音楽情報誌

B-PASS(バックステージ・パス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

B-PASS(バックステージ・パス)

2021年11月27日発売

目次: 巻頭特集
DISH//
10月は野外ライヴ、11月はニュー・シングル「沈丁花」、12月には10周年。
話題沸騰中のDISH//が語る、彼らが表現したいこと

B-PASS 1月号 表紙巻頭特集スペシャル企画 DISH// 応募者全員サービス
DISH//×B-PASS オリジナル・マスクケースを応募してくれたすべての方へ
★DISH//の本誌撮り下ろし写真をデザインしたマスクケース
※応募締切:2021年12月30日(木)

巻末特集
Novelbright
両A面シングルと大阪城ホールライヴ映像作品を同時リリース。
本誌2度目の巻末特集で、気合い漲る新作とライヴに迫ります!

付録:両面ピンナップ(DISH//, Novelbright)

LiSA
梶浦由記が作詞作曲編曲を手がけた両A面シングル「明け星 / 白銀」。
今のLiSAだからこその歌唱表現が詰まった新作について

sumika
半年をかけて全国を巡った『花鳥風月』ツアーを無事完遂。
出会えたことの喜びや感謝であふれた最終公演をお送りする

Little Glee Monster
早くもリリースされるニュー・シングル「透明な世界」を携え、manaka&アサヒが登場。
2人での撮り下ろしと作品インタビュー+αを

宮本佳林
グループ卒業から1年、遂にソロCDデビュー!
1stシングルについてと、ソロアーティストとしての道を歩み始めた現在の心境を

SUPER BEAVER
自身最大規模のアリーナーツアーで4人は真っ直ぐに音楽を届けた。
さいたまスーパーアリーナを沸かせた最終夜をレポート

スキマスイッチ
「いい楽曲を届けたい」という想いが『Hot Milk』と『Bitter coffee』という2枚のアルバムに。
前作ぶりに2人にインタビュー

ハンブレッダーズ
Little Parade
Novel Core
w-inds.
原因は自分にある。
dreamBoat

■好評連載
ソナーポケット「そんなポケット」第24回
さなり「さなりチャレンジ」第26回
Hi Cheers!「チキチキ10分クッキング」No.14

■REGULAR CORNER
New Era® meets 海沼流星
Disc Rush!! 新譜CD&配信作紹介
THE取材 編集者は見た!!/次号予告
B-PASS BACK NUMBER
Hit The Street w/New Era®/高橋文哉
B+FILE アーティスト企画ページ
PRESENT FOR YOU & info jam
PICK UP! CULTURE/松本穂香

お詫びと訂正
B-PASS 2022年1月号におきまして、誤表記がありましたので訂正させていただきます。

●P.001 目次下の応募者全員サービス案内

正しくは、

B-PASS 1月号 表紙巻頭特集スペシャル企画 DISH// 応募者全員サービス
DISH// × B-PASS オリジナル・マスクケースを応募してくれたすべての方へ

►応募締切 2021年12月30日(木)

となります。

読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。

(株)シンコーミュージック・エンタテイメント
B-PASS編集部

参考価格: 990円 定期購読(1年プラン)なら1冊:908円

音楽、人間マガジン:バックステージ・パス

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

BURRN!(バーン)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

BURRN!(バーン)

2021年12月03日発売

目次: LOUDNESS

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:825円

THE WORLD’S HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

GiGS(ギグス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

GiGS(ギグス)

2021年11月27日発売

目次: 総力特集
新時代のロックに挑み続けるコンポーザー二匹が激白する『Break and Cross the Walls I』の真実
Kamikaze Boy [Bass] × Jean-Ken Johnny [Guitar, Vocal, Raps] from MAN WITH A MISSION
Kamikaze Boy [Bass] Long Interview
Road to Main Guitar & Basses -MAN WITH A MISSION編-
Jean-Ken Johnny [Guitar, Vocal, Raps] Long Interview

スペシャル・ポスター付き

GiGS史上最大規模の分析大会、ここに開幕!
これが“プロの相棒たち"! メイン・ギター&ベースへの道
Guitarist編
Vocal & Guitar編
Bassist編
Vocal & Bass編
Signature Model編

全楽器プレイヤー必見! これがプロの楽器の選び方
LACCO TOWER

プロが直伝!初心者講座
ギター講師◆田辺由明 [マカロニえんぴつ]
ベース講師◆桐木岳貢 [神はサイコロを振らない]
ドラム講師◆橋本祥平 [Argonavis]

Vimeoで好評配信中の作曲講座がGiGSとコラボレーション
THE BACK HORN 菅波栄純 異端の作曲術

ULTIMATE GUITAR LESSON FOR ABSOLUTE BEGINNERS
“ギター弾けますけどなにか?"

TOTALFAT Buntaが伝授するストイック・リズム・トレーニング
アドバンス・リズム道場

最新ギアをナビゲート! 動画と一緒に楽しめる楽器カタログ
ギアナビ

12thアルバム『LIGHTNING』で辿り着いた剥き出しのバンド・マジック
J

生形&日向が語る最新作『ANSWER』 & ZOOM B6 Special 試奏企画
Nothing's Carved In Stone

最新曲「なんでもないよ、」&新生サドウスキー・ベースの実力に高野が迫る
マカロニえんぴつ

高まり続ける創作意欲が生み出した新作「希望を鳴らせ」 & EQD製最新ファズ・ペダルを語り尽くす
THE BACK HORN

決して歩みを止めなかった4人が作り上げた最上のステージ
SUPER BEAVER

巻末特集
After the Party!! -“ALEATORIC ARENA 4 DAYS"After Interview and More!!-
[Alexandros]

毎月注目の1曲をGiGSが独自にバンドスコア化!
HOT TUNE
Band Score MAN WITH A MISSION「yoake」

ARTIST COLUMN ■アーティスト・コラム
Reader's Circle ■読者のお便り/Q-Station
MONTHLY PRESENT ■プレゼント

参考価格: 980円 定期購読(1年プラン)なら1冊:898円

サウンドとプレイを斬る 新しいロック・マガジン

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

最大
25%
OFF
送料
無料

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)

2021年11月20日発売

目次:  ベートーヴェンは交響曲を9曲残した。このうち交響曲第5番と第6番は1808年12月22日、アン・デア・ウィーン劇場で同時に初演された。現在の5番は6番、6番は5番として発表されている。新作の交響曲2曲を一緒に演奏するばかりか、この日のプログラムは現在では考えられないほど長い。
 まず第1部は、田園交響曲(当時の第5番、現在の第6番)、アリア「ああ、裏切り者」、ミサ曲ハ長調より「グローリア」、ピアノ協奏曲第4番。第2部は、大交響曲(当時の第6番、現在の第5番)、ミサ曲ハ長調より「サンクトゥス」、ベートーヴェンのピアノの即興演奏、合唱幻想曲で、今のコンサート2つ分。それぞれのトリはピアノ協奏曲とピアノ独奏が入る合唱幻想曲。現在はプログラムの最後に置かれる交響曲はメーンの演目ではなかった。
 特集では「フルトヴェングラーとベートーヴェン」について取り上げている。フルトヴェングラーにとってベートーヴェンはもっとも重要な作曲家だった。フルトヴェングラーは1886年、考古学者・美術史家の父アドルフのもとに生まれた。1898年、ギムナジウムを退学し、2人の家庭教師に学んだ。哲学と芸術はヴァルター・リーツラー、考古学者のルートヴィヒ・クルティウス。音楽の専門教育はベルリン国立歌劇場首席指揮者を務めたマックス・フォン・シリングらに師事している。1922年、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ベルリン・フィルの常任指揮者に就任した。
 音楽評論家の岡本稔氏は「フルトヴェングラーの演奏について語るとき、『精神性』とともにしばしば用いられるのが『官能性』とそこからもたらされる『陶酔』である。ベートーヴェンの演奏でも顕著にみられる。音楽がもたらす陶酔感がクライマックスで圧倒的な効果をもたらすのはこの音楽家に親しんだ人ならば誰もが経験している」とつづっている。
 1951年7月29日、中止されていたバイロイト音楽祭が、フルトヴェングラーの指揮する第九によって再開した。この「バイロイトの第九」の録音はEMIなどから発売されているが、リハーサル演奏などを編集したものではないか、などの謎が語られてきた。今年12月、スウェーデン放送が所有するライヴ音源が初めてCD化され、リリースされる。長年、悩ませてきた謎が解けると、ファンは発売を待ちわびている。項目はほかに◎交響曲第1番以前と第9番以降◎「オリーヴ山上のキリスト」と「プロメテウスの創造物」◎ベートーヴェン交響曲全集の歴史◎朝比奈隆のベートーヴェン演奏◎日本人ピアニストのベートーヴェン演奏、など。表紙は、フーゴー・ハーゲン作のベートーヴェンの胸像です。

◎宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 成田達輝 ヴァイオリン
 ロン=ティボー国際コンクールやエリザベート王妃国際音楽コンクールなどで入賞した若手ヴァイオリニストの成田達輝。母親が小学校の教師をしており、当時最先端の英才教育に興味があり、ヴァイオリンを始めた。最近、子供がうまれ、「音楽というのは人生そのものなんじゃないかということです。友人から『子供を通して自分の小さいころを追体験している』と言われ、『それって人生の再現部に来ているってことかな』と思いました」と話している。

◎第18回ショパン国際ピアノ・コンクール視聴録
 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールが10月、ショパンの故郷ポーランドの首都ワルシャワで行われた。コロナ禍のため1年延期されての実施だった。今回も日本人の参加者は多く、3次予選に5人、本選に2人残った。通常、本選は6,7人で争われるが、今回は12人と多く、異例のコンクールになった。結果は反田恭平が2位、小林愛実が4位(いずれも2人入賞のうちの1人)だった。音楽評論家の高久暁氏がレポートをしている。「独自な展開を見せる日本のピアノ文化の受け皿としてショパン・コンクールが機能したのであれば、それはショパン・コンクールと日本のピアノ文化の双方にとって極めて喜ばしい出来事であったに違いない」と記した。

このほか
◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

参考価格: 1,080円 定期購読(1年プラン)なら1冊:808円

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

送料
無料

Talking Rock!(トーキングロック!)

2021年11月09日発売

目次: 関ジャニ∞

表紙巻頭は関ジャニ∞!! 本誌17年8月号に続く2回目の表紙にしてついにメンバー全員での登場が実現! もちろん11月17日にリリースされる約4年半ぶりのニューアルバム『8BEAT』を大特集! 同アルバムが完成するまでの流れとその収録曲について、大倉忠義、丸山隆平、横山裕、村上信五、安田章大の5人それぞれ個別にインタビューしました! 最高にカッコいい中ページの写真も要チェック! しかもテキストを読めばさらなる展開があなたを待っています!!


SUPER BEAVER

バンド史上最大キャパとなる初のアリーナツアー『SUPER BEAVER 都会のラクダSP 〜愛の大砲、二夜連続〜』を3都市6公演で敢行したSUPER BEAVERの記念すべき初の大阪城ホール公演を密着取材! 楽屋の様子からリハーサルを経て最高にエネルギッシュだったライブ本番はもちろん、終演後のインタビューも含め、彼らが披露してくれた愛を込めた素晴らしいステージをたっぷりの写真とロングリポートでお届けします!


東京スカパラダイスオーケストラ

11月10日に6曲入りのミニアルバム『S.O.S.[Share One Sorrow]』をリリースする東京スカパラダイスオーケストラから茂木欣一(ds)と大森はじめ(per)にインタビュー! MAN WITH A MISSIONのトーキョー・タナカとジャン・ケン・ジョニーをゲストに迎えた表題曲についてや、大森がボーカル曲の「SPARK」に、俳優のムロツヨシをゲストボーカルに迎えた「めでたしソング feat.ムロツヨシ」の制作エピソードなど、同ミニアルバムの完成までの流れと収録曲についてたっぷりと話を聞きました!


Base Ball Bear

10月27日にニューアルバム『DIARY KEY』をリリースしたBase Ball Bearのメンバー全員でのロングインタビューです! 前作『C3』以降の動きを整理しつつ、今作の完成までの流れと収録曲に関しては全曲解説のスタイルで話を聞きました。同アルバムの“KEY”となるワードがたくさん出てくるので、まずはしっかりとアルバムを聴いてみなさんの中で感じたことを頭で整理した上で今回のインタビューを読んでください! このアルバムについてはもちろん、音楽そのものの魅力について新たな発見があるはずです!


