I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

日経Automotive 発売日・バックナンバー

全128件中 121 〜 128 件を表示
■Cover Story特集 脱レアメタル脱レアアース

モータも電池も触媒も(090p)
資源国と思っていた国々が、自分で自動車工業を興せる段階にまで発展してきた。資源を掘り、輸出するだけだった国が、その資源を使って自動車を造り、より大きな商売ができるようになる。関税、輸出規制などの形で、それらの国は輸出をコントロールできる。希少資源抜きでクルマを造る技術、または最少の希少資源でクルマを造る技術を持たないと、日本の自動車産業は危ない。
Part.1 総論(092p)
Part.2 モータの磁石(094p)
Part.3 構造材の添加元素(097p)
Part.4 排ガス浄化触媒(100p)
Part.5 Liイオン2次電池(104p)

Features 解説
Liイオン2次電池、2009年に飛躍(106p)
カメラ ・ レーダで車線変更を安全に(112p)

Tech Report 技術レポート
トヨタ 環境フォーラム2008 (016p)
TRW社の次世代安全技術(018p)
Daimler社の次世代技術(020p)
2014年のアジア市場展望(022p)
ホンダの新型燃料電池車「FCXクラリティ」 (024p)
Automotive Technology Day 2008 spring (026p)
スズキの新開発エンジン(029p)
Schaeffler社の低燃費技術(033p)
日産自動車のクリーンディーゼル(037p)
北海道洞爺湖サミットに見る環境技術(039p)
住友電工の超電導モータ車(041p)
Automotive SPICEの最新動向(043p)

好評連載
日系メーカーBRICsに挑む 第8回 ・ チェコ編 トヨタとPSAの合弁工場「AYGO」3兄弟を30万台生産(118p)
自動車部品進化論 第8回 ・ ヘッドランプ(市光工業)配光パターンで見やすさを改善 LEDの発光効率高める(122p)
知っておきたい新基準 ・ 新規制 第8回 ・ 米国の新燃費規制 カリフォルニア州の規制案が却下されても米運輸省が新たな基準を提案(124p)
連載講座(156p)
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第12回 焼結+転造で変速機用歯車を安く(156p)
最新センサ詳解 第10回 後突時の被害を抑える後方ミリ波レーダ(156p)

New Car Report 新車レポート
Volkswagen社「ゴルフ」乾式クラッチ使った7速DCT国内向けで過去最高の燃費(132p)
日産自動車「ティアナ」国内初のDプラットフォーム車 剛性と静粛性を追求(136p)
マツダ「ビアンテ」フェンダーをまたぐ長いヘッドランププレマシーのプラットフォーム活用(140p)
富士重工業「エクシーガ」待望の3列シート車 部品の共用で低コスト化(142p)
ホンダ「フリード」3列目にもしっかり座れる室内 新設計のプラットフォームで実現(144p)
トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」2列目シートを重視し、居住性を向上レールを床に直付けしてスライド量を長く(146p)

Event Report 展示会レポート ・ 学会レポート
人とくるまのテクノロジー展2008 次世代エアバッグをはじめ 安全 ・ 環境技術が相次ぐ(126p)

Inside Story
トヨタ「クラウン」のドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティの開発 そのまばたきを逃さない(149p)

Key Person
中村繁夫 氏[アドバンスト マテリアル ジャパン社長] (007p)

Market Watching
「フィットにハイブリッド車を追加する」 ―― ほか(079p)

News Index
トヨタ、新型「アルファード」「ヴェルファイア」を発表 ―― ほか(087p)

New Products 新製品
FOR CONSUMERS(172p)
FOR ENGINEERS(176p)


読者から・編集室から・次号予告(196p)
■Cover Story 特集 電子化が変える競争力の源泉

性能をソフトが決める時代に(068p)
クルマの競争力の源泉が、ハードウエアからソフトウエアに急速に変わりつつある。ユーザーは電子制御機能に付加価値を求め、開発現場は増大する負荷に対し、組織改正や海外への開発委託などで対応を急ぐ。電子制御機能の将来の方向と、開発現場の次世代に向けた取り組みに迫った。
Part.1 ソフトが作るクルマの魅力(070p)
Part.2 新型車に見る安全 ・ 快適装備(074p)
Part.3 ブロードバンドが描く未来(080p)
Part.4 オフショア開発最前線(084p)

