がんサポート 発売日・バックナンバー

全149件中 76 〜 90 件を表示
1,257円
2010 年3月号 乳がん&女性のがん特集

特集1 女性がんの基礎知識
これだけは知っておきたい!女性がんの基礎知識
監修・上坊敏子 相模野病院婦人科腫瘍センター長

特集2 卵巣がんの腹腔内化学療法
見直される卵巣がんの腹腔内化学療法
監修・藤原恵一 埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科教授

特集3 乳がん検診
視触診では見つけられない。乳がん検査の主役はマンモグラフィだ!
監修・岩瀬拓士 癌研有明病院乳腺センター長

特集4 サンアントニオ乳がん会議
乳がんホルモン療法の最新動向 SABCS 2009より
監修・山下啓子 名古屋市立大学病院乳腺内分泌外科部長

特集5 乳がんの術後治療
通常の抗がん剤が効きにくい乳がんの術後の治療に経口抗がん剤が効果を発揮
監修・中山貴寛 大阪大学大学院医学系研究科乳腺・内分泌外科助教


特集6 転移・再発乳がんの化学療法
転移・再発乳がんの化学療法に新たな選択肢
監修・鈴木育宏 東海大学医学部付属病院乳腺内分泌外科講師

特集7 乳がんの術後治療
再発を防ぐために――乳がん術後治療の最新トピック
監修・内海俊明 藤田保健衛生大学医学部乳腺外科教授

特集8 乳がん補整下着
患者さんの不安を笑顔に変える試着室の中の人間ドラマ
「1枚の下着との出合い」を導く下着アドバイザーたちの役割

特集9 卵子の凍結保存 機能温存・機能回復を目指して
抗がん剤や放射線で不妊になる前に考えよう!卵子の凍結保存法
監修・桑山正成 加藤レディスクリニック先端生殖医学研究所代表


先端医療の現場
進行がん患者さんに希望を与える東大医科研版がんペプチドワクチン療法
監修・中村祐輔 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長

よりよい骨髄腫医療を4
多発性骨髄腫とうまく、長くつき合う方法
多発性骨髄腫の進行を抑えながら、QOLの高い生活をめざす
監修・小杉浩史・大垣市民病院血液内科医長

患者のためのがんの薬事典60
OC‐ヘモディアオートⅢ(大腸がんの早期発見に役立つ便潜血検査薬)

診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方 第41回 子宮体がん MRI検査
監修・森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長

わたしの町の実力病院・クリニック 本郷メディカルクリニック
独自の高技術で小さなポリープも発見!大腸内視鏡検査に特化したクリニック

連載3 川本敏郎の教えて!がん医療のABC
夜の酒場でセカンドオピニオン~わたしの場合~
監修・佐々木常雄 都立駒込病院院長

がん相談
皮膚がん 回答者・並川健二郎(国立がんセンター中央病院皮膚科医師)
大腸がん 回答者・吉田和彦(東京慈恵会医科大学付属青戸病院副院長)
乳がん 回答者・上野貴史(板橋中央総合病院外科医師)
胃がん 回答者・山口俊晴(癌研有明病院副院長、消化器外科部長)



鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
泣いて、笑って、よく眠り、楽しいことに熱中する「脳内リセット」効果
吉野槇一 吉野記念クリニック院長


私の生きる道 三原じゅん子 女優
子宮頸部腺がんを体験したことで、人のありがたみがよくわかった
予後の悪いがんを乗り越え、舞台に立った女優・三原じゅん子さん


連載24 紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~洞口依子
私にしかできない新たな表現の始まり

がんと生きる―60 伊佐 美佐さん(有)ISAMISAデザインスタジオ代表
命さえあれば、何でも乗り越えていける
自らの体験を機に、魔法の帽子「ウィッシング・キャップ」を発案


届け! がん患者たちの声
がん患者さんの心の声を代弁し、伝えていきたい

アスベスト(石綿)健康被害者よ、救済の道を知って!
認定されれば、これだけの医療費、療養手当等が支給されます


Book Review いい本に出会う 小笠原望(医師)

この国の医療をよくするために 連載35 田島知郎
医療崩壊が止まらないこれだけの理由13

連載145患者と医者のための医療リテラシー講座
「タッチ ポイント」 西根英一メディカルプロデユーサー

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”28


コラム&連載


1,257円
再発の予防&治療特集

1再発・転移の基礎知識
これだけは知っておきたい!再発・転移の基礎知識
監修●岩瀬 哲 東京大学医学部付属病院緩和ケア診療部副部長

2進行・再発胃がん
進行・再発胃がんへのTS-1を含む3剤併用療法が標準治療を超える効果
監修●岩瀬弘明 国立病院機構名古屋医療センター内視鏡診療部長

3胃がん腹膜播種の治療
あきらめないで!胃がん腹膜播種の治療に新たな光明
お腹に直接抗がん剤を注入し高い治療効果
監修●石神浩徳 東京大学大学院医学系研究科腫瘍外科助教

4再燃前立腺がんの治療
延命が可能になった再燃前立腺がんの薬物療法
ホルモン剤の投与法を工夫したり、新しい抗がん剤登場により希望が出てきた
監修●平尾佳彦 奈良県立医科大学泌尿器科学教室教授

5乳がんの再発予防
乳がん患者の生存率を改善した術後補助化学療法「TC療法」
副作用の抑制方法が改善し、新たなスタンダードとして普及しはじめた
監修●川端英孝 虎の門病院乳腺・内分泌外科部長

6バイオマーカー
抗がん剤の効果と副作用を予測するだけでなく、予後も予測する
監修●藤田健一 埼玉医科大学国際医療センター臨床腫瘍科・腫瘍内科講師


1乳がんチーム医療
がんのチーム医療を未来へ託す
厚い縦割りの壁を乗り越え、九州から意識変革の風
大野真司●九州がんセンター乳腺科部長
2心のケア
乳がんの再発・転移――確かな治療法と心のケアの重要性を知ろう
長期戦に臨むための治療戦略と、心の病気の早期発見が大切
監修●佐治重衡 埼玉医科大学国際医療センター腫瘍内科准教授
大西秀樹 埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授

3わたしの町の実力病院・クリニック⑪ベルーガクリニック
早期から超早期発見へ――最新の検査機器で、わずかな病変もキャッチ
信頼できる病理診断も大きな特長

看護ケア施設をつくる―それが急務の課題
医療イコール看護の視点を意識し、行動することが必要


医療
患者のためのがんの薬事典 アバスチン(一般名ベバシズマブ)
肺がん患者にも使えるようになった血管新生阻害剤

診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
大腸隆起性病変(大腸ポリープ)内視鏡検査
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長

先端医療の現場9
〝暗黒大陸〟小腸内部に潜り込んでがんを見つけ出すカプセル内視鏡
監修●松橋信行 NTT東日本関東病院 消化器内科・内視鏡部部長

機能温存・機能回復目指して
下部直腸がんになっても、大丈夫!「究極の肛門温存術」
「いかに肛門を残すか」から、「いかに肛門機能を維持するか」へ
監修●西澤雄介 国立がんセンター東病院下腹部外科医師

川本敏郎の教えて!がん医療のABC
知らないと損する!!セカンドオピニオンの上手な受け方
監修●佐々木常雄 都立駒込病院院長

がん相談
胆道がん 回答者・森実千種(国立がんセンター中央病院内科医師)
肺がん 回答者・坪井正博(神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長)
乳がん 回答者・上野貴史(板橋中央総合病院外科医師)
頭頸部がん 回答者・林隆一(国立がんセンター東病院頭頸部外科・外来部長)


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・米長邦雄 日本将棋連盟会長
セックスへの思いがあったから放射線の組織内照射に辿り着いた
将棋界の勝負師が前立腺がん治療で打ったこの一手

連載23紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~洞口依子

私の生きる道 藤原喜明さん・プロレスラー
ラッキーという細い糸がつながったからこそ、俺は生きている

がんと生きる 菅谷利恵子さん(48歳)再現美容師
がん体験者ならではのできることを追求し見つけ出した「再現美容師」


患者会活動レポート
NPO法人周南いのちを考える会 代表・前川 育

患者サポート
野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
今月の料理(鰯蒲焼 牡蠣青海汁 しめじブロッコリーのみかん醤油かけ)

仕事をしながら療養する 田村英人さん
高額療養費還付制度で薬代の負担を軽減し、仕事に取り組む

今月のセミナー
化学療法をうまく使って再燃前立腺がんと長くつきあう
1つの抗がん剤が大きな武器に。新しい抗アンドロゲン剤の開発にも期待

届け!がん患者たちの声
若い女性オストメイトたちよ!「1人で悩みを抱えないで」

この国の医療をよくするために連載34 東海大学医学部名誉教授田島知郎

肝っ玉弁護士 がんのトラブル解決します 解決人 渥美雅子

Book Review いい本に出会う 浅野史郎(前宮城県知事)

患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間 命を食べる 編集部の本棚 インターネットで探るがん情報 エッセイ山里より いのちのかけ橋 イベントへの誘い 読者の交差点 バックナンバーのご案内

1,257円
肺がん・中皮腫特集

1肺がんの基礎知識
これだけは知っておきたい肺がんの基礎知識
危険性と効果をきちんと把握して、検査と治療を受けよう
監修●吉田純司 国立がんセンター東病院呼吸器外科医長


2肺がんの個別化治療
遺伝子変異の解明と新薬の登場で、肺がん「個別化治療」の幕開け
遺伝子レベル・組織レベルでがんを知り、より効果的な治療を探る
監修●倉田宝保 近畿大学医学部内科学教室腫瘍内科部門准教授


3高齢者の化学療法
有効性があらわれてきた高齢者への化学療法
高齢に伴う合併症を考慮しながら、QOLを重視した化学療法の選択を
監修●武田晃司 大阪市立総合医療センター臨床腫瘍センター長・臨床腫瘍科部長


4非小細胞がんの薬物療法
非小細胞肺がんのファーストラインが変わる?!
非扁平上皮がんでペメトレキセドが生存期間を延長との結果を受けて
監修●坪井正博 神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長


5肺がんの最新化学療法
選択肢が増えてきた!!非小細胞肺がんの最新化学療法
新たな分子標的薬の登場で、劇的な効果がみられる人も
監修●久場睦夫 国立病院機構沖縄病院副院長


6中皮腫の診断と治療
アスベストの悲劇、難治の悪性中皮腫は早期発見が要
アスベスト曝露後30~40年で発症。思い当たる人は、まず検査を
監修●池田徳彦 東京医科大学外科学第1講座主任教授


7患者会活動レポート
1人でも多くのアスベスト被害患者さん救済のために――
患者と家族に寄り添い、尊厳ある生活の実現を支援する
古川和子・中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会副会長



医療
不安にならないで――全摘しても自然な乳房は取り戻せる
乳房再建の方法をよく知って、イメージ通りの乳房に
監修●久留宮康浩 名古屋第二赤十字病院乳腺外科部長


がんの新免疫栄養療法
栄養成分EPAを軸にした新機軸の栄養療法
大腸がん、膵臓がん患者さんが悪液質タイプから脱却し、免疫老化まで改善か
監修●三木誓雄 三重大学大学院医学系研究科消化管・小児外科准教授・病院教授


癌治療学会報告
大腸がん化学療法の新時代が到来
経口剤TS-1を用いるIRTS療法にFOLFIRI療法と同等の効果を証明
監修●辻 晃仁 高知医療センター腫瘍内科科長


先端医療の現場
確定診断のプロ、病理医が患者の前で語り始めた
監修●土屋眞一 日本医科大学付属病院病理部教授


機能温存・機能回復目指して
QOL向上に期待!!婦人科がん手術後のリンパ浮腫を防ぐ手術
静脈とリンパ管をつないで、リンパ液の流れをよくする
監修●佐々木 寛 東京慈恵会医科大学付属柏病院産婦人科教授


わたしの町の実力病院・クリニック 宮良クリニック
沖縄から乳がん治療の新しい風を。その熱い想いを患者に注ぐ
乳がん治療に携わる全ての人の『和』をモットーに


「がんの倦怠感」調査結果
がん患者さんの多くは倦怠感を感じている。しかし、それを医師には伝えていない
8割ものがん患者さんが倦怠感を感じていることが、がんサポートとNPO法人キャンサーリボンズが患者さんを対象に行ったアンケート調査の結果、わかりました。
しかし、そのことを患者さんは医療者に伝えていません。そこで、この問題についてがん医療に取り組む医療従事者たちやNPO団体は何ができるのか――。がん医療の最前線で活躍中の6人に、それぞれの立場から話を伺いました。


患者のためのがんの薬事典 タシグナ(一般名ニロチニブ)
グリベックの服用継続が難しい患者さんに大きな福音


がん相談
子宮肉腫 関口 勲(栃木県立がんセンター婦人科・第1病棟部長)
泌尿器がん 島田誠(昭和大学横浜市北部病院泌尿器科教授)
乳がん 上野貴史(板橋中央総合病院外科医師)


今月のセミナー「がんと‘らしく向きあう’」
納得のいく医療を受けるための患者さん心構え
患者さんと医療者のより良いパートナーシップを築くことが大切


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・苫米地英人(脳機能科学者)
治ったあとに自分が活躍している世界、それをゴールにする
心と身体を一体のものとして考える医療——そこに新たな地平が開かれる


私の生きる道 向井亜紀さん(女優・タレント)
どん底の私を救ってくれた最愛の夫からの25個のケーキ
自分の命よりも、赤ちゃんを失った喪失感のほうがはるかに大きかった


シリーズがんと生きる 植田 健さん(泌尿器科医)
再発したら、そのときはそのとき。今は1日1日、ベストを尽くすだけ
がん医療の最前線で働く医師が、がんになって得たものとは


新連載 川本敏郎の教えて!がん医療のABC
まずは、「がん」という敵を知る!
がんに負けない強い意志を持って


肝っ玉弁護士がんのトラブル解決します 解決人 渥美雅子
子どもが産めなくなり、離婚に。慰謝料の中に治療費を組み込めるか

新連載 いのちのかけ橋 嵯峨崎泰子・医療コーディネーター

患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一・メディカルプロデューサー

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”

コラム&連載
1,257円
2009年12月号 副作用対策特集

1 副作用克服記
患者5人による“わたし的”副作用克服記
苦しみを乗り越えた先輩患者たちの副作用に負けない極意

2 がん救急医療
患者も家族も早期の段階で救急症状に気づくことが大切
大きく遅れている。がんによる急変には「がん救急医療」を
監修●新海 哲 四国がんセンター院長
がんによる急変はどのように対処したらいいのか、また患者さんはそのために何を心得ておくべきなのか。

3 うつ病対策
がん患者を襲う「心の副作用」うつ病に備える
手だては早期発見、早期治療。何もせず、ひたすら心と体を休ませよう
監修●内富庸介 国立がんセンター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部部長

4 補整下着
カウンセラーと1対1の対話をとおして「ベストの1枚」を選ぶ
「乳房にぴったり合った1枚」で患者さんの心の痛手を癒す

5 グループ・カウンセリング
がんになったことを契機に、新たな人生を拓く
腫瘍精神科医・丸田俊彦さんによるがんのグループ・カウンセリング

6 脱毛ケア
患者さんが安心して療養生活が送れるように
脱毛ケア「バンダナ帽」患者さんの声を形に

7 副作用対策食
苦情の嵐の中から考え出された「坊ちゃん食」「漱石食」「マドンナ食」
患者さんの「食べたい」願いを叶えた「副作用対策食」
監修●石長孝二郎 独立行政法人国立病院機構(NHO)東京医療センター栄養管理室長

8 副作用対策食
抗がん剤治療中でも楽しく食べられる「副作用対策食」誕生秘話
監修●河内啓子 国立病院機構四国がんセンター栄養管理室長
立田秀義 同センター栄養管理室調理長

9 四国がんセンター直伝!副作用対策食レシピ
家で簡単に 家族も一緒に食べられる副作用対策食レシピ
「お家にある食材で、だれでも簡単に、家族みんなで楽しめる」をモットーに考案されただけあってとても簡単。四国がんセンター栄養管理室発のレシピの数々をまとめた。



小児がん特集
1 小児白血病治療
来年に臨床試験がスタート〜治療の進歩に大きな可能性が〜
新薬の登場で変わる小児白血病の治療
監修●渡辺 新 中通総合病院入院総合診療部長・小児科統括科長

2 小児がんケア
小児がん看護で先進的なトータルケアを実践する聖路加国際病院
ナースはあくまでも患者さんとその家族の側に
監修●吉川久美子 聖路加国際病院副看護部長