卓真(10-FEET/TAKUMA)

10-FEETのボーカル&ギターのTAKUMAが本名の“卓真”名義で初のソロ楽曲=1stデジタルシングル「軍艦少年」を11月24日にリリース! 同曲は人気漫画家の柳内大樹が原作で12月10日公開の映画『軍艦少年』の主題歌として書き下ろされたナンバー。この曲の誕生までの経緯とソロでのリリースに対する彼の考えについて。そして残念ながら第2週目が開催直前で中止(延期)となった『京都大作戦2021』についてもあらためて話を聞きました。


KANA-BOON

10月27日にニューシングル「Re:Pray」をリリースし、10月30日の地元大阪・なんばHatch公演を皮切りに約3年ぶりの全国ツアーをスタートさせたKANA-BOONがメンバー全員で登場! 谷口鮪(vo&g)の休養理由から、古賀隼斗(g)と小泉貴裕(ds)とともにどう乗り越えてきたのか、復活までのストーリーを整理しつつ、その中で谷口が手にした想いを歌詞に綴るとともに、新たなバンドの基本姿勢を示す1枚となった同シングルについて話を聞きました。


Karin.

10月27日にデジタルEP「二人なら - ep」をリリースしたKarin.。今年の5月に二十歳を迎えて新たな気持ちで前に進み出した彼女のその新作は、表題曲が性愛にまつわる話が投稿されたサイト『純猥談』に掲載されたエピソードをもとに作られた映画『私もただの女の子なんだ』の主題歌として制作。他にも同サイトに掲載のエピソードをもとに手掛けた曲があり、これまでとは明らかに違うスタイルでの曲作りは彼女の音楽にどんな変化をもたらしたのか。じっくりと話を聞きました。

参考価格: 888円

毎号約10組厳選のロングインタビュー集

  • 2021/10/09
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/03/02
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

2021年11月10日発売

目次: 特集 LOUDNESS ~撃魂志士の40年戦史!!~

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,100円

MAGAZINE FOR YOUNG GUITAR PLAYERS

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

月刊エレクトーン

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

送料
無料

月刊エレクトーン

2021年11月20日発売

目次: 月エレの50年を掲載記事、リクエストスコアetc.で振り返ります。
もちろん!今、話題のヒット曲のスコアも掲載♪

■600号記念特集
■月エレ50年史~昭和から平成、令和へ。時代と歩んだ月エレ~ (仮)
■スコアができるまで (仮) 
■スペシャル鼎談 「窪田宏×富岡ヤスヤ×鷹野雅史」 (仮)
■「私と月刊エレクトーン」 ~ゆかりのある方からの月エレにまつわるエピソード (仮)
■読者のみなさまからのメッセージ
■講座
・佐々木昭雄のJAZZスタンダードでアドリブ
・渡辺睦樹のクラシック演奏のポイントとコツ♪
・加曽利康之のメロディー・メイキング術
・リズム打ち込みにチャレンジ☆
■連載
・なんでもQ&A

■コラム
・1分で読めるエレクトーンのトリセツ
・STAGEA楽器音色の旅
■ライブレポート
・窪田宏 LIVE AT MIKI
・神田将 リサイタル ~2021 Odyssey~
・月エレ11月号マンスリーライブ (倉沢大樹・山岡恭子)

■予定曲目
【マンスリー・スコア】
♪ (なにわ男子)
♪ 大正浪漫 (YOASOBI)
♪ ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi (MAISONdes)
♪ 水平線 (back number)

【600号記念読者からのリクエストスコア】
♪ Love so sweet (嵐)
♪ いつか王子様が (編曲:長野洋二)
♪ [ピアノ&エレクトーン] 時代 (中島みゆき)

【かんたん初級アレンジ】
♪ ジングル・ベル

他 全14曲収載予定
※掲載内容・曲目・曲順は変動する場合がございます。予めご了承ください。

参考価格: 815円

エレクトーンをもっと楽しく。役立つ講座やスコアが満載!!

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年11月20日発売

目次: ■特集
2022年の星占い&ラッキー・ミュージック
■CatcuUp!!
手帳活用術
■Pick Up Artist
角野隼斗/反田恭平/小林愛実/まらしぃ
●ネットに光る☆逸材奏者(連載)
佐野主聞(しもん)
■好評連載
<講座>
・森本麻衣のピアニスト道
・セロリの電Pパーク!(電子ピアノ講座)
・事務員Gの名曲タイムトリップ
・ずっしーの即わかり音楽理論教室
・ござさんのAll that Goza's Piano Arrange
・コードの時間
・白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
・音楽史を歩こう

<連載>
・【新連載】森岡葉のピアニスト取材雑記帳
・小針侑也の新時代のミュージックライフ
・愛十二星座占い
・愛しのストリートピアノ
・西村由紀江のMy Favorite Songs
・加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
・村松健エッセイ
・ピアノを愛する大人たち
・海外直便エッセイ
・響け★卵たちの毎日
・言葉の時間
・読書ノススメ
・学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
・愛と気づきのエンタテインメント
・音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事
・大学で音楽を学ぼう
・和楽器図鑑
・街の音楽を探して
・アイ・ラブ・ピアノ
・悩み相談 QsAs room
・亀井聖矢の謎とき
・アンディ・ウルフの音楽英会話 ほか
●収載予定楽曲
♪ Secret Touch(Snow Man)
♪ アルデバラン(AI)
♪ ラストシーン(菅田将暉)
♪ 沈丁花(DISH//)
♪ ベテルギウス(優里)
♪ いつか(Saucy Dog)
♪ 廻廻奇譚(Eve)<初級>
♪ DEPARTURES(globe)
♪ たこのうた(文部省唱歌)<プチジャズ>
♪ ウィーンの森の物語(ヨハン・シュトラウス2世)
♪ ラジエーションハウス(服部隆之)<上級>
♪ ロマンスの神様(広瀬香美)<事務員G>
♪ 何なんw(藤井風)<電P>
♪ リパブリック賛歌<ござ>
♪ 蛍の光<ずっしー>
※上記内容は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

新曲歌謡ヒット速報

シンコーミュージック・エンタテイメント

送料
無料
参考価格: 1,100円

演歌、歌謡曲を中心に最新ヒット曲を収録したソングブック。

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

送料
無料

jazzLife(ジャズライフ)

2021年11月12日発売

目次: ■COVER STORY:渡辺貞夫
音楽活動70周年を記念するライヴ盤『ジャズ&ボッサ~ライヴ・アット・サントリーホール』発表

■新作インタヴュー
・ケニー・G:スタンダード・ジャズにインスピレーションを受け、6年ぶりの新作を発表
・パスクァーレ・グラッソ:デューク・エリントンにスポットを当てた新作をリリース
・クリスチャン・マクブライド:2014年に録音されたインサイド・ストレイトのライヴ音源をリリース

■ジャズ遺産を聴く
ジャズ百貨店 クリスマス編

■EVENT REPORT
第29回 ヤマハ ジャズ フェスティバル・イン・ハママツ
10月24日 at 静岡・アクトシティ浜松 大ホール

■ライヴ・リポート
・Jazz Arts Ensemble of Tokyo BIG BAND CONCERT Vol.1
・音、沈黙と測りあえるほどに

■新着輸入盤研究
超ヴェテラン、ヒューストン・パーソン、ハープ・アルパート、ザ・クッカーズの新作紹介

■楽器試奏
ZOOM/B6 BASS MULTI-EFFECTS PROCESSOR
試奏:二家本亮介(b)

■スコア
「ニュース・フォー・ルル」ソニー・クラーク(p)&ドナルド・バード(tp)
「マック・ザ・ナイフ」バーニー・ケッセル(g)
「スペイン」ミシェル・カミロ(p)
「ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラヴ」(ジャズ・トランペット入門 2)

■好評連載
川嶋哲郎(sax)気ままにジャズ・エチュード(隔月掲載)
山中千尋(p)ジャズ・ドリル II(隔月掲載)
岡崎好朗(tp) スタンダード&ジャズ・チューン攻略法
池田達也(b)“お気楽”ウッド・ベース入門

参考価格: 968円

ジャズする心を追求する雑誌

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/09/14
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/14
    発売号

  • 2021/06/14
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)

2021年11月30日発売

目次: 東京事変
9年9ヶ月ぶりの表紙巻頭。メンバー全員集合、全歴史『総合』インタビュー、一世一代の全部のせ!!!!!

別冊クリープハイプ
新作『夜にしがみついて、朝で溶かして』メンバー4人インタビュー+尾崎世界観とひたすら楽しい話

SCENE SPECIAL!
JAPAN ONLINE FESTIVAL 2021 Autumn
画面越しに見るエンターテインメントの未来! オンラインライブへの挑戦、3回目を徹底レポート!

SCENE SPECIAL!
King Gnu
新章に突入したKing Gnu! ニューシングル『BOY』、そして新曲“一途”を詳細レビュー

COUNTDOWN JAPAN 21/22
音楽を止めない。フェスを止めない。2022年こそフェス復活の年に。そこにつなげる4日間、開催迫る!

BUMP OF CHICKEN
最新曲“Small world”から“サザンクロス”まで──新たなる始まりを刻みつけたスタジオライブ「Silver Jubilee」詳細レポート

[Alexandros]
「ALEATORIC ARENA 4 DAYS」ファイナルのすべて!! 完全レポート、そして4人で語った最新インタビュー!

あいみょん
「私には、世の中はラブソング不足やっていう謎の持論がある」――新曲“ハート”を語る

sumika
sumikaはなぜ今、怒りや毒、そして狂気を曲に込めたのか? 新境地を拓く“Babel”を含む『SOUND VILLAGE』を徹底解説!

宮本浩次
いよいよ始まった全47都道府県ツアー「日本全国縦横無尽」。想像を超えた次元を見せつけた、その初日公演

RADWIMPS
目の眩むような、終わりなき青春を生きる。ニューアルバム『FOREVER DAZE』全曲レビュー!

MAN WITH A MISSION
だからオオカミは走り続ける――2号連続インタビュー後編、『Break and Cross the Walls I』全曲解説!

SUPER BEAVER
地続きでたどり着いたアリーナツアーファイナル、たまアリ公演を観た! 全員インタビュー&徹底レポートであの日を振り返る

LiSA
2号連続インタビュー 後編「新たな代表曲“明け星”はなぜLiSAにしか歌えないのか?」

YOASOBI
2021年、ふたりは何と戦ったのか?――今振り返って思うこと、そのすべて

菅田将暉
歌い手としての2019/2020/2021、そして名曲“ラストシーン”の誕生

アイナ・ジ・エンド
再びの全曲自作。セカンドアルバム『THE ZOMBIE』を語る

Nothing’s Carved In Stone
11thアルバム『ANSWER』が提示する現在進行形のロックサウンド。NCISの止まらぬ進化の理由に迫る!

Novelbright
超ストレートなハード曲とバラード曲『seeker / ワンルーム』を放つNovelbright。どこまでも駆け抜ける、その行き先は?

フレデリック×須田景凪
コラボEPに溢れる互いへのシンパシーとリスペクト。共作の現場で生まれた、その想いのすべてを語り合う

Reol
待望の新作ミニアルバム『第六感』完成! 外へと大きく開き始めたReolの変異は今なぜ起こったか?


Kroi

SCENE
UVERworld/ゆず/MONOEYES/マカロニえんぴつ/銀杏BOYZ/橋本絵莉子/Mr.ふぉるて

Look Up!
PEOPLE 1/映秀。

なきごと/ジュウ

JAPAN TIMES
「この人に訊く!」杉咲花(女優)登場/「爆飲会」a flood of circle登場/SUPER BEAVER・渋谷龍太の「俺はいいけど、うちの大将がなんて言うかな」/くるり・岸田繁の「石、転がっといたらええやん。」/電気グルーヴの「メロン牧場──花嫁は死神」/ポルカ雫のサントラ大草原 ほか

国内の話題のミュージシャンを取り上げ、ミュージシャンとのインタビュー、評論文、現在の活動情報など邦楽情報満載。

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

送料
無料

rockin’on(ロッキング・オン)

2021年11月06日発売

目次: THE BEATLES 総力特集 “LET IT BE” 
映画『ゲット・バック』と幻の完全版リリースで遂にすべてが蘇った『レット・イット・ビー』
ビートルズ最後のオリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』。リリースから50年以上を経た今、本作に新たな光が当てられている。映画『ザ・ビートルズ:Get Back』に関するポール・マッカートニーの証言も交えた決定的ドキュメント、松村雄策寄稿「追憶の『レット・イット・ビー』と『ドント・レット・ミー・ダウン』」、そして10月にリリースされた『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション完全レビューの3本立てで送る、世界で最も有名なラスト・アルバムのすべてを捉えた必読の全28ページ

MANESKIN
新曲も絶好調! 世界的ロック・アイコンの道を爆進するマネスキン。その王座戴冠までカウントダウン中、彼らが振り返る友情の始まりと“マネスキン”が出来るまで

THE ROLLING STONES
チャーリー・ワッツへの想いとツアー再開への覚悟を語った最新メンバー・インタビュー! そして熱狂的ファン集結のライブ・レポート from セントルイス!

