV初導入 48Vリチウムイオン電池搭載(034p)


■Cover Story クルマの熱を制する

●クルマの熱を制する 分散から統合制御へ、テスラ先陣(036p)
●熱こそEVの主役、各社が本腰(038p)
●テスラは熱管理をOTA対応に(040p)
●デンソー、25年ごろ統合型へ(043p)


■European Report

●衝撃のVW戦略、EV化へ雪崩打つ エンジン消滅に現実味(046p)
●EV/PHEVの普及で欧州の新車平均CO2排出量が12%減少(050p)


■Features

●トヨタが着手もFCVと両立するか 「水素エンジン」 (052p)
●新型ノートのドア 閉めると分かる高品質感(056p)
●快適だった渋滞時 レベル3のレジェンド(061p)
●パナソニック サイバー攻撃を監視 マカフィーと車両SOC構築(066p)


■Event Watch

●上海モーターショー2021 トヨタが新型EVコンセプトを公開(070p)


■News Digest

●ルネサスの主力工場で発煙事故 すみやかに鎮火、数時間後に操業再開 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が首位、 「ルーミー」 も前月より増えて3位に 登録車の上位6車種はすべてトヨタ車が占める ほか(086p)
▲2021年6月号 no.135 5月11日発行


■Close-up

●テスラ車事故で2人死亡 運転席は無人か(005p)


■VOICE

● 「炭素中立、順番を間違えるな」 ほか(007p)


■Automotive Report

●神戸製鋼、炭素中立の第一歩 高炉からのCO2排出量を20%削減(013p)
●日産が欧州向け初の 「e-POWER」 VCRエンジンを採用した訳(016p)
●トヨタ、運転支援でAI初採用 レクサスLSとMIRAIから(018p)
●OTA対応のミリ波レーダー イスラエル新興が開発(020p)
●超小型EVでMaaS事業に参入 出光興産とタジマの勝算(022p)
●ダイハツ、DNGA海外第1弾 小型SUVをマレーシアに投入(024p)
●三菱自、ルノーからOEM調達 欧州で自社ブランドとして販売(025p)
●自動運転の難関 「雨から湿雪へ」 神戸に世界初の再現試験ラボ(026p)


■New Car Report

●ホンダの小型SUV 「ヴェゼル」 世界で選ばれるクルマへと進化(028p)


■Cover Story 逆風の軽量化素材

●逆風の軽量化素材 LCA規制でCFRP ・ アルミ ・ ホットスタンプはどうなる? (030p)
●LCAで逆風のCFRP ・ アルミ(032p)
●CFRP、30年CO2アルミ逆転へ(037p)
●日産やトヨタ、高品質板材に再生品(040p)
●フタバ産業とゲスタンプの工夫(043p)


■Features

●日立アステモのソフト改革はいきなり本体 愚直にIT流取り込む(046p)
●一般道でも自動運転 「レベル3」 AI使わず経路作成、高精度で追従(050p)
●自動運転車のバーチャルテストが実用期へ 標準化の動きが後押し(054p)
●アップルカー 私はこう見る(058p)


■European Report

●ボルボ、乗用車の脱エンジンを決断 続く欧米メーカーのEV専業化宣言(070p)


■News Digest

●BMWグループ、EV生産拡大に向け南米でリチウムを調達 持続可能な抽出方法、塩水の蒸発なしで環境に配慮 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が首位、2位 「N-BOX」 とともに2万5000台超え 新型 「ノート」 が上昇、 「e-POWER」 のスムーズな加減速が人気 ほか(086p)
▲2021年5月号 no.134 4月11日発行


■Close-up

●トヨタ、車載イーサ 21年春 「LS」 から採用(004p)


■VOICE

● 「100万人の雇用を失いかねない」 ほか(005p)


■Automotive Report

●全固体電池の常識破る新手法 東工大などが界面から不純物なくす(009p)
●スズキの新中期経営計画 生き残りをかけて電動化推進(013p)
●日産 「e-POWER」 を欧州導入へ 可変圧縮比エンジンで高速燃費改善(016p)
●VWからEV用電動パワステ受注 日本精工が23年量産へ(018p)
●ジャガーはEV専用ブランドへ ランドローバーは5年内にEV6種(020p)
●量産EV向け電池ボックス GFRPを選択した帝人(022p)
●電動車部品向けPPS樹脂 DSMが日本市場を攻める(024p)
●トヨタといすゞ、3年ぶりの再出発 小型電動トラックを共同開発(025p)


