発売日(2018年01月01日)

雑誌の発売日カレンダー(2018年01月01日発売の雑誌)では、当日発売を迎える雑誌を一覧で見ることができます。また、特に人気の高い雑誌の目次の一部をお見せします。カレンダーの日付をクリックすると、その日に発売される雑誌の一覧が表示されます。ぜひご活用ください! 雑誌の定期購読は、通常価格よりお安く購入できたり、自宅や職場に送料無料で定期的に届けたりと、便利でお得なサービスをご提供しています。現在までに100万人以上がご利用したFujisan.co.jpの定期購読サービスを、ぜひご利用下さい。
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
全400件中 1 〜 30 件を表示
LiSA(リサ)
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
ご挨拶 異職交流インタビュー 『コウノドリ』との対話 漫画家 鈴ノ木 ユウ 氏 福岡リハビリテーション病院 麻酔科 末盛 泰彦 ...

LiSA(リサ)

2018年1月号

目次: ご挨拶

異職交流インタビュー

『コウノドリ』との対話
漫画家 鈴ノ木 ユウ 氏
福岡リハビリテーション病院 麻酔科 末盛 泰彦

判例ピックアップ
第19回
鎮痛薬・鎮痛補助薬と自動車運転
運転禁止薬物にどう向き合うか?
獨協医科大学埼玉医療センター 麻酔科 奥田 泰久


症例カンファレンス

慢性血栓塞栓性肺高血圧症合併患者の横行結腸癌手術
名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野 加古 英介
倉敷中央病院 麻酔科 豊田 浩作
手稲渓仁会病院 麻酔科・集中治療室 西迫  良・横山  健
大分大学医学部 麻酔科学講座 山本 俊介

ふぁ〜まこKD
第1話
血中濃度と分布容積
福島県立医科大学附属病院 手術部 小原 伸樹

ブックレビュー
『いのちと味覚 「さ,めしあがれ」「イタダキマス」』(関本 英太郎)
『誰の健康が優先されるのか 医療資源の倫理学』(水谷  光)
『かくて行動経済学は生まれり』(福家 伸夫)

Enjoy!ワイン
─5─
和食に合わせるなら
執筆:安部 裕道
構成:いわむら あきこ


徹底分析シリーズ

術後認知機能障害
東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座 坪川 恒久

◆認知機能とは? 認知機能の検査方法
簡便な検査で患者を絞り込んでから さらなる精査を施行する!
秋田大学大学院医学系研究科 麻酔蘇生疼痛管理学講座 合谷木 徹

◆Pros & Cons:本当に認知機能は低下するのか?
「低下する」とする立場から
名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野 祖父江 和哉

◆Pros & Cons:本当に認知機能は低下するのか?
「低下しない」とする立場から
横浜市立大学大学院医学研究科 麻酔科学 内本 一宏・後藤 隆久

◆術後神経・認知機能異常の予後への影響
予防法,治療法はあるのか?
高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座 河野  崇・横山 正尚

◆コラム:高齢者の脳波,せん妄時の脳波の特徴
嬉野が丘サマリヤ人病院/九州大学大学院医学研究院 精神病態医学 髙木 俊輔
田崎病院 松浦 雅人

◆患者本人・家族にどう説明するか
術後認知機能障害に関する具体的な説明と対策
がん研有明病院 医療安全管理部・麻酔科 長田  理


快人快説

最先端の研究テクノロジー紹介⑤
電子顕微鏡三次元立体再構築による組織細胞の観察の有用性と今後の課題
順天堂大学大学院医学研究科 神経機能構造学講座 小池 正人

麻酔科学サマーセミナー
バトルオンセミナー

モニターは,麻酔科医のdecision makingをどう助けるのか?
広島大学大学院 麻酔蘇生学教室 讃岐 美智義

麻酔ファーストよかったで賞
フクダコーリン 株式会社 宮下 克敏

よく勉強しているで賞
フクダ電子 株式会社 西田 千夏

優等生だったで賞
日本光電工業 株式会社 安丸 信行

企業イメージアップで賞
株式会社 フィリップス・ジャパン 小倉 正樹・池田  猛

4社の健闘を讃える
千葉県こども病院 麻酔科 内田  整

Tomochen風独記
㊲ 巨大児
アスクレピオス小児病院ザンクトアウグスティン/ドイツ心臓センターアスクレピオス病院ザンクトアウグスティン 麻酔科 山本 知裕

THE Editorials

リサクラブ
●掲示板
●LiSA投稿規定
●from LiSA

翼の王国 国内線版
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
デジタル版
【CONTENTS 今月の旅先】 冬の日本北海道・長野・青森 / 雪三景 文=尾日向梨沙/石田エリ/村岡俊也 写真=渡辺洋一/今津聡子/石塚元太...

翼の王国 国内線版

2018年1月号

目次: 【CONTENTS 今月の旅先】

冬の日本北海道・長野・青森 / 雪三景
文=尾日向梨沙/石田エリ/村岡俊也
写真=渡辺洋一/今津聡子/石塚元太良

フランス / ペタンクおじさん パスティスおじさん
文・絵=戌井昭人 写真=篠 あゆみ

神奈川・逗子 / 小坪わかめ讃歌
文=石田エリ 写真=志津野 雷

ニューオーリンズ / 音の都 ニューオーリンズ―後編JAZZ from NEW ORLEANS
文=青柳拓次 写真=志津野 雷

【CONTENTS 今月の連載】
2018年風水暦十二支占い 
占い=李 青和 文=丹保美紀 絵=門内ユキエ

東京もん かるた 
文=柏木光大郎 写真=吉次史成

どうぶつ島国紀行 愛知県 IPCわんわん動物園の「秋田犬」 
文=島 泰三 写真=阿部雄介

はなのはなし 越前水仙 
花飾り・文=大谷幸生 写真=浅田政志

<Joy of Living>
ワイン・カリフォルニア/スケアクロウ 
文=岡田カーヤ 絵=nakaban 選者=中川誠一郎

京都の流儀/京舞 井上流
文=徳力龍之介 写真=福森クニヒロ

旅行鞄のガラクタ ロードレースの自転車の人形 
文=伊集院 静 写真=宮澤正明

稀書探訪 セザール・ダリ『十九世紀の私邸建築 パリと近郊の新建築』 
文=鹿島 茂 写真=鹿島 直

旅育日記~親子で飛ぶ日~ 海でつながる僕らの居場所
文=徳永ユウ

おべんとうの時間 中村洋史さん 
文=阿部直美 写真=阿部 了

空の冒険 カブキチョウ、シンジュク 
文=吉田修一 絵=井筒啓之

宿と一日 奈良ホテル 
文・絵=山下アキ

シリーズ『二度目の』 二度目の中津川 
文=門上武司 写真=ハリー中西

Here I am タイムスリップ? 
絵=ウィスット・ポンニミット

郵便飛行

Ready For Takeoff 
羽生結弦

Tastes of JAPAN 北海道 屈斜路湖 
文=井上英樹 写真=斉藤有美

ANA GROUP INFORMATION ANAグループからのお知らせ

月刊おりがみ
510号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
特集 冬を楽しむ 続 デイケアで折り紙~もっとやさしく~ Origami workshop in the day care service 2nd series 第6回 キューピッ...

月刊おりがみ

510号

目次: 特集 冬を楽しむ

続 デイケアで折り紙~もっとやさしく~
Origami workshop in the day care service 2nd series



第6回 キューピッド  田中 稔憲
Cupid by Mr. Toshinori TANAKA

今回はバレンタインデーにちなんでキューピッドを紹介します。
 元にした形の、伝承の「オルガン」は説明するまでもないと思います。講師用テキストの『おりがみ4か国語テキスト100』には「折り本の基本形」から作られる形として取り上げていますが、実質的には一つの基本形ととらえてよいと思っています。この形から袖を折りだすのはやさしいのでだれにでも無理はないと考えました。
 伝承の「はっぴ( はんてん)」が、『179 号/ 絶版・1990 年7 月号』などの、以前の『月刊おりがみ』で紹介されていたことを長く会員でいらした方は記憶にあると思います。ここで使っている袖を折りだす方法がそれにあたります。あとは斜め段折りを無理なく折れるようにしていけば翼になるわけで、そのようにして創っていきました。
ちょっと工夫すれば顔も中央から引き出せます。それはデビット・ブリルさんのangel にも見ることができます。でも今回は複雑な造りを極力避けるという観点で、ノアちゃんの顔を折って貼り付けることとしました。1980 年デビュー当時のノアちゃんのように、ちょっとだけ顔を横長から丸に近くなるようにしてみましたが、ノアちゃんの顔のままでもよいと思います。
 私は100 歳になっても折って楽しめるものを…という意図でこの連載を書いていますから、もう少しお若い方にもという観点でさらに充実したバージョン(写真右)も考えてみました。
 みなさんもcase-by-caseで工夫してみていただけたらと思います。


