理科教室 発売日・バックナンバー

全207件中 91 〜 105 件を表示
CONTENTS 2016 12 Deember No.744 Vol.59 No.12

巻頭口絵 かぐや教材~「かぐや」観測データによる授業用素材集~ 増田 宏一…… 01
巻頭エッセイ 
アホウドリからオキノタユウへ 長谷川 博………………………………………………… 07
今月の授業 小学校3年 ものの重さ 高鷹 美恵子……………………………………… 08
      小学校6年 
電気のはたらき 小幡 勝……………………………………………………………………… 12
      中学校1年 溶解 鈴木 邦夫………………………………………………… 16
実践記録  小学校2年 ダンゴムシの観察を楽しむ 黒澤 知子……………………… 21
      小学校4年 物の3つのすがた 山口 誠…………………………………… 26
      小学校6年 実感を伴った「水溶液の性質」の授業 下岡 康宏………… 31
      高校3年 地学基礎 気象10時間 山崎 慶太……………………………… 36
特集 
若手の悩みの処方箋
 主張 人とのつながりが、教師を成長させる 野末 淳………………………………… 42
 1 不安だらけの私の教師生活の始まり 勝原 崇……………………………………… 43
 2 長い目で見る 金子 聖………………………………………………………………… 49
 3 理科研究会(サークル活動)で学ぶ 河野 太郎…………………………………… 51
 4 親御さんの心に届ける通信 下末 伸正……………………………………………… 53
 5 授業がうまくいかないのを自分のせいにしないで 生源寺 孝浩………………… 58
 6 実験・教具に悩んだら「お困りリクエスト」へ 岩間 滋………………………… 64
 7 忙しいけれど、理念から学び、自分たちで授業を作ろう! 阿久津 嘉孝……… 67
基本の“き” 理科授業でのやけどを防ぐ 野末 淳……………………………………… 72
視点 こんな方法で復習させています「ミラーリング学習」の紹介 山﨑 哲夫……… 74
連載・宇宙と物質 vol…09 
自然界に見るすばらしい秩序──それは
物質の素材・素粒子とそれに働く力の調和の上に成り立っている。広瀬 立成………… 82
障害児と自然科学教育 ジャガイモをそだてて食べよう 藤岡 忠浩…………………… 86
行ってみよう科学探険 内藤記念くすり博物館 伊藤 恭子……………………………… 88

読者のひろば…………………………………… 71
理科サークル東西南北………………………… 80
科教協だより…………………………………… 81
読書室(子どもに読ませたい科学の本)…… 78
情報BOX ………………………………………… 78
読書室(書評)………………………………… 79
『理科教室』項目別 総目次
(2016年1月号〜12月号)…………… 90
次号予告・編集後記…………………………… 96
CONTENTS 2016 11 November No.743 Vol.59 No.11

巻頭エッセイ 軍学共同の波がひたひたと 青山 政利……………………………………………01
巻頭口絵 北アルプスの自然 高山に棲まう鳥、ライチョウの生態と今 佐藤 真……………02
今月の授業 小学校6年 月と太陽 箕輪 秀樹……………………………………………………08
      中学校3年 進化の事実を生態系を構成する生物間の関係に見る 小川 郁……12
実践記録  小学校5年 お天気キッズになろう 田中 博………………………………………16
      中学校2年 教育実習奮闘記 池田 享平……………………………………………21
      中学校2年 回路の学習「電圧と電流」 伊藤 浩史………………………………26
      高校2年  仕事とエネルギーの授業展開 勝田 仁之……………………………32
特集 理科の学力とは
 主張 人格形成を育む理科の学力を! 鈴木 邦夫………………………………………………37
 1 理科における学力 岩﨑 敬道…………………………………………………………………38
 2 「重さ」の単元でつけたい理科の学力 小3年 河野 太郎………………………………44
 3 「物質と原子」の単元で身につけさせたい理科の学力(中学2年) 粂川 祥一………50
 4 「質量1kgあたりの力」を考えられるようになるために 吉埜 和雄……………………56
 5 理科の真の学力とは〜障害児教育の実践から 岡馬 裕人…………………………………62
 全国学力調査の本質は? 決して理科の学力は測れない
 6 小学校 学力テストに見る「理科の学力」 小佐野 正樹…………………………………67
 7 中学校 文科省「学力調査」とは何か 松井 吉之助………………………………………73
視点 「障害者を抹殺する思想」に対して、私たちは強く抗議する  
                   科教協、障害児・者と自然科学教育分科会…………79
理科教師日記 力学の授業導入 ~カラフルな演示~ 成見 知恵…………………………………81
連載・宇宙と物質 vol 08
宇宙の始まりは熱い小さな火の玉だった。
──私たちはどこからきて、どこへゆくのか──
神話から科学の時代へ。 広瀬 立成…………………………………………………………82
障害児と自然科学教育 ピタゴラ装置を作ろう!2015 矢島 健思………………………………86
行ってみよう科学探険 鶴岡市立加茂水族館 渡辺 葉平…………………………………………88
読者のひろば……………………………………90
理科サークル東西南北…………………………92
科教協だより……………………………………93
読書室(子どもに読ませたい科学の本)……94
情報BOX… ………………………………………94
読書室(書評)…………………………………95
次号予告・編集後記……………………………96