■Cover Story アップルカーの衝撃

●アップルカーの衝撃 車産業の秩序を破壊(026p)
●水平分業 ・ OTA ・ 直販へ(028p)
●張り巡らすギガ級イーサネット(034p)
●鴻海 ・ ティアフォー連合の衝撃(038p)
●部品メーカーに3つの新流儀(042p)


■European Report

●伸び悩むルノーグループ CEOが明かす新戦略の背景と狙い(048p)


■Features

●トヨタFCV システムコスト半減 次の一手はモジュール外販(053p)
●高速道路の渋滞時にアイズオフ ホンダのレベル3自動運転車(060p)
●新型レヴォーグ 欧州車並みにドア閉まりやすく(066p)
●発火相次ぐEV 電池管理システムのOTAで対応へ(070p)


■News Digest

●Euro NCAP、2車種の衝突試験結果を発表 EVの新モデル 「Polestar 2」 の安全性を高く評価 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が2万台超えで6カ月連続首位 軽乗用車は4.7%増、登録車は小型車が二桁減 ほか(086p)
▲2021年4月号 no.133 3月11日発行


■Close-up

●レベル3の自動運転車 ホンダが100台限定発売(004p)


■VOICE

●ホンダ新社長、 「自前主義から脱却」 ほか(005p)


■Automotive Report

●半導体不足の対応で明暗 自動車7社の20年度3Q決算(010p)
●自動運転 「実用化」 苦しめる人件費 「保安要員」 の不思議(014p)
●アウディジャパン、21年もEV攻勢 スポーツ車や小型SUVも投入(016p)
●米テスラ、リコール要請 半導体が原因で約16万台(017p)
●トヨタ ・ ウーブン 「世界一安全なソフト」 に挑戦(018p)
●マツダ 「MX-30」 、35.5kWhの訳 CO2をディーゼル車以下に(020p)
●GNSS受信難でも高精度に自車測位 電子ミラーのカメラ流用で低コストに(022p)
●ホンダ、 「N-BOX」 を部分改良 車両斜め後ろの障害物を検知(024p)
●ジャガー ・ ランドローバー EV向け軽量車体構造を開発(027p)
●日本精工の次期社長 狙うは“摩擦の科学”のサービス化(029p)


■New Car Report

●三菱自 「エクリプスクロス」 ボディー改良で走行安定性高める(030p)


■Cover Story 2極化する小型車ボディー

●2極化する小型車ボディー ホットスタンプか、冷間プレスか(032p)
●ホットスタンプの牙城が崩れる(034p)
●素材と成形法で 「壁」 を越える(037p)


■European Report

●VWグループ、大幅に削減 2020年の平均CO2排出量(041p)
●欧州にはEVトラックが必要 2030年までに20万台(042p)


■Features

●レクサス板金技術者が挑んだプレスライン 「R3」 の壁(044p)
●ベンツ 「Sクラス」 全面改良 世界初のリアエアバッグ搭載(048p)
●CESで見えた未来(052p)
●デンソー出資のAI半導体メーカー “第3のプロセッサー”で都市狙う(058p)
●統合ECUで技術競う 車載プロセッサーの2強が激突(062p)


■視点

●脱エンジン車で重要な視点は 「産業競争力とエネルギー安全保障」 野辺 継男氏 インテル デジタルインフラストラクチャー ダイレクター(068p)


■News Digest

●20年貿易統計速報、自動車2割減も半導体強し 新型コロナの影響、輸出額で明暗 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が5カ月連続首位、 「ライズ」 が下降 新型 「ノート」 、コンパクトカー初の 「プロパイロット」 搭載 ほか(086p)
▲2021年3月号 no.132 2月11日発行


■Close-up

●第2のトヨタ ウーブン ・ プラネットが始動(004p)