QUEEN
フレディの死と向き合い、つかみ取った揺るぎない確信を語り明かした最新インタビュー。ブライアン・メイは今、奇跡を紡ぎ続けるバンドの物語をどう振り返るのか?

RADIOHEAD
『キッドAムニージア』のリリースで2021年に蘇る、『キッドA』と『アムニージアック』。そのすべてを再び解明する

STING
ポップ・ロックの巨星が5年ぶりに放つ新作『ザ・ブリッジ』――ポリスの呪縛から完全に解放された孤高の天才は「今こそ楽観主義が必要!」と説く。その真意とは?

OASIS
映画『オアシス:ネブワース1996』が空前の大ヒット! 伝説のネブワース公演の当事者、ノエル・ギャラガーがライブの衝撃と裏側を語った超貴重インタビューを復刻掲載!

DAMON ALBARN
7年半ぶりのセカンド・ソロ・アルバム――それは、デーモン・アルバーンの新たな覚醒。2021年、アイスランドでの充実した創作活動について語る

DREAM THEATER
プログレッシブ・メタルの絶対覇者:ドリーム・シアター、異次元のサウンドスケープへ誘う新作『ア・ヴュー・フロム・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド』リリース! ジョン・ペトルーシがその総てを語る!

気になるあいつ COMING NEXT:GIRL IN RED
ブレイクが期待される注目のアーティストに迫る新企画始動! 今月はノルウェーの新星:ガール・イン・レッドを徹底解剖

DAVE GAHAN & SOULSAVERS
エレポップのパイオニア:デペッシュ・モード、デイヴ・ガーンが時代を超えた名曲たちを再構築したカバー作『インポスター』の全貌を語り尽くす!

COLDPLAY
BTSとの驚きのコラボなど、異次元の進化を遂げたコールドプレイ――『スター・ウォーズ』にインスパイアされた新作『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』を完全解説!

SNAIL MAIL
新作『ヴァレンタイン』インタビュー。Z世代SSWは、あくまでも淡々と、自然体のまま時代を乗り超えていく

ALBUM REVIEWS
注目度が高まるアイドルズの新作に、コールドプレイ、デーモン・アルバーン、スティングらビッグ・ネームの力作も見逃せない! 深まる秋のお供に最高のラインナップでお送りします!

NIRVANA
『ネヴァーマインド』30周年記念エディション、リリース――ロックを変えたモンスター・アルバムの超大スケール・アップで、ニルヴァーナの極点が浮き彫りに!

IDLES
ブリストルの5人組ロック・バンド:アイドルズ、早くも新作リリース! “ポスト・パンクのその先”を追い求め、これまで以上に自分をさらけ出した4thアルバム誕生秘話を訊いた

[CHARACTER OF THE MONTH]
RED HOT CHILI PEPPERS

[HEADLINE]
NOAH YORKE, JACK WHITE, BRUCE SPRINGSTEEN, JUSTIN BIEBER, MITSKI, NEIL YOUNG

ロッキング・オンは日本における洋楽のリーディング・マガジン。

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

送料
無料

カラオケファン

2021年11月19日発売

目次: ■表紙&インタビュー
新浜レオン

■特集
小椋 佳が語る
わが歌人生
「創造」に挑み続けた50年

◆ピックアップアーティスト
長山洋子、田中あいみ

■特別インタビュー
野口五郎×岩崎宏美

◆話題のアーティストを追う!
まるひコレクション
氷川きよしの2021年を語る

好評連載中!
前川 清 歩いて行こう

◇おまかせシアター
角川 博×麻こよみ×南乃星太

■特別レポート
山内惠介 五大都市コンサートツアー2021
~Roots あなたを愛で奪いたい~

◇連載
城之内早苗の
DAM CHANNEL演歌

■スペシャルインタビュー
坂本冬美

■新曲BOX
「出雲路ひとり」(千葉一夫)、
「よこはま埠頭/そんなもん人生」(三丘翔太)、他

好評連載中!
新浜レオンの
がんばレオン 今できる100%

◆フォトギャラリー
山川 豊、農業女子応援隊、他

◆おまかせシアター
清水節子

◇I LOVE ペット
島津悦子の巻

好評連載中!
松原健之の
普段着で逢いましょう!!

◇おうち時間 自撮りでPR!
花咲ゆき美

◇マイプライベートスタイル
KANA

好評連載中!
水城なつみの
Let’s Challenge!

新連載
門松みゆきの
まだまだ勝手に小田原観光大使!

好評連載中!
青山 新の興味“新々”

◇連載第16回
スナック女子のオアシス広報委員会

◆通信販売まる得情報
お買いものしま専科

□伊戸のりおレッスンコーナー(WEB限定)
新曲歌い方講座
vol.231-①「なでしこの花/松尾雄史」
新曲歌い方講座
vol.231-②「命の限り ニューバージョン/藤原 浩」
本誌楽譜コーナーに掲載の新曲を、
編曲家・伊戸のりお先生がわかりやすくレッスン。

□岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ(WEB限定)
vol.29「夜は眠れなくて/山口かおる」

□水谷ひろしの「KF歌謡喫茶」(WEB限定)
大石まどか

□スター声の伝言板(WEB限定)
梓 夕子/チョン・テフ

HIT HIT MELODY♪
■大型サイズ楽譜コーナー

●水森英夫の今月の十八番
出雲路ひとり/千葉一夫
月夜の灯りで…/五十川ゆき
よこはま埠頭/三丘翔太

●伊戸のりおレッスンコーナー
なでしこの花/松尾雄史
命の限り ニューバージョン/藤原 浩
誰より愛しいひと/KANA

●岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ
夜は眠れなくて/山口かおる

●新曲
栄枯盛衰/二葉百合子&北島三郎
男泣かせの雨が降る/大川栄策
ガラスの蝶/なつこ
恋影/葉月 忍
ゴルフは楽し/林家たい平
酒場のホタル/大木あつし
酒場のママさん/黒谷兄弟withさおりママ
昭和パラダイス/新☆敏いとうとハッピー&ブルー
人生援歌/松前ひろ子&三山ひろし
好きだなんて言えなかった/野口五郎&岩崎宏美
たそがれ釜山港/髙杉日呂
テ・キエロ・ムーチョ〜あなたを愛してる〜/ファン・カヒ
天雅の海へ/生駒尚子
遥かなる人生/佳山明生
瞳の願い/吉田ひろき
ふるさとチョイス/吉 幾三
望郷の駅はまだ遠い/冠 二郎
みちのく恋の花/みちのく娘!

●HIT HIT+PLUS
赤い花が咲いたら/MOKKEI
風恋/小田ひかる
硝子の愛/水川 蓮
紀州の漁師/嶋 幸二
じょんから雪礫/間慎太郎

●南乃星太のC/W攻略! 歌の聴き方・うたい方
女の花を 咲かせます/葵かを里
五感/香西かおり
みれん花/森山愛子

聴く、見る、歌う音楽情報誌。有名作家による最新曲の歌唱アドバイスほかを収録したCD-ROM付き!

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

送料
無料

月刊EXILE

2021年11月27日発売

目次: CONTENTS
TOTAL ENTERTAINMENT MAGAZINE_
Vol.166_JANUARY.2022
COVER / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE


006 thanks.
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
デビュー10周年を経てのベストアルバム&オリジナルニューアルバム
『BEST BROTHERS / THIS IS JSB』をリリースした三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。
今回は7人のありのままの姿をお届けしたいという思いから、
ふとした瞬間を切りとることができるポラロイドで、着飾らない彼らのさまざま表情を捉えた。
ほかにも、特別な想いが詰まったアルバムについてメンバーが語るインタビューや、新曲「Honey」のMusic Videoカットをお届けする。

066 REUNION
〜MAKINIINO KIZUNANO TSUZUKI〜
EXILE MAKIDAI
12月11日にEXILE MAKIDAIファンミーティング『EXILE TRIBE FAMILY presents マキ兄のキズナのツヅキ~あわてんぼうのサンタたち~』の開催が決定!
約2年ぶりとなるイベントへの想いや見どころについてMAKIDAIに話を聞いた。

068 橘 ケンチ×白糸酒造 3季目コラボ「5013橘」
挑戦する日本酒
橘ケンチと福岡県の白糸酒造がコラボした日本酒「5013橘」がリリースされた。
2019年に始まった橘と白糸酒造の取り組みも今回が3シーズン目。
後輩であるGENERATIONSの中務裕太も酒造りに参加した。
酒造りの模様をお伝えするとともに、橘に今作の出来栄えについて話を聞いた。

072 選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった
小林直己
小林直己が初のエッセイ本『選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった』を発売した。EXILEとして、三代目J SOUL BROTHERSのリーダーとして、生きることへの情熱と想いを綴っている。これまで語られなかった彼の心の裡(うち)が初めて明かされるーーーー。

078 Pull Up
KING & KING
KING&KINGこと、EXILE SHOKICHI×CrazyBoyが11⽉14⽇に開幕するD.LEAGUE 21-22 アンバサダーとしてテーマソング「Pull Up」を開幕に合わせて配信リリースした。
今号ではMV撮影に密着した模様とともに、今作に対する想いやMV撮影時のエピソードなどたっぷりと話を聞いた。

084 EVANGELION × 24karats
produced by SEKAI
LDHのオリジナルブランドである24karatsと、大人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズによるコラボレーションが実現! 今回はプロジェクトのキーマンであり、自らプロデュースを担当した世界に、企画の経緯からコラボアイテムのポイント、さらには今後の展望などについて語ってもらった。

090 昨日より赤く明日より青く
-CINEMA FIGHTERS project-
詩と音楽、映像を融合したプロジェクト『CINEMA FIGHTERS project』。第4弾となる今回は、GENERATIONSメンバーが全6篇の物語に主演し、テーマソングでも参加した。
役者として、歌い手として今作に込めた想いとは? 撮影時のエピソードや、
自分が監督だったら撮ってみたい作品など、7人にさまざまな話を聞いた。

108 MY BEAUTIFUL MAN
YUSEI YAGI
FANTASTICSの八木勇征が出演するドラマ「美しい彼」の放送がスタートし、早くも話題を呼んでいる。萩原利久と八木がW主演する本作は、“BLアワード 2015”で1位を獲得した大ヒット小説『美しい彼』が原作。男性同士の恋愛や青春を描いた本作に挑んだ八木に話を聞くとともに、
フォトシューティングでは清廉さと妖艶さの二面性を写しとった。

114 Repent
Natsuki Hori
毎週水曜夜10時よりオンエア中の、日本テレビ系水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』に出演中のFANTASTICS・堀夏喜が登場。地上波の連続ドラマに初出演、さらにグループではなく一人での出演。最初は不安と緊張しかなかったと語るが、今では演技の魅力にとりつかれた様子。ここでは、ドラマの見どころや撮影秘話などを語ってもらった。

120 まつばらマルシェ×フォトバイアヤ
11月13日・14日に“まつばらマルシェ 2021”にて、『フォトバイアヤ展』が約2年ぶりに開催された。モデルにはDream Shizukaが起用され、マルシェで販売される松原市の物産7品を7つのカラーに分けて撮影を敢行した。『月刊EXILE』では、そのアザーカットを特別に公開!

