発売日(2020年01月01日)

雑誌の発売日カレンダー(2020年01月01日発売の雑誌)では、当日発売を迎える雑誌を一覧で見ることができます。また、特に人気の高い雑誌の目次の一部をお見せします。カレンダーの日付をクリックすると、その日に発売される雑誌の一覧が表示されます。ぜひご活用ください! 雑誌の定期購読は、通常価格よりお安く購入できたり、自宅や職場に送料無料で定期的に届けたりと、便利でお得なサービスをご提供しています。現在までに100万人以上がご利用したFujisan.co.jpの定期購読サービスを、ぜひご利用下さい。
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
全369件中 151 〜 180 件を表示
子供を「育てる」教師のチカラ
発行間隔: 季刊
発売日: 1,4,7,10月の1日
紙版
巻頭カラー ロボット技術で人々が幸せな未来をつくる 特集 子どもを見捨てない! —— 今からでもできること 1.「堅固...

子供を「育てる」教師のチカラ

2020年01月01日号

目次: 巻頭カラー
ロボット技術で人々が幸せな未来をつくる

特集
子どもを見捨てない! —— 今からでもできること
1.「堅固な学力」を身につける
1  提案「できない」子を見捨てない! だからその子のために「技」を創り出す  深澤 久


2  提案「『できない』子を見捨てない!」 を受けて 1  「技」を生かす教師のチカラが問われる  鈴木健二
提案「『できない』子を見捨てない!」 を受けて 2  技術の裏にある配慮  土作 彰


3  実践「できない」子を「できる」ように

  【国語科 1】 ひらがな表でひとりしりとり  髙橋修司
【国語科 2】 既習のひらがなを生かしたカタカナの指導  佐藤 誠
【国語科 3】 「漢字ドリル速読」で、子どもたちの「本気」を引き出す!  伊藤正憲
【国語科 4】 バリエーション豊かなペア音読  土居正博
【国語科 5】 漢和辞典を使いこなす  土作 彰
【国語科 6】 漢字「間違い」を探せ!  広山隆行
【国語科 7】 子どもが夢中で取り組み、学力を堅固にする学習活動「漢字サバイバル」  土居正博
【社会科 1】 シンプルな地図から始めよう  髙橋修司
【社会科 2】 地図帳の索引を極める  古橋功嗣
【社会科 3】 3つの活動で「読み取る力」を養う  猪飼博子
【算数科 1】 「いくつといくつ」を鍛える  小井土美和
【算数科 2】 100までの数唱の徹底  小井土美和
【算数科 3】 トランプ計算で授業を変えるチャンスをつかむ  光村佑里
【算数科 4】 点つなぎ、いろいろ  広山隆行
【算数科 5】 「九九を読む」指導  徳本直也
【算数科 6】 数カードを活用して、楽しく四則計算の習熟 !  田中径久
【算数科 7】 音声計算+検定で計算力アップ!  平井百合絵
【算数科 8】 みて、やって、試して自信となる  城ヶ﨑滋雄
【算数科 9】 子どもが楽しく取り組む算数文章題  高橋正明
【外国語(英語)科1】 アルファベット早書き  土居正博
【外国語(英語)科 2】 英単語集め  土居正博
【道徳科】 その子のために、補充・深化・統合を  船木浩平
【自信を育てる】 「小さな自信」を育てる  内山田博文
【暗唱】 「暗唱できた」が子どもを変える  白澤孝弌
【ノートの使い方】 ノート指導の系統性  奥谷勇磨
【提言】 教師が変わる  杉渕鐵良
2. 「 いじめ・不登校」を断ち切る
1  提案「疎外されている」子を見捨てない!

  【いじめ問題】 子どもへの視点を変え、子どもの問題行動を変える指導を  増田修治
【不登校】 3学期の不登校の子に何ができるか  加藤久雄


2  実践「疎外されている」子を見捨てない!

  【いじめ問題 1】 最後の1日、1秒まで、戦い続ける姿を見せる  蔭山宏子
【いじめ問題 2】 授業でいじめを壊す  志村 俊
【いじめ問題 3】 「いじめ」を校内の力で克服  佐竹 淳
【不登校 1】 アプローチを分析・統合・強化する  三浦 剛
【不登校 2】 学級から「彼」の存在を消させない  藪田顕嗣
【不登校 3】 その関わりを糧にして  増谷 剛

連 載



学年・学校を動かせ!8 研究通信で仕掛ける3 ~課題解決の方法を提案する~  鈴木健二


特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る! その11 見方が変わる素材と発問で授業を創る  飯村友和


教育評価の基礎・基本 新学習指導要領で評価はどう変わるか 4  石井英真




わたしのとっておきの実践提案4 選択・判断させる社会科授業をつくる  内山田博文
実践提案について 若き教師たちへ 「公民的資質の基礎」を問え!  深澤 久
双方向アプローチ  杉渕鐵良


*教師力を上げる*おすすめ本* 人の生を保障する社会とは  神藤 晃
「 教育学」とは「方法」である  広山隆行

ノビテクマガジン
Vol.27
発行間隔: 季刊
発売日: 1,4,7,10月の1日
紙版
〔特集〕伝わると広がる 私たちは生活シーンのいたるところで、人を説得したり、人に伝えたりすることが必要とされます。しかし、一所懸命、相...

ノビテクマガジン

Vol.27

目次: 〔特集〕伝わると広がる

私たちは生活シーンのいたるところで、人を説得したり、人に伝えたりすることが必要とされます。しかし、一所懸命、相手に伝えようとしても、上手に伝わらず、どうしたら相手に伝わるのかと悩んでいる人も多いと思います。自分の想いを説明し、相手が納得し、協力を得られるには、どうしたらいいのでしょうか。
今号では、現代のビジネスパーソンにとって欠かせないスキルである、伝える力について特集します。



●CONTENTS 1
「拡声器」の役割を果たし一次産業の声なき声を伝える
株式会社ポケットマルシェ 代表取締役社長
高橋博之

自分が本当にやりたいことを説明し、協力を得られるまでに納得してもらうのは並大抵のことではない。相手が初対面の人や、異業種の人であればなおさらだ。しかし、それを実現してきたのが高橋博之という人物。新しいメディアやサービスを立ち上げ、生産者と消費者をつなげる「縁の下の力持ち」に、相手の心を動かす〝伝え方の極意?を訊いた。



●CONTENTS 2
プレゼンがうまくいくマインドセット5カ条
株式会社圓窓 代表取締役
澤円

プレゼンテーションの技術は、天からの贈り物。「自分のプレゼンがうまくいかないのは話す才能がないからだ」と諦めていませんか。「プレゼンの神」と呼ばれ、年間300件以上の登壇をこなす澤円氏は、「正しいマインドセットを持つことがプレゼン上達の近道」と語ります。世界最高のプレゼンターから教わる、プレゼンがうまくいくマインドセットとは──!?



●特別企画
相手に伝わるプレゼン資料作成のポイント
株式会社 固 代表取締役
一般社団法人プレゼンテーション協会 代表理事
前田鎌利

プレゼンテーション能力は、現代のビジネスパーソンにとって欠かせないスキルだ。高ければ高いほど、取引先を説得して新規案件の受注を得たり、上司や同僚をうまく巻き込んでプロジェクトを前進させることがたやすくなるからである。そこで今回は、ソフトバンク時代に孫正義氏の社外プレゼン資料作りを担当し、現在は年間200社を超える企業でプレゼン研修や講演を行っている前田鎌利氏に、聞き手の心を動かし、プレゼンを成功に導く資料の作り方を訊いた。



[教育担当者インタビュー]ヤフー株式会社 ピープルデベロップメント統括本部 コーポレートPD本部採用部リーダー 堀井耕策
「私とは何者か?」「何のために働くのか?」自己を理解し、人生のビジョン実現を応援する人財育成

FX(外国為替証拠金取引)業界のリーディングカンパニー、ワイジェイFX株式会社。2013年にヤフーグループの一員となり、業界を代表する企業として躍進を続ける同社では、人財育成を重要な経営戦略だと位置づける。同社の人事マネージャーに就任し、3年で「従業員満足度」を過去最高の数値に導いた堀井耕策さんに人財育成の心構えや手法について聞いた。井耕策さんに人財育成の心構えや手法について聞いた。



[イチオシ講師]「なんでこうなっているのだろう?」という好奇心こそ、科学を探究する出発点になる。
室山哲也
日本科学技術ジャーナリスト会議副会長/元NHK解説主幹/大正大学客員教授/東京都市大学特別教授/科学ジャーナリスト プロデューサー

『ウルトラアイ』『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』──。誰もが知っている番組の制作に携わり、解説主幹としてカメラの前にも立ってきた室山哲也氏。とっつきにくい科学の話をわかりやすく、興味がそそられるように伝えるプロフェッショナルだ。万人を惹きつける番組作りの極意を披露してもらうと同時に、その経験を生かした講演活動の魅力に迫った。



[レギュラーコンテンツ]
ノビテクマガジン会員登録のお知らせ
ノビテクマガジン講演会レポート
One Young Worldサミット参加レポート
研修講師リレーコラム -第23回-/原口雅子
編集後記/次号予告/読者プレゼント
ノビテクマガジン主催 特別講演会開催のお知らせ



ノビテクマガジン倶楽部主催 講演会開催のお知らせ
開催日:2020年2月12日(水)
テーマ:伝わると広がる
登壇者:
澤円(株式会社圓窓)
室山哲也(日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、元NHK解説主幹、大正大学客員教授、東京都市大学特別教授、科学ジャーナリスト プロデューサー)

【DAISY版】視覚障害――その研究と情報
No.380
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
◆2020新春鼎談  国連障害者権利委員会での審査に向けて   名城法律事務所弁護士 田中伸明   立命館大学生存学研究所教授 長瀬 修 ...