CONTENTS 2016 10 October No.742 Vol.59 No.10

巻頭口絵 全国から実践記録を持ち寄り、静岡に集う………………………………………01
巻頭エッセイ 知的障がい者に楽しい学びの場を いおか やすいち……………………07
今月の授業 小学校4年 星座や月の実際の様子を見よう 佐々木 仁…………………08
      小学校6年 てこのはたらき 山口 勇蔵……………………………………13
実践記録  小学校1年 アサガオの学習をたねさがしへつなげる 鈴木 康晴………17
      小学校4年 ものの体積~重さと体積の決別~ 野末 淳…………………22
      小学校6年 ヒトの体のつくり 長江 真也…………………………………26
授業研究  中学校2年 電流と発熱 金子 真也…………………………………………31
特集 風がわかると天気がわかる
 主張 風を天気学習のカギに 塚本 明美…………………………………………………37
 1 小中学校における天気と気象の学習 坪田 幸政……………………………………38
 2 小学校5年 学習指導要領と教科書の問題点 佐藤 完二…………………………44
 3 教科書は風が理解できるようになっているか 鈴木 邦夫…………………………49
 4 小学生にも天気現象に興味が持てるようにするには 小幡 勝……………………56
 5 中学校の気象学習をどのように構成するか 平山 勲………………………………61
授業で使える科学のはなし 星座をみつけよう 瀬田 裕司………………………………66
             こんなところにてこのはたらきが 早川 憲三……………68
基本の”き” 理科室・準備室の整理も教師の仕事 岩間 滋………………………………70
視点 高校生のための原生動物観察マニュアル作成 渡辺 採朗…………………………72
実験・観察 カバーガラスを1枚ずつ確実に取り出す器具の作り方 西川 洋史………81
連載・宇宙と物質 vol 07 
地動説、ニュートンを超えて。アインシュタインの
    新しい力学が、時間と空間の本質に迫る。
    真理は単純で美しい! 広瀬 立成…………………………………………………82
障害児と自然科学教育 爽やか~夏みかんのマーマレード 大野 慶子…………………86
行ってみよう科学探険 東京農工大学科学博物館 飯野 孝浩……………………………88
理科教師日記 プラナリアのいる理科室 中山 和人………………………………………90
読者のひろば……………………………………78
理科サークル東西南北…………………………80
科教協だより……………………………………94
読書室(子どもに読ませたい科学の本)……92
情報BOX………………………………………92
読書室(書評)…………………………………93
次号予告・編集後記……………………………96

CONTENTS 2016 9 September No.741 Vol.59 No.9

巻頭口絵 土が語る地球と人の歴史 藤井 一至……………………………………………01
巻頭エッセイ 
知的障がい者にも、18歳以降の教育の保障を 船橋 秀彦…………………………………07
今月の授業 小学校低学年 秋の生き物さがし 高鷹 敦…………………………………08
      小学校5年 流水のはたらき 佐藤 完二……………………………………12
      中学校3年 遺伝子を実感できる遺伝の学習 和澄 利男…………………16
実践記録  小学校2年 作って ためして やじろべえ 市川 政子……………………20
      小学校4年 1日の気温の変化と天気 野末 淳……………………………25
      中学校2年 化学反応式の導入の実践検討 鈴木 邦夫……………………30
      高校  「電池」の授業に系統性を 三好 敬一………………………………37
特集 今、アクティブ・ラーニングを考える
 主張 科学的概念の形成を大事にした学習を 箕輪 秀樹………………………………42
 1 授業とは何か ~アクティブ・ラーニングブームから考える~ 岩﨑 敬道…… 43
 2 「ジグソー法による理科授業」を検討する 小佐野 正樹… ………………………49
 3 教師の能動性を保障してこそ、アクティブな教育が成り立つ! 三上 周治……55
 4 今大事なのはアクティブ・ラーニングなのか? 井上 龍一………………………61
 5 物理教育とアクティブ・ラーニング 右近 修治……………………………………67
視点 薄型液晶表示パネルのからくり  髙藤 裕… ………………………………………73
   重力波とは何か  中村 真……………………………………………………………78
連載・宇宙と物質 vol 06 
地動説、ニュートンの数学的記述により、ゆるぎない地位を得る。
そして、古典力学体系の確立へ。 広瀬 立成…………………………………………………82
実験・観察  黒板演示用回路の製作と活用法 山本 明利…………………………………86
障害児と自然科学教育 つくって、あそぼう 伊藤 廣子……………………………………88
行ってみよう科学探険 和鋼博物館  伊藤 正和……………………………………………90
理科サークル東西南北…………………………92
科教協だより……………………………………93
読書室(子どもに読ませたい科学の本)……94
情報BOX……………………………………………94
読書室(書評)…………………………………95
次号予告・編集後記……………………………96