シリーズ17 機能温存・機能回復目指して
人間以上に細かい縫合技術などをこなし、手術水準をレベルアップする
ロボット手術で、より患者さんにやさしい治療を
監修●橋爪 誠 九州大学大学院医学研究院先端医療医学教授

内視鏡以上に体への負担が少なく、安全性が高いと注目されている内視鏡ロボット手術。アメリカでは、すでに前立腺がん手術の大半がロボット手術(ダビンチ)で行われています。このロボット手術をいち早く臨床に取り入れているのが、九州大学大学院医学研究院先端医療医学教授の橋爪誠さんです。ロボット手術の現状とその利点について聞きました。


ザンクトガレン2009から術後の薬物治療を読み解く
個人に最適な治療を見極める!乳がんはより個別化の時代へ
監修●元村和由 大阪府成人病センター乳腺・内分泌外科副部長
最新の乳がん薬物治療を、乳がん国際会議ザングトガレン2009から紹介する。


最新がんトピックス


先端医療の現場
次元シミュレーションが可能にした究極の肺腫瘍胸腔鏡下縮小手術
監修●大貫恭正 東京女子医科大学医学部第1外科学講座・呼吸器外科主任教授
肺腫瘍を胸腔鏡下で最小限に切除する。そんな高度な手術が可能になった。3次元のCG画像の開発により、病巣部を血管や気管支が取り巻いている様子を立体的に掌握できるようになったからだ。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第38回 進行大腸(結腸)がん/内視鏡検査+注腸エックス線検査
隆起、ただれ、潰瘍、出血、そして、りんごの芯の形状に着目
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長


がん相談
食道がん 回答者・出江洋介(都立駒込病院食道外科医長)
乳がん 回答者・上野貴史(板橋中央総合病院外科医師)
肺がん 回答者・坪井正博(神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長)
大腸がん 回答者・吉田和彦(東京慈恵会医大青戸病院副院長)



私の生きる道 清水国明さん・タレント
7時間に及ぶ十二指腸がん大手術を乗り越え、スローライフを実践中
ありのままでいこう、そして息子に自分のすべてを伝えたい


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・藤野邦夫(がん難民コーディネーター)
家族3人をがんで亡くし、自らも前立腺がん。ボランティアで立ち上がった難民コーディネーターの気概
国がまもってくれないなら、代わって国民の命を武装させよう


連載21 紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~ 洞口依子
みんなの笑顔がこぼれていた


「がんの倦怠感」アンケート調査結果
「がんサポート」&NPOキャンサーリボンズ調査結果
8割のがん患者が「倦怠感」を治療中に感じている


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
栄養バランスよく、体を温める食事で師走を乗り切る
今月の料理・豚さつま芋ご飯 そばがき汁 春菊しらす和え


連載5 肝っ玉弁護士がんのトラブル解決します 解決人 渥美雅子
義母の治療情報を知りたいが、個人情報を理由に教えてくれない

患者支援活動最前線~米国における患者支援活動・NBCCF取材記~後編
報告●桜井なおみ

患者会活動レポート NPO法人ミーネット 理事長 花井美紀
行政・医療機関と共に取り組むピアサポート活動

いい本に出会う 機嫌よく生きたい 岸本葉子(エッセイスト)

第36回仕事をしながら療養する 安田洋一さん
発病を機に、遺言。家族の生活設計について真剣に考えるようになった

この国の医療をよくするために 32
医療崩壊が止まらないこれだけの理由⑩ 田島知郎東海大学医学部名誉教授

内田絵子の「オバさん力で変えちゃおう!がん医療―」最終回
特別対談3 ゲスト 井尾和雄さん(立川在宅ケアクリニック院長)

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ” 「中腰のポーズ」

患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一メディカルプロデューサー


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間
命を食べる
編集部の本棚
インターネットで探るがん情報
ももセンセーの「患者とともに」最終回
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点


1,257円
0911 フジサン用目次

抗がん剤総力特集

特集1 抗がん剤治療体験記
治療を乗り越えるための患者5人による体験的極意
私はこうしてつらい抗がん剤治療を乗り切った
長期間にわたる抗がん剤治療はつらいもの。少しでもつらさを軽減し、治療を乗り越えていくにはどうすればよいのだろうか。副作用をうまくコントロールする方法や精神面の対策など、抗がん剤治療を上手に乗り切ることに成功した患者さんにそのポイントを聞いた。

特集2 分子標的薬
第2世代の薬剤も登場。分子標的薬の長所と短所をきっちり把握しよう
分子標的薬――より効果的な使い方を求めて
監修●佐々木康綱 埼玉医科大学国際医療センター腫瘍内科教授
これまでの抗がん剤とは、全く異なるメカニズムで働く「分子標的薬」が本格的に使われ出して8年。当初は、夢のがん治療薬といわれたこの薬も長所短所が明らかにされつつあり、より効果的な使い方を求めて新たな時代に入ろうとしています。

特集3 乳がん薬物療法
脱毛が少なく、副作用が少ない
乳がんの新しい薬物療法「XC療法」
監修●田中真紀 九州乳癌研究グループ/社会保険久留米第一病院外科
効果はタキサン系抗がん剤に匹敵し、点滴の必要がなく、脱毛が少ないという新しい薬物療法に期待が高まっている。

特集4 大腸がんの最新化学療法
簡便で負担の少ない新しい治療法が第1選択になる可能性も
進行再発大腸がんに、新たな武器「XELOX+アバスチン療法」
埼玉県立がんセンター
抗がん剤の副作用とうまくつきあいながら治療を続けていく患者さんにとって、病院へ足を運ぶ回数が少なく、また日常生活を拘束されないで効果のある治療を受けられることは、とても大きな福音である。内服薬のゼローダとエルプラットを組み合わせたXELOX療法に血管新生阻害剤のアバスチンを併用したXELOX+アバスチン療法は、今まで標準治療の1つとされてきたFOLFOX+アバスチン療法と同等の効果をあらわす一方、より簡便で負担の少ない治療として期待されている。この治療が患者さんにどんな恩恵をもたらすのか、医療現場を取材した。

特集5 肺がんの術後補助化学療法
補助化学療法の有用性をよく理解して治療を受けることが大切
経口抗がん剤による肺がんの術後の治療。2~3センチの腫瘍径の生存率がアップ
監修●坪井正博 神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長
肺がん手術でがん細胞をきれいに切除できても微小転移が起きている可能性がある。この微小転移が徐々に大きくなって再発につながることがあるので、再発予防のための術後補助化学療法としてUFTを服用することで、2~3センチの腫瘍径の患者さんに有効であることが、神奈川県立がんセンター呼吸器外科の坪井正博さんらの無作為化比較試験の結果、明らかになった。補助化学療法は効果が目にみえにくい治療であるため患者さんがその有用性をよく理解する必要があると坪井さんは語る。

特集6 がんの新栄養療法
EPAががんによる炎症も抑え、QOLを改善
「あきらめないがん治療」を支える新たな栄養療法
監修●三木誓雄 三重大学大学院医学系研究科消化管・病院教授
がんという病気は不思議だ。同じ部位、同じ時期に生じたがんでも、その進行は人によって異なる。実は、この進行に炎症が密接に関係していることが明らかになり、それを抑える方法として今、青魚に多く含有している栄養素のEPA(エイコサペンタエン酸)に注目が集まっている。

特集7 ASCO2009報告
適切な治療を、適切な患者に、適切な時に行うことが重要
個別化が進む世界のがん医療
がんの特徴に合わせた、よりターゲットを絞った治療へ――。分子標的薬の登場に加え、遺伝子変異による薬の効き方の違いなどが明らかになってきたことで、がん医療は今、個別化の時代を迎えた。世界最大規模のがん専門学会ASCO(米国臨床腫瘍学会)から、その最前線をレポートする。

特集8 ジェネリック薬
後発医薬品の活用で、高額な治療費の負担が軽くなる可能性あり
家計にやさしいがん医療〜乳がん患者の場合〜
監修●多田敬一郎 東京大学医学部付属病院乳腺内分泌外科講師
乳がんは他のがん種と比べ比較的予後が良好である。この要因として、種々の治療費が存在し、がんの制御が可能となっていることがあげられる。しかし、高額な治療費が多いうえ、長期にわたる薬物療法の治療費が家計を圧迫し、継続的な治療が困難になるケースも見受けられる。徐々にではあるが、乳がんの治療薬にも後発医薬品(ジェネリック)が導入されてきており、それらを上手に選択することが、患者の経済的軽減に役立つ。


患者のためのがんの薬事典57
アリムタ(一般名ペメトレキセドナトリウム水和物)
非小細胞肺がんの「非扁平上皮がん」にはアリムタ
アリムタは、アスベストの曝露が原因とされる悪性胸膜中皮腫患者に有用性が確認された世界で初めての薬剤です。そして、2009年5月、アリムタは「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」にも適応症を拡大しました。今回の適応症の拡大は、これまで有効性に大きな違いがなかった肺がん治療に、薬剤選択の明確な基準を設けるものとなりました。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第37回 乳がん/マンモグラフィ検査2
白い影が等間隔ではなく、偏って集まる傾向に着目
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
58歳の女性Lさん。乳房に触れると、左が右に比べて硬いことに気付き、心配になり、受診。国立がんセンターを紹介され、乳腺専用のエックス線撮影装置マンモグラフィによる検査を行ったところ、白い微小な影が乳房全体に散在する石灰化したがんが見つかった


よりよい骨髄腫医療を3
最初に移植をしなくても、さまざまな薬を使いながらコントロールしていく
3つの新薬により「15年生存」も可能になった多発性骨髄腫の治療
監修●鈴木憲史 日本赤十字社医療センター血液内科部長
かつて骨髄腫は「3年生存」を目標とするほど予後の悪い病気だったが、いまや「15年生存」を視野に入れた治療が可能になってきた。3種類の新規治療薬、なかでもベルケイド(一般名ボルテゾミブ)の登場が大きなインパクトを与えている。そんな最前線の骨髄腫薬物治療から、変わりゆく骨髄腫治療を探る。


シリーズ16機能温存・機能回復目指して
造血幹細胞移植後に多発する不妊を防ぐために
あきらめないで!!妊娠機能を温存する、放射線から卵巣を守る治療
監修●神田善伸 自治医科大学付属さいたま医療センター血液科教授
若い女性にとって、がん治療で将来の妊娠・出産の可能性を奪われることは大きな苦痛です。日本でも最近ようやく不妊対策に目が向けられるようになりましたが、早くからこの問題に取り組んできたのが、自治医科大学付属さいたま医療センター血液科教授の神田善伸さんです。最近では、放射線から卵巣を守ることで、造血幹細胞移植後の不妊を防ぐことが可能になってきたといいます。


今月のセミナー
進行再発の大腸がんばかりではなく、術後の化学療法としても有効
注目される大腸がんに対するFOLFOXによる術後化学療法
2009年6月11日、株式会社ヤクルトが主催するプレスセミナー「大腸がん治療における国際標準と日本の現状」が都内で行われた。国立がんセンター東病院臨床開発センター長の大津敦さんは、欧米で生存率向上を示した大腸がんの術後化学療法について講演。その新たな術後化学療法とは?


がん相談
甲状腺がん 回答者・杉谷 巌(癌研有明病院頭頸科副部長)
乳がん 回答者・上野貴史(板橋中央病院外科医師)
骨・軟部肉腫 回答者・川井 章(国立がんセンター中央病院整形外科医長)
膵臓がん 回答者・上野秀樹(国立がんセンター中央病院肝胆膵内科医師)


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
最も多い後悔は「会いたい人に会っておかなかった」ということ
緩和ケアはすべての医療の基礎にあるべきだ
ゲスト 大津秀一(松原アーバンクリニック医師・緩和医療医)
書店の医学・医療書コーナーで、『死ぬときに後悔すること』という本が売れている。著者は33歳の若い緩和医療医、大津秀一さんである。現在は東京・世田谷の松原アーバンクリニックでグループ医療に携わっている。医師になって9年、これまで千人の死に寄り添ってきた大津医師と、『がんばらない』『あきらめない』の鎌田實さんに、死ぬときに後悔しないためのヒントを語り合っていただいた。


連載20 紅珊瑚のブレスレット ~がんになって、考えたこと~ 洞口依子


私の生きる道 有里紅良さん(漫画原作者)
乳がんの全身転移と闘いながらフル回転で創作活動を続ける
がんは気合で治せる病気ではないが、気合で生き続けられる病気です
緩和ケア=終末期医療ではない。そのことを、身をもって示してくれているのが有里紅良さんだ。有里さんはがん専門病院の緩和ケア科に通う再発乳がんの患者で、がんは副腎や骨髄に転移している。しかし、今も現役バリバリ。漫画原作者、演劇プロデューサー、創作集団の経営者、3児の母という1人4役をエネルギッシュにこなしている。


シリーズがんと生きる ・手記 川本敏郎
ノンフィクションライターが綴るがんと対峙した7カ月間の記録
人は病を得ることで、支え合って生きることを知る
ノンフィクションライターの川本敏郎氏。彼ががんとわかったのは今年の2月だった。しかもそれは思いもよらぬ重複がん。下咽喉がんと大腸がんというダブルパンチだった。川本氏はがんをどう受け入れ、共にどう生きていこうと決意したのか。自身の手記で綴る。


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
体を温め、滋養効果のあるおいしい根菜との出会い
(今月の料理)栗おこわ 金目白菜鍋 蕪風呂炊き


届け!がん患者たちの声
患者さんが自分の意志で正しい情報を得られるようにサポートする
情報の地域格差をなくそう!大阪発の情報発信基地が誕生


患者支援活動最前線~米国における患者支援活動・NBCCF取材記~
未来を描く患者たち 報告●桜井なおみ
日本でもがん対策基本法が施行される前後からがん患者活動はかなり盛んになっているが、この道の先進国はやはりアメリカ。そのアメリカにおける患者支援活動の最前線を、乳がん患者の桜井なおみさんが生レポートする。


連載9 私の町の実力病院・クリニック ホーム・ホスピス中尾クリニック
在宅での緩和ケアを“普通”の医療にしたい
「満足」して在宅での最期を――

この国の医療をよくするために 田島知郎
医療崩壊が止まらないこれだけの理由⑨

肝っ玉弁護士「がんのトラブル解決します」解決人 渥美雅子
婚約破棄に伴う式場キャンセル料、慰謝料はどうしたらよいか

いい本に出会う 向井亜紀(タレント)「心に効いた陣中見舞い」

患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一メディカルプロデューサー
「その信念は正しいのか?」

患者会活動レポート 灘・GMC(がんまんくらぶ) 代表 塩見健三

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”25


コラム&連載
フォト・エッセイ
至福の時間
命を食べる
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
ももセンセーの「患者とともに」
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記







1,257円
0910 目次 フジサンネット用

先進医療・自由診療特集

1未承認薬輸入
決してあきらめないで未承認薬という選択肢も!
海外で一般的に使われている薬が日本でなかなか認可されないという「ドラッグ・ラグ」の問題。この「ドラッグ・ラグ」は一体いつ解消されるのか――。
これまでの国の動きを検証する。

夢の薬ではない!!明確な意志を持って、未承認薬を賢く使おう
監修●今村貴樹 千葉ポートメディカルクリニック院長
世界で一般的に使われている薬が日本で承認されておらず、保険のもとで使えない――。未承認薬の問題は、患者さんに立ちふさがっている大きな壁と言えるだろう。しかし、ここであきらめてはいけない。未承認薬を個人輸入して使う手もあるのだ!