124 New Beginning

11月17日にデジタルシングル「宝石 feat. 幾田りら」をリリースした伶。今号では、楽曲の制作エピソードや聴きどころ、さらに10月に終えた『rei “the first” Billboard LIVE 2021』のラスト公演の模様も写真とともにお届けする。

130 ÜSA連載
『A List of 100 DREAMS』
EXTRA『“死者の日”オンラインイベントを開催!』
USAにとっては思い入れの深い国“メキシコ”。そのメキシコでは“死者の日”という行事がある。“死者の日”の魅力を皆さんに知ってもらうために今回は、USAがカトリーナメイクを施し、友人であるマリアッチを招き、“死者の日”の魅力が伝わる撮り下ろしとともにオンラインサロン「DANCE EARTH KIDZ」会員限定の配信イベントに密着した。

134 黒木啓司連載
『THE NINE WORLDS』
九州を盛り上げる活動を行っている“THE NINE WORLDS”。
このたび、黒木啓司が福岡県大川市の2021年度「大川家具スペシャルアドバイザー」に就任。
就任式のレポートや倉重良一市長との対談、市内の家具工房巡りの様子をお届けします。

140 TETSUYA連載
『EXILEパフォーマンス研究所』
STEP.96
E.P.I.クラス新たなダンスフィットネスプログラム“神セトリ”を徹底解剖!!
ダンスパフォーマンスの向上に不可欠な食・息・動・考という4テーマを、さまざまな観点から研究&考察する「EXILEパフォーマンス研究所」。今回はEXPGで話題になっているE.P.I.の新たなプロジェクト『神セトリ』について語ってもらった。さらに、このたびE.P.I.クラスのインストラクターデビューを果たした、LDH所属のアーティスト・重留真波さんのレッスンの模様をレポートしつつ、初インストラクターを終えての感想を聞いた。

144 NESMITH連載
『PICTURES』
NESMITHの大好きなマンガ・アニメ・ゲーム・写真など興味があるものを掘り下げる本連載。今号では、ゲストに世界を迎え、スペシャル対談を行った。ふたりが最近気になるアニメやマンガについて、熱いトークが繰り広げられた。

148 佐藤大樹連載
『Wanna Be,Wanna Do』
scene.23
佐藤大樹が自身がなりたいものやりたいことをプロデュースし具現化する企画“Wanna Be,Wanna Do”。#23では、クリスマスデートをテーマに撮影を敢行。
まるで一緒にデートしているような自然体な姿を切りとった。

152 佐野玲於連載
『Everyday Essentials』
Vol.10
佐野玲於とゲストが私物を持ち寄り、持ち物とトークからアイデンティティや互いの関係性をひもといていく連載企画『Everyday Essentials』。今回のゲストは女優の平祐奈さん。現在配信中のABEMAオリジナルドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編」で共演しているふたりは、まるで昔からの友達か兄妹のような仲のよさ。息の合った掛け合いに注目です。

156 THE RAMPAGE連載
『CHAMELEON THE RAMPAGE』
Vol.10
THE RAMPAGEメンバーそれぞれのカラーをファッションで表現する『CHAMELEON THE RAMPAGE』。
今回登場するメンバーは龍。テーマに縛られず、自由に表現した4つのスタイルをお届け。

160 GEKIDAN EXILE
the footprint of ACTIVITY EXTRA
GUNKAN SHONEN
12月10日(金)公開の映画『軍艦少年』で主演する劇団EXILE所属の佐藤寛太が登場。今作は母親の死を境に、父子の関係が崩れそうになるなか、相手に対する温かな「思いやり」が、二人を成長させていくという涙あり、アクションありの心温まるヒューマンドラマ。今回は現場での裏話や世界文化遺産に登録された軍艦島での貴重なロケ体験談など、幅広く語ってもらった。


170 PASS THE MIC
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
現在のBALLISTIK BOYZのすべてを詰めこんだ集大成とも言える待望のセカンド・アルバム『PASS THE MIC』が24日にリリースされた。リード曲である「All Around The World」のほか、
新曲2曲を含む、全18曲を収録。結成当初から掲げている世界進出という目標に、また一歩近づく珠玉の一枚となった。今回はメンバー7人に、制作秘話や楽曲に対する思い、
さらには今後の展望にいたるまで幅広く語ってもらった。

EXILEメンバーそれぞれが企画したコーナーによってさまざまな角度から特集され発信される新しいエンターテインメント雑誌

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/27
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

BLUES&SOUL RECORDS(ブルース&ソウル・レコーズ)

2021年10月25日発売

目次: 今秋日本で劇場公開される映画『リスペクト』は「ソウルの女王」として知られるアリサ・フランクリンの物語を元にした音楽エンタテインメント。アリサ自身が指名した主演のジェニファー・ハドソンの熱演はすでに国内外で高い評価を得ており、多くの人々の心に触れたアリサの音楽を楽しむだけでなく、彼女の生き様をしっかり伝えてくれる話題作です。映画の見どころや、公開に合わせて発売されたCD4枚組セット『アレサ〜ザ・グレイテスト・パフォーマンス(デラックス)』の紹介など、『リスペクト』をさらに楽しむ特集です。

★ 映画『リスペクト』を観る─クロス・リヴュー
【1】自分を解き放つ そのための歌[妹尾みえ]
【2】闇の中でつかんだ光[新井崇嗣]
【3】潔さがもたらした真実[鈴木啓志]
★ ジェニファー・ハドソン 飾らない歌でたどりついた『リスペクト』[荘治虫]
★ 『リスペクト』オリジナル・サウンドトラック収録曲解説[編集部]
★ 81曲で綴るアリサのストーリー/CD『アレサ〜ザ・グレイテスト・パフォーマンス(デラックス)』[菅波ひろみ]
★ R&B〜ソウル系音楽伝記映画4選[小出 斉]
『ドリームガールズ』『Ray/レイ』『ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』『ティナ/TINA』
★ まだまだある“事実を基にした物語”/R&B〜ソウル系音楽伝記映画あれこれ[小出 斉]


【別冊付録/ライターが選ぶ女性シンガー愛聴盤100─ブルース/ソウル/ゴスペル/ジャズ/R&B】
映画『リスペクト』のモデルとなったアリサ・フランクリンは、ソウルの発展に大きく寄与したことで知られますが、ゴスペル、ブルース、ジャズ、R&Bなど、ひとつのジャンルに縛られないシンガーとして活躍しました。今号の別冊付録では、10人のライターが女性シンガーのお気に入りのアルバムを10枚選び、ブラック・ミュージックの世界の素晴らしいシンガーを紹介します。

【その他の主な記事】
● 驚嘆! マディ・ウォーターズ1954年ライヴ発掘![小出 斉]
 クロス・リヴュー鈴木啓志/山田哲也(Walter’s Juke)/濱田廣也]
● 追悼 ロイ・ゲインズ─良質でファンキーなブルースを残した、生涯いちブルースマン[吾妻光良]/アルバム選[ワダマコト]
● 追悼 キャロル・フラン─可憐な歌声で魅了したスワンプ・ブルースの歌姫[陶守正寛]
● デニース・ウィリアムズのコロンビア/ARC期作品CD8枚組セット[高橋 誠]
● 中河伸俊著『黒い蛇はどこへ 名曲の歌詞から入るブルースの世界』を読む[柴崎祐二]
● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
*ティト・ジャクスンのブルース・アルバム[小出 斉]
●[新作アルバム・リヴュー]アーマ・トーマス/セドリック・バーンサイド/ライトニン・ホプキンス/ウィスパーズ 他

【連載】

☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第10回
☆ KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第5回 ギル・スコット=ヘロン『ピーセズ・オブ・ア・マン』/中田 亮
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ〜西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦×編集部H
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「SUGAR PIE DeSANTO / Hello, San Francisco」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.91 「Uptite」
☆ ゴスペル・トレイン「クリスチャネアーズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.238/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

参考価格: 1,760円

ブルースとソウルを中心にその周辺音楽(ロック、ジャズ、ファンクなど)を紹介。

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/02/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

CURE(キュア)

エイジアハウス

最大
28%
OFF
送料
無料

CURE(キュア)

2021年11月20日発売

目次: Cure Vol.220
(2022年1月号/2021年11月20日(土)発売)
価格:¥1200(税込)/¥1091(本体価格)

特別付録①:トレーディングカード(ランダム1枚入り/全11種)
※巻頭特集バンドの撮り下ろし写真を使用したトレーディングカード
特別付録②:ARスペシャルコンテンツ
※誌面上の該当ページをスマホ(専用アプリ使用)で読み込むと、スペシャルコンテンツが楽しめます!

■巻頭大特集■
★ダウト×アーバンギャルド

【SPECIAL INTERVIEW】
★九条武政(己龍)

【Personal Interview】
★準々(DOG inTheパラレルワールドオーケストラ)
★正人(ベル)

【BAND FILE】
★D
★キズ

【BAND CLOSE UP】
★THE MADNA
★零[Hz]

【BAND PICK UP】
★Ashmaze.

【BAND SEARCH】
★Drastic Full MooN-神月-
★AMBEEK

【ライブレポート】
★仙台貨物
★THE DEAD P☆P STARS
★覇叉羅

【ライブレポート&アフターインタビュー】
★BugLug

【特別企画】
★來堵(アルルカン)×Photographer・Hideyoshi
★VISUAL相関図[ぶう(えんそく)]
★ありがとう高田馬場AREA特集

【FASHION&STYLING】
★黒-BLACK- meets JURYBLACK & WRouge
 [七星 / リクト。(グラビティ↗️↗️楽しさFULL VOLTAAAGE!!!)]

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:860円

Japanesque Rockインディーズバンドの活動内容やスタイリングをメインに扱い、その情報交換性に焦点を当てた雑誌です。

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/21
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

MUSICA(ムジカ)

2021年11月15日発売

目次: <COVER STORY>RADWIMPS
16 回目のデビュー記念日でもある11 月23 日にリリースされる3 年ぶりのオリジナルアルバム16 回目のデビュー記念日でもある11 月23 日にリリースされる3 年ぶりのオリジナルアルバム『FOREVER DAZE 』。2020 年に予定していたバンド初のドームツアーとワールドツアーがコロナ禍によってすべて白紙となり、その時間をすべて制作にあてて作り上げられた、野田洋次郎いわく「本来であれば生まれなかったアルバム」であるという本作は、これまで以上に自由度の高い音楽性を行き来しながらその心を生々しく映し出す作品に仕上がった。いつの時も生と世を見つめ続け、鋭く問い続けてきたバンドは、未曾有の混沌の最中にある今この時代をどう見つめ、どう生き、何を描こうとしたのか。野田洋次郎のロングインタヴューにて送る表紙巻頭特集!

MAN WITH A MISSION
「連作」として投下されるオリジナルアルバムの第1 弾『Break and Cross the Walls I 』完成。ジャン・ケン・ジョニー、カミカゼ・ボーイ、それぞれのインタヴューにて紐解く

クリープハイプ
前号の表紙巻頭に続くアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』徹底特集第2 弾。今号は尾崎世界観の全曲解説インタヴューを実施。変化作にして真髄たる傑作を読み解く崎世界観の全曲解説インタヴューを実施。


UNISON SQUARE GARDEN
2021 年、様々なアイディアを盛り込んでツアーを回り続け、そのロックバンド哲学を体現し続けたUNISON SQUARE GARDEN。数々のアクションを振り返る独占インタヴュー

あいみょん
『愛を知るまでは/桜が降る夜は』から半年、その間に念願叶えての弾き語りツアーで全国各地を回ってきたあいみょんから届いた新作『ハート』。そのこだわりと現在地とは

millennium parade
『THE MILLENNIUM PARADE 』を掲げての東阪ツアー。
進化し続ける圧倒的なクリエイティヴとミュージシャンシップが炸裂した最高峰のライヴ体験を振り返る

D.A.N.
飽くなき探究の先にバンドとして飛躍的な進化と深化を遂げた、3 作目にして最高傑作たるアルバム『NO MOON 』。
時代の転換点の中で切り開いた新たなる表現を全員で語る

Kroi
メジャーデビューアルバムからたったの5 ヵ月で届いた6 曲入りの新作EP『nerd 』。
トラウマと恐怖をテーマに制作したという本作を機に、内田怜央という表現者の源を探る


ハルカミライ
生粋のライヴハウス・バンドとしてコロナ禍の中でいち早くツアーを再開した昨年秋から1年、確かに手に入れたバンドとしての大きな成長。新新作『ドーナツ船–EP 』を軸に語る

VIVA LA ROCK 2022 開催のお知らせ

sumika
なんとここに来て初の合宿を敢行し、大胆な脱皮を果たしながら生まれたニューシングル『SOUND VILLAGE 』。新たな挑戦の中で振り切った新作の意図、そして現在地とは