【DAISY版】視覚障害――その研究と情報

No.380

目次: ◆2020新春鼎談
 国連障害者権利委員会での審査に向けて
  名城法律事務所弁護士 田中伸明
  立命館大学生存学研究所教授 長瀬 修
  神戸Beすけっとピアカウンセラー 藤原久美子
◇新春鼎談をより理解するための資料集

◆「目が見えない・見えにくい方をサポートする
 ご家族やスタッフの為の視覚障害者支援セミナー」
 を開催しました
  北九州市立介護実習・普及センター 三浦久美

◆駒音響く2日間
 棋士のまち・加古川で将棋大会

◆点字をテーマに歴史研究
 盲史研が京都で総会・研究会

◆視覚障害者柔道のあけぼの
 ⑤道はるか
  日本視覚障害者柔道連盟副会長 伊藤友治

―好評連載―
【同行援護の上手な活用術】
 Guide 12 緊急時の対応
  NPО法人TOMO理事長 山口和彦

【見えない・見えにくい人のための おしゃれコーナー】
 あたたかインナー&ソックス編
  Nori-jue 鈴木由絵子

治療
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
特集:家族志向型ケア入門 -家族をみよう ≪特集の目次≫ ■総論:家族志向型ケアの理論と具体的実践 家族志向型ケアの歴史的背景(松下 ...

治療

2020年1月号

目次: 特集:家族志向型ケア入門 -家族をみよう

≪特集の目次≫

■総論:家族志向型ケアの理論と具体的実践
家族志向型ケアの歴史的背景(松下 明)
家族志向型ケアの日本での取り組みと発展(竹中裕昭)
家族図の書き方,読み方(若林英樹,他)
家族ライフサイクルと発達段階の使い方(若林英樹)
家族システム理論の概要と使い方(永嶋有希子)
個人に対する家族志向型面談と家族面接の行い方(松下 明)

■各論:ライフサイクルに応じた家族志向型ケア
巣立ち期の子ども世代と結婚期の家族(永嶋有希子)
小さな子どものいる家族(山内優輔,他)
発達障害に向き合う家族(鈴木美砂子)
思春期の子どものいる家族(田中道徳,他)
老年期の家族(湯浅美鈴)
認知症に向き合う家族(中山 元)
ターミナルケアに向き合う家族(中村奈保子)

≪連載≫

ゲンバで使える!リラックスして読める! 診療の○泌テク(1)
性行為などに由来する男性外性器の炎症(松木孝和)

今月のお薬ランキング(46)
抗不安薬(浜田康次)

症例× Q&A 超高齢社会シコウの利尿薬適正使用シコウ(7)
ループ利尿薬が効かなくなってきた!腎機能が悪化して低Na 血症が出てきた! 利尿薬と電解質異常・腎機能障害(杉本俊郎)

こちらつるかめ病院臨床倫理カフェ つるりん(8)
宗教と倫理のあいだ(金城謙太郎,長尾式子,竹下 啓)

教育家庭新聞 教育マルチメディア号
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 第1月曜日
紙版
<年頭所感> 文部科学省【8面】 教育関連団体【9-12面】 47都道府県教育長【13-17面】 児童生徒も1人1台PC活用の時代へ【3面】 「1人1台環...

教育家庭新聞 教育マルチメディア号

2020年1月号

目次: <年頭所感>
文部科学省【8面】
教育関連団体【9-12面】
47都道府県教育長【13-17面】

児童生徒も1人1台PC活用の時代へ【3面】
「1人1台環境の有無で学びに差が生まれている」と語る高橋純氏(東京学芸大学)。
町田市立町田第五小学校ではLTE端末を全学年で活用して新時代の学びに挑戦している

SINETで遠隔授業【5面】
京都府教育委員会では、SINET経由で京都府立鳥羽高等学校と京都工芸繊維大学の研究室を接続。高精彩な画像を教室からSINET経由でダウンロードしたり遠隔で研究室の実験を共有したりした

主体的な学びを支える学校施設へ【21面】
安全・安心で質の高い快適な学校施設が求められている。機能面デザイン面で工夫を凝らした間仕切りや、熱中症対策に多くの学校に導入された大型循環送風機、効率的な部活動練習に役立つボードなど、学校環境の向上に資する施設・機器を紹介する

「進化」するセキュリティ体制を構築【22面】
「危険ということを忘れないうちは安全である」--教育情報セキュリティポリシーガイドラインは次のステップに進むため、改訂された。
そのポイントと今後の体制について、文部科学省・教育情報セキュリティ対策推進チーム副主査の髙橋氏とネットワーク間ファイル交換システムを提供しているプロット代表取締役社長の津島氏が対談した

環境浄化技術
2020年1・2月号
発行間隔: 隔月刊
発売日: 奇数月1日
紙版
■特集:CO2資源化・再利用技術の動向 ○カーボンリサイクルの実現に向けて/経済産業省 CO2を資源として捉え、これを分離・回収し、燃料や原料と...

環境浄化技術

2020年1・2月号

目次: ■特集:CO2資源化・再利用技術の動向
○カーボンリサイクルの実現に向けて/経済産業省
CO2を資源として捉え、これを分離・回収し、燃料や原料として再利用するカーボンリサイクルは、世界のエネルギーアクセス改善と脱炭素社会の実現という、世界規模の二つの大きな課題への対応を真に両立させるためのイノベーションとして期待されている。

○地球温暖化対策としてのCCUS(CO2回収・有効利用・貯留)について/環境省/日坂 仁
本稿では、気候変動を巡る情勢等を概説するとともに、これらの課題解決に向けた脱炭素・循環型社会の構築に向けた環境省の取組みを中心に紹介する。

○CO2の有効利用技術の動向と展望/東京理科大学/本田正義・杉本 裕
近年の資源・エネルギー・環境問題への懸念から、二酸化炭素(CO2)の削減が急務となっている。本稿では、工業的あるいは実験室レベルで行われている様々なCO2有効利用技術のうち、特に化学反応によって有用な化合物を合成するものを中心に、最近の動向を紹介する。

○CO2固定化・有効利用技術の概要/(公財)地球環境産業技術研究機構/山田秀尚
地球温暖化対策は、気候変動による悪影響を軽減するように調整する「適応策」と、温室効果ガス排出に伴う大気中濃度上昇を抑制する「緩和策」に大別することができる。CO2固定化・有効利用は、温室効果ガスCO2の濃度を抑制する緩和策の一つである。本稿では、CO2固定化・有効利用の要素技術を概観し、地球温暖化緩和技術としてのCCUS技術開発の重要性について紹介する。

○二酸化炭素からの炭酸エステルおよびウレタン類の合成/(国研)産業技術総合研究所/崔 準哲・深谷訓久
CO2は魅力的な有機合成の原料と考えられているが、原料として利用する場合、熱力学的に安定で反応性が低いことが問題になる。この問題の解決策としては、高エネルギー化合物である水素、アセチレン、小員環化合物、有機金属化合物などをCO2と反応させるか、生成物として低エネルギー(高酸化状態)化合物を選択することがあげられる。炭酸エステルおよびウレタン類は、後者の観点からCO2を原料として利用する反応のターゲットとして有望である。本稿では、CO2を原料とする炭酸エステルおよびウレタン類の合成についての研究成果を紹介する。

