I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

食品と開発 発売日・バックナンバー

全63件中 16 〜 30 件を表示
3,300円
【FOODWATCHER】コロナ禍の米国で急成長するサプリ市場に商機あり

特集/SDGsのための酵素利用ソリューション
◆酵素による炊飯米保管時の品質向上
 ~お弁当・おにぎりのおいしさを長持ちさせて食品ロスの削減へ/松原 啓滋(ノボザイムズジャパン㈱)
◆フードテックを支えるSpeciality Enzymeのアプリケーション/山城 寛、酒井 杏匠(天野エンザイム㈱)
◆パンの賞味期限延長・品質改良のための酵素利用/相田 千尋、西口 みゆ、池田 千紘(オリエンタル酵母工業㈱)
◆持続可能な澱粉糖製造プロセス/三品 匡央(ダニスコジャパン㈱(IFFグループ))
◆酵素によるオーツミルクの品質改善および植物エキス抽出率向上効果/舟橋 知徳(三菱ケミカル㈱)
◆酵素を通じてSDGsの達成を目指す/ノボザイムズ アジア・中東・アフリカ地域統括社長 Thomas Steenbech Bomhoff 氏に聞く
◆SDGsに貢献する我が社の酵素/編集部

【品質・安全対策】
◆簡易・迅速微生物検査法の開発動向 ~HACCP義務化のなかで中小企業にも導入の動き~

【支援技術】
◆食品産業の環境対策を支える技術・装置の最新動向~廃水処理技術から考える脱炭素とSDGs~
 エイブル、エンバイロ・ビジョン、ケイエルプラント、日本環境科学研究所、日本シーム、
 バチルテクノコーポレーション、ヘリオス

【市場動向】
◆米由来素材・米食対応素材の多角的利用に向けて 小麦代替、栄養・生理活性、物性改良に着目した製品群
◆食物繊維素材の市場動向

【素材レポート】
◆水溶性食物繊維イヌリン「Fuji FF」の機能性と市場動向/田口 馨(フジ日本精糖㈱)

【インタビュー】
◆25年のノウハウをもとにクリーンラベルの提案を強化/イングレディオン・ジャパン㈱
◆機能性食品のグローバルトレンド/ミンテルインタビュー

【機能性キノコ―】
◆セミタケ菌糸体(南方虫草)の即効性眼圧調整効果/江玲慧、林 珊(台湾 葡萄王生技㈱)

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑮】
◆タイ人の10人に7人がセルフケア行為として塩味のスナック菓子をつまんでいる MiNTEL

【美味しさ追求のための知財戦略⑬】
◆〈2022年9月~2022年11月の成立特許〉
 「風味」・「食感」・「外観」改善のための最新特許報告/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(87)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【クローズアップ】
≪行政≫
・食品事業者における原材料の調達安定化対策に100億円計上
 ―令和4年度第2次補正予算で物価高対策等を推進/農林水産省
・食薬区分の改正で非医薬品リストに2成分を追加
 ―コイケマ、D-β-ヒドロキシ酪酸を新規収載/厚生労働省
・L-システイン塩酸塩の使用基準を調味料に拡大へ
 ―「ADI特定せず」とする審議結果を了承/食品安全委員会
・納品期限の緩和を進める事業者が大幅に増加
 ―商慣習の見直しを含めた食品ロス削減や食品リサイクルの取組み進む/農林水産省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・Whole Foods Market、2023年の食トレンドを発表
・プラントベースの推進:環境問題への配慮は肉を控える動機にならない
・New Hope Networkのデータ、業界の未来を形作るトレンド示す 
・健康はフィジカルからメンタルへ、今の消費者意識を探る:HMTレポート
・2023年のトップトレンドとは:Mintel社の分析
・PURIS社が代替卵の消費者向けブランド「AcreMade™」を発表
・豪州の企業がポストバイオティクスコーヒーを開発
・ニンジン由来成分は風邪の症状を軽減する可能性
・ナッツの皮による健康効果
・NMNをサプリメント定義から除外というFDAの判断に業界が猛反発

【その他】
・国内文献速報
・特許速報
【FOODWATCHER】医療用大麻解禁の法改正で、動き出す産業用大麻の生産、利活用動き

特集/発酵技術の新たな利用を目指して
◆機能性アミノ酸高含有酵母の育種技術を活用した発酵・醸造食品の高付加価値化/高木 博史(奈良先端科学技術大学院大学)
◆酵母が作る機能性食品成分の利用研究/一刀 かおり、Klinkaewboonwong Norapat、大矢 禎一(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
◆メタボローム解析を活用した発酵スターター乳酸菌の高スループット探索/冨田 理((国研)農業・食品産業技術総合研究機構)
◆海藻発酵技術の研究と利用/内田 基晴((同)シーベジタブル)

【市場動向】
◆機能性甘味料の市場動向
◆天然調味料の市場動向
◆高機能サプリメントのための添加剤の選択

【企業レポート】
◆美味しさの決め手「五原味」のバランスに着目した新基礎調味料「REAL MIX」シリーズ―㈱FDJ

【分析計測】
◆食品分野における水分測定技術の最新動向

【支援技術】
◆新食品表示法で重要性高まる印字・印字検査技術
 イーデーエム、エムエスティ、紀州技研工業
◆食品産業の可能性を広げる乾燥技術の最前線 ~ロングライフ化や付加価値向上、SDGs貢献への展望~
 大川原製作所、西光エンジニアリング、西村鐵工所、ミクロ電子

【機能性食品開発のための知財戦略(48)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年9月-10月特許公報発行/公開分〉 
 今号注目の機能性 発酵物や発酵に用いられる微生物に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(86)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑭】
◆Food development 調味料ブランドはいかにして若年層を獲得するか MiNTEL

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆精密発酵で作った牛乳でない牛乳/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・栄養成分の機能表示の文言など見直す方針 ―日本人の食事摂取基準、コーデックス基準など参考に/消費者庁
・健康壽命の延伸A判定、メタボ該当者の減少D判定 ―健康日本21(第二次)の最終評価報告書を公表/厚生労働省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・Natural Products Expo Eastにおける10大トレンド
・プラントベース食品への「超加工」「超不健康」認識、企業が反論
・機能性飲料を購入する消費者、依然として免疫サポートを最重要視
・2023年の健康食品トレンド:消費者はクリーンラベルと「ポジティブな栄養表示」を重視
・メンタルヘルスにおけるケトダイエットの役割に注目
・アップサイクル事業の推進に向けて:イベント「Climate Smart Food」
・精密発酵や細胞農業はどのように規模を拡大していけるか
・砂糖削減トレンドの次は
・Naturo社、牛乳の消化率を2倍にするテクノロジーを開発
・新しいSlimFast、ウエルネスを目指す消費者に寄り添うダイエット戦略を提案

