芸能・音楽 雑誌 のおすすめ雑誌

月刊エレクトーン

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊エレクトーン

2021年09月18日発売

目次: ■第1特集
ネット系アーティスト大研究 (仮)
■第2特集
保存版!エレクトーン用語辞典 (仮)
■連載講座
・佐々木昭雄のJAZZスタンダードでアドリブ
・渡辺睦樹のクラシック演奏のポイントとコツ♪
・加曽利康之のメロディー・メイキング術

■ライブレポート
・尾野カオル×MAKOTO(JABBERLOOP) Duo Live!
・加曽利康之 LIVE AT MIKI

■予定曲目
【マンスリー・スコア】
♪ U (millennium parade x Belle)
♪ 歌よ (Belle)
♪ HELLO HELLO (Snow Man)

【リクエスト】
♪ スキスキ星人(すとぷり)
♪ グッバイ宣言 (Chinozo)

【みんなが弾きたい JAZZ! JAZZ!! JAZZ!!!】
♪ 不思議の国のアリス

【ピアノ&エレクトーン】
♪ 帰ろう (藤井風)

他全12曲収載予定

参考価格: 815円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:407円

エレクトーンをもっと楽しく。役立つ講座やスコアが満載!!

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年09月18日発売

目次: ■特集
ショパンコンクール/お月見
■ピアニスト・インタビュー
上原ひろみ/辻井伸行/吉見友貴/アン・セット・シス(山中惇史)
●コンサート・レポート
よみぃ
●ネットに光る☆逸材奏者(連載)
ぜろいち
■好評連載
<講座>
・森本麻衣のピアニスト道
・セロリの電Pパーク!
・コードの時間
・音楽史を歩こう
・事務員Gの名曲タイムトリップ
・ずっしーの即わかり音楽理論教室
・白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
・ござさんのAll that Goza's Piano Arrange ほか

<連載>
・西村由紀江のMy Favorite Songs
・加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
・愛しのストリートピアノ
・響け★卵たちの毎日
・ピアノを愛する大人たち
・言葉の時間
・学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
・愛と気づきのエンタテインメント
・大学で音楽を学ぼう
・音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事 ほか
●収載予定楽曲
♪ U(millennium parade × Belle)
♪うたかた歌(RADWIMPS feat.菅田将暉)
♪マスカラ(SixTONES)
♪Ordinary days(milet)
♪Love Song(Uru)
♪魔法の絨毯(川崎鷹也)
♪カイト(嵐)<上級>
♪夜に駆ける 英語ver.<ピアノ&ボーカル>
♪SEASONS(浜崎あゆみ)<事務員G>
♪バラード 第1番(ショパン)<xピティナ アレンジコンペ初級受賞作品>
♪証城寺の狸囃子<プチジャズ>
♪風になりたい(THE BOOM)<電P> ほか

参考価格: 763円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:381円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

CURE(キュア)

エイジアハウス

最大
28%
OFF
送料
無料

CURE(キュア)

2021年10月21日発売

目次: Cure Vol.219
(2021年12月号/2021年10月21日(木)発売)
価格:¥1200(税込)/¥1091(本体価格)

特別付録①:トレーディングカード(ランダム1枚入り/全6種)
※巻頭特集バンドの撮り下ろし写真を使用したトレーディングカード
特別付録②:ARスペシャルコンテンツ
※誌面上の該当ページをスマホ(専用アプリ使用)で読み込むと、スペシャルコンテンツが楽しめます!

■巻頭大特集■
★RAZOR

【今月のオススメ】
★XANVALA

【対談】
★「九条武政に贈る対談」[九条武政(己龍)、優(BugLug)、楓(R指定・KiD)、海(vistlip)]
★SPECIAL対談[愛生×KENZI(THE DEAD P☆P STARS)]

【Personal Interview】
★ミズキ(DOG inTheパラレルワールドオーケストラ)
★明弥(ベル)
★来夢(キズ)
★涼太(ex.Neverland)

【BAND SEARCH】
★NAMELESS
★NINTH
★ARMADEA
★mama.

【ライブレポート】
★DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
★gulu gulu

【特別企画】
★YU-TA(HERO)×Photographer・Hideyoshi
★Honesty~Cure’s MODEL REAL FACE~[Leetspeak monsters]
★見たい!知りたい!覗き隊!~バンドマンのお部屋紹介~[ミナギ(ゼラ)]
★VISUAL相関図[るいまる(ビバラッシュ)]

【FASHION&STYLING】
★NEWカルチャー「#病みかわいい」クローズアップ! Amilige

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:860円

Japanesque Rockインディーズバンドの活動内容やスタイリングをメインに扱い、その情報交換性に焦点を当てた雑誌です。

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/21
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

最大
25%
OFF
送料
無料

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)

2021年10月20日発売

目次:  長命、人生を全うした音楽家はもちろん多いが、短命、夭折した作曲家のエピソードは強い印象を残す。35歳で亡くなったモーツァルト(1756-91)の最後の仕事は「レクイエム」。亡くなる直前、モーツァルトに「レクイエム」の作曲依頼が舞い込む。高額の前払い金を置いていった依頼者は名乗らず、匿名だった。後に、モーツァルトは死者の世界からの依頼で、自分のための「レクイエム」を書いた、という伝説が流布された。現在では、依頼主は判明、この話は否定されているが、夭折の作曲家にふさわしいエピソードとして信じられた。
 夭折したモーツァルトは神童でもあった。神童がそのまま成長し天才になった稀有な例と言える。父レオポルドはモーツァルトに英才教育を施したが、モーツァルトは父親を凌駕する才能を持っていた。3歳からチェンバロを弾き始め、5歳で作曲を行う。今でいえば小学校の入学前から父とともに、ヨーロッパ各地の宮廷などをめぐり、神童の演奏を披露した。13歳からは音楽教育を兼ねてイタリア巡業を行う。システィーナ礼拝堂の秘曲「ミゼレーレ」を一度聴いただけで譜面にしてしまったのはこの時だ。
 モーツァルトよりも短い生涯だったのはシューベルト(1797-1828)。わずか31年の人生だったが、「冬の旅」「水車小屋の娘」「魔王」などの歌曲、交響曲第8番「ザ・グレート」、「未完成」、弦楽四重奏曲など傑作を数多くのこし、31年間に600曲以上の作品を書いている。生前に演奏されなかった曲も少なくない。「ザ・グレート」はシューベルトの死後、家を訪ねたシューマンが、未整理の楽譜を発見、友人のメンデルスゾーンのもとへ送り、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管で1838年に初演された。
 天才は必ずしも夭折ではない。サン=サーンス(1835-1921)は、86歳まで生きた。当時としては非常に長命だろう。サン=サーンスはやはり神童だった。2歳半で伯母からピアノの手ほどきを受け、3歳でピアノ曲を作曲。10歳のときのパリ・デビュー演奏では、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番やモーツァルトのピアノ協奏曲第15番を演奏した。モーツァルトの協奏曲のカデンツァはサン=サーンスの自作だった。
 現役の指揮者・ピアニストではバレンボイムを挙げよう。先ごろ、誰よりも多い5度目のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集をリリースしたばかり。また、指揮者としては名門ベルリン州立歌劇場管弦楽団の音楽監督を務めている。バレンボイムは7歳でピアニストとしてデビュー、11歳の時、ザルツブルクにおいて最年少で指揮者マルケヴィッチのマスタークラスを受講した。そしてフルトヴェングラーに会い「バレンボイムは天才である」と言わしめた。項目はほかに◎メンデルスゾーン、ショパン◎ベッリーニ、ビゼー◎ガーシュウィン、ルクー◎瀧廉太郎、貴志康一◎才能に年齢は関係ないのか、など。表紙は、モーツァルト、シューベルト、メンデルスゾーン、ビゼー、リパッティ、ヌヴーです。

◎宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 大萩康司 ギター
 若手人気ギタリストの大萩康司。昨年からのコロナ禍でコンサートの仕事は減ったが、録音は増え、CDをたくさんリリースした。チェロの宮田大、フルートの江戸聖一郎、オーボエの広田智之らと共演したCDが次々と発売された。ギターを始めたきっかけは母親。「小さいころ、小児喘息だったので、家の中でできる遊びをしていました。8歳のころ、母が昔やっていたクラシックギターを再開しました。すごく楽しそうに弾いていたので、『僕もやりたい』と言い、始めたのがきっかけです」と話す。

◎BIGが語る 清水和音 ピアノ
 デビュー40周年を迎えたピアニスト、清水和音。1981年にロン=ティボー国際コンクールで優勝したのは20歳のとき。これ以来ずっと第一線で活躍してきた。当時、日本で優勝した清水の人気は熱狂的だった。しかし、現在、コンクールで優勝しても次の仕事につながるとは限らない。「コンクールが増えすぎました。数が増えれば、皆が冷静に選ぶことになります。1980年代のコンクール1位は騒がれましたし、先駆者利益があったのです。今の若い人はかわいそうです」と話す。もちろん人気だけでは生き残れない。清水は若いときから実力も兼ね備えていた。

このほか
◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

参考価格: 1,080円 定期購読(1年プラン)なら1冊:808円

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

邦楽ジャーナル

邦楽ジャーナル

最大
14%
OFF
送料
無料

邦楽ジャーナル

2021年10月01日発売

目次: 「邦楽ジャーナル」2021年10月号(417号)目次
以下<>内は執筆者名

[人物]
いんたびゅう
渡邊香澄
二十五絃箏全国ツアーが中断を余儀なくされるなか、10月27日にCDアルバム「絃(いと)」をリリースする。

世界の尺八 18 北アメリカの演奏家6クリストファー遙盟さん/オーストラリアの演奏家6ライリー・リーさん

[奏法]
宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 39 <藤原道山> 虫の武蔵野
(尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。)

箏うたを楽しむ! 3 <片岡リサ> 歌詞を思い描いて
(古典から宮城曲、現代作品まで箏の弾き歌いで楽しませる片岡氏が、そのコツを指南します。)

「マルセル・モイーズ」に学ぶ 3 <野村峰山> 歌口の操作による音程変化
(フランスの高名なフルート奏者の言葉から野村氏がヒントを得て、尺八吹奏の技術、芸術性を分析していきます。)

琴古流尺八の秘密 10 <徳丸十盟> 「叩く」を「アタリ」に
(山口五郎門下で東京藝大尺八専攻非常勤講師を務める徳丸が、流麗な琴古流の吹き方の極意を教授。)

[知識]
「浪花十二月」と上方地歌 10 <菊央雄司> 神無月
(大坂で活躍する地歌箏曲胡弓演奏家の菊央雄司が地歌作物の『浪花十二月』を題材に大坂地歌の魅力を紹介し、端歌物『ゆき』を様々な角度から検証。)

虚無僧尺八の20世紀 10 <志村哲> ラスト コムソウ
(地無し尺八吹奏家で大阪芸大教授の志村が古典尺八を繋いできた先人とその場所にスポットを当てる。)

邦楽用語きほんの「き」 60(最終回) <釣谷真弓> 邦楽
(普段からよく耳にするけれど、意外と意味を知らなかったり、身近すぎて自分で調べることのなかった邦楽の基本用語を、日本音楽史を研究する箏演奏家の釣谷真弓さんが簡潔に説明します。)

1分間「箏曲地歌」アナウンス 170 <野川美穂子> かくれんぼ
(演奏会のアナウンスやプログラムに無料で使用できる解説文)

[エッセイ]
リレーエッセイ 10 <多久潤一朗> フルートっぽく?
(演奏家や作曲家を中心に楽しいエッセイでつなぐ友達の輪。まずは若手からスタート!)