○地中貯留CO2の資源化・再利用技術/(国研)産業技術総合研究所/前田治男
CO2の資源化・再利用化手法として、CCSにより地中に隔離貯留されたCO2を微生物反応によりメタンに変換し、有用資源として再利用する技術の構築を目指している。本稿では、油田に常在する微生物を利用した実験研究の成果、ならびに同技術の国内外油田での利用可能性について紹介する。

○人工光合成に関する国内外の技術動向とNEDOの技術開発の取り組み/(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構/山本祥史・佐川雅一
本稿では、当機構の「二酸化炭素原料化基幹化学品製造プロセス技術開発」(人工光合成プロジェクト)取り組みについて紹介する。ソーラー水素と二酸化炭素から化学品製造プロセス技術開発に関するプロジェクトである。

○大気中低濃度CO2活用を志向した回収・合成技術/神戸学院大学/稲垣冬彦
大気中CO2は400ppmと非常に低濃度だが、換言すれば地球上どこででも手に入れることのできる炭素資源と捉えることができる。筆者は、大気中低濃度CO2活用を志向し、これまでに選択的CO2吸収・放出剤や、エネルギーフリーでのCO2をC1ユニットとして活用した合成技術を開発してきた。本稿では、これら一連の技術を紹介する。

○CO2を原料とする高効率合成ガス製造触媒(CT-CO2ARTM)/千代田化工建設㈱/神田剛紀
当社が開発/商業化した新規合成ガス製造触媒(CT-CO2 ARTM触媒)は、従来触媒と比較して少ないCO2とスチームで合成ガスを製造することが可能である。これにより幅広いH2/CO比の合成ガスを従来触媒と比較して効率良く製造可能であり、CO2排出量の削減に寄与することが可能である。

○温室効果ガスの排出削減に向けたCO2の有価物への転換技術/㈱IHI/鎌田博之
CO2の排出量を低減するためには、CO2の発生量を抑制する方法と、発生したCO2を回収して管理できる状態で保管、再利用する方法が挙げられる。今後、CO2の回収・再資源化を促進するには、CO2を様々な有価物に効率良く転換するカーボンリサイクル技術が必要となってくる。本稿では、当社が取り組んでいるカーボンリサイクル技術としてCO2の燃料化および化学原料化向けの新プロセスおよびその触媒について紹介する。

■特集:し尿・浄化槽汚泥処理及び汚泥再生処理の現状と動向
○し尿処理・汚泥再生処理の変遷と今後の行方/(一財)日本環境衛生センター/松田圭二
現在、少子高齢化・人口減少社会の到来をはじめとして、し尿処理・汚泥再生処理を取り巻く状況は大きく変化してきている。本稿では、し尿処理・汚泥再生処理の技術史的変遷と取り巻く現状を整理し、今後の方向性や在り方について、検討を試みたい。

○群馬県におけるし尿処理施設の広域化・集約化について/群馬県森林環境部環境局
当県は、平成29年3月に「群馬県一般廃棄物処理施設広域化マスタープラン」を策定し、一般廃棄物処理施設の広域化・集約化を進めている。本稿では、このマスタープランの内容を中心に、群馬県内のし尿処理施設における広域化・集約化の現状と今後の方針について紹介する。

○土壌微生物を活用したし尿処理の事例/クボタ環境サービス㈱/城野晃志・山本哲也・安部 剛
本稿では、土壌微生物を活用したし尿処理方法であるASBシステムについて、(一財)日本環境衛生センターの廃棄物処理技術検証事業として実証試験を行った結果と、本実証試験直前に発生した東日本大震災からの復旧で、し尿処理施設が担った役割について紹介する。

○し尿処理場からのリン回収技術/水ingエンジニアリング㈱/唯木嘉行・山本修司
リンは肥料として広く使用されているが、国内で消費する全量を輸入に頼っているため、下水やし尿などの排水からリンを回収する技術は、資源確保の観点から注目を集めている。当社ではリン回収設備にMAP法を採用し、また回収前段の前凝集分離(固液分離)に直接脱水設備(バリュースラッジシステム)を利用したPデニライトシステムを開発したので、本稿で紹介する。

○し尿処理への活性汚泥モデルの適用/水ingAM㈱/本間康弘
本稿では、流入水について易分解性有機物と遅分解性有機物との有機物分画を行うことでし尿処理へのASM適用について検討、さらに、し尿処理の実施設へのアンモニアセンサー設置によるASM適用検証試験について紹介する。

■解説
○熱分解GC/MSを用いた水中マイクロプラスチックの分析/大阪産業大学/谷口省吾
○下水及び下水処理水中の微細マイクロプラスチックの測定技術と調査事例/千葉工業大学/亀田 豊

■コラム
○今年は2020年/HST
○熊野三山古道56km歩き参詣旅日記/惠谷資源循環研究所/惠谷 浩

■製品ガイド
○脱水機/編集部

イー・コンテクチャー
1月号
発行間隔: 隔月刊
発売日: 奇数月1日
紙版
2020年新春特集 変革期続く解体・建廃業界 短・中・長期のビジネス展望 第1部 解体工事業 ●秋田の新会長として“ステータス”となる協...

イー・コンテクチャー

1月号

目次: 2020年新春特集
変革期続く解体・建廃業界
短・中・長期のビジネス展望

第1部 解体工事業

●秋田の新会長として“ステータス”となる協会を目指す/(一社)秋田県解体工事業協会 会長、㈱小野建設 代表取締役 小野雅敏氏 ●建設リサイクル含め、地域に根ざした解体工事業の事業基盤作りを促す/(株)木村土木 ●解体・建廃との一貫事業、水耕栽培の熱源に木質チップ等/(株)柳田産業 ●働き方改革に適応しつつ、大型物件の解体で実績/(株)田村建設 ●解体工事が多忙になる中、克服すべき課題も山積/(一社)青森県解体工事業協会 副会長、㈱庄司興業所 代表取締役 庄司肇氏 ●防災の備えはもちろん、経済・インフラのあり方の抜本見直しが必要/宮城県解体工事業協同組合 理事長、東北黒沢建設工業(株) 代表取締役会長佐藤正之氏 ●解体市場は堅調だが、災害対応や廃棄物対策が急務/(一社)栃木県解体工事業協会 副会長、北関東環境開発(株) 取締役社長 奥田美弘氏 ●東日本大震災の復旧残る中で、台風19号発生/(一社)福島県解体工事業協会 理事、斎藤運輸工業㈱ 代表取締役社長 齋藤達夫氏 ●仕事は解体工事とアスベスト除去がセットに/(一社)青森県解体工事業協会 理事、(株)山本工業 代表取締役 山本徳光氏 ●様々な人材確保策を導入/(株)クワバラ・パンぷキン 代表取締役社長 桑原幹夫氏 ●国内総販売店としてドイツ製切削機チェーンカッターの普及目指す/(株)れんたま ●発注者と施工会社を結ぶサービスで業界をサポート/(株)クラッソーネ ●大阪・関西万博控え、求められる業者の対応力/(一社)大阪府産業資源循環協会 理事、㈱南海興業 代表取締役社長 田中公治氏 ●空き家解体ボランティア活動が始動/(一社)熊本県解体工事業協会 代表理事、(株)活誠 代表取締役社長 喜讀宣友氏 ●全国29地域と災害時運用協定を締結/(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会 ●アスベスト対策の動向/編集部

第2部 建廃処理業

● 徹底した情報開示と事務の電子化で、価値ある顧客サービス/東明興業(株) ●大規模災害の迅速対応に向け、簡易マニュアルを道内市町村に啓発/(公社)北海道産業資源循環協会 副会長、山本浄化興業㈱ 取締役会長 山本正幸氏 ●業界情勢変わる中、道内業者は連携強化が重要/(公社)北海道産業資源循環協 青年部部会長、(株)苫小牧清掃社 常務取締役 山本康二氏 ●第4期管理型処分場を開設、容量約170万m3、本格供用開始/仙台環境開発(株) ●改修中のケイワ・リサイクルセンター福島、2021年度にもフルオープンへ/恵和興業(株) 代表取締役 笹川慎太郎氏 ●再生資源利用の自己完結型事業モデルを模索/(株)大橋商会 代表取締役 大橋崇氏 ●県通じて10以上の市町から災害廃棄物対応の要請受ける/(一社)千葉県産業資源循環協会 ●処分場の増設と中間処理の改修を着実に進めていく/(一社)宮城県産業資源循環協会 理事、(株)ジャパンクリーン 代表取締役 杉澤養康氏 ●自然が大量の廃棄物を発生させる時代に/(株)三和建商リサイクルセンター 代表取締役社長 宮内一雄氏 ●資格者・施工力・災害対策が解体事業振興のポイント/編集部 ●太陽光パネルリサイクルを開始/近畿電電輸送(株) ●場内レイアウト変更、作業効率向上へ/(株)鹿児島美掃 ●「ジェットパック積み込み装置」を導入、業務を効率化/(有)メイコウ工業 ●積載量を高精度で計測、管理効率化や省人化に効果発揮/三菱重工マシナリーテクノロジー(株) ●現場の特徴押さえた機器で業者をサポート/サンワ・リノテック(株) ●三次元位置管理システムで廃棄物を管理/TKKエンジニアリング(株)