【その他】
・新製品紹介
・国内文献速報
・特許速報
【FOODWATCHER】食料安保と有機農業

特集/次世代食糧資源としての昆虫食の可能性
◆昆虫食を取り巻く社会情勢/藤谷 泰裕(大阪府立環境農林水産総合研究所)
◆昆虫が支える循環型食料生産システムの開発を目指して/小倉 淳(長浜バイオ大学)
◆昆虫食の社会実装に向けた課題/渡邉 崇人(徳島大学バイオイノベーション研究所)
◆昆虫食の機能性とは/井内 良仁(山口大学大学院)
◆食用昆虫の油脂資源(食糧油脂・機能性油脂)としての可能性/落合 優(北里大学獣医学部)

【支援技術】
◆付加価値製品の開発、有価物の回収・再利用で動きを見せる 分離・ろ過技術
 クラレ、巴工業、三菱ケミカルアクア・ソリューションズ
◆高機能食品製造用途とサニタリー化進む粉粒体技術
 大川原化工機、増幸産業、増野製作所

【市場動向】
◆フレーバー ~今年の注目点と2023年への提案~
◆食品用着色料の市場動向
◆コロナを経て高まる免疫ケアニーズ 免疫調整素材の開発と利用

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆オーツ麦の人気上昇中/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【機能性食品開発のための知財戦略(47)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年7月ー8月特許公報発行/公開分〉 
 今号注目の機能性 免疫サポートに関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(85)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【クローズアップ】
≪行政≫
・厚生労働省の食品衛生基準行政を消費者庁へ移管
 ―来年の次期通常国会に法案提出へ/日本政府
・ベジタリアン又はヴィーガンに適した加工食品に関するJAS規格を制定
 ―原材料や製造基準、表示基準等をそれぞれ規定/農林水産省
・第10版食品添加物公定書、来年度をめどに告示へ
 ―既存添加物27品目の新規収載など予定/厚生労働省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・米国、ヘルシースナックとジャンクなスナックの売上が共に好調
・食と健康の関連性、理解度向上がパンデミック後の食品開発を活性化
・アジアのプラントベースたんぱくスタートアップ市場、2025年までに25%の成長見込み
・ノルウェーで細胞農業技術開発プロジェクト「ARRIVAL」が始動、政府機関が資金提供
・水耕栽培のマイクロ菜園が宇宙へ
・世界的な食糧危機を緩和する超高栄養価の海藻を発表
・スクラロースやサッカリンは腸内細菌叢を変化させ耐糖能に影響する:イスラエル研究
・酪酸塩が食物アレルギーをなくす鍵を握る可能性を新たな研究が示唆
・欧州で発酵食品に関する大規模研究プロジェクト「HealthFerm」が始動

【その他】
・新製品紹介
・国内文献速報
・特許速報
【FOODWATCHER】拡大する機能性表示食品市場、試される利用者の選択眼

特集/持続可能な食品供給を目指して
◆持続可能な食料生産・消費のための農林水産省の取組/片山 健太郎(農林水産省 大臣官房新事業・食品産業部)
◆持続可能な食糧システムへの転換に向けて/梶川 裕矢、川崎 昭如、石井 菜穂子(東京大学未来ビジョン研究センター)
◆持続可能な社会実現のための食産業におけるフードテック/石川 伸一(宮城大学食産業学群)
◆自然の力を未来の価値創造につなげる、林原のサステナビリティ―プラントベースフードに美味しさと健康機能を―
 /小林 辰男、佐伯 美月、大場 将生(㈱林原)

【特別レポート】
◆SDGs達成を目指した“革新的低フードロス共創拠点”プロジェクト/福﨑 英一郎(大阪大学工学研究科)

【市場動向】
◆コロナフレイル対策に関心高まる ロコモティブシンドローム対応素材の開発動向
◆脳機能改善市場が活性化 注目の認知機能、ストレス・睡眠改善素材

【品質・安全対策】
◆HACCP制度化とSDGsで重要性高まる温度管理

【美味しさ追求のための知財戦略⑫】
◆〈2022年6月~2022年8月の成立特許〉フレーバー開発における最新特許報告/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【PR】
◆ボタニックヘルスケアで、栄養補助食品に最適な素材を見つけましょう/Botanic Healthcare Pvt. Ltd.

【機能性表示食品の発売動向を追う(84)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【素材レポート】
◆田七人参の機能性と新たな可能性/稲垣 洋介(㈱日本薬業)
◆食品向け酵母エキスの微生物培養用途での利用/深野 和紘(三菱商事ライフサイエンス㈱)

【産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う シリーズ64】
◆食を中心とした「あきたヘルスケア産業」づくり
 /戸松 さやか、佐々木 玲、福田 敏之、児玉 雅、松井 ふゆみ、杉本 勇人、畠 恵司(秋田県総合食品研究センター)

【機能性キノコ―】
◆ヤマブシタケ菌糸体が高齢者の聴覚機能低下に及ぼす改善効果/陳 婉屛、林 珊(葡萄王生技㈱(台湾))

【クローズアップ】
≪行政≫
・食料安全保障の確立と農林水産業の持続可能な成長に取組む
 ―農林水産物・食品輸出の拡大には141億円を計上/農林水産省 令和5年度予算概算要求
・人生100年時代の健康増進対策に60億円を計上
 ―女性の健康の包括的支援への研究にも着手/厚生労働省 令和5年度予算概算要求
・デジタル広告への対応、食品表示情報の充実化など重点に
 ―フードテック食品情報、生活関連物資価格動向も焦点/消費者庁 令和5年度予算概算要求

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・よりクリーンかつ健康的で美味しい代替タンパク質の新しい流れ
・Nutraingredients誌、欧州のスポーツニュートリション業界調査の結果発表
・精密発酵のたんぱく質開発が活発化
・ポリフェノール含有サプリメント、含有量に大きな幅
・韓国の健康機能食品生産額が昨年20%近く増加
・中国保健食品登録:免疫力強化、血中脂質低下、抗酸化の訴求が上位
・中国の保健食品届出:2022年1月〜7月中国国外企業の承認は2社のみ
・米国のプラントベースミルク売上高
・Beyond Meat社の売上が低迷、第二四半期は1.6%減
・ネスレ社が出資の研究、HMOブレンドが母乳による腸の発達に寄与することを発見
・WHOガイドライン草案、ノンカロリー甘味料の長期的摂取が健康に与える影響懸念

【その他】
・新製品紹介
・国内文献速報
・特許速報

【食品開発展2022 Hi/FiT/S-tec/LLj の見どころ】
◆PR製品紹介◆
 ヘルスイングリディエンツ ジャパン/フード・テイスト ジャパン
 セーフティ&テクノロジー ジャパン/フードロングライフ ジャパン
 出展社見どころ&製品紹介