ミニ知識

◇第23 回オリンピック冬季競技大会(2018/ 平昌)…韓国北東部の江原道で、2018 年2 月9 日~ 25 日までの17 日間開催、7競技102 種目で競い合います。韓国ドラマ「冬のソナタ」(2002年)のロケ地として有名になった龍平リゾートも会場のひとつとなっています。
◇韓服…韓国の民族衣装の総称です。日本では韓国女性の民族衣装を「チマチョゴリ」、男性のものを「パジチョゴリ」と呼んでいますが、韓国の人はそれらを民族衣装の総称としては使いません。チマ、パジ、チョゴリというのは、それぞれスカート、ズボン、上着のことです。
◇カーリング…1998 年の長野冬期オリンピックからオリンピックの正式種目になった冬のスポーツです。カーリングの語源の「カール」とは、ストーンがゆるやかに曲がってすべるという意味で、イギリスのスコットランドで始まったとされています。氷上で、ストーンと呼ばれる、ハンドル(取っ手)のついた丸い石を投げて滑らせ、40m 先のハウスと呼ばれる円をねらいます。通路をブルーム(もともとは「ほうき」という意味の英語)ではいて、スピードを調節しながらストーンを進ませます。投げることをデリバリー、氷をはくことをスイーピングといいます。1 チーム4 人で、2 チームで競い、1 人2 個ずつ、両チームで合計16 個のストーンを交互に投げます。投げ手の他に2 人のスイーパー(はく人)がリンクに立ちます。もう1人はスキップという、投げる場所を指示する役目です。得点は全部のストーンが投げられたあと、ハウスの中心に一番近いストーンがあるチームだけ得点できます。ストーンには黄色、赤色、青色のハンドルが付いていて、重さは約20kg、直径約30cm です。硬くて滑りやすい、スコットランドのアルサクレッグ島産の花崗岩が使われています。カーリングの専用のシューズは、片方の足の裏側がテフロンやステンレススチール製で滑りやすい素材、もう片方がゴムのような滑らない素材になっています。右投げの人は左足にすべるものを、左投げの人は右足にすべるものをはきます。
◇節分…2 月3 日ごろ。2018 年は2 月3 日(土)。節分とは季節の分かれ目のことで、もともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日の年4 回ありましたが、立春が正月と同じように年のはじめと考えられて重んじられ、節分が立春の前日のことだけを指すようになりました。春を迎えるために、冬の陰気をはらう行事が行われ、疫病、災害を象徴するものが鬼とされています。豆まきや「焼い嗅がし」という、焼いた鰯の頭を柊の枝にさしたものを戸口にさして、臭さとトゲトゲで鬼を追いはらいます。


●ミニ知識参考図書:『世界大百科事典』(平凡社)、『年中行事事典』(三省堂)、『地球の歩き方韓国』(ダイヤモンド社)、『江戸の庶民生活、行事事典』(東京堂出版)、『日本こども史』(平凡社)、『日本こどものあそび図鑑』(遊子館)、『中世の祝祭』(原書房)、『ヨーロッパの祝祭』(河出書房新社)、『和ごよみと四季のくらし』(日本文芸社)、『日本の神様と楽しく生きる』(東邦出版)、『「日本の神さま」おもしろ小事典』(PHP研究所)、『全国年中行事事典』(東京堂書店)、『みんなのカーリング』(学習研究所)、『ザ・カーリングブック』(ぎょうせい)、『富士河口湖町ホームページ』



垂すいちょくびよく直尾翼のスタンド
Vertical tail-shaped holder by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

フチにメモや折り紙作品などをさしこんで飾ることができます。大きな紙で折ると帽子にもなります。(作者)



英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
石橋秀夫

「風船」の名前がついていますが、「風船基本形」を使っていない作品です。ハートの大きさは、少しなら調整できます。ハート以外のマークも創れます。本作品をベースにして、いろいろ工夫してみて下さい。(作者)
This model, called “Balloon”, does not use the Waterbomb Base. The size of the heart can be adjusted slightly. It is possible to create shapes other than a heart. Based on this model, please try different variations. (Author)


ハート・イン・リースHearts in wreath by Ms. Ayako KAWATE
川手章子

ハートがたくさんついたリースとなりました。細かく折る部分はていねいにバランスよく折ってくださいますように。(作者)



ミニ知識
◇天狗…天狗という言葉が初めて文献に現れるのは『日本書紀』で、雷音を発して飛んだ流星のことが「天狗」と記載されていますが、読みは「あまつきつね」で「てんぐ」ではありません。平安時代末期に成立とされる説話集『今昔物語集』には鳥の姿をした「烏天狗」が現れています。室町時代後期になって、山奥にすみ、赤い顔で長い鼻、白髪の髪を長く垂らし、頭には頭巾をかぶった山伏の姿で、高下駄をはいて、羽団扇を持って、自由に空を飛ぶという「鼻高天狗」が生まれました。なお、日本各地で天狗に関係する祭が催されていますが、東京都世田谷区の下北沢では、節分に「しもきた天狗まつり」が開催されています。
◇富士山の日…2 月23 日。パソコン通信のニフティサーブ上の同好会「山の展望と地図のフォーラム」が「ふじさん」の語呂合わせからに1996 年に命名しました。 山梨県河口湖町(現在の富士河口湖町)でも富士山とともに生きる町として、富士山の環境保全並びに観光資源として広く重要性を認識する機会にしようと2001 年に条例で定めました。花火をあげるなど、イベントが行われています。追って、2009 年には静岡県も制定しています。なお、2013 年6 月、富士山はユネスコの世界文化遺産に登録されました。


赤ちゃんのくつとスニーカー
Baby shoes and Sneakers by Ms. Minako ISHIBASHI
石橋 美奈子

「スニーカーのレディース&ジュニア用」がまずできました。易しくしていく工程で「赤ちゃんのくつ」が誕生。「大きいサイズのメンズ」も揃い、家族みんなの靴ができました。(作者)



のりはりしない亀きっこう甲モザイク
石橋 美奈子

『99号』『193号』『おりがみ傑作選2』で紹介していただいた『亀甲モザイク』は、初めての方でも仕上げやすいようにのりづけでした。今回、「フランス革命200年記念国際折紙コンクール」(1989年)で1位受賞した「エッフェル塔」(『193号』おりがみギャラリー掲載)を制作した際ののりづけなしの組み方をご紹介します。(作者)


鬼と天狗
Oni(Ogre) and Tengu(Long-nosed goblin) by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

まず天狗を作り、同じ基本で鬼を作ってみました。(作者)



カーリング女子選手Curling female player by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

女子選手はもともと「ミニエプロンの女の子」という作品名で投稿された作品です。ブルームは「女の子包みと庭そうじ」(2009年8月12日投稿)のほうきを少しアレンジしたものです。今回、川手さんに新たにストーンを加えていただいて、近年人気のカーリング女子選手に仕立てました。(編)



富士山の楊枝入れ
Mt. Fuji toothpick holder by Ms. Yuko FUJIMOTO
藤本 祐子

以前掲載していただいた「お雛様」や「兜」の楊枝入れと同じく、衝ついたて立の部分に楊枝などがさしこめるようになっています。富士山の高さの覚え方をご存知ですか?「皆、なろう!」3776m です。外国の方のおもてなしの席やお祝いの席などに、ぜひテーブルに置いて使ってください。(作者)



ホームこたつと折りたたみ式座いす
浅井 かづゑ

おりがみでドールハウスを作りたくて、扇風機、鳩時計、ミシンなど折ってきました。今回、「ホームこたつ」ができてほっこりしています。昔からこたつのことをホームこたつと呼んでいました。さて、次は何が折れるでしょうか。(作者)


梅の花Ume blossom by Mr. Manabu ICHIKAWA
市川 学

花びらは『464号』の「ラナンキュラス」(写真右小)の外側の花びらと同じ構造です。「ラナンキュラス」をより簡単にしたような作品です。先に花心(㉓~㉙)をしあげてから⑱~㉒を折った方が、ととのえやすいかも知れません。(作者)


女性の韓ハンボク服
Hanbok(Traditional Korean dress) for women by Mr. Sang Hun,KIM
金 相憲

当時、韓国折紙協会の常任理事の金さんが、「’99折紙シンポジウム in 飯坂温泉」(福島県)の招待者で、全体講演の実技指導で教えてくださった作品です。「スカート部分のチマと上着のチョゴリは、通常色が違うので、1枚の折り紙で表現するのに向いています」とおっしゃっていました。



読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 『507 号』が届き、さっそく「おりがみ頭の体操」に取り組みました。手間取りました。「あじさい折り」に挑戦していますが、やっぱり折りすじが多く目が疲れて、できかねています。静岡県 縣さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 田中具子先生の「色紙選」がよかったです。「はこしゃち」はアイデアの発想がおもしろいと思いました。私も挑戦したいです。3 枚組のこまを折って、近くの人に配っています。
 大阪府 内藤さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



●純真短期大学で「こどもフェスタ」  
純真短期大学こども学科2年生 船越真まりこ里戸:文

福岡市の純真短期大学でこどもフェスタが10月21日(土)に開催されました。その中の「折り紙ひろば」で、折り紙作品の展示と折り紙教室を行ないました。
 スタッフは短大の折り紙コースの学生と教員の12名(うちNOA会員2名)で取り組みました。
 当日は子ども(幼児から5年生まで)と大人合わせて90名あまりの方が来場してくださいました。
 折り紙製作のコーナーでは「ティラノサウルスのとんとんずもう」「紙こぷたー」「星のストラップ」「腕時計づくり」などをしました。
 子どもたちや大人の方の楽しそうな姿にこちらも嬉しくなりました。
 展示は「春夏秋冬」「小さなおうち」などで、「素敵ね」と声をかけていただいたり、写真を撮っていかれたりする方も多く、とてもありがたかったです。



支部だより

折り紙夢工房作品展報告
武南支部「折り紙夢工房」(支部長 金杉優子)文:金杉登喜子/埼玉県


2017年9月23日(土/祝)~26日(火)まで川口総合文化センターリリアギャラリーで埼玉県芸術文化祭2017「折り紙夢工房作品展」を開催しました。テーマは「華よ花」「折り紙で盆栽」。50年育ててきた皐さつき月が環境の変化で枯れてしまい、これを使って何かできないかと考え、幹と枝は本物の皐月を使い折り紙で花を折り「皐月」を完成させました。
 各折り紙教室でも一鉢ずつ制作し、23鉢が見事に並びました。ご来場の方々からは「まるで本物の皐月のようです」「華やかで、素敵です」「感動しました」などのお声をたくさ
んいただき、折り紙の素晴らしさを感じていただくことができました。また、ご来場の方も年々増えて体験教室もにぎやかになり、笑顔がいっぱいの楽しい作品展になりました。
 2017年3月に、折り紙夢工房の創設者である私の夫(芳孝)が88歳で亡くなりました。生前、毎日コツコツ折りためていた薔ばら薇が1,336個見つかりました。会員一同で夫の思いが込められた薔薇を使い、夫と同じ歳の数をボードに飾り付けたり、虹や宇宙を表現した作品に仕上げたり、その他たくさんの作品を制作しました。ハート型に並べた薔薇の写真コーナーは大盛況でした。夫を追悼し感謝の作品が胸を打つ素晴らしい作品展となりました。
 夫が生前よく「いい時代に生まれて、いい仕事に就いて、一生懸命働いて、生活も安定し、折り紙に出会って人生を豊かに過ごすことができて大満足だ」と言って折り紙に大変感謝しておりました。死後、夫が最後に書き残した文が見つかりました。「石神にいる芳孝の所に来るように」。この言葉を受け、折り紙夢工房の作業所を改装し、みんなが楽しめる憩いの場を作る計画を進めています。来年の8月完成予定を目指しています。是非、遊びに来てください。そして来年、折り紙夢工房は50周年の記念の年でもあります。会員一同、より一層精進して頑張ります。