2重粒子線治療
難治がんに有効で、副作用の少ない重粒子線治療治療の威力
監修●辻井博彦 放射線医学総合研究所理事
難治性のがんに有効で、しかも副作用が極めて少ないといわれるのが重粒子線治療だ。千葉県にある放射線医学総合研究所(以下、放医研)が世界初の重粒子線がん治療専用装置を開発・建設し、臨床応用を始めてから15年。治療を受けた患者の数も、今年中に5千人に達する。03年に高度先進医療の承認を得ているが、保険適用も早ければ来年にも実現する可能性があるという。


3樹状細胞療法
手だてのなくなった難治膵臓がん患者にも半数に腫瘍縮小効果
免疫を最大限に活かす樹状細胞ワクチン療法を軸にした併用療法の最前線
監修●岡本正人 武蔵野大学客員教授、テラ株式会社取締役CSO
小笠原正浩 札幌北楡病院がん免疫細胞療法センター長
患者の免疫力を最大限に活かそうと、樹状細胞ワクチン療法という免疫療法を軸に、放射線療法や化学療法などを併用する新たながん治療が話題を呼んでいる。「アイマックスがん治療」と呼ばれる治療だが、最近は信州大学、愛媛大学といった国立大学病院も導入を始めている。その最前線を報告しよう。

4乳がん遺伝子検査
過剰治療をなくせるか。薬物療法の有用性を実証する大規模臨床試験が進行中
遺伝子の活性度から予後を予測する乳がん遺伝子検査の最前線
過剰治療をなくせるか。薬物療法の有用性を実証する大規模臨床試験が進行中
乳がんの術後補助療法は、現在再発リスクなどを調べた上で治療が振り分けられ行われている。しかし、それが本当に効果があるのだろうか。今、最先端の遺伝子検査の分野からそれに疑念が投げかけられている。乳がんの増殖や浸潤に関わる遺伝子の活性度を調べることによって予後を予測しようという遺伝子検査の最前線をレポートする。

5がんワクチン
「初発の脳腫瘍」で筑波大・東京女子医大病院と臨床研究へ
「自家がんワクチン」抗がん剤、放射線を併用し、効果をあげる
昨年の12月号で取り上げた「自家がんワクチン療法」が新展開を見せている。従来、ワクチンとは相性が悪いとされてきた抗がん剤や放射線を、組み合わせ方を工夫することによって、良い治療効果をもたらすことがわかった。この新しい症例について報告する。


よりよい骨髄腫医療を 2
化学療法との併用で、骨の修復により高い効果を
多発性骨髄腫に多発する骨病変にビスホスホネート製剤で改善を
監修●角南一貴
「骨の病気」とも言える多発性骨髄腫では、約8割の患者さんに骨痛病変が存在し、約5割の患者さんに骨痛や骨折などの骨病変が現れ、QOL(生活の質)を大きく損なう。そんな多発性骨髄腫の骨病変に対して、効果をあらわしている治療にビスホスホネート製剤のゾメタ(一般名ゾレドロン酸)がある。こうした薬剤や、放射線治療、外科手術などの治療で骨病変をいかに改善していくのか。


患者のためのがんの薬事典56
タキソテール(一般名ドセタキセル)
前立腺がんの患者さんの生存期間を延ばし、QOLを改善した抗がん剤


シリーズ15 機能温存・機能回復を目指して
術前に「これだけの治療をすると手術、合併症の危険を高める」はウソ
再発抑制に光明!?進行胆管がんの術前化学放射線療法
監修●片寄 友 東北大学消化器外科講師
胆管がんは、がんの中でも最も治療の難しいもののひとつ。周囲の組織に広がりやすく、がんを取りきることが難しいからです。これに対して、東北大学消化器外科講師の片寄友さんは、抗がん剤と放射線による術前治療を実施。進行がんの治療成績向上に大きな期待が集まっています。


先端医療の現場6 肝がんでも治療が始まった「体にやさしい」HIFU治療
監修●森安史典 東京医科大学病院消化器内科主任教授
肝がんに対する“究極の体にやさしい治療”として注目されているのがHIFU治療(協力収束超音波)治療だ。同じHIFUでも、前立腺がんでは体内にプロープを挿入して行うのに対して、対外から超音波を当てるので体を傷つけることがなく、副作用もほとんどないといわれるこの治療の現場を見た。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第36回 乳がん/マンモグラフィ検査
微細なし白い点の形のふぞろいや角張ったものに着目する
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長


がん相談
頭頸部がん 回答者・林 隆一(国立がんセンター東病院頭頸部外科・外来部長)
肺がん 回答者・坪井正博(神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長)
前立腺がん 回答者・赤倉功一郎((東京厚生年金病院泌尿器科部長)
子宮&卵巣がん 回答者・上坊敏子(社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター長)


第2特集 一粒の種
●あるがん患者さんから生まれた言葉が種となり、歌という名の花が咲いた
「一粒の種」になった命が今、生きることのすばらしさを教えてくれる
あるがん患者さんが発した言葉の種を、看護師である高橋尚子さんが大切に受け取った。やがてその言葉にメロディがつけられ、たんぽぽの綿毛をもった「一粒の種」は今、歌手の砂川恵理歌さんの歌声によって届けられている。楽曲「一粒の種」には、それぞれの人生や生きることのすばらしさが溢れている。

●生きるすばらしさに灯を点す「一粒の種」それぞれの思い、それぞれの物語
誰もがきっと心に持っている「一粒の種」。そこには希望があり、生きることの喜びがつまっている。さまざまな人生があるように、その一粒一粒は、さまざまな色や形で花を咲かせている。


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
命あるかぎり「平気で生きることのすごさ」を伝えていきたい
ゲスト 早坂暁(作家・脚本家)
前号では、50歳代初めに心筋梗塞と胆嚢がんに挟み撃ちにされ、死について恐怖したことや、広島での原爆体験、郷里四国出身の弘法大師空海の死生観など、早坂作品のバックボーンを語った早坂さん。今号では、50歳代の大病を経て、人生観や死生観が変化し、作品にもそれが投影されたこと、そして渥美清さんとの思い出、そして3年前に手術した泌尿器がんにまつわる話を、縦横に語ってくれた。


私の生きる道 小橋建太さん・プロレスラー
腎臓がんから奇跡の復帰を果たした〝絶対王者〟、プロレスラー小橋建太さん
人生イコール、プロレス。だから腎臓1つでも、リングに立つ!
腎がんで片方の腎臓を摘出したスポーツ選手が、現役復帰した例は過去に例がない。このありえないことを、小橋建太さんは成し遂げている。術後、プロレスラーとして再びリングに上がるまでの1年半の間、彼は何を思い、どのような道程を経て「奇跡の復帰」を果たしたのか。


がんと生きる 松本陽子さん(43歳)
フリーアナウンサー、「愛媛がんサポートおれんじの会」理事長
他人の痛みを自分の痛みとして感じられるようになった元NHKキャスター
「命を使ってやるべきこと」に気づいたのはラッキーです
08年に活動を開始したがん患者・家族会の「愛媛がんサポートおれんじの会」。その代表として多忙な毎日を送る1人」のがんサバイバーいる。NHK松山放送局の松本陽子さんだ。松本さんは33歳で子宮頸がんを発症。その後回復し、「おれんじの会」を立ち上げた。「『何かやらないといけない』という思いが強い」と語る松本さん。松本さんを新たな使命へと駆り立てたがん経験とは、どのようなものだったのか。


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
山の幸、海の幸、里の幸を使った秋の味覚たっぷり健康レシピ
(今月の料理)秋刀魚ご飯 蓮根と豆腐の汁 豚きのこおろし和え


連載19 紅珊瑚のブレスレット ~がんになって考えたこと~ 洞口依子
宮古島が私を強くしてくれた

連載最終回 しえのがんルネッサンス

いい本に出会う 『朗読者』ベルンハルト・シュリンク著
テープに込めた、愛の言葉 小倉恒子(医師・エッセイスト)


この国の医療をよくするために連載30 田島知郎 東海大学名誉教授
医療崩壊が止まらないこれだけの理由⑧

届け!がん患者たちの声
若くて元気に見えても、立ちくらみ、貧血症状、筋けいれん、などで苦しんでいる人たちがいる
「車内弱者」って知っていますか? 席を譲ろう運動


患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一
第10回「リテラシーが生まれるとき」


内田絵子の「おばさん力で変えちゃおう!がん医療」
—「よく死ぬことはよく生きること」—在宅ホスピスの意義を考える
対談・ゲスト井尾和雄さん(立川在宅ケアクリニック院長)


第35回仕事をしながら療養する 野田真由美さん
高額療養費制度、がん保険を利用し入院費用を自己負担せずに済んだ


患者会活動レポート
400人の支援者とともに、小児がんの社会啓発を広げていく
小児がんネットワークMNプロジェクト 小俣智子


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
ももセンセーの「患者とともに」 田中佑次
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記



1,222円
肝がん最新特集

特集1 診療ガイドラインの解説
治療法がよくわかる!「肝癌診療ガイドライン」のすべて
監修●高山忠利・日本大学医学部消化器外科教授
手術、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法など、肝がんは打つ手がいろいろある。患者さんにとってはうれしいことだ。だがかえってそれが、患者さんの治療方針に対する理解を妨げている部分もあるようだ。そこで、肝がんの診療ガイドラインをわかりやすく解説。この際、治療方針をしっかりおさえよう。


特集2 肝がんの検査・診断
肝がんはマーカー、超音波で確定診断。補完的にCTが主流
監修●森安史典・東京医科大学内科学第4講座(消化器内科)主任教授
最近の肝がんの検査法の進歩には目を見張るものがある。いち早く病変を見つけるとともに、悪性度をチェックする鑑別診断や、治療と一体化して正確かつ安全な治療をアシストする役割を担うまでになっている。


特集3 肝がんの切除術
知っておきたい、小さく、確実に取る肝がん「系統的切除術」
監修●長谷川 潔・東京大学大学院医学系研究科肝胆膵外科・人工臓器移植外科学講座講師
肝臓そのものが健康なら、臓器をかなり大きく切除しても、数カ月で再生する。その手術は、がんが転移するルートである門脈の支配域を、領域ごと切除する区域切除になります。「門脈の支配域」とはどんなふうに確定するのか、どこをどのように切るのか。区域切除ができる肝臓の秘密を探ります。


特集4 肝がんの薬物療法
がんの進行を抑え、生存を延ばす肝がん薬物療法時代
監修●工藤正俊・近畿大学医学部消化器内科学主任教授
今年5月、肝細胞がん患者さんの生存期間延長を世界で初めて示した分子標的治療薬ネクサバール(一般名ソラフェニブ)が承認された。これまで、肝がんには抗がん剤は効きにくく、全身化学療法はおこなわれてこなかった。ネクサバールの承認により、手術ができない患者さんの前途に希望の灯が点された。


特集5 肝がんのIVR治療
新剤形抗がん剤の登場で進化する肝臓がんのIVR治療
監修●淀野 啓・鳴海病院院長
抗がん剤が効きにくい肝がんでは、肝動脈(化学)塞栓療法や動注化学療法が注目されている。マイクロカテーテルを使って肝臓の腫瘍部位まで薬を送り込むIVR治療と呼ばれる治療法だ。この治療方法の効果が高まった裏にはある薬剤の登場があった。


特集6 肝がんのラジオ波療法
「局所療法の王者」肝がんラジオ波療法は症例により使い分ける時代へ
監修●國分茂博・順天堂大学医学部付属練馬病院消化器内科先任準教授
高温でがんを焼き払うラジオ波療法は、肝機能をよりよく保ちながら、再発した後も、何度も行える治療法として今や、肝がん局所療法の主流となっている。そのラジオ波療法がここへ来て新しい展開を見せ始めている。


■乳がん新情報 ■乳がん特別対談
知っていますか?乳がん標準化学療法で生じる心障害という大きな問題
ステファン・ツビンデン+岩田広治
日本ではあまり知られていないが、乳がんの標準治療として使われる抗がん剤や分子標的薬の中に心障害を起こす危険性のある薬がある。心障害が起こって命が絶たれれば元も子もない。この分野を専門的に研究している心臓専門医、スイス・ベルン大学病院医師のステファン・ツビンデンさんと、日本の乳がん治療のオピニオンリーダーである愛知県がんセンター中央病院乳腺科部長の岩田広さんに、この問題について話し合っていただいた。

■センチネルリンパ節生検を上手く利用して、リンパ浮腫を防ごう!
監修●谷口英樹・日本赤十字社長崎原爆病院第1外科部長
手術時にがん周辺のリンパ節までごっそり取り除くリンパ節郭清がこれまで多く行われてきた。しかし、リンパ節郭清をすると、腕や手がむくむリンパ浮腫や知覚麻痺などを引き起こしやすい。ましてや検査の結果、リンパ節に転移がなく、郭清をしなくてもよかったというケースも少なくない。不必要なリンパ節郭清をしなくてすむには、どうしたらいいのだろう——。

■「家族性乳がん」の診断と治療最前線
第15回日本家族性腫瘍学会学術集会 市民公開講座
2009年6月13日東京秋葉原コンベンションホールで、日本家族性腫瘍学会主催、株式会社ファルコバイオシステムズ共催で家族性乳がんとは? 早期発見と治療のためにいまできることは?というテーマで、医療者と家族性乳がん経験者が、これからのがん医療を語り合った。


シリーズ よりよい骨髄腫医療を①
あなたはどの病型?治療法が明確化された多発性骨髄腫の新診断基準
監修●吉田 喬・富山県立中央病院内科部長
高齢化とともに増加している多発性骨髄腫。しかし、骨髄腫と診断がついたからといって、すぐ治療を始めたほうがいいとは限らない。そのあたりの治療の是非や内容を示す病型分類新しい国際診断基準で明確になった。

患者のためのがんの薬事典・ティーエスワン(TS-1)配合顆粒

最新がんトピックス
●BRCA1,2遺伝子変異の乳がんにオラパリブが有効!?●がんサバイバーの性生活を改善へ専門家からのアドバイ ●進行肺がんの維持療法にアリムタが初めて承認●ジェムザール・シスプラチン併用が胆管がんに有効●一部の抗うつ剤はタモキシフェンの有効性を弱める可能性が

トピック●アガリクスは変わったか

診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方 乳がん/マンモグラフィ検査&超音波検査
監修●森山紀・国立がんセンター予防・検診研究センター長


がん相談
皮膚がん 並川健二郎国立がんセンター中央病院皮膚科医師
乳がん 上野貴史板橋中央総合病院外科医師
胆道がん 森実千種国立がんセンター中央病院内科医師
血液がん 薄井紀子東京慈恵会医科大学付属第3病院腫瘍・血液内科診療部長


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 ゲスト・早坂 暁(作家・脚本家)
「人間は暗いところから生まれ、死ねばまたそこに帰って行く」という空海の哲学を知り、死の恐怖が消えた
「がん」で絶望の淵にあったとき、音楽に触れて魂の本音がほとばしり出た
テレビドラマ『夢千代日記』『天下御免』『花へんろ』や、映画『きけ、わだつみの声』などの作品で知られる脚本家の早坂暁さんは、今年8月、80歳になった。3年前に泌尿器系のがんと診断され手術。現在、リンパ浮腫の副作用に悩まされている。早坂さんは50歳になった頃、心筋梗塞に加えて胆嚢がんと診断され、死の恐怖にさいなまれ絶望の淵に立たされた経験が、がんと向かい合う今、こころの拠り所になっているという。日本を代表する脚本家早坂暁さんの死生観を2回に分けてお送りする。


私の生きる道 吉井 怜(女優)
人気アイドルを襲った「白血病」という運命の悪戯
がんという病気は、人生のいちばん意地悪なタイミングで人を蝕む。
吉井怜さんも、その1人だ。大きな仕事がどんどん決まり、
トップアイドルの座に踊り出ようとしていたまさにそのとき、急性骨髄性白血病を発症した。

紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~ 洞口依子

がんと生きる
冨田伸さん(脳神経外科医、緩和ケア病棟顧問)
多重がんに襲われた脳外科医が、がんになって学んだものとは?
がんで死ねたら幸せと思い込む。それが私の死との向き合い方


わたしの町の実力病院・クリニック 「たかやすクリニック」
「もし自分の家族だったら……」という思いで、患者さんと向き合う
標準治療後の次の手も打つIVR治療専門クリニック
動脈内にカテーテルを通し、そこに抗がん剤を注入してがんをたたく。このIVRと呼ばれる治療法を専門にした、全国でも少ないクリニックが神戸に存在する。

患者会活動レポート 大腸がんの輪 代表安田洋一

肝っ玉弁護士「がんのトラブル解決します」 解決人・渥美雅子
術前より環境が厳しい職場へ転勤を命じられた


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
免疫力を与えてくれる旬菜、旬魚で夏バテを撃退する
(今月の料理)オクラ丼 獅子唐とトマトの吸い物 小鯵の二色揚げ


届け!がん患者たちの声 止まってしまった人生の時計を美容の力で動かしたい!
がん医療の現場では治療優先で、患者が副作用にともなう美容上の悩みを相談しづらい雰囲気があった。そんななか、患者の声なき声に応えようと、化粧品メーカーの協力を得て、がん患者の美容サポートを模索しているのが、NPO法人グループ・ネクサスだ。
副理事長の多和田奈津子さんに話を聞いた。

Book Reviewいい本に出会う 町 亞聖(日本テレビ)

元気が出るチーム医療・最終回 小嶋修一TBS解説室
ドラッグラグ解消に立ち向かう小倉恒子さんからのメッセージ
「患者の声を国に届けよう!」

内田絵子のオバさん力で変えちゃおう!がん医療

患者と医者のための医療リテラシー講座 きっかけづくり
西根英一メディカルプロデューサー

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ” ごろ寝の延長でやってみよう


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間/命を食べる季節を味わう/インターネットで探るがん情報/編集部の本棚/ももセンセーの「患者とともに」/この国の医療をよくするために/エッセイ山里より 中島ようこ/イベントへの誘い/読者の交差点/バックナンバーのご案内/定期購読のご案内・編集後記
1,257円
0908 目次
補完代替医療特集