Features 解説
CAEの精度向上で開発試作を減らす(090p)

Tech Report 技術レポート
マツダの次世代エンジンコンセプト(016p)
Daimler社の新直4ディーゼルエンジン(018p)
2008北京国際自動車会議報告(020p)
2014年の世界市場展望(022p)
ヘンケルジャパンのシール材(025p)
2007年度のJNCAP (自動車アセスメント)(027p)
フランスPeugeot社「308」 (029p)
Scuderi Group社のエンジン(031p)
富士通研究所の高出力増幅器(033p)
ロームと日産のSiCダイオード(035p)
側面衝突時に車体の変形を抑える装置(037p)
三洋電機のPND最新モデル(039p)

好評連載
日系メーカーBRICsに挑む 第7回 ・ ハンガリー編 輸出比率90%超えるスズキ 2008年は30万台を生産(114p)
自動車部品進化論 第7回 ・ シートベルト(タカタ)快適性からプリクラッシュ対応へ さらなる軽量化が次の課題(118p)
知っておきたい新基準・新規制 第7回 ・ 日本の排ガス規制 「ポスト新長期」は世界最高水準の厳しさ ディーゼル車、ガソリン車を平等に扱う(120p)
連載講座(156p)
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第11回 ショットを使わないピーニング(156p)
最新センサ詳解 第9回 車両の回転を検知するジャイロセンサ(156p)

New Car Report 新車レポート
Audi社「A4」 ボディは大型化しても 車両質量は20kg軽く(136p)
Jaguar社「XF」 持ち上がりフードでノーズを低く 運転者を驚かすインタフェース(140p)
BMW社「1シリーズカブリオレ」 オープンカーのエントリーモデル 横転時の乗員保護に対応(144p)

Event Report 展示会レポート ・ 学会レポート
北京モーターショー2008 世界戦輅車を公開する場に 中国メーカーも環境重視(126p)
ニューヨークモーターショー2008 日系メーカー3社がEV出展 2010年ごろの実用化目指す(132p)

Inside Story
Twin Clutch SSTの開発 目指したのはフラッグシップのDCT(147p)

Key Person
トヨタ自動車 岩田洋一 氏[BRシステム技術企画室主幹] (007p)

Market Watching
「小型FRスポーツ車を2011年に投入」 ―― ほか(053p)

News Index
【ジュネーブ】 トヨタ「iQ」、2008年末までに発売 ―― ほか(061p)

New Products 新製品
FOR CONSUMERS (168p)
FOR ENGINEERS (172p)


読者から ・ 編集室から ・ 次号予告(180p)
■Cover Story 特集 クルマのダイエット新展開

高価なアルミ、CFRPにも出番(074p)
クルマは快適性と安全性を追求してサイズと質量の拡大を続けてきた。しかし、燃費改善と二酸化炭素の排出量削減が急務となった今、競争のルールはどれだけ “ダイエット” できるかに激変した。高張力鋼板やアルミ、樹脂、CFRP(炭素繊維強化樹脂)を “適材適所” で組み合わせ、10%を超す軽量化に挑む未来のクルマの姿を探る。
Part.1 10%超の軽量化目指す(076p)
Part.2 鉄でもここまでできる(078p)
Part.3 ボディを新素材で作る(083p)
Part.4 シートをネットに(090p)

Features 解説
多様化する燃料電池車の水素貯蔵技術(092p)
車両の動きをMEMSでつかむ(100p)

Tech Report 技術レポート
NISSAN GT-Rのエンジン工場(016p)
GM社、Chrysler社のパワートレーン戦略(018p)
Automotive Technology Day 2008 winter報告(020p)
英flybrid社の機械式ハイブリッド(023p)
三菱自動車、「i MiEV」の実証走行試験車(027p)
米Visteon社と3Mのコンセプトカー(029p)
産総研のダイヤモンドコーティング金型(031p)
国土交通省のJNCAP (自動車アセスメント) (033p)
松下電器産業の小型カーナビ(035p)
ポリプラスチックスの予測技術(037p)