「折り紙フェスティバルin舞まいこ子公園」と「すこやか祭り」報告
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

2017年10月1日(日)~11月15日(水)、舞子海上プロムナードで開催された折り紙フェスティバルが無事終了しましたので報告します。
 第3回を迎えました今回は、展示期間を1か月半に伸ばしていただき、たくさんの海外からのお客様にもご覧いただきました。
 講習会(10/21と10/29)は、2回ともあいにくの台風に見まわれ、寂しい結果となりましたが、今回も講習会後の美しい調べに心が癒されました。
 大きな合同作品や繊細な個人作品に、来場者の方々から お褒めの言葉をたくさんいただき、メンバー一同喜んでいます。



11月18日(土)、尼崎市の立花にあります「すこやかプラザ」にて、第8回すこやか祭りが開催され、今回初めて呼んでいただきました。
キャラクターを教えて欲しいとのご希望でしたので、ツムツムのミッキーを講習しました。見本に私達が折ったミッキーとリボンもプレゼントし、思いがけずペアになって皆さんに笑顔をプレゼントすることができました。


2017「おりがみの日」記念イベントレポート

東京おりがみミュージアムのある墨田区のランドマーク、東京スカイツリータウン・ソラマチ5階すみだまち処どころで3回目の開催となった第24回おりがみカーニバル。今回の記念作品展のテーマは「旅に出よう」で、皆さんからご応募いただいたさまざまな趣向を凝らした約80点の作品を展示しました。
 「おりがみの日」と展示作品の一部が新聞記事になったことも重なって、会場は初日から最終日までたくさんのお客さんでにぎわいました。



みんなの作品展

2017年の活動報告(国内)※ 笹原英代(東京都)

2017年7月31日(月)、地域の東糀こうじや谷小学校で、「わくわくサポート」の一環で折り紙を教えました。今回で5回目となります。
 私の中で、今年のテーマは折り紙の遊びでしたので、こまを作り、その同じ過程でひまわりも作り、コースターにパウチ(ラミネート加工)しました。
 子どもたちの喜ぶ、素晴らしい笑顔が見られた夏休みの一日でした。
 2017年10月7日(土)・8日(日)、大田区立糀谷文化センターに於いてセンター祭りが開催されました。
 私たちのサークル「折鶴の会」の一年間の成果を発表する場所でもあり、今回で15回目の展示になりました。
 訪れる方々からは、これが折り紙?と驚きの声とともにお褒めの言葉をたくさんいただきました。
 会場内では、折り紙教室も行い、ハロウィンの様々なグッズを折り、皆様に楽しんで
いただき、折り紙を広める一助となりました。




~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,160円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

NATIONAL GEOGRAPHIC MAGAZINE (ナショナルジオグラフィック英語版) 
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
THE YEAR OF THE BIRD Why Birds Matter, and Are Worth Protecting They help the environment, but they also help our souls. In 2018 we’ll...

NATIONAL GEOGRAPHIC MAGAZINE (ナショナルジオグラフィック英語版) 

2018年01月01日号

目次: THE YEAR OF THE BIRD
Why Birds Matter, and Are Worth Protecting
They help the environment, but they also help our souls. In 2018 we’ll explore the wonder of birds, and why we can’t live without them.

If Birds Left Tracks in the Sky, They’d Look Like This
A photographer captures the paths that birds make across the sky.

After Five Decades of Civil War, Colombia’s...
A peace accord has ended the fighting. But the countryside is littered with land mines, and...

Here’s Where the Arctic’s Wildlife Will Make Its...
Forecasters say the region’s sea ice will dwindle to a strip above Greenland and...
DISPATCHES
For a Lucky Few, Life Is Better in This Kabul...
So far Qasaba’s comfortable new apartment blocks on the edge of Afghanistan’s capital...
The Science Behind Psychopaths and...
Researchers have found that the way our brains are wired can affect how much...

SKYWARD国内版(スカイワード)
1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
特集1【ハンガリー】 泉湧く美しき都 文/上保雅美 撮影/山口規子 特集2【ドイツ】 バウムクーヘンの秘密 文/河内秀子 撮影/鮫島亜希...

SKYWARD国内版(スカイワード)

1月号

目次: 特集1【ハンガリー】
泉湧く美しき都
文/上保雅美 撮影/山口規子

特集2【ドイツ】
バウムクーヘンの秘密
文/河内秀子 撮影/鮫島亜希子

特集3【JAL 新・JAPAN PROJECT 山口県】
長州、食の美、自然の美
文/品川雅彦 撮影/阿部伸治

【インタビュー On My Journey ~旅の途中~ 】
鈴木亮平
文/吉原徹 撮影/福岡耕造

【SKYWARD Column】
スポーツ聖地紀行   文/生島淳
旅の風景を支える人  文/飯塚玲児
ご当地カレー進化論  文/水野仁輔

【にっぽん歳時記】
冬のごちそう カニ
文/本間公子 撮影/John Lee

【Embrace new Challenges JAL】
NEWS 「アレクサ、 JALを 開いて!」
REPORT 世界初! 機内でVR体験

【BOOKMARK for TRAVELER】
スイス スロベニア イギリス 日本

【旅する】
本/澤田康彦
音楽/小西康陽
物/林信朗
おもたせ/猫沢エミ

【日本めぐり】
お遍路グルメ紀行① お遍路はじめのお菓子
文/露木朋子 撮影/角田 進

【明治150年 志士たちの風景】山口県萩市
文/磯田道史 撮影/阿部伸治

【東京散歩】
代官山編
文/東野りか 撮影/吉田篤史

【JAL’S SKY Special Report】
沖縄サッカーキャンププロジェクト

【つばさよつばさ】
東京─パリ 1930年
文/浅田次郎 絵/川上和生

【私たちができること―JAL CSR REPORT】
将来を担う若者の育成『JALスカラシッププログラム』

【この町の名情景】
大子町/茨城県 新宿区/東京都 千代田区/東京都 本島周辺/沖縄県

【スカイワード フォーラム】
読者のお手紙・次号予告・アンケート

【スカイワード・ナビ】
JALグループからのお知らせ

クリニックばんぶう
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
-------------------------------------------------------------- 最 新 内 容 2018年1月号(2018年1月1日 発行) --------------------------...

クリニックばんぶう

2018年1月号

目次: --------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2018年1月号(2018年1月1日 発行)
--------------------------------------------------------------

◆特集◆ 水面下で進む地域医療の再編成!!
       診療所グループ化時代の生き残り戦略

24時間365日対応や多様な外来ニーズへの対応、働きやすい職場環境づくりなど、医療・経営の質と効率性を高めるために、グループ化を進める診療所が出てきている。好むと好まざるとにかかわらず、グループ化の流れを読み取らずに経営は成り立たない。現在の動きと今後の方向性を考える。

先行事例1●在宅診療所のグループ化
 診療所ネットワークを構築し 在宅医療の質と効率性を高める
 医療法人おひさま会(兵庫県・神奈川県)

先行事例2●複数医師による多診療科診療所
 多診療科の専門医を擁して 中核病院並の外来診療を実現
 医療法人社団医の森クリニック浅草橋(東京都)

先行事例3●医科併設型の歯科診療所
 医科歯科併設の分院展開で利便性を担保し 経営基盤を強化
 医療法人社団相生会(東京都・埼玉県・宮城県)

動向分析●歯科に見る経営統合・大型化の流れ
 保険診療は中規模診療所が中心 課題は管理できる人材の確保
 水谷惟紗久(日本歯科新聞社『アポロニア21』編集長)

未来予測●M&Aに見る経営統合の方向性
 M&A件数は年々増加中 グループ化は着実に進んでいる
 森山智樹(株式会社日本M&Aセンター営業本部医療介護支援部ディールマネージャー)

コラム●
 診療所同士ではなく 病診のグループ化が主流に?
 松村眞吾(株式会社メディサイト代表取締役)

------------------------------------------------------------------

■経営トップの仕事術
 太田秀樹氏(医療法人アスムス理事長)

■【新企画】才色兼備
 小林暁子氏(小林メディカルクリニック東京院長)

■接遇再考
 村尾孝子(株式会社スマイル・ガーデン代表取締役)
 今月のテーマ:挨拶の仕方

■TOPICS 特別鼎談
 ヘルスデータ管理機能で遠隔診療と健康管理の質と利便性を上げる「MediTel」の挑戦

■建築の力
 ひばりがおかこどもとアレルギーのクリニック

------------------------------------------------------------------
その他注目記事!
------------------------------------------------------------------
■【新企画】かかりつけ医療の質を高める在宅医療講座
 [Session1]患者対応/[Session2]栄養管理/[Session3]介護事業

■【新企画】かかりつけ医療の未来を拓く最新医療講座
 [Session1]未来の医療を知る/[Session2]がん医療の明日を考える/
 [Session3]社会全体を健康にする/DATAで読み解く今後の方向性

■【新企画】地域診療所未来構想〜全国各地の先導者と地域を考える!!
 地域医療の先導者
 平野 功(清瀬市医師会会長・医療法人社団功和会平野クリニック院長)
 地域診療所レポート
 メイプルブレストケアクリニック/在宅サポートながさきクリニック/リプロダクションクリニック大阪

■【新企画】真のリーダーになる人のための院長塾
 診療所経営道/ドラッカー講座/資産運用講座/アリストテレスの処方箋

■【新企画】BAMBOO OPINIONS
 医療改革と診療所経営/真野俊樹の世界の医療を知る/
 医療介護政策の動きと展望/経営力を上げる今月のおすすめ本/
 地域づくりと医療介護のあり方/社会・医療の未来予想図

■【新企画】患者動向総合研究所
 診療科別―傾向と対策/医療・健康関心ランキング/
 患者1000人アンケート分析/患者に支持されるスマホ戦略/
 患者今昔物語/私のリビングウイル

■イマドキの診療所事情
 松村眞吾

■新・開業「天国と地獄」

■Monthly TOPICS

■BackNumber

------------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2018年2月号(2018年2月1日 発行)
------------------------------------------------------------------
◆特集◆ 薬だけの治療では支持されない
       “在宅栄養”が地域医療に革命を起こす

「食」「栄養」は、高齢患者の状態維持・改善はもちろん、QOLの観点からも重要なテーマだ。かかりつけ医は、この分野に対して具体的にどのようにかかわっていけばいいのか。先行事例を中心に、在宅栄養の最前線を特集する。

調剤と情報
[vol.24 No.1]
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
特集 腎機能評価を薬物療法に活かす ・腎臓の働きと薬との関係     佐藤 良和 ・腎機能低下時の薬物動態の変化  嶋村 弘史 ・腎...