おと・かたち・いろ考 82 <村尚也> 『紅葉』の色とリズム
(舞踊家・舞台演出家・評論家、村尚也氏が「日本の音」を解きほぐします。)

ヒダキトモコのつぶらな目 77
(表紙といんたびゅうの撮影を担当する写真家の目に写るものは。)

[楽譜]
クラシック アレンジSCORE 14
「誰も寝てはならぬ」(箏・十七絃三重奏)<ジャコモ・プッチーニ作曲・冷水乃栄流編曲>

[話題・他]
News
・国際尺八コンクールの「本選」は日本人のみで
・地域創造が邦楽オーディション!
・必見! 刻彫尺八と螺鈿紫檀阮咸

こんなの見つけた 18(最終回) 中国の高性能塩ビ尺八&教則本

[CD・他]
New Release
話題の新譜・新刊がズラリ

HOW 今月の新入荷商品/地歌箏曲販売CDリスト#3/秋の夜長、伝記・芸談を読む
(弊社取扱いの通信販売CD等のご紹介)
http://hj-how.com/

[情報]
PICK UP 注目の公演を紹介
邦楽情報 10月1日-11月30日分
10月のテレビ・ラジオ(放送予定の邦楽関連番組一覧)
邦Jフォーラム(受賞、コンクール募集内容・結果など、邦楽界の様々な動きを提供)
おけいこ場案内(習ってみたい!という方へ)



邦楽ジャーナル
http://www.hogaku.com/

参考価格: 770円 定期購読(6ヶ月プラン)なら1冊:662円

古典から最新まで、邦楽が楽しくわかる、邦楽専門の情報誌

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/27
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

PIPERS(パイパーズ)

2021年10月20日発売

目次: ● 特集
○日本でこそ管楽器の早期教育が必要な理由
6歳から始める管楽器
管楽器プレスクールの提唱:守山光三

学校の部活動でスタートすることが多い日本の管楽器教育に危機感を抱き、言語とアンブシュアとの関係に着目して6歳からの早期教育を提唱・実践するプロジェクトが進行中。
----------------------------------------------------------------------

○こんなに豊かだったとは!
日本のヴィンテージ・トランペットに魅せられて
でもその実態は謎だらけ:小崎敬正

かつて日本ではニッカンに限らず様々なトランペットが作られていた。歴史に埋もれたそんな楽器をコツコツ集め、その魅力を演奏でも伝えようとしている人がいる。
----------------------------------------------------------------------

○アフィニス・セミナー座談会
金管奏者の「在宅練習」
その注意点とアドバイス

コロナ禍の練習環境は金管楽器にとって深刻な問題。この夏オンラインで開催されたアフィニス・セミナー&音楽会2021Nagaokaで内外の6人の金管プレイヤーが彼らの悩みに寄り添う。
----------------------------------------------------------------------

○“ジョリヴェ”でいつも自分の調子を計って来た
トランペット:坂井俊博
私のトランペット生活50年(後編)

早くにドイツで活躍し、この7月にジョリヴェのトランペット協奏曲2曲を一晩で演奏するなど今も旺盛な演奏活動を続ける坂井さんのプロ生活は、戦後の日本トランペット界の歩みと重なる。
----------------------------------------------------------------------

○新発見!
C.グノーのトロンボーン・ソロ曲
仏ロマン派の巨匠による貴重なレパートリー

19世紀半ばにパリ音楽院の試験曲として作曲されたグノーのトロンボーン・ソロ曲が、このほどスイスで出版された。失われていたとされていた自筆譜は蚤の市で発見されるなど、注目の作品。
----------------------------------------------------------------------

○ピンク・フロイドの伝説的アルバム
「原子心母」完全再現!
記念碑的作品を原曲に忠実に再現した舞台裏

プログレッシブロックの記念碑的な作品を原曲に忠実に再演するコンサート。その舞台裏を覗いてみた。
----------------------------------------------------------------------

○欧米のカードに描かれた犬猫たちのバンド
わんにゃんブラス大集合
編纂:ガヴィン・ホルマン

かつて欧米の絵はがきやカードには、管楽器を吹く猫や犬たちの漫画が多く描かれた。ブラスバンドの古い画像を収集しウェブサイトに掲載しているガヴィン・ホルマン氏の楽しいコレクションから。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ヨルゲン・ファン・ライエン
トロンボーン奏者

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席トロンボーン奏者として活躍するライエン氏が2008年に来日した時のインタビュー記事を再掲載。
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
国内プロオーケストラ動画配信情報
第12回関西トランペット協会コンクール・リポート
中川英二郎のトロンボーンアルバム/自分のモデルのベルを切ってみたら…
トランペット“管”話休題/緊張の一瞬
平野公崇の多事奏音/壁吹き
ミードと暮らす/リトアニアで1年半ぶりの演奏舞台
ナイディック&大島クラリネット講座/ジョセフィン・ベイカー
ヴィンテージSAXの遊び方/とびきりユニークなモダンヴィンテージ
カゲヤマ博士の演奏心理学/思考停止はなぜうまくいかない?
ロブ・スチュワートのブラスギャラリー/ベッソン・エコーコルネット
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
B&S「マイスタージンガー」トロンボーン
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室

参考価格: 918円 定期購読(1年プラン)なら1冊:825円

「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/20
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

2021年09月25日発売

目次: COVER:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

2020年11月にデビュー10周年を迎え、アニバーサリーイヤーの渦中にいる三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。
9月25日発売の「Rolling Stone Japan vol.16」では、メンバー7人全員で表紙+計24Pのカバーストーリーに登場。
撮り下ろしの写真とともに、各自のグループ観に迫った個別インタビューと、三代目JSBが成し遂げてきたライブ・
エンタテインメントの軌跡をたどる全員インタビューで、10年の歩みを総括する。


BACK COVER:シルク・ソニック

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークによる話題のユニット、シルク・ソニックがBACK COVERに登場。
米ローリングストーン誌による最新インタビューを日本語訳して全文お届けする。
さらに、彼らを中軸に据えた特集「ソウルミュージックの源流を辿る」では、ディアンジェロが名盤『Voodoo』を語った
2000年の秘蔵インタビュー、モータウン史上最高の名曲70選など多彩なコンテンツを通じて、ソウル/R&Bの真髄、豊潤な
音楽的ルーツを紐解いていく。


【その他コンテンツ】

FEIATURE / 1 チェンソーマン 破壊と再生

・INTERVIEW Pt.1 藤本タツキ
・INTERVIEW Pt.2 林土平
・TALK SESSION 三原勇希・田中宗一郎・伏見瞬が語る「チェンソーマン」と藤本タツキ作品


FEATURE / 2 POP RULES THE WORLD

FEATURE / 3 ソウルミュージックの源流を辿る


ほか

参考価格: 1,100円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:990円

音楽やカルチャーを愛する人へ贈る、ミュージック・カルチャー・マガジン

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

現代ギター

現代ギター社

最大
10%
OFF
送料
無料

現代ギター

2021年09月24日発売

目次: 特集 楽譜は紙からタブレットへ!/鈴木大介 新譜インタビュー

定期購読(1年プラン)なら1冊:1,386円

クラシック・ギターの専門誌

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

  • 2021/04/23
    発売号

  • 2021/03/24
    発売号

B-PASS(バックステージ・パス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

B-PASS(バックステージ・パス)

2021年09月27日発売

目次: 巻頭特集
BE:FIRST
新生ボーイズグループが始動!
全員インタビュー+テーマトーク+パーソナルQ&Aで、個々の魅力とグループの可能性に迫ります

巻末特集
OWV
待望の1stアルバム『CHASER』が完成!
デビュー1周年という節目のタイミングに届けられた作品から紐解く、OWVの現在地

Little Glee Monster
FUNKY MONKEY BΛBY’S
ナオト・インティライミ
内田雄馬
高野 洸
GIFT ROCKS LIVE
THE BAWDIES
SHE’S
chilldspot
SCANDAL
風男塾
WATWING

■好評連載
ソナーポケット「そんなポケット」第22回
さなり「さなりチャレンジ」第24回
Hi Cheers!「チキチキ10分クッキング」No.12

■REGULAR CORNER
New Era® meets タカシ(超特急)
Disc Rush!! 新譜CD&配信作紹介
THE取材 編集者は見た!!/次号予告
B-PASS BACK NUMBER
Hit The Street w/New Era®/中田花奈
B+FILE アーティスト企画ページ
PRESENT FOR YOU & info jam

参考価格: 990円 定期購読(1年プラン)なら1冊:908円

音楽、人間マガジン:バックステージ・パス

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

BURRN!(バーン)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

BURRN!(バーン)

2021年10月05日発売

目次: JUDAS PRIEST

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:825円

THE WORLD’S HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

GiGS(ギグス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

GiGS(ギグス)

2021年09月27日発売

目次: 総力特集
ここに提唱 3ピース・バンド最高説 feat. -真天地開闢集団-ジグザグ
ZIGZAG talks about 3 Piece Band
ZIGZAG talks about New Song
Analyzing The Sound Gears of ZIGZAG

スペシャル・ポスター付き


3人だから鳴らせる“音"がここにある!
3ピース・バンド最高説
ACIDMAN/Base Ball Bear/BURNOUT SYNDROMES/FOMARE/PEDRO/PELICAN
FANCLUB/the peggies/打首獄門同好会/ヤバイTシャツ屋さん

トリオの強みを9者9様のアンサンブルから学び取ろう
ハジけ!鳴らせ!叩き出せ! 3-PIECE BAND SOUND

プロが直伝!初心者講座
ギター講師◆田辺由明 [マカロニえんぴつ]
ベース講師◆桐木岳貢 [神はサイコロを振らない]
ドラム講師◆橋本祥平 [Argonavis]

Vimeoで好評配信中の作曲講座がGiGSとコラボレーション
THE BACK HORN 菅波栄純 異端の作曲術

ULTIMATE GUITAR LESSON FOR ABSOLUTE BEGINNERS
“ギター弾けますけどなにか?"

TOTALFAT Buntaが伝授するストイック・リズム・トレーニング
アドバンス・リズム道場

最新ギアをナビゲート! 動画と一緒に楽しめる楽器カタログ
ギアナビ

サウンドの質はシールドで決まる! MONSTER CABLE 試奏レビュー
ギアナビ Special

大人気ミニ・アンプをギタリスト&サウンド・プロデューサー目線で斬る!!
Sho from MY FIRST STORY× Marshall MG10

現在のサウンドに至る礎を作り上げた名盤ツアーの再演を徹底レポート
UNISON SQUARE GARDEN

“伝える"ためのあらゆる手法に挑んだプレリリース・ツアーの先
ACIDMAN

突き進み続ける4人が新たに提示した光の楽曲「Beautiful Life」
Nothing's Carved In Stone

何にも縛られることなく自らの創造性を解放したニュー・アルバム『Amulet』
SHE'S

3つの思考を覚醒させた「Who are you?/星座して二人」の世界
PELICAN FANCLUB

2ヶ月連続で見せる2人の挑戦と、新たな顔
なきごと

巻末特集
驚異の変貌を遂げた“いかしたやつら"の最新サウンド
THE KEBABS

毎月注目の1曲をGiGSが独自にバンドスコア化!
HOT TUNE
Band Score「燦然世界」

ARTIST COLUMN ■アーティスト・コラム
Reader's Circle ■読者のお便り/Q-Station
MONTHLY PRESENT ■プレゼント

参考価格: 980円 定期購読(1年プラン)なら1冊:898円

サウンドとプレイを斬る 新しいロック・マガジン

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

2021年10月08日発売

目次: 特集 伊藤政則のメタル最前線2021

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,100円

MAGAZINE FOR YOUNG GUITAR PLAYERS

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

Guitar Magazine(ギターマガジン)

リットーミュージック.