好評連載
日系メーカーBRICsに挑む 第6回 ・ 中国編(下)2系列で展開するマツダ 2010年に30万台目指す(106p)
自動車部品進化論 第6回 ・ 2次電池(GSユアサ)充放電制御、アイドル停止に対応 2009年にLiイオン電池量産(110p)
知っておきたい新基準 ・ 新規制 第6回 ・ 米国のポール側面衝突試験 2009年から導入開始 カーテンエアバッグ搭載は不可欠に(112p)
連載講座(144p)
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第10回 表面の滑らかなSMCを粘土で25%軽く造る(144p)
最新センサ詳解 第8回 駐車時にこすらない超音波センサの進化(144p)

New Car Report 新車レポート
トヨタ自動車「クラウン」 ハイブリッドは燃費重視 居眠り検知機能を搭載(122p)
トヨタ自動車「レクサスIS F」 レクサス初のスポーツモデルV8エンジンで423PSの出力(126p)
Audi社「A5」 前のオーバーハング短い新プラットフォーム採用(130p)
Fiat社「500」 売り方はオシャレ1本だが意外や安全性を真面目に作りこむ(134p)

Event Report 展示会レポート ・ 学会レポート
ジュネーブモーターショー2008 CO2排出量競争さらにスポーツカーまで環境重視(114p)

Inside Story
ボクサーディーゼルの開発 ガソリンより小さいディーゼルを作れ(137p)

Key Person
東レ 胡谷一路 氏[自動車材料戦略推進室長] (007p)

Market Watching
「材料費高騰を理由に、クルマは値上げできない」 ―― ほか(059p)

News Index
インドTata社、「nano」を発表 ―― ほか(067p)

New Products 新製品
FOR CONSUMERS (155p)
FOR ENGINEERS (158p)


読者から ・ 編集室から ・ 次号予告(172p)
■Cover Story 特集 ケタ違いの品質

新組織 ・ 新手法で顧客満足を作り込む(070p)
完成車メーカー各社が相次いで品質向上の新施策を打ち出した。背景にあるのは2000年以降急激に増加するリコール件数と、品質で追い上げる海外メーカーの動きだ。単にリコール件数を減らすのにとどまらず、ユーザーのクレームの中から新しいニーズをつかみ、顧客満足の向上に生かす。従来の取り組みを超える品質への挑戦が始まった。
Part.1 総論(072p)
Part.2 設計品質を上げる(074p)
Part.3 製造品質を上げる(079p)

Features 解説
塩ビ再び バッシング去り、内装材として再評価(090p)
通信技術で事故を防ぐ 路車間から実用化(096p)

Tech Report 技術レポート
日本精工の新型電動パワーステアリング(016p)
レーザ溶接鋼管を使った自動車部品(018p)
トヨタのソフトウエア戦略(020p)
米BorgWarner社の新型DCT (021p)
東芝の新型Liイオン2次電池(023p)
ダイハツの大分第2工場(025p)
タカタの磁界センサ(027p)
FT軽油を用いた大型自動車(029p)
燃焼シミュレーション用の燃料データベース(031p)
BMW社の環境戦略(033p)
Michelin社の「チャレンジ ・ ビバンダム」 (035p)
トヨタ自動車のパートナーロボット(037p)

好評連載
日系メーカーBRICsに挑む 第5回 ・ インド編 シェア46%握るスズキ ホンダは第2工場を新設(102p)
自動車部品進化論 第5回 ・ ブレーキ(曙ブレーキ工業) 最適化でノイズと振動を減らす アルミ合金へと徐々に転換(106p)
知っておきたい新基準 ・ 新規制 第5回 ・ 中国の排ガス/燃費規制 2008年から北京市はEuro4対応に国内生産車は燃費規制も実施(108p)
連載講座(148p)
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第9回 変速機用歯車を切削せずに造る(148p)
最新センサ詳解 第7回 カメラで衝突を検知、機能絞り低コスト化(148p)