E-Conインタビュー

信頼される業界作りが信頼される会社作りにつながる

(公社)全国解体工事業団体連合会 会長 
(一社)山形県解体工事業協会 会長
井上工業(株) 代表取締役会長 井上尚氏

石綿緊急リポート

倒壊のおそれある空き建物からアスベスト漏洩のおそれ

北海道室蘭市内の空きビル解体

SERIES [連載]

イーコン・データブック●一部地域で不良外国人が組織化、低価格で施工/建設労働需給調査

現場発! 解体&建リコンプライアンス●一部を除き死傷災害で改善傾向に

お訪ねします解体現場●隣地の協力等が欠かせない都心の狭小敷地の建物撤去/(株)河正

タイムリートピック●災害時相互支援協定を締結/(公社)全解工連中国・四国ブロック

最先端E-Con要素技術●用途に応じてドローンをカスタマイズ/菱田技研工業(株)

The GAREKI●コンクリート破砕施設が本格稼働/南部開発(株)

ソイルマネジメント●脱塩素化微生物で汚染土壌・地下水を浄化/㈱竹中工務店・名古屋工業大学

建設資源―市況キャッチ●バーゼル条約の施行で雑プラ輸出は困難に

焦点は建物解体! アスベスト被害再発と危機回避●アスベストに関わる関連法改正の進捗状況(続々編 その1)

COLUMN [コラム]

巻頭言●激甚災害で解体・建廃業界の事業ビジョンも見直し

木材情報●林業が盛んな地域特有の取り組み

解体・建廃ひそひそ話

循環経済と建設副産物●クレーン車、コンテナ車に焦点 危険作業撲滅キャンペーン実施/建設廃棄物協同組合

編集手帳●急増する大規模自然災害

NEWS & OTHER [ニュース・その他]

トピックス●(公益)全解工連関東ブロック

トピックス●(株)北陸環境サービス

トピックス●(公社)大阪府産業資源循環協会

トピックス●尼崎重機(株)

トピックス●(株)光洲産業

列島E-Con

品目別建設副産物流通チェック 2019年10~11月

テクノロジーニュース

購読申込書

広告索引+奥付

JOHNS(ジョウンズ)
20年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
感音難聴治療の変遷……野村 恭也 感音難聴治療のための聴覚生理の新知見……任  書晃・他 急性感音難聴  突発性難聴……伊藤  健 ...

JOHNS(ジョウンズ)

20年1月号

目次: 感音難聴治療の変遷……野村 恭也
感音難聴治療のための聴覚生理の新知見……任  書晃・他
急性感音難聴
 突発性難聴……伊藤  健
 メニエール病……寺西 正明・他
 急性低音障害型感音難聴……川島 慶之
 外リンパ瘻……松田  帆・他
 音響性難聴と音響外傷……菅原 一真・他
 ムンプス難聴……守本 倫子
 Hunt症候群……寺岡 正人・他
慢性感音難聴
 老人性難聴……樫尾 明憲
 騒音性難聴……和田 哲郎
 若年発症型両側性感音難聴と遺伝性難聴……工   穣
 遅発性内リンパ水腫……武田 憲昭
 自己免疫性難聴……柿木 章伸
 先天性難聴……小川  洋
Auditory neuropathy……加我 君孝
Hidden hearing loss……川瀬 哲明
聴神経腫瘍と小脳橋角部腫瘍……大石 直樹
聴覚情報処理障害……小渕 千絵
難聴と認知症……内田 育恵
感音難聴と補聴器……西村 忠己
人工聴覚器の進歩……土井 勝美
感音難聴治療のためのDDS……中川 隆之
感音難聴と遺伝子治療……神谷 和作
感音難聴とiPS創薬……藤岡 正人・他

連載
■古典あれこれ
 古代ローマ時代の医学の歴史
  -2.帝政ローマ時代のガレノスと医学……加我 君孝
■診療つれづれ
 徒然なる診療圏内の医学史探訪……平井 良治
■外来診療における私の処置
 耳の処置8
  好酸球性中耳炎に対する処置1……松谷 幸子
  好酸球性中耳炎に対する処置2……飯野ゆき子
■症例をどうみるか
 眼球運動障害を伴う後部副鼻腔嚢胞の1例……菱村 祐介・他.

月刊警察
436号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
●SA問題 Short Answer Exercises ●SA解説(正解一覧) Short Answer Explanation ■論 文 Knowledge ●法  学 ○憲   法 ・...

月刊警察

436号

目次: ●SA問題
Short Answer Exercises
●SA解説(正解一覧)
Short Answer Explanation

■論 文
Knowledge

●法  学
○憲   法
・論文 国会議員の地位と特権
・論文 表現の自由と表現内容の規制
○行 政 法
・論文 苦情申出制度
・簡記 管轄区域外における現行犯逮捕
○刑   法
・論文 事実の錯誤
・簡記 横 領
○刑事訴訟法
・論文 自白法則
・簡記 検 視

●実  務
○管   理
・論文 心の病で休職していた職員の職場復帰後のフォローアップ
○総務・警務
・論文 護送時の留意事項
○生 活 安 全
・論文 高齢者虐待認知時の対応
・簡記 改正古物営業法
○地   域
・論文 地域警察官による犯罪被害者への訪問・連絡活動
・簡記 リスポンスタイム
○刑   事
・論文 連続発生のおそれのある重要凶悪事件発生時の措置
・簡記 捜査報告書作成の留意事項
・簡記 早期死体現象
○交   通
・論文 一定の病気等に係る運転免許関係事務
○警   備
・論文 サイバー攻撃への対処方策
・簡記 警戒レベル

■イラストDE判例 mini 刑法各論(22)
ニューウェーブ昇任試験対策委員会

■イラストDE判例 mini 刑法各論(23)
ニューウェーブ昇任試験対策委員会

■MONTHLY KEYWORDS

■Let’s try 社会常識SA

=付録『2020年版 SA問題集〔実務編〕』=

検査技術
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
■解説 ○非破壊検査業界の将来/日本非破壊検査工業会/塙 晴行 本稿では、当会の調査結果をもとに非破壊検査業界の現状を紹介するとともに、業...

検査技術

2020年1月号

目次: ■解説
○非破壊検査業界の将来/日本非破壊検査工業会/塙 晴行
本稿では、当会の調査結果をもとに非破壊検査業界の現状を紹介するとともに、業界の課題をまとめ、技術者教育、人材の確保、ステータスの向上及び技術的課題と検査装置の観点から、将来のあるべき姿を考察する。

○超音波検査の将来/発電設備技術検査協会/古川 敬
本稿では、非破壊検査の主力技術の一つである超音波検査技術について、その創生からの歴史を振り返るとともに現状を分析し、将来展望を考察する。

○電磁超音波共鳴法による配管減肉モニタリング技術/東北大学/孫 宏君・高木敏行・内一哲哉
原子力や火力発電所の配管減肉検査の高度化・効率化ができるモニタリング技術が必要とされる。本稿では、EMATとEMARの原理を説明し、それによる配管減肉モニタリングに向ける研究及び適用例について紹介する。

○ロボット技術を取り入れた各務原大橋の定期点検 /岐阜大学/六郷恵哲・羽田野英明
道路橋定期点検要領で新技術の活用を可能とする見直しが行われる前の2018年度に、各務原市が実施した各務原大橋(長大PC橋)の定期点検を、高解像度カメラや打音装置を備えた点検用ロボット技術を組み合わせて支援した。

○画像解析による電車線とエレベータロープ検査技術/明電舎/庭川 誠・渡部勇介・野田祥希
電車線の架線検査及びエレベータのロープ検査を画像解析を応用して初めて実現。

○打音法による外壁剥離診断技術/KJTD 田代秀夫・奥田聖哉/建築研究所/眞方山美穂・棚野博之/クリエイティブスペース/久下幹雄
今回開発した外壁剥離診断装置は、従来の検査員の耳による打音検査を機械化したもので、解析的手法により、定量的に剥離の大きさと剥離深さを推計している。本稿では、開発した剥離診断手法と実証評価を踏まえ製品化した外壁剥離診断装置の概要について紹介する。