■VOICE

●台数ばかりを追求、ルノーCEOが反省 ほか(005p)


■Automotive Report

●AppleがEV? iPhone連携と半導体で差異化か(011p)
●Google系自動運転 事故47件公表の圧倒的実力差(014p)
● 「e-Palette」 の運行システム 複数の車両を遠隔管理(018p)
●マツダ、小型車 「MAZDA3」 改良 ソフト更新で出力と応答性を向上(020p)


■New Car Report

●ランドローバー 「ディフェンダー」 日本仕様車の予防安全性能を強化(022p)


■Cover Story ソフトウエアファーストのクルマ開発

●ソフトウエアファーストのクルマ開発(024p)
●ウーブン ・ プラネットの挑戦(026p)
●VW 「ID.3」 にIT流の知恵(030p)
●動き出すソフト工場(034p)
●アマゾンが車載OS大手と組む(039p)


■European Report

● 「エンジン開発を止めてはならない」 欧州LCAのCO2低減へ現実解(042p)
●Euro NCAPで四つ星評価 ホンダのEV 「Honda e」 (046p)


■Features

●マツダ 「MX-30」 安全性能で追い上げる(062p)
●スズキの新型 「ソリオ」 電動車をMHEVに集約(068p)
●社内で事例続々 ホンダ、ワイガヤにAI活用 知財の仕分け作業は7割減に(072p)
●路上走行のRDE試験を室内模擬 排ガス規制強化待ったなし(076p)
●スバル 「レヴォーグ」 の全貌(081p)


■News Digest

●米Solid Power、330Wh/kgの全固体電池をサンプル出荷 急速充電に課題、高い放電レートで放電容量が低下 ほか(090p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が首位、通年では 「N-BOX」 が4年連続首位 「ルーミー」 が6位に上昇、安全性能強化で販売増 ほか(102p)
▲2021年2月号 no.131 1月11日発行


■Close-up

●EV以外の選択肢も探れ 50年カーボンニュートラル(004p)


■VOICE

●新型MIRAIは環境車の新しい形 ほか(005p)


■Automotive Report

●GRヤリスに怪物エンジン 実は造り方がすごくてほぼ試作レス(012p)
●アウディ、LCA規制に備え 25年 「炭素中立」 工場へ着々(016p)
●欧州Green NCAP 環境評価は走行時からLCAへ(018p)
● 「新型ステレオカメラで反撃」 新会社 ・ 日立アステモ副CTO(020p)
●ホンダが 「N-ONE」 を全面改良 3つの非常識乗り越え安全強化(023p)
●GM、次世代EVはエンジン車並み 電池の低コスト化で(028p)
●車用ハーネスは銅からアルミへ 欧州 ・ 中国勢が積極採用で“主役”に(030p)
●VW、中国でEV生産開始 2工場で年産60万台(031p)


■Cover Story エンジンはもっときれいになる

●エンジンはもっときれいになる(032p)
●押し寄せる排ガス規制強化の波(034p)
●冷間始動や高負荷で一層厳しく(038p)
●暖機、空燃比、ノッキングを改善(046p)


■European Report

●ウィズコロナで 「安心感」 に引き合い ヴァレオが感染防止技術(056p)
● 「半導体は持たず、こだわらず」 コンチネンタルの統合ECU戦略(059p)


■Features

●ダイハツが貫く ガラス製ルーフ 一人勝ちのスズキに挑む(062p)
● 「脱モービルアイ」 は車載AIカメラから(067p)


■Disassembly Report

●リョービの部品(後編) 一体成形に向くダイカスト部品(070p)


■News Digest

●三菱電機、SiCパワーMOSFET 6製品を発売 ソース端子増加でスイッチング損失を約30%削減 ほか(074p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が首位維持、登録車好調でベスト10に6車種 軽では 「ハスラー」 が競合車 「タフト」 を巻き返す ほか(086p)
▲2021年1月号 no.130 12月11日発行


■Close-up

●ホンダが“世界初”自動運転 「レベル3」 (004p)


■VOICE

●トヨタ実証都市、発明家が住む ほか(005p)