【食品開発展2022 Hi/FiT/S-tec/LLj 出展社ガイド】
3,300円
【FOODWATCHER】原料価格の急騰、サスティナブルな食品の提供に向けた課題

特集Ⅰ/アップサイクルフードの開発
◆食品分野におけるアップサイクルの潮流 ~現状と展望~/倉本 賢士(㈱日本経済研究所)
◆秋田県におけるアップサイクル食品開発 ~低利用資源から機能性表示食品対応素材へ~
 /佐々木 玲、黒崎 文華、戸松 さやか、畠 恵司(秋田県総合食品研究センター)・市橋 杏理、小野 真紀子、大友 理宣(秋田銘醸㈱)
◆北米におけるアップサイクル食品の動きとその製品/吉田 隆夫(JTCインターナショナル)

特集Ⅱ/口腔ケア研究最前線
◆口腔ケアから考える全身の健康科学 ―口腔機能の改善を目指した研究開発に求められること― /斎藤 一郎(ドライマウス研究会)
◆コロナ禍における口腔ケア/阪井 丘芳(大阪大学大学院歯学研究科)
◆唾液から考える腸活や全身の健康科学/槻木 恵一(神奈川歯科大学)
◆開発進む口腔ケア素材/編集部

【市場動向】
◆有機酸の市場動向 世界需給硬化、操業コスト増で値上げ相次ぐ ~国内市場は工業用途が新規拡大へ~
◆たん白素材の市場動向 原料高騰の中で安定供給が課題

【支援技術】
◆食品・飲料における高度殺菌技術 ~技術開発と用途拡大進む加熱・非加熱殺菌~
 イズミフードマシナリ、岩井機械工業、大川原製作所、セン特殊光源、パワーポイント・インターナショナル

●「装置認証制度」の創設と“第1号認証取得企業”の誕生
  ~次亜塩素酸水(電解型)のさらなる信頼性とプレゼンス向上に弾み~/石渡 幸則((一社)日本電解水協会)

【HACCP支援技術】
◆食品工場の洗浄・除菌と求められる洗浄バリデーション/編集部

【機能性食品開発のための知財戦略(46)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年5月―6月特許公報発行/公開分〉 
 今号注目の機能性 オーラルケアに関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(83)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート】
◆⑫今、そしてこれから注目すべき3つのチョコレートトレンド/MiNTEL
◆⑬注目のトレンド食材:レモン 蘇る酸味/MiNTEL

【クローズアップ】
≪行政≫
・第9版食品添加物公定書(追補2)を公表
 ―高級脂肪酸7種、ワイン用添加物の成分規格等を新規収載/厚生労働省
・検定数量は70トン台を回復 ―令和3年度食用タール色素の検査結果/厚生労働省
・今年上半期の農林水産物・食品輸出額は13.1%増 ―年間輸出額は1兆円を超えるペースに/農林水産省
≪調査≫
・たんぱく質の摂取を意識している人は全体の4割強
 ―サラダチキン、粉末プロテイン、飲料、バーなどを購入/マイボイスコム調べ

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・プラントベース食品ブランドと外食産業とのタイアップ傾向
・タイがオーガニック食品生産と大麻テックでASEANリーダーの座を狙う
・米国大手スーパー各社、垂直農法で地元調達された商品提供でサステナブル推進
・Mars社、非動物由来の乳タンパク質を使用したチョコレートブランド「CO2COA」新発売
・トマト葉からタンパク質「ルビスコ」の抽出に成功
・「代替肉の躍進はまだ始まったばかり」:ADM社の考察
・Apparo社、ひまわりの種子をアップサイクルしたタンパク質商品化のパートナー募集

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】歯止めかからぬ円安、円安活用ビジネスへの転換を

特集/食品産業のスマート化・DX化の推進
◆生産性向上に向けたスマート食品産業の推進/大熊 武(農林水産省大臣官房新事業・食品産業部)
◆食品製造業におけるDX展開・推進のツボ/神山 洋輔(㈱日本能率協会コンサルティング)
◆食品製造業における「手触り感」のあるDXを考える/島崎 里史(㈱日本能率協会コンサルティング)
◆現場DXプラットフォーム「カミナシ」が実現する工場内のペーパーレス化/㈱カミナシ

【支援技術】
◆食品ロス削減を実現するロングライフ化・鮮度保持技術
 飯島電子工業、日本ハイコム、日本プレハブ冷熱、フクハラ
◆食品産業における臭気対策と清浄化対策

【市場動向】
◆多価不飽和脂肪酸の市場動向
◆機能性カロテノイドの市場動向 ~機能性表示はダブル・トリプルクレームも視野に~
◆食品加工のための乳化剤の市場動向 ~賞味期限延長、海外対応の取組みが活発に~

【機能性食品開発のための知財戦略(45)】
◆食品分野における意匠法の活用と可能性/石川 克司(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(82)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆卵と植物性卵代替製品/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑪】
◆気分を上げるスナックバーで不安を解消/MiNTEL

【クローズアップ】
≪行政≫
・HACCPに沿った衛生管理を導入済み事業者は6割強に ―HACCP導入状況実態調査結果を公表/農林水産省
・輸出規制に対応した「着色料早見表」を運用開始へ ―食品産業センター、日本食品添加物協会が協同で作成/農林水産省
・機能性表示食品の摂取経験者は3割 ―令和3年度消費者意向調査で明らかに/消費者庁

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・代替タンパク質開発の海外動向:Umami Meatの培養魚肉、CellXの培養肉、中国のグリーンファイナンスなど
・オーガニックトレンド:健康・サステナブル・タンパク質がイノベーションの原動力
・機能性飲料の人気が持続する中、ストレス解消に糖分を求める消費者も
・消費者の食事サイクルは細分化、たんぱく質、砂糖削減が鍵
・ヨーロッパの間食習慣:誰がいつ、どこで何を間食しているか
・ピクルスをサワークリームに加えると抗酸化作用が向上する可能性
・ウロリチンAが中高年の筋力を改善する可能性
・高齢者の高ポリフェノール摂取は神経保護抗酸化物質の産生を増大する可能性
・Melt&Marble社、精密発酵による非動物性牛脂の試作品を発表
・Hyfe Foods社、食品産業排水のアップサイクルで菌糸体由来小麦粉代替品の生産へ
・Hershey Company社、プラントベースチョコレート生産技術の特許を出願