New Car Report 新車レポート
ホンダ「インスパイア」 気筒数を3段階に変える 走り味にこだわって低重心化(135p)
マツダ「アテンザ」 高速走行での安定性を重視 操作性や使い勝手向上する新装備(138p)
ダイハツ工業「タント」 軽初のBピラーなしスライドドア ドアを高張力鋼パイプで補強(140p)
スズキ「パレット」 両側スライドドアと低床化で 乗降性を高める(144p)
富士重工業「フォレスター」 よりSUVらしい外観で個性化「インプレッサ」のプラットフォーム活用(146p)

Event Report 展示会レポート ・ 学会レポート
デトロイトモーターショー2008 ビッグ3が環境対応に本腰2010年にプラグインHV量産へ(110p)
ロサンゼルスモーターショー2007 ホンダが量産型の燃料電池車 米国勢もハイブリッド車に注力(116p)
ニューデリーモーターショー2008 ついに登場した28万円カー コスト削減策はまだ謎(118p)

Inside Story
「NISSAN GT-R」用トランスアクスルの開発 チームワークで未知に挑む(161p)

Key Person
吉村達彦 氏 [GD3コンサルティグ代表JMAC GD3センター長] (007p)

Market Watching
「2010年ごろには総販売台数の10%程度をハイブリッド車に」 ―― ほか(057p)

News Index
【LAショー】 日産、新型「ムラーノ」を出展 ―― ほか(065p)

New Products 新製品
FOR CONSUMERS (168p)
FOR ENGINEERS (172p)


読者から ・ 編集室から ・ 次号予告(188p)
■Cover Story 特集 世界戦略車の最適解

グローバルとローカルを両立する(082p)
世界市場の拡大、それと逆行するような国内市場の停滞。自動車の需要構造が大きく変わってきた。市場としての魅力を失いつつある日本にも目配りしつつ、海外で売れるクルマを作るにはどうしたらいいか。各社それぞれの最適解を探った。
Part.1 日本で売っても儲からない(084p)
Part.2 5車種に見る、それぞれの事情(088p)

Features 解説
日産「GT-R」スーパーカーへの挑戦(100p)
カーナビの底辺広げるPND 2009年には100万台に(110p)

Tech Report 技術レポート
3社が競う可変ギア比ステアリング(016p)
富士重工の次世代ADA(018p)
2007東京国際自動車会議(020p)
Continental社の技術試乗会(022p)
UMLの車載ソフトへの応用(025p)
スズキの3次元カム(029p)
ベルギーの研究開発型企業(031p)
Daimler社のパワートレーン戦略(033p)
Audi社の次世代技術(035p)
米CSM社の技術トレンド予測(037p)
三菱ふそうのシリーズハイブリッドバス(039p)
スズキの「セルボSR」 (041p)
NECエレクトロニクスのシステムLSI(043p)

好評連載
日系メーカーBRICsに挑む 第4回 ・ 中国編 先行するホンダ、日産を新戦略で猛追するトヨタ(116p)
自動車部品 進化論 第4回 ・ エアコン(ヴァレオ サーマルシステムズ) 温度制御から空気質の改善へコンプレッサの軽量化進む(120p)
知っておきたい新基準 ・ 新規制 第4回 ・ 欧米の燃費規制 2012 ~ 2015年までに25 ~ 30%のCO2排出量削減求める(122p)
連載講座 軽く安くする材料 ・ 加工技術 第8回 内装に使えるPP発泡材料(148p)
最新センサ詳解 第6回 角度センサ「レゾルバ」モータの回転角を検出(148p)

New Car Report 新車レポート
三菱自動車「ランサーエボリューションX」 プラットフォーム、エンジンを一新 ヨーレートを元に4WD制御(134p)
ホンダ「フィット」 完成度高めたが、ホンダ独自色は薄れる(138p)
トヨタ自動車「ランドクルーザー」 新開発プラットフォームを採用し 荒れ道での運転支援機能を強化(140p)
トヨタ自動車「マークXジオ」 ミニバンを卒業した夫婦を狙う 多彩なアレンジ可能な3列目(142p)
トヨタ自動車「カローラルミオン」 四角いボディでありながら 衝突安全性を確保(144p)
富士重工業「インプレッサWRX STI」 ボディは4ドアからハッチバックに 出力を21kW高め4WDも進化(146p)