調剤と情報

[vol.24 No.1]

目次: 特集 腎機能評価を薬物療法に活かす

・腎臓の働きと薬との関係     佐藤 良和

・腎機能低下時の薬物動態の変化  嶋村 弘史

・腎機能低下時に注意を要する薬の使い方
  抗菌薬            宮村 重幸
  H2受容体拮抗薬        平戸 和美
  抗ヘルペスウイルス薬     吉田 拓弥
  抗凝固薬           園田 利弘

・腎機能評価のピットフォール   柴田 啓智


Report
第27回日本医療薬学会年会
第50回日本薬剤師会学術大会
薬局発! 精神科領域の学会発表をPick up!


新連載 こんなとき、患者さんにどう寄り添う?
精神科薬物療法@薬局  成井繁

新連載 現場でぶつかる「困った!」「どうすれば…?」に薬学的に対応する
認知症の薬物治療Q&A  三輪高市

新連載 始める! 活かす!
実践! 腎機能チェック  近藤悠希

新連載 薬の動きにZOOM UP!
糖尿病治療薬  飛田夕紀、黒山 政一

薬剤師的臨床推論活用術⑨―完
動悸  前野哲博、松下 綾

解決! 妊婦の疑問・授乳婦の不安⑩
息治療薬・授乳婦  杉浦尚子

バズーカ岡田のフレイルをぶっとばせ!⑤  バズーカ岡田、寺田健太郎

新連載 聞いてみよう 薬剤師の知りたいこと
アニサキス  塩見一雄

明日からはじめる検体測定室④  岡﨑光洋

新薬くろ~ずあっぷ201
ベムリディ錠25mg  赤木晋介、高栁和伸

添付文書プラスアルファの情報使いこなし術⑧
ワクチン・予防接種の正しい知識を薬局から(前編)  阿部尚子、堀 美智子

今月のヒヤリ・ハッと・ホッとした話  澤田康文

どうする? どうなる? 在宅患者備忘録⑦―完  佐藤一生

問題解決! 薬局薬剤師の介入事例⑥―完  三上明子、田村 有梨

かかりつけ薬剤師のための処方推論⑬
多剤併用のCKD患者、処方から注意すべきポイントは何?  宇高伸宜、岸田 直樹


◇今月の話題 日本薬剤師会
◇処方・調剤・保険請求のQ&A

月刊消防
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
『月刊消防』2018年1月号目次 Special Feature ■インタビュー発隊から2年! エアハイパーレスキュー 「月刊消防」編集室 ●【新連載】今こ...

月刊消防

2018年1月号

目次: 『月刊消防』2018年1月号目次

Special Feature
■インタビュー発隊から2年! エアハイパーレスキュー
「月刊消防」編集室
●【新連載】今こそ知っておくべき 泡消火のAtoZ(1)
ミスターフォーム、誕生/深田工業株式会社
●【最終回】知らないと損をする!? 元署長の使える現場活動テクニック
部下の育成/並木 努
●静岡市消防局における山岳救助訓練(3)
春山訓練、夏山訓練について/静岡市消防局
●来たるべき災害に備えよ! 大阪レスキュー最前線!(5)
平成29年度救助連携応用訓練の実施について/大阪市消防局 警防部警防課(救助)
●ミサイル飛来を想定したNBC災害(特殊災害)対応訓練の実施について
/奥州金ケ崎行政事務組合水沢消防署 副署長 及川勝則
●救助の基本+α(20)
槽内救助/上尾市消防本部 東消防署 消防第一課 特別救助隊 下山啓介 松﨑智弘
●ヨソホン/伊賀市消防本部・中消防署
●PhotoTopics羽田空港で航空機事故を想定した大規模訓練を実施/「月刊消防」編集室
●Information消防行政「消防同意等の電子化に向けたシステム導入対応マニュアル」の概要について
/消防庁予防課予防係 鎌倉達也
●消防職員のためのお天気ちしき(6)
地震/気象庁
●Information消防行政メキシコ地震災害に係る総務大臣感謝状贈呈式、消防庁長官表彰式及び活動報告会の開催
/消防庁総務課・参事官付
●かゆいところに手が届く! 予防お悩み相談室(73)
放電加工機/消防道研究会
●過去に学ぶ(46)
「消防の任務」と「消防法の目的」/名古屋市消防局
●すぐに使える! 消防講話のタネ(63)
「分かっている」から「できる」へ/池田和生
●違反是正は怖くない! モヤモヤ解決Q&A(21)
親が所有し子が占有する防火対象物への是正措置/第一総合法律事務所 國重愼二
●できていますか? 消防職員のビジネスマナー(8)
「会議のセッティング」/髙畠真由美
●消防団事務担当者のひとりごと(4)
消防団を増やすにはどうすればよいのか
●消防心理学トピックス(22)
人間を動かす「記憶」とは/加藤孝一
●ステップアップ 消防技術!(10)
止血帯装着の練習をしてみよう/防衛医科大学校病院 救急部 吉村有矢
●CHEMICAL SOLDIERのCBRNよもやま話(49)
核テロシナリオと正面から向き合う
―東京で10ktの核がさく裂したとき―(前編)/濵田昌彦
●海上保安庁の潜水訓練(4)
現場に出てから(その1:捜索訓練)/海上保安庁警備救難部救難課 和多田 聖
●海外の救助隊事情について(5)
チームの技術と機材について ?アセスメント/独立行政法人 国際協力機構 勝部 司
●事故事例から考える 消防の安全配慮(9)
火災防ぎょの事故事例(①一般火災:放水活動・救助活動)/安西法律事務所 山岸功宗
●PhotoTopics
危機管理産業展2017における災害対策ロボット・ドローンのデモンストレーション
/「月刊消防」編集室
●駅での防火・防災対策をいかに進めるか
●情報のひろば
●最新救急事情(196)
手による胸骨圧迫は機械による圧迫より有意に優れる/玉川 進
●入門 高圧ガス保安法~法令の概要と体系~(9)
高圧ガスの消費・廃棄/高圧ガス保安協会
●予防技術検定トレーニング
●消防吏員 昇任試験合格講座
ESSAY & COLUMN
○Voice(24)
○火掛り THE スタンダード(7)
○救急隊員日記(165)
○トモさんはてんてこ舞い(80)
○世界の消防グッズ見聞録(91)
○月刊消防BookReview
※「消防職員のためのメンタルヘルス」はお休みします。

コミュニティケア
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
●特集 認知症グループホームと訪問看護の医療連携 〈総論〉 医療連携による効果と看護師への期待 髙橋 恵子 〈報告1〉 健康管理から看取...

コミュニティケア

2018年1月号

目次: ●特集 認知症グループホームと訪問看護の医療連携

〈総論〉
医療連携による効果と看護師への期待 髙橋 恵子

〈報告1〉
健康管理から看取りまで利用者・スタッフを幅広く支援 荒木 修代・[Column]宮下 美保子

〈報告2〉
利用者の安心できる生活と希望の場所での最期を支える 木川 順子・[Column]和田 周賢

〈報告3〉
長期的なかかわりだからこそ可能なサポート 尾﨑 千恵・[Column]道崎 人美

〈資料〉
医療連携する際に必要なこと 清崎 由美子

●第2特集 理想を実現しよう 訪問看護ステーションの起業

〈メッセージ〉
理想の看護を求めてステーションを起業 塙 真美子

〈総論〉
経営者に求められる経営資源の有効活用と情報リテラシー 渡邉 尚之

〈Q&A〉
ヒト・モノ・カネ・情報の集約と活用の方法 佐藤 千咲・加藤 明子・渡邉 尚之

●20th Anniversary
『コミュニティケア』20周年記念! 読者プレゼント

●SPECIAL WEBSITE GUIDE
「教養と看護」連載
超支援?! 支援現場に表現的まなざしを向けてみる。


●COLUMN
ニュース手帳 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 上野 まり
AIが活躍する新たな社会とは

訪問看護師の強い味方 小田 美紀子
一般社団法人兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会


●SERIES
〈新連載〉 訪問看護ステーションの経営戦略 渡邉 尚之
管理者に求められる視点

終の棲家で生活を支える看護 松井 典子
認知症を理解する(1)

看護職のための文章講座 石黒 圭
【指示】アドバイスは寄り添って

事例から考える 薬剤師との連携 勝野 純子・永井 則子・平田 桂子
慢性腎不全のAさん。確実な服薬が困難で、浮腫が悪化。どうしたらよいですか?

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
広い視野で情報をキャッチし活用しよう

支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保 結紀
新しいことへの挑戦

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 古本 直子

日本訪問看護財団からのお知らせ
在宅看取りのELNEC-J研修会を開催して ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
訪問看護ステーションの事業所自己評価のウェブシステムを開発 ほか

肉牛ジャーナル
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
1月特大号目次 【特集 広域枝肉共励会を制した肥育農家】 ●地道な歩みが結実した史上初の連覇達成  -宮城県石巻市 (株)川村ファー...