■技術トピックス:プラント
○新タイプのガスケット技術/KUKIL INNTOTCO.LTD/Lee Jong-cheol/Eテックコンサル/車戸 宏
高温、高圧で水素を含む流体等にはフランジからの漏洩の危険性が伴う。本稿では、これらに対応した、より漏れの発生を抑えるよう設計された新しい構造のガスケットについて紹介する。

■シリーズ:NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト
○道路橋の維持管理及び防災・滅災を目的としたセンサシステムの研究開発/日本電気/佐藤 正・高取成毅/首都高速道路技術センター/式田直孝・村野益巳・張 広鋒
高度経済成長期に集中して整備された社会インフラの老朽化が深刻な問題となっている。本稿では、今回、開発した920MHz特定小電力無線を用いた橋梁センサシステムと地方自治体管理橋梁での実証実験結果について紹介する。

■連載
○音波のよもやま話
(音)波の重ね合わせの原理、干渉、独立性(2)/アイ・エス・エル 宇田川義夫/東北大学/三原 毅
前回に続き、一般的に誤解されている、「波の重ね合わせ、干渉、独立性」の話をする。

■特集:放射線検査技術の最前線
○大規模施設を使用したX線と中性子のイメージング/大阪府立大学/谷口良一
本稿では、X線イメージングと中性子イメージング技術の基本的な説明を行い、国内で利用可能な大規模施設を紹介する。これらの施設で利用されている放射線イメージング法を簡単に紹介した上で、イメージング技術の将来展望を行う。

○実用化が進む配管腐食検査用エネルギー弁別型放射線ラインセンサ/浜松ホトニクス/富田康弘・松井信二郎・白柳雄二・神谷陽介・小林 昭
本稿では、既に実用化が進む配管腐食検査用エネルギー弁別型放射線ラインセンサ(保温材を剥がさずに配管腐食の位置と程度を定量的に検査可能)について、実際の現場での実測データを交え、その特徴といくつかの検査事例を紹介する。

○放射線画像診断のためのAIによる支援技術/日立製作所/永尾朋洋・白旗 崇・岩田吉広・仲山貴行・尾藤良孝
本稿では、医療分野で求められるAIの役割において、当社が研究開発を進めている画像診断装置に関する放射線科ワークフローの効率化と、読影・診断支援について紹介する。

○高エネルギー対応ワイヤレスフラットパネルディテクター/ポニー工業/山田 誠
RTはフイルムX線撮影FRTからデジタル撮影X線撮影DRTへ移行が進められている。本稿では、DRT撮影で使用さるフラットパネルディテクターの中で現場環境に対応したHPX-DRについて特徴を紹介する。

■製品ガイド
○ネプコンジャパン・オートモーティブワールドの見どころ

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)
2020年第1号
発行間隔: 季刊
発売日: 1,4,7,10月の1日
紙版
はじめに:生理学を集中治療の臨床でいかすために 植西 憲達 藤田医科大学 救急総合内科 野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科 上田 剛士 ...

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)

2020年第1号

目次: はじめに:生理学を集中治療の臨床でいかすために
植西 憲達 藤田医科大学 救急総合内科
野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科
上田 剛士 洛和会丸太町病院 救急・総合診療科
田邊 翔太 聖マリアンナ医科大学 救急医学

Part 1.中枢神経系
1.脳圧と脳灌流血流の生理学:脳生理の特殊性を知り,治療に生かす
横堀 將司 日本医科大学大学院医学研究科 救急医学分野/日本医科大学付属病院 高度救命救急センター
2.脳卒中の生理学:脳卒中に起因する心機能低下は,なぜ生じるのか?
池知 大輔,山下 進 徳山中央病院 救急科
3. 役立つ脳波の生理学:非痙攣性てんかん重積状態の病態生理を考える
江川 悟史 TMGあさか医療センター 脳神経外科

Part 2.呼吸
1.呼吸制御の生理学:ヒトはなぜ呼吸困難を感じるのか?
八幡 えり佳 福井大学医学部附属病院 救急部総合診療部
田邊 翔太 
2.特別な状態での呼吸生理学①:体位による呼吸への影響
池田 貴夫,日比野 将也,植西 憲達 藤田医科大学 救急総合内科
3.特別な状態での呼吸生理学②:高所・水中での呼吸はどう変化するのか?
都築 誠一郎,植西 憲達 藤田医科大学 救急総合内科
4.二酸化炭素の生理学:CO2の動態とモニタリングへの臨床応用
金井 克樹 島根県立中央病院 救命救急科
藤原 辰也 島根県立中央病院 麻酔科
石田 亮介 島根県立中央病院 救命救急科/スタンフォード大学 麻酔科
5.人工呼吸で役立つ肺の生理学:呼吸器系メカニクスを中心に
則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科 集中治療部門
6.低酸素の生理学:なぜ体温が上昇すると酸素飽和度が低下するのか?
上田 剛士 

Part 3.循環器
①Macrocirculation
1.血圧の生理学①:ICU患者の“拡張期”血圧を考える
出井 真史,野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科
2.血圧の生理学②:心臓の後負荷を知ることができるのか?
太田 圭,野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科
3.酸素供給の生理学:1回拍出量,心拍数,心拍出量,ヘモグロビン濃度から読み解く
山本 良平 京都大学大学院医学研究科医学専攻 医療疫学分野 博士課程
【コラム】Hb低値はどこまで耐えられるのか?:
輸血開始基準は個々の状態に応じて変更できるかもしれない
山本 良平 
4.静脈還流の生理学:静脈還流量を知ることに意味はあるか?
吉田 拓也 日本赤十字社医療センター 救命救急センター
中川 雅史,野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科
5.高拍出性心不全の生理学:病態理解をふまえた原因疾患の治療を
清野 雄介,野村 岳志 東京女子医科大学 集中治療科
②Microcirculation
1. ミクロ循環の生理学:組織灌流におけるミクロ循環の役割とは?
古川 拓,讃井 將満 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部

Part 4.腎・電解質
1.酸塩基平衡の生理学:なぜpHは7.4なのか?
日比野 将也,植西 憲達
【コラム】細胞内アシドーシスは実際問題となるのか?:対応次第で細胞内環境の悪化もあり得る
日比野 将也,植西 憲達
2.急性腎障害(AKI)の生理学:AKIの原因による臨床像の違いとマネジメント
田川 美穂,江里口 雅裕 奈良県立医科大学 腎臓内科学講座
3.ARCの生理学:ARCでは何のクリアランスが亢進しているのか?
藤井 元輝,安田 英人 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科

Part 5.消化器/肝胆膵/栄養
1.肝代謝の生理学:血中アンモニア濃度の測定に意義はあるのか?
嶋田 圭太 熊本大学大学院 生命科学研究部 小児外科学・移植外科学講座
田中 基彦 熊本大学大学院 生命科学研究部 消化器内科学講座
日比 泰造 熊本大学大学院 生命科学研究部 小児外科学・移植外科学講座

Part 6.血液
1.止血の生理学:出血はどのようにして起こるのか?
香取 信之 東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座

Part 7.体温/感染
1.体温の生理学:その熱は下げるべきか?
志馬 伸朗 広島大学大学院医系科学研究科 救急集中治療医学

Part 8.その他
1.critical careに関連したorgan crosstalk:心腎症候群,肝肺症候群,肝腎症候群
武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部
【コラム】臨床に役立つ偉人たちの法則:Laplace,Hagen-Poiseuille,Bernoulli
田邊 翔太 

連載
■Lefor’s Cornor
第35回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring Part XVI.
Peripherally Inserted Central Catheters for Critically Ill Patients
Riichiro Kanai Department of Intensive Care, Saiseikai
okohamashi Tobu Hospital
Alan Kawarai Lefor Department of Surgery, Jichi Medical University
Joho Tokumine Department of Anesthesiology, Kyorin University School of Medicine

■え?知らないの?ボルメトリック・カプノグラフィ
〈シリーズ構成:森實 雅司 済生会横浜市東部病院 臨床工学部〉

月刊シニアビジネスマーケット
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
[特集] マーケットリーダーに聞く シニアビジネス2020 <part.1>  有識者に聞く  2020年からのシニア・ヘルスケアビジネス (テー...