Event Report 展示会レポート ・ 学会レポート
第40回東京モーターショー 登場間近の高性能車と その先を見据えた小さなクルマ(124p)
Automotive Technology Days 2007 autumn エレクトロニクス化でクルマの頭脳を進化させる(132p)

Inside Story
ホンダ「HFT」の開発 楽しさを追究した「2輪車のオートマ」 (159p)

Key Person
Michael Robinet氏[CSM Worldwide副社長 グローバル・ビークル・フォーキャスト] (007p)

Market Watching
「 “iQコンセプト” は近く市場投入できるレベルに仕上がっている」 ―― ほか(069p)

News Index
【TMS】 日産、「GT-R」は480PSで777万円から ―― ほか(077p)

New Products 新製品
FOR CONSUMERS (166p)
FOR ENGINEERS (170p)


読者から ・ 編集室から・次号予告(188p)
■Cover Story 特集 車載ソフト巨大化に立ち向かう

標準化で開発効率向上(082p)
クルマのエレクトロニクス化で、クルマ1台当たりのソフトウエア量は700万行程度に達した。ソフトウエウの開発負荷や品質管理、コスト増も自動車メーカーに重くのしかかっている。ECUの搭載数も100個に達し、これ以上のスペースを確保するのは難しい。ソフトウエアの開発効率化とECUの統合を同時に実現するために、自動車メーカーが動き出した。
Part.1 限界にきた開発(084p)
Part.2 走行制御系の標準化(088p)
Part.3 次のターゲットはカーナビ(094p)

Features 解説
DCTは理想の自動変速機か(098p)
小型化 ・ 高機能化する横滑り防止装置(106p)
日産自動車の安全 ・ 環境技術(112p)

Tech Report 技術レポート
欧州メーカーの次世代パワートレーン(016p)
トヨタのプラグインハイブリッド車(018p)
Audi社のカム切り替え機構(021p)
住友軽金属工業のアルミ鍛造部品(023p)
Mg合金製のセンターテーブル(025p)
キリウのブレーキディスク生産ライン(027p)
NTNのセンサ付きハブベアリング(029p)
Continental社のSiemens VDO買収(031p)
車載LAN規格の認証機関「VeLIO」 (033p)
BMW社の量産型水素自動車(035p)
産総研のNOxセンサ(037p)
Adobe Acrobat3Dの新版(039p)
米PTC社の新型CAM (041p)

新連載 第3回
日系メーカーBRICsに挑む 第3回 ・ ブラジル編(下) FFVシビックが好調なホンダ サブタンクはフェンダー内に装着(130p)
自動車部品進化論 第3回 ・ メータ(日本精機) 安心と感動の2つの軸で進化 瞬間判読性高いHUD (134p)
知っておきたい新基準・新規制 第3回 ・ 歩行者頭部保護基準 9月からすべての新型車に適用 持ち上がりフードの採用始まる(136p)

New Car Report 新車レポート
Audi社「R8」アルミ製のミッドシップ車 意外や快適志向(144p)
日産自動車の「エクストレイル」4輪駆動の機能が進化 質感と使い勝手を向上(148p)
トヨタ自動車「ヴァンガード」米国仕様「RAV4」がベースフロントデザインを一新(152p)
三菱自動車の「ギャランフォルティス」共有プラットフォームの “末っ子” 逆スラントノーズで差異化(156p)
トヨタ自動車「イスト」ヴィッツのプラットフォームを3ナンバーサイズに拡大(158p)

Event Report 展示会レポート
第62回フランクフルトモーターショー CO2削減一色に染まる展示 日欧の基幹セダンが全面改良(138p)

Inside Story
マツダ「デミオ」のミラーサイクルエンジンの開発 雪辱を懸けた復活(173p)

Key Person
高田広章氏[名古屋大学大学院情報科学研究科 附属組込みシステム研究センター長情報システム学専攻教授] (007p)

Market Watching
「2008年以降、新技術を続々と投入する」 ―― ほか(069p)

