料理通信 発売日・バックナンバー

全172件中 121 〜 135 件を表示
1,026円
「小さくて強い店」は、どう作る?

人気企画の第3弾。
小さなお店の“強さの秘訣”を徹底追求!


小さな店は制約だらけ。しかし制約から、新しいアイデアやスタイルが生まれるのも事実。今回は、制約をバネに、“ありそうでなかった”“あったらうれしい”を形にした店をピックアップ。開業資金から店舗運営まで、人気の鍵を握る秘訣を隅の隅まで追いました。お店を開きたい人も、小さなお店に通いたい人も、みんなまとめてお見逃しなく!


■「小さな店」11軒の“強さの秘訣”
■ちょっと気になる空間アクセント集
■2坪までのミニマムワールド
■from NY 不況でも通いたくなる店、5つの法則
■小さなベーカリー&焼き菓子店はどう作る?
■異業種組が手掛ける小さな店
■「ラミティエ」に学ぶ メンテナンス&掃除術
■「スィート・ウォーター」ができるまで
■小さくて強い店の珠玉レシピ23

【第2特集】
第2回 全国お宝食材コンテスト結果発表!!

ほか
1,026円
103人のパティシエ&ブーランジェがつくる、
132品のタルト&シュー。

変革の時を迎える「タルト」と「シュー」を追った
スイーツ大特集・2010年決定版!



フランス菓子の定番中の定番“タルト&シュー”に今、変革が起きていることをご存じですか?
古くて新しい、今、一番注目の“タルト&シュー”、日仏英103人の作品を一挙ご紹介します。
麗しきルリジューズやサントノーレ、ブーランジュリーのタルトなど、変化と進化の最中にある
タルト&シューの世界をご案内。パリ最新レポート、人気スイーツのレシピ付き。


■103人・132個のタルト&シュー
■パリ“新古典菓子”最新レポート
■サントノーレ&ルリジューズ
■シュークリーム&エクレア
■英国アフタヌーンティー事情
■ルレ・デセール講習会が開かれました
■料理人×菓子職人
■タルトに生きる女子
■タルト アンフィニマン カフェの作り方
■伝統的タルト&進化系タルト
■タルトとコーヒー 最強の組み合わせ
■タルト・シトロン&タルト・ショコラ
■タルト・サレがブームの予感
■ブーランジュリーのタルト
■実力派ニューオープンのシュー&タルト
ほか

【第2特集】
江戸から学ぶ夏レシピ

など
1,026円


肉は、焼きで決まる。

夏こそ肉料理でエネルギーをチャージ!

今月号は、もっとも原始的にして、もっとも奥が深い「肉焼き」を徹底研究。
名人と呼ばれる肉焼き師達を訪ね、無我夢中で食べたくなる肉焼きの極意を教わりました。
名人それぞれの個性が際立つ肉焼き術が揃っています。
自分の理想とする肉の焼き加減を知って、「頂点の味」を極めてください!

■焼肉屋で「頂点の味」を極める!
■駆け込みOKのステーキ大図鑑 EAST & WEST
■夏はやっぱりタルタルでしょ!
■牛100%が「ハンバーグ」を変える!
■アロゼに挑戦!
■普通の豚で作る、天下一品のポークソテー
■色気のある肉焼き術
■パリのウイスキー漬け長期熟成肉
■ちゃんと知りたい 熟成肉講座
■夏の夜は「肉系」おつまみレシピ
■シェフ、ソムリエが集まる深夜の焼肉会に潜入!
■手切りしてこそ、肉屋でしょ

【第2特集】
スパイス別 徹底使いこなし術

など
1,026円
たとえば、落合さんのレシピは、???が違う!