最大
8%
OFF
送料
無料

Guitar Magazine(ギターマガジン)

2021年10月13日発売

目次: 【特集】
Char
初期三部作とそれに連なる最新アルバム

Charのデビュー・アルバム『Char』(1976年)、2nd『Char II have a wine』(1977年)、3rd『THRILL』(1978年)の三作は、日本のギター史に輝く大名盤である一方、現代ではシティ・ポップという新たな価値観でも語られている。これはなかなか興味深い現象だ。さらに、オリジナル・アルバムとしては16年ぶりとなる最新作『Fret to Fret』はその三部作に連なる4枚目という位置付けだという。今なお我々を惹きつける初期三部作と、新作で見せた揺るぎない“Char節"の魅力とは?

■日本のギター名盤がカッティングというお洒落な事実。

■初期三部作を奏でたギターたち。

■『Char』が生まれた時代。世界と日本の音楽事情。
無二のギター・ヒーローであるCharがデビューを果たした1976年。世界と日本では、どんな音楽やギタリストが人気を集めていたのだろうか?

■サウンド考察1:三部作のクロスオーバー感覚。
ロック、ブルース、ソウル、ファンク、歌謡曲、フォーク、ジャズなど、さまざまな音楽要素を感じさせる初期三部作。それは当時まだ産声を上げたばかりだった“クロスオーバー"という新しいサウンド感覚だった。

■サウンド考察2:三部作の歌謡曲成分。
キャッチーな歌メロと物憂げな泣きのギターの組み合わせが生み出す歌謡曲的なムードも、この時期のCharを形成する重要ないち要素だ。ファンキー&クロスオーバーとは異なる、三部作の歌謡成分を考察。

■サウンド考察3:シティ・ポップから見たChar三部作
この数年、盛り上がりを見せているシティ・ポップ・リバイバルの火付け役である音楽ライターの金澤寿和もまた、若かりし頃にCharの洗礼を受けていた。Charのコンピ盤『Light Mellow CHAR』などを手がけた氏が初期三部作を綴る。

■INTERVIEW 1:日本屈指のギター名盤、『Char』の圧倒的バンド感。
ここからは、新作『Fret to Fret』につながる初期三部作『Char』、『Char II have a wine』、『THRILL』をChar本人に振り返ってもらおう。まずは本誌『ニッポンの偉大なギター名盤100』(2020年7月号)で見事1位に輝いた1st『Char』から。

■INTERVIEW 2:『Char II have a wine』でさらに深まる洒脱なセンス。
続いては、3作の中で最もポップな度合いが強く、シティ・ポップ作品としても名高い2nd『Char II have a wine』のお話。ストリングスやホーンも登場するカラフルなサウンド感や、アコースティック・ギター楽曲の登場など、1stとはちょっと風合いの異なる本作。Charはどうとらえているのだろう?

■INTERVIEW 3:多忙なアイドル期に生まれた『THRILL』の音楽的冒険。
原田真二、世良公則と並び“ロック御三家"と呼ばれ、テレビ番組に引っ張りだこのアイドル期にリリースされた『THRILL』。B面でゴダイゴの面々を起用した本作での音楽的冒険はある種、芸能活動に忙殺されたCharのよすがであったのかもしれない。

■INTERVIEW 4:新作『Fret to Fret』と揺るぎない“Char節"。
では最後に、16年ぶりの新作『Fret to Fret』について話を聞く。『TRAD ROCK』シリーズなどで見せたロック・ギタリストの一面ではなく、より洒脱でソウルフルな側面が光る本作の誕生秘話を探ろう。

■『Fret to Fret』のギター・ソロ2選

■特別寄稿:布袋寅泰

■GM SELECTION
・「1/2の神話」中森明菜
・「長い夜」松山千春

■ジョニ・ミッチェル『Blue』のアコギで感じる秋の訪れ
ジョニ・ミッチェルが1971年にリリースした4thアルバム、『Blue』。みずみずしいジョニのボーカルと、アコースティック・ギター、ダルシマー、ピアノなどの楽器から成り立つシンプルな楽曲が全10曲収録されている。昨年発表されたローリング・ストーン誌が選ぶ“500 Greatest Albums of All Time"では、ビートルズやスティーヴィー・ワンダーなどのそうそうたる名盤を抑え3位にランクイン。今年で発売から50年を迎えるが、その輝きは失われることはなく、音楽史の中で光り続ける重要作品と言えるだろう。今回、この大名盤のアコースティック・ギターに焦点を当ててみた。ジョニのほかにジェイムス・テイラーとスティーヴン・スティルスがギタリストとして参加しており、聴きどころが満載である。ぜひ秋の夜長に、この特集を読みながら『Blue』のギターを聴いてみてほしい。

■ドリアン・スケール徹底強化 アドリブ力向上のためのテーマ別フレーズ集!
今月の奏法企画は、ジャズやブルースのほか、ロックでも汎用性の高い“ドリアン・スケール"。メジャーやマイナー、ペンタを使ったアドリブはできるけど、ドリアンなどのモードには実践的な理解がないという方も多いのでは? そんなギター弾きを代表して新人ニッキーが立ち上がり、伝説のドリアン・トレーナー“Aドリアン"に教えを乞うことに。お洒落に弾きこなすための5つのシチュエーション別メニューやデイリー・エクササイズまで、徹底的に仕込んでくれるぞ。果たしてニッキーは、Aドリアンの鬼トレーニングですべてのラウンドを勝ち抜くことができるのか! ?

■フェンダー・プレイヤー・プラス
今秋、フェンダーから未来の音楽を担う次世代プレイヤーに向けた新シリーズが発表された。その名は“Player Plus"。比較的リーズナブルだった全身の“Player"シリーズは、ステイホームで多くの人がギターを始める中、フェンダー・ブランドの製品を気軽に手に取るきっかけとなり、実に40万本以上のセールスを記録したという。その“Player"シリーズを、SNSを活用するデジタル世代プレイヤーに向けてより進化させたのが、この“Player Plus"シリーズというわけだ。“えっ、これがフェンダーなの! ?"と叫ばずにはいられないスタイリッシュなカラーリングを施したモデルもラインナップされている。現代のプレイヤーのユニークな発想を刺激るすこと請け合いの本シリーズを紐解いてみよう。

■ゲームチェンジャー・オーディオ
洗練されたデザインとプレイヤーの創造力を刺激する独創的なサウンドで、ブランド創立から数年で世界から注目されるブランドへと成長を遂げたGamechanger Audio。シーンに新たな価値観を提示してみせたユニークな製品はどのように生み出されたのだろうか? 革新性と狂気の知性を併せ持つ気鋭のエフェクター・ブランドの魅力を紐解いていこう。

■American Showster AS-57が体現する古き良きアメリカ
古き良き時代のクラシック・カー=1957年式シボレー・ベルエアに魅せられ、その憧れをギターの上で表現した稀有なギター・ブランドがかつて存在した。その名もアメリカン・ショウスター。AS-57と名付けられた彼らの代表モデルは決して広く知られた存在ではないが、一部に熱狂的なファンが存在するカルト的名器である。本特集ではAS-57を軸に、ロマンと情熱に溢れた彼らの歴史を紹介したい。

■PICK UP
・Fender Daiki Tsuneta Swinger
・トム・モレロ『イーヴィル・エンパイア』1996年
・松本隆が抱く原風景を彩った“風街"に息づくギタリストたち

■連載
・俺のボス/武田信幸(LITE)
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・Galaxy to Galaxy 第0回:P-FUNK三羽ガラス
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から

■GM FINGER-BOARDS
・新連載! 崎山蒼志の“未知との遭遇"
・マーク・スピアー(クルアンビン)の「此処ではない何処かへ」
・Songster
・古今東西カッティング名手列伝
・まほガニの木材探訪
・ピクトグラムで愛でるギター・パフォーマンスの世界
・Pedal Dig 月報
・ジャキーン! ~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・それゆけ! ギタマガ探偵曲

■NEW PRODUCTS REVIEW
FENDER/J MASCIS TELECASTER
ERNIE BALL MUSIC MAN/BFR LUKE III HH MAPLE TOP GRAPES OF WRATH
ZEMAITIS/MFG-AC-24 Natural
KING SNAKE/CURTIS DEEP BODY
MICHAEL KELLY GUITARS/CUSTOM COLLECTION 50 STRIPED EBONY
FREE THE TONE/SILKY GROOVE SG-1C

参考価格: 880円 定期購読(1年プラン)なら1冊:807円

ギタリストのためのハウトゥ&総合情報誌

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/13
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/13
    発売号

  • 2021/04/13
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

サウンド&レコーディングマガジン

2021年09月25日発売

目次: ●創刊40周年記念特集
温故知新~今よみがえる“あのころの機材"
高野寛、浅倉大介、☆Taku Takahashi、CHOKKAKUが記念曲を制作!

かつての愛機に触れたら、現在では思いもつかなかったアイディアや方法論に出会えるかもしれない......。40周年記念特集では、本誌創刊以来の歴史を彩った機材を高野寛、浅倉大介、☆Taku Takahashi、CHOKKAKUの4人に使ってもらい、楽曲を制作していただいた。彼らが今、どのような目線で往年の機材に接し、いかなるサウンドを生み出したのかレポートしていく。併せて、本誌ゆかりの著名クリエイターの方々に“音楽の歴史を変えた名機"を語ってもらったので、ぜひご高覧いただきたい。

◎高野寛 × TASCAM 246
◎浅倉大介 × YAMAHA DX7II-FD & YAMAHA QX3
◎☆Taku Takahashi × E-MU E4 Platinum & ARMEN 1200 Sound
◎CHOKKAKU × AKAI PROFESSIONAL S6000
◎アーティストが語る音楽の歴史を変えた名機
小室哲哉、石野卓球(電気グルーヴ)、KEN ISHII、鈴木慶一(ムーンライダーズ)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES/THE SPELLBOUND)、奥田民生(ユニコーン)、DEAN FUJIOKA、SUGIZO、KREVA、NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)、ミト(クラムボン)、大沢伸一(MONDO GROSSO)、Nakajin(SEKAI NO OWARI)

●特別企画
◎Hybrid Engineが解き放つPro Toolsの真価
スタジオ標準であり、音楽家にとって一番身近なDAWであるAVID Pro Tools。以前よりPro Tools|HDXとして、HDX DSPを使ったシステムがプロ・エンジニアを中心に使われてきていたが、今年になりそのシステムに大きな変革が訪れた。HDX DSP搭載オーディオI/OのPro Tools|Carbonで採用されていたHybrid Engineが、Pro Tools|HDXシステムにも導入されたのだ。HDX DSPとコンピューターのCPUを組み合わせ、これまでに無いほどのPro Toolsのパワーを引き出すことに成功している。ここではHybrid Engineについてを紹介するとともに、Hybrid Engineの力が生きてくるDolby Atmosでのミックスについてもレポートする。

◎DAW環境に+α 一点豪華主義でいくチャンネル・ストリップ
宅録の機会が増えている昨今、高品位なオーディオ・インターフェースやマイクに次いで需要が高まっているのが、EQやコンプを兼ね備えるチャンネル・ストリップ。プラグインとは趣を異にする温かみのある音で収録できるだけでなく、音作りの手軽さも魅力の一つだろう。この企画では、そんなチャンネル・ストリップの中から注目の4機種をピックアップし、プロデューサー/DJのWatusiとエンジニアの大西慶明氏が徹底レビュー。ボーカル・テストではシンガーの内田もあに協力してもらった。各チャンネル・ストリップの個性を知ることで、自分にぴったりのモデルを見つける足掛かりとなれば幸いだ。