肉牛ジャーナル

2018年1月号

目次: 1月特大号目次

【特集 広域枝肉共励会を制した肥育農家】

●地道な歩みが結実した史上初の連覇達成
 -宮城県石巻市 (株)川村ファーム-
  本誌編集部
●歩留の良い枝肉作りを目指して
 -島根県大田市 (有)島根農場-
  本誌編集部
●美味しい牛肉作りを目指して
 -京都府南丹市 (有)京都丹波牧場-
  本誌編集部

口絵
●京都府の平井鈴子さんと静岡県の鈴木勇也氏が最優秀賞を受賞!
 -第64回近畿東海北陸連合肉牛共進会-
●岡田一彦氏が優等賞1席!朝日屋が2500万円で落札!
 -第68回松阪肉牛共進会-
●美味しい牛肉作りを目指して
 -京都府南丹市 (有)京都丹波牧場-
●歩留の良い枝肉作りを目指して
 -島根県大田市 (有)島根農場-
●川村ファームの仙台牛に舌鼓
●全国種雄牛名鑑『公的機関編』

連載
●シェパードのコラムから 112
  松本大策・蓮沼浩・池田哲平・数面麻子
●交雑種を利用した和牛生産と1産取り肥育について ⑬<最終回>
  山崎春菜・川田隆作
●基礎から学ぶ和牛の飼養管理:繁殖編 ⑥
 -子牛の育成について①-
  二井博美

読み切り・その他
●人工哺乳時における誤飲防止用器具の開発とその取り組み
 -ミルクの逆流と誤飲は、呼吸器病の重要因子-
  板垣昌志
●肥育牛飼料給与診断ソフト「DGマックス」の開発
  中島敏明
●京都府の平井鈴子さんと静岡県の鈴木勇也氏が最優秀賞を受賞!
 -第64回近畿東海北陸連合肉牛共進会-
  本誌編集部
●宮城県の会田直隆氏が初のグランドチャンピオン賞!
 -第30回東北・北海道連合肉用牛枝肉共進会-
  本誌編集部
●迫田隆氏が初の最優秀賞!
 -第39回北海道枝肉共励会(黒毛和牛の部)-
  本誌編集部
●グランドチャンピオンは岸本真広氏の出品牛!
 -平成29年度鳥取県畜産共進会「肥育牛の部」-
  本誌編集部
●第31回黒毛和種共進会は(株)山下牧場が二連覇!
 -さいたま市食肉中央卸売市場
  第31回交雑種枝肉共進会・黒毛和種枝肉共進会-
  本誌編集部
●新年企画クイズ&プレゼント
●付録:全国種雄牛紹介ポスター

表紙写真/松阪肉牛共進会の首席牛

(※12月28日から1月4日まで休業致します)

週刊トラベルジャーナル
2018年1/1・8合併号
発行間隔: 週刊
発売日: 毎週月曜日
紙版
デジタル版
■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□ <編集長より>  新法が6月に施行され、シェアリングエコノミーの代表格といえる民泊が今年...

週刊トラベルジャーナル

2018年1/1・8合併号

目次: ■□■□■□■□ TJ編集部より ■□■□■□

<編集長より>
 新法が6月に施行され、シェアリングエコノミーの代表格といえる民泊が今年、法的な位置づけを得ます。すでにビジネスは活発に動いていますが、個人間取引を軸としたシェアリングエコノミーが観光分野でも爆発的な広がりを見せそうです。観光のカタチは間違いなく大きく変わります。そんな時代に既存の観光事業者がどのようにシェアリングツーリズムをつかむことができるのか、18年年頭のテーマとして展望しました。観光先進国への道は険しく、今年もさまざまな論点を提示したいと思います。

■□■□■□■□ 1月1・8日号の目次 ■□■□■□

【特集】
 *民泊が変える観光のカタチ
  つかめるかシェアリングツーリズム

 民泊新法が6月に施行され、民泊が法的に位置づけられることで巨大な新ビジネスが表舞台に立つ。これを機に民泊を始めとしたシェアリングエコノミーが活性化すれば、宿泊ビジネスはもとより観光ビジネス全体に大きな変化をもたらしそうだ。

 ▽膨らむCtoCの存在感
 ▽Simulation1 民泊が変える訪日客の動線
  市川久行(ぴあインバウンド事業開発室プランナー兼「日本達人」編集長)
 ▽Simulation2 民泊が変える旅行手配
  高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長)
 ▽Simulation3 民泊が変える地域の消費
  佐藤真一(バリュー・クリエーション・サービス代表取締役)
 ▽Simulation4 民泊が変える宿泊サービス
  平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
 ▽エアビーが挑む地域再生
 ▽拡大するシェアリングツーリズム
  渡邉賢一(エクスペリエンス・デザイナー/XPJP代表取締役社長)
 ▽観光産業への問題提起
  江藤誠晃(トラベルプロデューサー/BUZZPORT代表取締役)
 ▽地域への問題提起
  木下斉(エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
 ▽シェアサミット講演から
  ピーター・ファン・デ・グリン氏(シェアNL共同創業者/シェアリングシティアライアンス共同創業者)

---------------------------------------------------------------------

注目のニュース
 JTBWV、FIT対策で新ブランド
 日本版DMO、登録第1弾に41法人
 若者の海外旅行促進へ検討会
 11月の客室利用率87.2%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術

コラム
*視座 萬年良子(ベルトラ代表取締役副社長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
*黒須靖史のミステリーショッパー
 *ビジネスパーソンの日々雑感 安部敏樹(リディラバ代表取締役)

NutritionCare(ニュートリションケア)
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
【特集】腸内細菌とプロバイオティクス超入門 福島学院大学短期大学部 田村佳奈美 [Q1]腸管のおもな役割は何? [Q2]腸内フローラ(腸内...

NutritionCare(ニュートリションケア)

2018年1月号

目次: 【特集】腸内細菌とプロバイオティクス超入門
福島学院大学短期大学部 田村佳奈美

[Q1]腸管のおもな役割は何?
[Q2]腸内フローラ(腸内細菌叢)とは何?
東邦大学/東邦大学医療センター大森病院 鷲澤尚宏

[Q3]何が原因で腸内フローラが乱れるの?
[Q4]腸内フローラが乱れると何か病気になるの?
[Q5]プロバイオティクスって何?
[Q6]プレバイオティクスって何?
[Q7]シンバイオティクスって何?
医療法人ちゅうざん会ちゅうざん病院/金城大学 吉田貞夫

[Q8]乳酸菌とビフィズス菌の違いは何?
[Q9]乳酸菌にはどんな効果があるの?
[Q10]乳酸菌やビフィズス菌は生きて腸に届かないと意味がないの?
株式会社ヤクルト本社 河見浩司郎

[Q11]痩せる腸内細菌って本当にあるの?
京都府立医科大学大学院 内藤裕二

[Q12]食物繊維にはどんな効果があるの?
福島学院大学短期大学部 田村佳奈美

[Q13]食物繊維を配合した栄養剤にはどんなものがあるの?
一般財団法人甲南会甲南病院 尾園千佳

[Q14]発酵食品にはどんな効果があるの?
福島学院大学短期大学部 橋本ヨシイ

[Q15]脳と腸って本当に関係があるの?
京都府立医科大学大学院 内藤裕二

[レシピ]腸内細菌を増やすためにおすすめの料理はこれ!
(1)晩秋から冬向き 善玉菌を増やし抗酸化作用も狙える 黒豆納豆の麹和え
(2)初夏~初秋向け 栄養バランスがよく免疫力アップにつながる 納豆とトマトのしょうゆ麹和え
(3)食物繊維+カルシウム補給、お腹の調子もととのえる かぼちゃのすいとん汁
福島学院大学短期大学部 橋本ヨシイ

(4)食物繊維+乳酸菌でシンバイオティクス!相乗効果が期待される ビビンバサラダ
(5)発酵食品+発酵食品で善玉菌を増やそう! きのこのカナッペ
(6)水溶性食物繊維で腸内のpHを下げよう! オクラとひじきのゆずこしょう和え
一般財団法人甲南会甲南病院 尾園千佳

(7)野菜の食物繊維たっぷり!+いろいろな食材でつくれる チョップドサラダ
(8)水溶性、不溶性の繊維が両方とれる! ひじきとにんじんの簡単白和え
(9)子どもにも人気! 食物繊維アップの炊き込みご飯 ツナと切り干しだいこんの炊き込みご飯
福島学院大学短期大学部 田村佳奈美



【『ニュートリションケア』編集委員交代のお知らせ】



【連 載】
◆管理栄養士に伝えたいこと メッセージ For You
・美しいメディカルスタッフへ
川崎医療福祉大学/兵庫医科大学 永見慎輔

◆臨床研究してみませんか? 日常臨床のなかから管理栄養士がエビデンスをつくる!
・データを解析する:時間データの分析
Office SAKAI/斉藤内科クリニック 坂井敦子
大阪国際大学短期大学部 坂井孝

◆見たい! 知りたい! 味わいたい! 術後食&病院食 世界の旅
・米の粒食文化の拡大を感じさせるエジプトの病院食
医療法人財団緑秀会田無病院 丸山道生

◆その患者、じつはフレイル? もしかしてサルコペニア? 高齢者の食と栄養と嚥下障害を支える
・回復期病院での栄養・口腔・嚥下のアプローチ
社会医療法人社団熊本丸田会熊本リハビリテーション病院 井野美穂子

◆ダメダメ指導にさようなら 栄養指導の○と×
・ホームヘルパーが調理介入している2型糖尿病、糖尿病性腎症の訪問栄養指導
国家公務員共済組合連合会三宿病院 中曾根由愛
国立病院機構京都医療センター 坂根直樹

◆イラストで学ぶ 栄養にかかわるホルモンよくわかる講座
・バソプレシン(抗利尿ホルモン、ADH)
古賀病院21 伊藤真理
新古賀病院 川﨑英二

◆NST回診日誌
・輸液:細胞外液補充液とは
大阪国際がんセンター 飯島正平



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック18本!
◆講演会・院内勉強会・健康教室で使える 心をつかむ! アイスブレイク超入門
・心をほぐす「つかみ」を意識する
岐阜大学 今村光章

◆時短×節約♪ ヘルシーレシピ
・にんじんマリネ
一般財団法人甲南会甲南病院 尾園千佳



【その他】
・編集委員・編集同人
・学会・研究会情報
・ふら~っとよりみち たべもの・きろく・にっき
・次号予告

WINGSPAN 国際線版
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
デジタル版
Contents TriviANA Choice Tidbits from Around the World Green Means Go by David Tracey Double Take—Bicultural Life in...