特集1・健康食品の真実
補完代替医療・健康食品の中で真に効果があるのはどれか。どう利用すればよいか
補完代替医療・健康食品の真実
監修●住吉義光 厚生労働省「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究班」主任研究者 江東病院泌尿器科部長
がんの患者さんの中には、医療機関で行われる治療以外に、補完代替医療を利用する人がたくさんいる。しかし、効果がなかったり副作用が出るのでは利用のしがいがない。真に効果があるのはどれか。また上手く利用するにはどうしたらいいのか、徹底的に調べた。

特集2・代替医療との付き合い方
冷静な判断と、医師に相談する勇気を持って
補完代替医療との後悔しない、上手な付き合い方
監修●内布敦子 兵庫県立大学看護学部看護学研究科教授
がん患者にとって、民間療法をはじめとする補完代替医療を利用してよくなりたいと思うのは当然の気持ち。ただ効果や安全性、費用などの面で問題も多く、溢れる情報に翻弄され、大切な時間やお金を無駄にしてしまう危険性もはらんでいる。では一体、自分にあった補完代替医療を選ぶためには、どうすればいいのだろうか——

特集3・漢方サポート外来
「元気な体で延命」を目指す癌研有明病院・漢方サポート外来
漢方薬を使うと、がん治療で弱った患者が、元気になる
監修●星野惠津夫 癌研有明病院消化器内科部長
がんの治療において漢方が実力を発揮する場面はあるのだろうか。癌研有明病院で「漢方サポート外来」を担当する消化器内科部長の星野惠津夫さんは、長年それを検討してきたが、漢方にはがん患者さんの「元気」を回復したり、症状を和らげたり、西洋医学による治療の副作用を減らす効果が期待できることが、次第に明らかになってきた。

特集4・ハリ治療(神経障害)
ハリでしびれや痛みが軽減する!?
ハリ治療で乗り切る!抗がん剤による末梢神経障害
監修●福田文彦 大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完医学講座特任研究員/明治国際医療大学准教授
抗がん剤の副作用として起こる手足のしびれや痛みといった末梢神経障害。生活が不自由になるばかりか、抗がん剤の減量や投薬の中止といった事態にもなりかねない。今、この末梢神経障害にハリ治療が効くというエビデンス(科学的根拠)が出始めているという——

特集5・健康食品のエビデンス
キノコ系食品「AHCC」に見るエビデンスのレベル
本当にがんに効果があるのか!?健康食品のチカラ
監修●上山泰男 関西医科大学名誉教授
健康食品は本当にがんに効果があるのだろうか。どのような効果があるのだろうか。どこまで効くのだろうか。科学的に検証してみた。

特集6・音楽療法
あるがままの自分を受け入れることができる力。それがQOLの向上、疼痛の軽減をもたらす
音楽はがん患者の不安や恐れを癒す!?
監修●新倉晶子 救世軍清瀬病院緩和ケア科 音楽療法士
音楽に親しみ、生きる力を高める
堀川千絵 洗足学園音楽大学/大学院 音楽療法コース講師
音楽療法は第2次世界大戦後、心に傷を負った兵士に対して行われたのが始まりといわれている。米国ではすでにがん患者の心のケアにも取り入れられている。日本でもようやく導入されつつある。日常生活に溢れている音楽。これががん患者にとって、どのような効果をもたらすのだろうか。


医療
先端医療の現場
がん体質を調べる遺伝子検査・診断の最前線
赤木究・埼玉県立がんセンター腫瘍診断・予防科科長
がんになりやすい体質をその人が持っているのかどうか、それを調べる遺伝子診断。これはどこまで進んでいるのだろうか。先進的に取り組んでいる埼玉県立がんセンター遺伝子診断室の最前線をレポートする。


シリーズ14 機能温存・機能回復目指して
刮目!舌や顎を失わずに、がんは治療できる
切る前に再考を!進行口腔がんの超選択的動注化学放射線療法
監修●藤内祝 横浜市立大学大学院医学研究科顎顔面口腔機能制御学教授
手術による機能の損傷や容貌の変化が大きく、患者にとってつらいがんの1つである口腔がん。今、その口腔がんに対して、切らずに治す方法を積極的に取り入れているのが、横浜市立大学顎顔面口腔機能制御学教授の藤内祝さんです。藤内さんらが行っているのは、がんの病巣に抗がん剤を集中させ、放射線治療を併用する、超選択的動注化学放射線療法。一体どういった治療法なのでしょうか。


患者のためのがんの薬事典54 グラン(一般名フィルグラスチム)
「好中球減少症」を改善し、化学療法をサポートする注射薬

診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方 ■乳がん/マンモグラフィ検査
しこりの濃い白色と、栗の棘のような突起で良性と区別する
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
患者プロフィール●55歳の女性Kさん。入浴中に左の乳房のしこりに気付き、近くの病院にて受診。がんの疑いが強いということで、国立がんセンターを紹介され、マンモグラフィ検査を受けたところ、3cm大のがんが見つかった

がん相談
大腸がん 回答者・吉田和彦(東京慈恵会医大青戸病院副院長)
卵巣がん 回答者・関口勲(栃木県立がんセンター婦人科医長)
食道がん 回答者・出江洋介(都立駒込病院食道外科医長)
がん相談 脳腫瘍 回答者・藤巻高光(埼玉医科大学医学部脳神経外科学教授)

新連載
肝っ玉弁護士「がんのトラブル解決します」 解決人・渥美雅子
術後、夫が浮気!離婚したいが収入がない


わたしの町の実力病院・クリニック 相原病院ブレストセンター
医療者への信頼感が患者に新たな力を湧き起こす!!
確かな「標準治療」とこころのケアを兼ね備えたブレストセンター
“切ったら終わり”ではなく、その後の薬物療法が非常に重要な乳がんの治療。ただ現状では、全国すべての医療機関が、いわゆるエビデンス(科学的根拠)のある治療を行っているわけではない。そうした中、確かな「標準治療」を行っている病院がある。大阪府箕面市にある相原病院ブレストセンターだ。医療者への信頼感が、鍵になっている。


生き方
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談 ゲスト海堂尊(作家・医師)
がん対策基本法の理念は悪くない。しかし、この仕組みは1度、壊したほうがいい
拠点病院をつくるより1つの病院に力をつけさせるほうが大事
『チーム・バチスタの栄光』『極北クレイマー』など、相次いでヒット作を連発し、総計1000万部に迫る勢いの今、最もホットな書き手である海堂尊さんは、現役の病理医でもある。作品に日本の医療がかかえる諸問題を巧みに取り入れながら、日本の医療の現状に異議を申し立てている。地域住民との信頼関係を土台に地方病院を立て直してきた鎌田さんと海堂さんが、がん治療をはじめ日本の医療に再生は可能かを語り合った――。


私の生きる道 松田陽子さん・シンガーソングライター
「がん以後、泉のように曲が湧いてくる」と語る松田陽子さん
がん、うつ、離婚……。どん底から這い上がったど根性
シンガーソングライター、司会者、通訳の仕事等で活躍する松田陽子さんは7年前に子宮頸がんを告知され、子宮全摘出手術を受けた。退院後、うつ病になり、夫とも離婚。どん底から、1人娘を抱えての新たな人生が始まった。


がんと生きる まりこさん(芸者)
たとえ来月死んでもいい。最期の瞬間まで幸せでいたいと、彼女は抗がん剤を拒否した
次々にがん転移に襲われながらも自分の生き方と美学を貫く人気芸者
ある日を境に、彼女は抗がん剤治療を止めることを決意した。東京は品川・大井海岸で、芸者置屋「まつ乃家」を営むまりこさん。勝気でおちゃめなまりこさんは、江戸前を地でいく下町芸者だ。子宮頸がんから始まったがんは、子宮体部、S状結腸、肝臓、肺へと転移……、今もがん細胞は体の中にある。だけど彼女の生き方はぶれない、変わらない。それはなぜか――。自分の責任をとれるのは自分しかいないから。


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
旬の食材を使った胃に優しい夏料理で暑い季節を乗り切る
(今月の料理)雑穀あられの芋掛け たくあん薬味汁 鰯のサラダ


連載26・元気が出るチーム医療 番外編 小嶋修一TBS解説室
再発耳鼻科医、小倉恒子さんの悲痛の叫び「抗がん剤の失効が命の切れ目」
日本で最も元気な乳がん患者である、千葉県の耳鼻科医師の小倉恒子さんも、2000年に再発、2007年に全身転移してしまいました。再発後のがんと闘う武器は抗がん剤。その抗がん剤を9年間にわたって使い続けてきましたが、ここへ来て、使える薬はついにあと2つになりました。ここに、日本のがん医療の問題が見えてきます。


連載Book Reviewいい本に出会う 川田龍平(参議院議員)


第34回 仕事をしながら療養する
会長の「会社は待ちます」の一言で、安心して治療に専念できた
キャシー・松井(ゴールドマン・サックス証券、ストラテジスト)


TOPIC 「私の髪を使って!」看護学生53人ががん患者に寄付
がん患者にウィッグを贈るP&Gとキャンサーリボンズによる「キレイの力」プロジェクト始動

今月のセミナー 欧州の患者会連合に学ぶ、患者アドボカシー活動
たくさんの声を1つにすれば、がん医療は変えられる!
2009年5月9日、中外製薬株式会社主催のオンコロジーメディアセミナー「患者会が変える、がん医療~欧州の事例から学ぶ~」が都内で行われた。欧州では、がん患者会が国を越えて集まる連合組織がいくつも存在している。患者の声を集めることで行政に働きかけ、がん医療の質やサービスを向上させることに成功している。日本にはまだ、そのような活動を行う組織は少なく、患者権利を主張するアドボカシー活動はさかんとはいえない。欧州での成功事例をもとに、患者会の力による医療変革の可能性を探る。


届け!がん患者たちの声 33
承認がゴールじゃなかった。打ち破らなければならない4つの壁
7年越しの承認薬、サリドマイドが、すべての患者に届きますように!
かつて深刻な薬害を引き起こしたサリドマイドは、治療抵抗性の多発性骨髄腫の治療薬として復活し、日本でも2008年10月、悲願の承認となった。にもかかわらず、薬が患者さんに「届かない」事態に、個人輸入のサポートまでやってきた患者会は疑問の声を上げる。


患者会活動レポート
NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会 理事長松本陽子

コラム&連載
この国の医療をよくするために連載28 田島知郎 東海大学医学部名誉教授
患者と医者のための医療リテラシー講座 絵と文・西根英一
内田絵子のオバさん力で変えちゃおう!がん医療⑮
連載22 森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”
フォト・エッセイ 至福の時間
命を食べる季節を味わう
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
ももセンセーの「患者とともに」
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記

1,257円
0907目次ネット用

特集・消化器がん

特集1・大腸がんガイドライン解説
腹腔鏡下鏡手術が普及市、新しい化学療法も登場。進行度にに応じた治療法の選択を
『大腸癌治療ガイドライン』を、今後の展望を踏まえ読み解こう!
監修●固武健二郎 栃木県立がんセンター研究所長
取材・文●半沢裕子
比較的扱いやすく治癒しやすい大腸がん。手術でとれば完治、と思われがちですが、段階別に、より体に負担の少ない治療法が推奨され、また、化学療法の選択肢もぐっと増えてきました。まさに進化を続ける大腸がん治療法。もうすぐ改訂されるガイドラインの展望も含め、栃木県立がんセンター研究所長の固武健二郎さんにうかがいました。

特集2・進行大腸がんの手術
直腸がんでは、9割以上で肛門の温存が可能に
手術件数が増加中の進行大腸がんの腹腔鏡手術
監修●奥田準二 大阪医科大学付属病院一般・消化器外科准教授
取材・文●塚田真紀子
進行がんへの保険適用の拡大や学会の認定医制度などを背景に、現在、進行がんを適応とした腹腔鏡手術の件数は増加しています。まだ検討段階ではありますが、術後の生存率についても、腹腔鏡手術は開腹手術と同等と考えられているためです。十分に経験を積んだ専門医が手術を担当すれば、肛門の温存も可能となっています。

特集3・再発胃がんの治療
TS‐1+シスプラチン併用療法が進行・再発胃がんの標準治療になる!?
胃がんガイドラインの書き換えを迫る日本発抗がん剤のパワー
監修●今野宗一 流山中央病院外科医師
取材・文●町口 充
胃がんは再発・転移すると有効な抗がん剤がないため、治癒は難しいとされてきた。しかし、TS‐1が登場し、新たに発表された臨床試験の結果は、胃がん治療ガイドラインの書き換えを迫るものであり、再発胃がん治療を大きく前進させるものとなった。胃がんは、たとえ再発しても諦めなくていい時代になってきたのだ。

特集4・新発想の遺伝子治療
遺伝子を薬として用いる新発想の「がん遺伝子薬品」はどこまで期待できるか
がん細胞だけで増えて、がん細胞だけを破壊するウイルス製剤「テロメライシン」
監修●藤原俊義 岡山医学部付属病院遺伝子・細胞治療センター准教授
取材●「がんサポート」編集部
テロメライシン。といっても、聞いたことがない人が多いのではなかろうか。知っている人はかなりのがん通といっていいかもしれない。風邪の原因としておなじみのアデノウイルスを改変して作り出した、まったく新しいタイプの治療法だ。感染するとがん細胞の中だけで増殖して、がんを破壊するように設計され、近い将来薬になる予定で進んでいる。

特集5・再発肝臓がんの治療
ラジオ波療法、塞栓療法、肝動注等、IVR治療それぞれの選び方、使い方のポイント
打つ手はある!肝臓がんが再発になっても、IVR治療
監修●塩澤俊一 東京女子医科大学東医療センター外科講師
取材・文●黒田達明
再発率が高い肝臓がん。手術で切除するという方法もあるが、再発率の高さを考えると、あまり体への負担が大きい治療は避けたい。そうした時に、治療の選択肢としてあげられるのが体への負担が小さいIVR治療だ。


先端医療の現場
音声と嚥下を残す下咽頭がんのマイクロサージャリー再建手術
取材・文●黒田達明
下咽頭がんの手術といえば、これまで、がんを取り除く代わりに、音声と嚥下の機能喪失というのが相場だった。しかし、マイクリサージャリーという武器を駆使することにより、この難問を克服することに成功。すでに2000件以上の手術を行い、成功率は97%という。

患者さんにとって、より効果のある薬を使い、最大の効果を上げる
肺がんは「組織型」によって薬を使い分ける時代へ!!
監修●久保田馨 国立がんセンター中央病院肺内科医長
取材・文●町口 充
他のがんと異なり、どの組織ががんになったかによって、いくつかのタイプに分けられる肺がん。当然タイプによってがんの性質も違い、治療法も異なってくる。今、その肺がんの組織型によって、どの抗がん剤がより効果を示すのかがわかってきた――。


患者のためのがんの薬事典53 アンプリコアHPV
子宮頸がんの原因であるHPVを調べる検査薬
子宮頸がんは早期に発見できれば、治る可能性が高いのですが、進行して発見されるケースも少なくありません。背景には、子宮がん検診を受ける女性が少ないことがあります。また、子宮頸がんの原因の大半はHPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれるウイルスです。HPVに感染しているかどうかは、簡単な検査で調べることができます。「アンプリコアHPV」は、13種の高リスク型HPVに感染しているかどうかを調べる検査薬です。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第33回 肺がん(中分化型扁平上皮がん)/胸部エックス線検査&CT検査
CT写真で、がんとの境にある黒い線を見よ!
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
取材・文●黒木 要
(患者プロフィール)
65歳の男性Bさん。咳がなかなか止まらないので、近くの病院にて診察を受けた。胸部エックス線検査を行ったところ、左の肺の肺門部よりやや頭側に大きな白い影が写り、がんの疑いが強いと指摘された。国立がんセンターを紹介され、再検査を受け、左肺の上葉にがんが発見された


シリーズ13機能温存・機能回復目指して
がんが治った後の患者さんの人生を考えた治療法
子宮体がんの腹腔鏡手術――婦人科がん全般での適用を視野に
監修●塩田充 近畿大学医学部産科婦人科教授
取材・文●祢津加奈子 医療ジャーナリスト
婦人科領域では、子宮筋腫などの良性の病気には健康保険で腹腔鏡手術が認められているが、がんに関してはまだ認められていない。これに対して、以前から機能温存に積極的に取り組んできた近畿大学医学部産科婦人科学教室では、まず良性疾患の手術に腹腔鏡を導入。その結果を踏まえ、早期の子宮体がんを対象に腹腔鏡手術を開始した。「まだ研究的治療の段階ですが、がんにおいても腹腔鏡手術のメリットを享受できる人はいるはずと考えています」と教授の塩田充さんは話す。