SHISHAMO
『SHISHAMO 7』から 5 ヵ月、冬をテーマにメンバー3 人がそれぞれに歌詞を手がけた楽曲群からなるSHISHAMO 初のコンセプトEP『ブーツを鳴らして』。宮崎朝子、語る

Base Ball Bear
彼らの真骨頂たる「喪失から照らし出す光」の凱歌が詰まったアルバム、『DIARY KEY 』リリース。結成20 周年にして、このバンドが本来的に求める理想像に近づいた現在地

卓真
10 -FEET のTAKUMA が「卓真」として初めてソロで発表するシングル『軍艦少年』。自身の心象風景を見事に歌へと昇華した名曲誕生の背景と自己表現への愚直な想いを語る

Age Factory
Age Factory 史上最も蒼く、晴れやかなメロディが響き渡るアルバム『Pure Blue 』。混迷の時代に自分を自分たらしめてくれた仲間の存在とバンドの根底にあるものを語り尽くす

映秀。
今年3 月にリリースしたデビューアルバム『第壱楽章』に続く、セカンドアルバム『第弐楽章 - 青藍- 』完成。自身の道を歩き始めた19 歳の表現者、その眼差しの奥にあるもの


佐々木亮介 / a flood of circle, THE KEBABS
10 月にはTHE KEBABS のアルバム『セカンド』、そして12 月にはa flood of circle のアルバム『伝説の夜を君と』とリリースを重ねる佐々木亮介。今こそ最高最強の理由を聞く

オレンジスパイニクラブ
こんがらがっていて面白い、捻れすぎて真っ直ぐなオレンジスパイニクラブ。メジャーデビューアルバム『アンメジャラブル』を通して掘り下げる、オレスパの歌の根源とは

the shes gone
聴き手の生活に重なる悲しみだけでなく、明日を彩る温もりも閉じ込めたファーストフルア
ルバム『SINCE 』。ここまでの集大成にしてこの先の道しるべたる10 曲を紐解く

ハンブレッダーズ
ネガティヴをブチ抜く轟音と、圧倒的な存在感を放つ鋭い言葉の数々。初期衝動的でもあり、同時にかつてなく研ぎ澄まされたセカンドアルバム『ギター』誕生の理由を探る


Panorama Panama Town
今年の4 月に発表した新体制での初のEP『Rolling 』以来、7 ヵ月ぶりとなるミニアルバム『Faces 』ドロップ。幾多の紆余曲折を越えて確かに照準を定めたバンドの現在地とは

YONA YONA WEEKENDERS
SHIFT_CONTROL
Half time Old

また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
RADWIMPS / MAN WITH A MISSION / クリープハイプ /
UNISON SQUARE GARDEN / あいみょん / millennium parade /
D.A.N. / Kroi / sumika / SHISHAMO / Base Ball Bear / 卓真 /
Age Factory / 映秀。 /佐々木亮介 / オレンジスパイニクラブ/
the shes gone / ハンブレッダーズ / Panorama Panama Town /
YONA YONA WEEKENDERS / SHIFT_CONTROL / Half time Old


すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/18
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/19
    発売号

Stereo(ステレオ)

2021年11月19日発売

目次: ●特集
一生モノのスピーカーを探す
自分に合ったスピーカーってナンだろう?(角田郁雄)
わたしのぼくの愛機たち
(石田善之/井上千岳/岩井 喬/潮 晴男/大橋伸太郎/小原由夫/小林 貢/柴崎 功/鈴木 裕/寺島靖国/林 正義/土方久明/山之内 正/山本浩司/和田博巳)
オーディオユニオンにスピーカートレンドを探りにいった話(逆木 一)
厳密ブラインド試聴 『最高のスピーカーはどれだ?』
 エントリークラス編(ゲスト:岩田由記夫×渋谷ゆう子×小室敬幸/ナビゲーター:土方久明)
 ミドルクラス編(ゲスト:笹路正徳×溝口肇/ナビゲーター:鈴木 裕)
プロ用パワードモニターを聴く(天野玲央/神村紗希/長野道徳/森﨑雅人/渡辺真凪
Polk Audio第一世代の系譜が上陸 エントリークラスMonitor XTシリーズを聴く(炭山アキラ)
音楽ライター今津 甲がB&W 603 S2 アニバーサリー・エディションを導入した話(今津 甲、編集部吉野、ユーチューバーMUU(コラボ))
JAZZ OLYMPUS! JBLに魅せられた店主の半生と最新プリ・メインアンプSA750導入まで(小松誠×上田高志)
サウンドフォーカス「安達真理・安田芙充央 ヴィオラとピアノが描く百花繚乱の情景」(安達真理×安田芙充央×樽岡大志(現音舎)×榎本憲男/構成:編集部)
グレートコンポーネント ~注目機の細部に迫る「B&W 804 D4/805 D4」(福田雅光)
【特別企画】横山 剣、エソテリック・ハイエンドシステムで聴く「自作カヴァー集と黄金時代のポップスサウンド」(横山剣(クレイジーケンバンド)、岩田由記夫)
ムック発売記念特別対談 電波受信が面白い!FMラジオの深層へ(湯川れい子×大谷隆夫×大高英慈)
マランツ 30シリーズ・ロングランレポート(山田芳朗)
スピーカーコンテスト告知

●stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))
[CDプレーヤー]
ヤマハ CD-S303
[プリ・メインアンプ]
JBL SA750/スペック RSA-BW1
[スピーカーシステム]
ディナウディオ Emit 10/ポークオーディオ Reserve R60/パラダイム Founder 40B

●注目製品ファイル
①コード ANNI(井上千岳)
②ラックスマン M-10X(潮 晴男)
③オーロラサウンド VIDA MkⅡ(柴崎 功)
④テクニクス SB-G90M2(井上千岳)
⑤モニターオーディオ Silver 300-G7(潮 晴男)
[アクセサリーファイル]
ノードスト Qpoint(林 正儀)
オーディオテクニカ AT-IC700R/X(炭山アキラ)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

●連載
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:千田直道さん(田中伊佐資)
連載 ピーター・バラカンの新・音楽日記「ノー・ニュークス・コンサート1979」
音楽人巡礼 ~音のプロフェッショナルをたずねて~巡礼先:峰尾昌男邸(今津 甲)
いい音いい場所いいお店「スペック」(上田高志)
オーディオの新常識(福田雅光)
生形三郎“夢の”低音行脚“キングインターナショナル「低音シリーズ」
火の鳥電機(峰尾昌男)
ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
ONTOMO Shop infomation


……ほか

定期購読なら2013年3月~2014年4月までに3~4回発行される特別付録号も込みでこの価格!!

  • 2021/10/19
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/19
    発売号

BARFOUT!(バァフアウト)

ブラウンズブックス

送料
無料

BARFOUT!(バァフアウト)

2021年11月19日発売

目次: CULTURE MAGAZINE FROM SHIMOKITAZAWA, TOKYO
BARFOUT! バァフアウト! 2021年12月号 DECEMBER 2021 Volume 315


300 ISSUE OF BARFOUT! 1992〜2020
2020年、バァフアウト! は1992年の創刊以来、通算300号を迎えました。あらためて、今を生きる新しい世代の表現者をフィーチュアします!


FRONT COVER STORY
生田斗真 TOMA IKUTA 表紙+12ページ

BACK COVER STORY
池田エライザ ELAIZA IKEDA 8ページ
ELAIZA 4ページ

STAGE
北村匠海 TAKUMI KITAMURA 8ページ
磯村勇斗 HAYATO ISOMURA 8ページ
渡邊圭祐 KEISUKE WATANABE モノクロ8ページ

MUSIC
深澤辰哉(Snow Man) TATSUYA FUKAZAWA 10ページ
西畑大吾&高橋恭平&大橋和也(なにわ男子) DAIGO NISHIHATA &
KYOHEI TAKAHASHI & KAZUYA OHASHI 8ページ
M!LK 4ページ
ORβIT 4ページ

FILM
神尾楓珠 FUJU KAMIO 6ページ
井之脇 海 KAI INOWAKI モノクロ4ページ
佐藤寛太 KANTA SATO モノクロ4ページ

NEW
鳴海 唯 YUI NARUMI

Blu-ray
『Oxygen』

連載
柚希礼音
堀田 茜&山崎二郎
佐久間由衣
尾崎世界観(クリープハイプ)
神田莉緒香 Guest 黒河内りく

参考価格: 1,100円

全てのエンターテイメント&ミュージック&カルチャーを応援する雑誌です

  • 2021/10/19
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/23
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

リットーミュージック.

送料
無料

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

2021年10月19日発売

目次: 表紙:JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

■Special Program
THE RESPECT!
JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

日本のロック界において数々の金字塔を打ち立て、デビュー25周年を超えてなお、新たな挑戦を続けているGLAY。そして、新世代らしいフレキシブルさを持ったポップ・センスで、令和の音楽シーンを牽引する存在として躍進を続けているOfficial髭男dism。まさに国民的と言える人気を誇っている両バンドにおいて、そのボトムを支えているJIROと楢﨑誠は、楢﨑にとって最初に憧れたベーシストがJIROであり、一方、JIROの直近のベース・プレイには楢﨑からの影響もあるなど、お互いをリスペクトし合う関係であり、プライベートでも親交があるという。ポピュラリティのあるメロディをサウンドの中心に据え、“歌を大事にする"プレイ・スタイルを共通項に、“名バンドに名ベーシストあり"を体現するふたりの特別対談をお届けしよう。また、直近にリリースされたGLAY、Official髭男dismそれぞれの新作アルバムについての個別特集も実施する。

■Featured Bassist
ハマ•オカモト(OKAMOTO'S)

2020年にデビュー10周年を迎えベスト・アルバム『10'S BEST』をリリースしたOKAMOTO'Sが、以来初となるオリジナル・アルバム『KNO WHERE』をリリースし、新章へと踏み出した。前作『BOY』から約2年8ヵ月ぶりとなった今作は、全17曲収録という過去最大の収録曲数でバンドの新境地を余すことなく伝えてくれる豪快な1作。2021年に入ってからのデジタル・シングル連続リリースを経て、これまで以上に多様な音楽的バックグラウンドを感じさせる顔ぶれが揃った新しい10年の第1歩目に、ハマ•オカモトはどのような低音哲学を込めたのか。国内トップ・ベーシストのひとりとなった彼の“バンドマン"としての現在に迫る。

■THE BASS INSTRUMENTS 1
音作りの核に迫る ペダル型プリアンプ2021

ベーシストの音作りにおける重要機材“ペダル型プリアンプ"。音作りの核としてプリアンプを据えているベーシストは多く、どのモデルを使うかでバンド全体のサウンドが大きく変化すると言っても過言ではない。だが重要機材であるがゆえ、多種多様なモデルがラインナップしており、どのモデルをどのように使うべきなのか悩みを抱えているベーシストも多いのではないだろうか。そこで今回は約5年ぶりにペダル型プリアンプを総力特集。さまざまなアーティストのサポートを手がけるIgoによる最新のペダル型プリアンプ・レビューに加え、最前線で活躍するプロ・ベーシストのアンケートをとおし、現代のベース・シーンを語るうえで避けては通れない、“プリアンプ事情"を明らかにしていきたい。

アンケート回答者:井澤惇(LITE)/大神田智彦/大林亮三(SANABAGUN.)/後鳥亮介(indigo la End)/Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)/中村圭/長谷川カオナシ(クリープハイプ)/ヒロミ・ヒロヒロ (tricot)/FIRE/フクダヒロム(Suspended 4th)/星川ドントレットミーダウン(THE BOHEMIANS)/mao(オメでたい頭でなにより)/山本大樹(My Hair is Bad)/RIO(Mary's Blood)

■THE BASS INSTRUMENTS 2
モダン・サウンドの雄 Aguilarの現在地

ベース用アンプ/エフェクター/オンボード・プリアンプなどを多数リリースし、シャープで現代的なサウンドで人気を集めているAguilar(アギュラー)。創業以来ベース・シーンを長年牽引し、世界中の名プレイヤーから愛されてきた同社の魅力を、吉田一郎不可触世界とMutsumiをゲストに迎え、アンプ/エフェクターの両視点から再考していきたい。

■奏法特集
親指弾きのディープな世界

ベースの右手の奏法といえば、2フィンガー、ピック弾き、スラップ奏法が主流となっている現代のエレキ・ベース界。今回取り上げる“親指弾き"は地味な奏法と言えるかもしれない。しかしながら、実はさかのぼれば“親指弾き"はエレキ・ベース誕生初期から存在する歴史の長い奏法であり、また細野晴臣やスティングをはじめとした、さまざまなジャンルの名手たちが愛用してきた奏法でもある。最近では若手の間でも、そのウッド感ある音色や独特なアタック感に魅了されるプレイヤーが増えているのだとか。本特集では、親指弾きの基礎から発展、特殊型の奏法までを一挙に紹介していく。

■インタビュー
佐藤雅俊(ACIDMAN)
上野恒星(YOGEE NEW WAVES)
市川仁也(D.A.N.)
イアン・ヒル(ジューダス・プリースト)
ジョン・マイアング(ドリーム・シアター)

■CLOSE UP
新生Sadowskyの実力
Fender Player Plus

■SPOTLIGHT
Bose L1 Pro feat. TYH BASS TRIO
Spector NSシリーズ feat. NATCHIN

■めっちゃ気になるあの機材
Fender Deluxe Jazz Bass V Kazuki Arai Edition

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー) ※新連載
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS) ※新連載

■連載
◎ニッポンの低音名人:田中章弘
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー ※新連載
◎芸人ヒロシの低音キャンプ ※新連載
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜 ※新連載

■BM SELECTED SCORES
「時の雫」GLAY
「FIRE GROUND」Official髭男dism
※電子版には「BM SELECTED SCORES」の収録はありません

■THE AXES
Toshihiro(工藤晴香)

■MY DEAR BASS
日野“JINO"賢二

参考価格: 943円

すべてのベーシストのための総合情報誌

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/04/19
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

Guitar Magazine(ギターマガジン)

リットーミュージック.