CONTENTS  2016 8 August No.740 Vol.59 No.8

巻頭口絵 静岡の自然③ 生物多様性のホットスポット
          渋川浩一、岸本年郎、菅原大助、山田和芳、高山浩司、日下宗一郎………01
巻頭エッセイ 
知恵を育てる教育 小出 裕章……………………………………………07
今月の授業 小学校4年 物の温度 池田 和夫……………………………………………08
      小学校6年 金属が分かるから、金属の変化も分かる 宮内 主斗………12
実践記録  小学校5年 
ものの溶け方 児玉 久美子……………………………………16
      中学校2年 到達目標課題学習方式で取り組んだ酸化銅の還元 千足 優子……21
      高校 力学的エネルギーを学び始めるとき 小沢 啓…………………26
特集 酸・アルカリ学習をとらえ直そう
 主張 何のための酸・アルカリ学習か 八田 敦史…………………………………31
 1 酸・塩基学習の歴史 殿村 洋文…………………………………………………32
 2 化学変化の入り口としての小学校での酸・アルカリの学習 松本 徳重……40
 3 どうして化学を勉強するの 高橋 匡之………………………………………48
 4 「酸とアルカリの授業」の研究・実践の発展 松井 吉之助………………56
授業で使える科学のはなし  えっ!金属って食べても大丈夫なの? 四ヶ浦 弘……64
基本の“き” 夏休みを使ってグチャグチャの解消を 岩間 滋……………………66
授業研究  小学校4年 空気も物である 佐々木 仁……………………………………68
視点 核発電(原子力発電)について  小林 素衛… …………………………………76
連載・宇宙と物質 vol…05 
……ニュートン誕生。プラトンは私の友、アリストテレスも私の友、
しかし、もっとすばらしい友は“真理”である。 広瀬 立成……82
障害児と自然科学教育 音を感じて言葉とつなげる 塚本 明美…………………………86
行ってみよう科学探険 北アルプスの自然と人…市立大町山岳博物館  佐藤 真……88
理科教師日記 ツユクサの花粉 高橋 洋………………………………………………94
読者のひろば… ……………………………75
理科サークル東西南北………………………90
科教協だより… ……………………………91
読書室(子どもに読ませたい科学の本)…………92
情報BOX… ………………………………92
読書室(書評)… ……………………………93
典型元素の周期表(青赤の表)…………………95
次号予告・編集後記… ………………………96

CONTENTS  2016 7 July No.739 Vol.59 No.7

巻頭口絵 静岡の自然② 静岡県初の県立博物館
         “ふじのくに地球環境史ミュージアム”誕生
          渋川 浩一、岸本 年郎、菅原 大助、山田 和芳、髙山 浩司、日下 宗一郎 … 01
巻頭エッセイ 
孫たちに聞いた理科の授業 桜田 栄一 ………………………………07
今月の授業 小学校2年(1年) 自然を教室に 望月 理都子 ……………………………08
      小学校5年 天気の変化 伊東 裕子 ………………………………………12
      中学校1年 中学校で重さ(質量)と体積の学習を 村上 聡 …………16
実践記録  小学校4年 
金属の学習 林 義人 …………………………………………20
      高校 「秋吉台・石灰石」と「鉄鉱石」のプレ授業 三好 敬一 …………25
     知的障がいのあるわかものたちの─「学びの場」─  
      〝わくわく科学実験〟 5年目になります。 井岡 泰一 ………………30
特集 速さの授業を魅力あるものに
 主張 速さの概念を獲得させるための系統的カリキュラムを 鈴木 邦夫 35
 1 「速さ」の概念形成と高校生の現状 右近 修治 …………………………36
 2 小学校 算数で「速さ」をどう教えたか 宮﨑 亘 …………………………43
 3 中学3年の運動力学で物体が持つ物理量『速さ』の概念をどう形成するか 
                              伊藤 浩史 …48
 4 東京支部冬の研究集会の議論を受けて 町田 智朗 ……………………56
 5 中学数学「グラフで導入する関数指導」 平野 康弘 ……………………58
 6 物理基礎「力と運動」を考えるためのv-tグラフの導入 前川 拓也 … 63
授業研究  小学校5年 コイルに電気が流れると磁力を生じる 高橋 洋 ………70
視点 輪ゴムを使った力学実験の問題点 富田 尚道 ……………………………76
連載・
宇宙と物質 vol 04 
天動説から地動説へ。命を賭した科学者たち。
2000年にわたるギリシャ宇宙像に
変革をせまる。広瀬 立成 …………………………82
障害児と自然科学教育 音あて あそび 渡辺 義子 ………………………………………86
行ってみよう科学探険 ディスカバリーパーク焼津天文科学館  原 秀夫 …………88
読者のひろば ……………………………75
理科サークル東西南北 ……………………90
科教協だより ……………………………91
読書室(子どもに読ませたい科学の本) ………92
情報BOX ………………………………92
読書室(書評) ……………………………93
科教協・静岡大会案内 ……………………94
次号予告・編集後記 ………………………96
CONTENTS  2016 6 June No.738 Vol.59 No.6