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】食糧危機と安全保障としての米食の再構築を

特集/食によるアンチエイジング研究最前線
◆食成分によるアンチエイジングの可能性/片倉 喜範(九州大学大学院農学研究院)
◆オートファジーによる細胞のケアと老化制御/石堂 美和子(㈱AutoPhagyGO)
◆ミトコンドリアに着目したアンチエイジング研究/長野 太輝・鎌田 真司(神戸大学バイオシグナル総合研究センター)
◆食によるAGE制御をターゲットとしたアンチエイジング戦略/須川 日加里・永井 竜児(東海大学農学部食生命科学科)
◆超高齢化社会を支える期待のアンチエイジング素材/鈴木 麻衣子(㈱常磐植物化学研究所)

【支援技術】
◆食品産業における排水・用水処理技術の最新動向
 アイエンス、エイブル、エンバイロ・ビジョン、オルガノ、ケイエルプラント、
 日鉄環境、バチルテクノコーポレーション、ヘリオス

【市場動向】
◆美容食品素材の市場動向 ~エビデンスベースの素材の利用活発化~
◆抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
◆日持向上剤・保存料の市場動向 ~SDGs「つくる責任 つかう責任」にも貢献

【美味しさ追求のための知財戦略⑪】
◆〈2022年3月~2022年5月の成立特許〉
 プラントベース食品における最新特許報告/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【素材レポート】
◆IFF社が提供するフードプロテクションソリューション
 美味しさを保ち、サスティナブルゴールと資源の有効活用をサポート/加藤 和子(IFFグループ ダニスコジャパン㈱)
◆新たなアンチエイジング科学 小胞体ストレスを緩和する食品成分 ペンタデシル含有オーラン油/坪井 誠(㈱シー・アクト)

【機能性表示食品の発売動向を追う(81)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【ユニテックフーズの 食品開発支援サービス 商品開発における処方設計から表示作成までサポート】

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑩】
◆炭酸飲料の「脳を活性化する」可能性/MiNTEL

【クローズアップ】
≪行政≫
・木の実類の食物アレルギーの割合が増加
 ―「即時型食物アレルギーによる健康被害に関する全国実態調査」結果を公表/消費者庁
・住民・消費者・子どもへの啓発、災害用備蓄食料の有効活用が主体
 ―地方公共団体における食品ロス削減の取組状況を取りまとめ/消費者庁
≪調査≫
・2021年惣菜市場規模、10兆円台に回復/(一社)日本惣菜協会調べ

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・パンデミックやウクライナ侵攻の中、サプリメントブランドが見据える2023年とは
・一流の研究者チームが炭水化物の質の新しい評価システム、CFQSを提唱
・消費者はグミ状サプリメントを好むが利用状況は依然としてピルタイプが強い
・プラントベース食品を選ぶ消費者に関する意識調査:NBJ、Next Data & Insights
・アジアのノンアルコール飲料はよりサステナブルでヘルシーに消費者の関心の変化反映
・「模倣」より「本物」をシビアな消費者はプラントベース代替肉から離れるか
・SPINS:2022年の食品トレンド
・ProVegインキュベーターのターゲットはキノコと微細藻類由来の代替たんぱく質開発
・FDA、主要食品アレルゲン9項目以外のアレルゲン評価に関するガイダンス草案を発表
・栄養プロファイル表示など5つの表示方式、中国の消費者から高評価なのは?

【その他】
・新製品紹介
・S-tecニュース
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】コロナを超えた先の健康食品産業の未来は

特集/多様化するプラントベース食品へのアプローチ
◆世界のプラントベース食品:最新市場動向/田中 良介(Innova Market Insights)
◆植物性ミルク用原料の開発と利用/河野 宏行(アピ㈱)
◆プラントベース食品のおいしさの向上 ~植物性ミルクの応用~/中山 久美・上野 博誉(三栄源エフ・エフ・アイ㈱)
◆小麦グルテンの特性とその優位性を活かしたプラントベース食品への展開/大下 萌里(グリコ栄養食品㈱)
◆油脂が創り出す植物性ミルクのおいしさ/上山 惟太(AAKミヨシジャパン㈱)
◆プラントベースによる水産代替食品のレシピ開発/吉田 文子(㈱タイショーテクノス)
◆大豆たん白疑似脂肪“デリニュール(R)”の特長と利用/布施谷 友紀、宮崎 厚徳(日油㈱)
◆プラントベースミートにおけるこんにゃく粉の可能性/荻原 宏幸(伊那食品工業㈱)
◆美味しいプラントベースフード開発のための素材

【支援技術】
◆食品産業の粉粒体技術 ―機能複合化、サニタリー性、省力化の追求進む―
 赤武エンジニアリング、大川原化工機、大川原製作所、奈良機械製作所、日本アイリッヒ、増幸産業、増野製作所

【分析・計測技術】
◆高まる自動化・迅速化ニーズ バリデーションのとられた簡便・迅速な成分分析装置の導入進む
 エヌエスピー、LECOジャパン、エレメンター・ジャパン、ゲルハルトジャパン、CEM Japan
 住化分析センター、日本ビュッヒ、ビーエルテック、フォス・ジャパン、ブルカージャパン

【市場動向】
◆ミネラルの市場動向 ―安定の主要ミネラル、伸長する微量ミネラル―
◆ビタミンの市場動向 ~世界各地の供給安定化が焦点に~

【機能性食品開発のための知財戦略(44)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年4月特許公報発行/公開分〉 
 今号注目の機能性 ビタミン/カロテノイド素材に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(80)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑨】
◆炭酸入りソフトドリンクと炭酸水カテゴリーが日本市場で著しく成長/MiNTEL

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆植物性乳代替製品:植物性チーズ/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・食品添加物の不使用表示に関するガイドラインを公表
 ―「無添加」等の表示方法を示す食品表示基準Q&Aも見直し/消費者庁
・食品添加物「二酸化チタン」への対応を報告
 ―ナノサイズの二酸化チタンで90日間反復経口投与試験を実施/厚生労働省
≪調査≫
・冷凍食品の国内生産量、業務用・家庭用ともに増加
 ―生産量・金額とも家庭用が業務用を上回る結果に/(一社)日本冷凍食品協会

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・4つの次世代プラントベースたんぱく質
・アジアのアグリフードテック分野が熱い:スタートアップに関する洞察
・糖質制限戦略の進化と栄養プロファイリングシステムへの影響
・ムードサポート関連商品の売上が急上昇
・微生物発酵が代替たんぱく質開発の注目株に
・プラントベース食品・飲料の小売売上が急上昇
・GreenGrown:野菜由来のグルコサミンは環境に優しい発酵プロセスで製造
・ポストバイオティクス研究がブーム
・ビタミンDの働きは種類によって差が生じる可能性
・Eat Just社の「Just Egg」が欧州ノベルフード承認を取得
・Aleph Farms社、2024年までに細胞培養コラーゲンの商品化へ
・I Am Grounded社、コーヒーの実のアップサイクル商品、エナジーバーを販売
・プラントベース代替食品の実情:欧、米、加地域のプラントベース食品団体が討論