■Automotive Report

●マツダ、罰金回避へ 欧州新環境規制(012p)
●コンチネンタルの自動運転 NVIDIA製スパコンで開発期間短縮(015p)
●トヨタがEV仕様公開で仲間づくり LCA規制への布石(016p)
●コロナ禍の業績回復に力強さ 自動車7社の20年度上期決算(020p)
●スバルがリーンバーンエンジン 執念の 「世界初」 局部成層(023p)
●トヨタの小型SUV 「ヤリスクロス」 側突対応でボディー構造変える(026p)
●いすゞの新型ピックアップ 日立のカメラで予防安全を強化(029p)
●VW 「ID.3」 が五つ星 Euro NCAP衝突安全試験(030p)
●統合ECU狙うルネサス 半導体の最適解を見いだせるか(032p)


■New Car Report

●コロナ禍でも好調のジープ 同ブランド日本初のPHEVを投入(034p)


■Cover Story エンジン車にも電動ブレーキ

●エンジン車にも電動ブレーキ 環境から安全対応へ(036p)
●23年が普及元年、スバル ・ VW先行(038p)
●アドヴィックスが方針転換(041p)


■European Report

●欧州の電動車市場が急成長 CO2排出量目標まであと6.5g/km(044p)
●日産が開発主導の新PF 「CMF-EV」 ルノーは21年量産の新型EVから(046p)
●Euro NCAP、新評価法で運転支援システムをランク付け(048p)
●欧州目指すカーボンニュートラル 今こそ日本のチャンスか(050p)


■Features

●踏み間違い防止装置 異例“スピード開発”の舞台裏(058p)
●日産、本気のCFRP量産化 鉄を使い切る方針を転換(062p)
●数学的に欠陥ゼロのソフト開発 ジェイテクトやエヌビディアが注目(067p)


■Interview

●藤原 清志氏 マツダ副社長執行役員 EV時代に 「どこで雇用を生むのですか」 (070p)


■News Digest

●日立とホンダ、統合会社 「日立アステモ」 を20年度内に設立へ ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか(078p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が2カ月連続で総合首位、 「ヤリスクロス」 が貢献 6月発売の 「タフト」 が初登場で13位に ほか(086p)
▲2020年12月号 no.129 11月11日発行


■Close-up

●トヨタの将来担う 「ウーブン」 4社体制(005p)


■VOICE

●9割超が“手放し運転”を選択 ほか(007p)


■Automotive Report

●スバル、ボクサーエンジン存続に意地 マツダに続くリーンバーン(012p)
●水素エンジンに革新、熱効率54% 続けマツダ ・ ロータリー(015p)
●Volvo電動化の中核に48V XC60エンジンにデンソー高圧噴射(018p)
●トヨタが22年組織再編 ソフト第一へ、統合ECUで後押し(022p)
●三菱電機の次世代カーナビ カメラ映像を基に対話型の案内(024p)
●GAFAにない 「位置×車両」 で攻める アイシン精機がMaaSに本腰(026p)
●ホンダF1撤退の必然性 「エンジン開発は縮小」 と八郷社長(029p)


■New Car Report

●アウディの 「e-tron Sportback」 EV皮切りはクーペスタイルのSUV(030p)


■Cover Story ソニー ・ 鴻海参入の衝撃

●ソニー ・ 鴻海参入の衝撃 クルマ開発、新分業時代(034p)
●ソニー自動運転の勝算(036p)
●EVプラットフォーム参入の真意(042p)
● 「安全」 を標準化する本当の理由(046p)


■European Report

●欧州の新車CO2排出量 SUV人気で新規制クリアにほど遠い(050p)


■Features

●カーナビを超えて 統合コックピットへ(054p)
●テスラが電池内製化 目指すはEVプラットフォーマー(058p)
●トヨタのセンサーレス 急加速防止 ペダル踏み間違い事故を減らせ(062p)


■Disassembly Report

●リョービの部品(前編) 欧米で広がる車載ダイカスト部品(066p)


■連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術

●エンジンが引っ張る持続可能な社会 日本独自の産学官連携で実現へ(070p)


■入門講座 CASE時代の注目技術

●ミリ波レーダーで車内を安全に 子供の置き去りなどを防ぐ(074p)