巻頭口絵 静岡の自然① 美しく強い富士山 伊藤 彰彦………………………………… 01
巻頭エッセイ 
自然科学教育と平和 小野 洋…………………………………………… 07
今月の授業 小学校4年 とじこめた空気や水 市川 清子……………………………… 08
      小学校4年 四季を感じる植物観察をしよう 大関 東幸… …………… 12
      小学校6年 植物のからだと生活 長江 真也……………………………… 16
      中学校3年 化学変化とイオン 野田 啓司………………………………… 20
実践記録  小学校2年 あまい水、しょっぱい水 淘江 正仁… ……………………… 24
      小学校3年 植物の素晴らしさにふれる授業を! 玉山 巧… ………… 29
      小学校3年 昆虫の育ち方 石髙 一樹… …………………………………… 34
      中学校3年 落下運動から振り子の運動へ 今井 正巳… ……………… 39
特集 授業を拓く『理科教室』
 主張 『理科教室』のこれからに期待されるもの 鈴木 健夫……………………44
 1 座談会 授業づくりと『理科教室』 
    大谷 康治郎、金子 真也、小佐野 正樹、玉井 裕和、三上 周治、八田 敦史、吉埜 和雄、 鈴木 健夫……45
 2 『理科教室』はバイブルだった 中嶋 久… ………………………………… 57
 3 これからの『理科教室』に望むこと 勝原 崇… …………………………… 58
 4 求む 『理科教室』活用法 芝田 隼人… ……………………………………… 60
 5 多くの先生方の考え・実践を知る 松本 佳華……………………………… 61
 6 失敗から学び、つながりにも目を 金田 祐佳……………………………… 62
 7 『理科教室』に望むもの 金子 聖……………………………………………… 63
 8 『理科教室』に支えられて 佐藤 雄一…………………………………………64
視点 栽培と土壌(土)の学習 鷹取 健… …………………………………………… 65
   第65次…教育研究全国集会…in…IWATE…を傍聴して 高橋 匡之…………… 68
   
自主的な教科課程をつくる課題と重要性 觜本 格… ……………………… 70
授業で使える科学のはなし 
光合成発見までの科学史 八田 敦史… …………… 72
実験・観察  教材研究・教材収集 種の魅力 山田 桂三… ……………………………… 74
     
デジタル体重計の利用 野末 淳… ……………………………………… 76
     
ぽこんぽこん風船 河端 良三……………………………………………… 77
連載・
宇宙と物質 vol…03 いつの時代も問い続けてきた。
“私たちはどこからきて、
どこへゆくのか”
と。
古代ギリシャ時代の宇宙観と物質論。
 
広瀬 立成…… 82
障害児と自然科学教育 空気であそぼう 井本 暁子… …………………………………… 86
行ってみよう科学探険 静岡科学館で科学の『?』を解き明かそう! 長澤 友香、岩科 直子…… 88
読者のひろば… ……………………………80
理科サークル東西南北… ……………………90
科教協だより… ……………………………91
読書室(子どもに読ませたい科学の本)…………78
情報BOX… ………………………………78
読書室(書評)… ……………………………79
科教協・静岡大会案内… ……………………92
次号予告・編集後記… ………………………96
CONTENTS  2016 5 May No.737 Vol.59 No.5

巻頭口絵 根も葉もない話ではなく 根と葉はもちろん、花まである話 松井 吉之助  01
巻頭エッセイ  たくましく生きるスギナ 永澤 義人  07
実験・観察  絵具の色の三原色は「赤・青・黄」? 水野 勇  08
今月の授業 小学校低学年 しぜんのたより 鈴木 康晴  10
      小学校6年 体のつくりとはたらき 渡辺 真衣   14
      中学校1年 植物の世界 鈴木 邦夫  18
実践記録  小学校6年 月と太陽 上田 英彦  22
      高 校 空気をきれいにしたのは住民運動 山本 喜一   27
授業研究  中学校2年 電流回路 金子 真也  32
特集 
1学期の学習ポイント
 主張 自然科学の本当のおもしろさを子ども達に伝えたい 高鷹 美恵子  40
 1 小学校低学年 1学期は自然にはたらきかける視点づくりを 高鷹 敦   41
 2 小学校3年 共通の視点を持ち多くの生き物の観察を 山口 誠  45
 3 小学校4年 つる植物、空気の学習と電池のはたらきを重点に 井上 龍一   49
 4 小学校5年 生物単元のポイント 河野 太郎  53
 5 小学校6年 1学期の学習ポイントはここ 生田 国一   57
 6 中学校 各学年の1学期の重点単元とその指導 和澄 利男   61
 7 障害児学級 見つけて採集する。育てる。表現する学習を 市川 広義  67
基本の“き” 指導書には載ってない!今から使える対応術 座談会
                    埼玉小学校理科サークル   71
視点 自転車をこぐ力? 西尾 信一  73
視点 低学年はアサガオで何を教えるか 鷹取 健   77
連載・
宇宙と物質 vol 02 スケールの階段を下りてみよう。
そこにはどのような世界が
見えてくるのだろうか。  広瀬 立成  82
障害児と自然科学教育 越冬アゲハ 山口 俊三  86
行ってみよう科学探険 東海大学海洋科学博物館 手塚 覚夫 88
読者のひろば  90
理科サークル東西南北  92
科教協だより  93
読書室(子どもに読ませたい科学の本)  80
情報BOX  80
読書室(書評)  81
科教協・静岡大会案内  94
次号予告・編集後記  96
根も葉もない話ではなく
根と葉はもちろん、花まである話
東京科学教育研
CONTENTS  2016 4 April No.736 Vol.59 No.4