わたしの町の実力病院・クリニック⑥アーバンクリニック
もとの形の乳房温存実現に傾注
大病院さながらの高い技術を誇る都市型クリニック
今や早期乳がんにおいて、多くの施設で行われるようになった乳房温存術。ただ、温存といっても、いわば“残っている”状態で、鏡に写して左右差がないほどに乳房が温存されているケースは少ない。そうした中、術前の乳房の形を再現しようと、積極的に取り組んでいるクリニックがある。


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・やなせ たかし 漫画家・詩人
膀胱がん、10回の再発を乗り越え、アンパンマンは今日も行く
がんは絶望すると悪くなり、気力が充実すれば克服できる、そう信じています
30年以上にわたって、幼児を中心に日本の子どもたちを魅了し続けているアンパンマン。その原作者である漫画家のやなせたかしさんは、数年前からがんと闘っている。腎盂にできたがんを取り除いた後、すぐに膀胱がんが発見され、10回の再発を度重なる内視鏡手術、そして放射線、BCGの併用療法で乗り切って、90歳になった今も、元気に創作活動を続けている。


私の生きる道 安河内眞美さん・古美術鑑定士
2つの稀少難治がんを克服した「開運!なんでも鑑定団」の人気女性鑑定士・安河内眞美さん
取材・文●吉田健城
「あと1年」と言われても諦めなかったから今がある
症例が少なく「難治」とされるタイプのがんは厄介だ。安河内さんはこの稀少難治がんを2度も経験し、見事に克服して現役復帰を果たした。彼女はどのようにこれらのがんと向き合い、困難を乗り越えたのだろうか。


がんと生きる53
大東和子さん 大東寝具工業株式会社会長・がん患者サロン「うずらプラナス」世話人
会社を守るため、家族を守るために彼女は病気を隠すことを決意した
孤独な女性経営者の闘病生活。支えたのは患者仲間だった
取材・文●増山育子
42歳の若さで亡くなった夫のあとを継いで寝具製造会社社長になった大東和子さん。「潰れるよ」との噂に耐え、経営者として無我夢中で走りぬけてきた……。そんな矢先、今度は自分に大腸がんが見つかった。しかし、会社を守るために、誰にも病名を告げられない孤独な闘病生活を送ることに。そんな彼女を救ったのは、同じ悩みを分かち合える患者仲間であった。


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
栄養たっぷりの旬の食材を享受し、免疫力をアップする
(今月の料理)大根飯 穴子味噌汁 トマトの豚肉挟み
「現代の日本人は、栄養摂取量は足りていますが、ビタミンなどの栄養素は不足しています」とは分とく山の野崎洋光さん。日本人の食生活は戦後、とても豊かになりました。しかし、欧米化へと変化した私たちの食生活は、3大栄養素(脂質、糖質、たんぱく質)は豊富に摂っている一方、ビタミンなどの栄養素は不足するなど、栄養のバランスは崩れている、といわれています。旬の食材は、新鮮で、ビタミンの含有量など、栄養成分が豊富です。栄養たっぷりの旬の食材を、旬の時期に享受し、免疫力をアップしましょう。


ゴールドリボンウオーキング2009
小児がんの現状について多くの人に知ってもらうために
命を落とす子どもや後遺症で苦しむ子どもが1人でも少なくなるよう願いをこめて
「小児がん」を取り巻く現状を広く知ってもらうこと、1人でも多く支援の輪を広げることを目指して「ゴールドリボンウオーキング2009」(主催ゴールドリボンウオーキング実行委員会 特別協賛アフラック 協賛企業47社)が4月29日、快晴のもと、東京、日比谷公園で開催された。


連載25・元気が出るチーム医療
横浜市立大学付属病院の挑戦(最終回) ~チーム医療の最大の恩恵は、テーラーメイド医療の実現~
小嶋修一・TBS解説室
「乳がん」は急激に進むがんではありません。ですから、患者は、自分に一番合った治療法をじっくりと探す時間があるといえるのではないでしょうか。
「チーム医療」の強みは、多くの専門家がチームを組んで、患者に最も適した治療法を提供しようと、最善を尽くしてくれることでした。医療者側から提示された多くの選択肢の中から、最終的な治療法を選ぶのは、もちろん、患者自身です。こうしてはじめて、患者1人ひとりに最もふさわしい治療、すなわち「個別化医療」「テーラーメイド医療」が実現するのです。


連載16紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~
自分の気持ちが赴くままに

しえのがんルネッサンス
ゲスト 青木美保 保健師・翻訳家・We can fight主宰

いい本に出会う 古屋美登里(翻訳家)
言葉としての力をもつ世界『暗い旅』倉橋由美子 著

患者と医者のための医療リテラシー講座 文・絵 西根英一 メディカルプロデューサー
第7回 位置について、ヨーイ、ドン!

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”⑳ ゴロ寝で“ほっ”


届け!がん患者たちの声
「もっと知って欲しい」パープルリボンに込めたすい臓がん撲滅の願い
健診で問いかけよう!「私のすい臓は大丈夫でしょうか」
取材・文●常蔭純一
がん治療が進化を遂げるなかで、今1つその兆しが見えにくいのがすい臓がんだ。他のがんに比べるとサバイバーも少なく、これまでは患者側からの声が上がることもあまりなかった。そんな中で2006年、日本では数少ないすい臓がん患者支援団体であるNPО法人、パンキャンジャパンが誕生した。

患者会活動レポート
重粒子線治療がもっと普及するように――NPO法人化を目指す
同じ治療を受けた仲間と支え合い、そして発信する
重粒子の会(HIC) (旧 放医研患者友の会) 会長 忍澤善夫


がん相談
肺がん 回答者・坪井正博 神奈川県立がんセンター呼吸器外科医長
骨軟部肉腫 回答者・川井章 国立がんセンター中央病院整形外科医師
乳がん 回答者・上野貴史 板橋中央総合病院外科医師
泌尿器がん 回答者・島田誠 昭和大学横浜市北部病院泌尿器科教授


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間
命を食べる季節を味わう
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記

1,257円
1,257円
胃がん・食道がん特集

特集1 胃がん基礎知識
抗がん剤の研究が進み、進行がん治療にも希望が!
これだけは知っておきたい胃がん・食道がんの基礎知識
文●山口俊晴 癌研究会有明病院副院長、消化器センター長兼消化器外科部長
胃がんはがんの中でも治りやすい病気の1つで、「切ったら終わり」というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。確かに早期で発見した場合、基本的には外科手術で治る。ただし、早期で発見される人は、現在全体の約半分。残りの半分は、進行がんの段階で発見される、まだまだ怖い病気だ。ここでは、胃がんの基礎知識として、最新の知見を交えて紹介する。

食道がん編
術前化学療法に目覚ましい効果が確認。困難とされる食道がんに光射す!
監修●井垣弘康 国立がんセンター中央病院食道外科総合病棟部医長
監修●伊藤芳紀 国立がんセンター中央病院放射線治療部医師
食道がんは、数あるがんの中でも難しいがんの1つ。食道は壁が薄く周りに血管やリンパ節がたくさんあるため、早い時期から
リンパ節転移が起こるからだ。しかも、首、胸、お腹と広範囲にまたがっているため手術は大規模になり、合併症も起こりやすい。
そんな食道がんも、化学放射線療法や術後化学療法などにより、5年生存率が上がってきた――。

特集2
ステージ2と3では補助化学療法としてTS-1の術後1年間服用が標準治療に
胃がん術後の再発を抑えるエビデンスが登場した
監修●桜本信一 北里大学医学部外科講師
古くから胃がんの術後、再発を防ぐための治療として1~2年間の補助化学療法が行われてきた。しかし、このような術後化学療法で生存期間が長くなるとか、再発率が抑えられるといった確かなエビデンス(科学的根拠)は得られていなかった。だが、TS-1の登場により2001年10月に始まった大規模臨床試験は2004年12月まで続けられた。
結果ステージ2、3の術後補助化学療法としてのTS-1の有用性が明らかとなり標準治療として認められることになった――。

特集3 分子標的治療薬の最新研究
悪性度の高いスキルス胃がんにもこれだけ武器が出てきた!
進行する分子標的治療薬の研究で、スキルス胃がん治療に光が見えてきた
監修●八代正和 大阪市立大学大学院医学研究科准教授
スキルス胃がんというと、その「タチの悪さ」でひときわ恐れられる胃がんだ。
これまでの治療成績では、手術をしても術後の5年生存率は10~20パーセントであった。しかし、現在、分子標的治療薬の臨床試験が
進んだり、新薬候補となる物質が見出されるなど、「手の施しようがなかった」状況から脱却しつつある。

特集4 腹膜転移治療
有効な治療法がなかった時代から、TS-1との併用や腹腔内投与に期待感
新しい治療法が生まれつつある腹膜転移の治療
監修●田村茂行 関西ろうさい病院消化器外科部長
スキルス胃がんというと、その「タチの悪さ」でひときわ恐れられる胃がんだ。
これまでの治療成績では、手術をしても術後の5年生存率は10~20パーセントであった。しかし、現在、分子標的治療薬の臨床試験が
進んだり、新薬候補となる物質が見出されるなど、「手の施しようがなかった」状況から脱却しつつある。


特集5 胃がんの術後後遺症対策
もう怖くない! ダンピング症候群や骨量低下などの後遺症。しびれやめまいの新しい原因も判明
胃がんの術後後遺症とそのQOL改善策
監修●利野靖 横浜市立大学付属病院一般外科部長
胃の手術を受けて胃がなくなったり、小さくなったりすると、その影響でダンピング症候群をはじめ、さまざまな後遺症が出るが、
最近は食生活の改善や工夫、術式の変更などによって、こうした症状はかなり解消されるようになってきた。また、術後後遺症としてあらわれるしびれやめまいは、これまでダンピング症候群によるものとされてきたが、ビタミンEの欠乏が原因で起こるとわかり、対策がとられるようになっている。

特集6
正しい知識を持ち、納得して治療法を選択するために
切らなきゃいけないわけじゃない。食道がんの化学放射線療法
監修●権丈雅浩 広島大学病院放射線治療科助教
大手術になるうえに予後も悪い……そんな食道がん治療に90年代後半、一石を投じたのが「化学放射線療法」の出現だ。自らのがんと
いかに向き合うか。手術と化学放射線療法、それぞれのメリットとデメリットを正しく把握し、納得して自身の治療法を選びたい。


特集7 食道がんの術前化学療法
術後」よりも「術前」のほうが、5年生存率が良いという臨床試験結果も
転移を抑え、再発を防ぐ!?食道がんの術前化学療法
監修●矢野雅彦 大阪府立成人病センター消化器外科主任部長
胃がんや大腸がんなどと比べ、難治がんの1つとしてあげられる食道がん。場所が場所だけに、手術そのものも体への負担が大きく、またたとえ手術を行ったとしても、再発してくることが多いのが現状だ。そうした中、現在注目を集めているのが、手術の前に抗がん剤を投与するという「術前化学療法」。術前化学療法によって、CTでは映らない微細ながんを叩き、再発を防ぐことも可能になってきているという。食道がん・術前化学療法の最新知見を紹介する。


先端医療の現場 ②放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院
世界に先駆けた「重粒子線治療」で膵がん治療に希望の光

治療が難しく予後が芳しくない膵がんに、光が見えた。
放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院で行っている「重粒子線治療」だ。治療を阻む膵がんの特徴に効果をあらわし、生存率も延びている。
世界で唯一の、膵がん重粒子線治療に迫った。

最新がんトピックス

診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第30回 胃がん(スキルス型)/内視鏡&腹部エックス線検査
内視鏡で粘膜表面のデコボコが見えてくると、かなり進行した証し
森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診センター長
(患者プロフィール)
62歳の男性Aさん。1年ほど前から断続的に上腹部の違和感と食欲不振を感ずるようになった。さらに半年前から体重減少が顕著になり、受診した。胃内視鏡検査を行ったところ、胃がんの疑いが強いということで、国立がんセンターを紹介された。再検査を受けたところ胃の上部にスキルス性胃がんが発見された

患者のためのがんの薬辞典 メタストロン(一般名ストロンチウム-89)
骨転移の苦しい痛みを緩和する放射性医薬品
多発性の骨転移の疼痛緩和に効果がある放射性医薬品メタストロン(一般名ストロンチウム-89)が2008年秋に発売された。海外ではすでに20~30年前から使用されているのに対し、日本では遅れていた。
発売後も普及がなかなか進まないのは、この薬の安全管理や設備投資に対する診療報酬がなく、医療機関の負担となっていることが大きな原因だ。
今後の診療報酬が変わることに期待したい。


わたしの町の実力
病院クリニック③くにとみ内科外科クリニック
通院時間も待ち時間も短くてすみ、何でも気軽に相談できる
大学病院と同じレベルの抗がん剤治療を受けられるクリニック
がん専門病院や大学病院と同じレベルの抗がん剤治療が近くのクリニックで受けられれば、遠くまで行く必要はない。それを可能にしているのが埼玉県所沢市にある「くにとみ内科外科クリニック」。近隣の大学病院や一般病院とも連携をし、「安心の治療」が受けられる。


今月のセミナー
ノバルティス・オンコロジー・メディアフォーラム「進化する白血病治療」より
慢性骨髄性白血病に新しい分子標的薬のパワー
グリベック(一般名イマチニブ)の出現で、大きく変わった慢性骨髄性白血病の治療。ここへさらに強力な新薬が加わった。2009年2月、東京・サンケイプラザで行われた東京医科大学の大屋敷一馬さんの講演を聞く。

がん相談
胆道がん 回答者・森実千種(国立がんセンター中央病院内科医師)
血液がん 回答者・小林武(都立駒込病院血液内科医師)
泌尿器がん 回答者・島田誠(昭和大学横浜市北部病院泌尿器科教授)


対談
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
乳がんピンクリボン運動から全がん患者を支援するキャンサーリボンズが生まれた理由
がんはごく日常的な病気。社会全体で支え合うシステムが必要だ
ゲスト 聖マリアンナ医科大学外科学教授
約30年にわたって乳がん治療の最前線を歩いてきた、聖マリアンナ医科大学教授の福田護さんは、2000年からNPO法人・乳房健康研究会副理事長として乳がん患者さんを支援するピンクリボン運動に関わってきたが、昨年、NPO法人・キャンサーリボンズを立ち上げ、理事長として、全国各地にがん患者さん全体をサポートするリボンズハウスを設立する活動に全力投球している。乳がん治療のオーソリティが、定年を迎えるのと前後して、がん患者さん全体の支援に立ち上がった思いを、鎌田實さんに聞いてもらった。



生き方
私の生きる道 宮川花子さん(漫才師)
「大・花」の愛称で親しまれる夫婦漫才コンビの舞台裏
私の胃がんから20年、今の2人がここにいる
夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」。今年、彼らはコンビ結成30周年を迎えた。花子さんが胃がんに襲われて20年、夫婦に何が起こったか――


がんと生きる 羽田野博也さん ㈱ルナテック代表取締役社長
想像を絶する術後の後遺症――。悪戦苦闘しながら、ひとつひとつ乗り越えてきた
学生運動が下火になったその灰塵の中、生きる道を探していた。
父親が経営する印刷会社を継ぎ、新技術DTPで打って出て、大手印刷会社を
向こうに回して仕事をしてきた。その脂の乗り切った50歳のとき、
胃がんが発覚。ものが食べられなくなり、体は変わった――。
だが、生き方考え方は何も変わらない、と言い切る。
それこそが、自分等身大で人生を過ごしてきた彼のプライドであり、
こだわりなのである。


連載13 紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~
洞口依子
かつては飛んでいたであろう私なのか?


