PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン) 発売日・バックナンバー

全125件中 121 〜 125 件を表示
2,090円

ARTICLES

■光学活性体の3つのラセミ体-相図の観点から-
仲井由宣
■機能性微粒子含有OD錠の製剤設計アンブロキソール塩酸塩徐放OD錠45mg
 山﨑淳治、大西治正、飛松佳江、中野善夫、青木 紀、前田 稔、林田知大
■小児用を指向した「マイクロOD錠」の設計
寺下敬次郎、小嶋 純
■【医薬品包装設計へのユーザビリティ工学からのアプローチ(第1回)】
 医薬品の使用の安全とユーザビリティ
大倉典子
■経肺投与製剤に応用可能な「表面凹型微粒子」、「多孔質微粒子」作製技術
 -微粒子表面修飾技術の開発過程で発見した予想外のエマルションサイエンス-
村上義彦
■【再生医療製品の開発・製造・品質管理(第2回)】特性解析と品質評価・安全性評価のポイント
井家益和
■コンビネーション製品:脳動脈瘤塞栓コイルの開発
 -薬剤と医療機器の組み合わせによる新たな治療効果-
児玉智信、岩田博夫
■試験検査業務のGMP対応と業務効率化の両立に向けた取り組み
新井 悟
■欧州連合における医薬品の販売承認と品質評価(第2回)
秦 武久
■EU臨床試験指令に関係したEU臨床試験関連ガイドラインの概要(第4回)
羽石達生
■【ろ過滅菌フィルターとシングルユースシステムにおけるバリデーション(3)】
 日本と世界における現状
矢吹知佳子、佐々木次雄
■微生物試験法Q&A-現場の困った!に答える誌上セミナー(第9回)
棚元憲一
■PICSと製薬用水(11)
布目 温

■【抗体医薬の最新事情】研究・生産のアウトソーシングと後発品(バイオシミラー)の可能性
宮重徹也
■【相図から読み解く界面活性剤の物性(第2回)】2成分系の相挙動
山下裕司
■【医療機器薬事業務のトラの穴(第7回)】整形外科用インプラントの金属系材料における事例
石坂春彦
■PSWC2014レポート
高橋有己
■第4回製剤技師認定試験 問題と解説(6)(応用編)
日本薬剤学会 製剤技師認定試験委員会
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.81)
津田重城、最上紀美子


REPORT
■日本PDA製薬学会-Guide for Prefi lled Syringe Seminar 2014 Tokyo開催-
■日本薬剤学会第29年会開催
■第13回国際バイオテクノロジー展開催


INTERVIEW
■欧州PDA副会長Georg Roessling氏に聞く-プレフィルドシリンジのさらなる普及へ-


製剤技術
■【製剤と粒子設計】高湿度下における安定性改善を目的としたオパルモンR錠の製剤設計
井上靖雄、関屋 昇、片山和格、鳴瀧壮二、山本政信、武田和久、須藤眞生


●行政ニュース
 PMDAの第3期中期計画
●News Topics
●New PRODUCTS
◆次号予告
■World News Topics
ガイダンス関連、GMP関連、製剤技術関連、原薬関連、警告書関連
2,090円

ARTICLES
■Quality Metrics動向の理解を深めるために~PDAによる医薬品品質指標の留意点~
(編訳)日本PDA製薬学会 QAQC委員会
■オペレーショナル・エクセレンスの管理-現状と成功要因
 Thomas Friedli, Christian Mander, Nikolaus Lembke
■【製薬用水の逸脱管理の事例】リスクアセスメントの対応を踏まえて
上村和代、他
■日本核医学会が定めたPET薬剤院内製造基準と監査による認証
脇 厚生、他
■【次世代型製剤の製剤技術】経皮吸収型過活動膀胱治療剤「ネオキシRテープ73.5mg」の開発
道中康也、寺原孝明
■未来を見据えた医薬品添加剤のグローバル品質
本多大地、Frithjof Holtz
■マクロファージに対する非凝縮DNA送達およびトランスフェクションシステムとしてのアルギン酸カルシウム微粒子
 Mansoor Amiji, Shardool Jain(監修)川上浩司(翻訳)栗原亮介
■【ろ過滅菌フィルターとシングルユースシステムにおけるバリデーション(2)】
 Extractables/Leachablesおよび粒子離脱について
矢吹知佳子、佐々木次雄
■ 医薬品市場の主役となる抗体医薬―抗体医薬の研究開発における特徴―
宮重徹也
■【再生医療製品の開発・製造・品質管理(第1回)】製品開発のポイントと生産工程標準化
井家益和
■ EU臨床試験指令に関係したEU臨床試験関連ガイドラインの概要(第3回)
羽石達生
■PIC/Sと製薬用水(10)
布目 温
■微生物試験法Q&A-現場の困った!に答える誌上セミナー(第8回)
佐々木次雄、関口道子
■【医療機器 薬事業務のトラの穴(第6回)】何が無駄で何が真に有効なのか
 ─「質」で選別される医療技術とデザイン実践─
富田直秀
■【医療機器の品質マネジメントシステム(第5回)】測定、分析および改善
飯田隆太郎
■第4回製剤技師認定試験 問題と解説(5)(応用編)
日本薬剤学会 製剤技師認定試験委員会
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.80)
津田重城、最上紀美子