巻頭口絵 子どもが生き生きとする理科の授業   01
巻頭エッセイ 『理科教室』新たな出発 鈴木 健夫  05
今月の授業 小・3学年 自然観察入門 直井 育子  06
      小・6学年 物の燃え方の学習の前に気体の学習を 八田 敦史   10
      中学2年 動物のなかまと進化 今井 正巳  14
実践記録  小・1学年 
においさがし 五十嵐 寿  18
      小・3学年 チョウを育てよう 山㟢 美穂子  23
      高校 重さの授業 阿久津 嘉孝  28
特集 4月に大切なことは?
 主張 4月の「忙しい」を乗り越える 野末 淳  33
 1 理科の授業と学習ルール 玉井 裕和  34
 2 子どもを引きつける授業でスタートしよう! 小林 浩枝   41
 3 いきなり楽しい実験・観察で自然の豊かさを学ぶ 觜本 格  47
 4 自然の中で、いっぱい遊ぼう! 伊藤 廣子   51
 5 理科主任、ここまで準備しよう 野末 淳  55
 6 座談会 4月はじめに授業で大切にしていること 三上 周治 ほか  59
 7 特別支援の視点で理科の授業を創る 宮内 主斗  65
基本の“き” 指導書には載ってない!4月から使える対応術 座談会
                    埼玉小学校理科サークル   71
実験・観察 「ニワトリの心臓」の解剖マニュアルの作成 渡辺 採朗  73
視点 コンデンサーで電流回路? 小野 洋  78
連載・宇宙と物質 vol. 01 いざ、踏み出そう、スケールの階段。
宇宙と素粒子の世界へ。  広瀬 立成  82
障害児と自然科学教育 自然を自然に~ 季節の風をつかもう~ 岡馬 裕人  86
行ってみよう科学探険 麻布大学いのちの博物館 高槻 成紀 88
読者のひろば  90
理科サークル東西南北  92
科教協だより  93
読書室(子どもに読ませたい科学の本)  94
情報BOX  94
読書室(書評)  95
次号予告・編集後記  96
巻頭口絵 里山に棲む国蝶オオムラサキ ―その生活史と教育的活用の可能性―
巻頭エッセイ 中等生物教育に望むこと

----------------------------------------------------------------------------------------------
今月の授業
小3 ものの重さ ―算数と理科の合科で―
小5 「ふりこ」から「振動と音」へ
中3 仕事とエネルギー

----------------------------------------------------------------------------------------------

ガイドマップ
■3年「ものの重さ」 物には重さがあり保存されることを、子どもたちに系統性のある14の課題を
考えさせることで確かなものにしていくという提案です。
■5年「『ふりこ』から『振動と音』へ」 ふりこの学習を単なる条件制御の実験とその解釈とするのではなく、
振動としてとらえ直し、音に発展させるプランです。その論理展開は中学の授業としても十分参考になります。
■中学校3年「仕事とエネルギー」 子どもたちに力学的エネルギーの保存則を確かなものとしてとらえさせ、
それを基軸にエネルギーの保存則へと発展させようという提案です。誰もが実践でき、子どもたちの概念形成が
深まるように工夫されています。

------------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小2 生き物なかよし大作戦 ―ダンゴムシの観察からはじめよう―
小4 回路と電流
小6 大地のつくり ―山梨県はどんなところ―  
特別支援 中学校の特別支援学級での動物学習
高校 地学基礎「気象」10時間 水平対流で大気の大循環・季節風・海陸風を理解させる

-------------------------------------------------------------------------------------------------

これからの生物学習

[主 張] 生物を見る目 今井 正巳
[1] 生物をどう見るか? 矢原 徹一
[2 小学校] 子どもたちのための生物学習 ―小学校・動物学習を中心に― 井上 龍一
[3 中学校] これからの生物学教育 ―中学校の授業の中で― 小川 郁
[4 高 校] 高校でのこれからの生物学  白砂 正士

-------------------------------------------------------------------------------------------------
基本の“き”
[第35回]小学校III 実験や観察を記録する ―どのような事実を記録していくのか―

理科教師日記 滴定は楽し
口絵解説 里山に棲む国蝶オオムラサキ ―その生活史と教育的活用の可能性―
障害児と自然科学教育 障害児・者の発達の原点は自然学習から No.4 ―知的障害児学校での実践から―
行ってみよう 科学探険 北杜市オオムラサキセンター ―虫と触れ合い地域を学ぶ里山の昆虫館―


読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(書評)