今日から我が家も、レストラン・クオリティの味に!
小さな手間が大きな差。人気店のヒミツ満載レシピ集。



今月号は人気連載「絶対作れる!挑戦レシピ」のスペシャル・ヴァージョン。メディアから引っ張りだこの落合務シェフのメニューなど「人気レストランの人気メニューのレシピ」をシェフ直伝でお届けします。
通常のレシピ本には掲載されない、プロならではの小さなコツも徹底取材しました。
レストラン・クオリティのヒミツが満載、他所ではなかなか読めない保存版レシピ集です!

■【初級編】美しくておいしいシンプルなプロの技
■【連載愛読者編】ひんやり、さっぱり、スパイシーetc…夏レシピに挑戦!
■【パーツ編】 密かな名脇役「マッシュポテト」に挑戦
■【上級編】 食感を究める! 箸で切れる「ラフテー」に挑戦!
■【スイーツ編】 サプライズ・スイーツに挑戦!
■店の味を陰で支える プロ愛用の食材&調味料
■チャート式 あなたにぴったりな調理器具はどれ?
■【海外編】ト ップシェフの技を徹底解剖!

【第2特集】
夏の冷たいお茶入門

など
1,026円
日本人が好きなパン 実技とスタイル!

買うも良し、食べるも良し、飲むも良し。
そんな“ベーカリー・カフェ”を軸に「私たちが好きなパン・最新スタイル」をご案内。

今おススメは、「ベーカリー」を看板に掲げるNew Openのパン屋さん。理由は「日本人が好きなパンを様々に楽しむスタイルを提供してくれるから」。
本場を知った上での日本人好みのパン作りが、人々の心を掴んでいます。そして、カフェにはフレンチ・イタリアン好きのお腹も満たすメニュー、棚には魅力的なグローサリー…。
抜群の使い勝手&居心地にもリピーターが続出中です!

地域密着の人気パン屋さんが目指すパンの理想形や、使用している粉の詳細事情もお見逃しなく。
■ブーランジュリーからベーカリー・カフェへ
■ベルギー発「パン・コティディアン」日本上陸!
■パリジャンを虜にした「ローズ・ベーカリー」の人気の秘密
■地域密着のパン屋さんに聞く、日本人のDNAで極める本格派のパン
■進化するキッシュ、オープンサンド
■ニッポン・スタイルのベーグル大図鑑

【第2特集】
No“麹”, No Life
~日本の「おいしい」は、発酵が作る~

など
1,026円
ワイン好きのための日本酒案内

日本酒は今、史上最高クオリティ!
ワイン好きこそ知っておきたい日本酒の魅力満載です。


今、日本酒の造りが最高であること、ご存知ですか?「重たくてべたつく」 「マニア向け」 「悪酔いする」……。そんなイメージはもはや昔。酸が決め手の逸品や、個性派スパークリングなど新顔が続々誕生、海外トップシェフからも熱い視線を受けています。
「日本酒こそ仏・伊料理とも相性抜群!」と人気ソムリエも太鼓判、最新スタイルで味わう機会も増加中です。

仏・伊料理&ワイン好きの皆さんこそ、目からウロコ間違いなし。

今こそ知ってほしい日本酒の魅力をたっぷりとお届けします。

■ピエール・エルメと学ぶ 初心者のための日本酒案内
■注目の新世代蔵元杜氏 1975年生まれの4人
■日本ワイン×日本酒 造り手ウォッチャーの対談
■ヴィニュロン×杜氏 栽培醸造家の交流
■ワインラヴァーのための日本の酒と料理が旨い店ガイド
■プロが薦める注目の酒と家飲みつまみ
■チーズには日本酒でしょ!


【第2特集】
だしこそ万能調味料 ~恐るべき「鰹と昆布だし」の力~

など
1,026円
粉ものイタリアン大研究!