REPORT
■CPhI国際医薬品原料・中間体展 開催
■菊水製作所 新棟(技術センター)設立―交流から生まれた新技術を世界に届ける―
■ISPE日本本部 第12回年次大会開催医薬品のブルーオーシャン戦略
■新製剤技術とエンジニアリングを考える会第6回製剤技術セミナー開催


INTERVIEW
■シグマ アルドリッチ・SAFCが高薬理活性原薬および抗体-薬物コンジュゲート
 製造設備を武器に受託製造を拡充へSAFC 責任者のAndreas Weiler 氏に聞く
■パセオン・DSMファーマシューティカルプロダクツが合併
Jim Mullen氏
■ボッシュパッケージングテクノロジー 新工場「ビジョンテクノロジーCoC」を建設
■成長するイスラム市場への進出HDJ(ハラルデベロップメントインターナルジャパン)の取り組み


製剤技術
■【製剤と粒子設計】超低温ナノ粉砕新規コンタミレス粉砕技術の医薬品開発への応用
丹羽敏幸



●行政ニュース
ブロック共重合体ミセル
医薬品開発に指針
●News Topics
●New PRODUCTS
◆次号予告
■World News Topics
ガイダンス関連、GMP関連、製剤技術関連、原薬関連、警告書関連
2,090円
座談会
グローバルな変化への対応 これからわれわれはどう考え、動くべきか
/坂本知昭氏、高田浩樹氏、角井一郎氏、夏山 晋氏、(司会)嶋澤るみ子氏


REPORT
■一般財団法人新製剤技術とエンジニアリング振興基金
■日本薬学会第134年会開催
■INTERPHEX NEW YORK REPORT Part1
■万協製薬 第三工場「楽しさ」を生み出し続けてさらなる成長へ


INTERVIEW
■FIP General Secretary & CEO・Luc Besancon氏


ARTICLES
■研究開発担当者必読─「薬事ハンドブック2014」内容紹介
■ポビドンまたはヒドロキシプロピルセルロースを用いた新規口腔内崩壊錠の研究[Ⅱ]/島谷隆夫 他
■局所適用の外用剤設計における薬物の拡散理論と経皮吸収について/馬場廣海、堀沢栄次郎
■【ろ過滅菌フィルターとシングルユースシステムにおけるバリデーション(1)】
バリデーションの要求事項と適合性、細菌捕捉、薬液の完全性について/矢吹知佳子、佐々木次雄
■SMEPAC第二版によるアイソレーターの粒子封じ込め(コンテインメント)性能評価/二村はるか
■PET薬剤の治験薬GMPと臨床研究/佐藤明啓
■医薬品中の金属不純物分析/中山明弘
■ブロック共重合体ミセル医薬品の開発に関する厚生労働省
/欧州医薬品庁の共同リフレクションペーパー:作成の経緯と概要/加藤くみ子
■ゲル化コーティングによる各種経口剤の服用性改善/芳岡博史 他
■高活性医薬品の封じ込め性能をリアルタイム評価 
蛍光化薬塵モニタリングシステムの開発/田中 勲 他
■経皮曝露に着目したナノマテリアルの安全性評価/東阪和馬、吉岡靖雄、堤 康央
■【相図から読み解く界面活性剤の物性(第1回)】
序論 相図の意味するところ、応用展開/坂本一民
■臨床パイプラインにおける新規性のベンチマーキング/CHRISTIAN ELZE
■マルチベンダーサービス「CrossLabサービス」の紹介/石田哲也
■拡大するサプライチェーンの管理/監修 渡辺祐一、翻訳 相山侑紀
■第4回製剤技師認定試験 問題と解説
((4)応用編)/日本薬剤学会 製剤技師認定試験委員会
■微生物試験法Q&A-現場の困った!に答える誌上セミナー(第7回)/片山博仁
■PIC/Sと製薬用水(9)/布目 温
■【中国における社会保障制度の変遷と医療保険制度の改革(その6)】
医療保険制度の実施状況およびその問題点(後半)/馬欣欣
■【チャイルドレジスタンス包装(第4回 最終回)】
チャイルドレジスタンス機能PTPの紹介/久保博司
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■【医療機器 薬事業務のトラの穴(第5回)】レギュラトリーサイエンスの視点
-裁量性から客観性へアカデミアとの協力/山根隆志
■【医療機器の開発から品質管理までを学ぶ(第8回)】
医療機器の臨床試験の概要/河原 敦
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.79)/津田重城、最上紀美子
■標準化されない標準/マイケル アニスフェルド