■News Digest

●デトロイトモーターショー、2021年の開催時期を9月に延期 新型コロナ感染拡大の収束時期見えず など(078p)


■Market Watch

●小型SUVの追加で 「ヤリス」 が総合首位に トップ10の登録車はすべてトヨタ車、販売力の強さ際立つ ほか(086p)
▲2020年11月号 no.128 10月11日発行


■Close-up

●テスラが260万円EV 電池内製で3年以内に(004p)


■VOICE

● 「クルマの保有期間を短くしたい」 ほか(005p)


■Automotive Report

●欧州がEVからディーゼルシフト 水素50兆円構想で狙うアジア封じ(012p)
●ベンツ 「Sクラス」 が全面改良 自動運転レベル3を21年後半から(018p)
●日本自動車初期品質調査 2020年はホンダが初の首位(021p)
●日産の新型SUV 「キックス」 現行PFの改良で衝突安全に対応(022p)
●再び水素エンジン特許増加 BMW転出企業が狙うディーゼル超(024p)
●既販車の自動ブレーキ性能向上 トヨタがソフト更新で対応(027p)


■New Car Report

●トヨタの小型SUV 「ヤリスクロス」 安全や低燃費で激戦区を攻める(028p)
●ボルボの小型SUV 「XC40」 モーター ・ 電池の小型化でPHEVに(032p)


■Cover Story 統合ECUの主導権を握る

●統合ECUの主導権を握る エヌビディアは敵か味方か(034p)
●エヌビディアがアームを買収へ(036p)
●VWとダイムラーの半導体戦略(038p)
●インテル半導体が埋め尽くす(043p)
●自前チップは驚くほど単純(048p)


■European Report

●スズキの欧州規制対応 2本柱は 「48V」 と 「トヨタ」 (052p)
●したたかな欧州 EV充電器をなぜ増やす(057p)


■Features

●ホンダ量産EV 「開発費は回収できない」 の真意(060p)
●ホンダ、常識覆すボディー設計(064p)


■Interview

●尾堂 真一氏 日本自動車部品工業会会長(日本特殊陶業会長) 「乾いた雑巾を何回も何回も絞るのはもう限界」 (070p)


■連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術

●目指すは環境に対する排ガスのゼロインパクト(074p)


■News Digest

●FCAとWaymo、自動運転技術の提携を拡大 小型商用車にレベル4の自動運転機能 ほか(078p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 の好調な販売続く、 「ヤリスクロス」 も発売 「ハスラー」 が前年同月比98%増で健闘 ほか(086p)
▲2020年10月号 no.127 9月11日発行


■Close-up

●ダイムラーとCATL 電池モジュール無くす? (005p)


■VOICE

●三菱自が新中計、欧州から事実上の撤退 ほか(007p)


■Automotive Report

●コロナ禍の業績回復で明暗 自動車7社の20年度1Q決算から(014p)
●トヨタの小型SUV 「C-HR」 自動ブレーキを交差点に対応(017p)
●次期排ガス規制ユーロ7 アンモニア対策でリッチ運転禁止へ(018p)
●脱エンジン車へボルボの一手 簡易HEVに気筒休止(020p)
●高精度3D地図なしで交差点認識 一般道の自動運転に大きな一歩か(022p)
●トヨタが異例のLIDAR4個 20年冬発売 「レクサスLS」 で(024p)
● 「レクサス」 セダンが3車種に集約 ISは部分改良で残す(027p)


■New Car Report

●VWの小型SUV 「T-Roc」 ディーゼル車で日本に攻め込む(030p)
●ダイハツの軽SUV 「タフト」 カメラ刷新、夜間歩行者に対応(032p)


■Cover Story 新世代EV 日欧で戦略に違い

●新世代EV 日欧で戦略に違い(036p)
●TCO重視の欧、価値重視の日本(038p)
●多様性のVW、絞り込みのPSA(044p)
●充実の日産、独自性のホンダ(047p)


■European Report

●EuroNCAPが安全試験を改訂 走行する車両同士の衝突実験などを採用(052p)
●幼児の車内置き去り防ぐ 60GHz帯ミリ波レーダーが本命(054p)
●ノキア対ダイムラーの通信特許争い 5G時代の製造業に暗雲(059p)