WINGSPAN 国際線版

2018年1月号

目次: Contents

TriviANA
Choice Tidbits from Around the World

Green Means Go
by David Tracey

Double Take—Bicultural Life in Japan
by Holly Thompson

Entertainment, Travel & Adventure in Chicago
Windy City Magic
Story by Danny Rudnick
Photographs by Stephanie Toland

Tokyo 2020—Yuzuru Hanyu
Ready for Takeoff

Outbound Japan—Kazufusa Hosho
Invigorating the Art of Noh
Interview by Patricia Massy

Japanese Things—Okinawa Tea
In the Black
Story & Photographs by Mayumi Ishii

Beautiful Japan
A Chilling Beauty
Photo Gallery by Junshi Nakamichi

The Occasional Tourist—Soho, London
A Moving Community
Story & Photographs by Mark Parren Taylor

Japan Trio—Three Great Tsumugi Silks
by Jon Burbank

Japan from A to B—Bizen, Okayama Prefecture
Refined Ceramics for Robust Sake
Story & Photographs by Tony McNicol

Tastes of Japan by ANA—Get to Know Hokkaido
Sapporo Snow Festival

ANA Group Information
Passenger Service

Fleet Information
Airport Information

シルバー新報
1287
発行間隔: 週刊
発売日: 毎週金曜日
紙版
デジタル版
今週のトップニュース 特集 本音で話せ!訪問介護  政府が重要政策として実行中の「働き方改革」。安倍晋三総理大臣はかつてこの実現にむ...

シルバー新報

1287

目次: 今週のトップニュース

特集 本音で話せ!訪問介護

 政府が重要政策として実行中の「働き方改革」。安倍晋三総理大臣はかつてこの実現にむけて「世の中から『非正規』という言葉を一掃していく」「戦後の日本における労働法制史上の大改革として歴史的な一歩になる」と断言した。
 文化やライフスタイルとして長年染みついた労働慣行、日本人の働くということに対する考え方そのものが本当に変わるのか。政策として評価するにはまだ早いが、メディアでは連日のように、大幅な人事改革に取り組んだ企業の成功事例が紹介されている。ならば我が社も、とチャレンジする経営者も後を絶たないだろう。
 だが、そうした明るい展望や活気が介護業界では感じられない。
「今いるヘルパーが退職して、人員基準を満たせなくなったら事業を閉めようと決めています」。ある訪問介護事業所の管理者がそう話す。何度募集しても電話一本かかってこない。かといって誰でもいいとは思わない。「訪問介護ほど高い人間性や対人援助技術が必要な職種はないから」。同じような声があちこちから聞こえてきそうだ。
 魅力ある仕事と分かっているのに、政策で評価されないからと諦めてしまうのはもったいない。今必要なのは、「人が生きていくことを支えるとはどういうことか」現場の実力を社会に見せていくこと。新しい事業モデルの構築も不可欠だ。役人が出してくる論点はどれも的外れ。現場は、もっと本気で、本音で話してほしい。


その他おすすめ記事

◇2018年度改定 介護報酬はプラス0.54%………1面

◇本紙アンケート 人手不足解消「生活援助ヘルパー」効果なし…5面

◇来年度予算案 過去最大を更新………11面

◇働きやすさ指針作成 東京都………12面

など

Rp.+(レシピプラス)
Vol.17 No.1
発行間隔: 季刊
発売日: 1,4,7,10月の1日
紙版
特集:気管支喘息・COPDの 吸入剤 ≪はじめに> 中部ろうさい病院呼吸器内科 部長 松尾正樹 喘息,慢性閉塞性肺疾患(COPD)はともに日...

Rp.+(レシピプラス)

Vol.17 No.1

目次: 特集:気管支喘息・COPDの 吸入剤

≪はじめに>

中部ろうさい病院呼吸器内科 部長 松尾正樹

喘息,慢性閉塞性肺疾患(COPD)はともに日常診療でよく遭遇する呼吸器疾患です.呼吸器内科での外来診療において多くの割合を占める疾患でもあります.近年,喘息とCOPDにおいては吸入療法が治療の中心となっており,症状コントロールや予後改善に大きく寄与しています.私が医師になった1995年以降,吸入ステロイドの普及により喘息の入院数,死亡者数は劇的に減少しました.COPDに関しては複数の気管支拡張薬の登場や配合剤の開発により治療オプションが増えました.現在では複数の吸入ステロイド,気管支拡張薬とそれらの配合剤が市販されており,各々特徴のあるデバイスが用いられています.これにより個々の患者さんに適切な吸入剤を選択することが可能となった反面,吸入指導の煩雑化とアドヒアランスの低下という問題が生じてきました.吸入剤の効果を最大に発揮するためには適切な薬剤選択とともに適正な使用が必要であり,そのためには吸入剤に関する理解と丁寧な吸入指導が求められます.そこで,名古屋市南部地区では薬剤師による統一した吸入指導が可能となるように取り組んできました.現在では統一指導箋を用いて院内処方,院外処方ともに同様な吸入指導が可能となり,喘息やCOPDの診療に重要な役割を果たしています.
 今回は,そんな名古屋市南部地区で活躍中の“吸入マスター”達に吸入剤の選択・指導・管理のコツを惜しみなく披露してもらいました.明日からの吸入指導にぜひお役立てください!

≪呼吸器と製剤のキホン≫

1.吸入剤を理解するためのキソ
 ・呼吸器のしくみ
 ・喘息・COPDに関わる検査値
 ・疾患の評価
 ・経肺投与経路のメカニズム
 ・吸入剤の粒子径と肺内沈着率
 ・吸入剤が効くメカニズム
 ・妊婦に対する投与

2.吸入剤のかたち
 ・吸入β2刺激薬のかたち
 ・添加剤:乳糖のかたちと牛乳アレルギー

≪疾患別 吸入療法の位置づけ≫

1.気管支喘息
 ・気管支喘息の病態
 ・非発作時の吸入剤治療
 ・ステップダウンとは

2.COPD
 ・COPDとは
 ・COPDの重症度
 ・COPDの治療

3.ACO
 ・ACOの病態
 ・ACOの診断
 ・ACOの治療

≪吸入デバイス 大解剖!─特徴と使い方まるわかり≫

吸入剤の正しい吸い方
1 pMDI
2 レスピマット
3 ブリーズヘラー
4 ハンディヘラー
5 ツイストヘラー
6 ジェヌエア
7 ディスクヘラー
8 エリプタ
9 スイングヘラー
10 タービュヘイラー
11 ディスカス

≪しくじらない! 吸入剤の選択・指導・管理≫
1 吸入デバイスの操作に支障をきたす身体所見を見逃さない 
2 吸入速度を適切に判断する 
3 吸入補助具の必要性を判断する 
4 高齢者に適した吸入剤を見極める 
5 エタノール添加の吸入剤に注意 
6 投薬カウンター越しのデバイス操作指導には工夫が必要! 
7 吸入時の口腔内の状態まで説明する 
8 使用説明書の記載で患者が戸惑う表現を認識する 
9 2回目の吸入指導も重要! 
10 喘息発作の起こりやすい時間帯,時期に 対応する 
11 コントローラーの最適な吸入時間を提案する
12 吸入デバイスのキャップの役割
13 吸入剤の保管法に注意! 
14 呼吸機能に関する検査値を指導に活用しよう!
15 ステロイドの副作用について聞かれたら 
16 うがいができる患者にその方法を効果的に伝える
17 口腔ケアで予防できる吸入剤の局所性副作用を説明する 
18 クローズドマウス法? オープンマウス法? 
19 複数のデバイスデザインの誤操作を回避する
20 吸入剤の使用順序に影響を及ぼす患者状態を評価する
21 配合剤への切り替えは要注意! 
22 自覚症状が改善したためLABAが単剤使用となっている患者に注意
23 局所性副作用を発現したときの喘息・COPD治療の次の一手 
24 吸入感について訴える患者に対応する
25 pMDIは吸入前に振る? 振らない? 
26 ネブライザーについて聞かれたら 

≪処方例から学ぶ! 吸入療法・吸入指導≫

吸入指導のカギ
case1 薬薬連携で吸入指導を行った40代男性

≪コラム≫
・抗インフルエンザ吸入剤のかたち
・GINAと日本の喘息予防・管理ガイドライン

≪Series≫
・最近のコクシ 
 吸入剤

・ハマゾン.co.jp
 人体 5億年の記憶?解剖学者・三木成夫の世界

・生薬スロットでわかる漢方薬
 気管支喘息

・エビデンスと実臨床の架け橋?臨床疑問のゆくえ?
 チオトロピウムのレスピマット製剤はカプセルと比較して安全なのでしょうか?

≪巻末付録≫

・医薬品集 カスタマイズツール
 吸入剤(気管支喘息・COPD)

≪次号予告≫

甲状腺疾患ABC(仮称)

東亜
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
■COMPASS *出産制限から子育て支援への政策転換を進めよ 厳善平 *トランプ政権の「インド太平洋」戦略 大木聖馬 *南シナ海行動規範をめぐる...