【その他】
・新製品紹介
・S-tecニュース
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】エネルギー、食糧の自給率から見える日本の危機

特集/食品工場のバイオフィルム対策
◆バイオフィルムの解析と新たな集団微生物制御の展開/山本 達也、野村 暢彦(筑波大学生命環境系、筑波大学微生物サステイナビリティ研究センター)
◆バイオフィルム視点からの食品危害菌の制御 ―乳酸菌を例に―/久保田 浩美(宇都宮短期大学 食物栄養学科)
◆バイオフィルム対策のための効果的な洗浄方法/福﨑 智司(三重大学大学院 生物資源学研究科)
◆食品製造工場におけるバイオフィルムの発生/生貝 初(鈴鹿工業高等専門学校)

【HACCP対策】
◆HACCP導入のためのハード&ソフト 安全・衛生管理強化のための最新ソリューション

【技術レポート】
◆磁気バイアス型磁力線方式によるアルミ包装併用 金属検出機tecnoeye(TM)(テクノアイ)の開発/牧野 良保(新東工業㈱)

【品質・安全対策】
◆品質・安全性確保のための受託試験・検査サービス ―食品企業の人手不足が検査のアウトソーシングを加速―

【支援技術】
◆新食品表示法で重要性高まる印字・印字検査技術 ―2022年4月1日完全施行 新たな加工食品の原料原産地表示制度―
 イーデーエム、エムエスティ

【市場動向】
◆ポリフェノール食品・素材の市場動向
◆低糖・高たん白下でのおいしさ作りに貢献 シュガーレス・低カロリー食品向け甘味料の動向

【企業活動紹介】
◆第4回 林原ライフセミナー
 口の健康、アンチエイジング 口から始める全身の健康うるおいアップで元気に長生き!

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑧】
◆ブランドはホリデーシーズンのアイスクリームでどのような現実逃避を提供できるか/MiNTEL

【素材レポート】
◆Fuji FF、Fuji FF HS(イヌリン)の糖質オフ食品への応用/田口 馨(フジ日本精糖㈱)

【機能性食品開発のための知財戦略(43)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年2月-3月特許公報発行/公開分〉 
 今号注目の機能性 ポリフェノール素材に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(79)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆チェーン・レストランの植物性メニュー/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・新JASの制定等に関する手続の進捗状況を公表 ―魚の鮮度の試験方法に関するJASを制定/農林水産省
・ベジタリアン・ヴィーガン向け食品のJAS新設へ
 ―農林水産省に規格原案を提出/ベジタリアン・ヴィーガン食品等JAS制定プロジェクトチーム
・香料3-アセチル-2,5-ジメチルフランの製造・販売を自粛
 ―国立医薬品食品衛生研究所の試験結果等を総合的に判断/厚生労働省
≪海外≫
・食用糖の許容上限摂取量を評価 ―観察された摂取量の範囲で特定できず/欧州食品安全機関(EFSA)

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・海洋サステナブルを維持し豊富なオメガ3脂肪酸を提供する魚介の代替資源5つ
・ナチュラルプロダクツエキスポ2022のトップ10トレンドを紹介
・プラントベースが乳糖フリー液体ミルクセグメントの成長を後押し
・代替たんぱく質産業が消費者を移行させるための「着実なハイブリッド製品戦略」
・欧州のInProveプロジェクト:廃棄野菜から高食物繊維の原料を開発
・新投資会社がAPAC地域のフードテック企業に続々投資
・マイコプロテイン由来代替イカのフライ販売へ
・高山植物chocho由来スーパーフードを発売
・プラントベース代替肉バーガー「NotBurgur」で米市場参入へ
・3Dプリントによる和牛ステーキの試作品完成へ
・高たんぱく、低炭水化物、カロリー制限食は腸内細菌叢の多様性に関連する可能性
・栄養価の高い食生活の持続は寿命を10年以上伸ばす可能性

【その他】
・S-tecニュース
・業界商品動向
・新製品紹介
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】コロナ禍で進む食の健康志向

特集/進展する腸内細菌代謝物の研究とその利用
◆腸内菌叢による機能性成分の代謝変換の解析/田村 基((国研)農業・食品産業技術総合研究機構)
◆腸内細菌の代謝産物から展望する認知症/佐治 直樹(国立長寿医療研究センター)
◆ポリフェノールパラドックスを紐解くのは腸内細菌?/三井 亮司(岡山理科大学理学部)、栢木 宏之(丸善製薬㈱)
◆腸内細菌叢由来ポリアミンの機能とバイオメディカル食品への応用/松本 光晴(協同乳業㈱)
◆腸内代謝物による新たな健康対策の提案/石輪 俊典、卯川 裕一(㈱ダイセル)

【分析・計測技術】
◆美味しさの見える化を目指して―味、香り、テクスチャー、色・外観の評価技術
 アルファ・モス・ジャパン、インテリジェントセンサーテクノロジー、サン科学、
 メディア・アイ 感性評価研究所、山電

【品質・安全対策】
◆HACCP制度化で重要性高まる温度管理
 アステック、アドバンテスト、エラブジャパン、西華産業、ティアンドデイ、パシコ貿易

【支援技術】
◆液体食品の製造技術 分離精製・混合攪拌・UHT殺菌・無菌充填装置動向
 イズミフードマシナリ、岩井機械工業、オリヒロ、SPXフローテクノロジージャパン、四国化工機、
 西華産業、三菱ケミカルアクア・ソリューションズ分離精製事業部、パワーポイント・インターナショナル

【市場動向】
◆腸内環境・免疫訴求で関心高まる有用菌・プレバイオティクス・乳酸菌生産物質
◆ゲル化剤・増粘安定剤の市場動向

【素材レポート】
◆種子由来の増粘多糖類「タマリンドシードガム」の特徴と食品への応用/岩田 怜、馬場 陽平、宮本 彰子(住友ファーマフード&ケミカル㈱)
◆コロナ禍での胃の不調と乳酸菌LJ88末EX/小松 靖彦(スノーデン㈱)
◆ふなずし由来の植物性乳酸菌の摂取で腸内細菌叢を整えることは可能か/小河原 忠彦(西東京中央総合病院総合診療科)、前田 浩明(㈱オリジン生化学研究所)