News Index
ホンダ、北米向け新型「Accord」を発表 ―― ほか(077p)

連載講座
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第7回(160p)
最新センサ詳解 第5回(166p)

New Products 新製品
FOR CONSUMER (188p)
FOR ENGINEER (192p)


読者から ・ 編集室から ・ 次号予告(212p)
■Cover Story 特集 30%減に挑むコストダウン

グローバル競争力を磨け(080p)
環境・安全規制の強化、原材料の値上げで自動車のコストはますます上がる。その一方で、新興市場での競争が激化し、低価格車のニーズが増している。コストアップの逆風を跳ね返し、グローバルな価格競争力を高めるには、設計・製造の大胆な改革が必要だ。30%減を目指すコストダウン手法を探った。(080p)
Part.1 高まる原価低減要求(082p)
Part.2 一体化を進める(086p)
Part.3 構造を変える(091p)
Part.4 材料・工法を転換する(095p)

Features 解説
多様化するHILS シミュレーション技術で車載ECUを評価(100p)
食糧と競合しないバイオエタノール(106p)

Tech Report 技術レポート
ドイツBosch社の次世代技術(016p)
ジェイテクトのCVT用チェーン(018p)
住友ゴム工業の新工法「太陽」(020p)
Automotive Technology Day 2007 summer (022p)
BMW社の極低温圧縮水素貯蔵技術(025p)
Torotrak社のCVT (027p)
NTNの油圧を使わないラッシュアジャスタ(029p)
ドイツSchaefflerグループの中国戦略(031p)
ASEANの自動車販売 ・ 生産分析(033p)
矢崎総業の運転支援システム(035p)
市光工業の電動格納ミラー(037p)
スズキの新型1.2Lエンジン(039p)
アウディ「TTロードスター」 (041p)
Volkswagen社のSUV「トゥアレグ」 (043p)

新連載 第2回
日系メーカーBRICsに挑む 第2回 ・ ブラジル編(上) 販売の83%占めるE100対応車 トヨタも5月から販売開始(112p)
自動車部品進化論 第2回 ・ ダンパ 摩擦を制御して基本性能磨く 減衰力調整は無段階に(116p)
知っておきたい新基準・新規制 米国のESC(横滑り防止装置)搭載義務化 2008年9月から段階的に導入(118p)

New Car Report 新車レポート
トヨタ自動車「レクサスLS600h/600hL」 出力高めながら静かに 後席の快適性に注力(138p)
マツダ「デミオ」 ダウンサイジングと軽量化で クラス最高水準の燃費(142p)
トヨタ自動車「ヴォクシー/ノア」 国内初の可変バルブリフト 女性に配慮し使い勝手を向上(146p)
トヨタ自動車「プレミオ/アリオン」 フロントピラーを前に出して 室内空間を広げる(150p)
日産自動車「デュアリス」 欧州市場向けに開発したSUV ダンパの張り出し抑えて荷室確保(152p)
富士重工業の「インプレッサ」 後部サスを新設計して快適に 「レガシィ」譲りの技術も投入(154p)
メルセデス・ベンツ「Cクラス」 ホワイトボディを8kg軽く ランプ横からの気流で揚力低減(156p)

Event Report 展示会 ・ 学会レポート
人とくるまのテクノロジー展2007 車両の死角検知システムや レクサスの先進装備を公開(120p)
Automotive Technology Day 2007 spring 燃費を向上するパワートレーンや 安全・快適デバイスの進化に関心(128p)

Inside Story
「レクサスLS600h」の4輪駆動機構の開発 LSDの小型化を極める(169p)

Key Person
小塚逸夫氏[フタバ産業 社長] (007p)

Market Watching
「自然災害時の寸断道路検出にインターナビを使う」 ―― ほか(066p)

News Index
富士重工業、新型「インプレッサ」を発売 ―― ほか(074p)

連載講座
軽く安くする材料 ・ 加工技術 第6回(158p)
最新センサ詳解 第4回(164p)

New Products 新製品
FOR CONSUMER (176p)
FOR ENGINEER (182p)