●People
◎OKAMOTO'S
◎ササノマリイ
◎どんぐりず
◎砂原良徳

●Production Report
◎DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT
◎渋谷慶一郎『Super Angels』

●REPORT
◎Rock on Monthly Recommend NOVATION Circuit Rhythm
◎UNIVERSAL AUDIOが迫るAPI Visionコンソールの世界 屋敷豪太×谷川充博
◎PA用ポータブル・ラインアレイの新星 BOSE L1 Pro オアシス
◎DSPのパワーを得た第3世代 APOGEE Duet 3 Yaffle
◎UNIVERSAL AUDIO Apolloユーザー通信 神谷洵平
◎制作パフォーマンスの要 SANDISKポータブルSSD 松武秀樹
◎音楽制作のための“原音忠実"を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル
◎diggin' beatcloud~VI LABS Ravenscroft 275

●NEW PRODUCTS
◎PREVIEW
◎NOVATION Circuit Rhythm
◎HERITAGE AUDIO 73JR II/73EQ JR
◎MELODIUM 42BN
◎ICONNECTIVITY Audio4C
◎AIAIAI TMA-2 Studio/Studio XE
◎MACKIE. Onyx12
◎BLACK LION AUDIO Micro Clock MKIII XB
◎SPITFIRE AUDIO Hammers
◎UJAM Virtual Drummer Brute

●LIBRARY
◎PRIME LOOPS『BALLY』
◎IMAGE SOUNDS『RNB GUITAR』

●DAW AVENUE
◎STEINBERG Cubase Pro 11 kors k
◎BITWIG Bitwig Studio 4 島田尚
◎MOTU Digital Performer 木内友軌
◎IMAGE-LINE FL Studio 20 Pulp K
◎ABLETON Live Kei Sugano
◎AVID Pro Tools 谷口尚久
◎PRESONUS Studio One 中村佳紀

●COLUMN
◎Maxで作る自分専用パッチ 井藤雄一
◎ハンドヘルド・マイク自由研究 塩塚モエカ(羊文学)
◎Patch The World For Peace HATAKEN
◎realize 細井美裕
◎DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一
◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明
◎Berlin Calling 浅沼優子
◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎
◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断

●SOUND & RECORDING REVIEW
◎NEW DISC ◎BOOKS ◎RECOMMEND ◎NEWS

参考価格: 998円 定期購読(1年プラン)なら1冊:915円

音楽制作に携わる人々に贈る専門誌。プロの現場のノウハウがここにある!

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

アコースティック・ギター・マガジン

2021年07月27日発売

目次: ◆表紙/SPECIAL PROGRAM1
BEATLES GET BACK
ビートルズのアコギ大博覧会2021

当初、2020年に劇場公開が予定されていた映画『ザ・ビートルズ: Get Back』。解散前夜のビートルズをとらえた映像作品『Let It Be』のリメイクで、未公開映像もたっぷり収録されるとアナウンスされていたことで、公開前からビートルズ・ファンの間では注目の的となっていた。しかしコロナ禍で一度は2021年8月に公開延期に。さらに残念ながらスケジュールは伸び、現段階では2021年11月にディズニー・プラス・チャンネルにて配信オンリーで放映決定! と発表されている。今回はその予習もかねて徹底的にビートルズのアコギ・サイドに迫った特集をお届けしたいと思う。ギブソンJ-160EやJ-200、マーティンD-28など彼らが録音に使用したアコースティック・ギターを始め、バンド結成以前から愛用していたギャロトーンやゼニスやヘフナー、さらにはバンド解散後のソロ活動で使用したさまざまなモデルに至るまでを網羅。また、ひとりビートルズ・コピーで知られるセンチメンタル・シティ・ロマンスの告井延隆が実演する「Blackbird」、「Can't buy me love」、「Taxman」の特別ソロ・ギター譜面も用意した。ぜひビートルズとともにアコースティック・ギターを楽しもう!

◎Contents
・いくつになってもビートルズに夢中〜アコースティック・サイドの考察
・Acoustic Beatles Gear〜ビートルズが愛用したアコースティック・ギターが大集合! (ポール・マッカートニーのゼニス・モデル17、ジョン・レノンのギャロトーン・チャンピオン、ジョージ・ハリスンのヘフナー・プレジデント、ジョージ・ハリスンのヘフナー・プレジデント、ジョン・レノンのフラマス・フーテナニー、ジョン&ポールのマーティンD-28、ジョージ・ハリスンのギブソンJ-200、他)
・ソロ時代に使用した3人のアコースティック・ギター
・ビートルズを代表する名器、J-160Eの全貌
・(Youtube連動) 告井延隆のひとりで楽しむビートルズ (「Blackbird」、「Can't buy me love」、「Taxman」のスペシャル・ソロ・ギター譜面付き)
・ソロ・ギターを楽しむひとりビートルズの世界 (ディスク・ガイド)
・奏法分析:三者三様のアコースティック・アプローチ

◆付録小冊子
AGM SONG BOOK Vol.3
THE BEATLES SOLO SONG

ポールとジョン、ジョージにリンゴまで
4人の歴代ヒット曲をたっぷりと収録。
ソロ時代の名曲も歌い継ごう!

Another Day (ポール・マッカートニー)
My Love (ポール・マッカートニー)
Band On The Run (ポール・マッカートニー)
Jet (ポール・マッカートニー)
Live And Let Die (ポール・マッカートニー)
Stand By Me (ジョン・レノン)
Bring It On Home To Me (ジョン・レノン)
Money (プラスティック・オノ・バンド)
My Sweet Lord (ジョージ・ハリスン)
I've Got My Mind Set On You (ジョージ・ハリスン)
Photograph (リンゴ・スター)

◆INSTRUMENTS
宅録、動画&配信も!
5万円で買うアコギ向きマイク
~プロのマイキング術も教えます

自宅で過ごす時間が増えたこともあり、アコースティック・ギターはもちろんマイクについても需要が高まっている。SNS用にスマホでサクッと、繊細な音を拾いたいがインターフェイスとかよくわからない、宅録で音を作り込みたい……さまざまな要望や状況の中で、どんなマイクを選べばいいかわからない人も多いのでは? そこで今回は、初歩的な知識やマイキングの裏技も含めた基本講座、ギタリストの実例、動画付きの製品紹介と、3本立ての特集をお届けする。これでマイクの悩みは吹き飛ぶはず! これから購入を考えている方も大いに参考にしてほしい。

◎Contents
・エンジニア中村公輔が教えるマイクのいろは
・アーティストの愛用マイク&マイキング (井草聖二/奥田民生/笹倉慎介/松井祐貴/森恵/龍藏Ryuzo/りりあ。)
・(YouTube連動) 試奏動画付き! 5万円以内のお薦めマイク (APOGEE/AUDIX/BLUE MICROPHONES/IK MULTIMEDIA/LEWITT/RØDE MICROPHONES/SE ELECTRONICS/SENNHEISER/TELEFUNKEN)

◆Special Program2
特別追悼企画:安田裕美のギター・コレクション
井上陽水、松山千春、大滝詠一などを支えたトップ、スタジオ・ミュージシャン、安田裕美。彼が遺した愛器30本を一挙公開。

◆INTERVIEW
アリエル・ポーゼン、the LOW-ATUS、山弦

◆連載:見直してみよう! アコースティック・ギター基本の“き"(YouTube連動)
・Dr.キャピタル アコギで学ぶ音楽理論講座
・沖仁 フラメンコ・ギターじゃなきゃダメなんですか?
・高田漣 あなたの知らないアコースティック弦楽器の世界
・井草聖二 フィンガーピッキング・アカデミー
・エバラ健太 実は簡単! オープン・チューニング活用法

◆BEST SONGS FOR ACOUSTIC GUITAR
「ゴッドファーザー 愛のテーマ」(「譜面の大きなソロ・ギターのしらべ」より)

◆GEARS
・(YouTube連動) BOSE×押尾コータロー
・テイラー×葵ミシェル
・メルカリコンサートギターオーディション

◆連載
・Folk Days Memories (高田漣) 〜第2回: 1975LA『アメリカの鱒釣り』
・AGMギター・グラフ〜第85回 佐久間順平のSHIMO GUITARS
・にっぽんのギター工房〜第74回 SHIMO GUITARS
・(YouTube連動) ニュー・ギア・サウンド・チェック
・DIYキットでアコースティック・ギターを作ろう〜第2回:バック・ブレイシングとサイドの接着
・バックナンバー/バックナンバー常設店リスト

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,090円

アコースティック・ギターにかかわる旬な情報が満載の専門誌

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/01/27
    発売号

  • 2020/10/27
    発売号

  • 2020/07/27
    発売号

  • 2020/04/27
    発売号

  • 2020/01/27
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

Ocarina(オカリナ)

2021年07月20日発売

目次: 【今号の表紙】
Kimi no Ocarina Saurus 漆、Saurus 墨

【特集】 
[楽器の重さは関係ない!?軽く感じるOcarinaの持ち方・構え方]
息を入れるだけで簡単に音を鳴らすことができるOcarinaは、同じ調性でもメーカーによって重さがまちまち。特にアルトC管は様々な重さのものが数多く販売されています。重いものでも300g台程度のアルトC管ですが、愛好者の中には長時間の練習で手を痛めてしまうこともあります。しかし、これは楽器の重さによるものではなく、持ち方や構え方に問題があるのです。今回は楽器の重さを軽減させる正しい持ち方、構え方を紹介していきます。

【掲載楽譜】 
レパートリーを増やそう! ダウンロード音源対応
♪茶色の小瓶
♪PRIDE
♪サボテンの花
♪花

今日からチャレンジ! オカリナ・アンサンブル(第38回)│小山京子
『ロビンソン』(スピッツ 歌)
オカリナ&ギターのユニット“ねんど”や、オカリナセブンのメンバーでもある小山京子さんが、ポップスからクラシックまで様々なジャンルの名曲をオカリナ・アンサンブルにアレンジ。

~笛奏で人~ 幸枝のラテン流!(第16回)|幸枝
『Recuerdos De La Alhambra(アルハンブラの想い出)』(フランシスコ・タレガ)
「幸枝のラテン流」は、みなさんのレパートリーを増やすべくOcarina奏者の幸枝さんがラテン音楽についてわかりやすくレクチャーするコーナーです。

明田川荘之のスウィングしなけりゃ意味ないね!(第35回)│明田川荘之
『きらきらぼし』
アケタオカリーナの製作者であり、オカリーナ奏者でもある明田川荘之氏(愛称:天才アケタ)によるオカリーナ・アドリブ講座。

【Gear Report】 
ティアーモオカリナ 黒陶シリーズ
mf(メゾフォルテ)モデル 好評発売中!
芯が太く柔らかな音色で人気のティアーモオカリナ黒陶シリーズに、新たにmf(メゾフォルテ)モデルが加わりました。
このメゾフォルテモデルは、黒陶シリーズの中でも軽い息圧で低音から高音まで吹ける弱奏に適した「合奏モデル」と、強めの息圧で吹き込むことで、音量レンジが大きくソリスティックな演奏に適した「ソロモデル」の中間の特性を狙って試行錯誤のうえ完成したモデルです。

【特別企画】 
おうち時間を充実させる
Ocarina YouTube チャンネル 特別編
収束する兆しの見えないコロナウイルス感染症拡大により、2021年1月には一部の都道府県に2回目、そして4月25日から3度目の緊急事態宣言が発出されました。9都道府県においては6月20日まで延長され、さらに自宅にいる時間が長くなっている方も多いでしょう。
今回はOcarinaメーカーや製作家、Ocarinaを取り扱うショップ、さらにはOcarinaのミュージアムなどのYouTubeチャンネルを紹介します。