【美味しさ追求のための知財戦略⑩】
◆〈2021年12月~2022年2月の成立特許〉
 減塩食品の開発における最新特許報告/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(78)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆高騰する食品価格/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・食品添加物不使用表示のガイドライン公表へ―「無添加」等の表示方法を示す食品表示基準Q&Aも見直し/消費者庁
・農林水産物・食品の輸出額、1兆円の大台に到達―海外小売店向け、EC販売、外食需要回復が後押し/農林水産省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・欧州消費者がプラントベース食品に求めるもの:調査
・食品企業・ブランドは地球環境を守るべき:消費者意識
・「コロナと共に生きる」とは? 食品の未来はどう変化するのか?
・乳代替品の改善に役立つ新しい原料と技術
・食糧資源の一つとして火星での海藻の栽培やバイオリアクター栽培への取り組みに注目が集まる
・ポストバイオティクス成分、ウロリチンAがミトコンドリアの健全性を維持する可能性
・ビタミン・ミネラルサプリメント市場は依然として安定、研究も進展
・Roquette社のエンドウ豆由来タンパク質がDIAASスコア100を獲得
・Spero社、世界初のひまわりクリームチーズとチーズスプレッドを開発
・パンデミックが健康飲料事業を後押し:英Purearth社の世界的成長
・ネスレ社、Orgain社の買収でプラントベースプロテインのポートフォリオを拡大
・CODEXがステビオール配糖体の生産技術を承認する枠組みを採用
・欧州の食品戦略案におけるスポーツニュートリションの規制や課題

【その他】
・新製品紹介
・S-tecニュース
・業界商品動向
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】原料高、為替、原油高、低自給率で「プロテインクライシス」日本直撃

特集Ⅰ/未来の食文化 ―肉替(にくたい)改造― 「フード・フォラム・つくば冬の例会」より)
◆培養肉の動向について/川島 一公(インテグリカルチャー㈱)
◆循環型食品“サーキュラーフード”としての食用コオロギについて/渡邉 崇人(徳島大学バイオイノベーション研究所)
◆我が国におけるジビエ(Gibier)利用の課題と展望
 ~野生動物との共存をめざしたイノシシやニホンジカの食肉等利用~ /平田 滋樹(農研機構 畜産研究部門)

特集Ⅱ/日本食品標準成分表2020年版の変更点と課題
◆日本食品標準成分表2020年(八訂)の改訂のポイントと活用方法/渡邊 智子(東京栄養食糧専門学校)
◆日本食品標準成分表2020年版(八訂)の改訂に伴う栄養成分測定法等の変更点と課題/安井 明美(農業・食品産業技術総合研究機構)

【市場動向】
◆健康食品の市場動向 コロナ禍でも善戦―市場牽引する通信販売
 ・2021年健康食品の市場動向
 ・健康食品主要原料動向
 ・機能性表示食品の受理実績素材
 ・新規機能性表示食品で注目の「血管の柔軟性の維持」
 ・機能性表示食品の機能別SR対応素材
 ・我社のいちおし素材
 ・健康食品の受託製造企業の動向
 ・健康食品製造・加工関連技術の最新動向

【支援技術】
◆食品産業の非加熱殺菌技術利用動向 神戸製鋼所、セン特殊光源、ホシザキ

【企業レポート】
◆「健康代塩」で過剰な塩分摂取、うま味偏重の課題を解決―FDJ

【素材レポ】
◆抗糖化素材「UNIFINE(R)」摂取による認知機能改善効果 ―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―/平松 直人、岡田 利孝(㈱東洋発酵)
◆新規プロバイオティクス製品の開発/齋藤 隆一(東亜薬品工業㈱)

【産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う シリーズ63】
◆美の国からのヘルス&ビューティフーズ発信/戸松 さやか、児玉 雅、畠 恵司(秋田県総合食品研究センター)・加藤 咲子、若泉 裕明(東商事㈱) 

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆品不足が続くスーパーの棚/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑦】
◆注目のトレンド食材:ココナッツ 「おいしくて魅力的」ご存知でしたか?/MiNTEL

【機能性食品開発のための知財戦略(42)】
◆食品用途発明の最新報告〈2022年1月特許公報発行/公開分〉
 今号注目の機能性 血管の柔軟性・睡眠サポートに関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(77)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【クローズアップ】
≪行政≫
・食品製造業者・小売業者間の適正取引推進ガイドラインを策定―すべての食品製造業に枠組みを拡大/内閣府
・「みどりの食料システム戦略」の法制度を整備へ―生産力向上と持続性の両立に向け農林漁業者・事業者を支援/農林水産省
・既存添加物13品目の安全性を評価―マーケットバスケット方式による保存料・着色料の摂取量調査結果も公表/厚生労働省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・Pascual Innoventures社、細胞培養乳製品スタートアップ支援プログラムに参加する4社を選出
・管理栄養士による2022年以降の食に関するトレンド予測
・2022年に注目すべきカテゴリー、成分、業界の課題:Nutraingredientsの予測
・Kerry社が2022年の年次グローバルテイストチャートを発表
・Euromonitorによる2022年の世界の消費者トレンドTOP10
・PEAはCBDの代替品になり得るか
・KFCが全米でBeyond Meetフライドチキンを発売
・2022年、APACの栄養部門を形成する新しい規制で知っておくべきこと

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・最新の機器
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】今更聞けないSDGs

特集Ⅰ/加工食品の輸出拡大に向けて
◆わが国の加工食品の輸出拡大に向けた戦略と施策/忠田 吉弘(農林水産省 大臣官房 新事業・食品産業部)
◆マーケットイン発想に基づく加工食品輸出の取組み/植杉 紀子((独)日本貿易振興機構)
◆欧州連合、アメリカおよびアセアンへの加工食品輸出に向けた添加物の留意点/脊黒 勝也((一社)日本食品添加物協会)

特集Ⅱ/ライフステージにおけるオメガ3脂肪酸の関わり合い(DHA・EPA協議会第22回公開講演会)
◆免疫バランス制御におけるオメガ3脂肪酸代謝物の働きとメカニズム解明/長竹 貴広、國澤 純(医薬基盤・健康・栄養研究所)
◆ライフステージにおけるω3系脂肪酸の関わりについて―動物実験からわかること―/守口 徹一(麻布大学 生命・環境科学部)
◆オメガ3系不飽和脂肪酸と健康長寿 ~百寿者・超高齢者研究から~/新井 康通(慶應義塾大学看護医療学部)

【品質・安全対策】
◆研究開発と品質管理で注目のモニタリング機器最前線
 飯島電子工業、イマダ、セントラル科学貿易、DKSHマーケットエクスパンションサービスジャパン、フロイント産業、
 メータージャパン