情報BOX
次号予告・編集後記


巻頭口絵 福島第一原発事故による農業環境汚染に関する調査研究
巻頭エッセイ 第5回 「忘れない3.11」展を前にして
----------------------------------------------------------------------------------------------
今月の授業
小4 三態変化
小5 ものの溶け方
中1 植物の体とくらし ―実験・観察を入れて、光合成と呼吸のはたらきを調べる―
----------------------------------------------------------------------------------------------
ガイドマップ
■水以外の物質の三態変化を扱うことで、物質は温度によって固体・液体・気体と姿を変える、という物の
一般性を理解できます。また、多くの物質を扱うことで、物によって固有の融点や沸点があることも学ぶ
ことができ、物の多様性も理解できる4年「三態変化」の学習プランです。
■5年「ものの溶け方」で扱っている実験は教科書とほぼ同じです。しかし、学習課題で実験の結果を問う
ことにより、子どもたちが考えやすい授業展開としています。さらに、子どもたちの力で課題を解決して
いけるよう、扱う実験の順番を工夫したプランです。
■植物の大きな特徴は光合成をして自ら栄養をつくることです。教科書では花・根や茎・葉のつくり…と
学習を進めますが、中学校1年「植物の体とくらし」では、最初に光合成を学びます。植物の特徴である
光合成を理解したうえで、根のはたらき・茎のはたらきと光合成がどう関わっているかを知ることで、
より植物を理解できる内容となっています。 
------------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小4 物のあたたまり方
小6 月の形の変化をわかりやすく  
中2 化学変化 ―二酸化炭素の還元―
高校 「富士山の科学」の学習(高2) ―実習を中心に据えた地学基礎1単位の授業―

-------------------------------------------------------------------------------------------------
物理教育 これまでとこれから

[主 張] これまでの科教協の蓄積から、物理教育の過去と未来を読み解く 鈴木 健夫
[1] 『理科教室』に学ぶ授業実践 右近 修治
[2] 極地方式研究会と物理のテキスト 中村 敏弘
[3] 投げ込み教材運動から『いきいき物理わくわく実験』へ ―生徒はどう受けとめたか― 飯田 洋治
[4] 『 たのしくわかる物理100時間』のころ  東京物理サークル
[5 小学校] 初等理科教育の研究を考える ―小学校物理分野の教育、これまでとこれから― 井田 哲夫

-------------------------------------------------------------------------------------------------
基本の“き”
[第34回]小学校III スケッチのさせ方 ―ねらいを明らかにさせてスケッチをさせる―

口絵解説 福島第一原発事故による農業環境汚染に関する調査研究
授業に生かす 実験観察 〈小学校〉  「サーモ糸」で空気の温まり方を見よう
授業奮闘記 心に響く体験的な授業を目ざして!
障害児と自然科学教育 障害児・者の発達の原点は自然学習から No.3
行ってみよう  科学探険 福井市立自然史博物館 ―フィールドと展示室を行き来して学ぶ博物館―


読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(子どもに読ませたい科学の本)

情報BOX
次号予告・編集後記
巻頭口絵 高校生と行く一週間の地学研修旅行で火山と天文学を学ぶ ハワイ島理科研修旅行
巻頭エッセイ 温暖化が急速に進み、IPCC予測で2050年8月、 東京の最高気温40.8℃ 

----------------------------------------------------------------------------------------------
今月の授業
小2 音をつくろう
小4 物の温度と体積
小6 水溶液のはたらき
中1 大地の変化 ―流水と地球内部の動きによる地殻変動―
----------------------------------------------------------------------------------------------

ガイドマップ
■低学年生活科2年「音をつくろう」笛作りや輪ゴムギター作り、糸電話作りと楽しみながら音を出したり
伝えたりする活動を通して、音が出ているときは物がふるえていることに気づかせます。
■4年「物の温度と体積」空気や水も含めた体積の学習を事前にしておくと、「体積は温度を上げたり下げ
たりするとどうなるか」という課題で考えることができます。 同じ実験の手順で空気、水と進めていくこと
で、気体と液体の体積変化の同じところと違うところがはっきりと理解できるでしょう。
■6年「水溶液のはたらき」身近な飲み物をリトマス紙で2種類に分けることから「酸」に注目させ、固体が
水に溶けた酸、液体が水に溶けた酸、気体が水に溶けた酸へと丁寧に進めていきます。
■中学校1年「大地の変化」大地の変化はプレートの圧し合いによる隆起や沈降と流水による平坦化作用で起
きているという視点で、火山や地震などの現象を捉えられるように課題を工夫しています。 

------------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小1 冬を見つけよう ―冬芽の観察―
小4 冬の星 ―冬の夜空のフィールドワーク―  
高校 「原子核と放射線」の授業 ―高2・物理基礎―
高校 「生物基礎」でゲノムをどう教えるか

-------------------------------------------------------------------------------------------------
化学の授業づくり これまでとこれから

[主 張] 化学とは何か、どのように教えるか 菊地 みどり
[1] 化学教育のこれまでとこれから 松井 吉之助
[2 小学校] 極地方式研究会 教育の極地を探検する 本間 明信
[3 小学校] 小学校化学教育としての「酸のはたらき」 高橋 洋
[4 中学校] 化学の学習の意義をどうとらえ どう教えたか
 ―中学校2年 化学変化と原子分子― 栗田 政利
[5 高 校] どうして化学を学習するの ―「溶解」の学習を通して― 高橋 匡之

--------------------------------------------------------------------------------------------------
基本の“き”
[第33回]中学校III 地層の見方

口絵解説 高校生と行く一週間の地学研修旅行で火山と天文学を学ぶ  ハワイ島理科研修旅行
授業に生かす実験観察 〈高校〉 高校生のためのゾウリムシ観察マニュアルの作成
授業奮闘記 授業参観に向けて行った磁石の授業
障害児と自然科学教育 障害児・者の発達の原点は自然学習から No.2
行ってみよう 科学探険 大阪大学総合学術博物館
―阪大の歴史・研究とマチカネワニ化石を味わい尽くせる博物館―