最大
8%
OFF
送料
無料

Guitar Magazine(ギターマガジン)

2021年11月12日発売

目次: 【特集】
鈴木茂とはっぴいえんど

『風街ろまん』から50年。
天才ギター少年が歩んだ、忘れ得ぬ3年間。

細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂によるバンド、
はっぴいえんど。
彼らはわずか3年間の活動で日本のロックの礎を築き、
解散後はそれぞれ第一線で邦楽ポップスを牽引していった。
いわば、伝説のバンドだ……と、ここまでは有名なお話。
本誌が声を大にして言いたいのは、
“はっぴいえんどは日本が誇る屈指のギター・バンドだ"ということ。
その担い手こそ今号の主人公、鈴木茂である。
加入時は弱冠17歳。“天才ギター少年"と言われた彼は、
あの個性の塊たちが作る世界をヴィヴィッドに彩ってみせた。
バンドが残した名作『風街ろまん』から、今年で50年が経つ。
本誌は、鈴木茂というギタリストとはっぴいえんどの価値をもう一度、
我々なりのやり方で見つめ直してみたいと思い立った。
そこで鈴木に8時間を超える異例の取材を決行、
はっぴいえんどに関するすべてを語ってもらうことにした。
鈴木茂のはっぴいえんどに対する強い情熱と愛情を、
ページをめくりながら読み取っていただければ幸いである。

■まえがき

■特別寄稿:細野晴臣

■鈴木茂、オリジナル3作品を語り下ろす
さて、ここから本特集の大目玉。『はっぴいえんど』、『風街ろまん』、『HAPPY END』の3作品を本人に振り返ってもらう。合計31曲すべての楽曲を改めて聴き返しながら、全曲をじっくりと語り尽くす。

・『はっぴいえんど』本人全曲解説/フレーズ解説
・『風街ろまん』本人全曲解説/フレーズ解説
・『HAPPY END』本人全曲解説/フレーズ解説

■新作『SKYE』と鈴木茂のこれから。
鈴木茂がはっぴいえんどの前に組んでいたバンド、“SKYE"がなんとデビュー・アルバムを発表した。オリジナル・メンバーの小原礼(b)と林立夫(d)に加え、キャラメル・ママの盟友=松任谷正隆(k)が加入。全員が日本のシティ・ポップにおける超重要人物、まさに大型新人バンドの誕生である。絶妙にシティな感覚に満ちたカントリーやロックンロール、芳醇なバラードなどを収録した新作について、その思いを聞こう。そして、これからの音楽活動についても語ってもらった。

■コラム:再結成ライブと「驟雨の街」

■コラム:ライブ盤で楽しむリアレンジの妙味とおすすめ名演。

■はっぴいえんど在籍時の鈴木茂のイイ仕事!
ここでは、はっぴいえんど在籍中の鈴木茂が参加した、珠玉のセッション・ワークを一挙紹介。バンド初期からサポートを務める岡林信康やエンケンを始め、今も多くの人に愛される名作の数々をピックアップ!

■コラム:はっぴいえんどのシングル3枚

■鈴木茂の愛用機材
ここからは、鈴木茂がはっぴいえんど時代に使用した機材を『はっぴいえんど』(70年)、『風街ろまん』(71年)、『HAPPY END』(73年)という3枚のアルバムごとに分けて紹介していく。残念ながら中には現存していない機材も多いが、50年近くも所有し今も大事に使い続けている1965年製ファイアーバードVと1969年製テレキャスターを、今回は特別に計測させてもらった。弦高のセッティングや貴重な内部の写真など、ぜひチェックしてほしい。

■鈴木茂の最新ライブ機材を訪ねて

■GM SELECTION
・「はいからはくち」はっぴいえんど
・「花いちもんめ」はっぴいえんど
・「氷雨月のスケッチ」はっぴいえんど

■STUFF『Live At Montreux 1976』 職人集団の“エピソード・ゼロ"
1970年代半ばに結成され1980年代初頭に空中分解してしまうまでに、3枚のスタジオ盤と2枚のライブ盤を残したスタッフ。超売れっ子のスタジオ・ミュージシャンが集ったまさに玄人集団だったわけだが、蓋を開けてみれば耳馴染みの良いR&Bサウンドで、本国アメリカ(特に東海岸)を始め世界各国の音楽ファンを魅了した。2008年に発掘された『Live At Montreux 1976』は彼らのアルバム・デビュー直前のライブ音源&映像で、まさに“ツイン・ギターがフロントのR&Bインスト・バンド"的なサウンド。冬の到来前に、コーネル・デュプリーとエリック・ゲイルという2人の名手のプレイに胸を熱くしようじゃないか!

■未知なる響きとの遭遇 変則チューニング20連発!
ギターは6弦から【EADGBE】と並べるレギュラー・チューニングが定型。だが、古来よりロック界ではいくつもの変則チューニングが用いられ、そして現在でも先進的なプレイヤー達が独自の調弦スタイルを生み出し続けている。本特集はそうした変則チューニングのバリエーションを、定番のオープン・チューニングからモーダル系、ドロップ系、そして斬新なオルタナティヴ系まで幅広く紹介していくデータ・ベース的な企画だ。さぁ、この特集をガイドに変則チューニングの深遠なる世界に飛び込んでみよう。きっと未知なる響きと出会えるはず!

■ローランドGR-500/GS-500 日本初のビンテージ・ギター・シンセ
ローランドのGR-500/GS-500というギター・シンセサイザーをご存知だろうか? ギター型のコントローラー(GS-500)をシンセサイザーの音源部分(GR-500)に繋ぎ、サウンドを操作するという、いわゆるギター・シンセの始祖とも言うべきモデルである。今回は、70年代の日本で生まれたこのGR-500/GS-500の複雑な機構について、詳しく解説していこう。

■INTERVIEW
・トム・ミッシュ

■PICK UP
・Ken Stratocaster Galaxy Red 2021
・FINAL FANTASY XIV Stratocaster
・IK Multimedia AmpliTube X-GEARシリーズ

■連載
・俺のボス/カナ(CHAI)
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・Galaxy to Galaxy 第1回:アーニー・アイズレー(アイズレー・ブラザーズ)
・工房Pathギタマガ出張所
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から
・Opening Act/森大翔

■GM FINGER-BOARDS
・崎山蒼志の“未知との遭遇"
・マーク・スピアー(クルアンビン)の「此処ではない何処かへ」
・Songster
・古今東西カッティング名手列伝
・まほガニの木材探訪
・ピクトグラムで愛でるギター・パフォーマンスの世界
・Pedal Dig 月報
・ジャキーン! ~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・我が心の愛聴盤。/第1回:コリー・ウォン
・それゆけ! ギタマガ探偵曲

■NEW PRODUCTS REVIEW
FENDER/REDONDO MINI
MICHAEL KELLY GUITARS/FORTE PORT KOA
TRAVELER GUITAR/ULTRA-LIGHT ACOUSTIC STANDARD(GLOSS BLACK)
IK MULTIMEDIA/AMPLITUBE X-DRIVE

参考価格: 880円 定期購読(1年プラン)なら1冊:807円

ギタリストのためのハウトゥ&総合情報誌

  • 2021/10/13
    発売号

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/13
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/13
    発売号

INROCK (インロック)

イン・ロック

INROCK (インロック)

2021年11月15日発売

目次: 今月号は綴じ込みポスターが大小計6面付いてる特別装丁!!
★特大両面ポスター【テイラー・スウィフト/アン・マリー】
★綴じ込みポスターピンナップ×4【アルバム「レッド」リリース当時を振り返る/テイラー・スウィフト in 2012】

ホワイ・ドント・ウィー
新章スタート!WDW最新インタビュー
“これからどんどん新しい音楽をリリースしていく予定だから、ファンにもちゃんとついてきてもらいたい!”(ダニエル)

アデル
「30」11月19日リリース
アデルはいかにして大スターになったのか?
彼女の過去を知る人物たちからひも解く、デビューからの軌跡

テイラー・スウィフト
「レッド(テイラーズ・ヴァージョン)」リリース記念企画
テイラー・スウィフトのリーダーシップ
●2012年再録インタビュー
●ファンが選んだベスト・オブ・「レッド」

キム・ペトラス
新ポップ・クイーン、遂にメジャー・デビュー!!
“ポップ・ミュージックが大好き。それを恥ずかしいとは思っていないし、むしろポップを愛していることを誇りに思ってる”

レディー・ガガ
グラビア&ニュース
ガガ、ヴェガスのステージで華々しいカムバック

ショーン・メンデス
グラビア&ニュース
ショーンがバァーチャル・コンサートを配信

ブリーチャーズ
新作「テイク・ザ・サッドネス・アウト・オブ・サタデー・ナイト」リリース!ジャック・アントノフ独占インタビュー
“絶望の中で希望を見つけるというのは僕が得意とするテーマだし、こういう世界の中ではむしろ曲作りはしやすいと感じるんだ”

リルハディ
新世代ロックスター誕生!! TikTokで絶大な人気を誇るリルハディ、デビュー・アルバム「ティーンエイジ・ハートブレイク」リリース!
“TikTok時代のフォロワーは今も僕をサポートしてくれてるし、それに対しては感謝の気持ちでいっぱいなんだ”

ビリー・アイリッシュ
グラビア&ニュース
ビリー初の香水を発表

デュラン・デュラン
サイモン・ル・ボン超ロング・インタビュー第2弾
“娘の影響で僕もいろんな新しい音楽を聴くようになったんだ”(サイモン)

マネスキン
新曲「マンマミーア」リリース!記者会見の全貌
“みんなを喜ばせることなんてできないんだから、それなら自分たちを喜ばせようって決めたのよ”(ヴィクトリア)

イル・ヴォーロ
イニャツィオ単独インタビュー
“僕らの夢はイタリアの素晴らしいメロディを世界中に広めることだから、このアルバムを通してそれを実現することができて嬉しいよ”

コールドプレイ
新作リリースのコールドプレイがツアー開始を発表、二酸化炭素排出量を半分に削減することを誓う
“やれることは全て徹底的にやるし、僕らが学んだことをみんなと共有していく”

エド・シーラン
ニュー・アルバム「=(イコールズ)」リリース特別企画
スターの10年史

オアシス
「ネブワース1996」国内盤リリース!! 当時を貴重なインタビューで振り返る
“オアシスは、最もビッグなバンドのひとつじゃなくて、最もビッグなバンドなんだぜ”(ノエル)

アヴリル・ラヴィーン
グラビア&ニュース
延期していたUK/ヨーロッパ・ツアーを2月から実施

ウエストライフ
グラビア&ニュース
新作をリリース!ウェンブリー・スタジアム公演はほぼ完売

ザ・ヴァンプス
グラビア&ニュース
コナーがアイスダンスに挑戦

ザ・ウォンテッド
奇跡の再結成!
“ザ・ウォンテッドはもっと強くなって帰ってきたし、今が自分たちの全盛期だと感じるよ”(マックス)