連載 第5回しえのがんルネッサンス
ゲスト 奥朋子 千葉大学医学部附属病院 外来通院治療室看護師長・がん看護専門看護師
「患者さんに頼りにされなくなったときが、いちばんうれしいです」


野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
力を秘めた春の食べ物と、精進レシピで心身を養う
(今月の料理) 野菜寿司 蕗と油揚げの卵とじ キャベツと椎茸の辛子浸し

BookReview
いい本に出会う 第1回 角田光代(作家)
本のある世界でよかった


第32回 仕事をしながら療養する
自身のがん体験を生かし、「短時間勤務制度」導入などの人事制度をスタート
武田雅子さん(41歳)は、36歳のとき、乳がんと診断された。3週間の休暇を得て、乳房温存手術を受けた。休暇中は、公休と年次有給休暇を利用。職場復帰後、産業カウンセラーの資格を取得し、実績を上げて人事部長に昇進。自身のがん体験を生かして、傷病によるリハビリ復帰のための短時間勤務制度の導入など、社員が働き続けられる制度つくりに積極的に取り組む。


患者と医者のための医療リテラシー講座 第4回 隣りの人に聞いてみる
文・絵●西根英一 メディカルプロデューサー

森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”⑰
<優雅なねじりのポーズ>1日に1つだけ、ゆっくり動作


連載23・元気が出るチーム医療 横浜市立大学付属病院の挑戦⑤
~チーム医療で実現! 外来化学療法~
小嶋修一・TBS報道解説室
ここ5~6年の間に、抗がん剤治療などの化学療法を、入院ではなく外来で受けられる病院が急増してきました。『外来化学療法』です。こうした治療への患者のニーズも、年々高まってきていますが、取り扱いを少しでも間違えると、大変なことになりかねないのが抗がん剤です。そのような外来化学療法を支えるのも、医師や看護師、薬剤師らによるチーム医療なのです。


届け!がん患者たちの声
患者・病院・行政が連携し、がん医療向上を目指す「島根システム」に全国が注目
患者が声を上げて主体的に動けば、がん医療は変わる!
島根県には、がん患者が語らう場所「がんサロン」が全部で21カ所もある。東西に約230キロある県のあちらこちらに、まるで種から芽吹くようにサロンが誕生している。公民館や病院内の「がんサロン」は、すべてがん患者が主体となって運営。患者の活動を病院や行政が支援する「島根システム」は全国から注目を集めている。


第32回仕事をしながら療養する
自身のがん体験を生かし、職場のメンタルヘルスケアに取り組んだ

武田雅子さん(41歳)は、36歳のとき、乳がんと診断された。3週間の休暇を得て、乳房温存手術を受けた。休暇中は、公休と年次有給休暇を利用。職場復帰後、産業カウンセラーの資格を取得し、実績を上げて人事部長に昇進。自身のがん体験を生かして、傷病によるリハビリ復帰のための短時間勤務制度の導入など、社員が働き続けられる制度つくりに積極的に取り組む。

患者会活動レポート
全国の患者会と手を取り合いながら
オッサンデファム日本支部~女性の乳房と健康を守る会代表 増田美加


コラム&連載
命を食べる季節を味わう
「がんサポート」の編集方針
フォト・エッセイ 至福の時間
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
ヒーリング・コラム
ももセンセーの「患者とともに」
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記
1,257円
乳がん最新治療特集

特集1 乳がんの化学療法総まとめ
治療目的を明確に持って、乳がんと向き合うために
これだけは押さえておこう!乳がん薬物療法の基礎知識
監修●渡辺亨 浜松オンコロジーセンター長
乳がん治療を考えるときは、「初期治療」なのか「転移・再発後の治療」なのかを分ける必要がある。なぜなら、治療の目的がまったく異なるからだ。当然のことながら、行われる治療法も選択基準も違ってくる。乳がんと診断されたら、あわてずに、まずは自身の乳がんの状態を正しく把握することから始めたい

特集2 シリーズ10 機能温存・機能回復目指して
たとえ全摘術必須でも、乳房を失わない方法がある
美しき乳房温存を目指す──内視鏡手術と凍結療法
監修●福間英祐 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院乳腺科部長
乳房温存療法の普及で、乳がんは早期ならば乳房を失わずに摘出できるようになりました。しかし、乳房温存療法の適応にならない人もいます。こうした人のために、救命と美容の両立に取り組んできたのが、亀田総合病院乳腺科部長の福間英祐さんです。福間さんは、世界で初めて乳がん治療に内視鏡を導入、最近は全く乳房にメスを入れない凍結療法にも取り組んでいます。

特集3 トリプルネガティブ乳がんの治療
基本は抗がん剤治療。アバスチンなど新たな分子標的薬が有効とのデータも
決してあきらめないで。トリプルネガティブ乳がんの最新治療
監修●戸井雅和 京都大学大学院医学研究科外科学講座乳腺外科学教授
乳がんを引き起こし、増殖に関係する主要な3つの因子、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER-2。これら3つの因子とは全く関係なく乳がんが発生している場合がある。それが、「トリプルネガティブ」と呼ばれるタイプの乳がんだ。この「トリプルネガティブ」の乳がんは、一般的に予後が悪いとされ、治療においても打つ手が全くないと思われてきた。しかし、今は異なる。化学療法が功を奏す場合もあり、また現在、新たな分子標的薬も開発中だ。トリプルネガティブ乳がんの最新治療を紹介する。

特集4 乳がん術後薬物療法
紆余曲折あったが、UFTも選択肢に
乳がんの術後薬物療法に初の「日本発エビデンス」
監修●渡辺 亨 浜松オンコロジーセンター長
乳がんの患者さんの命が救われるかどうかの最初の分かれ目は、手術後にどんな治療をするかという点だ。この術後薬物療法の分野に、日本から初めてエビデンス(科学的根拠)のある治療法が出てきた。UFT(一般名テガフール・ウラシル)という、1世代前の抗がん剤であるが、今これが脚光を浴びている。

特集5 ホルモン療法
ホルモン療法の最新動向 サンアントニオ乳がんシンポジウム2008より
個別化治療の実現へ着実に前進する乳がんのホルモン療法
監修●増田慎三 独立行政法人 国立病院機構大阪医療センター外科乳腺担当
毎年 12 月に米国テキサス州サンアントニオで開催されるサンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)。今年も96カ国から9200名を越える医師や医療関係者が集い、研究の成果から最新の臨床試験結果に至るまで、多くの報告がなされました。中でも大きな注目を浴びたホルモン療法に関する最新情報を紹介します。

特集6 AI剤関節痛の治療
整形外科との協力で関節痛などの副作用を緩和している
副作用をコントロールして乳がん術後ホルモン療法を乗り切る
監修●石川 孝 横浜市立大学付属総合医療センター乳腺・甲状腺外科部長
林 毅 はやし整形外科理事長
乳がんのホルモン療法でアロマターゼ阻害剤の治療を受けていると、関節の痛みやこわばり、骨粗鬆症などの副作用が現れ、日常生活に支障が出ることがある。そうした場合、治療を中止せざるを得なくなるが、こうした副作用を他の診療科との協力によって見事にコントロールして乗り切っているケースがある。その実例を紹介しよう。

特集7メーラ・ゴルシャン博士来日特別インタビュー
乳房温存療法、再建術にみる乳房への想いの日米差
乳がん治療は、より体にやさしい方向へ、さらに進化
インタビュア●松岡順治 岡山大学医学部付属病院消化器・腫瘍外科講師
乳がん治療は、世界的に患者さんに大きな負担を強いる拡大手術から縮小手術への流れが続いている。個人の再発リスクを見分けながら、それに対応した、より体にやさしい治療が選択されるようにもなってきた。米国3大がんセンターの1つであるボストンのハーバード大学医学部付属ダナファーバーがん研究所乳腺科科長のメーラ・ゴルシャン博士に、世界の乳がん治療のトレンドをうかがった。


新連載「先端医療の現場」第1回 東京西徳洲会病院 乳腺腫瘍センター
乳房温存療法の新しい武器「小線源治療」
子宮頸がんや前立腺がんで行われている「小線源治療」。これをいち早く乳房の温存療法に取り入れているのは東京西徳洲会病院乳腺腫瘍センター。1人ひとりの乳房に合わせた放射線の部分照射で、術後わずか5日で放射線治療が完了できる。その治療現場に密着した。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第29回 胃がん(潰瘍浸潤型)/腹部エックス線&内視鏡検査
胃壁の湾曲部のカーブが大きく広がっていることに注目
森山紀之・国立がんセンターがん予防・検査研究センター長
(患者プロフィール)
35歳の女性Wさん。2カ月ほど前から上腹部に痛みを感じるようになり、近くの病院でエックス線検査を受け、胃がんの疑いが強いとの診断を受けた。国立がんセンターを紹介され再検査を受けたところ、潰瘍を伴った進行がんが発見された。手術で切除した後、抗がん剤の治療を受けた

最新がんトピックス

患者のためのがんの薬辞典 49
エストラサイト(一般名エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物)
再燃前立腺がんの有力な選択肢、抗がん剤と女性ホルモンを結合させた治療薬
日本で承認され、実際に使用されている前立腺がんの治療薬は、それほど多くありません。その中で、日本での販売開始から4半世紀にわたって使われてきたのがエストラサイトです。エストラサイトは、前立腺の組織に存在するエストラムスチン結合蛋白(EMBP)により前立腺組織に集まり、腫瘍の増殖を防ぐと同時に、抗アンドロゲン作用も示すことで高い有効性を生み出します。

がん相談
腎臓がん 回答者・赤倉功一郎(東京厚生年金病院泌尿器科部長)
小児がん 回答者・牧本敦(国立がんセンター中央病院小児科医長)
頭頸部がん 回答者・林隆一(国立がんセンター東病院頭頸部外科手術部長)
精巣がん 回答者・中西弘之(国立がんセンター中央病院泌尿器科医師)


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・本田麻由美読売新聞記者
がんは誰でもかかる病気なのに、自分は関係ないと高をくくっていました
医療問題、とりわけがん医療の問題を精力的に取材していた、読売新聞記者の本田麻由美さんが、乳がんを宣告されたのは34歳のときだった。「34歳でがんはないよね?」と呆然とした本田さんは、乳房温存手術、全摘手術、乳房再建手術など、3度の手術を乗り越えて、現在、ホルモン療法を受け、うつ症状と闘いながら、相変わらずがん医療の取材に奔走している。がん患者としての苦悩に耐えながら、新聞記者魂を燃やしている本田さんの心の叫びを、鎌田實さんが聞いた――。


リーズがんと生きる 青木美保さん 看護師、保健師シ
40歳で乳がんを患った1人の医療者が、患者と医療者、そして日本と米国をつなぐ架け橋として歩き始める
医療者として、そして女性として――。がんを乗り越えた今、彼女は強くなった
看護師、保健師として豊富なキャリアを持つ1人の医療者が、ある日突然、乳がんを宣告された。「患者さんがよく言うように、私もショックを受けて話が耳に入らなかった」。そう語るのは昨年9月、『生きるための乳がん』を編訳した青木美保さん。女性としていやだった脱毛、妊娠・出産への思いなど、いくつものショックを乗り越えた今、彼女は、素の自分をさらけ出せるほど、強くなった。


私の生きる 鈴木宗男さん・衆議院議員
胃がんを克服し、国政へのカムバックを果たした「新党大地」代表鈴木宗男さん
がんより選挙。はじめはそう思っていました
世をあげてのムネオ・バッシング、逮捕、そして437日に及ぶ勾留。
逆風と土砂降りの日々を耐えて保釈された鈴木宗男代議士を待ち構えていたのは、胃がんだった。


連載12 紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~
洞口依子

連載 第4回 しえのがんルネッサンス
ゲスト 佐藤佳代子 学校法人後藤学園付属リンパ浮腫研究所所
治癒する力が、ど真ん中にきた瞬間

野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
春の新鮮な食材で芽吹きの力をいただこう
今月の料理・鯛ご飯 あさりとそばの実汁 ウドとワカメの酢の物


患者会活動レポート 静鈴会 会長 池上登
「ことば」の獲得を通して社会復帰を支援する

連載 わたしの町の実力病院・クリニック 加藤乳腺クリニック
独自に開発した「乳腺内視鏡手術」で美しい乳房温存の実現を目指す
大病院ではできない、患者さんの希望と満足度を第一に考えた診療に力を
乳がん診療の過疎地といわれてきた滋賀県で開業した「加藤乳腺クリニック」。県内初の乳腺専門クリニックとして、大病院ではなかなか対応できない、患者さんの希望と満足度を第一に考えた診断と治療に精力を傾けている。


連載22・元気が出るチーム医療 小嶋修一・TBS報道局解説
横浜市立大学付属病院の挑戦④
~サバイバーとしての患者と、その家族・友人の役割~
前回は、チーム医療のメンバーが看護学から多くのことを学んでいることを取り上げました。今回は、患者の家族や友人を取り上げます。チーム医療がテーマである本稿で、なぜ、家族の話? と、疑問に思われるかもしれませんが、本連載では、チーム医療を“病院の中”だけにとどめて考えてはいないのです。

連載11 内田絵子のオバさん力で変えちゃおう!がん医療

連載3 患者と医者のための医療リテラシー講座 「串、1本ください」
西根英一 メディカルプロデューサー

連載17 森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”
目・耳・口を塞ぐ


コラム&連載
「がんサポート」の編集方針
フォト・エッセイ 至福の時間
命を食べる季節を味わう
ヒーリング・コラム
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
この国の医療をよくするために 田島知郎
ももセンセーの「患者とともに」
エッセイ 山里より 中島ようこ
イベントへの誘い
読者の交差点
バックナンバーのご案内
定期購読のご案内・編集後記
1,257円
特集・前立腺がん・泌尿器がんの最新治療

特集1 前立腺がんの基礎知識
前立腺がんになってもあわてない――治療法、その選択肢と選択方法とは
これだけは知っておきたい!前立腺がんの基礎知識
監修●赤倉功一郎 東京厚生年金病院泌尿器科部長
前立腺がんは今、日本で最も増えているがんの1つ。一般的に高齢者に多く、進行が遅いのが特徴です。そのため、手術などの治療を行わずに、PSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーで進行をチェックしながら様子を見ること(待機療法)も少なくなく、治療する場合も選択肢がたくさんあります。前立腺がんです、と言われてもあわてずに、医師とともに長期で治療の流れを見据え、できるだけダメージの少ない治療法を選ぶことが大切です。

特集2 前立腺がんの治療とケア
2020年には肺がんに次いで罹患数第2位に。早急な対応が求められている
前立腺がんは早期に発見すれば、さまざまな治療法がある
文●上村博司 横浜市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学准教授
ここへ来て、わが国でも前立腺がんの患者さんは急増しており、2020年には前立腺がんの患者数は、肺がんに次いで第2位になると予測されている。前立腺がんの危険因子から、診断法、症状、最新の治療法まで、前立腺がんの基礎知識を、横浜市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学準教授の上村博司さんが解説する。

特集3 進行再発がんと骨転移
前立腺がんと共存していくには、骨のケアが大切
前立腺がんが再発・転移しても長期のコントロールが可能に
文●佐藤威文 北里大学医学部泌尿器科学講師
前立腺がんは現在では、もっとも生存率の高いがんだが、再発・転移ともなれば、やはり深刻な気持ちにならざるを得ない。北里大学病院で前立腺がんを専門に診療を行っている医学部泌尿器科専任講師の佐藤威文さんは、前立腺がんには再発・転移してもさまざまな治療法があり、決して悲観することはないと力説する。

特集4 パネルディスカッション
小社主催前立腺がん市民公開講座パネルディスカッション
前立腺がんの治療は、打つ手が多く、あきらめないことが肝心!
前立腺がんは早期発見、早期治療が基本だが、運悪く発見、治療が遅れても、打つ手はいろいろある。前立腺がんの患者さんは、いかに前立腺がんと共に生きていくべきか。2008年11月22日(土)前立腺がん市民公開講座が日石横浜ホールで開催された。1部の横浜市立大准教授の上村博司さん、北里大学講師の佐藤威文さんの講演に続いて2部のパネルディスカッション「前立腺がんと共に生きていくために」が横浜市立大学医学部教授の窪田吉信さんを座長に、上村さん、佐藤さん、前立腺がん患者の豊田博慈さん、藤枝志郎さんをパネリストに迎え、患者さんや家族の方々からの質問に答える形で進められた。


特集5 再燃前立腺がんの最新治療
新たな抗がん剤の登場で治療法が大きく前進
ここまで変わった!再燃前立腺がんの最新治療
監修●鈴木啓悦 千葉大学医学部付属病院泌尿器科診療教授
前立腺がんの治療法の1つであるホルモン療法。有力な手立ての1つではあるものの、いずれその効果は効かなくなり、再びがんが増殖をし始め、再燃をきたす。最近、この再燃前立腺がんに対して新たな治療法が加わった。2008年8月に、前立腺がんの抗がん剤としては初めての薬剤が承認されたのだ。大きく変わり始めた前立腺がんの最新治療を紹介する。


特集6 精巣がんの最新治療
治るがんだからこそ、化学療法の治療スケジュールを守ることが重要
抗がん剤の併用療法で精巣がんの根治をめざす
監修●岡田弘 獨協医科大学越谷病院泌尿器科教授
新井学 獨協医科大学越谷病院泌尿器科准教授
精巣がんは基本的に治るがんだ。早期に発見すれば根治率はほぼ90パーセントと良好な成績を示している。また、多くのがんは転移すると根治が難しくなるが、有効な抗がん剤による化学療法と手術療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療により、かなりの確率で根治が期待できるがんとなっている。