東亜

2018年1月号

目次: ■COMPASS
*出産制限から子育て支援への政策転換を進めよ 厳善平
*トランプ政権の「インド太平洋」戦略 大木聖馬
*南シナ海行動規範をめぐる虚実 飯田将史
*火星15型の発射実験と弾道ミサイル開発の行方 宮本 悟
■特集 朝鮮半島めぐるチキンゲーム
*トランプ政権の北朝鮮政策と日本がすべきこと 渡部恒雄
*北朝鮮核を巡る日米韓協力 牧野愛博
■ON THE RECORD
*北朝鮮核問題に対するわが国の対応 平岩俊司
■ASIA STREAM
*[中国の動向](2017年11月-2017年12月)
外資系企業に共産党支部設置の動きが加速 濱本良一
*[台湾の動向](2017年11月-2017年12月)
移行期正義促進条例の成立 門間理良
*[朝鮮半島の動向](2017年11月-2017年12月)
止まぬ北朝鮮の挑発と、 韓国の叩頭外交 本誌編集部
■マカオは今〔43〕
*マカオ・珠海にとっての香港・深圳
-うしろめたさを抱きしめて、隙間を生きる- 塩出浩和
■Briefing Room
*第19回共産党大会後の発展戦略(上)
-現地で中国人研究者に聞く 伊藤 努
■CHINA SCOPE 
*中国独立ドキュメンタリー映画を想い起す 佐藤 賢
■チャイナ・ラビリンス〔165〕
*日中関係復活の兆しと今後の見通し 高橋 博
■連載 不確実化・深刻化する世界の安全保障環〔4〕
*中国のサイバー安全保障政策と日本への影響 八塚正晃
■New Publications on Asia

ペインクリニック
Vol.39 No.1
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
●巻頭言 ペインクリニック開業医会 …亀澤隆司 ●日本ペインクリニック学会第52回大会(第2報) ●特集 「痛み治療の専門医(ペインクリ...

ペインクリニック

Vol.39 No.1

目次: ●巻頭言
ペインクリニック開業医会 …亀澤隆司
●日本ペインクリニック学会第52回大会(第2報)
●特集
「痛み治療の専門医(ペインクリニシャン)を目指して」
「痛み治療の専門医(ペインクリニシャン)を目指して」によせて …眞鍋治彦
医学生に向けた痛みとペインクリニックに関する教育 …濱口眞輔
麻酔科後期研修におけるペインクリニック教育 …栗山俊之・他
ペインクリニック専攻医の教育~大学でペインクリニック専門医を取得した立場から~ …千葉聡子・他
麻酔科後期研修におけるペインクリニック教育~総合病院での教育:麻酔とペインクリニックを同時に学ぶ~ …武藤佑理・他
ペインクリニック学会専門医制度と教育ガイドライン …眞鍋治彦
●総説
有痛性糖尿病性神経障害の病態と治療 …馬場正之・他
●症例報告
アセトアミノフェン再投与が四肢の骨痛に有効であった Camurati-Engelman 病の1症例 …工藤隆司・他
下肢閉塞性動脈硬化症の足跡潰瘍に対して CT ガイド下腰部交感神経節ブロックと PTA の併用療法が著効した1症例 …岡田寿郎・他
末梢神経障害を呈した klipper-Trenaunay weber 症候群患者の治療経験 …八木知佐子・他
●印象記
第 22 回日本ペインリハビリテーション学会学術大会 …伊達 久
●文献抄訳
・学会告知
・ペインクリニックバックナンバーのご案内
・次号のお知らせ
・本号掲載広告社一覧
・投稿規程

日経ものづくり
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
▲2018年1月号 no.760 1月1日発行 ■特集1 日本品質 復活への道 ●日本品質 復活への道(033p) ●知られざる品質データ偽装 公表...

日経ものづくり

2018年01月01日号

目次: ▲2018年1月号 no.760 1月1日発行


■特集1 日本品質 復活への道

●日本品質 復活への道(033p)
●知られざる品質データ偽装 公表事実は氷山の一角 日本製造業で露呈した課題(034p)
●神戸製鋼と日産の再発防止策 技術と運用で不正を防ぐ企業体質の改善も必要(044p)
● 「品質復活」 への提言 自社再点検のきっかけに カギは管理、仕様、トップ(050p)


■特集2 シリーズ IoT工場の現実

●シリーズ IoT工場の現実 [第1回]データはどうやれば分析できるのか(061p)


■挑戦者

●日本科学技術連盟 会長、コマツ 相談役 坂根正弘品質問題の原因は トップの意識不足(004p)


■ものづくりQuiz

●変形するロボット向け吸着グリッパー リップの中身は何? (015p)


■ニュースの深層

●トヨタ、2030年までに電動車比率5割へ 開発統括部長が戦略を語る(018p)
●ドイツが仕掛けるFAの 「オープン化」 デジタル対応で“脱 ・ 囲い込み”が加速(021p)


■レポート

●3Dプリンターで試作金型を即日作製 パナソニックが生産デジタル改革を解説(024p)
●衣類折り畳み機、ツルツル ・ ごわごわに苦戦 「ランドロイド」 出荷延期のワケ(026p)
●真っ黒なステンレスや1ケタナノ粗さ金属箔 ものづくりパートナーフォーラムで展示(028p)


■数字で見る現場

● 「データ分析は必要」 9割以上 既存設備からのデータ収集に難調査テーマ 「工場IoTの壁」 (068p)


■事故は語る

●電動アシスト自転車のバッテリーが発火 海外設計品、結露への配慮甘く(071p)


■PICK UP

●IDECが 「Safety 2.0」 の実現に向け、協働ロボ用製品を出展(091p)


■3Mで学んだイノベーションの設計図

●モチベーション向上に脳科学を活用する鉄則(102p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●会社に貢献したいと思わせるには(109p)


■インダストリー4.0 現地レポート

●産業用機器のセキュリティーに大きな進展(114p)


■世界が驚く日本の微細加工技術

● 「日本の部品」 を支える超精密加工力(119p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/Books/次号予告(124p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●豊田マネージメント研究所 副社長 高木 徹 氏Googleがトヨタ流マネジメントを取り入れた理由(127p)

日経トップリーダー
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
▲2018年1月号 no.400 1月1日発行 ■特集 採用サバイバル ●採用サバイバル 人口予測が示す人材危機とその対策(012p) ● 「若者の...

日経トップリーダー

2018年01月01日号

目次: ▲2018年1月号 no.400 1月1日発行


■特集 採用サバイバル

●採用サバイバル 人口予測が示す人材危機とその対策(012p)
● 「若者の争奪戦」 を勝ち残るには(015p)
●何が起きる? 「中小企業の一人負け」 が続くのか(016p)
●元就活生の本音座談会 私たちが中小企業に決めた理由(018p)
●Case Study 1 若手社員がブログを更新老舗菓子店の5人の採用枠に1万6000人がエントリー(022p)
●Case Study 2 ゲーム感覚の楽しい選考謎解き形式の会社説明会で老舗が 「求む! 挑戦好きな学生」 (026p)
●Case Study 3 高卒採用は教師をファンに職場見学を随時開催 挨拶や掃除を見せて信頼得る(028p)
●Case Study 4 戦略的な紹介採用社員の友人 ・ 知人を通じて半年で13人の営業担当を獲得(030p)
●Case Study 5 過剰なまでの接点の多さ東大生も口説く社長の気迫 志望者を取り逃さない(034p)
●Case Study 6 部署ごとにブースを設ける職場の魅力を猛アピール! 大手を退ける企業内競合採用(038p)
●採用ブランディングの6ステップ 勝負は解禁前に決まっている! (040p)
●採用支援サービス 中小企業が使えるツールが続々登場(044p)
● 「技術者の枯渇」 を克服するには(047p)
●何が起きる? IT格差が中小企業の業績格差へ(048p)
●Case Study 7 海外IT人材を取り込むミャンマー人とソフト開発 現地に学校つくり、教育まで(050p)
●Case Study 8 外部人材を短時間活用1時間のコンサルティングで社内のIT化を加速(053p)
● 「アラフィフからの女性採用」 に踏み込む(057p)
●何が起きる? 女性活用の軸は50代にシフト(058p)
●Case Study 9 ゆとりシフトで生活と両立75歳のパートも働く鍵は勤務時間の自由度と雰囲気(060p)
●アラフィフ就職体験記 「もう自己実現は求めません」 (062p)
● 「介護と両立できる働き方」 をつくれるか(067p)
●何が起きる? 介護Uターンで明暗が分かれる(068p)
●Case Study 10 究極の自由な働き方都合のいい日、いい時間だけ ストレス除けば、人が集まる(070p)
● 「アラ還」 と 「外国人」 に突破口を探す(075p)
●何が起きる? 「高齢者の高齢化」 が加速する(076p)
●Case Study 11 シニアが喜ぶ職場をつくる募集で 「働きがい」 をアピール 「年配も歓迎」 は要注意ワード(078p)
●Case Study 12 外国人の評判を高める教育や待遇の充実でコミュニティーに口コミを広げる(082p)


■編集長の直言

●時短で日本は滅びる !? 問われる 「人に頼る経営」 (003p)


■大事凡事

●2018年度与党税制改正大綱が映すもの 「100万社廃業」 を突破できるか(008p)


■澤田秀雄の変な経営挑戦日記

●採用は会社の目的と目標から(088p)


■エステー鈴木貴子の笑顔のリーダー学

●採用面接のラストクエスチョンは 「あなたは社長になりたいですか? 」 (090p)


■特別リポート

●あなたの会社の 「現場リスク」 外からも内からも不正は攻めてくる(092p)


■小山昇の整理整頓実況中継

●営業の社員は本来の仕事をしていますか? (098p)


■山田日登志のやるぞ! カイゼン

●テーマを見つける目を磨け(100p)


■BOOKS 社長のための新刊本

● 『琥珀の夢』 徳はどこかで積み重なっている(105p)


■読者がたより

●特集に説得力があった(119p)


■編集部から

●(121p)


■高収益体質エクササイズ

●支払手形をなくすと会社が儲かるのはなぜ? (122p)

厚生労働
2018年1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
------------------------------------------------------------- 最 新 内 容 2018年1月号(2018年1月1日 発行) ---------------------------...