イタリアンの醍醐味は“粉もの”にあり!
今食べたい、作りたい、粉ものイタリアン満載です。

ドトールが「カルツォーネ」をメニューに打ち出したり、カフェで生パスタが出てきたり、ジャンルを越えてイタリアンの粉ものアイテムに注目が集まっています。パスタ、ピッツア、フォカッチャ、パニーニ、粉ものドルチェ・・・、“粉のおいしさを味わう料理”こそイタリアンの醍醐味。

折しも世の中は粉ものブーム。イタリアンの粉ものアイテムを「食べる」「作る」の両面からフィーチャーします。
■2010年強いのは、粉ものが旨い店!
■人気店のフォカッチャ比較
■自宅で作れるイタリアパン&パニーニレシピ
■グルメ・パニーノの法則
■ローマピッツァを作る
■手打ちパスタ入門・逸品ガイド
■生パスタ購入ガイド
■何でもテイスティング講座〈乾麺〉
■シェフたちの乾麺選び
■郷土パスタ×地酒ワイン
■飽きないおいしさ粉ものドルチェ

【第2特集】
レストランの器、和食店の器

など
1,026円
女子力の時代

現状打破のカギは女子力にあり!
時代を動かす20人の仕事とレシピを徹底紹介!

腰掛けから本腰を入れて仕事に取り組む女性が増える現代。中でも目立っているのが“自立型女子”の存在。現在に至るまでの道のりや仕事ぶりを紹介しながら彼女たちの底力を明らかにします!
■30代から始まる本物の女子力
■Part 1 100%女子力の店
■Part 2 オーナー女子力
■タフな女子が開いたフレンチレストラン
■Part 3 職人女子力
■ずっと同じでなくていい…
■組織の中での道の拓き方
■考察!「女子力のある店」はここが違う
■女子力はここで充電される!
■パリで店を持つ “自立系”日本人女子
■女子的厨房の作り方
■東京&パリ「100%女子力の店」レシピ集

【第2特集】
「男」の料理教室

など
1,026円


2010年は、
素材派スイーツ。

個性のカギは素材にあり!
「素材」から攻めるパティシエの仕事とレシピを徹底紹介!

「ゲランドの塩を使ったキャラメル」「エシレを使ったマドレーヌ」「那須の御養卵で作るプリン」etc...。スイーツ界の最新キーワードは「素材」です。今、個性のカギを握るのは素材。今月は「素材」から攻めるパティシエの仕事とレシピを徹底紹介します。
■「エーグルドゥース」の“a la maison”な生き方
■人気パティシエ直伝! 素材できわめるシンプルスイーツ
■粉スイーツは、ブーランジェに教わろう!
■ブームの予感!! ドイツ菓子大研究
■人気レストランで教わる 素材が決め手のシンプルスイーツ
■醤油スイーツはなぜ、ヒットしたのか?
■ピエール・エルメの日本茶探究 part2
■抹茶の上手な選び方、使い方
■COLUMN FROM PARIS
■COLUMN世界で活躍するショコラ女子

注目の若手パティシエ×モルト6

【第2特集】
今、江戸が面白い!
~『みをつくし料理帖』に見る江戸の食~


など
1,026円
今、フレンチがお値打ち!

パーティーシーズン必読の一冊、
実力派シェフが開いた“使えるフレンチ”を徹底紹介!

錚々たる店で修業したシェフの本格料理を楽しめるレストランが「おひとり様OK」「サービス料なし」「ビールも飲める」と使い勝手も良く、続々オープン。

今、同じお金を使うならフレンチが断然お値打ちです!思わず財布のひもを緩めたくなる「技あり!フレンチ」をガイド&レシピでお届けします。
■〈from FRANCE〉 星付きシェフの技をファスト・フードで
■技ありフレンチの新常識
■毎日通えるフレンチが急増中!
■フレンチの技ありカレーはここが違う!
■西荻窪「SPOON」のフレンチカレーに挑戦
■異ジャンルの料理人が通う技ありフレンチ 〈関東編&関西編〉
■家庭料理をワンランクアップ!
■簡単にできる技、満載! 体に優しいフレンチのレシピ
■毎日通えるフレンチ レシピ集
■注目のニューオープンに
■パリは今、パラスがお値打ち!
■エレガントでユニーク! 朝食で体感するパラスの粋
■ガストロノミーの行方を求めて、伝説のマダムに会いに。