【Interview】 
「構造が知りたい!」 そこが楽器製作のスタート
君塚仁子 Kimi no Ocarina
今夏、Ocarina界の注目を浴びるであろう新しい楽器「Kimi no Ocarina」が誕生しました。この楽器を製作したのは君塚仁子さん。Ocarina・フルート奏者としてコンサートや指導のほか、TV番組出演、ラジオ番組のプレゼンターなどマルチに活躍している奏者です。
今回は、楽器製作に至ったきっかけや「Kimi no Ocarina」のコンセプトなどを訊きました。


故・江波太郎氏の意志を受け継ぐ愛弟子のデビューアルバムが完成!
高木花音
9歳よりOcarinaを始め、12歳から故・江波太郎氏のレッスンを受け、中学3年生のときには「江波太郎オカリナコンサート」に出演し注目を集めた高木花音さん。その後もOcarinaを続け、江波太郎氏の最後の愛弟子として、めきめきと頭角を現し、第5回日本オカリナコンクール独奏部門一般の部では2位を受賞しました。そして、待望のデビューアルバムを7月12日にリリース!
今回は、Ocarina奏者として本格的な活動をスタートさせた高木花音さんにインタビューを敢行しました。

【Topics】 
・九州オカリナ☆ファイブ誕生!
・Focalink 社のニューモデル「シグネチャートリプル」シリーズ
・♪水戸オカリーナフェスティバルin いばらき
・明石オカリナフェスティバル
・第8回 日本オカリナコンクール

 コンサートレビュー
・西村麻衣子/いそぐま オカリナコンサート
・新春の煌めき「トリオコンサート」

【連載】 
蘭のYUMEIRO diary (第16回)|中原蘭
NIGHTオカリナ楽団リレーエッセイ Ocarinaを語る!(第12回)|小郷有子
教えて! オカリナセブン(第31回)│オカリナセブン
もうひとつのOcarina物語(第29回)│植田篤司×田島篤(前編)
Ocarinaよもやま話(第37回)│植田篤司
丘りなちゃんが行く!(第28回)|榎本正一
Ocarinaシンギング・メソッド(第9回)|さくらいりょうこ
Ocarinaヘッドラインニュース
Ocarinaインフォメーション
Ocarina工房探索
Ocarinaスクールガイド

参考価格: 1,782円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,750円

Ocarinaにまつわる情報が満載! 毎号付属のCDにはプロ奏者の演奏や、カラオケトラックを収録! 読んで、聞いて、使える1冊。

  • 2021/05/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

The Flute (ザフルート)

2021年10月10日発売

目次: 【Cover Story】
「人と音楽がつながる、その橋渡しを」
日野真奈美
演奏活動にとどまらず、ラジオのパーソナリティや司会、広告モデル、ドレスプロデュース、吹奏楽指導など、様々な分野で活躍の幅を広げてきた日野さん。縁あって始まったそれらの仕事を続ける内面には、実現したいことと情熱、自身の決めた方向性がしっかりと根を張っていた。「本来の私の目的に向かえているか」─自分を見つめる目は冷静で客観的。彼女が語る言葉は、見た目のイメージと少し違っているかもしれない。

【特集】
映画×音楽!
─いちばん身近な非日常─
◆アニメ映画全盛!心に残るあの音楽
音楽で振り返る、2021年→2018年 ヒット映画ランキング
演奏アドバイス
「竜とそばかすの姫」メインテーマ『U』by 細見聡美
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」テーマソング『One Last Kiss×Beautiful World』by 森田愛華
◆THE FLUTE版 ヒット映画曲一挙紹介
◆コラム「映像を際立たせる音楽の魔力」木村奈保子
◆Listen&Play 愛しの映画音楽

【特別企画】
ズームアップ! フルートオンライン
この秋堪能したい、 THE FLUTE ONLINE 連載・動画連動企画

【Special Report】
第10回神戸国際フルートコンクール 第1次審査結果発表
スペシャルグランドフルートコンサート2021

【Close-up】
髙橋聖純
自分の中で、プロになるのは「絶対」と決まってた。
19年におよぶ札幌交響楽団でのオーケストラ生活にピリオドを打ち、昨年4月より 新たに指導の道を歩みはじめたフルート奏者の髙橋聖純氏。そのプロ奏者に至る 道のりは、目標に向かって突き進むブレない意志によって支えられていた─ 先日、約一年ぶりのコンサートを行なったばかりの髙橋氏にインタビューを敢行。 その素顔に迫った。


【連載】
華麗にマスター|佐々木 華
第2回テーマ『花は咲く』カルテットバージョンに挑戦しよう

【最終回】動画で一緒に!FLUTE on ICE|神田勇哉
レッスン動画を参考にしながら、曲集「Flute on Ice vol.2」の登場曲を一緒にレッスンしましょう

ハーメルンは笛吹き|渡邊哲夫
ハーモニーと練習法、創意工夫と美味しい話……“ハーメルンの笛吹き”のように、魅惑の世界へいざなうエッセイ

テオバルト・ベームの子孫からの伝言|岩下智子
テオバルト・ベームを高祖父に持つルードヴィヒ・ベーム氏による、ベーム式フルートの系譜やレポートなどをお届けします

ピッコロ★トリセツ講座|スタニスラフ・フィンダ
ピッコロのお手入れ、取り扱い、奏法……製作者で奏者だからできる!正しい知識を伝授します

キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~|古川仁美
フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる! 「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です

ふたたび、「あふれる光と愛の泉」|齊藤佐智江
通訳として寄り添ったアラン・マリオン氏の思い出と、フレンチスクールの系譜をフルーティスト齊藤佐智江さんが描く

笛吹き漫遊紀行 |西川浩平
「僕、シルク・ド・ソレイユに入りたいんです!」

さかはし矢波のつれづれ放送局 |さかはし矢波

リレーエッセイ|髙橋聖純
“今日からできる、おすすめキソレン”
リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!

新国産フルート物語
第17回│コタトフルート「製作者自らの演奏経験が生んだ特殊管」


【Score】
特集「映画×音楽! ─いちばん身近な非日常─」連動
♪ 『U』映画「竜とそばかすの姫」メインテーマ(Flソロ)
♪ 『One Last Kiss × Beautiful World』映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」テーマソング(Flソロ)
♪ 『ニュー・シネマ・パラダイス』E.モリコーネ&A. モリコーネ 作曲(Flソロ)
♪ 『ロミオとジュリエット』N.ロータ 作曲(Fl&Pf)
♪ 『すべての山に登れ』R.ロジャース 作曲(4Fl)
♪ 『サウンド・オブ・ミュージック』R.ロジャース 作曲(4Fl)

参考価格: 1,019円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,000円

笛と人のレッスン情報誌

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

送料
無料

Talking Rock!(トーキングロック!)

2021年10月09日発売

目次: ●宮本浩次

表紙巻頭は10月13日にニューアルバム『縦横無尽』をリリースする宮本浩次! 前回の表紙巻頭号=本誌20年3月号以来となる今回の取材は、2枚のソロアルバム=『宮本、独歩。』と『ROMANCE』の流れを最初に整理しつつ、自身の音楽をさらに大きく開花させた1枚であり、ロックもブルースもポップスもカバーも含めて、王道のロックバンド感と珠玉のポップス感を兼ね備えた名曲だらけと呼びたい大傑作アルバム『縦横無尽』の完成に至るまでと収録の全曲についてじっくりと話を聞きました!

●ドミコ

2人組ロックバンドのドミコがバックカバーで本誌初登場! 凄まじいエネルギーを撒き散らして鳴らすラウドかつサイケデリックなナンバーから、どこかファニーなチルアウトソングまで、その多彩な楽曲で多くのリスナーを虜にしている彼ら。ファーストコンタクトとなった今回は、2人でバンドを組むことになった経緯や音楽の変遷、さらに曲作りやライブの制作における拘りなどを深く尋ねつつ、10月13日にリリースするニューアルバム『血を嫌い肉を好む』について話を聞きました!

●THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESのメンバー全員によるインタビューをお届け! 10月13日に配信リリースする最新曲「MACHINEGUN」は、疾走感溢れるビートと妖艶なギターリフで惹きつける“これぞ、オーラル!”の痛快なナンバー。今年6月にリリースした「Red Criminal」から続くその“ロックモード”に至った理由を始め、彼らの今の心境について赤裸々に語ってもらいました!

●ACIDMAN

約4年ぶりのニューアルバム『INNOCENCE』を10月27日にリリースするACIDMAN。昨春頃から日本中が新型コロナウイルス感染症の拡大で混沌としていた中で、冷静に状況を判断していち早く配信ライブやインストでのコンサートを行い、今年に入って早々にニューアルバムのリリースを告知し、全曲を先行で披露する配信ライブとツアーを敢行するなど、途切れなく自分たちの最新の音楽を届けてきた彼らのその一連の動きを整理しつつ、『INNOCENCE』については全曲解説スタイルで大木伸夫(vo&g)に話を聞きました。

●BRAHMAN

従来のライブとは違ったスロウ&ミドルナンバーを中心に、音楽が放つパワーと演出の魅力とバンド本来のカッコよさを思い切り焚き付けてくれた大感動のツアー『Tour 2021 -Slow Dance-』に続いて、バンド初のホールツアー『Tour -slow DANCE HALL-』を開催するBRAHMAN。『Tour 2021 -Slow Dance-』はどういう想いでステージプランを考え、実際にどんな手応えを得たのか。さらに初のホールツアーに向けてと、コロナ禍以降の今のライブの在り方や音楽との向き合い方について、TOSHI-LOW(vo)とディープに語り合いました。

●THE BAWDIES

9月22日にニューアルバム『BLAST OFF!』をリリースし、同作に伴う全国ツアー『BLAST OFF! TOUR 2021-2022』をスタートさせたTHE BAWDIES。彼らならではのルーツミュージックを昇華したナンバーはもちろん、80年代後期のUKソウルや90年代のデジロックなど、今までになく時代感を超越したミクスチャーサウンドを聴かせるその新作の完成までと収録曲について、メンバー全員にインタビューしました!

●SHE’S

10月6日に5thアルバム『Amulet』をリリースし、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年イヤーを締め括る初の日本武道館公演を22年2月24日に行うSHE’S。前回の取材=今年2月のシングル「追い風」(本誌21年3月号に掲載)以降の流れを整理しつつ、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年の中で育んできた彼らの音楽性を網羅すると同時に、SHE’Sの今のセンスと魅力を余すことなく閉じ込めた新作『Amulet』について、写真撮影をメンバー全員で、そしてインタビューは井上竜馬(vo&key)単独で行いました!

●Hump Back

8月4日に2ndフルアルバム『ACHATTER』をリリースしたHump Backのインタビュー! まずは素晴らしいステージを披露してくれた本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』(7月10日&11日に横浜アリーナで開催。本誌21年9月号にリポート掲載)の感想をあらためて伺いつつ、キャッチーで彼女たちらしい人間味と愛に溢れた歌とロックサウンドがギッシリ詰まった『ACHATTER』について、同作に伴うツアーで行う初の日本武道館公演(11月28日)と2度目の大阪城ホール公演(11月13日)に向けての意気込みも含め、メンバー全員に話を聞きました!

●KALMA

10月20日に1stフルアルバム『ミレニアム・ヒーロー』をリリースするKALMAの本誌初インタビュー! 全14曲で構成された本作は、聴く人の心に寄り添う等身大で前向きな歌詞を乗せた勢いのある楽曲や、どこか切なげで哀愁を感じさせるミドルテンポのナンバーなど、多様なサウンドが魅力で、今のKALMAがギュッと詰まった1枚です。まずは彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、同作についてメンバー全員に話を聞きました!