月刊シニアビジネスマーケット

2020年1月号

目次: [特集]
マーケットリーダーに聞く
シニアビジネス2020

<part.1>
 有識者に聞く
 2020年からのシニア・ヘルスケアビジネス

(テーマ)
 1.シニア・ヘルスケアマーケット/KPMGヘルスケア・松田淳氏
 2.シニア消費/三菱総研・佐野紳也氏
 3.アクティブシニア/村田アソシエイツ・村田裕之氏
 4.健康長寿/桜美林大学・鈴木隆雄氏
 5.介護保険制度/小濱道博氏
 6.デイサービス/ケアビジネスパートナーズ・原田匡氏
 7.認知症ケア/未来をつくるKAIGOカフェ・高瀬比佐子氏
 8.エンディングサービス/トランスブレイン・藤野正成氏
 9.ICT・IoT活用/大塚商会・豊田雅章氏
 10.介護×AI/NTTデータ経営研究所・岸本純子氏
 11.人材採用・定着/リクルートキャリア・坂田祐一氏
 12.高齢者住宅/長谷工総研・吉村直子氏
 13.生涯活躍のまち(日本版CCRC)/内閣官房・中野孝浩氏
 14.まちづくり/ジャーナリスト・浅川澄一氏
 15.高齢者のモビリティ/東京大学大学院・鎌田実氏
 16.多世代交流/プレイケア・川崎陽一氏
 17.ヘルスケア施設投資/
    ヘルスケアアセットマネジメント・吉岡靖二氏
 18.ファイナンス・ベンチャーキャピタル/
    デロイトトーマツ・細見真司氏
 19.ユニバーサルツーリズム/観光庁・坂野修一氏
 20.防災/関西大学・河田惠昭氏

<part.2>
 高齢者住宅 経営者&リーダーによる    
 業界展望2020(全52社)

(掲載企業・50音順)
アズパートナーズ/アライブメディケア/ウイズネット/ウチヤマホールディングス/NTT都市開発/エフビー介護サービス/学研ココファン/キャピタルメディカ/グッドタイムリビング/ケアサービス/ケア21/コミュニティネット/サンケイビルウェルケア/シダー/シマダリビングパートナーズ/伸こう福祉会/スーパー・コート/スターツケアサービス/スミリンケアライフ/スミリンフィルケア/聖隷福祉事業団/ZENウェルネス/善光会/ソニー・ライフケア/ソラスト/SOMPOケア/ダイヤモンド地所/大和ハウスライフサポート/チャーム・ケア・コーポレーション/ツクイ/東急ウェルネス/東京海上日動ベターライフサービス/東京建物シニアライフサポート/トラストガーデン/ニチイケアパレス/日本アメニティライフ協会/日本介護医療センター/日本ヒューマンサポート/日本ホスピスホールディングス/日本老人福祉財団/長谷工シニアホールディングス/パナソニック エイジフリー/東日本福祉経営サービス/HITOWAケアサービス/フージャースケアデザイン/マザアス/ミアヘルサ/メディカル・ケア・サービス/ライクケア/らいふ/リエイ/レオパレス21


特集[シリーズ③]
胎動する
“フレイル”予防マーケット
「社会参加」の新しいカタチ

[インタビュー]
■スポーツ、趣味活動など「社会参加」は
 健康寿命の延伸につながるか
 千葉大学 予防医学センター 教授 近藤克則氏

 <topics>
 社会や人とのつながりがフレイル対策に寄与する
 ――データからみる社会参加との相関関係

[注目施設レポート]
■高齢化率50%の大規模戸建団地内に  
 コンビニ併設型コミュニティ施設をオープン
 シニアが活躍する生きがいと居場所づくりを実現
 大和ハウス工業/野七里テラス

[ケーススタディ]
■家事代行領域の拡充策として
 「洗濯代行サービス」を立ち上げ
 多世代交流拠点としての可能性を追求
 ダスキン/ダスキンウォッシュ

■入居者に就労を斡旋する仕組みで
 家賃の実質値下げ実現に
 生きがいづくりと家族の経済的負担の軽減にも寄与
 リールステージ(あをに工房)/仕事付き高齢者住宅


[pick up]
■“金沢発”。医療、看護、介護を一元的に管理・提供する
 重度対応の次世代型ICTホーム
 AIなど先端技術で入居者と職員満足を目指す
 「ケア科学センター若宮ステーション」

■世田谷区内の一等地のホームを“居ながらリニューアル”
 SOMPOケア、リノベーション&リブランドで価値向上図り
 介護付きホームの料金見直しへ


[マーケティングデータ]
■市区町村別[高齢者施設&住宅]需給MAP
 125.埼玉県朝霞市
 126.埼玉県新座市


[スポット]
■送迎業務を効率化
 計画作成時間を短縮、ケア現場にも好影響をもたらす
 ダイハツ工業/送迎支援システム「らくぴた送迎」

■「歩行」ケアから「足病」予防へ
 医療介護連携を本格化
 QLCグループ(QLCプロデュース)


[シリーズ企画②/企業研究]
■介護現場の「伝える」を動画の力で的確にサポート
 業務軽減から意思疎通の向上まで
 エクサウィザーズ


[連載]
■新・介護保険ビジネス
 制度対応のコツとこれからの経営スタイル(53)
 小濱介護経営事務所 小濱道博

■介護施設のリスクマネジメント
 「続」こうすれば成功する事故防止の秘訣
 事例から学ぶ原因分析と再発防止策(68)
 安全な介護 山田 滋

■経営が元気になるクスリ(66)
 ケアビジネスパートナーズ 原田 匡

■コタッキーが行く!
 まだまだ伸びる! 注目の介護事業所探訪(23)
 アグリマス 小瀧 歩

教育家庭新聞
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 第3月曜日
紙版
<年頭所感> 文部科学省【8面】 教育関連団体【9-12面】 47都道府県教育長【13-17面】 児童生徒も1人1台PC活用の時代へ【3面】 「1人1台環...

教育家庭新聞

2020年1月号

目次: <年頭所感>
文部科学省【8面】
教育関連団体【9-12面】
47都道府県教育長【13-17面】

児童生徒も1人1台PC活用の時代へ【3面】
「1人1台環境の有無で学びに差が生まれている」と語る高橋純氏(東京学芸大学)。
町田市立町田第五小学校ではLTE端末を全学年で活用して新時代の学びに挑戦している

SINETで遠隔授業【5面】
京都府教育委員会では、SINET経由で京都府立鳥羽高等学校と京都工芸繊維大学の研究室を接続。高精彩な画像を教室からSINET経由でダウンロードしたり遠隔で研究室の実験を共有したりした

主体的な学びを支える学校施設へ【21面】
安全・安心で質の高い快適な学校施設が求められている。機能面デザイン面で工夫を凝らした間仕切りや、熱中症対策に多くの学校に導入された大型循環送風機、効率的な部活動練習に役立つボードなど、学校環境の向上に資する施設・機器を紹介する

「進化」するセキュリティ体制を構築【22面】
「危険ということを忘れないうちは安全である」--教育情報セキュリティポリシーガイドラインは次のステップに進むため、改訂された。
そのポイントと今後の体制について、文部科学省・教育情報セキュリティ対策推進チーム副主査の髙橋氏とネットワーク間ファイル交換システムを提供しているプロット代表取締役社長の津島氏が対談した

光アライアンス
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
■特集:レーザー加工の革新性を考察する1 ○ガラスのレーザー加工を従来の5,000倍の速さで実現/東京大学/杉田 直彦・伊藤 佑介・吉崎れいな ガ...

光アライアンス

2020年1月号

目次: ■特集:レーザー加工の革新性を考察する1
○ガラスのレーザー加工を従来の5,000倍の速さで実現/東京大学/杉田 直彦・伊藤 佑介・吉崎れいな
ガラスに対してフェムト秒レーザー加工が注目されているが、能率や精度が課題である。そこで本研究では、フェムト秒レーザーによる電子励起領域の形成を活用した超高速微細精密レーザー加工技術を開発した。

○ガラスのフェムト秒レーザー穴あけ加工におけるダメージ形成メカニズム/東京大学/伊藤 佑介・杉田 直彦
ガラスのフェムト秒レーザ加工において、ダメージの形成は避けられない課題である。応力波がダメージ形成に与える影響を、高速現象の観察実験と数値解析に基づいて議論する。

○レーザー加工されたダイヤモンド工具によるセラミックスの超精密マイクロ切削/中部大学/鈴木 浩文
レーザー加工によりダイヤモンドを微細加工し、マイクロ回転工具を試作した。さらに、本稿では、超硬などのセラミックを切削加工したときの工具摩耗の特性、加工精度の例を示し、セラミックスの切削の可能性について紹介する。

○レーザーによる医療機器の精密微細加工/光産業創成大学院大学/坪井 昭彦
レーザ技術の進歩によって、従来の機械加工技術だけでは実現・達成困難であった医療機器の進化と新たな可能性を広げつつある。医療機器製造プロセス、特に精密微細加工へのレーザ応用の現状を整理し、将来を展望する。