【N-tecレポート】
◆注目の免疫機能ほか独自の機能性表現を目指して活発化する 食品の臨床試験受託機関の動向

【市場動向】
◆食品加工用酵素の市場動向
◆スポーツニュートリションの開発

【機能性食品開発のための知財戦略(41)】
◆食品用途発明の最新報告〈2021年9月-10月特許公報発行/公開分〉
 今号注目の機能性 スポーツニュートリションに関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【機能性表示食品の発売動向を追う(76)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆マッシュルームの利用が高まる/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【国内最大の健康産業エキスポ 第40回健康博覧会開催 2月8日(水)~10日(金)】

【クローズアップ】
≪行政≫
・農水省「食の輸出促進」、厚労省「健康増進」、消費者庁「食品表示」への取組みを強化 ―令和4年度予算案を閣議決定/日本政府
・食品添加物不使用表示のガイドライン案を作成 ―最終審議を経て3月末にとりまとめ/消費者庁
・大豆ミート食品類のJAS規格を制定へ ―「大豆ミート食品」「調製大豆ミート食品」の2種類を規定/農林水産省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・コラーゲン需要の急増は、動物性たんぱく質に対する消費者の欲求を示す:NNBレポート
・Mintel社が2022年に向けた消費者動向予測3つを発表
・Kerry社、たんぱく質の認識に関する世界的な消費者調査を公表
・KeHE社による2022年の10の食品および飲料トレンド
・COVID-19パンデミック以降の機能性食品トレンドはメンタルヘルス、認知力関連
・ビーガンの高齢者は、肉を食べる高齢者よりも必要な薬が少なくて済む可能性
・柑橘類由来ポリフェノールが抗肥満に関連する腸内細菌を増加する可能性
・毎日の酢の摂取がうつ症状を最大34%減少
・2022年に米国食品および飲料業界が注目すべき法規問題:CBD規制からプラントミルクのラベル表示まで
・APACのプロバイオティクス規制:東南アジア、中国、韓国、中東の動向

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・国内文献速報
・特許速報
3,300円
【FOODWATCHER】食品の評価をめぐる「フードコンパス」の提案

特集/食品産業とSDGs
◆食品産業がSDGsに取り組む意義/尾崎 卓也(農林水産省 大臣官房新事業・食品産業部)
◆持続可能な食料システムを目指す「みどりの食料システム戦略」/今西 直人(農林水産省 大臣官房環境バイオマス政策課)
◆食品ロスの削減と食品廃棄物の再生利用 ~SDGsへの貢献~/牛久保 明邦(東京農業大学 名誉教授)
◆食品系バイオマス活用による脱炭素とSDGsへの貢献/柚山 義人((一社)日本有機資源協会)
◆SDGsに貢献する食品リサイクルループ ─小売業・外食産業の取り組み/百瀬 則子((公財)Save Earth Foundation)
◆循環型食品“サーキュラーフード”の推進/渡邉 崇人(徳島大学バイオイノベーション研究所)
◆食品産業が関わるサステナブル・ラベル/山口 真奈美((一社)日本サステナブル・ラベル協会)
◆包材からのSDGsへの貢献 環境配慮包材の使用を可能にする加工技術
 ~アルミレス包材と油脂コーティング~/佐藤 有季、伊佐治 知也(日油㈱)
◆SDGs企業インタビュー 容器包装の改良からSDGsに取り組むハウス食品グループ

【品質・安全対策】
◆簡易・迅速微生物検査法の開発動向 ~人手不足・働き方改革が迅速検査法導入に拍車

【支援技術】
◆食品産業の環境対策を支える技術・装置の最新動向 -廃水処理技術から考えるSDGs-
 アイエンス、エイブル、エンバイロ・ビジョン、ケイエルプラント、日本環境科学研究所、
 バチルテクノコーポレーション、ヘリオス

【市場動向】
◆食物繊維素材の市場動向 ~伸長する需要と逼迫する原料~
◆米由来素材の多角的利用に向けて-健康・ナチュラル志向に対応した製品群

【素材レポート】
◆「テトラリング(R)」(環状四糖水飴)健康機能と美味しさの両立を可能とする使い勝手の良い水溶性食物繊維
◆さとうきび由来イヌリン「Fuji FF」の機能性と市場動向/石坂 万紀子(フジ日本精糖㈱)
◆おいしい鉄分強化食品づくりをサポート FE べース シリーズ/三栄源エフ・エフ・アイ㈱

【美味しさ追求のための知財戦略⑨】
◆〈2021年6月~2021年8月の成立特許〉
 「風味」・「食感」・「外観」改善のための最新特許報告/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート⑤】
◆日本のインスタントラーメンが健康ブームに乗るまで/MiNTEL

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆SDGsで注目されるアップサイクル製品/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【機能性表示食品の発売動向を追う(75)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【クローズアップ】
≪行政≫
・食品添加物不使用表示のガイドライン骨子案を検討 ―表示禁止事項に該当するか否か11項目に類型化して審議/消費者庁
・スマホで消費者に分かりやすい食品表示を ―デジタルツールを活用した食品表示の実証調査を実施/消費者庁

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・栄養素密度が食品イノベーションの指標に
・APAC市場で成長が期待できるNAD+:新規ビジネス、商品および戦略
・画期的なイノベーション:消費者トレンドを活用した欧州のトップ飲料ブランド
・良質な間食習慣のための最適な睡眠時間が判明:新しい研究
・超加工食品の消費量増加が温室効果ガス排出量増加に関連する可能性
・サステナブルな食生活の食費は一般的な食生活の3分の1である可能性
・ASEANでの食品安全基準の一致にはCODEX規格の採用が最善の方法
・COP26からの食品業界ニュース、およびその見解

【その他】
・新製品紹介
・国内文献速報
・特許速報
【FOODWATCHER】先を見据えた環境、食糧、エネルギー対策を急げ!

特集/食品乾燥技術の高効率化・省エネ化を目指して
◆SDGsに対応した乾燥技術の紹介/保崎 有香(㈱大川原製作所)
◆生産効率向上・省エネ化を実現する流動層造粒乾燥技術/神寳 一樹(㈱ユーロテクノ)
◆高効率、省エネを実現したマイクロ波減圧乾燥の開発/岡村 邦康(西光エンジニアリング㈱)
◆画期的省エネ 及び CO2削減を実現するスプレードライ技術/アイエス ジャパン㈱
◆食品産業でプレゼンス高める乾燥技術/編集部

【市場動向】
◆天然調味料の市場動向 コロナ禍で市場混迷の中、プラントベースフードなど新たな需要も
◆機能性甘味料の市場動向 ―健康志向と砂糖代替で使い分け進む
◆高機能サプリメントのための添加剤 高成形性かつ崩壊性の良い錠剤開発を目指して