読者から ・ 編集室から ・ 次号予告(204p)
■Cover Story 特集 2020年のパワートレーン

メーカー6社の研究開発リーダーに聞く(072p)
日欧で強化される燃費規制が、2010年代初頭までに20%以上の燃費向上を要求し、メーカーの燃費向上努力は総力戦の様相を呈している。これから2020年までを見通すと、クルマのパワートレーンは大きな変貌を遂げそうだ。その近未来の姿を、完成車メーカー6社のパワートレーン開発責任者の言葉から導き出す。(072p)
[Part.1] 燃費改善へのシナリオ(074p)
[Part.2] メーカー6社が語る戦略(080p)

Features 解説
むち打ちを防ぐシート ぶつかる前の対策へ(112p)
成長の中心はBRICs 日本メーカーも積極進出(118p)

Tech Report 技術レポート
トヨタ自動車の「レクサスLS600h/600hL」 (018p)
小糸製作所のLEDヘッドランプ(020p)
日産「スカイラインクーペ」の新VQエンジン(022p)
ジェイテクトが開発した高出力EPS (025p)
日本精工のEPS用新型モータ(029p)
神戸製鋼所の電磁成形(033p)
2006年度自動車アセスメント(037p)
ドイツSiemens社の電動ブレーキ試験(041p)
NTNの高速スラストニードル軸受(043p)
トヨタ自動車のテレマティクスサービス(045p)
NXP Semiconductors社が開発中の短距離通信規格(047p)

新連載スタート!
日系メーカーBRICsに挑む 第1回・ロシア編 販売急増するトヨタ、日産、三菱 現地生産で新たな成長期へ(126p)
自動車部品進化論 第1回・オルタネータ(デンソー) 高出力化で220Aに対応 エネルギ統合制御へ向かう(130p)
知っておきたい新基準・新規制 2015年度新燃費基準 乗用車平均で16.8km/Lと23.5%の改善(132p)

New Car Report 新車レポート
Peugeot社「207」 BMW社とエンジン共同開発 新フレームで安全性も高める(146p)
ホンダ「シビックTYPE R」 吸排気系改良で出力3kWアップ ボディの局部剛性も高める(150p)
Citroen社「C4 Picasso」 見晴らしの良い7人乗りミニバン ガラスの大きさにこだわる(152p)

Event Report 展示会レポート
上海モーターショー2007 セダンからの多様化が進む ミニバンやスポーティー車相次ぐ(134p)
ニューヨーク・モーターショー2007 Infiniti、Lexusが新型車 富士重もインプレッサを刷新(140p)

Inside Story
第4世代「ADA」の開発 ステレオカメラの原点に還る(167p)

Key Person
竹下貴之氏[東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教] (009p)

Market Watching
「G-Linkはレクサスに必要不可欠なサービス」 ―― ほか(057p)

News Index
トヨタ「レクサスLS600h」に小糸のLEDランプを搭載 ―― ほか(065p)

連載講座
軽く安くする材料・加工技術 第5回(154p)
最新センサ詳解 第3回(160p)

New Products 新製品
FOR CONSUMER (174p)
FOR ENGINEER (178p)


読者から・編集室から・次号予告(188p)
おすすめの購読プラン

日経Automotiveの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月11日  
自動車技術の明日を読むために。技術を中心とした,自動車業界の最新情報
近年、安全・環境問題に対する規制の強化や,カーエレクトロニクス技術の発展,グローバル化によるコスト競争の激化などを背景に,自動車技術は大きな転換期を迎えています。こうした情報ニーズに応えるため,月刊誌と毎日Web上で発信するニュースサイトで最新の技術情報を提供してまいります。 最新技術トレンドの分析・予測をますます強化。自動車産業に変革をもたらす3大メガトレンド「市場シフト」「電動・電子化」「モジュール化」を的確に捉え,先手を打つための自動車技術情報をよりタイムリーにお届けします。 自動車技術の明日を読むために。日経Automotiveをぜひご活用ください。◆2015年1月発売号より雑誌名が『日経Automotive Technology』から『日経Automotive』に変わりました。

日経Automotiveの目次配信サービス

日経Automotive最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経Automotiveの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.