【第2特集】
グローバル時代の食の発信地
シドニー美食ルネッサンス


など
1,026円
ワインと味わう
冬本番の肉

この冬味わいたい肉料理、「頂点の味」を徹底紹介

ジビエ、煮込み、焼肉…、寒さとともに肉料理を食べる機会が増える季節。人気の熟成赤身牛肉や、フランス流ニクヤキの極意、ワインが決め手の煮込み料理…と、この冬味わいたい肉料理、その「頂点の味」を徹底紹介します。
また、冬の鍋×泡ワインのマリアージュや、スペイン最新ガストロノミー案内も必読。1冊丸ごとお楽しみください!
【牛肉編】
■赤身と熟成で「頂点の味」を究める
■赤身先進国・ヨーロッパの熟成考
■赤身肉入門ガイド
■from Paris 初めてのニクヤキに挑戦
■外国人は肉ワインをこう選ぶ!
【豚肉編】
■何でもテイスティング講座・番外編
■ワインが決め手! 豚の煮込み三変化
【ジビエ編】
■「頂点の味」はレアにあり!
■「頂点の味」を目指す、シェフたちのジビエ教室
■今、注目すべきは日本ワイン×日本ジビエ
■日本ワイン×日本ジビエが楽しめる店

【第2特集】
スペイン最新ガストロノミー案内2009
毎日おいしいバルセロナ


など
1,027円


「小さくて強い店」は、どう作る?vol.2

好評企画第2弾!
時代を生き抜く「小さな店」の主12人の“強さの秘訣”

「狭い」「予算がない」「立地が悪い」といった悪条件を逆転の発想で武器にするには?地元に愛され、リピーターを増やす店作りの極意とは?「小さな店」の珠玉のレシピも満載でお届けします。
#01 東京・三軒茶屋「uguisu」
#02 東京・江古田「パーラー江古田」
#03 東京・池尻大橋「suolo」
#04 東京・荒木町「鮨 てる」
#05 東京・稲荷町「itonowa」
#06 埼玉・幸手「cimai」
#07 神奈川・大磯「ル・ビストロ ノーブル」
#08 大阪・北新地「マツケン食堂」
#09 神戸・垂水「よっちゃん」
#10 大阪・野田「洋食ラボ エスピューレ」
#11 名古屋・堺「ローリング&ロッキンゴシック」
#12 ニューヨーク「グラフィティ」

■東京R不動産的 小さな店の物件探し
■場所を変えても愛される ロングセラーな店10の法則
■古民家リノベーション
■「小さくて強い店」から始まる房総カルチャー
■小さな店の珠玉レシピ29

【第2特集】
今年のチーズは、ハード系で行こう!


など
1,027円
日本の宝 魚の旨い店

「秋の魚を満喫する、ガイド&レシピ」決定版!

日本の魚文化は今、世界から羨望の眼差しを向けられています。築地はこの数年で世界の観光客がこぞって訪れる名所となり、海外のガストロノミーにおいては魚介は美食のシンボルに。日本の魚文化は、世界がすぐに真似したくてもできない得がたいものです。
「ニッポンの宝=魚の旨い店」を軸に、秋の魚を満喫するガイド&レシピ満載の一冊です!
■世界を虜にする築地 
■密着! 居酒屋「やまちゃん」の一日
■厳選ガイド 魚の旨い店はニッポンの宝です
■仙台発 魚の旨いイタリアン
■新・魚料理のヒント満載! 魚レシピ
■料理通信認定 お魚漢字検定
■世界の魚事情最前線