参考価格: 888円

毎号約10組厳選のロングインタビュー集

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/03/02
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

新曲歌謡ヒット速報

シンコーミュージック・エンタテイメント

送料
無料
参考価格: 1,100円

演歌、歌謡曲を中心に最新ヒット曲を収録したソングブック。

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

送料
無料

jazzLife(ジャズライフ)

2021年10月14日発売

目次: ■COVER STORY:ユッコ・ミラー
オリジナル作品を中心に収録された自身4枚目となる『カラフル・ドロップス』を発表

■新作インタヴュー
挾間美帆:デンマークラジオ・ビッグバンドによるオリジナル作品集『イマジナリー・ヴィジョンズ』をリリース
田中鮎美:北欧で活躍する注目のピアニストがECMからリーダー作『スベイクエアス・サイレンス-水響く-』を発表
上西千波:CDデビュー20周年! アニヴァーサリー作品『恋愛小説』を発表
池戸祐太:自身のバンド Move.が3作品目の最新作『イリヴァーシブル』をリリース

■発掘盤研究:ジョン・コルトレーン『至上の愛~ライヴ・イン・シアトル』
1965年10月のシアトルでのライヴ音源が発掘!

■SPECIAL LIVE REPORT from Detroit
42nd デトロイト・ジャズ・フェスティヴァル
無観客のライヴ・ストリーミングで今年もデトロイトから全世界へ配信

■EVENT REPORT
ライス パワー ジャム・ハ!
at 八王子・いちょうホール

■ライヴ・リポート
小曽根真×上原ひろみ:Tribute to Chick Corea at 赤坂・サントリーホール
渡辺香津美:KW50フィンガー・プリンツ 渡辺香津美の世界 at 軽井沢大賀ホール

■レーベル研究
ロシアの新進気鋭のレーベル Rainy Days Records
オーナー、ユージン・ペトルシャンスキー・インタヴュー

■新着輸入盤研究
ロベン・フォード、テレンス・ブランチャード、ケニー・ギャレット&イリアーヌの新作

■楽器試奏
柳澤管楽器 Yany Ligature/マウスピースキャップ/ヤナギサワ ダブルケース
チェッカー:井出慎二(sax)

■スコア
「モーズ・ブラフ」ルー・ドナルドソン(as) & ケニー・ドーハム(tp)
「ウィザウト・ア・ソング」ソニー・ロリンズ(ts) & ジム・ホール(g)
「サム・アザー・ブルース」ジャズ・トランペット入門 2

■好評連載
横田寛之(sax)サックス講座(隔月掲載)
大塚 寧(p)ピアノ講座(隔月掲載)
岡崎好朗(tp) スタンダード&ジャズ・チューン攻略法
池田達也(b)“お気楽”ウッド・ベース入門
海野雅威(p)の“ジャズってやっぱり素晴らしい!”

参考価格: 968円

ジャズする心を追求する雑誌

  • 2021/09/14
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/14
    発売号

  • 2021/06/14
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/14
    発売号

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)

2021年09月30日発売

目次: 宮本浩次
生きる。歌う。縦横無尽。ソロとして3作目のアルバム『縦横無尽』、完成。
志高き音楽魂が、素直で自由に解き放たれた大傑作。
宮本、すべてを語る! 両面ポスター付録!

Official髭男dism
『Editorial』を世に放ったヒゲダンの「今」を見せつけた圧巻の最新無観客ライブ、全12ページで徹底検証する!

スピッツ
名曲集『花鳥風月+』をテーマ別に全曲解説! そして、ついに全開放される“NEW MIKKE”ツアー劇場&オンライン上映直前コラム

LiSA
LiSAの主義と、新たな挑戦としての「ラブソング」まで――“HADASHi NO STEP”と、現在地を語るロングインタビュー

クリープハイプ
レア曲続出、アルバム発表! 5年ぶりの「クリープハイプの日」ワンマン完全レポート

THE ORAL CIGARETTES
山中拓也ソロインタビュー――バンドの今、自分のこれから、そしてロックバンドとして見つめる未来

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ、「ロック」を語る! はっとりが選ぶ「マカロニえんぴつのロックな5曲」「ロックを感じる名曲5曲」2本立てインタビュー。両面ポスター付録!

Eve
夢を抱いて生きる若き魂の光と影。最新EP『群青讃歌 / 遊生夢死』を考察する

Siip
JAPAN最速! 初メールインタビュー。ついに秘密のベールを脱いだシンガーソングクリエイター・Siip登場

渋谷すばる
「2021年の渋谷すばる」がそのまま形になったサードアルバム『2021』とは? その裸の言葉と、見ている風景ありのままをここに

SHE’S
日常を彩る自由な「歌」が詰め込まれた最高傑作『Amulet』を放つ

KREVA
音楽家KREVAが、困難な日々を潜り抜けてきた証明。入魂のニューアルバム『LOOP END / LOOP START』

JAPAN’S NEXT MEETING
ロックバンドは止まらない! 新時代を力強く突き進む新世代バンドが大集結
参加バンド:reGretGirl・平部雅洋/the shes gone・兼丸/kobore・佐藤 赳/KALMA・畑山悠月/リュックと添い寝ごはん・松本ユウ

オレンジスパイニクラブ

SCENE
星野源/King Gnu/End of the World/UNISON SQUARE GARDEN/Perfume/indigo la End/SKY-HI×山中拓也/カーリングシトーンズ/flumpool/フレデリック×須田景凪/秋山黄色/the peggies

Look Up!
くじら/あたらよ

New Comer
LMYK

ReN/mahina

JAPAN TIMES
「この人に訊く!」カツセマサヒコ(作家)登場/「爆飲会」G-FREAK FACTORY・茂木洋晃登場/SUPER BEAVER・渋谷龍太の「俺はいいけど、うちの大将はなんて言うかな」/くるり・岸田繁の「石、転がっといたらええやん。」/電気グルーヴの「メロン牧場──花嫁は死神」/ポルカ雫のサントラ大草原 ほか

国内の話題のミュージシャンを取り上げ、ミュージシャンとのインタビュー、評論文、現在の活動情報など邦楽情報満載。

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/03/30
    発売号

送料
無料

rockin’on(ロッキング・オン)

2021年10月07日発売

目次: 総力特集 ガンズ&メタリカ さらに、80年代ハード/メタルを徹底総括!
80年代を代表するふたつのロック・バンド、ガンズ・アンド・ローゼズとメタリカ。共に全世界で1億枚以上のアルバム総セールスを記録し、2021年現在も絶大な影響力をほこる両バンドは、なぜあの時代に誕生し、あれほどの熱狂を生み出すことができたのか? そして彼らをロックの絶対的な王者へと押し上げた80年代のハード/メタル・シーンとは何であったのか? ガンズとメタリカという巨頭を軸に展開する、本誌初となる80年代ハード/メタル総括特集、ここに!

MANESKIN
日々“ロックの大事件”を巻き起こす、若きポップの錬金術師たち――世界を捕まえて離さないマネスキンの磁力を多面的に解き明かす!

JUDAS PRIEST
ジューダス・プリースト結成50周年、驚異の42枚組アニバーサリー・ボックスをリリース! メタル・ゴッド=ロブ・ハルフォードが鋼鉄のレガシーを徹底総括!

OASIS
ブリットポップの極点、オアシスのキャリア絶頂! ライブ・ドキュメンタリー映画『オアシス:ネブワース1996』を完全レビューする!

BILLIE EILISH
ビリーは再び“ビリー・アイリッシュ”から脱皮する。最新作『ハピアー・ザン・エヴァー』に込めたメッセージをすべて明かした、最新インタビュー&最新パフォーマンス映像レビュー

SUPERSONIC 2021
数々の困難を乗り越えてついに実現した「スーパーソニック2021」―― ZOZOマリンスタジアムで起きた奇跡の2日間を現地から完全レポート!

GLOBAL CITIZEN LIVE
ビリー・アイリッシュ、エド・シーラン、コールドプレイ、マネスキン、BTSらが集った“地球規模”のチャリティ・ライブ:Global Citizen Live、そこで世界は何を見たのか?

CHARLIE WATTS
モンスター・バンドで常にダンディーな紳士としてスイングし続けたチャーリー――時にはミック・ジャガーさえ殴り倒した稀代のドラマーが本音を語った伝説的インタビュー!

LED ZEPPELIN
公式ドキュメンタリー映画『Becoming Led Zeppelin』ついに完成! その時代をジミー・ペイジが語り尽くした超貴重インタビューをここに!

MR. BIG
エリック・マーティン、ミスター・ビッグのすべてを語る! ミスター・ビッグと日本との絆、パット・トーピーの死、バンドの未来。決定版インタビュー!

BULLET FOR MY VALENTINE
UKメタルの王道を爆進するブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン、新作完成! 最高傑作と評するセルフ・タイトル・アルバム、その全貌を明かす

KANYE WEST
亡き母の名前を冠する新作で、カニエ・ウェストは世界に何を伝えたかったのか?――世界がリリースを待ち望んだ10thアルバム『Donda』、徹底レビュー!

WILLOW
ヒップホップとR&Bに囲まれたZ世代のウィローは、なぜ「ポップ・パンク」で叫ぶのか? 新しい時代のメッセージを読み解け!

ALBUM REVIEWS
カニエ・ウェスト、ジェイムス・ブレイク、マネスキン、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインと、秋になっても熱いリリース・ラッシュは続く! 今月も徹底的に網羅します

[CHARACTER OF THE MONTH]
LANA DEL REY

[HEADLINE]
THE BEATLES, RADIOHEAD, ABBA, TAIPEI HOUSTON, DURAN DURAN, ERIC CLAPTON, SNAIL MAIL, BADBADNOTGOOD

ロッキング・オンは日本における洋楽のリーディング・マガジン。

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/04/07
    発売号

送料
無料

カラオケファン

2021年10月21日発売

目次: ■表紙&創刊40周年記念特別座談会第2弾
田川寿美×永井みゆき×大石まどか×みずき舞

■特集
海沼 実の
今すぐできる喉のケア
喉にいいこと全部教えます!

◆ピックアップアーティスト
津吹みゆ、真田ナオキ

NEW 新連載!
城之内早苗の
DAM CHANNEL演歌

◆話題のアーティストを追う!
まるひコレクション
氷川きよし
新曲『Happy!/森を抜けて』インタビュー

◆特別レポート
前川 清 Live 2021~Coolest Five~

好評連載中!
前川 清 歩いて行こう

◇マイプライベートスタイル
山川 豊

◇I LOVE ペット
島津亜矢の巻

◆スポットライト
市川由紀乃

◇歌人の個展
入山アキ子

◇おまかせシアター
「第75回コロムビアマンスリー歌謡ライブ2021
~コロムビア花のステージ~ おもてなしライブ」
大成功を目指して…

■スペシャルインタビュー
五木ひろし

■新曲BOX
「孤独の歌姫」(田中あいみ)、
「ひとり風の盆」(森山愛子)、他

好評連載中!
新浜レオンの
がんばレオン 今できる100%

好評連載中!
松原健之の
普段着で逢いましょう!!

◇おうち時間 自撮りでPR!
岩佐美咲

好評連載中!
水城なつみの
Let’s Challenge!

新連載!
門松みゆきの
まだまだ勝手に小田原観光大使!

好評連載中!
彩青のハマりもんです!!