厚生労働

2018年1月号

目次: -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2018年1月号(2018年1月1日 発行)
-------------------------------------------------------------

◆MHLW TOP INTERVIEW◆ 鈴木亮平さん(俳優)

西郷隆盛の行動力と実行力は
今の時代を生き抜くためにも必要な力だと思う

幅広い役柄と多彩な演技力で、高い評価と人気を獲得している鈴木亮平さん。
1月から放送がスタートした大河ドラマ『西郷(せご)どん』では、主役の西郷隆盛役を熱演しています。
知られざる西郷の人物像や役づくり、撮影現場で心がけているリーダーとしての振る舞いなどについてお話を伺いました。

-------------------------------------------------------------
◆特集1◆
技能五輪国際大会でも活躍
世界に誇る日本のものづくり技術

本特集ではものづくりとそれに励む若き技能者たちにスポットを当てます。
国際大会までの道のりや、2023年の愛知県開催に向けての動きも紹介しています。

Part1 日本の未来を支える若き技能者たち
 メダリストインタビュー
  清水義晃さん(株式会社協和エクシオ)
  最上拓さん(株式会社デンソー)
  上野祐平さん(株式会社デンソー)
  麻生知宏さん(株式会社デンソー)
  岡野祥磨さん(トヨタ紡織株式会社)
  佐藤健太さん(トヨタ紡織株式会社)

Part2 日本での開催をめざす 技能五輪国際大会
 インタビュー ものづくりの国・愛知 国際大会開催に向けて始動
  内藤裕司さん(愛知県産業労働部労政局産業人材育成課 技能五輪・アビリンピック推進室長)

Part3 技能競技大会を知ろう ~金メダルへの第一歩~

-------------------------------------------------------------
◆特集2◆
働く・育てる・生きるの今
『厚生労働白書』から見る日本人と社会保障

少子高齢化で日本の社会保障制度の持続に危険信号がともっています!
「社会保障と経済成長」がテーマの『厚生労働白書』の要点を読み、考えてみませんか?

Part1 社会保障を知ることは「日本の今」を知ること

Part2 インタビュー 作成担当者に聞く!
 社会保障制度のあり方を国民全体で考えていくことが必要
  増井英紀(厚生労働省 政策統括官付 政策評価官室 アフターサービス推進官)

-------------------------------------------------------------
その他注目記事!
-------------------------------------------------------------
■医療・介護・福祉・子育て支援 etc. 地方の挑戦 ──先進事例紹介
 [第33回]本別町(北海道)
 空き家対策と生活支援で町民のより良い暮らしを実現

■海外情報
【欧州連合】─────EUの雇用社会政策の動向について
【フランス共和国】──マクロン大統領の誕生と厚生労働
           政策の新たな展開

■今月のニュース

【イベント案内1】
 1月~2月は「はたちの献血」キャンペーン月間です
 献血にご協力をお願いいたします

【イベント案内2】
 「明治150年」の関連イベントを開催します

【お知らせ1】
 「労働時間等見直しガイドライン」が改正されました
 -昨年10月1日から適用されています-

【お知らせ2】
 「女性の活躍推進企業データベース」がスマートフォン対応になりました
 ~学生・求職者へのアピールのチャンスです。ぜひご登録ください~

【お知らせ3】
 今年1月から専門実践教育訓練給付金が拡充されます

【お知らせ4】
 福祉施設職員のための退職金制度を知っていますか?
 ~社会福祉法人が加入する共済制度です~

【お知らせ5】
 専業主婦・主夫の皆さまへ
 国民年金の特例追納制度は今年3月まで!

【調 査1】
 平成30年就労条件総合調査にご協力ください

【調 査2】
 労働経済動向調査(平成30年2月調査)にご協力ください

■ワタシらしくはたらく【第9回】
 景山玲子さん(株式会社長岡塗装店)
 時短勤務や介護休暇を活用し重度介護を在宅で実現

■キャリア形成への道【第10回】
 イーソル株式会社
 節目研修と公正な人事考課で社員のビジョン明確化を応援

■我が町の認知症サポーター【第10回】
 矢巾わんわんパトロール隊(岩手県紫波郡矢巾町)
 小学生から大人まで町民が犬の散歩をしながらパトロール

■編集後記・次号予告

■ハンディと共に生きる【第21回】
 石田祐貴さん
 第一印象にとらわれない関係を一歩踏み出すことで築く

■ニッポンの仕事再発見
 中ぐり盤工 新関謙二さん
 卓越した切削加工技術でミクロン単位の高精度を実現

■輝け!栄養の星【第34回】
 長山詩織さん(医療法人社団いずみ会 介護老人保健施設北星館 管理栄養士)
 高齢者の暮らしに寄り添い一口でもおいしい食事を

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2018年2月号(2018年2月1日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
元気に働いてもらうために会社ができること
労働者の健康は財産です!

◆MHLW TOP INTERVIEW◆ 石原さとみさん(女優)

テーミス(THEMIS)
1月号
発行間隔: 月刊
発売日: 毎月1日
紙版
【THEMISレポート】 朝日新聞‐「反安倍暴走」で読者離れ加速す ついに〝婚活〟ビジネスまで始めた 偏向報道を指摘した著書への猛抗議や新聞の...

テーミス(THEMIS)

1月号

目次: 【THEMISレポート】
朝日新聞‐「反安倍暴走」で読者離れ加速す
ついに〝婚活〟ビジネスまで始めた
偏向報道を指摘した著書への猛抗議や新聞の使命を忘れた経営に内外から批判が


【政 治】
・首相襲う「内閣官房参与人事&スパコン詐欺」の不気味
・商工中金「腐敗」の元凶・経産省の悪巧み
・会計検査院‐「自分の天下り」確保へ疾る‐省庁となれ合い税金むだ遣い検査で取り引きも
・国交省が「不正検査」に乗じ利権拡大へ奔る‐検査問題の裏で人員増や権限強化を狡猾に狙う
・河野太郎‐「ポスト安倍」急浮上も反発招く‐麻生と菅がバックにつくが弱点は腹心がいないこと?!
・小泉進次郎‐迎合マスコミを操る狭量‐官邸主導を批判するが背後に財務省の策謀あり
・〈政官界パトロール〉財務省‐福田次官「森友問題」で続投なし───── ジャーナリスト 横田由美子


【経 済】
・日立‐トヨタに伍す「経営&人材力」の秘密
・明日の金融界 平野三菱UFJ銀行会長の剛腕に「三菱信託」震撼す────── 経済ジャーナリスト 池原冨貴夫
・公取委 地銀再編で「分割・解体論」噴出す‐独禁法執行ばかりに走り地銀問題で金融庁と衝突
・黒田日銀総裁「続投説」へ「交代要望論」疾る‐首相は黒田留任で金融政策成功から憲法改正狙うが


【社 会】
・皇室会議常陸宮さま「たった一人の反乱」
・【一億人の戦争記録】日本女性を襲った「性暴行の悲劇」─ 下川正晴
・慰安婦像設置へ「中韓ロビー」が策動す────── なでしこアクション代表 山本優美子
・驕れる白鵬から「事件」は始まり拡大した‐八角の指導力欠如が大相撲の危機を露わにした
・山口公明党代表&学会財務に内外から批判湧く‐池田大作名誉会長不在のなか婦人部からも「ノー」が!
・会社員&中小企業襲う「新増税」を見抜け‐年金生活者、高所得者、中小企業を直撃する偽計だ
・日テレvs.テレ朝 ネットTV戦争の「熾烈」‐地上波上位を押さえる2局が次の「ネット時代」も狙う
・NHK‐「不払い900万世帯を狙え」の傲慢‐「偏向番組」や「オシッコの拭き方の解説」で受信料を払えとは!
・TBS「偏向報道」続出に電波オークションが迫る‐電波利用料を貪りながら独善的言説をふり撒く
・地銀&信金の「北朝鮮資金ルート」を断て


【生活&文化】
・〈原子力発電「再生」へ73〉 大飯原発再稼働へ‐地元「同意」で進む
・《中高年ノート》買い物難民に宅配サービス生鮮通販が競う‐移動スーパーから「オイシックス」など宅配まで
・「100円ショップ」へ内外の客殺到の秘密‐昔の「安かろう悪かろう」のイメージが改善されて
・半田晴久‐絶滅ライオンに賭ける熱意‐シベリア凍土で発見されたホラアナライオンの研究?!
・【社会短針】「テレビ東京」大躍進の内情‐おカネはないが足と頭を使った企画で
・「パパ活」‐新愛人業に走る女性が急増中‐〝足長おじさん〟や複数の女子大生との〝契約〟も
・老人性難聴は「補聴器」を適切に生かせ‐放置すると認知機能が低下しうつにもなり易い―――安達純子
・【特別寄稿】わが「天命」と「三人の友」への思い────────── 伊藤淳二


【国 際】
・北朝鮮「漂流船」は日本上陸の前哨戦だ
・【ワシントンレポート】米国は習近平政権の陰謀を見抜いた───────── 在米ジャーナリスト 古森義久
・米国‐新型核爆弾「B61‐12」が北朝鮮撃つ‐トランプが北朝鮮を完全破壊する驚異の新兵器を


【早耳人事】
野村HD/三菱電機/カネボウ化粧品/東芝/ソニー/トリンプ/第二地銀協会


【連 載】
・楽天家の人生発見 「AIの弱点は密会」 高橋三千綱
・日本警世 江戸川で牡蠣の身を毟るマナー知らずの支那人へ ジジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録 岩波『広辞苑』が振り撒く「台湾は中国の一部」の誤り エッセイスト 大澤 正道
・裸の財務官僚 会計検査院検査でダメ押し 森友問題は財務省のミス 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ 自衛隊「国際活動」は新段階に突入する 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝  「法律」の前に「道徳」がある
・THEMIS EYE 安倍首相は「消費増税」中止か 財務省牽制へ反対派と会食
・THEMIS LOBBY 野村沙知代氏が求めた「ドカベン」のモデル代
・小社から読者の皆さまへ
・往来之記

いま、人気の出版社から探す

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