○真空紫外光照射によるポリマーの光脱離現象/宮崎大学/加来 昌典
レーザー生成アルゴンプラズマからの広帯域な真空紫外発光を利用した光脱離質量分析装置を用い、分子構造が似ているポリエチレンとポリ塩化ビニルの光脱離の照射波長依存性の測定を行い、それらの光脱離過程について検討した。

○産業用高エネルギーパルスレーザー装置/浜松ホトニクス㈱/川嶋 利幸・関根 尊史・栗田 隆史
産業用レーザー加工の分野においてもサイバー・フィジカルシステムの構築に向けた研究開発が進められている。本稿では、高エネルギーパルスレーザー装置とこれを用いた材料加工技術と社会実装に向けた取り組みを紹介する。

○フェムト秒レーザー加工の加工率向上に関する研究/京都大学/橋田 昌樹
フェムト秒レーザーによる材料加工では対象材料のアブレーション閾値が加工率向上の鍵を握っている。本稿では、レーザー波長とパルス幅を一定とした時、アブレーション閾値が材料のどの物理定数に関係しているかを紹介する。

○TNGAエンジンへのレーザー加工技術の適用/トヨタ自動車㈱/橋岡 司・岩谷 信吾・大石 悠佑
当社は、新型エンジンDynamic Force Engineを開発した。低燃費と高出力化を実現する吸気ポート設計は、レーザークラッドバルブシートにより可能になる。信頼性の高い効率的なレーザークラッド装置を開発した。

○鋼/アルミニウムの突合せレーザー接合材の接合界面の微小構造と成形性/京都工芸繊維大学/飯塚 高志
本稿では、自動車軽量化のための鋼/アルミニウム合金テーラードブランクの開発の基礎として、鋼/アルミニウムの突合せレーザ接合法の開発と得られた接合材の成形性試験について界面の微小構造の影響も含めて紹介した。

■解説
○光・レーザー技術に関わるイノベーション創出とベンチャー起業/大阪大学/森 勇介
ベンチャー起業にはイノベーションシーズの創出が不可欠である。ではどうすればシーズを創出できるようになるのか?本稿では、心理学的なアプローチがイノベーション創出を加速した事例について執筆者の経験を基に紹介する。

○センシング技術を活用した安心・安全な持続可能社会の実現/東京工科大学/天野 直紀
近年、安心・安全な持続可能社会の実現が求められている。本稿では、その実現のため、機械学習と組み合わせることで、災害などの異常時だけでなく平常時にも有益な経済合理性のあるセンシング技術の特性を紹介する。

○分子シミュレーションと機械学習を用いた高効率な有機ホール輸送材料の理論的設計/大阪府立大学/麻田 俊雄
フレキシブルデバイスの発展に向けて、有機分子からなるアモルファス構造の電荷移動度を制御するための分子設計法が望まれている。本稿では、機械学習と分子シミュレーションを活用した新たな展開について紹介する。

飲料ビジネス
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
●2020年の飲料市場はこうなる!? カテゴリー別出荷数量推移データ ●新・失敗のマーケティング ●販売速報/連載コラム/連載エッセイ ●飲...

飲料ビジネス

2020年01月01日号

目次: ●2020年の飲料市場はこうなる!?
カテゴリー別出荷数量推移データ
●新・失敗のマーケティング
●販売速報/連載コラム/連載エッセイ
●飲料CM好感度調査11月度&年間ベスト20
●TV・CM誌上バトル特別篇:’19飲料CMベスト10

自転車・バイク・自動車駐車場 パーキングプレス
vol.698
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
自転車・バイク・自動車駐車場 パーキングプレス January 2020 No.118 Vol.698 CONTENTS 017 2020年 業界展望 国土交通省 都市局 ...

自転車・バイク・自動車駐車場 パーキングプレス

vol.698

目次: 自転車・バイク・自動車駐車場 パーキングプレス
January 2020
No.118 Vol.698


CONTENTS

017
2020年 業界展望
国土交通省 都市局 街路交通施設課長 本田 武志
公益財団法人 自転車駐車場整備センター 理事長 石井 喜三郎
一般社団法人 自転車駐車場工業会 理事長 内田 勉
一般社団法人 日本シェアサイクル協会 会長 髙橋 洋二
特定非営利活動法人 自転車活用推進研究会 理事長 小林 成基
公益社団法人 立体駐車場工業会 会長 新村 高志
一般社団法人 日本自走式駐車場工業会 理事長 飯島 登美夫
一般社団法人 日本パーキングビジネス協会 理事長 森井 博
駐車場改革推進協議会 理事長 栁瀨 聰


026
特集対談
パーキング業界の明日 117
『自転車・バイク・自動車駐車場 パーキングプレス』誌 発行人・森井 博が聞く
ゲスト:東京都知事 小池百合子 氏

032
特集 「パーキング業界の明日」 これまでのゲスト紹介

オピニオン
034
新公共自転車と駐輪論
モビリティサービス化における自転車活用推進
片岡 大造


レポート
036
「シェアサミット2019」レポート akippa金谷元気氏が訴求
「駐車場シェアビジネスの成功で社会を良くしていく」


038
自動運転バス、サンシャインシティを走る!
東京都心・池袋の公道上で低速電動バスの自動運転(レベル2相当)実証実験を実施

042
“新時代”スポーツバイクの祭典へ
「CYCLE MODE international 2019」

044
道玄坂に大容量駐輪場が誕生
東京都 渋谷駅前に技研製作所「エコサイクル」がオープン

048
NCDがQRコードによる「Pay」系決済に対応した精算機を開発
駐輪場にもスマホ決済システムが登場

049
“5%還元”でキャッシュレス化が予想以上に加速
コインパーキング唯一の対応システム「Smart Parking HUB」



連 載
050
ロンドンの自転車政策(その7)
~市民を動かすことに焦点を当てた施策~
古倉 宗治

054
日中巷間そぞろ歩き
2019上海国際城市与建築博覧会における
2019国際(上海)城市停車博覧会
野口 健夫

048
自転車社会の環境改善を目指して
自転車通勤で会社は強くできるか!!
「自転車通勤は健康経営の実践ツール」
松浦  是

058
モビリティをデザインするアプローチ
ヘルスケアMaaSに挑むにあたって
中村 文彦

060
自転車ラプソディー
『年末年始 山口市・湯田温泉』
森若 峰存

064
社会時評エッセイ
憲法改正で国防軍を持つ決断を
藤  誠志


協会・団体
068
公益社団法人 立体駐車場工業会
賛助会員入会企業のご紹介 他

070
一般社団法人 日本自走式駐車場工業会
自然災害から地域を守る認定自走式駐車場

072
一般社団法人 日本パーキングビジネス協会
2019年度第4回理事会 開催報告 他

074
一般社団法人 自転車駐車場工業会
2019年度第4回理事会 開催報告 他

076
公益財団法人 自転車駐車場整備センター
山本専務理事『新年のご挨拶』 他



今月の表紙
東京都知事
小池百合子 氏
コットは、東京2020オリンピックマスコット・ミライトワ(左)と、東京2020パラリンピックマスコット・ソメイティ(右)。同じテーブル上の赤いヘルメットは、2019年8月19日(バイクの日)のイベント時に使われた。バイク駐車場の解消不足にも注力しており、パーキング業界とも関係は深い。2016年の就任から都知事はどのように東京の舵取りを行ってきたか。そして、東京2020大会に向けた施策は――縦横無尽に語っていただいた。
(詳しくは26ページの特集対談を参照)

月刊カレントテラピー
Vol.38 No.1
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
◆特集 下肢閉塞性動脈硬化症―最新の診断と治療を知る― ◆エディトリアル 池田宇一(地方独立行政法人長野市民病院院長)●7 ◆下肢閉塞性...