好評連載中!
青山 新の興味“新々”

◇連載第15回 スナック女子のオアシス広報委員会
竹村こずえ

◆通信販売まる情報
お買いものしま専科

□伊戸のりおレッスンコーナー(WEB限定)
新曲歌い方講座
vol.230-①「なぁ女将/秋岡秀治」
新曲歌い方講座
vol.230-②「ひとり風の盆/森山愛子」
本誌楽譜コーナーに掲載の新曲を、
編曲家・伊戸のりお先生がわかりやすくレッスン。

□岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ(WEB限定)
vol.28「孤独の歌姫/田中あいみ」

□水谷ひろしの「KF歌謡喫茶」(WEB限定)
島あきの

□スター声の伝言板(WEB限定)
瀬口侑希/パク・ジュニョン

HIT HIT MELODY♪
■大型サイズ楽譜コーナー

●水森英夫の今月の十八番
九州慕情/岡ゆう子
冬運河/谷 龍介
ふるさと哀歌/西尾夕紀

●伊戸のりおレッスンコーナー
なぁ女将/秋岡秀治
ひとり風の盆/森山愛子
純情みれん/花咲ゆき美

●岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ
孤独の歌姫/田中あいみ

●新曲
一匹狼/千葉げん太
嘘でいいから/竹田博之
おけさ恋港/三代沙也可
おけさ情話/金田たつえ
男の岬/木原たけし
女ですもの/柳ジュン
女の望郷/津山微笑
清水次郎長外伝~お蝶/川神あい
商売繁盛コロナに負けるな/加東竜次
泣き唄/京太郎
名前の無い駅/加藤万里奈
涙を抱きしめて/千花有黄
ひとり放浪/杉田 淳
二人で乾杯/大沢桃子&走 裕介
魅惑のラプソディー/レーモンド松屋
夫婦仁義/津山洋子&髙樹一郎
めぐりめぐる/竜徹日記

●HIT HIT+PLUS
ありがとう/兼近 功
追ってみちのく/たじま 恋
流氷物語/空 大樹

●編集部セレクト
Good Bye, Don’t Cry/真田ナオキ
新宿満月/五木ひろし
森を抜けて/氷川きよし

●南乃星太のC/W攻略! 歌の聴き方・うたい方
ごめんよ/二見颯一
黄昏の雪/津吹みゆ
また逢いたいね/松原健之

聴く、見る、歌う音楽情報誌。有名作家による最新曲の歌唱アドバイスほかを収録したCD-ROM付き!

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

送料
無料

月刊EXILE

2021年09月27日発売

目次: CONTENTS
TOTAL ENTERTAINMENT MAGAZINE_
Vol.164_NOVEMBER.2021
COVER / EXILE


006 HISTORY of EXILE

012 EXILE HIRO
今から22年前。1999年に無名のダンス&ヴォーカリスト5名が、
EXILEの前身であるグループ「J Soul Brothers」を結成し、
2001年9月27日にダンス&ヴォーカルグループである「EXILE」がデビューした。
今でこそEXILEは、日本を代表する国民的アーティストとして人気を博し、
現在のLDHには150名以上ものアーティストが所属しているが、
当時はたった6人のメンバーでの船出だった。
その後、2001年9月にシングル「Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~」でデビューを果たす。
2003年にはアルバム「EXILE ENTERTAINMENT」でミリオンセールスを達成。
時代を象徴するアーティストにまで成長した。EXILEというグループの誕生から現在まで、
時にパフォーマーとして自らファンの前でパフォーマンスをし、
時にプロデューサーとして裏側からグループを牽引してきたEXILE HIROは、
まさにMr. EXILEの名にふさわしい。デビューから20周年を迎える節目の今、
EXILE HIROは何を思うのか。ここでは過去、現在、未来はもちろん、
EXILEについて思うことを余すところなく語ってもらった。


016 BABY NAIL
TOSHIO MATSUMOTO / EXILE USA / EXILE MAKIDAI
1994年に松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAIの3人でダンスチーム「BABY NAIL」を結成。
当時アングラな存在であった日本のダンスシーンに並外れたダンススキルの高さから、
3人の名前は業界中に知れ渡っていた。98年にはEXILEの前身である「J Soul Brothers」に一緒に加入。
そして2001年にEXILEが誕生してから20年、活動内容やプライベートな環境は変われど、
今なおともに歩みを進めている。今回は「BABY NAIL」のメンバーであり、
EXILEのオリジナルメンバーである松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAIの3人に、
デビューから20年目の今、当時を振り返ってもらいつつ、
EXILEのこれからについて語ってもらった。


034 EXILE ATSUSHI
EXILE ATSUSHIは、2001年にEXILEの前身であるJ Soul Brothersに加入し、
昨年11月に卒業をするまでEXILEのヴォーカリストとして不動の地位を確立した。
この20年の間に、EXILE ATSUSHIの優しくも力強い、圧倒的な歌唱力と、奇跡の美声から紡がれる
宝石のような歌詞に、背中を押してもらった人、感動を与えてもらった人、パワーをもらった人、
また人生に彩りを添えてもらった人は少なくないはずだ。
第三章〜第四章にかけてEXILE HIRO、松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAI、
といったオリジナルメンバーが次々と勇退し、グループに大きな穴があきかけたときは、
自らがEXILEの柱となり、時には縁の下の力持ちとして、時にはグループのフロントマンとして、
まさに八面六臂の活躍を見せて当時のEXILEに新たな風を吹かせてきた。
ここではグループの黎明期から最新のEXILEまでを熟知するEXILE ATSUSHIに、
デビューから20周年を迎えた今の率直な思いを聞いた。EXILE ATSUSHIにとってEXILEとは。


050 EXILE
EXILEが2021年9月27日でデビュー20周年を迎えた。2001年のメジャーデビュー以来、
幾度となく変化を繰り返しながら、日本中、そして世界中にLove, Dream, Happinessを届け続けるEXILE。
『月刊EXILE』では、20周年を記念したスペシャルグラビアをお届け! さらに、
第二章、第三章、第四章それぞれの加入メンバーに分かれて座談会を敢行した。
メンバーが語るこれまでのEXILE、そしてこれからのEXILEとは。


120 Follow the trajectory of EXILE MAGAZINE 2008-2021
『月刊EXILE』は、2008年に創刊して以来、EXILEのさまざまな姿を映してきた。
デビュー20周年を迎えた今、創刊時から現在にいたるまでの彼らの活動を記した特集をピックアップし、軌跡をたどる。

EXILEメンバーそれぞれが企画したコーナーによってさまざまな角度から特集され発信される新しいエンターテインメント雑誌

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/27
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

BLUES&SOUL RECORDS(ブルース&ソウル・レコーズ)

2021年08月25日発売

目次: ブルース&ソウル・レコーズ 第161号
表紙 フィフス・ディメンション

特集 映画『サマー・オブ・ソウル』

50年以上忘れられたままになっていた奇跡の音楽フェス映像がついに解禁! 1969年夏にニューヨークのハーレムで行われた《ハーレム・カルチュラル・フェスティヴァル》。スライ&ザ・ファミリー・ストーン、フィフス・ディメンション、スティーヴィ・ワンダー、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクスン、B.B.キングら、当時最先端を行く新世代からキャリア充分のベテランまで、錚々たるR&Bアーティストに加え、モンゴ・サンタマリア、レイ・バレットらラテン系、マックス・ローチ、ヒュー・マセケラら、ジャズ、アフリカのミュージシャンが出演した一大イベントの記録映像を主とした映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』がついに日本上陸。この傑作ドキュメンタリーを堪能するための大特集です。


★ 『サマー・オブ・ソウル』を観る/クロス・リヴュー
【1】ここで初めて知る史実すべてに感動[高地 明]
【2】玉手箱から噴き出したブラック文化の粋[日暮泰文]
【3】音楽のすみずみに漲る60年代最後の輝き[中田 亮]
★ 『サマー・オブ・ソウル』とあの時代
【1】新たなステージに向かうポジティヴな波動[出田 圭]
【2】1969年のR&Bシーンを斜め読み[濱田廣也]
【3】新と旧が交錯した1969年のモータウン[林 剛]
【4】新しい風が吹き始めた60年代終わりのゴスペル[濱田廣也]
【5】「ニグロ」から「ブラック」へ 人間性の回復への叫び[濱田廣也]
★ 『サマー・オブ・ソウル』出演アーティスト紹介[小出 斉/高地 明/林 剛/原田和典/濱田廣也]
フィフス・ディメンション * チェンバーズ・ブラザーズ * スライ&ザ・ファミリー・ストーン * ニーナ・シモン * B.B.キング * スティーヴィ・ワンダー * デイヴィッド・ラフィン * グラディス・ナイト&ザ・ピップス * マヘリア・ジャクスン * ステイプル・シンガーズ * モンゴ・サンタマリア * レイ・バレット * カル・ジェイダー * ハービー・マン * ソニー・シャーロック * マックス・ローチ * アビー・リンカーン * ヒュー・マセケラ * オラトゥンジ
★ 『サマー・オブ・ソウル』と一緒に楽しみたいソウル・コンサート映画4選[小出 斉]
『ソウル・トゥ・ソウル』『ワッツタックス』『セイヴ・ザ・チルドレン』『ソウル・パワー』
★ 最も有名な黒人の街、ハーレム[濱田廣也]

【別冊付録/映画『サマー・オブ・ソウル』を楽しむディスク・ガイド・ブック】
オールカラー64ページの別冊付録には、映画《ハーレム・カルチュラル・フェスティヴァル1969》出演アーティストのアルバム・ガイド40選、1969年のヒット&注目アルバム30選、1968/69年当時の時代の声を届けるメッセージ・ソング44選を掲載しています。

【その他の主な記事】
● 追悼 ボブ・ケスター 世界中の音楽に影響を与えたブルース&ジャズの伝道者[ジム・オニール/ブルース・イグロア]
● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
* シカゴ・ウェスト・サイド・ブルース、ヒップ・ランクシャン[秋元伸哉]
* 歌う牧師ロバート・ボーリンジャー師[佐々木秀俊]
●[新作アルバム・リヴュー]ロバート・フィンリー/ボブ・コリトア&フレンズ/ニーナ・シモン 他
● 中河伸俊著『黒い蛇はどこへ 名曲の歌詞から入るブルースの世界』刊行
● コージー大内のドキュメンタリー映画が完成

【連載】

☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第9回
☆ KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第4回 スライ&ザ・ファミリー・ストーン『スタンド』/中田 亮
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ~西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ ~歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「GEORGE & ETHEL McCOY / Early In The Morning」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.90 「Gemini」
☆ ゴスペル・トレイン「エミリー・ブラム」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.237/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房~古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll~世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

参考価格: 1,760円

ブルースとソウルを中心にその周辺音楽(ロック、ジャズ、ファンクなど)を紹介。

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/02/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

MUSICA(ムジカ)

2021年10月15日発売

目次:

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/18
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/19
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

Stereo(ステレオ)

2021年10月19日発売

目次: ●特集
一歩先のストリーミング
・ストリーミングをもっといい音で聴く技
・ストリーマー最新動向
・DACで劇的にグレードアップ
・劇推しストリーミング音源

連載 ピーター・パラカン新音楽日記
音楽人巡礼~音のプロフェッショナルをたずねて~山本浩司さん登場!

●Stereo試聴室 話題の新製品を聴く
(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))

注目製品ファイル ヘーゲルV10登場
アクセサリーファイル
火の鳥電機
生形三郎「“夢の”低音行脚」

*記事のタイトル,内容等は変更することがあります。

定期購読なら2013年3月~2014年4月までに3~4回発行される特別付録号も込みでこの価格!!