ザ・リグレッツ
オリヴィア・ロドリゴが新曲「マンデイ」のMVに参加
“あなたがまだ生きてるってことは、本当に本当に素晴らしいこと”(リディア)

参考価格: 713円

英米直送独占取材によるポップ+ロック誌

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)

ミュージック・マガジン社

送料
無料

MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)

2021年11月20日発売

目次: 【特集】 ニルヴァーナ

1990年代初頭に、アメリカのみならず世界のロック・シーンを一変させたシアトル出身のバンド=ニルヴァーナ。94年の自死後も、現在に至るまで絶大なロック・アイコンとして語られ続けるカート・コバーンだが、その影響はロックにとどまらず、現在のヒップホップを始め多方面に及ぶ。『ネヴァーマインド』の30周年を記念したデラックス・エディションのリリースを機に、彼らが残した音楽を今の視点から改めて掘り下げたい。

■ [対談]2010年代以降に再定義されたニルヴァーナとカート・コバーンの魅力(天井潤之介×渡辺裕也)
■ [再録]1992年のニルヴァーナ・インタヴュー(大鷹俊一)
■ 『ネヴァーマインド - 30周年記念エディション』(行川和彦)
■ オリジナル・アルバム全曲ガイド(1)『ブリーチ』(山口智男)
■ オリジナル・アルバム全曲ガイド(2)『ネヴァーマインド』(小松香里)
■ オリジナル・アルバム全曲ガイド(3)『イン・ユーテロ』(大鷹俊一)
■ オリジナル・アルバム以外の編集盤/ライヴ盤(早坂英貴)


【特集】 音楽と演劇

演劇と音楽はいつも近い関係にあったし、いまなお近づいてる。曽我部恵一、大森靖子、カネコアヤノ、ジム・オルーク、前野健太など、演劇と深く関わるミュージシャンも数多い。演劇のなかで流れる音楽は、なぜ特別なものとして響くのか。音楽ファンへの現代演劇入門としても絶好の特集「音楽と演劇」をお送りします。

■ [対談]演劇も音楽も映画もアートも並列に捉える世代(土佐有明×徳永京子)
■ 根本宗子インタヴュー(土佐有明)
■ 額田大志インタヴュー(土佐有明、徳永京子)
■ 音楽と演劇が密接につながる11劇団(落雅季子、九龍ジョー、徳永京子、土佐有明、日夏ユタカ、枡野浩一)


□ ヤング・マーブル・ジャイアンツ〜40年後の『コロッサル・ユース』(松永良平)
□ 『ハララルデ』〜新録された与那国島のわらべうた(寺尾紗穂)
□ ニュー・スタンダード2020s〜第23回 エモ(天井潤之介、金子厚武、高久大輝、行川和彦、早坂英貴、山口智男)
□ オアシス(金子厚武)
□ トム・ミッシュ(栗本斉)
□ モーリー(清水祐也)
□ マリーザ・モンチ(渡辺亨)
□ シオ・クローカー(原雅明)
□ マカヤ・マクレイヴン(花木洸)
□ ダイアナ・ロス(小出斉)
□ グレゴリー・ポーター(佐藤英輔)
□ 細野晴臣『SAYONARA AMERICA』(松永良平)
□ Chip Tanaka(宗像明将)
□ ポニーのヒサミツ(岡村詩野)
□ Three Berry Icecream(油納将志)
□ RISA COOPER(柴崎祐二)
□ ソウル・フラワー・ユニオン/登川誠仁(吉本秀純)


Front Line
◇ ブライアン・ウィルソン
◇ アンディ・シャウフ
◇ デイヴ・ガーン& ソウルセイヴァーズ
◇ カーティス・ハーディング
◇ ジョン・ホプキンス
◇ KIRINJI
◇ カーネーション
◇ ROTH BART BARON
◇ PARIS on the City!
◇ BiS


REGULAR CONTENTS
◆アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
"I'll Be Your Mirror: A Tribute To The Velvet Underground & Nico"/Grouper/Joy Crookes/Caetano Veloso/ROTH BART BARON/KIRINJI/ワールドスタンダード ほか
◆クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
◆アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200〜300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
◆輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
Hand Habits/Brandi Carlile/Coco/Anthony Hamilton/Swindle/Sensible Soccers/El Gran Combo/Omar Pene ほか
◆[連載]近田春夫の帯に短し襷に長し/寺尾紗穂の戦前音楽探訪/入江陽のふたりのプレイリスト〜アカツカ(South Penguin)/木津毅のLGBTQ通信/安田謙一のこれがヒットか!?/野沢あぐむの痛快! 艶歌まる齧り/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー
◆国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,782円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,750円

Ocarinaにまつわる情報が満載! 毎号付属のCDにはプロ奏者の演奏や、カラオケトラックを収録! 読んで、聞いて、使える1冊。

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

PIPERS(パイパーズ)

2021年11月20日発売

目次: ● 特集
○すべてはフィリップ・ジョーンズとの出会いから……
トランペット:山本英助
若き日のヨーロッパで出会ったトランペット奏者たち

PJBE初来日時にフィリップ・ジョーンズのレッスンを受けてロンドンに留学。その後ドイツに渡り、南西ドイツ・フィル首席として活躍しながら欧州各地で演奏活動を行った山本さんが若き日に出会った人たち(2回連載前編)。
----------------------------------------------------------------------

○ヤマハの製作現場を支え続けて40年
設計図を形にする匠の技
ヤマハ技術者:大塚二三男

ニッカン時代から金管楽器製作の現場一筋で歩み続け、ヤマハでも伝説的な存在。その手一つで設計図を形にして来た経験談を次号との2回連載でお届けする。
----------------------------------------------------------------------

○リード選びから解放される歓び
「このリード、もう3年も使ってます」
レジェール・リードの魅力:林田和之

レジェール・リードで今使っているマウスピースやリガチャーとのベストマッチを見つければ、リード選びの苦労はもう過去のもの……レジェール嫌いの人こそ読んでみてください!
----------------------------------------------------------------------

○6ロータリーFテューバの超進化形!
マイネル・ウェストン“Tradition”
「今までのFテューバとはまるで別もの!」:大塚哲也

Traditionを試奏した大塚さんの第一声は「F管がこんなに進化しちゃったの!? 低音、全然大丈夫じゃん!」だった。「Fテューバの最先端を何年も先取りした」とまで語る話題のモデルに迫る!
----------------------------------------------------------------------

○拡張奏法を使ったコンチェルトを初演!
作曲家と語るユーフォニアムのフロンティア
鼎談:山本裕之(作曲家)小寺香奈(ユーフォニアム)中橋愛生(作曲家)

今年8月、セントラル愛知交響楽団が委嘱した山本裕之のユーフォニアム協奏曲を小寺香奈さんが世界初演。この楽器では前例のない特殊奏法を駆使したこの曲について、作曲家の中橋愛生さんも交えて語ってもらった。
----------------------------------------------------------------------

○リポート
フランセのトロンボーン協奏曲を日本初演
加藤直明(トロンボーン)とシンフォニエッタ静岡

あのフランセにトロンボーン協奏曲があることはあまり知られていない。トロンボーン加藤直明氏のソロとシンフォニエッタ静岡によって10月に行われた日本初演を阿部竜之介氏(大阪響首席Trb奏者)がリポート。
----------------------------------------------------------------------

○大学からTrpを始めてプロの道へ……
トランペット伊勢秀一郎の世界
「地べたラッパ」を自称し磨き上げた孤高のサウンド

「ユーの音は地べたを這いずり回っている」……ビッグバンド入団早々、バンドリーダーからそう言われた伊勢さんは、その後もひたすら自分の音を磨き続けて来た。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
アンブシュアにおける舌の決定的役割
守山光三

感覚で捉えている世界とはかなり異なる管楽器奏者の口の中を科学する。2008年4月号(320号)掲載記事の再録。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
海外主要オーケストラの管打楽器メンバー
中川英二郎のトロンボーンアルバム/録音に欠かせないミュートたち
トランペット“管”話休題/ハイノートの快感
平野公崇の多事奏音/記憶と練習の効率化
ミードと暮らす/そうだ金管バンドに参加しよう!
ナイディック&大島クラリネット講座/ジョセフィン・ベイカー(最終回)
ヴィンテージSAXの遊び方/ソプラノサクソフォンの形状進化
カゲヤマ博士の演奏心理学/練習は午前がいいか午後がいいか?
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/純銀製E♭管キービューグル
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハトランペットEMモデル&LAモデル
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室

参考価格: 918円 定期購読(1年プラン)なら1冊:825円

「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/20
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

2021年09月25日発売

目次: COVER:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

2020年11月にデビュー10周年を迎え、アニバーサリーイヤーの渦中にいる三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。
9月25日発売の「Rolling Stone Japan vol.16」では、メンバー7人全員で表紙+計24Pのカバーストーリーに登場。
撮り下ろしの写真とともに、各自のグループ観に迫った個別インタビューと、三代目JSBが成し遂げてきたライブ・
エンタテインメントの軌跡をたどる全員インタビューで、10年の歩みを総括する。


BACK COVER:シルク・ソニック

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークによる話題のユニット、シルク・ソニックがBACK COVERに登場。
米ローリングストーン誌による最新インタビューを日本語訳して全文お届けする。
さらに、彼らを中軸に据えた特集「ソウルミュージックの源流を辿る」では、ディアンジェロが名盤『Voodoo』を語った
2000年の秘蔵インタビュー、モータウン史上最高の名曲70選など多彩なコンテンツを通じて、ソウル/R&Bの真髄、豊潤な
音楽的ルーツを紐解いていく。


【その他コンテンツ】

FEIATURE / 1 チェンソーマン 破壊と再生

・INTERVIEW Pt.1 藤本タツキ
・INTERVIEW Pt.2 林土平
・TALK SESSION 三原勇希・田中宗一郎・伏見瞬が語る「チェンソーマン」と藤本タツキ作品


FEATURE / 2 POP RULES THE WORLD

FEATURE / 3 ソウルミュージックの源流を辿る


ほか

参考価格: 1,100円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:990円

音楽やカルチャーを愛する人へ贈る、ミュージック・カルチャー・マガジン

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

送料
無料

The Clarinet (ザクラリネット)

2021年09月10日発売

目次: 【音源連動Score】
♪夜に駆ける
♪Pretender
♪バレエ組曲「くるみ割り人形」より 花のワルツ
♪ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」より 第2楽章

【Cover Story 】
エディ・ダニエルズ
Eddie Daniels

「ジャズクラリネット界は彼なしでは語れない」と言っても過言ではない、ジャズクラリネット界の巨匠であるエディ・ダニエルズ氏が2回目の登場です。
15歳でニューポート・ジャズフェスティヴァルに出演し、1989年にはアルバム「メモズ・フロム・パラダイス」でグラミー賞を受賞した同氏は、クラシック曲をジャズ風にアレンジしたヴィヴァルディ『四季』や、ロンドン交響楽団との共演を果たしクラシックとジャズを融合させたアルバム「Breakthrough」をリリースするなど、ジャズに限らず素晴らしいクラシックの演奏に多くのファンを持つプレイヤーです。
そんな彼が監修したエディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーが日本初上陸! 今回は、最新リガチャーのことはもちろん、コロナ禍での生活についても語ってもらいました。
また、このリガチャーを開発したデイヴ・ノックス氏にも登場いただきます。


【Special Contents】
おうち時間を充実させる
クラ吹きのYouTubeチャンネル

未だ新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが見えない現在、愛好家のみなさんは自宅にいる時間が長くなり、クラリネットを吹く時間も限られているのではないでしょうか。
そこで、おうち時間を有意義に過ごすために、クラリネット好きなら絶対に見ておきたい、とても気になるクラリネット奏者のYouTubeチャンネルを紹介します!

【Gear Report】
エディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャー
土井徳浩氏が試奏!