月刊カレントテラピー

Vol.38 No.1

目次: ◆特集
下肢閉塞性動脈硬化症―最新の診断と治療を知る―

◆エディトリアル
池田宇一(地方独立行政法人長野市民病院院長)●7

◆下肢閉塞性動脈硬化症の診断と治療
疫学と病態
重松邦広(国際医療福祉大学三田病院血管外科教授)●8
診断・治療の流れ
三浦 崇(地方独立行政法人長野市民病院循環器内科副部長・フットケアセンター長)●14
超音波検査
江藤博昭(関西電力病院臨床検査部)●19
CT/MRI検査
東 将浩(国立病院機構大阪医療センター放射線診断科副科長)●25
血管内治療
畑 陽介(関西ろうさい病院循環器内科)●31
外科的治療
猪狩公宏(東京医科歯科大学医学部附属病院血管外科助教)●37
重症下肢虚血に対する集学的治療
毛利晋輔(済生会横浜市東部病院循環器内科医長)●43
透析患者における下肢閉塞性動脈硬化症
守矢英和(湘南鎌倉総合病院腎臓病総合医療センター部長)●50

◆下肢閉塞性動脈硬化症研究の最前線
血管再生療法
藤田靖之(公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
医療イノベーション推進センターメディカルイノベーションディビジョン)●55
末梢動脈疾患に対するLDLアフェレシス療法
植田瑛子(横浜市立大学医学部循環器・腎臓・高血圧内科学指導診療医)●62

◆代替療法
末梢動脈疾患
長尾萌子(獨協医科大学日光医療センター心臓・血管・腎臓内科助教)●68

◆治療薬解説
下肢閉塞性動脈硬化症に対する薬物治療
西部俊哉(東京医科大学心臓血管外科分野教授)●73

◆Key words
診療ガイドライン
宮田哲郎(山王病院・山王メディカルセンター血管病センター長)●79
血管内治療のnew device
曽我芳光(小倉記念病院循環器内科部長)●80
フレイルと閉塞性動脈硬化症
加藤太門(信州大学医学部循環器内科助教)●81

◆座談会
下肢閉塞性動脈硬化症に対する至適アプローチ ●82
池田宇一(地方独立行政法人長野市民病院院長)
横井宏佳(国際医療福祉大学教授/福岡山王病院循環器センター長)
菊池 守(医療法人社団青泉会下北沢病院病院長)

バックナンバー………………………………………●94
次号内容目次…………………………………………●95
国内学会スケジュール………………………………●96
読者アンケート………………………………………●97

建設機械
2020年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
■特集:建設分野におけるAIの適用 ○土木研究所のAI技術の実装への取り組み/(国研)土木研究所 有田 幸司 本稿では、AIを取り巻く現状と課題、...

建設機械

2020年1月号

目次: ■特集:建設分野におけるAIの適用
○土木研究所のAI技術の実装への取り組み/(国研)土木研究所 有田 幸司
本稿では、AIを取り巻く現状と課題、公共土木分野でのAI実装に対する期待とともに、当研究所における取り組みの概要を紹介する。

○AI、ビッグデータの活用により建機故障の予兆をつかむ取り組み/日立建機㈱/江尻孝一郎・猪瀬 聡志
近年、建設機械のユーザーにとっての大きな課題の一つとして、ライフサイクルコストの低減がクローズアップされるようになってきている。当社は、従来よりICT・IoTを活用したサービスソリューションであるConSiteにより、世界各地で統一された高いサービス品質をユーザーに提供することを目指し、努力を重ねてきた。今後はこのソリューションの精度をさらに高めていくため、AIやビッグデータを活用した技術の導入を進めている。導入を進めるにあたって、実のところ2016年に油圧ショベルの主要コンポーネントの故障リスク計算を、稼働情報をもとにAIで計算し失敗した経緯がある。しかしながら、2017年には技術者の診断プロセスの一部をAIに置き換える手法に変更し、実機で検証した。そしてターゲティング、問診、簡易診断を組み合わせ、2018年には実用化に向けて計算アルゴリズムやAIによる予測計算の管理方法を改良することにより、サービス化に成功することができた。

○ディープラーニング技術を用いた高速な画像認識ソリューション「物体検出・測距ソフトウェア」/㈱日立ソリューションズ・テクノロジー/猪貝 光祥
本稿では、AIにおけるディープラーニング活用のメリット・デメリットも踏まえて当社が取り組んでいるリアルタイム画像認識ソリューション、社会実装を見据えたAIの品質保証について紹介する。

○AIとドローンによるトンネル発破の最適化/戸田建設㈱/中林 雅昭・田中 徹・杉山 崇・大橋 英紀・本木 章平
山岳トンネルの発破掘削工法において、自律飛行型のドローンにより自動取得した発破後の飛石形状から、発破の良否をAIにより判定する発破良否判定システム「ブラスト・アイ」を開発した。本システムは、「Blast Eye」および、「Blast AI」により構成されている。「BlastEye」は、自律飛行型ドローンを用いて、発破後の飛石形状の3次元形状データをデジタルカメラで自動取得する技術である。また、「Blast AI」は、取得した3次元形状データから発破パターンの良否をAIで自動判定する技術である。本システムにより、従来、熟練したトンネル技能者が自らの目視と経験により判断していた発破の良否をAIで判定できるため、トンネル工事の完全自動化に向けての一技術とすることができる。

■技術資料
○無人化施工におけるHMDを用いた画像表示システムの効果/(国研)土木研究所 山内 元貴・橋本 毅・新田 恭士
災害後などの危険な場所では、安全のため遠隔操作型建機を使用する場合があるが、遠隔操作設備の展開に時間を要する。本稿では、設備展開が容易な頭部装着型ディスプレイの活用を提案し、その効果について紹介する。

○地球観測衛星データが火山活動監視に求められる可能性/(一財)リモート・センシング技術センター/古田 竜一
人工衛星の一種である地球観測衛星により、噴煙、火口形状、地殻変動など火山活動監視に必要な情報を取得できる可能性がある。地球観測衛星は宇宙空間にあるため、火山活動の影響を受けずに火口や火口周辺を広域的に、周期的に観測できる特長がある。地球観測衛星データを火山活動監視に利用した事例も増加しており、地上観測を補う手法として重要度が高まっていると考えられる。一方で、定常的な火山活動監視に求められるリアルタイム性には課題があり、今後、課題解決に向けた取り組みが必要と考えられる。本稿では、地球観測衛星について紹介するとともに、火山活動監視における地球観測衛星データの活用事例や課題について述べる。

○Society/5.0における建設の役割/東北大学/久田 真
本稿では、我が国の建設分野が未来を切り拓くための重要なキーワードであるSociety 5.0や国際的な達成目標であるSDGsについて、建設が果たすべき役割などを紹介する。

○複腕型建設ロボットの遠隔操作性向上を目指したユーザインターフェース/東京工業大学/吉灘 裕/大阪大学/近藤 大祐
内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一つであるタフ・ロボティクス・チャレンジでは、複腕型の災害対応重作業ロボット「建設ロボット」の開発を進めてきた。本稿では、この建設ロボットの遠隔操作性の向上を目指して開発した新しい操縦システムや映像提示システムなどのユーザーインタフェースの概要について紹介する。

○トンネル検査用可変ガイドフレームの形状制御と障害物回避/湘南工科大学/井上 文宏/東急建設㈱/中村 聡
我々は、レーザ測域センサーを用いることでガイドフレームの障害物となるトンネル天井域の探査を実施し、3次元的な計測システムを可能にした。本稿では、障害物を回避させる全体計画、形状創生のための数学的手法、解析結果とその有用性について紹介する。

○大震災を教訓とした橋脚構造の耐震安全性に関する研究動向/京都大学/高橋 良和
我が国の耐震研究は、震災を教訓に進展してきたが、特に大震災と呼ばれる被害を受け、耐震哲学の更新が余儀なくされ、これに対応する形で異なる耐震技術が開発されてきた。本稿では、橋脚構造を対象に、阪神・淡路大震災以降の耐震安全性に関する研究動向を紹介する。

○インフラ構造物の建設から維持補修にいたるマネジメント/京都大学/大津 宏康
本稿では、アセットマネジメントが本来カバーするインフラ構造物の建設から維持補修にいたるマネジメントの基本概念、および維持管理段階でのマネジメントにおける検討事項および留意点について紹介する。さらに、維持管理段階でのマネジメントにおいては、モニタリング技術が重要事項となるため、その開発および適用が期待されることを紹介する。

○振動ローラの自動運転システムの開発と現場実証/㈱安藤・間/千野 雅紀・武石 学
ダム工事や造成工事における締固め作業で用いられる振動ローラの自動運転システムを開発した。本稿では、システムの概要と現場での実証運転について紹介する。

○建設・建築・エンジニアリング業界における地上型3DレーザースキャナーとBIMソフトウェアの活用/ファロージャパン㈱/村中嘉代子
建設業界では、建設費の約30%が再作業、10%が材料の廃棄によるものだという。ムダの削減や生産効率の向上、今後経験豊富な労働者の退職を迎えるにあたり、労働力不足も課題である。本稿では、建設業界が抱えるそうしたさまざまな課題に対して、3DレーザースキャナーやBIM関連ソフトウェアなどのソリューションを使用することでどのように解決できるのかを、企業の導入事例を交えて紹介する。

■業界情報
○2019年8月度 建設機械出荷金額統計/(一社)日本建設機械工業会

いま、人気の出版社から探す

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