製剤技術
■【製剤と粒子設計】
細胞透過性ペプチド修飾ナノキャリアと経鼻投与を用いた非侵襲的な脳への核酸送達技術/金沢貴憲、高島由季
■【製剤と粒子設計】
粒子加工技術分科会平成25年度 第4回見学・講演会印象記/沢井製薬 関東工場/角田 純、山下洋司


●行政ニュース 182
 がん登録推進法成立
●News Topics 194
●New PRODUCTS 199
◆次号予告 232


■World News Topics
ガイダンス関連、GMP関連、製剤技術関連、原薬関連、警告書関連
4,620円

第1章 医薬品品質システムの実践に向けて
・ライフサイクルを踏まえた新しいPV

第2章 バイオ医薬品の安全性確保-ウイルス迷入の安全性評価

第3章 クラウド利用時における考慮およびCSVの効率化
①クラウドコンピューティングの考慮点
②Cost Effective CSV

第4章 逸脱管理~逸脱管理の現状克服と予防措置事例~

第5章 最新規制動向と原薬の品質確保

第6章 開発過程における医薬品品質システムの展開
①開発段階におけるマネジメントレビュー推進への取り組み
②開発を通じての管理戦略の考え方
③開発段階における品質リスクマネジメント

第7章 グローバルな環境下における医療製品と製品情報の適切な伝達手法
①医療薬品に使用される図記号の伝達性
②諸外国における医療製品物流(GDP)の近年の動向および輸送品質の留意点
2,090円

原薬・添加剤特集
①医薬品添加剤製造業者調査ガイドについて/長江晴男
②輸入原薬の品質確保と海外製造業者の管理方法/中川原愼也
③原薬・添加剤をめぐる国内外の最新動向/編集部


CPhI開催
■世界30の国と地域から500社が出展!


REPORT
■PMDAフォーラム開催-創立10周年~世界のPMDAに向けて~-
■PLCM(耕薬)研究会第8回シンポジウム-口腔内速崩壊錠等の現状と展望-


ARTICLES
■【次世代型製剤の製剤技術】ティーエスワン配合OD錠の開発と製剤設計/大西敬人  
■【チャイルドレジスタンス包装(第3回)】小児の医薬品誤飲と包装に望むこと/石川洋一
■【製剤化における諸問題の工学的手法による解決】
開発から実生産規模におけるケーススタディ/Anil Kane
■【高薬理活性製剤工場の設計,製造機械の特徴/導入のポイント(第7回)(最終回)】
医薬品製造および品質管理における最新の無菌,封じ込め技術について/川﨑康司,益留 純,二村はるか,菱田貴宏,中島啓介
■微生物迅速測定-空中浮遊菌のリアルタイム検出装置とそのバリデーション-/入江香成美  
■【昆虫を資源とした生物学に基づくセラピーならびに創薬(その4)】
ミツバチ産品による生物医薬品の可能性/鈴木幸一,青木光広
■ハラール医薬品のGood Manufacturing Practices
 /Kenny Peng, MASc, RAC, PEng and Roziah Hanim Abdul Karim, BS(監修)川上浩司,(翻訳)中根早百合
■単一ドメイン抗体を用いたピンポイントな細胞内タンパク質の機能阻害/佐藤 充
■第4回製剤技師認定試験 問題と解説(3)(応用編)/日本薬剤学会 製剤技師認定試験委員会
■微生物試験法Q&A-現場の困った! に答える誌上セミナー(第6回)/佐々木次雄
■IFPAC2014参加レポート/長門琢也
■【 企業経営と知的財産(第7回)】特許権の効力と侵害について/宇佐見弘文
■【 医療機器 薬事業務のトラの穴(第4回)】承認申請に臨む企業側の姿勢とはどうあるべきか?/飯田隆太郎
■【 中国における社会保障制度の変遷と医療保険制度の改革(その5)】
 医療保険制度の実施状況およびその問題点(前半)/馬欣欣
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.78)/津田重城,最上紀美子


製剤技術
■【 製剤と粒子設計】貼るワクチン製剤の開発/廣部祥子,岡田直貴,中川晋作


●行政ニュース
  薬事法改正で添付文書の届け出等を義務化
●News Topics
●New PRODUCTS
◆次号予告
■World News Topics
ガイダンス関連,GMP関連,製剤技術関連,原薬関連,警告書関連

おすすめの購読プラン

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の内容

  • 出版社:じほう
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変形判
製剤技術と品質管理の専門情報誌
ひとつの薬が世に出て、大きく成長する背景には、実に多くの人々の知恵と努力が必要です。本誌は、有効、安全で高品質の薬剤を創剤するための製剤開発、処方設計、包装設計、製造工程開発、品質管理という医薬品の開発から製造までの製剤技術をテーマに、これに関連するICH、GMPを中心とする国内外のレギュレーション情報・行政情報も取り込んで企画・編集している、わが国唯一の専門誌です。

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の無料サンプル

Vol.26 No.4 (2010年04月01日発売)
Vol.26 No.4 (2010年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の目次配信サービス

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

PHARM TECH JAPAN(ファームテクジャパン)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.