■Features

●サイバー攻撃、電池が標的に インフィニオンが指摘(062p)
●トヨタ 「e-Palette」 鉄道用ドア採用(066p)


■Interview

●寺師 茂樹氏 自動車技術会会長 (トヨタ自動車取締役 ・ 執行役員) 「不具合モグラたたき」 から脱する好機(071p)


■連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術

●EV並みのCO2排出量に1000人のエンジン技術者が挑む(074p)


■News Digest

●STマイクロ、デジタルキー向けNFCリーダーICを発売 自動車のサブスクリプションサービスが容易に ほか(078p)


■Market Watch

● 「ヤリス」 が2位に浮上、6月発売の 「ハリアー」 が8位 登録車は19.6%減、軽乗用車は1.7%増 ほか(086p)
▲2020年9月号 no.126 8月11日発行


■Close-up

●EV電圧800V ポルシェ ・ 日立が先陣(004p)


■VOICE

● 「アリア」 こそ日産の未来 ほか(005p)


■Automotive Report

●テスラが電池材料で戦略転換 パナソニックとは取引を見直し(010p)
●日産のHEV 「e-POWER」 電池をパナソニック以外からも調達へ(013p)
● 「交差点対応」 で巻き返し Boschが20年内に側方レーダー(014p)
●EVの走行中給電、光無線活用 数km先にkW級電力(015p)
●トヨタの新1.5Lエンジン 3気筒で世界最高効率41%を達成(016p)


■New Car Report

●ランドローバー 「ディフェンダー」 ボディー刷新しAl合金モノコックに(018p)
●Audiの新型SUV 「Q3」 予防安全で競合車に負けない(020p)
●トヨタの新型SUV 「ハリアー」 透過光を制御するガラスルーフ採用(022p)
●日産の小型SUV 「キックス」 “再起”を賭けた新車攻勢の第一弾(024p)


■Cover Story アフターコロナへ走りだす

●アフターコロナへ走り出す CASEに“濃淡”、成長の芽はどこに? (030p)
●3つの変化でコロナ後の勝者に(032p)
●EVに追い風、テスラがトヨタ超え(035p)
●トヨタは街、DaimlerはOTAに活路(040p)
●ワイガヤも製品評価もオンラインに(044p)
●テレワーク8割超も満足は半分弱(047p)


■Features

●日産リーフの中古電池はどこへ行く 再利用にあの手この手(056p)
●レベル4で変わる 自動運転の安全規格 米国の2強が先手打つ(062p)


■連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術

●熱効率50%超のエンジンと科学を産が活用する礎を構築(068p)


■入門講座 CASE時代の注目技術

●無人運転バスと乗客が対話 多言語対応の音声認識で実現(072p)


■News Digest

●東芝、新しいソリッドステート式LiDARを開発 従来の4倍にあたる200m先を計測可能 ほか(078p)


■Market Watch

● 「ライズ」 が 「ヤリス」 を抑えて登録車1位に浮上 緊急事態宣言の解除で回復の兆し、二桁減でも下げ幅は縮小 ほか(086p)
おすすめの購読プラン

日経Automotiveの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月11日  
自動車技術の明日を読むために。技術を中心とした,自動車業界の最新情報
近年、安全・環境問題に対する規制の強化や,カーエレクトロニクス技術の発展,グローバル化によるコスト競争の激化などを背景に,自動車技術は大きな転換期を迎えています。こうした情報ニーズに応えるため,月刊誌と毎日Web上で発信するニュースサイトで最新の技術情報を提供してまいります。 最新技術トレンドの分析・予測をますます強化。自動車産業に変革をもたらす3大メガトレンド「市場シフト」「電動・電子化」「モジュール化」を的確に捉え,先手を打つための自動車技術情報をよりタイムリーにお届けします。 自動車技術の明日を読むために。日経Automotiveをぜひご活用ください。◆2015年1月発売号より雑誌名が『日経Automotive Technology』から『日経Automotive』に変わりました。

日経Automotiveの目次配信サービス

日経Automotive最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経Automotiveの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.