読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(書評)

情報BOX
次号予告・編集後記

《お問合せ》
日本標準:企画編集部 書籍営業課
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623


巻頭口絵 全国から実践記録を持ち寄り 大阪に集う ―科教協第62回全国研究大会 大阪大会より―
巻頭エッセイ よりよき人間と自然の関係を

----------------------------------------------------------------------------------------------

今月の授業
小3 明かりをつけよう
小6 電気と私たちのくらし
中2 回路と電流・電圧
----------------------------------------------------------------------------------------------

ガイドマップ
■3年「明かりをつけよう」豆電球の中のつくりを追求することを中心に単元を構成。豆電球内の導線の
つながり具合を話し合いと実験を通して絞り込む授業の様子が詳しい。管くだ電球も紹介して電球の発光
部分が直線的で見やすく提案。回路学習を生かし簡単なテスターをつくって、その後の金属探しや金属の
性質を見つける学習につなげる。
■6年「電気と私たちのくらし」発電体験から始め、電気を多くつくるにはたくさんのエネルギーが必要
なことを手応えで実感させる。手回し発電機で豆電球5個一斉点灯や、100V40Wの電球を点灯する課題も
設定。蓄電の扱いではアルミ箔とコップでつくる「百人おどし」で静電気を一時的にためる実例を紹介した後、
コンデンサーの蓄電を導入して子どもたちが少しでも考えやすい教材を提示する。
■中学校2年「回路と電流・電圧」生徒にとってわかりにくいのは、電子の動きのイメージがつかめず、
式がつくれない、単位もわかりにくいことにあると指摘。それらのイメージづくりを重視し、10時間の授業を
整理提案する。回路の再確認から始め、電流と電圧の違いと測定法に続けて、直列回路と並列回路それぞれでの
電流の規則性に注目させる。回路と全体の抵抗の関係を習得させ、最後に直列回路の電圧を取り上げ、
100Vコンセントで豆電球を点灯できるかとの課題でしめくくる。 

----------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小3 電気で明かりをつけよう
小5 ふりこの学習 ―重さに関する子どもたちの思い込み(素朴概念)を乗り越えて―  
中3 今、起きている現実からエネルギーを考える

----------------------------------------------------------------------------------------------
特集
小学校からの地形・地質学習

[主張] 地形・地質から大地の変動を読み解ける子どもを育てよう 鈴木 邦夫
[1] 『理科教室』に見る「地形・地質」の教育史 岩﨑 敬道
[2 小学校] 小学校5・6年 「川の見方・とらえ方」 ―身近な川で大地・地球を見る― 稲葉 かおる
[3 小学校] 小学校6年 地層の授業づくり これならできる3時間のプラン (関東平野編) ―簡易エメリー管の実験の後に泥が沖に流れることを示す― 宮内 主斗
[4 中学校] 地学を教えるのが苦手な人のための地学授業 村上 聡

----------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす 実験観察 〈中学校〉  マイティーパックを使った気体の発生
基本の“き”
[第32回]小学校III 理科の授業での「討論」をどう組織するか

視点 最近の日本列島の火山活動をどうみるか
障害児と 自然科学教育 障害児・者の発達の原点は自然学習から No.1
行ってみよう 科学探険 磐田市香りの博物館 ―世界でも珍しい嗅覚をテーマとした「香り専門」の博物館―


----------------------------------------------------------------------------------------------
読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(子どもに読ませたい科学の本)

情報BOX
『理科教室』項目別総目次(2015年1月号~12月号)
次号予告・編集後記



《お問合せ》
日本標準:企画編集部 書籍営業課
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623
巻頭口絵 できたぞ! カマキリの紙芝居が
巻頭エッセイ 「技術の進歩発展」という観念を問い直したい

----------------------------------------------------------------------------------------------

今月の授業
小2 やじろべえ

小4 もののあたたまり方
小5 電磁石のはたらき
中2 発熱量
----------------------------------------------------------------------------------------------

ガイドマップ
■低学年生活科2年「やじろべえ」画用紙でつくるやじろべえ。子どもたちが工夫を重ねて、つり合いをと
るには腕を長くしたり、重心を下げたりすることを理解し、さらに獲得した知識を駆使してやじろべえを
創作します。
■4年「もののあたたまり方」課題に対して、〈自分の考え〉を書き、〈討論〉して考えを深め、〈実験〉で
自然科学の基礎的概念を獲得する授業です。子どもたちが、熱だけが伝わる伝導と、物質が動いて熱を伝える
対流の違いを発見します。
■5年「電磁石のはたらき」4年生と同様に子どもたちが力を合わせて課題を解決する授業です。電流が
流れると磁界ができる(磁力がはたらく)ということを発見していく、中学につながる授業です。
■中学校2年「発熱量」回路の学習を土台にして、発熱量が電力と時間に比例することを生徒に発見させ
ようという授業です。 

----------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小6 物の燃え方 ―見えない気体を具体的に調べながら―
中2 化学変化  
高校 音と波動 ―重ね合わせの原理と定常波―

----------------------------------------------------------------------------------------------
特集
学び合う授業 始めたい!