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/19
    発売号

  • 2021/04/19
    発売号

BARFOUT!(バァフアウト)

ブラウンズブックス

送料
無料

BARFOUT!(バァフアウト)

2021年10月19日発売

目次: CULTURE MAGAZINE FROM SHIMOKITAZAWA, TOKYO
BARFOUT! バァフアウト! 2021年11月号 NOVEMBER 2021 Volume 314


300 ISSUE OF BARFOUT! 1992~2020
2020年、バァフアウト!は1992年の創刊以来、通算300号を迎えました。あらためて、今を生きる新しい世代の表現者をフィーチュアします!


FRONT COVER STORY
京本大我(SixTONES) TAIGA KYOMOTO 表紙+12ページ

BACK COVER STORY
小松菜奈 NANA KOMATSU 8ページ

DRAMA
神宮寺勇太(King & Prince) YUTA JINGUJI 10ページ 
柿澤勇人 HAYATO KAKIZAWA モノクロ4ページ
眞栄田郷敦 GORDON MAEDA モノクロ4ページ

MUSIC
近石 涼 RYO CHIKAISHI
TK from 凛として時雨 TK from Ling tosite sigure モノクロ4ページ

NEW
金井成大 SONDE KANAI
モーガン茉愛羅 MALA MORGAN
小野莉奈 RINA ONO
窪塚愛流 AIRU KUBOZUKA

FILM
作間龍斗(HiHi Jets / ジャニーズJr.) RYUTO SAKUMA 8ページ
『CUBE 一度入ったら、最後』
川栄李奈 RINA KAWAEI モノクロ4ページ

Blu-ray & DVD
『コントが始まる』

STAGE
本高克樹&今野大輝(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.) KATSUKI MOTODAKA&TAIKI KONNO モノクロ8ページ


連載
堀田 茜&山崎二郎
佐久間由衣
尾崎世界観(クリープハイプ)

参考価格: 968円

全てのエンターテイメント&ミュージック&カルチャーを応援する雑誌です

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/23
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

リットーミュージック.

送料
無料

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

2021年10月19日発売

目次: 表紙:JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

■Special Program
THE RESPECT!
JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

日本のロック界において数々の金字塔を打ち立て、デビュー25周年を超えてなお、新たな挑戦を続けているGLAY。そして、新世代らしいフレキシブルさを持ったポップ・センスで、令和の音楽シーンを牽引する存在として躍進を続けているOfficial髭男dism。まさに国民的と言える人気を誇っている両バンドにおいて、そのボトムを支えているJIROと楢﨑誠は、楢﨑にとって最初に憧れたベーシストがJIROであり、一方、JIROの直近のベース・プレイには楢﨑からの影響もあるなど、お互いをリスペクトし合う関係であり、プライベートでも親交があるという。ポピュラリティのあるメロディをサウンドの中心に据え、“歌を大事にする"プレイ・スタイルを共通項に、“名バンドに名ベーシストあり"を体現するふたりの特別対談をお届けしよう。また、直近にリリースされたGLAY、Official髭男dismそれぞれの新作アルバムについての個別特集も実施する。

■Featured Bassist
ハマ•オカモト(OKAMOTO'S)

2020年にデビュー10周年を迎えベスト・アルバム『10'S BEST』をリリースしたOKAMOTO'Sが、以来初となるオリジナル・アルバム『KNO WHERE』をリリースし、新章へと踏み出した。前作『BOY』から約2年8ヵ月ぶりとなった今作は、全17曲収録という過去最大の収録曲数でバンドの新境地を余すことなく伝えてくれる豪快な1作。2021年に入ってからのデジタル・シングル連続リリースを経て、これまで以上に多様な音楽的バックグラウンドを感じさせる顔ぶれが揃った新しい10年の第1歩目に、ハマ•オカモトはどのような低音哲学を込めたのか。国内トップ・ベーシストのひとりとなった彼の“バンドマン"としての現在に迫る。

■THE BASS INSTRUMENTS 1
音作りの核に迫る ペダル型プリアンプ2021

ベーシストの音作りにおける重要機材“ペダル型プリアンプ"。音作りの核としてプリアンプを据えているベーシストは多く、どのモデルを使うかでバンド全体のサウンドが大きく変化すると言っても過言ではない。だが重要機材であるがゆえ、多種多様なモデルがラインナップしており、どのモデルをどのように使うべきなのか悩みを抱えているベーシストも多いのではないだろうか。そこで今回は約5年ぶりにペダル型プリアンプを総力特集。さまざまなアーティストのサポートを手がけるIgoによる最新のペダル型プリアンプ・レビューに加え、最前線で活躍するプロ・ベーシストのアンケートをとおし、現代のベース・シーンを語るうえで避けては通れない、“プリアンプ事情"を明らかにしていきたい。

アンケート回答者:井澤惇(LITE)/大神田智彦/大林亮三(SANABAGUN.)/後鳥亮介(indigo la End)/Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)/中村圭/長谷川カオナシ(クリープハイプ)/ヒロミ・ヒロヒロ (tricot)/FIRE/フクダヒロム(Suspended 4th)/星川ドントレットミーダウン(THE BOHEMIANS)/mao(オメでたい頭でなにより)/山本大樹(My Hair is Bad)/RIO(Mary's Blood)

■THE BASS INSTRUMENTS 2
モダン・サウンドの雄 Aguilarの現在地

ベース用アンプ/エフェクター/オンボード・プリアンプなどを多数リリースし、シャープで現代的なサウンドで人気を集めているAguilar(アギュラー)。創業以来ベース・シーンを長年牽引し、世界中の名プレイヤーから愛されてきた同社の魅力を、吉田一郎不可触世界とMutsumiをゲストに迎え、アンプ/エフェクターの両視点から再考していきたい。

■奏法特集
親指弾きのディープな世界

ベースの右手の奏法といえば、2フィンガー、ピック弾き、スラップ奏法が主流となっている現代のエレキ・ベース界。今回取り上げる“親指弾き"は地味な奏法と言えるかもしれない。しかしながら、実はさかのぼれば“親指弾き"はエレキ・ベース誕生初期から存在する歴史の長い奏法であり、また細野晴臣やスティングをはじめとした、さまざまなジャンルの名手たちが愛用してきた奏法でもある。最近では若手の間でも、そのウッド感ある音色や独特なアタック感に魅了されるプレイヤーが増えているのだとか。本特集では、親指弾きの基礎から発展、特殊型の奏法までを一挙に紹介していく。

■インタビュー
佐藤雅俊(ACIDMAN)
上野恒星(YOGEE NEW WAVES)
市川仁也(D.A.N.)
イアン・ヒル(ジューダス・プリースト)
ジョン・マイアング(ドリーム・シアター)

■CLOSE UP
新生Sadowskyの実力
Fender Player Plus

■SPOTLIGHT
Bose L1 Pro feat. TYH BASS TRIO
Spector NSシリーズ feat. NATCHIN

■めっちゃ気になるあの機材
Fender Deluxe Jazz Bass V Kazuki Arai Edition

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー) ※新連載
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS) ※新連載

■連載
◎ニッポンの低音名人:田中章弘
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー ※新連載
◎芸人ヒロシの低音キャンプ ※新連載
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜 ※新連載

■BM SELECTED SCORES
「時の雫」GLAY
「FIRE GROUND」Official髭男dism
※電子版には「BM SELECTED SCORES」の収録はありません

■THE AXES
Toshihiro(工藤晴香)

■MY DEAR BASS
日野“JINO"賢二

参考価格: 943円

すべてのベーシストのための総合情報誌

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/04/19
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

INROCK (インロック)

イン・ロック

INROCK (インロック)

2021年10月15日発売

目次: 【表紙】 Coldplay X BTS
Coldplay、新作「ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ」リリース記念
Coldplay X BTS 特別企画
~君と僕が作り出す宇宙~
夢のコラボレーション「My Universe」で伝えたいこと

【裏表紙】マネスキン
マネスキン
日本独占インタビュー
“自分の信じること、ただそれだけを歌え”(ダミアーノ)

今月号は綴じ込みポスターが大小計6面付いてる特別装丁!!
★特大両面ポスター
●ショーン・メンデス
●ハリー・スタイルズ
★綴じ込みポスターピンナップ×4
●ビリー・アイリッシュ&フィニアス
●エド・シーラン&ザ・キッド・ラロイ
●オリヴィア・ロドリゴ&リル・ナズ・X
●ダヴ・キャメロン&ルーシー・ヘイル&オリヴィア・ホルト&サブリナ・カーペンター

アリアナ・グランデ
グラビア&ニュース
コーチを務める「ザ・ヴォイス」放送スタート、そしてビューティ・ブランド発売間近

ハリー・スタイルズ
LOVE ON TOURを衣装と共に追う

エド・シーラン
新作「=(イコールズ)」リリースにまつわるニュースを一気見
“30歳になったこと、父親になったこと、そして最近経験した喪失が反映されている”

ビリー・アイリッシュ
グラビア&ニュース
メット・ガラ出席&世界で最も影響力のある100人に選ばれる

MET GALA 2021
豪華絢爛イベント復活!
ビリー・アイリッシュ、オリヴィア・ロドリゴ、リアーナ他

ルーク・ヘミングス
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーのルーク、初のソロ・アルバムをリリース!!
“このアルバムを作ったことで肩の荷が下りたような感じがしたし、自分を理解する上でとても大きな助けになってくれたよ”

ブライアン・メイ
ロング・インタビュー 後編
“今後も色々計画してることがあってね、このプロジェクトを ‘ブライアン・メイ・ゴールド・シリーズ’って呼んでるんだ”

ザ・ドライヴァー・エラ
ロング・インタビュー 後編
“今でも世界一聴きやすいポップソングは書けるし、逆にレディオヘッドのような物凄く実験的な音楽を作ることもできる”(ロッキー)

ダン+シェイ
名ラヴソング「10,000 アワーズ」が大ヒット!新作「グッド・シングス」インタビュー
“希望に溢れたポジティヴな作品にしたかったし、トンネルの終わりに見える光がテーマになってるんだ”(ダン)

グリフ
UK出身注目アーティスト、グリフ最新インタビュー
“アルバムはタイミング的に今じゃないと感じるし、その前にもっと世間に自分を知ってもらって、もっと大きな成功を収めたいの”

メイジー・ピーターズ
「サイコ」大ヒット&'22年全米ツアー日程を発表!!
“アルバムを聴いて、何かしら感じてくれればそれで充分。とにかくみんなが気に入ってくれたら嬉しい”

デュラン・デュラン
新作「フューチャー・パスト」10月27日リリース!日本初掲載インタビュー 前編
“このアルバムは、未来についてでもなく、過去についてでもなく、今についてなんだ”(サイモン)

BTS
若者たちは勇敢な“ウェルカム・ジェネレーション"

HRVY
新曲「ラナウェイ・ウィズ・イット」リリース!最新独占インタビュー
“今僕が取り組んでいるのは、土砂降りで憂鬱な火曜日に聴いてまったりできるような音楽だよ。僕が大好きなタイプの音楽”

MTVビデオ・ミュージック・アワード
リル・ナズ・X、BTS、オリヴィア・ロドリゴが最多3冠!
オリヴィア・ロドリゴ、ザ・キッド・ラロイ他

参考価格: 713円

英米直送独占取材によるポップ+ロック誌

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

芸能・音楽 雑誌のカテゴリ

音楽情報誌カテゴリーでは、日本にかかわらず、世界の様々なジャンルの音楽情報を掲載した雑誌を販売しております。世界最大の実売数を誇るヘヴィ・メタル&ハード・ロック専門誌の「BURRN!(バーン)」や、最新ヒット曲から話題のクラシック曲までピアノの楽譜を掲載する「月刊ピアノ」、最新の演歌・歌謡曲をはじめ、懐メロ・話題曲の歌唱アドバイス付き楽譜を掲載している「カラオケファン」など、音楽ファンから奏者、カラオケが好きな人まで幅広いジャンルの音楽雑誌がございます。

音楽情報誌で人気の出版社から探す

音楽情報誌の発売日一覧

本日発売の音楽情報誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