【分析計測】
◆食品分野における水分測定技術の最新動向
 京都電子工業、ケツト科学研究所、CEM Japan、LECOジャパン

【支援技術】
◆新食品表示法で重要性高まる印字・印字検査技術 ~原料原産地表示の移行期間迫る~
 イーデーエム、エムエスティ、紀州技研工業

【機能性食品開発のための知財戦略(40)】
◆食品用途発明の最新報告〈2021年9月-10月特許公報発行/公開分〉
 今号注目の機能性 機能性甘味料に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【素材レポート】
◆食物繊維「ヘルバセルAQプラス」の特徴と錠剤への応用/鈴木 夢生、岩田 怜(DSP五協フード&ケミカル㈱)
◆藤茶(とうちゃ)エキスの抗肥満・肝保護作用/山田 和佳奈、呉 剣波、清水 稔仁(オリザ油化㈱)

【機能性キノコ―】
◆機能性キノコ-セミタケ菌糸体(南方虫草)の眼圧調整効果について/林 珊(葡萄王生技㈱(台湾))

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート④】
◆注目のトレンド食材:黒トリュフ ラグジュアリーな香りを日常生活において楽しむ/MiNTEL

【機能性表示食品の発売動向を追う(74)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆パンデミック中によく売れた製品/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・日本食品標準成分表2020年版(八訂)に関わる食品表示基準や分析等の課題を整理
 ―事業者の実行可能性や対応方策を取りまとめ/消費者庁
・食薬区分の改正で非医薬品リストに3成分を追加
 ―サラシア・オブロンガは部位に「茎」を追加/厚生労働省
・いわゆる「健康食品」の健康被害情報への対応を強化
 ―新ワーキンググループで年3回をめどに審議検討へ/厚生労働省

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・2020年のエルダーベリーサプリメントの売上高が急増
・英国のプラントベースミルクの売上が上昇、中でもオーツミルクは急成長
・オーガニック商品の売上が急増:Organic at Retail: Trends and Insightsでの業界専門家が意見交換
・2022年の食品トレンド予測を発表:米Whole Foods Market
・米国プラントベース肉代替品の減速はニッチな未来を示唆する
・MIND食が認知力改善に関連する可能性:米国の研究
・ケトンサプリメント摂取が肥満患者の脳機能を改善する可能性

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・国内文献速報
・特許速報
【FOODWATCHER】食品産業のデジタル化は業界主導で

特集/澱粉の新しい利用
◆食品素材としての澱粉とその利用/松木 順子(農業・食品産業技術総合研究機構)
◆新食感を作るでん粉素材の開発/藤原 孝太、行光 由莉(松谷化学工業㈱)
◆テクスチャーをデザインする「TXdeSIGN」の開発と利用/窪田 淳平(㈱J-オイルミルズ)
◆エンドウ豆由来でん粉素材の特徴と利用/高橋 誠(ロケットジャパン㈱)
◆グローバルトレンドとクリーンラベルでん粉/泉 陽子(テート&ライルジャパン㈱)

【品質・安全対策】
◆HACCP制度化で重要性高まる温度管理
 アステック、アドバンテスト、エラブジャパン、大西冷熱、サーモポート、西華産業、パシコ貿易

【支援技術】
◆食品付加価値向上から安全性確保、環境保全まで~ 進化する分離・ろ過技術
 クラレ、シバタ、巴工業、三菱ケミカルアクア・ソリューションズ

【市場動向】
◆フレーバー~今年の注目点と2022年への提案~
◆食品用着色料の市場動向
◆免疫賦活機能性素材の開発と利用
 機能性表示食品届け出に必要な科学的根拠の発表で高まる今後への期待

【食品業界の世界の最新動向を探るレポート③】
◆日本市場において高まるノンアルコール飲料への好感度/MiNTEL

【素材紹介】
◆未来にふさわしい色/GNT Group

【機能性食品開発のための知財戦略(38)】
◆食品用途発明の最新報告〈2021年7月-8月特許公報発行/公開分〉
 今号注目の機能性 有効成分の用量に関する用途発明/春名 真徳(特許業務法人ユニアス国際特許事務所)

【素材レポート】
◆口腔ケア素材としてのマヌカハニーαオリゴパウダーの機能性
 /上野 千裕①、古根 隆広①、石田 善行①、寺尾 啓二①、②(①シクロケムバイオ、②神戸大学大学院医学研究科)
◆新しい天然香料製剤「ナチュアローム」の開発と利用/森本 猛(横山香料㈱)

【機能性表示食品の発売動向を追う(73)】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状

【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆米国市場で注目されるコラーゲン製品/吉田 隆夫(食品産業コンサルタント)

【クローズアップ】
≪行政≫
・「2030年輸出5兆円」実現に向けた輸出環境整備を推進
 ―輸出先国の規制緩和や事業者の取組み等を支援/農林水産省
・中国向け輸出食品の製造等企業登録に係る規制へ対応
 ―穀餅加工品、食用油脂、健康食品など対象にメーカーの登録申請を受付/農林水産省
・輸入食品の監視指導結果と監視統計を公表/厚生労働省
・「サーキュラーフード推進ワーキングチーム」発足
 ―2040年までに国内の食品ロス年間253万トンの活用・循環を目指す/フードテック官民協議会

【GNGグローバルニューストピックス】(毎号掲載)
・世界のプラントベース代替食品の小売売上高は2030年までに1,620億ドルに達する可能性
・健康および気候の危機はどちらも「プラント・フォワード」食で対処可能
・ヒトコラーゲンを模倣した最先端のビーガンコラーゲンブランドVeCollal
・腸内細菌叢のバランス維持は皮膚や毛髪にも良い影響
・アストラガルス根が激しい運動による免疫抑制を防ぐ可能性
・ウキクサたんぱく質生産のPlantible Foods社が2022年の商品化に向け21.5百万ドルを調達
・プラントベースペットフードブランドWild Earthが培養肉のペットフードを発売予定
・米カリフォルニア州議会がヘンプの食品・飲料への添加を認める法案を可決
・EFSAが低温殺菌処理の腸内細菌、アッカーマンシア菌を新規食品として安全という判断

【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・S-tecニュース
・国内文献速報
・特許速報
おすすめの購読プラン

食品と開発の内容

付加価値商品、高品質食品開発のための情報が満載です。
最新の食品製造技術動向、新しい機能性素材の情報、HACCPなど衛生管理技術、大きく変わる食品関連法規ニュースなど新しい食品開発の為の情報誌として食品・薬品・化粧品メーカーの企業開発、研究所、製造現場を中心に多くの読者を持っています。新しい食品開発技術とマーケティングを結んだこれからの食品を考える先端技術情報誌です。

食品と開発の無料サンプル

2011年3月号 (2011年03月01日発売)
2011年3月号 (2011年03月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

食品と開発の目次配信サービス

食品と開発最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

食品と開発の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.