[主張] ねらいがあることで、学び合う授業が成立する 野末 淳
[1] 「学び合う授業」と「主体的・協働的な学び」 小佐野 正樹
[2 座談会] 学び合う授業を創るには 埼玉小学校理科サークル
[3 小学校] 学び合う授業を成立させるための教材構成 ―「骨と筋肉」の授業から― 佐々木 仁
[4 中学校] 楽しくわかり学習した成果が実感できる授業をつくりたい 瀬田 裕司

----------------------------------------------------------------------------------------------

口絵解説 できたぞ! カマキリの紙芝居が
基本の“き”
[第31回]中学校III    教材・教具の見つけ方と保管法

理科教師日記 イノシシの全身骨格が子どもたちを教える ―動物の体とくらし(中学校2年)―
授業に生かす 実験観察 〈中学校〉 カエル・メダカの発生(胚)の観察
視点 「身の回りの現象」音の授業の工夫から(中学校1年) 
―振幅や振動数と音との関係を具体的な楽器の音から学ぶ授業―
視点 力は運動状態を変える
障害児と自然科学教育 「豆電球と乾電池」の学習の最後はクリスマスツリー
行ってみよう 科学探険 埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園
―生物多様性と自然の恵みの重要性を伝える学習施設―

----------------------------------------------------------------------------------------------
読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(書評)

情報BOX
次号予告・編集後記




《お問合せ》
日本標準:企画編集部 書籍営業課
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623
巻頭口絵 桜島・錦江湾ジオパークのおもしろさ ―火山と人と自然のつながり―
巻頭エッセイ 広島・長崎、福島被ばく者救済の哲学的方法論

----------------------------------------------------------------------------------------------

今月の授業
小4 とじこめた空気と水
小6 酸 ―水溶液の性質―
中2 電流回路

----------------------------------------------------------------------------------------------
ガイドマップ
■子どもにとって空気は身近ですが、目に見えないそれが物であることを認識していません。4年「とじこ
めた空気と水」のプランは、空気は場所をとっていて体積がある、さらに、空気には重さもある、ということを
理解させていくことで、空気が物であることの認識をもたせる学習です。
■教科書のように酸性・中性・アルカリ性が同時に出てきてリトマス紙で区別していくと、何色から何色に
変わるのが何性なのか、子どもの中でごっちゃになってしまいます。6年「酸」では、酸が水に溶けたときに
現れる性質「酸性」を中心に学習することで、酸という水溶液になったときに同じはたらきをする物質がある
ことを理解します。
■中学校2年「電流回路」の学習プランでは、教科書が示すような一見わかりやすい電圧の説明を与えません。
かわりに、電圧は回路の離れた2点で決まる量であることを基本として、実験事実を積み重ねながらオームの法則、
直列回路や並列回路での電流・電圧・抵抗の関係を導いていきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------
授業に生かす実践記録
小1 カマキリとあそぼう
小4 物の温度と体積
小6 物の燃焼 (H27年度版)  
中2 電流と磁場

----------------------------------------------------------------------------------------------
特集
小学校からの「力」の授業づくり

[主張] 力学概念の形成のための斬新な授業づくりを 箕輪 秀樹
[1] 小中高を見通した物理の授業づくり ―力学を中心として― 阿久津 嘉孝
[2 小学校] 小学校で「力」とは何かをはっきりさせて ―物の回転から「てこ」を考える― 石髙 一樹
[3 中学校] 美しい法則はやっかいなのです 塚本 松美
[4 高校] 科学的な考え方の基礎となる力学をめざして ―重力と電気力と実験を基礎として― 森本 雄一

----------------------------------------------------------------------------------------------

理科教師日記 エゾシカの頭骨標本の作製 ―生徒の助けと酵素入り合成洗剤の力で早くきれいに―
基本の“き”
[第30回]小学校III    火の用心! マッチ1本火事の元

授業奮闘記 楽しい授業を求めて ―植物の学習から学んだこと―
「風船カーリング」遊びが学びにつながった
視点 桜島・錦江湾ジオパークのおもしろさ ―火山と人と自然のつながり―
障害児と自然科学教育 秋は ドングリ
行ってみよう
科学探険 斜里町立知床博物館 ―自然だけでない知床の奥深い魅力を伝える博物館―

----------------------------------------------------------------------------------------------
読者のひろば
理科サークル東西南北
科教協だより

読書室(子どもに読ませたい科学の本)

情報BOX
次号予告・編集後記



《お問合せ》
日本標準:企画編集部 書籍営業課
TEL 03-3334-2620   FAX 03-3334-2623
おすすめの購読プラン

理科教室の内容

教えて楽しい、学んで楽しい「理科」にする、自然科学教育の専門誌
学校では「理科の時間がつまらない、わからない」という子どもたちが増えています。こうした、今日の問題点をさぐり、創造的な実践と理論をささえる自然科学教育の専門誌が「理科教室」です。1958年創刊以来、編集委員は学校現場の教員によって構成され、現場での実践を大切にしながら、すべての子どもに保障すべき自然科学教育の内容を明らかにようと編集にあたっています。毎号、子どもがいきいきする授業づくりのための実践と理論、実験観察等の情報を提供しています。

理科教室の目次配信サービス

理科教室最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

理科教室の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.