現在ミュージカルのオーケストラなどでも活躍されているジャズ・クラリネット奏者の土井徳浩氏に、日本初上陸のエディ・ダニエルズ《エクスプレッションズ》リガチャーを試奏していただきました。

【BUFFET CRAMPON】
モパネ リミテッドエディション2021
この夏、〈ビュッフェ・クランポン〉は、クラリネットの“ディヴィンヌ”、“レジェンド”、“トスカ”、“R13”の4機種をもとに、世界で85本限定の特別な「モパネ」製クラリネットを販売しました。限定85本のうち日本に入荷したのは4機種、合計17本で、この貴重な楽器を手に入れることができた日本人プロ奏者からも絶賛の声が寄せられています。
世界的なクラリネット奏者のミシェル・アリニョン氏、二コラ・バルディルー氏、ポール・メイエ氏、マルティン・フレスト氏の4名連名の選定書が付属された、このスペシャルな楽器「モパネ リミテッドエディション」を、新日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者の中舘壮志氏が試奏。その感想を聞きました。


【ヤナギサワ リガチャ―「Yany SIXS」×亀居優斗】
装着時にマウスピースとリガチャーの間に創られた6つの空間(SIX Space)を名称の由来とするヤナギサワのリガチャー“Yany SIXS(ヤニー・シクス)”。その風貌が醸し出すハイスペック感がクラリネット奏者の間で話題を呼んでいる。そこで、数々のコンクール受賞等華々しい経歴を持ち、東京佼成ウインドオーケストラ楽団員として、またThe Narmen Clarinet Ensembleメンバーでの活躍など、いま最も注目を集める奏者、亀居優斗氏によりYany SIXSの音色、吹奏感など、そのポテンシャルを解明してもらった。



【台湾の若い才能が生み出したWi&Fiマウスピース】
Wi&Fi(ウィー・アンド・フィー)マウスピースの日本総輸入元として2018年秋から輸入販売をしているのが、みなさんご存じのクラリネット専門店「The Clarinet Shop」だ。このマウスピースは日本各地の楽器店でも販売されており、現在注目を集めている。
硫黄を使わず、水晶を使って硬化させた新素材V-Quarzを使用して作られているWi&Fi(ウィー・アンド・フィー)マウスピースのことを、The Clarinet Shopの仕田敬一店長に伺った。


【Close Up-1】
東京セレーノバスクラリネットアンサンブル【木炭】
古川邦彦、加藤和宏、野沢和弘、渡邊一毅、池田めぐみ各氏からなるバスクラリネットアンサンブル【木炭】。バスクラ人気が高まっている昨今、【木炭】のライブやCDはバスクラリネットの魅力を前面に引き出し、その人気は留まるところを知らないスーパーアンサンブルだ。そのレパートリーはクラシック、ポップス、ミュージカル、ゲーム音楽などと幅広い。それを支えているのは、メンバーの実力にほかならない。その【木炭】が今年6月に通算6枚目となる待望のアルバム「スーパー・バスクラVol.5」をリリース。今回はリーダーの古川邦彦氏に話を訊いた。


【Close Up-2】
中舘壮志
現在、新日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者として活躍中の中舘壮志氏が、東京オペラシティ文化財団主催の人気リサイタルシリーズ「B→C バッハからコンテンポラリーへ」に登場する。このリサイタルで聴衆に伝えたいこと、また中舘氏にとっての音楽、クラリネットについて訊く。


【Score】

クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『三原色』(YOASOBI 歌)3B♭Cl+Bass Cl


【新入生が楽しく吹ける♪】
Duoで先輩と上手くなる! 最終回
『ドライフラワー』(優里 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦


【連載 】
CLN ヘッドラインニュース
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第13回]|辻本美博
クラ吹き駆け込み寺[第31回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第41回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第27回]|木村健雄
Clarinet in New York[第30回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information

参考価格: 1,650円

クラリネット唯一の専門誌!

  • 2021/03/10
    発売号

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/03/10
    発売号

  • 2018/09/10
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

The Flute (ザフルート)

2021年10月10日発売

目次: 【Cover Story】
「人と音楽がつながる、その橋渡しを」
日野真奈美
演奏活動にとどまらず、ラジオのパーソナリティや司会、広告モデル、ドレスプロデュース、吹奏楽指導など、様々な分野で活躍の幅を広げてきた日野さん。縁あって始まったそれらの仕事を続ける内面には、実現したいことと情熱、自身の決めた方向性がしっかりと根を張っていた。「本来の私の目的に向かえているか」─自分を見つめる目は冷静で客観的。彼女が語る言葉は、見た目のイメージと少し違っているかもしれない。

【特集】
映画×音楽!
─いちばん身近な非日常─
◆アニメ映画全盛!心に残るあの音楽
音楽で振り返る、2021年→2018年 ヒット映画ランキング
演奏アドバイス
「竜とそばかすの姫」メインテーマ『U』by 細見聡美
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」テーマソング『One Last Kiss×Beautiful World』by 森田愛華
◆THE FLUTE版 ヒット映画曲一挙紹介
◆コラム「映像を際立たせる音楽の魔力」木村奈保子
◆Listen&Play 愛しの映画音楽

【特別企画】
ズームアップ! フルートオンライン
この秋堪能したい、 THE FLUTE ONLINE 連載・動画連動企画

【Special Report】
第10回神戸国際フルートコンクール 第1次審査結果発表
スペシャルグランドフルートコンサート2021

【Close-up】
髙橋聖純
自分の中で、プロになるのは「絶対」と決まってた。
19年におよぶ札幌交響楽団でのオーケストラ生活にピリオドを打ち、昨年4月より 新たに指導の道を歩みはじめたフルート奏者の髙橋聖純氏。そのプロ奏者に至る 道のりは、目標に向かって突き進むブレない意志によって支えられていた─ 先日、約一年ぶりのコンサートを行なったばかりの髙橋氏にインタビューを敢行。 その素顔に迫った。


【連載】
華麗にマスター|佐々木 華
第2回テーマ『花は咲く』カルテットバージョンに挑戦しよう

【最終回】動画で一緒に!FLUTE on ICE|神田勇哉
レッスン動画を参考にしながら、曲集「Flute on Ice vol.2」の登場曲を一緒にレッスンしましょう

ハーメルンは笛吹き|渡邊哲夫
ハーモニーと練習法、創意工夫と美味しい話……“ハーメルンの笛吹き”のように、魅惑の世界へいざなうエッセイ

テオバルト・ベームの子孫からの伝言|岩下智子
テオバルト・ベームを高祖父に持つルードヴィヒ・ベーム氏による、ベーム式フルートの系譜やレポートなどをお届けします

ピッコロ★トリセツ講座|スタニスラフ・フィンダ
ピッコロのお手入れ、取り扱い、奏法……製作者で奏者だからできる!正しい知識を伝授します

キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~|古川仁美
フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる! 「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です

ふたたび、「あふれる光と愛の泉」|齊藤佐智江
通訳として寄り添ったアラン・マリオン氏の思い出と、フレンチスクールの系譜をフルーティスト齊藤佐智江さんが描く

笛吹き漫遊紀行 |西川浩平
「僕、シルク・ド・ソレイユに入りたいんです!」

さかはし矢波のつれづれ放送局 |さかはし矢波

リレーエッセイ|髙橋聖純
“今日からできる、おすすめキソレン”
リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!

新国産フルート物語
第17回│コタトフルート「製作者自らの演奏経験が生んだ特殊管」


【Score】
特集「映画×音楽! ─いちばん身近な非日常─」連動
♪ 『U』映画「竜とそばかすの姫」メインテーマ(Flソロ)
♪ 『One Last Kiss × Beautiful World』映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」テーマソング(Flソロ)
♪ 『ニュー・シネマ・パラダイス』E.モリコーネ&A. モリコーネ 作曲(Flソロ)
♪ 『ロミオとジュリエット』N.ロータ 作曲(Fl&Pf)
♪ 『すべての山に登れ』R.ロジャース 作曲(4Fl)
♪ 『サウンド・オブ・ミュージック』R.ロジャース 作曲(4Fl)

参考価格: 1,019円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,000円

笛と人のレッスン情報誌

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

送料
無料

The SAX (ザサックス)

2021年08月25日発売

目次: 【Cover Story】
マーク・ターナー
ニューヨーク現地取材
アートにも造詣が深いスタイリッシュなNo.1テナー

【Special Contents 1】
動画連動
いま注目のJazz/Fusion系
マウスピース吹き比べ26本〈アルト編〉
試奏モニター:横田寛之

【Special Contents 2】
付属ダウンロード音源連動
探偵・刑事ものドラマ・アニメ主題歌の
演奏ポイントを盗め!
模範演奏:ひび則彦

【Score】
付属ダウンロード音源連動楽譜
『ルパン三世のテーマ ‘78』for As
『傷だらけの天使』for As
『名探偵コナン メインテーマ』for As
『Gotcha』for Ss
『太陽にほえろ!メインテーマ』for Ss+for As

【特別企画】
唯一無二の音と歌を持つ究極のオールラウンダー
土岐英史に捧ぐ

【Gear Report】
NuRAD × 本田雅人
Wood Stone CLASSIC LIGATURE × 寺地美穂
MAKER & DEALER TOPICS 新製品&注目の製品

【Event Report】
本田雅人
渡辺貞夫
須川展也&田中靖人

【Spotlight】
かわさきジャズ2021

【Lesson連載】
目指せ!クラシカルサックス レベルアップ講座|第8回|角口圭都
SAXで吹く!煌めきの洋楽ヒット|第27回|山口宗真
♪Score『For The Love Of You』for As
サックス名曲!アンサンブル道場|第5回|齊藤健太&AKIマツモト
♪ロジェ・ブートリー『ディベルティメント』
ちょいジャズ~気軽にアドリブ体験|最終回|萱生昌樹
♪Score 『Confirmation』for As

【コラム連載】
Jazz Scene in Europe|第27回|岡部源蔵
Come to me!|第5回|神崎ひさあき × 山田敬三(ヤナギサワ・クロッシュ)
Diggin’ in New York|第59回|鄭 優樹
タワーレコード NEW SAX Recommend CD
留学のススメ|第9回|留学後の進路
リレーエッセイ“日々徒然”|第95回|加藤雄一郎

【THE SAX vol.106 付属ダウンロード音源】
♪ルパン三世のテーマ ‘78 for As
♪傷だらけの天使 for As
♪名探偵コナン メインテーマ for As
♪Gotcha for Ss
♪太陽にほえろ!メインテーマ for Ss+for As
模範演奏:ひび則彦

参考価格: 1,540円

“サックス大好き”レッスン情報誌

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/02/25
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

The Walker’s(ザウォーカーズ)

2021年09月09日発売

目次: Front Page
【キャスリン・シュルマイスター】

Special Interview
【柴田俊幸】
国境とジャンルを超えて活躍する大注目の若きフルート奏者!

I am Jazz!
【ベニー・グッドマン】
キング・オブ・スイングと称された名リーダー&クラリネット奏者

Jazz Standards!
【アフター・ユーヴ・ゴーン】

Jazz New Disc
【話題の新作33作品を一挙紹介!】

Jazz Interview
【高梨道生】 
初リーダーアルバムをリリースした日本が誇る名ベースマン

Jazz Live!
【角野隼斗】

A melting pot of music
【美空ひばり】  
歌謡界のトップスターであり続けた正真正銘の国民的歌手
 
Mr. Bassman
【レジー・ワークマン】 
親日家で独特のビートでいぶし銀の存在感を放つ名ベースマン

Bassman Now!
【ルカ・シセーラ】 
スイス出身、今後の活躍に注目のベースマン

Basswoman Now!
【ケルシー・ホプキンス】 
カナダ出身、女性ベーシストの活躍もサポートする注目の女性ベーシスト

Japaneseman In NY
【Dear Old 8th Avenue】

Hawaii Walker’s
【グッドガイズ・ミュージック&サウンド】

The Music Movie
【アメリカの影】

TheWalkers27
【The Walker’sを応援して頂いているみなさんからのメッセージを掲載】

まずは一度読んでみて下さい! ジャズ&音楽の魅力が満載です!

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

全173件中 1 〜 30 件を表示

芸能・音楽 雑誌のカテゴリ

音楽情報誌カテゴリーでは、日本にかかわらず、世界の様々なジャンルの音楽情報を掲載した雑誌を販売しております。世界最大の実売数を誇るヘヴィ・メタル&ハード・ロック専門誌の「BURRN!(バーン)」や、最新ヒット曲から話題のクラシック曲までピアノの楽譜を掲載する「月刊ピアノ」、最新の演歌・歌謡曲をはじめ、懐メロ・話題曲の歌唱アドバイス付き楽譜を掲載している「カラオケファン」など、音楽ファンから奏者、カラオケが好きな人まで幅広いジャンルの音楽雑誌がございます。

音楽情報誌で人気の出版社から探す

音楽情報誌の発売日一覧

本日発売の音楽情報誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