特集7 膀胱温存療法
抗がん剤と放射線を併用することによって、QOLの高い生活ができる
進行がんでも、膀胱全摘に引けを取らない膀胱温存療法
監修●住吉義光 四国がんセンター第一病棟部長・泌尿器科医長
進行膀胱がんに対しては、普通、膀胱をまるごと切除する治療が行われる。しかしそれを行うと、自分の力で排尿できなくなり、治療後のQOL(生活の質)が著しく損なわれる。そこで四国がんセンター泌尿器科では、切除に代わって、抗がん剤と放射線を駆使して膀胱を温存する治療が進められている。この療法では排尿機能が保たれるばかりでなく、治療成績も全摘術に劣らないという。


医療
最新がんトピックス

今月のセミナー 子宮頸がんゼロへ!
「子宮頸がん征圧を目指す専門家会議」設立記者発表会
検診とワクチンの2段構えで、子宮頸がんは予防できる
監修●今野良 自治医科大学付属さいたま医療センター産科婦人科教授・「子宮頸がん征圧を目指す専門家会議」実行委員長
話題のHPVワクチン認可が秒読み段階に入ったこの時期、「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」が立ち上がった。議長は子宮頸がん検診(細胞診)を日本で制度化した中心人物である近畿大学名誉学長の野田起一郎さん。顧問には日本医師会会長の高久史麿さん、日本対がん協会会長の垣添忠生さんが就任、メンバーは全国の産婦人科医、小児科医を中心に錚々たる32名が名を連ねる。子宮頸がんの完全制圧を目指す本格的動きが、日本でもようやく始まったといえよう。指標はあくまでも「予防」。予防できる唯一のがんについて、この際、きっちり理解したい。


シリーズ9 機能温存・機能回復目指して
放射線治療で舌を温存し、治療後も味覚を損ねない生活を
QOLを考えた選択肢、舌がんの小線源治療
監修●渋谷 均 東京医科歯科大学医学部腫瘍放射線学科教授
放射線治療は、臓器が温存されて機能の損傷が少ないのが最大の利点です。この特徴を生かして、東京医科歯科大学放射線科では、古くから舌がんを始めとする口腔のがんに小線源治療を中心に放射線治療を行ってきました。同科教授の渋谷均さんによると、1期、2期の舌がんは、ほとんど手術と治療成績も変わらないといいます。しかし、患者からのニーズが高まる一方で、舌がんの小線源治療を行う病院は、減少する傾向にあるといいます。


シリーズ診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第28回 胃がん(表面陥凹型)/内視鏡検査
潰瘍と正常粘膜の境界の堤防状の隆起に注目
(患者プロフィール)
73歳の女性Qさん。半年ほど前からときどき上腹部の痛みを感じるようになった。治ったと思うとまたぶり返すので、不安になって近くの病院にて受診。内視鏡検査で胃がんが発見され、国立がんセンターを紹介された。再度の内視鏡検査にて、胃壁に深く侵食している進行胃がんで、表面に潰瘍を伴うタイプであることがわかった


患者のためのがんの薬辞典48
タルセバ(一般名エルロチニブ)
初めて生存期間の延長が確認された肺がん分子標的薬
肺がんの分子標的薬として、まず登場したのは「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)だった。「タルセバ」(一般名エルロチニブ)は、それに続く分子標的薬として2007年10月に承認され、進行・再発肺がん(非小細胞肺がん)の第2、第3次治療に用いられている。作用メカニズムはイレッサと同じだが、海外の臨床試験で生存期間の延長が認められるなど、イレッサを上回る結果を残してきた。懸念されてきた副作用、皮疹や間質性肺疾患に対しては、きめ細かな対策がとられている。


新連載 わたしの町の実力病院・クリニック 東京西徳洲会病院
「女性が安心して受けられる」乳腺腫瘍センターが2008年8月開設
患者に寄り添って世界レベルの標準治療を提供する民間病院
地域の救急病院として知られる徳洲会病院が、がん治療に目を向け始めた。その第1歩となるのが2008年8月に開設した東京西徳洲会病院「乳腺腫瘍センター」だ。地域の民間病院でありながら、世界レベルの標準治療を提供しようと医師をはじめ、コメディカルたちが頑張っている。


対談
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
それぞれの行場で誠心誠意勉めれば、必ず道は開ける
宇宙のリズムにあった呼吸をすれば全身の細胞が生き返ってきます
ゲスト・池口惠觀 烏帽子山最福寺法主・高野山真言宗伝燈大阿闍梨・医学博士
世界平和と衆生救済を祈りながら、毎日2時間、炎の高さが3メートルにもなる護摩行を勤める、真言行者の池口惠觀さんは、各地の大学医学部で、仏教者の立場から生命倫理、医療倫理を説く医学博士でもある。池口さんは、祈りで重病の患者さんを治したこともある。そのポイントは患者さんの身体のリズムを大宇宙のリズムに同調させることだと言う。日頃から「がんばらない」「いいかげんがいい」と、仏教に通底する医療を実践している鎌田實さんが、その心に迫った――。


生き方
私の生きる道 小西博之さん 俳優・タレント
左腎臓にできたがんは13センチ。「これからも僕はがんと上手に付き合います」と語る小西博之さん
あの日、腎がんを克服し、『徹子の部屋』に出ると決めた
小西博之さんは俳優・タレントとして活躍するかたわら、企業に招かれポジティブ・シンキングをテーマに講演する機会が多かった。4年前、自らが腎臓がんと知ったとき、日頃話しているポジティブ・シンキングを、自分の体で実践しよう、と心に決めたという。


がんと生きる
藤田真理子さん 北京パラリンピック日本女子円盤投げ・砲丸投げ代表・スポーツ指導員
抗がん剤治療をしながら北京パラリンピックに挑んだ脳性まひアスリート、2つの闘い
あきらめたらあかん。あきらめなければ夢は叶う
脳性まひをもつ藤田真理子さんは、障害者スポーツの世界に飛び込むなり頭角を現し、日本を代表する障害者アスリートとなる。そして2008年9月。日本女子投擲代表選手として北京パラリンピックという夢舞台に立った。1年前に見つかった乳がんの治療と競技生活を両立させながら、幾多の困難を乗り越え、その地にたどり着いた。「あきらめなければ、夢は叶います。がんと闘う人も勇気をもって」と輝く笑顔で私たちに語りかける。


連載 紅珊瑚のブレスレット〜がんになって、考えたこと〜
洞口依子

連載 第3回 しえのがんルネッサンス
「がんと言われて、自分を責めたり、運が悪いなんて思わないで」
ゲスト 渥美雅子 弁護士


患者会
患者会活動レポート 並木ひろば 事務局 香川優子
「安心できる温かい場」の提供を


届け!がん患者たちの声
市民団体が、厚生労働省に体制整備の要望書を提出
骨転移の痛みをとるストロンチウム89治療を全国で受けられるように


患者サポート
野崎洋行と牛込紀子の「和のテイストで、免疫アップ・レシピ」
冬にエネルギーを蓄えた季節の食材を味わう
今月の料理 煎り大豆御飯 牡蠣のすり流し じゃがいもと鯖のトマト煮
冬の間、草木が芽吹くためのエネルギーを蓄えているように、
如月(2月)という季節は、体の中に力を蓄えてくれる食べ物がたくさんあります。「とくに季節の食材である牡蠣は海のミルクと言われているほど、栄養価が高い」と「分とく山」の野崎洋光さん。
冬にエネルギーを蓄えた、力強い季節の食材を味わいましょう。


この国の医療をよくするために 22 田島知郎
官民共謀の大規模談合型への堕落③


連載21・元気が出るチーム医療
横浜市立大学付属病院の挑戦③
~医師も看護学から多くのことを学ぶ~
小嶋修一・TBS報道局解説室
乳がん治療において、患者中心の医療や、患者にとって最善の医療を実現させるためには、もはや医師(主治医)1人による治療では自ずと限界がみえてきます。そのため、様々な職種が、それぞれ最大の力を出し合って患者の診療にあたる、いわゆる「チーム医療」が欠かせなくなってきています。このチーム医療の本質を探ろうというのが、本連載の最大のテーマでした。今回も、横浜市立大学付属病院のチーム医療への取り組みを紹介します。乳がん看護について、医師や薬剤師も一緒になって学ぶことで、チーム医療における絆が深まっていくことを、みなさんも納得していただけると思います。


内田絵子の「おばさん力で変えちゃおう!がん医療」⑩
がん予防のための夫婦のパートナーシップ
無理せず、がんばらないがん予防を


仕事をしながら療養する
ワーキングプアを体験。仲間と共に就労セカンドオピニオンでがん患者を支援
桜井なおみさん(現在、41歳)は、37歳のとき、乳がんが見つかった。会社を約8カ月間休んで、全摘手術と術後化学療法、ホルモン療法を受けた。休職中は、年次有給休暇と健康保険の傷病手当金を活用した。職場復帰して約1年9カ月後、ホルモン療法の副作用(更年期障害)に苦しんで退職。雇用保険の失業手当などを利用しながら職探し。ワーキングプア体験後、やっと再就職先を得た。


森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”⑮
寒い季節に、おおきく伸び


患者と医者のための医療リテラシー講座 西根英一メディカルプロデューサー
第2回「料理教室に学ぶ」


がん相談
多発性骨髄腫 回答者・小林武(東京都駒込病院血液内科医師)
膀胱がん 回答者・福井巌(癌研有明病院泌尿器科部長・副院長)
婦人科がん 回答者・宮城悦子(横浜市立大学付属病院化学療法センター長)
乳がん 回答者・上野貴史(板橋中央総合病院外科医師)


コラム&連載
「がんサポート」の編集方針…………………………………11
フォト・エッセイ 至福の時間………………………………62
命を食べる季節を味わう………………………………………70
インターネットで探るがん情報………………………………76
編集部の本棚……………………………………………………78
ヒーリング・コラム……………………………………………100
エッセイ 山里より 中島ようこ……………………………106
ももセンセーの「患者とともに」……………………………108
イベントへの誘い………………………………………………118
読者の交差点……………………………………………………119
バックナンバーのご案内………………………………………120
定期購読のご案内・編集後記…………………………………122


1,222円
特集1・がんの検査の基礎知識

検査の目的を知り、必要な検査を受けるために
これだけは知っておきたい! がんの検査の基礎知識
監修●森山紀之 国立がんセンターがん予防・検診研究センター長
がんの検査は種類も多く、いろんな機器も使うので、それぞれの意味や意義がわかりにくい。そのため必要な検査を受けなかったり、不必要な検査を何度も受けてしまったり、といった弊害が生じている。いずれもがんの検査に対する理解不足が元となっている。そこでがんの精密検査について知っておくべき基本的な知識を取り上げる。


特集2・血液・尿検査
血糖値の異常でがんが分かる場合も
何がわかるの?血液・尿検査
監修●前川真人 浜松医科大学臨床検査医学講座教授
通常の健康診断、さらにはがんの検査をする上で、必ず行う血液・尿検査。受けている側としては、何を調べているのかよく理解せず、漫然と受けている方も多いのではないだろうか。そこで今回は、血液や尿検査で一体何を調べているのか、何が分かるのか。さらには検査数値を見る上で注意すべきことは何か、専門家に話を聞いた。


特集3・病理検査って何?
「がん」と確定するには細胞診と組織診の2つの診断が不可欠
細胞の顔つきや組織のかたちで病変を鑑別する病理検査
監修●加藤 洋 癌研究所病理部顧問
「がんの疑いがある」と主治医から言われても、その段階では、まだ「がん」と確定したわけではない。本物のがんかどうかを診断するためには、病理医による「細胞診」や「組織診(生検)」と呼ばれる病理検査が欠かせないのだ。更に病理医は、「手術でちゃんとがんが取りきれたかどうか」「どんな悪さをしそうながんかどうか」「どんな薬物治療が有効か」などを評価して治療に役立つ情報を提供する。癌研究所病理部顧問(獨協医科大学日光医療センター病理部教授、前癌研有明病院病理部長)の加藤洋さんに、がんの治療成績向上に貢献する病理検査を紹介してもらった。


特集4・腫瘍マーカーの知識
早期発見にはあまり役立たない。腫瘍マーカーを賢く使おう!
がんのリスクを知る!腫瘍マーカー早わかり
文●菅野康吉 栃木県立がんセンター研究所がん遺伝子研究室・がん予防研究室技幹
がんになると、そのがんが作る物質が血液中に出てくることがあります。これを「腫瘍マーカー」と言って、ハイリスクな人ががんを発症していないかを判定したり、がんの治療における経過観察の指標に使われたりしています。ただし、ここで気を付けなければならないのは、この値は絶対的なものではないということです。つまり、この値を調べれば、がんかどうかすぐにわかる、というものではありません。では、「腫瘍マーカー」で一体何が分かるのでしょうか。


特集5・最新マンモグラフィの威力
早期乳がんのサインである微小石灰化がこんなに鮮明に見えるとは?!
乳がんの超早期発見をもたらす最新マンモグラフィの威力
監修●遠藤登喜子 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター放射線科部長
取材・文●「がんサポート」編集部
乳がんの早期発見をもたらすのは、2枚の板で乳房を挟んで、平べったくして撮影するマンモグラフィ検査である。そのマンモグラフィにデジタル型の最新装置が現れた。「画期的」と評判の最新マンモグラフィの威力とは、いったいどんなものか。


特集6・画像診断でのがん検査
再発発見に驚異的力を発揮する画像診断、これを使わない手はない
納得して治療を受ける秘策——画像診断はここまで進歩した!
監修●遠藤啓吾 群馬大学大学院医学系研究科放射線診断核医学分野教授 体のなかにある「がん」の姿を、まるで透視するように画像で表す「画像診断」の技術が急速に進歩している。医師は、がんの種類や目的に応じてエコー(超音波検査)、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像法)による検査を行い、「がんの早期発見」「手術治療のサポート」「治療効果の判定」などに役立てている。得られた画像は、治療方針についての打ち合わせに用いられることも多いので、患者や家族も基本的なことを理解しておくことが必要だ。
特集7・PET,PET-CT検査
今まで見つけることのできなかった小さながんも「PET」検査で発見!
「PET」「PET-CT」検査でわかること、わからないこと
監修●小川洋二阪和インテリジェント医療センター医師
これまで見つけることができなかった小さながんも発見できる「PET検査」。最近では、このPET検査を導入する医療機関も増えているのが現状だ。ただし、ここで注意しておきたいのは、決してPET検査は、万能な検査ではないということ。そこで本企画では、PET検査で何がわかるのか、そして何かわからないかを整理した。


診断の名人が伝授する検査画像の見方、読み方
第27回 早期胃がん/上腹部エックス線検査・内視鏡検査
胃角部の広がりでがんを疑い、胃壁のデコボコなどで確認する
64歳の女性Cさん。以前から、ときどき腹部の不快感を覚えていたが、1年ほど前より上腹部いわゆるみぞおち付近が痛むようになった。食後1時間ほど経ってからのことが多い。1ヵ月経っても痛みが退かないので、近くの病院で受診。腹部のエックス線検査および内視鏡検査をして、胃がんの疑いがあるということで国立がんセンターを紹介された。再検査のうえ、胃潰瘍を伴った早期がんが発見された


シリーズ8 機能温存・機能回復を目指して
転移がなく、腫瘍が3センチ以下なら5年生存率は80パーセントのデータも
体への負担が軽く、繰り返し治療できる肺がんラジオ波治療
監修●金澤 右 岡山大学医学部放射線科教授
ラジオ波治療は、体に対する侵襲が少なく、臓器の損傷を最低限にとどめて繰り返し治療ができるのが大きな利点。すでに早期の肝がんでは標準治療のひとつとして認められていますが、最近では他のがんでも有望な局所治療法として期待されています。中でも、早くから肺がん治療への応用を研究してきたのが、岡山大学医学部放射線科教授の金澤右さんです。世界でも最多の治療例を持つ金澤さんに、最新の肺がんのラジオ波治療の動向について聞きました。


患者のためのがんの薬事典47
アイエーコール(一般名シスプラチン)
医師の要望から肝臓がん動注療法に開発された最強の抗がん剤
肝臓がんに対する化学療法の開発は遅れていますが、その中で、14年という長い開発期間を経て発売されたのが、アイエーコールです。
動注療法の適応は2004年ですが、臨床試験でも高い奏功率を得ているそうです。今後、塞栓療法との併用や外来での治療の可能性も出てきているなど、発売から20年以上経った今でも進化を遂げている薬剤です。