【第2特集】
今年の米の選び方・食べ方
「おいしい米」より「好きな米」

■食べ比べてわかる、自分好みの米
■米の新時代、到来
■米を買うなら、コンシェルジュのいる店で!
■ごはんの名店「草喰 なかひがし」に聞く 飯炊きのこだわり
■昼のごはん、夜のごはん徹底比較!
■必殺!ごはんの友&ねこまんま
■日本×スペイン 米料理のツボを知る
■column KOMEは語る~門外不出米が生む、酒の味わい~


新潟の麹分化 昔を宿す、今の形


新連載
■私が見てきたフランス料理40年―齋藤 壽(1)

など
1,027円
スイーツ2009 ヒットの条件は、
フランス直系×日本育ち

「フランス直系 × 日本育ち」で斬る、ヒットスイーツ徹底解剖

パティシエブームによって本格派フランス菓子がすっかり定着。しかし、ブーム化するのは、なぜかロールケーキやシュークリーム、プリン…。ヒットの理由を[フランス直系 vs 日本育ち]の視点で徹底探求、[フランス直系×日本育ち]の可能性を探りました!日本洋菓子の歴史も丸ごとわかる、プロ&アマ必読のスイーツ特集です。
■洋菓子には大きく2つの体系があります。
■フランス直系×日本育ち ヒットアイテム大比較!
■フランス直系パティシエが語る 私にとってのフランス菓子
■再現!! 昔レシピ
■村上開新堂ものがたり
■クールスイーツ ヒットの条件
■夏のショコラの大人な愉しみ シングルモルトとのマリアージュ
■時代を超えて輝く 永遠のコンフィズリー
■「ショコラはむずかしい!?」を解決するショコラ誕生!!
■続々登場 新・お茶スイーツ
■プロに習う茶葉使いの極意
■Column

【第2特集】
日本茶最前線
―日本茶をもっと深く味わうために―

■ピエール・エルメが訪れた“山のお茶”のふるさと
■STEP 1 産地から知る日本茶 静岡の茶畑に、個性あるお茶を求めて
■STEP 2 茶師から知る日本茶 茶葉の目利き、茶師の仕事
■STEP 3 カフェで知る日本茶 ワインのように日本茶を味わう

新世界ワインのリーダーが一挙集結 世界の味覚トレンドは?


など
1,027円
夏の酒とつまみ

バーテンダー&ソムリエに訊くおつまみ上手になる方法

■CASE.1 つまみだけで人はもてなせる
■CASE.2 手を抜いてプロっぽい味を作る
■CASE.3 カクテルを作るようにブレンドする
■CASE.4 つまみは包容力である
■CASE.5 つまみは発見だ!
■パリのつまみ
■夏の午後に飲みたいカクテルレシピ
■酒のプロに聞く100文字レシピ


10分でわかる スパークリング案内
■チャート式 ベストスパークリングワインを探せ
■世界のスパークリングワインを飲み比べる!
■日本のスパークリングワインの実力は!?
■ワインショップに訊く この夏、一押しのスパークリング。
■「ワインを買ったら寄り道しない」がワイン好きの夏の常識です。


【第2特集】
スパイス&ハーブの達人になる!

■今、[モダン×エスニック]が熱い!
■旅の土産は、スパイス使い 和知シェフは今、東欧モードです。
■アンリ・シュロフのスパイス&ハーブで毎日世界旅行
■南インドに学ぶ 草食系スパイス使いのツボ
■モロッコに学ぶ 肉食系スパイス使いのツボ
■次、買い足すならこの道具!「タジン鍋」活用術


など

料理通信の内容

国内外の“食の最前線”を伝えるフードマガジン!定期購読優待があります!
国内外の最新レストラン事情やガイドなどの食情報を紹介する新しいタイプのクリエイティブ・フード・マガジン。パン、スイーツ、肉、バル、惣菜、ワイン、つみまみ、レシピ集、店づくり……。多彩な切り口で旬の食情報をお届け。レシピ満載だから実用度も大!

料理通信の無料サンプル

2019年12月号 (2019年11月06日発売)
2019年12月号 (2019年11月06日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

料理通信の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

料理通信の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.