私の生きる道 鳥越俊太郎 ジャーナリスト
″ニュースの職人″鳥越俊太郎さんが自らのがん体験を赤裸々に語る
がんと闘うのではなく、がんと共存して生きたほうがいい
雑誌編集長からテレビの報道番組のキャスターに転身。2005年に出演番組で直腸がんを告白。2007年、左肺にがんが転移、手術する。今また、左肺に2~3ミリの小さな影がある。「がんと闘うのでなく、がんと共存して生きていこう」という気持ちになった鳥越さんにジャーナリストとしての目を通して自らのがん患者体験記を語ってもらった。


私の生きる道 山田邦子さん タレント
再発の不安を抱え、「がん友」に支えられながら、合唱団を結成した山田邦子さん
今日がいちばん楽しい日。けれど、いちばんつらい日でもあるんです

2007年、「邦ちゃん」の愛称で親しまれている山田邦子さんは、乳房にがんが見つかって手術を受けた。しかし、再発に対する不安は絶えず心に残った。「家庭にも友達にも言えないことがたくさん出てくる。がんは大変な病気なんだ」と実感した。術後、テレビ番組で、がんを患ったことを告白。ファンやがん仲間の支えを受けて、術後1年、彼女の中で何かが変わった。


紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~
「いったいここはどこなんだ!」
洞口依子


鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
ゲスト・藤原すず(会社員)
母ががんになって家族の絆を確認し合うことができました
53歳の母が突然、「すい臓がん、余命2カ月」を宣告された。27歳のOLだった藤原すずさんは、会社を辞め、看病に専心する。1年にわたる看病のなかで体験したさまざまな出来事をマンガ化し、『おかあさんががんになっちゃった』(メディアファクトリー刊)として世に問うた。最愛の家族ががんになったときに、誰もが体験するつらさ、苦しさ悲しみ、困惑が、とてもわかりやすく描かれている。鎌田實さんが藤原さんから引き出した結論は、がんは家族の絆を再生する――。


野崎洋行と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」
疲れた胃を労りながら、新年も季節の野菜からパワーをいただく
「おかゆ」は年末年始で疲れた胃を労わる、やさしい食べ物ですが、「おかゆだけでなく、バランスよく、野菜、鶏肉なども摂りましょう」と話す分とく山の野崎洋光さん。
鶏肉の旨みを味わいつつ、滋養効果の高い根菜など、季節の野菜のパワーをいただいて、新しい年を始めましょう。
今月の料理
鶏肉と野菜のあっさり煮・春菊と油揚げの白和え・里芋がゆ


シリーズ27 届け! がん患者たちの声
同じ仲間同士なら、一言で通じる思いがある
再発しても楽しんで生きる心得――自分のことは自分で決める!
2008年、発足から20周年を迎えた、乳がん患者のためのサポートグループ「ソレイユ」。同会には、がんが再発しても明るくパワーあふれる人が多い。「同じ悩み・苦しみを持つ仲間がいるから」というのがその理由。「病気を治すのは自分自身。ほかの人からも学び、悲観しないで納得できる医療を選択し、人生を前向きにすごしましょう」と訴えている。


患者会活動レポート・ホスピス研究会OKAZAKI 金田亜可根
市民が支え手となる場が多くできることを願って


この国の医療をよくするために 官民共謀の大規模談合型医療への堕落②
田島知郎東海大学医学部名誉教授


今月のセミナー
第5回日本医療リンパドレナージ協会学術大会が開催
保険適用の拡大に向けて新たな臨床試験を実施


がんトピックス


内田絵子のオバさん力で変えちゃおう!がん医療
患者と家族のパートナーシップ2


新連載・患者と医者のための医療リテラシー講座
第1回「ふわふわした気持ち」
文・絵 西根英一メディカルプロデューサー。


連載20・元気が出るチーム医療
横浜市立大学付属病院 “チーム医療”への挑戦②
「2人の娘はこの病院で生まれたのですよ」診察の順番待ちで、外来患者用のいすに腰掛けながらこう話してくれたのは、山尾和子さん。そして……。これまで、出産以外では病院にかかったことがなかったという山尾さんは、この病院で治療を受けることになりました。2008年3月のことでした。病院は、神奈川県横浜市の横浜市立大学付属病院。目的は乳がんに対する最善の治療を受けるためでした……。前号から始まった、チーム医療を構築しようという横浜市大付属病院の試みは、1人の患者、山尾さんが受けた実際の治療を縦糸にして紹介していきます。


森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”⑭
喉胸を開いて免疫力アップ


がん相談
子宮肉腫 回答者・関口勲(栃木県立がんセンター婦人科医長)
泌尿器がん 回答者・島田誠(昭和大学横浜市北部病院泌尿器科教授)
大腸がん 回答者・吉田和彦(東京慈恵会医科大学付属青戸病院副院長)
子宮体がん 回答者・礒西成治(東京慈恵会医科大学付属青戸病院産婦人科診療医長)


フォト・エッセイ 至福の時間
命を食べる季節を味わう
インターネットで探るがん情報
編集部の本棚
ヒーリング・コラム
ももセンセーの「患者とともに」
エッセイ 山里より 中島ようこ
1,222円

特集・小児がん
私の生きる道 より子さん(シンガーソングライター)………………………4
がんは私を成長させてくれる賢者なんだと思っています

子どもががんになったら!?――
「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」を探して下さい……………………22
藤井あけみ・千葉県こども病院チャイルド・ライフ・スペシャリスト

〝ニッポンの良心〟静岡がんセンタールポ③……………………………………26
「子どもたちを真ん中に置いた医療」――黒子に徹して闘病生活を支える

「引き出す教育」と、「支える医療」で小児がんの子どもの復学を支援……31
山口悦子・大阪市立大学医学部付属病院小児科

リスク分類に基づいた「層別化治療」が進む小児白血病………………………34
堀部敬三・名古屋医療センター臨床研究センター長・小児科部長

がん医療とそのサポート体制を患者側から変えてきた40年の闘いの軌跡……38

ゴールドリボン運動のさらなる推進への熱き想い…………………………42


免疫療法特集
これだけは知っておきたい免疫療法の基礎知識…………………………………76
中山俊憲・千葉大学大学院医学研究院免疫発生学教授

大きな成果を上げてきた「WT1と樹状細胞の併用療法」………………………82
岡本正人・セレンクリニック医師 武蔵野大学薬物療法学研究室客員

実用化に一歩近づいた膀胱がんのワクチン療法…………………………………86
藤岡知昭・岩手医科大学泌尿器科学講座教授

第4のがん治療法への道開くか!?「自家がんワクチン療法」………………91


対談
鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談…………………………………………14
人間、死ぬと思えば底力が出てくるものです
ゲスト・山田 泉 オードリーの会(おおいた乳がん患者の会)元代表


生き方
第2回 しえのがんルネッサンス…………………………………………………10

連載9紅珊瑚のブレスレット~がんになって、考えたこと~………………56
洞口依子


医療
最新がんトピックス………………………………………………………………46

シリーズ7 機能温存・機能回復目指して……………………………………………50
術後の痛みも出血も少なく早期に退院できる肺がん胸腔鏡下手術
岩崎昭憲・福岡大学医学部呼吸器・乳腺内分泌・小児外科教授・診療部長

シリーズ診断の名人が伝授する検査画像の見方・読み方……………………64
第26回 悪性繊維組織球腫/CT検査
森山紀之・国立がんセンターがん予防・検診研究センター長


患者会
患者会活動レポート患者会「コスモス」…………………………………………74


患者サポート
ドキュメンタリー映画「ご縁玉」
「ご縁玉」―1枚の「5円玉」がパリと大分を結びつけた―……………21

野崎洋光と牛込紀子の「和のテイストで、免疫力アップ・レシピ」………59
寒い12月は、旬の食材をいただきつつ、体を温める

届け!がん患者たちの声
北海道から、婦人科がん患者の連帯の輪を広げていきたい……………………67

トピック
患者支援の家「リボンズハウス」第1号がオープン!…………………………94

この国の医療をよくするために 20 田島知郎………………………………95
官民共謀の大規模談合型医療への堕落①

第30回 仕事をしながら療養する………………………………………………96
手術をした月に会社が倒産。高額療養費と生命保険を活用し、医療費を支払う

連載8内田絵子の「オバさん力で変えちゃおう!がん医療」…………………98

今月のセミナー
難治性の急性リンパ白血病治療薬、ただ今許可待ち……………………………100

連載18・元気が出るチーム医療 小嶋修一・TBS報道局解説室……………102
横浜市立大学付属病院 “チーム医療”への挑戦①

連載14森川那智子のゆるるんヨガで“ほっ”……………………………………106
若々しさの秘訣は”いい加減“?

がん相談・子宮頸がん・乳がん・肺がん…………………………………………110


コラム&連載
フォト・エッセイ 至福の時間………………………………62
命を食べる季節を味わう………………………………………66
編集部の本棚……………………………………………………72
ヒーリング・コラム……………………………………………101
エッセイ 山里より 中島ようこ……………………………108
ももセンセーの「患者とともに」……………………………116
読者の交差点……………………………………………………117
イベントへの誘い………………………………………………118
「がんサポート」の編集方針…………………………………119
バックナンバーのご案内………………………………………120
定期購読のご案内・編集後記…………………………………122

がんサポート 雑誌の内容

信頼度NO.1のがん実用誌!がんと生きるすべての人を応援します。
がんサポートは、世界最新の科学的根拠(エビデンス)に基づいた視点から、良質な正しい医療情報を厳選し、提供していきます。エビデンス(Evidence)とは、根拠があって明白な証拠、を意味する英語。常に信頼の置ける情報と知識を提供することを使命と考えます。がんサポートは、がん患者さん・ご家族の方々の求めに応えるために、がん患者さんやがん患者団体の代表の方に企画に参加していただき、と同時にがん患者(読者)参加記事をできるだけ多くして、患者さんと共に考え編集していく考えです。患者さんにやさしい雑誌にしようと、できるだけ軽くて、環境にもやさしい用紙を用い、文字も大きくしました。「役立つ・読みやすい・わかりやすい・支え・癒し」をモットーに編集していきます。

がんサポートの無料サンプル

2009年12月16日発売号
2009年12月16日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

がんサポートを買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

こどものとも年少版

2021年12月21日発売

目次: うるさいぞ…

五味太郎 作

部屋の中で机に向かっていたら、何か小さいものが飛んでゆきます。
わっ、今度は目の前を通り過ぎた! いったい何だろう?
顔の近くを飛び回って、気になりますね、うるさいですね、つかまえたいですね。何を使ってつかまえよう。
紙筒やら空き缶やら、あれこれ持ち出しての大騒動の果てにつかまえたのは……。あっと驚く愉快な絵本です。

絵本が大好きになる絵本

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 820円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

シンプルな暮らしを楽しむ雑誌「天然生活」は、無理をせず、手を動かして、自分なりの暮らしを育む雑誌

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/19
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

3 こどものとも

福音館書店

こどものとも

2021年12月21日発売

目次: オトシブミのふむふむくん

おのりえん 文
秋山あゆ子 絵

オトシブミのふむふむは手紙を書くのが大好き。
あるお花見の日、ひょんなことから、まだ会ったことのない隣山のオトシブミ・ふみふみちゃんに手紙を送ることになりました。
届いた返事は入学式のお話。ふむふむの返事はこどもの日のこと。2ひきのオトシブミは、季節の出来事を綴って文通を続けます。
四季を彩る虫たちの年中行事を美しく描いた、虫と手紙の絵本です。

子どもの想像の世界を大きく広げる絵本

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

4 かがくのとも

福音館書店

かがくのとも

2021年12月21日発売

目次: イカ

大村文乃 文・絵

イカは獲物を見つけると、隠し持っている長い腕を目にもとまらぬ速さで出して捕まえることができます。
また、天敵に襲われそうになると、墨を吹き出し、墨の固まりを身代わりにして上手に逃げますし、求愛や喧嘩の時には、体の色を自在に変化させてコミュニケーションをとることもできるのです。
長年の研究により明らかとなったイカの驚きの生態を描きました。

子どもの強い好奇心=子どもの科学の芽を大きく伸ばす絵本

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

5 ノジュール(nodule)

JTBパブリッシング

最大
13%
OFF
送料
無料

ノジュール(nodule)

2021年12月28日発売

目次: 【大特集】

 そろそろゆるりと……
 『冬こそ京都、ひとり旅』

●「利休と秀吉」でめぐる、冬の京都
●〈特別寄稿〉利休と秀吉のものがたり 河合 敦

●「2022京の冬の旅」特別公開モデルプラン
 1.河合 敦さんと行く
  茶の湯をめぐる 利休と秀吉、歴史の舞台
 
 2.秀吉が生んだ桃山文化の粋にふれる

 3.有楽斎・織部二人の武将茶人の名跡をめぐる旅

 4.秀吉公に開運祈願 寅年の初詣

●まだある非公開文化財特別公開

●「冬の京都、ひとりごはん。」
 1.大原千鶴さんおすすめ“あったかい”ひとりごはん

 2.ひとりごはんの新定番 はんなり京都の中華

 3.ことでは老舗が最先端!お茶の名店でひと休み

●京都人が太鼓判。「冬の京土産」

●新傾向が魅力の「ハイクラスなシティホテル」

●賢くめぐる「冬の京都ひとり旅」
 京都駅ガイド/交通きっぷ/祭り・イベント/ツアー


◆切り取って使える折込付録◆京都MAP/鉄道・バス路線図付き


【特集】

 『新酒を求めて 蔵へ町へ』

●大竹聡さんが案内「都内で日帰り酒蔵見学」

●水と歴史に育まれた「信州・諏訪の酒を味わう」

●日本一の酒どころ「灘五郷で知る酒造り」

●話題の新酒が見つかる酒屋さん



【連載】
●季節でめぐる世界の絶景 第15回
 モルディブ(モルディブ共和国) 写真:三好和義
●河合 敦の日本史の新常識 第16回
 利休は切腹せずに生きていた? 史料から読み解く新たな事実
●東西高低差を歩く 第27回 関西編
 石山寺~観音聖地を「信仰の地理学」から考える
●あの日の時刻表 第16回
 「駅弁」と「時刻表」
●ドクター格子のからだリフォーム体操 第15回
 骨盤底筋 
●京懐石の老舗が教える旬のおかず 第16回
 鱈の雪見なべ
●老後に備えるあんしんマネー学 第15回 畠中雅子
 認知症保険には入った方がいいですか?
●心ときめく今月の名作 第16回
 大獅子 竹内栖鳳
●見つけてきました! 第28回
 湯町窯のエッグベーカー
●読者の本音 第28回
 NHK大河ドラマ
●旅と暮らしのひとコマから
●今月のパズル

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

「ノジュール」は、直接皆さまのご自宅にお届けする “50代からの旅と暮らしの情報雑誌”です。

  • 2021/11/28
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

こどものとも0.1.2.

2021年12月21日発売

目次: おきて おきて

福知伸夫 作

眠っている二匹の子ぶた。一匹が目を覚まし、「おきて おきて あそぼうよ」ともう一匹を起こしますが、起きません。
ふたたび二匹で眠っていると、今度はさっき起きられなかった子ぶたが目を覚ましました。
同じように「あそぼうよ」と誘いますが……。順番に起こし合う姿がほほえましい、生き生きとした木版画で描かれた絵本です。

赤ちゃんがいい気持ちになれる絵本

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

ちいさなかがくのとも

2021年12月21日発売

目次: ハクセキレイの よる

とうごうなりさ 作

夕方の駅前。ハクセキレイが1羽飛んできて、ビルの屋上に降り立った。
もう1羽、また1羽。ハクセキレイはどんどん飛んできて・・・・・・。
町で暮らす鳥の多くは、昼間は単独で行動していても、暗くなるとねぐらに集まり、みんなで夜を過ごします。
眠る前には自分のとまる枝を選んだり、羽繕いをしたり。朝を迎えるまでの鳥たちの姿を、美しい版画で描きます。

ちいさなふしぎ、みーつけた!

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

こどものとも年中向き

2021年12月21日発売

目次: きかんぼうのこぐま

V・グロツェル、G・スネギリョフ 再話
松谷さやか 訳
おくはらゆめ 絵

寒い北の国の草原に、小さなこぐまが母さんぐまとくらしていました。
こぐまはとってもきかんぼうで、ちっとも母さんぐまの言うことを聞きません。
ある日、母さんぐまに「おまえは、まだ小さいんだから」と言われて、ぷりぷり腹を立て「もうくまなんかいやだ! 違う動物になってやる!」と飛び出します。アジア・エスキモーの昔話。

物語の楽しさに出会う絵本

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/03
    発売号

9 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

がんサポートの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